議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 富士吉田市

平成25年  3月 定例会(第1回) 03月22日−03号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 03月22日−03号











平成25年  3月 定例会(第1回)



          平成25年第1回(3月)定例会会議録(第3号)

  平成25年3月22日(金曜日)                午後2時00分開議

                               午後2時47分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

 1番   勝俣大紀君          2番   羽田幸寿君

 3番   前田厚子君          4番   渡辺貞治君

 5番   小俣光吉君          6番   桑原守雄君

 7番   佐藤秀明君          8番   横山勇志君

 9番   勝俣米治君          10番   渡辺幸寿君

 11番   及川三郎君          12番   戸田 元君

 13番   渡辺利彦君          14番   宮下正男君

 15番   渡辺孝夫君          16番   渡辺忠義君

 17番   宮下 豊君          18番   奥脇和一君

 19番   太田利政君          20番   渡辺嘉男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

   市長        堀内 茂君    副市長       前田重夫君

   教育長       秋山勝彦君    監査委員      長田豊明君

   企画総務部長    佐藤文彦君    市民生活部長    小佐野 明君

   環境税政部長    奥脇秀文君    都市基盤部長    渡辺俊二君

   産業観光部長    柏木俊之君    市立病院事務長   外川勇一君

   上下水道部長    桑原 誠君    教育委員会部長   常盤 昇君

   企画総務次長    権正文雄君    市民生活次長    堀内秀樹君

   環境税政次長    渡辺弘之君    都市基盤次長    勝俣 茂君

   産業観光次長    渡辺晃男君    会計管理者次長   榊 三男君

   上下水道次長    山口 繁君    教育次長      武藤賢三君

   監査委員事務局次長 九川和年君    秘書課長      羽田 茂君

   総務課長      天野孔文君    安全対策課長    渡辺 亨君

   企画財政課長    渡辺金男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

   事務局長      高村益弘君    次長        渡辺三洋君

   課長補佐      渡辺小一君    主任職長      林 純司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第3号

   第1 議案第1号 平成25年度富士吉田市一般会計予算

   第2 議案第2号 平成25年度富士吉田市下水道事業特別会計予算

   第3 議案第3号 平成25年度富士吉田市国民健康保険特別会計予算

   第4 議案第4号 平成25年度富士吉田市後期高齢者医療特別会計予算

   第5 議案第5号 平成25年度富士吉田市介護保険特別会計予算

   第6 議案第6号 平成25年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計予算

   第7 議案第7号 平成25年度富士吉田市看護専門学校特別会計予算

   第8 議案第8号 平成25年度富士吉田市立病院事業会計予算

   第9 議案第9号 平成25年度富士吉田市水道事業会計予算

             予算特別委員会委員長報告

   第10 議案第10号 組織機構の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

   第11 議案第11号 富士吉田市個人情報保護条例の一部改正について

   第12 議案第12号 富士吉田市防災会議条例の一部改正について

   第13 議案第13号 平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間における富士吉田市職員の寒冷地手当の特例に関する条例の制定について

   第14 議案第14号 富士吉田市職員給与条例の一部改正について

   第15 議案第15号 富士吉田市小口資金融資条例の一部改正について

   第16 議案第16号 富士吉田市立中ノ茶屋の設置及び管理に関する条例の制定について

   第17 議案第17号 富士吉田市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について

   第18 議案第24号 富士吉田市立中ノ茶屋の指定管理者の指定について

   第19 議案第29号 平成24年度富士吉田市一般会計補正予算(第7号)

             総務経済委員会委員長報告

   第20 議案第18号 富士吉田市手数料条例の一部改正について

   第21 議案第19号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

   第22 議案第20号 富士吉田市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について

   第23 議案第25号 富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定について

   第24 議案第26号 町の区域及び名称の変更について

   第25 議案第28号 富士北麓自立支援給付認定審査会共同設置規約の変更について

   第26 議案第30号 平成24年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

             文教厚生委員会委員長報告

   第27 議案第21号 富士吉田市道路占用料徴収条例の一部改正について

   第28 議案第22号 富士吉田市市道の構造基準等を定める条例の制定について

   第29 議案第23号 富士吉田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について

   第30 議案第27号 字の区域の変更について

   第31 議案第31号 平成24年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)

