議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 都留市

平成26年 12月 定例会 12月19日−03号




平成26年 12月 定例会 − 12月19日−03号







平成26年 12月 定例会



          平成26年12月都留市議会定例会

             議事日程(第3号)

        平成26年12月19日(金)午前10時開議

日程第1 自議第56号至議第64号及び自議第66号至議第70号

     (以上14件一括上程)

     委員長報告

      1 総務常任委員長

      2 社会常任委員長

      3 経済建設常任委員長

     議第56号 都留市職員定数条例中改正の件

     議第57号 都留市職員給与条例中改正の件

     議第58号 都留市部設置条例中改正の件

     議第59号 都留市国民健康保険条例中改正の件

     議第60号 都留市福祉事務所設置条例及び都留市母子及び寡婦福祉資金の利子補給に関する条例中改正の件

     議第61号 都留市消防団員等公務災害補償条例中改正の件

     議第62号 都留市・大月市・上野原市消防指令事務協議会規約中変更の件

     議第63号 指定管理者の指定の件(都留市デイサービスセンター)

     議第64号 指定管理者の指定の件(都の杜うぐいすホール)

     議第66号 市道の路線の認定の件

     議第67号 公立大学法人都留文科大学の第2期中期目標を定める件

     議第68号 平成26年度都留市一般会計補正予算(第4号)

     議第69号 平成26年度都留市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議第70号 契約締結の件(看護系大学誘致事業施設等改修工事)

日程第2 議員提出議案第1号 都留市議会議員政治倫理条例制定の件

日程第3 議第71号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件

日程第4 議第72号 都留市長等の給与条例中改正の件

日程第5 議第73号 都留市教育委員会教育長の給与及び旅費条例中改正の件

日程第6 諮問第3号 人権擁護委員の推薦について意見を求める件

●日程追加 閉会中の継続審査の申し出について

      閉会中の議員研修について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(18名)

      1番  山本美正君     2番  小澤 眞君

      3番  板倉保秋君     4番  藤江喜美子君

      5番  藤本明久君     6番  鈴木孝昌君

      7番  庄司 寛君     8番  清水絹代君

      9番  谷垣喜一君    10番  杉本光男君

     11番  武藤朝雄君    12番  国田正己君

     13番  藤江厚夫君    14番  小俣義之君

     15番  小俣 武君    16番  小林歳男君

     17番  上杉 実君    18番  小林義孝君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長       堀内富久君   総務部長     山口稔幸君

  市民・厚生部長  高部 晋君   産業建設部長   相川 泰君

  会計管理者・

           小野田浪子君  行政管理課長   小林正人君

  会計課長

  政策形成課長   紫村聡仁君   財務経営課長   志村元康君

  税務課長     新田雅弘君   市民生活課長   澄川 宏君

  健康推進課長   石川和広君   福祉課長     鈴木達郎君

  宝保育所長    佐藤ひとみ君  産業観光課長   小宮敏明君

  基盤整備課長   槇田 仁君   水資源活用課長  根本久男君

  病院事務局長   鈴木真二君   病院次長     小俣儀洋君

  老健つる次長   谷内ちえ子君  消防長      尾曲郁雄君

  消防次長・署長  佐藤和利君   消防防災課長   奥脇昌幸君

  教育長      梶原 清君   教育委員会次長  杉田健二君

                   学びの

  学校教育課長   高部 剛君            杉田健二君

                   まちづくり課長

  選挙管理委員会          農業委員会

  書記長・監査   小林正人君            小宮敏明君

  委員事務局長           事務局長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  事務局長     小林正樹君   主幹次長     清水 敬君

  書記       田中裕二君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(杉本光男君) これより本会議を再開いたします。

 ただいま出席している議員は18名であります。

 直ちに本日の会議を開きます。

 初めに、執行部から発言したい旨、申し出がありましたので、これを許可します。

 産業建設部長。



◎産業建設部長(相川泰君) 12月11日の一般質問において、小林義孝議員の第3点、井倉第二土地区画整理事業についての再質問の中で、公園整備に要する費用は幾らになるかという質問に対し、公園整備費については2,700万円程度を予定しているとお答えいたしましたが、これは当初の事業計画時のものでありました。現段階では公園整備費に約5,000万円、また、用地取得に係る費用として約1億6,000万円を予定しているところであります。以上のとおり訂正をお願いをいたします。よろしくお願いいたします。



