議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 山梨市

平成19年  3月 定例会(第1回) 03月23日−05号




平成19年  3月 定例会(第1回) − 03月23日−05号







平成19年  3月 定例会(第1回)



          平成19年第1回山梨市議会定例会 第5日

◯平成19年山梨市議会第1回定例会第5日目は、3月23日午前10時山梨市議会議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯平成19年3月23日(金曜日)午前10時01分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

  第1 開議

  第2 常任委員長報告

     1 総務常任委員長

     2 建設経済常任委員長

     3 教育民生常任委員長

  第3 常任委員長報告に対する質疑

  第4 議案及び請願に対する討論・採決

     議案第1号、2号、3号、4号、5号、6号 計6件

     議案第7号、8号、9号 計3件

     議案第10号、11号、12号、13号、14号 計5件

     議案第28号 計1件

     議案第29号、30号、31号、32号、33号、34号、35号、36号、37号、38号、39号、40号 計12件

     請願第1号 計1件

  第5 議員提出議案の上程

     山議案第1号 山梨市議会委員会条例の一部を改正する条例について

     山議案第2号 山梨市議会会議規則の一部を改正する規則について

  第6 提案理由の説明・質疑・常任委員会付託・討論・採決

  第7 追加議案の上程

     議案第45号 山梨南中学校耐震補強大規模改造事業山梨南中学校耐震補強大規模改造建築主体工事請負契約について

     議案第46号 山梨市杣口山恩賜県有財産保護財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件

     議案第47号 公平委員会委員の選任について同意を求める件

     議案第48号 教育委員会委員の任命について同意を求める件

     諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

  第8 議案の朗読

  第9 提案理由の説明・質疑・常任委員会付託・討論・採決

  第10 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

     1番   仲澤正巳君    2番   小野鈴枝君

     3番   古屋保男君    4番   佐藤 勇君

     5番   岩崎友江君    6番   吉田昭男君

     8番   野澤重幹君    9番   山田 稔君

    10番   大竹裕子君   11番   山崎峰三君

    12番   大久保光男君  14番   志村 忍君

    15番   秋山榮治君   16番   向山 輝君

    17番   雨宮 巧君   18番   星野 洋君

    19番   丸山正一君   20番   雨宮義和君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(1名)

    13番   高原信道君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長       中村照人君    助役       小林勝己君

  教育長      堀内邦満君    秘書人事課長   田村 長君

  総務課長     三富秀樹君    総合政策課長   井戸 栄君

  管財課長     坂本孝二君    税務課長     鶴田昌信君

  市民課長     加々見義雄君   福祉事務所長   小沢袈裟博君

  少子対策課長   相原和男君    晴風園長     窪田今朝富君

  保健課長     竹川一徳君    環境課長     山下哲司君

  商工労政課長   田村 正君    観光課長     石場正敏君

  農林課長     加々美眞人君   建設課長     中村 一君

  都市計画課長   堀内 勝君    下水道課長    岡 博久君

  会計課長     雨宮敦雄君    水道課長     早川 與君

  学校教育課長   三澤武文君    生涯学習課長   芦澤 武君

  社会体育課長   奥山博文君    監査委員事務局長 三澤一郎君

  牧丘支所長    武藤 亨君    三富支所長    角田 寛君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員

  議会事務局長   金丸俊男君    議会事務局次長  小林 孝君

  書記       手島裕司君    会議書記     飯島幹根君



△開議 午前10時01分



◎議会事務局長(金丸俊男君) あいさつを交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(金丸俊男君) 相互に礼。

 ご着席願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 開議



○議長(仲澤正巳君) ただいまの出席議員18人、定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 報告事項を申し上げます。

 第13番 高原信道君から本日の会議は欠席する旨の届け出がありました。ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 常任委員長報告



○議長(仲澤正巳君) 日程により、常任委員会委員長報告を行います。

 総務常任委員会 山田稔委員長。



◆総務常任委員長(山田稔君) 総務常任委員会より報告いたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第1号 山梨市行財政改革諮問会議設置条例について、議案第2号 山梨市行政組織条例の一部を改正する条例について、議案第3号 山梨市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第4号 山梨市職員給与条例の一部を改正する条例について、議案第5号 山梨市使用料徴収条例の一部を改正する条例について、議案第29号 平成19年度山梨市国民健康保険特別会計予算、議案第30号 平成19年度山梨市老人保健特別会計予算、議案第31号 平成19年度山梨市交通・火災災害共済事業特別会計予算の8案件は、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。

