議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 大月市

平成21年 11月臨時会(第6回) 11月30日−議案上程・説明・質疑・討論・表決−01号




平成21年 11月臨時会(第6回) − 11月30日−議案上程・説明・質疑・討論・表決−01号







平成21年 11月臨時会(第6回)





1 平成21年11月30日(月曜日) 10時
1 大月市役所議場
1 出席議員 17名
     2番 卯月 政人        3番 山田 善一
     4番 佐久間史郎        5番 小原 丈司
     6番 西室  衛        7番 小泉二三雄
     8番 古見 金弥        9番 後藤 慶家
     10番 杉本 東洋        11番 奥脇 一夫
     12番 井上 正己        13番 相馬 保政
     14番 小俣 昭男        15番 内藤 次郎
     16番 大石 源廣        17番 天野 祐治
     18番 正木 壽郎
1 欠席議員 1名
     1番 中村 英幸
1 出席説明員
  市     長  石井由己雄     教  育  長  小笠原康利
  総 務 部 長  天野 由郎     市 民 部 長  卯月 源治
  福 祉 保健部長  佐藤 勝男     産 業 建設部長  清水 義正
  教 育 次 長  坂本 義文     中央病院事務長  加藤 敏安
  消  防  長  内野  勝     秘 書 広報課長  橋本 藤視
  総 務 管理課長  久保田政巳     企 画 財政課長  後藤 正巳
  税 務 課 長  古屋 元規     市 民 課 長  小林 道子
  生 活 環境課長  井上 雅庸     福 祉 課 長  井上  初
  介 護 課 長  小林富士夫     保 健 課 長  石井  裕
  産 業 観光課長  佐藤 次男     建 設 課 長  伊奈  達
  地 域 整備課長  石井 淑造     会 計 管 理 者  天野 寛司
  学 校 教育課長  山崎 浩司     社 会 教育課長  安藤 好信

  大 月 短期大学  坂本 一男     消 防 署 長  坂本 武彦
  事 務 局 長

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  加藤 光三
  書記(次長)   小林 和人     書記(主任)   石井 純子
1 議事日程(第1号)
 平成21年11月30日(月曜日) 10時開議
 日程第 1 会議録署名議員の指名
 日程第 2 会期の決定
 日程第 3 議案第62号 大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件
 日程第 4 議案第63号 大月市職員給与条例等中改正の件
 日程第 5 議案第64号 大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び教
              育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例中改正の件







△開会10時00分



○議長(小俣昭男君) ただいまから、平成21年第6回大月市議会臨時会を開会いたします。





△市長のあいさつ



○議長(小俣昭男君) 開会に当たり、石井市長から招集のあいさつがあります。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 本日平成21年第6回大月市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとお忙しい中をご参集くださいまして、厚く御礼を申し上げます。

 今臨時会は、地方自治法第101条第1項及び第102条第3項の規定により招集いたすものであります。提出いたします案件は、条例案件が2件であります。後ほどご提案させていただきますので、よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願い申し上げまして、招集のあいさつといたします。





△開議



○議長(小俣昭男君) これより本日の会議を開きます。





△議事日程の報告



○議長(小俣昭男君) お手元に配付されてあります本日の議事日程を職員に朗読いたさせます。

          (議会事務局次長 小林和人君朗読)



○議長(小俣昭男君) それでは、日程に従いまして会議を進行いたします。





△会議録署名議員の指名



○議長(小俣昭男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議会規則第81条の規定により、11番 奥脇一夫君、12番 井上正己君を指名いたします。よろしくお願いいたします。



△会期の決定



○議長(小俣昭男君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 議会運営委員長の発言を求めます。

          (議会運営委員長 内藤次郎君登壇)



◆議会運営委員長(内藤次郎君) 議会運営委員会から報告いたします。

 去る11月26日に委員会を開催し、今臨時会の会期につきましては、本日11月30日の1日限りとすることにいたしましたので、議員各位のご賛同をお願いいたしまして、報告といたします。

 以上です。



○議長(小俣昭男君) お諮りいたします。

 今臨時会の会期は、ただいま議会運営委員長の発言のとおり、本日1日といたすことにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日と決定いたしました。





△議案第62号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(小俣昭男君) 日程第3、議案第62号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」を議題といたします。

 本案は、会議規則第14条第2項の規定による議会運営委員会からの提出であります。

 よって、提出者である議会運営委員長、内藤次郎君から提案理由の説明を求めます。

          (議会運営委員長 内藤次郎君登壇)



◆議会運営委員長(内藤次郎君) 議案第62号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」について、提案理由の説明をいたします。

 現在国内同様に、大月市においても依然として厳しい経済、雇用情勢にあり、また逼迫している市の財政状況にもかんがみ、本市議会議員の期末手当につきましては、12月期は0.1カ月、6月期は0.15カ月の支給月数を引き下げ、手当を減額することが適当であると思慮し、改正案を提出するものであります。

 以上、本案につきましては議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、提案理由といたします。



○議長(小俣昭男君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会への付託を省略いたします。

 引き続いて審議を行います。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可します。

 3番、山田善一君。

          (3番 山田善一君登壇)



◆3番(山田善一君) 議案第62号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」に対し、反対の立場から討論いたします。

 現在大月市議会では、我が会派しんせいより発案いたしました、議員定数削減案を審査するため議員定数調査特別委員会を設置しております。議員の給与を含みながら審議を行っている最中であります。大月市の人口及び財政、また議員改革をかんがみ、他市に先駆けて行っております。

