議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成24年  9月 定例会(第3回) 09月06日−01号




平成24年  9月 定例会(第3回) − 09月06日−01号







平成24年  9月 定例会(第3回)



          平成24年第3回韮崎市議会定例会

議事日程(第1号)

                   平成24年9月6日(木曜日)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 諸報告

日程第3 会期の決定

日程第4 市長所信表明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(17名)

    1番 守屋 久君     2番 宮川文憲君

    3番 高添秀明君     4番 清水康雄君

    5番 田原一孝君     6番 西野賢一君

    7番 小林伸吉君     8番 輿石賢一君

    9番 秋山 泉君    10番 岩下良一君

   11番 森本由美子君   12番 野口紘明君

   13番 藤嶋英毅君    14番 一木長博君

   15番 清水正雄君    16番 小林恵理子君

   17番 清水 一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      水川 勉君

   会計管理者兼

            日向 亘君   政策秘書課長   駒井宗男君

   会計課長

   総務課長     水川秋人君   企画財政課長   五味秀雄君

   市民課長     神谷壮一君   税務課長     小澤和義君

   収納課長     小澤 仁君   福祉課長     藤巻明雄君

   介護保険課長   大木 純君   保健課長     平賀六夫君

   静心寮長     平原新也君   農林課長     横森 亨君

   商工観光課長   伊藤一向君   建設課長     中嶋尚夫君

                    市立病院

   上下水道課長   石原 茂君            中村 徹君

                    事務局長

   教育委員長    松本恵子君   教育長      輿水 豊君

   教育課長     下村貞俊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   秋山 繁君   書記       水上直樹君

   書記       清水佐知子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



◎議会事務局長(秋山繁君) 平成24年第3回韮崎市議会定例会の開会に当たりまして、野口議長よりごあいさつを申し上げます。

     (議長 野口紘明君 登壇)



○議長(野口紘明君) 平成24年第3回定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員並びに執行部各位におかれましては、大変お忙しい中、ご健勝にて本定例会にご参集を賜り、厚く御礼申し上げる次第であります。

 過日行われましたロンドンオリンピックでは、韮崎工業高校出身の米満達弘選手がレスリング競技で金メダルをとるなど、日本勢の活躍により、メダルの数は歴代最多となりました。現在、パラリンピックが行われておりますが、オリンピック同様、日本勢の活躍に期待するものであります。

 国内情勢では、消費税増税法案が8月10日に可決されましたが、総理大臣の問責決議案が可決するなど、今後の政局の行方が懸念されるところであります。

 韮崎市議会では、8月下旬に議会報告会を開催したところ、市民の方々が多数出席され、いろいろな意見をいただく中、成功裏に終わることができました。皆様の意見を反映できますよう、今後の議会活動につなげてまいりたいと思っています。

 さて、本定例会に提出されます議案につきまして、十分な審議を尽くされ、公正かつ適切な審議を賜りますようお願い申し上げます。

 また、議会運営につきましても、格段のご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げ、開会のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(野口紘明君) ただいま出席している議員は17名であります。

 定足数に達しておりますので、平成24年第3回韮崎市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議長よりお願い申し上げます。議場内での携帯電話の電源は切っていただきますようお願い申し上げます。また、議場内ではクールビズを実施しておりますが、暑く感じる方は上着を脱ぐことを許可いたします。

                             (午前10時03分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(野口紘明君) これより日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に5番、田原一孝議員、14番、一木長博議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(野口紘明君) 日程第2、諸報告を行います。

 まず、議会の会務報告でありますが、6月定例会以降の会議の概要につきましては、お手元に配付した報告書のとおりでありますので、ご了承願います。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項及び第199条第9項の規定に基づく例月現金出納検査並びに定期監査の報告は、お手元に配付のとおりであります。

 次に、市長から本定例会に提出する案件が送付されております。お手元に配付の議案目録(その1)のとおりでありますので、ご了承願います。

 以上で諸報告を終わります。

 次に、教育委員会から議会に提出すべき事項として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定により、報告書が提出されました。お手元に配付のとおりであります。

 つきましては、この際、その内容説明を求めます。

 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定に基づき、平成23年度韮崎市教育委員会行政の執行状況、点検評価結果についてご報告申し上げます。

