議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成25年 7月第392回臨時会−07月24日-01号




平成25年 7月第392回臨時会

           第392回鯖江市議会臨時会会期日程

        会期 平成25年7月24日(水)開会 1日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 7月24日 │水│ 10時 │                       │
 │      │ │   │本会議                    │
 │      │ │   │・常任委員会委員の選任            │
 │      │ │   │・議会運営委員会委員の選任          │
 │      │ │   │・鯖江広域衛生施設組合議会議員の選挙     │
 │      │ │   │・鯖江・丹生消防組合議会議員の選挙      │
 │      │ │   │・福井県丹南広域組合議会議員の選挙      │
 │      │ │   │・公立丹南病院組合議会議員の選挙       │
 │      │ │   │・福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙 │
 │      │ │   │・鯖江市農業委員会委員の推薦         │
 │      │ │   │・日程追加 議長の辞職            │
 │      │ │   │・日程追加 議長の選挙            │
 │      │ │   │・日程追加 副議長の辞職           │
 │      │ │   │・日程追加 副議長の選挙           │
 │      │ │   │・議案第58号 鯖江市監査委員の選任について  │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘

              議 案 審 議 結 果 一 覧

                         市長提出 (7月24日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第58号 │鯖江市監査委員の選任について         │  ─  │ 同 意 │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘


             第392回鯖江市議会臨時会会議録
   …………………………………………………………………………………………
         平成25年7月24日(水曜日)午前10時00分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(20人)              1番  福 原 敏 弘
                          2番  佐々木 一 弥
                          3番  山 本 敏 雄
                          4番  佐々木 勝 久
                          5番  帰 山 明 朗
                          6番  林   太 樹
                          7番  小 竹 法 夫
                          8番  遠 藤   隆
                          9番  石 川   修
                          10番  奥 村 義 則
                          11番  高 田 義 紀
                          12番  丹 尾 廣 樹
                          13番  木 村 愛 子
                          14番  平 岡 忠 昭
                          15番  末 本 幸 夫
                          16番  山 崎 文 男
                          17番  水 津 達 夫
                          18番  蓑 輪   昇
                          19番  玉 邑 哲 雄
                          20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          辻 川 哲 也
                 総務部長(兼)危機管理監  加 藤 泰 雄
                 政策経営部長       斉 藤 幸 治
                 政策経営部情報統括監   牧 田 泰 一
                 健康福祉部長       伊 部 雅 俊
                 産業環境部長       中 村 修 一
                 都市整備部長       辻 本   正
                 教育委員会事務部長    友 永 英 宣
                 会計管理者        東 井 忠 義
                 監査委員事務局長     田 中 一 男
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         軽 部 利 宣
                 政策経営部次長      河 上 重 春
                 秘書企画課長       高 尾 副 次
