議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 大月市

平成20年 12月定例会(第6回) 12月19日−委員長報告・質疑・討論・表決−03号




平成20年 12月定例会(第6回) − 12月19日−委員長報告・質疑・討論・表決−03号







平成20年 12月定例会(第6回)





1 平成20年12月19日(金曜日) 15時
1 大月市役所議場
1 出席議員 17名
     1番 中村 英幸        2番 卯月 政人
     3番 山田 善一        4番 佐久間史郎
     5番 小原 丈司        6番 西室  衛
     7番 小泉二三雄        8番 古見 金弥
     9番 後藤 慶家        10番 杉本 東洋
     11番 奥脇 一夫        12番 井上 正己
     13番 相馬 保政        14番 小俣 昭男
     16番 大石 源廣        17番 天野 祐治
     18番 正木 壽郎
1 欠席議員 1名
     15番 内藤 次郎
1 出席説明員
  市     長  石井由己雄     副  市  長  富田 重利
  教  育  長  小笠原康利     消  防  長  遠山 利徳
  行 政 経営課長  佐藤 佳伸     財 務 管理課長  清水 義正
  地 域 整備課長  天野 由郎     福 祉 保健課長  佐藤 勝男
  教 育 学習課長  坂本 義文     中央病院事務長  加藤 敏安
  会 計 管 理 者  天野 寛司     税 務 課 長  卯月 源治

  市 民 生活課長  古屋 元規     ま ち づ く り  石井 淑造
                     推 進 課 長

  産 業 観光課長  上野 正文     大 月 短期大学  坂本 一男
                     事 務 局 長

  消 防 署 長  内野  勝

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  加藤 光三

  書     記  野澤 美道     書     記  久保田政巳
 (グループマネージャー)       (グループマネージャー)

1 議事日程(第3号)
 平成20年12月19日(金曜日) 15時開議
 日程第 1 議案第67号「大月市部設置条例制定の件」から議案第86号「市道の路線認定の件」ま
       で並びに請願第7号「市道編入並びに改良工事について」から請願第10号「『食の安全
       確保』への取り組み強化を求める意見書の提出を求める請願書」まで、委員長報告、
       質疑、討論、表決
 日程第 2 議案第87号 大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件
 日程第 3 議案第88号 大月市恩賜県有財産保護財産区管理会委員の選任について同意を求
             める件
 日程第 4 議案第89号 人権擁護委員の推薦について意見を求める件
 日程第 5 議員の派遣
 日程第 6 選挙第4号 大月市選挙管理委員会委員の選挙
 日程第 7 意見書案第5号 「食の安全確保」への取り組み強化を求める意見書について
 日程第 8 市立中央病院経営健全化対策調査特別委員会における調査報告書案について
 日程第 9 教育厚生常任委員会の閉会中の継続審査について









△開議15時15分



○議長(杉本東洋君) これより本日の会議を開きます。





△議事日程の報告



○議長(杉本東洋君) お手元に配付いたしてあります本日の議事日程を職員に朗読いたさせます。

          (職員朗読)



○議長(杉本東洋君) それでは、日程に従いまして会議を進行いたします。





△議案第67号から議案第86号まで並びに請願第7号から請願第10号まで委員長報告、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第1、議案第67号「大月市部設置条例制定の件」から議案第86号「市道の路線認定の件」まで並びに請願第7号「市道編入並びに改良工事について」から請願第10号「『食の安全確保』への取り組み強化を求める意見書の提出を求める請願書」までを一括議題といたします。

 本件に関しましては、既に各常任委員会において審査を終了しておりますので、ただいまから委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長、西室衛君。

          (総務常任委員長 西室 衛君登壇)



◆総務常任委員長(西室衛君) 総務常任委員会からご報告いたします。

 平成20年第6回市議会定例会において本委員会に付託されました案件について審査するため、12月17日に委員会を開催いたしました。

 付託案件について担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、議案第67号「大月市部設置条例制定の件」、議案第68号「公益法人等への大月市職員の派遣等に関する条例中改正の件」、議案第69号「大月市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び大月市消防団員等公務災害補償条例中改正の件」、議案第70号「大月市税条例中改正の件」及び議案第78号「平成20年度大月市一般会計補正予算(第3号)」中、総務常任委員会所管については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、請願第10号「『食の安全確保』への取り組み強化を求める意見書の提出を求める請願書」につきましては、その必要性を認め、全会一致で採択することに決しました。

