議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成26年  3月 定例会 03月27日−05号




平成26年  3月 定例会 − 03月27日−05号







平成26年  3月 定例会



          平成26年3月山梨市議会定例会 第5日

◯平成26年山梨市議会3月定例会第5日目は、3月27日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成26年3月27日(木曜日)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第5号)

  第1 諸般の報告

     (1)常任委員会審査結果報告

     (2)議案受理報告

  第2 発言の取り消し

  第3 常任委員会委員長報告

     (質疑・討論・採決)

     議案第1号 山梨市商工振興資金貸付条例について

                                    計1件

     議案第2号 山梨市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

                                    計1件

     議案第3号 山梨市使用料徴収条例等の一部を改正する条例について

                                    計1件

     議案第4号 山梨市立図書館設置及び管理条例の一部を改正する条例について

     議案第5号 山梨市屋内温水プール設置及び管理条例等の一部を改正する条例について

                                    計2件

     議案第6号 山梨市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例について

                                    計1件

     議案第7号 山梨市個人情報保護条例の一部を改正する条例について

                                    計1件

     議案第8号 山梨市牧丘町乙女高原グリーンロッジ設置及び管理条例を廃止する条例について

     議案第9号 山梨市西沢山荘設置及び管理条例を廃止する条例について

                                    計2件

     議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算

                                    計1件

     議案第21号 平成26年度山梨市国民健康保険特別会計予算

     議案第22号 平成26年度山梨市後期高齢者医療特別会計予算

     議案第23号 平成26年度山梨市交通・火災災害共済事業特別会計予算

                                    計3件

     議案第24号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計予算

                                    計1件

     議案第25号 平成26年度山梨市浄化槽事業特別会計予算

                                    計1件

     議案第26号 平成26年度山梨市介護保険特別会計予算

     議案第27号 平成26年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計予算

                                    計2件

     議案第28号 平成26年度山梨市簡易水道事業特別会計予算

                                    計1件

     議案第29号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計予算

                                    計1件

     議案第30号 平成26年度山梨市水道事業会計予算

                                    計1件

     議案第31号 平成26年度山梨市病院事業会計予算

                                    計1件

     議案第33号 山梨市道の路線認定について

                                    計1件

  第4 市長追加提出議案

     (提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)

     議案第35号 山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について

     議案第36号 1級市道野背坂線道路改良(その12)工事請負契約について

     議案第37号 副市長の選任について同意を求める件

     議案第38号 固定資産評価員の選任について同意を求める件

     議案第39号 教育委員会委員の任命について同意を求める件

     議案第40号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

     議案第41号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

     議案第42号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

  第5 北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

  第6 金峰前山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

  第7 大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

  第8 笹子山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

  第9 深沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

  第10 牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

     1番   飯嶋賢一君    2番   古屋雅夫君

     3番   深沢敏彦君    4番   武井寿幸君

     5番   三枝正文君    6番   乙黒泰樹君

     7番   矢崎和也君    8番   土屋裕紀君

     9番   村田 浩君   10番   根津和博君

    11番   大竹裕子君   12番   木内健司君

    13番   吉田昭男君   14番   雨宮 巧君

    15番   小野鈴枝君   16番   大村政啓君

    17番   古屋弘和君   18番   古屋忠城君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長      望月清賢君   教育長     丸山森人君

  政策秘書

          小林勝正君   総務課長    小林 孝君

  課長

                  管財課長

  財政課長    古屋貴章君           広瀬秀二君

                  代行

                  市民生活

  税務課長    古屋一彦君           帯津毅仁君

                  課長

  福祉事務

          里吉幹夫君   晴風園長    日原明彦君

  所長

  健康増進            介護保険

          武井俊一君           雨宮利幸君

  課長              課長

  環境課長    杉田 哲君   観光課長    飯島尚敏君

  農林商工

          若月 清君   建設課長    土橋真仁君

  課長

  都市計画

          清水一彦君   下水道課長   深澤秀史君

  課長

  牧丘支所長   網野次男君   三富支所長   日原好一君

  会計管理者

          深沢健二君   水道課長    村田晴彦君

  会計課長

  学校教育            生涯学習

          雨宮一昭君           松土茂治君

  課長              課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務            議会事務局

