議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 富士吉田市

平成22年 12月 定例会(第5回) 12月16日−04号




平成22年 12月 定例会(第5回) − 12月16日−04号











平成22年 12月 定例会(第5回)



          平成22年第5回(12月)定例会会議録(第4号)

  平成22年12月16日(木曜日)                午後2時00分開議

                               午後2時23分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

   1番   横山勇志君          2番   勝俣米治君

   3番   秋山晃一君          4番   渡辺幸寿君

   5番   及川三郎君          6番   戸田 元君

   7番   渡辺利彦君          8番   宮下正男君

   9番   渡辺孝夫君          10番   佐藤みどり君

   11番   渡辺忠義君          12番   加々美 宝君

   13番   勝俣 進君          14番   宮下 豊君

   15番   渡辺信隆君          16番   奥脇和一君

   17番   土橋舜作君          18番   太田利政君

   19番   渡辺嘉男君          20番   松野貞雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

   市長        堀内 茂君    副市長       和光 泰君

   教育長       秋山勝彦君    監査委員      羽田淳之介君

   企画管理部長    前田重夫君    市民生活部長    渡辺公彦君

   都市基盤部長    宮下英司君    産業観光部長    滝口 明君

   演習場対策室部長  天野節男君    市立病院事務長   小佐野 明君

   上下水道部長    佐藤文彦君    教育委員会部長   湯山忠志君

   総務担当次長    桑原 誠君    企画担当次長    柏木俊之君

   税政担当次長    桑原武久君    都市基盤担当次長  渡辺俊二君

                      会計管理者次長

   産業観光担当次長  外川勇一君              萱沼公夫君

                      (兼)出納室課長

   上下水道担当次長  広瀬久幸君    教育担当次長    常盤 昇君

   秘書課長      高村益弘君    人事課長      天野孔文君

   企画財政課長    渡辺金男君    管財文書課長    奥脇秀文君

   福祉課長      加藤 昭君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

   事務局長      新田詔一君    次長        武藤賢三君

   課長補佐      渡辺三洋君    主任職長      林 純司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第4号

 第1 議案第80号 平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第4号)

           総務経済委員会委員長報告

 第2 議案第70号 富士吉田市地域福祉交流センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第3 議案第71号 富士吉田市立老人福祉センター設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第4 議案第72号 富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 第5 議案第73号 富士五湖文化センター・富士吉田市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第6 議案第74号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について

 第7 議案第81号 平成22年度富士吉田市立病院事業会計補正予算(第2号)

           文教厚生委員会委員長報告

 第8 議案第83号 富士吉田市固定資産評価審査委員会委員の選任について

 第9 議案第84号 人権擁護委員の推薦について

 第10 議案第85号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時00分 開議



○議長(加々美宝君) 

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 傍聴人に申し上げます。市議会傍聴規則第7条の規定により、静粛に傍聴するようお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(加々美宝君) 

 報告事項を申し上げます。

 市長から、今定例会へ提出する追加案件につき通牒に接しておりますので、この通知書を職員をして朗読いたさせます。

     (「省略」と呼ぶ者あり)

 省略いたさせます。

 以上で報告事項を終わります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第80号 平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第4号)



○議長(加々美宝君) 

 日程第1、議案第80号を議題といたします。

 総務経済委員長の報告を求めます。

 11番渡辺忠義君。

     〔11番 渡辺忠義君 登壇〕



◆総務経済委員長(渡辺忠義君) 

 報告いたします。

 11月30日の本会議において当委員会に付託されました次の案件について、12月10日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第80号 平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第4号)

