議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成22年 7月第378回臨時会−07月22日-01号




平成22年 7月第378回臨時会

           第378回鯖江市議会臨時会会期日程

        会期 平成22年7月22日(木)開会 1日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │      │ │   │                       │
 │      │ │   │本会議                    │
 │7月22日 │木│10時│・議案第45号 平成22年度鯖江市一般会計補正│
 │      │ │   │予算(第2号)                │
 │      │ │   │                       │
 │      │ │   │・常任委員会委員の選任            │
 │      │ │   │・議会運営委員会委員の選任          │
 │      │ │   │                       │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘


              議 案 審 議 結 果 一 覧

                           市長提出 (7月22日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│第45号 │平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第2号) │総務・産建│可 決 │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘


           第378回鯖江市議会臨時会会議録
   …………………………………………………………………………………………
       平成22年7月22日(木曜日)午前10時01分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(19人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         19番  玉 邑 哲 雄
                         20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)

   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          藤 原 宣 章
                 総務部長         千 秋 冨 秀
                 政策経営部長       山 本 信 英
                 健康福祉部長       藤 井 勇 二
                 産業環境部長       竹 内 秀 博
                 都市整備部長       田 中 憲 男
                 会計管理者        加 藤 政十司
                 教育委員会事務部長    宇 野 徳 行
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         酒 井   誠
                 秘書広報課長       牧 田 泰 一
                 総務部危機管理監     佐々木   博
                 政策推進課長       佐々木 繁 樹
                 財政課長         伊 部 雅 俊
                 社会福祉課長       東 井 忠 義
                 商工政策課長       中 村 修 一
                 都市整備部次長      杉 森 惣 市
                 道路河川課長       勝 木 勘 充
                 教育政策課長       辻 川 哲 也
                 監査委員事務局長     有 澤 一 之
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       伊 部 孝 幸
                 議会事務局次長      窪 田 育 男
                 議会事務局参事      五十嵐   彰
                 議会事務局次長補佐    山 口 達 哉
                 議会事務局次長補佐    丸 田 美智代
   …………………………………………………………………………………………



