議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成27年  6月 定例会 06月26日−04号




平成27年  6月 定例会 − 06月26日−04号







平成27年  6月 定例会



          平成27年6月山梨市議会定例会 第4日

◯平成27年山梨市議会6月定例会第4日目は、6月26日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成27年6月26日(金曜日)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第4号)

     議員表彰伝達

  第1 諸般の報告

     (1)常任委員会審査結果報告

     (2)議案等受理報告

  第2 常任委員会委員長報告

     (質疑・討論・採決)

     議案第53号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市税条例等の一部を改正する条例について)

     議案第54号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市都市計画税条例の一部を改正する条例について)

     議案第55号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市国民健康保険税条例等の一部を改正する条例について)

     議案第56号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市介護保険条例の一部を改正する条例について)

                                    計4件

     議案第57号 山梨市税条例の一部を改正する条例について

                                    計1件

     議案第58号 平成27年度山梨市一般会計補正予算(第1号)

                                    計1件

     議案第59号 平成27年度山梨市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

                                    計1件

     請願第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための請願書

                                    計1件

  第3 市長追加提出議案

     (提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)

     議案第60号 山梨市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

  第4 滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

  第5 大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の補欠選挙

  第6 常任委員会委員の選任

  第7 議会運営委員会委員の選任

  第8 常任委員会の閉会中の所管事務調査の件

  第9 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件

  第10 議員の派遣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  日程第1から日程第10は議事日程に同じ

  追加日程第1 議長の辞職

  追加日程第2 議長の選挙

  追加日程第3 副議長の辞職

  追加日程第4 副議長の選挙

  追加日程第5 市長追加提出議案

          (提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)

         議案第61号 監査委員の選任について同意を求める件

  追加日程第6 議席の一部変更

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(17名)

     2番   木内健司君    3番   根津和博君

     4番   武井寿幸君    5番   三枝正文君

     6番   乙黒泰樹君    7番   矢崎和也君

     8番   土屋裕紀君    9番   村田 浩君

    10番   深沢敏彦君   11番   大竹裕子君

    12番   大村政啓君   13番   飯嶋賢一君

    14番   古屋弘和君   15番   吉田昭男君

    16番   雨宮 巧君   17番   小野鈴枝君

    18番   古屋雅夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(1名)

     1番   古屋忠城君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長      望月清賢君   副市長     小林 孝君

                  秘書人事

  教育長     丸山森人君           飯島尚敏君

                  課長

                  まちづくり

  総務課長    古屋一彦君           深澤秀史君

                  政策課長

  財政課長    松土茂治君   管財課長    杉田公司君

  税務課

          望月好也君   市民課長    菊嶋 茂君

  課長補佐

  福祉課             子育て

          小田切 聡君          古屋貴章君

  課長補佐            支援課長

                  健康増進

  晴風園長    広瀬秀二君           所 和雄君

                  課長

  介護保険

          橘田 武君   環境課長    杉田 哲君

  課長

  観光商工

          網野次男君   農林課長    小池正樹君

  課長

                  都市計画

  建設課長    清水一彦君           守屋裕史君

                  課長

                  会計管理者

  下水道課長   鈴木祐之君           日原好一君

                  会計課長

  牧丘支所長   奥山栄一君   三富支所長   穐野今朝貴君

                  学校教育

  水道課長    中村信明君           小川鉄男君

                  課長

  生涯学習

          中村貴仁君

  課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務            議会事務局

          帯津毅仁君           古宿昌士君

  局長              次長

  書記      橋本直人君   会議書記    藤原祐示君



△開議 午前10時00分



◎議会事務局長(帯津毅仁君) 再開に先立ち、お互いに挨拶を交わしたいと思います。

 ご起立をお願いします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(帯津毅仁君) 相互に礼。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員表彰伝達