 本案は、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 決定理由。

 議案第80号について。

 本案は、平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第4号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ1億9,833万9,000円を追加し、総額を198億3,311万円とするものであります。歳入では、前年度繰越金5,541万5,000円、無線システム普及支援事業費等補助金3,971万円、生活保護費国庫負担金3,523万4,000円、安心こども基金地域子育て創生事業補助金2,817万6,000円等を増額するものであります。歳出では、生活保護扶助費4,877万9,000円、企画・調整事業費3,971万円、母子衛生費2,665万4,000円、補助道路整備事業費2,313万円、保育所費2,171万8,000円等を増額するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、生活保護制度について、不正受給を許さないよう、制度適用の際には実態調査を徹底する中で対応するべきであるとの指摘がありました。また、国や県からのトップダウンの補助制度はおおむね一般財源が伴うことから、来年度の予算編成に向けては市の特性や課題にかんがみながら、その適否について研鑚してほしいとの要望がありました。また、学校内外でいじめなどの問題が発生しないよう、今後においても道徳教育の充実に努めてほしいとの要望がありました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(加々美宝君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第1、議案第80号を採決いたします。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(加々美宝君) 

 起立全員であります。よって、日程第1、議案第80号に対する委員長の報告は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第70号 富士吉田市地域福祉交流センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について



△日程第3 議案第71号 富士吉田市立老人福祉センター設置及び管理に関する条例の一部改正について



△日程第4 議案第72号 富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について



△日程第5 議案第73号 富士五湖文化センター・富士吉田市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について



△日程第6 議案第74号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について



△日程第7 議案第81号 平成22年度富士吉田市立病院事業会計補正予算(第2号)



○議長(加々美宝君) 

 日程第2、議案第70号から日程第6、議案第74号及び日程第7、議案第81号の6議案を一括議題といたします。

 文教厚生委員長の報告を求めます。

 9番渡辺孝夫君。

     〔9番 渡辺孝夫君 登壇〕



◆文教厚生委員長(渡辺孝夫君) 

 報告いたします。

 11月30日の本会議において当委員会に付託されました次の案件について、12月13日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。

 議案第70号 富士吉田市地域福祉交流センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について

 議案第71号 富士吉田市立老人福祉センター設置及び管理に関する条例の一部改正について

 議案第72号 富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 議案第73号 富士五湖文化センター・富士吉田市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について

 議案第74号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について

 議案第81号 平成22年度富士吉田市立病院事業会計補正予算(第2号)

 以上6議案は、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。

 決定理由。

 議案第70号について。

 本案は、富士吉田市地域福祉交流センターの設置及び管理に関する条例の一部改正でありまして、障害者自立支援法の施行並びに当該施設において、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、指定管理者制度の導入において、障害者のために専門の人材員が配置できるよう留意すべきとの要望がありました。また、指定管理者制度により所属が変わる職員の勤務条件において、適正な勤務条件が確保されるよう、市としても関係機関に指導してほしいとの要望がありました。また、指定管理者制度の考え方について、統一した本市独自の考え方を取りまとめるよう要望がありました。

 議案第71号について。

 本案は、富士吉田市立老人福祉センター設置及び管理に関する条例の一部改正でありまして、当該施設において、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、指定管理者制度を導入した効果があらわれるよう、市の職員の配置について精査してほしいとの要望がありました。

 議案第72号について。

 本案は、富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正でありまして、現行の診療科目にリウマチ科を加えることに伴い、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、患者さん中心主義の考え方のもと、患者さんのメリットを第一に考えて運営してほしいとの要望がありました。また、患者さんの声を吸い上げて院内で話し合う体制を整備すべきとの意見がありました。

 議案第73号について。

 本案は、富士五湖文化センター・富士吉田市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正でありまして、来年4月に新富士五湖文化センター・富士吉田市民会館が開館することに伴い、当該施設の使用料金等について、所要の改正を行うものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査の中で、使用料金が今までに比べて大幅に高くなっていることなどから、減免制度の基準を明確化して、供用開始前に成文化したものを議会側に示してほしいとの要望がありました。また、市民サービス第一という考え方から、多くの市民に利用してもらうことが本来の目的であるので、使用料金に見合った市民サービスを提供するよう努力すべきとの意見がありました。また、大ホールの利用者にとって140台の駐車場では不足するので、使用料金を徴収するのに当たり、庁内で連携をとり、市民のためになるべく早い時期に駐車場の整備をしてほしいとの要望がありました。また、市立病院跡地については、新倉南線の工事の関係で8月まで工事中の箇所があるので交通整理員の配置を徹底し、利用者に不便がかからぬよう対応してほしいとの要望がありました。また、駐車場対策として公共機関のバス利用を検討してほしいとの要望がありました。また、コミュニティーセンターなど、同じ市の施設で使用料金に余り格差が出ないような対策も検討する必要があるとの意見がありました。

