議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 大月市

平成18年  7月臨時会(第3回) 07月31日−議長・副議長の選挙−01号




平成18年  7月臨時会(第3回) − 07月31日−議長・副議長の選挙−01号







平成18年  7月臨時会(第3回)





1 平成18年7月31日(月曜日) 10時
1 大月市役所議場
1 出席議員 20名
     1番 安藤 寧彦        3番 西室  衛
     4番 小俣  武        5番 小泉二三雄
     6番 古見 金弥        7番 後藤 慶家
     8番 山崎 喜美        9番 杉本 東洋
     10番 奥脇 一夫        11番 井上 正己
     12番 相馬 保政        13番 小俣 昭男
     14番 内藤 次郎        15番 石井佐武郎
     16番 大石 源廣        17番 天野 祐治
     18番 佐々木大輔        19番 正木 壽郎
     20番 萩原  剛        22番 伊奈  明
1 欠席議員  1名  
     2番 小原 丈司
1 出席説明員
  市     長  西室  覚     助     役  三枝 新吾
  教  育  長  山口 和義     消  防  長  富田 祐造
  行 政 経営課長  佐藤 佳伸     財 務 管理課長  清水 義正
  福 祉 保健課長  佐藤 勝男     地 域 整備課長  天野 由郎

  中 央 病 院  小笠原文幸     ま ち づ く り  遠山 利徳
  事  務  長            推 進 課 長

  産 業 観光課長  小俣 淳男     税 務 課 長  卯月 源治
  教 育 学習課長  坂本 義文     市 民 生活課長  古屋 元規

  会 計 課 長  上野 正文     大 月 短期大学  坂本 一男
                     事 務 局 長

  消 防 署 長  横瀬 文雄

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  幡野 好美     主     幹  久保田政巳
  主     査  米山 清美

1 議事日程(第1号)
 平成18年7月31日(月曜日) 10時開議
 日程第 1 会議録署名議員の指名について
 日程第 2 会期の決定について
 日程第 3 議案第50号 大月市水稲育苗センター指定管理者指定の件
 日程第 4 意見書案第4号 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のミサイル発射に抗議する意見書について
 日程第 5 議員派遣の件
 日程第 6 大月市議会常任委員の選任について
 日程第 7 大月市議会議会運営委員の選任について
 日程第 8 大月市議会議会運営委員会の閉会中の継続審査について







△開会10時00分



○議長(奥脇一夫君) ただいまから平成18年第3回大月市議会臨時会を開会いたします。





△市長のあいさつ



○議長(奥脇一夫君) 開会に当たり、西室市長から招集のあいさつがあります。

         (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 本日、平成18年第3回大月市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、何かとお忙しい中を、ご参集いただきまして厚く御礼申し上げます。

 この臨時会は、地方自治法第101条及び102条の規定により招集いたしたものであり、提出いたします案件は、「大月市水稲育苗センター指定管理者指定の件」であります。

 後ほど、ご提案させていただきますので、よろしくご審議の上、ご議決下さいますことをお願い申し上げまして、招集の挨拶といたします。





△開議



○議長(奥脇一夫君) これより本日の会議を開きます。





△議事日程の報告



○議長(奥脇一夫君) お手元に配付されております本日の議事日程を、職員に朗読させます。

         (職員朗読)



○議長(奥脇一夫君) お諮りいたします。

 ただいまの日程につき、ご質疑はありませんか。

         (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご質疑がありませんので、日程に従い会議を進めてまいります。



△会議録署名議員の指名



○議長(奥脇一夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名についてを行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により7番 後藤慶家君、16番 大石源廣君を指名いたします。





△会期の決定



○議長(奥脇一夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 議会運営委員長の発言を求めます。

          (議会運営委員長 小俣昭男君登壇)



◆議会運営委員長(小俣昭男君) 議会運営委員会からご報告いたします。

 去る7月24日に委員会を開催し、本日の会議は本日1日限りと決定いたしましたので、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、議会運営委員会の報告といたします。

