議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成22年 6月第377回定例会−05月28日-01号




平成22年 6月第377回定例会

           第377回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成22年 5月28日(金)開会
                   6月22日(火)閉会 26日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 5月28日│金│10時│本会議(提案理由説明)            │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   29日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   30日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   31日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 6月 1日│火│12時│休 会 一般質問〆切             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    2日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    3日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    4日│金│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    5日│土│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    6日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    7日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    8日│火│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    9日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   10日│木│10時│本会議(質疑、一般質問)           │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   11日│金│10時│本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   12日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   13日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   14日│月│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   15日│火│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   16日│水│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   17日│木│ 9時│議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   18日│金│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   19日│土│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   20日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   21日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   22日│火│10時│本会議(委員長報告、採決)          │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘



              議 案 審 議 結 果 一 覧

                            市長提出 (6月22日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第29号 │平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第1号) │総務・産建│可  決│
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第30号 │平成22年度鯖江市老人保健特別会計補正予算(第│ 教育民生 │  〃  │
│     │1号)                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第31号 │鯖江市職員の勤務時間、休暇等に関する条例および│ 総  務 │  〃  │
│     │鯖江市職員の育児休業等に関する条例の一部改正に│     │    │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第32号 │鯖江市職員団体のための職員の行為の制限の特例に│  〃  │  〃  │
│     │関する条例の一部改正について         │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第33号 │鯖江市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正│ 教育民生 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第34号 │市道路線の認定および変更について       │ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第35号 │みのり保育所改築工事(建築工事)請負契約の締結│ 教育民生 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第36号 │環境教育センター改築工事(第10201号)請負│ 産業建設 │  〃  │
