議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 越前市

平成18年12月第 6回定例会 12月08日−01号




平成18年12月第 6回定例会 − 12月08日−01号







平成18年12月第 6回定例会



          平成18年第6回越前市議会定例会(第1号)



 平成18年12月8日午前10時、平成18年第6回越前市議会定例会が越前市議会議場に招集されたので会議を開いた。

┌─────────────────────────────────────────┐

│ 告示第121号                                 │

│  平成18年第6回越前市議会定例会を次のとおり招集する。            │

│   平成18年12月1日                            │

│                            越前市長 奈 良 俊 幸 │

│ 1 日 時  平成18年12月8日午前10時                  │

│ 2 場 所  越前市議会議場                          │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

1 議事日程

┌─────────────────────────────────────────┐

│          平成18年第6回越前市議会定例会議事日程           │

│                       平成18年12月8日午前10時開議 │

│  第 1 号                                  │

│ 第 1  会議録署名議員の指名                          │

│ 第 2  会期の決定                               │

│ 第 3  議案第115号 平成17年度越前市水道事業会計決算認定について     │

│ 第 4  議案第116号 平成17年度越前市ガス事業会計決算認定について     │

│ 第 5  議案第117号 平成17年度越前市工業用水道事業会計決算認定について  │

│ 第 6  議案第118号 平成17年度越前市一般会計決算認定について       │

│ 第 7  議案第119号 平成17年度越前市簡易水道事業特別会計決算認定について │

│ 第 8  議案第120号 平成17年度越前市土地区画整理事業特別会計決算認定につ │

│            いて                           │

│ 第 9  議案第121号 平成17年度越前市下水道特別会計決算認定について    │

│ 第10 議案第122号 平成17年度越前市国民健康保険特別会計決算認定について │

│ 第11 議案第123号 平成17年度越前市霊園事業特別会計決算認定について   │

│ 第12 議案第124号 平成17年度越前市老人保健特別会計決算認定について   │

│ 第13 議案第125号 平成17年度越前市駐車場特別会計決算認定について    │

│ 第14 議案第126号 平成17年度越前市農業集落排水事業特別会計決算認定につ │

│            いて                           │

│ 第15 議案第127号 平成17年度越前市林業集落排水事業特別会計決算認定につ │

│            いて                           │

│ 第16 議案第128号 平成17年度越前市介護保険特別会計決算認定について   │

│ 第17 議案第129号 平成17年度越前市今立西部工業団地事業特別会計決算認定 │

│            について                         │

│      (以上15案 決算特別委員会審査結果報告)              │

│ 第18 議案第171号 越前市議会会議規則の一部改正について          │

│ 第19 議案第145号から議案第170号まで                  │

│      (提案理由の説明)                          │

└─────────────────────────────────────────┘

  =======================================

2 本日の会議に付議した事件

 日程第 1  会議録署名議員の指名

 日程第 2  会期の決定

 日程第 3  議案第115号 平成17年度越前市水道事業会計決算認定について

 日程第 4  議案第116号 平成17年度越前市ガス事業会計決算認定について

 日程第 5  議案第117号 平成17年度越前市工業用水道事業会計決算認定について

 日程第 6  議案第118号 平成17年度越前市一般会計決算認定について

 日程第 7  議案第119号 平成17年度越前市簡易水道事業特別会計決算認定について

 日程第 8  議案第120号 平成17年度越前市土地区画整理事業特別会計決算認定について

 日程第 9  議案第121号 平成17年度越前市下水道特別会計決算認定について

 日程第10 議案第122号 平成17年度越前市国民健康保険特別会計決算認定について

 日程第11 議案第123号 平成17年度越前市霊園事業特別会計決算認定について

 日程第12 議案第124号 平成17年度越前市老人保健特別会計決算認定について

 日程第13 議案第125号 平成17年度越前市駐車場特別会計決算認定について

 日程第14 議案第126号 平成17年度越前市農業集落排水事業特別会計決算認定について

 日程第15 議案第127号 平成17年度越前市林業集落排水事業特別会計決算認定について

 日程第16 議案第128号 平成17年度越前市介護保険特別会計決算認定について

 日程第17 議案第129号 平成17年度越前市今立西部工業団地事業特別会計決算認定について

 日程第18 議案第171号 越前市議会会議規則の一部改正について

 日程第19 議案第145号から議案第170号まで

  議案第145号 平成18年度越前市一般会計補正予算(第3号)

  議案第146号 平成18年度越前市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

  議案第147号 平成18年度越前市下水道特別会計補正予算(第2号)

  議案第148号 平成18年度越前市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

  議案第149号 平成18年度越前市老人保健特別会計補正予算(第1号)

  議案第150号 平成18年度越前市介護保険特別会計補正予算(第2号)

  議案第151号 平成18年度越前市障害区分認定審査会事業特別会計補正予算(第1号)

  議案第152号 平成18年度越前市水道事業会計補正予算(第3号)

  議案第153号 越前市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定について

  議案第154号 越前市児童デイサービス事業利用者等負担金徴収条例等の一部改正について

  議案第155号 越前市重度心身障害者等医療費の助成に関する条例の一部改正について

  議案第156号 越前市介護保険条例の一部改正等について

  議案第157号 越前市越前和紙の里コミュニティ広場設置及び管理条例の一部改正について

  議案第158号 越前市立学校設置及び管理条例の一部改正について

  議案第159号 越前市ふるさとギャラリー叔羅設置及び管理条例の一部改正について

  議案第160号 福井県丹南広域組合規約の一部変更について

  議案第161号 丹南地区障害者給付認定審査会の共同設置の廃止について

  議案第162号 丹南地区介護認定審査会の共同設置の廃止について

  議案第163号 福井県自治会館組合規約の一部変更について

  議案第164号 福井県市町総合事務組合への加入について

  議案第165号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合の解散について

  議案第166号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合の解散に伴う財産処分について

  議案第167号 福井県市町村交通災害共済組合の解散について

  議案第168号 福井県市町村交通災害共済組合の解散に伴う財産処分について

  議案第169号 福井県後期高齢者医療広域連合の設置について

  議案第170号 越前市いまだて芸術館の指定管理者の指定について

  =======================================

3 出席議員(24人)

     1 番 吉 田 慶 一 君         2 番 細 川 かをり 君

     3 番 三田村 輝 士 君         4 番 川 崎 悟 司 君

     5 番 関   利英子 君         6 番 題 佛 臣 一 君

     7 番 小 形 善 信 君         8 番 城 戸 茂 夫 君

     9 番 北 野 光 夫 君        10番 佐々木 富 基 君

    11番 伊 藤 康 司 君        12番 大久保 恵 子 君

    13番 西 野 与五郎 君        14番 福 田 往 世 君

    15番 前 田 一 博 君        16番 中 西 眞 三 君

    17番 上 山 直 行 君        18番 福 田 修 治 君

    19番 嵐     等 君        20番 前 田 修 治 君

    21番 玉 村 正 夫 君        22番 金 子 芳 巧 君

    23番 玉 川 喜一郎 君        24番 片 粕 正二郎 君

  ───────────────────────────────────────

4 議会事務局の職員

 事務局長    高 津 武 夫      次長      三 好   昭

 参事      谷 口 良 二      主幹      瀧 見 尚 是

  ───────────────────────────────────────

5 説明のための出席者

 市長      奈 良 俊 幸 君    副市長     福 嶋 祥 介 君

 企画部長    山 岸 文 男 君    総務部長    小 東 勇 士 君

 市民生活部長  加 藤   進 君    福祉保健部長  服 部 秀 一 君

 産業経済部長  西 藤 浩 一 君    建設部長    小 林 五太夫 君

 水道部長    安 達 明 裕 君    今立総合支所長 直井 彌右衛門 君

 出納室長    前 野 政 治 君    企画部部長   近 藤 敏 勝 君

 総務部部長   中 村 善 春 君    企画部理事   中 谷   章 君

 企画部理事   乙 部 幸 雄 君    建設部理事   上 野 定 範 君

 企画部政策推進課長            総務部秘書課長 細 井 清 治 君

         近 藤   勉 君

 総務部財務課長 青 柳 和 男 君    市民生活部保険年金課長

                              丸 山 智 之 君

 福祉保健部社会福祉課長          産業経済部農政課長

         友 兼 和 昭 君            佐々木 哲 夫 君

 水道部下水道課長野 邊 寛 幸 君

教育委員会

 教育長     中 島 和 則 君    事務局長    横 井 栄 治 君

 事務局理事   細 川 康 夫 君







6 議  事

       開会 午前10時00分



○議長(福田修治君) ただいまから平成18年第6回越前市議会定例会を開会いたします。

 ここで、さきの9月市議会定例会において同意決定し、10月1日をもって制定された「越前市民憲章」において定められた市民の決意を、議会全員心を合わせて、その精神を実践していくため、以降、毎会期の初めにおいて、この市民憲章を全員で唱和することといたします。

