議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 富士吉田市

平成22年  6月 定例会(第3回) 06月16日−01号




平成22年  6月 定例会(第3回) − 06月16日−01号











平成22年  6月 定例会(第3回)



          平成22年第3回(6月)定例会会議録(第1号)

  平成22年6月16日(水曜日)                午後3時07分開会

                               午後3時36分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

   1番   横山勇志君          2番   勝俣米治君

   3番   秋山晃一君          4番   渡辺幸寿君

   5番   及川三郎君          6番   戸田 元君

   7番   渡辺利彦君          8番   宮下正男君

   9番   渡辺孝夫君          10番   佐藤みどり君

   11番   渡辺忠義君          12番   加々美 宝君

   13番   勝俣 進君          14番   宮下 豊君

   15番   渡辺信隆君          16番   奥脇和一君

   17番   土橋舜作君          18番   太田利政君

   19番   渡辺嘉男君          20番   松野貞雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

   市長        堀内 茂君    副市長       和光 泰君

   教育長       秋山勝彦君    企画管理部長    前田重夫君

   市民生活部長    渡辺公彦君    都市基盤部長    宮下英司君

   産業観光部長    滝口 明君    演習場対策室部長  天野節男君

   市立病院事務長   小佐野 明君   上下水道部長    佐藤文彦君

   教育委員会部長   湯山忠志君    総務担当次長    桑原 誠君

   企画担当次長    柏木俊之君    税政担当次長    桑原武久君

   都市基盤担当次長  渡辺俊二君    産業観光担当次長  外川勇一君

   会計管理者次長

             萱沼公夫君    上下水道担当次長  広瀬久幸君

  (兼)出納室課長

   教育担当次長    常盤 昇君    秘書課長      高村益弘君

   人事課長      天野孔文君    企画財政課長    渡辺金男君

                      市民文化エリア

   管財文書課長    奥脇秀文君              宮下昌明君

                      整備室課長

   看護専門学校

             三浦重臣君

   庶務課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

   事務局長      新田詔一君    次長        武藤賢三君

   課長補佐      渡辺三洋君    主任職長      林純司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第1号

 第1 会議録署名議員の指名について

 第2 会期の決定について

 第3 報告第4号 専決処分報告について(富士吉田市税条例の一部改正)

 第4 報告第5号 専決処分報告について(富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正)

 第5 報告第6号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市一般会計補正予算第12号)

 第6 報告第7号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算第4号)

 第7 報告第8号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算第5号)

 第8 報告第9号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計補正予算第2号)

 第9 報告第10号 継続費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市一般会計予算)

 第10 報告第11号 繰越明許費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市一般会計予算)

 第11 報告第12号 繰越明許費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市下水道事業特別会計予算)

 第12 報告第13号 繰越明許費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市大明見水道特別会計予算)

 第13 報告第14号 予算繰越計算書について(平成21年度富士吉田市立病院事業会計予算)

 第14 議案第41号 富士吉田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び富士吉田市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

 第15 議案第42号 富士吉田市職員給与条例の一部改正について

 第16 議案第43号 富士吉田市立看護専門学校の設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第17 議案第44号 富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定について

 第18 議案第45号 財産の取得について

 第19 議案第46号 平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時07分 開会



○議長(太田利政君) 

 ただいまから平成22年第3回定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 傍聴人に申し上げます。市議会傍聴規則第7条の規定により、静粛に傍聴するようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(太田利政君) 

 報告事項を申し上げます。

 CATV富士五湖から、本日の本会議の冒頭部分を傍聴席よりテレビ撮影したい旨の申し出がありました。また、報道機関から、傍聴席より今定例会における本会議をカメラ撮影並びにテレビ撮影したいので許可願いたい旨の申し出がありました。いずれも許可いたしましたので、御了承願います。

 次に、監査委員から、平成22年1月から3月までの出納検査録の提出がありました。各位のお手元に配付してあります印刷物により御了承願います。

 次に、第76回関東市議会議長会定期総会及び第86回全国市議会議長会定期総会に出席をいたしましたので、その概要を印刷物により各位のお手元に配付いたしましたので、御了承願います。

 次に、市長から、今定例会へ提出する案件につき通牒に接しておりますので、この通知書を職員をして朗読いたさせます。

     (「省略」と呼ぶ者あり)

