議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成20年  3月 定例会(第1回) 03月26日−05号




平成20年  3月 定例会(第1回) − 03月26日−05号







平成20年  3月 定例会(第1回)



          平成20年第1回山梨市議会定例会 第5日

◯平成20年山梨市議会第1回定例会第5日目は、3月26日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成20年3月26日(水曜日)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 第1 開議

 第2 常任委員会委員長報告

    1 総務常任委員会委員長

    2 建設経済常任委員会委員長

    3 教育民生常任委員会委員長

 第3 委員長報告に対する質議

 第4 議案及び請願に対する討論・採決

    議案第1号、2号、3号、4号 計4件

    議案第5号、6号、7号 計3件

    議案第8号、9号、10号、11号 計4件

    議案第12号、13号、14号、15号 計4件

    議案第16号、17号、18号 計3件

    議案第19号、20号、21号 計3件

    議案第22号 計1件

    議案第36号 計1件

    議案第37号、38号、39号、40号 計4件

    議案第41号、42号 計2件

    議案第43号、44号、45号 計3件

    議案第46号、47号 計2件

    議案第48号 計1件

    議案第49号 計1件

    議案第50号、51号 計2件

    請願第1号 計1件

 第5 議員提出議案の上程

    山議案第1号 道路特定財源の確保に対する意見書の提出について

 第6 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決

 第7 追加議案の上程

    議案第52号 副市長の選任について同意を求める件

    議案第53号 固定資産評価員の選任について同意を求める件

    議案第54号 教育委員会委員の任命について同意を求める件

    議案第55号 公平委員会委員の選任について同意を求める件

    議案第56号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

    議案第57号 八幡山恩賜林保護財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件

    議案第58号 山梨市岩手財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件

 第8 議案の朗読

 第9 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決

 第10 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(19名)

     1番   大久保光男君   2番   山崎峰三君

     3番   古屋保男君    4番   佐藤 勇君

     5番   岩崎友江君    6番   吉田昭男君

     8番   野澤重幹君    9番   山田 稔君

    10番   小野鈴枝君   11番   大竹裕子君

    12番   仲澤正巳君   13番   高原信道君

    14番   志村 忍君   15番   秋山榮治君

    16番   向山 輝君   17番   雨宮 巧君

    18番   星野 洋君   19番   丸山正一君

    20番   雨宮義和君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長       中村照人君    助役       小林勝己君

  教育長      堀内邦満君    秘書人事課長   坂本孝二君

  総務課長     堀内 勝君    総合政策課長   井戸 栄君

  管財課長     加々見義雄君   税務課長     加々美眞人君

  市民課長     角田 寛君    福祉事務所長   高野 博君

  少子対策課長   相原和男君    晴風園長     奈良 孝君

  保健課長     竹川一徳君    環境課長     山下哲司君

  商工労政課長   三澤一郎君    観光課長     石場正敏君

  農林課長     武藤 亨君    建設課長     中村 一君

  都市計画課長   三澤武文君    下水道課長    岡 博久君

  会計管理者

           雨宮敦雄君    水道課長     早川 與君

  会計課長

  学校教育課長   田村 正君    生涯学習課長   窪田今朝富君

  社会体育課長   奥山博文君    監査委員事務局長 芦澤 武君

  牧丘支所長    向山邦夫君    三富支所長    丸山徳昭君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務局長   三富秀樹君    議会事務局次長  小林 孝君

  書記       手島裕司君    会議書記     前嶋裕樹君



△開議 午前10時00分



◎議会事務局長(三富秀樹君) 再開に先立ち、相互にあいさつを交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(三富秀樹君) 相互に礼。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 開議



○議長(大久保光男君) ただいまの出席議員19人、定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 常任委員会委員長報告



