議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 越前市

平成19年 3月第 1回定例会 03月22日−06号




平成19年 3月第 1回定例会 − 03月22日−06号







平成19年 3月第 1回定例会



          平成19年第1回越前市議会定例会(第6号)



 平成19年3月12日の会議に引き続き、平成19年3月22日午後2時から会議を再開した。

  =======================================

1 議事日程

┌─────────────────────────────────────────┐

│          平成19年第1回越前市議会定例会議事日程           │

│                        平成19年3月22日午後2時開議 │

│  第 6 号                                  │

│ 第 1  議案第26号 公益法人等への越前市職員の派遣等に関する条例の一部改正に │

│           ついて                           │

│ 第 2  議案第27号 越前市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び越前市庁舎構 │

│           内駐車場使用料徴収条例の一部改正について          │

│ 第 3  議案第28号 越前市職員の給与に関する条例の一部改正について      │

│ 第 4  議案第29号 越前市副市長定数条例の制定について            │

│ 第 5  議案第30号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備 │

│           に関する条例の制定について                 │

│ 第 6  議案第31号 越前市部設置条例の一部改正について            │

│ 第 7  議案第32号 越前市特別会計条例の一部改正について           │

│      (以上7案 総務委員会審査結果報告)                 │

│ 第 8  議案第33号 越前市児童養護施設設置及び管理条例の一部改正について   │

│      (教育厚生委員会審査結果報告)                    │

│ 第 9  議案第34号 越前市中小企業振興条例の一部改正について         │

│ 第10 議案第35号 今立町工業振興条例の廃止について             │

│ 第11 議案第36号 越前市手数料条例の一部改正について            │

│      (以上3案 産業経済委員会審査結果報告)               │

│ 第12 議案第37号 越前市住みよい街づくり推進条例の制定について       │

│ 第13 議案第38号 丹南都市計画越前市大規模集客施設制限地区建築条例の制定に │

│           ついて                           │

│      (以上2案 建設委員会審査結果報告)                 │

│ 第14 議案第39号 丹南都市計画事業神山土地区画整理事業施行規程を定める条例 │

│           等の廃止について                      │

│ 第15 議案第40号 越前市駐車場設置及び管理条例の一部改正について      │

│ 第16 議案第41号 越前市都市公園条例の一部改正について           │

│ 第17 議案第42号 越前市道路占用料徴収条例の一部改正について        │

│      (以上4案 建設委員会審査結果報告)                 │

│ 第18 議案第43号 越前市幼稚園設置及び管理条例の一部改正について      │

│      (教育厚生委員会審査結果報告)                    │

│ 第19 議案第44号 越前市総合計画基本構想を定めることについて        │

│      (総務委員会審査結果報告)                      │

│ 第20 議案第45号 福井県丹南広域組合規約の一部変更について         │

│ 第21 議案第46号 武生三国モーターボート競走施行組合規約の一部変更について │

│ 第22 議案第47号 南越清掃組合規約の一部変更について            │

│ 第23 議案第48号 鯖江広域衛生施設組合規約の一部変更について        │

│ 第24 議案第49号 福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及 │

│           び同組合規約の一部変更について               │

│ 第25 議案第50号 南越消防組合規約の一部変更について            │

│      (以上6案 総務委員会審査結果報告)                 │

│ 第26 議案第51号 公立丹南病院組合規約の一部変更について          │

│ 第27 議案第53号 越前市ふるさとギャラリー分館「らく」の指定管理者の指定に │

│           ついて                           │

│      (以上2案 教育厚生委員会審査結果報告)               │

│ 第28 議案第52号 越前市越前和紙の里コミュニティ広場の指定管理者の指定につ │

│           いて                            │

│      (産業経済委員会審査結果報告)                    │

│ 第29 議案第 1 号 平成19年度越前市一般会計予算              │

│      (各委員会審査結果報告)                       │

│ 第30 議案第 2 号 平成19年度越前市簡易水道事業特別会計予算        │

│ 第31 議案第 3 号 平成19年度越前市下水道特別会計予算           │

│ 第32 議案第 7 号 平成19年度越前市駐車場特別会計予算           │

│ 第33 議案第 8 号 平成19年度越前市農業集落排水事業特別会計予算      │

│ 第34 議案第 9 号 平成19年度越前市林業集落排水事業特別会計予算      │

│ 第35 議案第12号 平成19年度越前市ガス事業清算特別会計予算        │

│ 第36 議案第13号 平成19年度越前市水道事業会計予算            │

│ 第37 議案第14号 平成19年度越前市工業用水道事業会計予算         │

│      (以上8案 建設委員会審査結果報告)                 │

│ 第38 議案第 4 号 平成19年度越前市国民健康保険特別会計予算        │

│      (総務委員会・教育厚生委員会審査結果報告)              │

│ 第39 議案第 5 号 平成19年度越前市霊園事業特別会計予算          │

│ 第40 議案第 6 号 平成19年度越前市老人保健特別会計予算          │

│      (以上2案 総務委員会審査結果報告)                 │

│ 第41 議案第10号 平成19年度越前市介護保険特別会計予算          │

│      (教育厚生委員会審査結果報告)                    │

│ 第42 議案第11号 平成19年度越前市今立工業団地事業特別会計予算      │

│      (産業経済委員会審査結果報告)                    │

│ 第43 議案第15号 平成18年度越前市一般会計補正予算(第4号)       │

│      (各委員会審査結果報告)                       │

│ 第44 議案第16号 平成18年度越前市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3 │

│           号)                            │

│ 第45 議案第17号 平成18年度越前市下水道特別会計補正予算(第3号)    │

│ 第46 議案第22号 平成18年度越前市ガス事業清算特別会計補正予算(第1号) │

│ 第47 議案第23号 平成18年度越前市水道事業会計補正予算(第4号)     │

│ 第48 議案第24号 平成18年度越前市工業用水道事業会計補正予算(第1号)  │

│      (以上5案 建設委員会審査結果報告)                 │

│ 第49 議案第18号 平成18年度越前市国民健康保険特別会計補正予算(第3号) │

│      (総務委員会審査結果報告)                      │

│ 第50 議案第19号 平成18年度越前市介護保険特別会計補正予算(第3号)   │

│ 第51 議案第21号 平成18年度越前市障害区分認定審査会事業特別会計補正予算 │

│           (第2号)                         │

│      (以上2案 教育厚生委員会審査結果報告)               │

│ 第52 議案第20号 平成18年度越前市今立西部工業団地事業特別会計補正予算  │

│           (第2号)                         │

│      (産業経済委員会審査結果報告)                    │

│ 第53 議案第25号 平成18年度越前市ガス事業会計決算認定について      │

│      (建設委員会審査結果報告)                      │

│ 第54 請願第 1 号 公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・ │

│           安全」の確立を求める請願                  │

│      (議会運営委員会審査結果報告)                    │

│ 第55 議員の派遣について                           │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

