議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成18年  6月 定例会(第2回) 06月23日−04号




平成18年  6月 定例会(第2回) − 06月23日−04号







平成18年  6月 定例会(第2回)



          平成18年第2回山梨市議会定例会 第4日

◯平成18年山梨市議会第2回定例会第4日目は、6月23日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成18年6月23日(金曜日)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

  第1 開議

  第2 委員長報告

    1 総務常任委員長

    2 建設経済常任委員長

    3 教育民生常任委員長

  第3 委員長報告に対する質疑

  第4 議案及び請願に対する討論・採決

     議案第74号、75号、76号 計3件

     議案第77号、78号 計2件

     議案第79号

     議案第80号、81号、82号、83号 計4件

     議案第84号、85号 計2件

     議案第86号、87号、88号、89号 計4件

     議案第90号

     議案第91号、92号 計2件

     議案第93号

     請願第1号

  第5 議員提出議案の上程

     山議案第2号 道路特定財源確保に関する意見書について

  第6 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決

  第7 議員派遣

  第8 閉会中の先進地行政視察について

  第9 追加議案の上程

     山議案第3号 義務教育費国庫負担金制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための意見書

  第10 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決

      議長辞職

      議長選挙

      副議長辞職

      副議長選挙

  第11 追加議案の上程

      議案第94号 監査委員の選任について同意を求める件

  第12 議案の朗読

  第13 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決

  第14 常任委員会委員の選任

  第15 議会運営委員会委員の選任

  第16 常任委員会正副委員長決定報告

  第17 議会運営委員会正副委員長決定報告

  第18 議席の一部変更

  第19 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20名)

     1番   志村 忍君    2番   高原信道君

     3番   古屋保男君    4番   佐藤 勇君

     5番   岩崎友江君    6番   吉田昭男君

     7番   奥山弘昌君    8番   野澤重幹君

     9番   山田 稔君   10番   小野鈴枝君

    11番   大竹裕子君   12番   仲澤正巳君

    13番   山崎峰三君   14番   大久保光男君

    15番   秋山榮治君   16番   向山 輝君

    17番   雨宮 巧君   18番   星野 洋君

    19番   丸山正一君   20番   雨宮義和君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長       中村照人君    助役       小林勝己君

  教育長      堀内邦満君    秘書人事課長   田村 長君

  総務課長     三富秀樹君    総合政策課長   井戸 栄君

  管財課長     坂本孝二君    税務課長     鶴田昌信君

  市民課長     加々見義雄君   福祉事務所長   小沢袈裟博君

  少子対策課長   相原和男君    晴風園長     窪田今朝富君

  保健課長     竹川一徳君    環境課長     山下哲司君

  商工労政課長   田村 正君    観光課長     石場正敏君

  農林課長     加々美眞人君   建設課長     中村 一君

  都市計画課長   堀内 勝君    下水道課長    岡 博久君

  会計課長     雨宮敦雄君    水道課長     早川 與君

  学校教育課長   三澤武文君    生涯学習課長   芦澤 武君

  社会体育課長   奥山博文君    監査委員事務局長 三澤一郎君

  牧丘支所長    武藤 亨君    三富支所長    角田 寛君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務局長   金丸俊男君    議会事務局次長  小林 孝君

  書記       手島裕司君    会議書記     加藤隆史君



△開議 午前10時00分



◎議会事務局長(金丸俊男君) 再開に先立ちまして、相互にあいさつを交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(金丸俊男君) 相互に礼。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 開議



○議長(志村忍君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 申し上げます。上着を脱ぐことを許します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 委員長報告



○議長(志村忍君) 日程により、常任委員長報告を行います。

 総務常任委員長 秋山榮治委員長。



◆総務常任委員長(秋山榮治君) 総務常任委員会より報告をいたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定をいたしました。

 議案第74号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市税条例の一部を改正する条例について)、議案第75号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市都市計画税条例の一部を改正する条例について)、議案第76号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)、議案第77号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について)、議案第78号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について)、議案第86号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市一般会計補正予算(第6号))関係付託部分、議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)関係付託部分、議案第91号 平成18年度山梨市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第93号指定管理者の指定についての9案件は、いずれも原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第74号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市税条例の一部を改正する条例について)に関連して、市民税所得割について、平成19年から一部改正を受けて一律6%となるが、納税者は所得の高い人より低い人の方が多いと思われ、市として増税になるのかとの問いに対して、国の方針が所得税から約3兆円を地方へ税源移譲となることで、当然、市民税については増収になると思われるが、市民税は、県民税4%と市民税6%を合わせて10%の一律になる。基本は、住民税と所得税を合わせた住民が負担する金額を変えず、これらの税率の配分割合を変えることで、市の税収は増となるものと思われるとの答弁がありました。

