議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 大月市

平成16年 12月定例会(第5回) 12月07日−議案上程・説明−01号




平成16年 12月定例会(第5回) − 12月07日−議案上程・説明−01号







平成16年 12月定例会(第5回)





1 平成16年12月7日(火曜日)午前10時
1 大月市役所議場
1 出席議員 22名
     1番 安藤 寧彦        2番 小原 丈司
     3番 西室  衛        4番 小俣  武
     5番 小泉二三雄        6番 古見 金弥
     7番 後藤 慶家        8番 山崎 喜美
     9番 杉本 東洋       10番 奥脇 一夫
    11番 井上 正己       12番 相馬 保政
    13番 小俣 昭男       14番 内藤 次郎
    15番 石井佐武郎       16番 大石 源廣
    17番 天野 祐治       18番 佐々木大輔
    19番 正木 寿郎       20番 萩原  剛
    21番 長田 幸男       22番 伊奈  明
1 欠席議員   なし 
1 出席説明員
  市     長  西室  覚     助     役  三枝 新吾
  収  入  役  星野 公夫     教  育  長  加納 健司
  消  防  長  池川  元     総 務 部 長  鯨岡 悠位
  建 設 経済部長  天野 光昭     市 民 生活部長  佐々木敬介

  参 事 教育次長  山口 和義     中 央 病 院  星野 忠昭
                     事務長(部長)

  参     事  山口  剛     参     事  小笠原文幸
  総 務 課 長            企 画 財政課長

  参     事  酒井 正法     政 策 推進課長  小泉 孝博
  管 理 課 長

  税 務 課 長  溝口  進     市 民 課 長  奈良 治雄
  保 健 介護課長  上條 明彦     福 祉 事務所長  小笠原康利
  環 境 課 長  小林 正彦     都 市 整備課長  卯月 源治
  建 設 課 長  高杉 明直     農 林 課 長  高木 賞造
  商 工 観光課長  天野 寛司     下 水 道 課 長  三木  覚

  水 道 事務所長  武田 淳一     大 月 短期大学  小俣 淳男
                     事 務 局 長

  消 防 署 長  中丸 重徳     大月駅周辺整備  中村 克巳
                     推 進 室 長


1 出席事務局職員
  事 務 局 長  萱沼 洋一     主 幹 ・ 次 長  久保田政巳
  副  主  幹  奈良 朝子
1 議事日程(第1号)
 平成16年12月7日午前10時開議
 日程第 1 会議録署名議員の指名
 日程第 2 会期の決定
 日程第 3 諸般の報告
 日程第 4 議案第 48号 大月市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例制定の件
 日程第 5 議案第 49号 大月市職員退職手当支給条例中改正の件
 日程第 6 議案第 50号 大月市老人医療費助成金支給条例中改正の件
 日程第 7 議案第 51号 平成16年度大月市一般会計補正予算(第2号)
 日程第 8 議案第 52号 平成16年度大月市大月短期大学特別会計補正予算(第2号)
 日程第 9 議案第 53号 平成16年度大月市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 日程第10 議案第 54号 平成16年度大月市簡易水道特別会計補正予算(第2号)
 日程第11 議案第 55号 平成16年度大月市老人保健特別会計補正予算(第2号)
 日程第12 議案第 56号 平成16年度大月市下水道特別会計補正予算(第2号)
 日程第13 議案第 57号 平成16年度大月市介護保険特別会計補正予算(第1号)
 日程第14 議案第 58号 平成16年度大月市介護サービス特別会計補正予算(第1号)
 日程第15 議案第 59号 平成16年度大月市水道事業会計補正予算(第1号)
 日程第16 議案第 60号 甲斐市、身延町、笛吹市及び北杜市の設置に伴う山梨県市町村総合
       事務組合規約の変更の件
 日程第17 議案第 61号 甲斐市、身延町、笛吹市及び北杜市の設置に伴う山梨県市町村自治
       センターを組織する地方公共団体の数の変更の件
 日程第18 請願第  9号 郵政事業経営形態に関する請願書
 日程第19 請願第 10号 利用料負担の大幅増など介護保険の改悪に反対し、改善を求める請願書
 日程第20 請願第 11号 生活保護の母子加算の廃止や基準引き下げなどの中止を求める請願書
 日程第21 請願第 12号 生活保護・国民健康保険・児童扶養手当・義務教育費の国庫補助削減の
       中止を求める請願書
 日程第22 請願第 13号 年金財源を口実に「定率減税」廃止、消費税増税の中止を求める請願
               書
 日程第23 請願第 14号 大規模災害の対策と早期復旧を求める意見書の提出を求める請願
 日程第24 請願第 15号 高齢者虐待防止法の制定を求める意見書の提出を求める請願