               開会 午前10時01分
○議長(山崎文男君) ただいまから第378回鯖江市議会臨時会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(山崎文男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本臨時会の会議録署名議員に、9番 平岡忠昭君、10番 丹尾廣樹君、12番 木村愛子君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(山崎文男君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長から報告を求めます。
 議会運営委員長 平岡忠昭君。
           〇議会運営委員長(平岡忠昭君)登壇
◎議会運営委員長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、第378回臨時会の運営につきまして、去る6月28日および7月12日に開催いたしました議会運営委員会における審査の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期臨時会に付議されます案件は、議案1件と、任期満了となります常任委員会委員および議会運営委員会委員の選任であります。
 これらの案件の審議に要する日程でありますが、市長の議案に対する提案理由の説明、議案に対する質疑応答の後、所管の委員会に付託し、委員長の審査結果報告を受け、質疑、討論の上、採決を行うことといたし、その後、常任委員会委員および議会運営委員会委員の選任の案件を審議することといたします。
 また、本臨時会の会期は、本日1日間とすることで意見の一致をみた次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、御報告といたします。
○議長(山崎文男君) お諮りをいたします。
 本臨時会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日1日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日1日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.議案第45号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第2号)について
○議長(山崎文男君) 日程第3、議案第45号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 牧野市長。
             〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第378回鯖江市議会臨時会に御提案いたしました議案につきまして御説明を申し上げます。
 初めに、提案理由を申し上げます前に、去る7月11日に行われました参議院議員通常選挙につきましては、昨年の政権交代以降、初の本格的な国政選挙ということで、その結果を注目いたしておりましたが、福井県選挙区におきましては、現職の山崎正昭氏が再選を果たされました。今後も引き続き、本県発展のため大いに御活躍されることを御祈念申し上げます。
 さて、今回の選挙におきましては、与党が過半数を得ることができず、国政に再びねじれ現象が生じることとなりました。このため、今後の政権の枠組みにもよりますが、国会運営が停滞することも懸念され、とりわけ昨年の政権交代により飛躍的に進むものと期待されている地域主権国家実現への道筋につきましては、なお注意深く国の動向を見きわめてまいりたいと思います。
 それでは、今回御提案いたしました議案につきまして御説明を申し上げます。
 議案第45号 平成22年度一般会計補正予算についてでございますが、地域経済を取り巻く状況は相変わらず厳しいものがあり、本年度の市政運営にあたりましては、直面する経済雇用情勢に手厚い対策を講じ、国の緊急雇用対策事業などの積極的活用を図り、厳しい社会情勢に対し、きめ細やかな配慮に努めているところでございます。
 このたび、県の補助金・交付金を受けるめどがたちましたことから、6月議会において補正予算をお認めいただいてから間がありませんが、時期を失することなく対応することとし、臨時議会を招集させていただいた次第でございます。
 それでは、今回の補正予算について、その概要を申し上げます。
 まず、県のふるさと雇用再生特別基金事業を活用し、空き缶などのポイ捨て防止啓発のための資源ふるさと循環のまちさばえ推進事業に680万円を、イノシシなどの獣害対策山ぎわ森林整備・保全推進事業に4,100万円を、西山公園のつつじ植栽や日野川河川敷の樹木伐採などを中心とするふるさと景観推進事業に2,700万円を計上しました。これにより、あわせて26名の雇用を創出したいと考えております。
 次に、県単土地改良事業費補助金の追加により、用水路の水門や揚水ポンプの改修を初めとする土地改良事業費に4,400万円を追加計上いたしました。
 これらの結果、一般会計の補正額は1億1,880万円となり、補正後の予算総額は227億6,950万円となり、昨年の6月補正後と比較して0.2%の減少となっております。
 以上、提出議案の概要等について申し上げました。
 何とぞ慎重に御審議くださいまして、妥当な御決議をいただきますようお願いを申し上げます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.議案第45号に対する質疑
○議長(山崎文男君) 日程第4、議案第45号に対する質疑はありませんか。
               (発言する者なし)
○議長(山崎文男君) ないようでありますので質疑を終結いたします。
 これより議案の付託を行います。
 ただいま議題となっております議案第45号については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、総務委員会および産業建設委員会に付託をいたします。
 お諮りをいたします。
 ただいま総務委員会および産業建設委員会に付託いたしました議案第45号については、会議規則第44条第1項の規定により、本日正午までに審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第45号については、本日正午までに審査を終えるよう期限をつけることに決しました。