 まず、点検評価報告書の3ページをお開き願います。

 3ページから6ページは、教育委員会の組織機構並びに学校教育担当、生涯学習担当、スポーツ振興担当の職員体制と事務分掌であります。

 次に、7ページをお開き願います。

 7ページから12ページにつきましては韮崎市教育振興基本計画でありまして、韮崎市第6次長期総合計画と整合性を図った内容となっております。

 次に、13ページをお開き願います。

 教育委員会の基本方針並びに学校教育指導重点であります。

 基本方針につきましては、国の教育振興基本計画、やまなし教育振興プランを参酌し、長期総合計画に掲げた子どもが夢を持ち続けることができる教育の充実、いつまでも生きがいを持って暮らせるまちづくり、次代へつなぐ歴史・文化の醸成、これらの3項目として、学校教育指導重点、社会教育計画、社会体育計画を策定し、これに沿って執行をしたところであります。

 学校教育指導重点につきましては、個性を尊重し、たくましい創造力と知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童・生徒の育成を学校教育目標とし、各学校でそれぞれ生きる力をはぐくむ教育課程の編成と実施、確かな学力を身につける学習指導、豊かな心を育てる生徒指導などに努めたところであります。具体的な取り組みにつきましては14ページから18ページに記載されているとおりでございます。

 次に、19ページをお開き願います。

 社会教育計画であります。

 本市の社会教育計画は、人づくり、まちづくりを基底とし、市民一人一人が主役となって自発的に学習し、生涯にわたって心豊かに過ごせることを目指し、公民館活動を主体として市民にさまざまな学習機会を提供するとともに、学習情報の発信等を通じて生涯学習社会に根差した社会教育活動が活発に展開されるよう、諸施策の推進に努めたところであります。

 なお、重点目標につきましては、20ページから22ページに記載されているとおりでございます。

 次に、23ページをお開き願います。

 社会体育計画であります。

 市民一人一人が健康で明るく、活力に満ちた生活ができるよう、市民総スポーツを提唱し、スポーツ振興計画のもとで施設の整備、イベントの開催、巡回体力測定会等を実施し、生涯スポーツの推進を図るとともに、総合型地域スポーツクラブのさらなる定着やサッカーのまちづくりプロジェクトによる事業を展開したところであります。目標並びに具体的な取り組みにつきましては、24ページから26ページに記載のとおりであります。

 次に、27ページをお開き願います。

 韮崎市教育委員会の自己点検・評価結果であります。評価者につきましては、教育委員、学校長、教頭、教務主任、生徒指導主事、研究主任、学年主任の合計75人であります。評価方法につきましては、Aの項目が「十分である」、Bが「おおむね十分である」、Cが「不十分である」、以上3段階で評価を行いました。

 1つ目の教育委員会の評価につきましては、教育委員は教育委員会の会議の公開も含め、「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、2の学校の組織編制、教育課程、学習指導、職業指導の評価であります。まず、学校の組織編制では、68.6%から75.7%の方が「十分である」と、また、24.3%から31.4%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、教育課程では、71.4%から87.1%の方が「十分である」と、また、12.9%から28.6%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、28ページの学習指導でございますが、98%以上の方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、生徒指導の項目と次の健康教育・学校給食の項目では、すべての方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、特別支援教育体制の整備では、51.4%から70%の方が「十分である」と、また、28.6%から44.3%の方が「おおむね十分である」と評価していますが、項目の中で?の特別支援教育における人的・物的支援等の整備について、4.3%の方が「不十分である」と評価しております。

 次に、3の教職員の研修では、54.3%の方が「十分である」、45.7%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、4の児童生徒の保険・安全では、67.1%から72.9%の方が「十分である」と、27.1%から32.9%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、29ページの教職員の厚生・福利では、48.6%の方が「十分である」と、51.4%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、6の社会教育事業の評価であります。

 まず、生涯学習の推進・充実では、すべての方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価していますが、市民の芸術・文化活動の支援や社会教育施設の充実の項目につきましては、60%の方が「おおむね十分である」との評価でありました。

 次に、図書館につきましては、?の図書館の主催事業については、すべての方が「おおむね十分である」と評価しております。また、利用状況並びに図書館の充実につきましては、すべての方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しており、一昨年度でございますが、平成22年度は20%の方が「不十分である」との評価でしたが、昨年度、平成23年度は「不十分である」との評価はございませんでした。