             建設水道委員会委員長報告

   第32 選挙第1号 富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員の補欠選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

   議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時00分 開議



○議長(渡辺孝夫君) 

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 傍聴人に申し上げます。市議会傍聴規則第7条の規定により、静粛に傍聴するようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(渡辺孝夫君) 

 報告事項を申し上げます。

 報道機関から、傍聴席より本日の本会議の撮影を許可願いたい旨の申し出があり、許可いたしましたので、御了承願います。

 以上で報告事項を終わります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号 平成25年度富士吉田市一般会計予算



△日程第2 議案第2号 平成25年度富士吉田市下水道事業特別会計予算



△日程第3 議案第3号 平成25年度富士吉田市国民健康保険特別会計予算



△日程第4 議案第4号 平成25年度富士吉田市後期高齢者医療特別会計予算



△日程第5 議案第5号 平成25年度富士吉田市介護保険特別会計予算



△日程第6 議案第6号 平成25年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計予算



△日程第7 議案第7号 平成25年度富士吉田市看護専門学校特別会計予算



△日程第8 議案第8号 平成25年度富士吉田市立病院事業会計予算



△日程第9 議案第9号 平成25年度富士吉田市水道事業会計予算



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第1、議案第1号から日程第9、議案第9号までの9議案を一括議題といたします。

 予算特別委員長の報告を求めます。

 12番戸田元君。

     〔12番 戸田 元君 登壇〕



◆予算特別委員長(戸田元君) 

 報告いたします。

 3月4日の本会議において当委員会に付託されました次の案件について、3月11日、12日の2日間、委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 なお、本委員会は、審査に先立ち、正副委員長の互選を行い、不肖私が委員長に、小俣光吉君が副委員長にそれぞれ互選されました。

 議案第1号 平成25年度富士吉田市一般会計予算

 議案第2号 平成25年度富士吉田市下水道事業特別会計予算

 議案第3号 平成25年度富士吉田市国民健康保険特別会計予算

 議案第4号 平成25年度富士吉田市後期高齢者医療特別会計予算

 議案第5号 平成25年度富士吉田市介護保険特別会計予算

 議案第6号 平成25年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計予算

 議案第7号 平成25年度富士吉田市看護専門学校特別会計予算

 議案第8号 平成25年度富士吉田市立病院事業会計予算

 議案第9号 平成25年度富士吉田市水道事業会計予算

 以上9議案は、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 決定理由。

 議案第1号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市一般会計予算でありまして、第5次総合計画の将来都市像の実現に向けて、事務事業評価や中期財政計画の見直しなどにより事業の重点配分や経費の縮減を図り、計画的な財政運営を確実に推進するとともに、財政の健全性を確保する中で編成された予算となっております。

 その内容については、予算総額は196億1,000万円で、前年度当初予算に比べ6.5%の増加となっております。

 主な歳入でありますが、市税については、個人住民税及び市たばこ税の増額が見込まれるものの、固定資産税の減額が見込まれることなどから、全体においては対前年度比0.3%増の60億2,100万円余りが計上されております。

 地方交付税については、普通交付税27億円、特別交付税4億5,000万円の31億5,000万円が計上されております。

 このほか、国県支出金として33億4,400万円余り、分担金及び負担金12億5,900万円余り、市債17億3,000万円余り、その他41億300万円余りが計上されております。

 次に、歳出について、第5次総合計画の体系に沿って、第1章「安心で健やかな暮らし環境の確保」に61億9,100万円余り、第2章「恵み豊かな自然の享受と継承」に11億4,400万円余り、第3章「安全で快適な暮らし環境の構築」に36億4,300万円余り、第4章「活力ある地域経済社会の構築」に3億400万円余り、第5章「市民文化の形成」に3億2,200万円余り、第6章「豊かな人間性の育成」に10億7,800万円余り、第7章「世界に開かれたまちの形成」に1億1,200万円余り、第8章「市民と行政の役割分担」に68億1,400万円余りが計上されております。