 以上でございます。



○議長(奥脇一夫君) お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、只今議会運営委員長の発言のとおり、本日、1日といたすことにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日と決定いたしました。





△議案第50号の上程、説明、採択



○議長(奥脇一夫君) 日程第3、議案第50号を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案については、朗読を省略することにいたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案については、朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。

         (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 平成18年第3回大月市議会臨時会が開催されるにあたり、提出いたしました案件についてご説明申し上げ、議員各位並びに市民の皆様方のご理解とご協力をお願いする次第でありますが、案件のご説明に入ります前に、去る7月24日、本市消防職員が酒気帯び運転で検挙されました件につきまして、まずもってお詫びを申し上げたいと存じます。

 このことは、市民の皆様の生命と財産を守るべき立場にある消防職員の不祥事であり、誠に遺憾でありますとともに、市民の皆様に対しまして大変申し訳なく、深くお詫び申し上げる次第であります。

 日頃から、交通違反、特に飲酒運転の根絶については、機会あるごとに注意を喚起してきたところであり、誠に残念であります。2度とこのようなことを起こすことのないよう、早速、綱紀の粛正、服務規律の確保について、全職員に強く訓示するとともに、当事者はもとより、監督責任者である消防長以下数名の管理職員に対しても厳正な処分を行ったところであります。

 今後につきましては、職員一丸となって市民の皆様の信頼を確保すべく、身を引き締め努力してまいる所存であります。

 それでは、今臨時会に提出いたしました議案第50号「大月市水稲育苗センター指定管理者指定の件」につきましてご説明申し上げます。

 大月市水稲育苗センターは、水稲の優良苗の供給と水稲の植付けの省力化を行い、地域農業の振興を図る目的で、昭和53年度に市が事業主体となり、農村地域工業導入特別対策事業として設置した施設であります。

 このセンターは、設置当初から、現在のクレイン農業協同組合であります大月市農業協同組合に管理運営を委託し、現在に至るまで同組合において健全な事業運営が継続されてまいりました。同組合の長期にわたる育苗事業への取り組みに対しましては、心から感謝を申し上げる次第であります。

 しかしながら、同センターをはじめとする公の施設の管理運営につきましては、平成15年の地方自治法の改正により、平成18年9月1日をもって管理委託の方法によることができなくなり、市の直接運営又は指定管理者の指定により行うこととされたため、同センターの管理についても、条例の改正を行うとともに、指定管理者の指定により管理運営を行う方向で検討をしてまいりました。

 その結果、同センターの管理運営には、事業内容の性格上、専門的で熟練した技術が求められること、また同センターの設置目的を効果的かつ効率的に達成するため、地域等の活力を積極的に活用した管理を行うことのできる事業者が望ましいことなどの理由から、クレイン農業協同組合が指定管理者として最も適した団体である、との結論に達したところであります。

 そこで、同組合に管理運営への意向を確認いたしましたところ、同意が得られましたので過日、大月市水稲育苗センター指定管理者選定委員会を開催いたしまして、慎重なる審議の結果、大月市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第5条第2項第4号の規定に基づき、同組合を指定管理者の候補者として選定いたしましたので、その指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 よろしくご審議の上、ご議決下さいますようお願い申し上げます。



○議長(奥脇一夫君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会への付託を省略することに決定をしました。



○議長(奥脇一夫君) お諮りいたします。

 この際、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略いたします。



○議長(奥脇一夫君) これより、議案第50号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△意見書案第4号の上程、説明、採決



○議長(奥脇一夫君) 日程第4、意見書案第4号を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案については、朗読を省略することにいたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案については、朗読を省略することに決定いたしました。

 提出者小俣昭男君から提案理由の説明を求めます。

         (13番 小俣昭男君登壇)