 以上、まことに簡単ではありますが、総務常任委員会の報告とさせていただきます。



○議長(杉本東洋君) 教育厚生常任委員長、小原丈司君。

          (教育厚生常任委員長 小原丈司君登壇)



◆教育厚生常任委員長(小原丈司君) 教育厚生常任委員会からご報告をさせていただきます。

 平成20年第6回市議会定例会において本委員会に付託されました案件を審査するため、12月17日に委員会を開催いたしました。

 審査状況につきましては、担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、議案第71号「大月市手数料条例中改正の件」、議案第72号「大月市火葬場条例中改正の件」、議案第73号「大月市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例中改正の件」、議案第74号「大月市国民健康保険条例中改正の件」、議案第75号「大月市総合福祉センター条例中改正の件」、議案第76号「大月市敬老祝金支給条例中改正の件」、議案第77号「大月市立大月短期大学附属高等学校授業料等徴収条例中改正の件」、議案第78号「平成20年度大月市一般会計補正予算(第3号)」中、教育厚生常任委員会所管について、議案第79号「平成20年度大月市大月短期大学特別会計補正予算(第1号)」、議案第80号「平成20年度大月市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)」、議案第82号「平成20年度大月市老人保健特別会計補正予算(第1号)」、議案第84号「平成20年度大月市介護保険特別会計補正予算(第2号)」、議案第85号「平成20年度大月市介護サービス特別会計補正予算(第1号)」については、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、請願第8号「父子家庭や母子家庭を『ひとり親家庭』として平等な取り扱いとする請願書」につきましては、その必要性を認め、全会一致で採択されました。

 請願第9号「『福祉灯油』の実現を求める請願」については、原油価格が以前と比べ大分下がってきており、比較的安定した状況となっております。今後は原油価格の推移を見据えながら検討するものとし、継続審査することに決しました。

 以上、まことに簡単ではありますが、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、教育厚生常任委員会の報告とさせていただきます。



○議長(杉本東洋君) 建設経済常任委員長、小泉二三雄君。

          (建設経済常任委員長 小泉二三雄君登壇)



◆建設経済常任委員長(小泉二三雄君) 建設経済常任委員会からご報告をいたします。

 平成20年第6回大月市議会定例会において本委員会に付託されました案件について審査するため、12月17日委員会を開催いたしました。なお、市道路線認定につきましては、審査の参考とするため、当日、現地視察もあわせて実施をいたしました。

 審査状況等につきましては、担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、議案第78号「平成20年度大月市一般会計補正予算(第3号)」中、建設経済常任委員会所管について、議案第81号「平成20年度大月市簡易水道特別会計補正予算(第1号)」、議案第83号「平成20年度大月市下水道特別会計補正予算(第2号)」及び議案第86号「市道の路線認定の件」については、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、請願第7号「市道編入並びに改良工事について」につきましては、その必要性を認め、全会一致で採択されました。

 以上、まことに簡単ではありますが、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、建設経済常任委員会から報告とさせていただきます。



○議長(杉本東洋君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ、通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可します。

 4番、佐久間史郎君。

          (4番 佐久間史郎君登壇)



◆4番(佐久間史郎君) 議案第75号「大月市総合福祉センター条例中改正の件」及び議案第76号「大月市敬老祝金支給条例中改正の件」について、反対討論を行います。

 年の瀬を迎え、お年寄りから、毎日の暮らしが苦しいので、老人をこれ以上いじめないでくださいという悲痛な声が聞かれます。この間、自公政権のもとで高齢者世帯に住民税、所得税の大増税が押しつけられ、連動して国保税、介護保険料も大幅に値上げされ、過酷な負担増が押しつけられています。さらに、後期高齢者の診療報酬をそれ以下の世代と別建てにし、差別医療を押しつけ、無慈悲な保険料を取り立てる後期高齢者医療制度に対して、高齢者から、お年寄りは早く死ねということかの怒りの声が聞かれます。

 6月議会で市長は、後期高齢者医療制度における年金からの特別徴収については、長年ご苦労していただき、国を支えてこられた高齢者の皆さんの心情を察しますと、心が痛む思いでもありますとおっしゃっています。日本の65歳以上の高齢者は、今2,500万人を超え、人口の2割を占めます。戦前、戦中、戦後の苦難の時代を身を粉にして働き続け、家族と社会のために尽くしてきた人たちです。今回の2つの改定は、老人福祉センターの65歳以上のお年寄りの浴室利用無料を利用料250円に、77歳のお年寄りに支給する敬老祝金3,000円をなくすということですが、お年寄りのささやかな楽しみを無慈悲に奪ってしまうのではありませんか。

