議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成24年 12月 定例会(第4回) 12月17日−02号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 12月17日−02号







平成24年 12月 定例会(第4回)



          平成24年第4回韮崎市議会定例会

議事日程(第2号)

                平成24年12月17日(月曜日)午前10時開議

日程第1 一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(17名)

    1番 守屋 久君     2番 宮川文憲君

    3番 高添秀明君     4番 清水康雄君

    5番 田原一孝君     6番 西野賢一君

    7番 小林伸吉君     8番 輿石賢一君

    9番 秋山 泉君    10番 岩下良一君

   11番 森本由美子君   12番 野口紘明君

   13番 藤嶋英毅君    14番 一木長博君

   15番 清水正雄君    16番 小林恵理子君

   17番 清水 一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      水川 勉君

   政策秘書課長   駒井宗男君   総務課長     水川秋人君

   企画財政課長   五味秀雄君   市民課長     神谷壮一君

   税務課長     小澤和義君   収納課長     小澤 仁君

   福祉課長     藤巻明雄君   介護保険課長   大木 純君

   保健課長     平賀六夫君   静心寮長     平原新也君

   農林課長     横森 亨君   商工観光課長   伊藤一向君

   建設課長     中嶋尚夫君   上下水道課長   石原 茂君

   市立病院

            中村 徹君   教育委員長    小川龍馬君

   事務局長

   教育長      矢巻令一君   教育課長     下村貞俊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   秋山 繁君   書記       水上直樹君

   書記       清水佐知子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(野口紘明君) ただいまの出席議員は17名であります。

 定足数に達しておりますので、休会前に引き続き議会を再開いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 日向会計管理者は所用のため欠席する旨の届け出がありました。

 議長よりお願い申し上げます。議場内での携帯電話の電源は切っていただきますようお願い申し上げます。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(野口紘明君) 日程第1、一般質問を行います。

 今回の質問通告者は9名であります。お手元に質問順位が配付されておりますので、これに基づいて進めてまいります。

 順次質問を許します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△清水一君



○議長(野口紘明君) 17番、清水 一君を紹介いたします。

 清水 一君。

     (17番 清水 一君 登壇)



◆17番(清水一君) 本12月定例会において冒頭の質問の機会を得ました17番、韮政クラブの清水 一でございます。

 当面する市政について何点か質問をさせていただきます。

 先月11月16日衆議院の解散を受け、昨日、第46回衆議院選挙が行われ、これからの日本の政治を牽引していく顔ぶれが決まったところであります。原発、景気、災害復興、防災、減災、外交、いろいろと山積みする国政課題をどう解決していくのかが問われた選挙であり、大変注目をされた選挙でもございました。選挙史上異例の12党が乱立する中で、政権政党の民主党が大敗し、自民党の大勝利と第三極が一定の台頭という形で結果が出たわけであります。この山梨においても顔ぶれがほぼ一新されましたが、国政の抱える課題に積極的に取り組み、結果を出していただくことを期待するものであります。

 さて、そこで質問に入らせていただきます。

 質問の最初に、サッカーのまち韮崎とヴァンフォーレ甲府支援についてであります。

 サッカーJ2ヴァンフォーレ甲府は、昨年J1からJ2へ降格しましたが、2012年のJ2リーグにおいて優勝を果たし、なおかつJリーグ史上新記録となる24戦負けなしという輝かしい記録を打ち立て、1年で来期はJ1へ復帰することになりました。ヴァンフォーレ甲府に対して出資をしている韮崎市にとっても、また山梨県の唯一のJリーグであるヴァンフォーレ甲府の活躍は大変うれしく、何かしら活力を失っている日常社会にとっても元気づけられることであります。

 市長は過日、来期からサッカーJ1へ再昇格するヴァンフォーレ甲府に七里岩台上にある中央公園芝生広場を練習場として貸し出し、ヴァンフォーレ甲府が優先的に利用できるクラブハウスを新設することを表明したところであります。

 ここでまず、お伺いをいたします。

 これまでヴァンフォーレ甲府に対して2,000万円の出資をして支援をしてきており、中央公園も練習グラウンドとして位置づけてきたことと認識しておりますが、これまでの利用実績はどうであったのか。また、これまでの練習グラウンドと今回のそれとはどのように違うのかお示しをいただきたいと思います。

 また、ヴァンフォーレ甲府が優先的に利用できるクラブハウス等を新設し、サッカーを核としたまちづくりのシンボルとしてプロクラブを誘致するということは、サッカーのまち韮崎の新たなコンセプトなのかどうか、市長のお考えをお伺いをいたします。

 これまでサッカーのまち韮崎のイメージは、伝統ある韮崎高校サッカーが長い歴史の中で輝かしい成績を残し、全国の強豪の座を占めてきており、強かった韮崎の歴史と伝統が大きな根幹をなしていたイメージが強かったわけでありますが、今回の取り組みはイメージ転換を意味するということなのか。韮崎高校サッカーの成績がいま一つ思わしくない中、韮崎高校サッカーの支援強化についてはどのようにお考えになっているのかお伺いをいたします。

 さきにも触れましたが、中央公園についてはヴァンフォーレ甲府の練習場として位置づけられてきたわけであります。少なくともこれまではその実績はなく、そのことによるサッカーの振興や観光、商業活動への好影響も少なく、ましてや経済効果はほとんどなかったというふうなわけでありますが、今回のヴァンフォーレ甲府への支援を契機に中央公園を初めほかのスポーツ施設等の利用方法も再検討すべきと考えます。市長はこの点どのようにお考えなのかお伺いをいたしまして、第一の質問を、冒頭の質問を終わりたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(野口紘明君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 清水 一議員の一般質問に対する答弁を行います。

 サッカーのまち韮崎とヴァンフォーレ甲府支援についてお答えをいたします。

 本市はこれまでもヴァンフォーレ甲府を支援するため市内のグラウンドを練習会場として提供してまいりました。その利用実績につきましては、月平均2ないし4回で年間30回程度であります。現在ヴァンフォーレ甲府は、本市のグラウンドのほか昭和町の押原後援グラウンド並びに山梨大学医学部グラウンドを中心に練習場を確保してきたところであります。今後は韮崎市中央公園芝生広場を主たる練習会場として市民の利用や公共的事業に支障のない範囲で年間160日程度を使用することとしており、練習会場には多くの観客が来場することが見込まれますので、市の活性化に寄与するものと考えております。

 また、サッカーのまち韮崎を標榜する本市は、これまでもサッカーによるまちづくりを推進してまいりましたが、このまちづくりの一環としてヴァンフォーレ甲府の拠点施設として会場を提供するものであり、今後も変わることなく、まちづくりを展開してまいる考えであります。

 他の答弁につきましては、教育委員会よりお答えをいたします。



○議長(野口紘明君) 小川教育委員長。



◎教育委員長(小川龍馬君) 清水 一議員の質問に対する答弁を行います。

 サッカーのまち韮崎とヴァンフォーレ甲府支援についてであります。

 長い歴史を持ち、サッカーのまち韮崎の中核にある韮崎高校サッカーの支援強化につきましてでありますが、トップレベルのプレーを目の当たりにすることによる意識の高揚や技術の習得にもつながっていくことが期待をされるところであります。今後も選手の技術の向上に向けさらなる支援を行っていく考えであります。他の体育施設の利用方法につきましては、今後も市民のスポーツの推進を図り、福祉の向上や健康増進等に寄与するため効果的な利用に寄与してまいりたいと考えております。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) ありがとうございました。

 それでは、1番目の質問の中から再質問をさせていただきたいと思います。

 一問一答でございますので簡単な質問からですけれども、まず、実績の中で、今までは月に2回から4回で年間30回程度を練習に使っていたということでございましたけれども、今度は専用の練習場というような意味合いもあって年にほぼ160日を練習会場として当てるということでございましたけれども、この点については、160日というのは、練習をしているときは1日全くもう練習時間以外でもヴァンフォーレに専用で使うという権利というか、があるのかどうか、この点まずお聞きをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えします。

 今現在、詳細を協議中ではございますが、基本的には練習は3時間程度というふうにお聞きはしておりますが、そのときによって若干差は出るかと思います。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) 3時間程度以外の時間、時間帯はいろいろあると思いますけれども、それ以外、例えば午前中使ったら午後からは使う、その辺もこれから協議するということでしょうけれども、その辺はどんなふうにお考えになっているかもう一度お願いしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) もちろん詳細は今協議中ではございますが、基本的には使用しない時間につきましては、あくまでも練習ですとか練習試合とか、それに付随する前後があろうかと思いますが、そこの部分以外の部分についてはヴァンフォーレではないというふうに考えてございます。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) それでは、練習観戦の観客が来場するということが期待をされておりますし、また、そのことは、市長もおっしゃるとおり、市の活性化等に寄与することができるという期待をしているわけでございますけれども、そうした観客、まだちょっとこれからのことなので具体的にどういう形でもって観客が来るかわかりませんけれども、そうした観客に対してはどんなふうな対応、市としては考えていらっしゃるのか、この点についてはいかがでしょうか。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えします。

 今現在、ヴァンフォーレのほうからお聞きをしておりますのは、練習につきましては、曜日によって差はあるんですが、大体50人から150人ぐらい来られるだろうといったようなお話もございますし、また、練習試合、また曜日によっては300人ぐらい来られるときもあるようには伺ってはおります。しかしながら、そういったことが現実的な姿としては今現在見えてはおりませんが、いずれにしましてもそういったサポーターの皆さんがいわゆる継続的にこちらのほうに来られるということにつきましては、いわゆる事業者がそういったものをビジネスの関係で拡大のいわゆるチャンスとしてとらえるかどうかというところ辺が一番基本だとは思いますが、本市としましてもいわゆる商工会等々と連携を図ってまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) それでは、これはサッカーのまち韮崎のいわばベーシックというか根幹の問題、考え方の問題なんですけれども、サッカーのまちづくりの一環としてヴァンフォーレを拠点施設として位置づけるというふうに受けとめているところでございますけれども、当初も先ほど述べました練習場に位置づけてはいたわけですけれども、非常にこの位置づけと、そのヴァンフォーレ甲府に対する、あいまいであったのではないかというふうに思いますけれども、今回の場合は、ヴァンフォーレ甲府の本当に意味での地元であり拠点というふうに位置づけるということだと思いますけれども、そうであれば、例えばヴァンフォーレ甲府をヴァンフォーレ韮崎とかそういうようなことも含めて、名実ともにサッカーのまち韮崎としてヴァンフォーレの後方支援というかバックアップというか、全面的にやっぱり協力をしていく、こういう方針ではないかと思うのですけれども、その点はどんなふうにお考えなのかお聞かせをいただきたいと思います。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えします。

 ヴァンフォーレ甲府に対する全面的なバックアップというお話でございます。本市も平成9年から出資ということで参加をさせていただいて、なおかつホームタウン、また山梨県内中がホームタウンということでヴァンフォーレ甲府を盛り上げているところでございますので、そのころからもちろん練習の会場としてお使いをいただいておりますが、より多くの日数を本市で過ごすということになれば、よりそういった拠点的な意味合いはもちろん強まるのであろうというふうに思います。

 もちろん名称等につきましては、それぞれのコンセンサスがありますので、なかなかそういうわけには、すぐにはというわけにはまいらないとは思いますが、いろんな意味で今までどおり支援をしてまいりたいと思います。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) これはこれからのことということもありますし、相手もあることですし、これまでのヴァンフォーレ甲府の実績といいますか、名称も含めてあると思いますので、そういうつもりで、ヴァンフォーレ韮崎というつもりで本格的な本腰を入れて、やっぱり取り組んでいただきたいということを申し上げておきたいと思います。

 それから、これは今度は教育委員会のほうの答弁に対する再質問でございますけれども、これは前の私の一般質問でも申し上げたことでございますけれども、体育施設の利用方法について市民のスポーツ推進、福祉の向上や健康増進に寄与するとともに、それは当然でございますけれども、と同時に視野をもうちょっと広げていただいて、市内のやっぱり経済、商業にもやっぱり効果をもたらすような柔軟な対応によって、韮崎市、我が市に経済効果が上がるような利用も考えてもらいたい、そうすべきではないかと、こういうふうに思いますけれども、その点はいかがでございましょう。



○議長(野口紘明君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 市内の体育施設につきましては、あくまでも、先ほど委員長が申しましたとおり、市民のスポーツの推進を図るということが目的でございますので、施設を貸し出すという立場からは、そういう考えのもとに行っているところでございます。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) そういう表現をしては大変失礼であるかもしれませんけれども、やっぱりその辺は、教育委員会の立場といたしましてはそれ以上のお答えはいただけないのかなと思いますけれども、やっぱり硬直的なお考えをもうちょっとやっぱり柔軟に対応していただいて、例えば、これはもう前に申し上げたことですけれども、JRの八王子傘下のチームが毎年サッカーの試合をやっていまして、会場がとれなかったということもあったんですけれども、何年か引き続きやっております。この方々は当然、韮崎に宿泊をして、大会が盛り上がってくれば1泊が2泊になったとかということでもって、そういう意味ではやっぱりその泊まった人たちは地元にもお金を落としていただけるというようなことから考えると、やっぱり相当、経済効果も上がってくるんではないかと思いますし、また、やっぱりこの韮崎市の今一つの大きな課題といたしましては人口の増加という問題がありますけれども、なかなかこれ定住人口をふやすということは難しい問題でありまして、むしろ交流人口ということが言われていますが、そういう方々をどんどんやっぱり呼び込んで交流人口をふやすということが例えば町の活性化ということに、あるいは経済効果につながっていくというふうに思いますけれども、釈迦に説法みたいな言い方で恐縮でございますけれども、こういう点をやっぱりぜひ、柔軟という意味はそういう意味でございまして、ぜひひとつこの辺のこういう柔軟な考え方も持って公共施設の使用なんかもやっていっていただければいいなと思いますけれども、いかがでございましょうか。



○議長(野口紘明君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 あくまでも市外の公共団体等による大会につきましては、内容審査しながら申請期間前でも受け付けているところでございますが、公共団体以外の予約等につきましては、ルールどおりにさせていただきたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) わかりました。ぜひもうちょっと柔軟な対応も考えていただきたいということは要望しておいて、1番目の質問は以上で終わりたいと思います。

     (17番 清水 一君 登壇)



◆17番(清水一君) それでは、次に、2番目の質問といたしまして、甘利山の自然保護とシカ害対策についてお伺いをしたいと思います。

 本年の去る10月27日の土曜日に、第5回になります甘利山クリーン作戦が、300名以上の参加のもとに甘利山の自然保護、とりわけ市の花でもありますレンゲツツジを守ることを主眼として大々的に行われたところでございます。5年という回数を数え、この事業もすっかり定着をいたし、市民レベルでも認識されていることにつきましては、市長の手腕を大変高く評価するところでもございます。

 また、11月3日、4日には、初めての試みといたしましてヒルクライムチャレンジ韮崎甘利山大会が県外から348名の参加を得て開催されたところであります。甘利山の自然の美しさや環境を生かした特徴ある事業として来年からも継続し、ますます大きな大会として定着することを大いに期待するところでございます。甘利山を有する韮崎市を全国的にアピールする意味でも大変意義ある事業であると評価するものであります。

 さて、こうした中で、いわば韮崎の宝であります甘利山の自然を守り、また、甘利山を有する韮崎市を県内外にアピールし、観光振興や経済、商業振興につなげていくためには、もろもろの課題も同時に解決をしていかなければなりません。以前にも触れさせていただきましたが、このたびのクリーン作戦で現地に行かれた方々は皆さん気づかれたことと思いますが、レンゲツツジの群生地一帯の広河原駐車場から甘利山山頂に至る散策路、登山道でもありますけれども、その左右の何カ所かに緑色のシカよけネット、いわゆるシカさくが設置されていたと思います。あのシカさくは、最近ニホンジカが非常にふえ、えさとしてレンゲツツジの花芽や山野草を食べてしまう兆候があらわれてきており、いろいろと検討した結果、あのような構築物、いわゆるシカさくをつくってシカの害を防ぐ当面の対策として甘利山倶楽部がつくったものであります。

 過日、こうした行為とシカさくに対し、監督管理する官庁であります県緑自然課からクレームがつき、許可をとらずにシカさくを設置したことに対し始末書を書くよう指示があり、甘利山倶楽部名で同書を作成し提出した次第であります。

 甘利山一帯において山野草が激減し、かつては数十種類の草花が咲き誇っていた環境が激減しており、レンゲツツジにもその影響があらわれてきております。したがって、当面の対策としてシカさくの施設をふやし広めていかなければならない状況にあるわけであります。しかし、そんな矢先、県の所管官庁より現行のシカさくの色についてもクレームがございました。緑色のさくの色を黒にしろ、こういう指示があった次第であります。こうした事態を前に市の宝であります甘利山を有する韮崎市がもっとやっぱり前面に出て対応をすべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。当局の早急な対応を望むものであります。

 また、前述をいたしました自然界の現況は何が原因であるかについては、既に専門機関による調査が必要であります。これについても市当局に対して既にお願いをしてございますが、現段階での調査状況はどのようになってあるかについても、あわせてお伺いをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 甘利山の自然保護とシカ害対策についてお答えをいたします。

