議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 富士吉田市

平成24年  9月 定例会(第3回) 09月07日−01号




平成24年  9月 定例会(第3回) − 09月07日−01号











平成24年  9月 定例会(第3回)



          平成24年第3回(9月)定例会会議録(第1号)

  平成24年9月7日(金曜日)                午後2時40分開会

                               午後5時03分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

   1番   勝俣大紀君          2番   羽田幸寿君

   3番   前田厚子君          4番   渡辺貞治君

   5番   小俣光吉君          6番   桑原守雄君

   7番   佐藤秀明君          8番   横山勇志君

   9番   勝俣米治君          10番   渡辺幸寿君

   11番   及川三郎君          12番   戸田 元君

   13番   渡辺利彦君          14番   宮下正男君

   15番   渡辺孝夫君          16番   渡辺忠義君

   17番   宮下 豊君          18番   奥脇和一君

   19番   太田利政君          20番   渡辺嘉男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

   市長        堀内 茂君    副市長       前田重夫君

   教育長       秋山勝彦君    企画総務部長    佐藤文彦君

   市民生活部長    小佐野 明君   環境税政部長    奥脇秀文君

   都市基盤部長    渡辺俊二君    産業観光部長    柏木俊之君

   演習場対策室部長  滝口 修君    市立病院事務長   外川勇一君

   上下水道部長    桑原 誠君    教育委員会部長   常磐 昇君

   企画総務次長    権正文雄君    市民生活次長    堀内秀樹君

   環境税政次長    渡辺弘之君    都市基盤次長    勝俣 茂君

   産業観光次長    渡辺晃男君    会計管理者次長   榊 三男君

   上下水道次長    山口 繁君    教育次長      武藤賢三君

   監査委員事務局次長 九川和年君    秘書課長      羽田 茂君

   総務課長      天野孔文君    安全対策課長    渡辺 亨君

   企画財政課長    渡辺金男君    管財契約課長    渡辺隆信君

   収税課長      渡辺源夫君    演習場対策室課長  真田吉郎君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

   事務局長      高村益弘君    次長        渡辺三洋君

   課長補佐      渡辺小一君    主任職長      林 純司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第1号

   第1 会議録署名議員の指名について

   第2 会期の決定について

   第3 報告第10号 継続費精算報告書について(平成23年度富士吉田市一般会計予算)

   第4 報告第11号 継続費精算報告書について(平成23年度富士吉田市大明見水道特別会計予算)

   第5 議案第50号 平成23年度富士吉田市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について

   第6 議案第51号 平成23年度富士吉田市立病院事業会計決算認定について

   第7 議案第52号 平成23年度富士吉田市水道事業会計決算認定について

   第8 議案第53号 富士吉田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

   第9 議案第54号 富士吉田市税条例の一部改正について

   第10 議案第55号 富士吉田市小口資金融資条例の一部改正について

   第11 議案第56号 富士吉田市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部改正について

   第12 議案第57号 富士吉田市老人医療費助成金支給条例の廃止について

   第13 議案第58号 富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

   第14 議案第59号 富士吉田市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について

   第15 議案第60号 市道の廃止について

   第16 議案第61号 市道の認定について

   第17 議案第62号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について

   第18 議案第63号 山梨県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

   第19 議案第64号 平成24年度富士吉田市一般会計補正予算(第3号)

   第20 議案第65号 平成24年度富士吉田市立病院事業会計補正予算(第1号)

   第21 議案第66号 宮下豊議員に対する議員辞職勧告決議について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

   議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時40分 開会



○議長(渡辺孝夫君) 

 ただいまから平成24年第3回定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 傍聴人に申し上げます。市議会傍聴規則第7条の規定により、静粛に傍聴するようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(渡辺孝夫君) 

 報告事項を申し上げます。

 報道機関から、傍聴席より本日の本会議の撮影を許可願いたい旨の申し出があり、許可いたしましたので、御了承願います。

 次に、6月28日の本会議において各常任委員会の委員が選任され、これに伴い正副委員長の互選がそれぞれ行われ、議長のもとに報告がありました。総務経済委員会委員長に及川三郎君、同副委員長に渡辺貞治君、文教厚生委員会委員長に宮下正男君、同副委員長に勝俣大紀君、建設水道委員会委員長に戸田元君、同副委員長に小俣光吉君がそれぞれ就任されましたので、御了承願います。