 また、議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算関係付託部分は、賛成多数で可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、審査の経過から主なものについて、その概要を申し上げます。

 初めに、議案第1号 山梨市行財政改革諮問会議設置条例に関連して、「規程」から「条例化」にすることで、今まで以上に強固な組織になるものと思われるが、その意義は何かとの問いに対し、これからの行政運営において、行財政改革は必要不可欠な取り組みである。本市においては、平成17年度には行財政改革諮問会議を設置し、行財政改革大綱、集中改革プランの策定に際し、さまざまな意見をいただき策定をした。今後は大綱に基づき、推進計画書に位置づけられた60項目の具体的な取り組みについての進捗状況などを検証してもらう組織として、改めて諮問会議を設置する必要があり、本市における行財政改革の取り組みを重要なものと位置づけ、積極的な推進を図っていく意味からも、条例化するものであるとの答弁がありました。

 次に、議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算に関連して、平成18年度、19年度で市役所庁舎移転の計画から工事着手となるようだが、19年度は当然予算も計上している。工事等どこまで考えているかとの問いに対して、18年度は実施設計を精力的に進めているが、19年度に入り、実施設計を受けての入札行為を行い、約1年間かけて解体から改修工事を実施し、19年度の末までには東棟・西棟の部分を庁舎整備として仕上げていきたいとの答弁がありました。

 次に、災害対策費が前年比で680万円ほど減額されているが、その理由は何かとの問いに対して、減額の主なるものは、国の指導により、平成18年度の単年度事業として全国の市町村すべてが国民保護計画書を作成しなくてはならず、その業務委託部分が19年度はなくなり、委託料が減額となったことが主なものであるとの答弁がありました。

 次に、本年、山梨県後期高齢者医療広域連合が設立され、本市でもこの広域連合に対して1,862万9,000円の経費を計上しているが、この内容については何かとの問いに対して、そのうちの1,688万9,000円が負担金となっており、広域連合の共通経費である。この負担金の算出は、前年度末日の常住人口による人口割45%、高齢者人口割45%、均等割10%として算出された額が本市の負担金となり、19年度は県全体で約3億5,500万円ほどとなるが、今後増額となることが予想されるとの答弁がありました。

 以上で総務常任委員会の報告といたします。



○議長(仲澤正巳君) 建設経済常任委員会 雨宮巧委員長。



◆建設経済常任委員長(雨宮巧君) 建設経済常任委員会より報告いたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第6号 山梨市手数料条例の一部を改正する条例について、議案第11号 山梨市農業後継者育成資金貸付条例の一部を改正する条例について、議案第12号 山梨市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について、議案第13号 山梨市営駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第14号 山梨市営自転車駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算関係付託部分、議案第32号 平成19年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第33号 平成19年度山梨市浄化槽事業特別会計予算、議案第37号 平成19年度山梨市牧丘簡易水道特別会計予算、議案第38号 平成19年度山梨市三富簡易水道特別会計予算、議案第39号 平成19年度山梨市活性化事業特別会計予算、議案第40号 平成19年度山梨市水道事業会計予算の12案は、いずれも原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 請願第1号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書は、なお慎重に審査すべきものとして、継続審査と決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 最初に、議案第11号 山梨市農業後継者育成資金貸付条例の一部を改正する条例についてであります。今までの条例での利用者はどれくらいか、また対象者は市内の人に限るのかとただしたのに対して、利用者については現在4名の利用がある、対象者については原則として山梨市に住んでいる方が対象となるとの答弁がありました。

 次に、平成19年度山梨市一般会計予算のうち、基盤整備促進事業費についてであります。基盤整備事業については、申請があれば今後も順次実施していくのかとただしたのに対して、事業の実施前に調査を行い、地元・国・県と協議をして事業が可能ということであれば、基盤整備事業を導入して整備を図っていきたいとの答弁がありました。