◆13番(小俣昭男君) 「意見書案第4号」について、提案理由の説明をいたします。

 7月5日に発生した北朝鮮によるミサイル発射・日本海海上への着弾は、国際社会の再三による警告を無視した暴挙であり、我が国の主権と安全保障を脅かす行為で、極めて遺憾である。

 この様な非友好的かつ無謀な暴挙に対して厳重に抗議し、政府に、国民の安全と平和の為に、より一層の努力をされるよう強く求めるものであります。



○議長(奥脇一夫君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会への付託を省略することに決定いたしました。



○議長(奥脇一夫君) お諮りいたします。

 この際、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、質疑、討論を省略いたします。

 これより、意見書案第4号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。





△議員派遣の件



○議長(奥脇一夫君) 日程第5、議員派遣の件を議題といたします。

 議員派遣の件は、地方自治法第100条第12項及び会議規則第163条の規定により、お手元に配付されてあります議員派遣の件のとおり、大月市民会館において開催されます、山梨県市議会議長会議員合同研修会へ、議員全員を派遣したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(奥脇一夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議員を派遣することに決定いたしました。

 暫時休憩いたします。

   休憩 午前10時15分



   再開 午前10時32分



○副議長(古見金弥君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。





△日程の追加



○副議長(古見金弥君) 議長、奥脇一夫君から、議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(古見金弥君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。





△議長辞職の件



○副議長(古見金弥君) まず、その辞職願を事務局職員に朗読させます。

          (事務局主幹 久保田政巳君登壇)



◎事務局主幹(久保田政巳君) それでは朗読いたします。

 平成18年7月31日 大月市議会副議長殿 大月市議会議長 奥脇一夫 辞職願 このたび、一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○副議長(古見金弥君) お諮りいたします。

 奥脇一夫君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(古見金弥君) ご異議なしと認めます。

 よって、奥脇一夫君の議長の辞職を許可することに決しました。





△議長退任のあいさつ



○副議長(古見金弥君) ここで、奥脇一夫君からごあいさつがあります。

          (10番 奥脇一夫君登壇)



◆10番(奥脇一夫君) 議長退任にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成17年7月の臨時会におきまして、議員各位のご推挙により第47代の大月市議会議長の要職に就任しましてから1年間、各位のご協力、ご支援をいただきましたことに対し、心から厚くお礼申し上げます。

 非才な私ではありますが、議会の健全な運営と市議会の発展のために精魂を傾注して努めてまいりました。

 おかげさまで曲がりなりにもその任を全うし得ましたのも、議員各位及び西室市長を始め執行部の皆様方のあたたかいご支援、ご協力の賜物と重ねてお礼申し上げますと共に、今後とも大月市の発展と住民福祉の増進に努力する次第でございますので、変わらぬご厚誼を賜りますよう心よりお願いいたしまして、退任のごあいさつとさせていただきます。

 誠にありがとうございました。(拍手)





△日程の追加



○副議長(古見金弥君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(古見金弥君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。





△議長の選挙



○副議長(古見金弥君) お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(古見金弥君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。



○副議長(古見金弥君) お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、副議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(古見金弥君) ご異議なしと認めます。

 よって副議長において指名することに決しました。

 井上正己君を指名いたします。



○副議長(古見金弥君) お諮りいたします。

 ただいま副議長において指名いたしました井上正己君を議長の当選人と定めることに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(古見金弥君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました井上正己君が議長に当選されました。



○副議長(古見金弥君) ただいま議長に当選されました井上正己君が、この議場におられますので会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。





△議長就任のあいさつ



○副議長(古見金弥君) 井上正己君から就任のごあいさつをお願いいたします。

          (11番 井上正己君登壇)



◆11番(井上正己君) 議長就任のごあいさつを申し上げます。

 このたび、議員の皆様方のご推挙をいただき、栄誉ある第48代議長の要職に就任させていただくことになりましたことは、身に余る光栄でありまして、衷心から感謝をいたしている次第であります。