○副議長(木内健司君) 議員表彰の伝達を行います。

 第91回全国市議会議長会定期総会において、永年勤続議員の表彰が行われました。

 15年以上の職にある者として小野鈴枝議員、大竹裕子議員が、10年以上の職にある者として雨宮巧議員が表彰を受けられました。心から敬意をあらわすとともに、お祝いを申し上げます。



◎議会事務局長(帯津毅仁君) 小野鈴枝議員、大竹裕子議員、雨宮巧議員には、演壇の前にお進み願います。



○副議長(木内健司君) 表彰状。山梨市、小野鈴枝殿。

 あなたは、市議会議員として15年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第91回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成27年6月17日、全国市議会議長会会長、岡下勝彦。

          (拍手)

 表彰状。山梨市、大竹裕子殿。

 以下同文でございます。

          (拍手)

 表彰状。山梨市、雨宮巧殿。

 あなたは、市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第91回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成27年6月17日、全国市議会議長会会長、岡下勝彦。

          (拍手)



◎議会事務局長(帯津毅仁君) おめでとうございました。

 お席にお戻りください。



○副議長(木内健司君) なお、本席での伝達は、全国市議会議長会の表彰のみとさせていただいておりますので、ご了承願います。

 以上で議員表彰伝達を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○副議長(木内健司君) 地方自治法第106条第1項の規定により、副議長が議長の職務を務めさせていただきます。

 ただいまの出席議員は17名です。

 定足数に達していますので、本会議を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

          〔本文 143頁〜144頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 諸般の報告



○副議長(木内健司君) 日程第1 諸般の報告を行います。

 会議規則第39条の規定により、各常任委員会に付託いたしました議案等の審査結果について、委員会報告書の提出がありました。お手元に配付いたしましたので、ご了承願います。

 次に、市長から追加提出議案の送付がありました。提出議案は、議案第60号 山梨市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。市長追加提出議案として上程いたしますので、ご了承願います。

 次に、古屋忠城議員から、一身上の都合により本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。

 次に、市長から説明を委任した者の変更について報告がありました。お手元に配付したとおりですので、ご了承願います。

 次に、地球温暖化防止及び節電のため、本市議会でも夏季におけるクールビズに取り組んでおります。本会議場で上着を脱ぐことを許しますので、ご了承願います。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 常任委員会委員長報告(質疑・討論・採決)



○副議長(木内健司君) 日程第2、常任委員会委員長報告を行います。

 本定例会に上程されました議案及び請願については、各常任委員会へ審査を付託しています。

 各常任委員長から審査の経過と結果について報告を求めます。

 なお、各常任委員会に分割付託している議案もありますので、各常任委員長の報告後に質疑、討論及び採決を行います。

 初めに、総務常任委員会委員長、大竹裕子議員の報告を求めます。

 大竹裕子議員。



◆総務常任委員長(大竹裕子君) 総務常任委員会より報告いたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第53号、議案第54号及び議案第55号は、全会一致で承認すべきものと決定いたしました。

 議案第57号及び議案第58号関係付託部分は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 議案第58号 平成27年度山梨市一般会計補正予算(第1号)の関係付託部分についてであります。

 千鳥のモニュメントの除幕式の内容について伺いたい。また、当初予算における単価に比べて、補正予算における単価が高いようであるが、理由を伺いたいとの問いに対して、モニュメントは4カ所に設置するが、そのうちの一つを市民会館の敷地内で差出の磯が良く見える場所に設置することとし、除幕式の会場にしたいと考えている。式典は、琴などによる邦楽の演奏を行うなど、古今和歌集の世界にふさわしい演出を考えている。モニュメントの単価の差については、石材や経費等の高騰によるもので、再積算の結果であるとの答弁がありました。

 次に、ふるさと納税が好調であるが、現在までの状況を伺いたいとの問いに対して、6月19日までに2,456件あり、納税額は3,000万円を超えている。秋以降の特産品の確保が課題であるとの答弁がありました。