 次に、商工振興費についてであります。商工業振興一般事業経費と商工業対策経費の具体的な内容はとただしたのに対して、商工業振興一般事業経費については主に貸付金であり、商工業対策経費については各種団体へ補助金、商工業振興資金、商工業後継者育成資金の貸付金が主なものであるとの答弁がありました。

 次に、都市計画総務費についてであります。都市計画マスタープランは何年計画であるのかとただしたのに対して、都市計画マスタープランは20年後の山梨市のことを考慮して、10年の計画で進めている。それは、上位計画に当たる市の長期総合計画がおよそ10年の計画であり、それに沿って都市計画のマスタープランを策定するため、スパンは同じくらいになるとの答弁がありました。

 次に、当局に対する要望といたしましては、次のことについて要望いたします。

 本市に出店を計画している大型商業施設2店舗について、本委員会では3月7日に現地調査を行った。その結果、耕作放棄農地が存在し、周囲の農業景観や環境破壊も懸念される事態となりつつあることが確認された。その要因として、農業従事者の高齢化、農業後継者の不足、道路網の整備による地域の分断等が挙げられる。

 以上のことから、本委員会としては、新たなまちづくりに向け、商工業者、農業者、地域住民等とルールづくりをすることが重要な時期と思われるので、大型商業施設の出店についての今日までの経緯、状況は了承しつつも、今後関係者間の調整を十分図ることなどして、活気にあふれたまちづくりを強く要望する。

 以上をもちまして、建設経済常任委員会の報告といたします。



○議長(仲澤正巳君) 教育民生常任委員会 大竹裕子委員長。



◆教育民生常任委員長(大竹裕子君) 教育民生常任委員会よりご報告いたします。

 本委員会は、付託された議案について当局から説明を求めた後、審査に入り、慎重なる審査の結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第7号 山梨市私立幼稚園就園奨励費の補助に関する条例の一部を改正する条例について、議案第8号 山梨市民会館(YLO会館)設置及び管理条例及び山梨市花かげホール設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第9号 山梨市放課後児童健全育成条例の一部を改正する条例について、議案第10号 山梨市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について、議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算関係付託部分、議案第34号 平成19年度山梨市介護保険特別会計予算、議案第35号 平成19年度山梨市居宅介護支援特別会計予算、議案第36号 平成19年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計予算の8案は、いずれも原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の経過から主なるものについて、その概要を申し上げます。

 初めに、議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算のうち保健衛生総務費中使用料及び賃借料についてであります。新規事業であるAEDの市内小学校への設置に関連して、AEDの使用が従来は大人のみ可能だったものが、国の指針が変わり、8歳未満の小学生にも使用が認められたことに伴う市内小学校への設置ということだが、18年度に市内の公共施設に設置したAEDについては、小学校への設置するものと同様に、子供にも使える機能のものに切りかえているのかとただしたのに対し、平成18年度に各中学校、体育館等の公共施設に設置したAEDについては、従来の指針に基づき設置したものであり、現状では8歳未満の子供に対応しておりません、本体のプログラムを変更し、小児用電極パッドを加えれば、8歳未満の子供への使用も可能でありますので、対応を検討したいと考えておりますとの答弁がありました。

 次に、環境保全費中委託料についてであります。徳和川小水力発電設置に伴う流量調査の内容はとただしたのに対し、発電所を設置するに当たり流量調査が必要であるため、徳和川の取水地点、夢窓の滝との合流地点、発電所設置付近の3地点において、年4回の流量調査を業者委託し実施する予定です。なお、このほか県企業局の指導により、職員による調査も月3回、1年間にわたり実施する予定ですとの答弁がありました。

 次に、教育費中文化財保護費についてであります。根津記念館の管理運営について、将来的に市としてはどう考えているのかとただしたのに対し、平成20年10月のオープンを予定しています。当面は市で事業計画を立て、管理運営し、将来的にはNPO等独立した運営組織を育成し、地元の協力をいただく中で管理運営をしていきたいと考えていますとの答弁がありました。

 以上をもちまして、教育民生常任委員会の報告といたします。

 平成19年3月23日、教育民生常任委員長、大竹裕子。



○議長(仲澤正巳君) 委員長報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 常任委員長報告に対する質疑



