議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 越前市

平成19年 9月第 3回定例会 09月04日−01号




平成19年 9月第 3回定例会 − 09月04日−01号







平成19年 9月第 3回定例会



          平成19年第3回越前市議会定例会(第1号)



 平成19年9月4日午前10時、平成19年第3回越前市議会定例会が越前市議会議場に招集されたので会議を開いた。

┌─────────────────────────────────────────┐

│ 告示第100号                                 │

│  平成19年第3回越前市議会定例会を次のとおり招集する。            │

│   平成19年8月28日                            │

│                            越前市長 奈 良 俊 幸 │

│ 1 日 時  平成19年9月4日午前10時                   │

│ 2 場 所  越前市議会議場                          │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

1 議事日程

┌─────────────────────────────────────────┐

│          平成19年第3回越前市議会定例会議事日程           │

│                        平成19年9月4日午前10時開議 │

│  第 1 号                                  │

│ 第1 会議録署名議員の指名                           │

│ 第2 会期の決定                                │

│ 第3 議案第65号から議案第98号まで                     │

│     (提案理由の説明)                           │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

2 本日の会議に付議した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案第65号から議案第98号まで

  議案第65号 平成19年度越前市一般会計補正予算(第2号)

  議案第66号 平成19年度越前市下水道特別会計補正予算(第1号)

  議案第67号 平成19年度越前市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  議案第68号 平成19年度越前市介護保険特別会計補正予算(第1号)

  議案第69号 平成19年度越前市今立工業団地事業特別会計補正予算(第1号)

  議案第70号 平成19年度越前市水道事業会計補正予算(第1号)

  議案第71号 平成18年度越前市水道事業会計決算認定について

  議案第72号 平成18年度越前市工業用水道事業会計決算認定について

  議案第73号 平成18年度越前市一般会計決算認定について

  議案第74号 平成18年度越前市簡易水道事業特別会計決算認定について

  議案第75号 平成18年度越前市土地区画整理事業特別会計決算認定について

  議案第76号 平成18年度越前市下水道特別会計決算認定について

  議案第77号 平成18年度越前市国民健康保険特別会計決算認定について

  議案第78号 平成18年度越前市霊園事業特別会計決算認定について

  議案第79号 平成18年度越前市老人保健特別会計決算認定について

  議案第80号 平成18年度越前市駐車場特別会計決算認定について

  議案第81号 平成18年度越前市農業集落排水事業特別会計決算認定について

  議案第82号 平成18年度越前市林業集落排水事業特別会計決算認定について

  議案第83号 平成18年度越前市介護保険特別会計決算認定について

  議案第84号 平成18年度越前市今立西部工業団地事業特別会計決算認定について

  議案第85号 平成18年度越前市障害区分認定審査会事業特別会計決算認定について

  議案第86号 平成18年度越前市ガス事業清算特別会計決算認定について

  議案第87号 越前市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について

  議案第88号 越前市職員の退職手当に関する条例の一部改正について

  議案第89号 越前市市税賦課徴収条例及び越前市下水道条例の一部改正について

  議案第90号 越前市ひまわり作業所設置及び管理条例の一部改正について

  議案第91号 越前市身体障害者福祉工場設置及び管理条例の一部改正について

  議案第92号 越前市駐車場設置及び管理条例の一部改正について

  議案第93号 町の区域の変更について

  議案第94号 町及び字の区域の変更について

  議案第95号 町の区域の変更及び字の区域の廃止について

  議案第96号 市道路線の認定及び変更について

  議案第97号 工事の請負契約について

  議案第98号 越前市土地開発公社定款の一部変更について

  =======================================

3 出席議員(24人)

     1 番 吉 田 慶 一 君         2 番 細 川 かをり 君

     3 番 三田村 輝 士 君         4 番 川 崎 悟 司 君

     5 番 関   利英子 君         6 番 題 佛 臣 一 君

     7 番 小 形 善 信 君         8 番 城 戸 茂 夫 君

     9 番 北 野 光 夫 君        10番 佐々木 富 基 君

    11番 伊 藤 康 司 君        12番 大久保 恵 子 君

    13番 西 野 与五郎 君        14番 福 田 往 世 君

    15番 前 田 一 博 君        16番 中 西 眞 三 君

    17番 上 山 直 行 君        18番 福 田 修 治 君

    19番 嵐     等 君        20番 前 田 修 治 君

    21番 玉 村 正 夫 君        22番 金 子 芳 巧 君

    23番 玉 川 喜一郎 君        24番 片 粕 正二郎 君

  ───────────────────────────────────────

4 議会事務局の職員

 事務局長    高 津 武 夫      次長      齋 藤   隆

 参事      谷 口 良 二      主幹      瀧 見 尚 是

  ───────────────────────────────────────

5 説明のための出席者

 市長      奈 良 俊 幸 君    副市長     福 嶋 祥 介 君

 企画部長    中 谷   章 君    総務部長    加 藤   進 君

 市民生活部長  赤 川 廣 喜 君    福祉保健部長  服 部 秀 一 君

 産業経済部長  西 藤 浩 一 君    建設部長    中 尾   寛 君

 水道部長    安 達 明 裕 君    今立総合支所長 小 林 武 夫 君

 会計管理者   前 田 成 志 君    企画部部長   竹 内 正 和 君

 総務部部長   中 村 善 春 君    市民生活部部長 近 藤 敏 勝 君

 企画部理事   友 兼 和 昭 君    総務部理事   近 藤 伸 秋 君

 総務部理事   堀 川 覺 年 君    市民生活部理事 細 川 康 夫 君

 建設部理事   上 野 定 範 君    企画部政策推進課長

                              河 瀬 信 宏 君

 企画部財務課長 青 柳 和 男 君    総務部秘書広報課長

                              近 藤   勉 君

教育委員会

 教育長     中 島 和 則 君    事務局長    横 井 栄 治 君

監査委員

 監査委員    田 中 育 夫 君







6 議  事

       開会 午前10時02分



○議長(福田修治君) おはようございます。

 ただいまから平成19年第3回越前市議会定例会を開会いたします。

 ここで、会議に先立ち、市民憲章を全員で唱和いたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 前文は事務局長が朗読いたしますので、以下各項目について全員で御唱和をお願いいたします。

〔全員起立の上、唱和〕

──越 前 市 民 憲 章──

 わたしたちは、恵まれた自然と輝かしい伝統にはぐくまれた越前市民です。

 この郷土を愛し、心と力をあわせ、なおいっそうの発展をめざすため、次のことを誓います。

1 わたしたちは、日野の峰のように、高い理想をいだき、豊かな未来をきずきます。

1 わたしたちは、日野の流れのように、うるおいと安らぎのある環境をつくります。

1 わたしたちは、桜の木のように、力強くすこやかに成長します。

1 わたしたちは、菊の花のように、やさしさと思いやりをもって助けあいます。

1 わたしたちは、国府の文化と匠の技を生かし、学びの輪をひろげ、世界にはばたきます。

  ================

       開議 午前10時03分



○議長(福田修治君) これより本日の会議を開きます。

 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、奈良市長、福嶋副市長、中谷企画部長、加藤総務部長、赤川市民生活部長、服部福祉保健部長、西藤産業経済部長、中尾建設部長、安達水道部長、小林今立総合支所長、前田会計管理者、竹内企画部部長、中村総務部部長、近藤市民生活部部長、友兼企画部理事、近藤総務部理事、堀川総務部理事、細川市民生活部理事、上野建設部理事、河瀬政策推進課長、青柳財務課長、近藤秘書広報課長、教育委員会中島教育長、横井事務局長、監査委員から田中代表監査委員、以上であります。

