議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 大月市

平成17年  3月定例会(第1回) 03月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号




平成17年  3月定例会(第1回) − 03月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−03号







平成17年  3月定例会(第1回)





1 平成17年3月24日(木曜日)午前10時
1 大月市役所議場
1 出席議員 22名
     1番 安藤 寧彦        2番 小原 丈司
     3番 西室  衛        4番 小俣  武
     5番 小泉二三雄        6番 古見 金弥
     7番 後藤 慶家        8番 山崎 喜美
     9番 杉本 東洋       10番 奥脇 一夫
    11番 井上 正己       12番 相馬 保政
    13番 小俣 昭男       14番 内藤 次郎
    15番 石井佐武郎       16番 大石 源廣
    17番 天野 祐治       18番 佐々木大輔
    19番 正木 寿郎       20番 萩原  剛
    21番 長田 幸男       22番 伊奈  明
1 欠席議員  なし
1 出席説明員 
  市     長  西室  覚     助     役  三枝 新吾
  収  入  役  星野 公夫     教  育  長  加納 健司
  消  防  長  池川  元     総 務 部 長  鯨岡 悠位
  建 設 経済部長  天野 光昭     市 民 生活部長  佐々木敬介

  参 事 教育次長  山口 和義     中 央 病 院  星野 忠昭
                     事務長(部長)

  参     事  山口  剛     参     事  小笠原文幸
  総 務 課 長            企 画 財政課長

  参     事  酒井 正法     政 策 推進課長  小泉 孝博
  管 理 課 長

  税 務 課 長  溝口  進     市 民 課 長  奈良 治雄
  保 健 介護課長  上條 明彦     福 祉 事務所長  小笠原康利
  環 境 課 長  小林 正彦     都 市 整備課長  卯月 源治
  建 設 課 長  高杉 明直     農 林 課 長  高木 賞造
  商 工 観光課長  天野 寛司     下 水 道 課 長  三木  覚

  水 道 事務所長  武田 淳一     大 月 短期大学  小俣 淳男
                     事 務 局 長

  消 防 署 長  中丸 重徳     大月駅周辺整備  中村 克巳
                     推 進 室 長
1 出席事務局職員
  事 務 局 長  萱沼 洋一     主 幹 ・ 次 長  久保田政巳
  副  主  幹  奈良 朝子

1 議事日程(第3号)
 平成17年3月24日午前10時開議
 日程第 1 「議案第11号 平成17年度大月市一般会計予算」から「議案第20号 平成17年
        度大月市水道事業会計予算」まで委員長報告・質疑・討論・採決
 日程第 2 「報告第1号 専決処分事項について承認を求める件」から「議案第10号 大月市
       消防団条例中改正の件」まで及び、「議案第32号 上野原市及び山梨市の設置に伴う
       山梨県市町村自治センターを組織する地方公共団体の数の変更の件」から「議案第34号
       市道の路線変更認定の件」並びに「請願第1号 警察不正経理疑惑の全容解明と再発防止・
       また公正な第三者機関を設けるための意見書の提出を求める請願」から「請願第3号 発達
       障害児(者)に対する支援促進を求める意見書の提出を求める請願」まで委員長報告・質疑・
       討論・採決
 日程第 3 議案第35号 大月市収入役の選任について同意を求める件
 日程第 4 議案第36号 大月市固定資産評価員の選任について同意を求める件
 日程第 5 議案第37号 大月市監査委員の選任について同意を求める件
 日程第 6 議案第38号 大月市教育委員会委員の任命について同意を求める件
 日程第 7 議案第39号 大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件
 日程第 8 選挙第 1号 大月都留広域事務組合議会議員の補欠選挙
 日程第 9 選挙第 2号 東部地域広域水道企業団議会議員の補欠選挙
 日程第10 議会運営委員の選任
 日程第11 意見書案第1号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書











△開議 午前10時



○議長(石井佐武郎君) これより本日の会議を開きます。

          



△議事日程の報告



○議長(石井佐武郎君) お手元に配付されております本日の議事日程を、職員に朗読いたさせます。

         (職員朗読)



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 ただいまの日程につき、ご質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご質疑がありませんので、日程に従い会議を進めてまいります。