 まず、初めに、専門機関による調査についてであります。

 本年7月初旬に県森林総合研究所中北林務環境事務所と現地調査を行い、8月にも現地調査と甘利山自然保全利活用に係る意見交換会を行ったところであります。今後は同研究所において、本格的な調査に向け明年度に調査計画を作成していただけると伺っております。

 次に、市の対応についてでありますが、同研究所の調査結果に基づき、甘利山の自然環境に適した方策を実施してまいる考えであります。したがいまして、当面、県関係機関の指導のもと甘利山倶楽部の試験的な活動を全面的に支援してまいります。

 以上であります。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) ありがとうございます。

 それでは、2番目の質問の再質問をさせていただきますけれども、先ほどもクリーン作戦等の事業につきましては大変、市長の事業に対しまして評価するところでありますし、大変、定着もしてきているということを申し上げましたけれども、もう一つ、先ほどの質問の中で、シカさくに対する始末書とかいう問題をお話をいたしましたけれども、シカさくをつくって、ツツジのちょうど前のシーズンだったと思いますけれども、お客さんが来るので眺望上というか、見た目が余りよくないけれども理解をしてもらうためにそれなりの網を張った理由づけをして、名前を書いておこうというときに、市の名前でぜひやっていただきたいということがあったんですけれども、市はまあいいから甘利山倶楽部と財産区の名前でやればいいじゃないか、こういうような経過があったわけでございます。

 それで、そういうことがあったかどうかは別としましても、その張ったことに対する、つくったことに対するクレームが一民間団体である甘利山倶楽部へ来たと。ですから、よくこの事態、あるいは甘利山そのものの自然保護という観点から見ますともっとやっぱり、県自体だってこれは森林環境部のみどり自然課というところが管轄というか、しているところなんですけれども、県だってやっぱり自然公園を守るということであれば、人にやったことに対してやっぱりクレームをつけるというのじゃなくて自分たちがむしろ守るという観点で、実際の仕事は甘利山倶楽部なり地元なりの人がするにしても、そういう立場でもってやらなきゃいけないし、市だってやっぱり市の宝、守らなきゃいけないという立場である以上は、もっと前面に出て対応すべきじゃないかとこういうふうに思うわけでございます。

 そういう意味で、もっと積極的に対応すべきではないかという質問をさせていただいたわけでございますけれども、その点について再度お聞きをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 甘利山のシカさくにつきまして県のほうからクレームがまいって、それに対しての対応ということでございますけれども、実際的にはそのシカさくにつきまして県も承知をしておったわけでございますけれども、今年度より地域の森づくり活動支援事業費補助金というものが、県の森林環境税の創設に伴いましてその補助金ができまして、今年度からその甘利山倶楽部の事業に対して、そのシカさく関係の事業に対しても補助をいただけるというようなことで正式な手続が必要になったということでございます。それにつきまして、やはりオフィシャルな形になってきますと、県もいたし方なくそういう書面のやりとりが必要になったわけでございまして、その一環の中での今回の対応だったと思います。

 県におきましても県立自然公園でございますし、また、私ども市としましても貴重な共有の財産というふうに考えておりますので、積極的に保全をしてまいろうという考えには変わりませんので、ご理解をお願いしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) ありがとうございました。

 県の制度的な問題と実際の取り組みとは若干このニュアンスが違うというような現実のようで、市も県もしっかりと守っていくという体制をとっているということでございますので、よろしくお願いをして、次の質問に入りたいと思います。

     (17番 清水 一君 登壇)



◆17番(清水一君) それでは、質問の3番目に韮崎駅前整備事業と観音山公園整備についてお伺いをしたいと思います。

 まちづくり交付金を利用して韮崎市の玄関口であるJR韮崎駅前及び観音山公園の整備が検討され、事業が具体化されようとしております。JR韮崎駅は文字どおり我が市の玄関口であり、通勤通学や買い物、観光やビジネスで毎日たくさんの人々が行き交うエリアであります。また、昨年には駅前の一画に市民交流センターNICORIがオープンし、こちらの施設を利用する人々もふえているところであります。ここを利用する人々が使いやすく快適で便利に使用できることが整備のコンセプトであると考えます。

 韮崎駅舎から東西の歩道部分と駐輪場にシェルターが、いわゆる屋根を設置し、雨、雪、風のときなども濡れずに済むように整備するのがこの事業の主なる内容であるわけであります。このシェルターの設置に当たって、現在ある西側の6本のイチョウの木と東側にある、これは正確には15本というように聞いておりますけれども、十数本の高遠町より譲り受けたコヒガンザクラをどうするかを検討しているところであると聞いておりますが、東側の桜の木は、今申し上げたとおり高遠町との友好のあかしであり、桜の咲く季節には我が市で一番先に開花する桜でありますし、また、西側のイチョウの木は、秋の黄葉の季節には全く見た人は感激すると思いますけれども、鮮やかな黄色の黄葉を見せ、行き交う人々を和ませており、駅前広場に、そういう意味でなくてはならない樹木であると思います。

 さらに、韮崎駅から西側の歩道を通り、また、もう一方、旭町通りからガードをくぐって、それぞれNICORI側へ渡る地下通路についても大変使いにくく評判よくありません。この点については、ほかの議員もいつかの機会に何度も質問ありましたけれども、この通路についてもNICORIの正面側から出入りできるような出入り口があればこういう問題は解決するのではないかなと思いますが、この点については当局はどのようにお考えになっておられるのかお伺いいたします。

 また、観音山公園の整備についても、防災上の問題で当初の計画から変更を余儀なくされました。あの場所については、韮崎の町並みや南に富士山、西に南アルプスの山々、北に茅ケ岳を望む絶好の展望地でもあり、かつては鐘つき堂があって時を知らせていた歴史もありました。そして、駅東側歩道にある桜も市民会館跡地に移植し、駅のホームから、あるいは駅から桜の見える公園として整備したらよいと考えますが、その後の計画の進捗状況はどのようになっているのかお伺いをいたします。

 この質問の最後に、昨年の12月議会において質問をいたしましたが、韮崎駅への特急かいじの乗り入れによる終着・始発駅化について再度お伺いをいたします。

 現在、公共交通の大動脈であるJR中央線は、甲府駅より北西に信州長野方面に向かい竜王駅、塩崎駅と、次が我が韮崎駅であります。甲府から次の竜王駅は、ご承知のごとく、旧駅舎をそっくりとつくりかえて、駅前再開発とともに駅周辺を中心にすばらしく一新されました。その次の塩崎駅についても近々には現駅舎の大規模改修が行われると聞いております。この際、大変難しい問題もあると思いますけれども、駅前整備として駅舎や特急が乗り入れる待機線などの整備を実現すべきと考えますが、その後の経過はどのように進捗しているのかお伺いをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 韮崎駅前整備事業と観音山公園整備についてお答えをいたします。

 まず、駅前広場整備事業についてであります。

 利便性向上のため、シェルターの設置に伴い残念ながら桜やイチョウの木を現状のまま存続させることは厳しい状況にあります。しかしながら、貴重な桜については、可能な限り移植や改植により駅前広場に残す方向で検討を進めております。また、桜の移植先及びイチョウの代替として、今まで利用されていない駅舎正面にある植樹帯を新たな植採休憩エリアとして整備することで良質な緑化空間を確保する予定であります。

 次に、地下通路についてでありますが、交流センター正面には歩行者や利用者のために圧迫感のない現況程度の開放的なスペースが必要であると考えますので、地下通路の出入り口を設けることはスペース的に不可能であります。

 次に、観音山公園整備についてであります。

 駐車場、耐震性貯水槽を備えたポケットパーク的な広場として、本年度においてのり面保護工事、明年度には公園整備を行う予定であります。また、駅前の桜の移植を含め公園内に桜を植樹したいと考えております。

 次に、韮崎駅への特急かいじ乗り入れによる終着・始発化駅化のその後の経過と進捗状況についてであります。

 以前からさまざまな機会を通じて要望活動を行っているところでありますが、列車の待機線等の確保が困難との理由からいまだに実現には至っておりません。県や高速化期成同盟会を通じて早朝深夜の特急電車の新設や増便、かいじの延伸、停車本数の増加など、国及びJR東日本に対し要望活動を実施しているところでありますが、今後も引き続き、あらゆる機会を通じて要望活動を行ってまいります。

 以上であります。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) 3つ目の質問の再質問をさせていただきます。

 まず、地下通路の問題ですけれども、非常に評判がよくないということは、ほとんど通らないし、それでデメリットである防犯上の問題であるとか、ああいうところへたむろするとか、あるいは環境の問題で匂いがあるとか、いろいろ悪い点ばかりあって、なかなか利用しないんですけれども、利用するということと、それから、あそこの、先ほど申し上げた旭町方面、あるいは西側を通ってNICORIへ行くというその動線については、やっぱりなかなか難しい問題あるかと思いますけれども、そういうふうに直すか、そうでなければ、無用の長物という表現が合っているかどうかわかりませんけれども、いっそのことやっぱりあそこを閉鎖するなりするというようなやっぱり処置をすべきではないかと思いますけれども、この地下道の問題については、今後はどういう形でもって対処をしていくつもりでしょうか、お答えをお願いしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) お答えします。

 地下通路につきましては、ちょっと最近うちのほうでもって調べた状況によりますと、若干ですが利用者がふえているような状況もあります。ちょっときれいにして電気もついているというような状況の中で利用者がふえている。今回また地下通路までの上側を全部シェルターを張ることによって高齢者の方々や親子連れの方々が利用する機会がふえるのではないかというふうな考え方もちょっと持っていますので、その辺の様子を見ながら、また検討していきたいと思っています。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) 地下通路については、現行を残しながら改良をして最大限利用していくという方針で使っていくと、こういうことでよろしゅうございますね。わかりました。

 それでは、次に、これは私のある意味では、ライフワークといっては大げさですけれども、ぜひやっていただくことが韮崎の活性化にもつながるという意味で質問するわけでございますけれども、先ほどのいわゆる駅の特急の終着・始発駅化という問題でございますけれども、その一番ネックになっている状況が電車の待機線の確保が困難ということが理由だということですけれども、具体的にはちょっと図面とかそういうのを見たりしなければわかりませんけれども、素人考えでは、現在、韮崎甲府間の3両編成の電車があるわけでして、それが待機をしています。そういう待機線も現実あるわけですし、また、東側の昔でいう保線区ですか、の補修用の車がとまっているところについても、改修をすれば十分あそこも待機的なエリアにできるのではないかと、こういうふうに思うわけで、もうちょっとやっぱりこれは、できないというのはやらないことの理由のように思えますけれども、積極的にやるべきではないかなと、こんなふうに思うわけでございます。

 というのは、市長も日ごろから、これは市長のご自宅が本町にあるということもありまして、本町の今、商店街あるいは中心街の元気のなさについては、日ごろいろいろと頭を悩ませて、どうにかして策はないかとお考えになっていることにつきましては、よく承知をしているところでもありますけれども、むしろ一つの方策として、私が言うターミナル化といいますか終着駅化、始発駅化にすることによって、やはり当然、料金の問題もありますけれども、交流人口というのはふえると思います。で、やっぱり韮崎市のネームバリューも上がるのではないかと、価値も上がるのではないかと。このことによって、やっぱり交流人口がふえてくることによって経済効果をもたらしたり、あるいは活性化をもたらすというふうに私は確信をしていることでありますし、その一つではないかと思っております。

 いわば、市長の政治手腕を最大限に発揮をしていただいて、よく言われましたけれども、市長のトップセールスとしてぜひ本腰をもっと入れて断行していただきたいと思いますけれども、市長いかがでしょうか。お願いします。



○議長(野口紘明君) 横内市長。



◎市長(横内公明君) 先日、八王子支社の企画部長が年末のあいさつに来られた機会にもいろいろと要望はしていたんですけれども、そのとき、年が明けたら八王子支社にお伺いさせていただきたいということをお伝えいたしたところでございまして、それに関しては、かいじの始発着の検討、特急料金の面についてもそのときも話はしましたんですけれども、そういった要望を年が明けましたら日程を組んで行かさせていただきたいという要望をしておいたところでございます。

 どういうふうになるかわかりませんけれども、確かにさっき議員が言いましたように、待機線がないというようなことが本当に待機線がないんじゃなしに、実際見れば、東側のほうにあるような感じは、私たち素人でありますけれども、そんな気はしますけれども、そういった理由で逃れているのかなという感じも私は持っているところでありますけれども、年が明けましたら行ってきたいというふうに思っているところです。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) 市長の大変心強いご答弁をいただきまして、ありがとうございます。ぜひ、ひとつ実現に向けて頑張っていただきたいと思います。

 それでは、次の質問に入らせていただきます。

     (17番 清水 一君 登壇)



◆17番(清水一君) それでは、一般質問の最後になりますけれども、4番目、最近発生をした事故に対する我が市の対応についてお伺いをしたいと思います。

 先般、新聞報道もされました我が市において起こった事故でありますが、市立竜岡保育園と韮崎東保育園において園児12人から13人、保育士も1人、下痢や嘔吐の症状を訴え、うち数名からノロウイルスが検出されるという事態が発生をいたしました。いずれの保育園においても先月11月末から今月の初めにかけて発生したもので、ノロウイルスによる感染性の胃腸炎の集団発生であるとのことであります。

 一時期このノロウイルスは日本全国において集団発生し、一たんは沈静化したわけでありましたが、ことし後半になり流行し始めたと言われるようになった矢先の事故でもあります。こうした事態の中で、原因などを究明し、再発防止策を緊急に講じる必要があるわけであります。我が市においてはどんな対応をしているのかお伺いをいたします。

 また、次に、今月の2日午前8時過ぎに、皆さんご承知のように、中央自動車道の上り線笹子トンネル内で天井板が崩落するという事故があり、9名が死亡、2名が重軽傷を負うという事故が起こりました。この事故に伴いトンネル周辺の中央道が上下線とも通行どめになった影響で、迂回路となる国道20号線が混乱し大渋滞が発生するなど、今日の車社会においてその大動脈が寸断されることによる物流や、ひいては経済活動、日常生活にまで少なからず影響が出てきております。事故の原因の究明が急がれるところでもあります。

 この事故を受けて全国のトンネルや橋梁なども一斉に点検等がされております。こうした重大事故が我が市において起こらないためにも緊急な対応が必要であります。市内のインフラ整備についてどのような対応をなさったのかお伺いをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 最近発生した事故に対する我が市の対応についてお答えをいたします。

 まず、このたびのノロウイルスによる集団感染につきましては、県の調査により感染源は園外からの持ち込みが原因と見られるとのことであります。二次感染防止のため、嘔吐物やおむつの処理等においても保健所からの指導等で示された手順どおり実施しております。ノロウイルスの発症が確認できた場合には、速やかに保護者に注意喚起を行い、園内の感染拡大の防止対策を講じた上で、園児が集団で行う行事や他の団体や施設との交流会等は延期するなどして保育園内外への感染拡大防止に努めております。

 次に、中央道笹子トンネル事故を受けた我が市の対応についてであります。

 今月7日に市内3カ所のトンネルについて目視検査及び打音検査等の緊急点検を実施したところであります。検査した結果、特に緊急を要する重大な損傷はなく、安全性を確保できていると判断しております。今後、高所作業者等による点検を実施し、天井部や照明施設等の点検を実施していく予定であります。

 また、橋梁については、平成21年度から市道にかかる橋のうち1、2級市道にかかる橋と橋長5メートル以上の橋、合わせて126橋について点検を実施したところであります。この点検結果をもとに本年度末までに橋梁長寿命化計画を策定し、今後、個々の橋について予防的な修繕等を行い、維持管理を行っていく予定であります。

 以上であります。



○議長(野口紘明君) 清水 一君。



◆17番(清水一君) この問題につきましては、特に再質問はございませんけれども、非常に重大な影響を与えます。先ほど申し上げたとおり与えますので、ぜひとも万全なる防御策といいますか、を駆使をしていただきまして、安全の橋づくりを推進をしていただきたいと思うことをお願いいたしまして、私の一般質問を終了させていただきたいと思います。

 ご静聴ありがとうございました。



○議長(野口紘明君) 以上で清水 一君の質問は終わりました。

 これより清水 一君の質問に対する関連質問を許します。

 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) 5番議員、田原一孝、韮政クラブであります。

 私は清水 一議員の一般質問に関しての関連質問をさせていただきます。

 まず、サッカーのまち韮崎とヴァンフォーレ甲府支援についてお伺いをいたします。

 ヴァンフォーレ甲府も1年で見事J1に復帰いたしました。本市としても支援のかいがあったと思います。支援に対しては、一サッカー関係者としても喜びと感謝をしているところでございます。

 さて、今後はまちづくりの一環として、中央公園芝生広場の使用条件を定め、ヴァンフォーレ甲府の練習の拠点施設として会場を提供する中でまちづくりを展開するとお聞きしたところでございます。つきましては、練習やテストマッチ等に多くのファンや観客が会場に訪れることが予測されますが、観客が安全に観戦できるように防球ネットの設置や、クラブハウスやグラウンドに入るのに選手と重ならないような進入路の確保をどのように考えているかお聞きいたします。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えします。

 防球ネット、また選手と観客のその施設内での動線の関係でございますが、いずれにしましても、詳細について今現在、協議を進めておるところでございますので、それによって配置等が変わると思います。ただ、防球ネットにつきましても、すぐにするのかどうなのかというと、ここら辺も含めて協議をしてまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) ぜひ安全を期していただきたいというふうに思います。