 次に、本日市長から議案第98号について追加送付ありましたが、お手元に配付いたしてありますので、御了承願います。

 次に、平成19年第2回定例会以降に開催されました議長会その他の諸会議等の概要につきましては、お手元に配付いたしてあります諸会議等報告書のとおりであります。

 なお、これらの関係書類につきましては、事務局に保管してありますので、ごらん願います。

 また、去る7月16日に発生いたしました新潟県中越沖地震により被災のあった北信越市議会議長会管内の柏崎市、長岡市、小千谷市、上越市の4市に対しましては、市議会全議員から善意をいただきました義援金を、議長において8月20日をもってそれぞれの市議会に災害見舞金として届け、各市議長を通して4市にお見舞いを行いましたので、ここであわせて御報告いたしておきます。

 次に、3月定例会で可決されました「森林の整備、林業・林産業の振興に関する意見書」につきましては、国会及び関係省庁に送付いたしましたので、御報告いたします。

 次に、監査委員から送付されました例月現金出納検査及び定期監査等の結果報告につきましては、お手元に印刷配付してありますから、ごらん願います。

 次に、市長から報告第11号平成18年度越前市一般会計継続費精算報告について、報告第12号平成18年度越前市定額資金基金運用状況報告について、以上2件の報告が提出されておりますが、お手元に送付してありますので、ごらん願います。

 次に、今期定例会におきまして、本日までに1件の請願を受理いたしておりますが、お手元に印刷配付してあります請願文書表のとおり、議会運営委員会に付託いたします。

  ================



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(福田修治君) 引き続き、本日の日程に入ります。

 日程第1会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において上山直行君、嵐等君、前田修治君を指名いたします。

  ================



△日程第2 会期の決定



○議長(福田修治君) 日程第2会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期につきましては、去る8月28日に議会運営委員会を開いて協議いたしました結果、本日から9月20日までの17日間といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、今回定例会の会期につきましては、本日から9月20日までの17日間と決定いたしました。

 なお、今期定例会の運営につきましては、お手元に印刷配付いたしました会期日程により進めたいと思いますので、議員各位の御協力をお願いいたします。

  ================



△日程第3 議案第65号から議案第98号まで



○議長(福田修治君) 日程第3、議案第65号平成19年度越前市一般会計補正予算第2号から議案第98号越前市土地開発公社定款の一部変更についてまでの34案を一括して議題といたします。

 34案に関し、理事者の説明を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 奈良市長。



◎市長(奈良俊幸君) 〔登壇〕本日ここに平成19年第3回越前市議会定例会が開会をされ、提案いたしました平成19年度補正予算案を初め各種案件の御審議をいただくに当たり、当面する市政の重要課題について述べさせていただき、議員各位の御理解を賜りたいと存じます。

 早いもので、越前市が誕生して、来月1日で丸2年を迎えます。この間、私は政治信条とする現地現場主義のもと、市民の目線に立った市政運営に努めてまいりました。市内全17地区で開催をした地域ミーティングは計55回を数え、延べ2,888人の参加をいただくなど、多くの現地現場から広く市民の声をいただき、総合計画の策定など市政に反映をしてまいりました。

 今後も引き続き、あらゆる機会を通じて、市政と行政の協働による市民主体のまちづくりを進めてまいりたいと考えております。

 さて、国内情勢に目を向けますと、6月に閣議決定された経済財政改革の基本方針2007では、地方税財政改革の推進として、国庫補助負担金、地方交付税、税源移譲を含めた税源配分の見直しの一体的な改革が盛り込まれました。しかし、この一体的な改革は、「検討」という表現にとどまっており、三位一体の改革を進める上で大きな政策目標として位置づけられてきた国から地方への税源移譲が大きく後退しようとしております。

 総務省が7月末に決定した2007年度普通交付税大綱によりますと、今年度の普通交付税総額は、前年度に比べ4.4%削減をされております。本市においては、企業業績の回復により、法人市民税を中心に税収がふえているとはいえ、前年度比11%の削減となっており、本市の財政状況を取り巻く環境は依然厳しいものと認識をしております。

 本来、地方交付税は国から恩恵的に与えられるものではなく、国民が一定水準の行政サービスをひとしく享受できるようにするための地方固有の財源であることから、地方交付税を地方共有税に組みかえ、地方自治体の安定的な財政運営に必要な所要額を確保するとともに、財源保障、財源調整の両機能を充実強化することが必要であると考えます。

 また、地方の権限と責任にふさわしい地方税財源の充実強化を図るため、地方消費税の拡充により、当面国と地方の税源配分を1対1にすることも必要と考えております。このことにより、地方公共団体は自主性と自立性を高めることができ、真の地方分権改革を進めることができるものと確信をしております。

 このような認識に立ち、先般私は、丹南広域組合の管理者として、地方税財政の充実に関する要望書を直接安倍内閣総理大臣に手渡しをした次第であります。

 市といたしましては、今後とも市行財政構造改革プログラムに基づく健全な財政運営を図るとともに、市民にとって真に必要なサービスを提供し、「元気な自立都市 越前」の創造に向け、総合計画に基づく各施策を着実に推進してまいります。

 次に、北陸新幹線の整備促進についてでありますが、念願の整備新幹線建設基本計画の見直しが年末にも行われる見込みであります。その見直しに向け、7月には、北陸新幹線「南越駅」設置促進期成同盟会の会長として、敦賀までの工事実施計画の一括認可及び早期整備を安倍内閣総理大臣、自由民主党整備新幹線等鉄道調査会会長の津島衆議院議員並びに同調査会顧問の町村衆議院議員に要望いたしたところであります。

 また、県においては、このたび県内延伸への要請活動をより強力に展開するため、県北陸新幹線建設促進同盟会内に県推進本部を設置したところであります。

 市といたしましても、9月補正予算案に要請活動費を計上し、年末の基本計画の見直しに向け、市議会はもとより、県、沿線自治体、経済界等と連携し、強力に運動を展開してまいります。

 それでは、当面する市政の重要課題について、5つのまちづくりの柱ごとに、その取り組みの一端を御説明いたします。

 最初に、「元気な産業づくり」について申し上げます。

 まず、企業誘致についてでありますが、現在市内外の企業に対して積極的な活動を展開しているところであり、あわせて今立工業団地の未売却用地についても、売却条件等の見直しを行いながら、早期分譲に努めてまいりたいと思います。

 次に、2007たけふ菊人形についてでありますが、今回初めてナイター営業を実施することといたしました。ナイター時の会場内の照明に工夫を凝らすとともに、菊人形館において5年ぶりに菊人形を集約して展示をする予定であります。

 なお、会場内の大型遊具6基については、金属疲労や傷を超音波などで検出する探傷検査を6月に行った結果、6基とも異常がなく、ことしも来場者に安心して楽しんでいただけるものと考えております。

 次に、継体大王の即位1500年を記念したこしの都1500年事業についてでありますが、昨年8月にプロジェクト実行委員会が発足し、今日まで各種事業が開催をされております。

 さらに、10月5日から7日にかけては、町中や里域において、こしの都浪漫回廊パレードを初め食と職のフェスタ、こしの都ミステリー探訪など、多くの事業が展開される予定であります。市といたしましても、引き続きその取り組みを支援をしてまいります。