○議長(大久保光男君) 日程により、常任委員会委員長報告を行います。

 最初に、総務常任委員会 大竹裕子委員長。



◆総務常任委員長(大竹裕子君) 総務常任委員会よりご報告いたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審議の結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第1号 山梨市職員の自己啓発等休業に関する条例について、議案第6号 山梨市後期高齢者医療に関する条例について、議案第8号 山梨市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第9号 山梨市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、議案第10号 山梨市手数料条例の一部を改正する条例について、議案第11号 山梨市特別会計条例の一部を改正する条例について、議案第16号 山梨市乳幼児医療費助成金支給条例の一部を改正する条例について、議案第17号 山梨市ひとり親家庭医療費助成に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第20号 山梨市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第21号 山梨市交通・火災災害共済条例の一部を改正する条例について、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算関係付託部分、議案第37号 平成20年度山梨市国民健康保険特別会計予算、議案第38号 平成20年度山梨市老人保健特別会計予算、議案第39号 平成20年度山梨市後期高齢者医療特別会計予算、議案第40号 平成20年度山梨市交通・火災災害共済事業特別会計予算の15案件は、いずれも原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 請願第1号 保険業法の制度と運用を見直し、自主的な共済の保険業法の適用除外を求める意見書の提出を求める請願は、なお慎重に審査すべきものとして、継続審査と決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算のうち、歳入についてであります。

 合併特例債の総額と現在までの発行額は幾らかとの問いに対して、合併特例債は、新市の建設計画にのっとった事業に基づいて借り入れを行っている。平成19年度の地方債の借り入れは、毎年5月末の出納閉鎖までに行うことになる。前年度繰り越し分を含めた、現時点での合併特例債の総額は35億4,000万円となっている。また、借り入れの限度額は、基金積み立ても含めて135億円余りであるとの答弁がありました。

 また、公債費の繰上償還は年に幾らずつ返していくのかとの問いに対し、定期償還は年2回あり、これにあわせて繰上償還も9月末と3月末に行っている。今回の補正予算で提出したものは、3月末に償還するものであるとの答弁がありました。

 次に、歳出についてであります。

 2款総務費に関連して、牧丘地区で発電機や浄水器などの防災資機材の整備を行っているが、現在ある防災資機材が、一朝有事のときに使用できる体制になっているのかとの問いに対して、防災資機材については各地区の避難所に配備しており、地元消防団の分団に管理をお願いしている。緊急事態には正常に作動できるよう、各機関へ指導していきたい。したがって、各区には防災資機材を配備していないが、今後、避難場所への配備終了後、検討していくとの答弁がありました。

 また、市役所東市有地整備事業に伴い、設計委託をする際には監理費を含めて業者へ発注したのかとの問いに対して、基本的には設計管理が一体の発注工事となる。しかし、東市有地の整備は、プロポーザル方式で実施し、提案の中で基本・実施設計見積もり額と監理見積もり額を受けているが、年度をまたぐ物件となるので、前年度の予算において実施計画まで契約し、今年度工事を発注する段階で別に監理費の契約をしている。執行課の意向に基づき、今回の工事は基本設計と実施計画を前年度にお願いし、監理は、当該設計業者に施工時から監理をお願いする別発注の形をとっているとの答弁がありました。

 以上をもちまして、総務常任委員会のご報告といたします。



○議長(大久保光男君) 次に、建設経済常任委員会 高原信道委員長。



◆建設経済常任委員長(高原信道君) 建設経済常任委員会より報告いたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第11号 山梨市特別会計条例の一部を改正する条例について、議案第22号 山梨市花かげの郷まきおかオーチャードヴィレッジ「フフ」施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算関係付託部分、議案第41号 平成20年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第42号 平成20年度山梨市浄化槽事業特別会計予算、議案第46号 平成20年度山梨市簡易水道事業特別会計予算、議案第47号 平成20年度山梨市活性化事業特別会計予算、議案第48号 平成20年度山梨市水道事業会計予算、議案第50号 指定管理者の指定についての9案は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算のうち、農林水産業費県補助金についてであります。

 経営構造対策事業補助金について、光センサー選果機の補助金は市でも補助をしているのかとただしたのに対して、市が立てかえて補助をしており、県から同じ金額が補助金として市に入ってきているとの答弁がありました。

 次に、観光費についてであります。

 西沢渓谷の駐車場を有料にする考えはあるのかとただしたのに対して、三富村時代から無料にしており、ほかに駐車場もないため現在は無料にしている。有料にした場合の徴収方法については、どのような方法が可能か検討していきたいとの答弁がありました。

