議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成23年  9月 定例会(第3回) 09月01日−01号




平成23年  9月 定例会(第3回) − 09月01日−01号







平成23年  9月 定例会(第3回)



          平成23年第3回韮崎市議会定例会

議事日程(第1号)

                  平成23年9月1日(木曜日)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 諸報告

日程第3 会期の決定

日程第4 市長所信表明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

    1番 田原一孝君     2番 西野賢一君

    3番 小林伸吉君     4番 山本雄次君

    5番 輿石賢一君     6番 秋山 泉君

    7番 岩下良一君     8番 森本由美子君

    9番 横森宏尹君    10番 野口紘明君

   11番 藤嶋英毅君    12番 嶋津鈴子君

   13番 一木長博君    14番 望月正澄君

   15番 石井錦一君    16番 清水正雄君

   17番 小林恵理子君   18番 矢崎六彦君

   19番 清水 一君    20番 神田明弘君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      水川 勉君

   会計管理者兼

            横森淳彦君   政策秘書課長   日向 亘君

   会計課長

   総務課長     水川秋人君   企画財政課長   五味秀雄君

   市民課長     神谷壮一君   税務課長     塚田冨士夫君

   収納課長     小澤和義君   福祉課長     駒井宗男君

   保健課長     中嶋尚夫君   静心寮長     笠鳥辰広君

   農林課長     猪股洋仁君   企業立地課長   横森 亨君

   商工観光課長   伊藤一向君   建設課長     横森 貢君

                    市立病院

   上下水道課長   石原 茂君            中村 徹君

                    事務局長

   教育委員長    馬場賢一君   教育長      輿水 豊君

   教育課長     下村貞俊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   平賀富士夫君  書記       秋山 繁君

   書記       仲田真子君   書記       山下明澄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



◎議会事務局長(平賀富士夫君) 平成23年第3回韮崎市議会定例会の開会に当たりまして、嶋津議長よりごあいさつを申し上げます。

     (議長 嶋津鈴子君 登壇)



○議長(嶋津鈴子君) 平成23年第3回定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員並びに執行部各位におかれましては、大変お忙しい中、ご健勝にて本定例会にご参集を賜り、厚く御礼を申し上げる次第であります。

 さて、国においては、先日、第95代の次期内閣総理大臣として野田佳彦氏が決定したところであります。東日本大震災の復興と円高の解消に全力で取り組んでいただけることを期待するものであります。

 さて、韮崎市では、念願の韮崎市民交流センター「ニコリ」が韮崎駅前にオープンいたします。子供からお年寄りまで幅広く愛されることを念願いたします。

 私どもにとりましても、任期最後の定例会でございます。4年間の総仕上げとして本定例会に提出されます議案につきまして、十分な審議を尽くされ、公正かつ適切な審議を賜りますようお願いを申し上げます。

 また、議会運営につきましても、格段のご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げ、開会のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(嶋津鈴子君) ただいま出席している議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、平成23年第3回韮崎市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

                             (午前10時02分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(嶋津鈴子君) これより日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に4番、山本雄次議員、17番、小林恵理子議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(嶋津鈴子君) 日程第2、諸報告を行います。

 まず、議会の会務報告でありますが、6月定例会以降の会議の概要につきましては、お手元に配付した報告書のとおりでありますので、ご了承願います。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項及び第199条第9項の規定に基づく例月現金出納検査並びに定期監査の報告は、お手元に配付のとおりであります。

 次に、市長から本定例会に提出する案件が送付されております。お手元に配付の議案目録(その1)のとおりでありますので、ご了承願います。

 以上で諸報告を終わります。

 次に、教育委員会から議会に提出すべき事項として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定により、報告書が提出されました。お手元に配付のとおりであります。

 つきましては、この際その内容を教育委員会より説明を求めます。

 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お手元の平成22年度韮崎市教育委員会の行政執行状況、点検、評価結果についてご説明申し上げます。

 まず、点検評価報告書の3ページをお開き願います。

 3ページから6ページにつきましては、教育委員会の組織機構並びに学校教育担当、生涯学習担当、スポーツ振興担当の職員体制と事務分掌であります。

 次に、7ページをお開き願います。

 平成22年度の教育委員会の基本方針並びに学校教育指導重点であります。

 基本方針につきましては、国の教育振興基本計画、やまなし教育振興プランを参酌し、韮崎市第6次長期総合計画に掲げた子どもが夢を持ち続けることができる教育の充実、いつまでも生きがいを持って暮らせるまちづくり、次代へつなぐ歴史・文化の醸成、この3項目といたしまして、学校教育指導重点、社会教育計画、社会体育計画を策定し、これに沿って執行をしてきたところでございます。

