議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成22年  3月 定例会(第1回) 03月12日−02号




平成22年  3月 定例会(第1回) − 03月12日−02号







平成22年  3月 定例会(第1回)



          平成22年3月山梨市議会定例会 第2日

◯平成22年山梨市議会3月定例会第2日目は、3月12日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成22年3月12日(金曜日)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第2号)

  第1 諸般の報告

     常任委員会審査結果報告

  第2 常任委員会委員長報告

     (質疑・討論・採決)

     議案第10号 平成21年度山梨市一般会計補正予算(第8号) 計1件

     議案第11号 平成21年度山梨市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

     議案第12号 平成21年度山梨市老人保健特別会計補正予算(第2号)

     議案第13号 平成21年度山梨市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

     議案第14号 平成21年度山梨市下水道事業特別会計補正予算(第6号)

     議案第15号 平成21年度山梨市浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第16号 平成21年度山梨市介護保険特別会計補正予算(第5号)

     議案第17号 平成21年度山梨市居宅介護支援特別会計補正予算(第1号)

     議案第18号 平成21年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第19号 平成21年度山梨市簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)

     議案第20号 平成21年度山梨市活性化事業特別会計補正予算(第4号) 計10件

     議案第21号 平成21年度山梨市水道事業会計補正予算(第5号) 計1件

  第3 議員提出議案

     (提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)

     山議案第1号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

     1番   秋山榮治君    2番   向山 輝君

     3番   雨宮悦子君    4番   飯嶋賢一君

     5番   勝村 力君    6番   大村政啓君

     7番   古屋雅夫君    8番   古屋弘和君

     9番   古屋忠城君   10番   木内健司君

    12番   高原信道君   14番   佐藤 勇君

    15番   古屋保男君   16番   吉田昭男君

    17番   雨宮 巧君   18番   小野鈴枝君

    19番   山田 稔君   20番   大竹裕子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(2名)

    11番   志村 忍君   13番   岩崎友江君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長      竹越久高君   副市長     井戸 栄君

                  秘書人事

  教育長     堀内邦満君           坂本孝二君

                  課長

                  総合政策

  総務課長    石場正敏君           加々見義雄君

                  課長

  管財課長    岡 博久君   税務課長    竹川一徳君

                  福祉事務

  市民課長    野沢信次君           山下哲司君

                  所長

  少子対策

          日原明彦君   晴風園長    雨宮利幸君

  課長

                  環境課長

  保健課長    奥山博文君   新エネルギ   武井信治君

                  ー推進室長

  商工労政

          奈良 孝君   観光課長    小林 孝君

  課長

  農林課長    武藤 亨君   建設課長    村田晴彦君

  都市計画

          雨宮俊彦君   下水道課長   名取茂久君

  課長

  会計管理者

          三澤一郎君   水道課長    土橋真仁君

  会計課長

  学校教育            生涯学習

          角田 寛君           芦澤 武君

  課長              課長

  社会体育            監査委員

          丸山徳昭君           名取 功君

  課長              事務局長

  牧丘支所長   竹川寿美雄君  三富支所長   名取敬朗君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務            議会事務局

          関  健君           武井俊一君

  局長              次長

  書記      手島裕司君   会議書記    玄間達広君



△開議 午前10時00分



◎議会事務局長(関健君) 再開に先立ち、お互いにあいさつをしたいと思います。

 ご起立をお願いします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(関健君) 相互に礼。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○議長(秋山榮治君) ただいまの出席議員は18名です。

 定足数に達していますので、本会議を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

         〔本文 19頁〜20頁参照〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 諸般の報告



○議長(秋山榮治君) 日程第1、諸般の報告を行います。

 会議規則第39条の規定により、各常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、委員会報告書の提出がありました。お手元に配付いたしましたので、ご了承願います。

 次に、向山輝君ほか18名から山議案第1号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出がありました。議員提出議案として上程いたしますので、ご了承願います。

 次に、志村忍君は病気療養中のため、岩崎友江君は一身上の都合により、本日欠席する旨の届け出がありました。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 常任委員会委員長報告(質疑・討論・採決)



○議長(秋山榮治君) 日程第2、常任委員会委員長報告を行います。

 本定例会に上程されました議案のうち、議案第10号から議案第21号までの平成21年度山梨市各会計補正予算については、各常任委員会へ審査を付託しています。

 各常任委員長から審査の経過と結果について報告を求めます。

 なお、各常任委員会に分割付託している議案もありますので、各常任委員長の報告後に質疑、討論及び採決を行います。

 初めに、総務常任委員長 佐藤勇君の報告を求めます。

 佐藤勇君。



◆総務常任委員長(佐藤勇君) 総務常任委員会より報告いたします。

 付託された議案についてお手元に配付した報告書のとおり、全会一致で可決すべきものと決定されました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第10号 平成21年度山梨市一般会計補正予算(第8号)のうち、歳出の総務費一般管理費について、本年度の市の職員退職者の人数は何人かとの問いに対して、22名が退職の予定であり、そのうち定年退職者18名、早期退職者4名の予定であるとの答弁がありました。