 次に、道路維持費及び河川等改良費についてであります。

 原材料費が、道路維持費に700万円余、河川等改良費に250万円余が計上されているが、原材料の活用については地元からの要望も多くあるがいかがかとただしたのに対し、不足分については地元からの要望状況を見て、9月、12月補正で対応していきたいとの答弁がありました。

 次に、議案第41号 平成20年度山梨市下水道事業特別会計予算についてであります。

 使用可能区域での加入率はとただしたのに対して、3月時点で約70%であるとの答弁がありました。さらに、未加入分30%の分析はしているのかとただしたのに対して、未加入世帯への啓蒙活動の折にアンケートを実施しており、その結果による未加入の理由は、工事費がかかる等の金銭的な回答が一番であった。今後、市としては、さらに啓蒙活動を続けていきたいとの答弁がありました。

 次に、議案第48号 平成20年度山梨市水道事業会計予算についてであります。

 企業団からの受水費はどのように決められているのかとただしたのに対して、1トン当たり110円掛ける消費税1.05掛ける365日で、水量が山梨地域4,200トン、牧丘地域2,000トンで計算されているとの答弁がありました。

 次に、本委員会の要望事項といたしましては、次のことについて要望いたします。

 1つ、定住人口の増加と経済効果が期待される農業振興地域からの除外の受付については、最大限の努力を図っていただきたい。

 1つ、駅前開発事業も最終段階を迎えた今、住民が希望する(仮称)地域交流センターについては、その規模、内容等に十分な検討を加え、財政状況の推移を見つつ、慎重に取り計らっていただきたい。

 以上をもちまして、建設経済常任委員会の報告といたします。



○議長(大久保光男君) 次に、教育民生常任委員会 向山輝委員長。



◆教育民生常任委員長(向山輝君) 教育民生常任委員会より報告いたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審議の結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第2号 山梨市教育委員会組織条例について、議案第3号 山梨市花かげの郷まきおか「牧丘郷土文化館」設置及び管理条例について、議案第4号 山梨市根津記念館設置及び管理条例について、議案第5号 山梨市父子家庭福祉手当条例について、議案第7号 山梨市病院事業の設置等に関する条例について、議案第12号 山梨市公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第13号 山梨市民スポーツ広場設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第14号 山梨市夜間照明施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第15号 山梨市立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第17号 山梨市ひとり親家庭医療費助成に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第18号 山梨市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例について、議案第19号 山梨市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について、議案第43号 平成20年度山梨市介護保険特別会計予算、議案第44号 平成20年度山梨市居宅介護支援特別会計予算、議案第45号 平成20年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計予算、議案第49号 平成20年度山梨市病院事業会計予算、議案第51号 東山梨環境衛生組合規約の変更についての17件は、いずれも原案どおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 また、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算関係付託部分は、賛成多数で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第4号 山梨市根津記念館設置及び管理条例についてであります。

 条例別表第2において、庭園の使用料が規定されているが、具体的にどのような利用を想定しているのかとただしたのに対し、例えば和室と庭園を使用した結婚式や野点(のだて)などの利用を想定しておりますとの答弁がありました。

 次に、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算のうち、保健事業の検診委託料についてであります。

 国の社会保障費の削減の中で、病院や個人開業医の経営は厳しい状況にあり、適正な価格でなければ保健事業の継続は困難であるが、各種検診の委託単価はどのように決定しているのかとただしたのに対し、住民検診の委託単価につきましては、市が作成した仕様書に基づき、医療機関から見積もりを提出していただいております。予算の議決後、契約することになりますが、見積もりにも多少の単価差があるため、基本的には低いほうに合わせて契約を締結したいと考えておりますとの答弁がありました。

 次に、現地調査についてでありますが、根津記念館について現地調査を行いました。

 なお、本委員会の要望事項といたしまして、次のことを要望いたします。

 山梨市根津記念館及び設置管理条例については、開館時間及び休館日の条文化の検討をしていただきたい。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会の報告といたします。



○議長(大久保光男君) 各常任委員会委員長の報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 委員長報告に対する質疑



○議長(大久保光男君) これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) 質疑なしと認め、以上をもって質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 議案及び請願に対する討論・採決



○議長(大久保光男君) これより議案及び請願に対する討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、原案に対する反対者の発言を許します。