 次に、文化財につきましては、40%の方が「十分である」と、60%の方が「おおむね十分である」との評価でありました。

 次に、民俗資料館につきましては、40%の方が「十分である」と、60%の方が「おおむね十分である」と評価しております。

 次に、韮崎大村美術館につきましては、すべての方が「十分である」、「おおむね十分である」との評価でございました。

 次に、体育施設の管理運営につきましては、40%の方が「十分である」、60%の方が「おおむね十分である」との評価でございました。

 次に、30ページのスポーツ振興につきましては、すべての方が「十分である」あるいは「おおむね十分である」と評価しております。項目の中で、競技力向上の推進状況については、平成22年度は20%の方が「不十分である」との評価でございましたが、昨年度、平成23年度は「不十分である」との評価はございませんでした。

 31ページをお開き願います。

 平成23年度の教育費の歳出決算額は12億3,515万2,000円で、一般会計歳出総額に占める割合は8.90%となっております。項目ごとの決算額につきましては記載のとおりでございます。

 今後は、この評価結果をさらに分析し、今後の教育行政に生かしていく考えでございます。

 以上で、平成23年度教育委員会行政の執行状況、点検、評価結果の報告を終わります。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 説明は終わりました。

 本件は報告事項でありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(野口紘明君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会が開かれておりますので、議会運営委員会の報告を求めます。

 清水 一議会運営委員長。

     (議会運営委員長 清水 一君 登壇)



◆議会運営委員長(清水一君) 議会運営委員会のご報告を申し上げます。

 平成24年第3回定例会の開会に当たり、去る8月30日午前9時より、一木委員を除く委員全員の出席と執行部から横内市長、水川副市長、水川総務課長、五味企画財政課長、議会事務局から局長、リーダーの出席を得て、議会運営委員会を開催いたしました。

 お手元に配付されております平成24年第3回韮崎市議会定例会議案目録(その1)のとおり、提出議案の説明がございました。

 次に、本定例会について慎重に審議をした結果、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日9月6日から9月25日までの20日間とすることに決しました。

 以上で議会運営委員会の報告は終わります。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどお願いを申し上げます。



○議長(野口紘明君) 議会運営委員会の報告は終わりました。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、委員長の報告のとおり、本日から9月25日までの20日間とすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は20日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、委員長の報告のとおり、お手元に配付の第3回定例会会期日程表によりたいと思いますので、ご了承願います。

 また、一般質問の要領など申し合わせ事項につきましても了承され、議会運営に協力されんことを望みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長所信表明



○議長(野口紘明君) 日程第4、市長所信表明を行います。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 本日ここに、平成24年第3回市議会定例会の開会に当たり、提出いたしました案件のうち、主なるものにつきましてその概要を申し上げ、あわせて私の所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。

 世界の204の国と地域から約1万1,000人の選手が参加し、連日熱戦を繰り広げたロンドンオリンピックは、各競技で幾多の感動のドラマを生み、我が国においては、大会史上最多となる38個のメダルを獲得いたしました。

 中でも高校時代の3年間を韮崎工業高校で過ごし、レスリング部の基礎を築き上げた米満達弘選手の金メダル獲得は、深い感動と勇気を本市にもたらしてくれました。このたびの偉業は、韮崎工業高校レスリング部の後輩たちにとって今後の大きな目標になったと同時に、子供たちにも計り知れないほどの勇気と希望を与えてくれたものであり、将来的に本市から多くのオリンピック選手が誕生することを大いに期待しております。

 さて、我が国の政治情勢に目を向けますと、持続可能な社会保障制度の確立と、そのための安定的な財源確保、財政健全化に向けての消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案が成立し、現行5%の消費税率は、平成26年4月に8%、27年10月に10%と2段階で引き上げられることになりました。

 こうした中、政局をめぐる動きは極めて混沌とした状況にありますが、引き続き国の動向に注視しながら、市民生活を重視した施策を遅滞なく着々と進めてまいる考えであります。

 また、我が国の経済状況につきましては、内閣府の8月の月例経済報告では、景気は一部に弱い動きが見られるものの、復興需要等を背景として緩やかに回復しつつあると示されており、最近の県内の経済情勢におきましても、個人消費や生産活動、企業の景況感など、厳しい状況の中にあっても、緩やかに持ち直しつつあります。

 今後、電気料金の値上げ等による不確かな要素も残されておりますが、経済の回復に大きく期待するものであります。

 さて、先月16日、「絆=いま伝えよう、ありがとうの気持ち」をテーマに開催した武田陣没将士供養会・花火大会では、ご来場の皆様とともに夏の夜のひとときの感動を共有したところでありますが、開催に際し多大な協力を賜りました協賛企業の皆様を初め、商工会、各種団体の皆様に対し、改めて感謝を申し上げる次第であります。

