議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 富士吉田市

平成20年  6月 定例会(第3回) 06月12日−01号




平成20年  6月 定例会(第3回) − 06月12日−01号











平成20年  6月 定例会(第3回)



          平成20年第3回(6月)定例会会議録(第1号)

  平成20年6月12日(木曜日)            午後2時00分開会

                           午後2時33分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

   1番   横山勇志君      2番   勝俣米治君

   3番   秋山晃一君      4番   渡辺幸寿君

   5番   及川三郎君      6番   戸田 元君

   7番   渡辺利彦君      8番   宮下正男君

   9番   渡辺孝夫君      10番   佐藤みどり君

   11番   渡辺忠義君      12番   加々美 宝君

   13番   勝俣 進君      14番   宮下 豊君

   15番   渡辺信隆君      16番   奥脇和一君

   17番   土橋舜作君      18番   太田利政君

   19番   渡辺嘉男君      20番   松野貞雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

   市長        堀内 茂君    副市長       小俣善熙君

   教育長       和光 泰君    監査委員      羽田淳之介君

   企画管理部長    前田重夫君    市民生活部長    渡辺義広君

   都市産業部長    宮下英司君    演習場対策室長   天野節男君

   市立病院事務長   渡辺 源君    上下水道部長    渡辺正衛君

   教育部長      滝口 明君    総務担当次長    佐藤文彦君

   企画担当次長    渡辺公彦君    税政担当次長    新田詔一君

   まちづくり

             桑原和明君    会計管理者次長   萱沼公夫君

   担当次長

   教育担当次長    川村克美君    秘書課長      渡辺弘之君

   人事課長      権正文雄君    管財文書課長    天野孔文君

   企画財政課長    滝口 修君    安全対策課長    堀内善雄君

   税務課長      常盤 昇君    都市政策課長    桑原 誠君

   下水道課長     渡辺泰貴君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

   事務局長      分部秀博君    次長        武藤賢三君

   補佐        勝俣強志君    主任職長      林 純司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程第1号

   第1 会議録署名議員の指名について

   第2 会期の決定について

   第3 報告第1号 専決処分報告について(富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正)

   第4 報告第2号 専決処分報告について(平成19年度富士吉田市一般会計補正予算第8号)

   第5 報告第3号 専決処分報告について(平成19年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算第5号)

   第6 報告第4号 専決処分報告について(平成19年度富士吉田市老人保健特別会計補正予算第1号)

   第7 報告第5号 専決処分報告について(富士吉田市税条例の一部改正)

   第8 報告第6号 専決処分報告について(富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正)

   第9 報告第7号 継続費繰越計算書について(平成19年度富士吉田市一般会計予算)

   第10 報告第8号 繰越明許費繰越計算書について(平成19年度富士吉田市一般会計予算)

   第11 報告第9号 事故繰越し繰越計算書について(平成19年度富士吉田市一般会計予算)

   第12 議案第54号 地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

   第13 議案第55号 富士吉田市営住宅の設置及び管理に関する条例及び富士吉田市特定公共賃貸住宅管理条例の一部改正について

   第14 議案第56号 富士吉田市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

   第15 議案第57号 財産の取得について

   第16 議案第58号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について

   第17 議案第59号 平成20年度富士吉田市一般会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議に付した事件

   議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時00分 開会



○議長(勝俣進君) 

 ただいまから平成20年第3回定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 傍聴人に申し上げます。

 市議会傍聴規則第7条の規定により、静粛に傍聴するようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(勝俣進君) 

 報告事項を申し上げます。

 CATV富士五湖から、本日の本会議の冒頭部分を傍聴席よりテレビ撮影したい旨の申し出がありました。また、報道機関から、傍聴席より今定例会における本会議をカメラ撮影並びにテレビ撮影したいので、許可願いたい旨の申し出がありました。いずれも許可いたしましたので、御了承願います。

 次に、議長のもとに請願1件の提出がありました。請願1件につきましては、教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願であります。願意を了承し、今定例会の最終日の本会議において議員全員よる意見書を提出することとなりましたので、御了承願います。

 次に、監査委員から、平成20年1月から3月までの出納検査録の提出がありました。各位のお手元に配付してあります印刷物により御了承願います。

 次に、第74回関東市議会議長会定期総会及び第84回全国市議会議長会定期総会に出席をいたしましたので、その概要を印刷物により各位のお手元に配付いたしましたので、御了承願います。

 次に、市長から、今定例会へ提出する案件につき通牒に接しておりますので、この通知書を職員をして朗読いたさせます。

     (「省略」と呼ぶ者あり)

