議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成25年 6月第391回定例会−05月28日-01号




平成25年 6月第391回定例会

             第391回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成25年5月28日(火)開会
                  6月20日(木)閉会 24日間
 ┌──────┬─┬────┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│  時  │       内       容       │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │ 5月28日│火│ 10時 │本会議(提案理由説明、議案先議、委員長報告  │
 │      │ │    │・採決)                   │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   29日│水│    │休 会                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   30日│木│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   31日│金│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │ 6月 1日│土│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    2日│日│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    3日│月│ 12時 │ 休 会 一般質問通告〆切          │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    4日│火│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    5日│水│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    6日│木│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    7日│金│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    8日│土│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    9日│日│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   10日│月│ 10時 │本会議(質疑、一般質問)           │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   11日│火│ 10時 │本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   12日│水│ 10時 │本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   13日│木│9時30分 │常任委員会                  │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   14日│金│9時30分 │常任委員会                  │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   15日│土│    │休 会                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   16日│日│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   17日│月│ 10時 │議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   18日│火│    │休 会                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   19日│水│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   20日│木│ 10時 │本会議(委員長報告・採決)          │
 └──────┴─┴────┴───────────────────────┘

             議 案 審 議 結 果 一 覧

                           市長提出 (5月28日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第51号 │豊小学校屋内運動場改築工事(建築工事)請負契約│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │の締結について                │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘



                           市長提出 (6月20日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第41号 │平成25年度鯖江市一般会計補正予算(第1号) │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第42号 │平成25年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算 │ 産業建設 │  〃  │
│     │(第1号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第43号 │鯖江市職員等の給与の臨時特例に関する条例の制定│ 総  務 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第44号 │鯖江市道の駅設置および管理に関する条例の制定に│ 産業建設 │  〃  │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第45号 │鯖江市長等退職手当支給条例の一部改正について │ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第46号 │鯖江市諸収入金督促手数料および延滞金徴収条例等│  〃  │  〃  │
│     │の一部改正について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第47号 │企業立地の促進等による地域における産業集積の形│  〃  │  〃  │
│     │成及び活性化に関する法律に基づく市税条例の特例│     │    │
│     │に関する条例の一部改正について        │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第48号 │鯖江市企業立地促進条例の一部改正について   │ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第49号 │市道路線の認定について            │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第50号 │町の区域および字の区域の変更について     │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第52号 │専決処分の承認を求めることについて(平成24年│総務・産建│ 承 認 │