 また、韮崎市民交流センター「ニコリ」は、今月の3日で開館一周年を迎え、これを記念して、前日の日曜日には館内スタンプラリーや野菜市、フリーマーケットなどさまざまな記念イベントが開催され、ご来館いただいた多くの皆様とともに、一日を楽しみながらお祝いしたところであります。

 今後も、子供から大人まで世代を超えて笑顔で集い、親しまれる施設運営に努めてまいります。

 次に、本年度の主な事業の動向について申し上げます。

 まず、災害対策についてであります。

 今月2日に実施いたしました総合防災訓練は、自主防災組織の強化・充実を計画の柱に据えた地域防災計画の抜本的見直し後に行われた初めての防災訓練であり、本市が提示する訓練プログラムの中から各地区の実情に応じた訓練をそれぞれ実施していただきました。

 当日の各地区からの報告によりますと、全地区合計で6,000人を超える市民が訓練に参加をされたとのことでありますが、東日本大震災以降の防災意識の高まりがあらわれたものと評価しております。

 加えて、本市においては、韮崎市建設安全協議会並びに株式会社やまと様のご協力をいただき、先般、災害時における道路、河川等の公共施設の機能確保と市民の安全確保を目的とする応急対策業務等の協力に関する基本協定と、指定福祉避難所の一時的食料等の調達を目的とする緊急時指定福祉避難所支援協定を新たに締結するほか、5月より開講した地域減災リーダー育成講座を通じて今日までに38名をリーダーに認定するなど、全市を挙げた防災体制の強化に取り組んでいるところであります。

 次に、定住促進対策についてであります。

 昨年4月より管理運営をしてまいりました定住促進住宅につきましては、入居率の向上と定住人口の増加を図ることを目的に、平均で13%の家賃引き下げを行うため、条例の一部改正案を今議会に提出いたしたところであります。

 また、これにあわせて、市外から定住促進住宅への新規入居者についても、最長2年間、家賃の一部を助成する制度を新設することといたしました。

 次に、市有財産の利活用についてであります。

 旧新府中学校跡地につきましては、全庁的な検討会を組織し、有効活用の方策を検討すべく協議を重ねてまいりましたが、このたび地元関係者の皆様からご理解をいただきましたので、太陽光発電施設建設用地としての貸し付け公募を開始いたしました。

 現時点において数社からの問い合わせをいただいておりますが、今後、プロポーザル方式により事業者を決定し、当該用地の有効活用を進めてまいります。

 次に、道路整備についてであります。

 市道韮崎1号線につきましては、詳細設計が終了いたしましたので、ことしの秋以降、市民会館跡地から市営火葬場までの拡幅改良工事に着手してまいります。本路線の整備により利便性が格段に向上するとともに、交通事故等の未然防止にもつながるものと確信しております。

 工事期間中は車両の全面通行どめとなることから、市民の皆様には多大なご迷惑をおかけすることとなりますが、何とぞご理解、ご協力をお願いいたします。

 次に、子育て、教育環境の整備についてであります。

 東、西、藤井、各保育園へのエアコン設置やAEDを全保育園へ整備することにより、安心・安全な保育園環境の充実を図ったほか、学校生活における児童・生徒の健康への配慮と年間を通じた快適な学習環境を実現するために、夏休みの期間を利用して、すべての小・中学校の未設置教室等へエアコンを設置いたしました。また、東西中学校、甘利小学校のグラウンド整備もあわせて実施いたしました。

 次に、今議会で認定いただく平成23年度決算についてであります。

 まず、一般会計でありますが、歳入総額は前年度に比べ2.7%減の143億9,346万円、また、歳出総額は138億7,362万1,000円と、前年度に比べ2.6%の減となっております。

 歳計剰余金は5億1,983万9,000円で、翌年度への繰越財源を差し引いた実質収支は4億5,599万2,000円の黒字となりました。

 また、財政構造の弾力性を示す経常収支比率につきましては、地方交付税並びに臨時財政対策債の減収等の影響により85.7%と、前年度より11.2ポイント増で、県内13市の平均値に近い数値になると見込んでおりますが、この比率の推移には注視が必要と考えております。

 次に、健全化判断比率につきましては、実質公債費比率が13%、将来負担比率が68.9%となるなど、いずれの指標も早期健全化基準を大きく下回る結果となっております。

 なお、特別会計につきましては、実質収支の総額が4,134万5,000円となり、市立病院事業会計及び水道事業会計におきましても、経営努力により純利益を出すことができ、堅実な財政運営をすることができたところであります。