2 本日の会議に付議した事件

 日程第 1  議案第26号 公益法人等への越前市職員の派遣等に関する条例の一部改正について

 日程第 2  議案第27号 越前市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び越前市庁舎構内駐車場使用料徴収条例の一部改正について

 日程第 3  議案第28号 越前市職員の給与に関する条例の一部改正について

 日程第 4  議案第29号 越前市副市長定数条例の制定について

 日程第 5  議案第30号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

 日程第 6  議案第31号 越前市部設置条例の一部改正について

 日程第 7  議案第32号 越前市特別会計条例の一部改正について

 日程第 8  議案第33号 越前市児童養護施設設置及び管理条例の一部改正について

 日程第 9  議案第34号 越前市中小企業振興条例の一部改正について

 日程第10 議案第35号 今立町工業振興条例の廃止について

 日程第11 議案第36号 越前市手数料条例の一部改正について

 日程第12 議案第37号 越前市住みよい街づくり推進条例の制定について

 日程第13 議案第38号 丹南都市計画越前市大規模集客施設制限地区建築条例の制定について

 日程第14 議案第39号 丹南都市計画事業神山土地区画整理事業施行規程を定める条例等の廃止について

 日程第15 議案第40号 越前市駐車場設置及び管理条例の一部改正について

 日程第16 議案第41号 越前市都市公園条例の一部改正について

 日程第17 議案第42号 越前市道路占用料徴収条例の一部改正について

 日程第18 議案第43号 越前市幼稚園設置及び管理条例の一部改正について

 日程第19 議案第44号 越前市総合計画基本構想を定めることについて

 日程第20 議案第45号 福井県丹南広域組合規約の一部変更について

 日程第21 議案第46号 武生三国モーターボート競走施行組合規約の一部変更について

 日程第22 議案第47号 南越清掃組合規約の一部変更について

 日程第23 議案第48号 鯖江広域衛生施設組合規約の一部変更について

 日程第24 議案第49号 福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合規約の一部変更について

 日程第25 議案第50号 南越消防組合規約の一部変更について

 日程第26 議案第51号 公立丹南病院組合規約の一部変更について

 日程第27 議案第53号 越前市ふるさとギャラリー分館「らく」の指定管理者の指定について

 日程第28 議案第52号 越前市越前和紙の里コミュニティ広場の指定管理者の指定について

 日程第29 議案第 1 号 平成19年度越前市一般会計予算

 日程第30 議案第 2 号 平成19年度越前市簡易水道事業特別会計予算

 日程第31 議案第 3 号 平成19年度越前市下水道特別会計予算

 日程第32 議案第 7 号 平成19年度越前市駐車場特別会計予算

 日程第33 議案第 8 号 平成19年度越前市農業集落排水事業特別会計予算

 日程第34 議案第 9 号 平成19年度越前市林業集落排水事業特別会計予算

 日程第35 議案第12号 平成19年度越前市ガス事業清算特別会計予算

 日程第36 議案第13号 平成19年度越前市水道事業会計予算

 日程第37 議案第14号 平成19年度越前市工業用水道事業会計予算

 日程第38 議案第 4 号 平成19年度越前市国民健康保険特別会計予算

 日程第39 議案第 5 号 平成19年度越前市霊園事業特別会計予算

 日程第40 議案第 6 号 平成19年度越前市老人保健特別会計予算

 日程第41 議案第10号 平成19年度越前市介護保険特別会計予算

 日程第42 議案第11号 平成19年度越前市今立工業団地事業特別会計予算

 日程第43 議案第15号 平成18年度越前市一般会計補正予算(第4号)

 日程第44 議案第16号 平成18年度越前市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第45 議案第17号 平成18年度越前市下水道特別会計補正予算(第3号)

 日程第46 議案第22号 平成18年度越前市ガス事業清算特別会計補正予算(第1号)

 日程第47 議案第23号 平成18年度越前市水道事業会計補正予算(第4号)

 日程第48 議案第24号 平成18年度越前市工業用水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第49 議案第18号 平成18年度越前市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 日程第50 議案第19号 平成18年度越前市介護保険特別会計補正予算(第3号)

 日程第51 議案第21号 平成18年度越前市障害区分認定審査会事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第52 議案第20号 平成18年度越前市今立西部工業団地事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第53 議案第25号 平成18年度越前市ガス事業会計決算認定について

 日程第54 請願第 1 号 公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願

 日程第55 議員の派遣について

  =======================================

3 出席議員(24人)

     1 番 吉 田 慶 一 君         2 番 細 川 かをり 君

     3 番 三田村 輝 士 君         4 番 川 崎 悟 司 君

     5 番 関   利英子 君         6 番 題 佛 臣 一 君

     7 番 小 形 善 信 君         8 番 城 戸 茂 夫 君

     9 番 北 野 光 夫 君        10番 佐々木 富 基 君

    11番 伊 藤 康 司 君        12番 大久保 恵 子 君

    13番 西 野 与五郎 君        14番 福 田 往 世 君

    15番 前 田 一 博 君        16番 中 西 眞 三 君

    17番 上 山 直 行 君        18番 福 田 修 治 君

    19番 嵐     等 君        20番 前 田 修 治 君

    21番 玉 村 正 夫 君        22番 金 子 芳 巧 君

    23番 玉 川 喜一郎 君        24番 片 粕 正二郎 君







4 議  事

        開議 午後2時00分



○議長(福田修治君) これより本日の会議を開きます。

  ================



△日程第1 議案第26号 〜 日程第11 議案第36号



○議長(福田修治君) 日程に入ります。

 日程第1議案第26号公益法人等への越前市職員の派遣等に関する条例の一部改正についてから日程第11議案第36号越前市手数料条例の一部改正についてまでの11案を一括して議題といたします。

 11案に関し、各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となりましたうち、総務委員会に付託されました

 議案第26号 公益法人等への越前市職員の派遣等に関する条例の一部改正について

 議案第27号 越前市職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び越前市庁舎構内駐車場使用料徴収条例の一部改正について

 議案第28号 越前市職員の給与に関する条例の一部改正について

 議案第29号 越前市副市長定数条例の制定について

 議案第30号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

 議案第31号 越前市部設置条例の一部改正について

 議案第32号 越前市特別会計条例の一部改正について

 以上7案につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 総務委員会は、去る3月15日及び16日に委員会を開き、付託案件の審査をいたしました。

 本7案につきまして、16日の委員会において関係理事者の出席を求め審査をいたしました結果、7案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、教育厚生委員会に付託されました

 議案第33号 越前市児童養護施設設置及び管理条例の一部改正について

委員会の審査の結果を御報告いたします。

 教育厚生委員会は、去る3月13日及び14日に委員会を開き、付託案件の審査を行いましたが、本案につきましては、13日の委員会において関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中西産業経済委員長。



◆産業経済委員長(中西眞三君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、産業経済委員会に付託されました

