議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 都留市

平成28年 12月 定例会 12月16日−03号




平成28年 12月 定例会 − 12月16日−03号







平成28年 12月 定例会



          平成28年12月都留市議会定例会

             議事日程(第3号)

         平成28年12月16日(金)午前10時開議

日程第1 自議第62号至議第66号並びに請願第2号(以上6件一括上程)

     委員長報告

      1 総務産業建設常任委員長

      2 社会厚生常任委員長

     議第62号 都留市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例制定の件

     議第63号 都留市水道事業給水条例及び都留市簡易水道事業給水条例中改正の件

     議第64号 平成28年度都留市一般会計補正予算(第3号)

     議第65号 平成28年度都留市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議第66号 平成28年度都留市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     請願第2号 所得税法第56条廃止の意見書の提出を求める請願

日程第2 議第67号 都留市職員給与条例中改正の件

日程第3 議第68号 都留市長等の給与条例中改正の件

日程第4 議第69号 平成28年度都留市一般会計補正予算(第4号)

日程第5 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について意見を求める件

日程第6 議員提出議案第1号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件

●日程追加 閉会中の継続審査の申し出について

      閉会中の議員研修について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(15名)

      1番  小林健太君     2番  日向美徳君

      3番  天野利夫君     4番  奥秋 保君

      5番  山本美正君     6番  小澤 眞君

      7番  板倉保秋君     8番  藤江喜美子君

      9番  藤本明久君    10番  鈴木孝昌君

     11番  谷垣喜一君    13番  国田正己君

     14番  小俣義之君    15番  小俣 武君

     16番  小林歳男君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長       堀内富久君   総務部長     相川 泰君

  市民部長     小林正人君   福祉保健部長   重原達也君

                   会計管理者・

  産業建設部長   高部 剛君            久保田国雄君

                   会計課長

  総務課長     志村元康君   企画課長     紫村聡仁君

  財務課長     小宮敏明君   市民課長     鈴木達郎君

  税務課長     石川和広君   地域環境課長   小俣秀樹君

  福祉課長     清水 敬君   長寿介護課長   深澤祥邦君

  健康子育て課長  小野田浪子君  産業課長     山口哲央君

  建設課長     槇田 仁君   上下水道課長   新田雅弘君

  病院事務局長   杉田健二君   病院事務局次長  久保田昌宏君

                   消防次長・

  消防長      鈴木真二君            杉本良之介君

                   消防署長

  消防課長     根本久男君   教育長      梶原 清君

  教育次長     小俣儀洋君   学校教育課長   長坂文史君

                   選挙管理委員会

  生涯学習課長   小俣儀洋君   書記長・監査   志村元康君

                   委員事務局長

  農業委員会

           山口哲央君

  事務局長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  事務局長     小林正樹君   主幹次長     田中 健君

  書記       原田和可子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(小俣武君) これより本会議を再開いたします。

 ただいま出席している議員は15名であります。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第3号により進めてまいります。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第62号〜議第66号、請願第2号の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決



○議長(小俣武君) 日程第1、議第62号から議第66号並びに請願第2号を一括上程し、議題といたします。

 この議案は、いずれもその審査を各常任委員会に付託したものであります。

 したがって、この議案の審査に対する委員長の報告を求めます。

 最初に、総務産業建設常任委員長。

     (総務産業建設常任委員長 鈴木孝昌君 登壇)



◆総務産業建設常任委員長(鈴木孝昌君) 総務産業建設常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第62号、議第63号、議第64号の一部及び議第66号について、12月14日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の過程では、農業委員会等に関する法律の改正に伴う農業委員の選出方法等について、その他質疑が行われました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(小俣武君) 次に、社会厚生常任委員長。

     (社会厚生常任委員長 天野利夫君 登壇)



◆社会厚生常任委員長(天野利夫君) 社会厚生常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第64号の一部、議第65号について、12月14日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の過程では、すこやか子育て医療費助成金の増額要因について、臨時福祉給付金の給付人数等について、生活困窮者自立支援事業による就労実績と評価について、その他質疑が行われました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 次に、請願第2号については、不採択すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(小俣武君) 以上で各常任委員長の報告を終わります。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

 板倉保秋議員。



◆7番(板倉保秋君) 議第63号 都留市水道事業給水条例及び都留市簡易水道事業給水条例中改正の件に対する反対討論を行います。

 この議案は、水道料金を26%引き上げるという内容のものです。値上げの理由として、給水量の減少、減価償却費や償還金の増加、施設更新による整備費の増大などが挙げられています。また、水道委員会においても、事業の健全な財政確立のためには料金の改定はやむを得ないとの答申が出されたとのことです。

 しかし、人口減少はさらに進むことが予想されます。また、値上がりによる節水意識もさらに高まるため、給水量は減ってしまうのではないでしょうか。さらに、老朽管対策や耐震化対策など整備費の増大も今後さらに続くことが予想されます。