 次に、議案第57号 山梨市税条例の一部を改正する条例についてに関してであります。

 固定資産税の前納の特典がなくなる。一括納付するという納税努力に対する報奨であるので、市独自の報奨制度の検討、あるいは納付回数を増やす等の検討も必要であると考えるがいかがかとの問いに対して、当面は4期での納付の方法で進めていきたい。固定資産税の納付回数については今後研究していきたいとの答弁がありました。

 以上をもちまして、総務常任委員会の報告といたします。

          〔参考資料 16頁〜17頁参照〕



○副議長(木内健司君) 次に、建設経済常任委員会委員長、古屋弘和議員の報告を求めます。

 古屋弘和議員。



◆建設経済常任委員長(古屋弘和君) 建設経済常任委員会より報告いたします。

 付託されました議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第58号関係付託部分及び議案第59号については、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なものについて報告いたします。

 議案第58号 平成27年度山梨市一般会計補正予算(第1号)の関係付託部分についてであります。

 峡東3市のワインリゾート構想の内容はとの問いに対して、現在、観光客の動態が富士山効果で富士北麓地域に集まっている。ワインリゾート構想は、峡東3市がワインや温泉・果樹などの共通の観光資源を使い、富士山から峡東地域へ宿泊を伴う周遊旅行に来てもらうための構想であるとの答弁がありました。

 また、強い農業づくり交付金はどのような内容かとの問いに対して、平成28年度の桃の出荷に間に合うように、加納岩・後屋敷・日川の3支所で行っていた共選を加納岩支所へまとめ、販売の効率化を図るため光センサー選果機の導入、集出荷施設の整備を行う。また、ブドウの共選は日川支所へまとめ、選果施設の充実を図るとの答弁がありました。

 要望事項といたしまして、まず、ワインリゾート構想に基づき、峡東3市が連携し周遊ルートを確立すること。次に、強い農業づくり交付金を活用し、後屋敷及び日川共選所を加納岩支所加納岩共選所にまとめることにより、通勤時間や通学時間と出荷時間が重なるため、安全面において不安を感じる。市民の皆様が安全に通行できるように市として対策を講ずること。以上2点について要望します。

 なお、現地調査として、水口配水池に設置したマイクロ水力発電施設の視察を行いました。

 以上をもちまして、建設経済常任委員会の報告といたします。

          〔参考資料 18頁〜19頁参照〕



○副議長(木内健司君) 次に、教育民生常任委員会委員長、古屋雅夫議員の報告を求めます。

 古屋雅夫議員。



◆教育民生常任委員長(古屋雅夫君) 委員長の古屋雅夫です。

 教育民生常任委員会より報告をいたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第56号は、原案のとおり全会一致で承認すべきものと決定いたしました。

 議案第58号関係付託部分は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 請願第1号につきましては、賛成少数で不採択すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第58号 平成27年度山梨市一般会計補正予算(第1号)関係付託部分のうち、衛生費に関連してであります。

 補正予算の内容は、環境センター設備の修繕とのことであるが、平成29年度からごみ処理施設が笛吹市境川へと移転する。これに伴い、中継施設についてはどのように考えているかとの問いに対し、6月19日の一般質問においても答えたが、現在、ごみ焼却場では1日約100台の利用がある。ごみ焼却場の粗大ごみ等の受け入れが終了すれば、境川のごみ処理施設を利用していただくこととなるが、境川の施設まで行かなくても済むように施設の設置場所を山梨市内に慎重に検討している。なお、設置箇所数については、当面1カ所を考えているが、その後は検討していくとの答弁があり、これを確認いたしました。

 次に、県支出金のうち教育費県委託金についてであります。

 学力向上フォローアップ事業について、県からの委託金は、今年度だけでなく継続していくものなのか。また、近隣市の状況と現状について説明をいただきたいとの問いに対し、県の委託を受けて実施するのは27年度のみである。ただし、1年のみで効果は期待できない。県の予算的な部分もあるが、少なくとも3年ぐらい続けていきたい。近隣市の甲州市においては、昨年度から実施しているが、今年度は規模を縮小させ、市の予算を計上し継続しているとの答弁があり、これを確認いたしました。