 グラウンドの芝生保護に対しての管理については今後検討されると思いますが、特に駐車場の確保についてお伺いをいたします。

 200から300というファンが予測されているということでございます。現在、中央公園の駐車場は何台駐車できるかお伺いをいたします。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) 中央公園の併設の駐車場、また南側にも整備はされておりませんが砂利の駐車場、それから休日ですと、今でもイベント等にお借りしておりますが、エレクトロンさんの駐車場が1,000台近くもございます。平日につきましては、今現在の併設の駐車場、また南側の駐車場でいいのではないかなというふうには思っております。正確な台数については承知しておりませんので、また資料をお持ちしてお答えしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) ありがとうございます。

 今答弁いただいたように、土日祭日は他の施設を借用し対応するというふうにしても、ウイークデーがポイントになるわけでございます。に観戦するファンに対する駐車場の確保ということが大切になるかなというふうに思います。

 芝生広場はすごく環境がよくて、ドイツのケルンのシューレとかインターミランいわゆるインテルのクラブハウスに似た、練習場に似たすばらしい状況で、選手管理とか、それから選手が集中してトレーニングができるという本当にすばらしい施設でございます。そんなことで使用する人も非常に喜んでいるところだと思いますが、ぜひ最低限の施設を、提供するならば、その設備を整えることが必要かというふうに思います。

 また、この際、市としてもサッカー観戦やスポーツを通してスポーツ振興や韮崎市の観光、市の特産物のアピールをする中で市の活性化のための工夫をしていただくことを願い、関連質問を終わりたいと思います。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 要望でよろしいですか。



◆5番(田原一孝君) はい、結構でございます。



○議長(野口紘明君) 宮川文憲君。



◆2番(宮川文憲君) それでは、ヴァンフォーレ甲府支援について関連質問を行います。

 史上初のJ2優勝とJ1復帰は、県民に大きな感動を与えてくれたところでございます。J1定着に向け安定的な練習場の確保は必須でありまして、中央公園の芝生広場を提供することに大いに賛同をいたすところでもございます。

 そこで、既にスプリンクラーの設置工事がヴァンフォーレ負担で現在行われておるところでございます。明年度よりクラブハウスの建設に着手するわけでございますが、クラブハウスの整備費の上限が7,500万円ということで、このうち5分の4がtotoからの助成金で、残り5分の1の負担についてでありますが、当然、韮崎市もこれは負担はするわけでございますが、このほかに県、それから甲府市にも応分の協力がいただけるような働きかけ、また協議を行うべきと思うわけでございます。

 そこで、甲府市への協力というのは、やはりこのヴァンフォーレ甲府というネームバリューの価値があるからでありますが、この件についてどのようにお考えなのかお伺いをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えします。

 いわゆるtotoの助成残といいますか、につきましては、それぞれ負担ということでございます。本市も支援について表明をいたしたところでございますし、また山梨県、また甲府市さんにおかれましては、そういった形で首長さんが表明をされているやに聞いております。そういった意味合いからも、それぞれのところで内部検討されているのではなかろうかというふうにご理解をいたすところでございます。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 宮川文憲君。



◆2番(宮川文憲君) いよいよ予算についても大詰めになってきておりますことから、できるだけ要請もいたしまして負担軽減も図るように努力をしていただきたい、こんな思いでございます。これは一つ要望としておきます。

 次に、整備費が7,500万円、この上限を上回った場合の超過分については、これはどこが負担をするのかお伺いをしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) 超過部分についてでございますが、いわゆる先ほど議員さんがおっしゃる7,500万は、いわゆるtotoの助成の対象の上限額ということの意味合いかと思います。そのいわゆる7,500万に対して5分の4がtotoの助成をされるということでございまして、残りの5分の1が持ち出しということになります。そういったものと、また、いわゆる7,500万という対象額以上のいわゆる建設をした場合ということだと思います。

 まだ詳細詰まっておりませんので、いわゆる建設費がどのくらいになるかというのはちょっとわかりませんが、できるだけそこら辺、いわゆる7,500万に近い範囲ですということでは考えておりますが、まだなかなかそこまでははっきりしておりません。そういった意味合いで、いわゆる先ほどの超過分、またさらに5分1の負担、両方合わせて市と、先ほど支援を表明しているよその自治体、またヴァンフォーレ甲府ということで、それぞれが負担をし合っていくというふうなイメージでございます。



○議長(野口紘明君) 宮川文憲君。



◆2番(宮川文憲君) ありがとうございました。

 これからJ1ということで観戦者も、先ほど答弁がございましたが、平均150から300名というこういう観戦者も見込まれるということでございます。今後、活性化により弾みがつくことを期待をいたしまして関連質問を終わります。

 ありがとうございました。



○議長(野口紘明君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) 先ほどの田原議員の質問についてお答えをいたします。

 中央公園全体の園内の駐車場の関係の台数でございますが、園内については300台、また南側の砂利の駐車場についてはおよそ150台ぐらいではなかろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(野口紘明君) 関連質問を打ち切ります。

 以上をもって清水 一君の質問に対する関連質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△西野賢一君



○議長(野口紘明君) 6番、西野賢一君を紹介いたします。

 西野賢一君。

     (6番 西野賢一君 登壇)



◆6番(西野賢一君) ただいまご紹介いただきました韮政クラブ、6番議員、西野賢一でございます。

 通告に従い順次一般質問をさせていただきます。

 第1の質問として、韮崎市のイベント事業の検証についてお伺いいたします。

 11月3日、4日に開催されたヒルクライムチャレンジシリーズ2012韮崎甘利山大会は、全国各地から348名の参加選手を迎え、関係各位のご尽力のおかげで大きな事故もなく、盛大かつ盛況に行われました。事務局並びに運営にご協力いただきました皆様には感謝とお礼を申し上げる次第でございます。本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

 さて、今回の大会は、韮崎市が持つ地域性を活用しての新しいイベントの構築、地域の活性化、市のイメージアップ、認知度の醸成等々、いろいろな意味での目的と成果のあった大会だと思っております。次年度以降も検討されると伺っておりますが、今後の開催に当たり今回の大会での検証が必要になってくると考えます。既に検証等が行われているものと推察はいたしますが、市民も含めた大会の盛り上がり、市内のホテル、旅館、商店などの普及効果などはいかがなものだったのでしょうか。また、選手の募集方法、市民への告知、運営のあり方など、今後の課題や改善点はなかったのでしょうか。

 ヒルクライムチャレンジシリーズを今、例に挙げましたが、この検証については、韮崎市で毎年行われる武田の里にらさき・ふるさとまつりや夏の武田の里まつり等々、市内で開催されるたくさんのイベントも同様で、事後の検証で次回にどう生かすべきか検討すべきと思います。

 現在、韮崎市のイベントは商工会への依存度が多いようにも感じますが、活性化問題と観光事業の区別をしっかりつけ、観光協会にももっともっと関与していただき、イベント運営をしていただいた中で、観光ポイント、施設などへの誘客や特産品の販売、商店や個々の事業へのリンクをさせる取り組みを考え、単発なイベントで終わらせるのではなく、ビジネスチャンスにつなげる取り組みが必要ではないでしょうか。当局のご意見をお伺いいたします。



○議長(野口紘明君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 西野賢一議員の一般質問に対する答弁を行います。

 韮崎市におけるイベント事業の検証についてお答えをいたします。

 まず、ヒルクライムチャレンジシリーズ韮崎甘利山大会の検証についてであります。

 市建設安全協議会を初め、多くの方々にご協力、ご支援いただき、盛大に開催できたことを改めて感謝申し上げる次第であります。

 波及効果についてでありますが、市内宿泊施設に宿泊した方は74名であり、大会前にコースを試走するため宿泊施設を利用された方もあったと伺っております。各商店への影響は把握しておりませんが、全体としてこの大会が少なからず経済効果や観光振興につながったものと考えております。

 選手の募集や市民への告知につきましては、本部事務局のホームページから全国のサイクリストへのアピールに加え、首都圏に向けての新聞、旅行雑誌への広告掲載、富士の国やまなし館等でのアピール活動のほか、ポスター掲示とチラシ配布及び広報等により周知したものであります。

 大会運営につきましては、初めての大会ではありましたが、比較的スムーズに所期の目的が達成されたものと考えております。

 これまで大会に協力していただいた各団体の皆様、来場された市民の方々、大会に参加された選手の方々からいただいたご意見、要望等を参考に、次回はさらによい大会となるよう改善をしてまいりたいと思います。また、武田の里にらさき・ふるさとまつり等のイベントにつきましても、お寄せいただいたご意見、ご要望等を検証し、次回の開催に向けて改善しているところであります。

 また、イベント事業を開催するに当たりましては、観光協会はもとより商工会を初め関係する多くの団体と共同して地域振興や観光振興等に向け実施してまいりたいと考えております。

 イベントがすぐにビジネスにつながることはなかなか難しい問題ではありますが、個々の商店等にも積極的にかかわっていただき、市内の観光資源を生かした、より魅力あるイベントを開催してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) それでは、再質問をさせていただきます。

 今回の甘利山の大会ですけれども、ボランティアさんも含めて運営スタッフはどのくらいで運営したんでしょうか。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 ボランティアスタッフを含めまして、今回の大会にかかわったスタッフは合計で203名でございます。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 多くの方にかかわっていただいて盛況に終わったことを本当に感謝いたしますけれども、あと、そのボランティアやスタッフの方から事前の打ち合わせや事後の評価などは受け取っていらっしゃるのでしょうか。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 事前の打ち合わせにつきましては、実行委員会、5月に発足したわけですけれども、その発足後、関係団体に協力を求める中で、それぞれの関係団体と打ち合わせを行っております。また、第2回目の実行委員会でも全体の打ち合わせをさせていただいたところでございます。また、事後の評価につきましては、終わった後、皆様方に礼状等をお送りさせていただくわけでございますが、その中でもお気づきの点やご意見を、その礼状等を直接ことしは重立った団体には届けたわけでございますが、そのときにいろんなお話をお伺いして、また検証をしたりしております。また、市の職員等にも、大勢かかっておりますので、その反省点等をお伺いしております。それらを検証しまして、また次回に向けて改善してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 我々も見た中で、運営等々はスムーズに行われたかなと思っております。しかし、そんな中でも皆さん、運営に携わっていただいたスタッフさんからいろんな話を聞き取りながら今後の運営に生かしていくべきだとは思います。

 あとは、次に、選手とか市民からの意見とか要望は何かございましたでしょうか。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 選手とか市民の方々からもいただいております。具体的な内容を少し紹介しますと、選手からは、開閉会式の会場で、限られた時間の中でトイレを使う関係がございまして、トイレの数をもう少しふやしていただきたいとか、あと、甘利山のスタート地点で開閉会式の会場からずっとウォーミングアップがてら向こうに移動したわけですが、体が温まったところで、あそこの入り口のスタートで、それぞれ階級ごとのスタートを6回ほどに分けていきましたので、ちょっと体が冷えたと、ですので、その辺はチップで計測していますので、とまらないでスタートできるような方法を検討してもらいたいというようなことがございました。

 また、市民の方からもいただいてはおります。やはりスタート地点のところの駐車場がちょっと確保が少なかったものですから、道路の片隅とかに置いたケースがあったというようなことで、そのスタート地点の駐車場を、甘利山の、確保をしてもらいたいというようなことが入っています。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) さまざまな意見があるようですけれども、今トイレのお話がちょっと出ましたけれども、我々も現場にいて選手の皆さんから、トイレへ行きたいけれども、もう時間がないからちょっと我慢してスタートしちゃおうかなんていう声もちょっと耳にしましたので、その辺をどんどん改良して、よりよい大会にしていただければと思います。

 また、宿泊施設側のかかわりについて、先ほど74名市内宿泊された方がいたとご答弁ありましたけれども、例えばこれの中で、また宿泊施設、ホテルや旅館側から例えば割引パックとかそういった取り組みとかそういったものも持っていってもいいんじゃないかなと思いますし、また、商店街ももう少し盛り上げていただければななんて感じるところがありましたので、そこら辺の対策もしていったほうがいいんじゃないかなと思いますけれども、いかがでしょうか。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 宿泊施設に関しましては、今回、商工会の観光部長さん、観光部会のほうにお願いをしまして、各宿泊施設のそういうサービスのサポート宿泊施設というようなとらえ方でそれぞれご紹介をしていただいたところでございます。

 サービスの内容は個々違うわけでございますが、その中で5つの宿泊施設からサービスの提供をいただきまして、それをホームページのほうへアップしておきまして、参加者のほうで見られるような状況、申し込みの参考にしていただけるような状況という形をとらせていただきました。

 また、商店の皆さんのかかわりでございますが、私どももその辺は期待するところでございます。また、商工会ともその辺を協議しまして、個々のお店の取り組み、かかわりをしていっていただければなというふうに考えております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) ちょっと私が見た感じですけれども、もうちょっと市民とか商店街の皆さんも盛り上げていただければもっといい大会になったんじゃないかなと思います。

 それと、今回の大会ですけれども、実行委員会が設立されまして、実行委員長が商工会長という形で内藤商工会長が実行委員長だったと受けていますけれども、観光協会の会長さんが実行委員長のほうがスムーズというか流れ的にはいいんじゃないかなと思うんですけれども、商工会長が悪いという意味ではないんですけれども、商工会長が実行委員長になった経緯というのを教えていただけますかね。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 実行委員会の規約によりまして大会会長は市長でございます。大会会長の市長から委嘱された実行委員さんの互選で実行委員長が選ばれるわけですけれども、その互選の中で商工会長が選ばれたということでございます。

 私どもが思うに、まさしく今回の大会は観光協会はもとより広くいろんな団体のご協力をいただくわけでございますが、商工会におきましては、特に、先ほどご紹介しました観光部会や商業部会がございまして、商業部会につきましても出店とか各お店のかかわりとかそういうところを実際に担っていただくわけでございますし、またその辺を期待するところでございます。観光協会は、私ども商工観光課あるいは市が実際のところ直営でやっておりますので、別の組織でやっているわけではございませんで、私どもが主体的に観光協会としても取り組んでおります。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 私もいろんな意味で商工会ともいろんな話をさせていただいていますけれども、もう少し観光協会会長も前面に出して、韮崎の観光という意味で、商工会へ依存するわけでもなく、観光というイメージ的にはやっぱり観光会長じゃないかと思いますので、そういったイメージ的な部分もあるので観光協会の会長とかそういうものをもっと前に出していただいたほうがいいような気がします。

 それと、先ほど答弁の中にも、ビジネスに関して即効性を求めるものではないと思いますけれども、今後やはり先ほどの商店街とかそういったかかわりを持った中で、皆さんに一過性のイベントではなくて商店街やビジネスに対してもリンクさせていく必要があると思いますけれども、そういう取り組みに関してはいかがですかね。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 それをビジネスにつなげていけるようなことを期待するわけでございますが、基本的に事業者あるいは個店の方々の積極的な取り組みが必要になってくるところであるとは思います。

 市のほうのNICORI1階の物産センターにつきましては、わずかではございますけれども、当日、会場のほうに出店をしましたり、あるいは、商工会を通じて出店の募集をしたんです。募集をして、今年度その出店の意向をいただいたところは皆さん出ていただいたわけでございますけれども、中でも飲み物、コーヒーショップの出店があったわけですけれども、かなり好評を得て、お客さんも多かったというふうに考えております。そんなような中で、今後とも商工会とか、また応募を募っていただいて、より多くの出店がいただければというふうに考えております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 現場は結構にぎわったようですけれども、私の言うのは商店街の方々の町の流れ方、そういった取り組みもしていただきたいなとそんなふうに思います。

 今いろんなちょっと質問をさせていただいた中で、ちょっとヒルクライムチャレンジに特化したような感じですけれども、これは全体の考え方と思ってお願いします。

 それで、昨日、横内知事が徳島から引き継がれた国民文化祭ですが、市長が所信表明の中で、次年度に開催される国民文化祭・やまなし2013の期間中、国文祭を盛り上げる関連事業にも注力し、本市を訪れる参加者や観光客等におもてなしの心を持って接することで、本市のさらなるイメージアップに努めていくと話しておりましたが、観光協会としては、この国文祭にどのようにかかわっていくのか。また、あるいはどのような関連事業に取り組んでいくのか。お考えがあればお聞かせください。



○議長(野口紘明君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 観光協会としましては、会場のほうに観光案内の特設ブースを設けましてご案内、また物産品も用意した中でのご案内をしてまいりたいというふうに考えております。もちろんNICORIの中の観光案内所でもしていくわけでございますが、それと事業、それにつきましては、現在どういう事業を来年度の予算の中で取り組んでいくかというようなことを検討しているところでございまして、またフットパス、全県的に取り組むというふうにお伺いしておりますが、我が市におきましてもその取り組みをしてまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) せっかくの韮崎市のイベントであったりとか、今回この国文祭であったりとかありますので、それを本当に単発的な事業に終わらせないようにしていただきたいなとそういうふうに感じます。そういったことをお願いして次の質問に移らさせていただきます。

     (6番 西野賢一君 登壇)



