議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成24年 3月第386回定例会−02月22日-01号




平成24年 3月第386回定例会

           第386回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成24年2月22日(水)開会
                  3月16日(金)閉会 24日間
 ┌──────┬─┬────┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│  時  │       内       容       │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │ 2月22日│水│ 10時 │本会議(提案理由説明、議案先議、委員長報告、 │
 │      │ │    │採決)                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   23日│木│    │休 会                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   24日│金│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   25日│土│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   26日│日│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   27日│月│ 12時 │休 会 一般質問〆切             │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   28日│火│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   29日│水│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │ 3月 1日│木│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    2日│金│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    3日│土│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    4日│日│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    5日│月│ 10時 │本会議(質疑、一般質問)           │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    6日│火│ 10時 │本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    7日│水│ 10時 │本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    8日│木│  9時 │常任委員会                  │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │    9日│金│  9時 │常任委員会                  │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   10日│土│    │休 会                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   11日│日│    │ 〃                     │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   12日│月│  9時 │常任委員会                  │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   13日│火│13時30分│議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   14日│水│    │休 会                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   15日│木│    │  〃                    │
 ├──────┼─┼────┼───────────────────────┤
 │   16日│金│ 10時 │本会議(委員長報告、採決)          │
 └──────┴─┴────┴───────────────────────┘



              議 案 審 議 結 果 一 覧

                           市長提出 (2月22日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 9 号 │平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第7号) │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第10号 │平成23年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │予算(第3号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第11号 │平成23年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │算(第1号)                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第12号 │平成23年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │(第3号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第13号 │平成23年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正│ 産業建設 │ 可 決 │
│     │予算(第2号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第14号 │平成23年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(│ 産業建設 │ 可 決 │
│     │第1号)                   │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘


                           市長提出 (3月16日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 1 号 │平成24年度鯖江市一般会計予算        │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 2 号 │平成24年度鯖江市国民健康保険事業特別会計予算│ 教育民生 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 3 号 │平成24年度鯖江市後期高齢者医療特別会計予算 │ 教育民生 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 4 号 │平成24年度鯖江市介護保険事業特別会計予算  │ 教育民生 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 5 号 │平成24年度鯖江市農業集落排水事業特別会計予算│ 産業建設 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 6 号 │平成24年度鯖江市総合開発事業特別会計予算  │ 産業建設 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 7 号 │平成24年度鯖江市下水道事業特別会計予算   │ 産業建設 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 8 号 │平成24年度鯖江市水道事業会計予算      │ 産業建設 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第15号 │鯖江市福祉のまちづくり審議会設置条例の制定につ│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │いて                     │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第16号 │鯖江市情報公開条例および鯖江市個人情報保護条例│ 総  務 │ 可 決 │
