議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 都留市

平成28年  6月 定例会 06月24日−03号




平成28年  6月 定例会 − 06月24日−03号







平成28年  6月 定例会



          平成28年6月都留市議会定例会

             議事日程(第3号)

         平成28年6月24日(金)午前10時開議

日程第1 自議第43号至議第48号(以上6件一括上程)

     委員長報告

      1 総務産業建設常任委員長

      2 社会厚生常任委員長

     議第43号 都留市地域公共交通会議設置条例中改正の件

     議第44号 都留市看護系大学誘致事業基金条例廃止の件

     議第45号 指定管理者の指定の件(道の駅つる)

     議第46号 協定締結の件(桂川流域下水道維持管理費負担金に関する協定)

     議第47号 平成28年度都留市一般会計補正予算(第1号)

     議第48号 平成28年度都留市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

日程第2 議第49号 契約締結の件(東部簡易水道第一配水池築造工事)

日程第3 議第50号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

日程第4 議第51号 固定資産評価員の選任について同意を求める件

●日程追加 議長辞職の件

      議長の選挙

      副議長辞職の件

      副議長の選挙

      議第52号 監査委員の選任について同意を求める件

      閉会中の継続審査の申し出について

      議員派遣について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(16名)

      1番  小林健太君     2番  日向美徳君

      3番  天野利夫君     4番  奥秋 保君

      5番  山本美正君     6番  小澤 眞君

      7番  板倉保秋君     8番  藤江喜美子君

      9番  藤本明久君    10番  鈴木孝昌君

     11番  谷垣喜一君    12番  武藤朝雄君

     13番  国田正己君    14番  小俣義之君

     15番  小俣 武君    16番  小林歳男君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長       堀内富久君   総務部長     相川 泰君

  市民部長     小林正人君   福祉保健部長   重原達也君

                   会計管理者・

  産業建設部長   高部 剛君            久保田国雄君

                   会計課長

  総務課長     志村元康君   企画課長     紫村聡仁君

  財務課長     小宮敏明君   市民課長     鈴木達郎君

  税務課長     石川和広君   地域環境課長   小俣秀樹君

  福祉課長     清水 敬君   長寿介護課長   深澤祥邦君

  健康子育て課長  小野田浪子君  産業課長     山口哲央君

  建設課長     槇田 仁君   上下水道課長   新田雅弘君

  病院事務局長   杉田健二君   病院事務局次長  久保田昌宏君

                   消防次長・

  消防長      鈴木真二君            杉本良之介君

                   消防署長

  消防課長     根本久男君   教育長      梶原 清君

  教育次長     小俣儀洋君   学校教育課長   長坂文史君

                   選挙管理委員会

  生涯学習課長   小俣儀洋君   書記長・監査   志村元康君

                   委員事務局長

  農業委員会

           山口哲央君

  事務局長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  事務局長     小林正樹君   主幹次長     田中 健君

  書記       原田和可子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(国田正己君) これより本会議を再開いたします。

 ただいま出席している議員は16名であります。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第3号により進めてまいります。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第43号〜議第48号の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決



○議長(国田正己君) 日程第1、議第43号から議第48号を一括上程し、議題といたします。

 この議案は、いずれもその審査を各常任委員会に付託したものであります。

 したがって、この議案の審査に対する委員長の報告を求めます。

 最初に、総務産業建設常任委員長。

     (総務産業建設常任委員長 小澤 眞君 登壇)



◆総務産業建設常任委員長(小澤眞君) 総務産業建設常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第43号から議第46号及び議第47号の一部について、6月22日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の過程では、(仮称)田原の滝公園整備工事について、「道の駅つる」の指定管理者委託料について、その他質疑が行われました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(国田正己君) 次に、社会厚生常任委員長。

     (社会厚生常任委員長 天野利夫君 登壇)



◆社会厚生常任委員長(天野利夫君) 社会厚生常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第47号の一部、議第48号について、6月22日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の過程では、緊急地震速報受信システムの市内小・中学校への導入について、リニアと翔る都留ロードレース大会の参加費について、その他質疑が行われました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(国田正己君) 以上で各常任委員会の委員長の報告を終わります。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) ありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長報告によると、議第43号から議第48号までの議案は原案可決であります。