          



△議案第11号〜議案第20号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第1、議案第11号から議案第20号までを一括議題といたします。

 本件に関しましては、既に特別委員会において審査を終了しておりますので、ただいまから委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員長、井上正己君。

          (予算審査特別委員長 井上正己君登壇)



◆予算審査特別委員長(井上正己君) 予算審査特別委員会から報告をいたします。

 平成17年度予算審査特別委員会は、3月4日、議員全員の構成により設置をされました。

本委員会に審査を付託されました「議案第11号 平成17年度大月市一般会計予算」から「議案第20号 平成17年度大月市水道事業会計予算」までの10件の予算を審査するため、3月16日、17日、18日及び、

22日の4日間にわたり、特別委員会を開催し審査をいたしました。

 審査に入るに先立ちまして、正副委員長の選任が行われ、不肖私が委員長に、副委員長に古見金弥君が選任されました。

 平成17年度一般会計の予算規模は、歳入歳出それぞれ120億9千万円の超緊縮型予算となっております。

 特別会計及び事業会計の予算規模につきましては、お手元に配付いたしました報告書のとおりであります。

 審査は予算書及び予算に関する説明書をもとに、当初予算各課別説明資料等によりまして、助役、各部長等の出席をいただき、各課の課長及び補佐等から新年度予算の内容を詳細に聴取をし、慎重な審査を行い「議案第11号」から「議案第20号」までについて採決の結果、賛成多数で可決するものと決定をいたしました。審査の過程での主な要望事項につきましては、報告書に記載をしておりますとおりであります。

 以上、誠に簡単ではありますが、議員各位のご賛同をお願い申し上げまして、予算審査特別委員会の報告とさせていただきます。



○議長(石井佐武郎君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 ご質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 発言の通告がありますので、順次発言を許可します。

 はじめに、8番山崎喜美君の発言を許可します。

          (8番 山崎喜美君登壇)



◆8番(山崎喜美君) 2005年度予算案に対する反対討論を行います。

 新年度予算案では幾つかの積極的な内容があります。

 とりわけ、子育て支援では小学校6年生までの30人学級と医療費の無料化、子育て総合支援センターの配置、第3子以降の児童に対し100万円の支給など、全県的に見ても先進であり、関係者から歓迎されるものです。この他、新たなバス交通システムの構築に向けた運行計画の策定や試験運行、笹子東部簡易水道施設整備事業、病院改革推進室の設置、猿橋小学校校舎建築に伴う学童保育のスペース確保など積極的なものがあります。

 こうした積極的な施策の一方で、いくつかの指摘したいことがあります。

 はじめに、国民健康保険についてです。

 厳しい社会情勢の中、国保世帯は毎年増えつづけ、大月市では総世帯の56%にあたる約6,000世帯が加入しています。この内、約1,000世帯が滞納しています。1年以上滞納している世帯には資格証明書が発行され、病院にかかると医療費は全額自己負担となります。生活が苦しく国保税を払えない世帯が全額医療費を払うことが出来るでしょうか。結局、病院に行く事を控え、病気は更に重くなってしまいます。

 今こそ、5億6千万円ある国保積立金の一部を取り崩して、国保税を引き下げることが求められているのではないでしょうか。

 次に、介護保険についてです。

 昨年の12月議会の答弁では、介護サービス費の大幅な増加により、介護納付金の所要額が不足することが予測されると言われましたが、実際には今年度黒字になることが明らかになりました。先日の一般質問でも述べたように、国の施策がどう変わろうとも、介護サービスの水準を下げず負担が重くならないよう、市独自の施策を講じることが必要ではないでしょうか。

 子育て支援については積極的な施策を講じていますが、子育て中の母親の強い願いである子供の医療費窓口無料化、これは既に全国28県で実施されています。身近な公園や遊び場の確保、重度障害児の医療費窓口無料化を求めます。

 次に、教育についてです。

 はじめに述べましたように、大月市では小学校6年生までの30人学級の実施、複式学級の解消など、県下でも進んだ施策をとっています。勉強嫌い、学力低下が叫ばれている今、甲斐市では中学3年生にも教員加配をすることが報じられました。これまで何度も述べてきましたが、どの子どもにもわかる授業が保障されるよう、授業内容が難しくなる中学校にも30人学級を拡大することが必要ではないでしょうか。