 議案第34号 越前市中小企業振興条例の一部改正について

 議案第35号 今立町工業振興条例の廃止について

 議案第36号 越前市手数料条例の一部改正について

 以上3案につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本3案につきましては、去る13日に委員会を開き、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、3案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業経済委員会の審査の結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 11案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本11案については、各委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第26号、議案第27号、議案第28号、議案第29号、議案第30号、議案第31号、議案第32号、議案第33号、議案第34号、議案第35号、議案第36号の11案は、いずれも原案どおり可決されました。

  ================



△日程第12 議案第37号 ・ 日程第13 議案第38号



○議長(福田修治君) 日程第12議案第37号越前市住みよい街づくり推進条例の制定について、日程第13議案第38号丹南都市計画越前市大規模集客施設制限地区建築条例の制定について、以上2案を一括して議題といたします。

 2案に関し、委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となりました議案につきまして、建設委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本委員会は、去る3月15日及び16日に委員会を開き、付託案件の審査を行いましたが、2案につきましては、16日の委員会において関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、まず越前市住みよい街づくり推進条例の制定に関し、委員からは、さきの本会議で論議のあった協働によるまちづくりを推進する条例において事業者の責務規程を設定しない理由についてさらに質疑がなされ、理事者からは、本市が既に制定、運用している最上位条例である越前市自治基本条例の理念や趣旨は、個別条例である住みよい街づくり推進条例にも反映することから、市内で活動する事業者にも、この推進条例で規定する市民などの責務が適用されると解釈しているとの答弁がなされました。

 さらに、委員からは、市民との協働をうたうこの推進条例は策定することが目的ではなく、市民とともに意識を高め、今後ともこの条例の理念に沿ってまちづくりに生かせることが重要であることから、市民などによく周知し、市民によるまちづくりの原動力となるよう推進に努められたいとの要望意見が出されました。

 次に、丹南都市計画越前市大規模集落施設制限地区建築条例の制定についての審査に際して、委員からは、この条例をほかの市町に先駆けして制定することによって、今後近隣市町に大規模集落施設が立地した場合、本市から買い物客が流出するおそれがあることや、過去の都市開発事業での教訓を踏まえ、附則にうたわれている条例施行の日である都市計画変更の告示日の前には説明のために議会調整を図られたいとの要望がなされました。

 理事者からは、重ねて市の都市計画審議会と県の同意を得た段階で説明をしていきたいとの答弁がなされました。

 以上2案の審査に当たり、特に論議のあった点について申し上げましたが、審査の結果、議案第37号、議案第38号の2案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査の結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) ただいまの委員長報告の中で、1点は「きょうろう」という話が出ましたけれども「協働」、それから2点目は「集落」でなしに「集客」ということで訂正をさせていただきます。

 委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 2案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本2案については、委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第37号、議案第38号の2案は、いずれも原案どおり可決されました。

  ================



△日程第14 議案第39号 〜 日程第18 議案第43号



○議長(福田修治君) 日程第14議案第39号丹南都市計画事業神山土地区画整理事業施行規程を定める条例等の廃止についてから日程第18議案第43号越前市幼稚園設置及び管理条例の一部改正についてまでの5案を一括して議題といたします。

 5案に関し、各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となりましたうち、建設委員会に付託されました

 議案第39号 丹南都市計画事業神山土地区画整理事業施行規程を定める条例等の廃止について

 議案第40号 越前市駐車場設置及び管理条例の一部改正について

 議案第41号 越前市都市公園条例の一部改正について

 議案第42号 越前市道路占用料徴収条例の一部改正について

 以上4案につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本4案につきましても、去る3月16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、4案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、教育厚生委員会に付託されました

 議案第43号 越前市幼稚園設置及び管理条例の一部改正について

委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る3月14日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 5案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本5案については、各委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第39号、議案第40号、議案第41号、議案第42号、議案第43号の5案は、いずれも原案どおり可決されました。

  ================



△日程第19 議案第44号



○議長(福田修治君) 日程第19議案第44号越前市総合計画基本構想を定めることについてを議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となりました議案第44号につきまして、総務委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る15日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案については、委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第44号は原案どおり可決されました。

  ================



△日程第20 議案第45号 〜 日程第28 議案第52号



○議長(福田修治君) 日程第20議案第45号福井県丹南広域組合規約の一部変更についてから日程第28議案第52号越前市越前和紙の里コミュニティ広場の指定管理者の指定についてまでの9案を一括して議題といたします。

 9案に関し、各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となりましたうち、総務委員会に付託されました

 議案第45号 福井県丹南広域組合規約の一部変更について

 議案第46号 武生三国モーターボート競走施行組合規約の一部変更について

 議案第47号 南越清掃組合規約の一部変更について

 議案第48号 鯖江広域衛生施設組合規約の一部変更について

 議案第49号 福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合規約の一部変更について

 議案第50号 南越消防組合規約の一部変更について

 以上6案につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本6案につきましても、去る15日、16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査をいたしました結果、6案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査結果の御報告とさせていただきます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、教育厚生委員会に付託されました

 議案第51号 公立丹南病院組合規約の一部変更について

 議案第53号 越前市ふるさとギャラリー分館「らく」の指定管理者の指定について

 以上2案について、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本2案につきましても、去る3月13日及び14日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、2案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中西産業経済委員長。



◆産業経済委員長(中西眞三君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、産業経済委員会に付託されました

 議案第52号 越前市越前和紙の里コミュニティ広場の指定管理者の指定について

委員会の審査の結果をご報告いたします。

 本案につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を認めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業経済委員会の審査の結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 9案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本9案については、各委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第45号、議案第46号、議案第47号、議案第48号、議案第49号、議案第50号、議案第51号、議案第53号、議案第52号の9案は、いずれも原案どおり可決されました。

  ================



△日程第29 議案第1号



○議長(福田修治君) 日程第29議案第1号平成19年度越前市一般会計予算を議題といたします。

 本案に関し、各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕ただいま議題となりました

 議案第1号 平成19年度越前市一般会計予算のうち

教育厚生委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算中

  歳出第3款 民生費、ただし1項1目社会福祉総務費のうち14後期高齢者医療事業並びに2目医療会計費のうち1保険基盤安定制度繰出金事業、2国民健康保険特別会計繰出金事業及び3老人保健特別会計繰出金事業並びに6目国民年金費を除く部分

    第4款 衛生費、ただし1項1目保健衛生総務費のうち7公衆浴場振興対策事業、3目斎場費、4目環境対策費及び5目合併処理浄化槽費並びに2項清掃費を除く部分

    第10款 教育費

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましては、去る13日及び14日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、まず歳出第3款民生費中2項児童福祉費に計上された公立保育園管理運営事業について、委員からは、花筺保育園の今後のあり方についてただされ、理事者からは、花筺保育園については、地域の少子化傾向も踏まえる中、就学前教育のあり方として今後考えられる幼・保一体化などの情報などを提供することも含め、平成17年以来、保護者と継続して意見交換を重ねてきている。また、施設の老朽化等も考慮し、今後市全体での保育園と幼稚園の合同活動などを含めた方向性について、平成19年度において教育委員会に設置される就学前教育検討委員会との連携、協調を図りながら、地域の意見を尊重しつつ検討を進めたいとの答弁がなされました。