 吉田昭男君。



◆6番(吉田昭男君) 議案第36号 平成20年度山梨市一般会計当初予算に対する反対の討論を行います。

 福田内閣の初めての国の予算案は、大企業のための成長路線と社会保障切り捨ての構造改革を継承するものとなっています。「骨太の方針」に盛り込まれた毎年2,200億円もの社会保障関係費の圧縮を確実に実施しました。これに対して、各方面からも歳出抑制の限界や削減に対する批判が高まると、大企業、大金持ちへの特別優遇税制や年間5兆円もの軍事費は聖域として手をつけず、消費税増税によって社会保障の財源を確保するなど、さらなる国民への増税と負担を押しつける方針を明らかにしました。国民としては、到底黙視することはできません。

 国の三位一体改革は、地方交付税を一貫して削減し続け、04年度以降、実質的な地方交付税は5兆7,000億円も削減され、そのツケが地方自治体と市民に回っています。そういう中で、昨年の10月には、全国知事会など地方6団体が、地域間格差が拡大している要因として地方交付税が大幅に削減されたことを挙げ、政府の姿勢を厳しく批判、初めて地方交付税の増税を国に求めました。その結果、今年度の地方交付税の総額は微増となりました。

 一方で、その財源対策として地方再生対策債や地域活性化関連施策は、地方間での税源の奪い合いと国が定めた指標に沿って地方自治体に成果を競わせ、頑張った自治体に交付税を手厚く配分するという本末転倒の手法に出ました。政府の地方交付税の抑制路線という大もとには手をつけず、小手先の地方税の偏在是正だけでは、まさに、焼け石に水にもならず、全国の自治体からも強い批判が上がっています。

 山梨市の08年度一般会計予算も、国の影響を色濃く受けて編成されました。

 歳入総額は158億8,000万円余、前年比1.7%減であります。本年度は、従来の積み上げ方式から枠配分方式が導入され、なれない中で、各課や担当者の皆さんには、国の方針とのはざまで特別に苦労されたことと推察するところであります。大変にご苦労さまでした。

 歳入のうち、市債は臨時財政対策債や合併特例債等の減額により、9.9%減の21億3,500万円余、構成比で13.4%となりました。

 山梨市の合併特例債の上限額は134億9,700万円余となっており、平成19年度までに上限枠の約22%、29億8,460万円余が使用されました。このうちの80%が新庁舎用地取得と整備事業に充てられています。合併特例債については、事業を厳しく吟味するとともに、市民の暮らし・福祉・教育を直接応援する施策にしっかりと重点を置いて活用することを改めて強く求めるものであります。

 次に、歳出について述べます。

 民生費は、各種福祉制度の扶助費増により、3.3%増の40億1,300万円余、構成比25.3%で、国や県の配分を順当に受けたものと言えます。農林水産費は8億8,300万円余、構成比5.6%は、山梨市の基幹産業として農業を位置づけるならば極めて少ない予算と言わなければなりません。しかも、その施策においては、土地改良や大型農道整備など、ハード面に重点が置かれている中で、むしろ農業後継者対策や災害時の支援対策、桃やブドウなど特産品が持続的に再生産可能となる最低価格保障制度の確立や安心・安全な食料の確保、遊休農地の活用策等々、直接農業と農家経営を応援する施策への予算配分が強く求められます。

 また、山梨市の特性である豊かな自然の恵み、森林を活用するための森林関係費が前年比18%減の6,000万円というのは、全く市の実態を反映していない予算であることを指摘しなければなりません。

 次に、商工費についてであります。

 総額では、前年度より約6,000万円減の3億4,900万円余、構成比で2.2%となっています。山梨市の地域経済と社会を支える一角を担う商工業の振興策は、今、急務であります。小売商業、商店街再生など、具体的に商工業振興策を実施するためにも大幅な予算の増額を求めるものであります。

 次に、土木費についてであります。

 総額21億5,700万円余、構成比13.6%で、金額でも、構成比でも、予算に占める割合は年々低下しています。しかし、限られた財源を成熟した社会に適応させた行財政運営を行うためには、新たな建設事業に重点を置くのではなく、インフラの維持管理に力を入れ、長期間にわたって活用していく施策が必要となっています。大型道路建設工事、投資的経費をふやすより、市営住宅整備や救急車や消防車が入られない生活道路の改修、水路や側溝の改修、舗装の改修、カーブミラー、ガードパイプなど交通安全対策等々の維持補修費に最重点を置いた政策と予算配分が何よりも求められていることを指摘するものであります。厳しい財政状況の中でも、市民サービスを低下させないで行政改革を行うのが、真の改革であると思います。

