議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 越前市

平成20年 9月第 5回定例会 09月08日−01号




平成20年 9月第 5回定例会 − 09月08日−01号







平成20年 9月第 5回定例会



          平成20年第5回越前市議会定例会(第1号)



 平成20年9月8日午前10時、平成20年第5回越前市議会定例会が越前市議会議場に招集されたので会議を開いた。

┌─────────────────────────────────────────┐

│ 告示第114号                                 │

│  平成20年第5回越前市議会定例会を次のとおり招集する。            │

│   平成20年9月1日                             │

│                            越前市長 奈 良 俊 幸 │

│ 1 日 時  平成20年9月8日午前10時                   │

│ 2 場 所  越前市議会議場                          │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

1 議事日程

┌─────────────────────────────────────────┐

│          平成20年第5回越前市議会定例会議事日程           │

│                        平成20年9月8日午前10時開議 │

│  第 1 号                                  │

│ 第1 会議録署名議員の指名                           │

│ 第2 会期の決定                                │

│ 第3 議案第66号から議案第95号まで                     │

│     (提案理由の説明)                           │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

2 本日の会議に付議した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案第66号から議案第95号まで

  議案第66号 平成20年度越前市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

  議案第67号 平成20年度越前市一般会計補正予算(第2号)

  議案第68号 平成20年度越前市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  議案第69号 平成20年度越前市老人保健特別会計補正予算(第1号)

  議案第70号 平成20年度越前市介護保険特別会計補正予算(第1号)

  議案第71号 平成20年度越前市ガス事業清算特別会計補正予算(第1号)

  議案第72号 平成20年度越前市工業用水道事業会計補正予算(第1号)

  議案第73号 平成19年度越前市水道事業会計決算認定について

  議案第74号 平成19年度越前市工業用水道事業会計決算認定について

  議案第75号 平成19年度越前市一般会計決算認定について

  議案第76号 平成19年度越前市簡易水道事業特別会計決算認定について

  議案第77号 平成19年度越前市下水道特別会計決算認定について

  議案第78号 平成19年度越前市国民健康保険特別会計決算認定について

  議案第79号 平成19年度越前市霊園事業特別会計決算認定について

  議案第80号 平成19年度越前市老人保健特別会計決算認定について

  議案第81号 平成19年度越前市駐車場特別会計決算認定について

  議案第82号 平成19年度越前市農業集落排水事業特別会計決算認定について

  議案第83号 平成19年度越前市林業集落排水事業特別会計決算認定について

  議案第84号 平成19年度越前市介護保険特別会計決算認定について

  議案第85号 平成19年度越前市今立工業団地事業特別会計決算認定について

  議案第86号 平成19年度越前市ガス事業清算特別会計決算認定について

  議案第87号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

  議案第88号 公益法人等への越前市職員の派遣等に関する条例及び越前市認可地縁団体印鑑条例の一部改正について

  議案第89号 越前市市税賦課徴収条例の一部改正について

  議案第90号 越前市斎場設置及び管理条例の一部改正について

  議案第91号 越前市監査委員条例の一部改正について

  議案第92号 越前市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について

  議案第93号 市道路線の認定について

  議案第94号 工事の請負契約について

  議案第95号 越前市土地開発公社定款の一部変更について

  =======================================

3 出席議員(24人)

     1 番 吉 田 慶 一 君         2 番 細 川 かをり 君

     3 番 三田村 輝 士 君         4 番 川 崎 悟 司 君

     5 番 関   利英子 君         6 番 題 佛 臣 一 君

     7 番 小 形 善 信 君         8 番 城 戸 茂 夫 君

     9 番 北 野 光 夫 君        10番 佐々木 富 基 君

    11番 伊 藤 康 司 君        12番 大久保 恵 子 君

    13番 西 野 与五郎 君        14番 福 田 往 世 君

    15番 前 田 一 博 君        16番 中 西 眞 三 君

    17番 上 山 直 行 君        18番 福 田 修 治 君

    19番 嵐     等 君        20番 前 田 修 治 君

    21番 玉 村 正 夫 君        22番 金 子 芳 巧 君

    23番 玉 川 喜一郎 君        24番 片 粕 正二郎 君

  ───────────────────────────────────────

4 議会事務局の職員

 事務局長    齊 藤   隆      次長      丸 山 智 之

 副課長     谷 口 良 二      主幹      瀧 見 尚 是

  ───────────────────────────────────────

5 説明のための出席者

 市長      奈 良 俊 幸 君    副市長     福 嶋 祥 介 君

 企画部長    西 藤 浩 一 君    総務部長    赤 川 廣 喜 君

 市民生活部長  横 井 栄 治 君    福祉保健部長  友 兼 和 昭 君

 産業経済部長  細 井 清 治 君    建設部長    中 尾   寛 君

 水道部長    近 藤 敏 勝 君    今立総合支所長 小 林 武 夫 君

 会計管理者   前 田 成 志 君    企画部部長   竹 内 正 和 君

 総務部部長   近 藤 伸 秋 君    市民生活部部長 上 野 定 範 君

 企画部理事   國 定 博 司 君    総務部理事   藤 井 信 夫 君

 総務部理事   堀 川 覺 年 君    市民生活部理事 酒 田 俊 次 君

 福祉保健部理事 金剛丸   仁 君    産業経済部理事 山 口   孝 君

 建設部理事   水 上 博 美 君    企画部政策推進課長

                              河 瀬 信 宏 君

 企画部財務課長 伊 藤 修 司 君    秘書広報課長  近 藤   勉 君

教育委員会

 教育長     中 島 和 則 君    事務局長    青 柳 和 男 君

監査委員

 監査委員    田 中 育 夫 君







6 議  事

       開会 午前10時00分



○議長(福田修治君) おはようございます。

 ただいまから平成20年第5回越前市議会定例会を開会いたします。

 ここで、会議に先立ちまして、市民憲章を全員で唱和いたしますので、よろしくお願いいたします。

 前文は事務局長が朗読いたしますので、以下各項目について全員で御唱和をお願いいたします。

〔全員起立の上、唱和〕

──越 前 市 民 憲 章──

 わたしたちは、恵まれた自然と輝かしい伝統にはぐくまれた越前市民です。

 この郷土を愛し、心と力をあわせ、なおいっそうの発展をめざすため、次のことを誓います。

1 わたしたちは、日野の峰のように、高い理想をいだき、豊かな未来をきずきます。

1 わたしたちは、日野の流れのように、うるおいと安らぎのある環境をつくります。

1 わたしたちは、桜の木のように、力強くすこやかに成長します。

1 わたしたちは、菊の花のように、やさしさと思いやりをもって助けあいます。

1 わたしたちは、国府の文化と匠の技を生かし、学びの輪をひろげ、世界にはばたきます。

  ================

       開議 午前10時01分



○議長(福田修治君) これより本日の会議を開きます。

 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、奈良市長、福嶋副市長、西藤企画部長、赤川総務部長、横井市民生活部長、友兼福祉保健部長、細井産業経済部長、中尾建設部長、近藤水道部長、小林今立総合支所長、前田会計管理者、竹内企画部部長、近藤総務部部長、上野市民生活部部長、國定企画部理事、藤井総務部理事、堀川総務部理事、酒田市民生活部理事、金剛丸福祉保健部理事、山口産業経済部理事、水上建設部理事、河瀬政策推進課長、伊藤財務課長、教育委員会中島教育委員長、青柳事務局長、監査委員から田中代表監査委員、以上であります。

 次に、平成20年第3回定例会以降に開催されました議長会その他の諸会議等の概要につきましては、お手元に配付いたしてあります諸会議等報告書のとおりであります。

 なお、この関係書類につきましては事務局に保管してありますので、ごらん願います。

 次に、監査委員から送付されました例月現金出納検査及び定期監査等の結果報告につきましては、お手元に印刷、配付してありますので、ごらん願います。

 次に、市長から報告第12号平成19年度越前市一般会計継続費精算報告について、報告第13号平成19年度越前市定額資金基金運用状況報告について、報告第14号平成19年度越前市決算に係る健全化判断比率等について、報告第15号平成19年度越前市水道事業会計継続費精算報告について、報告第16号平成19年度越前市工業用水道事業会計継続費精算報告について、報告第17号専決処分の報告について、以上6件の報告が提出されておりますが、お手元に送付いたしてありますので、ごらん願います。