 省略いたさせます。

 以上で報告事項を終わります。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(勝俣進君) 

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議規則第118条により、会議録署名議員は議長において秋山晃一君、勝俣米治君、横山勇志君、以上3名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(勝俣進君) 

 日程第2「会期の決定」の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から6月27日までの16日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は本日より6月27日までの16日間と決定いたしました。

 提出議案の説明に先立ち、市長よりあいさつのための発言を求められておりますので、これを許可します。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 本日ここに平成20年6月定例会が開催されるに当たり、平素から市議会議員各位並びに市民の皆様の市政運営における御理解と御協力に対し感謝申し上げるとともに、一言ごあいさつを申し上げます。

 国民生活はもとより、国や地方公共団体の行財政運営に大きな影響を及ぼした揮発油税等の道路特定財源問題につきましては、去る4月30日の衆議院本会議において暫定税率を維持するための法案が再可決されました。揮発油税等の暫定税率を維持することが決定いたしました。さらに、5月13日には暫定税率と一体をなす揮発油税等の使途を今後10年間道路整備に限定する道路整備財源特例法案も、衆議院本会議において再可決されました。道路特定財源は、受益者負担の原則に基づき、自動車利用者がその利用に応じて道路整備のための財源を負担する制度であることから、私といたしましても暫定税率の維持や地方道路整備臨時交付金制度の継続は、国道138号及び新倉南線等の基幹道路の整備、生活道路の舗装、補修、橋梁の耐震化等を進める上で重要な制度であると考えております。また、本年度から後期高齢者医療制度がスタートいたしましたが、医療制度の名称や制度のPR不足に起因する年金からの天引き、保険料の負担軽減などの問題が浮上しているところでもあります。道路特定財源の問題とも併せ、引き続き国政の動向を注目してまいりたいと考えております。

 一方、国外に目を向けますと、ミャンマーのサイクロン、中国四川省の大地震は両国に未曾有と言うべき甚大な被害をもたらしました。テレビ報道等による現場の状況を見ますと、目を覆うばかりの惨状に胸が押しつぶされる思いですが、同時に突然訪れる自然災害に対する備えの大切さを痛感した次第であります。こうした災害の発生は、決して他人事ではありません。本市においても東海地震や富士山の噴火等による大きな災害が予想されておりますので、これまで以上に災害対策施策を充実させるべく、心を新たにしたところであります。

 さて、今冬は激しい寒さが続き、積雪が多かったため、私自身例年以上に春を待ちわびる気持ちを強く持ちました。とはいえ、4月、5月は天候が不順で、特に4月は花冷えの期間が長かったため、富士山ではいつもより積雪が多く、田植えの開始を告げる農鳥も6月に入り、ようやくその姿を我々の目の前にあらわしました。このような天候の中、ゴールデンウイーク期間中は、晴天の陽光に思わず目を細める待望の春を実感する日もあり、富士山のビューポイントであります新倉山浅間公園や富士講の歴史を今に伝える旧外川家住宅の竣工式、本市の美しい自然を発信するふじざくら祭りや新緑祭りを開催し、市民等参加者から好評を得たところであります。今後におきましても、引き続き本市の立地特性を活かした観光、商業振興、企業誘致による雇用機会の確保、若年層の定住化などに力を注いでまいりますので、議員各位の御支援、御協力をお願い申し上げる次第であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第1号 専決処分報告について(富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正)



△日程第4 報告第2号 専決処分報告について(平成19年度富士吉田市一般会計補正予算第8号)



△日程第5 報告第3号 専決処分報告について(平成19年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算第5号)



△日程第6 報告第4号 専決処分報告について(平成19年度富士吉田市老人保健特別会計補正予算第1号)



△日程第7 報告第5号 専決処分報告について(富士吉田市税条例の一部改正)



△日程第8 報告第6号 専決処分報告について(富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正)



○議長(勝俣進君) 

 日程第3、報告第1号から日程第8、報告第6号までを一括議題といたします。

 当局からの提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 報告第1号から報告第6号までについて一括して御説明申し上げます。

 まず、報告第1号でありますが、本件は富士吉田市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正の専決処分報告でありまして、医療法施行令の一部を改正する政令等の施行に伴い、循環器科を循環器内科に改めるため、所要の改正を行ったものであります。