 今当初予算の義務的経費と物件費は93億900万円余で、予算総額の58%を占め、その他の経費が37億8,900万円余で、予算総額の23%を占めています。投資的経費は27億8,000万円、予算総額の17%を占めています。ここで指摘したいのは、最優先すべき経常経費が抑えられて、その分投資的経費の比率が高くなっていることであります。

 一方、平成20年度予算においても、小さいながらも、きらきら輝く施策もちりばめられています。学校図書館支援センター事業、特別支援教育支援員設置事業、小学校3年生の30人授業の実施、父子家庭支援事業、子育て用品支給制度、不妊治療助成事業、麻疹・風疹混合ワクチンと個別接種事業、地球温暖化防止策に有効なBDF燃料精製施設の建設、ペレットストーブの導入、AEDの計画的配置等々は、市民要求を取り入れたものであり、是とするところであります。

 しかし、先に述べたように、今予算案を市民の目線に立って大所高所から総合的に検討した結果、暮らし・福祉・教育・環境などにしっかりと軸足を置いた市民本位の予算であると判定ができないことから、予算案に反対をするものであります。



○議長(大久保光男君) 次に、原案に対する賛成者の発言を許します。

 野澤重幹君。



◆8番(野澤重幹君) 褒めたり、怒ったり、大変いい反対と言いたいんですが、私の場合は、この議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算に対する賛成ということで討論を行わさせていただきます。

 平成20年度予算編成の厳しさは、市長の所信表明にもありましたが、国・地方を問わず厳しい財政状況であります。このような状況の中、本年度から一般財源枠配分方式を採用し、各課において主体的・自立的に予算編成を行い、限られた財源を優先的・重点的に配分するなど、山梨市の健全財政の基盤づくり推進のための予算編成がなされたものだと思っております。

 まず、合併特例債でございますが、平成17年、18年度において地域振興基金への積立金の財源や現在行っている小中学校の耐震補強工事の財源とするなど、事業を十分吟味して活用されていると考えております。

 次に、歳出について、民生費は、本年度予算において構成比25.28%であり、全体の4分の1となっており、新規の父子家庭福祉手当、子育て用品支給事業など市民福祉の向上が図られております。

 農林水産業費は、衛生費に次ぐ9.58%の伸びを示しており、農地利用集積推進事業など遊休農地の解消や担い手支援事業も積極的に取り組む姿勢が見受けられます。また、農林業の振興策として「農林業振興指針策定事業」の取り組みもなされております。

 林業費についても、企業と連携した森林保護施策が図られております。

 商工費については、「商工振興指針検討策定事業」の取り組みや山梨市特産品等認証制度、企業立地推進対策事業等、新規事業を導入するなど商工業振興を図る努力がなされております。

 土木費の減額については、石森山南線の休止や駅前区画整理事業の終息に向けた減額によるものであり、維持管理に係る経費については、ほぼ前年度と同様の予算が確保されております。また、小原東東後屋敷線など3路線は、市の基幹道路として計画されたもので、国の交付金を受けて実施されるものであります。

 歳出の構成において、義務的経費の割合が高くなるほど財政構造の悪化につながり、財政の健全化を図る上での大きな障害となると言われております。また、一般財源によって賄われる経常的経費の増大は、財政構造を悪化せしめる危険性もあるとも言われております。

 このようなことを考え、平成20年度の一般会計予算の内容を見ますと、厳しい財政状況の中において、山梨市総合計画の推進に向けた事業展開がなされておることから、議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算に賛成するものでございます。



○議長(大久保光男君) ほかに討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) 討論なしと認め、以上をもって討論を終わります。

