議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成17年  5月 臨時会(第1回) 05月20日−03号




平成17年  5月 臨時会(第1回) − 05月20日−03号







平成17年  5月 臨時会(第1回)



          平成17年第1回山梨市議会臨時会 第3日

◯平成17年山梨市議会第1回臨時会第3日目は、5月20日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成17年5月20日(金曜日)午前10時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

  第1 開議

  第2 議案に対する質疑・委員会付託・討論・採決

     議案第1号

     議案第2号

     議案第3号、4号、5号 計3件

     議案第6号、7号、8号 計3件

     議案第9号

     議案第10号

     議案第11号

     議案第12号、13号、14号 計3件

     議案第15号

     議案第16号、17号 計2件

     議案第18号

     議案第19号

     議案第20号、21号、22号 計3件

     議案第23号、24号 計2件

     議案第25号

     議案第26号、27号 計2件

  第3 追加提案・議案の朗読・提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決

     議案第28号 教育委員会委員の任命について同意を求める件

     議案第29号 公平委員会委員の選任について同意を求める件

     議案第30号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

     議案第31号 監査委員の選任について同意を求める件

  第4 議会運営委員会の継続審査の件

  第5 常任委員会の継続調査の件

  第6 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

  事件訂正請求について(議案第29号 公平委員会委員の選任について同意を求める件)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20名)

     1番   志村 忍君    2番   高原信道君

     3番   古屋保男君    4番   佐藤 勇君

     5番   岩崎友江君    6番   吉田昭男君

     7番   奥山弘昌君    8番   野澤重幹君

     9番   山田 稔君   10番   小野鈴枝君

    11番   大竹裕子君   12番   仲澤正巳君

    13番   山崎峰三君   14番   大久保光男君

    15番   秋山榮治君   16番   向山 輝君

    17番   雨宮 巧君   18番   星野 洋君

    19番   丸山正一君   20番   雨宮義和君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長       中村照人君   教育長      堀内邦満君

  秘書人事課長   田村 長君   総務課長     三富秀樹君

  総合政策課長   井戸 栄君   管財課長     坂本孝二君

  税務課長     窪川重徳君   市民課長     加々見義雄君

  福祉事務所長   金丸俊男君   少子対策課長   相原和男君

  晴風園長     窪田今朝富君  保健課長     竹川一徳君

  環境課長     関  健君   商工労政課長   田村 正君

  観光課長     角田 寛君   農林課長     加々美眞人君

  建設課長     中村 一君   都市計画課長   堀内 勝君

  下水道課長    小沢袈裟博君  会計課長     高野 博君

  水道課長     早川 與君   牧丘病院事務長  奥山博文君

  学校教育課長   三澤武文君   生涯学習課長   雨宮敦雄君

  社会体育課長   深沢今朝男君  監査委員事務局長 三澤一郎君

  山梨支所長    武藤 亨君   牧丘支所長    山下哲司君

  三富支所長    名取茂久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務局長   松土 勝君   議会事務局次長  竹川寿美雄君

  書記       保坂真一君   会議書記     古屋真里子君



△開議 午前10時00分



○議長(志村忍君) 再開に先立ち、お互いにあいさつをいたしたいと思います。

 全員ご起立をお願いいたします。

     (全員起立)



○議長(志村忍君) ご苦労さまです。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 開議



○議長(志村忍君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しておりますので、本会議を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(志村忍君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 議案に対する質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(志村忍君) 日程により、これより議案に対する質疑に入ります。

 発言の通告がありますので、順次発言を許します。

 吉田昭男君。



◆6番(吉田昭男君) 新市の山梨選挙区から選出をいただきました日本共産党の吉田昭男です。

 私は市民の皆さんから無投票で議会に送っていただき、その期待の大きさとともに、責任の重さを痛感しているところであります。

 新生山梨市の初代市長に就任いたしました中村市長は、所信表明で真心と和みのまちづくりを理念として、市政執行に当たっては、市民が主役、参加と創造、開かれた市政を目指し、政治に携わる一人として、困難にひるまず立ち向かうという決意を表明されました。それを今後の市政執行において具体化していただき、特に市民が合併して本当によかったと実感できる施策の実行を心から希望いたしまして質疑を行います。

