議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成24年  6月 定例会(第2回) 06月22日−05号




平成24年  6月 定例会(第2回) − 06月22日−05号







平成24年  6月 定例会(第2回)



          平成24年第2回韮崎市議会定例会

議事日程(第5号)

                  平成24年6月22日(金曜日)午前10時開議

日程第1 議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて

日程第2 委員会報告

      1.財務常任委員会付託事件

       議案第50号 平成24年度韮崎市一般会計補正予算(第1号)

       議案第51号 平成24年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      2.総務教育常任委員会付託事件

       請願第24−3号 消費税増税をやめることの意見書の提出を求める請願

      3.市民生活常任委員会付託事件

       請願第23−6号 山梨県に重度心身障害者医療費助成制度の現行のまま継続することの意見書を求める請願

日程第3 議案第54号 損害賠償請求事件の和解について

日程第4 閉会中の継続審査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(17名)

    1番 守屋 久君     2番 宮川文憲君

    3番 高添秀明君     4番 清水康雄君

    5番 田原一孝君     6番 西野賢一君

    7番 小林伸吉君     8番 輿石賢一君

    9番 秋山 泉君    10番 岩下良一君

   11番 森本由美子君   12番 野口紘明君

   13番 藤嶋英毅君    14番 一木長博君

   15番 清水正雄君    16番 小林恵理子君

   17番 清水 一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      水川 勉君

   会計管理者兼

            日向 亘君   政策秘書課長   駒井宗男君

   会計課長

   総務課長     水川秋人君   企画財政課長   五味秀雄君

   市民課長     神谷壮一君   税務課長     小澤和義君

   収納課長     小澤 仁君   福祉課長     藤巻明雄君

   介護保険課長   大木 純君   保健課長     平賀六夫君

   静心寮長     平原新也君   農林課長     横森 亨君

   商工観光課長   伊藤一向君   建設課長     中嶋尚夫君

                    市立病院

   上下水道課長   石原 茂君            中村 徹君

                    事務局長

   教育委員長    松本恵子君   教育長      輿水 豊君

   教育課長     下村貞俊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   秋山 繁君   書記       水上直樹君

   書記       清水佐知子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(野口紘明君) ただいまの出席議員は17名であります。

 定足数に達しておりますので、休会前に引き続き議会を再開いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 議長よりお願い申し上げます。

 議場内での携帯電話の電源は、切っていただきますようお願い申し上げます。

 また、ノーネクタイでありますので、暑く感じる方は上着を脱ぐことを許可いたします。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(野口紘明君) 報告事項を申し上げます。

 議長のもとに新たに議案1件が提出されました。

 お手元に配付の議案目録(その3)のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第55号の上程、説明、採決



○議長(野口紘明君) これより日程に入ります。

 日程第1、議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについてであります。

 人権擁護委員候補者として次の者を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであります。

 住所、韮崎市藤井町駒井2682番地1。

 氏名、小泉千寿子。

 生年月日、昭和37年7月2日。

 人権擁護委員浅川末子氏が辞任したことに伴い、後任の推薦について議会の意見を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。



○議長(野口紘明君) 説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま意見を求められました議案第55号につきましては、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第55号は原案のとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会報告



○議長(野口紘明君) 日程第2、委員会報告を行います。

 本案件は、会議規則第101条の規定による委員会報告であります。

 財務常任委員会付託事件、議案第50号 平成24年度韮崎市一般会計補正予算(第1号)、議案第51号 平成24年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の2案件を議題といたします。

 本案件につきましては、財務常任委員会に付託したものでありますので、財務常任委員長の報告を求めます。

 清水正雄財務常任委員長。

     (財務常任委員長 清水正雄君 登壇)



◆財務常任委員長(清水正雄君) 財務常任委員会の審査報告を申し上げます。

 6月20日の本会議において、本委員会に付託されました議案第50号 平成24年度韮崎市一般会計補正予算(第1号)及び議案第51号 平成24年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を審査するため、同日午前10時50分より本会議場において委員会を開催いたしました。

 委員会には、委員の出席と執行部から副市長、教育長のほか、全課長の出席を得て、一問一答方式により審査を行いました。

 まず、議案第50号 平成24年度韮崎市一般会計補正予算(第1号)案件を議題とし、歳入歳出について担当課長より説明を受け、議案の審査を行いました。採決に当たっては、挙手により採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第51号の平成24年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)案件を議題とし、歳入歳出について担当課長より説明を受け、議案の審査を行い、採決に当たり、挙手による採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で財務常任委員会の報告を終わります。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどをお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 以上で報告は終わりました。

 委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(野口紘明君) 質疑を打ち切ります。

 これより議案第50号及び議案第51号の2案件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第50号及び議案第51号の2案件は原案のとおり可決されました。

 次に、総務教育常任委員会付託事件、請願第24−3号 消費税増税をやめることの意見書の提出を求める請願の案件を議題といたします。

 本案件につきましては、総務教育常任委員会に付託してありますので、総務教育常任委員長の報告を求めます。

 岩下良一総務教育常任委員長。

     (総務教育常任委員長 岩下良一君 登壇)



◆総務教育常任委員長(岩下良一君) 総務教育常任委員会より、請願審査の結果をご報告いたします。

 去る6月20日、本会議において、本委員会に付託されました請願第24−3号 消費税増税をやめることの意見書の提出を求める請願について、総務教育常任委員会の審査の結果をご報告いたします。

 同日午後、全委員と関係課長の出席を得て、当委員会を開催し、付託されました請願について提出者の説明を受け審査を行った結果、消費税の逆進性の問題なども指摘されましたが、国の財政状況にかんがみ、消費税の増税もやむを得ないことから不採択とすべきものと決しました。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほど、お願いを申し上げます。