 次に、今期定例会におきまして、本日まで4件の請願を受理いたしておりますが、お手元に印刷、配付してあります請願文書表のとおり、請願第5号から請願第7号までの3件については議会運営委員会に、請願第8号については総務委員会にそれぞれ付託いたします。

  ================



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(福田修治君) 引き続いて、本日の日程に入ります。

 日程第1会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において中西眞三君、上山直行君、嵐等君を指名いたします。

  ================



△日程第2 会期の決定



○議長(福田修治君) 日程第2会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期につきましては、去る9月1日に議会運営委員会を開いて協議いたしました結果、本日から9月24日までの17日間といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期につきましては、本日から9月24日までの17日間と決定いたしました。

 なお、今期定例会の運営につきましては、お手元に印刷、配付いたしました会期日程により進めたいと思いますので、議員各位の御協力をお願いいたします。

  ================



△日程第3 議案第66号から議案第95号まで



○議長(福田修治君) 日程第3議案66号平成20年度越前市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号から議案第95号越前市土地開発公社定款の一部変更についてまでの30案を一括して議題といたします。

 30案に関し、理事者の説明を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 奈良市長。



◎市長(奈良俊幸君) 〔登壇〕本日ここに平成20年第5回越前市議会定例会が開会され、提案いたしました平成20年度補正予算案を初め各種案件の御審議をいただくに当たり、当面する市政の重要課題について述べさせていただき、議員各位の御理解を賜りたいと存じます。

 さて、越前市が誕生して、来月1日で丸3年を迎えます。おかげさまで、議員各位を初め市民の皆様の温かい御理解と御支援によりまして、市政も順調に進展いたしておりますことを厚く御礼を申し上げます。

 この間、私は、旧市町の住民相互の融和と一体感の醸成を図りながら、新市最初の総合計画に掲げる自立と協働の基本理念のもと、本市が継承した輝かしい歴史と伝統文化を礎に、越前市の発展に向けて全力を傾注してまいりました。本年度は、元気な自立都市越前の創造に向け、総合計画達成度外部評価委員会から市民の視点に立った初の評価結果をいただき、これを政策に反映させ、まちづくりの5本柱に掲げる施策を着実に推進するために重要な1年であると考えています。今後も引き続き、山積する市政の課題に積極果敢にチャレンジし、総合計画の実現を目指して、市民との協働によるまちづくりを職員と一丸となって推進し、本市の飛躍発展につなげてまいります。

 さて、国内情勢に目を向けますと、昨年夏のサブプライムローン問題をきっかけに、米国を初めとする世界経済が減速する中、原油・原材料価格等の高騰も受け、戦後最長と言われた我が国の景気拡大は後退局面に入ってまいりました。こうした中、6月に閣議決定された経済財政改革の基本方針2008では、税源移譲などの勧告も踏まえて地方分権改革推進計画を策定し、新地方分権一括法案を平成21年度中にできるだけ速やかに国会に提出するとしております。

 しかし、その内容には、地方六団体が求めてきた地方消費税の充実等を通じた地方税源の強化、地方交付税の復元、増額等が触れられておらず、第2期地方分権改革についても、権限移譲に伴う財政措置や専門の人材育成等が明示されていないなど、不十分な点があります。

 他方、地域活性化の支援に向けた具体的手段として、地方税、地方交付税等の一般財源の総額を確保するとともに、地方交付税を財政の厳しい地域に重点的に配分することが明記されるなど、少なからず地域格差に配慮した点も見られます。

 総務省が8月15日に決定した2008年度普通交付税大綱によれば、本年度の各自治体への普通交付税の総額は前年度に比べ1.3%増額され、3年ぶりに増加をしています。これは、財政状況が厳しい過疎自治体などへ重点配分する地方再生対策費を新設したことなどによるものですが、本市においては、前年度比20.8%の大幅な削減となりました。その要因は、本市の産業が元気で好調だったことにより、昨年度の法人市民税の額が過去最高を記録したことによるものであります。

 しかし、今後を見通しますと、景気後退等により、本年度の法人市民税は、当初見込み額の確保が厳しい状況も見込まれ、三位一体の改革による地方交付税のさらなる削減等、地方財政を取り巻く環境はますます厳しくなるものと予想されます。

 市といたしましては、国が示した地方自治体の財政健全化の判断基準より一段と厳しい数値目標を掲げる市行財政構造改革プログラムに基づき、今後も健全な財政運営に努めてまいります。その上で、総合計画に基づく各施策を着実に推進し、市民にとって真に必要な住民サービスを提供してまいります。

 それでは次に、原油等価格高騰対策について申し上げます。

 政府・与党は、8月29日に原油等の高騰への対応を柱とする総合経済対策、安心実現のための緊急総合対策を決定しました。融資枠の拡大など財政出動を伴わない対策も含めた事業規模は11兆7,000億円で、生活者の不安解消、持続可能社会への変革加速、新価格体系への移行と成長力強化の3つの柱を掲げ、生活・雇用支援、子育て・教育支援、農林水産業や中小企業対策など8分野を取り上げています。

 しかし、対策の実行を前に、福田首相が今月1日に突然辞任を表明されたことから、新内閣においても、国民生活を第一に、物価高や原油高への対応を急ぎ、総合経済対策を推進することを期待するものです。

 原油等の高騰による市民生活などへの影響や国、県の対策を踏まえ、きめ細かい市の対応を検討するため、本市では、7月8日に私をトップに庁内各部局長で構成する原油等価格高騰対策会議を立ち上げ、第1回会議を開催いたしました。会議では、市が発注する公共工事に、価格変動に対応して請負金額を修正できる単品スライド条項の適用を決定し、同日中に県内市町のトップを切って導入を表明しました。8月8日に開催した第2回の会議においては、追加措置として、農林業、中小企業、建設業、福祉や消費生活等の市民生活対策などについて幅広く決定をしました。今後も引き続き、市民や事業者の現状把握と情報収集に努め、適時適切な対策を講じてまいります。

 なお、本対策の一環として、職員のマイカー通勤を控えるカーセーブ運動を毎週金曜日に実施をするよう取り組みを拡充するとともに、業務による半径2キロメートル以内の移動に当たっては極力自転車を利用するなどの取り組みも進めております。

 あわせて、夏のエコスタイルの実施期間も、10月15日まで半月間延長することといたしました。

 次に、5月にスタートをしたふるさと納税制度についてでありますが、県とともに8月をふるさと納税PR月間と位置づけ、制度を強くアピールしました。先月12日と13日には、JR武生駅において、お盆をふるさとで過ごす帰省客に対しふるさと納税のチラシを配布するなど、PR活動を行いました。そのほか、市ホームページや市広報紙、ケーブルテレビ等のさまざまな広報媒体を使い、制度のPRに努めております。今後も、ふるさと越前市を応援したいと感じていただける人が一人でも多くあらわれるよう、本制度のさらなる普及啓発に努めてまいります。

 それでは、当面する市政の重要課題について、5本のまちづくりの柱ごとにその取り組みの一端を御説明いたします。

 最初に、元気な産業づくりについて申し上げます。

 まず、2008たけふ菊人形については、源氏物語千年紀事業のメーンイベントの一つとして、源氏物語をテーマに10月4日から11月9日まで開催されます。ことしは、会場入り口に新たに展望台つきモニュメントを設置した武生中央公園をメーン会場に、紫式部公園や武生公会堂記念館など3カ所をサブ会場に設定しました。来場者が市街地を回遊し、まちなか観光を堪能していただくことを期待しております。