○議長(仲澤正巳君) 委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 質疑なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 議案及び請願に対する討論・採決



○議長(仲澤正巳君) これより議案に対する討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

 吉田昭男君。



◆6番(吉田昭男君) 議案第28号 平成19年度一般会計予算についての反対討論を行います。

 国は、大幅な税収の伸びが確保できるにもかかわらず、三位一体の改革と称して、地方交付税を前年より7,000億円も削減をしました。2005年からの削減は1兆7,000億円にも上り、地方自治体間の格差拡大が懸念されているところであります。それは当然、山梨市の予算編成にも大きく影響を与えるものであります。

 だからといって、改革の名のもとに人件費の削減や必要な市民サービスをカットして財源を確保するということになれば、国の不条理を免罪することになります。国の制度改革による自治体への負担増、厳しい財政状況でも、市民の暮らしに目を向けた予算編成や地域づくりは可能と考えます。地方自治体が連携して、国の制度改悪によって財政が困難に陥らないように、地方財政強化の主張を強めることが求められています。

 初めに、歳入について申し上げます。

 市独自の税収入確保が困難な中で、市有地・市道の電柱等の設置について、使用料徴収条例改正により税収確保を図ろうとするものは是とするものであります。しかし一方で、使用料、手数料収入では指定ごみ袋の有料化が含まれ、市民負担を相乗的に重くするものであり、これは否とするところであります。今後とも市民負担をふやす方向でない財源確保策に創意工夫を求めるものであります。

 次に、歳出について述べます。

 やはり国の大企業応援、生活関連費の削減が反映をしています。総務費では東市有地整備事業費に9億5,700万円余を計上していますが、財政難の今、なぜ急いで建設する必要があるのか、市民は広報やまなし3月号で初めて目にして、驚いたり疑問視したりしております。地域審議会で検討されたという経過はあったにせよ、幅広い意見を聞き、現状の2.5倍ものスペースや費用についても見直し、身の丈に合った建設を市民合意の方向で進めることが肝要であります。

 民生費は総額38億8,600万円余で、伸び率は4.2%ですが、社会の要請、循環型社会の構築からすれば、さらなる充実が求められます。

 農林水産費は8億600万円余で、前年比で4.9%マイナスというのはうなずけません。農業は山梨市の主要産業です。農業の担い手を育て、農産物の価格を保証し、災害への対策や補償など農家経営を直接支援する農業振興策が講じられるように、もっと手厚い施策と予算配分が必要であります。

 また、山梨市の総面積の81.7%が山林原野で占められている実態からして、林業費の6,100万円余は余りにも少な過ぎます。環境保護と林業再建が叫ばれている中で、今年度予算で前年比約1,300万円の減額というのは、逆行と言わざるを得ません。森林所有者、製材業者、建設業者などと共同して、森林保護、資源や建築資材としての活用など振興対策が強く求められます。

 商工費は4億8,000万円余で、前年比6.4%マイナスは余りにも少なく、商店街再生や商工業支援策を講じることはできません。しかも、このうち観光費が66%を占め、貸付金資金1億円を除けば、直接的に商工業振興策としての予算は10%にすぎません。これでは、相次ぐ大型店の無差別出店により、ふえる空き店舗、廃業にあえぐ小売業者に救済の手を差し伸べることはできません。今や山梨市の小売業や商店街は、個人の努力ではどうにもならないところまで追い込まれている現実を直視して、商工振興予算の適正化を求めるものであります。

 土木費は23億900万円で、前年比マイナス0.3%となっています。特に指摘したいのは、市単独事業の減額の方針のもとで、道路維持費、道路建設改良費が1,400万円、率にしてマイナス5%は、土木費全体予算の前年と比較しても余りにも大きく、ただでさえ生活道路や水路、側溝改修が進まないと市民から指摘されているところを考えると、到底理解を得られるものではありません。今後の補正等で増額是正をすることを強く求めるものであります。

 一方、大型工事は、小原東東後屋敷線改良費、落合正徳寺線、野背坂線改良費、石森山南線第2期改良工事と改良費に、合わせて2億9,000万円と突出をしています。長期的かつ計画的な建設を強く求めるものであります。