│     │契約の締結について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第37号 │東工雨水ポンプ場機械設備工事(第10101号)│  〃  │  〃  │
│     │請負契約の締結について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第38号 │専決処分の承認を求めることについて(平成21年│総務・産建│承  認│
│     │度鯖江市一般会計補正予算(第8号))     │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第39号 │専決処分の承認を求めることについて(平成21年│ 教育民生 │  〃  │
│     │度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3│     │    │
│     │号))                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第40号 │専決処分の承認を求めることについて(平成21年│  〃  │  〃  │
│     │度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)│     │    │
│     │)                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第41号 │専決処分の承認を求めることについて(平成21年│ 産業建設 │  〃  │
│     │度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2│     │    │
│     │号))                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第42号 │専決処分の承認を求めることについて(平成21年│  〃  │  〃  │
│     │度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第3号))│     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第43号 │専決処分の承認を求めることについて(鯖江市税条│ 総  務 │  〃  │
│     │例の一部改正について)            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第44号 │鯖江市公平委員会委員の選任について      │  ─  │同  意│
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            議員提出 (6月22日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│ 第 2 号 │農業農村整備事業予算の確保を求める意見書について    │可  決│
└──────┴────────────────────────────┴────┘


              請願・陳情の審査結果一覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │農業農村整備事業予算の確│日野川用水土地改良区 │ 産業建設 │採 択│
│ 第1号 │保を求める意見書の提出に│理事長 美濃美雄   │     │   │
│    │ついて         │           │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 陳 情 │永住外国人への地方参政権│日本の子供の未来を・守│ 総  務 │趣 旨│
│ 第3号 │付与の法制化に反対する意│る会         │     │採 択│
│    │見書の提出について   │福井支部 荒井 万記子│     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 陳 情 │人権侵害救済法の成立に反│日本の子供の未来を・守│ 総  務 │継 続│
│ 第4号 │対する意見書の提出につい│る会         │     │審 査│
│    │て           │福井支部 荒井 万記子│     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 陳 情 │子ども手当の見直しを求め│日本の子供の未来を・守│ 教育民生 │不採択│
│ 第5号 │る意見書の提出について │る会         │     │   │
│    │            │福井支部 荒井 万記子│     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘


            第377回鯖江市議会定例会会議録
   …………………………………………………………………………………………
       平成22年5月28日(金曜日)午前10時00分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(19人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         19番  玉 邑 哲 雄
                         20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)

   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          藤 原 宣 章
                 総務部長         千 秋 冨 秀
                 政策経営部長       山 本 信 英
                 健康福祉部長       藤 井 勇 二
                 産業環境部長       竹 内 秀 博
                 都市整備部長       田 中 憲 男
                 会計管理者        加 藤 政十司
                 教育委員会事務部長    宇 野 徳 行
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         酒 井   誠