 次に、市民会館耐震補強大規模改修・新図書館整備事業について、これまでクラブ室として幾つかの団体が使用していたが、退去となる。退去に当たっては、移転先の提示及び適切な説明が行われたのか、その経緯について説明をいただきたいとの質問に対して、これまで4団体が使用している。早い段階から改修工事を前提に各団体と協議を行い、市としては、新たな事務所の設置場所として、旧ムカワホーム工場棟南側住宅部分を提示した。文化協会、青年会議所から倉庫として使用したい旨の意向をいただき、他の団体については独自で事務所を探していただいている。協議はスムーズに進行ができたとの答弁があり、これを確認いたしました。

 また、改修中の図書の貸出しは、当初、難しいとのことであったが、今回、貸出しを行うこととなった。その当初から変更になった経緯について説明をいただきたいとの質問に対し、現在に至るまで、利用者から休館中の貸出しについて多数の要望があり、夢わーく山梨の図書室利用について、市商工会とも話をしながら、本棚、蔵書可能数、予算等、具体的な検討をした結果、仮図書館として開設できると判断したとの答弁があり、これを確認いたしました。

 なお、現地調査として、山梨南中学校エアコン設置工事の状況、学校給食センター建設候補地である果樹試験場跡地、市民会館耐震補強大規模改修・新図書館整備事業に伴う物品保管場所及びクラブ室の移転先として、ムカワホーム跡地の視察を行いました。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会からの報告といたします。

          〔参考資料 20頁〜21頁参照〕



○副議長(木内健司君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(木内健司君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) 質疑なしと認めます。

 これをもちまして質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(木内健司君) これより討論に入ります。

 討論の通告はありませんでした。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 初めに、議案第53号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市税条例等の一部を改正する条例について)、議案第54号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市都市計画税条例の一部を改正する条例について)、議案第55号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市国民健康保険税条例等の一部を改正する条例について)、議案第56号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市介護保険条例の一部を改正する条例について)の4案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案承認であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第53号、議案第54号、議案第55号、議案第56号の4案件は原案のとおり承認されました。

 次に、議案第57号 山梨市税条例の一部を改正する条例について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第58号 平成27年度山梨市一般会計補正予算(第1号)についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第59号 平成27年度山梨市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。

 次に、請願第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための請願書の採決を行います。

 委員長報告は不採択です。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 請願第1号を採択することに賛成の諸君は起立願います。

          (賛成者起立)(6名)



○副議長(木内健司君) ご着席ください。

 起立少数です。

 よって、請願第1号は不採択とすることに決定されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 市長追加提出議案(提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)



○副議長(木内健司君) 日程第3、市長追加提出議案を議題といたします。

 本日、市長より送付されました議案は、議案第60号 山梨市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 望月清賢市長。



◎市長(望月清賢君) 最終日に追加させていただく議案は、条例関係1件であります。

 議案第60号は、山梨市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 夏季における職員の福利の向上を図るため、特別休暇のうち、夏季休暇の取得できる期間は3日以内から5日以内に改め、平成27年7月1日から施行しようとするものであります。

 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○副議長(木内健司君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第60号については、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第60号は、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 議案第60号 山梨市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



○副議長(木内健司君) 日程第4、滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙を議題といたします。

 本件は、滑沢山恩賜県有財産保護組合の議会議員の任期が平成27年7月31日をもって満了となるため、組合規約第6条により、山梨市区域の滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙を行うものです。

 お諮りいたします。

 滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、地区関係者と地元議員で協議の上、推薦のあった者を議長が指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定いたしました。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員に下井尻地区から植原忠さん、渡邉達雄さん、七日市場地区から手塚俊亨さん、林邉隆夫さん、小原西地区から中田勝彦さん、小原東地区から米倉和男さん、三富上柚木地区から角田旭さん、廣瀬式さんの8名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました皆様を滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました皆様が滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 以上8名の滑沢山恩賜県有財産保護組合議会議員には、会議規則第32条第2項の規定により文書で告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の補欠選挙