 次に、同じく歳出の消防費について、新市になってから消防団の部の統合はどのように進んでいるのか、また、団員はどのくらいが適正と考えるのかとの問いに対して、本市の消防団の各部の部員数は、各部によって相当開きがある。また、本市の定数は現在1,248名であるが、実質数1,092名であり、156人少ない状況であるが、県下の同規模の市と比べるとまだ多い。これは、本市の消防団員が、水防団員を兼ねていることも起因していると思われる。現在、広域消防を県下統一消防とする検討も行われており、本市における消防団の各部の統合、定数の見直しの検討は必要であると考えるが、現段階では具体的な数値については論議されていないとの答弁がありました。

 また、防災倉庫の整備について、整備はすべて終えたのか、配備がおくれている倉庫の内容を把握しているのかとの問いに対して、平成21年度で避難所を対象とした11地区31カ所の防災倉庫はすべて整備されることになり、発電機、浄水器、ヘルメット等が配備されている。しかし、従来の倉庫状況を確認し、必要があれば二次配備も検討する必要があると考えているとの答弁がありました。

 次に、同じく総務費、管財管理費について燃料費の過大な見積もりの原因は何かとの問いに対して、新庁舎の冷暖房にかかわる経費について、重油の価格を設計上の消費量から算定し、計上した重油の価格が想定より安価で済んだこと、冷暖房の燃料の消費量が想定より少なかったこと等によるためであるとの答弁がありました。

 また、見積もりの積算が甘いのではないかとの問いに対しては、管理の経費については前年の実績を基本として見積もっているが、新庁舎に関しては実績がなく、専門家の計上した値を参考に積算した。来年度は本年度の実績を踏まえ、注意して見積もりを算出していきたいとの答弁がありました。

 次に、平成21年度山梨市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、医療費が対前年と比較して異常な伸びを示している、この原因はどこにあるのかとの問いに対して、県下の市町村全体で言えることだが、本年度の医療費の伸びは異常であり、国保連合会の連携や他市との情報交換を行い、早急に原因の解明に取り組んでいきたいとの答弁がありました。

 以上をもちまして総務常任委員会の報告といたします。

         〔参考資料 18頁〜19頁参照〕



○議長(秋山榮治君) 次に、建設経済常任委員長 古屋保男君の報告を求めます。

 古屋保男君。



◆建設経済常任委員長(古屋保男君) 建設経済常任委員会から審査の経過と結果について報告いたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり全議案とも原案のとおり、全会一致で可決されました。

 次に、審査の経過から、主なものについて報告いたします。

 まず、議案第10号 平成21年度山梨市一般会計補正予算(第8号)関係付託部分のうち、公営住宅関連提案事業交付金に関連して、公営住宅への火災報知機の設置状況はどうかとの問いに対して、今年度設置を計画した小原、日川、堀之内、中尾、古宿、馬込、雷の各市営住宅に関しては、すべて設置を完了したとの答弁がありました。

 また、農業振興費について、減額補正の理由と事業の進捗状況はどうか、及び農地費のうち農地有効利用支援整備事業の進捗はどうかとの問いに対して、農業振興費の減額の補正は、事業が完了したことにより事業費が確定したものである。

 また、農地有効利用支援整備事業については、事業の申請があった61地区については、すべて事業が完了したとの答弁がありました。

 次に、繰越明許費補正について、GIS整備事業について、進捗状況と繰越明許にする理由はとの問いに対して、アナログでの撮影が2月に終了した。しかし、より繊細な画像にするため、デジタル撮影を行うが、気流等が落ちつく5月から6月に撮影を行う予定となっている。その結果を基礎として、デジタルマッピング化を9月末までに完了させる予定であるとの答弁がありました。

 次に、現地調査でありますが、山梨市エコハウス及び山梨市地域交流センター「街の駅やまなし」について現地調査を行いました。

 以上、建設経済常任委員会の報告といたします。

         〔参考資料 20頁〜21頁参照〕



○議長(秋山榮治君) 次に、教育民生常任委員長 山田稔君の報告を求めます。

 山田稔君。



◆教育民生常任委員長(山田稔君) 教育民生常任委員会より報告をいたします。

 付託された議案について、お手元に配付した報告書のとおり全会一致で可決すべきものと決定をしました。

 次に、審査の過程から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第10号 平成21年度山梨市一般会計補正予算(第8号)の関係付託部分のうち、小学校給食費及び中学校給食費についてであります。子ども手当を給食費未納金に充てるのには、どのような手法が考えられるかとの問いに対して、子ども手当法案は手当を受ける権利を保護するため、担保や差し押さえを禁じており、給食費未納金と相殺するには、法案自体の調整が必要であり、市議会からの国に対する意見書という手法しか考えられないとの答弁がありました。