 また、税の改正については、市民に非常にわかりにくい点が多いので、どのように周知していくのかの問いに対して、広報で幾度かお知らせもし、納付書にも改正についてのお知らせを同封しているが、今後も出前講座等いろいろな機会を通じ、周知していくとの答弁がありました。

 次に、議案第77号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について)及び議案第78号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について)、消防団員は昼夜を問わず奉仕的精神を持って活動していただいている中で、災害補償基礎額と退職報償金支給額を見るに、災害補償制度はあって当然であるが、金額がわずかではあるが下がり、報償金は上がっているのはなぜかとの問いに対して、国から示されての改正となっているが、補償基礎額については、昨今の社会経済情勢等によるものと考えられ、報償金については団員の処遇改善による一部改正であるとの答弁がありました。

 次に、議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)に関連して、歳出2款総務費、1項総務管理費中の国際交流事業について、市内中学生を対象にしての交流事業だが、学校を通じて希望者を募ったのか、またその効果についてはの問いに対して、南中12名、北中12名、笛川中6名の合計30名に学校を通じて応募していただいた。効果の点は、子供たちが外国の異文化に直接触れてもらうこと、特に本市の場合、英語教育の推進に力を入れているので、現在の国際社会の中で子供たちにとっては、将来においても大変価値のあるものと考えているとの答弁がありました。

 次に、議案第93号 指定管理者の指定についてでありますが、今議会において、山梨、牧丘地区のデイサービスセンターは指定管理者となるようだが、三富地区のデイサービスセンターはどうなるのかとの問いに対して、当面、現在のまま施設は直営で管理をし、運営を行っている、有限会社ハピネスフレンドも、当面、委託契約で業務を行っていきたいとの答弁がありました。

 以上をもちまして総務常任委員会の報告といたします。



○議長(志村忍君) 建設経済常任委員長 星野洋委員長。



◆建設経済常任委員長(星野洋君) 建設経済常任委員会よりご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定をいたしました。

 議案第80号 山梨市集荷所兼多目的集会施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第81号 山梨市徳和地区集落多目的集会施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第82号 山梨市特用家畜飼育施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第83号 山梨市山村文化資源保存伝習施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第84号 山梨市工場設置奨励条例の一部を改正する条例について、議案第85号 山梨市小規模企業者小口資金融資促進条例の一部を改正する条例について、議案第86号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市一般会計補正予算(第6号))関係付託部分、議案第87号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号))、議案第88号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市牧丘簡易水道特別会計補正予算(第5号))、議案第89号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市三富簡易水道特別会計補正予算(第3号))、議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)関係付託部分の11案件は、いずれも原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第83号 山梨市山村文化資源保存伝習施設設置及び管理条例の一部を改正する条例についてであります。徳和公園を市で直接管理する場合、どのような体制をとるのかとただしたのに対して、使用許可については職員で対応し、除草等については委託を予定しているとの答弁がありました。

 次に、議案第88号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市牧丘簡易水道特別会計補正予算(第5号))であります。滞納額が多いが、どのような対応をするのかとただしたのに対して、これまでは文書と電話催促での対応であったが、今後は停水をするとの答弁がありました。さらに、停水は具体的にどのようにするのかとただしたのに対して、4カ月滞納すると文書で催促し、それに応じた場合は停水しないが、応じなければ停水をするとの答弁がありました。

 次に、議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)のうち、住宅管理費木造住宅耐震診断事業経費についてであります。耐震診断を受ける費用はどのくらいかとただしたのに対して、1戸3万円で個人負担はない。しかし、対象は昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅で、2階建て以下、延べ床面積300平方メートル以下の住宅に限るとの答弁がありました。

 次に、観光費についてであります。オーチャードヴィレッジ「フフ」の再開の見通しはとただしたのに対して、メンテナンスをする必要があり、安全が確認されたところから順次開放していきたいとの答弁がありました。