 次に、大月市立短期大学についてです。

 地元出身学生は少ないと言われていますが、他の市町村や他県出身の学生が学び、生活する事により住居費や食費、生活費などのお金が地元に落とされ地域経済を潤しています。また、先生方や学校関係者は積極的に広報活動を行い、他県からも多くの学生を募集してきました。進路指導にも力を入れ、短大卒業後4年制大学への編入率も高く全国的にも評価されています。学生はひろさと村の運営やボランティアなど自主活動を通して地域に貢献しています。更に、短大では市民に開かれた講座を展開し、文化的な質を高めています。しかし、来年度の予算を見ると教育費、主に人件費ですが、約3,600万円の減額となっています。地域に根ざした大学として、更に施設や授業を充実させる必要があるのではないでしょうか。

 次に、水道事業についてです。

 大月市には未だ水道が普及されていない地域があります。予算委員会では整備計画は終わっているということでしたが、具体的な対策が示されていません。そこに住む人の身になって、最重要課題として早期に取り組むことが求められています。

 次に、市営住宅の整備についてです。

 梨木住宅は時期がきたら建て替えるということですが、お風呂の無いところもあり建物も老朽化し傷みがひどくなっています。安心して住むことが出来るよう、改修や補強を最優先する予算を組んでほしいと思います。

 最後に、中央病院についてです。

 関連病院として東京女子医大と連携し、医療スタッフの充実を図り、改革推進室を設置する。とあります。それに向けて努力されているとは思いますが、今の段階で4月からの医療はどうなるのか、まだはっきりしておらず心配する声が聞かれます。医者の確保の状況や診療科目、これからの見通しなど情報を早めに公開し、患者及び市民の立場に立った医療の充実を求め、討論を終わります。



○議長(石井佐武郎君) 次に12番、相馬保政君の発言を許可します。

          (12番 相馬保政君登壇)



◆12番(相馬保政君) 私は平成17年度各会計予算について、賛成の立場から討論を行います。

 西室市長には、就任以来「清潔・公正・公平」の基本姿勢を貫き、市民の声に謙虚に耳を傾ける強い信念を持って、市民参加型の市政運営を基本として日々努力されております姿に、心より敬意を表すものでございます。

 私は、市長のこの基本姿勢により、推進されております市政こそが、今まさに地方に求められているものであり、今後の大月市をさらに発展させる源になるものであると期待するものであります。

 さて、我が国は本格的な成熟社会へと移り変わり、かつてのような高い経済成長は、もはや望めない状況下にあります。景気低迷による税収減や、国の逼迫した財政状況、構造改革や地方分権の推進などと合わせて、国における三位一体改革による国庫補助負担金の廃止・削減や、地方交付税制度の財源補償の見直し等が進められ、その結果として、地方交付税等一般財源が大幅に削減され、地方自治体として厳しい財政状況にあると思います。

 このような状況を勘案し、本市においての予算編成は、一般会計予算で前年度に対し9.2%減で120億9千万円の超緊縮型予算となっております。

 そうした中にあっても少子・高齢社会に向けた、総合的な地域福祉施策、環境施策、生活関連社会資本の整備等、充分予算に反映させるなど創意工夫がうかがえるものであります。

 歳入では、市税の落ち込みが見込まれることから、歳出において行財政改革を推進し、人件費をはじめとする経常的経費を削減して、限られた財源の中で大月市の活性化を図るうえでの知恵を絞り工夫された予算編成がされております。