△開会午前11時15分



○議長(石井佐武郎君) ただいまから平成16年第5回大月市議会定例会を開会いたします。





△市長の挨拶



○議長(石井佐武郎君) 開会に当たり、西室市長から招集の挨拶があります。

         (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 平成16年第5回大月市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には年末の何かとお忙しい中ご参集下さいまして、厚くお礼申し上げます。

 提出いたします案件につきましては後ほどご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご議決あらんことをお願い申し上げまして、招集の挨拶とさせていただきます。





△開議



○議長(石井佐武郎君) これより本日の会議を開きます。





△議事日程の報告



○議長(石井佐武郎君) お手元に配付されております本日の議事日程を、職員に朗読いたさせます。

         (職員朗読)



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 ただいまの日程につき、ご質疑はありませんか。

         (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご質疑がありませんので、日程に従い会議を進めてまいります。





△会議録署名議員の指名



○議長(石井佐武郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 9番 杉本東洋君、12番 相馬保政君にお願いをいたします。

                                             



△会期の決定



○議長(石井佐武郎君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 議会運営委員長の発言を求めます。

         (議会運営委員長 天野祐治君登壇)



◆議会運営委員長(天野祐治君) 議会運営委員会から報告いたします。

 去る11月30日に委員会を開催し、今議会の会期につきましては、本日から20日までの14日間とすることにいたしましたので、議員各位のご賛同をよろしくお願いを申し上げまして、委員会の報告といたします。



○議長(石井佐武郎君) お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、ただいま議会運営委員長の発言のとおり、本日から12月20日までの14日間といたすことにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は14日間と決定いたしました。





△諸般の報告



○議長(石井佐武郎君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

  監査委員から、一般・特別会計例月出納検査結果、企業会計例月出納検査結果、出張所定期監査結果及び公立保育所定期監査の結果について、それぞれ報告がなされております。

 お手元に配付いたしました報告書をもって報告にかえさせていただきます。





△市議会だより編集委員会の視察研修の件



○議長(石井佐武郎君) 次に、市議会だより編集委員会視察研修について報告をいたします。

 平成16年10月27日・28日、群馬県渋川市議会を訪れ、「市議会だより編集内容について」の研修会が開催され、10名の議員が出席しました事を報告いたします。

          



△上下水道調査特別委員会の視察研修の件



○議長(石井佐武郎君) 次に、上下水道調査特別委員会視察研修について報告をいたします。

 平成16年11月1日・2日、長野県信州新町を訪れ、「浄化槽市町村整備推進事業等の汚水処理施設について」の研修会が開催され、9名の議員が出席しました事を報告いたします。

          



△人口問題調査特別委員会の視察研修の件



○議長(石井佐武郎君) 次に、人口問題調査特別委員会視察研修について報告をいたします。

 平成16年11月11日・12日、長野県梓川村を訪れ、「人口増加政策について」の研修会が開催され、10名の議員が出席しました事を報告いたします。



△三常任委員会合同の行政視察の件



○議長(石井佐武郎君) 次に、三常任委員会合同の行政視察について報告いたします。

 平成16年11月25日・26日、東京都内の商業施設及び集客施設での視察研修会が開催され、18名の議員が出席しました事を報告いたします。

     



△議案第48号〜議案第61号の上程、説明



○議長(石井佐武郎君) 日程第4、議案第48号から日程第17、議案第61号までを一括議題といたします。

お諮りいたします。本案については、朗読を省略することにいたしたいと思います。これにご異議あ

りませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

よって、本案については朗読を省略することに決定いたしました。

 西室市長から提案理由の説明を求めます。 

         (市長 西室 覚君登壇)



◎市長(西室覚君) 平成16年第5回市議会定例会の開会にあたりまして、提出致しました案件の概要をご説明を申しあげます。

 本年は、梅雨前線の活発な活動による集中豪雨や度重なる台風の上陸により、美しい山河が一転して、濁流や土石流に変じ、全国各地で大きな災害をもたらしました。

 更に、新潟県中越地方では強烈な地震に襲われ、多くの尊い人命が失われるとともに、公共施設や民家の倒壊等の被害が発生し、今もなお多くの方々が不安な日々を過ごしております。