 次に、現地視察について報告を申し上げますが、皆様のお手元のところに現地視察の箇所が書いてありますけれども、読み上げつつ、訂正もしていきたいと思います。まず、「現地調査」とありますけれども、「現地視察」でありますので、「現地視察」ということで訂正をしていただきたいと思います。

 「現地視察は、次の箇所について行った」。一番上の項から順次読み上げますが、「三富村」とありますけれども、「村」を消していただいて、「三富特産物加工場」に訂正を願いたいと思います。次に、「乾徳公園」、次に、「徳和地区小水力」、「小」を入れていただきたいと存じます。「小水力発電予定地」、「みとみ笛吹の湯」改修状況ということでございます。

 以上をもちまして建設経済常任委員会の報告といたします。



○議長(志村忍君) 教育民生常任委員会 大久保光男委員長。



◆教育民生常任委員長(大久保光男君) 教育民生常任委員会より報告をいたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定をしました。

 議案第79号 山梨市デイサービスセンター設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第86号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市一般会計補正予算(第6号))、議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)、議案第92号 平成18年度山梨市介護保険特別会計補正予算(第1号)の4案件は、いずれも原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、請願第1号 義務教育費国庫負担制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書については、全会一致で採択すべきものと決定をいたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第79号 山梨市デイサービスセンター設置及び管理条例の一部を改正する条例についてであります。指定管理者に管理・運営を行わせるのに当たり、定期的な市長に対する報告義務や不都合な場合があった場合の指導・改善命令等が必要となると思うが、その対応はどのように考えているのかとただしたのに対し、山梨市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき、指定管理者と協定を締結することになりますが、その協定書の中に報告、立ち入り、改善命令等について詳細に盛り込み、対応してまいりたいと考えていますとの答弁がありました。

 次に、議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)のうち、民生費中、児童手当費についてであります。児童手当の対象年齢が18年度から小学校6年まで拡大されたが、該当人員はとただしたのに対し、現在、試算の段階で、12歳以下の児童数は4,658名となっており、このうち公務員は事業所から支給され、また所得要件もあるので、それによってさらに減少する見込みです。9月までに新規の追加分を受け付けておりますので、受け付けが終了次第、人数が確定する予定ですとの答弁がありました。

 以上をもちまして教育民生常任委員会からの報告といたします。



○議長(志村忍君) 常任委員長報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 委員長報告に対する質疑



○議長(志村忍君) 常任委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 質疑なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 議案及び請願に対する討論・採決



○議長(志村忍君) これより議案に対する討論を行います。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これより採決いたします。

 議案第74号から議案第76号までの3件を一括採決いたします。

 議案第74号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市税条例の一部を改正する条例について)、議案第75号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市都市計画税条例の一部を改正する条例について)、議案第76号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)の3件は、委員長報告は原案承認であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第74号から議案第76号までの3件は原案のとおり承認されました。

 議案第77号及び議案第78号の2件を一括採決いたします。

 議案第77号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について)、議案第78号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について)の2件は、委員長報告は原案承認であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第77号及び議案第78号の2件は原案のとおり承認されました。

 議案第79号 山梨市デイサービスセンター設置及び管理条例の一部を改正する条例について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第79号は原案のとおり可決されました。

 議案第80号から議案第83号までの4件を一括採決いたします。

 議案第80号 山梨市集荷所兼多目的集会施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第81号 山梨市徳和地区集落多目的集会施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第82号 山梨市特用家畜飼育施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第83号 山梨市山村文化資源保存伝習施設設置及び管理条例の一部を改正する条例についての4件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第80号から議案第83号までの4件は原案のとおり可決されました。

 議案第84号及び議案第85号の2件を一括採決いたします。

 議案第84号 山梨市工場設置奨励条例の一部を改正する条例について、議案第85号 山梨市小規模企業者小口資金融資促進条例の一部を改正する条例についての2件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第84号及び議案第85号の2件は原案のとおり可決されました。

 議案第86号から議案第89号までの4件を一括採決いたします。

 議案第86号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市一般会計補正予算(第6号))、議案第87号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号))、議案第88号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市牧丘簡易水道特別会計補正予算(第5号))、議案第89号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市三富簡易水道特別会計補正予算(第3号))についての4件は、委員長報告は原案承認であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第86号から議案第89号までの4件は原案のとおり承認されました。

 議案第90号 平成18年度山梨市一般会計補正予算(第1号)について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第90号は原案のとおり可決されました。