○議長(杉本光男君) 本日の議事は、お手元に配付いたしました議事日程第3号により進めてまいります。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第56号〜議第64号及び議第66号〜議第70号の上程、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決



○議長(杉本光男君) 日程第1、議第56号から議第64号及び議第66号から議第70号を一括上程し、議題といたします。

 この議案は、いずれもその審査を各常任委員会に付託したものであります。

 したがって、この議案の審査に対する委員長の報告を求めます。

 最初に、総務常任委員長。

     (総務常任委員長 庄司 寛君 登壇)



◆総務常任委員長(庄司寛君) 総務常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第56号から議第58号、議第61号、議第62号、議第67号、議第68号の一部及び議第70号について、12月15日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の過程では、消防職員定数増員における増員分の職員の任用形態等について、機構改革に伴う地域の振興にかかわる各課担当における事務分掌のすみ分けと、いきいきプラザ都留内のレイアウト変更等について、都留文科大学の学部増設と(仮称)国際交流会館の内容等について、その他の質疑が行われました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(杉本光男君) 次に、社会常任委員長。

     (社会常任委員長 鈴木孝昌君 登壇)



◆社会常任委員長(鈴木孝昌君) 社会常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第59号、議第60号、議第63号、議第64号、議第68号の一部及び議第69号について、12月15日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の過程では、認定こども園への国・県補助金の予算配分について、都留楽友協会職員と教育委員会のかかわり等について、その他質疑が行われました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(杉本光男君) 次に、経済建設常任委員長。

     (経済建設常任委員長 国田正己君 登壇)



◆経済建設常任委員長(国田正己君) 経済建設常任委員会での議案の審査についてご報告を申し上げます。

 本委員会は、付託された議案、議第66号及び議第68号の一部について、12月16日委員会を開き、説明員の出席を求めて審査を行いました。

 審査の結果は、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと意見の一致を見た次第であります。

 以上です。



○議長(杉本光男君) 以上で各常任委員長の報告を終わります。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長報告によると、議第56号から議第64号及び議第66号から議第70号の議案は原案可決であります。

 これより議第56号から議第64号及び議第66号から議第70号について、一括にて採決いたします。

 お諮りいたします。

 議第56号から議第64号及び議第66号から議第70号は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉本光男君) 日程第2、議員提出議案第1号 都留市議会議員政治倫理条例制定の件を上程し、議題といたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第1号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 国田正己議員。

     (12番 国田正己君 登壇)



◆12番(国田正己君) ただいま上程いただきました議員提出議案第1号 都留市議会議員政治倫理条例制定の件についてご説明いたします。

 昨年6月に、「議会活動、議会運営の原則及び会議に関する基本的事項などを定め、議会の機能を強化するとともに、議員としての資質を高めることにより、市民の負託に的確に応え、市政発展及び市民福祉の向上に寄与する」ことを目的に、議会基本条例を制定いたしました。

 また、その条例の中では、議員は、高い政治倫理観が求められていることを自覚し、品位を保持し識見を養うよう努めるなど、政治倫理について規定いたしましたが、さらに、議員が議員活動を行う際に遵守すべき政治倫理の基準を定めるとともに、市民との信頼関係を構築し、公正で民主的な市政の発展に寄与することを目的に、本年4月から議会改革特別委員会で検討・協議を重ねてきたところ、本定例会へ都留市議会議員政治倫理条例の制定の件を提案することになりました。

 よろしくご審議いただくことをお願い申し上げます。



○議長(杉本光男君) 議員提出議案第1号は、議員全員による発議案でありますので、質疑及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 これより議員提出議案第1号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第71号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉本光男君) 日程第3、議第71号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第71号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(山口稔幸君) ただいま議題となりました議第71号 都留市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件につきましてご説明いたします。

