議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 大月市

平成21年  5月臨時会(第2回) 05月28日−議案上程・説明・質疑・討論・表決−01号




平成21年  5月臨時会(第2回) − 05月28日−議案上程・説明・質疑・討論・表決−01号







平成21年  5月臨時会(第2回)





1 平成21年5月28日(木曜日) 14時
1 大月市役所議場
1 出席議員 18名
     1番 中村 英幸        2番 卯月 政人
     3番 山田 善一        4番 佐久間史郎
     5番 小原 丈司        6番 西室  衛
     7番 小泉二三雄        8番 古見 金弥
     9番 後藤 慶家        10番 杉本 東洋
     11番 奥脇 一夫        12番 井上 正己
     13番 相馬 保政        14番 小俣 昭男
     15番 内藤 次郎        16番 大石 源廣
     17番 天野 祐治        18番 正木 壽郎
1 欠席議員 なし
1 出席説明員
  市     長  石井由己雄     教  育  長  小笠原康利
  総 務 部 長  天野 由郎     市 民 部 長  卯月 源治
  福 祉 保健部長  佐藤 勝男     産 業 建設部長  清水 義正
  教 育 次 長  坂本 義文     中央病院事務長  加藤 敏安
  消  防  長  内野  勝     秘 書 広報課長  橋本 藤視
  総 務 管理課長  久保田政巳     企 画 財政課長  後藤 正巳
  税 務 課 長  古屋 元規     市 民 課 長  小林 道子
  生 活 環境課長  井上 雅庸     福 祉 課 長  井上  初
  介 護 課 長  小林富士夫     保 健 課 長  石井  裕
  産 業 観光課長  佐藤 次男     建 設 課 長  伊奈  達
  地 域 整備課長  石井 淑造     会 計 管 理 者  天野 寛司
  学 校 教育課長  山崎 浩司     社 会 教育課長  安藤 好信

  大 月 短期大学  坂本 一男     消 防 署 長  坂本 武彦
  事 務 局 長

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  加藤 光三
  書記(次長)   小林 和人     書記(主任)   石井 純子

1 議事日程(第1号)
 平成21年5月28日(木曜日) 14時開議
 日程第 1 会議録署名議員の指名
 日程第 2 会期の決定
 日程第 3 報告第 2号 専決処分事項について承認を求める件
 日程第 4 議案第41号 大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件
 日程第 5 議案第42号 大月市職員給与条例等中改正の件







△開会14時00分



○議長(杉本東洋君) ただいまから、平成21年第2回大月市議会臨時会を開会をいたします。





△市長のあいさつ



○議長(杉本東洋君) 開会に当たり、石井市長から招集のあいさつがあります。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 本日平成21年第2回大月市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとお忙しい中をご参集くださいまして、厚く御礼を申し上げます。

 今臨時会は、地方自治法第101条第1項及び102条第3項の規定により招集いたしたものであります。提出いたします案件は、報告が1件、条例案件が1件の計2件であります。後ほどご提案させていただきますので、よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願い申し上げ、招集のあいさつといたします。





△開議



○議長(杉本東洋君) これより本日の会議を開きます。





△議事日程の報告



○議長(杉本東洋君) お手元に配付されてあります本日の議事日程を職員に朗読をいたさせます。

          (職員朗読)



○議長(杉本東洋君) それでは、日程に従いまして会議を進行いたします。





△会議録署名議員の指名



○議長(杉本東洋君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、3番 山田善一君、4番 佐久間史郎君を指名をいたします。よろしくお願いをいたします。



△会期の決定



○議長(杉本東洋君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 議会運営委員長の発言を求めます。

          (議会運営委員長 井上正己君登壇)



◆議会運営委員長(井上正己君) 議会運営委員会から報告をいたします。

 去る5月21日に委員会を開催をし、今臨時会の会期につきましては、本日5月28日の1日限りとすることにいたしましたので、議員各位のご賛同をお願い申し上げまして、報告とさせていただきます。

 以上です。



○議長(杉本東洋君) お諮りをいたします。

 今臨時会の会期は、ただいま議会運営委員長の発言のとおり、本日1日といたすことにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日と決定をいたしました。





△報告第2号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第3、報告第2号「専決処分事項について承認を求める件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 平成21年の第2回大月市議会臨時会が開催されるに当たり、提出しました案件についてご説明を申し上げます。議員各位並びに市民の皆様方のご理解とご協力をお願いする次第であります。

 初めに、報告第2号の「専決処分事項について承認を求める件」についてご説明を申し上げます。これは、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、専決処分いたしました条例の一部改正及び補正予算、合わせて7件につきまして、同条第3項の規定により、議会に報告し、承認を求めるものであります。