 次に、同じく民生費中児童福祉費の児童健全育成事業費に計上された放課後児童クラブ事業及び歳出第10款教育費中社会教育費の地区公民館費に新たに計上された放課後子ども教室推進事業の2つの事業を通して、委員からは、放課後における児童・生徒の安心・安全対策についてただされ、理事者からは、放課後子どもプランを新たにつくる中で、両事業の特色を十分生かしながら教育委員会と福祉保健部とが連携を密にして、各地区における人材、施設などを考慮した地区の状況に応じた地区ごとのプランを作成し、全地区での取り組みの充実によって、放課後児童の健全育成に努めていきたいとの答弁がなされました。

 さらに、委員からは、放課後の子供の居場所として17地区全地区で1年生から6年生の児童が放課後、安心して過ごせる環境整備を図られたいとの要望が示されました。

 次に、同じく教育総務費に計上されたいじめ問題対策学校支援事業に関し質疑がなされ、委員からは、いじめ問題対策について現場教員を支援できるよう、教育委員会側から各学校に対し統一した明確な指導の方向性が打ち出せないかただされ、理事者からは、いじめ問題については、各学校で既に種々の取り組みを行ってきている現状である。さらに、学校現場での取り組みを支援するため、いじめ問題対策学校支援事業として各学校に委託し、校内での取り組みに生かせるよう新たに予算化を行ったところであるが、いじめ問題については、学校現場だけで解決できるものではないと考えている。地域、保護者、家庭の連携が必要であり、市全体の取り組みとして教育総務費中教育指導費に計上した子どもの心支援対策事業を通してPTA連合会などに働きかけ、保護者を対象としたいじめの防止、人権の尊重などに関する研修会なども開催していきたいとの答弁がなされました。

 以上、審査に当たり、特に議論のあった点を申し上げましたが、審査の結果、本件につきましては原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中西産業経済委員長。



◆産業経済委員長(中西眞三君) 〔登壇〕ただいま議題となっております議案第1号のうち、産業経済委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算中

  歳出第5款 労働費

    第6款 農林水産業費、ただし1項2目農業総務費のうち9簡易水道事業特別会計繰出金事業及び10農業集落排水事業特別会計繰出金事業並びに2項1目林業総務費のうち9林業集落排水事業特別会計繰出金事業を除く部分

    第7款 商工費、ただし1項1目商工総務費のうち11サンドーム福井負担金事業を除く部分

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、まず歳出第6款農林水産業費中農業振興費に計上された農地・水・環境保全向上対策事業71万5,000円について、委員から、この事業の内容についてただされ、理事者からは、この事業は平成19年度から開始するもので、活動着手後5カ年間の義務事業となっているものであり、農業用排水路の保全を行うことで環境に優しい農業を行っていく集落及び組織に対して支援する事業であるとの説明がなされました。

 さらに、委員からは、この事業を機に農業と環境活動の取り組みをあわせて取り組んでいくことで、環境保全に対する意識を各町内に培っていくような指導はできないかとただされました。

 理事者からは、この事業のねらいの一つとして、環境保全に対する意識を強く持ち、事業が終了した後も永続的に続くような形を指導していきたいとの説明がなされました。

 重ねて、委員からは、交付金ありきの事業にならないよう、出前講座などを通して地域での説明会を通し、事業本来の趣旨の浸透を図られたいとの要望意見が出されました。

 同じく農業振興費において、委員から、環境調和型農業の推進に関して、環境農業を進める上での技術指導及び有機農法に対する考え方についてただされました。

 理事者からは、環境調和型農業を進めていく担い手やリーダーについて市での養成や指導は難しいが、農業技術の指導育成を行っている県の南越農林総合事務所において、平成19年度から環境調和型農業の技術の集積・分析作業に着手する際には、これらの技術的指導の取り組み等を活用していきたいとの答弁がなされました。

 さらに、委員からは、有機農業推進法ができ、循環型社会の構築に向けた取り組みは加速される方向にあり、本市として農政課など関係所管課が相互に連携し、有機農法の推進に邁進されたいとの要望意見も出されました。

 次に、第7款商工費中観光費に計上された菊人形支援事業に関して、ことしの菊人形のメーンテーマ、特徴及び市民参加での取り組み方についてただされ、理事者からは、今年10月3日から11日4日までの33日間開催予定の2007菊人形のメーンテーマとしては、菊絵巻「風林火山」が決定しているところである。また、今年の特徴としては、こしの都1500年と連携した企画も考えている。また、市民参加型の取り組みについては、野外ステージでの市民参加型の演目や体験コーナーを引き続き行っていきたいとの説明がなされました。

 また、委員からは、菊人形、見流し館のあり方についてただされ、理事者からは、平成14年2月、たけふ菊人形検討検討委員会において市民参加型に事業転換する提言を受け、その中で実施してきた経緯もある。現在、実行委員会で見直し検討委員会ワーキンググループを立ち上げ、見流し館のあり方も含め検討を進めており、さらなる菊人形事業の充実に努力していきたいとの説明がなされました。

 続いて、同じく商業振興活性化費における中心市街地活性化事業に関して、委員からは、市の支援に頼るばかりでなく、各商店街等経営者みずからが積極的に取り組む姿勢が重要であり、そうした指導も行っていくべきではないかとただされました。

 理事者からは、経営者みずからが進んで動き出し、各種活動が着実に伸びていくような取り組みを目指していきたいとの答弁がなされました。

 以上、審査に当たり、特に論議のあった点を申し上げまたが、審査の結果、本件につきましても原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業経済委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となっております議案第1号のうち、建設委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算中

  歳出第4款 衛生費中1項5目合併処理浄化槽費

    第6款 農林水産業費中1項2目農業総務費のうち9簡易水道事業特別会計繰出金事業及び10農業集落排水事業特別会計繰出金事業並びに2項1目林業総務費のうち9林業集落排水事業特別会計繰出金事業

    第8款 土木費、ただし2項4目交通安全施設整備費及び6目除雪対策費のうち2積雪対策事業を除く部分

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましても、去る15、16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、まず歳出第8款土木費中都市計画総務費に計上された中心市街地活性化事業について、委員からは、今後中心市街地活性化基本計画が国の認定を受けるためには、まちづくり会社や活性化協議会を設置することが必要となり、最終的にはタウンマネジャーを配置することになる。中心市街地活性化を成功に導くキーマンとしてのこのタウンマネジャーが関係者の信頼を獲得して思い切って仕事ができるよう、人材確保に当たっては議会の理解を深めるような仕組みが必要ではないかとただされました。