                 財政課長         中 嶋 誠 一
                 社会福祉課長       畠 中 則 幸
                 商工政策課長       青 山 英 彦
                 農林政策課長       西 村 郁 夫
                 土木課長         辻 岡 雄 樹
                 教育審議官        柴 田 直 昌
   …………………………………………………………………………………………
    〇職務のため出席したもの 議会事務局長       棚 池 義 治
                 議会事務局次長      八 田   宏
                 議会事務局参事      山 口 達 哉
                 議会事務局次長補佐    笠 嶋 忠 輝
                 議会事務局主任      橋 本 由美子
   …………………………………………………………………………………………
               開会 午前10時00分
○議長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、第392回鯖江市議会臨時会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(平岡忠昭君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第86条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、10番 奥村義則君、12番 丹尾廣樹君、13番 木村愛子君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(平岡忠昭君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について委員長の報告を求めます。
 7番 小竹法夫君。
           〇議会運営委員長(小竹法夫君)登壇
◎議会運営委員長(小竹法夫君) おはようございます。
 第392回臨時会の運営につきまして、去る7月9日および16日に開催をいたしました議会運営委員会における審査の結果につきまして、御報告を申し上げます。
 今期臨時会に付議されます案件は、任期満了となります常任委員会委員、議会運営委員会委員の選任、慣例により鯖江広域衛生施設組合を初めとする五つの組合議会等議員の選挙、農業委員会委員の推薦を付議すべき事件として、臨時会の招集をお願いしたものであります。またあわせて、各種機関委員等の議会選出全般についても行うものであります。
 さて、これら案件の審議に要する日程でありますが、審査をいたしました結果、本臨時会の会期は本日1日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして御報告といたします。
○議長(平岡忠昭君) お諮りいたします。
 本臨時会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日1日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は本日1日間と決しました。
 休憩いたします。
              休憩 午前10時02分
              再開 午前10時42分
○副議長(高田義紀君) 再開いたします。
 報告いたします。
 議長 平岡忠昭君から、議長の辞職願が提出されました。
 お諮りいたします。
 この際、議長の辞職を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(高田義紀君) 御異議なしと認めます。
 よって、議長の辞職を日程に追加し、議題とすることに決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△追加日程 議長の辞職
○副議長(高田義紀君) 議長の辞職を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、14番 平岡忠昭君の退場を求めます。
              (平岡忠昭君 退場)
○副議長(高田義紀君) 事務局に辞職願を朗読させます。
◎議会事務局長(棚池義治君) 辞職願。このたび都合により、鯖江市議会議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。鯖江市議会副議長 高田義紀殿。平成25年7月24日、鯖江市議会議長 平岡忠昭。
 以上です。
○副議長(高田義紀君) お諮りいたします。
 平岡忠昭君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(高田義紀君) 御異議なしと認めます。
 よって、平岡忠昭君の議長の辞職を許可することに決しました。
 14番 平岡忠昭君の入場を許可します。
              (平岡忠昭君 入場)
○副議長(高田義紀君) 前議長 平岡忠昭君から挨拶を述べたい旨、発言を求められておりますので、これを許可いたします。
 前議長 平岡忠昭君。
            〇前議長(平岡忠昭君)登壇
◆前議長(平岡忠昭君) 議長退任に当たりまして、一言御挨拶を申し上げたいと思います。