 議員各位のご協力と市民の皆様のご理解に支えられ、健全財政を維持できたところでありますが、今後におきましても効率的な予算執行を心がけるとともに、将来を見据えた計画的な財政運営に努めてまいる所存であります。

 次に、本日提出いたしました審議案件についてでありますが、さきの6月議会から今日までの行政執行の中で、予算につきまして補正の必要が生じましたので、対処いたしたところであります。

 これにより、今議会でご審議をお願いする案件は、報告案件5件、予算案件4件、条例案件4件、認定案件16件、その他案件1件であります。このうち一般会計補正予算案について、その概要を申し上げます。

 今回の補正は、前年度繰越金や地方交付税等の確定に基づく歳入予算を計上したほか、人事異動に伴う職員給与費や緊急性を生じた諸事業を中心に編成したところであります。

 まず、議会費についてでありますが、職員給与費を122万円減額補正しております。

 次に、総務費であります。

 平成23年度決算における実質収支の2分の1相当、2億2,799万7,000円を財政調整基金に積み立てるとともに、口座振替システムの改修経費等により賦課徴収事業に455万円を追加計上するほか、職員給与費の減額等により、総額2億774万7,000円を増額補正しております。

 次に、民生費であります。

 災害・救急安心情報キットの購入経費として、地域包括ケア推進事業に40万4,000円を計上するほか、介護保険特別会計繰出金や職員給与費の増額とあわせ、総額1,175万3,000円を増額補正しております。

 次に、衛生費であります。

 市営火葬場の火葬炉修繕の追加経費として火葬場運営事業に273万5,000円を追加計上するほか、職員給与費の減額等により721万5,000円を減額補正しております。

 次に、労働費についてでありますが、経営改善普及事業の見直しに基づき、労務改善事業を19万7,000円減額補正しております。

 次に、農林水産業費であります。

 新規就農者への支援が補助対象から市単独へと切りかわったことにより、新規就農者支援事業を606万円減額するほか、職員給与費の増額等により346万6,000円を減額補正しております。

 次に、商工費であります。

 企業立地による誘致入居企業への助成金として、4,189万2,000円を企業立地支援事業に計上するとともに、商店街空き店舗対策の補助申請者の増に伴い、まちなか活性化推進事業に256万円、願成寺の公衆トイレ補修工事のため観光施設管理事業に147万円を追加計上するほか、職員給与費の減額により、総額2,501万2,000円を増額補正しております。

 次に、土木費であります。

 国道141号線絵見堂交差点改良に伴い、市道敷用地取得・物件補償経費等、市単独道路整備事業に3,005万5,000円追加計上するとともに、午頭島公園の公衆トイレ補修工事費として市立公園等管理事業に231万円を追加計上するほか、下水道事業会計への繰出金や職員給与費の減額により、総額4,306万7,000円を増額補正しております。

 次に、消防費であります。

 防災無線の固定局の移設経費等のため、災害対策事業に294万4,000円を追加計上するなど、総額437万6,000円を増額補正しております。

 次に、教育費であります。

 御堂地区分館建設補助等のため、地区公民館運営事業に354万4,000円、新府公園トイレ補修工事費として史跡等保存整備管理事業に285万円3,000円を追加計上するほか、職員給与費の増とあわせ、総額1,038万2,000円を増額補正しております。

 以上の結果、一般会計補正予算額は2億9,023万9,000円の増額補正となり、現計予算額は130億1,879万9,000円となります。

 次に、特別会計であります。

 まず、下水道事業特別会計におきましては、古川改修に伴う下水道施設の移設工事のため、公共下水道維持管理事業に664万7,000円を追加計上し、職員給与費とあわせ、総額998万1,000円を増額補正しております。

 次に、介護保険特別会計についてでありますが、第三者行為に係る損害賠償収入の計上を行うとともに、職員給与費並びに前年度国・県支出金の精算に伴う償還金671万円を追加計上し、総額966万8,000円を増額補正しております。

 その他の案件につきましては、いずれもその末尾に提案理由を付記してありますので、よろしくご審議の上、ご議決あらんことをお願い申し上げます。

 以上であります。



○議長(野口紘明君) 以上で市長の所信表明は終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(野口紘明君) 以上をもちまして、本日の会議は全部終了いたしました。

 あす7日から17日までは、議案調査のため休会であります。

 休会明け本会議は、9月18日午前10時会議を再開し、市政に対する一般質問を行います。

 本日の会議は、これをもって散会といたします。

 お疲れさまでございました。

                             (午前10時38分)