 本会議再開は午後2時を予定いたしております。また、あらかじめ時間の延長をしておきます。
 それでは、総務委員会および産業建設委員会で付託議案の審査をお願いいたします。
 休憩いたします。
               休憩 午前10時09分
               再開 午後 2時01分
○議長(山崎文男君) 再開をいたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.議案第45号の審査結果
○議長(山崎文男君) 日程第5、議案第45号の審査結果について、総務委員長および産業建設委員長の報告を求めます。
 最初に、総務委員長の報告を求めます。
 総務委員長 加藤拓雄君。
            〇総務委員長(加藤拓雄君)登壇
◎総務委員長(加藤拓雄君) それでは、総務委員会に付託を受けました議案第45号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第2号)中、第1表、歳入歳出予算補正、歳入全般、第2表、地方債補正につきまして、審査の主な概要ならびに結果について御報告申し上げます。
 理事者から、今回の歳入の補正予算の内容は、県のふるさと雇用再生特別基金事業を活用した資源ふるさと循環のまちさばえ推進事業などの3事業に対するもので、県交付金として100%交付されたものである。また、土地改良事業の追加計上に対する財源として、地元負担金、県補助金、地方債等を計上したものであるとの説明があり、土地改良事業に対する地元負担金の割合は何か決まりがあるのかとの質疑に対して、負担割合については一律ではなく、事業内容や受益面積によって細かい賦課基準が定められているとの答弁がありました。
 また、ふるさと雇用再生特別基金事業により一時雇用された人については、継続性やいかにして新たな職に結びつけるかなど、その後のことについてしっかり考えていく必要があるとの意見がありました。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第45号は、全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、総務委員会の報告を終わります。
○議長(山崎文男君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。
 産業建設委員長 丹尾廣樹君。
           〇産業建設委員長(丹尾廣樹君)登壇
◎産業建設委員長(丹尾廣樹君) 産業建設委員会に付託を受けました議案1件つき、審査の主な内容ならびに結果について御報告を申し上げます。
 議案第45号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第2号)中、第1表、歳入歳出予算補正、歳出全般についてでございますが、まず、款4衛生費の清掃業務諸経費について、資源ふるさと循環のまちさばえ推進事業として、河川などへの空き缶のポイ捨て対策として、不法投棄の現状調査、回収を行うということだが、このようなごみの収集や運搬などに係る市の負担がかなりふえていると思う。今後は、製造メーカーなどに相応の負担を求めることも必要なのではないかとの質疑があり、これに対し、今回の不法投棄の現状調査、回収の中で、メーカーなどが設置した自動販売機に空き缶入れが備えつけてあるかも調査し、メーカー負担での回収が行われているかも確認したいと考えている。確かに、ごみ収集や運搬については、市の負担が大きくなっているのも事実であり、今後、市長会などを通じて、他自治体とともに、メーカー側に何らかの形で経費負担をしてもらうことなどを要望していきたいとの答弁がありました。
 次に、款6農林水産業費の鳥獣害のない里づくり推進事業費について、イノシシなどによる被害防止のため、今回、新町、西大井町、沢町、尾花町の合計約7キロメートルの山際に緩衝帯を設置するということだが、これまでにも緩衝帯の設置など鳥獣害対策をとってきたが、その効果はとの質疑があり、これに対して、市の西側に当たる和田町や石生谷町などは昨年度から実施しているが、出没を食いとめる効果があり、地元からの評判はよいとの答弁がありました。
 これを受けて、この事業は来年までのようだが、緩衝帯を設置した後の維持管理などはどのようになるのかとの質疑があり、これに対して、緩衝帯設置後の維持管理については地元でお願いすることにしており、設置する際に、その由の同意書を交わしているとの答弁がありました。
 次に、款8土木費の環境美化推進事業費について、西山公園の景観保全とイメージアップのためのつつじの増・補植と、日野川河川内の樹木を伐採して、それを公園の防草用チップや土壌の改良などに利用するということだが、日野川河川内の樹木伐採については、これまでにも野鳥の生息環境を守りたいということで、難しい面があったかと思うが、その点について問題はないかとの質疑があり、これに対して、以前に伐採箇所や残すべき箇所などについて、野鳥の会と現地で立ち会い、了解をいただいているとの答弁がありました。
 また、チップを活用した西山公園のつつじの土壌改良についてはどのようにするのかとの質疑があり、これに対して、現在、つつじの根元まで人が入るようになっているため、つつじの根元付近の地盤は固く踏み固められてしまっていて、つつじの生育に負担がかかるようになってしまっている。そこで、根元付近の土にこのチップを混ぜることでやわらかくし、土壌の改良ができないかとの検討も、この事業の中で実験してみたい。また、別途事業にて、園路両脇にロープを張り、直接つつじの根元付近には近寄れないようにして、つつじを守りたいと考えているとの答弁がありました。
 これを受けて、西山公園につつじ3,500株を植栽し、つつじ5万株を目指すということだが、今後のPRの方針はとの質疑があり、これに対して、今後も県内外につつじの西山公園としてさらにPRしていくのはもちろんだが、今回は特に、市民とともに西山公園を守り育てていきたいという思いから、市民に募集をかけて、市民の手により、つつじの植栽を行っていただき、ふるさとの自慢の景観にあふれた公園にしたいと考えているとの答弁がありました。
 以上のような経過を踏まえ、採決をいたしました結果、議案第45号は全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で産業建設委員会の報告を終わります。
○議長(山崎文男君) ただいまの総務委員長、産業建設委員長の報告に対し、質疑はありませんか。