                 秘書広報課長       牧 田 泰 一
                 総務部危機管理監     佐々木   博
                 政策推進課長       佐々木 繁 樹
                 財政課長         伊 部 雅 俊
                 社会福祉課長       東 井 忠 義
                 商工政策課長       中 村 修 一
                 都市整備部次長      杉 森 惣 市
                 道路河川課長       勝 木 勘 充
                 教育政策課長       辻 川 哲 也
                 監査委員事務局長     有 澤 一 之
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       伊 部 孝 幸
                 議会事務局次長      窪 田 育 男
                 議会事務局参事      五十嵐   彰
                 議会事務局次長補佐   山 口 達 哉
                 議会事務局次長補佐     丸 田 美智代
   …………………………………………………………………………………………



               開会 午前10時00分
○議長(山崎文男君) ただいまから第377回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(山崎文男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、6番 遠藤 隆君、7番 小竹法夫君、8番 海野宣彦君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(山崎文男君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長から報告を求めます。
 議会運営委員長 平岡忠昭君。
           〇議会運営委員長(平岡忠昭君)登壇
◎議会運営委員長(平岡忠昭君) みなさん、おはようございます。
 それでは、第377回定例会の運営につきまして、去る4月15日、および5月21日に開催いたしました議会運営委員会における審査の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件ですが、議案第15件、報告6件、請願1件、陳情3件であり、会期最終日には人事案件が追加提案される予定であります。
 さて、これらの案件の審議に要する日程でありますが、本日は、市長の市政所信表明ならびに各議案等に対する提案理由の説明を行い、散会といたします。
 明5月29日から6月9日までは休会といたし、6月10日、11日の両日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、一般質問を行います。
 これらの質問に対する発言通告書の提出期限は、6月1日の正午までといたします。
 各常任委員会の審査日程につきましては、6月14日、15日の両日といたします。
 また、議会等改革特別委員会は6月17日に行うことといたします。
 そして、6月22日を最終日として本会議を開き、各委員長から委員会における審査結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上のとおりの議会日程でもって、本定例会の会期は、本日から6月22日までの26日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、御報告といたします。
○議長(山崎文男君) お諮りをいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から6月22日までの26日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から6月22日までの26日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.諸般の報告
○議長(山崎文男君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告第2号をもって報告といたします。
 なお、議会報告にもありますように、末本幸夫君、水津達夫君、加藤拓雄君、佐々木敏幸君と私、山崎の5名が、4月22日の北信越市議会議長会定期総会、5月26日の全国市議会議長会定期総会において、市議会議員在職10年以上の表彰を受けましたので、これよりその伝達を行います。
 なお、伝達につきましては、二議長会の表彰は同趣旨のものでありますので、代表して全国市議会議長会の表彰について行います。
◎議会事務局長(伊部孝幸君) お名前を申し上げますので、お1人ずつ前のほうにお進みいただきたいと存じます。
 初めに、末本幸夫殿。
○議長(山崎文男君)
 表彰状
   鯖江市 末本幸夫殿
 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします
   平成22年5月26日
         全国市議会議長会会長 五本幸正(代読)
              (表彰状伝達)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 水津達夫殿。
○議長(山崎文男君)
 表彰状
   鯖江市 水津達夫殿
 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします
   平成22年5月26日
         全国市議会議長会会長 五本幸正(代読)
              (表彰状伝達)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 加藤拓雄殿。
○議長(山崎文男君)
 表彰状
   鯖江市 加藤拓雄殿
 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします
   平成22年5月26日
         全国市議会議長会会長 五本幸正(代読)
              (表彰状伝達)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 佐々木敏幸殿。
○議長(山崎文男君)
 表彰状
   鯖江市 佐々木敏幸殿
 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします
   平成22年5月26日
         全国市議会議長会会長 五本幸正(代読)
              (表彰状伝達)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) ただいま表彰をお受けになられました議員各位におきまして、牧野市長から感謝状が贈られます。
 名前を申し上げますので、お1人ずつ前のほうにお進みいただきたいと存じます。
 初めに末本幸夫殿。
◎市長(牧野百男君)
 感謝状
   末本幸夫殿
 あなたは鯖江市議会議員として10年の永きにわたり地方自治の振興に尽力され市政の発展に寄与されましたのでその顕著な功績に対し深く感謝の意を表します
   平成22年5月28日
         鯖江市長 牧野百男
              (感謝状贈呈)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 水津達夫殿。
◎市長(牧野百男君)
 感謝状
   水津達夫殿
 あなたは鯖江市議会議員として10年の永きにわたり地方自治の振興に尽力され市政の発展に寄与されましたのでその顕著な功績に対し深く感謝の意を表します
   平成22年5月28日
         鯖江市長 牧野百男
              (感謝状贈呈)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 山崎文男殿。
◎市長(牧野百男君)
 感謝状
   山崎文男殿
 あなたは鯖江市議会議員として10年の永きにわたり地方自治の振興に尽力され市政の発展に寄与されましたのでその顕著な功績に対し深く感謝の意を表します
   平成22年5月28日
         鯖江市長 牧野百男
              (感謝状贈呈)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 加藤拓雄殿。
◎市長(牧野百男君)
 感謝状
   加藤拓雄殿
 あなたは鯖江市議会議員として10年の永きにわたり地方自治の振興に尽力され市政の発展に寄与されましたのでその顕著な功績に対し深く感謝の意を表します
   平成22年5月28日
         鯖江市長 牧野百男
              (感謝状贈呈)(拍手)
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 佐々木敏幸殿。
◎市長(牧野百男君)
 感謝状
   佐々木敏幸殿
 あなたは鯖江市議会議員として10年の永きにわたり地方自治の振興に尽力され市政の発展に寄与されましたのでその顕著な功績に対し深く感謝の意を表します
   平成22年5月28日
         鯖江市長 牧野百男
              (感謝状贈呈)(拍手)
○議長(山崎文男君) ここで、末本幸夫君から、受賞者を代表してごあいさつをいただきます。
 17番 末本幸夫君。
              〇17番(末本幸夫君)登壇
◆17番(末本幸夫君) お許しをいただきまして、甚だ僣越ではございますが、年長のゆえをもちまして、受賞者を代表いたしまして、一言お礼の言葉を申し上げたいと思います。
 ただいまは、議長から全国市議会議長会表彰の伝達を、また、市長からは感謝状をいただきまして、まことに身に余る光栄に存じ、心から厚く御礼を申し上げます。
 どうもありがとうございました。
 私たちが栄誉に浴することができましたのは、多くの市民の皆様や先輩、同僚議員、また市長を初め、理事者の皆様方の永年にわたる御支援と御理解のたまものであり、10年余にわたる間、精いっぱい議員活動を続けてこれましたのは、皆様方の御指導のおかげと、心から感謝を申し上げる次第でございます。
 今後も、微力ではありますが、鯖江市の発展のために、何よりも市民が健康で安心して暮らせるために、できる限りの努力をしてまいる所存でございます。
 最後になりましたが、今後とも皆様方の御指導と御鞭撻をお願い申し上げまして、私たちのお礼の言葉に代えさせていただきます。
 本当にありがとうございました。
○議長(山崎文男君) 以上で、表彰の伝達および感謝状の贈呈を終わります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.請願・陳情の受理
○議長(山崎文男君) 日程第4、請願・陳情の受理について報告いたします。
 本日までに受理いたしました請願1件および陳情3件につきましては、お手元に配付いたしました請願文書表および陳情文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.議案第29号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)から日程第25.報告第8号 財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで
○議長(山崎文男君) 日程第5、議案第29号 平成22年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)から日程第25、報告第8号 財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで、以上21件を一括議題といたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。
 市長 牧野百男君。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第377回鯖江市議会定例会の開会に当たり、一言御祝いの言葉を申し上げます。
 ただいま表彰を受けられました末本幸夫議員、水津達夫議員、山崎文男議員、加藤拓雄議員ならびに佐々木敏幸議員の各位におかれましては、鯖江市議会議員として、10年余の長きにわたり市政の発展と市民福祉の向上に寄与されました。その御功績はまことに多大であり、市民を代表して深く感謝を申し上げます。今後とも健康には十分御留意なされまして、さらに一層市政発展のために御尽力いただきますようお願い申し上げます。
 さて、今月3日から5日までの間、恒例のさばえつつじまつりが開催されました。例年に比べ、つつじの開花がおくれ、人出を心配いたしましたが、幸い3日間とも好天に恵まれ、また市内3中学校吹奏楽部や鯖江・丹生消防音楽隊によるパレード、めがねのアクセサリーづくり、石田縞手織り体験、漆器の絵付け体験、地元産食材を活用した「さばえB級グルメグランプリ決定戦」など多彩な催しに加え、新たに県内最大級のジャンボ滑り台2基を設置した「冒険の森パンダらんど」、鯖江商工会議所および同青年部から御寄贈いただきました「結びのチャイム」も西山公園の新しい観光スポットとして大変好評で、本町通りの「にぎわい横丁」とあわせて28万4,000人のお客様にお越しをいただきました。