○副議長(木内健司君) 日程第5、大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の補欠選挙を議題といたします。

 本件は、大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員が欠員となったため、組合規約第6条の規定により、山梨市歌田地区1名の補欠選挙を行うものです。

 お諮りいたします。

 大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、地区関係者と地元議員で協議の上、推薦のあった者を議長が指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定いたしました。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員に山梨市歌田地区から堀内憲男さんを指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました堀内憲男さんを大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました堀内憲男さんが大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 当選されました堀内憲男さんには、会議規則第32条第2項の規定により文書で告知をいたします。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時30分



△再開 午前11時05分



○副議長(木内健司君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(木内健司君) 古屋忠城議員から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の辞職について日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長の辞職について日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 議長の辞職



○副議長(木内健司君) 追加日程第1、議長の辞職について議題といたします。

 辞職願を事務局に朗読させます。



◎議会事務局次長(古宿昌士君) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、一身上の都合により議長を辞職したいので許可されるよう願います。

 平成27年6月26日

 山梨市議会議員 古屋忠城

 山梨市議会副議長 木内健司殿

 以上でございます。



○副議長(木内健司君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 古屋忠城議員の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、古屋忠城議員の議長辞職を許可することに決定いたしました。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時09分



△再開 午前11時45分



○副議長(木内健司君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(木内健司君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、追加日程第2として選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 議長の選挙



○副議長(木内健司君) 追加日程第2、議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、副議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長において指名することに決定いたしました。

 議長に古屋弘和議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました古屋弘和議員を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(木内健司君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました古屋弘和議員が議長に当選されました。

 議長に当選されました古屋弘和議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、議長当選の告知をいたします。

 議長に当選されました古屋弘和議員に当選の承諾及び就任の挨拶をお願いいたします。

 古屋弘和議員。



○議長(古屋弘和君) 今、この演壇に立った瞬間に、議長という重責と緊張で体が震える思いであります。

 過日の新聞紙上に載っておりました中で、大正7年生まれの元首相、中曽根康弘氏は現在の心境を色紙にしたためてありました。「埋もれ火や赤くさえたるままにして」、その一言に、とわの青年、情熱を感じる心が熱くなりました。

 今後、第11代議長として、古屋忠城第10代議長の築かれた業績を継承しつつ、議会の代表者と会議の主催者としての立場に立って行動いたします。

 最後に、地方議会は住民の代表機関であり、地域民主主義を充実させる重要な役割と責任があることを念頭に入れながら、山梨市議会基本条例の早期制定を第一として、議長の職に専念いたします。

 今後とも温かい心でご指導、ご鞭撻をお願いいたします。ありがとうございました。

          (拍手)



○副議長(木内健司君) 以上で議長の選挙を終了いたします。

 本席を新議長と交代いたします。

 古屋弘和議員、議長席へお着き願います。

          (議長交代)



○議長(古屋弘和君) ただいまより議長の職務を務めさせていただきます。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時53分



△再開 午後1時10分



○議長(古屋弘和君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋弘和君) 休憩中、木内健司議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。

 この際、副議長の辞職について日程に追加し、追加日程第3として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の辞職について日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第3 副議長の辞職



○議長(古屋弘和君) 追加日程第3、副議長の辞職について議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、木内健司議員の除斥を求めます。

          (木内健司君退席)



○議長(古屋弘和君) 辞職願を事務局に朗読させます。



◎議会事務局次長(古宿昌士君) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので許可されるよう願います。

 平成27年6月26日

 山梨市議会議員 木内健司

 山梨市議会議長 古屋弘和殿

 以上でございます。



○議長(古屋弘和君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 木内健司議員の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、木内健司議員の副議長辞職を許可することに決定いたしました。