 まず、条例の専決のうち専決第2号の「大月市税条例等の一部改正」についてであります。これは、「地方税法」の一部が改正されたことに伴い、市民税においては個人住民税における住宅ローン特別税額控除の創設により、平成21年分以後の所得税について、住宅ローン特別税額控除の適用があるもののうち所得税額を控除した残額があるものについては、翌年度分の個人住民税において控除するものであります。

 また、土地に係る固定資産税の軽減措置を引き続き延長し、平成21年度から平成23年度までの負担水準が一定割合以上の土地については、前年度課税標準額を引き下げまたは据え置きとし、負担水準が一定割合未満の土地については、前年度課税標準額に評価額の5%を加算する改正を行ったものであり、3月31日付にて専決処分したところであります。

 次に、専決第3号の「大月市国民健康保険税条例の一部改正」であります。これは、「地方税法」の一部が改正されたことに伴い、国民健康保険税においては介護納付金に係る課税限度額9万円を10万円に改正いたし、3月31日付にて専決処分したものであります。

 次に、補正予算の専決についてご説明申し上げます。まず、専決第4号の「平成20年度大月市一般会計補正予算(第7号)」であります。これは、歳出の確定に伴う国県支出金や市債の減額、また各種交付金等の歳入確定による調整と財源更正などを行ったものであります。

 次に、専決第5号の「平成20年度大月市簡易水道特別会計補正予算(第3号)」であります。これは、歳出の確定に伴いまして繰越明許費の補正を行ったものであります。

 次に、専決第6号の「平成20年度大月市老人保健特別会計補正予算(第3号)」であります。これは、支払基金交付金、国庫支出金等の歳入の確定及び歳出の確定による補正を行ったものであります。

 次に、専決第7号の「平成20年度大月市下水道特別会計補正予算(第4号)」であります。これは、歳出の確定に伴い、一般会計繰入金や市債の減額補正を行ったものであります。

 以上が平成20年度の補正予算に係る専決処分でありますが、いずれも3月31日付で専決処分としたところであります。

 次に、専決第8号の「平成21年度大月市一般会計補正予算(第1号)」であります。これは、奈良子財産区議会議員に2名の欠員が生じたことにより、補欠選挙を執行することになりましたので、これに係る予算について補正を行い、5月14日付で専決処分としたところであります。

 報告第2号の専決処分につきましては以上でありますが、よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結をいたします。

 お諮りをいたします。ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 引き続いて審議を行います。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結をいたします。

 これより報告第2号「専決処分事項について承認を求める件」を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△議案第41号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第4、議案第41号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」を議題といたします。

 本案は、会議規則第14条第2項の規定による議会運営委員会からの提出であります。

 よって、提出者であります議会運営委員長、井上正己君から提案理由の説明を求めます。

          (議会運営委員長 井上正己君登壇)



◆議会運営委員長(井上正己君) 議案第41号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」につきまして、提案理由の説明をいたします。

 現在、国内同様に大月市においても厳しい経済・雇用情勢にあり、また人事院の勧告に基づく市職員等の夏季一時金の支給状況にかんがみ、本市議会議員の平成21年6月期期末手当について、支給月数の一部を凍結し、手当を減額することが適当であると思慮し、改正案を提出するものであります。

 なお、執行部においては、既に4月から実施されておる職員等の給与の減額及び今期末手当の減額により生じる財源について、市民のため、真に実効性のある有効活用を念頭に、使途目的を明確に示し、事業の実施を図るよう申し添えるものであります。

 以上、本案件につきましては、議員各位のご賛同をよろしくお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 以上でございます。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結をいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会への付託を省略をいたします。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結をいたします。

 これより議案第41号「大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件」を採決をいたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△議案第42号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第5、議案第42号「大月市職員給与条例等中改正の件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 議案第42号「大月市職員給与条例等中改正の件」の提案理由についてご説明を申し上げます。

 これは、人事院における国家公務員の夏季一時金としての期末・勤勉手当を減額する臨時勧告にかんがみ、平成21年6月に支給する一般職員等の期末・勤勉手当0.2カ月分、再任用職員の期末・勤勉手当0.1カ月分、特別職職員及び教育長の期末手当0.2カ月分をそれぞれ減額するため、「大月市職員給与条例」、「大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例」及び「教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例」の一部を改正するものであります。

 以上でありますが、よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結をいたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 引き続いて審議を行います。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可します。

 4番、佐久間史郎君。

          (4番 佐久間史郎君登壇)



◆4番(佐久間史郎君) 日本共産党を代表いたしまして、議案第42号「大月市職員給与条例等中改正の件」の反対討論を行います。

 人事院は、去る5月1日、民間で夏季一時金の大幅削減が見られるとして、既に決まっているこの夏の特別給、ボーナスを給与の0.2カ月分削減する臨時勧告を出しました。既に決まっている一時金をカットする勧告案を人事院が出したことは、内需拡大による景気回復に逆行し、公務員の労働基本権剥奪の代償機関としての役割を投げ捨て、政府与党の政治的動きに追随するものです。