 以上の理由から2つの条例案に反対し、討論を終わります。



○議長(杉本東洋君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これにて討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 まず、議案第67号「大月市部設置条例制定の件」から議案第74号「大月市国民健康保険条例中改正の件」まで、及び議案第77号「大月市立大月短期大学附属高等学校授業料等徴収条例中改正の件」から議案第86号「市道の路線認定の件」まで、並びに請願第7号「市道編入並びに改良工事について」から請願第10号「『食の安全確保』への取り組み強化を求める意見書の提出を求める請願書」までを一括採決いたします。

 本案は、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、議案第75号「大月市総合福祉センター条例中改正の件」並びに議案第76号「大月市敬老祝金支給条例中改正の件」を一括採決いたします。

 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(杉本東洋君) 起立多数です。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。





△議案第87号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第2、議案第87号「大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 議案第87号「大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件」の提案理由についてご説明を申し上げます。

 これは、固定資産評価審査委員会委員の和田哲雄氏、山口聰氏の任期が平成21年1月25日に満了となるので、新たに賑岡町の渡邊義寛氏、初狩町の小林紀道氏を選任したく、議会の同意を求めるものであります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。

 以上であります。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第第87号「大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件」につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案につきましては委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第第87号「大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件」を採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することが可決されました。



△議案第88号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第3、議案第88号「大月市恩賜県有財産保護財産区管理会委員の選任について同意を求める件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 議案第88号「大月市恩賜県有財産保護財産区管理会委員の選任について同意を求める件」の提案理由についてご説明を申し上げます。

 これは、おくさん三正沢外5恩賜県有財産保護財産区管理会委員の任期が、平成20年12月24日に満了となるので、引き続き佐藤長平氏、宝方仁志雄氏、白鳥光義氏、奈良正一氏、小?又男氏、矢竹眞二氏及び小?永久氏の7人を選任したく、議会の同意を求めるものであります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第88号「大月市恩賜県有財産保護財産区管理会委員の選任について同意を求める件」につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案につきましては委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第88号「大月市恩賜県有財産保護財産区管理会委員の選任について同意を求める件」を採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することが可決されました。





△議案第89号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第4、議案第89号「人権擁護委員の推薦について意見を求める件」を議題といたします。

 石井市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 石井由己雄君登壇)



◎市長(石井由己雄君) 議案第89号「人権擁護委員の推薦について意見を求める件」の提案理由についてご説明を申し上げます。

 これは、人権擁護委員の鈴木満喜惠氏、金井修氏の任期が平成21年3月31日に満了となるので、引き続き鈴木満喜惠氏、金井修氏を法務大臣へ推薦したく、議会の意見を求めるものであります。よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(杉本東洋君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第89号「人権擁護委員の推薦について意見を求める件」につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案につきましては委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第89号「人権擁護委員の推薦について意見を求める件」を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△議員の派遣



○議長(杉本東洋君) 日程第5、議員の派遣を議題といたします。

 議員の派遣につきましては、地方自治法第100条第13項及び会議規則第163条の規定により、お手元に配付してあります「議員の派遣」のとおり、平成21年2月13日にアピオ都留にて開催されます山梨県市議会議長会議員合同研修会へ議員全員を派遣いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、議員全員を派遣することに決しました。





△大月市選挙管理委員会委員の選挙



○議長(杉本東洋君) 日程第6、選挙第4号「大月市選挙管理委員会委員の選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 重ねてお諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 選挙管理委員会委員には、笹子町黒野田1749番地、平井日出男君、七保町葛野2059番地、鈴木紀男君、梁川町綱の上1395番地、杉本幸夫君、賑岡町奥山1112番地、山口欽也君、以上の方を指名いたします。

 次に、大月市選挙管理委員会委員補充員には、第1順位に、大月町真木3889番地、細井明保君、第2順位に、富浜町鳥沢119番地、奈良俊一君、第3順位に、猿橋町藤崎962番地、藤本司君、第4順位に、初狩町下初狩2031番地、小林泰君、以上の方を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました諸君を大月市選挙管理委員会委員並びに委員補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が大月市選挙管理委員会委員並びに委員補充員に当選されました。