 次に、市長から地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成23年度富士吉田市土地開発公社事業報告書並びに決算報告書の提出がありましたので、お手元に配付してあります印刷物により御了承願います。

 次に、監査委員から平成24年4月から6月分までの出納検査録の提出がありましたので、お手元に配付してあります印刷物により御了承願います。

 次に、富士吉田市教育委員会から地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条の規定により、平成23年度富士吉田市教育委員会点検評価報告書の提出がありましたので、お手元に配付してあります印刷物により御了承願います。

 次に、市長から、今定例会へ提出する案件につき通牒に接しておりますので、この通知書を職員をして朗読いたさせます。

     (「省略」と呼ぶ者あり)

 省略いたさせます。

 以上で報告事項を終わります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議規則第118条により、会議録署名議員は議長において桑原守雄君、小俣光吉君、渡辺貞治君、以上3名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第2「会期決定」の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から10月2日までの26日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は本日から10月2日までの26日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第10号 継続費精算報告書について(平成23年度富士吉田市一般会計予算)



△日程第4 報告第11号 継続費精算報告書について(平成23年度富士吉田市大明見水道特別会計予算)



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第3、報告第10号及び日程第4、報告11号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 報告第10号及び報告第11号について、一括して御説明を申し上げます。

 まず、報告第10号でありますが、本件は平成23年度富士吉田市一般会計予算継続費精算報告書でありまして、平成22年度、平成23年度において実施いたしました新倉南線整備事業及び東富士1号線整備事業の2件について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により御報告するものであります。

 次に、報告第11号でありますが、本件は平成23年度富士吉田市大明見水道特別会計予算継続費精算報告書でありまして、平成22年度、23年度において実施いたしました大明見水道施設整備事業について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により御報告するものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 これをもって日程第3、報告第10号及び日程第4、報告第11号による報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第50号 平成23年度富士吉田市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について



△日程第6 議案第51号 平成23年度富士吉田市立病院事業会計決算認定について



△日程第7 議案第52号 平成23年度富士吉田市水道事業会計決算認定について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第5、議案第50号から日程第7、議案第52号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第50号から議案第52号までについて一括して御説明を申し上げます。

 まず、議案第50号でありますが、本案は平成23年度富士吉田市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定でありまして、地方自治法第233条第3項の規定により、議会の認定に付するものであります。

 次に、議案第51号でありますが、本案は平成23年度富士吉田市立病院事業会計決算認定でありまして、地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会の認定に付するものであります。

 次に、議案第52号でありますが、本案は平成23年度富士吉田市水道事業会計決算認定でありまして、地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会の認定に付するものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、認定くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     (17番宮下 豊君「議事進行。一般会計ですね」と呼ぶ)

 宮下豊君。

     (「質疑じゃないですか」と呼ぶ者あり)



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑。



◆17番(宮下豊君) 

 一般会計ですね。済いません。ありがとうございます。

 質疑の前に、議長さんの御見解をお尋ねしたいと思います。

 御案内のとおり、質疑には一問一答形式と一括質疑形式があるわけですが、私は今回一括質疑方式による質疑をさせていただきたいと考えております。そうしますと、今までの議長さんの議事進行の状況を見ますと、私が一問目の質疑をされた後、議長さんの議事進行権に基づいて暫時休憩をして、その後に再開して1回目の答弁が行われてたわけでございます。もし、今回同じような形態がなされるとするならば、私の2問目の質問に対しても公平・公正の原則の中で暫時休憩をお願いしたいと思いますが、議長さんとのその取り計らいをなされるお考えがあるのかどうなのか、御見解をいただきたいと思います。



○議長(渡辺孝夫君) 

 議長としては、公平・公正な立場で運営をしていきたいと思いますんで、暫時休憩は認めます。



◆17番(宮下豊君) 

 じゃあ、質疑あります。



○議長(渡辺孝夫君) 

 宮下豊君。



◆17番(宮下豊君) 