│     │の一部改正について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第17号 │鯖江市税条例の一部改正について        │ 総  務 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第18号 │鯖江市介護保険条例の一部改正について     │ 教育民生 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第19号 │鯖江市重度障害者(児)医療費の助成に関する条例│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │等の一部改正について             │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第20号 │鯖江市営住宅の設置および管理に関する条例の一部│ 産業建設 │ 可 決 │
│     │改正について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第21号 │鯖江市文化の館設置および管理に関する条例の一部│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │改正について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第22号 │鯖江市まなべの館設置および管理に関する条例の一│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │部改正について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第23号 │福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の│ 総  務 │ 可 決 │
│     │数の減少および同組合規約の変更について    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第24号 │豊小学校校舎改築工事(第2期)建築工事請負契約│ 教育民生 │ 可 決 │
│     │の締結について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第25号 │鯖江市公平委員会委員の選任について      │  ―  │ 同 意 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第26号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  ―  │ 同 意 │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第27号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  ―  │ 同 意 │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第28号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  ―  │ 同 意 │
│     │て                      │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘



                           議員提出 (3月16日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│ 第 1 号 │JR北陸本線の特急廃止・削減反対を求める意見書について │ 可 決 │
└──────┴────────────────────────────┴────┘


            請 願 の 審 査 結 果 一 覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │JR北陸本線の特急列車廃│北陸新幹線福井延伸と在│ 産業建設 │採 択│
│ 第1号 │止・削減反対を求める意見│来線を考える会    │     │   │
│    │書の提出について    │代表 松原信也    │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │公的年金の改正に反対する│全日本年金者組合   │ 教育民生 │継 続│
│ 第2号 │意見書の提出について  │福井県本部      │     │審 査│
│    │            │執行委員長 山野寿一 │     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘



             第386回鯖江市議会定例会会議録
   …………………………………………………………………………………………
         平成24年2月22日(水曜日)午前10時00分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(20人)              1番  福 原 敏 弘
                          2番  佐々木 一 弥
                          3番  山 本 敏 雄
                          4番  佐々木 勝 久
                          5番  帰 山 明 朗
                          6番  林   太 樹
                          7番  小 竹 法 夫
                          8番  遠 藤   隆
                          9番  石 川   修
                          10番  奥 村 義 則
                          11番  高 田 義 紀
                          12番  丹 尾 廣 樹
                          13番  木 村 愛 子
                          14番  平 岡 忠 昭
                          15番  末 本 幸 夫
                          16番  山 崎 文 男
                          17番  水 津 達 夫
                          18番  蓑 輪   昇
                          19番  玉 邑 哲 雄
                          20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          藤 原 宣 章
                 総務部長         千 秋 冨 秀
                 政策経営部長       宇 野 徳 行
                 健康福祉部長       藤 井 勇 二
                 産業環境部長       辻 本   正
                 都市整備部長       田 中 憲 男
                 会計管理者        加 藤 政十司
                 教育委員会事務部長    酒 井   誠
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務部危機管理監     佐々木 繁 樹
                 総務部次長        青 柳 敬 子
                 総務課長         伊 部 雅 俊
                 秘書広報課長       斉 藤 幸 治
                 企画財政課長       加 藤 泰 雄
                 健康福祉部次長      友 兼 由紀子
                 社会福祉課長       東 井 忠 義
                 産業環境部次長      水 島 秀 夫
                 商工政策課長       中 村 修 一