 次に、農業の振興についてでありますが、今年度から事業が開始をされた農地・水・環境保全向上対策につきましては、72の活動組織が取り組み、耕地面積に対する協定締結率は約70%となっております。

 また、品目横断的経営安定対策につきましては、水田面積に対する加入面積割合は約30%であり、新たな水田農業構造改革の推進に向け、引き続き対象となる担い手の育成に取り組んでまいります。

 次に、食育の推進についてでありますが、6月に本県で開催をされた全国食育推進大会を踏まえ、10月28日に、市独自の取り組みとして第1回市食育フェスタを開催することとし、現在準備を進めているところであります。

 次に、森林環境の整備・保全を促進する事業についてでありますが、自然災害や森林病害虫被害等により低下をしている森林の機能回復や森林景観の再生を図るため、新たに美しい森林景観再生事業に取り組んでまいります。

 次に、2つ目の柱である「元気な人づくり」について申し上げます。

 まず、市内小・中学校の耐震化の推進についてでありますが、第2回の耐震化推進検討委員会において、「防災計画上の緊急性及び局所的なE判定との結果から総合的に判断し、坂口小学校については次年度着工に向け最優先に補強工事の準備に入ること」との方向性をいただいたことから、今議会に坂口小学校の耐震補強実施設計委託料として500万円を追加補正いたしました。

 また、耐力度調査につきましては、現在その結果を分析中で、次回の委員会において、改築と耐震補強の振り分けや優先順位の方向性を議論する予定であり、12月議会には耐震化推進計画の案をお示ししたいと考えております。

 次に、学校給食のあり方についてでありますが、6月に学校給食あり方検討委員会を設置し、児童・生徒にとって望ましい学校給食のあり方や市全体の学校給食の今後の方向性について、多面的な角度から総合的に検証、検討を深めており、11月に中間報告を、来年2月には検討結果について報告いただく予定であります。

 次に、就学前教育のあり方についてでありますが、少子化が進む中、幼児教育は激動の時代を迎え、教育と児童福祉の連携が不可欠となっております。このことを踏まえ、4月に設置した就学前教育検討委員会においては、これまでに5回の委員会を開催し、市内幼稚園・保育園の現地視察を行う中で、(仮称)中央幼稚園のあり方や幼稚園・保育園施設の再編などについて検討を重ねております。今後、10月に中間報告を、来年2月には検討結果について報告をいただく予定であります。

 次に、3つ目の柱である「快適で住みよいまちづくり」について申し上げます。

 まず、市都市計画マスタープランについてでありますが、本プランは、総合計画の実現に向け、本市の都市計画に関する基本的な方針を定めるものであり、土地利用の規制、誘導や各種都市施設の整備計画を策定する際の指針となるものであります。現在、今年度内の策定を目指し、昨年度から策定委員会で検討を進めております。

 昨年度は、基本理念を「持続可能な定住都市の形成」と定め、5項目のまちづくりの基本目標や土地利用、交通ネットワーク等の分野ごとの方針など全体構想を定めました。今年度は、この全体構想をもとに、各地区のまちづくりの基礎となる地域別構想や緑の基本計画などに対する論議を行い、市民とともに進めるまちづくりの指針となるよう検討を進めております。

 次に、中心市街地の活性化につきましては、基本計画の実効性を高めることを目的として7月に設立をされた中心市街地活性化協議会から、今月中に基本計画原案に対する意見が提出されます。今後、国との協議も踏まえながら基本計画を固め、年内の認定を目指してまいります。

 あわせて、8月には中心市街地活性化の拠点となるまちづくりセンターをセンチュリープラザ内に開設いたしました。このセンターには、タウンマネジャーとともに武生商工会議所と市の職員も配置し、空き家や空き店舗、空き地の有効活用を促進するとともに、寺社や史跡の散策など、まちなか観光の企画運営も実施していく方針であります。さらには、ホームページ等で中心市街地の情報を発信し、中心市街地の活性化に努めてまいります。

 次に、運転免許自主返納支援事業についてでありますが、高齢者の交通事故が多発をしており、高齢社会を迎え、安全の面からも環境の面からも、自家用車から公共交通機関の利用へとシフトすることは時代の要請であると認識しております。

 その手段の一つとして、運転免許を自主的に返納される65歳以上の高齢者を対象に、最低1年間を保障する中で、返納する運転免許の有効期限まで最高5年間、市民バス「のろっさ」の無料乗車券を交付する運転免許自主返納支援事業を始める予定であります。先般開かれました市地域公共交通会議で合意が調いましたので、手続が終わり次第、実施してまいりたいと考えております。

 また、市民バスを利用する方の多くが高齢者ということもあり、乗りおりしやすい低床バスを1台今月1日から導入し、運行を開始いたしました。

 次に、昨年8月から策定を進めておりました市環境基本計画につきましては、8月24日に環境審議会より答申をいただいたところであります。今後、答申をもとに計画を決定し、地域特性を生かした環境への負荷の少ない持続的発展が可能な都市を創造し、将来の世代に引き継いでまいりたいと考えております。

 次に、4つ目の柱である「安全で安心なまちづくり」について申し上げます。

 まず、7月16日に発生をした新潟県中越沖地震で亡くなられた方々に対して、心より哀悼の意を表しますとともに、避難生活を余儀なくされている方々にお見舞いを申し上げます。

 市といたしましても、地震発生翌日の7月17日にボランティアや義援金の受付窓口を設置するとともに、19日には丹南広域組合を通じて支援物資を提供いたしました。また、18日には被災建築物応急危険度判定業務に携わる応援職員を現地に派遣し、7月31日までの間に、下水道管渠被害調査並びに水道施設の復旧業務に携わる職員など計15人を順次派遣したところであります。

 本市においても、いつこのような災害が発生するとも限りません。このため、今春の小・中学校の耐震診断調査の結果を受け、地震災害における広域避難場所の一部見直しを行い、地域住民へ周知をしたところであります。

 また、災害時における地域ぐるみの自助・共助体制を確立するため、町内単位の自主防災組織の結成を推進し、さらには市災害対策本部の設置時には全17地区に拠点基地運営本部の設置を要請いたしました。

 加えて、市建設業会との間で、昨日災害時における協定を締結したところであります。通常の災害協定は、道路や河川など公共施設の災害応急工事のみを対象としておりますが、今回締結した協定においては、人命救助のための補助的作業と水害の未然防止活動を追加いたしており、大規模災害時の緊急措置の対応強化が図れるものと考えております。

 あわせて、災害復旧の迅速な対応を図るため、県測量設計業協会とも近く災害復旧時の協定を締結する予定であります。

 今後とも、災害に備えた体制を充実強化し、安全で安心なまちづくりの推進に努めてまいります。

 次に、5つ目の柱である「市民が主役のまちづくり」について申し上げます。

 本市では、市民自治の基本理念を明らかにし、自立した自治体にふさわしい自治の実現を図るため、その基本となる事項を定めた市自治基本条例を制定し、市民と市の協働によるまちづくりの推進を図っています。また、総合計画においても、自立と協働を基本理念として掲げております。

 そこで、協働の基本原則や協働に当たっての具体的な方法を明示し、協働の理解を深め、協働をより一層推進するため、市民が参画した委員会を8月に設置し、今年度末の市協働ガイドラインの策定に向け、論議を進めております。