 初めに、議案第15号の土地の取得についてであります。

 セレスティカの跡地総面積4万278.99平方メートル、価格8億3,600万円で購入をいたしました。これは一般論としてはお得な買い物としていますが、行政が取得する場合は、その必要性や明確な購入理由が求められます。

 また、購入時期が市長も議員も失職した直後で、不適切ではなかったかという市民の指摘もあります。さらに利用目的は今後検討していく状況にあります。新議会での十分な論議が必要と思います。

 どうしても専決処分を行わなければならない時間的制約や緊急的な理由があったのかどうか説明を求めます。



○議長(志村忍君) 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 吉田議員の質問にお答えをいたします。

 セレスティカ・ジャパン株式会社山梨サイトの土地の取得についてでありますが、取得する土地の面積は4万278.99平方メートル、取得費は8億3,600万円であります。建物は一部6階建ての管理棟を含め、工場棟や倉庫など総面積2万6,051.57平方メートルでありますが、建物の価格は0円であり、取得費はすべて土地に係るものであります。

 この土地につきましては、市の中心地にありまして、市街地に4万平方メートル余の空き地が生まれることは、地域にとりましても防犯上望ましいことではありません。また、大手デベロッパーによる開発や大型遊興施設の進出という話もありました。景気低迷化の現在では虫食い開発のおそれ、さらには風紀上、中心地にはふさわしくない施設の建設は新市まちづくり計画の阻害にもなりかねないため、行政としてその移転に積極的に関与する必要がありました。

 幸いにも購入単価は近隣と比較すると格段に安く、建物も現況有姿のまま移転できるとの好条件であったため、行政施設用地として購入をいたしたところであります。

 財源といたしましては、合併期日の3月22日から31日までの10日間に限り使うことができる平成16年度合併補助金3億円を有効活用し、残金については平成17年度予算から支払うことといたしました。残金5億3,600万円につきましても合併特例債の適用事業に該当いたしますので、それを見込みますと、一般財源は2,680万円になります。合併補助金の3億円は平成16年度の新市予算であり、10日間の間に契約行為をしなければ適用されないため、市長職務執行者による専決とさせていただきました。

 本来ですと、地方自治法第96条第1項第8号により、議会の議決に付すべき案件でありますが、補助金の有効活用のため、やむを得ない事情があったことにご理解を賜りたいと存じます。

 なお、今後の活用につきましては、検討委員会を早期に立ち上げ、幅広くご意見を拝聴する中で対応してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(志村忍君) 吉田昭男君。



◆6番(吉田昭男君) ありがとうございました。

 次に、議案第20号の平成17年度一般会計暫定予算ほか10件のうち、一般会計暫定予算にかかわって質疑をいたします。

 今回、合併によって健康診断や人間ドックの受診料が上がったとの声が多くの市民から寄せられます。厳しい財政事情の中で、市民の健康増進を図り、国保財政の健全化にも寄与することを目指して、関係者が懸命な努力をしていることは十分承知はしておりますが、そのことを理由に市民負担の増大を見逃すこともできませんので、お尋ねをいたします。

 今年度、健康診断内容も充実したが、受診費用も負担増になっている。男性でどのくらい、女性でどのくらいの値上がりとなるのか。また、人間ドックも受診枠を従来より100人ふやすなど市民要求にこたえる努力はしておりますけれども、受診料負担もふえております。どのくらいの負担増になるのか、これが暫定予算の歳入歳出にどのような数字で反映しているのかをお尋ねいたします。