◆6番(西野賢一君) 第2の質問として韮崎市内の通学路についてお伺いいたします。

 ことし4月に京都府亀岡市で集団登校中の児童ら10人が死傷した事故を受け、文部科学省、国土交通省、警察庁の3省庁がまとめた結果、全国で児童が事故に遭うおそれのある地点は約6万カ所に上がると発表し、地方自治体に対し具体的な安全対策を検討するように求め、山梨県内では691カ所で何らかの対策が必要とされておりますとの報道がありました。

 この691カ所には韮崎市内は含まれているのでしょうか。また、この調査では、教育委員会と各学校が調査をしたとありますが、保護者からの聞き取りは行ったでしょうか。また、今回の調査は交通事故が基本になっているようですが、防犯灯の不足や犯罪等に関しても安全対策という意味では同じように見直さなければいけない箇所もあると思いますが、把握はできているのでしょうかお伺いいたします。



○議長(野口紘明君) 矢巻教育長。



◎教育長(矢巻令一君) 西野賢一議員の一般質問に対する答弁を行います。

 韮崎市内通学路についてであります。

 通学路における緊急合同点検調査は、各小学校からの通学路点検結果をもとに教育委員会、道路管理者、地元警察署による合同点検を実施し、対策必要箇所を抽出するとともに対応策を検討し、計画的に対策を実施するものであります。

 この調査での対策必要箇所は、この時点では県内で691カ所としておりますが、この中には本市の34カ所が含まれております。また、この調査時には直接保護者からの聞き取りは行っておりませんが、既に4月から5月にかけ各小学校において保護者等の聞き取りを行い、点検等を実施しているため、その結果を踏まえたものであります。

 今回の調査は、小学生の登下校時の通学路が対象であり、防犯上の危険箇所も含んでおりますが、調査の中では防犯灯等については項目として上がってきておりません。防犯灯の設置等につきましては、PTA連合会、校長会、教頭会等からなる義務教育振興実行委員会などからの要望により把握しております。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) それでは、再質問させていただきます。

 昨日の報道では、もう少し具体的な数字も出てきていたようですけれども、ただいま34カ所の該当場所が韮崎にあるということですけれども、それをまた我々のほうに一覧でちょっといただきたい部分もありますので、ぜひ、本日とは言いませんけれども、後日で構わないんですけれども、そういった危険場所とか一覧をいただきたいと思います。

 それと、保護者の意見の聞き取りもしているという答弁でございましたけれども、やっぱり大人が見る目線と親が見る目線、子供が見る目線、いろんな目線があると思いますので、ここら辺の聞き取り調査はしっかりしていただきたいと思いますがいかがでしょうか。



○議長(野口紘明君) 矢巻教育長。



◎教育長(矢巻令一君) お答えいたします。

 一覧表につきましては、後で提出をいたします。

 それから、4月、5月につきましては、特に小学校区におきましては特にまだなれない小学校1年生がおりますものですから、教師と保護者と子供たちが一緒に下校するなどして、保護者の意見等も十分に聞いたり、子供たちの様子も見たりしながら、どんなふうに危険箇所、そこを対処していただくことがいいのかというふうなことについて把握をして、それらを反映をしております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) ありがとうございます。

 保護者の意見というのは結構細かいことまで出てくると思いますので、そうは言っても大事にしていただきたいと、そういうふうに感じます。

 また、ハード面とかこちら側、行政側でできる面もありますけれども、今後、児童への安全教育はもっともっと必要になってくるんじゃないかなと。防犯に関しても交通事故に関してもですけれども安全教育が必要になってくると思うんです。その辺はいかがでしょうか。



○議長(野口紘明君) 矢巻教育長。



◎教育長(矢巻令一君) お答えいたします。

 各学校におきましては、春、特に新入生が入るときに含めまして、もう一回通学路の再点検であるとか、それから、各警察署での、あるいは駐在所からのお願いもいたしまして、そういった方々からの協力も得て、実際にこういう場面ではどういうふうにするのかというふうな交通安全教室も行ったり、また、自転車通学の児童・生徒もおりますので、そういったものには自転車の整備点検、それから、実際に校庭にラインを引く、あるいは体育館等を使って実際の停止の仕方であるとか、横断歩道のところでの対応とか、交差点の対応というふうなことについて、実体験も含めまして指導を重ねております。また、ふだんの教育課程全般の中で命の安全を守るというふうな意味合いからも、そういった安全教育については力を入れております。

 さらに、また、そうは言いましても命にかかわることですので、念には念を入れて、必要があれば随時取り入れながら教育を進めていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) しっかりしたご答弁、ありがとうございました。

 いずれにしてもまだまだ、そこら辺の皆さんの子供たちへの指導とかそういう面は引き続きよろしくお願いいたします。

 あと、先ほど、防犯という面ですけれども、犯罪を起こさせにくい環境づくり、そういうものが必要になってくると思いますけれども、その中で防犯灯設置については把握しているとのご答弁をいただいたんですけれども、それに対しての対策は何か考えていらっしゃるんでしょうか。



○議長(野口紘明君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) 防犯灯につきましては、先ほど教育長が申しましたように、義務振興の実行委員会のほうから提出をされているところでございます。防犯灯につきましては、地域との協議をしていただいた中で、地区から市のほうに要望していただいて、それに対応するという形をとっております。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 聞くところによると、地区も要望しているけれどもなかなかうまくいかないとかそんな話もたまにちょっと聞きますので、その辺の対応を、子供たちのためですからぜひ対応していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 あと、水神町地内の武田橋から水神町に突き当たるT字路の信号についてですけれども、これは過去にも私触れさせてもらいましたけれども、その後その信号についてはどのような状況になっているでしょうか。



○議長(野口紘明君) 水川総務課長。



◎総務課長(水川秋人君) お答えいたします。

 当該箇所への信号の設置要望につきましては、西野議員が23年3月の議会でご質問したという経緯がございます。その年の平成23年3月に韮崎小学校PTAの会長名で要望がありました。また、本年3月にも引き続き、今回は地元水神町の自治会、それからPTAの会長連盟で要望がございまして、両方とも直ちに警察署のほうに申達してございます。

 また、本年3月末ですけれども、所管いたします山梨県公安委員会、それから地元の警察署の交通課、それから地元の自治会長、それで市と4者で現地を確認した経緯がございます。その際、信号を設置する箇所については、用地の提供者の承諾が必要だということのアドバイスもいただきまして、地元自治会長の手により信号を設置する予定のところの地権者の同意を得て、また、それも再度、公安委員会に提出してございます。

 今現在は公安委員会のほうで予算化に向けての調査検討をしているという段階だと推察しております。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) ありがとうございます。

 あそこも道路が完全に仕上がってから皆さんの声が多いところですので、ぜひよろしくお願いいたします。

 あと、これも西中の東側、県道の整備も前々から話が出ていると思いますので、こちらのほうも取りかかっていただければなと思います。これは要望でよろしくお願いいたします。

 次の質問に移らさせていただきます。

     (6番 西野賢一君 登壇)



◆6番(西野賢一君) 第3の質問として、韮崎市営運動場の整備についてお伺いいたします。

 この質問は昨年の12月議会でもお尋ねしましたが、体育館の耐震化、施設の老朽化、スポーツ愛好家の利用状況、防災時の避難場所、PCB問題等々を考えると、総合整備計画を早期に進めていくべきだと提案させていただきました。そのときのご答弁が、市長部局と連帯する中で庁内の研究プロジェクトチームを編成し、体育館や多目的グラウンドの整備など、体育施設総合整備計画案を策定していかなければならないと考えておりますというご答弁でしたけれども、その後の進捗状況をお伺いいたします。



○議長(野口紘明君) 小川教育委員長。



◎教育委員長(小川龍馬君) ただいまの西野賢一議員のご質問にお答えをいたします。

 韮崎市総合運動場の整備についてであります。

 現在、庁内に市営総合運動場体育施設整備にかかわるワーキンググループを組織をいたしまして、体育施設の総合整備計画の素案作成のための検討を行っております。市営総合運動場の各施設につきましては、老朽化による改修の必要性とともに、体育館の耐震強度不足やグラウンドの照明器具のPCB処理への早期の対応が必要となっているのが現状であります。

 ワーキング会議の中で各施設の必要性や規模、それから新築または改修、財源の確保、財政計画等の整合性など、多岐にわたる議論をしております。このため課題も多く、早急に結論を出すことは困難でありますが、なるべく早い時点で素案作成に努めてまいりたいと考えております。どうかご理解を賜りたいと思います。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 早急にやらなければならない体育館とかPCB処理、その辺も含めた中で早期にやっていく必要があると私も考えております。ぜひよろしくお願いいたします。

 一番問題になるのは、やはり財源の確保という問題が一番の問題になってくるとは思いますけれども、その辺、その財源の確保に向けた施策とかそういうものはされているのでしょうかね。



○議長(野口紘明君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 どうしても財源の確保ということで国庫補助交付金等を活用しないと実際手がつけられないのが現状であると思っております。例えばなのですが、現在考えられる国庫補助交付金につきましては、都市公園事業とか、あるいは都市防災総合推進事業、あるいは社会資本整備総合交付金、あと学校関係の施設環境改善交付金、安全・安心な学校づくり交付金など、国のメニューもございますが、どういうものが有利に、ここを整備するためにいいのかどうかということも含めて現在検討しているところでございます。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) ありがとうございます。

 一番大変なお仕事でしょうけれども、ぜひ各ところへ交渉していただいて、なるべく確保していただけるようお願いいたします。

 利用者からいろんな意見が出ていますけれども、私の中でもいろんな意見を聞いておりますけれども、実際、韮崎市営ブールも閉鎖している状況ですし、プール自体も温泉プールにして通年できるようにしていただきたいとか、いろんな要望が来ておる中で、そういった人たちの要望もお聞き入れしながら計画を進めていっていただきたいと思います。

 以上でこの質問を終わらさせていただきます。

 次の質問に移らさせていただきます。

     (6番 西野賢一君 登壇)



◆6番(西野賢一君) 第4の質問として韮崎市営火葬場についてお伺いいたします。

 韮崎市営火葬場は、条例が昭和34年に改正されていることから推測しましても既に半世紀以上が経過し、今まで多くの市民の方を送ってきたことと思います。平成になると火葬が主流となり、平成15年に開始し、平成17年には北杜市に火葬場が開設されたことに伴い、現在では年間300件前後の利用状況とお聞きしております。

 これまでも改修、改築を重ねながら運営し、今年度と来年度でも火葬炉も入れかえするとのことですが、斎場や待合所も狭く、駐車場も勾配のついた狭いスペースです。韮崎に住み、長年、市を支えてくれた方々の人生の最後を送っていただく場所としては不相応に感じます。財政的な状況は十分理解しておりますが、この際、移転も含めた建てかえ計画を進めていく時期ではないでしょうか。執行部のお考えをお聞きいたします。



○議長(野口紘明君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 韮崎市営火葬場についてお答えをいたします。

 現在の市営火葬場は昭和48年に改築したものであり、火葬炉等の設備を重点に点検修繕を定期的に実施しながら適切な施設運営を行っております。

 ご質問の移転、建てかえについてでありますが、施設建設に多額の費用が見込まれることから近隣の火葬場との共同利用も含め研究してまいります。

 以上であります。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 今、市長のご答弁の中で近隣の施設の共同利用という言葉もありましたけれども、そう言っても韮崎市民とすれば、韮崎で送ってあげたいという気持ちは多くあると思うんですけれども、ぜひそういった方向で進めていただきたいなと私個人は思いますので、よろしくお願いいたします。

 また、今、近隣の施設と共同利用を想定した場合というご答弁がありましたけれども、例えば、そういうふうになった場合、今の利用料金と同じような料金で他市でできるのか、それともそういった中で補助金なども必要性があると思いますけれども、考えているとは思うのですけれどもいかがでしょうか。



○議長(野口紘明君) 神谷市民課長。



◎市民課長(神谷壮一君) お答えいたします。

 現在の市営火葬場の場合、まず市内の方の料金が1万円と、市外の方の料金が現在4万5,000円という設定になっております。市長答弁のとおり、今後の共同利用の場合を考えた場合に、その辺の助成の仕方もやはり研究していく必要があるかと思います。

 また、当然、当市外の火葬場におきましても市内料金、市外料金を設定しておりますので、その辺も全体的に含めまして使用料の助成につきましても考える必要があるかと思います。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 西野賢一君。



◆6番(西野賢一君) 近隣にきれいな火葬場が出て、市民の方々からちょっとうらやましいという声も出ております。実際そういう方々、やっぱり先ほど申したように韮崎で送ってあげたいという気持ちも強いようですし、現状の火葬場ですと、先ほど申し上げたように駐車場も勾配がついていたりとか、待合室も狭くて、ぎゅうぎゅうに入らなければ入れないような状況だと思いますので、前向きにこの際、移転とかそういった計画、建てかえとかという時期だと思いますので、ぜひ前向きに進めていただければなと思います。

 以上をもちまして私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(野口紘明君) 以上で西野賢一君の質問は終わりました。

 これより西野賢一君の質問に対する関連質問を許します。

 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) 西野賢一議員の一般質問に関しての関連質問をさせていただきます。

 韮崎市内の通学路についてお伺いいたします。

 12月16日の山日で、ことし11月末時点で通学路の危険箇所が県内全域で801カ所、そのうち494カ所で対策がとられていないと調査結果が出ています。西野議員の質問の提出が少し早かったために4月、5月の統計で多分34カ所というこういう答弁をいただいていると思いますが、それはそれで結構なんですけれども、答弁書では、西野議員の質問の流れで質問させていただきますが、本市の危険箇所は34カ所が対象に含まれているとされています。県では今年度から3年間かけて対策をとっていくと言っていますが、本市ではどのような計画かお伺いをいたします。



○議長(野口紘明君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 先ほどの質問の中でございましたが、本市では8月に合同点検を実施して、11月中旬に県のほうに報告したものでございまして、県の中で何カ所あるかということは、市の教育委員会では承知していないところでございます。また、調査につきましては、あくまでも道路あるいは交通事故に関連したような関係のものが多いわけでございますが、すべて関係機関あるいは関係部署に要望書を提出いたしまして、早期に改修なり対応していただけるように教育委員会としては要望しているということでございます。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) ことしの9月と10月に小学校に通う保護者から、通学路が狭いためということで不安をお聞きしています。2件なんですけれども、ことしの9月に上ノ山の韮崎小学校に通う保護者から、通学路が狭いため新聞、テレビで幾つかの事故が報道されると心配になりますと、また、上ノ山の坂道も冬期になると日没が早いため通学路が暗く、防犯上も不安とお聞きしました。

 まず、1点目の上ノ山の件でございますが、先般、岩下地区の道路をブロック塀すれすれに歩いている、集団登校している状況を何日か拝見をいたしました。下校時は車の台数が少ないが、特に登校時は通学の車も多く、確かに危険を感じます。大切な子供を守るためは、行政も議会も含め大人の役割だと思います。全体を拡幅することは困難に思いますが、岩下地区の数カ所の車の待避所をつくると同時に、一部でも歩道として幅員を広げることが必要と思いますが、どのようなお考えがあるかお伺いをいたします。



○議長(野口紘明君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) お答えします。

 市道韮崎6号線、韮崎市のあの岩下地内から上ノ山の道路の関係ですが、先般も議会等で質問が出たところでございます。道路幅員が狭く、カーブもあり危険であるということでもって、今回の県との協議の中の道路や河川に係る通学路の危険区域のうちで上げた資料の中の1カ所に該当しております。

 対策内容といたしましては、路肩の路側帯の設置とか拡幅及び待避所の整備ということをすることが望ましいというような結果も出ておりまして、あと、この中の実施時期が一番問題になるわけですが、今回のこの岩下、上ノ地区の市道6号線については、計画をされている中では一応平成26年度以降対応していくというような計画になっております。ちなみに、本年度対応が3件、25年度対応が4件、26年度対応が8件というような状況の中で、少しでもスピーディーに安全の確保のために整備をしていきたいと考えておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) もう一件は、甘利小学校南側の通路が狭いということで、運動会の後にそういうお話を受けましたが、通学路が狭い、幅員の見通しがあるようだけれども、具体的にどのくらいから幅員をしていただけるのかお教え願いたいということなんですが、お伺いをいたします。



○議長(野口紘明君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) お答えします。

 お尋ねの道路につきましては、市道旭76号線でよろしゅうございますか。

 永岳寺北の韮崎市大草町上條北割の市道旭76号線につきましては、道路幅員が狭く歩道がないということで、交通量が多くて危険であるということでもって調査した結果、歩道の設置と拡幅が必要であろうというような見解が出ております。この箇所につきましても平成26年度以降対応していくというような今回の調査内容になっておりますので、ご理解願います。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 田原一孝君。



◆5番(田原一孝君) ありがとうございます。

 いずれにしろ両地区または場所においては、雨天時に1年生が傘を差していると軽トラが通るだけで触ってしまうということでございますので、ぜひ早目な対応をお願いしたいと思います。

 また、幅員をするためには土地の提供者その他もございますが、少なくてもカラーコーンの設置や表示を徹底していただいて安全を期していただきたいなというふうに願いまして関連質問を終わります。



