議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 富士吉田市

平成19年  3月 定例会(第2回) 03月05日−02号




平成19年  3月 定例会(第2回) − 03月05日−02号











平成19年  3月 定例会(第2回)



          平成19年第2回(3月)定例会会議録(第2号)

  平成19年3月5日(月曜日)            午後1時00分開議

                           午後1時29分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(18名)

   1番   戸田 元君          2番   渡辺利彦君

   3番   宮下哲夫君          4番   宮下正男君

   5番   渡辺孝夫君          6番   佐藤みどり君

   7番   渡辺忠義君          8番   加々美 宝君

   9番   勝俣 進君          10番   宮下 豊君

   12番   渡辺信隆君          13番   奥脇和一君

   14番   土橋舜作君          15番   太田利政君

   16番   渡辺嘉男君          18番   松野貞雄君

   19番   武藤茂美君          20番   鈴木森夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

   11番   佐藤 達君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

   市長       萱沼俊夫君    助役       藤井周二君

   収入役      渡辺宏一君    教育長      竹田忠晴君

   監査委員     堀内喜九男君   企画管理部長   加賀美けん君

   企画管理部

            渡辺則明君    市民生活部長   外川春道君

   企画担当部長

                     都市産業部

   都市産業部長   渡辺一雄君             渡辺義広君

                     経済担当部長

   演習場対策室長  横山秀敏君    市立病院事務長  分部秀博君

   上下水道部長   小野政秋君    教育委員会部長  渡辺貞雄君

   企画管理部次長  前田重夫君    市民生活部次長  渡辺 源君

   都市産業部次長  滝口 明君    上下水道部次長  牛田清之君

   教育委員会次長  加々美正英君   企画財政課長   渡辺公彦君

   人事課長     湯山忠志君    管財文書課長   滝口 修君

                     上下水道部

   市民課長     長田好功君             渡辺 寛君

                     営業課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

   事務局長     渡辺正衛君    次長       天野節男君

   主幹       勝俣強志君    主任職長     林 純司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第2号

   第1 議案第33号 富士吉田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について

   第2 議案第34号 平成18年度富士吉田市一般会計補正予算(第6号)

   第3 議案第35号 平成18年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

   第4 議案第36号 平成18年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   第5 議案第37号 平成18年度富士吉田市老人保健特別会計補正予算(第1号)

   第6 議案第38号 平成18年度富士吉田市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第7 議案第39号 平成18年度富士吉田市大明見水道特別会計補正予算(第2号)

   第8 議案第40号 平成18年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

   議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時00分 開議



○副議長(渡辺利彦君) 

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 傍聴人に申し上げます。市議会傍聴規則第7条の規定により、静粛に傍聴するようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○副議長(渡辺利彦君) 

 報告事項を申し上げます。

 3月1日の本会議において、予算特別委員会委員が選任されました。これに伴い、正・副委員長が互選され、議長のもとに報告がありました。予算特別委員会委員長に渡辺忠義君、同副委員長に渡辺孝夫君、以上のとおりでありますので、御報告いたします。

 次に、市長から、今定例会へ提出する追加案件につき、通牒に接しておりますので、この通知書を職員をして朗読いたさせます。

     〔「省略」と呼ぶ者あり〕

 省略いたさせます。

 以上で報告事項を終わります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第33号 富士吉田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について



○副議長(渡辺利彦君) 

 日程第1、議案第33号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長萱沼俊夫君。

     〔市長 萱沼俊夫君 登壇〕



◎市長(萱沼俊夫君) 

 議案第33号について御説明申し上げます。

 本案は、富士吉田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正でありまして、水道企業職員に対する特殊勤務手当を廃止することに伴い、所要の改正を行うものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第1、議案第33号については、建設水道委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第34号 平成18年度富士吉田市一般会計補正予算(第6号)



○副議長(渡辺利彦君) 

 日程第2、議案第34号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長萱沼俊夫君。

     〔市長 萱沼俊夫君 登壇〕



◎市長(萱沼俊夫君) 

 議案第34号について御説明申し上げます。

 本案は、平成18年度富士吉田市一般会計補正予算(第6号)でありまして、今回歳入歳出からそれぞれ301万1,000円を減額し、総額を192億2,545万6,000円とするものであります。