│     │度鯖江市一般会計補正予算(第6号))     │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第53号 │専決処分の承認を求めることについて(平成24年│ 教育民生 │  〃  │
│     │度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3│     │    │
│     │号))                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第54号 │専決処分の承認を求めることについて(平成24年│ 産業建設 │  〃  │
│     │度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1│     │    │
│     │号))                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第55号 │専決処分の承認を求めることについて(平成24年│  〃  │  〃  │
│     │度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第3号))│     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第56号 │専決処分の承認を求めることについて(鯖江市部設│ 総  務 │ 承 認 │
│     │置条例の一部改正について)          │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第57号 │専決処分の承認を求めることについて(鯖江市税条│  〃  │  〃  │
│     │例の一部改正について)            │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘


                            議員提出 (6月20日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│ 第 4 号 │鯖江市議会基本条例の制定について            │ 可 決 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│ 第 5 号 │TPPから食とくらし・いのちを守ることを求める意見書につ│  〃  │
│      │いて                          │    │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│ 第 6 号 │食料・農業・農村の発展を求める意見書について      │  〃  │
└──────┴────────────────────────────┴────┘


            請 願 の 審 査 結 果 一 覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │食料自給率50%達成目標の│福井県農民連     │ 産業建設 │趣 旨│
│ 第1号 │設定およびTPP(環太平│ 会長 玉村 和夫  │     │採 択│
│    │洋連携協定)参加を行わな│           │     │   │
│    │いことを、政府に強く求め│           │     │   │
│    │る意見書の提出について │           │     │   │
│    │(継続案件)      │           │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │TPPから食とくらし・い│福井丹南農業協同組合 │  〃  │採 択│
│ 第3号 │のちを守る請願     │ 代表理事組合長   │     │   │
│    │            │  福島定己     │     │   │
│    │            │農政連 今立支部支部長│     │   │
│    │            │  笠原 了     │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │食料・農業・農村の発展に│福井丹南農業協同組合 │  〃  │ 〃 │
│ 第4号 │向けた請願       │ 代表理事組合長   │     │   │
│    │            │  福島定己     │     │   │
│    │            │農政連 今立支部支部長│     │   │
│    │            │  笠原 了     │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │年金 2.5%の削減中止を求│全日本年金者組合   │ 教育民生 │不採択│
│ 第5号 │める請願        │ 福井県本部執行委員長│     │   │
│    │            │       山野寿一│     │   │
│    │            │ 鯖丹支部長 岩泉俊雄│     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘


             第391回鯖江市議会定例会会議録
   …………………………………………………………………………………………
         平成25年5月28日(火曜日)午前10時00分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(20人)              1番  福 原 敏 弘
                          2番  佐々木 一 弥
                          3番  山 本 敏 雄
                          4番  佐々木 勝 久
                          5番  帰 山 明 朗
                          6番  林   太 樹
                          7番  小 竹 法 夫
                          8番  遠 藤   隆
                          9番  石 川   修
                          10番  奥 村 義 則
                          11番  高 田 義 紀
                          12番  丹 尾 廣 樹
                          13番  木 村 愛 子
                          14番  平 岡 忠 昭
                          15番  末 本 幸 夫
                          16番  山 崎 文 男
                          17番  水 津 達 夫
                          18番  蓑 輪   昇
                          19番  玉 邑 哲 雄
                          20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)