 本年は、4月3日、4日に日野川河川敷をメーン会場に開催した「さばえ菜花まつり」、4月8日から16日までの「夜桜の夕べ」、そして5月3日から5日までの「つつじまつり」を、「鯖江春の三大花ものがたり」と銘打ち、鯖江の新たな春の魅力を発信させていただきました。
 また、5月9日に開催した第32回つつじマラソンは、鯖江市制55周年を記念する大会として、参加人数も昨年の過去最高をさらに更新して、3,362人と盛大な大会となりました。
 一方、本年2月27日にリニューアルオープンしたまなべの館では、「久里洋二の世界展」、「第2回鯖江市美術展」、「西山真一展」の三つの特別展等を開催し、約1万人の方に御来館をいただきました。
 それでは、今議会に御提案いたしました平成22年度補正予算案を初め、各議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 日本を初め、世界を取り巻く経済環境は、一昨年9月のアメリカ、リーマン・ブラザーズの経営破綻を発端として世界に広がった、百年に一度とも言われる金融危機、そして、ギリシャの財政危機による欧州経済への不安等、大変厳しい状況下に置かれております。円相場の対ドルに加え、対ユーロの高騰は、輸出企業の多い日本経済への打撃は大きく、回復基調といわれた日本経済にとって、下ぶれ懸念もくすぶる中で、予断を許さないものと考えております。特に市内の多くの中小零細企業者においては、雇用の問題も含め、いまだ厳しい状況にあります。こうした危機的状況を乗り越えることが、市政においての最重要テーマであり、中小零細企業者への支援を全力で実行していかなければなりません。
 次に、地方主権改革についてでありますが、昨年11月17日に、鳩山総理を議長とする地域主権戦略会議が内閣府に設置され、同年12月14日の第1回の会議以降、5月24日の第5回会議まで、5回にわたり地域主権に資する改革に関する施策の検討が行われております。今後、6月までに2回程度の審議を経て、地方への義務付け・枠付けの見直し、権限移譲、ひも付き補助金の一括交付金化、国の出先機関改革などを盛り込んだ地域主権戦略大綱の全容が明らかになってくると思われます。現在、国会では、地域主権改革推進一括法(第1次)と、国と地方の協議の場に関する法律が審議中であり、また、今後、地域主権改革の工程全体が前倒しされるようなことも示唆されております。この1年余りの間に、地域主権改革の議論が大きく進むことが期待されますので、これらの方向を十分に見きわめながら、地域主権の確立に向けた施策に取り組んでいくことが肝要であります。
 次に、新しい公共をめぐる国の動向ですが、支え合い、活気ある社会を目指し、新しい公共という考え方やその展望を市民、企業、行政などに広く浸透させるとともに、これからの日本社会の目指すべき方向性や、それを実現させる制度・政策のあり方などについて議論を行っております。現在までに7回の会合を重ね、6月上旬には、理念などを示す宣言案と制度改革案をまとめるとのことです。このように、新しい公共に対する制度設計が再構築されてきておりますので、市民主役条例の推進と同時に、新しい公共の担い手育成にも重点的に取り組む必要があると考えております。
 市民主役条例の推進につきましては、この条例が、市民が主役となって策定された市民提案型の条例であり、ふるさと鯖江を守り育てるために、市民の皆様お一人お一人が地域経営や自治体運営に主体的に参画していただくことを基本理念としております。この取り組みが、やりがいのある、誇りの持てる取り組みとなるよう、その仕組みづくりが非常に大切でありますので、現在、条例を策定していただいた方々を中心に、推進組織を設立してまいりたいと考えております。
 また、ことしの夏には、区長会連合会を初め、地縁型の市民活動団体、NPO団体、一般のボランティア団体等が連携し、「市民主役フォーラム(仮称)」を開催することを予定しており、市民主役条例に込められた共通の目的に向かって、市と市民がともに汗を流す、自分たちのまちは自分たちでつくるという基本理念や目標が、市民の皆様お一人お一人に御理解いただけるよう努めてまいります。
 市民主役のまちづくりは、一朝一夕に進展するようなものではありませんが、鯖江市には、世界体操選手権大会などで培ってきた市民力という土壌があります。これまで蓄積されてきたボランティア精神を基礎として、まずは身の回りのできることから始めていただくような取り組みを地道に広げていくことが重要と考えております。
 次に、4月からスタートいたしました第5次鯖江市総合計画についてでありますが、「豊かさへの創造」を基本理念とし、「自信と誇りの持てる 自主自立のまち」を、まちの将来像として掲げました。また、新しいまちづくりの方向性を具現化する柱として、「活力ある産業と賑わいのあるまちづくり」など六つの基本目標を掲げるとともに、今回は特に、全庁で横断的に取り組む重点施策として、「鯖江ブランドづくり」と、「人の増えるまちづくり」を設定し、全職員が共通した認識のもとで計画を推進する具体的な方向性を示しました。
 4月27日、28日および5月27日には、全職員を対象とした第5次鯖江市総合計画に関する研修会を開催し、職員の共通した認識と理解を確認したところです。また4月30日には、平成22年度第5次鯖江市総合計画推進にかかる各部施策方針を定め、各部ごとに第5次鯖江市総合計画の推進に関する基本方針、重点項目、目標を決定し、公表いたしました。この各部の施策方針に従い、全庁が一丸となり、第5次鯖江市総合計画の推進にあたってまいります。
 また、第5次鯖江市総合計画に合わせて本年度からスタートいたしました第2次行財政構造改革プログラム、次世代育成支援行動計画、第3次男女共同参画プラン、環境基本計画の諸計画につきましては、第5次総合計画の推進の支障とならないように、それぞれの計画の進捗に留意し、計画的な推進に努めてまいります。
 また、本年度に策定を予定しております地域商店街活性化基本計画、第5次保健計画、農林業・農村ビジョン、地球温暖化対策地域推進計画、橋梁長寿命化計画や、本年度から2カ年で策定する公園施設長寿命化計画、また事前調査に着手する都市計画マスタープランなどの諸計画につきましても、総合計画との整合性を図りながら、新しい社会の動きなどを見据え、市民の目線、生活者の視点に立った計画づくりに努めてまいります。