 続いて、敬老祝い金制度についてもあわせてお尋ねをいたします。敬老祝い金は77歳で1万円、88歳で2万円、100歳で30万円支給されますが、従来あった養老年金支給事業がなくなったために、今までの敬老の日に祝い金を受け取っていたお年寄りより、楽しみが一つ消えてしまったと落胆する声も上がっております。養老年金支給事業が変更された経緯と、敬老祝い金支給制度において年齢や該当者の段階をふやすことができないものかどうか、あわせて従来の受給者数と受給額、新制度の予想受給者数と受給額についてお答えをいただきたいと思います。



○議長(志村忍君) 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) まず、健康診断の受診者費用負担並びに人間ドックの受診者費用負担についてであります。

 健康診断の受診者費用負担につきましては、合併協議会において委託料の15%を目安に算定し、特別な事情がない限り全項目受診しますと、男性が委託料1万5,840円のうち2,300円と、前年度と比較しますと100円の増額。女性につきましては2万9,990円のうち4,300円となり、前年比900円の増額となります。女性につきましては、乳がんレントゲン検査等を追加し充実をさせたので、この分がふえたところであります。

 人間ドックの受診者費用負担につきましては、合併協議会において委託料の20%を目安に算定するとともに、検査項目を大幅に充実をさせたところであります。一例を申し上げますと、血液検査が従来21項目であったものを44項目にふやし、腹部超音波検査におきましては肝臓等6項目でありましたが、前立腺等12項目にふやした結果、男性が委託料3万5,700円のうち7,000円となり前年比2,000円の増額、女性が委託料4万950円のうち8,000円となり前年比2,000円の増額となります。

 合併協議の中で、対象者平成16年度の実績860人に対しまして、平成17年度は1,030人と170人増員をいたしたところであります。これに係る経費は概算651万円となり、個人負担増額分を差し引いても、450万円市の負担増となってまいります。市民の皆様の要望が強い人間ドックにつきましては、受診者負担額について市民の皆様の理解をいただく中で、さらに対象額の拡大等も検討してまいりたいと考えております。

 敬老祝い金支給制度についてでありますが、合併前の敬老祝い金の支給につきましては、旧山梨市と旧三富村は75歳以上、旧牧丘町につきましては77歳以上全員に、それぞれの市町村において定められた年齢階層支給金額により実施されてきたところであります。

 3市町村合併協議会におきましても、行政改革の観点から敬老祝い金につきましては何回か検討を行ってきたところであります。県におきましても、近年平均寿命の大幅な伸びに伴い、高齢者のとらえ方に関する人々の意識や経済面等、高齢者を取り巻く社会環境の変化に基づき、敬老祝い金につきましても検討がされ、平成14年度から段階的に改正をされ、平成16年度からは、77歳3,000円、88歳5,000円、100歳以上5万円と改正がされたところであります。

 このことによりまして、新市合併協議会においても年齢階層につきましては、県の年齢階層を参考にすることがよいとのことになり、支給金額につきましては支給対象者が削減されたことにより、県より増額を行い、77歳1万円、88歳2万円、新100歳30万円として合併協議会運営調整会議で了承されたものであります。

 養老年金支給事業が変更された経緯につきましては、旧山梨市においては敬老祝い金を養老年金として支給をしておりましたが、他の年金制度と間違いやすいとのことから、敬老祝い金として支給することとなりました。

 次に、支給年齢の階層増につきましては合併協議会において何回か検討しておりますので、難しいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと思います。

 従来の支給受給者数と需要額、新制度の予想受給者数と受給額についてでありますが、従来の受給者数と需要額は3市町村合計で4,613人、3,815万円であり、新市の予想支給者数と支給額につきましては、559人、977万円と積算し、暫定予算に計上したところであります。