   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          辻 川 哲 也
                 総務部長(兼)危機管理監 加 藤 泰 雄
                 政策経営部長       斉 藤 幸 治
                 政策経営部情報統括監   牧 田 泰 一
                 健康福祉部長       伊 部 雅 俊
                 産業環境部長       中 村 修 一
                 都市整備部長       辻 本   正
                 教育委員会事務部長    友 永 英 宣
                 会計管理者        東 井 忠 義
                 監査委員事務局長     田 中 一 男
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         軽 部 利 宣
                 政策経営部次長      河 上 重 春
                 秘書企画課長       高 尾 副 次
                 財政課長         中 嶋 誠 一
                 社会福祉課長       畠 中 則 幸
                 商工政策課長       青 山 英 彦
                 農林政策課長       西 村 郁 夫
                 土木課長         辻 岡 雄 樹
                 教育審議官        柴 田 直 昌
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       棚 池 義 治
                 議会事務局次長      八 田   宏
                 議会事務局参事      山 口 達 哉
                 議会事務局次長補佐    笠 嶋 忠 輝
                 議会事務局主任      橋 本 由美子
   …………………………………………………………………………………………


               開会 午前10時00分
○議長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、第391回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(平岡忠昭君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第86条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、7番 小竹法夫君、8番 遠藤 隆君、9番 石川 修君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(平岡忠昭君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について委員長から報告を求めます。
 議会運営委員長 小竹法夫君。
           〇議会運営委員長(小竹法夫君)登壇
◎議会運営委員長(小竹法夫君) おはようございます。
 第391回定例会の運営につきまして、去る4月22日および5月20日に開催をいたしました議会運営委員会における審査の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件は、議案17件、報告7件であります。
 会期最終日には、議会等改革特別委員会から、鯖江市議会基本条例の制定についての市会案が追加提案される予定であります。
 さて、これら案件の審議に要する日程でありますが、本日は、市長の市政所信表明ならびに各議案等に対する提案理由の説明を行い、その後、契約締結後の工事の日程を配慮して、議案第51号 豊小学校屋内運動場改築工事(建築工事)請負契約の締結について、審議を行います。付託先の常任委員会の審査の後、当該常任委員長の審査結果報告、質疑、討論の上、採決いただきたいと存じます。
 明5月29日から6月9日までは本会議を休会といたし、6月10日、11日、12日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、一般質問を行います。これらの質問に対する発言通告書の提出期限は、5月29日午前9時から6月3日正午までといたします。
 各常任委員会の審査の日程につきましては、6月13日、14日の2日間といたします。また議会等改革特別委員会につきましては、6月17日に開催することといたします。
 そして6月20日を最終日とし、本会議を開き、委員会における審査の結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上の議会日程でもって、本定例会の会期は、本日から6月20日までの24日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、報告にかえさせていただきます。
○議長(平岡忠昭君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月20日までの24日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から6月20日までの24日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.諸般の報告
○議長(平岡忠昭君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告(第2号)をもって報告といたします。
 なお、議会報告にもありますように、菅原義信君が、4月4日の北信越市議会議長会定期総会および5月22日の全国市議会議長会定期総会において、市議会議員在職25年以上の表彰を受けましたので、これよりその伝達を行います。
◎議会事務局長(棚池義治君) 菅原義信議員は、前のほうにお進みください。
              〇20番(菅原義信君)登壇
○議長(平岡忠昭君) 表彰状、鯖江市、菅原義信殿。
 あなたは、市議会議員として25年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第89回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。平成25年5月22日、全国市議会議長会会長、佐藤祐文。代読。
 どうもおめでとうございます。御苦労さまでした。(拍手)
◎議会事務局長(棚池義治君) ただいま表彰をお受けになられました菅原義信議員に、牧野市長より感謝状が贈られます。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎議会事務局長(棚池義治君) 菅原義信議員は、前のほうにお進みください。
◎市長(牧野百男君) 感謝状、菅原義信殿。
 あなたは、鯖江市議会議員として25年の長きにわたり地方自治の振興に尽力され、市政の発展に寄与されましたので、その顕著な功績に対し深く感謝の意を表します。平成25年5月28日、鯖江市長、牧野百男。
 どうもありがとうございました。(拍手)
○議長(平岡忠昭君) ここで、菅原義信君から御挨拶をいただきます。
 20番 菅原義信君。
              〇20番(菅原義信君)登壇
◆20番(菅原義信君) ただいま議長から、議員在職25年以上、そして市長からはそれに基づきましての感謝状を賜りました。心から御礼を申し上げたいと思うのであります。