 前任の奥脇議長におかれましては、山梨県市議会議長会の会長も務められておりましたので、私も、引き続き山梨県市議会議長会の会長も合わせて就任することとなりました。 

 私は自らを顧みまして、その責任の重さを痛感いたしておりますが、ここに皆様のご推挙を受けましたうえは、市議会が円滑に運営されますよう誠心誠意努力する所存であります。

 また、議会と執行機関が一体となって本市の発展と市民福祉の向上をめざし、その職責を全うする覚悟でございます。

 どうか議員各位、執行部の皆様におかれましては今後より一層のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。

 ありがとうございました。(拍手)



○副議長(古見金弥君) 井上議長、議長席へお願いします。



○議長(井上正己君) 暫時休憩いたします。

   休憩 午前10時40分



   再開 午前11時06分



○議長(井上正己君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。





△日程の追加



○議長(井上正己君) 副議長、古見金弥君から、副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

〇副議長(井上正己 君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。





△副議長辞職の件



○議長(井上正己君) まず、その辞職願を事務局職員に朗読させます。

         (事務局主幹 久保田政巳君登壇)



◎事務局主幹(久保田政巳君) それでは朗読いたします。

 平成18年7月31日 大月市議会議長殿 大月市議会副議長 古見金弥 辞職願 このたび、一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 古見金弥君の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、古見金弥君の副議長の辞職を許可することに決しました。





△副議長退任のあいさつ



○議長(井上正己君) ここで、古見金弥君からごあいさつがあります。

         (6番 古見金弥君登壇)



◆6番(古見金弥君) 副議長退任にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成17年7月の臨時会におきまして、皆様方のあたたかいご推挙により副議長の要職に就かせていただきました。

 以来1年間、至らぬ点が多々ありましたにもかかわらず曲がりなりにも努めることが出来ましたことは奥脇議長をはじめ先輩、同僚議員のご指導とご協力の賜物であります。

 ここに謹んで厚くお礼申し上げます。

 副議長は退任いたしましても、一議員として大月市政のさらなる発展のため献身する所存でございますので、変わらぬご指導とご協力をお願いいたしまして、退任のごあいさつといたします。誠にありがとうございました。(拍手)





△日程の追加



○議長(井上正己君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。





△副議長の選挙



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました.



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 副議長に小原丈司君を指名いたします。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました、小原丈司君を副議長の当選人と定めることに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました小原丈司君が副議長に当選されました。

 暫時休憩いたします。

   休憩 午前11時11分



   再開 午前11時38分



○議長(井上正己君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 休憩中に、副議長に当選されました小原丈司君に電話にて当選の告知をいたし、了承を得ましたのでご報告いたします。





△大月市議会常任委員の選任について



○議長(井上正己君) 日程第6、大月市議会常任委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 常任委員の選任につきましては、議長において指名することといたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 議会事務局職員より発表させます。

         (事務局主幹 久保田政巳君登壇)



◎事務局主幹(久保田政巳君) それでは発表させていただきます。

 まず、総務常任委員会の委員さんのお名前を発表いたします。安藤寧彦議員、小俣武議員、古見金弥議員、小俣昭男議員、大石源廣議員、正木壽郎議員、伊奈明議員。

 次に教育厚生常任委員会の委員を発表いたします。西室衛議員、山崎喜美議員、奥脇一夫議員、相馬保政議員、内藤次郎議員、石井佐武郎議員、佐々木大輔議員。

 続きまして建設経済常任委員会の委員を発表いたします。小原丈司議員、小泉二三雄議員、後藤慶家議員、杉本東洋議員、井上正己議員、天野祐治議員、萩原剛議員。

 以上であります。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 ただいま議会事務局職員より発表させました諸君を、それぞれの常任委員に選任することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君を、それぞれの常任委員に選任することに決しました。





△大月市議会議会運営委員の選任について



○議長(井上正己君) 日程第7、大月市議会議会運営委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 議会事務局職員より発表させます。

         (事務局主幹 久保田政巳君登壇)