 それでは、ただいまより一括して質疑をさせていただきたいと思います。

 滞納とは、納期限が過ぎても税金、会費などを納めないことと広辞苑に示されるとともに、本市の税務課管理職の職員に伺いましたところ、税務上も同一見解でありました。

 そこで、その点を踏まえてお伺いいたします。

 今までに現職の議員で、私以外税金滞納者はいたのかどうなのか。もし、いたとするなら、何人いたのか数値をお示しください。

 次、元職の議員さんで在職中、滞納者はいたのかどうなのか。いたとするなら、何人いたのか同じく数値をお示しください。

 それぞれいたとするなら、延滞金の徴収は適法になされたのか御説明ください。

 また、仄聞すると、現職並びに元職の議員に対し、税金滞納処理に際し、不納欠損処理が行われたとの話ですが、そのような事実があったのか。あったとするならば、理由をお示しください。

 次に、7月19日付山梨日日新聞の市税滞納報道がありましたが、社会通念上、本市より個人情報が漏えいされたのではないかと危惧されますが、この件で本市設置の個人情報保護審議会が開催されたのか。また、開催される予定があったのか御説明ください。

 次に、富士吉田市入会組合連合会に120万円の補助金が支出されておりますが、その考え方につき、私権、公権の考え方を踏まえ、御説明ください。

 最後に、仄聞すると、本市職員の通勤用車両の駐車場料金負担分につき、勤務地により職員の負担格差があると聞いているが、そのことは事実ですか。負担格差が事実であるとするなら、その考え方を御説明ください。

 以上、第1回目の質疑といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時51分 休憩

     午後4時26分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺孝夫君) 

 再開いたします。

 執行者の答弁を求めます。

 堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 宮下議員の御質問にお答えいたします。

 まず、先ほどの御発言の中に情報漏えいがあったかとの発言がありましたが、市当局及び職員からの情報漏えいは一切ないと断言をいたします。今回の件につきましては、報道各社の取材によりまして明らかになったものと承知をいたしております。

 なお、詳細につきましては、各課長をして答弁をいたさせます。

 以上、私からの答弁といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 担当課長。

     〔収税課長 渡辺源夫君 登壇〕



◎収税課長(渡辺源夫君) 

 滞納に関する御質問についてお答えいたします。

 滞納の定義については、宮下議員の御発言のとおりであります。これを受けて、現職、元職の市議会議員の滞納の有無及び延滞金を徴すること並びに不納欠損の有無については、20名の市議会議員個人とその20名が構成となり組織された富士吉田市議会としての情報ということであり、個人を特定した情報の開示のみならず、特定の職種、団体等についての情報と解しますので、お答えすることはできません。

 以上、答弁といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 担当課長。

     〔総務課長 天野孔文君 登壇〕



◎総務課長(天野孔文君) 

 情報公開、個人情報保護審議会につきましての御質問にお答えをいたします。

 個人情報の漏えいに関しまして、情報公開、個人情報保護審議会の開催についてでありますが、この審議会につきましては、情報公開、個人情報保護の制度そのものの審議を所掌事項としておりますことから、開催はいたしておりません。

 以上、答弁といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 担当課長。

     〔演習場対策室課長 真田吉郎君 登壇〕



◎演習場対策室課長(真田吉郎君) 

 入会組合に対する補助金についての御質問にお答えします。

 当該補助金につきましては、事業目的に照らし合わせて公益上必要がある場合に該当すると判断し、交付しているものであります。

 以上、答弁といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 担当課長。

     〔管財契約課長 渡辺隆信君 登壇〕



◎管財契約課長(渡辺隆信君) 

 職員の駐車場についての負担額についてお答えいたします。

 駐車場の負担額の公平性についてでありますが、各施設ごとの職員駐車場としての借地料及び駐車台数の違いにより、一律的な駐車場料金の設定とはなっておりません。

 以上、答弁といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 以上、答弁です。

 暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時31分 休憩

     午後4時32分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺孝夫君) 

 再開いたします。

 宮下豊君。

     〔17番 宮下 豊君 登壇〕



◆17番(宮下豊君) 

 ただいま執行者から御答弁をいただいたわけでございますが、私が質問した滞納の総括的な中身についてお聞きしているわけであります。当然個人情報保護法をも精査した上で、個人情報には抵触しない範囲内で質疑をさせていただいていると。

 それでは、人数までお聞きしたわけですが、先ほどお聞きした形の中で現職の議員の中であったのかなかったのか、あるいは元職の中であったのかなかったのか。その点について、あったのかなかったのかお答えいただきたいと思います。