 消防費のうち災害対策費が前年比で大きく減少しているのが、地震のみならず異常気象による災害も想定する中で気がかりであります。

 教育費のうち給食費の約40%の大幅削減は、調理員の外部委託が含まれていると思われますが、安全・安心の学校給食の維持発展に逆行するもので同意できません。

 合併特例債の活用については、市民生活に密着した公共施設整備に重点を置くとともに、ソフト事業として地域振興基金積み立て等の必要性を指摘するものであります。今予算施策のうち、学童保育所の全市での実施、保育・母子福祉の充実、国保会計維持への繰り出し、小学校3年生の30人授業の実施、専門医からも指摘されている小学校への自動体外式除細動器の設置の必要性を先取りした施策、食育推進計画による健康づくり、健康診断、ドックの充実による健康増進策などは是とするもので、支持するところであります。30人学級の6年生までの早期実現や、先駆け的な施策の一層の充実を求めるものであります。

 以上、19年度予算案について総合的に検討をいたしましたが、市民参加型、市民の目線に立った財政運営であると判定できませんので、予算案に反対するものであります。



○議長(仲澤正巳君) 次に、原案に対する賛成討論の発言を許します。

 野澤重幹君。



◆8番(野澤重幹君) 議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算に対し、賛成討論を行います。

 平成19年度予算編成の厳しさは、市長の所信表明にもありましたが、国・地方を問わず厳しい財政状況であります。このような状況においても、山梨市の健全財政の基盤づくりの推進のための予算編成がなされております。

 まず、歳入のうち使用料徴収条例の改正は、民間企業が市有地を使用していることからも、使用料を徴収することは受益者負担の原則に基づくものであり、歳入確保がなされるものでございます。

 指定ごみ袋の有料化については、リサイクル推進、ごみの減量化を図る上からも必要であり、袋のサイズも市民要望に対応がなされております。なお、厳しい財政環境の中、歳入の確保を図る上からも、各種の負担金や使用料、手数料については、受益の限度額を考慮して適正な額が計上されております。

 次に、歳出については、総務費の東市有地整備事業は、本会議において吉田議員の質問に対し、市長から詳細の答弁がなされております。なお、平成18年度、19年度の継続費の設定を議決しており、平成19年度末までには可能な限り有利な財源を確保するとともに、既存施設を最大限有効利用し、新しい庁舎整備に向けた改修工事を行っていくとしております。

 民生費は、今年度予算において構成比24.06%であり、全体の約4分の1となっており、厳しい財政環境の中にあっても市民福祉の向上が図られております。

 農林水産業費は減額予算となっておりますが、平成19年度の県予算が骨格予算であることから、県営事業の負担金の減額によるものでございます。なお、農業の担い手対策として農業後継者育成資金貸付条例の見直しがなされ、貸し付け対象者の緩和もなされております。

 林業費についても、企業と連携した森林保護施策が図られております。

 商工振興においても、新規事業として商工業の振興対策として、「商工振興指針検討策定事業」の取り組みがなされております。

 土木費については、道路維持、道路建設改良の減額は人件費の減額による予算であります。また、小原東東後屋敷線など4路線は、市の基幹道路として長期的かつ計画的に実施されているもので、国の交付金を受けて実施されるものでございます。

 消防費は、計画的に防災倉庫及び備品の設置がなされており、安全・安心なまちづくりが進められております。

 学校給食費は、小中学校ともに増額となっており、委託についても衛生面、調理方法は他の模範となっているとの報告を受けております。

 合併特例債については、新市まちづくり計画に基づき事業選択がなされる中で、有効的な活用がなされております。なお、合併特例債を原資とした地域振興基金は、平成17年度、18年度で総額10億円を積み立てし、将来の地域振興のために役立てるもので、平成19年度当初予算での積み立ては計上されておりません。

 よって、平成19年度一般会計予算の内容を見てみますと、厳しい財政状況の中において、山梨市総合計画の推進に向けた事業展開がなされておることから、議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算に賛成するものでございます。



○議長(仲澤正巳君) ほかに討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ほかになしと認め、以上をもって討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 議案第1号から議案第6号までの6件を一括採決いたします。