 これより議第43号から議第48号について一括にて採決を行います。

 お諮りいたします。

 議第43号から議第48号については委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第49号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(国田正己君) 日程第2、議第49号 契約締結の件(東部簡易水道第一配水池築造工事)についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第49号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の朗読はこれを省略いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(相川泰君) ただいま議題となりました議第49号 契約締結の件(東部簡易水道第一配水池築造工事)についてご説明を申し上げます。

 追加議案集の1ページをお願いいたします。

 本案は、都留市川茂地内の東部簡易水道第一配水池築造工事に係る請負契約を締結するものであります。

 この請負契約の締結につきましては、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例第2条の規定により、議会の議決を得る必要がありますので、提案をし、ご承認を得ようとするものであります。

 契約金額につきましては、3億6,720万円であります。予定価格は公示価格3億7,187万6,400円で、落札率は98.74%であります。

 工事の概要につきましては、1,500立方メートルのステンレス配水池築造工事及び関連する附帯工事であります。

 工期は、本年6月27日から平成29年3月24日までであります。

 契約の相手方は、6月7日の入札により、都留市法能宮原中野2504番地、山英建設・丸大産業東部簡易水道第一配水池築造工事共同企業体、代表構成員、山英建設株式会社、代表取締役、武井昭夫であります。

 契約の方法につきましては、都留市内に本店を有する特定建設業の資格を有する者で、経営事項審査の水道施設業の総合評点が600点以上であるものを代表構成員とし、都留市内に本店を有する特定建設業または一般建設業の資格を有する者で、経営事項審査の水道施設業の総合評点が500点以上の者とで構成する共同企業体を対象とした条件つき一般競争入札であります。

 本年5月9日に公告をし、入札参加企業体につきましては山英建設・丸大産業共同企業体、谷内建設・奥秋建設共同企業体、小林工務店・小俣管工設備共同企業体の3共同企業体でありました。

 以上で説明を終わります。



○議長(国田正己君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第49号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第50号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(国田正己君) 日程第3、議第50号 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第50号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の朗読はこれを省略いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 堀内富久君 登壇)



◎市長(堀内富久君) 固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件につきまして、提案理由を申し上げます。

 固定資産評価審査委員会委員、岩田 桂氏には、平成28年6月28日に任期満了となりますが、引き続き岩田 桂氏を選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 よろしくご審議の上、ご同意くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(国田正己君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第50号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第51号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(国田正己君) 日程第4、議題51号 固定資産評価員の選任について同意を求める件についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第51号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の朗読はこれを省略いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 堀内富久君 登壇)



◎市長(堀内富久君) 固定資産評価員の選任について同意を求める件について、提案理由を申し上げます。

 固定資産評価員、相川 泰氏から辞職願が提出されたので、これを受理し、後任として都留市中津森の小林正人氏を選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 よろしくご審議の上、ご同意くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(国田正己君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第51号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(国田正己君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(国田正己君) この際、しばらく休憩いたします。

                             (午前10時13分)

                              (午後4時04分)



○副議長(藤江喜美子君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○副議長(藤江喜美子君) ただいま、議長、国田正己議員から議長辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(藤江喜美子君) ご異議なしと認めます。

 したがって、議長辞職の件を本日の日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職の件



○副議長(藤江喜美子君) 議長の辞職願を事務局長に朗読させます。



◎議会事務局長(小林正樹君) 朗読いたします。

 平成28年6月24日、都留市議会副議長 藤江喜美子殿、都留市議会議長 国田正己。

 辞職願 今般、一身上の都合により、議長職を辞職したいから、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○副議長(藤江喜美子君) お諮りいたします。

 国田正己議員の議長辞職は、これを許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(藤江喜美子君) ご異議なしと認めます。

 したがって、国田正己議員の議長辞職は許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長退任の挨拶



○副議長(藤江喜美子君) この際、前議長国田正己議員から退任の挨拶をしたい旨の申し出がありますので、これを許します。



◆13番(国田正己君) 議長退任に当たりまして、一言ご挨拶をさせていただきます。

 昨年5月19日の臨時議会におかれまして議長職を拝命して以来、私も議長として、また議会人としてチェック機能はきっちり果たしていく、こういう思いのもとに、その一方で堀内市長が進めておりますCCRC構想、あるいは道の駅の構想、あるいはヘリポートの離発着場、これは市長の選挙の公約でありました。幸いにして、宝中津森地域に第一号の離発着場が完成いたしました。残るCCRC構想、あるいは今年の秋にスタートします道の駅、これらもまた一方では議員として、またこれからは一一兵卒として、これは市長の事業計画に両輪の議会人として私は政治生命をかけながら進んでいきたい、こんな気持ちでおります。