 この25年を振り返ってみますと、さまざまなことがあったわけであります。私にとりましては、鯖江市の合併劇と申しますか、福井市との合併ということが前市長から提案されたことがありまして、それに対しての反対運動を市民と一緒にやったということが、一番の思い出でもあります。そうした大きなことを初めとしまして、さまざまなエポックが、鯖江市政の上にもあったことだと思っております。こうした中で、25年の議員生活を送らせていただきましたのは、ひとえに、何よりも市民の皆様方の御支援のたまものでありますし、また今はこの議場にはおられませんけれども先輩議員、あるいは同僚議員の方々、こうした方々の御鞭撻、御理解のたまものだったと思います。そしてまた、歴代の市長初め理事者の皆さん方の御支援や、あるいは御鞭撻のたまものであったというぐあいに思っております。
 振り返ってみますと、私の議員としての生活は、さして申し上げるようなことがあったのかということになりますと、じくじたる思いがあるわけでありますけれども、議員としては何よりも市民の声を議場でもって発する、これは声ある声も、声なき声も、代弁者として役割を務めると。そしてまた弱者にこそ政治の光は当たるべきだと、こういう立場でもって、議員生活を務めてきたことだと思っております。
 今後とも未熟ではありますけれども、一層精進を重ねてまいりまして、議員生活を送ってまいりたいと思いますので、何とぞよろしくお願い申し上げたいと思います。
 本日は、まことにありがとうございました。(拍手)
○議長(平岡忠昭君) 以上で、表彰の伝達および感謝状の贈呈を終わります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.請願の受理
○議長(平岡忠昭君) 日程第4、請願の受理について報告いたします。
 本日までに受理いたしました請願3件については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.議案第41号 平成25年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)から日程第28.報告第9号 平成24年度鯖江市水道事業会計予算繰越の報告についてまで
○議長(平岡忠昭君) 日程第5、議案第41号 平成25年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)から日程第28、報告第9号 平成24年度鯖江市水道事業会計予算繰越の報告についてまで、以上24件を一括議題といたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。
 牧野市長。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第391回鯖江市議会定例会の開会に当たり、一言お祝いの言葉を申し上げます。
 ただいま表彰をお受けになられました菅原義信議員におかれましては、鯖江市議会議員として25年の長きにわたり、市政の発展と市民福祉の向上に寄与されました。その御功績はまことに多大であり、市民を代表いたしまして深く感謝を申し上げます。今後とも御健康には十分御留意されまして、市政発展のために、さらに一層御尽力いただきますようお願いを申し上げます。
 ここで、今年の春のイベントの開催状況について申し上げます。まず、今年も5万株のツツジが開花し始めた5月3日、4日の両日、さばえつつじまつりを開催しました。今年は嚮陽庭園の松堂庵完成を記念しての開催となり、好天に恵まれた2日間の来場者は、にぎわい横丁への6万6,000人を含め、17万6,000人の人出となり、西山公園一帯は、終日県内外からの来園者でにぎわいました。この両日、にぎわい横丁とJR鯖江駅や、めがねミュージアム、河和田越前漆器まつり会場を結ぶ、さばえものづくり号が今年も運行され、河和田越前漆器まつり2013にも、1万2,000人を超える漆器ファンが訪れにぎわいを見せました。また5月12日の鯖江つつじマラソンには、3,496人のランナーが満開のツツジの花が咲き誇る沿道をさわやかに駆け抜けました。
 さらに25日と26日の吹奏楽フェスティバルinSABAE2013では、全国大会常連校の愛工大名電高校のスペシャルコンサートや、地元出身アーティストと地元小中高生のライブが開催され、迫力ある演奏が吹奏楽のまち鯖江に響き渡りました。
 これより一足先の4月20日と21日に開催された、さばえ菜花まつりも、あいにくの低温と強風の中ではありましたが、なばな屋台に20店以上が軒を連ね、2日間で約9,000人の人出となりました。これらの一連のイベントの開催を通して、鯖江のまち全体で春を迎える喜びと、まちの魅力を余すことなく情報発信できたイベント期間となりました。
 それでは、平成25年度補正予算案を初め、各議案のご審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要をご説明申し上げます。
 初めに、昨年1月から公開しているオープンデータについてでありますが、国などが産学官連携で設置したオープンデータ流通推進コンソーシアムから、さまざまなデータをXML等の形式で公開する本市のデータシティ鯖江の取り組みが高く評価され、最優秀賞ならびにGoogle賞を受賞しました。この取り組みは、市民主役のまちづくりを推進するに当たり、市民の皆様と情報を共有する新しい手段として取り入れたもので、市民協働のまちづくりそのものであると考えております。既に、つつじバスの運行情報や消火栓の位置情報など、40件を超すソフトが開発・公開されていますが、公共データというデータインフラを整備することで、新たな行政サービスの開発や、生活利便性の向上に結びつくウエブサービスの成長が期待されます。オープンデータを戦略的に生かすことで、ITのまち鯖江ならではの、生活利便性の高いまちづくりを推進してまいります。
 次に、子ども読書活動で特色ある取り組みを行う学校や図書館に、本市の惜陰小学校と図書館が選定され、文部科学大臣表彰を受賞しました。惜陰小学校は、国語学習と読書を有機的に結びつけようと、「子ども新聞」を活用した速読トレーニングや、家庭内での読書習慣の形成、親子読書の奨励など、家庭における保護者の意識向上に積極的に取り組んだことが高い評価を受けました。市図書館は、利用者の年齢に合わせた行事の実施や、ボランティアによる協働活動の取り組み、さらには図書館職員が市内各小中学校を訪問し、学校図書館の環境整備や授業に必要な資料の提供などの支援を行う図書館司書の日事業などが、特色ある取り組みとして高い評価につながりました。今後も保育所や幼稚園、小学校などとの連携を深め、子供たちが本に親しむ環境づくりを積極的に進めてまいります。
 このほかにも、今月22日には、日本学術振興会賞を受賞した本市出身の理化学研究所上級研究員笠原博幸さんによる講演会が母校の鯖江高校で開催され、未来を担う若者たちの大きな励みとなりました。これらの受賞を機に、ますます本市が魅力にあふれ、国内外で活躍する人材が育つ環境づくりに努めてまいります。
 さて、今月16日に内閣府が発表した、今年1月から3月の国内総生産GDPの速報値は、アベノミクスによる円安・株高を背景とした景況感の回復により個人消費が伸び、年率換算で3.5%の高い伸びとなりました。しかし全国企業の設備投資は5四半期連続で減少傾向にあり、本市においても設備投資に対する融資実績は3四半期連続でマイナスとなっています。また市内企業への聞き取りからも、アベノミクス効果を感じ取れている企業は、まだ少ないのが現状となっています。安倍総理は、産業競争力会議を中心に6月中の公表を予定している成長戦略の取りまとめを急いでいますが、4月19日の成長戦力スピーチにおいては、「人材資源の活性化の中でも、女性の活躍が成長戦略の中核をなすものであり、女性の中に眠る高い能力を十二分に開花させることが、閉塞感の漂う日本を再び成長軌道に乗せる原動力だと確信している」と述べられました。本市は女性の就業率が高く、地域経済活動の重要な担い手となっているばかりでなく、さまざまなイベントにボランティアとして参加する女性の活躍が際立っております。このような女性の活力を、まちづくりの合意形成や意思決定の場で生かせるよう、この4月の機構改革において、市民協働課内に女性活力・人権推進室を設け、さらに女性の社会参画を推進し、女性が輝く鯖江を目指してまいります。