 また、源氏物語千年紀の記念日に当たる11月1日には、高校生以下の入場料を無料とし、広く子供たちに菊人形を楽しんでもらうとともに、入場者数の増加を図ってまいりたいと考えております。

 加えて、9月20日から23日に東京タワーホールで開催される東京えちぜん物語においても、本市の伝統産業や特産物のPR、販路拡大及び都市との交流推進とあわせ、紫式部ゆかりの地である本市の魅力をアピールしてまいります。

 このほかの源氏物語千年紀事業としては、現在開催中の武生公会堂記念館における特別企画展の第3弾「京の息吹き─年中行事絵巻と洛中洛外図屏風─」展を初め、和紙の里での特別展や源氏物語千年紀連続講座、市内ええとこめぐり54選の第2弾など、本市ならではの多彩な記念事業を実施しており、さらに9月28日には、いまだて芸術館でNHK公開セミナー「私の源氏物語」が、10月24日から26日にかけては、源氏物語の世界を探求する第21回源氏物語アカデミーが開催をされます。源氏物語千年紀を契機に、紫式部と出会えるまち越前市を内外に強くアピールしてまいりたいと考えております。

 次に、本市の農業のあるべき姿を目指して策定中の食と農の創造ビジョンについてでありますが、5月に、生産者や消費者など10人の委員から成る懇話会を設置し、6月には多くの市民に参加いただき、キックオフ大会を開催いたしました。その後も引き続き、消費者や生産者団体との意見交換会などを開催し、議論を重ねております。今後も、さまざまな立場から市民の意見を幅広くいただき、環境や伝統を守り、豊かな地域社会をはぐくむため、食と農業、農村のあり方について議論を深め、本ビジョンの策定を進めてまいります。

 次に、2つ目の柱である元気な人づくりについて申し上げます。

 まず、少子化対策の一環として、市民が里帰り出産などの理由で県外で妊婦健診や1カ月児健診を受診した場合、要した費用の全部または一部を助成する制度を、県内の市では初めて7月1日より始めました。これから子供を産み育てたいと考えている人たちが越前市に住んでよかったと思っていただける環境づくりを推進してまいります。

 次に、発達や言葉におくれのある子供とその保護者に対して、これまでの児童デイサービス事業はもとより、昨年度に引き続き、障害児相談支援体制整備事業として子供の発達を促す療育機器や遊具を整備し、あわせて保護者の育児不安の軽減を図るとともに、新たに相談支援充実強化事業として、障害の種別や等級別に福祉サービスの内容をわかりやすくまとめた冊子「障害者福祉・社会参加のしおり」を作成し、すべての在宅障害者に配付して福祉サービスの周知を図り、障害者の生活向上を進めてまいりたいと思います。

 次に、市内の小学生による越前市初の子ども議会を7月28日に開催しました。市内17小学校から6年生が2人ずつ議員として参加し、この議場で市政全般にわたる質問を行い、私と教育長が答弁をいたしました。地球温暖化の防止対策や里地里山の保全対策、登下校時の安全対策、地域ぐるみの防犯対策など、子供たちの視点で真剣な意見や提言を数多くいただきました。子ども議会での質疑は、近く議事録として取りまとめ、2学期の各学校での授業で活用いただきたいと考えております。

 次に、子育てや仕事がしやすい町を目指して、7月よりすくすくすまいる事業所の登録をスタートしました。これは、子育てと仕事の両立や地域児童の健全育成などに自主的に取り組む事業所に対し、子育てに関するさまざまな情報を提供し、その取り組みを支援するものです。今後も、子育てと仕事の両立を市全体で支援する総合的な体系づくりを進め、次世代を担う子供たちの笑顔が輝く環境づくりに努めてまいります。

 次に、3つ目の柱である快適で住みよいまちづくりについて申し上げます。

 まず、中心市街地活性化の取り組みとして、7月にまちなか駐車場を幸町に開設しました。これまで中心市街地に買い物や観光に訪れた人の駐車場が慢性的に不足する状態にあったことから、その解消策として、社会実験と位置づけ、整備をした次第であります。商店街の活性化とあわせて、まちなか観光の推進につながることを期待しています。

 今後も、地域住民との協働により、市中心市街地活性化基本計画に基づく施策や五箇地区の環境整備を着実に推進してまいります。

 次に、10月11日から12日にかけて、「里地里山保全再生全国フォーラムin越前」が本市で開催されます。坂口地区を主会場に、全国で里地里山の保全再生に熱心に取り組んでいる各種団体や自治体の関係者が集まり、先進的な取り組みの事例発表や情報交換を行います。

 また、全国からの参加者が、会場となる坂口小学校に到着するまでに排出されたCO2をカーボンオフセットの取り組みにより精算する趣旨を参加者に説明して募金を募り、来年6月の全国植樹祭にあわせて本市で開催する植樹祭での植樹の費用の一部に充てたいと考えております。

 今後、二酸化炭素の排出量削減は家庭からと銘打って実施をしているCO2CO2ダイエット大作戦の推進はもとより、各種イベントの開催による環境問題への意識啓発やレジ袋使用の抑制策の検討など、さまざまな取り組みを通して環境に優しいまちづくりを推進してまいります。

 次に、4つ目の柱である安全で安心なまちづくりについて申し上げます。

 まず、6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震、7月24日に発生した岩手県中部地震並びに7月28日に石川県金沢市等で発生した集中豪雨など、相次ぐ自然災害で亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。あわせて、被災地の一日も早い復興もお祈りいたします。

 さて、本市の最重要課題である学校施設の耐震化については、さきの中国四川大地震で多くの学校が倒壊したことを受け、国が耐震化加速策として改正地震防災対策特別措置法を6月18日に施行しました。これを踏まえ、国の耐震化加速策の対象となるIs値0.3未満の校舎、屋内運動場など、改築を予定している校舎4校、屋内運動場4校について耐震診断結果を詳細に分析したところ、花筐小学校屋内運動場については、北側観覧席部分だけがE判定で、アリーナ部分の主要構造部は相当レベルの耐震強度を有しており、耐震補強により十分対応が可能と判明いたしました。

 他方、改築の場合は、少子化に伴う学級数の減少により、補助対象面積が現有面積の4分の3程度に小さくなる課題もあることから、地域の合意形成の上で、国の耐震化加速策に沿って早期着工、早期完成を目指し、来年度に現在の屋内運動場の耐震補強及び大規模改修を実施したく、設計委託料を補正予算案に計上いたしました。

 なお、耐震化推進計画に係る全体の期間短縮の可能性については、市行財政構造改革プログラムの中期財政計画や市建築物耐震化促進計画との整合を初め、いまだ上昇傾向にある建築資材等の高騰の影響を見きわめるとともに、少子化に伴う補助対象面積の精査を行うなどの必要があることから、今後さらに検討を深め、12月議会前に明らかにしたいと考えております。

 次に、各地で相次ぐ自然災害を踏まえ、本市では災害に強い安全で安心な町を目指して、福井豪雨や一昨年の7月豪雨などから得た教訓をもとに、さまざまな防災対策に市民と一体となって取り組んでおります。

 本年は、大規模地震を想定して、5月に市役所本庁舎や今立総合支所で避難訓練を行いましたが、11月16日には市内全地区を対象に市総合震災訓練を実施します。現在、各地区の区長会や自治振興会等の関係者と協議、調整を行っており、本訓練が災害時における自助、共助、公助のあり方を再確認する意義ある機会となるよう、多くの市民や団体等の積極的な参加を期待しております。

 また、災害時の復旧作業を迅速に行うため、7月18日には、越前造園協議会並びに県電業協会越前支部との間で災害時の協力に関する協定を結びました。これで締結団体機関は合計18になりました。協定の締結を機に、さらに防災体制の強化に努めてまいりたいと考えております。