 次に、秋に開催する「市長と語る会」についてでありますが、昨年度は年に2回、地域ミーティングを全17地区において開催しましたが、今年度は春に地域ミーティングを行い、秋には各種団体との語る会を開催してまいります。今月から11月末までの間に公募を行った団体を含め、約20の団体と「市長と語ろう、夢・まちづくりトーク」を開催し、市政やまちづくりの身近な課題などについて意見交換を行い、市民と協働のまちづくりを推進してまいります。

 最後に、平成20年は、世界最古の長編小説である「源氏物語」が紫式部によって書かれてから1000年を迎えます。この機会をとらえ、紫式部の偉業をたたえるとともに、源氏物語が宿す日本文化の美と思想を後世に伝えていくことを目的に、京都に源氏物語千年紀実行委員会が発足しました。今日までの本市の取り組みが高く評価をされ、同委員会から私に特別委員への就任の要請があり、このたび就任をいたしました。今後、市民とともに、来年の源氏物語千年紀の取り組みを検討、推進してまいりたいと考えております。

 次に、都市計画道路武生駅前線道路改良事業の用地取得に係る訴訟の経過について改めて御説明を申し上げます。

 本事業は、平成7年度より、JR武生駅前の一方通行規制を道路拡幅により解除し、公共交通の利用促進と市街地へのアクセス改善を目指し、武生駅前線の道路拡幅に着手をしたものであり、平成16年3月に、府中1丁目地係の土地2筆について、最後の支障物件所有者と土地売買契約を締結いたしました。

 その後、当該土地所有者が代表を務める会社が破綻したことから、債権者が当該土地に仮差し押さえを行い、強制競売を申し立てましたので、市は土地売買代金の残金相当額を代位弁済金として相殺し、道路用地を確保したものであります。

 しかし、サマダ産業は、これを不服として市を相手取り裁判を起こし、本年2月の第一審判決は、「原告に対し、市は土地売買代金残金を供託の方法で支払え」という内容でありました。市は、これを不服として3月に控訴しましたが、7月4日に控訴棄却の判決がありました。

 この判決を受け、上告の検討も行いましたが、民事訴訟法に定める制約があることから、大変残念ではありますが、上告を断念し、7月18日に土地売買代金の残金である752万2,491円を供託いたしました。

 11年という長い年月をかけ事業を進めてきた、JR武生駅前の幹線道路を供用開始する上で必要不可欠な土地を取得するため、複数の弁護士と協議をし、最善の対応を図ってきたと考えておりますが、結果的には土地売買代金の一部を二重に支払うことになったことはまことに遺憾であり、深くおわびを申し上げる次第でございます。

 市では、再発防止のため、関係部局を中心に検討を進め、契約前払金の支出割合や所有権移転登記の時期など、売買契約内容の見直しを行ったところであります。

 また、用地取得に精通をした職員を養成するとともに、本件のように難解な訴訟事件に的確に対応できるよう、顧問弁護士の複数制を含め、訴訟部門の一層の強化を図ってまいる考えであります。

 また、当該土地所有者に対する損害賠償請求等の法的対応策をとるため、市議会の御意見も踏まえ、複数の弁護士と協議の上、調査検討を進めてまいりました。その結果をもとに、先般、当該土地所有者に対し損害賠償請求書を送付したところであり、今後とも市の債権を保全するための最善の対応を図ってまいります。

 以上、当面する市政の重要課題について、その取り組みの一端を述べさせていただきました。何とぞ議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 それでは、今回提案いたしました補正予算案の内容につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案第65号平成19年度越前市一般会計補正予算第2号につきましては、視覚障害者等の情報取得を支援するコミュニケーション支援事業や園芸振興対策事業など、県の6月補正予算に伴う新規事業に加え、新潟県中越沖地震被災地の支援活動など、今後の行政運営に必要となる予算を計上し、補正額を5億6,900万円、補正後の予算総額を278億2,800万円といたしました。

 歳出予算の主なものといたしまして、総務費では、地域自治振興基金積立事業、地域防災対策事業などに6,510万3,000円を、民生費では、しきぶ温泉湯楽里管理事業、地域密着型介護施設整備事業、県内2市町でのモデル事業である高齢者いきがい事業などに6,266万3,000円を計上いたしました。

 衛生費では、南越清掃組合分担金の減額などにより3,201万4,000円を減額するとともに、農林水産業費では、高品質の米づくりの一環として米大粒化に取り組む水稲振興対策事業、美しい森林景観再生事業、市営土地改良事業などに2,520万円を計上いたし、商工費では、越前伝統工芸連携協議会への負担金支出に伴う事業費の組み替えなどにより83万2,000円を減額いたしました。

 土木費では、道路整備改良事業、公園整備事業、高齢者向け優良賃貸住宅供給促進事業などに4億3,555万2,000円を、教育費では、坂口小学校の耐震補強実施設計委託料のほか、小・中学校の教育振興事業、施設営繕事業などに3,402万3,000円を計上いたしました。

 災害復旧費では、6月29日の梅雨前線豪雨により発生しました農業施設の災害復旧事業に557万1,000円を計上いたしました。

 これらに要する財源といたしましては、国庫支出金8,982万8,000円、県支出金4,293万9,000円、繰越金2億9,507万円、市債1億5,800万円などを追加するとともに、地方交付税を8,326万2,000円減額いたしました。

 引き続き、各特別会計補正予算案の主な内容につきまして御説明申し上げます。

 議案第66号平成19年度越前市下水道特別会計補正予算第1号につきましては、公共下水道勘定にて、下水道一般管理事務費などに478万2,000円を計上し、補正後の予算総額を46億4,844万3,000円といたし、その財源として繰越金、諸収入などを計上いたしました。

 次に、議案第67号平成19年度越前市国民健康保険特別会計補正予算第1号につきましては、事業勘定にて、国民健康保険療養費等給付事業などに6,175万5,000円を計上し、補正後の予算総額を70億1,575万5,000円といたし、その財源として繰越金を計上いたしました。

 次に、議案第68号平成19年度越前市介護保険特別会計補正予算第1号につきましては、事業勘定にて、過年度介護給付費国庫負担金等返還金などに3億4,966万1,000円を計上し、補正後の予算総額を56億7,061万2,000円といたし、その財源として繰越金などを計上いたしました。

 次に、議案第69号平成19年度越前市今立工業団地事業特別会計補正予算第1号につきましては、整地工事費などに100万5,000円を計上し、補正後の予算総額を1億282万5,000円といたし、その財源として財産収入を計上いたしました。

 最後に、公営企業補正予算案の主な内容につきまして御説明申し上げます。

 議案第70号平成19年度越前市水道事業会計補正予算第1号につきましては、収益的支出では、給水管布設がえ工事費などに16万円を計上し、補正後の予算総額を15億4,839万9,000円といたし、資本的支出では、配水管布設がえ工事費などに1,251万5,000円を計上し、補正後の予算総額を10億2,762万円といたしました。

 以上、補正予算案の概要について御説明申し上げました。

 今後とも健全財政のさらなる推進に努め、当面する市政の諸課題に的確に対応してまいりたいと考えておりますので、議員各位の御理解と御協力をお願いいたします。

 なお、議案第71号から議案第98号までの提案理由につきましては、関係部局長より御説明申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 加藤総務部長。



◎総務部長(加藤進君) 〔登壇〕続きまして、議案第71号から議案第86号までの平成18年度越前市水道事業会計、工業用水道事業会計、一般会計及び各特別会計決算認定につきまして、監査委員の意見書を添えて提出いたしましたので、その概要を御説明申し上げます。