 議案第91号及び議案第92号の2件を一括して採決いたします。

 議案第91号 平成18年度山梨市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第92号 平成18年度山梨市介護保険特別会計補正予算(第1号)についての2件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第91号及び議案第92号の2件は原案のとおり可決されました。

 議案第93号 指定管理者の指定については、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第93号は原案のとおり可決されました。

 次に、請願の採決を行います。

 請願第1号 義務教育費国庫負担制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書については、委員長報告のとおり採決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、請願第1号は採決と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 議員提出議案の上程



○議長(志村忍君) 日程により、議員提出議案の上程を行い、議題といたします。

 本日、高原信道君ほか18人から山議案第2号 道路特定財源確保に関する意見書についての提出がされました。

 議案を配付させます。

          (議案配付)



○議長(志村忍君) 配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第6 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(志村忍君) お諮りいたします。

 山議案第2号 道路特定財源確保に関する意見書については、議員全員の提出議案であります。

 よって、提案理由の説明、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 これより採決いたします。

 山議案第2号 道路特定財源確保に関する意見書について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第7 議員派遣



○議長(志村忍君) 日程により、議員の派遣の件を議題といたします。

 議員の派遣については、会議規則第156条の規定により、お手元に配付してありますとおり派遣いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議員の派遣については原案のとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第8 閉会中の先進地行政視察について



○議長(志村忍君) 日程により、閉会中の先進地行政視察の件を議題といたします。

 議会として、今後の議案審査及び委員会活動の参考として、市行政の振興に資するため、閉会中に各常任委員会、議会運営委員会及び各会派の先進地行政視察を実施することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、閉会中に各常任委員会、議会運営委員会及び各会派の先進地行政視察を実施することに決定いたしました。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。

 なお、議員諸君におかれましては、庁外に出られる場合は、事務局に行き先をお知らせください。



△休憩 午前10時33分



△再開議 午後1時00分



○議長(志村忍君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第9 追加議案の上程



○議長(志村忍君) 追加日程により、議員提出議案の上程を行い、議題といたします。

 本日、大久保光男君ほか5人から山議案第3号 義務教育費国庫負担制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための意見書が提出されました。

 議案を配付させます。

          (議案配付)



○議長(志村忍君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第10 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(志村忍君) 山議案第3号 義務教育費国庫負担制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための意見書について、提案理由の説明を求めます。

 提案者代表 小野鈴枝君。



◆10番(小野鈴枝君) 朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。議員各位の賛同をよろしくお願いいたします。

 義務教育費国庫負担制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための意見書。

 政府がすすめる「三位一体」改革のなかで、2006年度から義務教育費国庫負担金について、国庫負担割合が2分の1から3分の1に縮減されました。義務教育費国庫負担金の減額分は、2006年度は所得譲与税として、2007年度以降は個人住民税として税源移譲されることになりました。

 義務教育は、憲法の要請に基づき、子どもたち一人ひとりが国民として必要な基礎的資質を培い、社会人となるためのセーフティネットです。教育の全国水準や機会均等を確保する義務教育の基盤づくりは、国の責務であり、そのために設けられたのが義務教育費国庫負担制度です。

 この義務教育費国庫負担制度は、昭和28年以降制度化され、我が国の義務教育の推進と充実に大きな貢献をしてきました。現行の義務教育費国庫負担制度は、学校教育において、一人ひとりの子どもの教育を受ける権利を保障し、次代を担う主権者を育成するために、義務教育諸学校等に勤務する教員、学校事務職員、学校栄養職員の給与費を財政上保障し、地方公共団体の財政能力によって格差が生じないよう法制化されたものです。

 義務教育費国庫負担制度が廃止された場合、多くの県では財源が確保できずに、現在の教育条件の維持すらも危惧される事態になります。本県の財政を圧迫し、ひいては市町村財政にも影響を与えることにもつながるおそれがあります。さらに、教材教具費などの教育予算全体に影響を与え、保護者負担の増額につながる可能性もあります。義務教育の機会均等が失われ、都道府県間の教育格差が拡大し、山間地などにおける義務教育が切り捨てられることにもつながります。

 よって、次の事項を強く要望する。

 1 国の責務である教育水準の最低保障を担保するために必要不可欠な義務教育費国庫負担制度を堅持すること。

 2 義務教育費国庫負担金について、国負担率を2分の1に復元すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成18年6月23日