 歳入では、前年度繰越金1億1,933万6,000円を増額し、国庫支出金8,764万7,000円、市債3,470万円を減額するものであります。

 歳出では、人件費1億1,645万円、財産管理費4,219万7,000円、老人福祉費3,990万円等を増額し、公園費1億3,512万9,000円、下水道整備費繰出金8,800万円を減額するものであります。

 また、(仮称)明見湖公園整備事業の継続費につきまして総額を変更し、浅間公園整備事業につきましては継続年を3カ年に延期をする変更をするものであります。

 また、老人保健事業外6件3億7,637万9,000円を繰越明許費として追加するものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第2、議案第34号については、総務経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第35号 平成18年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算(第2号)



○副議長(渡辺利彦君) 

 日程第3、議案第35号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長萱沼俊夫君。

     〔市長 萱沼俊夫君 登壇〕



◎市長(萱沼俊夫君) 

 議案第35号について御説明申し上げます。

 本案は、平成18年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありまして、今回歳入歳出からそれぞれ8,800万円を減額し、総額を15億3,916万4,000円とするものであります。

 歳入では、一般会計繰入金8,800万円を減額するものであり、歳出では流域下水道負担金8,500万円、下水道整備費300万円を減額するものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第3、議案第35号については、建設水道委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第36号 平成18年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



△日程第5 議案第37号 平成18年度富士吉田市老人保健特別会計補正予算(第1号)



△日程第6 議案第38号 平成18年度富士吉田市介護保険特別会計補正予算(第2号)



○副議長(渡辺利彦君) 

 日程第4、議案第36号から日程第6、議案第38号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長萱沼俊夫君。

     〔市長 萱沼俊夫君 登壇〕



◎市長(萱沼俊夫君) 

 議案第36号から議案第38号までについて、一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第36号でありますが、本案は平成18年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ3,013万5,000円を追加し、総額を55億2,758万1,000円とするものであります。

 歳入では、財政調整基金繰入金2,713万5,000円、国庫支出金300万円を増額するものであります。

 歳出では、国保事業委託料3,013万5,000円を増額するものであります。

 また、同国保事業3,013万5,000円を繰越明許費とするものであります。

 次に、議案第37号でありますが、本案は平成18年度富士吉田市老人保健特別会計補正予算(第1号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ7,300万2,000円を追加し、総額を40億1,402万5,000円とするものであります。

 歳入では、支払基金交付金1億4,822万9,000円、一般会計繰入金1,655万1,000円を増額し、国庫支出金7,782万4,000円、県支出金1,053万8,000円等を減額するものであります。

 歳出では、医療給付費負担金6,048万9,000円、医療費支給費負担金1,292万7,000円を増額し、審査支払手数料41万4,000円を減額するものであります。

 次に、議案第38号でありますが、本案は平成18年度富士吉田市介護保険特別会計補正予算(第2号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ598万5,000円を追加し、総額を24億365万5,000円とするものであります。

 歳入では、一般会計繰入金502万円、国庫支出金96万5,000円を増額するものであります。

 歳出では、介護保険事業委託料598万5,000円を増額するものであります。

 また、同介護保険事業598万5,000円を繰越明許費とするものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第4、議案第36号から日程第6、議案第38号までについては、文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第39号 平成18年度富士吉田市大明見水道特別会計補正予算(第2号)



△日程第8 議案第40号 平成18年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)



○副議長(渡辺利彦君) 

 日程第7、議案第39号並びに日程第8、議案第40号を一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長萱沼俊夫君。

     〔市長 萱沼俊夫君 登壇〕



◎市長(萱沼俊夫君) 

 議案第39号及び議案第40号について、一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第39号でありますが、本案は平成18年度富士吉田市大明見水道特別会計補正予算(第2号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ6万6,000円を追加し、総額を6,218万3,000円とするものであります。

 歳入では、基金繰入金6万6,000円を増額するものであり、歳出では大明見水道施設整備事業旅費6万6,000円を増額するものであります。

 また、防衛施設整備事業として実施する大明見水道施設整備事業につきまして、平成18、19年度の2カ年の継続事業とするものであります。

 また、大明見水道施設整備事業工事請負費750万円を繰越明許費とするものであります。

 次に、議案第40号でありますが、本案は平成18年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)でありまして、今回収益的収入及び支出につきまして、収入を2,257万7,000円減額し、総額を5億4,445万1,000円とし、支出を2,148万6,000円減額し、総額を5億3,834万2,000円とするものであります。