 学校教育指導重点につきましては、個性を尊重し、たくましい創造力と知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童・生徒の育成、これを基本教育目標とし、各学校でそれぞれ生きる力をはぐくむ教育課程の編成、確かな学力を身につける学習指導、豊かな心を育てる生徒指導などに努めてきたところであります。具体的な取り組みにつきましては、8ページから12ページに記載のとおりであります。

 次に、13ページをお開き願います。

 平成22年度の社会教育計画であります。

 本市の社会教育につきましては、人づくり、まちづくりを基底といたしまして、市民一人一人が主役となって自発的に学習し、生涯にわたって心豊かに過ごせることを目指し、公民館活動を主体として市民にさまざまな学習機会を提供するとともに、学習情報の発信等を通じて生涯学習社会に根差した社会教育活動が活発に展開されるよう、諸施策の推進に努めたところであります。重点目標につきましては、14ページから16ページに記載されているとおりでございます。

 次に、17ページをお開き願います。

 平成22年度の社会体育計画であります。

 市民一人一人が健康で明るく、活力に満ちた生活ができるよう、市民総スポーツを提唱し、スポーツ振興計画のもとで施設の整備、イベントの開催、巡回体力測定会等を実施し、生涯スポーツの推進を図るとともに、総合型地域スポーツクラブのさらなる定着やサッカーのまちづくりプロジェクトによる事業を展開したところであります。目標あるいは具体的な取り組みにつきましては、18ページから22ページに記載のとおりであります。

 次に、21ページをお開き願います。

 韮崎市教育委員会の自己点検・評価結果であります。評価者につきましては、教育委員、各学校長、教頭、教務主任、生徒指導主事、研究主任、学年主任の計77人であります。評価分類につきましては、Aが「十分である」、Bが「おおむね十分である」、Cが「不十分である」、この3段階で評価を行ったところでございます。

 まず、1つ目の教育委員会の評価につきましては、教育委員は教育委員会の会議の公開も含め、「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、2つ目の学校の組織編制、教育課程、学習指導、職業指導の評価であります。まず、学校の組織編制につきましては、68.5%から82.2%の方が「十分である」と、また、17.8%から31.5%の方が「おおむね十分である」と評価しています。

 次に、教育課程では、76.7%から89%の方が「十分である」と、また、11%から23.3%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、22ページの学習指導でありますが、97%以上の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、生徒指導につきましては、98%以上の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、健康教育・学校給食では、98%以上の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、特別支援教育体制の整備につきましては、63%から79.5%の方が「十分である」と、また、19.2%から27%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、3番目の教職員の研修でございます。65.8%の方が「十分である」と、34.2%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、4の児童生徒の保険・安全では、68.5%から79.5%の方が「十分である」と、20.5%から31.5%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、23ページをお開き願います。

 5の教職員の厚生・福利では、45.2%の方が「十分である」と、54.8の方が「おおむね十分である」と評価しています。

 次に、6の社会教育事業の評価であります。まず、生涯学習の推進・充実では、80%の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しておりますが、市民の芸術・文化活動の支援や社会教育施設の充実の項目につきましては、20%の方が「不十分である」との評価をいただいたところであります。

 次に、図書館につきましては、80%の方が「おおむね十分である」と評価していますが、項目の中で利用状況並びに図書館の充実につきましては、20%の方が「不十分である」との評価があったところでございます。

 次に、文化財につきましては、60%の方が「十分である」と、40%の方が「おおむね十分である」との評価がありました。

 次に、民俗資料館につきましては、80%の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しておりますが、20%の方が「不十分である」との評価がありました。

 次に、美術館につきましては、「十分である」、「おおむね十分である」との評価であります。

 次に、体育施設の管理運営につきましては、「十分である」、「おおむね十分である」との評価であります。

 次に、24ページのスポーツ振興につきましては、80%以上の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しておりますが、競技力向上の推進状況につきましては、20%の方が「不十分である」との評価があったところでございます。

 25ページをお開き願います。

 平成22年度の教育費の決算額につきましては10億2,121万2,000円、これは総予算に占める割合でございますが、7.16%となっております。項目ごとの決算額につきましては、そこに記載のとおりでございます。今後につきましては、この評価結果をさらに詳しく分析し、今後の教育行政に生かしていく考えであります。

 以上で、平成22年度教育委員会行政の執行状況、点検、評価報告を終わります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 本件は報告事項でありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(嶋津鈴子君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会が開かれておりますので、議会運営委員会の報告を求めます。