 以上であります。



○議長(志村忍君) 吉田昭男君。



◆6番(吉田昭男君) ありがとうございました。

 国民健康保険税を初め、各種の行政サービスが合併協議会において、新しい市において調整を行うということで積み残されております。今後の調整において旧3市町村の格差是正や、財政を理由として市民負担のみがふえることになると、合併によって行政サービスがよくなると期待した市民に失望を与えることになります。新生山梨市の3万9,000市民が夢と希望を持てるような調整を今後強くお願いを申し上げまして、質疑を終わらせていただきます。



○議長(志村忍君) 次に、通告により雨宮巧君の発言を許します。

 雨宮巧君。



◆17番(雨宮巧君) さきの市議選におきまして、市民の皆様のご支援によりこの場に立たせていただきました。初心を忘れることなく精進していく覚悟でございます。今後ともどうぞよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、質疑に入ります。

 議案第20号 平成17年度山梨市一般会計暫定予算歳出、款7商工費の目観光費の中に山岳遭難対策経費が計上されておりますが、山岳遭難にかかわる救助隊は旧三富村においてその位置づけは総務課に事務局があり、局長が課長で、消防主任が事務処理を行っていました。その歴史は27年に及び、昨年その功績が認められ、内閣総理大臣表彰を授与されましたことはお聞き及びのことと思います。

 救助隊発足前は消防団で遭難事故に対処をしておりましたが、遭難事故は当然厳しい山岳状況の中で発生するわけであり、その対応には限界があり、救助隊の発足となったわけであります。

 しかし、遭難の状況において、特に捜索活動が広範囲に及ぶ場合は消防団の協力が不可欠であります。観光山梨市の西沢渓谷を中心とする山域に年間30から40万人の観光客が訪れます。その人たちが無事に楽しさと感動だけを持ち帰ってほしいと思いますが、時として遭難事故は起きます。当然、日下部警察署からの要請に基づいて対処するわけですが、要請から出動までの事務的流れといいますか時間の経過は、遭難者の命だけでなく、救助隊員の命にもかかわってまいります。人命救助の優先という観点からも、消防行政の中で取り扱ってほしいと思いますが、いかがですか。

 また、合併後時間も経過しておりませんが、組織の形態がどのように変化したのか、経過の説明をお願いいたします。



○議長(志村忍君) 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 雨宮議員の質問にお答えをいたします。

 山岳における遭難者の対応についてでありますが、旧三富村におきましては、登山の経験豊富な方や消防団幹部等で組織する山梨県山岳遭難者救助対策三富分会を設置をし、総務課で事務局を担当してまいったところであります。

 合併により山岳エリアも拡大になることを踏まえ、合併協議におきまして山岳遭難対応のあり方など、検討いたしました結果、山岳遭難は急を要すること、即応体制が必要であること、また地域の山岳状況に精通していることが必要などの観点から、それぞれの地域において対応を図ることとし、本庁、牧丘支所及び三富支所の総務課で山岳救助に関することを分掌することといたしましたので、特に山岳遭難の事例が多い三富におきましては、これまでと同様な組織体制で三富支所の総務課で対応をいたしてまいります。

 消防行政の中での取り扱いとのご質問でありますが、消防組織法において国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水災害または地震等の災害を防除し、被害を軽減することなどが任務とされておりますので、独立した組織として三富分会を設置しているものと認識をいたしております。

 しかし、消防の任務などを考慮する中で、広く人命救助という観点から山岳遭難救助にかかわる組織の一員として、また協力組織として消防団員等の理解と協力をいただいているところであります。

 予算の措置につきましては、遭難者の多くが山岳観光者であることから、観光費に予算措置をいたしましたが、本予算におきまして適切な科目に組み替える予定でおります。

 なお、平成17年度山梨県山岳遭難救助対策日下部支部の定期総会が5月23日、日下部警察署において開催されますので、私も出席する予定をいたしております。

 以上であります。



○議長(志村忍君) 雨宮巧君。



◆17番(雨宮巧君) ありがとうございました。

 質疑を終わります。



○議長(志村忍君) 以上で通告による議案に対する質疑は終了いたしました。

 ほかに議案に対する質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ほかになしと認め、以上をもって議案に対する質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 議題となっております議案第1号から議案第27号までの27件につきましては、山梨市議会会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号から議案第27号までの27件については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより議案に対する討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市役所の位置を定める条例ほか226件)について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号は原案のとおり承認されました。