                 都市整備部次長      杉 森 惣 市
                 道路河川課長       三 谷   清
                 教育政策課長       辻 川 哲 也
                 監査委員事務局長     窪 田 育 男
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       有 澤 一 之
                 議会事務局次長      五十嵐   彰
                 議会事務局参事      山 口 達 哉
                 議会事務局次長補佐    笠 嶋 忠 輝
                 議会事務局主査      橋 本 由美子
   …………………………………………………………………………………………


               開会 午前10時00分
○議長(平岡忠昭君) それでは、ただいまから第386回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(平岡忠昭君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、10番 奥村義則君、12番 丹尾廣樹君、13番 木村愛子君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(平岡忠昭君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について委員長の報告を求めます。
 議会運営委員長 小竹法夫君。
           〇議会運営委員長(小竹法夫君)登壇
◎議会運営委員長(小竹法夫君) 皆さん、おはようございます。
 第386回定例会の運営につきまして、去る1月23日および2月15日に開催をいたしました議会運営委員会における審査の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件は、議案24件、報告2件であります。会期最終日には人事案件が追加提案される予定であります。
 さて、これら案件の審議に要する日程でありますが、本日は、市長の施政所信表明ならびに各議案等に対する提案理由の説明を行い、その後、予算の執行等を配慮して、議案第9号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第7号)から議案第14号 平成23年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第1号)まで6件について審議を行います。各常任委員会の審査の後、各委員長の審査結果報告、質疑、討論の上、採決いただきたいと存じます。
 明2月23日から3月4日までは本会議を休会といたし、5日、6日、7日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、一般質問を行います。これらの質問に対する発言通告書の提出期限は2月27日の正午までといたします。
 各常任委員会の審査日程につきましては、3月8日、9日および12日の3日間といたします。
 また、議会等改革特別委員会につきましては、3月13日に開催することといたします。そして、3月16日を最終日とし、本会議を開き、委員会における審査の結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上の議会日程でもって、本定例会の会期は、本日から3月16日までの24日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願いを申し上げまして、御報告といたします。
○議長(平岡忠昭君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から3月16日までの24日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から3月16日までの24日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.諸般の報告
○議長(平岡忠昭君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告(第1号)をもって報告といたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.請願の受理
○議長(平岡忠昭君) 日程第4、請願の受理について御報告いたします。
 受理いたしました請願2件については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5 議案第1号 平成24年度鯖江市一般会計予算から日程第30 報告第2号 公益財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで
○議長(平岡忠昭君) 議案第1号 平成24年度鯖江市一般会計予算から、日程第30 報告第2号 公益財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで、以上26件を一括議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 牧野市長。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第386回鯖江市議会定例会の開会に当たり、平成24年度当初予算案を初め、各議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。
はじめに、今月12日に金沢市で開催されました第35回北陸アンサンブルコンテストにおいて、小学校部門で神明小学校サクソフォン四重奏と惜陰小学校フルート三重奏が最優秀賞を受賞、また中学校部門でも中央中学校と鯖江中学校のフルート四重奏が北陸地区代表となる金賞に輝き、3月に三重県で開催されます全国大会への出場が決定いたしました。小・中学校部門の最高位を市内の4小・中学校が独占する快挙であり、心から賛辞と祝福を贈ります。
 次に、北陸新幹線について申し上げます。国は昨年末に整備新幹線3区間の新規建設に着手する方針を決定し、北陸新幹線の金沢、敦賀間の開業時期を平成37年度ごろと発表しました。今後、国は正式な着工、認可をするに当たり、基本的な条件として、並行在来線の経営分離についての沿線自治体の同意を含む五つの条件を示しております。私は、北陸新幹線は、日本海国土軸の形成や地震災害時などの東海道新幹線の代替、補完機能の確保、国土の均衡ある発展等のために必要な国策であり、県土の発展なくして鯖江市の発展はございません。こういう思いから、沿線7自治体の首長の1人として、並行在来線のJRからの経営分離については、住民理解を得る条件が整備されることを前提に、同意する方向で臨みたいと考えております。開業までには、並行在来線への財政支援や住宅の移転、騒音、振動、南越駅までのアクセスなど、解決すべき様々な課題が残されております。引き続き、私が先頭に立って、市民の皆様の御意見を十分にお聞きしながら、国や県、JR、鉄道、運輸機構等の関係機関に要望、要請を行うとともに、認可後に設置される並行在来線対策協議会などで、本市の立場や市民の皆様の考えを懸命に主張し、市民の皆様の御理解と御支援が得られるよう、最善の努力をしてまいります。
 次に、原子力防災対策について申し上げます。国は先月23日に、地域防災計画(原子力災害対策編)策定に向けたガイドライン案を発表しました。本市の原子力防災計画の策定に当たりましては、福島原子力発電所の事故を教訓に、過酷事故に加え、地震や津波等との複合災害への対応や原子力事故の初期段階における即応体制の確保、あるいは原子力災害の影響が広域に及んだ場合の対応、被災者の生活支援など、その内容は広範囲にわたり、かつ広域的な調整も必要となります。本来、災害対策基本法では、国、県、市の防災計画がそれぞれ整合性を持つことを規定しています。本市の原子力防災計画の策定は何もない状態から始めることになりますが、国および県の見直し作業の進捗に合わせ、県と連携をとりながら策定作業を進めてまいります。
 次に、昨年3月11日に発生いたしました東日本大震災から間もなく1年を迎えようとしています。市民の皆様から寄せられた義援金は4,110万円余となり配分委員会で決定した岩手県大船渡市や陸前高田市を初めとする7市2町に全額をお届けいたしました。一方、本市に避難された被災者への支援事業等に充てる寄附金として469万円余が集まり、見舞金や就職祝い金の支給、住宅の提供、水道料金の減免、また市民ボランティアの被災地派遣に対する支援や支援物資の支給などを実施してまいりました。平成24年度も被災地の子供たちとの交流事業など、被災者ならびに被災地に対する支援事業を継続してまいります。