 次に、政府は去る3月15日に、TPP環太平洋戦略的経済連携協定への交渉参加を正式に表明しました。しかし米づくりは本市の風土に合った基幹作物であり、毎年8,000トン近い主食用米が生産されています。国でも多大な影響が避けられないことから、米などを重要品目として保護し、日本の農業と食を守る攻めの農業政策で競争力を高め、成長産業にするとしています。国の産業競争力会議で議論されています農地集積や耕作放棄地の解消の加速化、経営規模の拡大などの課題への対応に注視するとともに、さばえ菜花米を初め、安全・安心で特色ある農産物のブランド化や、集落地域の総意による「人・農地プラン」の策定を支援するなど、足腰の強い鯖江の農業となるよう努めてまいります。
 次に、地方交付税の削減と地方公務員給与についてでありますが、今回の改正地方交付税法では、平成25年度の地方交付税総額は給与削減を前提に算出されており、本市の場合、1億2,500万円余の減額となっております。このことから、現行の給与水準を維持するには、その他の一般財源を削減することが必要となり、多様化・増嵩する市民の行政需要への対応に支障を来しかねないことから、7月から来年3月まで私も含めた本市職員の給与の減額支給措置を講ずる特例条例の制定を、今議会に提出いたしました。地方分権に逆行する国の姿勢には憤りを感じますが、職員組合とも協議し、苦渋の決断をさせていただきました。内容としては、職務職階に応じた給料月額の減額に加え、管理職手当も一定額を減額し、削減総額は本年度当初予算ベースで約7,000万円となり、職員の年収における平均減額割合は2.33%となる見込みです。復興財源の確保のため地方交付税が削減され、日本の再生に向けて国と地方が一丸となってあらゆる努力を結集する必要があるこの時期において、まずは公務員が先頭に立ち、「隗より始めよ」の精神で行財政改革に取り組んでまいります。
 次に、平成24年度の財政状況について御報告申し上げます。
 平成24年度一般会計の最終予算は、歳入歳出それぞれ2億2,290万円を減額し、268億8,300万円となりました。これは事業費の確定に伴う減額補正が主なものではありますが、その中でも3月に示された平成24年度の特別交付税の額が、予算に比べて4,561万円余が増額となったことや、事業費確定による歳出予算の減額により剰余金が発生したことから、財政調整基金に1億円、減債基金に5,000万円を積み立てることができました。これにより、平成24年度末の財政調整基金の残高は22億1,120万円、減債基金の残高は5億5,810万円となり、災害時の不意の財政需要にも対応し得る規模を確保することができました。
 また、市債につきましては、平成24年度末の市債残高は282億1,104万円余となる見込みでありますが、交付税の振替財源である臨時財政対策債を除く市債残高は196億9,951万円余となり、平成23年度末の残高より6億8,566万円を削減できる見込みとなりました。今年も、高金利の民間金融機関の市債2億9,689万円の繰上償還を予定していますが、今後も社会資本の整備や、小中学校の耐震化事業などによる市債発行額の増加も懸念されることから、本市が単独で持続可能な財政基盤を確立できるよう、新たに行財政構造改革アクションプログラムを策定し、厳しい中でも夢の持てる持続可能な行財政運営の確立に努めてまいります。
 次に、国民健康保険事業特別会計の状況について申し上げます。
 平成21年度以降、毎年約7%前後の医療費増が続いており、基金残高も少なくなったことから、昨年12月議会において、一般会計から新たに8,000万円を繰り入れする補正予算をお認めいただいたところであります。しかしながら平成24年度の医療費につきましては、前年度比0.8%、3,624万円の伸びにとどまり、その結果、平成24年度は、一般会計からの8,000万円の繰り入れも行わずに済むことになりました。平成25年度では、被保険者の皆様に保険税率の値上げをお願いしたところであり、今後も毎年改定を予定しておりましたが、平成24年度の医療費が、それまでの増加傾向から横ばいになったことなどを考慮し、しばらく様子を見ることが適当と考え、平成26年度に向けての改定は行わない方向で対応したいと考えております。引き続き、特定健診等の保険事業のさらなる充実や、ジェネリック医薬品の普及促進に努めることで医療費の抑制を図り、国民健康保険事業の健全・安定化に取り組んでまいります。
 それでは、当面する市政の諸課題等について申し上げます。
 まず、北陸新幹線について申し上げます。これまでに沿線町内を対象とする事業説明会が一通り終了し、今月15日から基準点測量が開始されました。この基準点測量が完了後、地権者の皆様の同意を得た上で、中心線測量等が実施されることになりますが、その後、鉄道・運輸機構による構造物等の概略設計が作成され、県や市、関係機関、地元住民の皆様との間で設計協議が開始される予定となっております。市では、地元住民の皆様の立場に立ち、事業が円滑に進むよう、事業主体である鉄道・運輸機構はもとより、県に対しても真摯に誠意を持って対応していただくよう要請していくとともに、今後各地区からの具体的な要望事項等に対しまして、庁内に設置しました北陸新幹線整備連絡会議の中で協議を行い、住民の皆様の声が反映されるよう、機構や県、住民の皆様との間に立ち、調整を行ってまいります。
 また、北陸新幹線開業に向けて、経済界の考えを反映させるため、鯖江商工会議所内に設置されている北陸新幹線開通に伴う協議会から、4月19日に建議書が市に提出されました。市としましても、内容を十分に検討した上で、要望の実現に向け、鯖江市の新幹線開業を見据えたまちづくり懇話会など、各種協議会の場において積極的に議論を積み重ね、県とも連携し、地元の要望が反映できるよう努めてまいります。
 公共交通施策は、本市のまちづくりとも深いかかわりを有しており、北陸新幹線の開業を見据えますと、二次交通網の整備がますます重要となります。幸い、つつじバスの昨年度の利用者数は過去最高の19万3,496人に、福井鉄道福武線につきましても177万8,348人の利用者があり、一昨年比1万9,600人余、率にして1.1%の増加となりました。今後、JR福井駅および南越駅(仮称)へのアクセス手段の確保や、並行在来線における快速電車の運行、さらには福武線やつつじバスとの効果的な接続など、地域活性化につながる施策も必要であり、市民の皆様の御意見もお聞きしながら、地域公共交通会議などの場において検討してまいります。
 次に、原子力防災計画についてでありますが、昨年9月に原子力規制委員会が発足し、UPZの区域内にある自治体は、今年3月をめどに、原子力防災計画の策定を求められていました。しかし今年2月の原子力災害対策指針の改定では、緊急時における判断や防護措置実施の具体化のための改定は行われましたが、まだ幾つかの事項について検討事項とされており、現時点において実効性のある計画を策定することは困難な状況にあります。また県は、今年3月に原発から5キロメートル圏内の住民避難計画を策定しましたが、30キロメートル圏に対しての避難計画はいまだ策定されておらず、県の計画と整合性のある広域避難を盛り込んだ計画を、早急に策定する必要があります。さらに避難所における物資調達や供給体制の整備、スクリーニングの体制の確保、避難所運営に要する詳細な活動指針などが必要となってまいりますので、早急な計画の改定および今後講ずるべき対策が迅速に進められるよう、県に対し強く要望してまいります。
 また、昨年11月に設置した鯖江市地域防災計画原子力災害対策編策定委員会では、国の示した指針やマニュアルに基づいた市の取り組むべき事項の協議、県内市町の原子力防災に関する情報の共有ならびに指針改定に伴う確認作業を行っております。来月16日には、美浜町で実施される福井県原子力防災総合訓練を視察し、県が示した5キロメートル圏内の住民避難体制や、緊急時医療活動などの訓練を体験していただき、本市における避難計画のあり方についての検討をお願いしたいと考えております。国の最終的な指針の改定および県の計画が改定されるのを受け、上位計画との整合性を図りながら、おくれることなく実効性ある計画を策定してまいります。
