議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成23年 7月第383回臨時会−07月28日-02号




平成23年 7月第383回臨時会

             第383回鯖江市議会臨時会会議録
   …………………………………………………………………………………………
         平成23年7月28日(木曜日)午後2時00分開議
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(20人)              1番  福 原 敏 弘
                          2番  佐々木 一 弥
                          3番  山 本 敏 雄
                          4番  佐々木 勝 久
                          5番  帰 山 明 朗
                          6番  林   太 樹
                          7番  小 竹 法 夫
                          8番  遠 藤   隆
                          9番  石 川   修
                          10番  奥 村 義 則
                          11番  高 田 義 紀
                          12番  丹 尾 廣 樹
                          13番  木 村 愛 子
                          14番  平 岡 忠 昭
                          15番  末 本 幸 夫
                          16番  山 崎 文 男
                          17番  水 津 達 夫
                          18番  蓑 輪   昇
                          19番  玉 邑 哲 雄
                          20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          藤 原 宣 章
                 総務部長         千 秋 冨 秀
                 政策経営部長       宇 野 徳 行
                 健康福祉部長       藤 井 勇 二
                 産業環境部長       辻 本   正
                 都市整備部長       田 中 憲 男
                 会計管理者        加 藤 政十司
                 教育委員会事務部長    酒 井   誠
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務部危機管理監     佐々木 繁 樹
                 総務部次長        青 柳 敬 子
                 総務課長         伊 部 雅 俊
                 秘書広報課長       斉 藤 幸 治
                 企画財政課長       加 藤 泰 雄
                 健康福祉部次長      友 兼 由紀子
                 社会福祉課長       東 井 忠 義
                 産業環境部次長      水 島 秀 夫
                 商工政策課長       中 村 修 一
                 都市整備部次長      杉 森 惣 市
                 道路河川課長       三 谷   清
                 教育政策課長       辻 川 哲 也
                 監査委員事務局長     窪 田 育 男
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       有 澤 一 之
                 議会事務局次長      五十嵐   彰
                 議会事務局参事      山 口 達 哉
                 議会事務局次長補佐    笠 嶋 忠 輝
                 議会事務局主査      橋 本 由美子
   …………………………………………………………………………………………
               開議 午後2時00分
○議長(平岡忠昭君) それでは、これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
 あらかじめ時間の延長をしておきます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.議案第36号の審査結果
○議長(平岡忠昭君) 日程第1、議案第36号の審査結果を行います。
 昨日、所管の常任委員会に付託いたしました議案第36号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)についてを議題とし、各常任委員長から委員会の審査結果について報告を求めます。
 最初に、総務委員長の報告を求めます。
 総務委員長 林 太樹君。
             〇総務委員長(林太樹君)登壇
◎総務委員長(林太樹君) 総務委員会に付託を受けました議案第36号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)中、第1表歳入歳出予算補正、歳入全般、歳出、款2総務費、第2表、地方債補正につきまして、審査の主な概要ならびに結果について御報告申し上げます。
 理事者から、緊急雇用創出事業臨時特例交付金を活用した鯖江市災害時サポートガイドブック作成業務委託や、防災ラジオシステムモニタリング業務委託、あわせて市役所本館が耐震診断E判定、別館がC判定となっているので、先日のような東北大震災などが起こった場合、本館において崩壊するおそれがあるので、庁舎の耐震補強計画を策定するための業務委託を行いたいとの説明を受けました。
 これに対し、災害時サポートガイドブック作成の委託内容はとの質疑があり、災害に応じて避難をするときの判断指針、避難をするルートマップ、安全な避難場所を示した逃げどころマップ、市民が災害情報を入手するツールの使用解説、各種災害の基礎資料などを掲載した災害時サポートガイドブックを作成することと、災害時には市内小・中学校や公民館など、86カ所の公共施設を避難所として使うことになっているが、これらの避難所としての管理運営マニュアルを作成するものであるとの答弁がありました。
 また、防災ラジオについては、電波の出力が弱いので作動しないのではないのか、この出力を上げることで対応できるのではないかとの質疑に対し、コミュニティーFMラジオの出力は国の基準で20ワットまでと決まっており、この出力を変更することはできない。今年2月中旬から3月中旬にかけて配備した防災ラジオは、すべて現地で受信状態を確認し、配備したものであるが、その後一部の防災ラジオに受信障害が見受けられるので、今回すべての防災ラジオを新しい改良型のラジオに交換することになっている。今後、防災ラジオをより活用できるよう、電波の届く範囲や家屋内の設置場所などのモニタリング調査を行い、防災ラジオの機能強化を図りたいとの答弁でありました。
 また、市庁舎の耐震補強については防災の拠点となる建物であるので、耐震補強をすることで使い勝手が悪くなったり、経費の面までしっかりと精査した上で業務委託をするようにとの意見が出されました。
 以上のような経過を踏まえ採決いたしました結果、議案第36号は、全員の賛成をもって、原案のとおり可決するものと決しました。
 以上で総務委員会の報告を終わります。