 さて、先月24日に召集されました通常国会では、平成24年度予算案や平成23年度補正予算案を初め、消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革、国家公務員の給与削減、議員定数削減など、野田政権の真価が問われる法案が審議される予定となっております。増税による国民の負担増にもつながることから、先行きが依然不透明な状況にあります。円高や不況で地域経済が冷え切る中、地方自治体を預かる者としましては一時の猶予も許されず、地域経済や自治体経営に大きな影響を与える予算や関連法案の審議については、国民生活第一の観点から、これが滞ることのないよう強く求めるものであります。特に、厳しい財政状況の中で、地方単独事業として取り組む社会保障サービスが、今後も持続的に提供できるよう、偏在性の小さい地方消費税の充実を求めるとともに、さらなる社会保障サービスの充実に取り組んでまいります。
 次に、平成24年度当初予算の概要について申し上げます。
 昨年12月末に国から示されました地方財政対策に基づき、本市では地方交付税を45億1,000万円、臨時財政対策債を13億1,000万円と見込みました。
 市税は、土地の評価替え等を考慮し、固定資産、都市計画税で約3億5,000万円の減額を見込む一方、税制改正等で個人市民税を1億7,600万円の増額、また今年度の実績見込み等により法人市民税で約4億円の伸びを見込み、対前年比約2億5,000万円増額の88億円を見込みました。
 市債につきましては、市庁舎耐震改修工事や市営住宅建設、臨時財政対策債の増額等により対前年比7億1,090万円を増額し、25億8,000万円を計上いたしました。また、市債の繰上償還や市営住宅建設などに伴う財源措置として、減債基金から7億7,000万円、財政調整基金から1億円、さらに市営住宅基金から1,155万円を取り崩しました。
 一方、歳出においては、金利負担の高い10億2,543万円余の市債を繰上償還いたし、利子負担の軽減で約2億円の効果額を見込むとともに、市債残高を抑制し市民の将来負担の軽減を図ることといたしました。これにより、平成19年度から24年度までの繰上償還額の合計は23億5,044万円となり、利子負担も約3億7,000万円が軽減されることになりました。
 また、東日本大震災の教訓を踏まえ、今回の手厚い地方財政措置が講じられる緊急防災・減災事業等を活用し、災害時の拠点施設である市庁舎や避難所となる小・中学校の耐震化に取り組むとともに、平成24年度に予定していた事業を一部前倒しして、平成23年度補正予算で対応するなど、15カ月予算という考え方で切れ目のない予算編成といたしました。
 また、予算編成方針に基づき、鯖江ブランドづくりや人の増えるまちづくり、市民が主役のまちづくり、および大学、学生との連携、協働を重点項目とし、本市の発展につながる施策、事業を中心に効率的に予算配分をいたしました。
 特に、職員の創意・工夫による未来への夢と希望が広がる施策を展開するため、予算規模1億円を目標に創設した元気さばえチャレンジ枠には、65事業、1億円余を予算計上いたしました。
 以上、市民生活の安全・安心を守るために必要な事業には最優先で取り組む一方、将来へ過大な負担を先送りすることのないよう、身の丈にあった堅実型で安全・安心なふるさとづくり予算といたしました。
 次に、新年度の市政運営の指針となります諸計画の進捗管理について申し上げます。
 はじめに、ことしで3年目となります第5次総合計画につきましては、鯖江ブランドづくり、人の増えるまちづくり、市民が主役のまちづくりの実現に向けて、引き続き、部局横断的に取り組んでまいります。平成24年度は目標年次の中間年に当たることから、市が実施する諸施策の満足度や重要度を調査する「鯖江市政に関する市民アンケート」を実施してまいります。
 また、今年度は、洪水、地震に係る災害サポートガイドブックを初め、地域福祉計画、障がい者計画等、福祉分野の各種計画、地球温暖化対策地域推進計画、スポーツ振興計画、施設等の長寿命化計画、都市計画マスタープランなど、多分野にわたる施策の指針となる計画を策定しております。これらの計画に基づき適切に事業が執行されるよう、しっかりとした進捗管理を行うとともに、事務事業評価、施策評価、第三者評価、さらには市民アンケート結果を交えた政策評価を実施し、市民への説明責任と市政の公平性、透明性の確保を図ってまいります。
 次に、提案型市民主役事業化制度についてでありますが、今年度は17団体から31事業に対し36件の事業提案があり、提案型市民主役事業化制度審査委員会において厳正な審査が行われ、21事業を13団体に対して委託することが適当であるとの答申をいただきました。今後、受託団体の自主性を尊重しながら、随時、適正な指導と助言等を行う中で、市民サービスの向上が図られるようサポート体制を充実してまいります。
 それでは、次に、主要な事業について申し上げます。
 まず、地域商業を取り巻く環境は、大手資本の参入と多店舗化、インターネットやテレビ通販の普及に伴う消費者ニーズの多様化など、目まぐるしく変化し、年々厳しさを増しております。このような中、小規模店舗が生き残るには、商品、サービス、接客などにおける差別化や独自性が必要となってまいります。そこで、新年度においては、地域や業種の垣根にとらわれず、連携して販売促進や顧客創造に意欲的に取り組む商業者グループに対する支援制度を創設し、市内商業者の挑戦意欲を喚起してまいります。
 また、欧州債務危機や円高の影響等から、本市のものづくり産業も引き続き厳しい状況にあります。中小企業の資金繰りを支援する制度融資につきましては、低利な融資を金融機関と協調して行うとともに、利子補給、保証料補給を行い、借入負担の軽減を図ってまいります。
 市では融資返済のさらなる負担軽減を図るため、平成24年度中に本市の中小企業振興資金や小規模企業者特別資金、日本政策金融公庫のマル経資金に融資を申し込みされた中小企業に対し、最初の1年間に限り支払利子額を全額補給し、経営の安定化を支援してまいります。
 次に、めがねのまち鯖江元気再生事業についてでありますが、4年目を迎えたことしは、新たにアパレル系人気セレクトショップ、株式会社シップスとの協業が決定し、今夏のオリジナルサングラスの発売に向けて共同開発を進めております。また、人気モデル梨花さんとの協業では、梨花プロデュースの鯖江製アイウエアブランド、ピュピュから、今月8日に6型計13アイテムのオリジナルサングラスが発売され、一部製品では即日完売となるほどの反響があり、産地sabaeを広くアピールすることにつながりました。
 一方、若手経営者12名による自主的な勉強会グループ、SBWが誕生するなど、産地にとってこれまでにない希望ある動きも出てまいりました。市ではこれらの活動を支援するため、経済産業省所管の財団法人中小企業総合研究機構が公募する平成24年度活性化支援事業に引き続き申請しており、これらの事業を通して、売れるものをつくって売る産地の実現を目指してまいります。
 また、越前漆器・井波彫刻、“誇りの技”ベストミックス事業につきましては、最終年度となることし秋ごろの完成を目指して現在、山車の車輪部分を初め、土台部分の制作に取り組んでおります。
 次に、平成24年度から新たに開催します、さばえものづくり博覧会事業について申し上げます。昨年末に、次世代を担う若手の皆様を主体とするワーキング委員会が開催され、テーマ「発信。鯖江ブランド」に沿った広報手段としてのITの活用や略称「さばえ博」の使用といった提案をいただいております。
 先月には、総務広報、イベント、出展設営の3部会の各正副部会長会議も開催されており、従来の丹南産業フェアでは30社程度に終始していた市内の出展企業数を、3倍の100社に大きく拡充すべく、現在募集活動を展開中であります。今月中には目標とする100社にめどがつくとの嬉しい情報もあり、実行委員会の皆様を中心として、ものづくりのまちである本市の産業界の英知を結集した素晴らしい「さばえ博」となるものと期待しております。
 次に、本市の企業誘致の現状についてでありますが、円高の進行等により製造拠点を海外にシフトする動きが加速する中、本市では昨年8月に建築用金属製品製造企業、12月に清酒製造企業、ことしの1月に最先端技術を要する炭素繊維関連企業が操業開始し、この3社で計16名の新規雇用が生まれております。さらに3月には木製品製造企業が、5月にはソフトウェア企業が操業開始の予定となっており、新たな雇用の創出に期待をしております。
 次に、農林業施策について申し上げます。
 まず、農地集積のための総合的対策についてでありますが、平成24年度では、JAたんなんや農業公社グリーンさばえと連携し、農業経営の競争力、体質強化を目的とする人・農地プランの策定を進めてまいります。国の戸別所得補償の規模拡大加算制度や農地集積協力金制度を活用し、集落内での話し合いに基づく担い手に農地を集積することで、持続可能な農業経営体の育成と地域農業の確立を図ってまいります。あわせて、国の4次補正に対応して、畦畔除去や暗渠排水の整備を支援する農業体質強化基盤整備促進事業の取り組みを拡大し、農作業コストの低減および農地の汎用化等を推進いたします。