 ただいま当選されました諸君に、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知を行い、承諾を得るため、暫時休憩いたします。なお、会議は3時50分から再開いたします。

   休憩  15時44分



   再開  15時50分



○議長(杉本東洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど大月市選挙管理委員会委員並びに委員補充員に当選されました諸君全員に当選の告知をいたし、承諾を得ましたので、ご報告いたします。





△意見書案第5号の上程、説明、質疑、討論、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第7、意見書案第5号「『食の安全確保』への取り組み強化を求める意見書について」を議題といたします。

 ただいま議題となっております意見書案第5号を、職員をして朗読いたさせます。

          (議会事務局グループマネージャー 野澤美道君登壇)



◎議会事務局グループマネージャー(野澤美道君) 朗読いたします。

 「食の安全確保」への取り組み強化を求める意見書

 近年、食品の安全・表示に関する悪質な偽装や、有害物質の混入、事故米問題など「食の安全」を根底からゆるがす事件や事故が多発しています。

 特に事故米問題では、農林水産大臣と同事務次官が辞任する極めて異例の事態に発展しました。

 業者の生命軽視の行為は厳しく処罰されるべきですが、それ以上に、国民と生命と生活を預かるはずの農林水産省が、その責任を果たさなかっただけでなく被害を拡大させた責任は重大です。国民の不信、怒りは極めて大きい。

 現在、農水省では「農林水産省改革チーム」を設置し、業務、組織の見直しを行うための取り組みを進めているところであるが、今後、同様の事態を二度と起こさないためにも、猛省と改革を強く促したい。

 また、食の安全に関する問題だけでなく、近年相次いでいる消費者問題は、どれも深刻や様相を呈しています。政府の消費者行政推進会議の報告書(6月13日)によれば、これまでの消費者事件を検証した結果、やはり縦割り行政の欠陥が大きな要因として明らかになっています。

 こうした縦割り行政の弊害を消費者中心に改革するため、内閣府の下に消費者庁を早期創設し、ここを起点に省庁横断的な消費者行政を推進するべきである。

 ついては、政府において、以下の対策を講じられるよう強く要望するものである。

                      記

 1.偽装表示を一掃するため、JAS法を改正し、直罰規程を設けるなど罰則を強化する規定を設

  けること。

 1.農作業の工程管理や農場から食卓に至る衛生管理の普及・促進で食品の安全を高めるとともに、

  トレーサビリティーシステムの確立で食品の流通を一層明確にすること。

 1.輸入食品の安全に関する情報提供を迅速かつ適切に行うとともに、監視、検査体制の強化・拡

  充を図ること。

 1.政策全般にわたり消費者の観点から監視し、強力な権限を有する消費者庁を設置するための関

  連諸法を制定すること。

 1.不正な取引を行う業者に対し、迅速な立ち入り調査に基づく販売禁止や、製品の回収命令、罰

  則強化などを図るため、消費者安全法を制定すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成20年12月19日

 大月市議会

 内閣総理大臣 麻生太郎殿 農林水産大臣 石破 茂殿

 以上です。



○議長(杉本東洋君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第5号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、提出者の説明を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は提出者の説明を省略いたします。

 これより質疑に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております意見書案第5号につきましては、会議規則第14条第2項の規定による委員会提出議案であることから、会議規則第37条第2項の規定のとおり委員会に付託いたしません。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより意見書案第5号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△市立中央病院経営健全化対策調査特別委員会における調査報告書案委員長報告、表決



○議長(杉本東洋君) 日程第8、市立中央病院経営健全化対策調査特別委員会における調査報告書案についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本調査報告書案につきましては、朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本調査報告書案については、朗読を省略することに決しました。

 ただいまから委員長の報告を求めます。

 市立中央病院経営健全化対策調査特別委員長、相馬保政君。

          (市立中央病院経営健全化対策調査特別委員長 相馬保政君登壇)