 石井錦一議会運営委員長。

     (議会運営委員長 石井錦一君 登壇)



◆議会運営委員長(石井錦一君) 議会運営委員会の報告を行います。

 平成23年第3回定例会の開会に当たり、去る8月25日午前9時より委員の出席と執行部から横内市長、水川副市長、水川総務課長、五味企画財政課長、議会事務局から局長、次長の出席を得て、議会運営委員会を開催いたしました。

 お手元に配付されております平成23年第3回韮崎市議会定例会議案目録(その1)のとおり、提出議案の説明がありました。

 次に、本定例会について慎重に審議した結果、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日9月1日から9月20日までの20日間とすることに決定しました。

 以上で、議会運営委員会の報告は終わります。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどお願いいたします。

 以上です。



○議長(嶋津鈴子君) 議会運営委員会の報告は終わりました。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、委員長の報告のとおり、本日から9月20日までの20日間とすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は20日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、委員長の報告のとおり、お手元に配付の第3回定例会会期日程表によりたいと思いますので、ご了承願います。

 また、一般質問の要領など申し合わせ事項につきましても了承され、議会運営に協力されんことを望みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長所信表明



○議長(嶋津鈴子君) 日程第4、市長所信表明を行います。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 本日ここに、平成23年第3回市議会定例会の開会に当たり、提出いたしました案件のうち、主なるものにつきましてその概要を申し上げ、あわせて私の所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。

 本市では、東日本大震災の教訓から、自然の猛威を最小限に抑える「減災」の視点のもと、助かる命を助ける対策への転換として、7月23日の研修会において、「減災力の強いまちづくり宣言」を行い、災害発生時における自助・共助・公助の大切さと市民の皆様と協働で減災力の強い家庭づくり、地域づくり、公共づくりを進める認識を深めたところであります。

 本年の防災訓練におきましては、地域の自主防災会とともに具体的な判断行動訓練など、より実践的な方式での訓練を行ってまいります。

 また、大震災の影響に伴う電力需給対策につきましては、市内各企業も空調温度の設定管理はもとより、輪番操業など最大限の節電対策を行っております。こうした中、就業日の変更により、日曜祝日が勤務となる方々のお子さんを対象に、9月末日まで韮崎西保育園において休日保育を支援してまいります。

 なお、市役所におきましても、節電行動計画を定め、施設利用者のご協力のもと節電対策に努めており、現在、その削減目標を達成しておるところであります。

 さらに、福島第1原子力発電所の事故は、その先行きが心配されるところでありますが、県内での空間放射線量につきましては、6月の県下10地点での広域測定において異常のないことが確認されております。

 さらに、7月には、学校や公園など子供たちが活動する場所、県下100地点において地上1メートルと地上5センチメートルの高さで測定を行い、本市においても4地点で測定を行いましたところ、いずれも健康に影響を及ぼすレベルの数値ではありませんでした。

 県産農産物につきましても、先月の16日までに11品目の検査を行い、放射性セシウム、放射性ヨウ素ともに不検出、また暫定基準値を大幅に下回り、安全・安心な農作物であることが証明され、今後も出荷を控えた農作物を順次調査する予定と伺っております。

 なお、先月16日、「がんばろう日本」をテーマに開催した武田陣没将士供養会・花火大会では、ご来場の皆様とともに被災地の一日も早い復興を願ったところであります。

 次に、本年度の主な事業の動向につきまして申し上げます。

 まず、韮崎市民交流センターについてであります。

 一昨年より整備を進めてまいりました韮崎市民交流センターは、議員各位を初め、関係者皆様の深いご理解とご協力により、明後日オープンの運びとなりました。愛称「ニコリ」の名のもとに、子供から大人まで世代を超えて笑顔で集い、皆様に親しまれる施設運営に努めてまいります。

 これに伴い、昭和41年の開館以来、半世紀近く本市の生涯学習の拠点として多くの市民の皆様にご利用いただきました市民会館は、その役割を交流センターに引き継ぐこととなりました。

 なお、本年度末までに市民会館の解体と同時に、裏側ののり面保護について調査・設計を行い、跡地につきましては、来年度早々にものり面保護工事に着手するとともに、展望台や遊具のある身近な公園として、市道韮崎1号線の拡幅工事とともに、平成24年、25年度の2カ年で整備してまいります。

 次に、7月にオープンした穂坂自然公園についてであります。

 公園内の多目的休憩施設、ふれあいセンターでは、ブドウなど地元農産物や加工品を販売するとともに、森林資源を生かした体験型イベント会場として、大勢の親子連れや中高年の方々が訪れており、中でも昆虫採集体験やイベントコーナーが子供たちの注目を集めております。