 この際、御起立の上、よろしくお願いいたします。

 前文は事務局長が朗読いたしますので、以下各項目について全員で御唱和をお願いいたします。

〔全員起立の上、唱和〕

  ──越 前 市 民 憲 章──

 わたしたちは、恵まれた自然と輝かしい伝統にはぐくまれた越前市民です。

 この郷土を愛し、心と力をあわせ、なおいっそうの発展をめざすため、次のことを誓います。

1 わたしたちは、日野の峰のように、高い理想をいだき、豊かな未来をきずきます。

1 わたしたちは、日野の流れのように、うるおいと安らぎのある環境をつくります。

1 わたしたちは、桜の木のように、力強くすこやかに成長します。

1 わたしたちは、菊の花のように、やさしさと思いやりをもって助けあいます。

1 わたしたちは、国府の文化と匠の技を生かし、学びの輪をひろげ、世界にはばたきます。

  ================

       開議 午前10時00分



○議長(福田修治君) これより本日の会議を開きます。

 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、奈良市長、福嶋副市長、山岸企画部長、小東総務部長、加藤市民生活部長、服部福祉保健部長、西藤産業経済部長、小林建設部長、安達水道部長、直井今立総合支所長、前野出納室長、近藤企画部部長、中村総務部部長、中谷企画部理事、乙部企画部理事、上野建設部理事、近藤政策推進課長、細井秘書課長、青柳財務課長、丸山保険年金課長、友兼社会福祉課長、佐々木農政課長、野邊下水道課長、教育委員会、中島教育長、横井事務局長、細川事務局理事、以上であります。

 次に、平成18年第5回定例会以降に開催されました議長会、その他の諸会議等の概要につきましては、お手元に配付してあります諸会議等報告書のとおりであります。

 また、福井県知事や市議会議長会会長等で構成する福井県自治体代表者会議は、去る11月27日に、地方財政の自立につながる真の地方分権改革を強力に推進することに関し、地方分権改革推進法の早期成立を初め、分権時代にふさわしい税制の確立、必要な地方財源の確保、公営企業金融公庫の廃止後の新たな仕組みの構築、固定資産税にかかわる課税制度の堅持等を求め、国に対し「地方分権改革の推進に関する緊急提言」を行っておりますので、ここで御報告しておきます。

 なお、これらの関係書類につきましては、事務局に保管してありますので、ごらん願います。

 次に、さきの9月定例会で可決されました「医師・看護師等の確保対策の充実強化を求める意見書」「道路特定財源確保に関する意見書」「トンネルじん肺根絶を求める意見書」、以上3件につきましては、それぞれ国会及び関係行政庁、または関係行政庁に送付いたしましたので、御報告いたしておきます。

 次に、監査委員から送付されました例月現金出納検査及び定期監査の結果報告につきましては、お手元に印刷配付してありますから、ごらん願います。

 次に、市長から

報告第21号 専決処分の報告について

報告第22号 専決処分の報告について

報告第23号 専決処分の報告について

 以上3件の報告が提出されておりますが、お手元に送付いたしてありますので、ごらん願います。

 次に、今期定例会におきまして、本日まで3件の請願を受理いたしておりますが、お手元に印刷配付してあります「請願付託表」のとおり各委員会に付託いたします。

 次に、本日、玉川喜一郎君外6名の諸君から越前市議会会議規則の改正案が提出されました。お手元に配付してありますので、御了承願います。

  ================



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(福田修治君) 日程に入ります。

 日程第1会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において小形善信君、城戸茂夫君、北野光夫君を指名いたします。

  ================



△日程第2 会期の決定



○議長(福田修治君) 日程第2会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期につきましては、去る12月1日に議会運営委員会を開いて協議いたしました結果、本日から12月25日までの18日間といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期につきましては、本日から12月25日までの18日間と決定いたしました。

 なお、今期定例会の運営につきましては、お手元に印刷配付いたしました会期日程により進めたいと思いますので、議員各位の御協力をお願いいたします。

  ================



△日程第3 議案第115号 〜 日程第17 議案第129号



○議長(福田修治君) 日程第3議案第115号平成17年度越前市水道事業会計決算認定についてから日程第17議案第129号平成17年度越前市今立西部工業団地事業特別会計決算認定についてまでの15案を一括して議題といたします。

 15案に対する委員長の報告を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 川崎決算特別委員長。



◆決算特別委員長(川崎悟司君) 〔登壇〕ただいま議題となりました平成17年度越前市各会計決算認定15案につきまして、決算特別委員会の審査の結果を御報告いたします。

 本15案につきましては、新市発足後の平成17年10月1日から平成18年3月31日までの6カ月における決算が去る9月定例会に提案され、本委員会に付託の上、閉会中の継続審査となっていたものであります。

 決算特別委員会では、10月13日、17日、24日及び26日の4日間にわたって委員会を開き、前野出納室長ほか関係理事者の出席を求めて審査いたしました。

 まず、

 議案第115号 平成17年度越前市水道事業会計決算認定について

 議案第116号 平成17年度越前市ガス事業会計決算認定について

 議案第117号 平成17年度越前市工業用水道事業会計決算認定について

 議案第119号 平成17年度越前市簡易水道事業特別会計決算認定について

 以上3事業会計、1特別会計決算認定案につきまして、審査の結果を御報告いたします。

 本4案のうち、まず、水道事業会計決算審査に当たりましては、委員から、県の日野川地区水道用水供給事業に関し、本市水道事業経営に与える影響について言及があり、この事業に基づき、平成18年12月からの受水開始によって本事業会計の経費がふえ、水道料金の見直しを迫られるのではないかとただされました。

 これに対し、理事者からは、平成18年12月から平成19年3月までの今年度内は、県からの受水を1日当たり7,000立方メートル計画しており、その水価が1立方メートル当たり税抜き113円であることから、県への支払い額を年度内において約1億円予定しているところである。平成18年度については、本事業会計の収支均衡が見込めるものの、その後の県水を受ける計画が18年度中の日量7,000立方メートルを皮切りに、年ごとに受水日量が増加し、平成25年度以降は日量2万5,000立方メートルの県水を受ける計画となっており、25年度以降は年間約11億円の受水費を支払うこととなる。

 これらのことから、19年度以降は本事業会計が赤字になる見込みであり、19年度に給水料金改定の見直し作業に入りたいとの方針が示されました。

 さらに、委員からは、県との用水供給事業に関する協定書によると、受水単価113円に関しては、平成22年には値下げの方向で見直しが行われる予定であるとはいうものの、水はライフラインの一つであり、市としても、その間の負担増を見越した料金改定に当たっては、低所得者に対し配慮する措置を講ずべきではないかとただされました。

 これに対し、理事者からは、公営企業において受益者負担の原則をもとに、使った分に応じて利用者の方々に使用料として負担していただくこととしている。また、あくまでも本事業会計は独立採算制で経営しているものであり、原則としては一般会計からの繰り入れは困難と考えているとの答弁がなされました。

 次に、ガス事業会計決算審査に当たりましては、委員からは、ガス事業はこのほど民間事業者に譲渡されたものの、この事業において常に求められている安全性等をさらに確保するため、事業譲渡後も引き続き市民需要家への安定したガス供給に関する対応には万全を期されたいとの要望意見が示されました。

 以上、公営企業関係決算審査において、特に論議のあった点につきまして申し上げましたが、審査の結果、議案第115号、議案第116号、議案第117号、議案第119号の4案につきましては、いずれもこれを認定すべきものと決しました。

 次に、

 議案第120号 平成17年度越前市土地区画整理事業特別会計決算認定について

 議案第121号 平成17年度越前市下水道特別会計決算認定について

 議案第122号 平成17年度越前市国民健康保険特別会計決算認定について

 議案第123号 平成17年度越前市霊園事業特別会計決算認定について

 議案第124号 平成17年度越前市老人保健特別会計決算認定について

 議案第125号 平成17年度越前市駐車場特別会計決算認定について

 議案第126号 平成17年度越前市農業集落排水事業特別会計決算認定について

 議案第127号 平成17年度越前市林業集落排水事業特別会計決算認定について

 議案第128号 平成17年度越前市介護保険特別会計決算認定について

 議案第129号 平成17年度越前市今立西部工業団地事業特別会計決算認定について

 以上10特別会計決算認定案につきまして、審査の結果を御報告いたします。

 本10案のうち、まず、下水道特別会計決算審査に当たりまして、委員からは、東部処理区における受益者負担金が公共ます1カ所当たり30万円であり、従来からの家久処理区域での一般的な家庭との間で不公平感が出ている。地元への説明の中で納得を得ているのかがただされました。

 理事者からは、説明会の中では、宅地等の面積割にしても、戸数割にしても、両区域とも建設事業費に対する5%程度を受益者負担として負担願うということで理解を求めてきているとの答弁がなされました。

 さらに、委員からは、市内にはいまだ単独浄化槽の世帯も多く、排水処理によっては周辺の農業活動に支障が生じているところもある。公共下水事業は巨額の投資を必要とするものの、一日も早く公共下水道が整備されるよう事業推進を図られたいとの要望意見も出されました。

 これに対し、理事者からは、将来にわたっての財政状況を考えながら、住環境整備の基本でもある公共下水事業を促進していきたいとの答弁もなされました。

 次に、国民健康保険特別会計決算審査に当たりましては、審査の中で特に高額医療費に関し、委員からは、医療機関に支払った1カ月の患者負担が患者負担限度額を超えたときに、その患者の家族等が市役所に出向いて支給申請を行った後、相当分を還付するという手続を簡略化し、被保険者の一時的な高額負担を解消するような便宜が図れないかがただされました。