 これより採決いたします。

 議案第1号から議案第4号までの4件を一括採決いたします。

 議案第1号 山梨市職員の自己啓発等休業に関する条例について、議案第2号 山梨市教育委員会組織条例について、議案第3号 山梨市花かげの郷まきおか「牧丘郷土文化館」設置及び管理条例について、議案第4号 山梨市根津記念館設置及び管理条例についての4件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号から議案第4号までの4件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号から議案第7号までの3件を一括採決いたします。

 議案第5号 山梨市父子家庭福祉手当条例について、議案第6号 山梨市後期高齢者医療に関する条例について、議案第7号 山梨市病院事業の設置等に関する条例についての3件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第5号から議案第7号までの3件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号から議案第11号までの4件を一括採決いたします。

 議案第8号 山梨市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第9号 山梨市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、議案第10号 山梨市手数料条例の一部を改正する条例について、議案第11号 山梨市特別会計条例の一部を改正する条例についての4件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第8号から議案第11号までの4件は、原案のとおり可決されました。

 議案第12号から議案第15号までの4件を一括採決いたします。

 議案第12号 山梨市公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第13号 山梨市民スポーツ広場設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第14号 山梨市夜間照明施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第15号 山梨市立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例についての4件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号から議案第15号までの4件は、原案のとおり可決されました。

 議案第16号から議案第18号までの3件を一括採決いたします。

 議案第16号 山梨市乳幼児医療費助成金支給条例の一部を改正する条例について、議案第17号 山梨市ひとり親家庭医療費助成に関する条例等の一部を改正する条例について、議案第18号 山梨市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例についての3件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号から議案第18号までの3件は、原案のとおり可決されました。

 議案第19号から議案第21号までの3件を一括採決いたします。

 議案第19号 山梨市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について、議案第20号 山梨市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第21号 山梨市交通・火災災害共済条例の一部を改正する条例についての3件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第19号から議案第21号までの3件は、原案のとおり可決されました。

 議案第22号について採決いたします。

 議案第22号 山梨市花かげの郷まきおかオーチャードヴィレッジ「フフ」施設設置及び管理条例の一部を改正する条例について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。

 議案第36号について採決いたします。

 議案第36号 平成20年度山梨市一般会計予算について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(大久保光男君) 起立多数であります。

 よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。

 議案第37号から議案第40号までの4件を一括採決いたします。

 議案第37号 平成20年度山梨市国民健康保険特別会計予算、議案第38号 平成20年度山梨市老人保健特別会計予算、議案第39号 平成20年度山梨市後期高齢者医療特別会計予算、議案第40号 平成20年度山梨市交通・火災災害共済事業特別会計予算の4件について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第37号から議案第40号までの4件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第41号と議案第42号の2件を一括採決いたします。

 議案第41号 平成20年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第42号 平成20年度山梨市浄化槽事業特別会計予算の2件について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第41号と議案第42号の2件は、原案のとおり可決されました。

 議案第43号から議案第45号までの3件を一括採決いたします。

 議案第43号 平成20年度山梨市介護保険特別会計予算、議案第44号 平成20年度山梨市居宅介護支援特別会計予算、議案第45号 平成20年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計予算の3件について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第43号から議案第45号までの3件は、原案のとおり可決されました。

 議案第46号と議案第47号の2件を一括採決いたします。

 議案第46号 平成20年度山梨市簡易水道事業特別会計予算、議案第47号 平成20年度山梨市活性化事業特別会計予算の2件について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第46号と議案第47号の2件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第48号を採決いたします。

 議案第48号 平成20年度山梨市水道事業会計予算について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(大久保光男君) 起立多数であります。

 よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第49号について採決いたします。

 議案第49号 平成20年度山梨市病院事業会計予算について、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。

 議案第50号と議案第51号の2件を一括採決いたします。

 議案第50号 指定管理者の指定について、議案第51号 東山梨環境衛生組合規約の変更についての2件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第50号と議案第51号の2件は、原案のとおり可決されました。

 次に、請願の採決を行います。

 請願第1号 保険業法の制度と運用を見直し、自主的な共済の保険業法の適用除外を求める意見書の提出を求める請願については、お手元に配付いたしました閉会中の継続審査申出書のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、請願第1号は閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 議員提出議案の上程



○議長(大久保光男君) 日程により、議員提出議案の上程を行います。

 本日、志村忍君ほか12人から、山議案第1号 道路特定財源の確保に関する意見書が提出されました。議案を配付の上、議題といたします。

 議案を配付させます。

          (議案配付)