 また、それ以外のことにつきましては、私も決算特別委員会が設置されていることは十分承知しております。その他のことについては、詳細な質疑は特別委員会でさせていただきたいと考えております。

 議長、よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 ちょっと待って。今の質問ですが、議長としては不適切なというか、答えなくてもいいと、プライバシーの問題もありますんで、執行者の答弁は要らないと考えます。

     (17番宮下 豊君「議事進行」と呼ぶ)

 宮下豊君。

     〔17番 宮下 豊君 登壇〕



◆17番(宮下豊君) 

 今、議長から答弁は要らないというふうにお答えをいただいたんですが、何を根拠に議長は今の発言をされたのか、根拠を御説明をいただきたいと思います。



○議長(渡辺孝夫君) 

 当然プライバシーで守秘義務の問題もありますんで、当局としては守秘義務にのっとりますと、その答弁は私は要らないという考えであります。

 宮下豊君。

     〔17番 宮下 豊君 登壇〕



◆17番(宮下豊君) 

 私と当局との見解が違うわけですが、2回目の質問の形の中で、私は人数の特定は結構でございますので、その事実はあったのかなかったのかということだけお答えいただきたいということで、枠をより広げた形の中でお聞きしてるわけですから、その点について、議長、精査していただきたいと思います。



○議長(渡辺孝夫君) 

 今の問題ですが、枠を広げても何人といっても小さな世界っていうか、富士吉田市の話ですから。

 暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時35分 休憩

     午後4時38分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺孝夫君) 

 再開いたします。

 執行者の答弁を求めます。

 担当課長。

     〔収税課長 渡辺源夫君 登壇〕



◎収税課長(渡辺源夫君) 

 滞納に対する御質問についてお答えいたします。

 先ほども御答弁申し上げたとおり、あったかなかったかについてもお答えすることはできません。

 以上、答弁といたします。



○議長(渡辺孝夫君) 

 宮下豊君。

     〔17番 宮下 豊君 登壇〕



◆17番(宮下豊君) 

 ただいま執行者よりあったのかなかったかも答えられないということでございますが、当然釈迦に説法かと思いますが、当然のことながら、あったのかなかったのかということは個人情報には抵触いたしません。そういう観点の中でお聞きしているわけですので、再度その点も踏まえて、誠意ある御答弁をいただきたいと思います。

 以上。



○議長(渡辺孝夫君) 

 担当課長。

     〔収税課長 渡辺源夫君 登壇〕



◎収税課長(渡辺源夫君) 

 お答えいたします。

 あったかなかったかについては、お答えすることができません。

 以上であります。



○議長(渡辺孝夫君) 

 以上で宮下豊君の質疑を終わります。

 前に進みます。

 ほかにはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 前へ進みます。

 ただいま議題となっております日程第5、議案第50号から日程第7、議案第52号までについては、委員10名をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査をいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第5、議案第50号から日程第7、議案第52号までについては、委員10名をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定いたしました。

 ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長により、渡辺嘉男君、渡辺忠義君、宮下正男君、渡辺利彦君、及川三郎君、横山勇志君、佐藤秀明君、渡辺貞治君、前田厚子君、勝俣大紀君の10名を指名いたします。

 ただいま選任されました決算特別委員会委員は、本日会議終了後、委員会を開催し、正副委員長を互選し、速やかに委員会の構成を終わりますよう、ここに招集しておきます。

 次の日程に入る前に、本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第53号 富士吉田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について



△日程第9 議案第54号 富士吉田市税条例の一部改正について



△日程第10 議案第55号 富士吉田市小口資金融資条例の一部改正について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第8、議案第53号から日程第10、議案第55号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第53号から議案第55号までについて、一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第53号でありますが、本案は富士吉田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正でありまして、人事院規則の一部改正に伴い、特別休暇のうち、骨髄提供休暇について、骨髄を提供する場合に加え、末梢血幹細胞を提供する場合にも休暇を取得できるようにするため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第54号でありますが、本案は富士吉田市税条例の一部改正でありまして、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律の施行に伴い、固定資産税の課税標準の特例割合を定めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第55号でありますが、本案は富士吉田市小口資金融資条例の一部改正でありまして、設備資金の融資限度額等の緩和を行い、より利用しやすい制度に見直すことに伴い、所要の改正を行うものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第8、議案第53号から日程第10、議案第55号までについては、総務経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第56号 富士吉田市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部改正について