 収益的収入では、営業収益2,257万7,000円を減額し、収益的支出では営業費用2,190万5,000円を減額し、営業外費用41万9,000円を増額するものであります。

 また、資本的収入につきましては収入を616万3,000円増額し、総額を1億6,370万3,000円とするものであります。

 資本的収入では、負担金416万3,000円、補助金200万円を増額するものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第7、議案第39号並びに日程第8、議案第40号については、建設水道委員会に付託いたします。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、明日3月6日から18日までの13日間を休会とし、3月19日午後2時より本会議を再開いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 20番鈴木森夫君。

     〔20番 鈴木森夫君 議席〕



◆20番(鈴木森夫君) 

 お尋ねをいたしたいと思いますが、富士見公園のお借りをしている堀内君から市に返したいというふうなお話があって、過日詰めてまいりました。けさになって金額が少ねえじゃねえか、これじゃ困らあというふうな話がありましたが、その問題はまた別といたしまして、今議会の中でその問題はクリアしようと、執行者は考えてるわけですか。お答えをいただきます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 企画管理部長。

     〔企画管理部長 加賀美けん君 登壇〕



◎企画管理部長(加賀美けん君) 

 鈴木議員お尋ねの富士見公園の費用についてでありますけども、一般会計の補正予算の中に財産管理費4,219万7,000円が予算として計上してあります。



○副議長(渡辺利彦君) 

 20番鈴木森夫君。

     〔20番 鈴木森夫君 議席〕



◆20番(鈴木森夫君) 

 いやいや、ですから今議会の中で委員会があり、何なりで修復をしようと、決定になると、こういうふうなことですか。



○副議長(渡辺利彦君) 

 企画管理部長。

     〔企画管理部長 加賀美けん君 登壇〕



◎企画管理部長(加賀美けん君) 

 先ほど御説明申し上げました4,219万7,000円、財産管理費の中で建物と土地の金額でありますけども、今議会の委員会の中で審議をしていただき、予算として可決をお願いしたいと思っております。



○副議長(渡辺利彦君) 

 20番鈴木森夫君。

     〔20番 鈴木森夫君 議席〕



◆20番(鈴木森夫君) 

 その問題については、例えば今議会の形の中でその問題は一応クリアするというふうな話は、僕は立会人ですから、だからそこへも一言ぐらい話をしといてもらいたかったな。いきなり、そこへ持ってきても、助役さんが中へ入っていろいろやりましたが、私は率直に言って関係者の皆さん方、3人関係者が来ましたが、その人たちがいいということであれば、何をか言わんやだと、どうだという話では満場一致で結構ですよと、3,500万円かな、3,500万円で引き渡しをしても結構ですと、こういう話でしたが、そのときにも若干意見がありましたが、女の兄弟がいるわけで、その女の兄弟からとんでもねえ話だというふうな話を昨日聞きました。ですから、その問題についちゃ、ちょっと時間をいただきたいというふうに思いますが、それはこの議会が終了までには再度話をして、約束された執行者が申し上げます3,500万円か、税金がつくから4,000万円幾らと、こういうことになるんじゃないかと思いますが、そういう詰めをいたしたいと思いますが、その余裕が執行者あるのか、ないのかお答えをいただきたいと思います。



○副議長(渡辺利彦君) 

 企画管理部長。

     〔企画管理部長 加賀美けん君 登壇〕



◎企画管理部長(加賀美けん君) 

 鈴木議員さんの御質問にお答えいたします。

     〔20番鈴木森夫君「声が小さい」と呼ぶ〕

 鈴木議員さんの御質問にお答えいたします。

 財産管理費の4,219万7,000円につきましては、今定例会に補正予算として上げさせていただきます。補正予算は補正予算として、また相手方とは協議を重ねていきたいと思ってます。



○副議長(渡辺利彦君) 

 20番鈴木森夫君。

     〔20番 鈴木森夫君 議席〕



◆20番(鈴木森夫君) 