○議長(大久保光男君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第6 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(大久保光男君) 提出者代表に提案理由の説明を求めます。

 志村忍君。



◆14番(志村忍君) 道路特定財源の確保に関する意見書の案につきまして、朗読をもって提案理由に説明にかえさせていただきます。

 議員各位の賛同をよろしくお願いをいたします。

 道路整備は、市民生活の利便、安全・安心、地域の活性化にとって不可欠であり、住民要望も強いものがある。

 現在、地方においては、高速道路など主要な幹線道路のネットワーク形成をはじめ、防災対策、通学路の整備や開かずの踏切対策などの安全対策、さらには救急医療など市民生活に欠かすことのできない道路整備を鋭意行っている。

 また、橋梁やトンネルなどの道路施設の老朽化が進んでおり、維持管理も行わなければならず、その費用も年々増大している。

 こうした中、仮に現行の道路特定財源の暫定税率が廃止された場合、地方においては約9千億円の税収の減が生じ、さらに地方道路整備臨時交付金制度も廃止された場合には、合わせて1兆6千億円規模の減収が生じることになる。

 こうしたこととなれば、本市では2億円規模の減収が生じることとなり、厳しい財政状況の中で、道路の新設はもとより、着工中の事業の継続も困難となるなど、本市の道路整備は深刻な事態に陥ることになる。

 さらには、危機的状況にある本市の財政運営を直撃し、教育や福祉といった他の行政サービスの低下など市民生活にも深刻な影響を及ぼしかねないことにもなる。

 よって、国においては、現行の道路特定財源の暫定税率を堅持し、関連法案を年度内に成立させるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成20年3月26日。

 山梨市議会。

 以上で、提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(大久保光男君) 提案理由の説明は終わりました。

 これより議案に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) 質疑なしと認め、以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております山議案第1号については、会議規則第37条の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、山議案第1号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) 討論なしと認め、以上で討論を終わります。

 これより採決いたします。

 山議案第1号 道路特定財源の確保に関する意見書について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(大久保光男君) 起立多数であります。

 よって、山議案第1号は原案のとおり可決されました。

 議事の都合により暫時休憩をいたします。

 再開議時間は11時10分といたします。



△休憩 午前10時57分



△再開議 午前11時10分



○議長(大久保光男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第7 追加議案の上程



○議長(大久保光男君) 日程により、追加議案の上程を行います。

 本日、市長から送付された議案は、議案第52号から議案第58号までの7件であります。

 議案を配付の上、一括議題といたします。

          (議案配付)



○議長(大久保光男君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第8 議案の朗読



○議長(大久保光男君) 事務局に議案の朗読をさせます。

          (議案朗読)



○議長(大久保光男君) 朗読は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第9 提案理由の説明・質疑・委員会付託・討論・採決



○議長(大久保光男君) 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 追加提案いたします議案の提案理由を申し上げます。

 まず、議案第52号は、副市長の選任について同意を求める件であります。

 副市長 小林勝己は、平成20年3月31日をもって辞職するので、その後任として山梨市市川1359番地、井戸栄を選任したいので、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第53号は、固定資産評価員の選任について同意を求める件であります。

 固定資産評価員 小林勝己は、平成20年3月31日をもって辞職するので、その後任として山梨市市川1359番地、井戸栄を選任したいので、地方税法第404条第2項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第54号は、教育委員会委員の任命について同意を求める件であります。

 山梨市教育委員会組織条例の制定により、山梨市教育委員会は6人の委員をもって組織することとなったため、また、教育委員会委員のうち、日原吉日出委員は、平成20年5月20日をもって任期満了となるので、笛吹市石和町河内419番地5、蘆田泰子、山梨市三富下荻原94番地、坂本公仁を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第55号は、公平委員会委員の選任について同意を求める件であります。

 公平委員会委員のうち、間瀬龍次委員は、平成20年5月19日をもって任期満了となるので、その後任として山梨市牧丘町杣口399番地、水上利孝を選任したいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第56号は、固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件であります。