 追加議案集1ページをお願いをいたします。

 今回の改正は、一般職の市職員の給与改定等に鑑み、所要の改正を行うものであります。

 第1条では、条例第6条第2項の12月分期末手当の支給割合を100分の155から100分の170に改正するものであります。

 次に、第2条では、本改正条例第1条で本年12月改正分の期末手当につきまして、平成27年度以降について6月支給分と12月支給分の期末手当に割り振るものであり、100分の140を100分の147.5に、100分の170を100分の162.5に改正するものであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用する。ただし、第2条の規定は、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上です。



○議長(杉本光男君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第71号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第72号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉本光男君) 日程第4、議第72号 都留市長等の給与条例中改正の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第72号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(山口稔幸君) ただいま議題となりました議第72号 都留市長等の給与条例中改正の件につきましてご説明いたします。

 追加議案集3ページをお願いをいたします。

 今回の改正は、一般職の市職員の給与改定等に鑑み、所要の改正をするものであります。

 第1条では、条例第5条第2項の12月分期末手当の支給割合を100分の200から100分の215に改正するものであります。

 次に、第2条では、本改正条例第1条で本年12月改正分の期末手当につきまして、平成27年度以降について6月支給分と12月支給分の期末手当に割り振るものであり、100分の185を100分の192.5に、100分の215を100分の207.5に改正するものであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用する。ただし、第2条の規定は、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上です。



○議長(杉本光男君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第72号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第73号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉本光男君) 日程第5、議第73号 都留市教育委員会教育長の給与及び旅費条例中改正の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第73号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の内容説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(山口稔幸君) ただいま議題となりました議第73号 都留市教育委員会教育長の給与及び旅費条例中改正の件につきましてご説明いたします。

 追加議案集5ページをお願いをいたします。

 今回の改正は、一般職の市職員の給与改定等に鑑み、所要の改正を行うものであります。

 第1条では、条例第5条第2項の12月分期末手当の支給割合を100分の200から100分の215に改正するものであります。

 次に、第2条では、本改正条例第1条で本年12月改正分の期末手当につきまして、平成27年度以降について6月支給分と12月支給分の期末手当に割り振るものであります。100分の185を100分の192.5に、100分の215を100分の207.5に改正するものであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用する。ただし、第2条の規定は、平成27年4月1日から施行するものであります。

 以上です。



○議長(杉本光男君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議第73号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諮問第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉本光男君) 日程第6、諮問第3号 人権擁護委員の推薦について意見を求める件についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております諮問第3号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 議案の朗読は、これを省略します。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 堀内富久君 登壇)



◎市長(堀内富久君) 人権擁護委員の推薦について意見を求める件につきまして、提案理由を申し上げます。

 人権擁護委員3名が平成27年3月31日に任期満了となりますので、引き続き都留市中央の餌取一成氏を推薦することとし、都留市与縄の谷内正章氏、都留市戸沢の志村絹子氏を新たに推薦したいので、議会の意見を求めるものであります。

 よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(杉本光男君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 次に、討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) 討論がありませんので、討論を終結いたします。

 これより諮問第3号を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加



○議長(杉本光男君) ただいま議会運営委員長から会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

 これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、委員会の閉会中の継続審査の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査の申し出について



○議長(杉本光男君) お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の議員研修について



○議長(杉本光男君) この際、お諮りいたします。

 今後の議会活動の充実・強化を図り、市行政の発展に資するため、閉会中、議会運営委員会研修を実施することにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(杉本光男君) 次に、平成27年2月5日に開催されます山梨県市議会議長会議員合同研修会に参加する旨の派遣承認の要請が議会運営委員長よりありましたので、会議規則第167条ただし書きの規定によりこれを許可いたしますので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(杉本光男君) お諮りいたします。

 以上で、今期定例会に付議されました案件の全部を議了いたしました。

 したがって、今期定例会を閉会いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(杉本光男君) ご異議なしと認めます。

 本定例会は本日で閉会することに決しました。

 平成26年12月都留市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                             (午前10時27分)

    地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

         議長    杉本光男

         署名議員  板倉保秋

         署名議員  藤江喜美子

         署名議員  藤本明久