 極めて厳しい財政状況にあることから財源の確保は重要な課題であり、収納対策の強化等により市税などの一般財源の確保はもとより、国県支出金等特定財源の確保等にも力を注ぎ、基金の有効、適切な活用などを含めた財源の確保を図りつつ、引き続き本市財政の健全性が確保されることが望まれるところであります。

 新年度予算は、第5次総合計画に基づいた総合的な行財政運営の推進を図るための予算として妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の中で、子宮頸がんのワクチン接種について、予算を確保する中でこれからもしっかりと対応してほしいとの要望がありました。

 地域活性化の活動を支援するため、初の試みである市民財団の設立や地域おこし協力隊の発足については、大きな成果が期待されることから、ぜひとも成功させてほしいとの要望がありました。

 防犯灯については、LED導入に前向きに検討してほしいとの要望がありました。

 電話催告業務委託について、収納率の向上のためによく精査し、大きな効果が出るよう努力してほしいとの要望がありました。

 保育園の園庭の芝生化について、施工済みの園庭についてしっかりと検証を行い、他の保育園についても芝生化に向けて努力してほしいとの要望がありました。

 放課後児童対策については、現在小学校3年生までが対象となっているが、各家庭にいろいろな事情があることから、これを小学校6年生まで対象を広げてほしいとの要望がありました。

 未熟児療育医療給付事業については、未熟児が増加している大きな要因として喫煙が考えられることから、喫煙を減らすよう活発な啓蒙活動を行ってほしいとの要望がありました。

 富士山の世界文化遺産登録後の各種イベントに関して、いろいろな企画を計画してほしいとの要望がありました。

 富士山環境保全協力金事業について、各種権利関係をクリアするために、議会の特別委員会等を有効に活用するなど、方向性を見出してほしいとの要望がありました。

 市道等維持管理事業について、今回の大雪の際、業者間で除雪の方法に大きな違いが見られたので、市民の平等性を考慮し、徹底した指導に努めてほしいとの要望がありました。

 新倉南線整備事業については、予定どおり平成26年度末の完成を目指して努力してほしいとの要望がありました。

 急傾斜地崩壊対策事業については、山梨県へも要望活動を行い、早期の完成に努めてほしいとの要望がありました。

 橋梁維持管理事業については、大規模地震のおそれもあることから、危険な橋梁については早急に対応を図ってほしいとの要望がありました。

 公園管理運営事業については、幾つかの公園は自治会に管理をお願いしている状況だが、これが自治会にとって大きな負担となっており、管理が行き届かない公園も見受けられることから、管理方法について何らかの方策を考えてほしいとの要望がありました。

 防災対策事業について、平成24年度において実施した防災ラジオの配付について、住民の反響も大きいことから、もう一度配付の機会を設けてほしいとの要望がありました。

 自立支援研究事業について、アドバイザー制度を充実させ、いじめ問題等に対し保健室等を活用するなど、今後の対策、環境づくりを進めてほしいとの要望がありました。

 放課後子ども教室推進事業について、現在2校でしか実施されてないので、外国語ボランティア等を有効に活用し、全校で実施できるよう努力してほしいとの要望がありました。

 学校給食センター事業について、食物アレルギーの対策として、建設計画のある新しい施設、(仮称)富士の郷食あいセンターは当然のことながら、現在の施設についてもしっかりとした対応に努めてほしい。また、実際にその症状が起こってしまった場合のマニュアルづくり、併せて給食時のみならず、学校生活における緊急時のシステムづくりにも努めてほしいとの要望がありました。

 総括質疑の中で、地元企業の撤退について、法人市民税やそこで働く方々の各種納税は市にとって貴重であることから、地元企業にももっと目を向け、会社訪問を行うなど、地元企業に根づいていただけるよう行政が企業とともに二人三脚で取り組んでほしいとの要望がありました。

 議案第2号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市下水道事業特別会計予算であり、予算総額は14億1,450万円で、前年度当初予算に比べ54万円余りの微増となっております。

 歳入については、一般会計繰入金7億4,765万円余り、使用料2億5,211万円余り、市債2億7,280万円余りが計上されており、歳出については、公債費に7億7,566円余り、下水道維持管理事業費に2億277万円余り、公共下水道流域下水道整備事業費に3億7,922万円余りが計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の中で、下水道未加入世帯に対し、直接訪問するなどPR活動を積極的に実施してほしいとの要望がありました。