 木内健司議員の入場を求めます。

          (木内健司君入場)



○議長(古屋弘和君) 木内健司議員に申し上げます。

 ただいま副議長辞職願は、本会議において許可されましたので通知いたします。

 ここで、木内健司議員から退任の挨拶の申し出がありますので、これを許します。

 木内健司議員。



◆前副議長(木内健司君) 退任に際しまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 昨年の6月26日、まさに今日と同じ日付でありますけれども、副議長の大任を拝しまして、皆様のお力添えのもと、この1年間つつがなく任を全うすることができたというふうに思っております。この間、様々な通常ではできないような体験をさせていただきましたことにつきまして、皆様のお力添えがあったればこそと感謝の言葉を申し上げます。

 また、今後につきましては、一議員として、様々な課題にまた皆様と一緒に挑戦をしてまいりたいというふうに決意をしております。新たな決意でまたこれから先も頑張っていきたいというふうに思っております。本当にこの1年間大変にありがとうございました。

          (拍手)



○議長(古屋弘和君) 木内健司前副議長には大変ご苦労さまでした。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時17分



△再開 午後1時35分



○議長(古屋弘和君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋弘和君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、追加日程第4として選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第4 副議長の選挙



○議長(古屋弘和君) 追加日程第4、副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 副議長に三枝正文議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました三枝正文議員を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました三枝正文議員が副議長に当選されました。

 副議長に当選されました三枝正文議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、副議長当選の告知をいたします。

 副議長に当選されました三枝正文議員に当選の承諾及び就任の挨拶をお願いいたします。

 三枝正文議員。



◆副議長(三枝正文君) 新翔会の三枝正文でございます。

 このたび、議員の皆様の温かいご支援をいただき、第11代山梨市議会副議長に就任させていただきました。本当にありがとうございました。

 微力ではございますが、古屋議長とともに、山梨市政のさらなる発展に向け、重責をしっかり務めてまいりたいと存じます。

 今後におきましても引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げ、簡単ではありますが、副議長就任のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

          (拍手)



○議長(古屋弘和君) 以上で副議長の選挙を終わります。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時42分



△再開 午後3時05分



○議長(古屋弘和君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋弘和君) 休憩中、市長から議案第61号 監査委員の選任について同意を求める件が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議案第61号を日程に追加し、追加日程第5として議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第61号を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第5 市長追加提出議案(提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)



○議長(古屋弘和君) 追加日程第5、市長追加提出議案を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、大竹裕子議員の除斥を求めます。

          (大竹裕子君退席)



○議長(古屋弘和君) 市長に提案理由の説明を求めます。

 望月清賢市長。



◎市長(望月清賢君) 追加提案いたします議案は、議案第61号 監査委員の選任について同意を求める件であります。

 山梨市監査委員について、議員のうちから選任された雨宮巧議員は、平成27年6月26日をもって辞職いたしましたので、その後任として山梨市下井尻1167番地1、大竹裕子議員を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により、同意を求めるものであります。

 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(古屋弘和君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 本案は、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第61号 監査委員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第61号は原案のとおり同意されました。

 大竹裕子議員の除斥を解きます。

          (大竹裕子君入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第6 常任委員会委員の選任



○議長(古屋弘和君) 日程第6、常任委員会委員の選任を議題といたします。

 各常任委員会委員が任期満了となったため、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 総務常任委員会委員に古屋忠城議員、木内健司議員、武井寿幸議員、土屋裕紀議員、雨宮巧議員、古屋雅夫議員の以上6名を、建設経済常任委員会委員に乙黒泰樹議員、深沢敏彦議員、大竹裕子議員、大村政啓議員、飯嶋賢一議員、小野鈴枝議員の以上6名を、教育民生常任委員会委員に根津和博議員、三枝正文議員、矢崎和也議員、村田浩議員、古屋弘和議員、吉田昭男議員の以上6名をそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君を各常任委員会の委員に選任することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第7 議会運営委員会委員の選任