          武井信治君           古宿昌士君

  局長              次長

  書記      岡村麻呂君   会議書記    荻原眞理君

               午前10時00分



◎議会事務局長(武井信治君) 開会に先立ち、お互いに挨拶を交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

     (全員起立)



◎議会事務局長(武井信治君) 相互に礼。

 ご着席ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○議長(飯嶋賢一君) ただいまの出席議員は18名です。

 定足数に達しておりますので、本会議を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

     〔本文 181頁〜183頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 諸般の報告



○議長(飯嶋賢一君) 日程第1、諸般の報告を行います。

 会議規則第39条の規定により、各常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、委員会報告書の提出がありました。お手元に配付いたしましたので、ご了承願います。

 次に、市長から追加提出議案の送付がありました。提出議案は、議案第35号から議案第42号までの8案件であります。市長追加提出議案として上程いたしますので、ご了承願います。

 以上で、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 発言の取り消し



○議長(飯嶋賢一君) 日程第2、発言の取り消しについてを議題といたします。

 小野鈴枝君から、3月19日における発言に不適切な言葉があったため、会議規則第64条の規定により、お手元に配付いたしました発言取り消し申出書に記載した部分を取り消したいと申し出がありました。

 お諮りいたします。

 これを許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、小野鈴枝君からの発言取り消し申し出を許可することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 常任委員会委員長報告(質疑・討論・採決)



○議長(飯嶋賢一君) 日程第3、常任委員会委員長報告を行います。

 本定例会に上程されました議案のうち、議案第1号から議案第9号、議案第20号から議案第31号及び議案第33号の22案件は、各常任委員会へ審査を付託しています。

 各常任委員長から、審査の経過と結果について報告を求めます。

 なお、各常任委員会に分割付託している議案もありますので、各常任委員長の報告後に質疑、討論及び採決を行います。

 初めに、総務常任委員会委員長 大村政啓君の報告を求めます。

 大村政啓君。



◆総務常任委員長(大村政啓君) 総務常任委員会より報告をいたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第2号、議案第7号、議案第21号関係付託部分、議案第23号は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 また、議案第3号、議案第20号関係付託部分は、原案のとおり賛成多数で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算の関係付託部分についてであります。

 今回のような雪害に備えて具体的な対策を実施するための予算を計上する予定があるのかとの問いに対し、山梨市地域防災計画の見直しを行うに当たり、予想以上の災害を想定した見直しを行う必要があると考えている。特に、今回の事情を検証する中で、効果的な対応ができるように備えたい。なお、災害対策に必要な予算については、予備費を充当するか、もしくは補正予算で対応する予定であるとの答弁がありました。

 なお、これに関連して、整備工事が完了した山梨市防災倉庫の視察を行い、施設の構造及び備蓄内容について確認をいたしました。

 次に、地域審議会のあり方についてであります。

 地域審議会は、山梨地域、牧丘地域、三富地域それぞれの独自性を尊重して運営されているが、今後もこの状態を継続するのか、あるいは予算及び内容の統一が図られるのか。また、そこで論議されたことがどのように生かされているのかとの問いに対し、市町村合併後10年間は地域審議会を組織することになっており、3地域審議会がそれぞれ運営されている。そこでは、市の重要課題となっている政策的なものについて論議していただいている。その結果を市の行政推進に生かしていきたいとの答弁がありました。これに対し、年月の経過とともに運営の独自性も薄れてきている。市民の意見を聞くという意味においては、市民懇話会が果たす役割との整合性を考慮することも必要ではないか。また、市民懇話会の開催方法やそのあり方についての検討も必要があるのではないかということを申し添えました。

 また、現地調査といたしまして、不動産売払収入として土地売払収入を計上していることを受け、東山梨行政事務組合に売却予定である山梨消防署東側市有地の視察を行いました。

 最後に、委員会審議の総括の中でのことに触れておきます。

 平成26年度当初予算について各課から説明があったところであるが、予算説明書の説明欄を充実させるなどして、よりわかりやすい資料とする配慮がほしいとの意見が出されたところであります。