 これに対し、理事者からは、タウンマネジャーについては、現在商工会議所に人選を依頼しているところであるが、決まり次第、早急に関係組織を立ち上げていきたい。その上で、行政、商工会議所、まちづくり会社、実施事業主体、関係住民が協働して中心市街地活性化を推進していきたいとの答弁がなされました。

 重ねて、委員からは、タウンマネジャーの設置に当たっては民間の会社に属することとなるが、市や議会の意見を尊重しながら配置するよう十分考慮されたいとの要望意見が示されました。

 次に、歳出第8款土木費中雪寒地域道路事業費に計上された雪寒地域道路整備事業費について、委員からは、新年度から無雪化計画の策定に入るが、除雪路線の認定基準や今後どれくらいの期間をかけて計画策定し、今までに地元から出ている要望意見をどのように反映していくのか、また策定内容の基本方針がただされました。

 これに対し、理事者からは、基準や地元の要望については、庁内に設置する委員会で議論して除雪路線の認定基準づくりをし、平成20年度の予算に間に合うようにしたい。また、地元からの要望については、無雪化計画の中に織り込めるかどうかを庁内の委員会の議論を通して判断していきたいとの答弁がありました。

 また、計画策定に当たっては、旧今立町も含めた越前市全体での計画を考える必要があり、今後の除雪路線の選定に当たっては、交通量を考慮し費用対効果を判断しながら決定していきたいとの基本方針が示されました。

 以上、審査に当たり、特に議論のあった点について申し上げましたが、審査の結果、本件につきましても原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となっております議案第1号のうち、総務委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算中

  歳入全部

  歳出第1款 議会費

    第2款 総務費

    第3款 民生費中1項1目社会福祉総務費のうち14後期高齢者医療事業並びに2目医療会計費のうち1保険基盤安定制度繰出金事業、2国民健康保険特別会計繰出金事業及び3老人保健特別会計繰出金事業並びに6目国民年金費

    第4款 衛生費中1項1目保健衛生総務費のうち7公衆浴場振興対策事業、3目斎場費及び4目環境対策費並びに2項清掃費

    第7款 商工費中1項1目商工総務費のうち11サンドーム福井負担金事業

    第8款 土木費中2項4目交通安全施設整備費及び6目除雪対策費のうち2積雪対策事業

    第9款 消防費

    第11款 公債費

    第12款 諸支出金

    第13款 予備費

 第2条 継続費

 第3条 債務負担行為

 第4条 地方債

 第5条 一時借入金

 第6条 歳出予算の流用

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましても、去る15日及び16日の委員会におきまして、関係理事者の出席を求めて審査をいたしました。

 審査に当たりまして、まず歳出第1款総務費中企画費に計上されたこしの都1500年プロジェクト助成事業について、委員からは、まずこの厳しい財政状況の中、各種団体への補助金が削減されている中、この事業に対しては多額の支援を行おうとしていることに関し、行政と民間の費用分担に対する基本的な考え方がただされました。

 理事者からは、このプロジェクト事業は継体天皇の即位1500年という大きな節目の年にあることを契機に、伝統産業や伝統芸能など歴史的遺産を再認識する中でこれらを伝承し、物づくり、人づくりを通して地域の活性化を図ろうという観点で進めている事業である。事業実施に当たっては、市が主体となって行う事業、民間が主体で行う事業、お互いが協働で行う事業に分類、整理する中で費用の分担を考えている。特に、青少年に対する歴史文化の伝承や人づくりといったふるさと教育は、行政が主体的に行っていくべきものとして考えており、また町中で開催されるイベントについては、民間主体で開催される予定であるとの答弁がなされました。

 また、委員から、この事業を一過性のもので終わらせないようにするための展開方策についてただされ、理事者からは、事業を進める中で伝統文化、伝統産業を伝承し、これを物づくりの再出発点として今後のまちづくり、ふるさとづくりにつなげていきたいとの答弁がなされました。

 さらに、委員から、補助金の使い道や使い方をどのようにチェックしていくのかがただされまして、理事者からは、補助金は直接実行委員会に交付するのではなく、越前市文化振興事業団において各事業を精査した上で交付することにし、補助交付手続に沿った適正な執行がなされるような措置を講じたいとの答弁がなされました。

 重ねて、委員から、事業推進に当たっては、議会に対しての事業内容の説明など行政としての責任を果たすとともに、指導、チェック体制に万全を期されたいとの要望意見が示されました。

 次に、同じく、生活安全対策費に計上されました自主防災組織育成事業の審査においては、この組織育成事業と関連して、委員からは、現在の地域防災計画の中では、自主防災組織のあり方として町内単位の自主防災組織は区長の指揮のもとで活動を行うこととし、また地区単位の場合は、自治振興会をその地区の自主防災組織として位置づけている。しかしながら、この地区単位の組織については、訓練などの場合は別にしても、実際に災害が発生した場合には、住民に対する指揮命令調整系統は、区長または区長会を頂点とする構造が位置づけられ、権限の面で明確化されており、町内から地区へ拡大移行する防災・避難体制の動きの中では、地区全体として緊密な連絡調整が必要となる現場での対応が自治振興会を基礎に置く組織ではうまく機能しないと思われる。この点で、地域防災計画における地区単位の自主防災組織の位置づけを見直すことが必要ではないかとただされました。

 理事者からは、各地区によって自治振興会の中での防災組織の形態や条件が異なっていることもあり、現場指揮を行う施設場所や命令系統の確認などについては、本年6月17日に実施を予定している7月豪雨実証訓練の中で問題点を検証し、防災計画の実効性を高めていきたいとの答弁がなされました。

 以上、審査に当たり、特に論議のあった点を申し上げましたが、審査の結果、本件につきましては原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査結果の御報告とさせていただきます。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 玉村正夫君。



◆(玉村正夫君) 〔登壇〕私は、越前市議会日本共産党議員団を代表いたしまして、ただいま議題となっています議案第1号平成19年度越前市一般会計予算案に対し、反対の立場で討論を行います。

 今回提案された予算案には、子供たちの教育環境をよくするための北新庄小学校、南中山小学校の校舎改築事業、寂れいく中心商店街への活性化対策関連事業、お年寄りの立場を配慮した市民バスの本格運行事業など一定の住民の声の反映が見えるものとなっています。

 また、今議会では市長と一部議員の間で、合併協議会での合意事項である新庁舎建設への合併特例債の活用問題で白熱した議論が交わされました。この中での子供たちの命を優先するとの市長答弁は、ケーブルテレビを見ていた一般市民から大きな反響を呼んでおり、私もこの答弁内容を高く評価するものであります。

 しかしながら、私どもがこの予算に反対する最も大きな理由は、合併協議内容を尊重するとの理由で、新庁舎建設のための財源確保の見通しが全くなく、いつ実現するかもわからない不透明な事業に対し、新しい庁舎建設基金積立金として約1億5,000万円を予算化したからであります。このことは、住民の暮らしを守るとの自治体本来の役割からすれば、到底認めるわけにはいきません。