 平成23年の7月の臨時議会におきまして、多くの議員の皆さん方の御推挙を賜りまして、議長に就任させていただきましてから、早いもので2年が今たとうとしているわけでございますが、この間には、議員の皆さん方、市長を初め、理事者の皆さん方、また市民の皆さん方に大変な御支援・御協力を賜りましたことを、心より厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 振り返ってみますと、私が議長就任時に、開かれた、また信頼される議会を目指していきたいと申し述べさせていただいたと思いますが、改革はエンドレスであると、そういう思いの中で、23年9月の議会におきまして、再度議会等改革特別委員会を設置していただいたわけでございまして、その中で、今後どのように改革を進めていったらいいのかと、いろいろ議論をしていただきました。
 我が市には議会基本条例がまだ制定されていない、そういうことで、まず議会基本条例を策定していくべきではないかなと、そのような結論に達しまして、議会等改革特別委員会の中で、基本条例策定に向けて取り組んでいただきました。本当に素案づくりから成案まで、委員長を初め、委員の皆さん方には大変御苦労をおかけいたしました。おかげさまで、今年の6月議会には、議会基本条例が全会一致で成立を見たわけでございます。本当にありがとうございます。今後はこの基本条例をもとに、新しい組織体制の中で一歩一歩、また確実に前進をさせていただきたいなと、そのように思っているところでございます。
 また、平成23年3月11日の東日本大震災によりまして、福島第一原発が苛酷事故を起こしたわけでございますが、改選前に、原子力発電を考える会をスタートさせていただきました。改選後にも、新しい形で原子力発電を考える会を、またスタートさせていただいたわけでございます。いろいろな勉強会とか研修会とか、いろいろ議論を深めていただいたわけでございます。
 また、昨年には、北陸新幹線が金沢・敦賀間着工に向かうということを受けまして、昨年3月に北陸新幹線を考える勉強会を、またこれも新しく立ち上げていただきまして、いろいろ議論を尽くしていただいたわけでございます。原子力防災のことなど、また北陸新幹線は並行在来線のこと、また鯖江は駅がない、そういう市でございます。これからの鯖江のまちづくりをどのようにしていったらいいのか、まだまだ課題がたくさんございます。今後とも引き続き議論を重ねていかなければならないのではないかなと、そのように思っておるところでございます。
 私、2年間議長をさせていただきましたが、皆さんの期待に本当に応えることができたのかなと、そのようなことを自問自答しているわけでございますが、今後は一議員として市政のさまざまな課題にまた取り組みながら、鯖江市発展のために、住民福祉の向上のために、また努めてまいる所存でございます。今後とも皆さん方の御指導を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げる次第でございます。
 終わりになりましたが、この2年間、私を支えていただきました、そして協力をいただきました皆様方に重ねて御礼を申し上げまして、退任の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)
○副議長(高田義紀君) 休憩いたします。
              休憩 午前10時50分
              再開 午前11時10分
○副議長(高田義紀君) 再開いたします。
 ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。
 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(高田義紀君) 御異議なしと認めます。
 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
   …………………………………………………………………………………………
△追加日程 議長の選挙
○副議長(高田義紀君) 準備のため、暫時休憩いたします。
              休憩 午前11時11分
              再開 午前11時12分
○副議長(高田義紀君) 再開いたします。
 議場の閉鎖を行います。
                 (議場閉鎖)
○副議長(高田義紀君) ただいまの出席議員は20人であります。
 投票用紙を配付いたします。
                (投票用紙配付)
○副議長(高田義紀君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(高田義紀君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
                (投票箱点検)
○副議長(高田義紀君) 異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。
 投票は単記無記名であります。
 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 なお、投票は、投票箱および議長席に向かって左側から登壇し、投票の後、右側へ降壇してください。
 それでは、事務局から点呼を行います。
◎議会事務局長(棚池義治君) 1番 福原敏弘議員、2番 佐々木一弥議員、3番 山本敏雄議員、4番 佐々木勝久議員、5番 帰山明朗議員、6番 林 太樹議員、7番 小竹法夫議員、8番 遠藤 隆議員、9番 石川 修議員、10番 奥村義則議員、12番 丹尾廣樹議員、13番 木村愛子議員、14番 平岡忠昭議員、15番 末本幸夫議員、16番 山崎文男議員、17番 水津達夫議員、18番 蓑輪 昇議員、19番 玉邑哲雄議員、20番 菅原義信議員、11番 高田義紀議員。
 以上でございます。
○副議長(高田義紀君) 投票漏れはありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(高田義紀君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                (議場開鎖)