 また、里山が再生される過程を観察できる全長4キロメートルに及ぶ遊歩道では、健康づくりを兼ねて多くの方が森林ウオーキングを楽しんでおられます。

 今後も、訪れる方々が自然の四季を満喫できるよう、工夫を凝らした運営に取り組んでまいる所存であります。

 次に、「のれんのあるまちづくり」についてであります。

 駅前中央通りから本町通りを中心としたまちなかの商店街に、個店ごとに特徴あるのれんを掲げるこの事業は、現在、約150店のご賛同をいただく中、10月に開催されるふるさとまつりでのお披露目を目指して、それぞれが思いを込めた特徴あるのれんをデザインしていると伺っております。今後、本市の新しいイメージづくりにつながるものと、大いに期待しておるところであります。

 次に、西町地区の筆界未定地解消についてであります。

 当地区の一部は、明治後期と昭和34年の台風水害により土地建物が流失し、昭和54年の国土調査で約4万平方メートルが筆界未定地とされており、その解消が地元住民並びに本市の宿願となっておりました。このたび、土地所有者などすべての利害関係者から同意書をいただきましたので、今月、法務局に関係書類を提出することとなりました。これまでの法務局等関係機関のご協力に深く感謝申し上げる次第であります。

 次に、今議会で認定をいただく平成22年度決算についてであります。

 まず、一般会計でありますが、歳入総額は前年度に比べ6.4%増の147億9,813万5,000円、また、歳出総額は142億4,939万3,000円と、前年度に比べ7.1%の増となっております。

 歳計剰余金は5億4,874万2,000円で、翌年度への繰越財源を差し引いた実質収支は4億7,981万円の黒字となりました。

 また、財政構造の弾力性を示す経常収支比率につきましては、市税並びに地方交付税の増収等の影響により74.5%となり、前年度に比べ3.1ポイントの改善となりました。

 さらに、市立病院事業会計及び水道事業会計におきましても、経営努力により若干の純利益を出すことができ、他の特別会計とともに堅実な財政運営を行うことができたところであります。

 次に、健全化判断比率についてであります。地方自治体収入に対する借金返済の割合を示す実質公債費比率は13.6%で、前年度に比較いたしまして0.7ポイント改善されており、また、土地開発公社や一部事務組合負担金などを含めた市全体の負債が財政に占める割合で、将来に係る負担を想定した将来負担比率につきましては74.6%と、前年度より21.7ポイントの改善となり、ともに国の早期健全化基準を大きく下回っております。

 なお、実質赤字比率並びに連結実質赤字比率につきましては、全会計が黒字決算であるため、数値は算出されませんでした。

 以上の財政指標等から見ましても、議員各位のご協力と市民の皆様のご理解に支えられ、弾力性のある健全で安定した財政運営が図られたところでありますが、今後におきましても効率的・効果的な予算執行を心がけるとともに、将来を見据えた計画的な事業実施に努めてまいる所存であります。

 次に、本日提出いたしました審議案件についてであります。

 さきの6月議会から今日までの行政執行の中で、予算につきまして補正の必要が生じましたので、対処いたしたところであります。

 これにより、今議会でご審議をお願いする案件は、報告案件5件、予算案件4件、認定案件17件、その他案件1件であります。このうち一般会計補正予算について、その概要を申し上げます。

 今回の補正は、前年度繰越金や地方交付税の増収に対する収入予算を計上したほか、緊急性を生じた諸事業を中心に編成したところであります。

 まず、議会費であります。

 職員給与費並びに議会活動費を合わせ18万6,000円を増額補正いたしました。

 次に、総務費であります。

 平成22年度決算での歳計剰余金の2分の1相当、2億3,990万5,000円を財政調整基金に積み立てるほか、市所有の特殊建築物の定期報告検査等の業務委託費581万2,000円を計上するとともに、県議会議員選挙執行経費の精算並びに職員給与費の減額などにより、総額2億3,784万4,000円を増額補正いたしました。

 次に、民生費であります。

 本年10月1日から施行される重度視覚障がい者に対する同行援護等に対応するための経費115万5,000円を初め、県の安心子ども基金子育て創生事業を活用した児童センターへのAED設置経費等132万3,000円、子育て支援センターオープニングイベント経費等292万6,000円を追加計上するほか、職員給与費の減額並びに前年度国庫支出金の確定に伴う返還金を計上するなど、総額2,149万7,000円を増額補正いたしました。