 公務員の夏のボーナスは、その年の7月までの1年間の民間給与実態調査に基づく人事院勧告で決められています。それなのに人事院は、このルールを破り4月の臨時調査を実施した。しかも、通常では1万1,000企業を対面調査するのに、今回は2,700社を対象に調査しただけで、人事院の総裁も「全体を反映したかといえば、そうでない」と認めていますように、総務委員会の審議で明らかになっています。こうしたずさんな調査による勧告の影響を受ける労働者が何百万人に上ります。

 費用対効果、経費削減、住民サービスの向上を初めとして、日常の自治事務を遂行されている市職員にとっては、この臨時勧告に基づく夏のボーナスカットは苦渋の選択ではなかったのではないでしょうか。

 特別給削減は、市内で最も大きい事業所である市役所の職員の購買意欲の低下を来し、ひいては地域経済にマイナスの影響を少なからず及ぼすものと思います。

 以上の理由で議案第42号「大月市職員給与条例等中改正の件」に反対し、討論を終わります。



○議長(杉本東洋君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結をいたします。

 これより議案第42号「大月市職員給与条例等中改正の件」を採決をいたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(杉本東洋君) 起立多数です。

 よって、本案は原案のとおり、賛成多数で可決をされました。





△動議の提出

          (「議長、動議」「賛成」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ただいま小原丈司君から動議が提出されました。

 この動議には所定の賛成者がありますので、動議は成立をいたしました。





△日程の追加



○議長(杉本東洋君) 5番、小原丈司君の発言を許可します。

          (5番 小原丈司君登壇)



◆5番(小原丈司君) 議長には発言の許可をいただき、まことにありがとうございます。

 「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」について、これを急施事件と認め、日程に追加して審議することの動議を提出いたします。



○議長(杉本東洋君) ただいま小原丈司君から「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」を急施事件と認め、日程に追加して審議することの動議が提出されました。

 この動議を議題として採決をいたします。

 この採決は起立採決によって行います。

 お諮りをいたします。この動議のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(杉本東洋君) 起立多数です。

 よって、「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」を急施事件と認め、日程に追加し、審議することの動議は可決されました。





△決議案第1号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 追加日程第1、「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」を議題といたします。

 ここで暫時休憩をいたします。

   休憩  14時24分



   再開  14時50分



○議長(杉本東洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま議題となっております「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」につきましては、お手元に配付いたしましたとおり、提出者であります小原丈司君から決議案が提出されております。

 本決議案を職員に朗読をいたさせます。

          (議会事務局次長 小林和人君登壇)



◎議会事務局次長(小林和人君) 朗読いたします。

 大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議

 昨年秋、米国発の金融危機が我国の経済を直撃し、その影響により実体経済を低迷させ、さらに地方の経済や地方自治体まで疲弊させた。

 本日、議決した大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正につきましては、本来であるならば、景気浮揚策に逆行いたしておりますが、多くの現役世代の所得減少、市民感情を熟慮いたしますと、やむを得ない判断であったと思います。

 つきましては、今まで述べましたことを斟酌願いまして、議決の結果により捻出される財源の使用目的を明確にすることを強く要望する。

平成21年5月28日

 大月市議会

 以上です。



○議長(杉本東洋君) 提出者であります小原丈司君より提案理由の説明を求めます。

          (5番 小原丈司君登壇)



◆5番(小原丈司君) 提案理由の説明をさせていただきます。

 「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」について、その提案理由の説明をいたします。

 先ほど大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての提案理由の中で、井上議会運営委員長も触れられておりましたが、職員、特別職、市議会議員の期末手当等の減額により捻出される財源については、市民にとって即効性、実効性のある事業に有効的に投資することが肝要であります。執行部においては、それなりに今年度中の活用が検討されていると思いますが、これら財源の使用目的については、その性質上、ぜひとも明確に示していただきたいと思うところであり、このことについて決議により強く要望しようとするものであります。

 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結をいたします。

 お諮りをいたします。ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 引き続いて審議を行います。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結をいたします。

 これより「大月市職員給与条例等の一部改正並びに大月市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正により捻出される財源の使用目的を明確にする決議」の件を採決をいたします。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 執行部におかれましては、この決議を重く受けとめるようお願いをいたします。





△閉会14時55分



○議長(杉本東洋君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 これにて平成21年第2回大月市議会臨時会を閉会をいたします。



 〇本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 報告第2号

1 議案第41号

1 議案第42号

1 決議案第1号