 これに対し、理事者からは、平成19年4月から、一定条件を満たす70歳未満の入院については、高額医療費に係る患者負担の支払い方法が見直され、同じ病院や診療所で支払うべき自己負担限度額を超える場合は、その超える分について国保特別会計から直接医療機関に支払うこととなり、従来の申請手続は不要になるとの説明がなされました。

 さらに、委員からは、高齢者の方々の歩行等の困難性を考慮すれば、入院以外の患者に対する手続についても、市役所に出向く手間を省く方策を検討されたいとの要望意見が重ねて示されました。

 以上、特別会計決算審査に当たり、特に論議のあった点につきまして申し上げましたが、審査の結果、議案第120号、議案第121号、議案第122号、議案第123号、議案第124号、議案第125号、議案第126号、議案第127号、議案第128号、議案第129号の10案につきましては、いずれもこれを認定すべきものと決しました。

 次に、議案第118号平成17年度越前市一般会計決算認定について審査の結果を御報告いたします。

 審査の中で論議のありました主な内容につきまして御報告いたしますと、まず、歳出のうち、総務費の審査に当たりまして、委員からは、今立総合支所を市民がより使いやすいようにするためのあり方に関し、その現状と考え方についてただされ、理事者からは、市民サービスの低下を招かないように一定の職員を配置する中で、さらに市民が安心して利用できるような対応をしていきたいとの説明がなされました。

 さらに、委員からは、旧今立地区を初め、本庁舎から離れたところに住んでいる市民の身近な要望にこたえられるような支所のあり方を研究し、十分な配慮をすべきであるとの要望意見が出されました。

 次に、市民活動支援事業での賃金支出に関し、委員からは、18年度以降の越前市民活動交流室への人的配置についてただされました。

 理事者からは、監査委員からの指摘に基づき、この交流室の主な利用時間帯と配置されている臨時職員の勤務時間とのずれや業務内容について整理すべき点があったため、平成18年度はこの交流室の利用登録団体の自主的な管理運営を柱とすることとし、所管課の担当職員による随時支援に切りかえ、臨時職員の配置を取りやめたところであるとの説明がなされました。

 さらに、委員からは、行政と市民・NPOとの協働を考えるとき、専門的に常にかかわって調整の役割を担う人材が必要であり、市民活動を支援する効果的な職員配置について再考されたいとの要望意見が出されました。

 次に、衛生費の審査に当たりましては、委員からは、市有施設アスベスト関連対策工事に関し、この実施内容及び民間施設に対する対応についてただされ、理事者からは、小・中学校、公民館を初めとする市が所有する施設のうち、アスベストが使われていたと判断される施設すべてについて、建築士など専門家による調査を実施し、1%以上の濃度が確認された22施設について、露出箇所のアスベストの除去及び天井を覆うなどの囲い込み工事等の対策を行った。

 また、民間施設については、県において1,000平方メートル以上の施設について調査・把握を実施し、その対策工事に対して補助制度を設けた経緯があるが、本市管内での希望者はいなかったところである。これは風評被害への懸念や、補助を受けずに自力で対応したものと考えられるとの説明がなされました。

 これに対し、委員からは、今後とも市民への被害防止策については十分な対応をとられたいとの意見要望が出されました。

 次に、ごみ減量化推進事業に関し、委員からは、量販店などのレジ袋に関する対応策について、市としての取り組み方針がただされ、理事者からは、全国的にレジ袋の有料化の動きがある中で、ふろしきや買い物袋の持参運動をいかに定着させていくかが課題であると考えている。現在策定作業中の環境基本計画において、新たなごみ減量化などのあり方について、市民を巻き込む中で見直していきたいとの説明がなされました。

 これに対し、委員からは、ごみの減量化事業はこれからの時代、大きな課題であり、買い物袋を持って買い物をするというような市民運動が一層盛り上がるように、積極的に取り組まれたいとの要望意見が示されました。

 次に、農林水産業費の審査に当たりまして、委員からは、地域ぐるみ体験交流支援事業の実施状況やこの活動に対する市の基本姿勢についてただされました。

 理事者からは、この事業はいわゆるグリーンツーリズム事業であり、合併前に旧今立町において、今立型エコ・グリーンツーリズムの推進組織として立ち上げた「グリーンツーリズム推進協議会」が合併後はより広域的なものとして「ロハス越前」に名称変更し、農業体験や田舎暮らし体験といった事業に取り組んでいるものである。

 現在は、旧今立地域で7軒の農家が主に中京、関西方面からの申込者を受け入れているが、今後は越前和紙、越前打刃物といった伝統工芸体験もあわせて味わってもらえるような工夫を凝らして、将来的には越前市における定住化促進にも貢献できるような活動をしていきたいとの説明がなされました。

 次に、商工費の審査に当たりまして、委員からは、菊人形支援事業に関し、現在実行委員会で行っている「たけふ菊人形」に対する市の考え方がただされ、理事者からは、「たけふ菊人形」は市内の各界・各種団体で構成する実行委員会が主催し、越前市、武生商工会議所、福井新聞社が共催する方式により、良好な形の中で運営がなされ、平成18年度で4回目を迎えているところである。今後とも、開催に当たっては、さらに見直しを行いながら取り組みを進めていく必要があると考えているとの説明がなされました。

 さらに、委員からは、将来にわたって「たけふ菊人形」を越前市の付加価値を生み出す伝統的な行事としての位置づけの中での運営方針を考慮されたいとの要望が出されました。

 次に、教育費の審査に当たりまして、委員からは、これまでの幼児教育検討委員会での協議結果を受けて、昨年開催された中央幼稚園建設構想策定調査検討委員会における検討状況についてただされ、理事者からは、検討委員会からは、仮称「中央幼稚園」について社会的ニーズ、幼児教育のレベルアップということを念頭に置いて、東・西・南地区にある3つの幼稚園を統合する形での建設構想を17年9月に最終報告の形で受けたところである。

 市教育委員会としては、現在策定中である越前市総合計画の中で、建設構想検討委員会の報告内容、理念等を十分踏まえるとともに、市の財政状況等もかんがみ、幼・保一元化を含めた、新たな形での幼児教育施設を検討していきたいとの説明がなされました。

 さらに、委員からは、財政事情が非常に厳しい中、拙速とならないよう十分研究して取り組まれたいとの要望が示されました。

 次に、委員からは、外国人児童・生徒支援事業に関し、小・中学校における「外国人のことば」の指導支援状況についてただされ、理事者からは、現在市内の小・中学校には、外国人の児童・生徒約130名が在籍している。市では、日本語の初期指導対応を行うため、各学校を巡回する指導員1名、学校と保護者との連絡調整を行うアクセスワーカー1名、算数、国語、社会などの教科をわかりやすい言葉で教える指導員3名を、それぞれ市費単独で雇用し、支援を行っている。

 さらに、県から加配教員1名を南小学校に配置するとともに、国の外国人児童・生徒支援事業を活用し、ポルトガル語を話せる職員を1名雇用し、各学校を巡回し、対応しているところである。

 しかし、現在の人数では十分でないため、今後さらに指導員をふやす方向で検討していきたいとの答弁がなされました。

 次に、歳入の審査に当たりまして、委員からは、市税の不納欠損処分が前年度と比較して、件数、額ともに増加した理由と、収納率を高めるための今後の取り組みについてただされました。

 理事者からは、これまで口頭による納付誓約も債務の承認があったものとして時効の中断を行っていたが、17年度からは文書による納付誓約をもって債務の承認があったものとした関係で、不納欠損処分がふえたものである。また、収納率向上に向けては、滞納処分に際し、預金調査を積極的に実施し、市税等の納付促進に全力を尽くしたいとの答弁がなされました。

 以上、一般会計決算審査に当たり、特に論議のあった点について申し上げましたが、審査の結果、議案第118号につきましては、これを認定すべきものと決しました。

 以上、決算特別委員会の審査結果の御報告といたします。



○議長(福田修治君) 委員長報告に対する質疑に入ります。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 玉川喜一郎君。



◆(玉川喜一郎君) ただいま川崎委員長の方から委員長報告、決算委員会の報告をいただきました。この前の新聞に、国保税、そして市民税、どこの自治体も滞納がたくさんあるということで、とりわけあるマスコミの新聞に越前市の滞納に対する取り組みが載っていましたが、これに対して決算委員会の中では、現在の滞納、どういうふうに滞納のあり方を改善していく、そんな論議はどういうふうにやったのか、お伺いします。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 川崎決算特別委員長。



◆決算特別委員長(川崎悟司君) この滞納につきましては、これまでも口頭による納付誓約というふうな形での、今ほど報告もさせていただいたんですが、いろいろなプロジェクトチームとか夜間の徴収体制とかというものを、フレックスタイムというものも用いながら、順次、そしてまた強力に今後とも推し進めていきたいという論議がなされました。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 玉川喜一郎君。



◆(玉川喜一郎君) そういう議論があったということなんで、当然越前市も本当に総額で約20億円ぐらいあるというふうに聞いていますけど、本当に国民健康保険、そしてなかなか私も国民健康保険を払ってますけど、たまに滞ることがありますが、そういう中で市民税、そして固定資産税、いかに本当に、今の滞納の場合は1年、2年という長い期間のスパンのことをおっしゃっているわけですから、これから徴収体制をとられてやっていくということでございますので、本当に企業誘致とかいろんな形で法人市民税がふえますけど、地方交付税が減ってくる中で財政的にも大変な時代になってまいります。本当に大きな滞納してある、そのお金をしっかりと集めていただいて、本来の市民の声にこたえる越前市としていただくようにお願いをしまして、要望して質問を終わります。