 まず、水道事業の会計でありますが、収益的収入及び支出につきましては、事業収益が12億7,760万9,539円、事業費用が11億7,171万2,580円で、消費税関係、収支を増減いたしました結果、9,437万6,530円の利益となりました。

 また、資本的収入及び支出につきましては、資本的収入が1億6,406万1,105円、資本的支出が7億3,721万4,813円であり、差し引き不足額の5億7,315万3,708円につきましては、過年度分損益勘定留保資金2億9,944万3,389円、減債積立金2億6,266万9,842円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,104万477円で補てんをいたしました。

 次に、工業用水道事業会計でありますが、収益的収入及び支出につきましては、事業収益が4,181万7,745円、事業費用が3,394万1,685円で、消費税関係収支を増減いたしました結果、650万9,560円の利益となりました。

 また、資本的収入及び支出につきましては、資本的収入はなく、資本的支出が4,284万1,476円であり、差し引き不足額の4,284万1,476円につきましては、過年度分損益勘定留保資金2,733万円、減債積立金1,414万4,976円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額136万6,500円で補てんいたしました。

 続きまして、平成18年度越前市一般会計及び各特別会計決算認定につきまして御説明申し上げます。

 平成18年度の一般会計と13の特別会計を合わせた決算総額は、歳入が605億8,025万3,438円、歳出が569億3,746万1,327円となり、繰上充用を行った今立西部工業団地事業特別会計を除き、各会計とも、形式収支、実質収支ともに黒字または収支均衡の決算となりました。

 まず、一般会計から御説明申し上げますと、歳入歳出予算額305億396万7,770円に対し、歳入決算額は、304億4,291万9,771円で収入率99.80%、歳出決算額は、291億1,874万5,854円で執行率95.46%となり、歳入歳出差し引き残額は13億2,417万3,917円で、このうち繰越明許費、継続費に充当すべき財源を差し引いた実質収支額として、12億2,912万8,638円の黒字決算となりました。

 歳出決算額の性質別経費比率について申し上げますと、人件費、公債費及び扶助費の義務的経費は132億9,147万7,000円で45.65%、普通建設事業費等投資的経費は43億3,880万6,000円で14.90%、物件費、維持補修費等のその他の行政的経費は114億8,846万3,000円で39.45%となっております。

 次に、普通建設事業費の主な内容について申し上げますと、総務費関係では、庁舎整備工事、コミュニティーセンター助成事業等に1億6,942万7,000円、民生費関係では、公立保育園整備事業等に1億4,404万2,000円、衛生関係では、合併処理浄化槽設置整備補助事業等に7,593万7,000円であります。

 農林水産業費関係では、土地改良事業、水田農業構造改革推進事業、民有林林道開設事業、森林整備地域活動支援事業等に5億8,465万5,000円、商工費関係では、地場産業育成支援事業、企業用地取得助成事業等に7,763万1,000円であり、土木費関係では、道路橋梁費として道路整備事業、地方特定道路整備事業、道路橋梁改修事業、雪寒地域道路整備事業等に6億968万1,000円、都市計画費として、瓜生水と緑公園整備事業、地方特定街路整備事業、県営街路整備事業負担金等に5億9,871万7,000円、住宅費として、高齢者向け優良賃貸住宅供給促進事業、公営住宅改善事業等に1億4,596万9,000円であります。

 また、教育費関係では、小学校費として、北新庄小学校校舎改築事業、小学校施設耐震診断事業、小学校施設営繕事業等に5億6,619万9,000円、中学校費として、中学校施設営繕事業等に4,139万3,000円、社会教育費として、新図書館建設事業、公民館施設整備事業等に10億9,906万7,000円であります。

 これに対します歳入決算額につきましては、市税及び地方交付税等の一般財源の総額は228億4,266万円で、歳入総額に対する比率は75.03%であり、また各事業施行に伴う特定財源は76億26万円で、歳入総額に対する比率は24.97%となっております。

 続きまして、各特別会計決算について申し上げます。

 まず、簡易水道事業特別会計につきましては、歳入決算額が2,705万5,561円、歳出決算額が2,483万536円で、歳入歳出差し引き残額222万5,025円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 土地区画整理事業特別会計につきましては、歳入決算額、歳出決算額ともに1億9,468万9,477円であります。

 下水道特別会計につきましては、公共下水道勘定においては、歳入決算額が47億4,409万4,158円、歳出決算額が47億3,263万2,894円で、歳入歳出差し引き残額1,146万1,264円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 また、特定環境保全公共下水道勘定においては、歳入決算額が4億303万8,301円、歳出決算額が4億71万8,658円で、歳入歳出差し引き残額231万9,643円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 なお、戸別公共浄化槽勘定においても、歳入決算額が1億2,574万6,521円、歳出決算額1億2,027万864円で、歳入歳出差し引き残額547万5,657円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 国民健康保険特別会計につきましては、事業勘定においては、歳入決算額が66億1,784万3,923円で、歳出決算額が65億4,348万7,208円で、歳入歳出差し引き残額7,435万6,715円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 診療所勘定においては、歳入決算額が8,136万1,365円、歳出決算額が7,867万2,748円で、歳入歳出差し引き残額268万8,617円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 霊園事業特別会計につきましては、歳入決算額が2,709万3,019円、歳出決算額が752万3,644円で、歳入歳出差し引き残額1,956万9,375円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 老人保健特別会計につきましては、歳入決算額が79億8,633万2,181円で、歳出決算額が78億8,322万7,988円で、歳入歳出差し引き残額1億310万4,193円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 駐車場特別会計につきましては、歳入決算額が3,577万6,654円、歳出決算額が1,463万2,955円で、歳入歳出差し引き残額2,114万3,699円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 農業集落排水事業特別会計につきましては、歳入決算額が1億4,908万1,484円、歳出決算額が1億4,892万4,927円で、歳入歳出差し引き残額15万6,557円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 林業集落排水事業特別会計につきましては、歳入決算額が337万1,594円、歳出決算額が327万4,301円で、歳入歳出差し引き残額9万7,293円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 介護保険特別会計につきましては、事業勘定においては、歳入決算額が54億845万2,397円、歳出決算額が50億6,940万63円で、歳入歳出差し引き残額3億3,905万2,334円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 また、審査会勘定においては、歳入決算額、歳出決算額ともに6,073万106円であり、介護サービス事業勘定においては、歳入決算額が2,141万4,500円、歳出決算額が2,133万5,407円で、歳入歳出差し引き残額7万9,093円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 今立西部工業団地事業特別会計につきましては、歳入決算額が1億253万7,757円、歳出決算額が1億3,441万9,299円で、歳入歳出差し引き不足額3,188万1,542円は翌年度繰上充用金で補てんいたしました。

 障害区分認定審査会事業特別会計につきましては、歳入決算額、歳出決算額ともに1,122万786円であります。

 最後に、ガス事業清算特別会計につきましては、歳入決算額が41億3,749万3,883円、歳出決算額が23億6,872万3,612円で、歳入歳出差し引き残額17億6,877万271円を翌年度へ繰り越しいたしました。