 さて、予算内容を見ますとまず、「人と環境に優しい快適なまちづくり」として、調和の取れたまちづくりを推進するため、桂川ウェルネスパーク建設事業の推進、快適なまちづくりを進めるために、市街地の整備や道路網の整備、新たなバス交通システムの構築など、また、「健康で思いやりの通う福祉のまちづくり」としては、地域福祉の展開として地域福祉活動の推進、高齢者福祉のための高齢者生きがい対策事業、敬老祝金支給事業、障害者福祉対策、子供家庭福祉の推進等、また、「魅力的で活力に満ちた産業のまちづくり」としては、農業の振興として農道水路等生産基盤整備、中山間総合整備事業、林業の振興としては、林道などの生産基盤の整備、松くい虫被害緊急対策事業、林業団体の整備強化を、また商工業の振興としては、中小企業の経営安定化施策である資金融資促進事業、地場産業の振興や商工業団体の育成、観光の振興としては真木五福の里の整備、秀麗富嶽十二景や山梨百名山の登山道の整備など。

 また、「創造的で心豊かな人と文化のまちづくり」への対応として幼児教育の充実における幼稚園就園奨励事業、義務教育については、猿橋小学校校舎建設事業、小中学校の教材備品、施設整備事業やサポートティーチング推進事業、子どもと親の相談員活動調査研究事業、また短大、高校の充実を図り、男女共同参画社会推進事業、文化、芸術の推進などの教育に意を傾注しております。

 また、「まちづくり推進の方策」としては、地域と行政が一体となったまちづくりを進めている市政協力委員長活動事業、新たに女性弁護士にもお願いする法律相談事業、広報活動の充実など人づくりや環境施策を積極的に取り組む姿勢が見受けられます。

 こうした内容は現下の地方行政の変革期の中にあり、厳しい財政状況のもと、適切な行財政運営に対する真剣な取り組みを強く感じます。市長を中心として執行部並びに職員の英知を結集した努力に敬意を表すものであります。

 また、先の自立計画での、更なる行財政改革を進めようとする前向きな姿勢をも高く評価しております。

 「市民サービスに徹し、本市の特色を生かした魅力ある地域社会の形成」を目指し、有効・適切なる予算執行を期待し、議員各位のご賛同をお願いいたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(石井佐武郎君) 以上で討論を終結いたします。

 これより議案第11号から議案第20号までを一括採決いたします。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

          (起立多数)



○議長(石井佐武郎君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

         



△報告第1号〜議案第10号、議案第32号〜議案第34号、請願第1号〜請願第3号の委員長報告、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第2、報告第1号から議案第10号まで及び議案第32号から議案第34号まで並びに、請願第1号から請願3号までを一括議題といたします。

 本案に関しましては、既に各常任委員会において審査を終了しておりますので、ただいまから委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長、相馬保政君。

         (総務常任委員長 相馬保政君登壇)



◆総務常任委員長(相馬保政君) 総務常任委員会から報告いたします。

 平成17年第1回市議会定例会において本委員会に付託されました「平成16年専決第11号 大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例」「平成17年専決第1号、東部地域広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の増減及び同企業団規約の変更について」、「平成17年専決第4号、小金沢土室山恩賜県有財産保護組合を組織する地方公共団体の数の増減及び同恩賜県有財産保護組合規約の変更について」、「議案第1号 大月市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例制定の件」、「議案第2号 大月市男女共同参画社会推進条例制定の件」、「議案第3号 大月市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定の件」、「議案第5号 大月市職員の定年等に関する条例中改正の件」、「議案第6号 政治倫理の確立のための大月市長の資産等の公開に関する条例中改正の件」、「議案第7号 大月市個人情報保護条例中改正の件」、「議案第10号 大月市消防団条例中改正の件」、「議案第32号 上野原市及び山梨市の設置に伴う山梨県市町村自治センターを組織する地方公共団体の数の変更の件」並びに「請願第1号 警察不正経理疑惑の全容解明と再発防止・また公正な第三者機関を設けるための意見書の提出を求める請願」について審査するため、3月23日に委員会を開催いたしました。