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 15案に対する委員長の報告は、いずれも認定であります。

 本15案については、委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第115号、議案第116号、議案第117号、議案第118号、議案第119号、議案第120号、議案第121号、議案第122号、議案第123号、議案第124号、議案第125号、議案第126号、議案第127号、議案第128号、議案第129号の15案は、いずれも認定することに決しました。

  ================



△日程第18 議案第171号



○議長(福田修治君) 日程第18議案第171号越前市議会会議規則の一部改正についてを議題といたします。

 本案につきましては、去る6月7日に公布された改正地方自治法の一部が11月24日に施行されたことに伴い、市議会会議規則の一部を改正し、公布の日から施行しようとするものであり、その改正の内容は、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会が、それぞれ各委員会の所管事項について議案提出が可能となったことに関する新たな手続、その他、所要の改正をいたそうとするものであります。

 お諮りいたします。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、提案理由の説明を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、提案理由の説明を省略することに決しました。

 本案に対する質疑に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 質疑を終結いたします。

 討論に入ります。

(「なし。」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 討論を終結いたします。

 採決いたします。

 本案については原案どおり決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第171号は原案どおり可決されました。

  ================



△日程第19 議案第145号から議案第170号まで



○議長(福田修治君) 日程第19議案第145号平成18年度越前市一般会計補正予算第3号から議案第170号越前市いまだて芸術館の指定管理者の指定についてまでの26案を一括して議題といたします。

 26案に関し理事者の説明を求めます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 奈良市長。



◎市長(奈良俊幸君) 〔登壇〕本日ここに平成18年第6回越前市議会定例会が開会をされ、提案いたしました平成18年度補正予算案を初め、各種案件の御審議をいただくに当たり、市政運営の所信の一端を述べさせていただき、議員各位の御理解を賜りたいと存じます。

 さて、早いもので、本年も師走を迎え、残すところ20日余りとなりました。越前市が誕生して既に1年2カ月が経過をし、着実に旧市町の融和が図られつつあるものと評価をいたしているところであります。

 10月1日には、合併1周年を祝う記念式典を生涯学習センター今立分館にて開催し、市の花、市の木とともに、今後のまちづくりの指標となる「市民憲章」を発表したところであります。また、合併協定項目も99%の調整が図られ、来年3月には第一次の「総合計画」も策定をされ、名実ともに越前市としての礎が固まるものと確信をいたしております。

 さて、地方を取り巻く情勢は、国と地方の権限と税財源を大幅に見直す「新地方分権一括法」の3年以内の制定に向け、準備が進んでおります。今国会においても「地方分権改革推進法」の成立が見込まれるとともに、国の来年度予算編成方針に新型交付税の導入が盛り込まれるなど、さらなる改革が進もうとしており、地方自治体の自主性や自立性を高める取り組みが強く求められております。

 最近の報道によれば、財政破綻した夕張市がまとめた「360億円を約20年で返済する」という財政再建案は、約270人いる市職員を4年間で70人に削減し、給与を平均月額3割カットするということだけにとどまらず、市民税の増税、ごみの有料化、保育料の値上げ、小・中学校の統廃合、図書館、美術館、市営球場等の廃止など、住民にも大きな負担を強いる内容で、全国に波紋と衝撃を広げています。

 こうした中、国の地方再生を目指した取り組みも加速をされており、越前市においても、今春に策定をした「行財政構造改革プログラム」の一層の推進を図り、行財政運営における自立性を確保することが緊要の課題となっております。

 特に、2年前に策定された「新市建設計画」の財政計画で想定をしていた地方交付税額と現実との乖離は、平成17年度は64億円との想定に対して、決算結果は55億円と、約9億円の減額、平成18年度も63億円が46億円と、約17億円もの大幅減額となることが予測をされ、それに見合う税源移譲も本市においては見込めないことから、7月に閣議決定された「骨太の方針2006」も踏まえ、将来の一般財源の確保は非常に困難な状況に陥る可能性が高くなっております。

 このため、国からの歳入削減分を補うには、「行財政構造改革プログラム」の推進や職員の業務改善等による意識改革はもとより、選択と集中による施策の推進をより明確にし、市民と協働して市政運営に当たっていかなければならないと考えております。

 例えば、徴収率を上げるための方策として実施をするコンビニでの納付は、11月から水道料金が可能となり、来年4月からは市税納付も可能となってまいります。

 また、年末にかけて全庁体制での50班編成の特別徴収班による滞納整理も実施をしております。さらに、市ホームページへのバナー広告につきましては、来年度からの実施を検討するとともに、公共施設の利用料金につきましても、受益者負担の原則で鋭意見直しを図っていく考えであります。

 しかし、こうした厳しい時代にあっても、我が越前市は、地勢的には福井県の中央に位置する県央都市であり、さらには産業経済や伝統文化における丹南地域の中心都市であるというすばらしい特性や基盤を有しております。

 そこで、現在策定中の「総合計画」の基本構想案では、越前市の将来像を「国府の文化と匠の技、日野の山川に育まれ、ひとづくり、ものづくり、まちづくりの活力みなぎる『元気な自立都市 越前』」と標榜したいと考えるものです。

 この将来像の実現に向かって、5つのまちづくりの柱から成る施策を強力に推進してまいりたいと決意をしております。

 それでは、当面する市政の重要課題について、5つのまちづくりの柱ごとに、その進捗状況を述べさせていただきます。

 まず最初に、「元気な産業づくり」について申し上げます。

 本市の企業立地の状況については、今月、今立西部工業団地に進出をした企業が操業を開始しました。さらに、本市に立地をしている既存企業においても、相次いで大規模な設備投資が進み、本年1月に制度拡充を図った「企業立地促進補助金」の申請件数は、地場企業を含めて10社を数え、新たな雇用が500人以上生まれる見通しとなっています。この雇用拡大を定住化促進につなげるとともに、将来の地域経済の発展に結びつけることが本市の自立性確保のかぎとなるものと考えており、今後も地場企業や新規立地企業への支援を積極的に進めてまいります。

 次に、「2006たけふ菊人形」については、「千代と一豊」をテーマに10月1日から36日間にわたり開催をし、好天に恵まれたこともあり、昨年より約1万2,000人多い9万4,000人を超える有料入場者が訪れ、成功裏に閉幕を迎えることができました。主催者である「たけふ菊人形実行委員会」を初め、関係各位の御尽力に深く感謝を申し上げます。

 今年度の成果を来年度に生かすべく、「観光振興プラン」の策定を急ぐとともに、越前打刃物の新たな拠点として整備中のタケフナイフビレッジの体験工房や和紙の里3館との連携にも一層力を注いでまいります。

 次に、農業につきましては、来年度から国は、戦後農政の大改革と言うべき「品目横断的経営安定対策」を導入しますが、本市における19年産大麦の作付につきましては、11月末時点で作付面積のおおむね100%の加入申請がなされたところであります。今後は、来年の米の作付について、この政策の対象となる担い手による加入申請の準備に取り組む予定であります。

 また、農政改革のもう一つの柱であります「農地・水・環境保全向上対策」につきましても、84活動組織より対象農地面積の約80%の申請があり、来年度の実績に向け着実に取り組んでいるところであります。

 次に、2つ目の柱である「元気な人づくり」について申し上げます。

 まず、将来を担う子供たちの教育環境の整備については、北新庄小学校の校舎改築事業が来年夏の完成を目指し、10月に着工しました。

 また、南中山小学校では来年度からの着工に向け実施設計を行っております。このほか、昭和56年の建築基準法改正前の教育施設の耐震診断を行っており、その結果を踏まえ、適切に耐震補強等を進めていく考えであり、安全で安心な教育環境で学ぶことができるよう努めてまいります。

 次に、大規模改修を進めておりました北日野保育園につきましては、11月27日からリニューアルされ、快適さの増した園舎内で保育が再開をされております。

 今後は、地域と連携をしながら、「認定こども園」に向けてモデル的な保育活動に努めてまいる所存であります。

 さて、大変残念なことに、現在、全国的に子供の虐待やいじめに関する事件が増加をしております。事の重大性を十分に認識した上で、いち早く設置をした「越前市要保護児童対策地域協議会」などのネットワークの活用や相談支援体制の充実により、早期発見と未然防止に努めてまいります。

 特に、小・中学校におきましては、いじめ防止や不登校などの早期発見、早期対応を図り、児童・生徒や保護者との相談支援体制の充実に努める一方、命をとうとぶ心を育てる教育の推進を図ってるところであります。

 また、市教育委員会では、今後の本市における教育の基本的な考え方を示す「教育方針」をこのたび策定いたしました。この教育方針は市民憲章に基づき、あすの本市を担う人間の育成に努めるための指針を定めたものであります。

 本方針を踏まえ、子供を取り巻く社会環境を見定めながら、本市が希求する社会像を構築するための人づくりの具体的な方向性を明らかにしてまいりたいと存じます。

 次に、3つ目の柱である「快適で住みよいまちづくり」について申し上げます。

 まず、道路の整備については、本市の国、県に対する最重要要望である戸谷片屋線の起工式が11月27日に行われ、長年の懸案解決に大きな前進を見たところであります。西川知事を初め、関係各位の御尽力に深く感謝を申し上げます。