 一方、個々の農業経営への支援についてでありますが、農業者戸別所得補償制度に基づく米および大麦、大豆等の畑作物への所得補償に加え、転作農家への支援として、団地化作付や周年作利用への助成等を引き続き実施してまいります。また、おいしいさばえ米づくりへの支援として、さばえ菜花米や特別栽培米を作付する圃場への助成等に加え、エコファーマー認定農家による化学合成農薬低減のための温湯種子消毒機購入助成や、さばえ菜花米栽培農家による食味値向上のための土壌改良剤購入への助成を新たに制度化し、作付面積の拡大を図ってまいります。
 次に、農地水保全管理支払交付金についてでありますが、共同活動支援交付金については、平成24年度より新たに5年間継続することになりました。現在、農業振興地域内農用地面積の約93%を対象に50団体が活動しております。本年度から実施しております向上活動支援交付金につきましては、38団体が加入し、約87%を対象に活動しており、両活動とも県内一の取組率となっております。今後も本事業により地域主体の農地の保全管理、施設の長寿命化等への取り組みが推進できるよう、活動組織の強化、拡大を図ってまいります。
 次に、農業の6次産業化の推進についてでありますが、農家と加工業者、菓子商組合、市民団体とのマッチング等を行うとともに、先月末に東京の百貨店で開催された物産展には、地場産野菜を加工した漬物やグリーンマローのロールケーキ、そばハチミツプリン、コシヒカリで作られた酒、さばえ菜花米等を出品しました。生産者の皆さんみずからが直接売り場に立つことでPR効果もさることながら、商品開発や消費者ニーズといったより高次な視点に目を向けるきっかけづくりになりました。
 また、東京の有名レストランへの販路を開拓してまいりました伝統野菜吉川ナスにつきましては、評判もよく継続的に取引したいとの意向や新規のまとまった取引要望もあることから、栽培研究会の皆様と協議し増産体制を図ります。
 さらに、さばえ菜花につきましては、冬のブランド野菜としての商品化を目指すとともに、これらの動きをさらに加速するため、6次産業化チャレンジビジネス支援事業を創設し、鯖江特産の農産物を使った新商品開発や販路開拓への取り組みを支援してまいります。
 次に、設立以来15年が経過した農業公社グリーンさばえは、国における公益法人制度の改正もあり、ことし4月より新たに公益財団法人化し、農地集積円滑化の役割を強化するとともに、中山間地や都市近郊における農業経営の継続支援を進めてまいります。
 次に、鳥獣害対策についてでありますが、人と生きもののふるさとづくりマスタープランに基づき、被害防止柵の整備や地域リーダーの育成、鳥獣被害対策ツーリズムの開催等に取り組みます。また、松くい虫被害等で荒廃している松林の再生に向けて、管理体制の整備や対抗性松の植樹等を実施するとともに、現地調査および今後の再生に向けた行動プランづくりを行います。あわせて、地元住民と専門家との意見交換会や視察等を通じ、地元活動組織の構築、強化を図り、松林の再生を支援してまいります。
 次に、ことしで3回目となるさばえ菜花まつりを4月14日と15日の2日間にわたり、昨年同様、鯖江中学校西側日野川河川敷で開催いたします。また、恒例のさばえつつじまつりにつきましては、ことしは、5月1日から13日までをまつり期間として実施する予定となっております。公園内のつつじは2月2日現在、4万9,637株となっております。3月下旬には、鯖江幼稚園、進徳幼稚園、王山保育所、早稲田保育所の卒園児約70名による記念植樹を行い、市民の皆様の手による5万株達成記念セレモニーを予定しております。
 次に、産業観光の推進についてでありますが、めがねミュージアム、うるしの里会館、石田縞手織りセンターの各施設は、博物館としての展示機能やミュージアムショップ、体験機能を持った施設として、昨年1年間で県内外から11万5,000人余の方が来場されました。
 また、昨年、初めて開催いたしました、うるしの里中道アート事業につきましては、平成24年度は、うるしの里・人で賑わうまちづくりモデル事業として継続実施し、中道、大門通り周辺一帯を核とした、まち歩きのできる産業観光事業として全国に情報発信してまいります。
 今後、県のふるさと創造プロジェクト事業の活用も視野に入れながら、年間を通して河和田地区に観光客を迎え入れる通年型観光のあり方について、庁内関係各課からなるプロジェクトチームを立ち上げるとともに、地域の皆様と協働で調査研究し、産業観光ビジネスの構築を目指してまいります。
 次に、教育、文化の振興についてでありますが、豊小学校校舎改築工事(第1期工事)につきましては、工事が順調に進み、現在、県の建築確認申請完了検査や消防署の検査を終え、おおむね完成の運びとなりました。今月の26日には、保護者の皆様などの御協力をいただき、旧北校舎から新南校舎への引越し作業を行い、来週の月曜日27日から、いよいよ子供たちは新しい教室で学校生活を送ることとなります。6年生にとりましては、卒業までのわずかな期間ではございますが、新しい学び舎で過ごせることになり、小学校卒業のよい思い出になればと考えております。
 なお、豊小学校校舎改築工事は第2期工事に取りかかるため、今議会に工事請負契約の締結についての議案を提出するとともに、平成24年度当初予算には、体育館改築の実施設計の費用を計上しております。校舎改築工事完了後、速やかに体育館の改築工事に取りかかり、豊小学校全体の早期完成を目指してまいります。
 次に、平成26年の藩主就任200周年、生誕210周年の節目の年に向けて、昨年から4カ年計画のプロジェクトとしてスタートしている間部詮勝プロジェクトにつきましては、これまでに市民参加の学習会などを開催してまいりました。平成24年度は、学習会で得た成果をもとに、江戸末期、混迷する時代の中で詮勝公が果たした歴史的功績を再評価してまいります。
 次に、ことし8月には高校生の最大のスポーツの祭典でありますインターハイが本県を含む北信越5県で開催され、本市では、サンドーム福井を会場に体操と新体操の競技が実施されます。一昨年の初優勝、昨年の3位に続き、ことしも地元鯖江高校男子体操部の活躍に期待するとともに、全国に体操のまち鯖江をアピールしてまいります。
 次に、平成22年度から災害などの緊急情報を自動受信できる防災ラジオの配備を進めてまいりましたが、設置環境や受信レベル、自動起動試験および受信状態について調査しましたところ、河和田地区および北中山地区において、自動起動が作動しない箇所が多くあることが判明いたしました。これらの地区は、山に囲まれ電波が届きにくい地形的要因等により、防災ラジオの自動起動の安定性を常時確保できないことから、区長さんや民生委員さん宅に配備した防災ラジオをすべて撤収することにいたしました。
 この2地区には防災行政無線が整備されておりますので、災害などの緊急情報は主に防災行政無線を通じて伝達するとともに、区長さん、民生委員さんの皆様には電話連絡により直接お伝えする方法や丹南ケーブルテレビライフラインメール、携帯電話のエリアメール、広報車による広報など、複数の伝達手段を活用しながら確実に緊急情報が伝達できるよう努めてまいります。
 一方、2地区以外のエリアにおいても、防災ラジオの作動が不安定な箇所が幾つか見受けられますので、緊急信号発信機の調整、設置場所の変更、T字アンテナ等の設置、使用マニュアルの徹底など、それぞれの原因に対する対応措置を講じながら、緊急放送を自動受信できるよう整備してまいります。
 次に、市庁舎本館、別館の耐震補強工事につきましては、国の緊急防災・減災事業を受け、3月補正予算で実施設計費を計上し、補強工事を平成24年度および25年度の2カ年の継続事業として施工いたします。全国的に地震が発生し多発化している現状において、一刻も早く庁舎の耐震補強を実施することにより、安全を確保し、防災拠点施設としての機能が確保できるよう万全を期してまいります。
 次に、環境施策について申し上げます。
 まず、動植物の保護と生息環境保全の推進についてでありますが、本市は豊かな自然に恵まれ、オシドリやゲンジボタルを初めとする数多くの動植物が生息しており、平成21年4月からは、河和田川と金谷川の一部を環境保全区域として指定し、生息環境の保全に努めてまいりました。
 しかし、近年の産業活動や都市化の進展に伴い、水質汚濁や地下水位の低下などにより、地域の自然が損なわれ、生息環境が減少して絶滅のおそれがある希少な動植物も少なくありません。今後は、舟津の七清水と言われる湧水池で現在に残る数少ないものの一つでございます許佐羅江清水などの湧水の保全とともに、既に絶滅したトミヨやバイカモが生息する環境の復活、別司川に自生するコウホネの保護など、希少な動植物の保全に向けた環境活動を推進してまいります。
 また、来る3月17日の日曜日、石田橋上流の日野川サイクリングロードターミナル公園付近の河川敷で、立待小学校児童や石田保育所園児などが稚魚に成長したサケを日野川に放流いたします。このイベントは、子供たちが自然環境保全の大切さについて理解を深めることを目的に実施するもので、今後も継続してまいります。
 さらに、環境月間の6月には、森づくりからの環境保全の重要性に関する国際フォーラムを開催し、国内外に向け情報発信してまいります。あわせて、どんぐりからの森づくり事業も継続して実施いたします。