 総括質疑の中で、富士北麓流域下水道、桂川流域下水道の処理に係る費用に差があるため、単価の見直し等について、山梨県と交渉する中で赤字経営の解消に努力してほしいとの要望がありました。

 議案第3号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市国民健康保険特別会計予算であり、予算の総額は61億4,362万3,000円であり、前年度当初予算に比べて1%の増加となっております。

 歳入については、国民健康保険税15億5,513万円余り、国庫支出金13億7,587万円余り、共同事業交付金7億4,393万円余りが計上されており、歳出については、保険給付費に39億3,960万円余り、後期高齢者支援金等に8億197万円余り、共同事業拠出金に7億2,649万円余りが計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、総括質疑の中で、医療費の増加により国民健康保険税を上げざるを得ないことは理解するが、負担とサービスのバランスに留意する中で、健全な財政運営に努めてほしいとの要望がありました。

 議案第4号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市後期高齢者医療特別会計予算であり、予算の総額は7億9,889万円余りで、前年度当初予算に比べ0.3%の減少となっております。

 歳入については、後期高齢者医療保険料に2億5,490万円余り、一般会計繰入金5億4,288万円余りが計上されており、歳出については、後期高齢者医療負担金に7億8,166万円余りが計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第5号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市介護保険特別会計予算であり、予算の総額は35億7,646万4,000円であり、前年度当初予算に比べて3.8%の増加となっております。

 歳入については、制度割合に基づき、国県支出金13億3,628万円余り、支払基金交付金9億9,507万円余り、保険料7億929万円余り、繰入金5億2,325万円余りが計上されており、歳出については、保険給付費に34億2,184万円余りが計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、総括質疑の中で、介護保険料も国民健康保険税と同じで相互扶助の考えが根幹にあることから、課税には慎重を期してほしいとの要望がありました。

 議案第6号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計予算であり、予算の総額は2,018万4,000円であり、前年度当初予算より13.5%の増加となっております。

 歳入については、サービス収入982万円、繰入金1,036万円余りが計上されており、歳出については介護予防サービス事業費に1,988万円余りが計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第7号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市看護専門学校特別会計予算であり、予算の総額は、1億8,100万5,000円であり、前年度当初予算より5.6%の減少となっており、歳入については、教育使用料2,284万円余り、一般会計繰入金1億3,525万円余りが計上されており、歳出については、人件費を含む学校運営費1億8,000万円余りが計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 議案第8号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市立病院事業会計予算であり、収益的収入及び支出について、収入額に74億9,643万3,000円、支出額に74億517万3,000円が計上されております。収入額の主なものとして、入院収益41億5,773万7,000円、外来収益22億8,469万6,000円が見込まれております。支出額については、職員給与費に38億2,698万円、薬品等材料費に15億8,600万2,000円が見込まれており、前年度当初予算と比べ3.4%の増加となっております。

 資本的収入及び支出につきましては、収入額1億9,970万2,000円、支出額4億90万2,000円が計上されており、収入額については、一般会計負担金及び国庫補助金が主なものであり、支出額については、企業債元金償還金に2億4,555万円、医療機器購入費1億5,435万円が計上されており、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、審査の中で病院経営の資金として新たに恩賜林組合から補助金等をいただくことを考えるべきであり、そのために行政と議会が一致協力して働きかけることが肝要であるとの意見がありました。

 議案第9号について。

 本案は、平成25年度富士吉田市水道事業会計予算であり、収益的収入及び支出について、収入額が5億7,130万4,000円、支出額5億5,812万2,000円が見込まれております。

 資本的収入及び支出については、収入額3億3,594万8,000円、支出額5億6,195万円、補填財源2億2,600万2,000円が見込まれております。

 平成25年度において、配水管路の新設や布設がえの工事及び西吉田第2水源電気設備工事を行っていくとのことであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、総括質疑の中で、水道料金について、平成25年度に開催予定の審議会の中で十分審議して、健全な財政運営に努めてほしいとの要望がありました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第1、議案第1号から日程第9、議案第9号までの9議案を一括採決いたします。