○副議長(高田義紀君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、1番 福原敏弘議員、12番 丹尾廣樹議員を指名いたします。
 立ち会いをお願いいたします。
                 (開  票)
○副議長(高田義紀君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数20票、これは先ほどの出席議員の数に符合しております。
 そのうち有効投票16票、無効投票4票であります。有効投票中、15番 末本幸夫君15票、20番 菅原義信君1票、以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は4票であります。
 よって、15番 末本幸夫君が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました末本幸夫君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 議長に当選されました末本幸夫君の御挨拶をお願いいたします。
 15番 末本幸夫君。
              〇15番(末本幸夫君)登壇
◆15番(末本幸夫君) 今ほどは、議員の皆様方の温かい御投票によりまして、議長の座を与えていただきまして、まことにありがとうございます。
 今、率直に申しまして、私、不安な気持ちでいっぱいでございます。果たしてこの大事な議長職を務めていけるのかどうか、不安に思っているところでもございます。しかしながら、皆様方に与えられた以上は、皆さんのお力添えをおかりしながら、全力投球で、鯖江市の発展のために、議会活動に務めてまいりたいと思っております。
 また、8月1日からは、議会の基本条例が施行されるわけでございます。その条例に沿って、これまでの各議長さんが進めてこられました議会改革、この議会改革につきましては、私もしっかりと取り組んでまいりたいと思っております。またこの条例の中にもうたわれておりますとおり、開かれた議会、そしてまた市民に議会の報告会を、これから開催させていただきたいとも思っております。そして、皆様方からいただいた貴重な御意見を、皆様方全体で精査しながら、市政に反映をさせていきたいとも思っております。
 いずれにいたしましても、このようなことは私1人でできるものではございません。20人の皆様方のお力添えと、そしてまた理事者の皆様方の御理解なくしてできるものではございません。どうかそういう意味におきまして、皆様方の温かい御協力と御理解を心からお願い申し上げまして、簡単ではございますが挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○副議長(高田義紀君) 新議長と交代のため休憩します。
 新議長、議長席にお着き願います。
                (副議長 降壇)
              (新議長 議長席へ着席)
○議長(末本幸夫君) 再開いたします。
 ここからは、私が進めさせていただきます。
 あらかじめ、時間の延長をいたします。
 休憩いたします。
              休憩 午前11時27分
              再開 午後1時00分
○議長(末本幸夫君) 再開いたします。
 報告いたします。
 副議長 高田義紀君から、副議長の辞職願が提出されました。
 お諮りいたします。
 この際、副議長の辞職を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって副議長の辞職を日程に追加し、議題とすることに決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△追加日程 副議長の辞職
○議長(末本幸夫君) 副議長の辞職を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、11番 高田義紀君の退場を求めます。
              (高田義紀君 退場)
○議長(末本幸夫君) 事務局に辞職願を朗読させます。
◎議会事務局長(棚池義治君) 辞職願。このたび一身上の都合により、鯖江市議会副議長を辞職したくお願い申し上げます。鯖江市議会議長 末本幸夫殿。平成25年7月24日、鯖江市議会副議長 高田義紀。
 以上でございます。
○議長(末本幸夫君) お諮りいたします。
 高田義紀君の副議長の辞職を許可することに異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって、高田義紀君の副議長の辞職を許可することに決しました。
 11番 高田義紀君の入場を許可します。
              (高田義紀君 入場)
○議長(末本幸夫君) 前副議長 高田義紀君から挨拶を述べたい旨、発言を求められておりますので、これを許可いたします。
 前副議長 高田義紀君。
            〇前副議長(高田義紀君)登壇
◆前副議長(高田義紀君) 副議長退任に当たりまして、一言御挨拶を申し上げたいと思います。
 2年前、平岡前議長の補佐役といたしまして副議長に就任をさせていただきました。この2年間、議員各位または牧野市長を初めとする理事者各位の皆様の御協力と御指導によって、職責を全うすることができました。本当にありがとうございました。
 今後は、鯖江市議会議員といたしまして、鯖江市の発展、そして鯖江市議会の発展に全力で臨んでいく所存でございます。今後ともどうかよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
○議長(末本幸夫君) 休憩いたします。
              休憩 午後1時04分
              再開 午後1時40分
○議長(末本幸夫君) 再開いたします。
 ただいま副議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。