 山梨市議会

 提出先

 文部科学大臣

 財務大臣

 総務大臣

 以上で提案理由の説明といたします。



○議長(志村忍君) 提案理由の説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております山議案第3号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、山議案第3号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 山議案第3号 義務教育費国庫負担制度を堅持し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための意見書について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時09分



△再開議 午後1時48分



○副議長(高原信道君) 休憩前に引き続き再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職



○副議長(高原信道君) 議長 志村忍君から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 地方自治法第108条の規定により、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(高原信道君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、志村忍君の退席を求めます。

          (志村忍君退席)



○副議長(高原信道君) まず、その辞職願を朗読させます。



◎議会事務局次長(小林孝君) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されますよう願います。

 平成18年6月23日

                           山梨市議会議員 志村 忍

 山梨市議会副議長 高原信道殿

 以上でございます。



○副議長(高原信道君) お諮りいたします。

 志村忍君の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(高原信道君) ご異議なしと認めます。

 よって、志村忍君の議長辞職を許可することに決しました。

 志村忍君の除斥を解きます。

          (志村忍君入場)



○副議長(高原信道君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時51分



△再開議 午後2時56分



○副議長(高原信道君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長選挙



○副議長(高原信道君) ただいま議長が欠員になりました。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(高原信道君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(高原信道君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、副議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(高原信道君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長において指名することに決しました。

 議長に仲澤正巳君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま副議長において指名いたしました仲澤正巳君を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(高原信道君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました仲澤正巳君が議長に当選いたしました。

 ただいま議長に当選されました仲澤正巳君が議場におられますので、本席から、山梨市議会会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 議長に当選されました仲澤正巳君にごあいさつをお願いいたします。

 仲澤正巳君。



○議長(仲澤正巳君) 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 ただいまは議員の多くの皆さんから新生山梨市の第2代目の議長にご推挙をいただきまして、まことにありがとうございました。もとより浅学非才の身でございまして、ご列席の皆さん方の拡大なご協力なくして、この重責を担うことはできないわけでございまして、どうか心からご指導、ご鞭撻をお願い申し上げたいと存じます。

 ご案内のとおり、本市も合併いたしまして2年目を迎えました。合併に関するいろいろな問題、それから財政の問題、環境の問題、いろいろな課題が山積をしております。皆さんと力を合わせて、一生懸命頑張りたいというふうに思っております。いつも市民の目線に沿った行政を推進し、この山梨市を発展・維持するために、微力ながらお力をささげてまいりたいというふうに思っているところでございます。

 幸い、本市におかれましては中村市長をいただきまして、バイタリティーあふれる人材でございます。そうした意味で、この山梨市の発展にかなり期待を持っているところでございますけれども、議会としましては時にはアクセルを吹かし、また時にはブレーキを踏みながら、市政進展のために頑張っていきたいというふうに思っております。

 それにつきましても、ご参会の皆さん方の温かいご支援、ご協力をいただくことを、お約束をしていただきたいというふうに思っているところでございます。微力でございますけれども、一生懸命頑張りたいということでございます。よろしくお願いを申し上げます。(拍手)



○副議長(高原信道君) 仲澤正巳君、議長席にお着きください。

          (議長交代)



○議長(仲澤正巳君) それでは、前議長 志村忍君に退任のごあいさつをお願いいたします。

 志村忍君。



◆前議長(志村忍君) 退任に当たりまして、一言お礼の言葉を述べさせていただきます。

 昨年の5月臨時会におきまして、皆様方の温かいご支援の中でご推薦を受け、初代議長という要職につくことができました。私はそのときに、余りにも新市になっての初代議長でございますので、私に果たしてこの遠い道のりが何とかなるだろうかなというふうな不安でございました。「任重くして道遠し」という言葉のとおり、私にしてみれば、はるか今日の日が遠く感じたわけでございます。

 しかし、幸いにして中村市長さんを初めとする職員幹部の皆さん方、当然、議員の皆さん方の温かいご支援を受けました。そして幹部の皆さん方、並びに事務局の皆様方に支えられて、ようやくここまでたどりくることができたわけでございます。「たどりきて、いまだ山麓」という言葉は、将棋の名人、升田幸三という名人が残された言葉でございます。「たどりきて、いまだ山麓なり」、私にしてみれば、その議長としての職責を全うできたかどうかというふうなことは非常に不安でございます。