 わずか1年でございましたけれども、議員の皆さんのご指導をいただく中、また職員のご指導をいただく中で、無事に議長職が務められましたことを厚く御礼申し上げながら、退任の挨拶にかえさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○副議長(藤江喜美子君) ただいま議長が欠員となりましたので、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(藤江喜美子君) ご異議なしと認めます。

 したがって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(藤江喜美子君) この際、しばらく休憩いたします。

 全員協議会を開きますので、大会議室にご参集願います。

                              (午後4時08分)

                              (午後4時15分)



○副議長(藤江喜美子君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○副議長(藤江喜美子君) これより議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定による指名推選により行いたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(藤江喜美子君) ご異議なしと認めます。

 したがって、選挙の方法は指名推選により行うことに決しました。

 お諮りいたします。

 指名については、副議長が行うことにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(藤江喜美子君) ご異議なしと認めます。

 したがって、副議長が指名することに決しました。

 議長に、武藤朝雄議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま副議長において指名した武藤朝雄議員を議長の当選人と決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(藤江喜美子君) ご異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名いたしました武藤朝雄議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました武藤朝雄議員が議場におりますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 武藤朝雄議員、議長に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任の挨拶



○副議長(藤江喜美子君) 議長の当選承諾及び挨拶があります。



○議長(武藤朝雄君) 議長就任に当たりまして、一言御礼のご挨拶を申し上げます。

 私も指名推選、本人ながら驚いておる次第でございます。皆様方、全員一致の議長に指名していただきまして、本当に感謝を申し上げます。全員の一致ということに対しては、私は私の考えとして議会運営を公平公正に努めなければならない、その意気込みで議長職を全うしていきたいと思います。また、皆様のお力をかりる中で、堀内市長が進める政策を我々議員一同が後押しして、これを進めていかなければなりません。

 堀内市長も粛々と政策を実行してまいりました。文大の理事長も他市の議員がうらやむようなすばらしい適材適所の人材を確保したと、そのような言葉もいただいております。また、健康科学大学、また先ほど国田議員が申しました宝地区にドクター防災ヘリの離発着場、これも竣工式も終わりました。

 過日の新聞には、花が咲くように都留市立病院に産科がまた開かれると。過日というか、数年前には堀内市長は前知事とじっこんで、それならばすぐに都留市立病院に産科ができると。でも、何もやっていないような文書が記憶にございますが、桃栗三年柿八年、種はまいてもすぐなりません。市長が県議時代にまいた種が過日の新聞報道で花が咲きました。この花が平成30年度末までには必ず実になると。これもすばらしい成果だと思います。そのときの文書を出した方も、多分この分娩が再開することにより、これは喜んでいただける、また都留市民全体も喜んでいただけるものと信じております。また、東部地域、大月、上野原でもそのような声が聞こえるようなこのすばらしい問題を解決していただきました。

 これからは道の駅構想も秋にはオープン、このような時期を迎えているときに、議員一同一生懸命後押しをして、これも成功させなければなりません。これは議会と執行部が両輪となって一体に頑張っていかなければならない、このように思うわけでございます。私としても粉骨砕身、精いっぱいの努力を覚悟しております。

 どうか議員各位、執行部の皆様におかれましては、以前にまさるご指導とご協力を賜りますよう伏して衷心よりお願いを申し上げまして、議長就任に当たり一言御礼の挨拶といたします。

 ありがとうございました。(拍手)



○副議長(藤江喜美子君) それでは、議長を交代いたします。

     (副議長、新議長と交代)



○議長(武藤朝雄君) これより議長職を務めさせていただきます。

 円滑なる議会運営と議事進行には、格別なるご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武藤朝雄君) この際、しばらく休憩いたします。

 全員協議会を開きますので、大会議室にご参集を願います。

                              (午後4時23分)

                              (午後4時28分)



○議長(武藤朝雄君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(武藤朝雄君) ただいま、副議長、藤江喜美子議員から副議長辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 副議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、副議長辞職の件を本日の日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長辞職の件