 議案第2号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市設置に伴う字名の変更)について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第2号は原案のとおり承認されました。

 議案第3号から第5号まで3件について一括採決いたします。

 議案第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度山梨市一般会計暫定予算ほか10件)、議案第4号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度山梨市水道事業会計暫定予算)、議案第5号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度山梨市病院事業会計暫定予算)についての3件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第3号から第5号までの3件は原案のとおり承認されました。

 議案第6号から第8号までの3件について、一括採決いたします。

 議案第6号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市指定金融機関の指定)、議案第7号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市水道事業指定金融機関の指定)、議案第8号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市病院事業指定金融機関の指定)についての3件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第6号から第8号までの3件は原案のとおり承認されました。

 議案第9号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市過疎地域自立促進計画(前期分))について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第9号は原案のとおり承認されました。

 議案第10号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市ほか三カ市町村指導主事を共同設置することへの加入)について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号は原案のとおり承認されました。

 議案第11号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市と笛吹市(合併前の春日居町の区域に限る)との間における一般廃棄物(し尿)の処理に係る事務委託に関する規約)について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第11号は原案のとおり承認されました。

 議案第12号から第14号までの3件について一括採決いたします。

 議案第12号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度山梨市一般会計暫定補正予算(第1号))、議案第13号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度山梨市公共下水道事業特別会計暫定補正予算(第1号))、議案第14号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度山梨市三富簡易水道特別会計暫定補正予算(第1号))についての3件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号から第14号までの3件は原案のとおり承認されました。

 議案第15号 専決処分の承認を求めることについて(土地の取得)について、原案とおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第15号は原案のとおり承認されました。

 議案第16号から第17号までの2件について一括採決いたします。

 議案第16号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市税条例の一部を改正する条例)、議案第17号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市都市計画税条例の一部を改正する条例)の2件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号から第17号までの2件は原案のとおり承認されました。

 議案第18号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例)について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第18号は原案のとおり承認されました。

 議案第19号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市過疎地域自立促進計画(後期分))について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第19号は原案のとおり承認されました。

 議案第20号から第22号までの3件について、一括採決いたします。

 議案第20号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市一般会計暫定予算ほか10件)、議案第21号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市水道事業会計暫定予算)、議案第22号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市病院事業会計暫定予算)についての3件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第20号から第22号までの3件は原案のとおり承認されました。

 議案第23号から第24号までの2件について一括採決いたします。

 議案第23号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例)、議案第24号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市非常勤消防団員に係る退職報奨金の支給に関する条例の一部を改正する条例)についての2件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第23号から第24号までの2件は原案のとおり承認されました。

 議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度山梨市一般会計暫定補正予算(第1号))について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第25号は原案のとおり承認されました。

 議案第26号から第27号までの2件について一括採決いたします。

 議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市男女共同参画社会推進条例)、議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市環境基本条例)についての2件を原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第26号から第27号までの2件は原案のとおり承認されました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時33分



△再開議 午前11時53分



○議長(志村忍君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 追加提案・議案の朗読・提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(志村忍君) 日程により、追加提案を行います。

 本日市長から送付されました議案は議案第28号から議案第31号までの人事案件4件であります。

 議案を配付の上、順次議題といたします。

 議案を配付いたさせます。

     (議案配付)



○議長(志村忍君) 議案の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 配付漏れなしと認めます。

 議案第28号から議案第30号までの3件を議題といたします。

 事務局に議案を朗読いたさせます。

     (議案朗読)



○議長(志村忍君) 朗読は終わりました。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 追加提案いたします議案は人事案件4件であります。

