議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成27年  3月 定例会 03月12日−02号




平成27年  3月 定例会 − 03月12日−02号







平成27年  3月 定例会



          平成27年3月山梨市議会定例会 第2日

◯平成27年山梨市議会3月定例会第2日目は、3月12日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成27年3月12日(木曜日)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第2号)

  第1 諸般の報告

     (1)常任委員会審査結果報告

  第2 常任委員会委員長報告

     (質疑・討論・採決)

     議案第16号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度山梨市一般会計補正予算(第7号))

                                    計1件

     議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)

                                    計1件

     議案第18号 平成26年度山梨市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

     議案第19号 平成26年度山梨市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)

     議案第20号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第21号 平成26年度山梨市浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第22号 平成26年度山梨市介護保険特別会計補正予算(第4号)

     議案第23号 平成26年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第24号 平成26年度山梨市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第25号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計補正予算(第4号)

                                    計8件

     議案第26号 平成26年度山梨市水道事業会計補正予算(第4号)

                                    計1件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

     1番   古屋忠城君    2番   木内健司君

     3番   根津和博君    4番   武井寿幸君

     5番   三枝正文君    6番   乙黒泰樹君

     7番   矢崎和也君    8番   土屋裕紀君

     9番   村田 浩君   10番   深沢敏彦君

    11番   大竹裕子君   12番   大村政啓君

    13番   飯嶋賢一君   14番   古屋弘和君

    15番   吉田昭男君   16番   雨宮 巧君

    17番   小野鈴枝君   18番   古屋雅夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長      望月清賢君   副市長     小林 孝君

                  政策秘書

  教育長     丸山森人君           小林勝正君

                  課長

  総務課長    飯島尚敏君   財政課長    古屋貴章君

  管財課長    杉田公司君   税務課長    古屋一彦君

  市民生活            福祉事務

          帯津毅仁君           里吉幹夫君

  課長              所長

                  健康増進

  晴風園長    藤巻達也君           小川鉄男君

                  課長

  介護保険

          雨宮利幸君   環境課長    杉田 哲君

  課長

                  農林商工

  観光課長    網野次男君           若月 清君

                  課長

                  都市計画

  建設課長    清水一彦君           深澤秀史君

                  課長

  下水道課長   小池正樹君   牧丘支所長   奥山栄一君

                  会計管理者

  三富支所長   日原好一君           深沢健二君

                  会計課長

  水道課             学校教育

          米倉英樹君           雨宮一昭君

  課長補佐            課長

  生涯学習

          松土茂治君

  課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務            議会事務局

          武井信治君           古宿昌士君

  局長              次長

  書記      岡村麻呂君   会議書記    齊藤一郎君

               開議 午前10時00分



◎議会事務局長(武井信治君) 再開に先立ち、お互いに挨拶を交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(武井信治君) 相互に礼。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○議長(古屋忠城君) ただいまの出席議員は18名です。

 定足数に達していますので、本会議を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

          〔本文 27頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 諸般の報告



○議長(古屋忠城君) 日程第1、諸般の報告を行います。

 会議規則第39条の規定により、各常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、委員会報告書の提出がありました。お手元に配付いたしましたので、ご了承願います。

 次に、市長から説明を委任した者の変更について報告がありました。お手元に配付いたしましたとおりですので、ご了承願います。

 以上で、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 常任委員会委員長報告(質疑・討論・採決)



○議長(古屋忠城君) 日程第2、常任委員会委員長報告を行います。

 本定例会に上程されました議案のうち、議案第16号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度山梨市一般会計補正予算(第7号))並びに議案第17号から議案第26号までの平成26年度山梨市各会計補正予算についての11案件は、各常任委員会へ審査を付託しています。

 各常任委員長から審査の経過と結果について報告を求めます。

 なお、各常任委員会に分割付託している議案もありますので、各常任委員長の報告後に質疑、討論及び採決を行います。

 初めに、総務常任委員会委員長、大竹裕子君の報告を求めます。

 大竹裕子君。



◆総務常任委員長(大竹裕子君) 総務常任委員会より報告いたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第16号は全会一致で承認すべきものと決定いたしました。

 議案第17号関係付託部分及び議案第18号関係付託部分は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から、主なるものについてその概要を申し上げます。

 議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の関係付託部分についてであります。

 歳入に関して、市債のうち、過疎対策事業債が1億5,000万円の減額であるが、その内容は何かとの問いに対して、事業費見直しによるもの及び牧丘簡易水道特別会計への繰出金分の減額である。これまでは、一般会計で借り入れて繰出金として簡易水道特別会計へ支出していたものを、今後は一般会計で借り入れるのではなく、簡易水道特別会計で借り入れるようにしたことによるものであるとの答弁がありました。

 次に、歳出に関して、まちづくり協働事業費の減額は、協働事業の提案が少なかったことによる減額かとの問いに対して、当初見込んでいた提案数はあったものの、選考委員会において保留の扱いとなり、再提案を求められていた事業が結果的に提案されなかったことにより減額補正することとなったとの答弁がありました。

 次に、議案第18号 平成26年度山梨市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の関係付託部分についてであります。