 以上、各会計にわたり、決算の概要を申し述べましたが、よろしく御審議をいただき、認定賜りますようお願いを申し上げます。

 引き続き、議案第87号から議案第89号までの3案につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 まず、議案第87号越前市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてでありますが、本案は、証券取引法等の一部を改正する法律により証券取引法の法律名等が変更されること及び郵政民営化により郵便貯金法が廃止されることに伴い、越前市長の資産等の公開に関する条例について、所要の規定の整備をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は、証券取引法等の一部改正に伴う部分については平成19年9月30日から、郵便貯金法の廃止に伴う部分については同年10月1日から施行いたし、改正後の第2条第1項第4号の規定の適用については、平成19年10月1日前に有していた郵便貯金及び旧郵便貯金は預金とみなすこととする経過措置を設けようとするものであります。

 次に、議案第88号越前市職員の退職手当に関する条例の一部改正についてでありますが、本案は、雇用保険法等の一部を改正する法律により、国家公務員の退職手当について、雇用保険の受給資格要件の改正及び船員保険の失業部門が雇用保険制度に統合されることに伴う改正が行われることを受けまして、本市においても同様の改正をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は、雇用保険の受給資格要件の改正については平成19年10月1日から、船員保険の失業部門が雇用保険制度に統合されることに伴う改正については平成22年4月1日から施行いたそうとするものであります。

 次に、議案第89号越前市市税賦課徴収条例及び越前市下水道条例の一部改正についてでありますが、本案は、本年10月1日からの郵政民営化に伴い、関係する条例について所要の規定の整備をいたそうとするものであります。

 まず、第1条につきましては、郵便振替法が廃止されることから、越前市市税賦課徴収条例の一部を改正し、郵便振替貯金に関する規定を削除いたそうとするものであります。

 第2条につきましては、郵政事業が民営化されることを受けまして、越前市下水道条例の一部を改正し、公共下水道の敷地内の占用物件のうち郵政事業に係るものを占用料の徴収対象から除外している規定を削除いたそうとするものであります。

 なお、この条例は平成19年10月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 服部福祉保健部長。



◎福祉保健部長(服部秀一君) 〔登壇〕続きまして、議案第90号及び議案第91号の2案につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 まず、議案第90号越前市ひまわり作業所設置及び管理条例の一部改正についてでありますが、本案は、越前市ひまわり作業所の設置根拠を障害者自立支援法に改めるとともに、在籍者数の増加に伴い、定員「30人」から「35人」に改めようとするものであります。

 なお、この条例は平成19年10月1日から施行いたそうとするものであります。

 次に、議案第91号越前市身体障害者福祉工場設置及び管理条例の一部改正についてでありますが、本案は、越前市身体障害者福祉工場たけふ福祉工場が障害者自立支援法に基づき新たに福祉サービス体系へ移行することに伴い、題名ほか関係条文について所要の規定の整備を行うとともに、附則において、関係する越前市福祉ホーム設置及び管理条例の規定の整理をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は平成19年10月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中尾建設部長。



◎建設部長(中尾寛君) 〔登壇〕続きまして、議案第92号越前市駐車場設置及び管理条例の一部改正につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、公共交通機関の利用を促進するため、越前市駐車場設置及び管理条例の一部を改正いたそうとするものであります。

 その内容でございますが、公共交通機関利用者の利用の多い旧商工会議所跡地が暫定駐車場としての使用を終了することもあり、武生駅東駐車場の月決め制駐車区画の一部を変更し、公共交通機関の遠距離利用者専用の回数制駐車区画を設けようとするものであります。

 なお、この条例は平成19年10月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 赤川市民生活部長。



◎市民生活部長(赤川廣喜君) 〔登壇〕続きまして、議案第93号町の区域の変更につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、昭和48年に実施いたしました第1次住居表示に伴う町の区域の変更における旧武生市新町の地番の変更漏れを是正するため、小松2丁目及び新町の町の区域を変更することにつきまして、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当なる御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 西藤産業経済部長。



◎産業経済部長(西藤浩一君) 〔登壇〕続きまして、議案第94号町及び字の区域の変更につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、非補助土地改良事業武生小野地区の実施に当たり、小野町及び勝蓮花町の町及び字の区域を変更することにつきまして、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中尾建設部長。



◎建設部長(中尾寛君) 〔登壇〕議案第95号及び議案第96号の2案につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 まず、議案第95号町の区域の変更及び字の区域の廃止についてでありますが、本案は、土地区画整理法第86条第1項の規定により、武生市芝原土地区画整理事業の実施に伴う換地処分を行うための換地計画を定めるに当たり、芝原4丁目及び芝原5丁目の町の区域を変更し、及び字の区域を廃止することにつきまして、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。

 次に、議案第96号市道路線の認定及び変更についてでありますが、本案につきましては、道路法第8条第2項及び第10条第3項の規定に基づき、市道の路線を認定し、及び変更することにつきまして提案いたそうとするものであります。

 その内容でありますが、14路線、総延長にして2,127.9メートルを新たに市道として認定いたし、また3路線について、その区間を変更いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 横井教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(横井栄治君) 〔登壇〕続きまして、議案第97号工事の請負契約につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、越前市南中山小学校校舎改築工事の請負契約について提案いたそうとするものであります。

 この工事の入札は、制限つき一般競争入札として、去る8月20日に執行いたしました。

 入札業者は、株式会社ウエキグミ・大和建設株式会社・大進建設株式会社共同企業体、田中建設株式会社・株式会社川端工務店・株式会社三田村工務店共同企業体、株式会社関組・小泉建設株式会社・株式会社竹内工務店共同企業体、北信建設株式会社・上木建設株式会社・北日本建設株式会社共同企業体、株式会社ササキ工業・南越建設工業株式会社・和幸建設株式会社共同企業体であります。

 入札の結果、6億1,950万円にて株式会社関組・小泉建設株式会社・株式会社竹内工務店共同企業体が落札いたしました。

 工事の概況を申し上げますと、建設場所は、越前市中津山町第38号13番地の2であります。

 建物は、鉄骨造二階建て、1階床面積が1,583.44平方メートル、2階床面積が1,228.33平方メートル、3階床面積が14.112平方メートルで、延べ床面積2,825.883平方メートルであります。

 本工事は、管理棟、低・中学年棟、高学年棟及び既存特別教室棟にゾーニングされ、将来の屋内運動場改築を視野に入れた全体配置計画に基づき、既存屋内運動場を囲むように分散配置した回遊型の校舎改築としてあります。

 管理棟1階には児童玄関、保健室、職員室、校長室、トイレを、2階には教育相談室、会議室、低・中学年棟1階には1、2年普通教室、ワークスペース、生活科室、トイレを、2階には3、4年普通教室、ワークスペース、トイレを、高学年棟1階には多目的ホール、調理実習室、特別活動室、ワゴン置き場、トイレを、2階には5、6年普通教室、ワークスペース、教材室、談話コーナーなどを配置いたしました。また、既存特別教室棟は、1階、2階を取り込み、1階には図書室とパソコン室を隣接して配置し、ラーニングセンター的機能を持たせ、拡充を図りました。2階には特別活動室、理科室、理科準備室を設置いたしました。

 また、多目的ホール、調理実習室及び特別活動室を1階にまとめて配置し、学校支援ボランティアの活動や地域交流における活用、福井豪雨の教訓を生かした防災の拠点としての利用など、施設の地域への開放に配慮いたしました。多目的ホールの面積は約165平方メートルで、学年単位の集会や学習、グループ別の学習など多目的な利用を予定しております。