○議長(野口紘明君) 宮川文憲君。



◆2番(宮川文憲君) それでは、通学路の安全確保につきまして関連質問を行わせていただきます。

 先ほどの答弁で、小学校を対象とした緊急合同点検、これは保護者からの聞き取りも含めて市内に34カ所あるという調査結果でございます。この34カ所は、例えば歩道の新設とか拡幅、それに標識等の設置が必要な危険箇所なのか、あるいは、この34カ所の中にはそれ以外の危険箇所も含まれておるのか、ちょっと再度確認をしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 今回の通学路における緊急合同点検調査でございますが、防犯上の危険箇所も含むような調査内容にはなっております。ただ、4月に発生いたしました京都、千葉、愛知県、これらの児童の交通事故を防止するということで調査が始まった経緯がございますので、今回、学校から上がってきた項目の中には入っておりません。

 以上でございます。



○議長(野口紘明君) 宮川文憲君。



◆2番(宮川文憲君) 実は通学路の安全確保につきましては、自動車のみにかかわらず、ほかにも対策が求められるわけでございます。近年、非常に市内にも空き家が多くなってきておるわけでございまして、一例を申し上げますと、通学路であるこの道路の両側に空き家、例えば2階建ての住居とか、あるいは物置があるわけでございます。当然、空き家でありますから手も入っておらないわけで、現状、屋根がわらとか、あるいは壁、周りを囲ってある鉄板等がいつ風で舞い落ちるかわからないというふうなこういう状況でもありまして、こういう空き家の放置建物は市内にも何カ所か点在をしておるわけで、明らかに危険であるということがわかるわけでございまして、この対策に伴う経費は、所有者が対応しなければならないことから、当然、猶予も伴うわけでございます。

 そこで、こういう危険箇所につきましては、行政と地域が連携して家主に安全対策を講じていただくというふうな次善な働きかけも早急に行っていかなければならないというふうに思いますが、こういう対策についての見解をお伺いしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) お答えします。

 空き家対策につきましては、建築基準法の中で管理不完全空き家対策ということでもって県とともに連絡をとりながら対応ができることにはなっておりますが、いずれにしましても地域の方々から情報提供をいただく中で協力し合っていって、行政としましては、所有者の調査、そのほか必要に応じて所有者に対する指導なんかをしていきたいと考えておりますが、緊急的に危険箇所につきましては、コーンやロープなどを周囲に配置し、一般の人々の接近を防御するなどして、あの地域の安全確保ができるよう努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 宮川文憲君。



◆2番(宮川文憲君) こういう広範囲にわたるこの対応につきましては、担当課だけではなかなか大変であろうと、こんなふうにも理解しておりますから、各課が横断的に連携を持ちながらこういう危険箇所があるというふうな情報を共有をしていただきまして、適切な対応を早急にしていただきたいと、こんなふうに思います。

 また、我々議員も執行部と協調を図りながら安全・安心な地域づくりに取り組んでいきたいと、こんなふうに考えておりますが、コメントがあればお伺いしたいと思います。



○議長(野口紘明君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) 今後の課題ということになろうかと思いますが、関係各課による協議をする中で、この空き家対策についての対応策を少しでも前に進めるようにしていきたいと考えておりますので、ご理解を願います。よろしくお願いします。

 以上です。



○議長(野口紘明君) 関連質問を打ち切ります。

 以上をもって西野賢一君の質問に対する関連質問を終わります。

 暫時休憩いたします。

 再開は午後1時20分といたします。

                             (午後12時07分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(岩下良一君) ただいまの出席議員は16名であります。

 定足数に達しておりますので、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                              (午後1時20分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(岩下良一君) 野口議長は所用のため欠席いたしました。

 かわって私が議事を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 一般質問を続行いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△高添秀明君



○副議長(岩下良一君) 3番、高添秀明君を紹介いたします。

 高添秀明君。

     (3番 高添秀明君 登壇)



◆3番(高添秀明君) 3番議員、韮政クラブの高添秀明であります。

 それでは、通告に従いまして順次質問をさせていただきます。

 最初の質問は、平成25年度予算編成方針についてであります。

 まず、一般会計における市税の確保についてであります。

 平成23年度の決算において市税の収入は53億3,911万円でした。しかし、平成24年度、本年度の当初予算においては44億5,187万円と前年より8億8,724万円も少ない税収を見込みました。特に法人市民税が8億円以上減収になると見込んだためであります。法人市民税は景気の動向に左右されるとともに、企業の転出入により大きく左右されます。そんな中、市税の確保については、本市の重要な課題であります。このため、税収を確保するためには、特に適正な課税とともに徴収率の向上が重要であります。

 そこで、個人市民税の収納状況を見てみると、昨年度の収入済額は13億6,339万円で、調定額15億276万円に対し90.73%の徴収率でした。これは前年の平成22年度の徴収率90.93%より0.2%低下してしまいました。景気の後退で所得の減少や生活費の上昇等で税金を期限内に納付できないことも、事情も理解できないことはないですが、やはり税金の納付については、公平性の観点から、定められた期間に定められた金額を納付していただくことが重要と思います。新年度予算編成においては、徴収率の向上を目標にすべきと考えます。市長の見解をお伺いいたします。

 次に、各種補助金の確保についてであります。

 過日のヴァンフォーレ甲府の優勝報告会において横内市長は、ヴァンフォーレ甲府の練習会場に中央公園の芝生広場を提供すると表明しました。サッカーファンとしては早期に実現することを期待しております。しかし、J1チームの練習場となるとクラブハウスの建設等、多大な費用が必要となるのではと心配をしました。しかし、クラブハウスの建設資金はサッカーくじtotoの助成金で、上限はあるものの事業費の80%が助成されるとのことで一安心しました。

 また、私の住んでいる地区の塩川圃場整備事業で整備された幹線道路を昨年度市道認定し、今年度から整備することとなりましたが、この事業は社会資本整備総合交付金事業を利用して整備を行い、事業費の55%が国からの交付金で、残った45%の9割については起債を借りて対応し、さらにこの起債を償還する時点で、償還する元金と利息の20%を国からの交付税で手当てされるとのことであります。これら有利な補助金等の制度を使うことは、財政の厳しい本市にとっては非常に有効な手段であります。新年度予算を編成するに当たっては、国や県と連携を密にして有効な補助金の確保をすべきと思います。市長の見解をお伺いいたします。

 次に、財源の有効活用についてであります。

 新年度においても市民福祉の向上のため各種事業を取り入れると思いますが、補助金がつくからといって何でも補助事業を取り入れるべきではありません。50%補助金がつく事業も残りの50%は市の負担となるのです。本市にとって必要な事業だけを予算化すべきであります。限られた財源の有効活用を考えて事業決定を行うべきであります。市長の見解をお伺いいたします。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 高添秀明議員の一般質問に対する答弁を行います。

 平成25年度予算編成方針についてお答えをいたします。

 初めに、市税の確保につきましては、法人市民税が大きく減収となっている現在、議員のご指摘のように、これは本市の財政運営にとりまして喫緊の課題であると認識しております。このため年々増加傾向にある未納者に対して、納税催告書の送付、臨戸訪問による納税交渉を実施し、これに応じていただけない場合には、個々の納税者へ、詳細な資産調査を行うとともに、適正かつ厳格な滞納処分により税収確保に努めているところであります。

 引き続き、新年度予算編成におきましても、税負担の公平性を維持していくことを原則として、前年度収納率を上回るべく数値目標を定めた上で、市税の確保と収納率の向上に取り組んでまいります。

 続きまして、各種補助金等の確保についてであります。

 当初予算編成方針にも示したとおり、各種事業の推進に当たりましては、国・県の動向に十分留意した上で補助制度の有効活用に努め、できる限り市費の持ち出しを抑制するよう、これからも鋭意取り組んでまいります。

 続きまして、財源の有効活用についてであります。

 平成24年2月に策定した新行政改革大綱の基本方針にもありますとおり、市民満足度の高い行政サービスの推進と成果を重視した効率的な行財政運営の推進を念頭に、補助制度の有無も考慮する中、事業の有効性を検証した上で、より実効性の高い施策を推進してまいる考えであります。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 高添秀明君。



◆3番(高添秀明君) ただいま市長より丁寧な答弁、ありがとうございました。

 ただいまの答弁の中に、前年度収納率を上回るべく数値目標を定めた上で、市税の確保と収納率の向上に取り組むとの答弁がありましたが、数値目標等が定められたときは、速やかに公表をしていただきたいと思います。これは要望であります。

 また、個人市民税につきましては、前年の所得に対し新年度で賦課徴収を行うこととなっていますので、前年に所得がなかったり所得が少なかった人に対しては個人市民税の所得割は賦課されないので、滞納は発生しないわけであります。つまり、個人市民税は所得があった人が納付する仕組みとなっております。この徴収率が滞納分も含めよということで率的には90%という低い率になってしまうわけですが、私としては少し低過ぎるのではないかと思っております。

 もちろん新年度になって火災等の災害に遭ったり、勤務している会社等が倒産してしまった場合は納付の猶予等の処置もとられるわけでありますが、これらのケースはまれであると思います。私の税に関する認識が間違っていたならば、担当課長さん、ご指摘をしていただいて結構です。いかがですか。



○副議長(岩下良一君) 小澤税務課長。



◎税務課長(小澤和義君) お答えします。

 税に関する認識につきましては、間違ってはおりません。今後におきましても自主財源確保であります市税につきましては、税負担の公平性を阻害することなく、納税者に信頼される税務行政に努めてまいります。



○副議長(岩下良一君) 小澤収納課長。



◎収納課長(小澤仁君) お答えします。

 収納率についてご説明させていただきたいと思います。

 議員のご案内のとおり、90.73%というのは現年と滞繰の合計値であります。現年分は97.4%、滞繰分は18.53%となっております。現在、総務省で公開されております、22年度ではありますが、全国の市町村の徴収実績を比較しますと、全国のほうが現年で97.61%、韮崎市が0.18%低い状況、滞納繰り越し分が、全国が21.31%、韮崎市が2.78%低い状況であります。市長答弁にもありましたように、厳正かつ厳格な滞納処分を実施し、税収確保に努めてまいりたいと考えております。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 高添秀明君。



◆3番(高添秀明君) どうもありがとうございました。

 ぜひ税負担の公平性を維持していくためにも収納率の向上に取り組んでいただきたいと思います。要望でございます。

 次に、財源の有効活用についての質問に対して市長は、事業の有効性を検証した上で、より実効性の高い施策を推進してまいる考えであるとの答弁でありましたが、事業の有効性を検証ということは、いつ、だれが、どのように検証するのでしょうかお伺いをいたします。



○副議長(岩下良一君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えします。

 事業の有効性等の検証の方法ということだろうと思います。

 本市では新規事業につきましては、所要の役所中の会議、例えば政策課題検討会といった、新しい事業についてはそういった所要の会議において実効性等を検証する中で予算立てをするということになってございます。それから、既存事業につきましては、事業年度が終了した後、事務事業評価をそれぞれいたしまして、内部の事務事業評価、また外部の事務事業評価も含めまして、次の年の事業に役立てるようにしているところでございます。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 高添秀明君。



◆3番(高添秀明君) どうもありがとうございました。

 ぜひ財源の有効活用をお願いをいたします。

 次に、2番目の質問に移らさせていただきます。

     (3番 高添秀明君 登壇)



◆3番(高添秀明君) 次の農業振興についての質問でございます。

 まず、人・農地プランについてであります。

 このプランは国において推進している事業で、農家の高齢化が進行し、将来、基幹的農業従事者が必要となるととともに、農地が分散していたり1団地当たりの面積が狭小で、農地集積の阻害等の問題を解決するための未来の設計図と言われております。全国的には、本年9月末日現在でプランの策定を予定している全国1,541市町村のうち378市町村で策定が進んでいるとのことであります。

 本市でも農業従事者や農業生産法人等の確保や農地の有効活用のためこのプランを策定中でありますが、策定状況はどのような状況なのかお伺いいたします。

 次に、地産地消についてであります。

 市内でとれた農産物を市内で消費することは、安全・安心の食材の提供として既に学校給食等で採用され好評であります。また、JA梨北では、中央自動車道双葉サービスエリア西のYBS鉄塔周辺の空き地でマルシェ梨北を開催しております。今年度マルシェ梨北は既に4回開催され、韮崎市からも延べ28台の軽トラックが出店しております。今後も本市の農産物が多数出店され、地産地消が推進されることを望みますが、市長の見解をお伺いいたします。

 次に、塩川圃場整備区域内の道路整備についてであります。

 塩川圃場整備区域内の農道はほとんど舗装整備され、農業振興に大きく寄与されております。しかし、一部はいまだに未舗装区間が存在します。また、黒沢川の側道の一部にも未舗装区間が存在しております。それぞれの延長は2,760メートル、1,654メートルであります。

 塩川圃場整備区域内の農道や黒沢川の側道はほとんど整備されておりますので、残ったこれらの区間も市道認定したり農道として計画的に舗装整備を行うべきであります。市長の見解をお伺いいたします。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 農業振興についてお答えをいたします。

 初めに、人・農地プランについてであります。

 プランの策定状況につきましては、新規就農者、認定農業者、農業生産法人等に経営状況、経営計画プランの中で、地域の核となる農業者への位置づけ、希望の有無等について意向調査を行ったところであり、現在その結果を取りまとめているところであります。今後につきましては、意向調査の結果を踏まえプランの原案を作成し、農業委員、JA梨北、農業生産法人等の関係機関による検討会を開催し、明年2月を目途にプランを策定する予定であります。

 続きまして、地産地消についてであります。

 農産物の地産地消は、食の安全・安心、地域経済の活性化のため重要な施策であり、その一環として今年度JA梨北によるマルシェ梨北の開催のほか、本町ふれあい公園において商工会によるNIRAマルシェも5回開催され、延べ61店が出店し、約1,000名の来場者に大変好評を得たと伺っております。そのため明年度もマルシェ梨北、NIRAマルシェについては継続される予定であると伺っており、さらなる出店数の増加に向け、開催の周知や場所提供等についてJA梨北、商工会と連携しながら農産物の地産地消の拡大に努めてまいります。

 続きまして、塩川圃場整備区域内の道路整備についてであります。

 圃場整備区域内の農道管理につきましては、事業実施主体であります塩川土地改良区により維持管理を行っていただくのが原則でありますが、未舗装部分につきましては、原材料支給について対応してまいります。

 また、黒沢川沿いの道路につきましては、県の河川管理用道路でありますが、農業用としても使用しているため、その舗装について今後、県と協議を行ってまいります。

 なお、市道認定及び農道としての計画的な整備につきましては、土地改良区での借り入れ償還後に検討する考えであります。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 高添秀明君。



◆3番(高添秀明君) 答弁ありがとうございました。

 この人・農地プランは来年の2月を目標に策定とのことでございますが、このプランについては最初からパーフェクトなプランにする必要はないと言われております。プラン策定後、新規就農者が出てきたときや、集落営農や法人を立ち上げて中心となる経営体ができた場合等、必要なときに何回でも見直しをすべきであります。地域農業の未来の設計図と言われるこのプランの策定は、大変な事業と認識しております。農業関係機関とも十分な協議検討を行い、韮崎の実情に合ったプランの策定を期待しております。これは要望でございます。

 次に、道路整備についてでありますが、黒沢川沿いの道路は今後、県との協議とのことでありますが、若宮町から穴山町の間で舗装されていない区間はわずか1,654メートルであります。早急な県との協議をお願いをします。これも要望でございます。

 また、圃場整備区域内の道路についての計画的な整備については、土地改良区の借り入れ償還後に検討との答弁でございましたが、市道藤井6号線の例もありますので、償還後に検討でなく速やかな検討を、これも要望いたします。

 それでは、次の質問に移らさせていただきます。

     (3番 高添秀明君 登壇)



◆3番(高添秀明君) それでは、次に穂坂町の工場用地についての質問であります。

 市土地開発公社が用地を取得して、造成工事を行い売り出した3区間のうち2区画は既に販売が終了し、工場が操業したり工場の建設が着手されております。しかし、1区画が残っています。この残った区画の販売見込みはどのようになっているのでしょうか。お伺いいたします。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 穂坂町の工業用地についてお答えいたします。

 第2区画につきましては、本年度1社より引き合いがあり、交渉を行ってまいりましたが成約には至りませんでした。今後も企業立地成功報酬制度や企業立地支援制度をPRしながら広く情報収集に努め、残区画の販売に向け努力してまいります。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 高添秀明君。



◆3番(高添秀明君) 答弁ありがとうございました。

 次の質問に移ります。

     (3番 高添秀明君 登壇)



◆3番(高添秀明君) 次に、市内の既存中小企業の育成についてであります。

 市内の既存中小企業のうち特に半導体関連の製造業者は、大変な不況の状態であると聞き及んでおります。今まで半導体関連の事業は、数年おきに景気がよくなったり落ち込んだりの繰り返しであった聞き及んでいます。しかし、今後は全く先が見えない状況であります。

 このため県においては、今後成長が期待される産業分野への進出を図り業種転換や経営革新を進めようとする中小企業者等を対象に、その市場動向や進出に当たってのノウハウなどの情報提供を行うため、成長分野産業進出セミナーなどを実施しております。このセミナーは既に今年度2回開催され、市内企業もそれぞれ3社が参加されました。私も2回目の医療機器、介護機器産業関連分野のセミナーに参加しましたが、全体で50人を超える参加者は、だれもが真剣で、質問等も多数出ました。しかし、新たな分野に進出するため会社としては、最初は収益が全くない、研究のみであります。このため最初は0.5人から1人の社員が担当すべきとのことでございました。