 そして、本格的な冬の到来を目前に、被災地では今も必死に復興作業に取り組んでいます。

 ここに改めてお見舞い申し上げますとともに、被災者の皆様が安全で安心して健康な生活を営むことができますよう、一日も早い復旧をお祈りを申し上げる次第であります。

 甚大な被害を受けた新潟県中越地方の復旧活動に、市といたしましては、いち早く救援物資の準備や義援金募集活動に取り組むとともに、現地対策本部からの要請により、消防署職員3名、中央病院看護師2名、被災家屋の調査員2名を派遣いたしました。

 市内からは、この外にも、大月市社会福祉協議会によるボランティアコーディネーターの派遣、大月市建築士会を通じての被災建築物応急危険度判定士及び被災家屋相談員の派遣、また民間企業によるボランティアの派遣などが行われており、微力ではありますが復旧活動作業をご支援申し上げてきたところであります。

 また、市の計画いたしました義援金募集活動には、市民の皆様方の心温まるご協力をいただきました。ここに深く感謝を申し上げます。

 さて、本年、市制施行50周年を迎え、各種記念事業も順調に行なわれ、去る11月28日には「ラストステージ 未来へ」が盛大裡のうちに挙行出来ました。

 これも偏に、市民吹奏楽団や合唱団を始め、関係各位のご指導ご協力の賜であると、この場をお借りいたしまして、深く敬意と感謝を申し上げる次第であります。

 中でも、アテネオリンピックの野球日本代表選手として活躍しました、本市出身、現在、千葉ロッテマリーンズで活躍中の小林雅英投手には、ラストステージの席上で「大月市スポーツ栄誉賞」を授与することができ、併せ、小林選手のご協力をいただき次代を担う子ども達に「夢と希望」を与えるイベントが実現できたことに大変満足しているところでもあります。

 今後は、この50周年を機に市民一丸となって力強く市政発展のため、最大限の力を傾注して参らねばならないと、私自身決意を新たにしたところであります。

 この度、地域限定で規制を緩和する構造改革特区、「大月エコの里特区」が、内閣府より今月1日に内示を受け、明日8日には、総理官邸において認定授与式も予定されております。

 この特区事業は、宅地開発事業者から寄付を受ける鳥沢中野、山谷地内の農地4.2ヘクタール、山林・原野5.8ヘクタールを、本市の目指す「自然と共生する環境調和都市」の実現に向け、遊休農地、未整備の山林・原野の利活用を図るため、NPO法人「大月エコの里」に貸し付けようとするものであります。

 このNPO法人「大月エコの里」においては、里山保全等の環境保全活動を行なうとともに、農業や森づくりを体験する事業、環境教育事業などにより都市農村交流を進める事業を展開しようとするものであり、このことにより、交流人口を効果的に増加させるとともに地域の活性化に大いに寄与するものと期待しているところであります。

 一方、国の三位一体改革は、本来地方主権を実現するため、地方の権限と責任を大幅に拡大することにより、住民に身近なところで政策や税金の使途決定を行い、住民の意向に沿った行政運営を可能とするためのものであります。

 本年度の三位一体改革は、本格的な税源移譲が先送りされたまま、国庫補助負担金や地方交付税の削減のみが行なわれ、我々自治体の予算編成に重大な支障を及ぼすなど、地方主権の実現に向けた改革とは程遠い結果となりました。

 そこで、山梨県市長会は、県内各市の行政執行財源が、その大半を国庫補助負担金や地方交付税に依存していることから、確実な税源移譲を始めとする地方交付税制度の堅持など、更なる地方財政の充実強化の要望を国に提出いたしたところであります。

 先般、国は、地方財政の三位一体改革を巡る基本的枠組みを発表したところでありますが、具体的内容については、まだまだ不透明な部分がありますことはご承知のとおりであります。

 いずれにいたしましても、更に、地方財政が厳しくなるということに変わりはないと認識いたしているところであります。

 今後の財政状況を考えるとき、重要な政策においても例外なく厳しい選択によって採否を決定していく必要性にせまられております。

 このため本市では、各種の政策・事業について再評価を行い、皆様方のご意見を取り入れた中で政策決定し、或いは中止・廃止という選択をしていかなければならない現状と考えております。