 しかしながら、これからは仲澤新議長を中心として、中村市政を支え、そして4万の市民の福祉向上のために頑張ってまいる所存でございます。皆さんとともに、山梨市発展のために力を合わせていくことを決意したところでございます。皆さん方、大変ありがとうございました。簡単でございますけれども、一言お礼の言葉といたします。ありがとうございました。(拍手)



○議長(仲澤正巳君) 志村前議長様には大変ご苦労さまでした。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時06分



△再開議 午後3時26分



○議長(仲澤正巳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長辞職



○議長(仲澤正巳君) 休憩中に、副議長 高原信道君から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 地方自治法第108条の規定により、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、高原信道君の退席を求めます。

          (高原信道君退席)



○議長(仲澤正巳君) まず、その辞職願を朗読させます。



◎議会事務局次長(小林孝君) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されますよう願います。

 平成18年6月23日

                           山梨市議会議員 高原信道

 山梨市議会議長 仲澤正巳殿

 以上でございます。



○議長(仲澤正巳君) お諮りいたします。

 高原信道君の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、高原信道君の副議長辞職を許可することに決しました。

 高原信道君の除斥を解きます。

          (高原信道君入場)



○議長(仲澤正巳君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時29分



△再開議 午後3時55分



○議長(仲澤正巳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長選挙



○議長(仲澤正巳君) ただいま副議長が欠員になりました。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 副議長に小野鈴枝君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま副議長において指名いたしました小野鈴枝君を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました小野鈴枝君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました小野鈴枝君が議場におられますので、本席から、山梨市議会会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 副議長に当選されました小野鈴枝君にごあいさつをお願いいたします。



◆副議長(小野鈴枝君) 副議長に皆様のお力添えで就任いたしました小野鈴枝と申します。一言ごあいさつ申し上げたいと思います。

 まだまだ未熟で至らない私ですけれども、そして、本当に皆様のお力添えがなくては、これからのこの副議長という職を全うすることができないと思います。どうか皆さんの温かなお力添えで、この副議長をしっかり務めることができますよう、よろしくお願いしたいと思います。皆様、ありがとうございました。よろしくお願いします。(拍手)



○議長(仲澤正巳君) それでは、前副議長、高原信道君に退任のごあいさつをお願いいたします。



◆前副議長(高原信道君) 辞任するに当たり、一言お礼を申し上げます。

 昨年5月、初の臨時議会以来、私、志村議長の補佐役として副議長を務めさせていただきました。幸い大過なく職務を遂行することができました。これは議員の皆様、並びに執行部の中村市長ほか関係各位の終始変わらぬご指導とご鞭撻のたまものであり、深く感謝申し上げます。

 これからの議員活動に副議長としてのとうとい経験を生かして、一生懸命頑張っていきたいと思います。ここに謹んでお礼を申し上げまして、退任のごあいさつといたします。(拍手)



○議長(仲澤正巳君) ご苦労さまでした。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後4時01分



△再開議 午後4時57分



○議長(仲澤正巳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 この際、申し上げます。

 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第11 追加議案の上程



○議長(仲澤正巳君) ただいま、市長から議案第94号 監査委員の選任について同意を求める件の議案が送付されましたので、これを日程に追加し、議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、秋山榮治君の退席を求めます。

          (秋山榮治君退席)



○議長(仲澤正巳君) 議案を配付させます。

          (議案配付)



○議長(仲澤正巳君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第12 議案の朗読



○議長(仲澤正巳君) 事務局に議案の朗読をさせます。

          (議案朗読)



○議長(仲澤正巳君) 朗読は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第13 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(仲澤正巳君) 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 追加いたします議案第94号は、監査委員の選任について同意を求めるの件であります。

 この内容は、山梨市監査委員のうち、議員のうちから選任された丸山正一委員は、平成18年6月23日付をもって辞職いたしましたので、その後任として、山梨市鴨居寺312番地、秋山榮治議員を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により同意を求めるものであります。

 以上、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(仲澤正巳君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 本件は質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第94号 監査委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。

 秋山榮治君の除斥を解きます。

          (秋山榮治君入場)



○議長(仲澤正巳君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後5時04分



△再開議 午後5時17分



○議長(仲澤正巳君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第14 常任委員会委員の選任



○議長(仲澤正巳君) 次に、日程により、常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 常任委員会委員の選任については、山梨市議会委員会条例第7条第1項の規定により、