 また、平成13年から県により建設が進められていた越前市と池田町を結ぶ新清水谷トンネルが11月17日に開通し、市町間のネットワークがさらに図られることとなりました。

 また、治水対策として沿川住民が強く望んでいる吉野瀬川ダムの建設促進に必要不可欠なつけかえ県道武生米ノ線のトンネル建設も決定をしたと伺っております。

 次に、上水道の整備については、県が大塩町に建設していた日野川管理センターが11月24日に通水式を行い、12月1日から水道用水の供給が始まりました。

 これにより丹南地区の17万住民の水がめとして、安全・安心な水が確保されたところであります。今後2期工事に当たっては、受水市町と連携をし、さらなる水価の低減に向けて県に強く要請をしてまいりたいと考えております。

 次に、環境保全対策についてでありますが、越前市西部地域の自然豊かな里地里山を保全継承していくため、本年8月に発足した「水辺と生き物を守る農家と市民の会」や地元自治振興会などが中心となり、ことしの秋には多くの市民の参加のもと、ため池ビオトープ造成や外来魚駆除を実施し、自然環境保全のための第一歩を踏み出すことができました。

 また、11月には、環境保全活動団体や武生商工会議所、市内企業と行政との協働による「環境フェア」を開催し、多くの市民の参加を得ました。水や食の安全といった、よりよい環境の創造に向け、それぞれがどのような役割を果たすことができるかを見詰め直すよい機会となったことから、今後ともこうした手づくりの市民参加型環境保全活動を支援してまいりたいと思います。

 次に、4つ目の柱である「安全で安心なまちづくり」について申し上げます。

 ことしの秋は、山林での動物の生態環境が悪化をしたため、市中に出没したクマやイノシシにより負傷者が4名発生するとともに、クマの目撃件数は昨年の目撃件数の約20倍の143件にも上り、昨年を大きく上回る事態となりました。市職員による朝夕の警戒パトロールの実施や、県の支援を受けて電気さくを設置するなど、安全確保に取り組んだところであります。

 さて、いよいよ降雪期を迎え、昨年の豪雪時の課題を踏まえながら、生活道路の除雪を初め、雪対策には万全の体制を目指し、取り組みを進めてるところであります。

 先般も関係機関が一堂に会し、「雪害対策連絡会議」や越前市−敦賀市間の「主要道降雪対策連絡会議」を本市で開催し、雪による交通渋滞や高齢者宅の屋根雪おろし、狭隘道路除雪について、ことしの冬の対応に万全を期す旨の確認を行ったところであります。

 また、融雪化につきましては、冬期における道路交通確保のため、現在、地域の実態や交通事情を調査中で、来年度に「道路無雪化整備計画」を策定するための検討を深めているところであります。

 次に、5つ目の柱である「市民が主役のまちづくり」について申し上げます。

 現在、17地区で地域自治振興事業を活発に展開していただいていますが、その指針ともなる3カ年の「地域振興計画」が全地区で策定中であります。地域の特性を尊重し、そこに住む住民が地域とかかわり、協働して心豊かに暮らすことができるような取り組みを期待いたしてるところであります。

 もちろん、市との協働事業につきましては、市職員もしっかり理念を共有し、事業展開を図れるように取り組んでまいる所存であります。

 次に、市の最上位計画となります「総合計画」につきましては、10月23日に各種団体等の代表の方々25名から成る「総合計画審議会」に諮問をしたところであります。

 この審議会で委員の方々に活発な御議論をいただき、2月には審議会から答申を受け、3月議会において議員各位に御審議をいただき、決定してまいりたいと考えておりますので、引き続きの御理解と御協力をお願い申し上げます。

 次に、パブリックコメント制度についてでありますが、市行政の透明性を図るために計画の素案の段階で、広報や市ホームページへの掲載、情報公開室や公民館、総合支所での閲覧により、多くの市民から御意見を募集いたすものであります。

 12月の市広報等でのパブリックコメントは、「総合計画」のほか、「男女共同参画プラン」「国民保護計画」「中心市街地活性化プラン」について実施をいたします。

 いずれの計画も、今年度末の策定を予定しており、パブリックコメント制度を活用して、多くの市民から御意見をいただき、市民参加の計画づくりを進めてまいります。

 以上、当面する重要課題への取り組みについて、その一端を述べさせていただきました。議員各位の御理解と御協力をよろしくお願いを申し上げます。

 それでは次に、今回提案いたしました補正予算案の具体的な内容につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第145号一般会計補正予算第3号につきましては、退職手当や私立保育園運営委託料などについて7億70万円を補正いたし、補正後の予算総額を293億1,720万円にいたそうとするものであります。

 歳出予算の主なものといたしまして、総務費では、早期希望退職などによる退職手当や、こしの都1500年プロジェクト助成事業などに2億803万円を計上いたし、民生費では、入園児の増加に伴う民間保育園運営委託事業や、知的障害者居宅生活・施設訓練等支援事業などに5億2,189万3,000円を計上いたしました。

 農林水産業費では、農道管理事業、農作物鳥獣害防止対策事業などに8,590万9,000円を、商工費では、企業誘致事業などに656万9,000円を計上いたしました。

 土木費では、下水道特別会計繰出金など2億5,192万4,000円を減額し、教育費では、原油価格高騰による小・中学校、地区公民館など各施設の燃料費などの追加及びふるさとギャラリー施設整備事業などに1億2,208万9,000円を計上いたしました。

 災害復旧費では、9月6日から7日に発生をしました豪雨災害を初めとする林業施設の災害復旧事業などに3,228万8,000円を計上いたしました。

 これらに要する財源といたしましては、国庫支出金1億1,585万7,000円、県支出金8,261万6,000円、繰越金2億3,082万6,000円、市債1億8,960万円などを計上いたしました。

 引き続き、各特別会計補正予算案の主な内容につきまして御説明を申し上げます。

 議案第146号土地区画整理事業特別会計補正予算第2号につきましては、施設整備工事費などに152万6,000円を計上し、補正後の予算総額を1億7,189万1,000円といたし、その財源として財産収入などを計上いたしました。

 次に、議案第147号下水道特別会計補正予算第2号につきましては、管渠築造事業の減額などに伴い、公共下水道勘定では3,138万5,000円を減額し、補正後の予算総額を46億72万2,000円といたし、特定環境保全公共下水道勘定では253万1,000円を減額し、補正後の予算総額を4億171万7,000円といたし、各勘定の財源として繰入金、市債などを計上いたしました。

 また、戸別公共浄化槽勘定では、戸別公共浄化槽維持管理費について予備費と組み替えを行いました。

 次に、議案第148号国民健康保険特別会計補正予算第2号につきましては、事業勘定では一般被保険者医療給付負担金などに2億3,204万8,000円を計上し、補正後の予算総額を66億8,188万9,000円といたし、その財源として、現年度療養給付費交付金などを計上し、診療所勘定では職員人件費などを1,113万9,000円を計上し、補正後の予算総額を8,193万9,000円といたし、その財源として繰入金などを計上いたしました。

 次に、議案第149号老人保健特別会計補正予算第1号につきましては、過年度老人医療給付費国庫負担金等返還金などに1億1,998万6,000円を計上し、補正後の予算総額を80億5,120万2,000円といたし、その財源として繰越金などを計上いたしました。

 次に、議案第150号介護保険特別会計補正予算第2号につきましては、事業勘定で居宅介護サービス給付費負担金などに2億6,123万円を計上し、補正後の予算総額を54億8,152万2,000円といたし、その財源として支払基金交付金を計上いたしました。審査会勘定では、職員給与費負担金などに200万9,000円を計上し、補正後の予算総額を6,640万9,000円といたし、その財源として繰入金などを計上いたしました。

 次に、議案第151号障害区分認定審査会事業特別会計補正予算第1号につきましては、給与負担金など250万円を減額し、補正後の予算総額を1,550万円といたし、その財源として分担金及び負担金などを減額いたしました。

 最後に、公営企業会計補正予算案の主な内容につきまして御説明申し上げます。

 議案第152号水道事業会計補正予算第3号につきましては、収益的支出では給水工事費などに1,222万5,000円を減額し、補正後の予算総額を12億2,617万8,000円といたし、資本的支出では下水道関連配水管布設がえ工事費などに9,955万2,000円を減額し、補正後の予算総額を9億8,003万2,000円といたしました。

 以上、補正予算案の概要について御説明申し上げました。よろしく御審議をいただき、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

 なお、議案第153号から議案第170号までの提案理由につきましては、関係部局長から御説明を申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 山岸企画部長。



◎企画部長(山岸文男君) 〔登壇〕続きまして、議案第153号越前市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 本案は市民の利便性の向上を図るとともに、行政運営の簡素化及び効率化に資することを目的といたしまして、市民から市の機関等への申請や届け出、市の機関等から市民への処分の通知といった行政手続等につきまして、これまでの書面による方法に加え、インターネット等を用いた方法により行えるようにするための共通の事項を定めるものであります。

 なお、この条例は平成19年3月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 服部福祉保健部長。



◎福祉保健部長(服部秀一君) 〔登壇〕続きまして、議案第154号から議案第156号の3案につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 まず、議案第154号越前市児童デイサービス事業利用者等負担金徴収条例等の一部改正についてでありますが、本案は障害者自立支援法等の施行に伴い、関係条例中の障害者福祉サービスの根拠規定などを改めようとするものであります。