○議長(武藤朝雄君) 副議長の辞職願を事務局長に朗読させます。



◎議会事務局長(小林正樹君) 朗読いたします。

 平成28年6月24日、都留市議会議長 武藤朝雄殿、都留市議会副議長 藤江喜美子。

 辞職願 今般、一身上の都合により、副議長職を辞職したいから、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○議長(武藤朝雄君) お諮りいたします。

 藤江喜美子議員の副議長辞職は、これを許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、藤江喜美子議員の副議長辞職は許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長退任の挨拶



○議長(武藤朝雄君) この際、前副議長、藤江喜美子議員から退任の挨拶をしたい旨の申し出がありますので、これを許します。



◆8番(藤江喜美子君) 副議長退任に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

 昨年、議員皆様推挙により副議長に就任いたしました。副議長のときには議長を微力ながら支え、副議長として職を務めてまいりました。それもひとえに議員皆様の協力があってのことです。本当に感謝申し上げます。

 今後は一議員に戻りますが、市政発展のため、議員として頑張っていきたいと思いますので、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

 まことにありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(武藤朝雄君) ただいま副議長が欠員となりましたので、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武藤朝雄君) この際、しばらく休憩いたします。

 全員協議会を開きますので、大会議室にご参集を願います。

                              (午後4時32分)

                              (午後4時38分)



○議長(武藤朝雄君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(武藤朝雄君) これより副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定による指名推選により行いたいと思います。

 これにご異議はありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、選挙の方法は指名推選により行うことに決しました。

 お諮りいたします。

 指名については、議長が行うことにいたしたいと思います。

 これにご異議はありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、議長が指名することに決しました。

 副議長に、小澤 眞議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名した小澤 眞議員を副議長の当選人と決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名いたしました小澤 眞議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました小澤 眞議員が議場におりますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 小澤 眞議員、副議長に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任の挨拶



○議長(武藤朝雄君) 副議長の当選承諾及び挨拶があります。



◆副議長(小澤眞君) ただいま皆様のご推挙により副議長になりました小澤です。

 武藤議長をサポートし、都留市政のために尽力していきたいと思いますので、今後もご指導のほどよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(武藤朝雄君) 挨拶を終わります。

 副議長ともども適切なる議会運営に努めてまいりますので、格別なるご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(武藤朝雄君) この際、しばらく休憩いたします。

 全員協議会を開きますので、大会議室にご参集を願います。

                              (午後4時42分)

                              (午後4時58分)



○議長(武藤朝雄君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(武藤朝雄君) 本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめ延長をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(武藤朝雄君) ただいま市長より議第52号 監査委員の選任について同意を求める件が追加議案として提出されました。

 これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、議第52号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第52号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(武藤朝雄君) 議第52号を上程し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第52号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の朗読はこれを省略します。

 地方自治法第117条の規定により、小俣義之議員の退場を求めます。

     (14番 小俣義之君 退場)



○議長(武藤朝雄君) 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 堀内富久君 登壇)



◎市長(堀内富久君) 監査委員の選任について同意を求める件につきまして、提案理由を申し上げます。

 監査委員小林歳男氏から退職願が提出されましたので、これを受理し、議員のうちから選任する監査委員として小俣義之氏を選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 よろしくご審議の上、ご同意くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(武藤朝雄君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第52号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 小俣義之議員の入場を許します。

     (14番 小俣義之君 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(武藤朝雄君) ただいま議会運営委員長から、会議規則第111条の規定によりお手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、委員会の閉会中の継続審査の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査の申し出について



○議長(武藤朝雄君) お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(武藤朝雄君) この際、お諮りいたします。

 議会として、地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により、議員派遣を日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣について



○議長(武藤朝雄君) お諮りいたします。

 議員の派遣を実施することについてご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(武藤朝雄君) この際、諸報告を行います。

 本日、総務産業建設常任委員会が開催され、委員長の小澤 眞議員の辞任を許可し、委員長に鈴木孝昌議員を選任いたしましたので、ここにご報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(武藤朝雄君) お諮りいたします。

 以上で、今期定例会に付議されました案件の全部を議了いたしました。

 したがって、今期定例会を閉会いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(武藤朝雄君) ご異議なしと認めます。

 本定例会は、本日で閉会することに決しました。

 平成28年6月都留市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                              (午後5時04分)

    地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

         旧議長   国田正己

         新議長   武藤朝雄

         旧副議長  藤江喜美子

         署名議員  奥秋 保

         署名議員  山本美正

         署名議員  小澤 眞