 議案第1号 山梨市行財政改革諮問会議設置条例について、議案第2号 山梨市行政組織条例の一部を改正する条例について、議案第3号 山梨市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議案第4号 山梨市職員給与条例の一部を改正する条例について、議案第5号 山梨市使用料徴収条例の一部を改正する条例について、議案第6号 山梨市手数料条例の一部を改正する条例についての6件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号から議案第6号までの6件は、原案のとおり可決されました。

 議案第7号から議案第9号までの3件を一括採決いたします。

 議案第7号 山梨市私立幼稚園就園奨励費の補助に関する条例の一部を改正する条例について、議案第8号 山梨市民会館(YLO会館)設置及び管理条例及び山梨市花かげホール設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第9号 山梨市放課後児童健全育成条例の一部を改正する条例についての3件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第7号から議案第9号までの3件は、原案のとおり可決されました。

 議案第10号から議案第14号までの5件を一括採決いたします。

 議案第10号 山梨市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について、議案第11号 山梨市農業後継者育成資金貸付条例の一部を改正する条例について、議案第12号 山梨市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について、議案第13号 山梨市営駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例について、議案第14号 山梨市営自転車駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例についての5件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号から議案第14号の5件は、原案のとおり可決されました。

 議案第28号 平成19年度山梨市一般会計予算について採決いたします。

 委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(仲澤正巳君) 起立多数であります。

 よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

 議案第29号から議案第40号までの12件を一括採決いたします。

 議案第29号 平成19年度山梨市国民健康保険特別会計予算、議案第30号 平成19年度山梨市老人保健特別会計予算、議案第31号 平成19年度山梨市交通・火災災害共済事業特別会計予算、議案第32号 平成19年度山梨市下水道事業特別会計予算、議案第33号 平成19年度山梨市浄化槽事業特別会計予算、議案第34号 平成19年度山梨市介護保険特別会計予算、議案第35号 平成19年度山梨市居宅介護支援特別会計予算、議案第36号 平成19年度山梨市居宅介護予防支援事業特別会計予算、議案第37号 平成19年度山梨市牧丘簡易水道特別会計予算、議案第38号 平成19年度山梨市三富簡易水道特別会計予算、議案第39号 平成19年度山梨市活性化事業特別会計予算、議案第40号 平成19年度山梨市水道事業会計予算についての12件は、委員長報告は原案可決であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第29号から議案第40号までの12件は原案のとおり可決されました。

 次に、請願の採決を行います。

 請願第1号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書については、お手元に配付いたしました閉会中の継続審査申出書のとおり、閉会中の継続審査を同委員会に付託することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、請願第1号は閉会中の継続審査に付すことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 議員提出議案の上程



○議長(仲澤正巳君) 日程により、議員提出議案の上程を行います。

 本日、小野鈴枝君ほか17名から、山議案第1号 山梨市議会委員会条例の一部を改正する条例について、山議案第2号 山梨市議会会議規則の一部を改正する規則についての2件が提出されました。これを一括議題といたします。

 議案を配付させます。

          (議案配付)



○議長(仲澤正巳君) 配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第6 提案理由の説明・質疑・常任委員会付託・討論・採決



○議長(仲澤正巳君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております山議案第1号及び山議案第2号については、議員全員の提出議案でありますので、提案理由の説明、質疑及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、提案理由の説明、質疑及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 山議案第1号及び山議案第2号について、一括採決いたします。

 山議案第1号 山梨市議会委員会条例の一部を改正する条例について、山議案第2号 山梨市議会会議規則の一部を改正する規則について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、山議案第1号及び山議案第2号は、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第7 追加議案の上程



○議長(仲澤正巳君) 日程により、追加議案の上程を行います。

 本日、市長から送付された議案は、議案第45号から議案第48号までの4件及び諮問第1号の1件であります。議案を配付の上、議題といたします。

 議案を配付させます。

          (議案配付)



○議長(仲澤正巳君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第8 議案の朗読



○議長(仲澤正巳君) 事務局に議案の朗読をさせます。

          (議案朗読)



○議長(仲澤正巳君) 朗読は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第9 提案理由の説明・質疑・常任委員会付託・討論・採決