 以上をもちまして、総務常任委員会の報告といたします。

     〔参考資料 36頁〜37頁参照〕



○議長(飯嶋賢一君) 次に、建設経済常任委員会委員長 古屋忠城君の報告を求めます。

 古屋忠城君。



◆建設経済常任委員長(古屋忠城君) 建設経済常任委員会よりご報告を申し上げます。

 付託されました議案につきまして、お手元に配付した報告書のとおり、議案第1号、議案第2号、議案第3号、議案第5号、議案第9号、議案第20号関係付託部分、議案第24号、議案第25号、議案第28号、議案第29号、議案第30号及び議案第33号については、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて報告を申し上げます。

 最初に、議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算の関係付託部分についてであります。

 乾徳山登山道に設置するバイオトイレは、利用料を徴収するのかとの問いに対しまして、地元からの要望や観光地整備を目的にバイオトイレを設置することになった。利用料は徴収しないが、募金箱を設置する予定であるとの答弁があり、委員会として確認をいたしました。

 また、ライオン株式会社と森林整備協定を締結している企業の森の維持管理はどのように行っているかとの問いに対しまして、協定期間を5年間とし、平成23年4月に更新している。ライオン株式会社からは毎年100万円を森林整備支援金として市へ補助していただき、植林、間伐、枝打ち作業や下草刈りの作業を行っているとの答弁があり、委員会として確認をいたしました。

 最後に、本委員会といたしまして、次の2点について要望をいたします。

 1、設置及び管理条例を廃止する山梨市西沢山荘について、緊急避難場所として安全面、衛生面に配慮した必要最低限の管理を検討すること。

 2といたしまして、水道料金及び下水道料金の徴収について、市民サービスの向上のためにもコンビニ収納の検討をすること。なお、現地視察といたしまして、万力公園ふれあい動物公園広場、笛吹川フルーツ公園、AZ山梨サーキット、フルーツ公園内交流広場(ファーマーズマーケット)の視察を行いました。

 以上をもちまして、建設経済委員会としてのご報告といたします。

     〔参考資料 38頁〜40頁参照〕



○議長(飯嶋賢一君) 次に、教育民生常任委員会委員長 大竹裕子君の報告を求めます。

 大竹裕子君。



◆教育民生常任委員長(大竹裕子君) 教育民生常任委員会より報告いたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第8号、議案第20号関係付託部分、議案第21号、議案第22号、議案第26号、議案第27号、議案第31号は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 初めに、議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算関係付託部分、衛生費のうち保健衛生費についてであります。

 医療費抑制の取り組みとしてどのような策を講じているか。また、市民の健康増進を目的に、地域住民に対して公民館等でPRをしてはどうかとの問いに対して、市では疾病予防計画を策定しており、その中で健康づくり推進事業があり、平成25年度においてはウオーキング教室、健康を語る会、地区料理講習会においては、減塩料理について力を入れた。また、現在も地区へ出て健康指導を行っているが、今後はその体制も充実を図っていきたいとの答弁がありました。

 また、このことに関連し、医療費抑制のために特定健診の結果に対してどのように指導していくのかとの質問に対し、特定健診の結果に対しては、法律で決められた支援・生活改善指導を行っており、現在は血糖値の高い人に対して重点的に指導を実施している。また、医療費抑制に関する庁内ワーキンググループを設立し、さまざまな事業に医療費抑制に結びつけた健康づくりを実施しているとの答弁がありました。

 次に、教育費のうち、保健体育費についてであります。

 小原スポーツ広場の今後の活用方法について、新年度において何か活性化に係る費用は計上してあるのか。また、イベントの開催予定はあるのかとの問いに対して、新年度予算は管理経費のみの計上となっている。施設を整備し、多くの方や団体に活用してもらうことを目的にしている。現在のところは、市主催のイベントの予定はないとの答弁がありました。

 次に、衛生費に関連し、環境課から最終処分場について、三重県伊賀市と協議が調い、4月から焼却灰の搬入ができるよう事前協議が終了した。もう一つの処分場の候補である埼玉県寄居町については、4月に入ってから事前協議ができるよう進めているところであるとの報告がありました。