 第1条につきましては、越前市児童デイサービス事業利用者等負担金徴収条例の一部を改正し、根拠法を児童福祉法から障害者自立支援法に改めるとともに、法定代理受領の規定を設けるほか、関係規定の整備をいたそうとするものであります。

 第2条につきましては、越前市身体障害者福祉工場設置及び管理条例の一部を改正し、根拠法を身体障害者福祉法から障害者自立支援法に改めようとするものであります。

 第3条につきましては、越前市身体障害者福祉ホーム設置及び管理条例の一部を改正し、身体障害者福祉ホームを福祉ホームに改めるとともに、その根拠法を身体障害者福祉法から障害者自立支援法に改めようとするものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行いたそうとするものであります。

 次に、議案第155号越前市重度心身障害者等医療費の助成に関する条例の一部改正についてでありますが、本案は児童福祉法の改正により、平成18年10月1日から障害児施設入所者の医療費公費負担制度が廃止され、医療保険による自己負担額が生じることから、当該負担額に係る助成の取扱規定を整備いたすとともに、助成の対象となる一部負担金の定義を明確にするため条例の一部を改正いたそうとするものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の条例の規定は18年10月1日から適用いたそうとするものであります。

 次に、議案第156号越前市介護保険条例の一部改正等についてでありますが、本案は丹南地区の市及び町が共同して処理している介護認定事務及び障害程度区分認定事務について、平成19年4月1日から福井県丹南広域組合の事務とすることにより、丹南地区介護認定審査会及び丹南地区障害者給付認定審査会に関する条例の一部改正または廃止をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は平成19年4月1日から施行し、第3条の規定による越前市特別会計条例の一部改正については、平成19年度の予算から適用し、平成18年度の予算については、なお従前の例によることとする経過措置を設けようとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 西藤産業経済部長。



◎産業経済部長(西藤浩一君) 〔登壇〕続きまして、議案第157号越前市越前和紙の里コミュニティ広場設置及び管理条例の一部改正につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、越前市越前和紙の里コミュニティ広場の管理につきまして、地方自治法第244条の2に規定する指定管理者に行わせるため、越前市越前和紙の里コミュニティ広場設置及び管理条例の一部を改正いたそうとするものであります。

 その内容でありますが、越前和紙の里コミュニティ広場について指定管理者に管理を行わせることができる旨及び指定管理者の業務の範囲を規定するなど所要の改正をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は平成19年1月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 横井教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(横井栄治君) 〔登壇〕続きまして、議案第158号及び議案第159号の2案につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、議案第158号越前市立学校設置及び管理条例の一部改正についてでありますが、本案は味真野小学校中居分校では少子化により児童数が減少し、集団的な学習活動が大きく制約されることが予想されること及び大正15年から昭和46年にかけての建設である同校の校舎は老朽化が著しく、危険であることから、同校を味真野小学校に統合し、廃止いたそうとするものであります。

 なお、この条例は平成19年4月1日から施行いたそうとするものであります。

 次に、議案第159号越前市ふるさとギャラリー叔羅設置及び管理条例の一部改正についてでありますが、本案は旧図書館分館「らいぶ・はうすらく」について、ふるさとギャラリーの分館「たく」として設置整備し、市民の文化芸術活動を一層支援するため、条例の一部を改正いたそうとするものであります。

 その内容でありますが、「らく」の開館時間及び使用料について規定するほか、所要の規定の整備をいたそうとするものであります。

 また、附則第2項の規定につきましては、越前市ふるさとギャラリー叔羅設置及び管理条例の一部改正に伴う越前市武生公会堂記念館設置及び管理条例の所要の規定の整理をいたそうとするものであります。

 なお、この条例は平成19年1月1日から施行いたそうとするものであり、この条例の施行後は、改正後の条例第14条の規定に基づき、「らく」の管理について指定管理者を指定し、平成19年4月1日から管理の代行を行わせる予定であります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 山岸企画部長。



◎企画部長(山岸文男君) 〔登壇〕続きまして、議案第160号福井県丹南広域組合規約の一部変更について、議案第161号丹南地区障害者給付認定審査会の共同設置の廃止について及び議案第162号丹南地区介護認定審査会の共同設置の廃止についての3案につきまして関連がありますので、福祉保健部門とあわせて提案理由を御説明申し上げます。

 本3案は、介護保険法第14条に規定する介護認定審査会に関する事務及び障害者自立支援法第15条に規定する市町村審査会に関する事務を平成19年4月1日から福井県丹南広域組合において共同処理することとし、当該組合の規約の一部を変更すること及びこれとあわせて丹南地区障害者給付認定審査会及び丹南地区介護認定審査会の共同設置を平成19年3月31日をもって廃止することにつきまして、地方自治法第290条の規定及び同法第252条の7第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めようとするものにあります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 小東総務部長。



◎総務部長(小東勇士君) 〔登壇〕続きまして、議案第163号から議案第168号までの6案につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 まず、議案第163号福井県自治会館組合規約の一部変更についてでありますが、本案は福井県自治会館組合を組織する地方公共団体が合併により9市8町に再編され、このことにより選挙区の組合議員区分数を見直すための規約の一部を変更する必要がありますので、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めようとするものであります。

 次に、議案第164号福井県市町総合事務組合への加入について、議案第165号福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合の解散について及び議案第166号福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合の解散に伴う財産処分について並びに議案第167号福井県市町村交通災害共済組合の解散について及び議案第168号福井県市町村交通災害共済組合の解散に伴う財産処分についての5案についてでありますが、関連がありますので、市民生活部門とあわせて御説明申し上げます。

 本5案は、平成19年4月1日から福井県市町村消防団等公務災害補償等組合、福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合及び福井県市町村交通災害共済組合の事務を福井県市町総合事務組合が承継することに伴い、地方自治法第288条の規定により、平成19年3月31日をもって福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合及び福井県市町村交通災害共済組合を解散することとし、同法第289条の規定により、それに伴う財産処分を行うこと、並びにこれらの組合で共同処理していた非常勤職員の公務災害補償に関する事務、交通災害共済に関する事務等について、同法第286条第1項の規定により福井県市町総合事務組合において共同処理することとし、平成19年4月1日から同組合に加入することについて、同法第290条の規定により議会の議決を求めようとするものであります。

 なお、財産処分の内容につきましては、福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合、福井県市町村交通災害共済組合、それぞれの財政調整基金及び平成18年度決算剰余金について、平成19年4月1日からこれらの組合の事務を承継する福井県市町総合事務組合の財産について帰属させようとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 加藤市民生活部長。



◎市民生活部長(加藤進君) 〔登壇〕続きまして、議案第169号福井県後期高齢者医療広域連合の設置につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、後期高齢者の医療に関する事務を処理するに当たり、平成19年2月1日に福井県内全市町で構成する福井県後期高齢者医療広域連合を設置いたすため、同連合の規約について地方自治法第291条の11の規定により議会の議決を求めようとするものであります。

 広域連合設置の理由でありますが、平成18年6月の健康保険法等の一部改正等により、平成20年4月から現行の老人保健法による老人医療を廃止し、新たに高齢者の医療の確保に関する法律による後期高齢者に係る医療の給付が行われることとなり、その事務につきましては各都道府県にその区域内の全市町村が加入する広域連合を設置し、実施することとされております。そのため、福井県におきましては、本年9月から県内17市町長により設立準備委員会を設置し、広域連合設置に向けて準備を進めております。

 次に、規約の内容でありますが、広域連合議会議員につきましては、各市町議会議員の中から選出することといたしており、本市においては2名を選出することといたしております。

 また、運営に係る共通経費負担につきましては、均等割10%、人口割40%、後期高齢者人口割50%といたしております。

 なお、この規約は、一部の規定を除き、平成19年2月1日から施行いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。

(「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(福田修治君) 横井教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(横井栄治君) 〔登壇〕続きまして、議案第170号越前市いまだて芸術館の指定管理者の指定につきまして提案理由を御説明申し上げます。

 本案は、いまだて芸術館の管理を指定管理者に代行させるに当たり、越前市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の規定により、指定管理者の候補として、越前市文化振興事業団を選定いたしましたので、その指定について地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき提案いたそうとするものであります。

 以上、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(福田修治君) 以上をもって議案第145号から議案第170号までの提案理由の説明を終了いたします。