 担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、「平成16年専決第11号 大月市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例」「平成17年専決第1号、東部地域広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の増減及び同企業団規約の変更について」、「平成17年専決第4号、小金沢土室山恩賜県有財産保護組合を組織する地方公共団体の数の増減及び同恩賜県有財産保護組合規約の変更について」、「議案第1号 大月市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例制定の件」、「議案第2号 大月市男女共同参画社会推進条例制定の件」、「議案第3号 大月市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定の件」、「議案第5号 大月市職員の定年等に関する条例中改正の件」、「議案第6号 政治倫理の確立のための大月市長の資産等の公開に関する条例中改正の件」、「議案第7号 大月市個人情報保護条例中改正の件」、「議案第10号 大月市消防団条例中改正の件」、「議案第32号 上野原市及び山梨市の設置に伴う山梨県市町村自治センターを組織する地方公共団体の数の変更の件」について全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、「請願第1号 警察不正経理疑惑の全容解明と再発防止・また公正な第三者機関を設けるための意見書の提出を求める請願」については、慎重審査の結果、現時点での動向を考慮し、議会といたしましては意見書を提出することは差し控えることとし、採決の結果、全会一致を以って不採択と決定いたしました。 

 以上でありますが、議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、総務常任委員会の報告とさせていただきます。



○議長(石井佐武郎君) 次に、教育厚生常任委員長、内藤次郎君。

          (教育厚生常任委員長 内藤次郎君登壇)



◆教育厚生常任委員長(内藤次郎君) 教育厚生常任委員会から報告申し上げます。

 平成17年第1回市議会定例会において本委員会に付託されました案件のうち、条例関係に係わる案件を審査するため、3月23日委員会を開催いたしました。

 担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、「報告第1号 専決処分事項について承認を求める件」中「専決第2号」、「専決第3号」及び「議案第4号 大月市子ども家庭総合支援センター条例制定の件」、「議案第8号 大月市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例中改正の件」については全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、「請願第3号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書の提出を求める請願」については、その必要性を認め、採択することに決しました。

 以上、誠に簡単ではありますが、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げまして、教育厚生常任委員会の報告といたします。



○議長(石井佐武郎君) 建設経済常任委員長、井上正己君。

          (建設経済常任委員長 井上正己君登壇)



◆建設経済常任委員長(井上正己君) 建設経済常任委員会からご報告いたします。

 平成17年第1回市議会定例会におきまして本委員会に付託されました案件について審査するため、3月23日に委員会を開催いたしました。

 審査の前に現地調査等を行い、担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、「議案第9号 大月市農業委員会に関する条例中改正の件」、「議案第33号 市道の路線認定の件」、「議案第34号 市道の路線変更認定の件」以上につきましてはいずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、「請願第2号 地域における雇用・就業対策の拡充強化を求め、中小零細企業の経営者及び連帯保証人等の生活を確保するための請願」つきましては、内容において更に検討する必要があるということから継続審査と決しました。 

 以上、誠に簡単でございますが、議員各位のご賛同をお願い申し上げまして、建設経済常任委員会の報告とさせていただきます。



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 この際質疑、討論を省略して直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって本案は質疑、討論を省略いたします。

 これより、報告第1号から議案第10号まで及び議案第32号から議案第34号まで並びに、請願第1号から請願第3号までを一括採決いたします。

 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。



△議案第35号の上程、説明、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第3、議案第35号を議題といたします。

 お諮りいたします。本案については朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって本案については朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。

         (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 議案第35号「大月市収入役選任について同意を求める件」の提案理由についてご説明申し上げます。

 これは、収入役の星野公夫氏が平成17年3月31日をもって辞職いたしますので、後任に現総務部長であります富浜町鳥沢640番地の鯨岡悠位氏を選任したく、議会の同意を求めるものであります。よろしくご賛同を賜りますようお願い申し上げます。    



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。 

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。この際、質疑、討論を省略して、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は質疑、討論を省略いたします。

  これより議案第35号を採決いたします。

  お諮りいたします。本案はこれに同意する事にご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決定いたしました。

         



△議案第36号の上程、説明、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第4、議案第36号を議題といたします。

 お諮りいたします。本案については朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって本案については朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。



◎市長(西室覚君)  議案第36号「大月市固定資産評価員の選任について同意を求める件」の提案理由についてご説明申し上げます。

 これは、固定資産評価員の星野公夫氏が平成17年3月31日をもって辞職いたしますので、この後任に富浜町鳥沢640番地の鯨岡悠位氏を選任したく、議会の同意を求めるものであります。よろしくご賛同を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。 

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。この際、質疑、討論を省略して、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は質疑、討論を省略いたします。