△日程第12 議案第57号 富士吉田市老人医療費助成金支給条例の廃止について



△日程第13 議案第58号 富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第11、議案第56号から日程第13、議案第58号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第56号から議案第58号までについて、一括して御説明を申し上げます。

 まず、議案第56号でありますが、本案は富士吉田市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部改正でありまして、山梨県ひとり親家庭医療費助成事業費補助金交付要綱の一部改正に伴い、対象者の所得制限について、年少扶養控除及び特定扶養親族に対する扶養控除の上乗せ部分の廃止にかかわる影響を生じさせないため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第57号でありますが、本案は富士吉田市老人医療費助成金支給条例の廃止でありまして、山梨県単独老人医療費助成制度が廃止されることに伴い、68歳から69歳までの対象者に対する老人医療費の支給を行わないことから、この条例を廃止するものであります。

 次に、議案第58号でありますが、本案は富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正でありまして、現行の診療科目に歯科口腔外科を加えることに伴い、所要の改正を行うものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第11、議案第56号から日程第13、議案第58号までについては、文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第59号 富士吉田市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について



△日程第15 議案第60号 市道の廃止について



△日程第16 議案第61号 市道の認定について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第14、議案第59号から日程第16、議案第61号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第59号から議案第61号までについて、一括して御説明を申し上げます。

 まず、議案第59号でありますが、本案は富士吉田市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正でありまして、福島復興再生特別措置法の施行に伴い、避難指示区域に存する住宅に平成23年3月11日において居住していた者の入居資格の特例を定めるため、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第60号でありますが、本案は市道の廃止でありまして、児童の安全を確保するため、従前の富士小学校線を廃止しようとするものであります。

 次に、議案第61号でありますが、本案は市道の認定でありまして、従前の富士小学校線にかえ、富士小学校1号線及び富士小学校2号線を市道認定しようとするものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第14、議案第59号から日程第16、議案第61号までについては、建設水道委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議案第62号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について



△日程第18 議案第63号 山梨県後期高齢者医療広域連合規約の変更について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第17、議案第62号及び日程第18、議案第63号を一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第62号及び議案第63号について、一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第62号でありますが、本案は住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法についてでありまして、富士吉田市住居表示整備事業第11期計画の実施に伴い、今回下吉田、上吉田、大明見及び新倉の一部地域について街区方式の方法により住居表示を実施しようとするものであります。住居表示に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第63号でありますが、本案は山梨県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてでありまして、同連合規約を変更することにかかわる地方自治法第291条の3第3項の規定による協議について、同法第291条の11の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第17、議案第62号及び日程第18、議案第63号については、文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 議案第64号 平成24年度富士吉田市一般会計補正予算(第3号)



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第19、議案第64号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第64号について御説明申し上げます。

 本案は、平成24年度富士吉田市一般会計補正予算第3号でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ1億6,269万2,000円を追加し、総額を186億6,175万4,000円とするものであります。

 歳入では、前年度繰越金1億3,187万5,000円、基金繰入金2,134万4,000円等を増額するものであります。

 歳出では、企業立地促進事業費9,638万6,000円、防災対策事業費4,791万8,000円等を増額するものであります。

 よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第19、議案第64号については、総務経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第20 議案第65号 平成24年度富士吉田市立病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第20、議案第65号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第65号について御説明申し上げます。

 本案は、平成24年度富士吉田市立病院事業会計補正予算第1号でありまして、今回資本的支出につきまして2,200万円を増額し、総額を3億8,726万円とするものであります。

 よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第20、議案第65号については、文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第21 議案第66号 宮下豊議員に対する議員辞職勧告決議について



○議長(渡辺孝夫君) 

 日程第21、議案第66号を議題といたします。

     (17番宮下 豊君「議事進行」と呼ぶ)

 宮下豊君。

     〔17番 宮下 豊君 登壇〕



◆17番(宮下豊君) 