 省略いたさせます。

 以上で報告事項を終わります。

 ここで市長から、このたび議長会から表彰を受けられた宮下豊議員、勝俣進議員に対しお祝いの言葉を述べたい旨の発言を求められておりますので、これを許可します。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 去る5月26日、東京都日比谷公会堂で行われました全国市議会議長会定期総会におきまして、宮下豊議員、勝俣進議員におかれましては永年勤続表彰を受賞され、先ほど伝達が行われたところでございます。はえある受賞をされましたこと、まことにおめでとうございます。心からお祝いを申し上げますとともに、市議会議員として本市の発展のため、今日まで献身的な御尽力を賜りましたことに、市民を代表いたしまして厚くお礼を申し上げる次第であります。

 宮下豊議員、勝俣進議員におかれましては、いずれも15年余りの長きにわたりまして、豊かな経験と深い御見識、また卓越した行動力で、市政の円滑な運営と健全な発展にお力をいただいております。その功績が評価されての受賞であります。衷心より敬意と感謝の意を表する次第であります。

 地方分権の推進に伴い、地方公共団体には自主的、主体的に新時代に適合した地方自治の確立が求められており、また二元代表制のもと、議会の大幅な権限強化も図られ、地方議会の果たす使命は今後ますます重大なものになってまいります。何とぞ宮下豊議員、勝俣進議員におかれましては、今後におきましても本市の発展のため、お力添えを賜りますようお願い申し上げますとともに、本市が当面いたしております諸問題の解決に、なお一層の御指導、御協力を賜りますよう切にお願いを申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。まことにおめでとうございました。



○議長(太田利政君) 

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(太田利政君) 

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議規則第118条により、会議録署名議員は議長において勝俣進君、加々美宝君、渡辺忠義君、以上3名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(太田利政君) 

 日程第2「会期の決定」の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から6月28日までの13日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は本日より6月28日までの13日間と決定いたしました。

 提出議案の説明に先立ち、市長よりあいさつのための発言を求められておりますので、これを許可します。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 本日ここに、平成22年6月定例会が開会されるに当たり、市議会議員各位並びに市民の皆様の市政運営における御理解と御協力に対しまして感謝申し上げますとともに、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成22年度が始まり、はや2カ月半が過ぎようといたしております。

 4月には天候不順に見舞われ、多くの花が咲こうか咲くまいかと迷うほど天候や気温が変動する花惑いの天候が続き、季節外れの大雪にも見舞われたところであり、その中で富士北麓地方に春の到来を実感させる北富士演習場の火入れが実施されました。

 5月に入りますと天候も安定し、高い気温の日が続き、富士山にも春の訪れを告げる農鳥がようやく姿をあらわし、6月に入ってからも比較的好天の日が続きましたが、今週に入り、平年よりも6日遅い梅雨入りが気象庁より発表されたところであります。

 さて、この間の国政を見てみますと、国民の強い期待を受けて発足した鳩山内閣は、行政の無駄を排除するための事業仕分けをはじめ、子ども手当の創設、高校教育の実質無償化などを実現いたしましたが、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設をめぐる混乱や政治とカネの問題などで総辞職し、このたび菅内閣が誕生をいたしました。

 5月に発表されました政府の月例経済報告では、景気は着実に持ち直してきているが、なお自立性は弱く、失業率が高水準にあるなど厳しい状況にあるとして、景気基調判断を2カ月連続で据え置いております。

 菅新政権は、強い経済、強い財政、強い社会保障を一体として実現するとして、財政再建を最大の課題とし、取り組むとのことであり、市政をつかさどる者といたしましては、市民の期待に応えるとともに、安定した市政運営に努めなければならないと、改めて気を引き締めたところであります。

 また、4月に宮崎県で発生した家畜伝染病口蹄疫につきましては、最初に感染の疑いが確認された場所以外にも飛び火するなど、今なお感染が拡大しております。初動態勢が遅れたことにより感染が拡大したとの指摘もあり、危機意識への対応について、改めて考えさせられたところであります。

 本市におきましては、東海地震や富士山の噴火等の自然災害、新型インフルエンザ感染被害などが想定され、常日頃からこれらの災害や被害から市民皆様の生命、財産を守ることができるよう、迅速かつ適切に対応しなければならないと痛感したところであります。

 さて、最近の明るい出来事としては、小惑星探査機「はやぶさ」の地球への帰還があります。絶体絶命と思われた「はやぶさ」が危機を乗り越え、地球に帰還したことは奇跡的であり、感動を受けるとともに、運用管理チームには最後まであきらめずに取り組む姿勢を教えられたところであります。

 さらに、先週南アフリカで開幕したサッカーワールドカップでは、8年前にこの富士北麓地域をベースキャンプとしたカメルーン代表チームと日本代表チームが対戦し、日本代表チームが見事勝利をおさめたことはまさに快挙であるとともに、国民に大きな期待を与えました。