 独立採算という考えでは、さらなる水道料金の値上げが考えられます。医療保険や介護保険などの負担増も市民の生活に重くのしかかっています。また、水は赤ちゃんからお年寄りまで毎日使う非常に公共性の高いものです。市民の負担軽減と水道事業の健全な発展のために、繰り入れ等を含めた検討も行うべきだと考えます。

 よって、本案に反対いたします。

 以上です。



○議長(小俣武君) ほかに討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長報告によると、議第62号から議第66号の議案は原案可決であります。

 これより議第62号について採決いたします。

 お諮りいたします。

 議第62号は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 次に、議第63号について採決いたします。

 採決は起立により行います。

 お諮りいたします。

 議第63号は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(小俣武君) 起立多数であります。

 したがって、そのように決しました。

 次に、議第64号から議第66号について一括にて採決いたします。

 お諮りいたします。

 議第64号から議第66号は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 次に、請願第2号について採決いたします。

 採決は起立により行います。

 お諮りいたします。

 請願第2号に対する委員長報告は不採択であります。請願第2号を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(小俣武君) 起立少数であります。

 したがって、請願第2号は不採択とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第67号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小俣武君) 日程第2、議第67号 都留市職員給与条例中改正の件についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第67号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(相川泰君) 議題となりました議第67号 都留市職員給与条例中改正の件について、ご説明を申し上げます。

 追加議案集1ページから25ページにかけてお願いをいたします。

 都留市職員給与条例の一部を改正する条例を次のように定めるものとする。

 今回の条例改正は、10月17日付の山梨県人事委員会の給与勧告等により月例給、勤勉手当がともに引き上げられたこと、また扶養手当について改正されたことにより、その一部を改正するものであります。

 なお、今回の改正条例は施行日の違いから2条建てとなっております。

 それでは、改正内容について、別冊新旧対照表によりご説明を申し上げます。

 新旧対照表1ページをお願いいたします。

 第1条関係といたしまして、職員給与条例中第3条第1項は扶養手当の次に地域手当を加えるもので、これは本市職員が派遣や出向等で地域手当支給対象地域に在勤する場合に、地域手当を支給できるようにするものであります。

 2ページにかけてお願いをいたします。

 第16条第1項中、扶養手当につきましては、扶養親族たる子の支給額を6,500円から9,000円に引き上げるものであります。

 6ページをお願いいたします。

 第39条第2項第1号中の勤勉手当を乗じる割合は、100分の80を100分の90に、特定幹部職員にあっては100分の100を100分の110に改め、同項2号中、再任用職員については100分の37.5を100分の42.5に、特定幹部職員にあっては100分の47.5を100分の52.5に改めるものであります。

 7ページから40ページにかけてお願いをいたします。

 行政職等の給与表につきましては、初任給を1,500円引き上げるとともに、世代間の給与配分の見直しの観点から、若年層に重点を置いた改定を行うものであります。これによりまして、月例給は平成28年4月1日にさかのぼり平均0.2%、勤勉手当は12月1日を基準日として0.1カ月の引き上げをお願いするところであります。

 次に、第2条関係の説明をいたしますので、新旧対照表41ページをお願いいたします。

 第39条第2項は、本改正条例第1条で12月改正分の勤勉手当につきまして、平成29年度以降、6月支給分と12月支給分の勤勉手当に割り振るものであり、100分の90を100分の85に、特定幹部職員にあっては100分の110を100分の105に改め、同項2号中、再任用職員については100分の42.5を100分の40に、特定幹部職員にあっては100分の52.5を100分の50に改めるものであります。

 恐れ入りますが、議案集24ページにお戻りを願います。

 附則といたしまして、第1項、施行期日等、この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の規定は、平成29年4月1日から施行する。

 第2項、第1条の規定による改正後の都留市職員給与条例(以下この項及び次項において改正後の条例という)の規定は、平成28年4月1日から適用する。ただし、改正後の条例第39条第2項の規定は、同年12月1日から適用する。

 第3項、給与の内払、改正後の条例の規定を適用する場合においては、第1条の規定による改正前の都留市職員給与条例の規定に基づいて支給された給与は、改正後の条例の規定による給与の内払とみなす。

 第4項、規則への委任、前項に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

 以上で説明を終わります。



○議長(小俣武君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第67号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第68号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小俣武君) 日程第3、議第68号 都留市長等の給与条例中改正の件についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第68号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(相川泰君) 議第68号 都留市長等の給与条例中改正の件についてご説明を申し上げます。

 追加議案集27ページから28ページにかけてお願いをいたします。

 都留市長等の給与条例の一部を改正する条例を次のように定めるものとする。

 今回の条例改正は、一般職の市職員の給与改定等に鑑み、期末手当について0.1カ月の引き上げを行うものであります。

 それでは、改正内容について、別冊新旧対照表によりご説明申し上げます。

 新旧対照表の42ページをお願いいたします。

 まず、第1条関係として、条例第5条第2項の12月分期末手当の支給割合を100分の212.5から100分の222.5に改正するものであります。

 次に、第2条関係の説明をいたしますので、新旧対照表43ページをお願いいたします。

 第5条第2項は、本改正条例第1条での12月改正分の期末手当につきまして、平成29年度以降について6月支給分と12月支給分の期末手当に割り振るものであり、100分の197.5を100分の202.5に、100分の222.5を100分の217.5に改正するものであります。