  これより議案第36号を採決いたします。

  お諮りいたします。本案はこれに同意する事にご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決定いたしました。

         



△議案第37号の上程、説明、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第5、議案第37号を議題といたします。

 お諮りいたします。本案については朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって本案については朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 議案第37号「大月市監査委員の選任について同意を求める件」の提案理由についてご説明申し上げます。

 これは、監査委員の稲本和男氏並びに正木寿郎氏が平成17年3月31日を以って辞職いたしますので、後任に賑岡町強瀬446番地の清水芳之氏並びに七保町瀬戸265番地の大石源廣氏をそれぞれ選任したく、議会の同意を求めるものであります。よろしくご賛同を賜りますようお願い申し上げます。  



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。 

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。この際、質疑、討論を省略して、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は質疑、討論を省略いたします。

  これより議案第37号を採決いたします。

  お諮りいたします。本案はこれに同意する事にご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決定いたしました。

 



△議案第38号の上程、説明、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第6、議案第38号を議題といたします。

 お諮りいたします。本案については朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって本案については朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 提案理由の説明をいたします。

 議案第38号「大月市教育委員会委員の任命について同意を求める件」の提案理由についてご説明申し上げます。

 これは、教育委員会委員の中山昭光氏、並びに井上豊氏は平成17年3月31日をもってその任期が満了となり、加納健司氏は平成17年3月31日を以って辞職いたしますので、大月町花咲193番地の星野喜忠氏、賑岡町強瀬572番地の1の平野廣海氏、並びに賑岡町奥山1862番地の山口和義氏を新たに任命したく、議会の同意を求めるものであります。よろしくご賛同を賜りますようお願い申し上げます。   



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。 

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。この際、質疑、討論を省略して、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は質疑、討論を省略いたします。

  これより議案第38号を採決いたします。

  お諮りいたします。本案はこれに同意する事にご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決定いたしました。

          



△議案第39号の上程、説明、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第7、議案第39号を議題といたします。

 お諮りいたします。本案については朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案につきましては朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。

          (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 議案第39号の「大月市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件」の提案理由についてご説明を申し上げます。

 これは固定資産評価審査委員会委員の小泉泰造氏の任期が平成17年3月31日をもって満了となりますので、新たに梁川町塩瀬481番地の志村千明氏を選任したく、議会の同意を求めるものであります。

 よろしく、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。ただいま議題となっております案件につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますがこれにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております案件につきましては委員会の付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。この際、質疑、討論を省略して、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略いたします。

 これより議案第39号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案はこれに同意する事にご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決定いたしました。





△選挙第1号の上程、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第8 選挙第1号「大月都留広域事務組合議会議員の補欠選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 大月都留広域事務組合議会議員に杉本東洋君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました杉本東洋君を大月都留広域事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました杉本東洋君が大月都留広域事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま大月都留広域事務組合議会議員に当選されました杉本東洋君がこの議場に居られますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。



△選挙第2号の上程、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第9、選挙第2号「東部地域広域水道企業団議会議員の補欠選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 東部地域広域水道企業団議会議員に正木寿郎君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました正木寿郎君を東部地域広域水道企業団議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました正木寿郎君が東部地域広域水道企業団議会議員に当選されました。

 ただいま東部地域広域水道企業団議会議員に当選されました正木寿郎君がこの議場に居られますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。





△議会運営委員の選任



○議長(石井佐武郎君) 日程第10、議会運営委員の選任を議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員の選任につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 議会運営委員に正木寿郎君、相馬保政君を指名いたします。



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました正木寿郎君、相馬保政君を議会運営委員に選任することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました正木寿郎君、相馬保政君を議会運営委員に選任することに決定いたしました。

          



△意見書案第1号の上程、説明、採決



○議長(石井佐武郎君) 日程第11 意見書案第1号を議題といたします。

 お諮りいたします。本案については朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって本案については朗読を省略することに決定いたしました。

 提出者、内藤次郎君から提案理由の説明を求めます。

          (14番 内藤次郎君登壇)



◆14番(内藤次郎君) 意見書案第1号について提案理由の説明をいたします。

 「請願第3号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書の提出を求める請願」は、教育厚生常任委員会に付託されました。