 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
   …………………………………………………………………………………………
△追加日程 副議長の選挙
○議長(末本幸夫君) 準備のため、暫時休憩いたします。
              休憩 午後1時41分
              再開 午後1時42分
○議長(末本幸夫君) 再開いたします。
 議場の閉鎖を行います。
                 (議場閉鎖)
○議長(末本幸夫君) ただいまの出席議員は20人であります。
 投票用紙を配付いたします。
                (投票用紙配付)
○議長(末本幸夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
                (投票箱点検)
○議長(末本幸夫君) 異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。
 投票は単記無記名であります。
 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 なお、投票は、投票箱および議長席に向かって左側から登壇し、投票の後、右のほうへ降壇してください。
 それでは、事務局から点呼を行います。
◎議会事務局長(棚池義治君) 1番 福原敏弘議員、2番 佐々木一弥議員、3番 山本敏雄議員、4番 佐々木勝久議員、5番 帰山明朗議員、6番 林 太樹議員、7番 小竹法夫議員、8番 遠藤 隆議員、9番 石川 修議員、10番 奥村義則議員、11番 高田義紀議員、12番 丹尾廣樹議員、13番 木村愛子議員、14番 平岡忠昭議員、16番 山崎文男議員、17番 水津達夫議員、18番 蓑輪 昇議員、19番 玉邑哲雄議員、20番 菅原義信議員、15番 末本幸夫議員。
 以上でございます。
○議長(末本幸夫君) 投票漏れはありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                (議場開鎖)
○議長(末本幸夫君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、3番 山本敏雄君、10番 奥村義則君を指名いたします。
 立ち会いをお願いいたします。
                 (開  票)
○議長(末本幸夫君) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数20票、これは、先ほどの出席議員の数に符合しております。
 そのうち有効投票15票、無効投票5票であります。有効投票中、4番 佐々木勝久君15票。
 この選挙の法定得票数は3.75票であります。
 よって、4番 佐々木勝久君が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました佐々木勝久君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 副議長に当選されました佐々木勝久君の御挨拶をお願いいたします。
 4番 佐々木勝久君。
             〇4番(佐々木勝久君)登壇
◆4番(佐々木勝久君) ただいま、同志の議員の皆々様の御推挙をいただきまして、副議長の職をいただくことになりました。心から感謝とお礼を申し上げます。まことにありがとうございました。
 私、若輩、未熟者ではございますけれども、末本議長の補佐役といたしまして、鯖江市議会、そして鯖江市の今後の発展のために、全力で取り組んでいきたいと思っております。議員各位、また理事者各位の皆様方の引き続きの御指導とお力添えをお願いいたしまして、一言御挨拶にさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○議長(末本幸夫君) ここで、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。
 牧野市長。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 一言、御礼と御祝いの御挨拶を申し上げます。
 平岡忠昭前議長、ならびに高田義紀前副議長には、平成23年7月に御就任以来、今日まで、すぐれた識見と情熱をもってその要職を全うされ、鯖江市政と鯖江市議会の発展のために多大なる御尽力を賜りました。特に市民から信頼される議会運営を目指し、議会基本条例を制定されるなど、議会改革に取り組まれていることに対し、心から敬意を表しますとともに、さまざまな事業や行事にお力添えを賜り感謝申し上げます。どうぞ今後とも健康には十分に御留意をいただきまして、鯖江市政ならびに鯖江市議会の発展のために、ますます御尽力を賜りますようにお願いを申し上げます。
 また、ただいまはその後任として、末本幸夫議員が第35代議長に、佐々木勝久議員が第36代副議長に御当選されて、ここに新たに御就任されましたことを、心からお祝いを申し上げます。末本議長におかれましては、平成11年に市議会議員に就任以来、これまで建設委員会や議会運営委員会、決算特別委員会の各委員長職を歴任されるとともに、平成21年から2年にかけて、副議長として公平無私な議会運営と卓越した指導力を持って、議会内の取りまとめに尽力をされました。また佐々木副議長におかれましては、平成19年に市議会議員に就任以来、産業建設委員会委員長、総務委員会副委員長などの要職を歴任され、御活躍をいただいております。
 本市のこれからのまちづくりには、今ある地域資源にさらに磨きをかけ、交流人口が定住人口の増加に結びつくような、魅力あるまちづくりが必要となってまいります。末本議長ならびに佐々木副議長におかれましては、これまでの豊富な経験を生かしながら、議会の円満な運営・発展と鯖江市政の進展にさらなる御尽力を賜りますように、心からお願いを申し上げますとともに、今後とも健康に十分御留意をいただきまして御活用されますよう御祈念申し上げまして、御礼と御祝いの御挨拶とさせていただきます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.常任委員会委員の選任および△日程第4.議会運営委員会委員の選任