 恐れ入りますが、議案集27ページにお戻りを願います。

 附則といたしまして、第1項、施行期日等、この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の規定は、平成29年4月1日から施行する。

 第2項、第1条の規定による改正後の都留市長等の給与条例(以下この項及び次項において改正後の条例という)の規定は、平成28年12月1日から適用する。

 第3項、給与の内払、改正後の条例の規定を適用する場合においては、第1条の規定による改正前の都留市長等の給与条例の規定に基づいて支給された期末手当は、改正後の条例の規定による期末手当の内払とみなす。

 以上で説明を終わります。



○議長(小俣武君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第68号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第69号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小俣武君) 日程第4、議第69号 平成28年度都留市一般会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第69号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(相川泰君) 議第69号 平成28年度都留市一般会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。

 追加議案集29ページをお願いいたします。

 平成28年度都留市一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、既定の歳入歳出予算総額に、歳入歳出それぞれ523万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ137億9,744万8,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表 歳入歳出予算補正による。

 今回の補正につきましては、山梨県人事委員会による給与に関する勧告等により、給与表の改定及び職員手当の改定を行うことに伴い、予算補正をするものであります。

 それでは、歳入より説明をいたしますので、34ページをお願いいたします。

 19款1項1目繰越金につきましては、財源充当一般財源として523万3,000円を追加するものであります。

 続いて、歳出についてご説明をいたします。35ページから43ページにかけてお願いをいたします。

 先ほど申し上げました山梨県人事委員会による給与に関する勧告等による給与表の改定及び職員手当の改定に伴い、各款項目において給与、職員手当等及び共済費として計523万3,000円を追加するものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(小俣武君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第69号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諮問第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小俣武君) 日程第5、諮問第1号 人権擁護委員の推薦について意見を求める件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております諮問第1号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の朗読はこれを省略いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 堀内富久君 登壇)



◎市長(堀内富久君) 人権擁護委員の推薦について意見を求める件につきまして、提案理由を申し上げます。

 人権擁護委員、佐藤 烈氏には平成29年3月31に任期満了となりますので、後任として都留市夏狩の高橋敏子氏を推薦したいので、議会の意見を求めるものであります。

 よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(小俣武君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより諮問第1号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小俣武君) 日程第6、議員提出議案第1号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件についてを上程し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第1号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 小林歳男議員。

     (16番 小林歳男君 登壇)



◆16番(小林歳男君) ただいま上程いただきました議員提出議案第1号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件について説明をいたします。

 今回の改正は、一般職の市職員の給与改定等に鑑み、所要の改正を行うものであります。

 第1条では、12月期末手当の支給割合を100分の167.5から100分の177.5に、また第2条では、平成29年度以降の期末手当について、支給割合を6月支給分と12月支給分に割り振る改正を行うものであります。

 よろしく審議いただきたくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(小俣武君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

 板倉保秋議員。



◆7番(板倉保秋君) 議員提出議案第1号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件に対する反対討論を行います。

 本案は、市議会議員の議員報酬のうち期末手当を引き上げることを目的としています。その理由として「今回の改正は、一般職の市職員の給与改定等に鑑み」としていますが、議員報酬は県人事委員会の勧告の影響を受けることなく、議会として独立した考えから判断すべきと考えます。

 消費税増税の影響で景気回復の実感も乏しい中、また、年金は引き下げられる、給与はなかなか上がらないなど、市民の生活は大変厳しい状況が続いていると感じられます。このような中で、議員報酬の期末手当を引き上げることへの市民の理解は得られないと考えます。

 よって、本案に反対いたします。

 以上です。



○議長(小俣武君) ほかにありませんので、討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第1号を採決いたします。

 採決は起立により行います。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(小俣武君) 起立多数であります。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(小俣武君) ただいま議会運営委員長から会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、委員会の閉会中の継続審査の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査の申し出について



○議長(小俣武君) お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の議員研修について



○議長(小俣武君) この際、お諮りいたします。

 今後の議会活動の充実、強化を図り、市行政の発展に資するため、閉会中、議会運営委員会研修を実施することにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(小俣武君) 次に、平成29年2月2日に開催されます山梨県市議会議長会議員合同研修会に参加する旨の派遣承認の要請が議会運営委員長よりありましたので、会議規則第167条ただし書きの規定により、これを許可いたしましたのでご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(小俣武君) お諮りいたします。

 以上で、今期定例会に付議されました案件の全部を議了いたしました。

 したがって、今期定例会を閉会いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小俣武君) ご異議なしと認めます。

 本定例会は、本日で閉会することに決しました。

 平成28年12月都留市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                             (午前10時33分)

    地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

         議長    小俣 武

         署名議員  小俣義之

         署名議員  小林歳男

         署名議員  小林健太