 何とぞ議員各位におかれましても、なお一層のご理解ご協力を賜わりますようお願い申しあげる次第であります。

 それでは、本日、提出いたしました案件につきまして、ご説明申し上げます。

 案件は、条例案が3件、予算案が9件、その他の案件が2件の、計14件であります。

 まず、条例案についてご説明いたします。

 はじめに、議案第48号「大月市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例制定の件」であります。

 これは、平成16年1月から国において、「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律」いわゆる「オンライン化法」が施行されたことに伴い、市においても各種行政手続の電子化を進めることになり、条例等の改正が必要となりますが、対象となる手続ごとに個別の条例等を改正いたしますと、将来にわたり煩雑な作業を生じさせることとなるため、包括的な「通則条例」を制定し、対応しようとするものであります。

 次に、議案第49号「大月市職員退職手当支給条例中改正の件」であります。

 これは、職員の年齢構成を改善し、組織の活性化を図ることを目的に平成13年度から実施して参りました「早期退職者に対する特例制度」が、平成15年度末に効力を失っておりますので、対象となる職員の年齢制限を広げ、引き続き、平成18年度まで当該制度を存続しようとするものであります。

 次に、議案第50号「大月市老人医療費助成金支給条例中改正の件」であります。

 大月市老人医療費助成金支給制度は、山梨県老人医療制度による2分の1の補助を受けて、支給対象者を「68歳以上70歳未満の方並びに65歳以上68才未満の一人暮らしの方で、老齢福祉年金所得制限以下の方」と定め、医療費本人負担分3割のうち2割分を助成しているところでありますが、県制度において見直しが行われ、支給対象者が「68歳以上70歳未満の方で市町村民税世帯非課税の方」となりましたので、これに合わせて改正を行い、平成17年4月1日から施行しようとするものであります。

 以上で、条例案の説明を終わります。

 続きまして、補正予算案についてご説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、国・県補助事業等の確定に伴う事業費や人件費の調整を原則として編成いたしたところであります。

 まず、議案第51号「大月市一般会計補正予算(第2号)」であります。

 初めに人件費についてでありますが、本年度、行政職員3名が病気などにより尊い命を失うこととなりました。

 まだまだ、活躍を期待しておりましただけに誠に残念でなりません。

 ここに心からご冥福と哀悼の意を表します。

 人件費につきましては、この職員の方々の退職金と他の調整額を合わせて、9989万6千円を追加計上いたしております。

 建設事業費では、鳥獣防護柵設置事業費364万円、市営野球場防球ネット設置費300万などを追加いたしましたが、国庫補助事業費の確定により市道久保日月線改良事業費3156万円の減額、猿橋小学校建設関連道路改良事業費1079万4千円の減額など、合わせて3586万8千円を減額計上しております。

 特別会計への繰出金では、医療給付費等の増額により老人保健特別会計に2082万3千円、国民健康保険特別会計に124万4千円を追加いたしましたが、簡易水道特別会計、短期大学特別会計、介護保険特別会計及び介護サービス特別会計への繰出金の減額と合わせて、86万7千円を減額計上しております。

 補助費等では、バス路線運行経費補助金2800万円の追加を始め、中小企業者資金融資促進事業費780万円、甲斐東部材プレカット協同組合施設処分返納金181万3千円、消防団損害補償経費100万円、子育て支援手当支給経費130万円を追加いたし、消防団員退職報償経費121万の減額など、合わせて3811万5千円を追加計上しております。

 出資金では、東部地域広域水道企業団の本年度事業費の確定などに伴い、出資金として8480万8千円を減額計上しております。

 公債費では、平成7年度、8年度に借り入れた減税補てん債の借換えのために、2918万円を追加計上しております。

 災害復旧費では、台風23号により被災した箇所が農地農業用施設災害復旧事業費として国庫補助採択されましたので174万1千円の追加と市道災害復旧費を合わせて、224万1千円の追加計上といたしました。

 その他、維持補修費に636万円、積立金に828万7千円などを追加計上いたしております。

 これらを賄う財源でありますが、前年度繰越金3億110万3千円などを追加したため市債1億1340万円などを減額し、更に、財政調整基金繰入金、公共施設整備基金繰入金を減額調整しております。

