議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成22年  3月 定例会(第1回) 議員派遣報告書




















研 修 日

平成22年2月10日(水)



派遣場所

韮崎市



研修内容

山梨県市議会議長会議員合同研修会(後期)

講師に愛知学院大学准教授の森正先生を招き、
「変わる地方議会」と題し
て講演会を開催した。
森先生は、地方議会における地方分権改革は進んでいるが、目的が明確
でない地方分権は不十分であると指摘され、前鳥取県知事片山善博氏の言
葉を引用し、
「真の地方分権とは住民に必要な事務事業を実施するにあたり、
ルールの設定権・裁量権が住民の近いところにシフトすることである。
」と
提言されている。
このような動きの中で、地方議会も様々な取り組みをしているが、首長
と議会についての基本的関係(二元代表制・議会優先の法則・機関対立主
義)を踏まえ、主に地方自治体の執行状況に対する評価と監視機能の強化、
議会基本条例を取り上げ、議会改革を進める上での基本的在り方について
指摘された。
地方自治体の執行状況に対する評価と監視機能の強化については、議会
独自での各事業に対する評価制度と議員(会派)マニフェスト(政策立案・
提案機能)の導入が必要である。また、議会基本条例は議会の在り方を示
す理念条例であり、議会報告会・請願等における住民公聴会・議員間での
自由討議の3点を条例に盛り込むことが必須であると提言された。
山梨市議会においても、住民に開かれた市議会を目指し努力しているが、
取り組むべき課題はまだまだ多いと感じた。地方行政がより住民に近いと
ころにシフト出来るように更なる努力をしていきたい。


派遣議員































































































上記のとおり報告いたします。
平成22年3月5日
山梨市議会議長

-3-