○議長(末本幸夫君) 日程第3、常任委員会委員の選任および日程第4、議会運営委員会の選任を一括して行います。
 お諮りいたします。
 議会運営委員会は、地方自治法第109条第8項の規定により、閉会中も調査および審査することにいたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会は、閉会中も調査および審査することに決しました。
 各委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が議会に諮って指名することになっております。
 お諮りします。
 各委員会委員の選任については、議長において指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。
 よって、委員会委員の選任は、議長において指名することに決しました。
 委員会委員の選考のため休憩いたします。
               休憩 午後1時58分
               再開 午後3時55分
○議長(末本幸夫君) 再開いたします。
 休憩中に各委員会委員の選考をいたしましたので、事務局から発表させます。
◎議会事務局長(棚池義治君) 各委員会委員の氏名を申し上げます。
 総務委員会委員7人。3番 山本敏雄議員、5番 帰山明朗議員、7番 小竹法夫議員、9番 石川 修議員、10番 奥村義則議員、15番 末本幸夫議員、16番 山崎文男議員。
 産業建設委員会委員。2番 佐々木一弥議員、6番 林 太樹議員、12番 丹尾廣樹議員、14番 平岡忠昭議員、17番 水津達夫議員、18番 蓑輪 昇議員。
 教育民生委員会委員7人。1番 福原敏弘議員、4番 佐々木勝久議員、8番 遠藤 隆議員、11番 高田義紀君、13番 木村愛子議員、19番 玉邑哲雄議員、20番 菅原義信議員。
 議会運営委員会委員7人。5番 帰山明朗議員、8番 遠藤 隆議員、11番 高田義紀議員、14番 平岡忠昭議員、17番 水津達夫議員、18番 蓑輪 昇議員、19番 玉邑哲雄議員。
 以上でございます。
○議長(末本幸夫君) ただいま発表いたしましたとおり、指名したいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名した諸君を、各委員会委員に選任することに決しました。
 ただいま構成されました各委員会の正副委員長互選のため、休憩いたします。
               休憩 午後3時58分
               再開 午後4時40分
○議長(末本幸夫君) 再開いたします。
 休憩中に各委員会が開かれ、正副委員長が互選されましたので、その氏名を申し上げます。
 総務委員会委員長、7番 小竹法夫君、副委員長、3番 山本敏雄君。
 産業建設委員会委員長、6番 林 太樹君、副委員長、2番 佐々木一弥君。
 教育民生委員会委員長、1番 福原敏弘君、副委員長、8番 遠藤 隆君。
 議会運営委員会委員長、5番 帰山明朗君、副委員長、11番 高田義紀君。
 以上であります。
 ここで、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。
 牧野市長。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 一言、御挨拶を申し上げます。
 本日の臨時会におきまして、新しい議会の組織につきまして滞りなく御決定をいただきましたことを深く感謝申し上げます。
 ただいま各常任委員会および議会運営委員会におきまして、それぞれ正副委員長に選任されました、総務委員会委員長 小竹法夫議員、同副委員長 山本敏雄議員、産業建設委員会委員長 林 太樹議員、同副委員長 佐々木一弥議員、教育民生委員会委員長 福原敏弘議員、同副委員長 遠藤 隆議員、議会運営委員会委員長 帰山明朗議員、同副委員長 高田義紀議員の皆様には、御就任に際し心から御喜びを申し上げます。
 私は、市政を預かる者として、これまで議員各位を初め、市民の皆様の御理解と御協力、そして国や県などの御支援もいただきながら、単独での持続可能な自治体経営の基盤づくりに努めてまいりました。しかし北陸新幹線問題や、原発災害への備え、地場産業や農業問題、小中学校を初めとする公共施設の耐震化、さらには地域資源を生かした個性あるまちづくりなど、喫緊の課題も山積をしております。引き続き議会の皆様と私がともに市政を担う者として、その職責を全うし、市政へのかじ取りをしていくことが大切であると考えております。
 各委員会の委員長・副委員長様を初め、議員の皆様には、市政の発展にさらなる御尽力を賜りますよう、心からお願いを申し上げますとともに、今後とも健康に十分御留意をいただきながら御活躍をされますよう御祈念申し上げまして、御祝いの御挨拶とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.鯖江広域衛生施設組合議会議員の選挙から
△日程第9.福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙まで
○議長(末本幸夫君) 日程第5、鯖江広域衛生施設組合議会議員の選挙から日程第9、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙までを一括して行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって、選挙の方法は指名推選によることと決しました。
 お諮りいたします。