 9議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 起立全員であります。よって、日程第1、議案第1号から日程第9、議案第9号までの9議案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第10号 組織機構の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定について



△日程第11 議案第11号 富士吉田市個人情報保護条例の一部改正について



△日程第12 議案第12号 富士吉田市防災会議条例の一部改正について



△日程第13 議案第13号 平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間における富士吉田市職員の寒冷地手当の特例に関する条例の制定について



△日程第14 議案第14号 富士吉田市職員給与条例の一部改正について



△日程第15 議案第15号 富士吉田市小口資金融資条例の一部改正について



△日程第16 議案第16号 富士吉田市立中ノ茶屋の設置及び管理に関する条例の制定について



△日程第17 議案第17号 富士吉田市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について



△日程第18 議案第24号 富士吉田市立中ノ茶屋の指定管理者の指定について



△日程第19 議案第29号 平成24年度富士吉田市一般会計補正予算(第7号)



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第10、議案第10号から日程第17、議案第17号、日程第18、議案第24号及び日程第19、議案第29号の10議案を一括議題といたします。

 総務経済委員長の報告を求めます。

 11番及川三郎君。

     〔11番 及川三郎君 登壇〕



◆総務経済委員長(及川三郎君) 

 報告いたします。

 3月4日及び3月7日の本会議において当委員会に付託されました次の案件について、3月15日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第10号 組織機構の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

 議案第11号 富士吉田市個人情報保護条例の一部改正について

 議案第12号 富士吉田市防災会議条例の一部改正について

 議案第13号 平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間における富士吉田市職員の寒冷地手当の特例に関する条例の制定について

 議案第14号 富士吉田市職員給与条例の一部改正について

 議案第15号 富士吉田市小口資金融資条例の一部改正について

 議案第16号 富士吉田市立中ノ茶屋の設置及び管理に関する条例の制定について

 議案第17号 富士吉田市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について

 議案第24号 富士吉田市立中ノ茶屋の指定管理者の指定について

 議案第29号 平成24年度富士吉田市一般会計補正予算(第7号)

 以上10議案は、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。

 決定理由。

 議案第10号について。

 本案は、組織機構の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定でありまして、組織機構改革の一環として、総務課法制室を廃止し、総務課の担当とすることに伴い、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第11号について。

 本案は、富士吉田市個人情報保護条例の一部改正でありまして、個人情報保護制度の適正かつ円滑な運営を図るため、個人情報の本人以外収集、目的外利用、外部提供及び総合行政システムの結合について、例外規定を追加する等、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第12号。

 本案は、富士吉田市防災会議条例の一部改正でありまして、災害対策基本法の一部を改正する法律の施行に伴い、富士吉田市防災会議の所掌事務に防災に関する重要事項の審議等を加える等のため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、防災会議に加わる新メンバーに女性を登用すること等について前向きに検討してほしいとの要望がありました。

 議案第13号について。

 本案は、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの間における富士吉田市職員の寒冷地手当の特例に関する条例の制定でありまして、平成25年度における職員の寒冷地手当を支給しないことに伴い、所要の規定を整備するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第14号について。

 本案は、富士吉田市職員給与条例の一部改正でありまして、給与構造改革に伴う昇給抑制を受けた者に対する号給回復を図るため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第15号について。

 本案は、富士吉田市小口資金融資条例の一部改正でありまして、中小企業者等への経済支援対策としての利子補給金の交付率の引き上げを1年間延長するため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第16号について。

 本案は、富士吉田市立中ノ茶屋の設置及び管理に関する条例の制定でありまして、麓からの富士登山の推奨、市民と来訪者との交流及び観光客の市内への来訪を促すための拠点として富士吉田市立中ノ茶屋を設置するため、施設の名称及び位置、使用の許可等、所要の規定を整備するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、富士山の世界文化遺産の登録が実現すれば、中ノ茶屋にも大勢の市民や観光客が訪れることが想定されることから、目的に合致した観光施設として、市民の皆様が外部に誇れるような施設にしてほしいとの要望がありました。

 議案第17号について。

 本案は、富士吉田市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定でありまして、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行による河川法の改正に伴い、準用河川に係る河川管理施設等の技術的基準を定めるため、所要の規定を整備するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第24号について。