 また、車いす利用者の円滑な移動や効率的な給食運搬のためエレベーターを設置するとともに、内装には木材を多く使用するなど、ぬくもりのある環境づくりに心がけました。

 外観は、既存建物との調和を考慮し、リズミカルなアール屋根を用いて、明るく、やわらかで、おおらかなデザインとしました。

 工事期限は、平成20年12月26日であります。

 なお、本工事の電気設備工事は、1億2,075万円で林電気株式会社・坂野電気株式会社共同企業体が落札いたし、機械設備工事は、3,549万円で株式会社アカホリ管工が落札いたしましたので、あわせて御報告いたします。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中谷企画部長。



◎企画部長(中谷章君) 〔登壇〕続きまして、議案第98号越前市土地開発公社定款の一部変更につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、郵政民営化に伴い、郵便貯金法が廃止されることから、定款中の「郵便貯金」の文言を削除いたそうとするものであります。

 なお、この定款は、平成19年10月1日または福井県知事の認可のあった日のいずれか遅い日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(福田修治君) 以上をもって議案第65号から議案第98号までの提案理由の説明を終了いたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

 次会は9月7日午前10時から再開いたします。

       散会 午前11時13分







〔 参 照 〕

┌─────────────────────────────────────────┐

│           諸  会  議  等  報  告  書           │

│  平成19年第2回越前市議会定例会後に開催された議長会関係等の諸会議等について │

│ は、次のとおりである。                             │

│ 第1 議長会関係の諸会議について                        │

│  1 全国市議会議長会第83回定期総会                     │

│     平成19年6月19日(火)東京都において開催された。          │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  新市紹介                            │

│      (2)  表彰                              │

│          本市関係者は次のとおりである。                │

│          議員特別表彰    在職20年以上     玉 川 喜一郎  │

│             〃          〃        伊 藤 藤 夫  │

│             〃          〃        山 本 清 内  │

│             〃          〃        片 粕 正二郎  │

│      (3)  報告                              │

│          一般事務及び会計報告                     │

│          各委員会報告                         │

│      (4)  議案審議                            │

│          部会提出議案                         │

│           北信越部会から提出された「拉致事件の全容解明と早期解決並び │

│          に拉致被害者に対する支援について」「地域の公的基幹病院へ勤務 │

│          する医師の確保について」「北陸新幹線の早期整備について」外  │

│          20件                            │

│      (5)  役員改選                            │

│      (6)  感謝状贈呈                           │

│  2 北信越市議会議長会豪雪等災害対策特別委員会第1回幹事市会         │

│     平成19年7月2日(月)新潟県新発田市において開催された。       │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  第2回特別委員会の日程等について                │

│      (2)  第2回特別委員会の提出議題について               │

│      (3)  要望書(案)について                      │

│      (4)  要望先について                         │

│      (5)  その他                             │

│  3 北信越市議会議長会豪雪等災害対策特別委員会第2回特別委員会        │

│     平成19年7月2日(月)新潟県新発田市において開催された。       │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  提出議題の審議                         │

│      (2)  今後の運動方法等について                    │

│      (3)  その他                             │

│    (研修事項)                               │

│      講演 演題 「国の豪雪地帯対策について」               │

│             講師 国土交通省 都市・地域整備局地方整備課      │

│                       課長補佐 島 多 昭 典 氏    │

│  4 福井県市議会議長会事務局長会                       │

│     平成19年7月12日(木)大野市において開催された。          │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  平成19年度福井県市議会議長会臨時総会の日程等について     │

│      (2)  平成19年度福井県市議会議長会事務局職員研修会について     │

│      (3)  平成19年度福井県市議会議長会中央要望先及び先進地視察研修につ │

│        いて                               │

│      (4)  平成19年度福井県市議会議長会議員合同研修会について      │

│      (5)  その他                             │

│  5 平成19年度北信越・関東・東海ブロック議員年金制度に関する研修会     │

│     平成19年7月24日(火)東京都において開催された。          │

│  6 福井県市議会議長会事務局職員研修会                    │

│     平成19年8月1日(水)〜2日(木)坂井市において開催された。     │

│  7 平成19年度福井県市議会議長会事務局長会                 │

│     平成19年8月10日(金)大野市において開催された。          │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  臨時総会会場について                      │

│      (2)  臨時総会日程について                      │

│      (3)  視察について                          │

│      (4)  記念撮影について                        │

│      (5)  意見交換会について                       │

│      (6)  その他                             │

│  8 平成19年度福井県市議会議長会臨時総会                  │

│     平成19年8月10日(金)大野市において開催された。          │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  報告                              │

│        ア 福井県市議会議長会会務報告                  │

│        イ 北信越市議会議長会各特別委員会経過報告            │

│      (2)  議案審議                            │

│        ア 各市提出議案                         │

│      (3)  その他                             │

│  9 丹南地区市町議会議長会事務局長会                     │

│     平成19年8月29日(水)越前市において開催した。           │

│    (協議事項)                               │

│      (1)  議員研修会について                       │

│      (2)  その他                             │

│ 第2 議会関係の諸会議について                         │

│   6 月29日(金)                              │

│    全員協議会                                │

│     (協議事項) 平成20年度国・県への重要要望事項について        │

│   7 月 9 日(月)                              │

│    平成19年第2回武生三国モーターボート競走施行組合議会定例会       │

│     (議決等事項)                             │

│      1  専決処分の承認を求めることについて               │

│       (1)  平成18年度武生三国モーターボート競走施行組合一般会計補正予 │

│         算(第1号)                          │

│       (2)  武生三国モーターボート競走施行組合特別職の職員の給与及び旅費 │

│         等に関する条例の特例に関する条例の一部改正について       │

│      2  一般質問                            │

│   7 月10日(火)                              │

│    平成19年度仁愛大学との懇談会                      │

│     (研修事項) 仁愛大学の概要及び意見交換会               │

│   7 月17日(火)                              │

│    建設委員協議会                              │

│     (協議事項) 債権差押えによる取立て請求事件について          │

│   7 月26日(木)                              │

│    議会運営委員会小委員会                          │

│     (協議事項) 越前市議会だより第9号(平成19年8月15日発行)につい │

│           て                             │

│    議会運営委員会                              │

│     (協議事項)                              │

│       (1)  越前市議会だより(第9号)について              │

│       (2)  9月定例会について                      │

│    議会活性化検討委員会(第4回)                      │

│     (検討事項)                              │

│       (1)  検討事項等について                      │

│         ア 議会の監視権の強化について                 │

│         イ 所管事務調査の充実について                 │

│         ウ 議員間における自由討議の充実について            │

│       (2)  報告事項について                       │

│   8 月 3 日(金)                              │

│    総務委員協議会                              │

│     (協議事項) こしの都1500年プロジェクト事業概要について      │

│   8 月 8 日(水)                              │

│    議会活性化検討委員会(第5回)                      │

│    議会活性化に関する全員検討会                       │

│     (協議事項)                              │

│       (1)  検討事項等について                      │

│         ア 議会の監視権の強化について                 │

│         イ 所管事務調査の充実について                 │

│         ウ 議員間における自由討議の充実について            │

│   8 月21日(火)                              │

│    鯖江広域衛生施設組合議会代表者会議                    │

│     (協議事項)                              │

│       (1)  提出議案について                       │

│       (2)  会期日程および議事日程について                │

│       (3)  議席の指定について                      │

│    鯖江広域衛生施設組合議会全員協議会                    │

│     (協議事項)                              │

│       (1)  提出議案について                       │

│       (2)  会期日程および議事日程について                │

│       (3)  議席の指定について                      │

│    第58回鯖江広域衛生施設組合議会定例会                  │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議長の選挙                           │