 また、全体の審議を通しまして、平成26年度当初予算について各課からの説明があったところでありますが、予算説明書の説明欄を充実させるなどして、よりわかりやすい資料とする配慮がほしいとの意見が出されたところであります。

 また、本委員会の要望事項として、小原スポーツ広場の利用者をより確保できるよう周知・PRに努めること及び横溝正史館、連方屋敷跡の有効活用策を検討することを求めます。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会の報告といたします。

     〔参考資料 41頁〜43頁参照〕



○議長(飯嶋賢一君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(飯嶋賢一君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) 質疑なしと認めます。

 これをもちまして質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(飯嶋賢一君) これより討論を行います。

 議案第3号、議案第20号、議案第24号、議案第25号、議案第28号、議案第29号及び議案第30号について、討論の通告がありました。

 なお、討論の発言時間は、申し合わせにより1人15分以内といたします。

 討論交互の原則により、初めに吉田昭男君の反対討論を許します。

 吉田昭男君。



◆13番(吉田昭男君) 議案第3号 山梨市使用料徴収条例等の一部改正条例案及び議案第20号 平成26年度山梨市一般会計、議案第24号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第25号 平成26年度山梨市浄化槽特別会計予算、議案第28号 平成26年度山梨市簡易水道特別会計予算、議案第29号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計予算、議案第30号 平成26年度山梨市水道事業会計予算への反対討論を行います。

 議案第3号は、国が進める社会保障と税の一体改革を受け入れて、4月1日からの消費税8%引き上げを容認し、市民生活に重大な影響を及ぼし、各種使用料、利用料、一般会計予算関係29項目、特別会計・企業会計関係6項目を改定、引き上げようとするものであります。

 また、それを受けた議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算、議案第24号 平成26年度山梨市下水道特別会計予算、議案第25号 平成26年度山梨市浄化槽特別会計予算、議案第28号 平成26年度山梨市簡易水道特別会計予算、議案第29号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計、議案第30号 平成26年度山梨市水道事業会計予算は、いずれも税率引き上げを見込んだ予算案となっています。

 消費税の引き上げについては、世論調査でも75.5%の国民が中止や反対を求めているにもかかわらず、政府は引き上げを強行しようとしています。国が進める社会保障と税の一体改革は、景気回復やデフレ脱却への道とは全くあべこべであります。社会保障の財源確保と財政再建の道は、消費税に頼らず、税の大原則である応能負担と累進課税を貫くことで可能であります。その基本原則を放置して、逆に大企業には租税措置特別法により、資本金10億円以上の企業には年間で8兆円もの減税を行い、大資産家へは株の売却益や配当への定率課税で2兆円、合計で10兆円もの免税を行っています。その上、自動車や電機などの輸出大企業には、支払ってもいない消費税が、国際競争力に負けないためという名目で還付され、ぬれ手でアワの利益が何兆円も懐に入っています。このような不公平を正せば、消費税は引き上げなくとも、社会保障の財源も財政再建の財源も十分に確保できます。

 今、国内経済は駆け込み需要で部分的には活気がありますが、全体的には景気は回復途上というのが実態であります。このまま8%への税率引き上げが実行されれば、景気回復に冷や水をかけることは明白です。それは、以前の3%から5%の税率引き上げ時にも既に立証済みであります。消費税が8%になれば、国民1人当たりでは年間11万円もの負担増となります。その結果、国内経済の60%を占める個人消費が買い控えによる売り上げの減少へ落ち込み、景気が後退します。中小企業や個人事業では70%が増税分を価格に転嫁できず、やむなく身銭を切るしかなく、当然、利益は減少することになります。5年後に30%の人が廃業を予測していると、アンケートに答えています。

 労働者の賃金も17年で70万円も減少していて、年収200万円未満の人が1,090万人にも上り、労働者全体の24%にも達しています。このような状況は、当然、自治体の税収低下につながっています。今回の使用料・利用料引き上げは、国の失政に手をかすものです。自治体がやるべきは、4月1日からの消費税引き上げの中止を求めるべきであります。今、多くの市民は、国保税の大幅な値上げ、介護保険料、後期高齢者医療保険負担増、70歳から74歳の医療費の負担増、年金の削減、生活保護費の削減等々で、懸命に家計をやりくりしています。