 議案第74号について。

 本案は、住居表示を実施すべき市街地の地域及び当該区域内の住居表示の方法についてでありまして、緑ヶ丘2丁目に隣接する下吉田地区の一部を編入し、街区方式の方法により住居表示を実施しようとするものであり、住居表示に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第81号について。

 本案は、平成22年度富士吉田市立病院事業会計補正予算(第2号)でありまして、今回収益的収入及び支出につきまして、収入を1億4,509万2,000円増額し、総額を67億6,745万5,000円とし、支出を1億3,818万3,000円増額し、総額を66億8,464万2,000円とするものであります。収益的収入では、医業収益を1億4,509万2,000円増額し、収益的支出では、医業費用を1億3,818万3,000円増額するものであり、妥当と認められますので、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(加々美宝君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第2、議案第70号から日程第6、議案第74号及び日程第7、議案第81号の6議案を採決いたします。

 6議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(加々美宝君) 

 起立全員であります。よって、日程第2、議案第70号から日程第6、議案第74号及び日程第7、議案第81号の6議案に対する委員長の報告は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第83号 富士吉田市固定資産評価審査委員会委員の選任について



○議長(加々美宝君) 

 日程第8、議案第83号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第83号について御説明申し上げます。

 本案は、富士吉田市固定資産評価審査委員会委員の選任でありまして、委員の榊勲氏が平成22年12月24日をもって任期満了となりますので、後任に富士吉田市中曽根1丁目3番47号、新海英雄氏を選任するものであります。

 よろしく御審議の上、御同意くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(加々美宝君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております日程第8、議案第83号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議はございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第8、議案第83号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第8、議案第83号を採決いたします。

 本案は同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(加々美宝君) 

 起立全員であります。よって、本案は同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第84号 人権擁護委員の推薦について



○議長(加々美宝君) 

 日程第9、議案第84号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第84号について御説明申し上げます。

 本案は、人権擁護委員の推薦でありまして、委員の堀内きぬよ氏が平成23年3月31日をもって任期満了となりますので、引き続き富士吉田市上吉田5581番地−1、堀内きぬよ氏を法務大臣に対し推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであります。よろしく御審議の上、御同意くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(加々美宝君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております日程第9、議案第84号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議はございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第9、議案第84号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第9、議案第84号を採決いたします。

 本案は同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(加々美宝君) 

 起立全員であります。よって、本案は同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第85号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書について



○議長(加々美宝君) 

 日程第10、議案第85号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 4番渡辺幸寿君。

     〔4番 渡辺幸寿君 登壇〕



◆4番(渡辺幸寿君) 

 議案第85号教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書についてでありますが、教育は未来への先行投資であることが多くの国民の中での共通認識となっており、子供たちがどこに生まれ育っても、等しく良質な教育を受けられることは憲法上の要請でもあります。次世代を担う子供たちの教育環境の整備は行政としての最重要課題であることから、きめ細かな教育を一層推進するため義務教育費国庫負担制度を維持し、国により教育予算の拡充と教職員定数の改善を図っていただきますよう、富士吉田市議会として意見書を提出するものであります。



○議長(加々美宝君) 

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております日程第10、議案第85号については、議員全員の提案でありますので、質疑、委員会付託及び討論を省略いたしたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第10、議案第85号については、質疑、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。

 これより日程第10、議案第85号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに御異議はありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ただいま議案第85号が可決されましたが、この提出先、そのほか整理を要するものにつきましては議長に一任されたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加々美宝君) 

 御異議なしと認めます。よって、提出先、その他整理につきましては議長に委任することに決定いたしました。

 以上にて今定例会の会議に付託された事件は全て議了いたしました。

 これをもって平成22年第5回富士吉田市議会定例会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時23分 閉会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   平成22年12月16日

                     富士吉田市議会

                        議長  加々美 宝

                        議員  渡辺嘉男

                        議員  太田利政

                        議員  土橋舜作