 次に、衛生費であります。

 市営火葬場の煙道・廃棄設備の修繕費として、火葬場運営事業に194万3,000円を追加計上するほか、職員給与費の減額により、320万6,000円を減額補正いたしました。

 次に、労働費であります。

 高齢者実態調査の継続による緊急雇用対策事業費に170万円を追加計上いたしました。

 次に、農林水産業費であります。

 県営畑地帯総合土地改良事業の中條地区及び県営広域農道整備事業の茅ヶ岳東部地区それぞれの事業費の増に伴う県への負担金813万2,000円、並びに小土地改良事業の農道等整備工事費597万5,000円を追加計上するほか、職員給与費の増額と合わせ、総額2,028万4,000円を増額補正いたしました。

 次に、商工費であります。

 薬師小屋環境配慮型トイレ整備に伴う補助金100万円を計上するとともに、のれんのあるまちなみづくり事業のパンフレット作成経費131万3,000円、グリーンロッジのひさし補修工事等に155万1,000円を追加計上するほか、職員給与費の減額により、総額3,000円を増額補正いたしました。

 次に、土木費であります。

 上ノ山・穂坂地区農工団地アクセス道路整備事業の国庫補助対象が拡充され、国庫支出金2,200万円が収入増となりましたので、市債1,490万円とあわせて財源振りかえをするとともに、同道路のルート変更に伴う国庫支出金等償還金に3,033万4,000円、市民会館解体後ののり面工事調査設計費に451万5,000円を計上するほか、下水道事業会計への繰出金の増額や職員給与費の減額により、総額3,990万5,000円を増額補正いたしました。

 次に、消防費であります。

 防災無線デジタル化電波伝搬調査等の増額による県消防広域化推進協議会への負担金54万4,000円を増額補正いたしました。

 次に、教育費であります。

 国民文化祭への準備経費等に9万4,000円を計上するほか、職員給与費の減額等により、総額1,721万8,000円を減額補正いたしました。

 次に、災害復旧費であります。

 本年5月29日から30日に本市を襲いました台風2号の影響により、農道穂坂164号線を初めとする農道や水路並びに林道の復旧が必要となりましたので、1,452万1,000円を新たに計上いたしました。

 次に、公債費であります。

 土木費において説明いたしました国庫支出金等償還金とともに、繰上償還が必要となりましたので、1,854万2,000円を増額補正いたしました。

 以上の結果、一般会計補正予算額は3億3,460万2,000円の増額補正となり、現計予算額は130億6,825万5,000円となります。

 次に、特別会計であります。

 まず、下水道事業特別会計におきましては、職員給与費並びに消費税の納税額の確定に伴い、総額568万8,000円を増額補正いたしました。

 次に、介護保険特別会計についてでありますが、歳入予算におきましては、介護保険事業基金残高の減少により、基金繰入金を県からの財政安定化基金貸付金に切りかえたところであり、歳出予算におきましては、前年度県支出金の精算に伴う償還金391万3,000円を計上するほか、特定高齢者把握事業並びに職員給与費の減額により、総額15万9,000円を減額補正いたしました。

 また、市立病院事業会計におきましては、医療機器の購入並びに診療棟3階の改修費等の増額に伴い、6,104万3,000円を増額補正いたしたところであります。

 その他の案件につきましては、いずれもその末尾に提案理由を付記してありますので、よろしくご審議の上、ご議決あらんことをお願い申し上げます。

 さて、議員各位におかれましては、今議会が任期最後の議会となりました。

 皆様方におかれましては、過去4年間にわたり、一問一答方式や議会報告会などの議会改革を初め、幾多の功績を残され、市民福祉の向上と市政発展のために注がれたご尽力に対しまして、深甚なる敬意と感謝の意を表する次第であります。

 引き続き、市議会に立候補される方々におかれましては、再びこの議場でお目にかかれますことを心よりお待ち申し上げております。勇退なされる方々におかれましては、ご在任中と変わることなく、市政に対してご指導とご協力を賜りますよう、お願いを申し上げます。

 皆様方のますますのご健勝とご活躍を衷心よりご祈念申し上げ、私の所信といたします。



○議長(嶋津鈴子君) 以上で、市長の所信表明は終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(嶋津鈴子君) 以上をもちまして、本日の会議は全部終了いたしました。

 あす2日から11日までは、議案調査のため休会であります。

 休会明け本会議は、9月12日午前10時会議を再開し、市政に対する一般質問を行います。

 本日の会議は、これをもちまして散会といたします。

 お疲れさまでした。

                             (午前10時38分)