○議長(仲澤正巳君) 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長 中村照人君。



◎市長(中村照人君) 提案理由を申し上げます前に、報告をさせていただきたいと思います。

 昨晩、森林セラピー基地の認定につきまして、山梨市三富川浦地区が林野庁等で構成する国の機関、国土緑化推進機構より、第2期森林セラピー基地として認定した旨の連絡をいただいたところであります。

 第2期といたしましては、北海道の釧路湿原の森、長野栂池高原、和歌山世界遺産の高野山千年の森、鹿児島国立公園霧島などと合わせて14カ所のうち、西沢渓谷が認定をされたものであります。

 去る平成17年2月22日に申請をいたしまして、今日まで、昨年の本実験を初めといたしまして、取り組みを進めてきたところでございまして、今後この認定を生かし、日帰りから滞在型まで受け入れられるコースの設定、体験メニューなどを充実させるとともに、平成20年4月のグランドオープンに向けまして、医療機関との連携、森林ガイド等の人材育成、地元の食材等を使った料理の研究等、鋭意進めてまいり、地域振興を図ってまいりたいと思いますので、議員各位また並びに市民の皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げたいと思います。

 さて、追加提案いたします議案は、工事請負契約関係1件、人事関係3件及び諮問関係1件の合計5件であります。

 まず、議案第45号は、山梨南中学校耐震補強大規模改造事業山梨南中学校耐震補強大規模改造建築主体工事請負契約についてであります。

 学校施設は、児童生徒の学習・生活の場として安全・安心が確保された施設であるとともに、災害時の避難施設としての役割も担っていることから、大規模地震にも耐え得る施設として整備しておくことが必要であります。このため、昭和56年以前に建設された校舎、屋内運動場の耐震診断の結果を踏まえ、三富小学校、加納岩小学校、後屋敷小学校及び日下部小学校に続いて、耐震補強大規模改造事業を実施するものであります。

 昭和44年に建設された山梨南中学校校舎は、鉄筋コンクリートづくり3階建て、延べ床面積4,914平方メートルと市内で最も大きく古い校舎であり、昭和62年に一部改修工事を行った経過がありますが、経年による老朽化の解消と多様化する教育に対応するため、耐震補強工事と大規模改造工事をあわせ施工し、12月の完成を目指しております。

 工事の概要は、39カ所へ鉄骨ブレースによる構造補強と屋上防水を初め、間仕切り変更、内外装改修、機械設備、電気設備の全面改修及びバリアフリーのための多目的トイレの設置などを計画しております。工事に際し、可能な限り授業への影響が少ないようにするため、工区を3つに分け、普通教室の先行工事や夏期休業中に集中工事を行うことといたしました。

 今回の請負契約に際しましては、特定建設工事共同企業体による一般競争入札により、去る2月15日に入札公告を行い、各種手続を経て、3月19日に入札を執行いたしました。その結果、共同企業体4社の応札のうち、植野興行、ちの工務店、佐藤建設工業共同企業体が3億6,300万円で落札し、消費税を含め3億8,115万円で仮契約いたしたところであります。

 そのほか、契約議決対象外のトイレ設備工事につきましては、株式会社渡辺工業所と2,152万5,000円で、機械設備工事につきましては、富士商工株式会社と4,462万5,000円で、弱電設備工事につきましては、株式会社野澤電業社と1,806万円で、強電設備工事につきましては、大村電気商会と3,307万5,000円で、それぞれ契約を締結したところであります。

 つきましては、建築主体工事の請負契約を締結いたしたく、地方自治法第96条の規定により議会の議決を求めるものであります。なお、工事期間中、PTAを初め関係者の皆様及び近隣にお住まいの方々に何かとご迷惑をかけることとなりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 議案第46号は、山梨市杣口山恩賜県有財産保護財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件であります。

 山梨市杣口山恩賜県有財産保護財産区管理会財産区管理委員 駒井君夫、雨宮喬、名取由富、庄司元昭、渡辺敬仁、武井寿幸、向山和三の7名は3月31日任期満了となることに伴い、その後任として、関係各地区区長から推薦がありました山梨市牧丘町杣口1647番地1、若月久吉、牧丘町杣口1198番地、鈴木竹比古、牧丘町千野々宮442番地、戸井田義久、牧丘町窪平1221番地3、野澤和彦、牧丘町窪平883番地、前嶋満男、牧丘町窪平247番地、佐藤宗利、牧丘町隼859番地、岡利彦を選任したいので、山梨市杣口山恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条の規定に基づき同意を求めるものであります。