 今月の15日、全国約1,700の病院や診療所などが加盟する全日本民主医療機関連合会は、東京都内で記者会見を行い、昨年1月から9月に、だれにもみとられずに死亡したひとり暮らしの患者が少なくとも99人に上り、その多くが生活保護受給者など貧困世帯に属する人たちであったとする孤独死実態調査を発表いたしました。

 また、約2万人を対象とした高齢者生活実態調査と国民健康保険証を取り上げられたために受診がおくれ、2005年1月から07年2月に死亡したなどの29事例に関する国保死亡事例調査の結果も公表しました。

 私どもは、耐震性上問題のある市役所庁舎をそのままにしておいてもいいとは決して思っておりません。しかし、今私どもが直視しなければならないことは、住民の暮らしの実態であります。今、政府によって庶民大増税と社会保障制度の改悪が押しつけられ、住民の暮らしの危機と生活不安はかってなく高まっており、住民からは大きな怒りの声が上がっています。高齢者に向けられた年金大増税に加え、ことし半減された定率減税は、ことし1月に消費税で全廃され、6月には住民税で全廃となる予定となっています。この影響は高齢者だけではなく、サラリーマン、自営業者を含め税金を払っているすべての国民に及ぶわけで、さらなる怒りの広がりは必至であります。

 そして、社会保障制度の改悪はどうでしょうか。低所得者、社会的弱者の排除が進められ、支援を必要とする人までをも給付から排除する動きが起こっています。困ったときにこそ頼りになるべき社会保障制度が実際に必要なときに使うことができない。高い保険料だけが無理やり取り立てられ、いざというときには使えない。見放される。まさに社会保障制度が国民の暮らしを守るという機能を失い、逆に国民の暮らしを苦しめるものとなりつつあるのであります。

 このような状態の中で今地方自治体に問われていることは、国の悪政から住民を守る防波堤の役割を果たすのか、それとも国とともに悪政の推進者となるかということであります。具体的には、庶民大増税と社会保障制度の改悪に自治体としてどう対応するのか、どうやって人間らしく暮らせる地域社会を築くのか、そのために自治体としてどういう取り組みが可能かなど、住民の立場での対応が求められているのではないでしょうか。

 今議会での市長所信は、厳しい時代の中にあっても市民生活に直結した事業の積極的な推進を図り、越前市に住みたい、住んでよかった、これからも住み続けたいと暮らしやすさを実感できる元気な自立都市越前を市民との協働により創造していく。特に、緊急を要する課題である子供の教育の場であり、災害時の地域住民の避難所となる学校施設の安全確保については、耐震診断の結果の判明で、かなりの小・中学校で校舎及び屋内運動場の改築や耐震補強が迫られ、多額の予算が必要となる。国の補助事業採択を前提に合併特例債を最大限に活用し、小・中学校の改築や耐震補強を推進していくと述べ、自治体本来の役割を発揮しなければならない地方自治体の首長としての当然の決意を表明されました。このことに対しては、深い敬意を表したいと思います。

 しかしながら、この際、私ども市長に強く訴えるものであります。もしそうであるならば、一般住民の立場に立って今議会での市長所信で述べたとおりの政治姿勢をあくまでも貫き通し、庁舎建設基金積立金として予算化した1億5,000万円の財源を、高くて払い切れない国保税の引き下げをと願う所得の低い国保加入者の声や負担が重くて必要な介護が受けられないお年寄りからの介護保険料利用料の軽減をとの切実な願いにこたえ、住民の暮らしに役立つものに振り向けるべきであることを強く求めるものであります。

 以上、提案された一般会計予算案に対しての私の反対討論といたします。



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 本案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本案については、各委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(福田修治君) 起立多数と認めます。

 よって、議案第1号は原案どおり可決されました。

  ================



△日程第30 議案第2号 〜 日程第42 議案第11号



○議長(福田修治君) 日程第30議案第2号平成19年度越前市簡易水道事業特別会計予算から日程第42議案第11号平成19年度越前市今立工業団地事業特別会計予算までの13案を一括して議題といたします。

 13案に関する各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となりましたうち、建設委員会に付託されました

 議案第2号 平成19年度越前市簡易水道事業特別会計予算

 議案第3号 平成19年度越前市下水道特別会計予算

 議案第7号 平成19年度越前市駐車場特別会計予算

 議案第8号 平成19年度越前市農業集落排水事業特別会計予算

 議案第9号 平成19年度越前市林業集落排水事業特別会計予算

 議案第12号 平成19年度越前市ガス事業清算特別会計予算

 議案第13号 平成19年度越前市水道事業会計予算

 議案第14号 平成19年度越前市工業用水道事業会計予算

 以上8件につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本8件につきましても、去る3月15日、16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、特に2特別会計について質疑があり、まず下水道特別会計予算については、委員から、公共下水道建設事業における工事請負費の17億4,781万5,000円の計上について、19年度における管渠築造工事の実施区域、また東部処理区の進捗見通しについてただされました。

 理事者からは、管渠築造工事として東部処理区では八幡1丁目、村国1・2丁目、押田1丁目を、家久処理区では妙法寺町、塚原町を、今立処理区では粟田部町、岩本町、不老町、大滝町、野岡町の各地係を予定している。特に、東部処理区については平成21年度の供用開始までには、ある程度の範囲まで管渠築造工事を進めたいとの答弁がなされました。

 重ねて、委員からは、市民が快適な生活が送られるように、さらなる事業の進捗が強く要望されました。

 次に、ガス事業清算特別会計について、委員からは、ガス事業を売却した際の決済金の使途についてただされました。

 理事者からは、昨年10月、市ガス事業を民間事業者に譲渡したことにより、その譲り渡し額をもって、これまでの長期借入金を一括繰上償還し、一般会計からの出資金も返還する予定である。その残りが平成19年度予算の予備費として16億7,000万円余りあるが、譲渡前に市が行った需要家のガス器具の点検等における瑕疵、そのほか不測の事態に対処できるよう、3年から5年は清算事務に係る所要の経費を含めて留保しておきたいとの答弁がありました。

 以上、審査に当たり、議論のあった点について申し上げましたが、審査の結果、本8案はいずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、総務委員会に付託されました

 議案第4号 平成19年度越前市国民健康保険特別会計予算のうち

  第1条 歳入歳出予算中事業勘定

  第2条 一時借入金

 議案第5号 平成19年度越前市霊園事業特別会計予算

 議案第6号 平成19年度越前市老人保健特別会計予算

 以上3案件につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本3案件につきましても、去る15日及び16日の委員会におきまして、関係理事者の出席を求めて審査をいたしました。