 次に、平成21年度の財政状況についてでありますが、平成21年度一般会計の最終予算は、歳入歳出それぞれ1億480万円を増額し、241億5,580万円となりました。これは、3月に示された平成21年度の特別交付税の額が、予算に比べて1億9,592万円余増加となったこと、また市税の収入が3,700万円増加したことなどから、剰余金が見込めることになりましたので、当初見込んでおりました1億600万円の財政調整基金からの繰り入れをやめ、さらに1億5,000万円を積み立てたことなどによるものです。これにより、平成21年度末の財政調整基金の残高は13億9,270万円となり、今後予定している豊小学校の改築事業や、不意の財政需要に備え、一定規模を確保することができました。
 また、市債につきましては、平成21年度末の残高は288億6,194万円余となる見込みで、平成20年度末の残高より5億6,385万円余の削減となります。今後も、財政健全化法に定める四つの指標を踏まえ、行財政構造改革プログラムの着実な推進を図ってまいります。
 次に、公立丹南病院の再整備計画については、大規模地震時を初めとする災害拠点病院としての安全性と機能性の確保、また地域が求める医療を担っていくためには、新病院の建設は不可欠であります。
 平成19年度から再整備計画検討委員会等の御意見をいただき、基本計画、基本設計等を策定し、平成24年5月の新病院開院を目指した改築計画を進めてまいりました。建設および医療機器整備等に要する総事業費を60億円とし、その事業資金は、医療施設耐震化補助金、へき地医療拠点病院設備整備補助金など、11億5,000万円余の補助金と借入金43億円、自己資金5億5,000万円余を見込み、鯖江市はもとより、構成市町の負担なしで建設するものでございます。
 このたび、医療施設耐震化整備事業補助金の国の内示を受けましたので、早速建設工事に着手すべく、入札手続を開始いたしました。近日中には施工者が決まりますので、6月末には起工式を執り行う予定でございます。
 これにより、丹南医療圏の中核総合病院として、救急医療、災害時医療、周産期医療、小児医療およびへき地等に対する医療支援や地域医療機関との連携、業務援助等の充実強化を図り、地域住民に愛され、信頼される、安らぎのある包括的医療の実践病院を目指し、地元の方々の期待にこたえてまいります。
 それでは、次に主要な事業について申し上げます。
 今の時代、あらゆる商品やサービスにブランド戦略が求められております。鯖江ブランドの取り組みとして、5月14日に、福井県立大学経済学部 中沢孝夫特任教授を主宰とした「鯖江ブランド研究会」を設置いたしました。毎回、ブランドやマーケティング分野の専門家をゲストとしてお招きし、ブランド化に取り組む眼鏡・繊維・漆器の各企業の経営者から、企業の形態や経営、自社製品の取り組みなどの発表をいただき、意見交換を通じてブランド戦略のヒントを探ろうというものであります。研究会は年5回を予定しております。その後、「鯖江ブランド研究会」としての戦略的PRをまとめ、市内の地場産業のブランド化の推進や、鯖江ブランドの構築、管理を目指してまいります。
 次に、商業の活性化ですが、今回、福井県がふるさと商品券消費拡大事業を県内の商工会議所、商工会を事業主体として実施いたします。10%のプレミアム商品券を発行し、地域の消費喚起を創出し、消費拡大を図るというもので、当市の鯖江商工会議所におきましても、市内での消費拡大事業実施に向けて取り組んでおります。総数1万1千セットを6月13日から販売することとしており、総額で1億2,100万円の消費が見込まれます。また、商品券発行とあわせて商品券取扱店の独自の特典やサービスをつけた「さばえお買得クーポン券セール」も実施する予定であり、市内での消費拡大につながることを期待しております。
 次に、中心市街地における空き店舗対策ですが、今年度、商店街から空き店舗として、JR鯖江駅前から本町2丁目までの県道に面する6店舗の御提示を受け、商工会議所にて公募をしていただいたところ、4店舗に対してチャレンジショップとして応募がありました。これを機に、ぜひとも市街地のにぎわいを取り戻し、活性化につなげてまいりたいと思います。
 次に、つつじバスにつきましては、4月からデザインも一新し、人にも環境にも優しい新車両による運行を開始いたしました。4月の月間利用者数は、前年同月比で1割増となり、過去最高の1万5,750人となり、アンケート調査でも、「乗り降りしやすく便利になった」、「新しいバスで気持ちよく利用している」などの御意見を多数いただいております。今後とも市民の足として、皆様に愛され親しまれるつつじバスとして安全安心な運行に努めてまいりますので、より一層の御利用をお願い申し上げます。
 次に、地場産業振興についてでありますが、眼鏡・繊維・漆器の各業界、団体が、それぞれにおいて新たな国庫補助事業への意欲を示されております。
「めがねのまち」元気再生協議会では、「地方の元気再生事業」の助成期間は終了しましたが、これまでの検証実績を踏まえ、継続して販路開拓事業等に取り組むため、新たな国庫補助事業の採択を目指しております。
 鯖江市繊維協会では、これまで丹南ファッション振興会として越前市の業界団体と共同開催してきた丹南ファッションショーが終了したことから、本市繊維産業のPR機会の存続をかけ、鯖江市繊維協会単独でのファッションショー等の開催を企画し、眼鏡産業同様、国庫補助事業の採択を目指しております。
 また、井波彫刻との連携による新たな山車づくり事業が国庫補助事業として採択された越前漆器協同組合では、現在、申請要件である井波彫刻産地との連携活性化計画の認可を待って、本申請に向けた準備を進めているところでございます。
 こうした各業界の動きを支援するため、私みずからが今月の10日に経済産業省を訪問し、眼鏡・繊維・漆器の販路開拓と伝統的工芸品の連携活性化を政策提案するとともに、国の支援をお願いしてきたところでございます。今後も引き続き、業界と連携した事業展開を図ることで、地場産業の活性化に努めてまいります。
 次に、農業振興については、食料・農業・農村政策を日本の国家戦略の一つに位置づけ、大幅な政策の転換を図らなければならない重要な時期にあると感じております。現在の農業が抱える問題点である農業所得の大幅な減少、担い手不足の深刻化、非効率な農地利用などのこれまでの流れを打ち切り、3月末に閣議決定した新たな食料・農業・農村基本計画による施策の推進が重要と考えております。
 新たな基本計画で国が掲げる施策は、戸別所得補償制度の導入、食の安全・安心など消費者ニーズにかなった生産体制への転換、6次産業化による農山村の再生の三本柱からなり、これらの着実な実施による食料自給率の目標、農業の持続的発展、農村の振興に関する施策など、今後10年程度の指針と位置づけております。
 市といたしましては、国の新たな基本計画、昨年策定した県の「ふくいの農業・農村再生計画」などを参考にしながら、市内の農林業の現状や課題を調査し、今後の農林業の方向性、施策の進め方などを示した「(仮称)鯖江市農林業・農村ビジョン」を策定していきたいと思っております。