 これらの事業を通し、環境に配慮し自発的に行動する環境市民の育成強化を図り、環境教育支援センターのさらなる拠点化、ならびに地球温暖化防止に向けた環境啓発を充実、強化、拡充してまいります。
 次に、地域福祉の推進についてでありますが、地域福祉計画等策定委員会より提言いただきました地域福祉支えあいネットワーク推進事業をスタートいたします。この事業は、町内会などの単位において、高齢者や障がい者、子育てなどを区別することなく、生活に課題を抱えている人を発見するとともに、必要に応じ支援チームを組織し、見守りなどの活動を行うものであります。この支援チームをつくるに当たり、必要な助言を行う機関として、鯖江市社会福祉協議会内にコーディネートセンターを設置するとともに、モデル町内を設定し、順次、取り組みを拡大してまいります。
 また、障がい者施策の推進では、新年度から訪問入浴サービスを導入いたします。現在、障がい者の就労支援サービスの定員増加やグループホームの増設などの動きもあり、今後とも障がい者計画に基づき、積極的な施策の推進に取り組んでまいります。
 一方、介護保険事業についてでありますが、平成24年度から26年度までを第5期とする、さばえ元気で長生きプランを策定しました。近年、増加している認知症対策への取り組みを強化するとともに、身近な地域において介護、予防、医療、住まい、生活支援を一体的に提供する体制づくりのため、地域包括支援センターの機能強化を図るとともに、地域で支えるネットワークづくりも推進してまいります。
 また、介護保険サービスの基盤整備として、認知症対応型デイサービスの増設や小規模多機能型居宅介護、定期巡回、随時対応型訪問介護看護の整備など、地域密着型サービスの充実を図り、在宅介護への支援を強化してまいります。
 次に、健康づくりの推進についてでありますが、市では健康診査の受診率アップに向け、検査項目の充実や個別検診の導入、また節目の方を対象にした特定のがん検診を無料にするなど、市民の皆様が受診しやすい環境づくりに努めてまいります。その結果、今年度、健康診査を受診された方は、昨年度に比べ多少増加しましたが、まだまだ目標値には及ばない状況にあり、今後とも対策の強化が必要と考えております。新年度では、受診のきっかけづくりとして、ポイント制の導入や健診会場を見直すなど、市民の皆様が受診しやすい環境整備を実施してまいります。
 次に、公立丹南病院の再整備事業についてでありますが、現在、内装工事や設備工事を終え、最終段階の設備等の調整と各種検査を行っております。3月末までに医療機器等の設置を行い、4月7日、8日の両日に新病院の一般公開、5月1日に開院式典を挙行する運びとなりました。その後、連休中の休診期間に病院機能の全面移転を終了させ、5月8日から新病院において診療を開始いたします。新病院開院後は順次、既存建物を解体し、駐車場の整備やバス専用ロータリーの設置、さらには既存建物の一部を増改修し、在宅サービス施設や院内保育所などの整備を行い、すべての整備工事をことし9月には完了したいと考えております。
 次に、西山公園道の駅構想につきましては、現在、西山公園道の駅検討委員会で議論された基本計画に基づき、道の駅全体の基本設計を策定しております。平成24年度では、基本設計に基づき、市で整備予定の地域振興施設や緑化駐車場、緩衝緑地帯等について実施設計を策定してまいります。また、西山公園の東山には、あずまやを現在建築中であり、ことし夏の完成を目指すとともに、新年度では、パンダらんどに大型遊具を拡充、整備してまいります。
 次に、大谷公園につきましては、今年度の工事で、広場や園路等の主要な施設の整備を終了し、平成24年度は西側の法面を整備してまいります。
 次に、市営住宅の整備についてでありますが、平成20年に策定いたしました鯖江市地域住宅計画の基幹事業として、既存市営住宅の老朽化や社会情勢、入居者ニーズの変化などに対応するため、新年度において鉄筋コンクリート造3階建て、延べ床面積998平方メートル、戸数12戸の平井団地D棟の建設を予定しております。工事が順調に進みますと、来年3月には完成予定、4月に入居開始の計画となっております。
 次に、道路整備についてでありますが、県道福井今立線の戸口トンネルの工事につきましては、平成25年の完成に向け、昨年12月から本体工事に着手し、3月15日には鯖江側坑口で、安全祈願祭および起工式を予定しております。
 また、本町、桜町間の国道417号の歩道バリアフリー化と電線類の地中化工事につきましては、昨年10月に福井鉄道福武線の西鯖江北踏切付近の地中化工事に着手しており、年度内には踏切部分の工事を終える予定となっております。平成24年度は本町交差点から西側へ工事を進めてまいりますが、夜間通行どめによる迂回や片側交互通行などにより、市民の皆様には御不便をおかけしますが、御理解をいただきますようお願いいたします。
 次に、河川改修についてでありますが、浅水川下流部と鞍谷川、河和田川下流部につきましては、全面的に改修工事が進められ、所定の治水安全度が確保されてまいりました。
 また、河和田川上流部につきましても、平成19年度よりボトルネック解消事業に取り組み、狭隘箇所の四つの橋と二つの堰の改築を進めてきましたが、この3月には事業が完了する予定となっております。
 なお、浅水川など低水護岸の未整備箇所もまだ一部に残されておりますので、必要な整備が早期に実施されるよう、引き続き国や県に要望してまいります。
 また、日野川につきましては、さばえ菜花まつりや河川一斉清掃の実施など、市民総ぐるみの川守活動により、美しい景観の創出と美しい河川環境の維持に努めてまいりました。その一方で、近年の河川改修やダムの整備により、増水の発生頻度が減少したことなどの影響を受け、河川内に樹木が生い茂る状況が出てきております。
 本市では、平成22年から県と協力いたし、河川内の樹木の伐採や木の根の除去を進めてまいりましたが、平成24年度はこれをさらに発展させ、各地で取り組まれている砂礫河原再生の事例などを研究し、市民団体や県と連携し河川環境の維持向上に努めてまいります。
 次に、治水対策事業についてでありますが、鯖江市総合治水基本計画に位置づけた概ね10年を目途とする短期対策につきましては、順調に整備が進んでおります。
 まず、東部工業団地一帯の冠水解消についてでありますが、今年度、東工雨水ホンプ1基を増設し、排水能力が毎秒6.5トン、これまでの約2倍となりました。残る管渠整備でありますが、平成24年度におきまして、御幸神中一号・二号雨水幹線や日之出雨水幹線等を整備し冠水の解消に努めてまいります。
 また、日野川西部地区についてでありますが、この地区は神通川を初めとする準用河川が5本流れるなど、地形的にも内水対策が極めて重要な地域であります。当面、その対策として、新潟県を中心に成果を上げております田んぼダムを地区内に設置し、水田が有する本来の貯水機能を利用し、河川への負荷を軽減する取り組みを実施したいと考えております。
 平成24年度は、下野田町、熊田町、川去町の耕作者を初めとする地元関係者の皆様に、下流域の実情を御理解いただき、協力が得られるよう最善を尽くしてまいります。
 また、平成24年度、25年度にかけ立待排水機場整備を中心とする農村災害対策整備計画の策定を行うとともに、平成24年度には中河排水機場改修の全体計画策定を行い、25年度からの事業着手を目指します。災害から住民の生命や財産、生活を守るため、また、耕作放棄地の発生抑制や農村コミュニティ機能の回復に資するため、農業用施設等の洪水防止機能を十分に発揮させ、持続的な営農が行われる体制づくりも進めてまいります。
 次に、下水道事業についてでありますが、事業運営の健全化を図るため、将来の整備計画の見直しも余儀なくされている中、これまで、整備計画区域内未整備地区の皆様と、今後の整備について協議してまいりました。その結果、御無理なお願いの中、関係区民の皆様には苦渋の決断をしていただき、未整備となっております磯部町と戸口町の一部および中戸口町、上戸口町につきましては、合併処理浄化槽の設置促進により生活環境の改善と周辺環境の保全を図っていくことで御理解をいただき、感謝の極みでございます。今後、河和田地区の未整備区域につきましても、地元との協議を進め、御理解が得られるよう最善を尽くし、あわせて認可区域の変更手続を進めてまいりたいと考えております。
 次に、公共交通についてでありますが、つつじバスの利用状況につきましては、平成22年度のバスリニューアルにより1割増となった利用状況が継続しており、ことし1月末現在で、約15万6,000人、前年同期と比べ0.7パーセントの微増となっております。4月からは、現在の11路線71便に加え、水落町の旧北国街道を通り公立丹南病院とJR鯖江駅を結ぶ「歴史の道線」を新設し、12路線74便といたします。
 また、公立丹南病院の完成に先駆け、従来の中央線、吉川線の2路線に加え、神明線、片上・北中山線、立待線、歴史の道線の4路線を公立丹南病院まで延長するとともに、病院外構工事の完成に合わせて病院内にバス接近情報表示板を設置し、バス利用者および病院利用者に対し、より一層の利便性向上を図ってまいります。