 次に、本市では、昨年7月18日から交通死亡事故が発生しておらず、8月21日に交通死亡事故ゼロ400日を達成しました。これは、交通安全の推進に関係者が一丸となり取り組んできた大きな成果であります。今後も、記録更新はもとより、悲惨な交通事故の根絶を目指し、市民とともに安全で安心なまちづくりを推進してまいります。

 次に、5つ目の柱である市民が主役のまちづくりについて申し上げます。

 本年度を協働元年と位置づけ、今春策定をした市協働ガイドラインの普及と推進に向けて、さまざまな協働事業の取り組みを進めております。

 協働の種を育てる方策の一つであるパートナーテーブルについても、これまで6回開催し、福井鉄道福武線の家久駅周辺の環境整備など、協働事業を実践しています。

 今後も引き続き協働ガイドラインの普及推進に努めてまいります。

 次に、市長と語る会の一環として、10月と11月の2カ月間にわたり、市長と語ろう夢・まちづくりトークを開催します。市民と協働のまちづくりを推進することを目的に、市政やまちづくりの身近な課題などについて各種団体と率直な意見交換を行ってまいりたいと思います。

 また、本年度から実施をしている市政出前講座につきましては、昨日までに43団体の方々が利用されています。市政に関する理解と関心を深めていただくとともに、市民と協働のまちづくりを促進する意見交換の機会として大いに活用いただくことを願っております。

 今後も、春に開催した地域ミーティングを初め、現地現場主義に徹し、市民の目線に立った市政運営に努めてまいります。

 それでは次に、北陸新幹線について申し上げます。

 北信越5県の43市でつくる北陸新幹線関係都市連絡協議会は、7月14日に国土交通省や財務省、与党に対し要望活動を行い、私も県内沿線3市の市長とともに、整備スキームの早期見直しと敦賀までの工事実施計画の一括認可を要請しました。未着工区間の取り扱いについては、昨年度末までに結論を得るという政府・与党の合意が先延ばしされたことから、平成21年度予算の概算要求時までに成案を得るよう強く求めてまいりましたが、先般明らかにされた国土交通省の概算要求では、「安定的な財源見通しの確保に努め、それができ次第、追加要求する」と、具体的な区間や要求額の明示は見送られました。大変残念なことであり、年末の予算編成までには安定的な財源を確保し、敦賀までの一括認可が実現するよう、引き続き、県を先頭に強力に政府・与党に対して働きかけてまいりたいと存じます。

 今後も、議員各位のなお一層の御支援と御協力をお願い申し上げます。

 それでは次に、福井鉄道福武線について申し上げます。

 まず、5月30日に沿線3市と県、利用促進団体等により設立をされた福井鉄道福武線活性化連携協議会の第2回会議が7月28日に開催され、地域公共交通総合連携計画の策定の基礎資料とするため、住民ニーズに即した利便性向上策や施策の優先度を探ることを目的に、沿線3市の住民及び企業従業員を対象にアンケート調査を実施し、国土交通省に10月下旬の提出を目指している総合連携計画に反映をさせること、並びに設備投資に対する国の支援を得るために必要な福井鉄道福武線再構築実施計画の策定作業を並行して進め、総合連携計画を国へ提出後、遅滞なく認定申請を行うことなどを決定しました。

 また、8月7日に西川知事へ提出をした本市の平成21年度重要要望書の重点事項として、福武線の利便性を図るために、パーク・アンド・ライド駐車場を本市にも県事業で整備するよう強く要望しました。

 乗る運動につきましては、本市の福武線を応援する連絡協議会と福井、鯖江両市の住民による支援組織の連合体として、福井鉄道福武線サポート団体等協議会が6月16日に発足し、3団体の定期的な情報交換と連携による利用促進事業や啓発活動の実施等が確認されたところです。

 加えて、再建スキーム実現のかぎであり、懸案であった新経営陣の社長候補者の名前が、8月22日に開催された第8回の官民協議会において県から報告されたことから、福武線の再建に向け、実質的なスタートがようやくきれたものと受けとめております。今後は、社長候補者の福井鉄道株式会社での立場が明確になったこともあり、できる限り早い時期に再建方針に関する考えをお伺いし、関係者でさらに協議を進めながら、鉄道用地の年度内取得を含め、再建スキームの着実な推進に努めてまいりたいと考えております。

 以上、当面する市政の重要課題への対応について、その取り組みの一端を述べさせていただきました。何とぞ議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 それでは次に、今回提案いたしました補正予算案の内容につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案第66号平成20年度越前市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号につきましては、補正額を2,597万5,000円とし、補正後の予算総額を2億9,748万5,000円にいたそうとするものであります。

 本案は、将来の金利負担を軽減するために、国に対し公的資金補償金免除繰上償還の申請を行いましたところ、7月9日付で総務大臣から承認の通知がありましたので、公営企業金融公庫への繰上償還として必要額を計上するものであります。また、その財源として、借換債2,590万円及び繰越金7万5,000円を計上いたしました。

 なお、この繰上償還は、9月22日の指定日に実行を予定いたしております。

 次に、議案第67号平成20年度越前市一般会計補正予算第2号につきましては、国及び県の補助事業の内定等に伴い必要となる予算を計上し、補正額を4億6,680万円とし、補正後の予算総額を296億4,560万円にいたそうとするものであります。

 歳出予算の主な内容といたしまして、総務費では、福井鉄道福武線活性化事業、住民税等の過年度還付金などに8,171万5,000円を計上いたしました。

 民生費では、高齢者介護予防拠点施設事業などに1,458万2,000円を追加する一方、老人保健特別会計及び介護保険特別会計への繰出金を1億944万9,000円減額することにより、差し引き9,486万7,000円の減額とし、衛生費では、斎場施設管理事業及び南越清掃組合分担金に2,191万9,000円を計上いたしました。

 農林水産業費では、園芸振興対策事業、県単調査事業などに1,334万4,000円を、商工費では、原油等価格高騰対策として中小企業融資事業に1,260万円など1,530万円を、土木費では、道路整備改良事業、魅力あるまちづくり推進事業、県営街路整備負担金事業、瓜生水と緑公園整備事業などに4億3,044万2,000円を計上いたしました。

 消防費では、南越消防組合分担金を2,238万9,000円減額し、教育費では、小・中学校連携教育推進事業、小・中学校の教育振興事業、花筐小学校屋内運動場耐震補強事業などに2,133万6,000円を計上いたしました。

 これらの財源といたしましては、国庫支出金1億1,165万円、県支出金4,705万3,000円、繰越金8,476万8,000円、市債1億9,230万円などを計上いたしました。

 引き続き、各特別会計補正予算案の主な内容につきまして御説明申し上げます。

 議案第68号平成20年度越前市国民健康保険特別会計補正予算第1号につきましては、事業勘定にて過年度療養給付費交付金返還金などに5,299万7,000円を計上し、補正後の予算総額を69億6,955万1,000円といたし、その財源として繰越金などを計上いたしました。

 また、診療所勘定にて、国保診療所運営管理事業などに1,605万2,000円を計上し、補正後の予算総額を8,825万2,000円といたし、その財源として繰越金を計上いたしました。

 次に、議案第69号平成20年度越前市老人保健特別会計補正予算第1号につきましては、過年度老人医療給付費国庫負担金等返還金に5,744万2,000円を計上し、補正後の予算総額を10億2,064万2,000円といたし、その財源として繰越金などを計上いたしました。

 次に、議案第70号平成20年度越前市介護保険特別会計補正予算第1号につきましては、事業勘定にて、過年度介護給付費国庫負担金等返還金などに2億5,816万円を計上し、補正後の予算総額を57億3,130万1,000円といたし、その財源として繰越金などを計上いたしました。

 次に、議案第71号平成20年度越前市ガス事業清算特別会計補正予算第1号につきましては、施設解体工事費などに2,250万円を計上し、補正後の予算総額を17億1,536万2,000円といたし、その財源として移転補償金などを計上いたしました。

 最後に、公営企業会計の補正予算案といたしまして、議案第72号平成20年度越前市工業用水道事業会計補正予算第1号につきましては、資本的支出の送配水施設改良費のうち4,882万8,000円について、工事請負費から委託料への組み替えを行いました。