 審査に当たりましては、特に議案第4号平成19年度越前市国民健康保険特別会計予算の事業勘定の審査において、委員から、本会議での質疑にもありました国保加入者に対する人間ドックの助成事業においては、利用者の要望などにも配慮し、市内の医療機関だけに限らず、市外の医療機関の受診も助成対象にしていくべきではないかとただされました。

 理事者からは、基本的には身近な医療機関でかかりつけ医を持っていただくことにより、市民の健康保持、健康増進を図っていきたいという視点で、市内の医療機関での人間ドックの受診を進めているところである。しかし、さきの本会議での質疑、答弁を踏まえ、その後医師会とも協議を進めており、平成19年度から市外の一部医療機関においても人間ドックの受診助成ができるよう、現在その調整作業に入っているところである。今後、必要な手続が整えば、広報などを通じて市民に周知していきたいとの答弁がなされました。

 以上、審査に当たり、特に論議のあった点を申し上げましたが、審査の結果、3案件いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、教育厚生委員会に付託されました

 議案第4号 平成19年度越前市国民健康保険特別会計予算のうち

  第1条 歳入歳出予算中診療所勘定

 議案第10号 平成19年度越前市介護保険特別会計予算

 以上2案件につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本2案件につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、2案件いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中西産業経済委員長。



◆産業経済委員長(中西眞三君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、産業経済委員会に付託されました

 議案第11号 越前市今立工業団地事業特別会計予算

について、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業経済委員会の審査の結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 13案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本13案については、各委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第2号、議案第3号、議案第7号、議案第8号、議案第9号、議案第12号、議案第13号、議案第14号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第10号、議案第11号の13案は、いずれも原案どおり可決されました。

  ================



△日程第43 議案第15号



○議長(福田修治君) 日程第43議案第15号平成18年度越前市一般会計補正予算第4号を議題といたします。

 本案に関し、各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕ただいま議題となりました

 議案第15号 平成18年度越前市一般会計補正予算第4号のうち

教育厚生委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算の補正中

  歳出第3款 民生費、ただし1項2目医療会計費のうち1保険基盤安定制度繰出金事業を除く部分

    第4款 衛生費、ただし1項3目斎場費及び4目環境対策費並びに2項清掃費を除く部分

    第10款 教育費

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましては、去る13日及び14日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、歳出第10款教育費中2項小学校費及び3項中学校費の教育振興費に計上された情報教育設備整備事業について、委員からは、各小・中学校におけるLAN整備委託内容についてただされ、理事者からは、平成19年度当初予算で計上した各小・中学校のコンピューター教室及び教員用に配備するパソコン約1,200台について、今回の補正予算において、それらをつなぐLAN整備を行うこととしたい。整備に当たっては、ウイルス対策、アクセス制御、コンピューターの接続制限、通信制御、通信障害回避の5項目を柱として、個人情報の漏えい防止及び職員室内機器の重要データを守るためのセキュリティー対策に対応する委託事業であるとの答弁がなされました。

 以上、審査に当たり、特に議論のあった点を申し上げましたが、審査の結果、本件につきましては原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中西産業経済委員長。



◆産業経済委員長(中西眞三君) 〔登壇〕ただいま議題となっております議案第15号のうち、産業経済委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算の補正中

  歳出第5款 労働費

    第6款 農林水産業費

    第7款 商工費

    第14款 災害復旧費中1項農林業施設災害復旧費

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業経済委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となっております議案第15号のうち、建設委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算の補正中

  歳出第8款 土木費

    第14款 災害復旧費中2項土木施設災害復旧費

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る3月16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 審査に当たりましては、委員から、土木費の公園費に計上された1,900万円の遊具の整備工事費について設置場所の選定方法や、また既存遊具との影響や供用時期についてただされました。

 理事者からは、今回中央公園に設置する遊具については、菊人形との関係もあり、市の産業経済部などの関係機関と協議を進め、ほかの施設に影響のないモノレール軌道内側の南西の位置を予定しており、7月をめどに完成させたいとの答弁がなされました。

 以上、審査に当たり、特に議論のあった点について申し上げましたが、審査の結果、本件につきましても原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となっております議案第15号のうち、総務委員会に付託されました

 第1条 歳入歳出予算中

  歳入全部

  歳出第2款 総務費

    第3款 民生費中1項2目医療会計費のうち1保険基盤安定制度繰出金事業

    第4款 衛生費中1項3目斎場費及び4目環境対策費並びに2項清掃費

    第9款 消防費

    第12款 諸支出金

 第2条 継続費の補正

 第3条 地方債の補正

 第4条 繰越明許費

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本件につきましても、去る15日及び16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 本案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本案については、各委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第15号は原案どおり可決されました。

  ================



△日程第44 議案第16号 〜 日程第52 議案第20号



○議長(福田修治君) 日程第44議案第16号平成18年度越前市土地区画整理事業特別会計補正予算第3号から日程第52議案第20号平成18年度越前市今立西部工業団地事業特別会計補正予算第2号までの9案を一括して議題といたします。

 9案に関し、各委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となりましたうち、建設委員会に付託されました

 議案第16号 平成18年度越前市土地区画整理事業特別会計補正予算第3号

 議案第17号 平成18年度越前市下水道特別会計補正予算第3号

 議案第22号 平成18年度越前市ガス事業清算特別会計補正予算第1号

 議案第23号 平成18年度越前市水道事業会計補正予算第4号

 議案第24号 平成18年度越前市工業用水道事業会計補正予算第1号

 以上5案につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本5案につきましても、去る3月15、16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、5案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 佐々木総務委員長。



◆総務委員長(佐々木富基君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、総務委員会に付託されました

 議案第18号 平成18年度越前市国民健康保険特別会計補正予算第3号

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の審査の結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 伊藤教育厚生委員長。



◆教育厚生委員長(伊藤康司君) 〔登壇〕 ただいま議題となっておりますうち、教育厚生委員会に付託されました

 議案第19号 平成18年度越前市介護保険特別会計補正予算第3号

 議案第21号 平成18年度越前市障害区分認定審査会事業特別会計補正予算第2号

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本2案につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、2案いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育厚生委員会の審査結果の御報告といたします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 中西産業経済委員長。



◆産業経済委員長(中西眞三君) 〔登壇〕ただいま議題となっておりますうち、産業経済委員会に付託されました

 議案第20号 平成18年度越前市今立西部工業団地事業特別会計補正予算第2号

につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る13日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業経済委員会の審査の結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 各委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 9案に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

 本9案については、各委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第16号、議案第17号、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第18号、議案第19号、議案第21号、議案第20号の9案は、いずれも原案どおり可決されました。

  ================



△日程第53 議案第25号



○議長(福田修治君) 日程第53議案第25号平成18年度越前市ガス事業会計決算認定についてを議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田建設委員長。



◆建設委員長(前田一博君) 〔登壇〕ただいま議題となりました議案第25号につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本案につきましても、去る16日の委員会において、関係理事者の出席を求めて審査いたしました結果、多数をもってこれを認定すべきものと決しました。