 議長さんのお考えをお聞かせいただきたいと思います。

 議案第66号は、議員辞職勧告の決議についてであります。地方自治法の実務先例をひもといてみますと、ことし、今日現在の形の中で、税の滞納問題で辞職勧告決議案が全国の議会の中で提出されたのは、わずか1点であります。富士吉田市が2件目になるわけでございます。また、中島正郎先生をはじめ、識者の地方自治に対する見解等の書物を読みますと、辞職勧告決議案は慎重の上にも慎重に取り扱ったほうが好ましいのではないのかなというふうに述べられております。

 今回、市税の滞納の件で今回の議案が提出されるわけですが、その妥当性について、議長の御見解をいただきたいと思います。

 また、もう一点、今回7月19日の新聞報道を契機としてこの辞職勧告決議案に至ったわけでございますが、先ほど市長さんから個人情報は一切漏えいしてない、私もそう信じたいというふうには思っております。しかしながら、しっかりとした真相の究明が必要ではないのかなと。市民の皆さんの間では市税はもとより福祉をはじめ、ありとあらゆる個人情報が富士吉田市には内包されているわけでございます。市民のある方から、しっかりと真相を究明しなければ枕を高くして眠れないという声も私のところに届いております。市民の皆さんの安全・安心を保障する意味を兼ねまして、議会として地方自治法に基づく百条委員会を設置し、徹底した真相の究明を図るお考えがあるのかないのか、この2点について、議長さんの御見解をお伺いしたいと思います。



○議長(渡辺孝夫君) 

 第1点目の議員辞職勧告決議の妥当性ですが、今回の宮下豊議員の行為は、本議会への信用を失墜させ、市民の政治不信、行政不信を招くなど社会に与える影響は多大であることを重く見て、議員協議会での協議等をする中で議員それぞれの意思をもって提案したことなので、妥当性はあると考えております。

 次、百条委員会の設置ですが、百条委員会の百条調査権は議会に認められた権限であるが、百条調査特別委員会等の設置については議長の専権事項ではないと認識しています。また、議員個人としても、その考えは持っておりません。

 以上。

 宮下豊君。

     〔17番 宮下 豊君 登壇〕



◆17番(宮下豊君) 

 ただいま議長の2つの見解をいただきました。特に、今回の情報が結果として新聞に記載されたわけでございます。この真相究明の考え方はお持ちになっていないということでございますので、先ほど執行者にも提案に対して質疑をさせていただきました。御案内のとおり、明確な答弁をいただけませんでした。私は、富士吉田市議会議員の一人として、市民、先ほど申し上げましたように、市民の目線に立ってこの問題に対しては徹底した真相究明を図ることが市民の負託に応える責務だと私は考えております。

 よってもって、近日中に甲府地方検察庁に刑事告発をしたいと考えております。

 以上であります。



○議長(渡辺孝夫君) 

 本件は、宮下豊君に直接かかわる事件でありますので、地方自治法第117条の規定により、宮下豊君の退場を求めます。

     (17番 宮下 豊君 退場)



○議長(渡辺孝夫君) 

 提案理由の説明を求めます。

 20番渡辺嘉男君。

     〔20番 渡辺嘉男君 登壇〕



◆20番(渡辺嘉男君) 

 議案第66号の趣旨弁明を行います。

 議案第66号宮下豊議員に対する議員辞職勧告決議についてでありますが、宮下豊議員による市税の滞納等の行為は、公人として倫理観を強く持って住民の模範となるべき立場にあるべき議員としてはまことに不適正な行為であると言わざるを得ない。

 本議会への信用を失墜させ、市民の政治不信、行政不信を招くなど、社会に与える影響は多大であり、市議会として決して看過することはできない。

 よって、宮下豊議員に対する議員辞職勧告決議案を提出するものであります。



○議長(渡辺孝夫君) 

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております日程第21、議案第66号については、宮下豊君を除いた議員全員による提案でありますので、質疑、委員会の付託及び討論を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第21、議案第66号については、質疑、委員会の付託及び討論を省略することに決定いたしました。

 これより日程第21、議案第66号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 宮下豊君の入場を許可します。

     (17番 宮下 豊君 入場)



○議長(渡辺孝夫君) 

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、明日9月8日から9月17日までの10日間を休会とし、9月18日午後1時より本会議を再開いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺孝夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、9月8日から9月17日までの10日間を休会とし、9月18日午後1時より本会議を再開することに決定いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後5時03分 散会