 一方、福井鉄道福武線につきましては、現在、神明駅舎の改修が行われ、トイレの改修や駅舎からホームへの車いす用スロープの設置、待合室の空調設備などを整備しております。福井鉄道福武線の12月末現在の利用者数は、約132万人となっており、前年同期と比べ2.3パーセントの増加となっております。この神明駅舎改修等により、利用者の快適性と利便性の向上が図られ、さらに利用者がふえることを期待しております。
 次に、市では市民との情報共有化に向けて、広報さばえや市ホームページはもちろん、FacebookやUstreamなど多様な媒体を使い情報発信に努めております。平成24年度はUstreamとYouTubeの映像を、ホームページ上の番組表で紹介するインターネット放送局を開設いたします。既に、市が発信する市議会や定例記者会見、イベント等の情報はUstreamで配信しておりますが、市民の皆様にも積極的に参加をいただき、研修会やボランティア、NPO活動、保育所、幼稚園、小学校での発表会など、特色ある身近な情報を映像配信してまいります。
 また、平成24年度のIT推進フォーラムにつきましては、めがねを情報通信機器とする「電脳めがね」をテーマに開催いたします。電脳めがねを活用するアプリコンテストの開催や、めがね産地としての今後の取り組みなどを、電脳めがねサミットで大いに議論いただき、その模様を世界に発信してまいります。
 なお、ネットでの情報発信には、情報の適切な収集、管理など情報モラルの徹底が大変重要と考えておりますので、このIT推進フォーラムの席上で、情報モラル都市の宣言を行ってまいりたいと考えております。
 以上、平成24年度の当初予算案に掲げる主要な施策や事業を中心に概略を申し上げました。
 この結果、平成24年度の鯖江市の一般会計の予算額は、平成9年度に次ぐ過去2番目の規模の239億1,400万円となり、昨年に比べ8億3,600万円、率にして3.6%の増加となりました。増加の要因としましては、庁舎の耐震補強工事に5億円を計上したことや、市営住宅整備事業に2億1,500万円、また、10億2,543万円余の繰上償還をすることにより、公債費が昨年比、8億9,282万円余増加したことなどによるものでございます。
 これにより、平成24年度末の市債残高の見込みは、274億3,534万円余となり、臨時財政対策債を除く市債残高は、行財政構造改革プログラムの目標値を達成する見込みとなっております。同じく基金残高の見込みは、財政調整基金が20億1,120万円、減債基金が2億810万円と見込みました。
 今後も鯖江市が単独で持続可能な財政基盤を確立していくためには、職員定数の削減などによる経常経費の削減はもちろん、市債残高の増加を抑制するため、適宜、繰上償還を実施するなど、公債費の縮減に努めることが必要と考えております。
 また、国民健康保険事業特別会計を初めとする六つの特別会計および水道事業会計において所要額を見積り、一般会計と特別会計、水道事業会計を合わせた鯖江市全体の予算総額は413億3,510万円となり、前年に比べ12億30万円、3.0%の増加となりました。
 次に、平成23年度3月補正予算案について、その概要を申し上げます。
 まず、歳入では、景気の持ち直し等の影響により法人市民税が堅調に推移したことから、市税を3億円増額するとともに、地方交付税については、特別交付税1億5,000万円の増額を見込みました。
 次に、歳出については、市債残高抑制のため、新年度で10億2,543万円余の繰上償還を予定していることから、減債基金積立金に6億790万円を補正計上し、償還財源といたしました。その他、決算見込みによる事業費の増減を中心に計上したものでございます。
 今回の一般会計の補正予算額は5億円となり、平成23年度の一般会計の予算総額は、254億5,900万円となりました。
 なお、平成23年度末の財政調整基金の残高見込みは21億770万円、減債基金の残高見込みは9億7,200万円となり、行財政構造改革プログラムの目標額を確保する見込みとなりました。
 また、特別会計では、国民健康保険事業特別会計を初め、後期高齢者医療特別会計、介護保険事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、および下水道事業特別会計においても決算見込み等により必要な事業費の増減の補正予算を計上いたしました。
 この結果、特別会計等を含めた3月補正後の鯖江市全体の予算総額は427億7,820万円となり、昨年同期と比べ7億460万円、1.7%の増加となりました。
 次に、議案第15号 鯖江市福祉のまちづくり審議会設置条例の制定については、地域福祉計画および障がい者計画に基づく各種施策に対し、評価、点検等を行うため、福祉のまちづくり審議会を設置するものでございます。
 次に、議案第18号 鯖江市介護保険条例の一部改正についてでありますが、高齢化の進展に伴う要介護認定者の自然増や介護報酬改定等に伴い、第5期の介護保険料を現行の基準月額4,200円から600円値上げし、月額4,800円とする条例改正をお願いするものであります。
 その他の議案につきましては、それぞれの理由に基づき御提案をいたしました。
 以上、私の施政に対する所信の一端と今回御提案いたしました議案につきまして申し上げました。何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第31.議案第9号から議案第14号までの6件に対する質疑
○議長(平岡忠昭君) 日程第31、議案第9号から議案第14号までの6件に対する質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより、議案の付託を行います。
 ただいま議題となっております議案第9号から議案第14号までの6件については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、各常任委員会に付託いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま各常任委員会に付託いたしました議案については、会議規則第44条第1項の規定により、本日午後2時30分までに審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第9号から議案第14号までの6件については、本日午後2時30分までに審査を終えるよう期限をつけることに決しました。
 本会議再開は、午後4時ごろを予定しております。
 また、あらかじめ時間の延長をいたしておきます。
 それでは、各常任委員会で付託議案の審査をお願いいたします。
 休憩いたします。
              休憩 午前10時59分
              再開 午後4時06分
○議長(平岡忠昭君) 再開いたします。
 御報告いたします。19番、玉邑哲雄君と杉森都市整備部次長より、都合により欠席の届け出が出ております。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第32.議案第9号から議案第14号までの審査結果
○議長(平岡忠昭君) 日程第32、議案第9号から議案第14号までの6件の審査結果について、各常任委員長の報告を求めます。
 最初に、総務委員長の報告を求めます。
 総務委員長 林 太樹君。
            〇総務委員長(林太樹君)登壇
◎総務委員長(林太樹君) 本日、総務委員会に付託を受けました議案1件につきまして、審査の概要ならびに結果について、御報告申し上げます。
 議案第9号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第7号)中、第1表歳入歳出予算補正、(歳入)全般、(歳出)款2総務費(交通対策費を除く)、款9消防費、款11災害復旧費、款12公債費、第2表繰越明許費、第3表地方債補正についてでありますが、歳入で、法人市民税で2億5,200万円、個人市民税で3,000万円、また、特別交付税で1億5,000万円が大きく増額されているが、その理由はとの質疑があり、昨年は、景気の後退等により法人税などが減るのではないかと見込まれたため、当初予算で法人税を約5億円弱、年度末では7億5,000万円を見込めるようになったため、法人税で2億5,200万円、個人市民税で3,000万円の増額をお願いしたい。また、特別交付税については、東日本大震災の影響により、例年より減額となることも想定されましたが、その分は、国が特別枠で対応することで、例年並みの交付税を見込めることとなったので、増額するものであるとの答弁がありました。
 次に、歳出では、嚮陽会館費の管理運営費の100万円について、市や減免団体の使用により、指定管理料1,300万円よりも200万円多く、その2分の1を補てんするとの説明に対し、これは、昨年度も3月に補正していると思うが、この減免団体の使用基準の見直しや、市で使用する場合には、1週間も仮押さえをしているという事例も聞くが、指導はされていないのかとの質疑があり、これに対し、指定管理者と使用状況や予定なども含め、月に1回は協議を行っている。また、市のほうで使用する場合は、準備、片付けなども含め、効率的な使用を行うよう指導しているとの答弁がありました。また、昨年度の使用料の減免額は、また、そのうち減免団体が使用した額はとの質疑に対し、平成22年度、減免した使用料は約1,700万円、このうち減免団体の使用した分は約430万円であったとの答弁でありました。