 議案第28号は、山梨市教育委員会委員の任命について同意を求める件であります。

 この内容は、合併による山梨市の設置に伴い、山梨市教育委員会委員として山梨市牧丘町室伏1097番地 荻原昌郎、山梨市上神内川174番地 武井尚子、山梨市北2117番地 手塚光彰、山梨市三富上釜口3番地 日原吉日出、山梨市東後屋敷172番地 堀内邦満を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により同意を求めるものであります。

 議案第29号は、山梨市公平委員会委員の選任について同意を求める件であります。

 この内容は合併による山梨市の設置に伴い、山梨市公平委員会委員として山梨市三富上柚木883番地 雨宮壽彦、山梨市牧丘町倉科2459番地 間瀬龍次、山梨市上神内川1025番地 三澤一仁を選任したいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により同意を求めるものであります。

 議案第30号は、山梨市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件であります。

 この内容は合併による山梨市の設置に伴い、山梨市固定資産評価審査委員会委員として山梨市牧丘町隼859番地 岡利彦、山梨市市川580番地1 辻良幸、山梨市三富川浦252番地 日原廣次を選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により同意を求めるものであります。

 以上3件につきまして、提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議を賜り、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(志村忍君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 議案第28号から議案第30号までの3件につきましては、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第28号から議案第30号までの人事案件3件につきましては、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第28号 教育委員会委員の任命について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案に同意することに決しました。

 議案第29号 公平委員会委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案に同意することに決しました。

 議案第30号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第31号を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、丸山正一君の暫時退席を求めます。

     (19番 丸山正一君退席)



○議長(志村忍君) 議案を配付いたさせます。

     (議案配付)



○議長(志村忍君) 議案の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) 配付漏れなしと認めます。

 事務局に議案を朗読いたさせます。

     (議案朗読)



○議長(志村忍君) 朗読は終わりました。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 議案第31号は山梨市監査委員の選任について同意を求める件であります。

 この内容は合併による山梨市の設置に伴い、山梨市監査委員として山梨市牧丘町北原559番地 大宮山磐、山梨市大工297番地 丸山正一を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により同意を求めるものであります。

 以上でありますが、よろしくご審議を賜り、ご議決いただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(志村忍君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 本件は質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第31号 監査委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。

 丸山正一君の除斥を解きます。

     (19番 丸山正一君復席)



○議長(志村忍君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後零時09分



△再開議 午後1時35分



○議長(志村忍君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△事件訂正請求について



○議長(志村忍君) 先ほど、山梨市長 中村照人君から提出されました議案第29号 公平委員会委員の選任について同意を求める件について、事件訂正請求がありました。

 よって、この際日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 議案第29号については、お手元に配付した事件訂正請求書のとおり訂正することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第29号は事件訂正請求書のとおり訂正することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 議会運営委員会の継続審査の件



○議長(志村忍君) 日程により、議会運営委員会の継続審査の件を議題といたします。

 議会運営委員長から委員会の性質上、議会閉会中所管事項について継続審査を行いたい旨、山梨市議会会議規則第103条の規定により、別紙のとおり申し出がありました。

 お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中継続審査を付託することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 常任委員会の継続調査の件



○議長(志村忍君) 日程により、常任委員会の継続調査の件を議題といたします。

 総務、建設経済、教育民生の各常任委員長から山梨市議会会議規則第103条の規定により、別紙申し出のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(志村忍君) ご異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第6 閉会



○議長(志村忍君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 これをもちまして平成17年第1回臨時会を閉会いたします。

 長時間、慎重にご審議いただき、まことにありがとうございました。

 ご苦労さまでございました。



△閉会 午後1時38分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

   平成17年5月20日

        山梨市議会臨時議長 野澤重幹

        山梨市議会議長   志村 忍

        会議録署名議員   高原信道

        会議録署名議員   雨宮義和