 1989年4月の消費税導入時に、自治体は公共料金への消費税転嫁反対の国民の強い声に押されました。自治省の調査でも、普通会計で67.3%、上水道で79.5%の課税にとどまりました。消費税法第60条第6項は、市町村の一般会計に係る事業は、課税標準に対する消費税と控除することができる消費税額を同額とみなすことによって、結果的には納税額は発生しない仕組みとしています。一般会計で扱う公共料金は、この規定により消費税は納めません。国に納めない消費税を市民から徴収するというのは道理に合いません。したがって、議案第3号の山梨市使用料徴収条例のうち、一般会計予算案は引き上げる理由がありません。

 よって、議案第3号の条例の一部改正と同条例改定を反映した議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算に反対します。また、議案第24号 山梨市下水道特別会計、議案第25号 山梨市浄化槽事業特別会計予算、議案第28号 山梨市簡易水道事業特別会計予算、議案第29号 山梨市活性化事業特別会計予算、議案第30号 山梨市水道事業会計予算は、さきに述べた理由により反対をするものであります。

 私が、なぜこのような不公平な税制と道理のない税の徴収がまかり通るというのか、考察をしてみました。2つの問題点があると思います。

 1つは、敗戦後、日本の主権者は天皇から国民に移りました。税金も、お上の一方的な賦課課税制度から租税法律主義、申告納税制度となりました。しかし、70年たった現在でも実態はそうなっておりません。新たな課税を課す場合は、法律の手続によらなければなりませんが、固定資産税や消費税は国が一方的に税率を決めれば、納税者国民に納税を迫ることとなっています。

 2つは、申告納税制度のもとでは、国民納税者が行う申告で、基本的には納税義務が果たされます。しかし、最大の納税者である労働者は申告権が奪われ、源泉徴収税制度により、一方的に徴収・納税をされております。農林水産業、自営業、法人企業も、新たな課税を迫られる場合は理由や根拠を明示しなくてはならないのに、税務当局の恣意的判断で更正や決定がなされるケースは少なくありません。これに不服を申し立てる制度はありますが、形骸化をしています。形骸化していて、多くの場合、税務当局の処分を覆すことは困難であります。欧米や韓国など先進国といわれる国には、納税者権利憲章という法律により、納税者、国民は擁護されています。我が国では、国家には課税と徴収に強力な権限が与えられているのに、主権者国民には十分な権利が与えられておりません。

 この2つの問題点を指摘して、反対の討論を終わります。



○議長(飯嶋賢一君) 次に、武井寿幸君の賛成討論を許します。

 武井寿幸君。



◆4番(武井寿幸君) 議案第3号 山梨市使用料徴収条例等の一部を改正する条例について及び議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算、議案第24号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第25号 平成26年度山梨市浄化槽事業特別会計予算、議案第28号 平成26年度山梨市簡易水道事業会計予算、議案第29号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計予算、議案第30号 平成26年度山梨市水道事業会計予算に対する賛成討論を行います。

 国は、増大する社会保障の持続性と安心の確保などを趣旨とする社会保障と税の一体改革に伴い、消費税率を4月に5%から8%に引き上げることを決定しました。少子高齢化に伴い、年金や医療、介護などの社会保障費用は急激に増加し、現在では国の財政の大きな部分を占めています。こうした社会保障に関する国や市町村の歳出も、毎年急速に伸びています。

 一方では、国の税収は歳出に対して大幅に不足しており、現在では国の歳入の約半分を借金に頼るという厳しい状況になっています。今回の社会保障と税の一体改革では、消費税率の引き上げによる増収分を社会保障の財源とするとしています。財源が安定して確保されることで、社会保障を充実・安定化させることができるようになり、同時に、将来世代への負担の先送りを減らしていくこともできます。消費税は、最終的にサービスを受ける利用者に負担していただくことを予定している税でもあります。