 次に、道の駅西山公園の整備についてでありますが、去る3月27日に、県内11番目の道の駅として登録され、4月23日に登録書の伝達式が行われました。今議会に、道の駅の設置および管理に関する条例案を上程しておりますが、この施設の管理運営については指定管理者制度の導入を予定しており、7月から8月にかけて管理者の公募を行い、9月中には候補者を選定してまいります。来年4月の供用開始を目指し準備を進めてまいりますが、市では今年4月に一般社団法人としてスタートした鯖江市観光協会と連携し、この道の駅西山公園を拠点として、めがねミュージアムや石田縞手織りセンター、うるしの里会館など、眼鏡、繊維、漆器の三大地場産業を代表する施設や地域資源を活用し、ものづくりや歴史を感じることができる産業観光を推進してまいります。
 次に、ふるさと創造プロジェクトについてでありますが、明日29日に第1回目のうるしの里かわだ元気再生プロジェクト計画策定委員会を開催します。この委員会には、40歳未満の若い世代の方に多く参加していただき、河和田地区内の地域資源を活用し、交流人口および定住人口の増加に向けた計画づくりを進めてまいります。
 それでは次に、主要な事業について申し上げます。
 初めに産業振興についてでありますが、めがねのまち鯖江元気再生事業につきましては、ファッション業界等との協業に取り組むことで、さらなる販路開拓と産地としての受注対応力の強化を目指すとともに、企業経営者を対象としたワークショップの開催等を通じ、デザインの重要性に対する理解の醸成に努めてまいります。今年度は、新たに総務省所管の財団法人地域総合整備財団が公募する、新・地域再生マネージャー事業の採択を得ることができましたので、ブランド専門家の指導のもとで、若手経営者グループのSBWが考えるsabaeブランドの将来像をまとめ、これをたたき台として産地内における合意形成を図り、産地が目指す「売れるものを創って売る産地」の実現につなげてまいります。
 次に、産学官の連携についてでありますが、平成21年7月に福井工業大学と鯖江商工会議所、本市の三者によります相互連携協定を締結して以来、産業分野はもとより教育、環境、地域活動にわたる幅広い分野において、数多くの成果を上げております。福井工業大学が有する研究開発の知識を生かした市内企業との共同研究事業を初め、めがねのまち鯖江元気再生事業でのデザイン意識と知識の向上を目的としたシンポジウム形式のセミナーの開催など、年を重ねるごとに内容が充実しております。今年度はこれまでの事業に継続して取り組むとともに、新たに各分野における専門的な知識を有する福井工業大学の教授・講師の皆様と、市内企業経営者とのマッチング交流会を開催し、地場産業等の振興・発展を目指してまいります。
 次に、企業誘致に向けた支援制度の拡充についてでありますが、今議会に鯖江市企業立地促進条例の一部を改正する条例案を上程させていただいており、これまでの製造業やソフトウエア業に加え、新たに物流関係業、情報通信技術利用業、インターネット付属サービス業にまで対象業種の範囲を広げ、企業の設備投資を促し、産業の高度化や中小企業支援、市民の雇用機会の創出を図ってまいります。
 次に、漆器産業の新市場開拓として取り組んでいます、山車塗り事業についてでありますが、平成23年度に屋台の漆塗りを手がけました静岡県袋井市の堀越上区自治会の皆様約30人が、来月24日に河和田地区の越前漆器産地を訪問されることになりました。この訪問には原田袋井市長も同行され、堀越上区の皆様とともに山車塗り事業に携わりました職人等の技術・技法を間近にごらんいただき、越前漆器へのさらなる理解を深めていただくことになっております。本市と袋井市は既に災害時相互応援協定を締結しておりますが、今回の訪問が新たな山車塗りの受注につながることと、両市の交流がさらに深まることを期待しております。
 次に、農業の振興についてでありますが、本市においても農業従事者の高齢化が急速に進む中、持続的で力強い農業を実現するためには、集落等で中心となる農業者を確保し、農地の利用集積を図ることが必要になります。国では、昨年度から集落・地域等での話し合いに基づいた「人・農地プラン」を策定し、中心となる農業者を定め、農地の集積を図ることを推進しています。平成25年3月末現在、8集落等でプランが策定されましたが、引き続き地元農家組合や県・JAなどと連携し、「人・農地プラン」の策定を支援してまいります。
 次に、農産物のブランド化に向けた取り組みについてでありますが、今年はさばえ菜花米の生産者が15名となり、昨年の5倍近い約14ヘクタールの圃場に作付いただきました。市では、食味値向上のための地力アップの支援や、さばえ菜花米圃場の土壌分析を実施するとともに、商標登録されたさばえ菜花米のロゴマークを米袋に張るなど、鯖江米の代名詞となるようブランド確立に取り組んでまいります。吉川ナスについては、14名の伝統野菜等栽培研究会の皆様が約1,000本の接ぎ木苗を育て、1万個の出荷を目標に生産拡大に取り組んでいます。今後はJAや伝統の福井野菜振興協議会などと連携し、都市部に向けたPR活動や販路開拓を支援してまいります。もう一つの特産品であるマルセイユメロンにつきましては、春先の寒さで若干成長がおくれぎみですが、例年並みの6月下旬ごろからの収穫が見込まれ、糖度14度以上の秀品のマルセイユメロン、さばえ夢てまりの収穫がふえるよう、県やJAと連携し栽培指導に努めてまいります。
 次に、食育の推進についてでありますが、7月6日に、第2回食でつながるみんなのさばえを開催します。「さばえの健康!笑顔で朝ごはん」をテーマに、家族の朝食写真コンテストを初め、キッズキッチンおよびパティシエ教室、新鮮な鯖江産野菜の即売など、「楽しみ」「学び」「販売飲食」の各ゾーンを設け、家族全員で楽しめるイベントとして、食育の啓発・普及に取り組んでまいります。
 次に、環境政策について申し上げます。エネルギー政策が大きな転換期を迎えている今日、低炭素社会の構築は、社会全体で考えるべき大きな課題となっています。本市では、今年も5月8日から10月31日までをクールビズ期間と定め、衣服の軽装化や冷房温度の適正管理など、日常の省エネ活動を実践しています。昨年3月には、市役所の省エネ温暖化対策を推進するため、鯖江市役所地球温暖化対策実行計画を策定し、市施設の空調機器の改善やLED照明など省エネ型照明への切りかえ、エネルギー管理システムの活用などによる節電対策を進めております。
 このたび、市が直接管理する街路灯など屋外の照明器具について、越前市と合同で国の小規模地方公共団体におけるLED街路灯等導入促進事業の採択を受け、LED器具への切りかえコストを抑えるとともに、温室効果ガス排出量削減への取り組みを実施してまいります。5月15日には、両市の環境審議会委員や学識経験者等で構成する提案審査会が開催され、選考された事業所の提案では、リース方式によるLED化を行うことで、現在の照明器具を使い続けた場合と比較し年間285トンの温室効果ガス削減効果が見込めるとともに、電気料金、保守料金合わせて10年間で約6,500万円のコスト削減にもつながる見込みとなっています。9月までに市施設の街路灯等を一斉に調査し、今年度末までにLED照明への切りかえを進めてまいります。
 一方、ごみの減量化・資源化についてでありますが、平成24年度の市民1人当たり1日当たりのごみ排出量は、1,001グラムとなり、前年度に比べて23グラムの減少となりましたが、目標としている900グラム以下を達成するためには、なお一層の取り組みが必要となっております。今後はさらなるごみの減量化・資源化の取り組みとして、燃えるごみの中で約4割を占める生ごみを減らすため、地域における説明会や講習会を積極的に開催し、ダンボールコンポストの利用拡大による生ごみの堆肥化の普及啓発を進めてまいります。