 本市の製造業の育成のため、この0.5人から1人分の社員の人件費を助成する制度の創設を行い、本市に新たな産業を興させることが必要と考えます。市長の見解をお伺いいたします。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 既存中小企業の育成についてお答えいたします。

 議員ご指摘のとおり、長期化する円高デフレや海外経済の減速など、市内中小企業を取り巻く現況は厳しさを増しております。そこで、市内工業の活性化を図るための支援策を検討してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 高添秀明君。



◆3番(高添秀明君) 答弁ありがとうございました。

 ただいま既存中小企業に対し支援策を検討するとの貴重な答弁をいただきましたが、支援策の策定につきましては、既存中小企業の事業者等も含めた組織で検討をしていただきたいと思います。これも要望でございます。

 以上をもちまして私の質問はすべて終了いたします。ありがとうございました。



○副議長(岩下良一君) 以上で高添秀明君の質問は終わりました。

 これより高添秀明君の質問に対する関連質問を許します。

 守屋議員。



◆1番(守屋久君) 工場用地についての高添議員の関連質問ですが、先ほどの答弁の中で、本年度1社の引き合いがあったが成約には至らなかったと、その主な理由をまずお聞かせ願いたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 工業団地の立地に関しては気に入っていただいていたわけでございますけれども、社内の意見が最終的に買収にということには意見がまとまらなかったというふうに伺っております。その会社の社内の中のいろんな事情というふうに伺っております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋君。



◆1番(守屋久君) 事情と言われましてもちょっと僕もわからないんですけれども、例えば、じゃ、販売価格は坪単価6万5,000円というのは妥当な金額でしょうか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 販売価格の現在の6万5,000円につきましては、用地買収費、施工費、また土地開発公社の諸経費などからして換算してあるわけでございますが、その単価につきましては妥当だというふうに考えております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋 久君。



◆1番(守屋久君) 民間レベルだと僕は高いと思います。近隣の住宅地の評価額で見ても、とても6万5,000円には当たりません。ただ、当然インフラ整備、進入路も整備して付加価値も当然ついているんでしょうが、妥当だと言えばそれまでですが、例えばその坪当たり6万5,000円で購入した場合の企業のメリットはいかがなものですか。お尋ねします。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) あそこは地盤がまずしっかりしております。それで、そこをしっかり切り土盛りとして造成をしておりまして、昨今の地震とかそういう関係の災害とかにも適地だというふうに理解をされているところでございまして、また、位置的にもインターチェンジの近く、また、ロケーションにつきましても進出された企業さんからもいいところだというふうに伺っております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋 久君。



◆1番(守屋久君) わかりました。

 次に、企業立地課が組織変更で商工観光課に縮小編入になった理由をお聞かせ願いたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 企業立地の業務は、もともと商工観光課のほうにあったわけでございますが、上ノ山・穂坂工業団地の造成に当たりまして平成20年10月からその業務のために企業立地課をつくったわけでございますけれども、それが当然、農工法の手続から始まりまして、造成が完了しまして、また第1区画、第3区画の販売もめどがついたところで本年4月1日よりその組織を商工観光課のほうに吸収したといいますか戻したというふうに理解しております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋 久君。



◆1番(守屋久君) 私としては、完売してあるならば業務縮小ということもあるでしょうが、景気の落ち込みや設備投資も期待できない中で年々土地も下落する、今後も下落するであろうと思います。販売価格を見直さないのであれば、一刻も早く企業誘致をするべき課題だと思います。

 最後に、9月下旬に自然エネルギー関連の東京の業者より土地探しの依頼があったわけですが、私としてはぜひ韮崎市の土地をとお願いし、その工場用地を勧誘しました。当局では、賃貸契約と雇用の創出との観点から条件に合わないということで断られたため、その土地は断念して、そのかわりに企業立地ガイドに掲載されている適地というところを紹介したところ、業者もその土地が気に入っていただいて、ぜひ話を進めてくれとまで行きました。そして、その中で地権者に説明したところ、その土地は売る気もなければ貸す気もないということでした。企業立地ガイドの適地と称されていながら、実は売り物にならないような物件はPRから削除するなり変更する理由があると思いますが、いかがでしょうか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 御勅使工場適地というところのお話だと思います。ここにつきましては、当然まだ用地買収とかを市が関連しているわけではございませんで、いわゆる農振が外れたところということで、かねてより御勅使工場適地という表現になっております。この工場適地に指定されたときには、当然、地権者の方々のおおむねの了解を得ていたものと理解をしております。

 今回の太陽光発電の用地としてのお話ということでございますが、恐らく賃貸料もかなり低額だということですので、その話に乗れない地権者がいたということだと理解しております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋 久君。



◆1番(守屋久君) そうじゃないんですよ。その地権者の話ですと、売る気もなければ貸す気もないというそういう返事だったんです。ましてやこの企業立地ガイドにこういった宣伝項目でうたうこと自体が僕は間違っていると思うんですけれども、現状を商工観光課としては把握しているかということをお聞き願いたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 最近の動向ということだと思うのですが、最近、意向調査をしているということではございません。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋 久君。



◆1番(守屋久君) 僕の聞いた話だとちょっと違うんですけれども、これだけのパンフレットをPRしているわけですから、当局としてもある程度は推奨して、市も一緒になって対応していただければ僕はいいと思うんですけれども、いかがですか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 市としましては、まずは市のほうで造成しました上ノ山・穂坂地区工業団地の早期売却を考えております。御勅使工場適地につきましては、すぐにそちらのほうに、こういう経済状況でもございますから、踏み切れるという状況ではまだないのかなというふうに感じております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 守屋 久君。



◆1番(守屋久君) わかりました。

 以上で関連質問を終わります。



○副議長(岩下良一君) ほかにございませんか。

     (発言する者なし)



○副議長(岩下良一君) 関連質問を打ち切ります。

 以上をもって高添秀明君の質問に対する関連質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△清水正雄君



○副議長(岩下良一君) 15番、清水正雄君を紹介いたします。

 清水正雄君。

     (15番 清水正雄君 登壇)



◆15番(清水正雄君) 15番議員、清水正雄です。

 それでは、早速一般質問に入ります。

 まず最初は、商工観光振興によるまちづくりの推進でございます。

 人口の減少、商店街の空洞化、そして企業の移転、縮小などと、今の韮崎市は余り元気がないと感じている人が多いではないでしょうか。人口はこの4年間で約1,000人減り、賃貸住宅には空き室がふえ、商工業の業績不振により個人消費も力強さがなく、本市の経済力は一段と落ち込んでいるのが実情であります。

 市長が提唱する人口3万5,000人、交流人口5,000人の目標達成も厳しい状況になっております。今まで企業誘致を初め、さまざまな人口対策を打ってきましたが、余り効果が上がっていないようです。今や全国の地方都市で、観光まちづくりを推進することによって交流人口をふやし、小さなビジネスも興し、地域経済を潤す政策が展開されております。

 本市には南アルプス国立公園や文化遺跡など、すぐれた資源を有しております。また、磨けば光る資源にも視点を当て、魅力ある観光まちづくりを推進することが必要であります。また、そのこと自体が本市の課題と考えております。観光をまちづくりの基本に置く政策の取り組みについて市長の所信をお伺いします。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 清水正雄議員の一般質問に対する答弁を行います。

 観光振興によるまちづくりの推進についてお答えをいたします。

 豊かな自然環境と史跡、文化資源等の観光資源を生かした基盤整備や魅力ある施策の充実により、訪れる人々に感動を与える観光振興は、我が市にとって重要な施策であると考えております。観光客の利便性や景観に配慮した観光看板や誘導案内標識の整備充実や、多様化する観光ニーズの変化による、見る観光から参加体験する行動型の観光に移行し、自然や歴史及び地域の方々と触れ合うトレッキングやハイキング及びフットパス等の観光創出に官民協働で取り組むことが大切と認識しております。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) ただいま私の質問にもあるとおり、人口が減ったり経済活動が縮小しておりますから税収入も減ります。したがって、財政運営も厳しくなることは間違いございません。そこで、本市の生き残りをかけるすべが観光振興であると考えますが、本市の目標とする定住人口3万5,000人、交流人口5,000人を達成して、雇用の場をつくり経済力を高めることにつきましては、この観光振興が最も有効な政策だと考えますが、市長のただいまの答弁について不満がないとは言えませんので、市長の熱意を語ってもらいたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。



◎市長(横内公明君) 今、観光も、確かに観光は大事には違いないですけれども、ただ、すべてがすべて観光が第一だというふうには考えておりませんけれども、ただ、現在、韮崎を訪れる方々も、町を見てみますと徐々に、人数的にはそんなないわけでありますけれども、いることはいるわけでありまして、それによって一応、甘利山あるいは鳳凰三山という山を抱えている本市の資産でもありますから、これらについてのいろいろな、例えば山小屋にトイレをというふうなことは取り組んでいるところであります。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 地方の観光振興が非常に重要だということについては、新聞紙上でもここのところ盛んに取り上げられております。2つほど紹介したいと思いますけれども、1つは今月12月4日の毎日新聞、地方は観光客取り組みに力をと、これは田中尚人さんといいまして石川県の方でございますが、大手旅行会社を勤務した後、現在、広告宣伝会社を設立している方でございまして、石川県の県庁の仕事なんかにも携わっているようでございます。

 この方の毎日新聞の投稿によりますと、地方にも非常に多くの観光資源があると、この観光振興は地域の雇用増や活性化、国際交流につながりますと、地方にこそ観光客を呼び込む取り組みを強めるべきだと、これが田中さんの原稿、かいつまんでお話ししましたけれども、もう一つは12月7日、山日新聞の風林火山、これは県民のすべてがガイド役に、観光客には心からのサービスをということで、おもてなし山梨のこともここで触れております。

 そして、観光客は地域の文化に浸りたいと、地域資源を見直しながら独特の文化をいかに発信できるかが重要ということだということを山日新聞の風林火山で指摘しているわけでございますけれども、このように非常に観光というものはもう必要なんだと、観光以外ははっきり言って産業興しはできないんだというようなことも新聞紙上で見受けられるわけでございます。

 両紙の共通した着目点は、地域にある資源を見直して、また資源の付加価値を上げて観光客を呼び込む。例えば、ブドウ狩りに来たが、その後どこへ行ったらよいか迷う、こういうような点だけの観光ではなくて、点と点を結びつけて線を面にするというような作業が必要だと、これがやがては宿泊客につながるのではないかということでございますが、本市の観光のルート化というか、ルートを設定することについてはどのようにお考えになっておりますか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 観光のルートということですけれども、市の観光のガイドブックのムーヴにも幾つかの観光コースがまず記載してありまして、それでPRをしているところでございます。また、その中には、いわゆる穂坂方面のフルーツ関係のご紹介もしてございます。また、山岳観光でありますトレッキングやハイキングの紹介や、また、実際に市の観光協会または山梨観光推進機構とタイアップした事業を推進をしております。

 また、今後は、やまなしフットパスリンクの協議会と連携しまして市内にもフットパスを広めて、里山、あるいは町なかでもいいんですけれども、いろんなものを紹介、また、今、議員さんおっしゃるように、点と点をつなぐようなコースをつくりまして、また、コンソルジュというような言い方をしているんですけれども、水先案内人を募集しまして、その事業にも取り組んでまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 理想的で言えば観光客が町なかで買い物したり食事をしてもらうと、そういうことが一番町も活気づきますし理想的なんですけれども、町なかにおいては、窟観音とか、それから馬つなぎ石とか、そういった貴重な歴史的な資源があるわけですけれども、窟観音については、なかなかあそこへ行って、日ごろ見たくても見られないというようなこともありますから、あれらを多くの人に公開するなり、その機会を与えるなりして、この町なかの活性化へつなげたらいかがというふうに考えますけれども、その辺のところをどのようにお考えかお伺いします。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 町なかの例えば小林一三さんとか、あるいは先ほどの馬つなぎ石とか窟観音とか、そういうようなものをつなぐようなウォーキングみたいなものは、現在も商工会のほうで開催をしていただいております。また、先ほどのフットパスのほうでもその事業、町なかでの事業を検討していきたいと、また水先案内人も改めて募集してまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 地元のいる人は余り大したものじゃないなんて思っている人がいるかもしらないんですけれども、ああいう窟観音のあそこにある観音様というのは貴重なものでして、よそから来た人があれを見れば驚くですよ、これはすばらしいということで。だから多くの人のああいうものを見てもらいたいなというふうに思いますし、馬つなぎ石も、韮崎ばかりじゃないですけれども、非常に珍しい石でございますので、ああいうものを多く宣伝して多くの人に見てもらうと、それで町の中へ少しでも逃がしてもらいたいというふうに考えるわけですよ。

 それで、もう一つ、これは私も関連質問でしたんですけれども、韮崎の町の中を活性化する、あるいは市全体の観光客を呼び込むということではやっぱり銀河鉄道が、これはかつてあれだけの大勢の人が来たわけですから、ここのところトーンダウンしているということが、考えてみると、なぜトーンしたか、少し戦略が間違ったか売り出しが間違ったか、私が感じていることは、この銀河鉄道はあれだけ売り出して、市の力も入らなくなったというのは、一つは電車のダイヤが交錯する、このさまが夢があって、なかなかよそにはない風景なんですよ。これは銀河鉄道で言いました。

 もう一つは、宣伝というかパンフレットなんかも、まずい宣伝を打っているなと思ったのは、ライトダウンと言いまして、いわゆる銀河鉄道を見るためにライトダウンをするんだということでライトダウン、ライトダウンということで、何か事業自体がライトダウン事業というようになっちゃって、本当はその銀河鉄道をよく見るためにライトダウンをしたんだけれども、その銀河鉄道はどこかへ消えちゃったんですよ。

 枝葉末節というのはこのことを言うわけで、ですからライトダウンなんていいんだと、銀河鉄道の韮崎、銀河鉄道のまち韮崎でいいんですよ。あとはライトダウンもありますよということでいいんです。それはおかずみたいなもので、ライトダウンなんていうことは、戦略を間違ったというか売り出しが間違ったというか、そんなことをやっているから銀河鉄道がだんだん消えちゃった。ですから、銀河鉄道をもう少し真剣になって広めてもらいたいというように思うんですよ。これは必ずお客は来ると思います。

 韮崎駅に生涯学習の町なんてでかい広告塔がありますけれども、市長さんね、あそこに銀河鉄道発祥の町というのを見たことありますか。だから大概の人は知らないんだよ。韮崎の町は銀河鉄道発祥の町なんですよ。発祥ということは、おれに言わせりゃ余りうまいことじゃないけれども、でかでか出ているんですよ。サッカーのまちばかりじゃないんですよ。おそらくここにいる方たちも知らないでしょう。議員たちも知らないと思う。でかい看板が立っているんですよ。だからそういう銀河鉄道を売り出している町ですから、これは市のほうも真剣に銀河鉄道のまち韮崎を売り出してもらわないとならんわけですけれども、その辺はどんな考えをお持ちですか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 銀河鉄道につきましては、かつて公園をつくりまして売り込もうとした経緯はあるわけでございまして、現在も市の観光ガイドブックで紹介をしているところでございます。あと、今、町なかの活性化計画の策定を検討中なんでございますが、その地域資源活用の一環の中、そういう銀河鉄道なんかも地域資源として活用できないかということで検討をしているところでございます。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 私の感想を申し上げますと、韮崎で夢とロマンの観光資源はこれだけしかないんです。ほかのものはあっても弱い。それ夢とロマン、韮崎は夢と何とかシティなんて言っていますけれども、その夢と感動はこのロマンを与える、夢とロマンと感動を与えるのはこの銀河鉄道以外はないというように思っています。

 ここで、さっきはすれ違いと言いましたけれども、現在ダイヤ改正ですれ違いができる時間帯がないんですよ。ご存じですか。それで、かつてはすれ違いが3本ぐらいあったんです、1日に。それで、穂坂の農道の辺から見ると、それはすばらしいんですよ。今すれ違いがダイヤ改正でないんですよ。ちょっとの差でないんですよ。中央線の期成同盟でこのダイヤ改正について、すれ違いが見られる状況、そのダイヤを改正してくれないかという要望をJRにしたことありますか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 穂坂のほうから銀河鉄道のように夜見える時間帯につきましては、一応、上り下りの時刻表をホームページにアップしまして、こういう時間帯に見ることができますということはしてあります。

 そのクロスすることをJRのほうに要望したかということにつきましては、私の把握するところですと最近ではないんじゃないかなというふうな気がしておりますが。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 要望してもできないということもあるけれども、無駄だと思っても、無駄でもともとだと思いながら、だめでもともとだと思いながら、これは強く要望してみてください。あるいは物になるかもしれませんよ。ダイヤ改正というのは何年か1回にやっていますから、それに合わせてもらって何とか韮崎から今までこの銀河鉄道の上下の電車のすれ違うさまがすばらしいと、これは一つの大きな観光資源だから何とかダイヤ改正してもらえないかということで、中央線の期成同盟からJRへ要望書を出してもらいたいということでございますけれども、その考えはもう一度聞きたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) この中央線の期成同盟会の事務局は県のほうにあったかと思っております。また、県のほうと話す機会がございましたら、そのような話もしてみたいと思います。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。