 一般被保険者保険税還付金の増額補正の内容は何か、また、いつまで遡って還付することができるのかとの問いに対して、社会保険に異動した際に国民健康保険からの脱退の手続を怠っていた人に対して遡って還付したために、予算残額に不足額が生ずることによる補正増である。還付については地方税法の規定により5年まで遡って還付することができるとの答弁がありました。

 以上をもちまして、総務常任委員会の報告といたします。

          〔参考資料 10頁〜11頁参照〕



○議長(古屋忠城君) 次に、建設経済常任委員会委員長、古屋弘和君の報告を求めます。

 古屋弘和君。



◆建設経済常任委員長(古屋弘和君) 建設経済常任委員会より報告いたします。

 付託されました議案第17号関係付託部分、議案第20号、議案第21号、議案第24号、議案第25号及び議案第26号については、お手元に配付した報告書のとおり、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なものについて報告いたします。

 最初に、議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の関係付託部分についてであります。

 地域住民生活等緊急支援交付金実施計画のプレミアム商品券は、どのような内容を考えているのかとの問いに対して、市内の消費を喚起することを重視し、プレミアム率を30%とし、早期に実現できるよう6月から6カ月以内の使用期間を予定している。発行は約2万セットを予定しており、実施主体である山梨市商工会と打ち合わせを行っているとの答弁がありました。

 次に、若者定住促進住宅の入居状況はいかがかとの問いに対して、現在3軒の空きがあるが、そのうちの1軒については、若者定住促進住宅の成果として、三富地内に新居を建築し退去した方であるとの答弁がありました。

 最後に、議案第25号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計補正予算(第4号)についてであります。

 独立採算性の観点から、どのような方策を考えているのかとの問いに対して、時間帯別に利用者数の統計をとり、この結果に基づき、利用者へのサービスの低下にならないことを前提に、営業時間の見直しや使用料の見直しなどを検討しているとの答弁がありました。

 以上をもちまして、建設経済常任委員会の報告といたします。

          〔参考資料 12頁〜13頁参照〕



○議長(古屋忠城君) 次に、教育民生常任委員会委員長、古屋雅夫君の報告を求めます。

 古屋雅夫君。



◆教育民生常任委員長(古屋雅夫君) 教育民生常任委員会より報告をいたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第17号関係付託部分、議案第18号、議案第19号、議案第22号、議案第23号は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の関係付託部分、民生費のうち、児童福祉費についてであります。

 第3子子供祝い金経費について、新年度から第3子の祝い金が10万円から20万円になるとのことであるが、今回の補正によって明許繰り越しする必要があるのか、新年度予算とすることはしないのかとの質問に対し、第3子出産祝い金について、財源確保を目的として、地域住民生活等緊急支援交付金を利用する予定である。この交付金は今年度中に予算化する必要があるため、今回補正させていただき、実際に事業が実施される次年度に明許繰り越しさせていただきたいとの答弁があり、また交付金を利用することにより、事業費のうちどのぐらい交付金で充当できるのかとの問いに対して、第3子祝い金支給事業の事業961万円のうち720万円を交付金で充当できる予定である。なお、平成28年度以降は交付金の実施予定がないため、一般財源で事業を行う予定であるとの答弁があり、これを確認いたしました。

 次に、議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の関係付託部分、衛生費のうち、清掃費についてであります。

 焼却灰の運搬が100トン分追加とのことであるが、これは現在ストックされている焼却灰を運搬するためのものかとの問いに対して、環境センターの横に焼却灰をストックするストックヤードが設けられているが、そのストックヤードが焼却灰でいっぱいになってしまった。今回はそれを処分するための追加分として補正させていただきたいとの答弁があり、これを確認いたしました。

 次に、議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の関係付託部分、使用料及び手数料のうち、使用料についてであります。

 牧丘文化ホールの使用料について減額となっているが、もともと使用料が安い中でどのようなことが理由で減額となっているのかとの問いに対して、今年度については、文化ホールでのレコーディングの使用及びピアノ発表会の場として使用する団体が少なかったためであるとの答弁があり、これを確認いたしました。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会からの報告とさせていただきます。

          〔参考資料 14頁〜15頁参照〕



○議長(古屋忠城君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(古屋忠城君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋忠城君) 質疑なしと認めます。

 これをもちまして質疑を終わります。

 これより討論を行います。

 討論の通告はありませんでした。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 初めに、議案第16号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度山梨市一般会計補正予算(第7号))の採決を行います。

 委員長報告は原案承認です。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋忠城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号は原案のとおり承認されました。

 次に、議案第17号 平成26年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の採決を行います。

 委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋忠城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第18号 平成26年度山梨市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、議案第19号 平成26年度山梨市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)、議案第20号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計補正予算(第4号)、議案第21号 平成26年度山梨市浄化槽事業特別会計補正予算(第3号)、議案第22号 平成26年度山梨市介護保険特別会計補正予算(第4号)、議案第23号 平成26年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第3号)、議案第24号 平成26年度山梨市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)、議案第25号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計補正予算(第4号)の8案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋忠城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第25号の8案件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第26号 平成26年度山梨市水道事業会計補正予算(第4号)の採決を行います。

 委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋忠城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(古屋忠城君) 以上で本日の日程は全て終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。



◎議会事務局長(武井信治君) お互いに挨拶を交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(武井信治君) 相互に礼。



△散会 午前10時19分