 議案第47号は、公平委員会委員の選任について同意を求める件であります。

 山梨市公平委員会委員 雨宮壽彦は5月19日任期満了となりますが、引き続き同委員に選任したいので、地方公務員法第9条の2の規定に基づき同意を求めるものであります。

 議案第48号は、教育委員会委員の任命について同意を求める件であります。

 山梨市教育委員会委員教育長 堀内邦満は5月20日任期満了となりますが、引き続き同委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条の規定に基づき同意を求めるものであります。

 諮問第1号は、人権擁護委員候補者の推薦について意見を求める件であります。

 山梨地域の人権擁護委員 鶴田邦夫、天野五十鈴及び三富地域の岡部佳高、大澤明子の4名は3月31日任期満了となることに伴い、おのおのの地区区長会長から推薦がありました山梨市北644番地、鶴田熙人、上之割131番地、天野五十鈴、三富上釜口205番地、日原元之、三富下荻原94番地、坂本眞紀子を同委員として推薦するに当たり、人権擁護委員法第6条の規定に基づき意見を求めるものであります。

 ご審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(仲澤正巳君) 提案理由の説明は終わりました。

 議事の都合により暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時05分



△再開議 午前11時30分



○議長(仲澤正巳君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど配付いたしました追加議案において、諮問第1号の資料が添付されなかったため、追加配付をいたします。

          (議案配付)



○議長(仲澤正巳君) 議案の配付漏れはありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 配付漏れなしと認めます。

 日程により、まず議案第45号に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第45号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第45号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議案第45号 山梨南中学校耐震補強大規模改造事業山梨南中学校耐震補強大規模改造建築主体工事請負契約について、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 次に、議案第46号から議案第48号までの3件及び諮問第1号については、質疑、常任委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第46号から議案第48号までの3件及び諮問第1号については、質疑、常任委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたします。

 議案第46号 山梨市杣口山恩賜県有財産保護財産区管理会財産区管理委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第46号は原案に同意することに決しました。

 議案第47号 公平委員会委員の選任について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第47号は原案に同意することに決しました。

 議案第48号 教育委員会委員の任命について同意を求める件は、これに同意することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第48号は原案に同意することに決しました。

 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦については、原案のとおり異議なく答申いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(仲澤正巳君) よって、諮問第1号は原案のとおり異議なく答申することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第10 閉会



○議長(仲澤正巳君) 以上をもって、今定例会日程を全部終了いたしました。

 よって、平成19年第1回山梨市議会定例会を閉会いたします。



△閉会 午前11時37分

◯退職課長のあいさつ有り



◎議会事務局長(金丸俊男君) 平成19年第1回山梨市議会定例会の閉会に当たり、仲澤議長からごあいさつを申し上げます。



○議長(仲澤正巳君) 今年度第1回の定例会を、本月2日から22日間の日程をもちまして、本日閉会の運びとなりました。その間、条例関係14件、予算関係26件、協議関係4件、なお本日、追加提案として4件の案件、それから諮問1件、計49件の議案の議了をいたしました。本当にご協力を賜りましたことを心より厚く御礼を申し上げたいと思います。

 なお、一般会計161億5,000万円、特別会計133億5,000万円、それに企業会計を含めますと、合計300億円を超える予算を審議していただきました。本当にありがとうございました。

 今議会で19年度の方針が、形が固まったということでございます。これから1年間を通じて、この予算案を中心にし、本市がますますの発展ができますことを皆さんとともにご期待を申し上げまして、一言閉会に当たってのごあいさつにさせていただきたいと思います。

 大変ご苦労さまでございました。



◎議会事務局長(金丸俊男君) あいさつを交わしたいと思います。

 ご起立をお願いいたします。

          (全員起立)



◎議会事務局長(金丸俊男君) 相互に礼。

                午前11時49分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

   平成19年3月23日

       山梨市議会議長 仲澤正巳

       会議録署名議員 吉田昭男

       会議録署名議員 雨宮 巧