 以上、補正予算案の概要について御説明申し上げました。

 今後とも健全財政のさらなる推進に努め、当面する市政の諸課題に的確に対応してまいりたいと考えておりますので、議員各位の御理解と御協力をお願いいたします。

 なお、議案第73号から議案第95号までの提案理由につきましては、関係部局長から御説明申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 赤川総務部長。



◎総務部長(赤川廣喜君) 〔登壇〕続きまして、議案第73号から議案第86号までの平成19年度越前市水道事業会計、工業用水道事業会計、一般会計及び各特別会計決算認定につきまして、監査委員の意見を添えて提出いたしましたので、その概要を御説明を申し上げます。

 まず、水道事業会計でありますが、収益的収入及び支出につきましては、事業収益12億7,722万7,636円、事業費用が15億2,572万3,553円で、消費税関係収支を増減いたしました結果、2億6,903万5,149円の損失となりました。また、資本的収入及び支出につきましては、資本的収入が1億3,816万9,467円、資本的支出が13億7,606万6,352円であり、差し引き不足額の12億3,789万6,885円につきましては、過年度分損益勘定留保資金11億2,342万2,731円、減債積立金9,437万6,530円及び当該年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額2,009万7,624円で補てんをいたしました。

 今回、収益的収入において大幅な損失が計上されましたことにつきましては、日野川地区水道用水からの受水費用の増大が主な理由であります。この受水費用につきましては、今後とも段階的に増大してまいりますことから、昨年の12月議会におきまして越前市水道事業給水条例の一部改正を御承認いただき、平成20年度から水道料金の改定をいたしております。また、これにあわせて、高金利の企業債の繰上償還を積極的に行うなどの水道事業の運営の効率化を進めることにより、今後も安全で安心な水の安定供給に努めてまいります。

 次に、工業用水道事業会計でありますが、収益的収入及び支出につきましては、事業収益4,427万9,033円、事業費用が3,765万9,687円で、消費税関係収支を増減いたしました結果、442万2,396円の利益となりました。また、資本的収入及び支出につきましては、資本的収入はなく、資本的支出が5,234万3,768円であり、差し引き不足額の5,234万3,768円につきましては、過年度分損益勘定留保資金4,393万9,000円、減債積立金620万7,818円及び当該年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額219万6,950円で補てんいたしました。

 続きまして、平成19年度越前市一般会計及び各特別会計決算認定につきまして御説明を申し上げます。

 平成19年度の一般会計と公営企業会計を除く11の特別会計を合わせた決算総額は、歳入が591億8,358万4,931円、歳出が554億9,674万1,348円となり、各会計とも、形式収支、実質収支とも黒字の決算となりました。

 まず、一般会計から御説明申し上げますと、歳入歳出予算額305億6,848万279円に対し、歳入決算額は308億7,854万3,587円で収入率101.01%、歳出決算額は294億6,587万2,657円で執行率96.39%となり、歳入歳出差し引き残額は14億1,267万930円で、このうち継続費、繰越明許費に充当すべき財源を差し引いた実質収支額として12億8,447万3,450円の黒字決算となりました。

 歳出決算額の性質別経費比率について申し上げますと、人件費、公債費及び扶助費の義務的経費は136億4,183万円で46.30%、普通建設事業費等の投資的経費は35億65万3,000円で11.88%、物件費、維持補修費のその他の行政経費は123億2,339万円で41.82%となっております。

 次に、普通建設事業の主な内容について申し上げますと、総務費関係では調査整備工事、電算業務支援事業、情報基盤整備事業、市民バス運行事業等に2億8,986万9,000円、民生費関係では、地域密着型介護施設整備事業等に1億1,182万3,000円、衛生費関係では、合併浄化槽設置整備補助事業等に8,243万1,000円であります。

 農林水産業費関係では、水田農業構造改善改革推進事業、農業生産総合対策条件整備事業、土地改良事業、民有林林道開設事業等に2億9,503万4,000円、商工費関係では、企業誘致事業、伝統工芸品観光PRセンター設置事業等に2億1,777万円であります。

 土木費関係では、道路橋梁費として、道路整備改良事業、地方特定道路整備事業、道路橋梁維持改修事業、雪寒地域道路整備事業等に5億9,037万5,000円、それから河川費として、河川改修事業等に1億364万6,000円、都市計画費として、瓜生水と緑公園整備等の公園整備事業、それから県営街路整備事業負担金等に5億6,708万8,000円、住宅費として、高齢者向け優良賃貸住宅供給促進事業、市営住宅改善事業等に7,706万7,000円であります。

 また、教育費関係では、小学校費として、北新庄小学校校舎改築事業、南中山小学校校舎改築事業、小学校情報教育設備整備事業、小学校施設営繕事業等に9億5,573万7,000円、中学校費として、中学校情報教育設備整備事業、中学校施設営繕事業等に5,688万8,000円、社会教育費として、公民館施設整備事業等に3,299万6,000円であります。

 これに対します歳入決算額につきましては、市税及び地方交付税等の一般財源の総額は238億4,548万9,000円で、歳入総額に対する比率は77.22%であり、また各事業施行に伴う特定財源は70億3,305万4,000円で、歳入総額に対する比率は22.78%となっております。

 続きまして、各特別会計決算について申し上げます。

 まず、簡易水道事業特別会計につきましては、歳入決算額が4,123万7,150円、歳出決算額が3,406万2,022円で、歳入歳出差し引き残額717万5,128円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 下水道特別会計につきましては、公共下水道勘定においては、歳入決算額が49億8,789万7,562円、歳出決算額が49億5,944万2,654円で、歳入歳出差し引き残額2,845万4,908円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 また、特定環境保全公共下水道勘定におきまして、歳入決算額が3億3,594万853円、歳出決算額が3億3,582万9,838円で、歳入歳出差し引き残額11万1,015円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 なお、戸別公共浄化槽勘定においても、歳入決算額が1億4,322万2,701円、歳出決算額が1億2,155万3,598円で、歳入歳出差し引き残額2,166万9,103円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 国民健康保険特別会計につきましては、事業勘定においては、歳入決算額70億8,765万1,197円、歳出決算額が70億5,419万7,072円で、歳入歳出差し引き残額3,345万4,125円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 診療所勘定においては、歳入決算額が9,663万3,444円、歳出決算額が8,057万9,970円で、歳入歳出差し引き残額1,605万3,474円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 霊園事業特別会計につきましては、歳入決算額が2,514万4,134円、歳出決算額が872万5,131円で、歳入歳出差し引き残額1,641万9,003円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 次に、老人保健特別会計につきましては、歳入決算額が79億1,271万6,995円、歳出決算額が77億8,923万3,687円で、歳入歳出差し引き残額1億2,348万3,308円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 駐車場特別会計につきましては、歳入決算額が4,413万4,387円、歳出決算額が1,593万1,720円で、歳入歳出差し引き残額2,820万2,667円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 農業集落排水事業特別会計につきましては、歳入決算額が1億5,068万1,752円、歳出決算額が1億5,057万6,297円で、歳入歳出差し引き残額10万5,455円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 次に、林業集落排水事業特別会計につきましては、歳入決算額が307万8,723万円、歳出決算額が298万3,973円で、歳入歳出差し引き残額9万4,750円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 次に、介護保険特別会計につきましては、事業勘定においては、歳入決算額が54億5,760万1,548円、歳出決算額が51億6,771万3,600円で、歳入歳出差し引き残額2億8,988万7,948円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 また、介護サービス事業勘定においては、歳入決算額が2,015万6,593円、歳出決算額が1,943万4,446円で、歳入歳出差し引き残額72万2,147円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 今立工業団地事業特別会計につきましては、歳入決算額が1億9,318万3,226円、歳出決算額が1億9,275万1,148円で、歳入歳出差し引き残額43万2,078円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 最後に、ガス事業清算特別会計につきましては、歳入決算額が18億576万1,079円、歳出決算額が9,785万3,535円で、歳入歳出差し引き残額17億790万7,544円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 以上、各会計にわたり決算の概要を申し上げましたが、よろしく御審議をいただき、認定を賜りますようお願い申し上げます。