◆市立中央病院経営健全化対策調査特別委員長(相馬保政君) 市立中央病院経営健全化対策調査特別委員会から報告をいたします。

 本委員会は、本年3月市議会定例会において設置されました。その後、10回にわたり委員会を開催し、議論を重ね、このたび調査研究が終了いたしました。

 その詳細については、お手元に配付してあります報告書に記載のとおりでございますが、市立中央病院は、昭和37年に開設されて以来、大月市のみならず山梨県東部地域の中核病院として地域医療の責務を担い、住民の安全と安心を支援してきたことは周知のところでございます。しかしながら、ここ数年、目まぐるしく変化する医療環境の中にあって、その経営状況は一般会計からの多額の繰り出しに依存しなくてはならず、市の財政を圧迫する非常に厳しい状況に陥っております。

 一方、市民の皆様の医療に対する要望はますます多様化し、高度化してきており、市立中央病院の運営あるいは市の財政状況に少なからず危機感を感じながらも、その充実と存続を期待する市民の声は大きいものがあります。

 このような状況の中で、当委員会では、市立中央病院の経営健全化を図るとともに、市民のニーズにこたえられる病院を模索するため、さまざまな角度から実情を調査研究し、また市民アンケートを実施するなど、市民の皆様のご意見も十分に参考にいたしまして、市立中央病院の役割と機能、そして市の財政に及ぼす影響について議論を重ね、今後のあり方を探ってまいりました。

 その結果、役割と機能としては、市民の安全、安心の確保の観点から、不採算医療等民間では対応がとりにくい、いざとなれば切り捨てられる可能性のある医療に公的な役割を果たすことの必要性があることから、公設公営として存続する意義は十分にあるとする意見が大勢でありました。しかしながら、厳しい財政状況下における市立中央病院の存続は、将来にわたり市の財政に重い負担を強いることになりかねないことから、高負担が伴うならば存続は不可能ではといった厳しい意見も少なからずあったことも事実であります。存続に当たっては、公的な役割を果たし、市民のために必要とされる医療を提供し、同時に将来的に市の財政負担を抑制するという2つの条件を解決できる経営方法を構築していかなくてはならないという意見に集約されたところであります。

 病院経営は、基本的に独立採算、自己責任の原理で行われるべきものであることから、利用率の低い病床や採算性の低い診療科などを総点検し、病床数の再編、人件費比率の改善など、収支均衡に向けた抜本的な見直しを行うとの意見が大勢を占めました。

 この観点から、当委員会としても、収支の均衡を保つために適正と思われる経営規模として、一般病床を100床にダウンサイジングし、休止中の療養病床40床の復活、また適正な診療及び職員体制などを盛り込んだ経営規模をシミュレーションし、具体的方策として報告書に提案したところでございます。

 いずれにいたしましても、少子高齢化が進行する本市において市立中央病院が市の活性化に果たす役割は大変大きなものがあり、このことは市民の大なる願いでもあります。市民から納得が得られる負担のもとに市立中央病院が信頼される病院として公的な役割を果たし、安全で安心して暮らせるまちづくりに寄与していくことを切に望むものであります。

 この調査研究の結果は提言書にまとめ、市長並びに院長に提出したいと思います。

 終わりに、当委員会では調査研究の段階で市民の皆様に病院経営に関するアンケートをお願いいたしました。結果は48.5%という回答率でありまして、市民の皆さんの関心度の高さを改めて知ることができました。また、大変貴重なご意見をいただき、ご協力をいただきました皆さん方に対して、この場をおかりし心から御礼を申し上げます。

 まことに簡単でありますが、市立中央病院経営健全化対策調査特別委員会の報告とさせていただきます。議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(杉本東洋君) お諮りいたします。

 この際、質疑、討論を省略して、直ちに採決をいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本調査報告書案は、質疑、討論を省略することに決しました。

 お諮りいたします。本調査報告書案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、本調査報告書案は原案のとおり可決されました。





△教育厚生常任委員会の閉会中の継続審査について



○議長(杉本東洋君) 日程第9、教育厚生常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 教育厚生常任委員長から、目下委員会において審査中の事件につき、お手元に配付してあります申出書のとおり、会議規則第104条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査と付することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本東洋君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。





△閉会16時06分



○議長(杉本東洋君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 これにて平成20年第6回大月市議会定例会を閉会いたします。



 〇本日の会議に付した事件

1 議案第67号から議案第86号並びに請願第7号から請願第10号まで

1 議案第87号から議案第89号まで

1 議員の派遣

1 選挙第4号

1 意見書案第5号

1 市立中央病院経営健全化対策調査特別委員会における調査報告書案

1 委員会の閉会中の継続審査