 行財政改革の観点、施設利用者等の受益者負担の原則、適正な転嫁などから、消費税率の引き上げ相当分3%の料金改定はやむを得ないものと考えます。

 よって、議案第3号 山梨市使用料徴収条例等の一部を改正する条例について及び議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算、議案第24号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第25号 平成26年度山梨市浄化槽事業特別会計予算、議案第28号 平成26年度山梨市簡易水道事業特別会計予算、議案第29号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計予算、議案第30号 平成26年度山梨市水道事業会計予算に賛成するものであります。



○議長(飯嶋賢一君) 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 初めに、議案第1号 山梨市商工振興資金貸付条例について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号 山梨市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 議案第3号 山梨市使用料徴収条例等の一部を改正する条例について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立を願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 議案第4号 山梨市立図書館設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第5号 山梨市屋内温水プール設置及び管理条例等の一部を改正する条例についての2案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第4号、議案第5号の2案件は、原案のとおり可決されました。

 議案第6号 山梨市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立を願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 議案第7号 山梨市個人情報保護条例の一部を改正する条例について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号 山梨市牧丘町乙女高原グリーンロッジ設置及び管理条例を廃止する条例について、議案第9号 山梨市西沢山荘設置及び管理条例を廃止する条例についての2案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第8号、議案第9号の2案件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第20号 平成26年度山梨市一般会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第21号 平成26年度山梨市国民健康保険特別会計予算、議案第22号 平成26年度山梨市後期高齢者医療特別会計予算、議案第23号 平成26年度山梨市交通・火災災害共済事業特別会計予算の3案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第21号、議案第22号、議案第23号の3案件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第24号 平成26年度山梨市下水道事業特別会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立を願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。

 議案第25号 平成26年度山梨市浄化槽事業特別会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立を願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第26号 平成26年度山梨市介護保険特別会計予算、議案第27号 平成26年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計予算の2案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第26号、議案第27号の2案件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第28号 平成26年度山梨市簡易水道事業特別会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第29号 平成26年度山梨市活性化事業特別会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第30号 平成26年度山梨市水道事業会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は起立願います。

     (賛成者起立)(16名)



○議長(飯嶋賢一君) ご着席ください。

 起立多数です。

 よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第31号 平成26年度山梨市病院事業会計予算についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第31号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第33号 山梨市道の路線認定についての採決を行います。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 市長追加提出議案(提案理由の説明・質疑・委員会付託・常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決)



○議長(飯嶋賢一君) 日程第4、市長追加提出議案を議題といたします。

 本日、市長より送付されました議案は、議案第35号 山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について、議案第36号 1級市道野背坂線道路改良(その12)工事請負契約について、議案第37号 副市長の選任について同意を求める件、議案第38号 固定資産評価員の選任について同意を求める件、議案第39号 教育委員会委員の任命について同意を求める件、議案第40号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件、議案第41号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件、議案第42号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件の8案件であります。これを議題といたします。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長、望月清賢君。



◎市長(望月清賢君) 追加提出議案のご説明を申し上げます。

 最終日に追加させていただく議案は、条例関係1件、工事請負契約関係1件及び人事案件6件の合計8件であります。

 議案第35号は、山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 消防団を中核とした地域防災力の充実・強化を図り、住民の安全の確保に資することを目的として、消防団を中核とした地域防災力の充実・強化に関する法律が平成25年12月13日に公布、施行されたことを受けて、団員の処遇の改善のため、活動の実績に応じた適切な報酬・手当の支給について、国及び地方公共団体は必要な措置を講じることが義務づけられました。

 この趣旨を踏まえ、退職報償金について引き上げを行うことになり、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成26年3月7日付で公布されたことに伴い、退職報償金の支給額を政令に基づき、一律5万円引き上げようとするものであります。

 議案第36号は、1級市道野背坂線道路改良(その12)工事請負契約についてであります。

 1級市道野背坂線道路改修工事は平成21年から着手し、計画総延長2,360メートルのうち、平成25年度の改良済み延長は1,840メートルで、進捗率78%であります。今回の工事の概要は幅員7メートル、施工延長261.4メートル、ブロック積み工1,098平方メートル、植生工2,700平方メートル、補強土壁工526平方メートル、側溝工569メートル、排水工921メートル、落石防護柵工143メートルで、平成27年3月完成を目指しております。