 引き続きまして、議案第87号から議案第89号までの3議案につきまして、提案理由を一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第87号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてでありますが、本案は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、越前市議会政務調査費の交付に関する条例、その他の関係条例について、条項ずれの修正及び用語変更をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は、公布の日から施行し、第2条の規定による改正後の議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の規定は、同法の施行の日から適用いたそうとするものであります。

 次に、議案第88号公益法人等への越前市職員の派遣等に関する条例及び越前市認可地縁団体印鑑条例の一部改正についてでありますが、本案は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、公共法人等への越前市職員の派遣等に関する条例及び越前市認可地縁団体印鑑条例について、用語の改正、引用条項の変更、その他所要の規定の整備をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は、平成20年12月1日から施行いたそうとするものであります。

 次に、議案第89号越前市市税賦課徴収条例の一部改正についてでありますが、本案は、地方税法の一部改正により、個人住民税についての公的年金からの特別徴収制度が導入されることに伴い、当該特別徴収の対象者、徴収義務者、徴収方法等所要の規定の整備をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は、一部の規定を除き、平成21年4月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当なる御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 横井市民生活部長。



◎市民生活部長(横井栄治君) 〔登壇〕続きまして、議案第90号越前市斎場設置及び管理条例の一部改正につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、越前市斎場の管理を地方自治法第244条に規定する指定管理者に行わせるため、越前市斎場設置及び管理条例の一部を改正いたそうとするものであります。

 その内容でありますが、越前市斎場について、指定管理者に管理を行わせることができる旨並びに休場日及び指定管理者の業務の範囲を規定いたそうとするものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 赤川総務部長。



◎総務部長(赤川廣喜君) 〔登壇〕続きまして、議案第91号越前市監査委員条例の一部改正につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、地方公共団体の財政健全化に関する法律の施行に伴い、平成19年度決算から健全化判断比率及び資金不足比率が監査委員の審査の対象となったことから、当該審査に係る審査期間について規定いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当なる御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 細井産業経済部長。



◎産業経済部長(細井清治君) 〔登壇〕続きまして、議案第92号越前市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について、提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の規定に基づき、特に重点的に企業立地を図る区域内において適用する工場等の緑地面積率等に関する準則を定めようとするものであります。

 なお、この条例は、公布の日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中尾建設部長。



◎建設部長(中尾寛君) 〔登壇〕続きまして、議案第93号市道路線の認定につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、道路法第8条第2項の規定に基づき、市道の路線を認定することにつきまして提案いたそうとするものであります。

 その内容でありますが、5路線、総延長にして687メートルを新たに市道として認定いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 青柳教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(青柳和男君) 〔登壇〕続きまして、議案第94号工事の請負契約につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、越前市武生東小学校屋内運動場改築工事の請負契約について提案するものであります。

 この工事の入札は、制限つき一般競争入札として、去る9月18日に執行いたしました。

 入札業者は、株式会社竹内工務店・株式会社中西工務店共同企業体、北信建設株式会社・株式会社三田村工務店共同企業体、木原建設株式会社・株式会社ウエキグミ共同企業体、株式会社関組・大和建設株式会社共同企業体、田中建設株式会社・上木建設株式会社共同企業体であります。

 入札の結果、3億450万円にて木原建設株式会社・株式会社ウエキグミ共同企業体が落札いたしました。

 工事の概要を申し上げますと、建設場所は、越前市国府2丁目9番12号であります。建物は、鉄骨鉄筋コンクリート造2階建て、1階床面積が1,288.79平方メートル、2階床面積が153.60平方メートルで、延べ床面積1,442.39平方メートルであります。

 本工事は、もとの屋内運動場跡地に建設するものであり、1階にはアリーナ、ステージ、器具庫、放送室、男女更衣室、男女シャワー室、男子・女子便所、多目的便所、湯沸かし室、通路、渡り廊下、ステージ下物置を、2階にはトレーニング室を配置しております。また、同時に元屋内運動場跡地の南隣にある児童用の出入り口を改修し、屋内運動場専用の出入り口にいたします。

 この施設の特徴として、屋内運動場は地域の防災拠点基地としての機能も有するため、災害時には情報をいち早く入手するためのLAN配線の整備や緊急用電話に対応するための保安機の増設を行います。環境面においては、CO2削減のために消費電力の少ない高効率の照明器具を使用するとともに、内装には木材を多く使用するなど、潤いとぬくもりのある環境づくりに配慮いたしました。

 工事期限は、平成21年8月20日であります。

 なお、本工事の電気設備工事は2,478万円で株式会社大虫電工が落札いたし、機械設備工事は1,307万2,500円でテラオライテック株式会社が落札いたしましたので、あわせて御報告いたします。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 西藤企画部長。



◎企画部長(西藤浩一君) 〔登壇〕続きまして、議案第95号越前市土地開発公社定款の一部変更につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、法人の監事の職務に関する規定が民法から削除され、新たに公有地の拡大の推進に関する法律に土地開発公社の監事の職務に関する規定が設けられることから、越前市土地開発公社の定款について所要の規定の整備をいたそうとするものであります。

 なお、この定款は、平成20年12月1日、または福井県知事の認可のあった日のいずれか遅い日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(福田修治君) 以上をもって議案第66号から議案第95号までの提案理由の説明を終了いたします。

  ================



○議長(福田修治君) 本日はこれをもって散会いたします。

 次会は9月11日午前10時から再開いたします。

       散会 午前11時12分







〔 参 照 〕

┌─────────────────────────────────────────┐

│           諸  会  議  等  報  告  書           │

│  平成20年第3回越前市議会定例会後に開催された議長会関係等の諸会議等について │

│ は、次のとおりである。                             │

│ 第1 議長会関係の諸会議について                        │

│  1 平成20年度福井県市議会議長会事務局長会                 │

│     平成20年7月8日(火)福井市において開催された。           │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  福井県市議会議長会平成20年8月定期総会の日程について(案)  │

│      (2)  福井県市議会議長会県要望活動について(案)           │

│      (3)  福井県市議会議長会事務局職員研修会の日程について(案)     │

│      (4)  福井県市議会議長会中央要望活動について(案)          │

│      (5)  福井県市議会議長会表彰規程の見直しについて           │

│      (6)  平成20年度北信越市議会事務局協議会定例会について(案)    │

│      (7)  その他                             │

│        ア 諸団体会費について                      │

│        イ 福井県市議会議長会事務局職員研修会の開催方法について     │

│        ウ その他                            │

│  2 平成20年度丹南地区市町議会議長会事務局長会               │

│     平成20年7月9日(水)越前市において開催した。            │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  平成20年度議員研修会について                 │

│      (2)  平成20年度以降の研修会のあり方について            │

│      (3)  その他                             │

│  3 全国高速自動車道市議会協議会正副会長・監事・相談役会議          │

│     平成20年7月10日(木)から7月11日(金)大分県大分市において開催 │

│    された。                                 │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  平成19年度会計決算について                  │

│      (2)  高速道路建設促進に関する要望書                 │

│      (3)  平成20年度会議・運動日程について               │

│      (4)  第1回理事会の運営について                   │

│      (5)  実行運動について                        │

│      (6)  その他                             │

│  4 北信越・関東・東海ブロック議員年金制度に関する研修会           │

│     平成20年7月25日(金)東京都において開催された。          │

│  5 平成20年度丹南地区市町議会議長会事務局長会               │

│     平成20年8月1日(金)越前市において開催した。            │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  平成20年度議員研修会(案)について              │

│      (2)  その他                             │

│  6 福井県市議会議長会8月定期総会                      │

│     平成20年8月6日(水)福井市において開催された。           │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  報告                              │