 本案は、富士吉田市立中ノ茶屋の指定管理者の指定でありまして、地方自治法第244条の2第3項の規定により、富士吉田市立中ノ茶屋について指定管理者を指定するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、指定管理者制度の基本的な趣旨や運用形態を逸脱することなく、施設管理に取り組むべきであるとの意見とともに、このことを含めてふじよしだ観光振興サービスや活性化エリアに係るほかの諸懸案についても今後検証してほしいとの要望がありました。

 議案第29号について。

 本案は、平成24年度富士吉田市一般会計補正予算(第7号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ8億1,277万4,000円を追加し、総額を196億4,204万7,000円とするものであります。

 歳入では、市債3億4,240万円、社会資本整備総合交付金2億3,714万4,000円、前年度繰越金1億4,102万3,000円等を増額するものであり、歳出では、市営西丸尾団地建て替え事業5億6,170万7,000円、退職手当に係る人件費1億1,698万4,000円、市営住宅管理事業5,826万円等を増額するものであります。

 また、保育園管理運営事業ほか9事業、9億6,008万8,000円を繰越明許費とするものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第10、議案第10号から日程第17、議案第17号、日程第18、議案第24号及び日程第19、議案第29号の10議案を一括採決いたします。

 10議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者全員〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 起立全員であります。よって、日程第10、議案第10号から日程第17、議案第17号、日程第18、議案第24号及び日程第19、議案第29号の10議案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第20 議案第18号 富士吉田市手数料条例の一部改正について



△日程第21 議案第19号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について



△日程第22 議案第20号 富士吉田市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について



△日程第23 議案第25号 富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定について



△日程第24 議案第26号 町の区域及び名称の変更について



△日程第25 議案第28号 富士北麓自立支援給付認定審査会共同設置規約の変更について



△日程第26 議案第30号 平成24年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第20、議案第18号から日程第22、議案第20号、日程第23、議案第25号、日程第24、議案第26号、日程第25、議案第28号及び日程第26、議案第30号の7議案を一括議題といたします。

 文教厚生委員長の報告を求めます。

 14番宮下正男君。

     〔14番 宮下正男君 登壇〕



◆文教厚生委員長(宮下正男君) 

 報告いたします。

 3月4日及び3月7日の本会議において当委員会に付託されました次の案件について、3月18日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第18号 富士吉田市手数料条例の一部改正について

 議案第19号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

 議案第20号 富士吉田市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について

 議案第25号 富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定について

 議案第26号 町の区域及び名称の変更について

 議案第28号 富士北麓自立支援給付認定審査会共同設置規約の変更について

 議案第30号 平成24年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 以上7議案は、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。

 決定理由。

 議案第18号について。

 本案は、富士吉田市手数料条例の一部改正でありまして、住民基本台帳カードの新規発行手数料の無料化について1年間延長するため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第19号について。

 本案は、地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定でありまして、地域社会における共生の実現に向けて、新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行による障害者自立支援法の改正等に伴い、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第20号について。

 本案は、富士吉田市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定でありまして、新型インフルエンザ等対策特別措置法の施行に伴い、富士吉田市新型インフルエンザ等対策本部に関し、必要な事項についてを定めるため、所要の規定を整備するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第25号について。

 本案は、富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定でありまして、地方自治法第244条の2第3項の規定により、富士吉田市立青少年センターについて指定管理者を指定するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第26号について。

 本案は、町の区域及び名称の変更でありまして、下吉田市役所周辺地区の住居表示につきまして、新町名を下吉田6丁目から9丁目まで及び下吉田東1丁目から4丁目までとし、新倉の一部を下吉田6丁目から9丁目まで及び下吉田東2丁目から4丁目までに、また大明見及び上吉田の一部を下吉田東1丁目にそれぞれ編入しようとするものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第28号について。

 本案は、富士北麓自立支援給付認定審査会共同設置規約の変更でありまして、地域社会における共生の実現に向けて、新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行による障害者自立支援法の改正に伴い、規約の変更に係る協議をするものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第30号について。

 本案は、平成24年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ9,200万円を追加し、総額を61億7,020万9,000円とするものであります。