 また、昨年度から実施しています町内会や団体が行う古紙類等の集団回収を継続して推進するとともに、環境省の小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業の採択を受け、小型廃家電製品を回収し、レアメタルや金属類の再資源化に努める、小型電子機器等リサイクル事業を8月中にスタートできるよう、現在準備を進めております。
 再生可能エネルギーへの推進に向けた取り組みについては、小水力発電の基本構想や地域利用型発電施設の利活用計画を検討してまいります。その一環として、高専生による、地域の自然を生かした小水力発電装置の設計・製作・設置等のアイデアを競う第3回小水力発電コンテストを河和田地区内で開催します。コンテストを契機に、地域の活性化はもとより、将来的には地域みずからが小水力発電施設の設置を行い、地域利用型の再生可能エネルギーの構築につながることを期待しております。
 次に、文化振興についてでありますが、今年は近松門左衛門生誕360年の節目の年となり、この機会に近松のまちさばえをさらに全国発信してまいります。6月20日の記念イベント「近松再来」では、若手実力派俳優塚本高史さんによるトークショーが予定されているほか、近松の里づくり事業推進会議が募集している「さばえ近松文学賞」には、香港からの応募も含めて既に130通の作品が届いています。9月に開催予定の「フラメンコ曽根崎心中鯖江講演」とあわせて、この機会に1人でも多くの皆様に近松の世界に触れていただけるよう啓発に努めてまいります。
 次に、安全・安心のまちづくりについて申し上げます。
 まず防犯隊の専務化についてでありますが、今月25日に地域住民113名の皆様に辞令を交付し、新生防犯隊が発足いたしました。防犯隊の役割は、行方不明者の捜索や年末防犯特別計画などの活動を通して、地域の治安の確保や市民の安全を図ることにあります。これまで以上に、自分たちのまちは自分たちで守るという地域住民の防犯意識の向上につながることを期待しております。今後も行政と防犯隊が一体となった地域防犯の活性化に努め、安全で安心して暮らすまちづくりを力強く推進してまいります。
 次に、平成22年度に試験的運用を開始した防災ラジオにつきましては、これまでに情報伝達試験などを行った結果、河和田地区や北中山地区など受信状態の悪い地域につきましては既に撤去し、それ以外の環境の良好な地点と市内避難所および災害時要援護者利用施設のみに配備することとしました。この結果、防災ラジオが配備されない地域や電波の届きにくい地域では、丹南ケーブルテレビのライフラインメールや携帯電話の緊急速報エリアメール連絡など他の情報伝達手段も活用し、確実に緊急情報が伝達できるよう整備・啓発してまいります。
 今年も梅雨の季節に備え、先月24日には自衛隊や警察、丹南土木事務所など関係機関で構成する水防協議会を開催し、水防体制などについて確認・協議をいただきました。また、来月30日には中河公民館西側の浅水川右岸河川敷において、鯖江市水防訓練を実施します。例年は水害発生時における市職員の水防工法の再確認や、関係機関の現場活動を迅速かつ的確に行うための訓練として実施していましたが、今年はこの訓練と中河地区総合防災訓練を合同で実施し、中河地区住民参加による防災の意識高揚および技術向上を図ることに主眼を置いた訓練を実施します。大地震や集中豪雨等による自然災害に備え、地域住民の安全・安心を確保するため、地域住民による地域のための訓練を実施し、市民の皆様とともに災害に強いまちづくりに努めてまいります。
 次に、市庁舎の耐震補強工事についてでありますが、昨年の10月に工事に着工し、ほぼ順調に進捗しております。外部の補強につきましては、補強材のPCフレームの設置が完了し、現在既存の躯体との連結工事を行っております。内部の補強・改修につきましては、既に本館の東階段より東側の工区が完了し、引き続き本館中央部分の補強工事を進めてまいります。今後も安全管理には万全を期しながら、来年3月完成を目指してまいりますので、来庁される皆様には騒音や振動等で大変御迷惑をおかけしますが、御理解・御協力をいただきますよう、お願いを申し上げます。
 次に、福祉施策について申し上げます。
 まず、保育所の民営化についてでありますが、本年2月に中河地区とみずほ保育所の保護者の皆様に、移管法人候補者の選定について御理解をいただきましたので、4月に鯖江市公立保育所民営化選定委員会を設置し、募集要項等の検討や移管法人候補者の公募・審査を行い、今月20日の選定結果の報告に基づき、社会福祉法人あすなろ福祉会を移管法人候補者と決定しました。市では来年4月からの移管を目指し、三者協議会の設置や合同保育を実施するなど、円滑な移管に向けて取り組みを進めてまいります。
 次に、高齢化社会の対応についてでありますが、本市では昨年3月に、計画年度を平成24年度から26年までとする第5期介護保険事業計画を策定しました。この計画では、高齢者がいつまでも地域で安心して暮らせるまちづくりを目指すための施策の一つとして、地域密着型サービスの充実を掲げ、昨年からその施設の整備を図ってまいりました。その結果、認知症対応型デイサービスの施設としては、昨年9月に糺町の「デイサービス さくら園」が、今年3月には吉谷町に「ふれあいの家」が開設されました。さらに今月小黒町3丁目に開設した「県民せいきょう 鯖江きらめき」は、認知症対応型デイサービスを初めとして、認知症対応型グループホーム、小規模多機能型居宅介護など5つのサービス機能を持つ複合型施設となっております。これにより第5期介護保険事業計画における施設整備が完了し、今後、これら地域密着型サービス施設において、在宅サービスから施設サービスまで幅広く高齢者の方々を受け入れ、よりよいサービスが提供できるものと期待しております。
 次に、都市整備の状況について申し上げます。
 まず、昨年11月にトンネルが開通しました県道福井今立線の戸口トンネル工事につきましては、現在トンネル内の排水路や舗装工事が進められております。今後電気設備や取りつけ道路の工事が行われることになっておりますが、利便性と安全の確保の観点から、1日も早い完成を要望してまいります。
 また歩道の段差を解消するバリアフリー化と電線類の地中化を進めています、国道417号の本町・桜町間の歩道整備につきましては、今年度は本町交差点から西側への工事と、サバエ・シティーホテル付近から順次工事を進めていき、安全で快適な歩行空間を確保するとともに、防災機能の強化や町並み景観の向上を図ってまいります。
 河川改修につきましては、浅水川下流部と鞍谷川、河和田川下流部において全面的な改修工事が進められてきましたが、さらなる治水安全度の向上を目指して、現在浅水川の低水護岸の整備や、鞍谷川の取水堰の整備が進められております。また吉野瀬川の放水路工事につきましては、昨年度から放水路の掘削や築堤、護岸工事、市道橋梁の下部工の工事が進められております。現堤防のかさ上げ工事の速やかな測量への着手と計画の策定なども含めて、これらの改修事業が早期に完成するよう、国や県に要望してまいります。
 次に、雨水幹線の整備など、内水位対策への取り組みについてでありますが、これまで整備を進めてきました御幸神中雨水幹線や日之出雨水幹線につきましては、冠水の早期解消を図るため、これまで以上に積極的な整備を進めており、今年度から新たに住吉雨水幹線および支線の整備にも着手しました。
 また田んぼの貯水機能を生かして、河川への負担軽減と浸水被害の解消を図ることを目的とした田んぼダム事業につきましても、整備区域を拡大し、浸水被害の一層の解消を図ってまいります。今年度は、昨年度の約187ヘクタールに加え、戸口町を初め6町内の約174ヘクタールを整備することとしており、地元土地改良や農家組合の方々の御理解と御協力を得ながら、事業を進めてまいります。
 土砂災害防止対策につきましては、四方谷町の西出川が砂防事業に新規採択され、今年度は測量と全体計画の策定、および砂防指定地の指定に向けた手続を実施し、早期の完成を目指してまいります。