 指名については、議長において指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって、議長において指名することに決しました。
 それでは事務局から発表させます。
◎議会事務局長(棚池義治君) 各組合議会等議員の氏名を申し上げます。
 鯖江広域衛生施設組合議会議員8人。3番 山本敏雄議員、4番 佐々木勝久議員、8番 遠藤 隆議員、11番 高田義紀議員、13番 木村愛子議員、14番 平岡忠昭議員、15番 末本幸夫議員、19番 玉邑哲雄議員。
 鯖江・丹生消防組合議会議員5人。2番 佐々木一弥議員、9番 石川 修議員、15番 末本幸夫議員、18番 蓑輪 昇議員、20番 菅原義信議員。
 福井県丹南広域組合議会議員5人。1番 福原敏弘議員、7番 小竹法夫議員、12番 丹尾廣樹議員、15番 末本幸夫議員、16番 山崎文男議員。
 公立丹南病院組合議会議員5人。5番 帰山明朗議員、6番 林 太樹議員、10番 奥村義則議員、15番 末本幸夫議員、17番 水津達夫議員。
 福井県後期高齢者医療広域連合議会議員2人。14番 平岡忠昭議員、15番 末本幸夫議員。
 以上でございます。
○議長(末本幸夫君) お諮りいたします。
 ただいま発表いたしましたとおり当選人とすることに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました諸君が、各組合等議会議員に当選されました。
 ただいま当選されました各組合等議会議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第10.鯖江市農業委員会委員の推薦
○議長(末本幸夫君) 日程第10、鯖江市農業委員会委員の推薦を行います。
 農業委員会委員は、農業委員会等に関する法律第12条の規定により、議会が学識経験を有する者を推薦することとなっており、市長から3人の推薦依頼を受けております。
 お諮りいたします。
 農業委員会委員の3人の推薦については、議長において指名したいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。
 よって、農業委員会委員の推薦は、議長において指名することに決しました。
 それでは、その氏名を申し上げます。
 農業委員会委員に、16番 山崎文男君、18番 蓑輪 昇君、20番 菅原義信君、以上3名を指名いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま指名をいたしましたとおり推薦することに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました諸君を農業委員会委員に推薦することに決しました。
○議長(末本幸夫君) 議案第58号 鯖江市監査委員の選任についてが提出されました。
 お諮りいたします。
 この際、議案第58号 鯖江市監査委員の選任についてを日程に追加し議題とすることに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第58号 鯖江市監査委員の選任についてを日程に追加し議題とすることに決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△追加日程.議案第58号 鯖江市監査委員の選任について
○議長(末本幸夫君) 地方自治法第117条の規定により、14番 平岡忠昭君の退場を求めます。
              (平岡忠昭君 退場)
○議長(末本幸夫君) 理事者により、提案理由の説明を求めます。
 牧野市長。
             〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 本日追加御提案いたしました議案第58号につきまして、御説明を申し上げます。
 鯖江市監査委員の選任についてでございますが、議会選出の監査委員でございます。山崎文男氏が都合により本日をもちまして退職されましたので、その後任として、平岡忠昭氏を選任いたしたいと存じます。
 平岡忠昭氏は人格識見ともにすぐれた方であり、最も適任と考えますので、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。
○議長(末本幸夫君) ただいまの説明に対して、質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) ないようですので、質疑を終結します。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第58号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。
これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 異議なしと認めます。
 よって議案第58号については、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論はありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議案第58号 鯖江市監査委員の選任について、本案は原案のとおり同意することに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(末本幸夫君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第58号については、原案のとおり同意することに決しました。
 14番 平岡忠昭君の入場を許可します。
              (平岡忠昭君 入場)
○議長(末本幸夫君) 以上で、本日の議事日程は全て議了いたしました。
 これをもって、第392回鯖江市議会臨時会を閉会いたします。
 御苦労さまでした。
               閉会 午後4時52分