  ================



○議長(福田修治君) 本日はこれをもって散会いたします。

 次会は12月13日午前10時から再開いたします。

       散会 午前11時23分







〔 参 照 〕

┌─────────────────────────────────────────┐

│           諸  会  議  等  報  告  書           │

│  平成18年第5回越前市議会定例会後に開催された議長会関係等の諸会議等について │

│ は、次のとおりである。                             │

│ 第1 議長会関係の諸会議について                        │

│  1 福井県市議会議長会視察研修                        │

│     平成18年10月4日(水)〜6日(金)熊本県熊本市、岡山県岡山市を視察 │

│    した。                                  │

│  2 平成18年度丹南地区市町議会議長会議員研修会               │

│     平成18年10月10日(火)鯖江市において開催された。         │

│    (研修事項) 講  演 講師 福井県知事 西川一誠 氏          │

│  3 第56回北信越市議会事務局協議会定例会                  │

│     平成18年10月11日(水)〜12日(木)新潟県見附市において開催され │

│    た。                                   │

│  4 北信越市議会議長会評議員会                        │

│     平成18年10月17日(火)長野県松本市において開催された。      │

│      (1)  北信越市議会議長会会務報告                   │

│      (2)  各特別委員会経過報告                      │

│      (3)  議案審議                            │

│         ア 各県市議会議長会提出議案                  │

│            福井市から提出された「高規格幹線道路及び地域高規格道路の │

│           整備促進について」外9件                  │

│  5 福井県市議会議長会事務局職員研修会                    │

│     平成18年10月24日(火)〜25日(水)あわら市において開催された。 │

│  6 福井県市議会議長会議員合同研修会                     │

│     平成18年10月30日(月)越前市において開催した。          │

│    (研修事項) 講  演 演題 「分権時代における自治体議会のありかた」  │

│                講師 (財)地方自治総合研究所所長 辻山幸宣 氏  │

│           視察研修 越前市いまだて芸術館、紙の文化博物館、卯立の工芸館│

│  7 広域行政圏市議会協議会第55回理事会                   │

│     平成18年11月1日(水)東京都において開催された。          │

│      (1)  平成17年度歳入歳出決算について                │

│      (2)  広域行政圏の拡充強化に関する要望(案)について         │

│      (3)  第38回総会の運営について                   │

│      (4)  今後の運営について                       │

│      (5)  実行運動の方法について                     │

│      (6)  役員改選について                        │

│      (7)  その他                             │

│  8 福井県市町議会議員合同研修会                       │

│     平成18年11月6日(月)福井県自治会館において開催された。      │

│    (研修事項) 講  演 演題 「分権時代と期待される地方議会」      │

│                講師 全国都道府県議会議長会前議事調査部長    │

│                   野村 稔 氏                │

│                演題 「これからの政局と展望」          │

│                講師 読売テレビ解説委員長 岩田公雄 氏     │

│  9 福井県市議会議長会事務局長会                       │

│     平成18年11月7日(火)福井市において開催された。          │

│      (1)  平成18年度福井県市議会議長会臨時総会の日程について      │

│      (2)  平成18年度福井県市議会議長会臨時事務局長会の日程について   │

│      (3)  平成19年度福井県市議会議長会定期総会の日程について      │

│      (4)  平成19年度北信越市議会議長会特別委員会委員割り振りについて  │

│      (5)  福井県市議会議長会表彰の見直しについて             │

│      (6)  平成19年度全国・北信越・県市議会議長会等役職の割り振りについて│

│      (7)  平成19年度全国・北信越市議会議長会負担金について       │

│      (8)  福井県市議会議長会事務局長会開催市補助金の見直しについて    │

│      (9)  平成19年度福井県市議会議長会負担金(案)について       │

│      (10) その他                             │

│         ア 平成19年度北信越市議会議長会定期総会の日程について    │

│         イ 全国・北信越・福井県市議会議長会の今後の日程について    │

│ 10 全国市議会議長会第81回評議員会                     │

│     平成18年11月9日(木)東京都において開催された。          │

│      (1)  会務報告                            │

│         ア 一般事務                          │

│         イ 各委員会報告                        │

│      (2)  議案審議                            │

│         ア 部会提出議案                        │

│            北信越部会から提出された「北陸新幹線の建設促進について」 │

│           外17件                          │

│         イ 会長提出議案                        │

│           「平成17年度全国市議会議長会一般会計決算」外2件     │

│      (3)  協議                              │

│         ア 平成19年度本会予算の見通しについて            │

│         イ その他                           │

│ 第2 議会関係の諸会議について                         │

│   9 月28日(木)                              │

│    南越消防組合議会、南越清掃組合議会代表者会議               │

│     (協議事項) 議会運営について                     │

│    平成18年第2回南越消防組合議会定例会                  │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議長の選挙                           │

│      2  議席の一部変更及び指定について                 │

│      3  副議長の選挙                          │

│      4  平成18年度南越消防組合一般会計補正予算(第2号)       │

│      5  平成17年度南越消防組合一般会計決算認定について        │

│      6  消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理について│

│      7  福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合規約の一部変更について │

│      8  財産の取得について                       │

│      9  財産の取得について                       │

│     10  専決処分の承認を求めることについて               │

│     11  一般質問                            │

│     12  議員の派遣について                       │

│    平成18年第2回南越清掃組合議会定例会                  │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議長の選挙                           │