 次に、新規就農者の確保と遊休農地の活用についてでありますが、農業の担い手を確保し、遊休農地を解消するため、新たに農業を始めたいという人を支援する「鯖江市新規就農促進支援システム」を5月に新設いたしました。これは、農地を持たない非農家の方でも農家になれるという画期的なシステムで、今回の農地法改正を機会に導入したものです。
 具体的には、定年退職や子育てを終え、時間に余裕ができた方で、新規に農業に取り組もうという人を、農業委員会と県、農協、市が連携して支援していくものです。このシステムでは、試行期間を設け、耕作面積は300平方メートル以上という小規模な面積から可能とし、耕作する農地については、農業委員会と市が関係農業者等の仲介、調整を行い、農業経営基盤強化促進法に基づく利用権により手当することとしています。試行期間に定着した新規就農者を農業者と認定し、その後は、農業経営基盤強化促進法の規定に基づいて農地の借り受けや所有を認めていくというものでございます。
 また、農業に親しみ、自家消費を目的に耕作をしようとする方につきましては、先月開園した北野町、水落町、下野田町の市民農園の活用を勧め、市民の方々のニーズに合った形での農業への参加を進め、市民の農業に対する理解を深めていただくとともに、市内での食料自給率や農業への関心を高めてまいりたいと考えております。
 次に、学校給食畑設置事業ですが、今年度は、進徳小学校、惜陰小学校、中河小学校に続き、北中山小学校を追加し、4校で実施することになります。この事業は、学校給食への食材供給拠点として、学校単位に子供たちと農家がともに触れ合う学校給食畑の設置や、体験などに使用する設備、学校給食用の野菜保冷庫の整備、また、学校給食へ地場産農産物の利用拡大を図るものですが、運営会議のメンバーも構成され、伝統野菜として吉川ナス、ブロッコリーなどの野菜の作付を行い、食農教育を通じて小学校で出前講座などを行いまして、命の大切さを教えるほか、生産者と子供たちとのきずなをつくり上げていきたいと思っております。
 また、6月の食育推進月間の取り組みと関連しまして、昨年に引き続き、6月18日に市内全小・中学校と幼稚園、公立保育所の児童・生徒約7,000人の学校給食で食される野菜に、市内の農家の皆さんがつくられた地場野菜と地場野菜を使った加工品を使用した「地場野菜学校給食の日」を実施し、地場野菜の使用率の向上を目指してまいります。今年は11月25日にも実施することとしており、順次、鯖江産野菜100%の学校給食をふやしてまいりたいと考えております。
 また、小学校におきましては、全国一の生産量を誇る県産六条大麦を生かし、7月から月1回、大麦パンを導入することといたしました。本市においても、六条大麦は転作奨励作物として転作面積の50%以上を占め、消費の拡大は大きな課題となっております。大麦の食物繊維は、小麦や米と比べ3倍から20倍もある健康食でもあり、6月から市内で大麦の刈り取りが始まるのを受けて、7月から鯖江産大麦を使ったパンを学校給食に提供いたします。県産六条大麦の消費拡大を、鯖江から発信してまいりたいと考えております。
 次に、鯖江ブランド米の取り組みとして、片上地区の「こだわり米」に続き、鯖江菜花をすき込んでの減農薬無化学肥料栽培による「さばえ菜花米」の試験栽培を吉川地区で取り組んでまいります。今後、アキサカリ、イクヒカリを戦略的な品種として、これらの作付による土壌調査や栽培暦、生育調査、食味値などのデータをまとめ、将来的には完全有機栽培米としてのブランド化を目指してまいります。
 次に、県事業の中山間地域総合整備事業(河和田地区)の進捗についてでありますが、平成19年から実施の本事業につきましては、総事業費14億8,000万円、受益面積94.1ヘクタールで、工期は平成24年度までとなっております。平成21年度までの事業費は4億7,000万円で、進捗率は31.8%であります。現在、換地を行う第1工区から第4工区の区画整理工事がほぼ完了しており、平成22年度以降は、ため池と排水路整備を中心に実施予定となっており、今後とも早期整備を要請してまいります。
 次に、「鳥獣害のないふる里SABAEづくり」の推進についてでありますが、鳥獣害を未然に防ぐためには、地元住民の皆様の御理解と御協力を得ながら、被害管理、生息地管理、個体数管理の三つの側面から総合的な対策を行うことが重要であります。
 また、近年深刻化しているアライグマ、ハクビシン問題に対して、市内の全神社仏閣の生息状況調査を実施しましたところ、210件のうち約51%に痕跡が確認されるという予想を上回る状況となりました。今後とも、被害を発生させている鳥獣の生息状況調査を進め、市内全域でのマップ化を図り、鳥獣害対策の指針としてまいります。
 また、山際緩衝帯整備については、新たに三里山周辺の中野町、下新庄町など3地区で住民説明会を開催し、実施箇所の検討に入っていただきました。先行する和田町では、集落挙げての電気さくの設置も完了しており、引き続き技術支援に努めてまいります。
 次に、学校教育の推進についてでありますが、平成21年度におきまして、翌年度分を前倒しして2カ年分の予算措置を行い、図書の充足率向上に努めてまいりました。今年度は、学校図書館を、児童・生徒がこれまで以上に身近な場所として、本に親しみ、図書館の有効活用を図るため、学校図書館支援員7名を配置し、文化の館の司書と密接に連携をとりながら、図書登録や図書室の環境整備、読み聞かせ、読書案内などの業務に積極的に取り組んでおります。子供たちが学校図書館で支援員といろいろな話や相談をするなどの効果も見え、ただ単に本を読むということだけでなく、授業で習ったことを自分で調べたり、物語の世界で遊んだり、想像したり、考えたりするようになるものと期待をしております。今後も、文化の館と支援員ならびに学校の図書教諭との連携を深めながら、学校図書館の活性化を図ってまいります。
 次に、丹南地域最大の前方後円墳を含む今北山・磯部・弁財天古墳群を国指定文化財へ格上げするための発掘調査を、平成24年度までの3カ年計画で、いよいよ8月から11月にかけて実施いたします。弁財天古墳群では、弥生時代の墳墓が存在している可能性が高く、今回の発掘調査で、古墳時代の首長墓が誕生する歴史的過程を解明する上で貴重な資料が得られるものと期待しております。
 また、平成20年度より実施してまいりました国指定史跡「王山古墳群」の環境整備工事完成記念事業の最終年度として、島根県から新潟県に至る古代日本海側の墳墓資料を集めた企画展「越の弥生王墓」を8月7日から8月31日まで、まなべの館で開催いたします。
 さらに近松門左衛門の代表作で、坂井市三国町が舞台となっております「傾城仏の原」を市民の手により上演してまいります。市民に、より身近に近松作品を感じていだたくために、立ち上げから企画、運営、公演に至るまで、すべてを市民の手で実施しようとするものであります。この公演は、県との連携による市町振興プロジェクト事業を活用して実施し、近松のまちさばえとあわせて、福井県の情報発信もしてまいりたいと考えております。