 この請負契約に際しましては、特定建設工事共同企業体による一般競争入札により、去る2月20日に入札公告を行い、各種手続を経て3月18日に入札を施行しました。その結果、共同企業体4社が応札のうち、奥山建設・甲斐建設1級市道野背坂線道路改良(その12)工事共同企業体が1億8,900万円で落札し、消費税を含め2億412万円で仮契約をいたしたところであります。

 つきましては、1級市道野背坂線道路改良(その12)工事の請負契約を締結いたしたく、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、また議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例第2条に規定する予定価格1億5,000万円以上の工事でありますので、議会の議決を求めるものであります。

 議案第37号は、副市長の選任について同意を求める件であります。

 副市長でありました加々見義雄は、平成26年2月13日辞職しましたので、新たに山梨市江曽原192番地小林孝を選任したいので、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 議案第38号は、固定資産評価員の選任について同意を求める件であります。

 固定資産評価員でありました加々見義雄は、平成26年2月13日辞職しましたので、新たに山梨市江曽原192番地小林孝を選任したいので、地方税法第404条第2項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 議案第39号は、教育委員会委員の任命について同意を求める件であります。

 山梨市教育委員会委員西川由喜枝は、平成26年5月20日をもって任期満了となりますので、その後任として山梨市牧丘町倉科3145番地廣瀬孝子を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 議案第40号、議案第41号、議案第42号は、固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件であります。

 固定資産評価審査委員山梨市下石森987番地村田嵩秀、山梨市牧丘町室伏121番地掛本宏、山梨市三富下釜口82番地大澤正の3名は、平成26年5月20日をもって任期満了となりますが、引き続き選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(飯嶋賢一君) 提案理由の説明は終わりました。

 これより議案第35号、議案第36号に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) 質疑なしと認めます。

 これをもちまして質疑を終わります。

 ただいま議題となっています議案第35号、議案第36号は、お手元に配付いたしました委員会付託表のとおり総務常任委員会に審査を付託いたします。

     〔参考資料 44頁参照〕



○議長(飯嶋賢一君) この際、常任委員会開催のため、暫時休憩いたします。

 なお、総務常任委員会は休憩中に直ちに委員会を開催し、付託議案の審査をお願いいたします。また、委員会条例第20条の規定により、説明員の出席を求めます。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時03分



△再開 午後1時09分



○議長(飯嶋賢一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(飯嶋賢一君) これより議案第35号、議案第36号について審議を行います。

 総務常任委員会委員長から審査の経過と結果について報告を求めます。

 なお、総務常任委員会委員長の報告後に質疑、討論及び採決を行います。

 総務常任委員会委員長 大村政啓君の報告を求めます。

 大村政啓君。



◆総務常任委員長(大村政啓君) 総務常任委員会より報告をいたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり、議案第35号及び議案第36号は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 議案第35号 山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 退職報償金の支給金額の基準となる階級は、退団時の階級なのか、また、退職報償金の原資は何かとの問いに対し、退団時までに務めた最上位の階級が基準となる。なお、消防団員等の公務災害補償等の共済基金に対して、市が毎年納付している掛金が原資となる。消防団員の条例定数に1万9,200円を乗じて得た金額が、掛金額である。

 今回の改正により、退職報償金は一律5万円の増額となるが、掛金は据え置きになると答弁がありました。

 次に、議案第36号 1級市道野背坂線道路改良(その12)工事請負契約についてであります。

 この工事の入札の際の入札率、平成25年度の平均落札率はどのくらいかの問いに対し、本件の落札率は予定価格の99%である。また、平成25年度の平均落札率は98.4%であるとの答弁があり、これを確認いたしました。

 また、工事に係る保証の方法について及び保証金の率はどれくらいかとの問いに対し、保証金として預かる方法及び金融機関の保証書を提出する方法もあるが、東日本建設業保証株式会社を保証とする案件が最も多い。