     (15番 清水正雄君 登壇)



◆15番(清水正雄君) それでは、2番目の質問に移らせていただきます。

 2つ目の質問は、指定管理者導入評価についてでございます。

 2003年、地方自治法の改正により指定管理者制度が制定されて以来、全国自治体では公園やスポーツ施設、福祉施設、市民会館、図書館、保育園など公の施設においては多岐にわたりこの制度を導入しております。指定管理制度は、民間の能力を活用してサービスの向上を図ることと経費の節減を図ることなどが目的であります。

 韮崎市においても健康ふれあいセンターゆーぷるにらさきが平成18年10月に指定管理者を導入し、既に6年が経過しました。昨年9月には市民交流センターの開館に伴い4つの異なった施設に4団体が管理運営を行っているところです。

 そこで、指定管理者を導入しているゆーぷるにらさきなどは、直営時、市が直接経営しているときのサービスや経費削減等々の導入効果、並びにこの制度の問題点についてどのように評価しているか。

 2点目は、指定管理者を導入できる施設はまだほかにもあります。具体的には市立病院や保育園等を指しますが、今後これらの施設においても指定管理者を導入する計画はあるのか。

 3点目は、指定管理者の選定についてどのような基準また方法により指定しているのか。

 以上3点について市長の見解を求めます。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 指定管理者導入評価についてお答えをいたします。

 初めに、ゆーぷるにらさき並びに市民交流センター内3施設における導入効果と制度の問題点の評価についてであります。

 導入効果のうちサービスにつきましては、専門的知識や経験、実績等を有する団体、企業が管理運営を行うことにより、時代の変化や利用者ニーズに迅速かつ柔軟に対応した、より質の高いサービスが提供できたものと評価しております。

 また、直営時との比較による経費の削減効果につきましては、それぞれの施設において指定管理者の経営努力や民間発想を取り入れた効率的な運営により経費の縮減効果が得られたものと評価しております。

 次に、指定管理者制度の問題点についてであります。

 指定管理者制度は指定期間があらかじめ決められており、将来にわたっての管理を約束する制度ではないことから、指定管理者のモチベーションの維持、スキルの蓄積と継承、職員の専門性や技術力の確保、人材の育成などが考えられますが、定期的な打ち合わせ会の開催や評価の機会などを通じて連携を密に図り、お互いの課題を共有するなどの取り組みが必要であると考えております。

 続きまして、今後の導入計画でありますが、市立病院や保育園等に指定管理者制度を導入する計画は現在のところありませんが、導入の可能性について引き続き検討してまいります。

 続きまして、選定についての基準及び方法についてであります。

 まず、選定基準については、韮崎市公の施設にかかわる指定管理者の指定手続に関する条例の規定に、公の施設の運営が市民の平等利用を確保すること、施設の効用を最大限に発揮させるとともに経費の縮減を図れること、管理を安定して行う物的、人的能力を有することが定められております。

 次に、指定に至る方法については、まずは学識経験者を含む指定管理者選定委員会を設置し、当該施設のこれまでの経過や現況の評価をもとに募集要項、業務仕様書、評価項目等を協議決定し、公募を行うこととなります。次に、応募予定者に対する現地説明会等を実施した後に応募を受け付け、その後選定委員会による書類審査や面接での評価によって候補者を決定し、最終的には議会の議決をへて指定管理者を指定することとなります。

 なお、韮崎市立図書館における指定管理者導入評価については、教育委員会よりご答弁申し上げます。



○副議長(岩下良一君) 矢巻教育長。



◎教育長(矢巻令一君) 清水正雄議員の一般質問に対する答弁を行います。

 指定管理者導入評価についてであります。

 市立図書館の指定管理者による管理運営の効果についてであります。

 市立図書館は旧図書館とは規模や蔵書数、システムや人的体制などが大幅に異なっておりますので一概に比較することはできませんが、民間の発想による効率的な運営や専門性を生かした経営方針などにより経費の縮減が図られるなど、効果的な管理運営がなされているものと評価しております。

 また、IC化など高度情報化に対応した図書館機能を有効に活用するため、図書館運営の専門性を備えた指定管理者が管理運営を行っており、レファレンスサービス業務の向上や蔵書構築、小・中学校図書室への支援活動などの充実が図られております。また、クリスマスコンサートやボランティア講座、子供職場体験などのイベントを新たに企画するなど、多様化する市民ニーズに対応し、サービスの向上につながっているものと考えております。

 今後におきましても教育委員会の指導のもと指定管理者と連携を密にし、図書館施設の効果的、効率的な管理運営に努めてまいります。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 答弁を聞きますと、指定管理者制度を導入したおかげで質の高いサービスができるようになったと、それから経費の節減にも効果があったということでございます。大変結構なことだと思いまして、指定管理者というものはその2つの目的を達成するための制度だなというふうに感じております。

 そこで、ゆーぷるに関して質の高いサービスをするということは、それだけ皆さんの支持を受けて利用者の満足も得ているというふうに解釈するわけですけれども、18年から指定管理者を導入しておりますが、ここの調査結果では、23年度まで6年間の利用者状況が出ております。この18年から23年までほとんど利用者は変わっていません。利用者12万台で全然ふえてもいないし、そして、導入する前の17年のほうが18年より1万人近く上回っていると。

 私は、指定管理者というのは民間の企業の経営能力を駆使して経営に当たってくれるわけですから当然、お客商売ですから人がふえないことには意味がないと思うんですよ。そして皆さんにさらに満足してもらうと。だけど、このゆーぷるに関して言えば、よその指定管理者に移行するとやっぱりそれだけの利用者効果が出ているんですよ。だけどこのゆーぷるに関してはそういうことが見られないと、これは一体どういうことだろうというふうに思うんですけれども、市ではどんなふうに分析していますか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 私の手元に16年度以降の数字、入館者数がございまして、大体12万台の横ばいになっております。今17年度はということでございましたけれども、17年度は確かに13万4,000ということで、ほかの年よりは1万人近く多かったわけです。ただ16年度につきましては12万2,000人ぐらいですので、17年度がどういう年だったかというのがちょっとはっきりわからないわけでございますが、いずれにしましても、確かに人数面から見ればそういうことなんですけれども、サービス面の向上ということからすれば、例えば休みの、いわゆる営業日数がふえておりましたり、入場料の割引サービス、団体券とか1カ月フリーパス券とかそういう細々した入場料サービスがふえております。

 また、施設内のいろいろな事業の取り組みでございますが、導入前は水中トレーニングは1日2回ほど週1回やっておりましたが、導入後は水中ウォークをもう少し回数が週3回ぐらいにふえましたり、あるいはトレーニングルームの設置とか肩もみ器具の増設設置とか、そういうサービス面が格段に向上しているというふうに理解しております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 利用者がふえなかったということは、これ間違いないことで、この辺のところは指定管理者の努力が足りなかったのかなと、また、経営ノウハウと言いながらもその辺のノウハウがなかったのかなというようにも思いますし、今後はまた違った会社が運営指定管理になるようですから、それはまた後ほど質問させてもらいます。

 それで、指定管理者になってからサービスがよくなると言いますけれども、接客接遇のサービスが実は余りよくないんですよ。私はあちこちから聞きますけれども、人の話は聞きますけれども、ここのところずっとよくないと。だから人がふえないじゃないかという、そこはよくわからんけれども、この接客接遇に関して指定管理者との話し合いの中でその辺のところも話の中で出ているとは思いますけれども、どんなふうな連絡協議をしているかお伺いします。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) こちらに来ていただいたり、市のほうに来ていただいたり、あるいは我々が訪問したりして打ち合わせ等々を行っております。また、クレーム等があった場合は、当然そのお話をしましたり、今、議員さんからおっしゃったようなことも、ご意見いただいたようにことも貴重なご意見だと思いますので、また指定管理者と話し合いをして是正できるように、もしそういう事実があれば是正できるようにしてまいりたいと思います。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) それで、来年の4月から今回の議会でも議案に上がっておりますけれども、新しく指定管理者が決まるということで、この会社はシダックス大新東という会社ですか、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社、この会社は来年の4月からこの指定管理者として指定していただきたいということで議案に上がっています。今回の指定管理者の応募については何社あって、前に指定管理となっていたキッズとどこがどういうふうに違うのか。どんな点がこのシダックスという会社がいい点があったのか。その辺のところをお伺いしたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 今回応募のありましたのは2社でございます。シダックスを含めまして2社でございます。前のキッズとの比較でございますが、そこでいろいろプレゼンをしていただきまして、また資料等を説明していただきまして、それでいろいろ検討したわけでございますが、シダックスのほうの有利な点とすれば、もともと給食等をやっている会社でもございまして、お弁当類のまず販売をしていただけると。また、開館時間につきまして、今、朝10時からですが、いろんなバスの到着時間も関係ありまして30分前倒しで開館しましょうという、また休館日につきましても夏の間は、7月中旬から8月末までは無休で営業しましょうというところ、あと、シダックスのグループの大感謝祭フェアを開催して、それにつきましてはどの程度人が来てくれるかわからないんですけれども、相当数社員がいるようです、大きい会社ですので、その社員の施設利用を、また働きかけてもらえるということでございます。

 また、大新東のほうでは貸切バスも運行しておりますので、県内の受託施設と連携した観光ルートなどを企画して施設利用者の拡大を図ってまいりますというようなプレゼンをされているところでございます。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 営業内容は今、伊藤課長から説明があったとおりだと思います。給食とか弁当をつくっている会社で、シダックスという会社、カラオケの会社のようですね。それから大新東というのはバス会社。だからカラオケの会社だとバス会社が一緒になった。また、シダックスは給食を昔からやっているという、その会社が合併したということだと思いますけれども、今回ゆーぷるみたいのは、温泉を経営するそういう経験というのはこのシダックスという会社ではあるんでしょうか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 指定管理はやはり相当数やっておりまして、県内では早川町で草津温泉とか奥山温泉施設とか、あるいは南アルプス市では農業体験実習館、ここには温浴がございます。また、やはり南アルプス市で金山沢公園で温浴食事どころがございます。また、近いところでは北杜市、これは温泉施設ではないようですが、アグリーブルむかわというところを最近、指定管理を受けたということになっております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 余りこのシダックスという会社、公営温泉を経営した経験というのは、特に指定管理者になって経営したというのは余りないようでございますけれども、それを知っていてここを選定したということで、心配はないんでしょうかね。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 指定管理のほうは相当数、今申し上げましたのは県内なんですけれども、県外も含めますと相当数やっておりまして、この辺のノウハウとか経験とかには心配はしていないところでございます。

 また、現在ゆーぷるにつきましては食事の供給等はございませんので、その辺のこともしていただけるということですので、徐々にではございますが、していただけるということですので、その辺にも大きな期待をしているところでございます。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) それでは、今度の募集要項を見ますと、指定期間が5年だというふうになっていますよね。今までキッズは3年だったはずですよね。この3年を5年にした、この期間延長したねらいというものはどんなところですか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えします。

 3年を5年にした理由でございますが、やはり業者側からすれば、短いよりもある程度の期間になれば中長期的な戦略でサービス向上に取り組んでもらえるということと、あと、人的にもある程度安定した中で運営ができるということだと思います。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 3年はやっぱり確かに短いと思いますよ。5年のほうがいいと思うんですよ。よそを私調べてみたら大体5年になっている。5年にしたほうがゆっくり経営ができるということもあるし、実績を積み重ねるということができますから経営もうまくいくのではないかというふうに思います。

 次に、指定管理料が来年から3,200万になりますよね。今まで2,900万で300万ほど高くなりますけれども、その辺のところの、300万の中身というのはどうなっていますか。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) お答えいたします。

 この募集要項を今までの2,900万から3,200万、300万アップした理由は、当時の環境よりも重油が大分高騰していると。また、電気料が、ご案内のとおり、本年から大分上がっているということで、それらを積算しまして300万、それらが主な理由ということで300万上げたところでございます。安かろう悪かろうではいけませんので、そういうしっかり根拠のあるところは負担をしていかなきゃならないというふうに考えております。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 選定委員会が選定をするわけですよね。選定委員というのはどなたがなっているんですか。



○副議長(岩下良一君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) 本年度は7名でございまして、副市長を委員長といたしまして、職員が6名、そしてあと学識経験者として税理士さんを1人お願いをしているところでございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 学識経験者1名はどんな業種の方ですか。



○副議長(岩下良一君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) 税理士事務所を経営されている方でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 結構な布陣だと思います。ただ、やっぱり経営者も、実際実務にたけた経営者もその中の1人に入れたらいいなというふうに考えますけれども、その辺の検討はいかがでしょうか。



○副議長(岩下良一君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) 今入っておられる税理士さんが、いわゆる税理士事務所も経営しているというような意味合いで入ってもらっていますが、まだあとお1人余裕もございますので、そういうことも検討してまいりたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 利用者が少ないというのは、今までの経営もイベントはほとんどやっていないし、さっき弁当を売るというような話が出ましたけれども、そういうこともしなかったし、物販の販売、いわゆる地元のものを売るようなそういう物販販売もなかったし、お客さんが来ても余り楽しい温泉場じゃないというようなそういうところもあって利用者もふえなかったと思いますけれども、そういう部分は、今度シダックスでイベントもやったり、あるいは弁当も売ったりするという話ですけれども、その辺のところ、わかっている範囲でいいですから教えていただきたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) 細かなことなんですけれども、例えば歩道橋とか、あるいは施設沿いにニーラの横断幕や旗、そういうものを設置して楽しい雰囲気を醸し出すということ、あるいは、健康増進ルームでさまざまな実施事業をしていくということ、また、大広間の一画にゆーぷるミニ文庫というようなことの創設、あるいは、ゆーぷるのプールの周りに目隠し等をやっていくということで、一遍にはもちろんいかないわけですけれども、そういうことを徐々にやっていきたいということで、誘客を促して利用者をふやしていきたいというふうなことでございます。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 次の質問に移ります。

     (15番 清水正雄君 登壇)



◆15番(清水正雄君) 3番目の質問でございます。

 黒沢川沿いの市道の水道管の敷設について。

 富士見一、二丁目地内、黒沢川沿い市道、全長319メートルの水道管敷設工事が先月から始まり、間もなく完了の予定です。河川管理者の山梨県は、川沿い道路の縦断占用を原則禁止しておりましたので、川沿い住民は長い間不便を忍んできました。このたび耐震化仕様を条件に県が占用許可を下したことについては、関係住民の生活環境の改善とともに地域の発展につながるものと期待しているところであります。また、大変地域住民は喜んでおります。

 そこで、将来計画についてお尋ねいたします。

 富士見一丁目左岸からスタートした水道管敷設事業は、南は中島地区、北は藤井町、北下条に至るまで黒沢川沿い市道の水道管敷設は可能と考えますが、今後この区間の敷設についてどのような計画かお伺いします。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 黒沢川沿いの市道の水道管施設についてお答えをいたします。

 この事業は、黒沢川沿いの給水環境を改善するとともに、耐震性の高い管路施設によるネットワークの構築を目指すものであります。今後の施設計画につきましては、藤井町北口のほうから中島町に至る黒沢川両岸において給水環境の厳しい地区や迂回ルートのない区間を優先に耐震化事業の中で整備してまいります。

 以上であります。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) この地域の状況を知らない方も大勢いると思いますからちょっと説明いたしますと、黒沢川沿いの市道は、富士見一丁目、二丁目も三丁目も同じですけれども、あそこに今まで水道管を引くことができませんでした。河川管理者は県でございますけれども、いわゆる南北に、水道管を引くと言えば南北になりますけれども、この南北に水道を布設することは相ならんと、原則禁止だということはそれなりの理由がありまして、県は河川を管理しなければならないと、あれは堤防だと、市道には貸してあるけれども堤防なので、川を保護するために堤防があるわけで、水道管をあそこへ埋められると、水道管は必ず破裂すると、破裂すると堤防を守れないと、堤防が壊れると、河川を守れないということで、ずっと長い間これ原則禁止になっておったわけです。

 私は、前々からここの地区には水道管を引いてもらうように県の土木へ訪れたこともありますし、話をしてみましたけれども、てんで相手にされなかった。今回はこのように水道管を敷設することができたわけですけれども、これは急に、こうやって何十年も引かせてもらえなかったものが急に引かせてもらえるようになったわけですけれども、この辺のところの経緯を説明をお願いしたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 石原上下水道課長。



◎上下水道課長(石原茂君) お答えをいたします。

 確かに長い間ご不自由をいただいてきましたが、今までにつきましては、先ほど議員がおっしゃったように、なかなか河川管理者のほうで許可が得られないということで今日に至ったわけでございますが、近年、耐震管という部分で比較的格安に、しかも強度の高い管が出たということで、これはポリエチレンという管でございますが、これを使って敷設をしようじゃないかということで計画をいたしまして、占用のほうを申請したところ、そういった剛性のある、しかも耐震性のある管であれば十分、堤体の中へ入れても簡単には水が噴き出したりすることはないだろうということで、許可をいただいて今回実施をしたということでございます。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 言い落としましたけれども、この地域の人たちは井戸を掘ったり、それから水道管を引く人は、かなり後ろのほうの市道には本管が入っておりまして、その本管から引っ張ってきたんですよ。その途中はみんな民地ですから、民地をお借りして水道管を引いたと。水道管を引くについても一軒一軒引いてきませんから、分水するわけです、こうやって。分水すると当然水圧が低くなって、ふろの浴槽へ水をためるにもえらい時間がかかったりして、そういうことで本当に長い間不便をかこっていたわけですよ。