               (発言する者なし)
○議長(山崎文男君) ないようでございますので質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
               (発言する者なし)
○議長(山崎文男君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決をいたします。
 議案第45号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する総務委員長および産業建設委員長の報告はいずれも可決であります。各委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(山崎文男君) 起立全員であります。
 よって、議案第45号は、原案のとおり可決されました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第6.常任委員会委員の選任
△日程第7.議会運営委員会委員の選任
○議長(山崎文男君) 日程第6、常任委員会委員の選任および日程第7、議会運営委員会委員の選任を一括して行います。
 お諮りをいたします。
 議会運営委員会については、委員会の性格上、地方自治法第109条の2第5項の規定により、閉会中も継続して調査および審査することにいたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、議会運営委員会は、閉会中も継続して調査および審査することに決しました。
 各委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。
 お諮りをいたします。
 各委員会の委員の選任については、議長において指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、委員会委員の選任は、議長において指名することに決しました。
 各委員会委員選考のため休憩をいたします。
               休憩 午後2時12分
               再開 午後3時30分
○議長(山崎文男君) 再開いたします。
 休憩中に各委員会委員の選考をいたしましたので、事務局から発表いたします。
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 各委員会委員の氏名を申し上げます。
 総務委員会6名でございます。
 4番 奥村義則君、5番 佐々木勝久君、9番 平岡忠昭君、13番 佐々木敏幸君、15番 山崎文男君、16番 水津達夫君。
 以上でございます。
 次に、産業建設委員会委員6名でございます。
 3番 石川 修君、6番 遠藤 隆君、12番 木村愛子君、17番 末本幸夫君、18番 蓑輪 昇君、20番 菅原義信君。
 以上でございます。
 次に、教育民生委員会委員7名でございます。
 1番 高田義紀君、2番 帰山明朗君、7番 小竹法夫君、8番 海野宣彦君、10番 丹尾廣樹君、14番 加藤拓雄君、19番 玉邑哲雄君。
 以上でございます。
 次に、議会運営委員会委員7名でございます。
 2番 帰山明朗君、6番 遠藤 隆君、9番 平岡忠昭君、10番 丹尾廣樹君、16番 水津達夫君、18番 蓑輪 昇君、19番 玉邑哲雄君。
 以上でございます。
○議長(山崎文男君) ただいま発表いたしましたとおり指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名した諸君を各委員会委員に選任することに決しました。
 ただいま構成されました各委員会の正副委員長互選のため休憩をいたします。
               休憩 午後3時33分
               再開 午後4時10分
○議長(山崎文男君) 再開いたします。
 休憩中に各委員会が開かれ、正副委員長が互選されましたので、その氏名を申し上げます。
 総務委員会委員長、9番 平岡忠昭君、副委員長、5番 佐々木勝久君。
 産業建設委員会委員長、12番 木村愛子君、副委員長、3番 石川 修君。
 教育民生委員会委員長、7番 小竹法夫君、副委員長、8番 海野宣彦君。
 議会運営委員会委員長、16番 水津達夫君、副委員長、2番 帰山明朗君。
 以上であります。
 ここで、市長から発言を求められておりますので、これを許可いたします。
 牧野市長。
             〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 本日、臨時会におきまして、新しい議会の組織につきまして滞りなく御決定をいただきましたこと、深く感謝を申し上げます。
 ただいま常任委員会および議会運営委員会におきまして、それぞれ正副委員長に選任されました総務委員会委員長 平岡忠昭議員、同副委員長 佐々木勝久議員、産業建設委員会委員長 木村愛子議員、同副委員長 石川 修議員、教育民生委員会委員長 小竹法夫議員、同副委員長 海野宣彦議員、議会運営委員会委員長 水津達夫議員、同副委員長 帰山明朗議員、皆様には、御就任に対し、心からお喜びを申し上げます。
 さて、今日の地方自治体を取り巻く情勢は、先行きの不透明な経済状況に加え、参議院議員通常選挙後の不安定な政治状況も重なりまして、地域主権国家の実現という大きな課題を抱える地方にとりましては、まさに正念場を迎えたと言えます。
 本市では、ことし4月から第5次鯖江市総合計画を施行し、自信と誇りの持てる自主自立のまちの創造に向けてスタートを切ったところでございます。今後は、ますます市民の皆様との情報の共有を図り、市民の皆様の参加と協働をいただく中で、市民の目線、生活者の視点に立った施策の展開が重要であります。
 また、議会の皆様と私が、ともに市政を担う者としてその職責を全うし、市政の舵取りをしていくことが大切であると考えております。
 各委員会の委員長、副委員長を初め、議員の皆様には、より一層の御支援と御協力を賜りますよう心からお願いを申し上げます。
 今後とも御健勝にて御活躍くださいますようお願いを申し上げ、お祝いのごあいさつとさせていただきます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。
○議長(山崎文男君) 以上で、本日の議事日程はすべて議了いたしました。
 これをもちまして、第378回鯖江市議会臨時会を閉会いたします。
 御苦労さまでございました。
               閉会 午後4時13分