○議長(古屋弘和君) 日程第7、議会運営委員会委員の選任を議題といたします。

 議会運営委員会委員が任期満了となったため、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 議会運営委員会委員に、武井寿幸議員、矢崎和也議員、大村政啓議員、飯嶋賢一議員、雨宮巧議員、古屋雅夫議員の以上6名を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました6名を議会運営委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 ただいま選任されました各常任委員会委員、議会運営委員会委員は、休憩中にそれぞれ委員会を開催し、委員会条例第8条第2項の規定により、正副委員長の互選を行い、その結果を議長までご報告願います。

 正副委員長互選について委員会を開催するため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時14分



△再開 午後3時55分



○議長(古屋弘和君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(古屋弘和君) 休憩中、各常任委員会及び議会運営委員会において正副委員長の互選を行いました。

 総務常任委員会委員長、土屋裕紀議員、副委員長、木内健司議員、建設経済常任委員会委員長、大村政啓議員、副委員長、乙黒泰樹議員、教育民生常任委員会委員長、矢崎和也議員、副委員長、根津和博議員、議会運営委員会委員長、飯嶋賢一議員、副委員長、武井寿幸議員がそれぞれ互選されました。

 以上で、正副委員長互選結果報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第8 常任委員会の閉会中の所管事務調査の件



○議長(古屋弘和君) 日程第8、常任委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。

 総務、建設経済、教育民生の各常任委員長から、会議規則第110条の規定により、所管事務の調査事項について閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

          〔参考資料 24頁〜26頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第9 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件



○議長(古屋弘和君) 日程第9、議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。

 議会運営委員長から、会議規則第110条の規定により、議会の運営に関する事項について閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

          〔参考資料 27頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第10 議員の派遣



○議長(古屋弘和君) 日程第10、議員の派遣を議題といたします。

 議員の派遣については、地方自治法第100条第13項及び会議規則第164条の規定により、お手元に配付いたしましたとおり、閉会中に議員を派遣したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、お手元に配付したとおり、議員を派遣することに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 ただいま議決されました議員派遣の内容に変更を要することとなった場合は、その措置を議長に一任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、議員派遣の内容に変更を要することになった場合の措置は、議長に一任することに決定いたしました。

          〔参考資料 28頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋弘和君) 議席の一部変更を行います。

 お諮りいたします。

 正副議長の選挙に伴い、会議規則第3条第3項の規定により、議席の一部変更を日程に追加し、追加日程第6として議題に追加したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、議席の一部変更について日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第6 議席の一部変更



○議長(古屋弘和君) 追加日程第6、議席の一部変更を議題といたします。

 議席番号及び氏名を事務局に朗読させます。



◎議会事務局次長(古宿昌士君) 朗読いたします。

 1番、古屋弘和議員、2番、三枝正文議員、5番、乙黒泰樹議員、6番、矢崎和也議員、7番、土屋裕紀議員、8番、村田浩議員、9番、深沢敏彦議員、10番、大竹裕子議員、11番、木内健司議員、14番、古屋忠城議員。

 以上でございます。



○議長(古屋弘和君) お諮りいたします。

 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋弘和君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(古屋弘和君) 以上で、本定例会の日程は全て終了いたしました。

 平成27年6月山梨市議会定例会を閉会いたします。



△閉会 午後4時03分



◎議会事務局長(帯津毅仁君) お互いに挨拶を交わしたいと思います。

 ご起立をお願いします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(帯津毅仁君) 相互に礼。

               午後4時03分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成27年6月26日

        山梨市議会議長   古屋弘和

        山梨市議会前議長  古屋忠城

        山梨市議会副議長  三枝正文

        山梨市議会前副議長 木内健司

        会議録署名議員   乙黒泰樹

        会議録署名議員   吉田昭男