 このたびの水道管が敷設できるというのは、私は水道課の、それから水道課職員の快挙だと思っているんですよ。胸がすっとしました。ですから、市長にお願いしたいんだけれども、こういういい仕事をした人には何らかの形で褒賞すると、別に金なんかやらんでも、給料も上げなくてもいいけれども、そうしてほしいなと思うんですけれども、いかがですかね。



○副議長(岩下良一君) 横内市長。



◎市長(横内公明君) 頭に入れて考えておきます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) その辺はやっぱりいい仕事をすれば褒められるということは、それだけモチベーションが上がることだし、やってほしいですね。かつて私も実は内藤市長のときに褒賞してくれると言われたことがあるんですよ。それは問題ある。何をしたかと言えば、いわゆる米消費対策で貢献があったと。特に市役所の人たちは弁当を持たせて、とにかく米を食べろと、そういう事業を幾つかやりまして、おまえいいことやったじゃないかと言って、私を褒めてくれて、じゃ、あしたの朝8時ごろ出てこいって、記念品を出すなんて言ったけど、これは反対食らっちゃって、なぜ反対食らったかというと、同じ職員が1人だけ特別扱いするわけにはいかんと、そういうばかなことを言う職員がいる。今でもいるかもしらんけれども、そういうことでだめになった。

 ですから、市長、そんなこと考えないで、いいことした人はどんどん褒めてやって、それでたたえてやるということが必要だと思います。

 しゃ、質問を変えます。

 この地域は非常に住みよい地域でして、ご承知のように、駅にも近いし、用途地域だ。ですから、便利のいい場所なんで、生活環境もよいわけですよ。ですから、住宅地にしても非常に発展のできる場所なんです。こういう場所ですから、今回どのように先の計画があるかなと楽しみにしておりますけれども、一、二年後で結構ですから、計画がありましたら、具体的に示すことができましたら、例えばどの場所を何メートルぐらいやるということが今おわかりになりましたらお示しいただきたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 石原上下水道課長。



◎上下水道課長(石原茂君) お答えをいたします。

 先ほど市長のほうの答弁にもありましたように、条件のよくないところを優先に、耐震化事業の中で行うということで、他の事業との絡みもございますので、ここで来年何メートルということははっきりはおっしゃれないんですけれども、おおよそ今年度程度の事業量でいけるじゃないかということで、引き続き富士見二丁目の左岸等を計画をしております。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) それでは、次の質問に移ります。

     (15番 清水正雄君 登壇)



◆15番(清水正雄君) 最後の質問になりますけれども、4番目の質問はスポーツ少年団等の施設利用支援についてでございます。

 市営のグラウンドや体育館等を利用するについて条例及び規則では使用料の免除規定があります。スポーツ少年団等がチーム強化のために行う交流試合における使用料免除、交流試合ということばかりではなくて練習試合も同じことですけれども、練習についてもどのような使用料免除については考えているか。取り扱いをしているか。

 また、スポーツ少年団へのさまざまな支援を講じていると思いますが、具体的にどのような内容なのか。

 以上2点お伺いします。



○副議長(岩下良一君) 矢巻教育長。



◎教育長(矢巻令一君) ただいまの清水議員の質問にお答えいたします。

 スポーツ少年団等の施設利用支援についてであります。

 スポーツ少年団は学校開放施設並びに地域の体育施設等を中心に活動しておりますが、月4回までの使用料や照明料等につきましては全額免除とし、5回目以降も半額免除としております。交流試合等における使用料につきましては、学校開放施設等で行われる場合は減免の対象となりますが、休日に行われる市営総合運動場などの都市公園施設等は減免の対象とはなっておりません。これは少年少女が所属するスポーツ団体や総合型スポーツクラブなど、スポーツ少年団本部に属さないで活動している団体が複数組織されていること、また、休日には社会体育施設して多様な年齢層の方々にも利用していただくためであります。

 次に、スポーツ少年団への支援につきましては、市スポーツ少年団本部の活動への助成を行い、体力測定会並びに交流会などの事業を実施しており、各団体には本部を通じて補助金を交付しております。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 市営グラウンドについては、市営グラウンドと体育館ですね、体育館と解釈していいですね、都市公園の中の施設ですから。それらについては休日は免除していないというのが本市の取り扱いでございますけれども、よその例をちょっと私調べてみたんですが、北杜市、これは練習でも何でも免除になっていると、使用料を免除していると、いつでもどこでも、あいている場合ですよ、もちろん、あいてなきゃこれは使わすわけにいきませんけれども。それから甲斐市も無料。南アルプス市は大人の料金の半額、ですから、この南アルプス市は大人の料金幾らだと言ったら、ここが結構安くて、体育館が大人600円ですから300円、3時間以内、それから市営グラウンドは150円、もちろん学校の施設はすべて無料です、どこも、うちもそうですけれども。そんなようになっております。

 したがって、子供から銭をもらったってしようがないですから、日曜日でも市営グラウンドを使わせたり体育館を使わせたり、グラウンドを使うといえばサッカーとか野球とか、体育館はバレーとかバスケットとか、そういう少年団を育てる意味でも無料にしてほしいですが、いかがですか。



○副議長(岩下良一君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 確かに他市町村では免除等の取り扱いをしているところが多いように感じております。今後につきましては、他市の状況をもう一度、再度踏まえた中で、議員おっしゃるとおり、施設があいている場合、あるいは管理上支障がある場合を除き、休日にも、市営総合運動場のグラウンドあるいは体育館も含むんですが、そういう都市公園施設等を使用して行われるスポーツ少年団の公式試合あるいはある程度大きな交流試合、これらも含めて使用料等の減免の対象とすることを今後検討してまいりたいと思います。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 前向きの話が出て、大変うれしいです。

 これは参考までに聞いてもらいたいですけれども、例えばサッカー少年団の指導者、この方からこんな話がありました。芝生のグラウンド、市営グラウンド、芝生のグラウンドって御勅使のことを言うらしいですけれども、あるいは市営の芝生の部分、これについても土曜日曜使用には、毎回とは言わないと、何回かの回数限定で結構だから、あいているときは免除してほしいと、こういう要望がありました。

 それは野球なんかも同じようなことを言っていましたけれども、今、野球は結構大きい大会を独自で開いていますけれども、あれも1日グラウンド使用料を払っております。スポーツ少年団を振興するという意味から、余りちっとばかりもらっても、子供にお金をはらわせてもしようがないと思うからぜひ、今前向きの話がありましたので、私も喜んでおりますけれども。

 次に、この支援の中身でございますけれども、スポーツ少年団への支援は助成金お幾らぐらいお払いしているんですか。



○副議長(岩下良一君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) 市内のスポーツ少年団への助成というか補助金につきましては、団体に一律でございまして、1団体2万円を少年団本部を通じて交付しております。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 何団体あるの、団体数は。



○副議長(岩下良一君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) 市内には現在18団体が活動しておりまして、活動促進費という名目で交付しているところでございます。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) これ助成金はどうも韮崎と余り変わらんようでして、近隣の都市も、例えば甲斐市は2万4,000円払っているようですけれども、そんなに変わらないと。ただ北杜はこの倍ぐらい助成金が出ているんじゃないかと思います。平均すると5万円になりますけれども、全団体に5万円ということじゃなくて、一番多いところが五、六万じゃないかな。少ないところはやっぱり3万とか4万、そのぐらいになっていると思います。助成金については、それほど差はないと思います。

 それから、お金だけでなくて、例えば野球少年団、すずらんという少年団がございますけれども、ここの指導者はこんなことを言っておりました。釜無川の河川公園は現在使わせてもらっていますよね。これはグラウンドをただで使わせてもらっていますが、ここを草を刈ったり整備したり整地をしたり、これは少年団すずらんのチームがやっていると。それは条件だか何だかわからんですけれども、無料で使わせてもらうかわりに草取り、それから整地をやっているようですけれども、チームの団員の数も少なくて、これは大変なことらしいですよ、面積も広いですから。

 ですからたまには、あそこの管理はシルバーセンターに任せているのかな。シルバーセンターの人たちがあそこのゲートボールの管理をしたり草取ったりしていますけれども、年に1回か2回でいいから、1度少年団の使っている野球場の整地を市がやってくれないかということがこのすずらん野球チームの要望でございます。これについてどんなお考えですか。



○副議長(岩下良一君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) ゲートボール場のほうにつきましては、今言うようにシルバーのほうで管理をしていただいておりますが、すずらんの野球場につきましてもちょっと現状を把握する中で検討してみたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) ちょっと今聞こえなかったんです。もう一度。



○副議長(岩下良一君) 中嶋建設課長。



◎建設課長(中嶋尚夫君) どの程度の草が生えているとか現状を把握する中で検討していきたいと考えています。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) もう一つ、スポーツ少年団の指導者のお話をちょっと紹介してみたいと思います。

 これは水泳少年団でございます。水泳少年団は昔と違いまして冬でも練習しているようです。また、冬の大会というのも大きい大会がありまして、それに備えて温水プールを使うということで、市内には公営の温水プールがございませんし、安いプールがございませんので、甲斐市と白根市のプールを使っているようです。これはまたお金がかかりまして、それもですけれども、水泳大会というのは大会参加料が1人800円かかると、年間3回ほど大会へ出ていて、その3回の合計は17万円かかるということです。これは保護者にも大変負担をかけていて、これで負担をかけ過ぎていますから、保護者からも何とか市の支援というものはないものかということで、結論的には大会参加料の一部でいいから何とか市が負担してもらえないかということを言っておりますが、これについて少年団対策いかがでしょうか。



○副議長(岩下良一君) 下村教育課長。



◎教育課長(下村貞俊君) お答えいたします。

 先ほど申し上げましたように、市内には18のスポーツ少年団がございます。各団体の創設経緯あるいは活動内容には大きな差があるのが現状でございます。いろんな多様な経緯によって現在の形になってあろうかと思います。また、水泳のスポーツ少年団の活動も内容はよく理解しておりますが、他の活動においても使用料あるいはユニフォーム代、あるいは道具、そういうものがすべてかかってくると思います。結構かかるところとかからないところがあると思いますが、いずれにいたしましても団の実質活動としてやっていただきたいと思っております。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水正雄君。



◆15番(清水正雄君) 以上で私の一般質問を終わります。



○副議長(岩下良一君) 以上で清水正雄君の質問は終わりました。

 これより清水正雄君の質問に対する関連質問を許します。

 清水康雄君。



◆4番(清水康雄君) それでは、清水正雄議員の関連質問をさせていただきます。

 黒沢川沿いの水道管の布設についてでございますけれども、先ほども清水正雄議員の質問の中でもありましたように、この黒沢沿いは道路は河川敷を市道として占用して管理しておりますが、河川敷内の構造物の縦断設置は、河川法によって許可を得ることが非常に困難でありましたが、今回の許可により給水の環境が大幅に改善され、水道管理者、また地域住民には利便性が増すわけでございますけれども、黒沢川沿いの家庭では、先ほども清水正雄議員おっしゃいましたように、現在は水道を黒沢川沿いの道路でなくて反対側の道路から個人の敷地に水道管を布設して現在利用しているわけでございますけれども、今度は将来的のこの水道管の管理上問題が出てくる可能性がありますから、この際水道の取り出しについては、この黒沢川沿いから取り出しをすることが望ましいと思いますが、その辺の住民に対する指導はどのようにしておりますか。



○副議長(岩下良一君) 石原上下水道課長。



◎上下水道課長(石原茂君) お答えをいたします。

 ご質問の地域住民への対応ということでございますが、今回の工事はやはり条件の悪いところの方たちの解消ということでございますので、もちろんここの住民の方々は既に水道に加入している方でございますので、今回の工事においてこういった分の市道に接している家でございますが、すべてこの工事の中で切りかえ等の対応をしたところでございます。



○副議長(岩下良一君) 清水康雄君。



◆4番(清水康雄君) その切りかえ工事費ですが、これは個人の負担、それとも市のほうの負担ですか。



○副議長(岩下良一君) 石原上下水道課長。



◎上下水道課長(石原茂君) 先ほど申しましたように、既に水道料を払って使用されているということで加入者でもございますので、これについてはうちのほうの工事の都合ということもございますので、工事については、接続する部分までは市ですべて見たということでございます。



○副議長(岩下良一君) 清水康雄君。



◆4番(清水康雄君) 今加入している方は市の負担でやるということですけれども、今宅地が建っていなくて、例えば農地なんかで、これから家を建てるという人が希望する場合にはその費用負担はどのようになりますか。



○副議長(岩下良一君) 石原上下水道課長。



◎上下水道課長(石原茂君) これについては、あくまでも通常の新規の加入と同じように申請をしていただいて、工事にかかる分についてはその人の負担ということになろうかと思います。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 清水康雄君。



◆4番(清水康雄君) 今回のこの工事は住民にとって非常にこれからの生活環境の改善に役立っていくものと思われます。ぜひ今後につきましても、中島町のほうまでできるだけ早く設置ができますように、推進ができますようにお願い申し上げまして、私の関連質問を終わります。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 答弁はよろしいですね。



◆4番(清水康雄君) はい。



○副議長(岩下良一君) ほかに。

 輿石賢一君。



◆8番(輿石賢一君) 清水正雄議員の関連質問をさせていただきます。

 観光振興によるまちづくりの推進についての中で、我が市は見ても観光資源というのは非常に少ないというように私は常に感じております。挙げるならば、甘利山だとか、先ほど言ったように鳳凰山だとかあるわけですけれども、本当に団体客が来て観光を楽しむとかそういうところは本当に数少なくて、武田八幡とか願成寺とかというところはあるわけですが、最近出た大村美術館等々もその中には含まれると思いますが、本当に挙げてみて、どこかいいところがありますかなんて言われても、ちょっと説明ができないような状態があります。

 そんな中で、清水議員に対する観光振興によるまちづくりの推進についての答弁の中に、豊かな自然環境と史跡、文化資源等の観光資源を生かした基盤整備や魅力ある施策の充実により訪れる人々に感動を与える観光振興は我が市にとって重要な施策であると答弁をされました。そんな中で、私が以前にも質問をさせていただいた中で、耕作放棄地対策、耕作放棄地の解消等、観光資源という形の中で一石二鳥や一石三鳥にもなるクラインガルテン、旭町の山口から中割の付近にかけては、あの辺が耕作放棄地が非常に広がっております。その中でクラインガルテンをしたらどうかという質問をさせていただいたんですが、今そういうことは考えておらないという答弁でありました。

 市長が提唱する定住人口の促進やら交流人口を5,000人にするとかというようなことの中で、現在、昨年は1,000人ほど人口も減ったというように情報がありますけれども、そういうものにつなげるためには、ぜひそういう施設も必要だというように思いますが、またここで再考というような形で考え直してみることも大事だと思いますが、その辺のご答弁をお願いしたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 横森農林課長。



◎農林課長(横森亨君) 議員質問の耕作放棄地対策につきましては、非常に私どもも頭を悩ませているところは事実でございます。そんな中で、最近、太陽光の問題、そういった耕作放棄地も太陽光に使ったらどうだろうとかいろんな耕作放棄地対策も国のほうで考えているのが実情でございます。そうしたものも含めて今後、国等の動向、また耕作放棄地対策で新しい事業等がまた考えられるときがございましたら、そういったものも含めて今後検討してまいりたいと思います。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 輿石賢一君。



◆8番(輿石賢一君) 多分、観光施設、観光振興にはクラインガルテンも非常にいいんじゃないかと、私は常に推進をすべきだというように考えておるわけですが、近隣ではもう大分前に甲斐市では梅の里というクラインガルテンをつくりました。南アルプスでも最近クラインガルテンをつくったというように聞いておりますが、そういう施設を、現地を見に行ったことありますか。



○副議長(岩下良一君) 横森農林課長。



◎農林課長(横森亨君) 現在のところ研修には行っておりません。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 輿石賢一君。



◆8番(輿石賢一君) ぜひ行ってみて、現地の現実に使っている人の意見を聞いたり、役所へ行って、そして結果がどうなのかと、確かに観光資源にもなっているよとかそういう意見も聞くべきだと思いますので、ぜひそういうことも現地へ行って研修していただいて、そして我が市にも反映できるようにしていただきたいと、そんなふうに考えますので、よろしくお願いをしたいと思います。



○副議長(岩下良一君) 答弁を求めますか。



◆8番(輿石賢一君) 聞いてください。



○副議長(岩下良一君) 横森農林課長。



◎農林課長(横森亨君) 一応参考にしながら今後、韮崎市に適しているどうかも含めて研修の場を設けたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○副議長(岩下良一君) 輿石賢一君。



◆8番(輿石賢一君) その際には、もしお邪魔でなかったら同行をしたいと思いますので、よろしくお願いします。

 以上です。



○副議長(岩下良一君) 関連質問を打ち切ります。

 以上をもって清水正雄君の質問に対する関連質問を終わります。

 これにて本日の一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○副議長(岩下良一君) 次の本会議は、18日午前10時より議会を再開し、一般質問を続行いたします。

 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。

                              (午後3時32分)