○議長(平岡忠昭君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。
 産業建設委員長 佐々木勝久君。
           〇産業建設委員長(佐々木勝久君)登壇
◎産業建設委員長(佐々木勝久君) 産業建設委員会に付託を受けました議案1件につきまして、本日行った審査の主な概要ならびに結果について御報告を申し上げます。
 議案第36号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)中、第1表歳入歳出予算補正、歳出、款6農林水産業費、款7商工費、款8土木費、款11災害復旧費についてでございますが、まず、款6農林水産業費、有害鳥獣駆除事業費について、最近は農村部だけではなく都市部の被害もふえているようなので、空き家などの点検も必要ではないか、また、県へ広域的な対策を強く要望すべきではとの質疑があり、これに対しまして、ことしに入り被害が増大し、苦情に対応し切れていない状況だが、各地区区長の被害の報告を依頼しているほか、市内全域の神社仏閣などの生育調査を行い、対策につなげていきたい。また、今後は有害鳥獣のえさとなる生ごみや畑の野菜の取り残しの処分の徹底も指導していきたいとの答弁がありました。
 また、広域的な鳥獣害対策の強化については、平成24年度重要要望の重要事項について県に要望しており、より一層の対策強化に努めていきたいとの答弁がございました。
 次に、款7商工費、地域産業振興事業費について、単発的な事業ではなく、通常的に人が集まる仕掛けや工夫が必要ではないかとの質疑があり、これに対して、9月3日、4日に河和田地区で実施する「うるしの里中道通りアートプロジェクト事業」にあわせて、今回県産材を使用して作成するあんどんや看板もその一環と考えており、この看板などを継続して使用していただき、地域のイメージアップや観光の振興にもつなげていきたい。また、実行委員の地元の皆さんからも、ふだんからのおもてなしを継続していきたいとの声があり、行政としてもサポートしていきたいとの答弁がございました。
 次に、款8土木費、道路除雪費について市道の除雪を行う企業に対し、除雪車の購入費を補助するということだが、狭い道路でも除雪できるよう小型の除雪車も補助対象になるのかとの質疑があり、これに対しまして、生活道路の除雪にも対応できるよう、補助制度においては除雪企業が申請してくる除雪車が小型のものであっても、補助対象としているとの答弁がございました。
 次に、款11災害復旧費、都市施設災害復旧事業費について大雨により樹木が倒れて破損したフェンスを補修するということだが、関連で、公園などの樹木や街路樹の剪定にはお金もかかり、樹木が大きくなると見通しが悪くなるだけではなく、側溝や歩道などが傷むことから、間引きなどしてはどうかとの質疑があり、これに対して、今回暴風により倒れた樹木は伐採して処分をした。また、日ごろから目視による巡回を行い、倒木のおそれがある不健康で危険な樹木などについては、速やかに伐採、処分しており、結果的には間引きをしているとの答弁がございました。
 以上のような経過を踏まえ採決いたしました結果、議案第36号は、いずれも全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、産業建設委員会の報告を終わります。
○議長(平岡忠昭君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。
 教育民生委員長 帰山明朗君。
           〇教育民生委員長(帰山明朗君)登壇
◎教育民生委員長(帰山明朗君) 教育民生委員会に付託を受けました議案1件につきまして、本日行いました審査の主な概要および結果について、次のとおり御報告申し上げます。
 議案第36号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)中、第1表歳入歳出予算補正、歳出、款11災害復旧費(厚生労働施設災害復旧費)について、主な質疑と結果について御報告いたします。
 この厚生労働施設災害復旧費につきましては、5月29日の暴風雨のため、神明保育所内の木が倒れ、フジ棚や倉庫などが損壊したことに伴う倒木の撤去および損壊物の改修工事費用であるとの説明がありました。
 これに対しまして、それ以外の市内の保育各施設において、倒木しないかどうか、樹木の検査を行っているのかとの質疑に対しまして、各保育所、児童センターにおいては、所長や館長とも協議をし、剪定が必要なものがあれば毎年行っているとの答弁でありました。
 それに対しまして、近年は風雨が強大化する傾向があり、老木や倒木しそうな樹木については、しっかりとした管理を行っていただきたいとの意見が出されました。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第36号は、全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、教育民生委員会の報告といたします。
○議長(平岡忠昭君) ただいまの各常任委員長の報告に対し、質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議案第36号 平成23年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本案に対する各常任委員長の報告はいずれも可決であります。
 各委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(平岡忠昭君) 起立全員であります。
 よって、議案第36号は、原案のとおり可決されました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.議案第37号 鯖江市監査委員の選任について
○議長(平岡忠昭君) 日程第2、議案第37号 鯖江市監査委員の選任についてを議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により、16番 山崎文男君の退場を求めます。
               (山崎文男君 退場)
○議長(平岡忠昭君) 理事者からの提案理由の説明を求めます。
 牧野市長。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 議案第37号 鯖江市監査委員の選任について御説明申し上げます。
 監査委員の佐々木敏幸氏は、平成23年7月14日をもって任期満了となりましたので、その後任として山崎文男氏を選任いたしたいと存じます。山崎氏は、人格、識見ともにすぐれた方であり、最も適任と考えますので、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。
○議長(平岡忠昭君) ただいまの説明に対して質疑はありませんか。
               (発言する者なし)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第37号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第37号は、委員会の付託を省略することに決しました。
 討論はありませんか。
               (発言する者なし)
○議長(平岡忠昭君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議案第37号 鯖江市監査委員の選任については、同意することに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(平岡忠昭君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第37号は、同意することに決しました。
 山崎文男君の入場を許可いたします。
               (山崎文男君 入場)
○議長(平岡忠昭君) 以上で今期臨時会に付議されました事件はすべて議了いたしました。
 これをもちまして第383回鯖江市議会臨時会を閉会いたします。
 御苦労さまでした。
               閉会 午後2時18分