 今期、私が議員に初当選させていただいた選挙において改選が行われ、22名いた議員定数を4名の削減、18名になりました。先輩議員の勇断に敬意を表します。それも、他市に先駆けて行われたものであります。また、政務調査費も他市に先駆け全廃し、今期においてはいち早く費用弁償の撤廃をいたしました。さらに、議会としては議会事務局職員1名削減も受け入れております。私ども市議会は市の財政を考え、いち早く経費削減を今まで行ってまいりました。

 今、さらなる経費削減のための調査特別委員会などで議論の最中であり、他市に合わせるというような安易な考えからではなく、今後の大月市の財政のことを考えるのであれば、一時的な賞与カットではなく、計画的な財政建て直しをもっと議論する中で、給与、賞与のことを考えるべきであると考えております。

 この議論がまだなされていない中での賞与の減額は、会派しんせいの代表として反対いたします。



○議長(小俣昭男君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第62号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(小俣昭男君) 起立多数です。

 よって、本案は原案のとおり賛成多数で可決されました。





△議案第63号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(小俣昭男君) 日程第4、議案第63号「大月市職員給与条例等中改正の件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 平成21年第6回大月市議会臨時会を開催するに当たり提出いたしました案件についてご説明申し上げます。

 議案第63号「大月市職員給与条例等中改正の件」でありますが、これは人事院勧告に伴う給与の改定にかんがみ、職員の給与等を減額するため、若年層及び医師を除く職員の給料月額を平均0.2%引き下げ、期末勤勉手当についても12月期を0.15カ月、6月期を0.2カ月下げて、年間で4.15カ月とすることが主な改正点であります。

 以上でありますが、よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(小俣昭男君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会への付託を省略することに決しました。

 引き続いて審議を行います。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許可します。

 5番、小原丈司君。

          (5番 小原丈司君登壇)



◆5番(小原丈司君) 議案第63号「大月市職員給与条等中改正の件」に対し、反対の立場から討論をいたします。

 人事院勧告に伴う給与の改定にかんがみ、職員の給与等を減額するもので、これは深刻な経済不況を反映し、民間との給与格差を調整するためのものである。現在、国家公務員が約60万人、地方公務員が約290万人おられます。この公務員の収入減による地域経済への影響は大きなものになると懸念しておりますし、なお一層地域経済を冷え込ませるものであり、政府が進めている景気対策の考え方と矛盾していると思います。市職員、その家族が消費する額が減少し、少なからず地域経済に反映し、経済対策に水を差すことになりかねないと思います。ただ単に市民感情にとらわれることや、財政削減ではなく、消費策を講じていただきたいと思います。

 過日20日に、政府は日本経済がデフレ状況にあると宣言しました。また、現在需要不足で事態は深刻であります。脱却のかぎは、消費が適正価格で拡大することで企業収益がふえ、雇用、所得環境は好転し、好環境、好循環が生まれる。現在は、急激な円高、株安、商品市況の低下、なお一層のデフレ圧力が強まり、日本経済は一段と深刻な景気悪化になると予想されます。それに対し政府は、マクロ経済政策を何ら行わず、日銀は金融政策を講じない、景気刺激策の適切な介助を行わなければ、必ずや景気二番底が訪れます。

 その回避策の一つとして、比較的所得が安定した公務員やサラリーマンが消費してもらうべきであり、給与の削減ではなく、消費幅に、削減幅に応じた購買策を考えなければならない。そのためにも私は、現在は大月市職員の給与等は減額すべきではないと反対いたします。

 以上であります。



○議長(小俣昭男君) 佐久間史郎君。

          (4番 佐久間史郎君登壇)



◆4番(佐久間史郎君) 議案第63号「大月市職員給与条例等中改正の件」の反対討論を行います。

 ご承知のように、国家公務員の給与を引き下げる国家公務員一般職給与法改定案が11月26日の衆議院本会議で採決され、日本共産党以外の賛成多数で可決しました。この改定案は、自公政権の総人件費抑制政策のもと、政治的圧力がかけられた中で出された人事院勧告をまともな検証もせずに、そのまま実施するものです。内需拡大による景気回復に逆行し、公務員の労働基本権剥脱の代償機関としての人事院の役割を投げ捨てるものです。

 国家公務員、地方公務員の給与引き下げは、何百万人の労働者にも大きな影響を与えかねず、景気の悪化、賃下げの悪循環を招くだけではないでしょうか。費用対効果、経費削減、住民サービスの向上を初めとして、日常の自治事務を遂行されている市職員にとっては、夏のボーナスカットに続く苦渋の選択ではなかったのではないでしょうか。市職員の給与、期末勤勉手当の引き下げは、地域経済、市民の購買力にマイナスの影響を及ぼすものです。

 以上の理由で、議案第63号「大月市職員給与条例等中改正の件」に反対し、討論を終わります。



○議長(小俣昭男君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより、議案第63号「大月市職員給与条例等中改正の件」を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

           (賛成者起立)

 ○議長(小俣昭男 君) 起立多数です。

 よって、本案は原案のとおり賛成多数で可決されました。





△議案第64号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(小俣昭男君) 日程第5、議案第64号「大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例中改正の件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 議案第64号「大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例中改正の件」の提案理由についてご説明を申し上げます。

 これは、人事院勧告に伴う一般職員の給与の改定にかんがみ、市長及び教育長の期末手当について12月期を0.15カ月、6月期を0.2カ月下げて、年間で4.05カ月とするものであります。

 以上でありますが、よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(小俣昭男君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会への付託を省略することに決しました。

 引き続いて審議を行います。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第64号「大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例中改正の件」を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣昭男君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△閉会10時24分



○議長(小俣昭男君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 これにて平成21年第6回大月市議会臨時会を閉会いたします。







 〇本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 議案第62号

1 議案第63号

1 議案第64号