 固定資産評価審査委員 辻良幸、岡利彦、日原廣次委員の3名は、平成20年5月20日をもって任期満了となるので、その後任として山梨市中村77番地、窪田幸雄、山梨市牧丘町西保下3049番地、岡 久、山梨市三富上釜口781番地、日原盛幸を選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第57号は、八幡山恩賜林保護財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件であります。

 八幡山恩賜林保護財産区管理会財産区管理委員 松土金護、土橋光彦、谷沢和生、風間瀧美委員の4名は、平成20年3月31日をもって任期満了となるので、その後任として関係地区から推薦のあった、山梨市南1288番地、飯島仁、山梨市北137番地、金井清、山梨市江曽原253番地、古屋征夫、山梨市堀内1459番地、三枝尚を選任したいので、山梨市八幡山恩賜林保護財産区管理会条例第3条の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第58号は、山梨市岩手財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件であります。

 山梨市岩手財産区管理会財産区管理委員 佐藤裕彦、鈴木知美、山田喜和、手塚泰生、武藤邦彦、佐藤一成、野澤進委員の7名は、平成20年3月31日任期満了となるので、関係地区から推薦のあった、山梨市東1060番地、鈴木知美、山梨市東901番地、山田喜和、山梨市東544番地1、野澤進、山梨市西362番地、佐藤裕彦は引き続き同委員として、また、山梨市東514番地、樋口勝洋、山梨市東255番地、野沢眞、山梨市東2260番地、水地太陽を後任として選任したいので、山梨市岩手財産区管理会条例第3条の規定により議会の同意を求めるものであります。

 以上、7件につきまして提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議を賜りご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(大久保光男君) 提案理由の説明は終わりました。

 暫時休憩をいたします。

 再開議時間は、11時30分といたします。



△休憩 午前11時21分



△再開議 午前11時30分



○議長(大久保光男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております、議案第52号から議案第58号までの7件については、質疑、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第52号から議案第58号までの7件については、質疑、常任委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより採決いたします。

 議案第52号 副市長の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第52号は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第53号について採決いたします。

 議案第53号 固定資産評価員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第53号は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第54号について採決いたします。

 議案第54号 教育委員会委員の任命について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第54号は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第55号について採決いたします。

 議案第55号 公平委員会委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第55号は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第56号について採決いたします。

 議案第56号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第56号は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第57号について採決いたします。

 議案第57号 八幡山恩賜林保護財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第57号は原案に同意することに決しました。

 次に、議案第58号について採決いたします。

 議案第58号 山梨市岩手財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大久保光男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第58号は原案に同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第10 閉会



○議長(大久保光男君) 以上をもって、今定例会の日程を全部終了いたしました。

 よって、平成20年第1回山梨市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前11時34分



◎議会事務局長(三富秀樹君) 平成20年第1回山梨市議会定例会の閉会に当たり、大久保議長からごあいさつを申し上げます。



○議長(大久保光男君) 閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 今定例会の開会時は寒さも厳しい状況でありましたが、日ごとに春めいてまいりまして、いよいよ桜花の季節を迎えております。

 さて、3月3日に開会いたしました今定例会は、提案されましたすべての議案を議了し、本日、閉会の運びとなりました。まことにご苦労さまでございました。

 月日のたつのは早いもので、合併して4年目を迎えております。これまでの間、さまざまな施策が推進されてまいりました。しかし、庁舎の跡地活用を初め、対応しなければならない幾つかの課題も残されております。

 また、財政状況は依然として厳しい状況にありますが、20年度の主要事業として掲げた101項目の事務事業を着実に推進するとともに、市政全般にわたり鋭意努力され、本市の将来像であります「人・地域・自然が奏でる なごみのまち 山梨市」の実現に向けて、さらなる市政発展と市民福祉の向上が図られますよう切望するところであります。

 終わりに、今定例会中に賜りました議員並びに執行部のご協力に対し、お礼を申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 大変ご苦労さまでございました。



◎議会事務局長(三富秀樹君) あいさつを交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(三富秀樹君) 相互に礼。

               午前11時37分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

   平成20年3月26日

       山梨市議会議長  大久保光男

       山梨市議会副議長 山崎峰三

       会議録署名議員  古屋保男

       会議録署名議員  仲澤正巳

       会議録署名議員  雨宮義和