 なお、保証金の率は10%であるとの答弁がありました。

 以上をもちまして、総務常任委員会の報告といたします。

     〔参考資料 45頁〜46頁参照〕



○議長(飯嶋賢一君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(飯嶋賢一君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) 質疑はなしと認めます。

 これをもちまして質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(飯嶋賢一君) これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) 討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第35号 山梨市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について採決します。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第35号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第36号 1級市道野背坂線道路改良(その12)工事請負契約について、採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第37号から議案第42号までの6案件について審議を行います。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっています議案第37号から議案第42号までの6案件については、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第37号から議案第42号までの6案件は、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 議案第37号 副市長の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第37号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第38号 固定資産評価員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第38号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第39号 教育委員会委員の任命について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第39号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第40号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第40号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第41号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第41号は原案のとおり同意されました。

 次に、議案第42号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第42号は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



△第6 金峰前山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



△第7 大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



△第8 笹子山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



△第9 深沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



△第10 牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙



○議長(飯嶋賢一君) 日程第5、北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙から日程第10、牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙までの6案件について、一括して議題といたします。

 ただいま議題となっています各恩賜県有財産保護組合議会議員の任期がそれぞれ満了となるため、組合規約により、山梨市区域の恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙を行うものです。

 お諮りいたします。

 各恩賜県有財産保護組合議会議員の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、地区関係者と地元議員で協議の上、推薦のあった者を議長が指名したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定しました。

 議長において指名いたします。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合議会議員に牧丘町西保地区から竹川一徳君、古明地覚君、奥山博文君、戸田豊彦君、日野原光彦君、山下哲司君、牧丘町中牧(西保下)地区から河合保久君、小林一守君、岡重造君の9名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 次に、金峰前山恩賜県有財産保護組合議会議員を指名いたします。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、金峰前山恩賜県有財産保護組合議会議員に八幡地区から中村弘君、小宮山昭男君、丸山明夫君、岩手地区から鈴木一正君、山田達哉君、日下部地区から深澤一考君、鶴田睦雄君、加納岩地区から藤原武彦君、丸山幹雄君、牧丘町西保地区から加々美眞人君、加々美胤喜君、小林忠雄君、三枝貞晴君、牧丘町中牧(西保下)地区から小澤康徳君、山下廣君の15名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を金峰前山恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、金峰前山恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 次に、大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員を指名いたします。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員に歌田地区から田中良範君、下栗原地区から佐々木康雄君、上栗原地区から須藤寛治君、中村地区から窪田幸雄君の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が大蔵沢恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 次に、笹子山恩賜県有財産保護組合議会議員を指名いたします。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、笹子山恩賜県有財産保護組合議会議員に歌田地区から三枝博君、下栗原地区から天野正也君、上栗原地区から浅野文雄君、中村地区から金子隆造君の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を笹子山恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、笹子山恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 次に、深沢山恩賜県有財産保護組合議会議員を指名いたします。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、深沢山恩賜県有財産保護組合議会議員に上栗原地区から橋場保夫君、下栗原地区から山田辰一君、中村地区から古屋武雄君の3名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を深沢山恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、深沢山恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 次に、牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員を指名いたします。

 お手元に配付いたしました名簿のとおり、牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員に東後屋敷地区から中村健造君、三ヶ所地区から清水肇君、鴨居寺地区から山口堯偉君、上石森地区から平塚東洋君、下石森地区から矢崎冶道君の5名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(飯嶋賢一君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、牛奥山恩賜県有財産保護組合議会議員に当選されました。

 以上、当選されました40名の恩賜県有財産保護組合議会議員には、会議規則第32条第2項の規定により文書で告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(飯嶋賢一君) 以上で、本定例会の日程は全て終了いたしました。

 平成26年3月山梨市議会定例会を閉会いたします。



△閉会 午後1時32分



◎議会事務局長(武井信治君) お互いに挨拶を交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

     (全員起立)



◎議会事務局長(武井信治君) 相互に礼。

               午後1時32分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成26年3月27日

        山梨市議会議長   飯嶋賢一

        会議録署名議員   土屋裕紀

        会議録署名議員   吉田昭男