 さて、市政運営につきましては、市議会をはじめ関係機関の御協力により、地域がん診療連携拠点病院としての再指定を受けるため、市立病院の放射線治療施設の整備に着手したところであります。来年3月には放射線治療が開始され、本市はもとより富士・東部医療圏域などのがん患者の方々に対しまして、質の高い診療体制を提供することができるようになります。

 また、富士山の眺望、豊かな自然環境、斜面地を最大限活用した伸びやかな景観が楽しめる公園として、土丸尾地区に整備を進めてまいりました富士散策公園も開園に至ったところであります。公園内には、この地域に自生するフジザクラやレンゲツツジをはじめとする多種にわたる樹木や絶滅危惧種となる貴重な草花等も植栽されており、多くの市民の皆様には四季折々の草花を楽しんでいただくとともに、憩いの場所として広く利用していただきたいと考えております。

 さらに、本年度は本市が誕生してちょうど60年の節目の年に当たり、この記念すべき年を市民の皆様とともに祝い、またこれまで歩んできた富士吉田市を改めて見詰め直すよい機会とするため、さまざまな事業や取り組みを行うこととしております。市議会議員各位並びに市民の皆様の市政運営に対する御理解と御協力をお願い申し上げまして、6月定例会開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第4号 専決処分報告について(富士吉田市税条例の一部改正)



△日程第4 報告第5号 専決処分報告について(富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正)



△日程第5 報告第6号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市一般会計補正予算第12号)



△日程第6 報告第7号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算第4号)



△日程第7 報告第8号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算第5号)



△日程第8 報告第9号 専決処分報告について(平成21年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計補正予算第2号)



○議長(太田利政君) 

 日程第3、報告第4号から日程第8、報告第9号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 報告第4号から報告第9号までについて、一括して御説明を申し上げます。

 まず、報告第4号でありますが、本件は富士吉田市税条例の一部改正の専決処分報告でありまして、地方税法等の一部を改正する法律等の施行に伴い、65歳未満の公的年金等所得にかかわる所得割の徴収方法の変更、市たばこ税の増税など、所要の改正を行ったものであります。

 次に、報告第5号でありますが、本件は富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正の専決処分報告でありまして、地方税法等の一部を改正する法律などの施行に伴い、国保税における基礎課税額等の限度額の引き上げ、失業者に対する国保税の軽減、旧被扶養者の国保税の軽減期間の延長など、所要の改正を行ったものであります。

 次に、報告第6号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市一般会計補正予算(第12号)の専決処分報告でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ1,735万2,000円を追加し、総額を208億9,980万円としたものであります。歳入では、地方交付税2億648万5,000円、国庫支出金1,476万7,000円を増額し、市債2億390万円を減額したものであります。歳出では、商工業振興費1,625万2,000円、介護予防支援事業特別会計繰出金250万円を増額し、下水道事業特別会計繰出金140万円を減額したものであります。

 次に、報告第7号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分報告でありまして、今回歳入歳出からそれぞれ2,300万円を減額し、総額を18億2,348万2,000円としたものであります。歳入では、市債2,060万円、一般会計繰入金140万円、下水道費負担金100万円を減額したものであります。歳出では、下水道整備費2,300万円を減額したものであります。また、公共下水道建設事業1,323万円を繰越明許費としたものであります。

 次に、報告第8号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)の専決処分報告でありまして、今回歳入につきまして、財政調整基金繰入金1億1,152万3,000円を増額し、療養給付費等交付金1億円、高額医療費共同事業交付金1,152万3,000円を減額したものであります。

 次に、報告第9号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市介護予防支援事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分報告でありまして、今回歳入につきまして、一般会計繰入金250万円を増額し、介護予防サービス計画費収入250万円を減額したものであります。

 以上、6件につきましては、いずれも地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしたものでありまして、御報告するものであります。よろしく御承認くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(太田利政君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております日程第3、報告第4号から日程第8、報告第9号までについては、会議規則第36条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第3、報告第4号から日程第8、報告第9号までについては、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 討論なしと認めます。

 これより日程第3、報告第4号から日程第8、報告第9号までを一括採決いたします。

 6件は承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(太田利政君) 

 起立全員であります。よって、6件は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 報告第10号 継続費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市一般会計予算)



△日程第10 報告第11号 繰越明許費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市一般会計予算)



△日程第11 報告第12号 繰越明許費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市下水道事業特別会計予算)



△日程第12 報告第13号 繰越明許費繰越計算書について(平成21年度富士吉田市大明見水道特別会計予算)