 3月23日の本委員会において、慎重審査の結果、請願の趣旨を承知し採択しております。つきましては、お手元に配布いたしました意見書を関係機関に提出したいと思いますので、議員各位のご賛同をお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。この際、質疑、討論を省略して直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は質疑、討論を省略いたします。

 これより意見書案第1号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決する事にご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△新収入役、監査委員、教育委員会委員、固定資産評価審査委員会委員のあいさつ



○議長(石井佐武郎君) 以上で本日の日程を全部終了いたしました。

 先程同意されました収入役・監査委員・教育委員会委員・固定資産評価審査委員会委員の各氏からあいさつがあります。しばらくお待ちください。

  まず鯨岡悠位氏からお願いします。 

         (総務部長 鯨岡悠位君登壇)



◎総務部長(鯨岡悠位君) ただいま紹介をいただきました鯨岡悠位でございます。

 先ほどは西室市長さんから収入役という大役を選任されまして、また、議員の皆様方からそれにご賛同を賜り同意をいただき、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 私、もとより浅学非才な者でございまして、この大役をはなはだ荷が重いのかなと思っておりますけれども、微力ではございますけれども西室市政発展のために骨身を惜しまず努力をしていく所存でございますので、今後とも皆様方の更なるご指導とご鞭撻をお願いを申し上げまして、簡単ではございますけれどもお礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(石井佐武郎君) 次に清水芳之氏にお願いします。       

          (清水芳之君登壇)



◎(清水芳之君) おはようございます。

 ただいまご紹介に預かりました清水芳之でございます。

 この度は当議会におきまして、議員各位のご同意により4月1日付けで監査委員に就任いたすことになりました。

 先ず以って、厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 今後は、地方自治における監査の重要性に鑑み、安易な時代でないことを改めて認識し、微力ながら誠実、公正に職務を行っていきたいと存じておりますので、なにとぞよろしくご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

 大変、簡単ではございますが就任にあたりまして一言ごあいさつさせていただきました。

 ありがとうございました。



○議長(石井佐武郎君) 次に大石源廣氏にお願いいたします。

          (16番 大石源廣君登壇)



◆16番(大石源廣君) ただいま本会議席上におきまして、議員各位のご高配により、監査委員の要職に就任いたすこととなりました。

 まことに光栄と存じますとともに、その重責を痛感いたしております。

 今後は、職責の遂行に最善の努力をいたす考えでおりますので、議員各位、また執行部の皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますが、就任にあたってのご挨拶とさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(石井佐武郎君) 次に星野喜忠氏にお願いいたします。

           (星野喜忠君登壇)



◎(星野喜忠君) 星野喜忠でございます。一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 このたびは、西室市長から教育委員にご推薦をいただきました。また、先程は議会の皆様からご同意を賜りましたことを厚くお礼申し上げます。

 教育は国家100年の計の要だと言われております。新たに教育行政に携わるという事になりまして、誠に身が引き締まる思いでございます。私は、教育畑出身ではございませんけれども、これから皆様のお力添えを頂きながら一生懸命努めて参りますので、今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いを申し上げます。

 本日はありがとうございました。



○議長(石井佐武郎君) 次に平野廣海氏にお願いいたします。

          (平野廣海君登壇)



◎(平野廣海君) ご紹介いただきました平野でございます。

 この度は、はからずも大役であります大月市教育委員に推挙いただき、身が引き締まるような思いでございます。

 本来の未熟者でございますけれども、皆様方のご指導ご鞭撻を得ながら、大月市教育行政のために少しでも貢献できるように努力をして参りたいと思います。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。



○議長(石井佐武郎君) 次に山口和義氏にお願いいたします。

          (参事教育次長 山口和義君登壇)



◎参事教育次長(山口和義君) ただいま紹介をいただきました山口和義でございます。 一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 この度、西室市長様から教育委員会委員につきまして任命をいただき、ただいまは議員の皆様のご同意をいただきまして誠にありがとうございました。心より厚くお礼申し上げます。