◎事務局主幹(久保田政巳君) それでは議会運営委員について発表させていただきます。

 小俣昭男議員、内藤次郎議員、石井佐武郎議員、天野祐治議員、佐々木大輔議員、正木壽郎議員、萩原剛議員、伊奈明議員であります。

 以上であります。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 ただいま議会事務局職員より発表させました諸君を、議会運営委員に選任することに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君を議会運営委員に選任することに決しました。

 ただいま選任されました各常任委員及び議会運営委員は、本会議休憩中に委員会を開き、正副委員長を互選して、速やかに委員会の構成を終わるよう、ここに招集をしておきます。

 暫時休憩いたします。

   休憩 午前11時49分



   再開 午前12時05分





△各常任委員会及び議会運営委員会の委員長及び副委員長の報告



○議長(井上正己君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 休憩中、各常任委員会及び議会運営委員会を開き、正副委員長の互選を行いましたので報告いたします。

 議会事務局職員より発表させます。

         (事務局主幹 久保田政巳君登壇)



◎事務局主幹(久保田政巳君) それでは各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長について、発表させていただきます。

 総務常任委員会は、委員長は小俣武議員、副委員長は安藤寧彦議員であります。

 次に教育厚生常任委員会は、委員長は西室衛議員、副委員長は山崎喜美議員であります。

 次に建設経済常任委員会は、委員長小泉二三雄議員、副委員長は後藤慶家議員であります。

 続きまして議会運営委員会は、委員長石井佐武郎議員、副委員長は内藤次郎議員であります。

 以上であります。





△日程の追加



○議長(井上正己君) 次に、本日付で東部地域広域水道企業団議会より選出議員1名の欠員に伴う、選挙の依頼がありました。

 お諮りいたします。

 この際、その補充をするため選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際「東部地域広域水道企業団議会議員の補欠選挙」を日程に追加し、議題といたします。





△東部地域広域水道企業団議会議員の補欠選挙



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 東部地域広域水道企業団議会議員に奥脇一夫君を指名いたします。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました、奥脇一夫君を東部地域広域水道企業団議会議員の当選人と定めることに、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました奥脇一夫君が東部地域広域水道企業団議会議員に当選されました。



○議長(井上正己君) ただいま当選されました奥脇一夫君がこの議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。





△日程の追加



○議長(井上正己君) 次に、山梨県東部広域連合議会より選出議員1名の欠員に伴う、選挙の依頼がありました。

 お諮りいたします。

 この際、その補充をするため選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際「山梨県東部広域連合議会議員の補欠選挙」を日程に追加し、議題といたします。





△山梨県東部広域連合議会議員の補欠選挙



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 山梨県東部広域連合議会議員に小泉二三雄君を指名いたします。



○議長(井上正己君) お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました、小泉二三雄君を山梨県東部広域連合議会議員の当選人と定めることに、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました小泉二三雄君が山梨県東部広域連合議会議員に当選されました。



○議長(井上正己君) ただいま当選されました小泉二三雄君がこの議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。





△大月市議会議会運営委員会の閉会中の継続審査について



○議長(井上正己君) 日程第8、大月市議会議会運営委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 議会運営委員長から平成19年7月26日までの間に開催される議会の運営等につきましては会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査といたすことにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(井上正己君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査といたすことに決定いたしました。





△閉会12時12分



○議長(井上正己君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 これにて、平成18年第3回大月市議会臨時会を閉会いたします。



 〇本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名について

1 会期の決定について

1 議案第50号

1 意見書案第4号

1 議員派遣の件

1 議長辞職の件

1 議長の選挙

1 副議長辞職の件

1 副議長の選挙

1 大月市議会常任委員の選任について

1 大月市議会議会運営委員の選任について

1 東部地域広域水道企業団議会議員の補欠選挙

1 山梨県東部広域連合議会議員の補欠選挙

1 大月市議会議会運営委員会の閉会中の継続審査について