│        ア 平成20年度福井県市議会議長会会務報告            │

│        イ 平成20年度福井県市議会議長会慶弔規程事務処理報告      │

│      (2)  議案審議                            │

│        ア 会長提出議案                         │

│        イ 各市提出議案                         │

│      (3)  福井県市議会議長会 県要望活動について             │

│      (4)  福井県市議会議長会 事務局職員研修会について          │

│      (5)  福井県市議会議長会 中央要望活動について            │

│      (6)  平成20年度北信越市議会事務局協議会定例会について       │

│      (7)  その他                             │

│  7 福井県市議会議長会要望活動                        │

│     平成20年8月6日(水)福井県庁において行った。            │

│  8 福井県市議会議長会事務局職員研修会                    │

│     平成20年8月19日(火)福井市において開催された。          │

│ 第2 議会関係の諸会議について                         │

│   6 月 4 日(水)                              │

│    まちなか商店街・武生商店街連盟と議会の語る会               │

│   6 月 6 日(金)                              │

│    越前市老人クラブ連合会と議会の語る会                   │

│   6 月26日(木)                              │

│    粟田部壮年会と議会の語る会                        │

│   6 月27日(金)                              │

│    全員協議会                                │

│     (協議事項) 平成21年度国・県への重要要望事項について        │

│    白山地区自治振興会と議会の語る会                     │

│   6 月28日(土)                              │

│    今立各婦人団体連絡協議会と議会の語る会                  │

│   6 月30日(月)                              │

│    越前市保育研究会と議会の語る会                      │

│   7 月 2 日(水)                              │

│    平成20年第2回武生三国モーターボート競走施行組合議会定例会       │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議席の指定                           │

│      2  議長の選挙                           │

│      3  専決処分の承認を求めることについて               │

│       (1)  平成19年度武生三国モーターボート競走施行組合一般会計補正予 │

│         算(第2号)                          │

│      4  監査委員の選任について                     │

│      5  一般質問                            │

│   7 月 7 日(月)                              │

│    男女平等市民研究会と議会の語る会                     │

│   7 月13日(日)                              │

│    平成20年第1回福井県後期高齢者医療広域連合議会臨時会全員協議会     │

│     (協議事項)                              │

│      1  議事日程について                        │

│      2  会議予定について                        │

│      3  議長の選挙について                       │

│      4  議席の指定について                       │

│      5  会議録署名議員について                     │

│      6  副広域連合長の議会の選任同意について              │

│      7  後期高齢者医療に関する条例の一部改正について          │

│    平成20年第1回福井県後期高齢者医療広域連合議会臨時会          │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議長の選挙について                       │

│      2  議席の指定について                       │

│      3  福井県後期高齢者医療広域連合副広域連合長の選任につき議会の同意 │

│        を求めることについて                       │

│      4  福井県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例の一部改 │

│        正について                            │

│   7 月17日(木)                              │

│    越前市壮年グループ連絡協議会と議会の語る会                │

│   7 月18日(金)                              │

│    各派代表者会議                              │

│     (協議事項) 臨時議会(組織議会)について               │

│   7 月23日(水)                              │

│    議員研修会                                │

│     (研修事項) 「原子力機構の現況について」               │

│             独立行政法人 日本原子力研究開発機構敦賀本部      │

│                      本部長代理 石橋 達郎 氏      │

│    吉野地区自治振興会と議会の語る会                     │

│   7 月24日(木)                              │

│    議員協議会                                │

│     (協議事項) 吉野瀬川ダム建設事業について               │

│    各派代表者会議                              │

│     (協議事項)                              │

│      1  福井鉄道福武線について                     │

│      2  臨時議会(組織議会)について                  │

│   7 月31日(木)                              │

│    各派代表者会議                              │

│     (協議事項) 臨時議会(組織議会)について               │

│    NPOたけふと議会の語る会                        │

│   8 月18日(月)                              │

│    産業経済委員協議会                            │

│     (協議事項) 所管事務事業の説明について                │

│   8 月19日(火)                              │

│    各派代表者会議                              │

│     (協議事項) 吉野瀬川ダム建設事業について               │

│   8 月20日(水)                              │

│    福井県丹南広域組合議会全員協議会                     │

│     (協議事項)                              │

│      第39回定例会について                        │

│      1  本会議の議事運営について                    │

│      2  提出議案の概要説明                       │

│      3  行政視察について                        │

│    平成20年8月福井県丹南広域組合議会第39回定例会            │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議席の指定                           │

│      2  議長の選挙                           │

│      3  平成20年度福井県丹南広域組合一般会計補正予算(第1号)    │

│      4  平成20年度福井県丹南広域組合ふるさと市町村圏振興事業特別会計 │

│        補正予算(第1号)                        │

│      5  平成19年度福井県丹南広域組合一般会計歳入歳出決算の認定につい │

│        て                                │

│      6  平成19年度福井県丹南広域組合ふるさと市町村圏振興事業特別会計 │

│        歳入歳出決算の認定について                    │

│      7  一般質問                            │

│      8  議員の派遣について                       │

│   8 月21日(木)                              │

│    教育厚生委員協議会                            │

│     (協議事項) 所管事務事業の説明について                │

│   8 月22日(金)                              │

│    総務委員協議会                              │

│     (協議事項) 所管事務事業の説明について                │

│    公立丹南病院組合議会代表者会議                      │

│     (協議事項)                              │

│      1  定例会提出議案について                     │

│      2  会期および議事日程について                   │

│      3  議席の指定について                       │

│    公立丹南病院組合議会全員協議会                      │

│     (協議事項)                              │

│      1  定例会提出議案について                     │

│      2  会期および議事日程について                   │

│      3  議席の指定について                       │

│    平成20年第2回公立丹南病院組合議会定例会                │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議席の指定                           │