 以上の結果、補正額は6234万8千円の追加計上となり、既定予算額と合わせ137億625万円といたしたところであります。

 次に、議案第52号「大月市大月短期大学特別会計補正予算(第2号)」であります。

 この会計では、学生履修システムの修正経費を追加いたしましたが、教職員の人件費が減額調整となったため、327万5千円を減額計上いたしております。

 次に、議案第53号「大月市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)」であります。

 この会計では、人件費を減額調整いたしましたが、出産育児一時金や一般被保険者療養費などを追加しましたので、322万3千円を追加計上いたしております。

 これらを賄う財源ですが、国庫支出金、前年度繰越金及び一般会計からの繰入金を充てております。

 次に、議案第54号「大月市簡易水道特別会計補正予算(第2号)」であります。

この会計では、東部広域水道企業団統合を見据えた新水道料金システム経費を追加いたしましたが、人件費を減額調整したため176万2千円を減額計上いたしております。

 次に、議案第55号「大月市老人保健特別会計補正予算(第2号)」であります。

 この会計では、医療給付費などを年度末まで見込み3億3128万5千円を追加計上いたしております。

 これらを賄う財源ですが、支払基金からの交付金2億633万1千円、国・県支出金1億413万1千円、一般会計からの繰入金2082万3千円をそれぞれ追加計上いたしております。

 次に、議案第56号「大月市下水道特別会計補正予算(第2号)」であります。

 この会計では、人件費と公共下水道施設整備事務経費を合わせ、267万3千円を追加計上いたしております。

 次に、議案第57号「大月市介護保険特別会計補正予算(第1号)」であります。

 この会計では、前年度繰越金に相当する額を積立金として追加しましたが、人件費が減額調整となったため413万1千円を減額計上いたしております。

 次に、議案第58号「大月市介護サービス特別会計補正予算(第1号)」であります。

 この会計では、人件費18万6千円の減額調整をいたしております。

 次に、議案第59号「大月市水道事業会計補正予算(第1号)」であります。

 まず、収益的支出につきましては、人件費の調整額として112万7千円を追加計上いたし、収益的収入では、受託工事収益239万9千円を追加計上いたしております。

 一方、資本的支出では、台風23号で被害を受けた水源施設の復旧費など302万5千円を追加し、資本的収入では、工事負担金625万1千円を追加計上いたしております。

 以上で、各補正予算案の説明を終わります。

 続きまして、その他の案件についてご説明いたします。

 はじめに、議案第60号「甲斐市、身延町、笛吹市及び北杜市の設置に伴う山梨県市町村総合事務組合規約の変更の件」についてであります。

 これは、本市が加入しております山梨県市町村総合事務組合において、合併による甲斐市、身延町、笛吹市及び北杜市の設置に伴い、同組合の構成団体が減少することとなり、規約の変更が生じ、地方自治法第286条第1項の規定による協議がありましたので、同法第290条の規定に基づき、協議内容について議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第61号「甲斐市、身延町、笛吹市及び北杜市の設置に伴う山梨県市町村自治センターを組織する地方公共団体の数の変更の件」であります。

 これも、本市が加入しております山梨県市町村自治センターから、合併による構成団体の数の減少について地方自治法第286条第1項の規定による協議がありましたので、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上が、本日提出致しました案件でありますが、何とぞよろしくご審議の上、ご議決あらんことをお願い申し上げます。

 以上であります。



○議長(石井佐武郎君) 本案に対する質疑等は、一般質問終了後を予定しておりますのでご承知願います。



△請願第9号〜請願第15号の委員会付託



○議長(石井佐武郎君) 日程第18、請願第9号から日程第24、請願第15号までを一括議題といたします。

お諮りいたします。ただいま議題となっております、請願第9号から請願第15号までは、それぞれ所管の常任委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石井佐武郎君) ご異議なしと認めます。

よって、請願第9号、請願第13号及び請願第14号は総務常任委員会へ、また請願第10号から請願第12号まで及び請願第15号は教育厚生常任委員会へ付託いたします。

          





△散会午前11時48分



○議長(石井佐武郎君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。





 〇本日の会議に付した事件

 1 会議録署名議員の指名について

 1 会期の決定について

 1 諸般の報告について

 1 議案第48号〜議案第61号

 1 請願第9号〜請願第15号