 もとより浅学非才な私が、このような教育行政の大役をおおせつかりまして身の引き締まる思いでございます。

 近年、大月市においては少子高齢化が進み、この対応が大きな行政課題のひとつだと思っております。

 この少子高齢化社会における生涯学習の推進や小・中学校の適正規模化等、教育環境の充実整備に微力ではございますが、これまでの行政経験を生かし誠心誠意努力して参る所存でございますので、今後ともよろしくご指導ご鞭撻の程お願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますがお礼のあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(石井佐武郎君) 次に志村千明氏にお願いいたします。

          (志村千明君登壇)



◎(志村千明君) 皆様、あらためましておはようございます。

 このたび、大月市固定資産評価審査委員の要職につきまして、私、志村でございます。

 私にとりましては、思い出深い議会でこのようにあいさつできることは誠にありがたく思っております。衷心から感謝を申し上げます。

 今後は、職責完遂のために懸命に努力をいたしたいと考えております。旧に倍しまして皆様の御指導と御鞭撻のほどをお願い申し上げます。なお、市長、助役、また幹部の皆々様には旧年中はいろいろご厄介になり、また私未熟な者でございますけれども、どうかご指導とご鞭撻を厚く心からお願い申し上げまして、はなはだ簡単ではございますが、ご挨拶にかえさせていただきます。



○議長(石井佐武郎君) はい、長田議員。



◆21番(長田幸男君) 教育長の退任のあいさつがないんだけれども、それはどうしたんですか。

 今まで苦労なさって、最終の3月の定例会の最後にあいさつがないというのはちょっとおかしいじゃないかと、こんなふうに思いますけれども、議長の判断はどうですか。よろしくご配慮をお願いしたいと思います。

        



△収入役、教育長退任のあいさつ



○議長(石井佐武郎君) 慣例としてはなかったんだそうです。けれども、そういうご意見がありますのであいさつをいたさせます。



○議長(石井佐武郎君) 収入役からお願いします。

         (収入役 星野公夫君登壇)



◎収入役(星野公夫君) 収入役の星野でございます。

 昨年の3月に本議会におきまして、議員の皆様のご同意をいただきまして収入役に就任をさせていただきました。

 あたかも金融界におきましては、金融再編の流れの中で金融機関の統合とか、あるいは資本の注入とか、そういうふうなことがありましたけれども、私どもは各関連金融機関の経営調査など十分に行いながら公金の安全確保について努めて参ってきたつもりでございます。

 おかげをもちまして、無事に1年職務をまっとうできたかと、こんなふうに考えているところでございます。

 退任にあたりまして、これまでいろいろとご指導いただきました議員の皆様はじめ、先生方にお礼を申し上げますとともに、皆様の今後のご活躍をご祈念申し上げまして、簡単ではありますがお礼のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(石井佐武郎君) 次に、加納教育長。

          (教育長 加納健司君登壇)



◎教育長(加納健司君) 先生方、あらためましてこんにちは。お時間をいただきまして誠に恐縮に存じますけれども、私から退任にあたりまして一言ごあいさつとお礼を申し上げさせていただきます。

 平成12年に教育委員に就任をいたしまして、今までの5年間、議員の先生方及び市長さんをはじめ、執行部の皆様方の多大なご指導、ご理解、ご支援をいただきまして本当にありがとうございました。心から感謝とお礼を申し上げる次第であります。 

 職を退きましたあとも、市民の一人として故郷大月市のために何らかの形で役立っていきたい。こんな生き方を心がけていきたいと思っております。

 今後におきましても、議員の先生方、それから執行部の市長さんはじめ皆様方にご指導とご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、はなはだ簡単でございますけれども退任のごあいさつとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。



△閉会午前11時07分



○議長(石井佐武郎君) これにて平成17年第1回大月市議会定例会を閉会いたします。

 大変ご苦労様でした。





 〇本日の会議に付した事件

1 議案第11号〜議案第20号

1 報告第1号〜議案第10号、議案第32号〜議案第34号、請願第1号〜請願第3号

1 議案第35号

1 議案第36号

1 議案第37号

1 議案第38号

1 議案第39号

1 選挙第1号

1 選挙第2号

1 議会運営委員の選任について

1 意見書第1号