│      2  副議長の選挙                          │

│      3  平成18年度鯖江広域衛生施設組合一般会計歳入歳出決算の認定につ │

│        いて                               │

│      4  平成19年度鯖江広域衛生施設組合一般会計補正予算(第1号)につ │

│        いて                               │

│      5  鯖江広域衛生施設組合職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正に │

│        ついて                              │

│      6  専決処分の承認を求めることについて(鯖江広域衛生施設組合職員定 │

│        数条例の一部改正について)                    │

│      7  専決処分の承認を求めることについて(鯖江広域衛生施設組合特別職 │

│        の職員の報酬および旅費等に関する条例の一部改正について)     │

│      8  議員の派遣について                       │

│   8 月27日(月)                              │

│    福井県丹南広域組合議会全員説明会                     │

│     (協議事項)                              │

│      1  9月定例会提出予定議案について                 │

│      2  環境基本計画(案)について                   │

│    福井県丹南広域組合議会全員協議会                     │

│     (協議事項) 第37回定例会について                  │

│      1  本会議の議事運営について                    │

│      2  提出議案の概要説明について                   │

│      3  行政視察について                        │

│      4  その他                             │

│    平成19年8月福井県丹南広域組合議会第37回定例会            │

│     (議決事項)                              │

│      1  平成19年度福井県丹南広域組合一般会計補正予算(第1号)    │

│      2  平成19年度福井県丹南広域組合ふるさと市町村圏振興事業特別会計 │

│        補正予算(第1号)                        │

│      3  平成18年度福井県丹南広域組合一般会計歳入歳出決算の認定につい │

│        て                                │

│      4  平成18年度福井県丹南広域組合ふるさと市町村圏振興事業特別会計 │

│        歳入歳出決算の認定について                    │

│      5  専決処分の承認を求めることについて(福井県丹南広域組合特別職の │

│        職員の報酬および旅費等に関する条例の一部改正について)      │

│      6  議員の派遣について                       │

│   8 月28日(火)                              │

│    議会運営委員会                              │

│     (協議事項) 9月定例会の運営について                 │

│    議会活性化検討委員会(第6回)                      │

│     (検討事項)                              │

│       (1)  検討事項等について                      │

│         ア 議会の監視権の強化について                 │

│         イ 所管事務調査の充実について                 │

│         ウ 議会報告会について                     │

│    公立丹南病院組合議会代表者会議                      │

│     (協議事項)                              │

│      1  定例会提出議案について                     │

│      2  会期および議事日程について                   │

│      3  議席の指定について                       │

│    公立丹南病院組合議会全員協議会                      │

│     (協議事項)                              │

│      1  定例会提出議案について                     │

│      2  会期および議事日程について                   │

│      3  議席の指定について                       │

│    平成19年第2回公立丹南病院組合議会定例会                │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議長の選挙                           │

│      2  平成18年度公立丹南病院組合病院事業会計決算の認定について   │

│      3  公立丹南病院組合病院事業の設置等に関する条例の一部改正について │

│      4  専決処分の承認を求めることについて(地方自治法の一部改正に伴う │

│        関係条例の整理に関する条例の制定について)            │

│      5  議員の派遣について                       │

│      6  一般質問                            │

│ 第3 陳情書等の受理                              │

│   7 月13日(金) 武生東小学校体育館早期改築を要望する陳情書を武生東小学校 │

│           体育館改築期成同盟会会長大柳登ほか3名から受理した。    │

│   8 月21日(火) 食料・農業・農村政策に関する要請書を農政連南条支部支部長 │

│           井上幹夫ほか1名から受理した。               │

│   8 月31日(金) 服間小学校に関する要請書を服間校PTA会長夏目裕行ほか7 │

│           名から受理した。                      │

│ 第4 行政視察について                             │

│  行政視察来庁者                                │

│    7 月13日(金) 愛知県西尾・幡豆三町正副議長会一行12名来庁      │

│    7 月18日(水) 静岡県藤枝市議会議員一行8名来庁            │

│    7 月25日(水) 福島県須賀川市議会議員一行3名来庁           │

│    8 月 9 日(木) 石川県能美市議会議員一行8名来庁            │

│    8 月10日(金) 兵庫県加古川市議会議員一行3名来庁           │

│    8 月23日(木) 徳島県鳴門市議会議員一行9名来庁            │

│    8 月30日(木) 東京都江東区議会議員一行10名来庁           │

└─────────────────────────────────────────┘


請 願 文 書 表
受理
番号請願第2号件 名品目横断的経営安定対策の見直しと、多様な担い手の育成を求める請願
平成19年 8 月28日受理請願者福井県農民連
 会長  玉 村 正 夫
紹介
議員前 田 修 治 君付 託
委員会議 会 運 営 委 員 会





 参議院選挙では、中小農家を政策の対象から外す品目横断的経営安定対策に対して、農家は「ノー」の意思を明確に示しました。それにもかかわらず、政府・与党は「説明が足りなかった」などと、開き直り、同対策を推進しようとしています。

 農村はいま、高齢化、後継者不足が深刻で、耕作放棄地も広がっています。こうした困難のおおもとには、輸入農産物の急増による、米価をはじめとする農産物価格の低迷があります。しかし、品目横断対策は、さらなる輸入自由化を前提に、中小農家を切り捨てるもので、困難を解決するどころか、農村の疲弊をさらに加速させるものであり、同対策の抜本的な見直しを求めます。
 日本農業を再生する道は、輸入を規制するとともに主要な農産物の価格保障政策を復活・充実させること、そして小さい農家やお年寄り、新規就農青年なども支援の対象に加え、多様な農業の担い手を育成していくことです。

 以上の趣旨から、下記の事項についての意見書を、政府および関係機関に提出してください。

                 記

1.品目横断対策を抜本的に見直し、農業をやりたい人、続けたい人をすべて対象にすること。

2.農産物の輸入を規制し、価格保障政策を復活・充実させること。

3.きめ細かな支援策を講じ、多様な農業の担い手を育成すること。






           平成19年第3回越前市議会定例会会期日程

                                  (会期17日)


日次月日曜日区分開議時刻開議場所事   項
第1日9月4日火本会議午前10時議  場 開 会
 諸般の報告
 会議録署名議員の指名
 会期の決定
 平成19年度各会計補正予算案
 平成18年度各会計決算認定案
 条例案、一般議案
 (提案理由の説明)
第2日9月5日水休 会     議案調査
第3日9月6日木休 会    
第4日9月7日金本会議午前10時議  場 議案に対する質疑・委員会付託
第5日9月8日土休 会      
第6日9月9日日休 会      
第7日9月10日月本会議午前10時議  場 一般質問
第8日9月11日火本会議午前10時議  場
第9日9月12日水本会議  議  場
第10日9月13日木委員会午前10時第1委員会室 教育厚生委員会
午前10時第2委員会室 産業経済委員会
第11日9月14日金委員会午前10時第1委員会室 総務委員会
午前10時第2委員会室 建設委員会
第12日9月15日土休 会      
第13日9月16日日休 会      
第14日9月17日月休 会     (敬老の日)
第15日9月18日火委員会午後2時第2委員会室 新幹線建設促進対策特別委員会
第16日9月19日水休 会      
第17日9月20日木委員会午前11時第1委員会室 議会運営委員会
本会議午後2時議  場 委員会審査結果報告
 (質疑・討論・採決)
 即決議案の審議
 閉 会


※ 委員会開催は、この日程をもって招集通知にかえさせていただきますから、ご了承願います。