 総務常任委員に

  古屋保男君  吉田昭男君  奥山弘昌君

  山田 稔君  仲澤正巳   志村 忍君

  雨宮義和君

 以上7人。

 建設経済常任委員に

  高原信道君  佐藤 勇君  小野鈴枝君

  山崎峰三君  雨宮 巧君  星野 洋君

 以上6人。

 教育民生常任委員に

  秋山榮治君  岩崎友江君  野澤重幹君

  大竹裕子君  大久保光男君 向山 輝君

  丸山正一君

 以上7人。

 以上のとおり、それぞれ指名いたしたいと思います。

          (「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後5時19分



△再開議 午後5時29分



○議長(仲澤正巳君) 再開いたします。

 ただいま申し上げました各常任委員の氏名につきましては、報告したとおりであります。

 以上のとおり、それぞれ指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員に選任することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第15 議会運営委員会委員の選任



○議長(仲澤正巳君) 次に、日程により、議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員の選任については、山梨市議会委員会条例第7条第1項の規定により、

  野澤重幹君  雨宮義和君  志村 忍君

  丸山正一君  高原信道君  秋山榮治君

 以上6人を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員に選任することに決定いたしました。

 正副委員長互選方について申し上げます。

 ただいま選任いたしました各常任委員会の委員の諸君には、次の休憩中にそれぞれ委員会を招集いたしますので、正副委員長の互選を行い、その結果を議長までご報告願います。

 なお、ただいま選任いたしました議会運営委員会委員の諸君についても、休憩中に委員会を招集いたしますので、正副委員長の互選を行い、その結果を議長まで報告願います。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後5時32分



△再開議 午後5時45分



○議長(仲澤正巳君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第16 常任委員会正副委員長決定報告



○議長(仲澤正巳君) 各常任委員会の正副委員長が次のとおり決定された旨、通知がありましたので、報告します。

 総務常任委員会委員長 山田 稔君、副委員長 奥山弘昌君。

 建設経済常任委員会委員長 雨宮 巧君、副委員長 佐藤 勇君。

 教育民生常任委員会委員長 大竹裕子君、副委員長 向山 輝君。

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第17 議会運営委員会正副委員長決定報告



○議長(仲澤正巳君) 次に、議会運営委員会の正副委員長が次のとおり決定した旨の通知がありました。

 報告いたします。

 委員長 雨宮義和君、副委員長 高原信道君。

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第18 議席の一部変更



○議長(仲澤正巳君) 次に、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題といたします。

 議席番号及び氏名を事務局に朗読させます。



◎議会事務局次長(小林孝君) 議席の一部変更について朗読をいたします。

 議席番号1番 仲澤正巳議員   2番 小野鈴枝議員

    10番 大竹裕子議員  11番 山崎峰三議員

    12番 大久保光男議員 13番 高原信道議員

    14番 志村 忍議員

 以上のとおりでございます。



○議長(仲澤正巳君) お諮りいたします。

 ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第19 閉会



○議長(仲澤正巳君) 以上をもって、今期定例会日程を全部終了いたしました。

 よって、平成18年第2回山梨市議会定例会を閉会いたします。



△閉会 午後5時48分



◎議会事務局長(金丸俊男君) 平成18年第2回山梨市議会定例会の閉会に当たりまして、議長からごあいさつを申し上げます。



○議長(仲澤正巳君) 平成18年第2回山梨市議会定例会の閉会に当たり、ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は、6月5日開会以来、本日までの19日間にわたり、提案されました多数の重要議案について終始、極めて熱心に審議され、本日ここに全議案を議了して、無事閉会の運びとなりましたことは、各位とともに、まことにご同慶にたえません。

 執行部各位におかれましては、今期定例会において成立いたしました諸議案の執行に当たりましては、今会期中に開陳されました各議員の意見を十分尊重しつつ、市政各般における向上を期し、さらに一層の熱意と努力を払われるよう希望するものであります。

 終わりに、今会期中に賜りました議員、執行部各位のご協力に対し、衷心よりお礼を申し上げまして、閉会の言葉といたします。

 ありがとうございました。(拍手)



◎議会事務局長(金丸俊男君) あいさつを交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(金丸俊男君) 相互に礼。



△午後5時50分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成18年6月23日

      山梨市議会議長   仲澤正巳

      山梨市議会前議長  志村 忍

      山梨市議会前副議長 高原信道

      会議録署名議員   野澤重幹

      会議録署名議員   大久保光男