 次に、国の農業基盤整備促進事業を活用した農業用用排水路の改修や、農道の拡幅改良につきましては、稲の刈り取り終了後に速やかに工事に着手できるよう、現在測量や設計作業を行っております。これまで県営事業で実施してきた中山間地域総合整備事業の河和田地区につきましては、今年度の事業完了を目指し、主に集落環境整備であります流雪道路等を実施してまいります。さらに新規採択されました湛水防除事業中河地区につきましては、ストックマネジメントの手法を用いた中河排水機場の改修を実施するため、現在設計作業を進めております。今後、関係機関に対し、新たな事業の採択に向けた要望活動も実施してまいります。
 次に、ITのまちづくりについてでありますが、4月28日には第2回Webアプリコンテストの公開審査会を行いました。県内外からアプリ部門に8点、企画部門に10点の応募があり、オープンデータを使った優秀な作品が多く、多くの市民の皆様に御利用いただけるようアプリのサイトを設けてまいります。また同じ4月28日と29日には、本市のオープンデータの流れをより広げるため、インターネット上での地図データ作成を支援する、鯖江マッピングパーティ&アイデアソンが開催されました。全国から30人以上の方が参加され、商店街や西山公園を散策しながら、市内の地図データを充実していただきました。このオープンデータへの取り組みをより広めるため、今月10日には自治体やIT技術者を対象にした、福井オープンデータ&ご当地アプリ開発プロジェクト・キックオフセミナーが開催され、世界や日本の流れが紹介されるとともに、本市の取り組みも紹介し、オープンデータを普及するための課題などが議論されました。従来からの市政情報の発信手段である広報誌やホームページに加え、フェイスブックなどのSNSやユーストリーム等も積極的に活用し、地図の公開や他の自治体との連携も強化することで、ITのまち鯖江を推進してまいります。
 それでは、本日御提案いたしました平成25年度一般会計補正予算案について、その主なものを申し上げます。
 今回の補正予算は、国や各種財団等の助成の採択を受けて実施する事業、および平成24年度3月補正予算において計上した国の補助事業を繰り越したことによる人件費の振りかえに伴う補正が主なものであります。
 まず総務費では、自治総合センターのコミュニティ助成事業の採択に伴う町内公民館の備品整備助成に190万円、町内の自主防災組織育成費の助成に200万円を計上しました。
 民生費では、生活保護基準の見直しに伴い、生活保護費基本システムのプログラム修正が必要となるため、国の補助を受け、その改修費用として367万円を計上しました。
 衛生費では、先にも申し上げましたが、越前市と合同で取り組む市管理の道路照明灯のLED化事業の調査費として、521万円を計上しました。
 また商工費では、新・地域再生マネージャー事業の採択に伴う産地鯖江のブランド化事業に向けた基盤づくり事業に300万円を追加いたしました。
 教育費では、日本スポーツ振興センターの補助採択を受け、老朽化した立待体操体育館のトランポリン購入に126万円を計上しました。
 また、国の補助事業の繰り越しに伴う職員給与費3,368万円余を減額したのに合わせ、各種財団等の助成の採択を受けたことによる一般財源の減額相当分を含めた3,700万円を、財政調整基金への積立金に計上しました。
 これらの結果、一般会計の補正額は2,060万円となり、補正後の予算総額は231億2,460万円となり、昨年6月補正後と比較して4.2%の減となっております。
 また特別会計におきましては、下水道事業特別会計においても、一般会計と同様に人件費分の振りかえによる510万円を減額いたしました。
 これにより特別会計を含めた平成25年度の予算総額は407億6,770万円となり、昨年の6月補正後と比較して1.9%の減となりました。
 その他の議案につきましては、それぞれの理由に基づき御提案をいたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と、今回提案をいたしました議案につきまして申し上げました。何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますように、お願いを申し上げます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第29.議案第51号に対する質疑
○議長(平岡忠昭君) 日程第29、議案第51号に対する質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより議案の付託を行います。ただいま議題となっております議案第51号については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり教育民生委員会に付託をいたします。
 お諮りいたします。
 ただいま、教育民生委員会に付託いたしました議案については、会議規則第44条第1項の規定により、本日午後2時までに審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第51号については、本日午後2時までに審査を終えるよう期限をつけることに決しました。
 本会議再開は、午後3時30分ごろを予定しております。
 また、あらかじめ時間の延長をいたしておきます。
 それでは、教育民生委員会で付託議案の審査をお願いいたしたいと思います。
 休憩いたします。
              休憩 午前11時00分
              再開 午後3時28分
○議長(平岡忠昭君) 再開いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第30.議案第51号の審議結果
 日程第30、議案第51号の審査結果について、教育民生委員長の報告を求めます。
 教育民生委員長、帰山明朗君。
           〇教育民生委員長(帰山明朗君)登壇
◎教育民生委員長(帰山明朗君) 教育民生委員会に付託を受けました議案1件について、本日行いました審査の主な概要および結果について御報告を申し上げます。
 議案第51号 豊小学校屋内運動場改築工事(建築工事)請負契約の締結についてですが、委員からは、体育館は現在と同じ場所に建て直すため、完成までの期間、豊公民館の体育館を使用して授業を行うとのことであるが、児童が小学校から公民館まで徒歩移動する際の安全は確保できるのかとの質疑があり、それに対しまして理事者からは、学校から公民館までは約200メートルある。地元の見守り隊、学校、警察の方々とともに、危険箇所がないか現地を確認した。そして道路の白線が薄くなっている箇所については引き直し、見通しの悪い交差点においては注意を促す対応を行うこととしたとの説明がありました。また、委員からは、解体工事に際しての防音、安全対策については、どのように行うのかとの質疑があり、理事者からは、大きな音の出る工事については夏休みに行っていくなど、できる限り授業に支障が出ないように配慮を行うとともに、安全面についても十分に配慮をしていくとの答弁がありました。
 以上のような経過を踏まえ、採決を行いました結果、議案第51号は全員の賛成をもちまして原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、教育民生委員会の報告といたします。
○議長(平岡忠昭君) ただいまの教育民生委員長の報告に対し、質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより、採決いたします。
 議案第51号 豊小学校屋内運動場改築工事(建築工事)請負契約の締結についてを採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。
 よって、議案第51号は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。
 次の本会議は6月10日午前10時から開議することとし、本日はこれをもって散会いたします。
 御苦労さまでした。
               散会 午後3時32分