 以上、建設委員会の審査結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 前田修治君。



◆(前田修治君) 〔登壇〕ただいま議題となりました議案第25号平成18年度越前市ガス事業会計決算認定について、日本共産党議員団を代表して反対の立場で討論を行います。

 本案は、昨年10月1日から市営ガス事業を民営化したことに伴い、平成18年9月30日を市営ガス事業としての終了日として決算され、これを認定しようとするものでございます。

 この民営化の目的は、需要家の利益向上と行政の効率化を図るためということでありましたが、私ども日本共産党は、ガス事業が民営化されれば民間企業の利潤追求の場となり、保安対策の面で、またガス使用料の値上げなどによって住民負担がふえていくおそれがあることや、議会を通しての市民の意見がガス事業の運営には全く反映されなくなるなどの点を指摘をして、民営化に反対をいたしました。

 今議会で提出されております監査委員によるガス事業会計決算審査意見書では、その結びの中で「一般ガスの普及率が57.3%から55.8%に減少しており、供給戸数や販売量の減少傾向が見られる」と述べた上で、越前市としてガス事業の譲渡先である越前エネライン株式会社に対し、「ガス事業譲渡に関する契約に基づき5年間は不測の事態による場合を除き、ガス料金が現行水準を上回ることがないものとするとされており、今後も適正なガス料金を堅持し、安全で安心なガスの供給が行われるよう、国や県との連携により指導、助言に努められたい」と述べております。

 この決算審査意見書でも明らかにされているように、譲渡後半年もたたないうちにガス販売量の減少による料金値上げの懸念が表明され、私どもが心配し、また指摘をしてきたようなガス料金値上げによって住民負担がふやされることが今まさに現実味を帯びてきています。

 奈良市長は、民営化へ移行しようとする説明の中で、「民間譲渡により市民へのサービスが低下しないよう十分新会社と協議を進め、市民の安全・安心の面から万全な体制となるよう努める」と述べられています。ガス需要家にとって、価格や供給の面において安全で安心なガス事業の運営は、毎日の暮らしに必要不可欠なものであり、特に今日の格差社会、貧困の広がりと言われている中で、料金値上げは許されません。民営化されたもとでも越前市として市民の暮らしを守るという責任をしっかりと果たしていただきたいということを強く申し上げて、ガス事業の民間委託を前提としていた予算に対しての本決算認定に反対をいたします。



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、認定であります。

 本案については、委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(福田修治君) 起立多数と認めます。

 よって、議案第25号は、これを認定することに決しました。

  ================



△日程第54 請願第1号



○議長(福田修治君) 日程第54請願第1号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願を議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 玉川議会運営委員長。



◆議会運営委員長(玉川喜一郎君) 〔登壇〕ただいま議題となりました請願第1号につきまして、議会運営委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本請願につきましては、去る20日に委員会を開き、審査いたしました結果、多数をもって引き続き閉会中の継続審査とすべきものと決しました。

 なお、継続審査とすべき理由といたしましては、現在国や各自治体とも厳しい財政状況に直面している中、請願趣旨に基づく国に対する意見書の内容が今進められている行財政構造改革のとも、将来の国民生活へ与える影響及び公共サービスの民間委託のあり方について、当委員会でさらに慎重に調査研究する必要があるとの見地から、閉会中の継続審査とすべきとの結論に達したものであります。

 以上、議会運営委員会の審査の結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 委員長報告に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 玉村正夫君。



◆(玉村正夫君) 〔登壇〕玉村正夫でございます。私は、越前市議会日本共産党議員団を代表いたしまして、ただいま議題となっています福井地区国家公務員労働組合共闘会議より提出されました請願第1号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願について付託された議会運営委員会での審査結果についての委員長報告は、議会閉会中の継続審査でありました。私どもは、これを直ちに採択すべきとの立場であります。

 政府が進めている構造改革は、格差社会の拡大に象徴されるように、国民生活のあらゆる部分に深刻な影を落としています。国による公務公共サービスのカットもその一つであり、構造改革の中では、そうした仕事を担う公務員の大幅な削減を進めています。福井県内においても、福井地方法務局の各出張所、国立病院国立療養所、公共職業安定所の各出張所、福井地方気象台測候所など過去10年間に国の出先機関で廃止、統合または委譲されたり、もしくは今後予定のところを含めますと12カ所に上っています。国や自治体の行う事務事業は、国民の安全・安心の確保に不可欠なものが数多く存在しており、公務員の大幅削減による国の機関の廃止により一番影響を受けるのは、身近なところで公務サービスが受けられなくなった地域住民であります。

 2006年5月には、公共サービス改革法が成立し、国や地方自治体の一部事務事業がことしの4月から官民競争入札の対象となり、受託事業者の運営にゆだねることになりました。しかしながら、これらの業務を安易に民間開放することは、地域住民への公共サービスの質を低下させるものであると私は強く懸念を抱くものであります。官民競争入札に当たっては、公共サービスの受益者である国民の意見を十分踏まえる必要があるのではないでしょうか。今、生活保護水準以下の賃金しか得られてないワーキングプアが大きな社会問題となっております。官民競争入札は価格競争であることから、労働者の賃金抑制競争となり、ワーキングプアのさらなる拡大が国や自治体で生じることも懸念されています。

 請願事項となっている住民の地方の住民サービス切り捨てにつながる国の機関の統合、廃止や定員削減、公共サービスの民営化などは、公務員の方々の労働条件の低下はもとより、一般住民にとって日常生活上も大変な支障を来すものと考えます。

 よって、国民の安全・安心の確保のために、住民の声を国政に届けるという私ども地方議員としての大きな役割と任務を自覚して、この請願を直ちに採択することを求めて私の討論といたします。



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 本件については、起立により採決いたします。

 お諮りいたします。

 本件に対する委員長の報告は、閉会中の継続審査であります。

 本件については、委員長の報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(福田修治君) 起立多数と認めます。

 よって、請願第1号は議会運営委員会において閉会中の継続審査とすることに決しました。

  ================



△日程第55 議員の派遣について



○議長(福田修治君) 日程第55議員の派遣についてを議題といたします。

 本件につきましては、地方自治法第100条第12項及び会議規則第158条の規定により、議員の派遣について承認を求めようとするものであります。

 今回の議員派遣につきましては、常任委員会の視察研修について、お手元に配付いたしてありますとおり議員の派遣を行おうとするものであります。

 お諮りいたします。

 本件については、これを承認することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議員の派遣については、これを承認することに決しました。

  ================



○議長(福田修治君) これをもって本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。

 以上をもちまして平成19年第1回越前市議会定例会を閉会いたします。

        閉会 午後3時46分







 地方自治法第123条第2項の規定により上記会議のてんまつを証するため、ここに署名する。



  平成19年3月22日





      越 前 市 議 会





         議   長







         副 議 長







         議   員







         議   員







         議   員