△日程第13 報告第14号 予算繰越計算書について(平成21年度富士吉田市立病院事業会計予算)



○議長(太田利政君) 

 日程第9、報告第10号から日程第13、報告第14号までを一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 報告第10号から報告第14号までについて、一括して御説明を申し上げます。

 まず、報告第10号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市一般会計予算継続費繰越計算書でありまして、平成21年度から平成22年度までの2カ年継続事業として進めております選挙管理委員会事業外3件につきまして、平成21年度の年割り額のうち860万975円を翌年度へ逓次繰り越ししたものであり、地方自治法施行令第145条第1項の規定により御報告するものであります。

 次に、報告第11号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市一般会計予算繰越明許費繰越計算書でありまして、富士吉田市コミュニティーセンター管理事業外28件、17億5,311万250円を翌年度へ繰り越ししたものであります。

 次に、報告第12号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書でありまして、公共下水道建設事業1,323万円を翌年度へ繰り越ししたものであります。

 次に、報告第13号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市大明見水道特別会計予算繰越明許費繰越計算書でありまして、大明見水道施設整備事業4,592万4,000円を翌年度へ繰り越ししたものであります。

 以上、3件につきましては、地方自治法施行令第146条第2項の規定により御報告するものであります。

 次に、報告第14号でありますが、本件は平成21年度富士吉田市立病院事業会計予算繰越計算書でありまして、富士吉田市立病院北別館増築事業及び放射線治療装置整備事業11億9,000万円を翌年度へ繰り越ししたものであり、地方公営企業法第26条第3項の規定により御報告するものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(太田利政君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 質疑なしと認めます。

 これをもって日程第9、報告第10号から日程第13、報告第14号までに対する報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第41号 富士吉田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び富士吉田市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について



△日程第15 議案第42号 富士吉田市職員給与条例の一部改正について



○議長(太田利政君) 

 日程第14、議案第41号及び日程第15、議案第42号を一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第41号及び議案第42号について、一括して御説明を申し上げます。

 まず、議案第41号でありますが、本案は富士吉田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び富士吉田市職員の育児休業等に関する条例の一部改正でありまして、育児休業、介護休業等、育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律などの施行に伴い、育児または介護を行う職員の勤務条件、育児休業等について所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第42号でありますが、本案は富士吉田市職員給与条例の一部改正でありまして、職員の給与から生命保険料、積立金等を控除するため、所要の改正を行うものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(太田利政君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第14、議案第41号及び日程第15、議案第42号については、総務経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 議案第43号 富士吉田市立看護専門学校の設置及び管理に関する条例の一部改正について



△日程第17 議案第44号 富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定について



○議長(太田利政君) 

 日程第16、議案第43号及び日程第17、議案第44号を一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第43号及び議案第44号について、一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第43号でありますが、本案は富士吉田市立看護専門学校の設置及び管理に関する条例の一部改正でありまして、看護専門学校の経営の改善を図るため、平成23年度生からの入学検定料、入学金及び授業料の額について所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第44号でありますが、本案は富士吉田市立青少年センターの指定管理者の指定でありまして、地方自治法第244条の2第3項の規定により、富士吉田市立青少年センターの管理について指定管理者を指定するものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(太田利政君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第16、議案第43号及び日程第17、議案第44号については、文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第18 議案第45号 財産の取得について



○議長(太田利政君) 

 日程第18、議案第45号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第45号について御説明申し上げます。

 本案は、財産の取得についてでありまして、(仮称)富士吉田市民文化エリア周辺施設整備事業としてエリア周辺の生活道路環境の向上を図るため、富士吉田市下吉田字松山下687番地先の建物を2,813万7,700円で購入するものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(太田利政君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第18、議案第45号については、建設水道委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 議案第46号 平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第1号)



○議長(太田利政君) 

 日程第19、議案第46号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第46号について御説明申し上げます。

 本案は、平成22年度富士吉田市一般会計補正予算(第1号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ1億4,286万6,000円を追加し、総額を195億6,586万6,000円とするものであります。歳入では、前年度繰越金1億321万8,000円、民生費国庫補助金2,600万円等を増額するものであります。歳出では、情報管理費9,227万4,000円、老人福祉費2,600万円、予防接種費1,251万円等を増額するものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(太田利政君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第19、議案第46号については、総務経済委員会に付託いたします。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、明日6月17日から6月20日までの4日間を休会し、6月21日午後1時より本会議を再開いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(太田利政君) 

 御異議なしと認めます。よって、6月17日から6月20日までの4日間を休会とし、6月21日午後1時より本会議を再開することに決定いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時36分 散会