 次に、報告第2号でありますが、本件は平成19年度富士吉田市一般会計補正予算(第8号)の専決処分報告でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ1億2,936万4,000円を追加し、総額を199億4,945万3,000円としたものであります。歳入では、基金繰入金1億2,243万9,000円、前年度繰越金8,162万5,000円等を増額し、市債7,510万円を減額したものであります。歳出では、土地開発公社経営健全化基金積立金7,000万円、老人保健特別会計繰出金5,696万4,000円、下水道事業特別会計繰出金240万円を増額したものであります。

 次に、報告第3号でありますが、本件は平成19年度富士吉田市下水道事業特別会計補正予算(第5号)の専決処分報告でありまして、今回歳入歳出からそれぞれ1,400万円を減額し、総額を21億538万円としたものであります。歳入では、一般会計繰入金240万円を増額し、市債1,640万円を減額したものであります。歳出では、下水道整備費1,050万円、総務管理費350万円を減額したものであります。

 次に、報告第4号でありますが、本件は平成19年度富士吉田市老人保健特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告でありまして、今回歳入歳出からそれぞれ1億7,462万6,000円を減額し、総額を40億1,093万7,000円としたものであります。歳入では、一般会計繰入金5,696万4,000円、第三者納付金161万9,000円を増額し、国庫支出金1億6,461万3,000円、県支出金4,520万2,000円等を減額したものであります。歳出では、医療給付費1億5,988万9,000円、予備費1,000万円等を減額したものであります。

 次に、報告第5号でありますが、本件は富士吉田市税条例の一部改正の専決処分報告でありまして、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、住所地以外の地方公共団体への寄附金控除、いわゆるふるさと納税制度の創設など、所要の改正を行ったものであります。

 次に、報告第6号でありますが、本件は富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正の専決処分報告でありまして、地方税法等の一部を改正する法律等の施行に伴い、国民健康保険税の課税方法について所要の改正を行ったものであります。

 以上、6件につきまして地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしたものでありまして、御報告するものであります。よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております日程第3、報告第1号から日程第8、報告第6号までについては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議はありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 御異議なしと認めます。よって、日程第3、報告第1号から日程第8、報告第6号までについては、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 日程第8、報告第6号について討論の通告がありますので、順次発言を許可します。

 まず、本件に反対の討論を許可します。

 3番秋山晃一君。

     〔3番 秋山晃一君 登壇〕



◆3番(秋山晃一君) 

 報告第6号富士吉田市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を専決したことに対して、承認に反対する討論を行います。

 3月議会が終了した後に法改正が行われたとはいえ、これだけ諸物価が高騰している中で、市民に新たな負担増となる条例の改正を専決されたことに対しては承認できません。国民健康保険税は、昨年限度額を56万円に上げたばかりの中で、今回の改正はわずか1年後にさらに3万円上げ、59万円とするものです。このことは国民健康保険に加入する市民にとっては到底納得できるものではないと考えます。このような負担増を市民に強いる条例の改正につきましては、議会での十分な審議と市民への情報の提供と理解を得る必要があるということを指摘して、報告第6号の承認に反対いたします。



○議長(勝俣進君) 

 次に、本件に賛成の討論を許可します。

 11番渡辺忠義君。

     〔11番 渡辺忠義君 登壇〕



◆11番(渡辺忠義君) 

 報告第6号富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正に関する専決処分報告の承認について、賛成の立場から討論を行います。

 富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正については、低所得者層の方々の負担が増大しないよう限度額の改正を行ったものでありますが、この改正の根拠となったのは地方税法等の一部改正する法律等が平成20年4月30日に公布、同日施行されたことにあり、市長が地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したことは、妥当であります。したがいまして、報告第6号富士吉田市国民健康保険税条例の一部改正に関する専決処分報告については、承認すべきものとして賛成いたします。

 以上、賛成討論といたします。



○議長(勝俣進君) 

 以上をもって討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 まず、日程第3、報告第1号から日程第7、報告第5号までを採決いたします。

 5件は承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(勝俣進君) 

 起立全員であります。よって、5件は承認することに決定いたしました。

 次に、日程第8、報告第6号を採決いたします。

 本件は承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(勝俣進君) 

 起立多数であります。よって、日程第8、報告第6号は承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 報告第7号 継続費繰越計算書について(平成19年度富士吉田市一般会計予算)



△日程第10 報告第8号 繰越明許費繰越計算書について(平成19年度富士吉田市一般会計予算)



△日程第11 報告第9号 事故繰越し繰越計算書について(平成19年度富士吉田市一般会計予算)



○議長(勝俣進君) 

 日程第9、報告第7号から日程第11、報告第9号までを一括議題といたします。

 当局からの提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 報告第7号から報告第9号までについて一括して御説明申し上げます。