 次に、スクールバス運行事業費についてであります。スクールバスの燃料として廃食油を精製したバイオディーゼル燃料を使用することにより、燃料費が90万円の減額となっているが、使用状況等はどのようになっているかとの問いに対して、環境課において各家庭から出された廃食油を1カ月当たり約1,000リットル収集し、約900リットルのバイオディーゼル燃料を精製している。使用方法としては、環境センター内の重機などや八幡小学校、三富小学校、笛川中学校のスクールバスに使用している。使用量としては、市内の小中学校が使用している5台のスクールバスの燃料のうち、約4割がバイオディーゼル燃料となっている。小中学生の身近な場所でのバイオディーゼル燃料の使用は資源の有効活用や地球温暖化防止などの環境教育に役立っているとの答弁がありました。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会の報告といたします。

         〔参考資料 22頁〜23頁参照〕



○議長(秋山榮治君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(秋山榮治君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) 質疑なしと認めます。

 これをもちまして質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(秋山榮治君) これより討論を行います。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) 討論なしと認めます。

 これをもちまして討論を終わります。

 これより採決いたします。

 初めに、議案第10号 平成年21度山梨市一般会計補正予算(第8号)を採決いたします。

 委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第11号 平成21年度山梨市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、議案第12号 平成21年度山梨市老人保健特別会計補正予算(第2号)、議案第13号 平成21年度山梨市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、議案第14号 平成21年度山梨市下水道事業特別会計補正予算(第6号)、議案第15号 平成21年度山梨市浄化槽事業特別会計補正予算(第2号)、議案第16号 平成21年度山梨市介護保険特別会計補正予算(第5号)、議案第17号 平成21年度山梨市居宅介護支援特別会計補正予算(第1号)、議案第18号 平成21年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第4号)、議案第19号 平成21年度山梨市簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)、議案第20号 平成21年度山梨市活性化事業特別会計補正予算(第4号)の10案件を一括採決いたします。

 委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第11号から議案第20号までの10案件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第21号 平成21年度山梨市水道事業会計補正予算(第5号)を採決いたします。

 委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 議員提出議案(提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決)



○議長(秋山榮治君) 日程第3、議員提出議案を議題といたします。

 向山輝君ほか18名から、山議案第1号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出がありました。これを議題といたします。

 提出者を代表して向山輝君から提案理由の説明を求めます。

 向山輝君。



◆2番(向山輝君) 山議案第1号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。

 電源立地地域対策交付金の水力発電施設周辺地域交付金相当部分(水力交付金)は、水力発電ダムに関わる発電用施設周辺地域住民の福祉の向上と電源立地の円滑化に資することを目的に創設されたものであり、関係市町村では、この水力交付金を活用し、防火水槽や防災無線等の公共施設の設備、診療所や保育園の運営費等への充当による住民生活の利便性の向上を図っているところである。

 しかしながら、現在の制度では、交付対象市町村の多くが、まもなく最長交付期間の30年を迎えることになるが、その場合、水力発電施設の円滑な運転継続や新規の電源立地に支障を生ずることが危惧される。

 豊富な水資源に恵まれた我が国において、水力発電は、原子力発電や火力発電に比べ、環境への負荷が少なく、再生可能なエネルギーとして、これまで電力の安定供給に大きく寄与してきたが、その背景には水力発電施設の建設に協力してきた関係市町村の貢献があることを十分認識すべきである。

 よって、国におかれては、平成22年度末をもって多くの関係市町村での交付期限を迎える水力交付金について、過去30年間にわたる交付実績や、今後とも安定的な水力発電を維持する必要性があること等を考慮の上、平成23年度以降は恒久的な制度とすること、及び原子力発電交付金との格差を踏まえた交付金の最高限度額及び最低保証額の引き上げなど交付条件の改善や事務手続きの簡素化を図られることを要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 なお、提出先は経済産業大臣ほか関係行政庁であります。

 以上をもちまして提案理由の説明といたします。



○議長(秋山榮治君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっています山議案第1号は議員全員の提出議案であります。

 よって、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) ご異議なしと認めます。

 よって、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 山議案第1号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書について採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) ご異議なしと認めます。

 よって、山議案第1号は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 ただいま可決されました議員提出議案は、会議規則第43条の規定により、その条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(秋山榮治君) ご異議なしと認めます。

 よって、その整理は議長に委任することに決定いたしました。

 なお、可決されました意見書は関係行政庁に送付をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(秋山榮治君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。



◎議会事務局長(関健君) お互いにあいさつをしたいと思います。

 ご起立をお願いします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(関健君) 相互に礼。



△散会 午前10時25分