│      2  議席の指定                           │

│      3  副議長の選挙                          │

│      4  平成18年度南越清掃組合一般会計補正予算(第1号)       │

│      5  平成17年度南越清掃組合一般会計決算認定について        │

│      6  一般質問                            │

│      7  議員の派遣について                       │

│  10月 2 日(月)                              │

│    平成18年第3回武生三国モーターボート競走施行組合議会定例会       │

│     (議決等事項)                             │

│      1  議席の指定                           │

│      2  副議長の選挙                          │

│      3  平成17年度武生三国モーターボート競走施行組合一般会計歳入歳出 │

│        決算認定について                         │

│      4  専決処分の承認を求めることについて               │

│         武生三国モーターボート競走施行組合営モーターボート競走条例の一 │

│        部改正について                          │

│      5  武生三国モーターボート競走施行組合特別職の職員の給与及び旅費等 │

│        に関する条例の一部改正について                  │

│      6  武生三国モーターボート競走施行組合特別職の職員の給与及び旅費等 │

│        に関する条例の特例に関する条例の一部改正について         │

│      7  監査委員の選任について                     │

│      8  一般質問                            │

│  10月13日(金)                              │

│    決算特別委員会                              │

│     (審査事項) 付託案件の審査(公営企業局・建設部の所管)        │

│  10月16日(月)                              │

│    全員説明会                                │

│     (協議事項)                              │

│      1  越前市総合計画基本構想(案)について              │

│      2  越前市教育方針(素案)について                 │

│  10月17日(火)                              │

│    決算特別委員会                              │

│     (審査事項) 付託案件の審査(産業経済部・教育委員会の所管)      │

│  10月24日(火)                              │

│    決算特別委員会                              │

│     (審査事項) 付託案件の審査(市民生活部・福祉保健部の所管)      │

│  10月26日(木)                              │

│    決算特別委員会                              │

│     (審査事項) 付託案件の審査(企画部・総務部・今立総合支所の所管)   │

│  10月31日(火)                              │

│    議会運営委員会小委員会                          │

│     (協議事項) 越前市議会だより(第6号)について            │

│    議会運営委員会                              │

│     (協議事項)                              │

│      1  12月定例会について                      │

│      2  越前市議会だより(第6号)について               │

│  11月24日(金)                              │

│    新庁舎建設対策特別委員会                         │

│     (協議事項) 中心市街地活性化プラン策定について            │

│    全員説明会                                │

│     (協議事項) 福井鉄道(福鉄)からの支援要請について          │

│     (説明事項)                              │

│      1  中心市街地活性化プラン策定について               │

│      2  まちづくり条例の制定について                  │

│      3  国民保護計画の策定について                   │

│      4  男女共同参画プランの策定について                │

│    議会運営委員会                              │

│     (協議事項)                              │

│      1  地方自治法の改正に伴う市議会会議規則、委員会条例の一部改正につ │

│        いて                               │

│      2  行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定につい │

│        て                                │

│  11月30日(木)                              │

│    総務委員協議会                              │

│     (協議事項) 総合計画基本計画(案)について              │

│    全員説明会                                │

│     (説明事項)                              │

│      1  12月定例会提出予定議案について                │

│      2  総合計画基本計画(案)について                 │

│  12月 1 日(金)                              │

│    議会運営委員会                              │

│     (協議事項) 12月定例会の運営について                │

│  12月 4 日(月)                              │

│    平成18年第4回武生三国モーターボート競走施行組合議会定例会       │

│     (議決等事項)                             │

│      1  競走用ボート購入について                    │

│      2  競走用モーター購入について                   │

│      3  福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合の解散について      │

│      4  福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合の解散に伴う財産処分につ │

│        いて                               │

│      5  福井県市町村職員退職手当組合の共同処理する事務の変更、規約の変 │

│        更及び組合を組織する地方公共団体の数の増加について        │

│      6  一般質問                            │

│ 第3 陳情書等の受理                              │

│   9 月 7 日(木) 四中跡地の利用計画外についての要望書を味真野地区区長会会 │

│           長宮本重治外1名から受理した。               │

│  10月 2 日(月) 越前市武生東小学校体育館改築を要望する陳情書を越前市武生 │

│           東小学校体育館改築期成同盟会会長大柳登外3名から受理した。 │

│  10月 3 日(火) 武生市芝原土地区画整理組合保留地売却にかかる陳情書を武生 │

│           市芝原土地区画整理組合理事長高田泰高から受理した。     │

│  11月10日(金) 南中山小学校の給食室に関する要望書を越前市南中山小学校校 │

│           舎・体育館改築期成同盟会会長加藤幸雄外2名から受理した。  │

│  11月10日(金) 服間小学校の給食室に関する要望書を服間小学校給食の自校方 │

│           式を求める会代表者夏目裕行外8名から受理した。       │

│  11月10日(金) 福井鉄道福武線に対する支援についての要望書を福井鉄道株式 │

│           会社取締役社長山内和久から受理した。            │

│  11月10日(金) 越前市北新庄小学校体育館改築及び放課後児童の居場所となる │

│           施設の整備を要望する陳情書を越前市北新庄小学校校舎・体育館 │

│           改築期成同盟会会長石本伊教外4名から受理した。       │

│  11月10日(金) 国民に安全・安心の農産物を供給するための施策の実施を求め │

│           る意見書提出にかかる陳情書を国民の食糧と健康を守る運動福井 │

│           県連絡会会長玉村正夫から受理した。             │

│  11月17日(金) 高齢者向け優良賃貸住宅の建設にかかる陳情書を社会福祉法人 │

│           わかたけ共済部理事長白藤昭武から受理した。         │

│  11月22日(水) 知的障害者通所授産施設にかかる陳情書を社会福祉法人陽光会 │

│           理事長辻里昭外4名から受理した。              │

│  11月24日(金) 「大規模集客施設及び集客施設の大規模集積等による郊外開発 │

│           計画抑制」に関する要望書を武生商工会議所会頭三田村俊文から │

│           受理した。                         │

│  11月24日(金) 平成19年度税制改正及び行財政改革に関する提言について社 │

│           団法人南越法人会会長三田村俊一から受理した。        │

│  11月29日(水) 施設活用に関する提案について越前市社会福祉協議会会長藤谷 │

│           家也から受理した。                     │

│  12月 5 日(水) 服間小学校での自校方式給食を求める請願署名(総計 254 │

│           9人)を服間小学校給食の自校方式を求める会代表服間小学校P │

│           TA会長夏目裕行から受理した。               │

│  12月 5 日(水) 西部工業団地の土地払下げにかかる陳情書を株式会社クリーン │

│           アース産業相談役伊部義美から受理した。           │

│ 第4 行政視察について                             │

│  1 行政視察                                 │

│   10月19日(木)〜20日(金)                      │

│    鯖江広域衛生施設組合議会                         │

│     岐阜県加茂郡白川町 森林資源活用センター発電所             │

│     (視察事項) 木質バイオマスエネルギー利用施設視察           │

│     長野県飯田市 桐林クリーンセンター                   │

│     (視察事項) ごみ焼却施設・ガス化溶融炉視察              │

│   11月 1 日(水)〜 2 日(木)                      │

│    南越清掃組合議会                             │

│     岐阜県高山市 高山市資源リサイクルセンター(サンクリーン高山)     │

│     (視察事項) ごみの減量化及び有料化について              │

│     岐阜県関市 クリーンプラザ中濃                     │

│     (視察事項) 施設見学(ガス化溶融炉その他)              │

│   11月13日(月)〜14日(火)                      │

│    南越消防組合議会                             │

│     愛知県豊橋市 豊橋市・豊川市消防指令センター              │

│     名古屋市港防災センター                         │

│     (視察事項) 「消防救急業務に係る消防指令業務共同運用の先進地視察」  │

│   11月15日(水)〜16日(木)                      │

│    福井県丹南広域組合議会                          │

│     奈良県橿原・高市広域行政事務組合                    │

│     (視察事項) 広域振興事業等の取り組み状況について           │

│   11月27日(月)〜28日(火)                      │

│    公立丹南病院組合議会                           │

│     徳島県鳴門市 健康保険鳴門病院                     │

│  2 行政視察来庁者                              │

│    9 月27日(水) 千葉県八街市議会議員一行6名来庁            │

│   10月 4 日(水) 愛媛県伊予市議会議員一行8名来庁            │

│   10月11日(水) 山口県下関市議会議員一行19名来庁           │

│   10月12日(木) 岡山県笠岡市・矢掛町中学校組合議会議員一行14名来庁  │

│   10月17日(火) 広島県福山市議会議員一行5名来庁            │

│   10月18日(水) 埼玉県春日部市議会議員一行10名来庁          │

│   10月25日(水) 長崎県平戸市議会議員一行11名来庁           │

│   10月27日(金) 静岡県焼津市議会議員一行2名来庁            │

│   11月 6 日(月) 宮城県花巻市議会議員一行9名来庁            │

│   11月 7 日(火) 新潟県加茂市議会議員一行11名来庁           │

│   11月 8 日(水) 愛知県碧南市議会議員一行10名来庁           │

│   11月 9 日(木) 兵庫県相生市議会議員一行3名来庁            │

│   11月13日(月) 鹿児島県南さつま市議会議員一行10名来庁        │

│   11月16日(木) 福岡県京都郡苅田町議会議員一行7名来庁         │

│   11月20日(月) 東京都日野市議会議員一行7名来庁            │

└─────────────────────────────────────────┘




請 願 文 書 表
受理
番号請願第4号件 名服間小学校の学校給食に関する請願書
平成18年11月30日受理請願者服間小学校給食の自校方式を求める会
代表者 服間校PTA会長  夏 目 裕 行
ほか8名
紹介
議員上 山 直 行 君
     ほか2名付 託
委員会教 育 厚 生 委 員 会





 子供たちは食の大切さや命の大切さを家庭の食事と学校給食を通して学び、生きる力や自分の健康を管理する能力をも育てていきます。特に学校給食の役割は今も昔も大変大きいものがあります。これは、自校方式だからこそ得られる大きなメリットです。ところが、服間小学校では自校式調理ではなく、平成17年3月に議会決定された条例により翌月から南越中学校の共同調理場での集中調理方式となりました。議会の議決は尊重されるべきですが、子供たちの健康と生きる力を養うために、市内の他の小学校と同じように服間小学校でも自校方式による給食を実施される事を保護者、地区住民は望んでおります。

 よって、服間小学校の学校給食に関し、現行の共同調理システムによる学校給食から自校方式による学校給食へ移行してください。






請 願 文 書 表
受理
番号請願第5号件 名南中山小学校の給食室に関する請願書
平成18年11月30日受理請願者南中山小学校の自校給食を考える会
 会長  赤 川 輝 彦ほか2名
紹介
議員前 田 一 博 君
     ほか2名付 託
委員会教 育 厚 生 委 員 会





 現在、南中山小学校の給食は、南越中学校でつくられたものを配送する共同調理システムになっています。しかしながら、このシステムによる様々な問題点が明らかとなり、南中山小学校としても自校方式による学校給食にして欲しい、給食室がどうしても必要なのではないかとの声が大きくなってきています。そのことに関しましては、PTA会員のアンケートをとってみた結果、給食室が必要である、自校式を望むという声が大多数を占めることが判明し、南中山地区としてもこの結果を重く受け止めています。

 よって南中山小学校の学校給食に関し、現行の共同調理システムによる学校給食から自校方式による学校給食へ移行してください。






請 願 文 書 表
受理
番号請願第6号件 名福井鉄道福武線支援に関する請願書
平成18年12月 1 日受理請願者福井鉄道株式会社
 代表取締役社長  山 内 和 久
紹介
議員玉 川 喜一郎 君
     ほか6名付 託
委員会総 務 委 員 会





 福井鉄道福武線の安全運行に不可欠な鉄道基盤設備(線路・電路や車両等)については、国庫補助の対象となる設備の更新等にかかるものと、補助対象にならず、鉄道事業者の全額負担において日常的に行う維持・修繕にかかるものがあります。

 いずれも、安全運行を行う上で継続的に発生する経費でありますが、弊社の現状の収支状況から、今後これらの整備についての自社負担を行っていくことが困難となっております。

 つきましては、これら鉄道基盤設備を道路と同様の地域社会基盤としてお取り扱いいただき、その整備について、事業者負担を伴わないようなご支援をお願い致したく、請願します。








請 願 付 託 表(平成18年第6回越前市議会定例会)
番 号件           名付託委員会
請願第4号服間小学校の学校給食に関する請願書教育厚生委員会
請願第5号南中山小学校の給食室に関する請願書教育厚生委員会
請願第6号福井鉄道福武線支援に関する請願書総務委員会






           平成18年第6回越前市議会定例会会期日程

                                  (会期18日)


日次月日曜日区分開議時刻開議場所事   項
第1日12月8日金本会議午前10時議  場
 開 会

 諸般の報告

 会議録署名議員の指名

 会期の決定

 平成17年度各会計決

算認定案

 (委員会審査結果報

告、質疑・討論・採決)

 会議規則一部改正案の

審議

 平成18年度各会計補

正予算案、条例制定・改

正案、一般議案

 (提案理由の説明)
第2日12月9日土休 会     議案調査
第3日12月10日日休 会    
第4日12月11日月休 会    
第5日12月12日火休 会    
第6日12月13日水本会議午前10時議  場 代表質問
第7日12月14日木休 会         議案調査
第8日12月15日金本会議午前10時議  場 議案に対する質疑・委
員会付託
 一般質問
第9日12月16日土休 会      
第10日12月17日日休 会      
第11日12月18日月本会議午前10時議  場 一般質問
第12日12月19日火本会議    議  場
第13日12月20日水委員会午前10時第1委員会室 教育厚生委員会
午前10時第2委員会室 建設委員会
第14日12月21日木委員会午前10時第1委員会室 総務委員会
午前10時第2委員会室 産業経済委員会
第15日12月22日金休 会     予備日
第16日12月23日土休 会      
第17日12月24日日休 会      
第18日12月25日月本会議午後2時議  場 委員会審査結果報告
 (質疑・討論・採決)
 閉会


※ 委員会開催は、、この日程をもって招集通知にかえさせていただきますから、ご了承願います。