 そうすると、この問題については関係者と協議をしなければ、議案としては審議しないと、こういうふうに理解していいわけですか。



○副議長(渡辺利彦君) 

 助役。

     〔助役 藤井周二君 登壇〕



◎助役(藤井周二君) 

 鈴木議員さんの御発言ですが、今回ただいま説明したように補正予算をお願いしてます。これは関係者と話し合った結果の金額に基づいて計上させていただいてます。これ、予算執行の段階になりまして、地権者の方が何か御意見があれば、それは伺うと、それが果たしてそのとおりなのかどうかは別としまして、今の段階では補正予算の金額でお願いしたいと、このように考えてます。

 以上です。



○副議長(渡辺利彦君) 

 20番鈴木森夫君。

     〔20番 鈴木森夫君 議席〕



◆20番(鈴木森夫君) 

 そうすると、その問題については関係者との協議の過程で、それを議案として出てくるのか、いやいやそうじゃないと、もうこれだけ関係者の御意見を尊重してでき上がった予算ですから、それはそのまんま通していきたいという考え方のようであります。弱ったなあと、だからその問題についてはでき得れば、いま少しく協議できないかなあ、一遍でもいいから。いや、おれの方は率直に言って立会人ですが、助役さんからも詳細に説明をされまして、関係者3人来たわけですが、OKと、それでよろしいと、いいですか、後でいろいろあっちゃ困るぞつったら、はい大丈夫ですと、ところがそのときに助役も聞いてたと思いますが、あそこの御婦人でわけのわからないやろうがいるわけだ。それがだまされたとか、何だとかって大騒ぎをして、けさおれんとこへそういう話がありましたんで、今。前に聞いてれば、助役なり市長なりにお話をしようと思ってました。この議会が始まる寸前にそういう話があって、ちょっと見合わせてくれないかなあというふうな話がありましたが、私もその問題についちゃまとめようと考えておりますから、いま少しく余裕を置いてもらいたいなあと。だから、議会の日程を変えろと、こう言ってるわけじゃありませんから、議会日程の説明がありました。その範疇で問題の解決をしたいなあというふうに考えてますが、いかがですか。



○副議長(渡辺利彦君) 

 藤井助役。

     〔助役 藤井周二君 登壇〕



◎助役(藤井周二君) 

 また、委員会等で御説明させていただいたり、御意見もいただきながら解決するように努力していきたいと思ってます。ただ、金額の点については今までの経緯、経過の中で、その金額で良しというふうにされてますので、それがプラスになるということであれば、これはまた予算措置も変わってきますし、何とも今の段階ではお話しできませんが、今の立場とすれば、ただいま上程させていただいた補正予算で解決していきたいと、このように考えてます。

 また、権利者の関係ですね、相手の方とはもちろん会期中には解決するよう、私どもも努力させていただきます。

 以上です。

     〔20番鈴木森夫君「わかったような、わからんような答弁だけどね」と呼ぶ〕

     〔「委員会で」と呼ぶ者あり〕

     〔20番鈴木森夫君「どういうこと」と呼ぶ〕

     〔「だから、できるだけ早急に、委員会があるから委員会までに地権者と話をして議会方へということではないか」と呼ぶ者あり〕

     〔20番鈴木森夫君「そういうことじゃ、委員会ちゅうのはいつまでだ」と呼ぶ〕

     〔「12日に」「総務経済委員会」と呼ぶ者あり〕

     〔20番鈴木森夫君「12日、それ時間があらあな、もう」と呼ぶ〕

     〔「それまでにすればそれでいいじゃん」と呼ぶ者あり〕

     〔20番鈴木森夫君「それまでには、あれですか、関係者との苦情がある者は助役、それはやる、やらないは別ですよ。しかしながら、一応その話は聞く用意はあると、こういうふうに理解していいわけですか」と呼ぶ〕

 議長、済みません、休憩してください。



○副議長(渡辺利彦君) 

 暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時25分 休憩

     午後1時28分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(渡辺利彦君) 

 それじゃ、再開いたします。

 ほかに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(渡辺利彦君) 

 御異議なしと認めます。よって、明日3月6日から18日までの13日間を休会とし、3月19日午後2時より本会議を再開することに決定いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時29分 散会