│      2  副議長の選挙                          │

│      3  平成19年度公立丹南病院組合病院事業会計決算の認定について   │

│      4  議員の派遣について                       │

│      5  一般質問                            │

│   9 月 1 日(月)                              │

│    全員説明会                                │

│     (協議事項)                              │

│      1  9月市議会定例会提出議案について                │

│      2  原油等価格高騰対策について                   │

│      3  学校施設耐震化推進について                   │

│    議会運営委員会小委員会                          │

│     (協議事項) 越前市議会だより第13号(平成20年9月12日発行)につ │

│           いて                            │

│    議会運営委員会                              │

│     (協議事項)                              │

│      1  越前市議会だより(第13号)について              │

│      2  9月定例会について                       │

│    建設委員協議会                              │

│     (協議事項) 所管事務事業の説明について                │

│ 第3 陳情書等の受理                              │

│   6 月30日(月) 家久浄化センター外壁等の工事に伴う陳情書を越前市塗装組合 │

│           理事長長井稔から受理した。                 │

│   7 月28日(月) 武生承水路の改修及び地元負担の軽減にかかる陳情書を西部土 │

│           地改良区理事長嵐等から受理した。              │

│   8 月 4 日(月) 鋼材類及び燃料油の価格の高騰にかかる要望書を越前管工事業 │

│           協同組合理事長正光正行から受理した。            │

│   8 月11日(月) 花筐小学校耐震化推進についての要望書を花筐小学校耐震化推 │

│           進期成同盟会会長花筐自治振興会会長廣瀬勉ほか4名から受理し │

│           た。                            │

│   8 月18日(月) 白山比?神社市長参列訴訟高裁判決に関する要請を政教関係を │

│           正す会会長大原康男から受理した。              │

│   8 月25日(月) 地域医療を守る意見書の採択にかかる陳情書を自治労福井県本 │

│           部執行委員長宮下正一から受理した。             │

│   8 月25日(月) 地方財政の充実・強化を求める意見書の採択にかかる陳情書を │

│           自治労福井県本部執行委員長宮下正一から受理した。      │

│ 第4 行政視察について                             │

│  1 行政視察                                 │

│    7 月14日(月)〜15日(火)                      │

│    議会運営委員会                              │

│     愛知県豊田市                              │

│     (視察事項) 議会活性化の取組みについて                │

│     三重県                                 │

│     (視察事項) 議会基本条例について                   │

│  2 行政視察来庁者                              │

│    7 月 1 日(火) 大阪府大東市市議会議員一行21名来庁          │

│    7 月 2 日(水) 静岡県御殿場市議会議員一行10名来庁          │

│    7 月 4 日(金) 兵庫県丹波市議会議員一行13名来庁           │

│    7 月 7 日(月) 京都府長岡京市議会議員一行4名来庁           │

│    7 月 8 日(火) 福岡県うきは市議会議員一行20名来庁          │

│    7 月 9 日(水) 山形県酒田市議会議員一行8名来庁            │

│    7 月16日(水) 広島県呉市議会議員一行12名来庁            │

│    8 月21日(木) 広島県福山市議会議員一行14名来庁           │

│    8 月22日(金) 福井県坂井市議会議員一行13名来庁           │

│    8 月29日(金) 長野県長野市議会議員一行3名来庁            │

└─────────────────────────────────────────┘








請 願 文 書 表
受理
番号請願第5号件 名燃料、肥料、飼料、農業資材等の価格高騰に対する緊急対策を求める請願
平成20年 8 月27日受理請願者福井県農民連
 会長  玉 村 正 夫
紹介
議員前 田 修 治 君付 託
委員会議 会 運 営 委 員 会





 燃料、肥料、飼料、ビニール類、ダンボールなどあらゆる農業資材の価格が短期間に高騰し、農家経営に重大な打撃をもたらしています。しかも、こうした生産コストの上昇分は農家の出荷価格に反映されないため、農家経営にストレートにのしかかる状況になっています。

 国際的に穀物価格が高騰し、安定的な輸入が危ぶまれているもとで、国内産の増産による食料自給率の向上が待ったなしとなっている今、このような事態を放置するなら、国民生活に重大な影響をもたらすことは明らかであり、政府としての万全な対策が急務となっています。

 先般、政府が漁業者に対する燃料高騰対策として打ち出した緊急対策は、漁民の要求からすれば不十分なものですが、直接補てんを含んでいることは重要と考えます。農家の苦境を緩和するための対策が急がれています。

 よって、次の事項を実現する意見書を政府関係機関に提出することを請願します。

                 記

1.政府において、石油、肥料、飼料、農業資材の高騰分の補償を含む対策を実施すること。

2.原油や穀物への投機を規制すること。





請 願 文 書 表
受理
番号請願第6号件 名ミニマムアクセス米の輸入停止を求める請願
平成20年 8 月27日受理請願者福井県農民連
 会長  玉 村 正 夫
紹介
議員前 田 修 治 君付 託
委員会議 会 運 営 委 員 会





 トウモロコシ、大豆、小麦、米などの国際相場が急騰し、輸入穀物を原料とする食品や飼料価格等が値上がりして国民生活に重大な影響をもたらしています。

 米や穀物の価格高騰は、全世界に深刻な影響を及ぼし、6月には緊急の「食糧サミット」が開催され、7月の「洞爺湖G8」でも、環境問題とあわせて食糧問題の解決が重要なテーマとなりました。

 食糧価格の高騰の原因は、複合的で構造的であるだけに価格高騰の長期化は避けられず、今後、影響はさらに深まることが懸念されています。

 こうした中で、国民に需要のないミニマムアクセス米が年間77万トンも輸入されていますが、今年4月には価格高騰の影響で初めて不落札になるという事態になっています。

 これ以上、日本が不必要なミニマムアクセス米の輸入を継続することは、国際的な価格の高騰に加担し、途上国の食糧を直接奪うことにならざるをえません。国内では「生産過剰」が米価下落の原因であるとして、生産調整が拡大・強化されていることからしてもミニマムアクセス米の輸入は許されるものではありません。

 政府は、輸入があたかもWTO農業協定上の「義務」であるかのようにいいますが、本来、輸入は義務ではなく「輸入の機会の提供」にすぎません。

 国際的に米や穀物の需要がひっ迫し、先般、決裂したWTO交渉は、今後数年間交渉が宙に浮くことや、ラウンドそのものの崩壊すら取り沙汰されています。今、求められているのは、従来の枠組みにとらわれることのない危機的事態への対応です。

 よって、次の事項を実現する意見書を政府関係機関に提出する事を請願します。

                 記

1.ミニマムアクセス米の輸入を停止すること。





請 願 文 書 表
受理
番号請願第7号件 名「地方消費者行政の抜本的拡充に必要な法制度の整備及び財政措置を政府等に求める意見書」の採択を求める請願
平成20年 9 月 3 日受理請願者福井弁護士会
 会長  朝 日 宏 明
紹介
議員三田村 輝 士 君付 託
委員会議 会 運 営 委 員 会





 政府が進めている消費者行政一元化・強化の推進を踏まえ、政府及び国会に対し、以下の事項を求める意見書を採択提出するよう請願する。

1.被害情報の集約体制を強化し国と地方のネットワークを構築し、消費者の苦情相談が地方自治体の消費者相談窓口において迅速かつ適切にあっせん処理ができるよう、消費生活センターの設置、業務、機能等を法的に位置づけ、これに必要な法制度を整備すること。

2.地方消費者行政の体制・人員・予算を抜本的に拡充・強化するための財政措置をとること。





請 願 文 書 表
受理
番号請願第8号件 名消費者行政の体制・人員・予算の抜本的拡充を求める請願
平成20年 9 月 3 日受理請願者福井弁護士会
 会長  朝 日 宏 明
紹介
議員三田村 輝 士 君付 託
委員会総 務 委 員 会





 越前市長に対し、越前市の消費者行政を向上させるため、消費者行政の体制・人員・予算を以下のとおり抜本的に拡充することを求めることを採択していただくよう請願致します。

                 記

1.消費者による苦情相談を速やかかつ確実に受け付け、これに迅速・適切に対処できるよう、越前市の消費者センターの人員を拡充し、十分な予算措置を講じること。

2.越前市の消費者行政充実のため、県と県下の有識者・消費者団体等から構成される福井県地方消費者行政充実会議(仮称)への参加や、県並びに他の市町とからなる市町協議会の開催等により、県や他の市町との連携を強めること。






            平成20年第5回越前市議会定例会会期日程

                                  (会期17日)


日次月日曜日区分開議時刻開議場所事   項
第1日9月8日月本会議午前10時議  場 開 会
 諸般の報告
 会議録署名議員の指名
 会期の決定
 平成20年度各会計補正予算案
 平成19年度各会計決算認定案
 条例案、一般議案
 (提案理由の説明)
第2日9月9日火休 会     議案調査
第3日9月10日水休 会    
第4日9月11日木本会議午前10時議  場 即決議案の審議
 議案に対する質疑・委員会付託
 一般質問
第5日9月12日金本会議午前10時議  場
第6日9月13日土休 会      
第7日9月14日日休 会      
第8日9月15日月休 会     (敬老の日)
第9日9月16日火本会議午前10時議  場 一般質問
第10日9月17日水本会議    議  場
第11日9月18日木委員会午前10時第1委員会室 教育厚生委員会
午前10時第2委員会室 産業経済委員会
第12日9月19日金 委員会午前10時第1委員会室 総務委員会
午前10時第2委員会室 建設委員会
第13日9月20日土休 会      
第14日9月21日日休 会      
第15日9月22日月委員会午前10時第1委員会室 公共交通対策特別委員会
午前10時第2委員会室 新庁舎建設対策特別委員会
午後2時第1委員会室 まちづくり対策特別委員会
第16日9月23日火休 会           (秋分の日)
第17日9月24日水委員会午前11時第1委員会室 議会運営委員会
本会議午後2時 議  場 委員会審査結果報告
 (質疑・討論・採決)
 即決議案の審議
 閉 会


※ 委員会開催は、この日程をもって招集通知にかえさせていただきますから、ご了承願います。