 歳入では、財政調整基金繰入金9,200万円を増額するものであり、歳出では、国保療養給付費負担金等償還金9,200万円を増額するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第20、議案第18号から日程第22、議案第20号、日程第23、議案第25号、日程第24、議案第26号、日程第25、議案第28号及び日程第26、議案第30号の7議案を一括採決いたします。

 7議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 起立全員であります。よって、日程第20、議案第18号から日程第22、議案第20号、日程第23、議案第25号、日程第24、議案第26号、日程第25、議案第28号及び日程第26、議案第30号の7議案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27 議案第21号 富士吉田市道路占用料徴収条例の一部改正について



△日程第28 議案第22号 富士吉田市市道の構造基準等を定める条例の制定について



△日程第29 議案第23号 富士吉田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について



△日程第30 議案第27号 字の区域の変更について



△日程第31 議案第31号 平成24年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第27、議案第21号から日程第29、議案第23号、日程第30、議案第27号及び日程第31、議案第31号の5議案を一括議題といたします。

 建設水道委員長の報告を求めます。

 12番戸田元君。

     〔12番 戸田 元君 登壇〕



◆建設水道委員長(戸田元君) 

 報告いたします。

 3月4日及び3月7日の本会議において当委員会に付託されました次の案件について、3月21日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第21号 富士吉田市道路占用料徴収条例の一部改正について

 議案第22号 富士吉田市市道の構造基準等を定める条例の制定について

 議案第23号 富士吉田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について

 議案第27号 字の区域の変更について

 議案第31号 平成24年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)

 以上5議案は、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。

 決定理由。

 議案第21号について。

 本案は、富士吉田市道路占用料徴収条例の一部改正でありまして、道路法施行令及び道路整備特別措置法施行令の一部を改正する政令の施行に伴い、市道における太陽光発電設備等の占用料を徴収するため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第22号について。

 本案は、富士吉田市市道の構造基準等を定める条例の制定でありまして、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行による道路法の施行に伴い、市道の構造の技術的基準等を定めるため、所要の規定を整備するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第23号について。

 本案は、富士吉田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正でありまして、上水道給水区域における水道施設整備に係る山梨県への事業会計の変更許可申請に伴い、計画給水人口及び1日最大給水量の見直しを図るため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第27号について。

 本案は、字の区域の変更でありまして、土地区画整理法に基づき実施した中央通り線土地区画整理事業の工事完了に伴い、当該事業地内の字を変更するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第31号について。

 本案は、平成24年度富士吉田市水道事業会計補正予算(第1号)でありまして、今回収益的収入及び支出につきまして、収入を2,111万3,000円増額し、総額を6億651万6,000円として、支出を2,254万円増額し、総額を5億9,758万7,000円とするものであります。

 収益的収入では、営業外収益を2,111万3,000円増額し、収益的支出では、営業費用を2,254万円増額するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第27、議案第21号から日程第29、議案第23号、日程第30、議案第27号及び日程第31、議案第31号の5議案を一括採決いたします。

 5議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者全員〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 起立全員であります。よって、日程第27、議案第21号から日程第29、議案第23号、日程第30、議案第27号及び日程第31、議案第31号の5議案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第32 選挙第1号 富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員の補欠選挙について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第32、選挙第1号、これより富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員の補欠選挙を行います。

 富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議長から、当市議会から選出されました上吉田区域、戸田元君が平成25年3月21日に辞職するので、後任者を選出されたい旨の通知を平成25年3月5日付で受理しております。よって、この補欠選挙を行うものであります。

 本件は、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合規約第5条によるものです。したがって、上吉田区域1名の補欠選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長を指名人とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、議長を富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員の指名人とすることに決定いたしました。

 富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員に、上吉田区域、渡辺貞治君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました上吉田区域、渡辺貞治君を富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました上吉田区域、渡辺貞治君が富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員に当選されました。

 ただいま富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合会議員に当選されました渡辺貞治君が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。

 以上で本定例会の会議に付託された事件は全て議了いたしました。

 これをもって平成25年第1回富士吉田市議会定例会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時47分 閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   平成25年3月22日

                     富士吉田市議会

                        議長  渡辺孝夫

                        議員  渡辺利彦

                        議員  戸田 元

                        議員  及川三郎