 次に、職員手当の退職手当費について質疑があり、定年退職者14人に対し、早期退職者の8人分の退職手当を補正するものとの説明であるが、その理由はとの質疑に対し、家族の介護や病気、家業の手伝いなどさまざまであるとの答弁でありました。また、毎年、早期退職者が出るが、この職員分の補充はきちんと補充されているのか、それとも臨時職員での対応としているのかとの質疑に対し、採用までに退職がわかっていれば、あらかじめ、その分を勘案して採用を見込めるが、それ以外については効率的な人員配置などで対応しているとの答弁でありました。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第9号については、全員の賛成をもって原案のとおり可決するべきものと決しました。
 以上で総務委員会の報告を終わります。
○議長(平岡忠昭君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。
 産業建設委員長 佐々木勝久君。
           〇産業建設委員長(佐々木勝久君)登壇
◎産業建設委員長(佐々木勝久君) 産業建設委員会に付託を受けました議案3件につき、審査の主な概要ならびに結果について、御報告申し上げます。
 最初に、議案第9号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算中、第1表 歳入歳出予算補正歳出、款2総務費(交通対策費)、款4衛生費(環境衛生費、合併処理浄化槽費、清掃総務費)、款6農林水産業費、款7商工費、款8土木費および第2表繰越明許費、についてでございますが、まず、款2総務費の交通対策費について、福井鉄道の路線バスの運行維持のための支援について、すべての路線の赤字を補てんするのかとの質疑があり、元の鯖浦線跡を運行する全長17.8キロ中、鯖江市を通っている路線3.6キロ分を案分して負担しており、国と県もそれぞれ負担しているとの答弁がありました。
 次に、款6農林水産業費の農地費について、田んぼダム推進事業について、洪水被害の軽減が目的とのことだが、被害が発生しやすい場所を選定したということかとの質疑があり、この事業は上流で水をため下流への流出時間を抑えることで河川への負荷を減らすことが目的であることと、市内の準用河川が平地に与える影響を見たいということから、今回、効果的なこの場所を選定したものであるとの答弁がありました。また、個々の田んぼに品種や農法の違いがあるが、越水による隣田への影響等はないのかとの質疑があり、これに対して、耕作者や地権者の方々の御理解、御協力を得た上で行う事業なので、調整板の取り外しなどの管理も自己責任でお任せしており、決して市が強制するものではないとの答弁がございました。
 次に、議案第13号 平成23年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算および議案第14号 平成23年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算については、理事者の説明を了とし、特段申し上げるべき質疑はございませんでした。
 以上のような経過を踏まえ採決いたしました結果、議案第9号、議案第13号、議案第14号は、いずれも全員の賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、産業建設委員会の報告を終わります。
○議長(平岡忠昭君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。
 教育民生委員長 帰山明朗君。
           〇教育民生委員長(帰山明朗君)登壇
◎教育民生委員長(帰山明朗君) 教育民生委員会に付託を受けました議案4件につきまして、本日行いました審査の主な概要および結果につきまして御報告を申し上げます。
 議案第9号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第7号)中、第1表歳入歳出予算補正、歳出、款3民生費、款4衛生費、款10教育費、第2表繰越明許費について、主な質疑と結果につきまして御報告をいたします。
 まず、民生費の生活保護扶助費についてでありますが、これは、医療扶助が当初見込んでいた額よりも少なくなる見込みであるとの説明が理事者からなされました。これに対しまして、委員からは、今回の減額は、どのような理由で減額するものかとの質疑がなされまして、国民健康保険加入者が生活保護となった場合に国民健康保険が適用の除外となり、10割が生活保護費で扶助することになり、その医療費の動向が保護費全体に大きく影響を与える。今回の減額は、入院していた方が早めに退院されたことによりまして、医療費が見込んでいた額よりも少ない額となったことが大きな理由であるとの理事者からの答弁がなされました。
 それに関連いたしまして、委員からは、生活保護制度は基本的人権を守るという趣旨から、生活保護法のもとで全国統一の取り扱いであるとのことであるが、大都市と鯖江市では環境が異なっているのであるから、生活保護の審査は厳正にすることを旨とすべきではあるが、高齢者、そしてまた疾患のある方など本当に困窮されている方については、鯖江市の環境に合った生活保護の取り扱いをしてもらうように検討を求めたいとの意見が委員から出されました。
 次に、教育費の体育施設整備費についてであります。これは、12月補正で計上した総合体育館の消防設備改修工事が今年度、国の補助事業採択が受けられなかったことによる減額であるとの説明が理事者よりなされました。
 これに対しまして、委員からは、今年度、事業採択に至らなかった理由はとの質疑に対しまして、国土交通省の補助において余剰分が出るとの情報があったために、当初は、この事業を次年度、24年度の事業とする予定ではあったが、屋内消防設備配管漏水などの工事があるため、少しでも早く改修工事を行いたいとの理由から12月補正で計上したものである、しかしながら、事業採択の内示が出なかったものであると理事者から答弁がなされました。
 これに対しまして、委員からは、補正予算計上の見通しが甘いのではないか、補助事業に係る補正予算計上は、国の見通しがある程度見込めてから計上すべきであり、今後は慎重に行っていってほしいとの意見が出されました。
 また、この関連といたしまして、屋内消防設備の配管が漏水しているということであるが、現時点で万が一にも火災が発生した場合、消火活動に影響は出ないのかとの質疑に対しまして、漏水の量は微量であり、消火活動には影響がないと理事者から答弁がなされました。
 次に、議案第10号 平成23年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、
議案第11号 平成23年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、および議案第12号 平成23年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)、以上につきましては、理事者の説明を了といたしまして、特段申し上げるべき質疑はございませんでした。
 以上のような経過を踏まえまして採決を行いました結果、議案第9号、議案第10号、議案第11号および議案第12号は、いずれも委員全員の賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、教育民生委員会の報告といたします。
○議長(平岡忠昭君) ただいまの各常任委員長の報告に対し質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 最初に、議案第9号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第7号)を採決いたします。
 本案に対する各常任委員長の報告は、いずれも可決であります。
 各委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第10号 平成23年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第11号 平成23年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第12号 平成23年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第13号 平成23年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第14号 平成23年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は3月5日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。
 皆さん、御苦労さまでございました。
               散会 午後4時25分