○議長(野口紘明君) 総務教育常任委員長の報告は終わりました。

 請願第24−3号に対する総務教育常任委員長の報告は、不採択とすべきものであります。

 お諮りいたします。

 請願第24−3号は、総務教育常任委員長の報告のとおり不採択とすることにご異議ありませんか。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) 小林恵理子さん。



◆16番(小林恵理子君) 異議があります。



○議長(野口紘明君) 異議ありの声がありますので、ただいまの請願第24−3号は、委員長の報告のとおり不採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(野口紘明君) 起立多数であります。

 よって、請願第24−3号は総務教育常任委員長の報告のとおり不採択となりました。

 次に、市民生活常任委員会付託事件、請願第23−6号 山梨県に重度心身障害者医療費助成制度の現行のまま継続することの意見書を求める請願の案件を議題といたします。

 本案件につきましては、市民生活常任委員会に付託してありますので、市民生活常任委員長の報告を求めます。

 西野賢一市民生活常任委員長。

     (市民生活常任委員長 西野賢一君 登壇)



◆市民生活常任委員長(西野賢一君) 市民生活常任委員より、請願審査の結果を報告いたします。

 平成23年12月14日の本会議において、本委員会に付託されました請願第23−6号 山梨県に重度心身障害者医療費助成制度の現行のまま継続することの意見書を求める請願について、市民生活常任委員会の審査の結果を報告いたします。

 6月20日午後、全委員と関係課長の出席を得て、当委員会を開催し、付託されました請願について審査を行った結果、助成制度が現状維持されていることなどを勘案した中で、採択の結果、この請願は不採択すべきものと決しました。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどをお願いいたします。



○議長(野口紘明君) 市民生活常任委員長の報告は終わりました。

 請願第23−6号に対する市民生活常任委員長の報告は不採択とすべきものであります。

 お諮りいたします。

 請願第23−6号は、市民生活常任委員長の報告のとおり不採択とすることにご異議ありませんか。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) 小林恵理子さん。



◆16番(小林恵理子君) 異議あります。



○議長(野口紘明君) 異議ありの声がありますので、ただいまの請願第23−6号は、委員長報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(野口紘明君) 起立多数であります。

 よって、請願第23−6号は市民生活常任委員長の報告のとおり不採択となりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第54号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(野口紘明君) 日程第3、議案第54号 損害賠償請求事件の和解についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第54号 損害賠償請求事件の和解についてであります。

 甲府地方裁判所に係属中の損害賠償請求事件の和解については、地方自治法の定めるところにより議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 内容につきましては、上下水道課長よりご説明申し上げます。



○議長(野口紘明君) 石原上下水道課長。



◎上下水道課長(石原茂君) 議案第54号 損害賠償請求事件の和解についてご説明をいたします。

 1番としまして、事件名でございますが、甲府地方裁判所平成19年(ワ)第327号損害賠償請求事件であります。2、当事者につきましては、議案に記載のとおりであります。3、事件の概要でありますが、本件は被告韮崎市が道路を掘削し、公共下水道工事を実施したことが原因で、原告所有の別紙物件目録記載の土地(以下「本件土地」という。)に地盤沈下、原告の建物にひび割れ等が生じたとして、地盤の調査不足、工法選定の誤り及び施工上の問題を理由に原告が被告韮崎市に対し損害賠償を求めていたが、裁判所から平成23年11月25日付で和解の打診があり、和解条項に同意が得られたものであります。4、和解条項は、別紙のとおりであります。提案理由は、甲府地方裁判所に係属中の損害賠償請求事件の和解については、地方自治法の定めるところにより議会の議決を経る必要があるので、この案件を提出するものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(野口紘明君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(野口紘明君) 質疑を打ち切ります。

 本案件については討論の申し出がありませんでしたので、討論を終結いたします。

 これより議案第54号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第54号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査について



○議長(野口紘明君) 日程第4、閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 本件については、各常任委員長、議会運営委員長並びに韮崎市議会改革推進特別委員長から、目下委員会において審議中の事件につき、会議規則第102条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 申出書はお手元に配付のとおりであります。

 お諮りいたします。

 総務教育、市民生活、産業建設、財務の各常任委員長、議会運営委員長並びに韮崎市議会議会改革推進特別委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(野口紘明君) 以上で、本議会に付議された案件の審議は、全部終了いたしました。

 これをもって、平成24年第2回韮崎市議会の定例会を閉会いたします。

                             (午前10時19分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



◎議会事務局長(秋山繁君) 平成24年第2回韮崎市議会定例会の閉会に当たり、野口議長よりごあいさつを申し上げます。

     (議長 野口紘明君 登壇)



○議長(野口紘明君) 平成24年第2回定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会は、去る6月7日開会以来、本日までの16日間にわたり、市長より提案されました条例及び補正予算など重要案件の審議を終え、閉会の運びとなりましたことに対し、心からお礼を申し上げます。

 本議会において、辞職された神田様におかれましては、今後も市政発展のため、一市民としてご協力を賜り、また我々議会といたしましては、なお一層の議員としての襟を正し、市政発展のため尽力することを肝に銘じ、職務に邁進したいと思います。

 震災復興から国内外の経済情勢不安など、いまだ解決のめどがつかない問題も山積しております。本日をもって6月定例会が閉会となりますが、各位におかれましては、審議された議案をもとに行政執行に全力投球していただきたいと思います。

 終わりに当たり、会期中に賜りました議員並びに執行部のご協力に対しまして、心より御礼を申し上げ、閉会のあいさつとさせていただきます。

 ご苦労さまでございました。

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成24年  月  日

          議長

          副議長

          署名議員

          署名議員