 まず、報告第7号でありますが、本件は平成19年度富士吉田市一般会計予算継続費繰越計算書でありまして、平成19年度から平成20年度までの2カ年継続事業として進めております。東富士1号線整備事業、平成19年、20年度継続事業ほか1件につきまして、平成19年度の年割り額のうち、290万8,363円を翌年度へ逓次繰り越ししたものであり、地方自治法施行令第145条第1項の規定により御報告するものであります。

 次に、報告第8号でありますが、本件は平成19年度富士吉田市一般会計予算繰越明許費繰越計算書でありまして、財産管理事業ほか3件、20億5,556万7,001円を翌年度へ繰り越したものであり、地方自治法施行令第146条第2項の規定により御報告するものであります。

 次に、報告第9号でありますが、本件は平成19年度富士吉田市一般会計予算事故繰越繰越計算書でありまして、沿道区画整理事業3,222万2,399円を翌年度へ繰り越したものであり、地方自治法施行令第150条第3項の規定により御報告するものであります。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 これをもって日程第9、報告第7号から日程第11、報告第9号までに対する報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第54号 地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について



○議長(勝俣進君) 

 日程第12、議案第54号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第54号について御説明申し上げます。

 本案は、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定でありまして、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、育児のための短時間勤務制度の創設に関し、関連する条例について所要の改正を行うものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第12、議案第54号については総務経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第55号 富士吉田市営住宅の設置及び管理に関する条例及び富士吉田市特定公共賃貸住宅管理条例の一部改正について



○議長(勝俣進君) 

 日程第13、議案第55号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第55号について御説明申し上げます。

 本案は、富士吉田市営住宅の設置及び管理に関する条例及び富士吉田市特定公共賃貸住宅管理条例の一部改正でありまして、市営住宅の入居者及び周辺住民の生活の安全と平穏を確保するため、入居者資格に暴力団員でないことの要件を加える等、所要の改正を行うものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第13、議案第55号については建設水道委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第56号 富士吉田市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について



△日程第15 議案第57号 財産の取得について



○議長(勝俣進君) 

 日程第14、議案第56号及び日程第15、議案第57号を一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第56号及び議案第57号について一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第56号でありますが、本案は富士吉田市消防団員等公務災害補償条例の一部改正でありまして、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令の施行に伴い、補償基礎額の加算額を引き上げるための改正を行うものであります。

 次に、議案第57号でありますが、本案は財産の取得についてでありまして、産業の振興及び雇用機会の拡大を図るため、学校法人明治大学が所有する新屋1434番の1ほか83筆、面積11万9,739.83平方メートルの土地及び事務室、実験室ほか11棟、延べ床面積1,452.72平方メートルを17億8,000万円で購入するものであります。

 以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第14、議案第56号及び日程第15、議案第57号については総務経済委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 議案第58号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法について



○議長(勝俣進君) 

 日程第16、議案第58号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第58号について御説明申し上げます。

 本案は、住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法についてでありまして、富士吉田市住居表示整備事業第9期の計画の実施に伴い、今回上吉田及び下吉田の一部地域、関係する自治会は中曽根中曽根自治会、下宿自治会及び御茶屋町自治会、その対象区域は面積0.46平方キロメートル、人口1,455人、世帯数465世帯について、街区方式の方法により住居表示を実施しようとするものであります。住居表示に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第16、議案第58号については文教厚生委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議案第59号 平成20年度富士吉田市一般会計補正予算(第2号)



○議長(勝俣進君) 

 日程第17、議案第59号を議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。

 市長堀内茂君。

     〔市長 堀内 茂君 登壇〕



◎市長(堀内茂君) 

 議案第59号について御説明申し上げます。

 本案は、平成20年度富士吉田市一般会計補正予算(第2号)でありまして、今回歳入歳出にそれぞれ8,804万8,000円を追加し、総額を190億3,204万8,000円とするものであります。歳入では、市債2,650万円、財政調整基金繰入金2,428万3,000円、衛生費負担金1,600万円等を増額するものであります。歳出では、健康総務事業6,155万1,000円、市税過誤還付事業1,523万2,000円等を増額するものであります。よろしく御審議の上、可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(勝俣進君) 

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております日程第17、議案第59号については総務経済委員会に付託いたします。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、明日6月13日から6月18日までの6日間を休会とし、6月19日午後1時より本会議を再開いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(勝俣進君) 

 御異議なしと認めます。よって、6月13日から6月18日までの6日間を休会とし、6月19日午後1時より本会議を再開することに決定いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時33分 散会