 次に、地球温暖化対策の取り組みについてでありますが、地球温暖化は地球規模の深刻な問題となっておりますが、日常生活においては「目に見えない」、「実感がわかない」というのが実態で、危機意識の醸成や防止活動についての理解が十分に図られているとは言いがたい状況でございます。このため、環境負荷の低減、地球温暖化防止を図る目に見える取り組みとして、グリーンカーテンづくりの市内全域での広がりを目指し、本年度より「さばえグリーンカーテンコンテスト」を実施いたします。さらに、市全体での温暖化対策を推進するための地球温暖化対策地域推進計画の策定に着手し、本年度は基礎データの収集、整理を行う予定であります。今後は、出前講座の積極的な実施や、市民、市民団体、事業者、市のさらなる連携、協働により、環境活動のより一層の拡大、浸透を図り、環境負荷の低減と産業振興が両立した環境立市「さばえ」を目指してまいりたいと考えております。
 次に、乳幼児医療費助成制度につきましては、今回、条例改正の議案を提案させていただいております。県が現行制度の対象年齢を、10月から、小学校就学前の乳幼児から小学校3年生までの児童に拡充することを受け、鯖江市独自の制度として、所得税非課税世帯の小学校4年生から中学校3年生の生徒についても医療費助成の拡充を図りたいと考えております。今回の制度改正によりまして、ゼロ歳から中学校3年生までの子供たちの医療費を幅広く助成することにより、子育て家庭の経済的な負担の軽減を図るとともに、元気で力強い子供の成長をはぐくむことができるものと考えております。
 次に、今年度から始まりました子ども手当につきましては、申請が必要な対象者には、市から申請書を個別に郵送して、時間延長や休日受付で対応いたしました。6月が最初の支給になり、4月および5月分が口座振込になります。その後は、10月、2月と年3回の支給となります。6月支給の対象児童は、公務員の世帯を除き約1万500人となっております。
 次に、降雨期を控えての治水事業の進捗状況でございますが、県事業の鞍谷川・河和田川災害復旧助成事業は、浅水川合流点から川島大橋までの区間で堰の改築なども終わり、現在、浮橋や松成橋付近の護岸工事等も急ピッチで工事が進められており、今年度内に越前市までの断面確保とあわせて完了する予定でございます。なお、河和田川については、鞍谷川合流点から落井町中橋までの災害復旧事業区間の工事はすべて完了しております。
 橋梁工事につきましても、鯖江市内架け替え11橋のうち、現在までに9橋が完成し、残りの松成橋は5月30日に竣工祝賀と渡り初めを行い、川島橋につきましても秋ごろ完成する予定です。なお、川島水落堰の改築や河床の掘り下げ等については、引き続き実施されることとなっております。
 次に、河和田川の狭隘箇所の解消事業ですが、片山橋や北中橋が完成し、現在、黒金橋の改築を行っております。片山堰についても、改築に着手をいたします。また、上河内町の堰については現在設計中であり、来年度より建築に着手をいたします。また、浅水川の河川改修につきましては、吉江橋付近の左岸や三六橋付近について、現在施工中で、年度内に断面の拡大がほぼ完了する予定であります。今後とも県に対し、低水護岸等の残工事の整備について、1日も早い完成を要望してまいります。
 また、御幸町の雨水幹線工事についてですが、昨年の10月下旬から工事を進めてまいりました御幸町の御幸グラウンドから東工雨水ポンプ場までの御幸神中二号雨水幹線は、ほぼ完成をいたしました。地係の皆様には、多大な御迷惑をおかけいたしましたが、浅水川の改修とあわせて、雨水幹線の完成により、御幸町の冠水の軽減に大きく寄与するものと考えております。また、懸案だった下司町の排水ポンプにつきましても、5月31日には試運転をする予定となっております。
 次に、水害対策については、先にも申し上げましたとおり、平成16年度の福井豪雨による市内の河川整備事業も順調に進捗しております。今後は、日野川等の河川と枡谷ダムから取水している日野川用水などの外水の流入防止を第一に図り、内水の流出を速やかに行うため、用排水路の水門やポンプ等の迅速かつ的確な操作の徹底が肝要であります。
 このため、平成22年度鯖江市水防計画では、水防体制の中に水門等管理者と農業用水関係団体および行政機関による鯖江市水門等管理連絡調整会を設け、水害防止対策の充実を図ることといたしました。この連絡調整会は、管理マニュアルの作成や管理研修会を実施するほか、大雨等に関する気象情報を携帯電話緊急メールシステムを利用していち早く水門等管理者に知らせ、水門やポンプの迅速かつ的確な操作に役立てていただき、水害予防対策のさらなる強化に努めてまいります。
 次に、地域の防災力の強化についてでありますが、コミュニティFM放送を活用した防災情報受信機を整備する安全安心情報システム整備事業については、コミュニティFMたんなん夢レディオとの契約を終え、事業に着手したところであります。FMラジオの仕様も決定し、本来の緊急防災情報受信機としての機能のほかに、アラーム付き時計、本体内蔵ハンドルによる充電装置により、ラジオ本体はもちろん、携帯電話も受電できる高性能の仕様となります。
 また、今秋10月24日に開催される鯖江市防災総合訓練では、このFMラジオを使って各町内に訓練緊急防災情報を伝えるとともに、訓練会場のサテライトスタジオからは、避難者情報や被害状況などの臨時放送訓練を計画しております。高性能FMラジオの活用により、鯖江市の安全安心なまちづくりを一層推進してまいりたいと考えております。
 次に、下水道料金の見直しについてでありますが、下水道事業は、下水道接続率の低迷や施設整備、維持管理経費の増大により、厳しい財政状況にあります。今後も施設整備に要する費用や借入金の償還などにより、下水道事業の経営は、ますます厳しさを増すことが想定されますので、ただいま、平成14年度以降据え置きとなっている下水道使用料の改定について、本年3月に設置しました鯖江市下水道使用料改定検討委員会で、下水道事業の経営の健全化を図るため、下水道使用料の改定について検討していただいております。
 今後は、下水道整備計画の見直しや、なお一層の経費節減に努めるとともに、未接続家庭等への訪問接続要請を粘り強く進め、下水道未接続の皆様の御理解と御協力が得られるよう最善の努力をしてまいります。
 一方、上水道料金につきましては、ことし、県水の価格見直しが予定されておりますので、これらを踏まえまして、さらなる経営努力を行いながら、来年度以降数年間は現在の上水道料金を維持できるよう努力をしてまいりたいと考えております。
 それでは、本日御提案いたしました主な議案について申し上げます。
 初めに、平成22年度一般会計補正予算の主なものについて申し上げます。
 まず民生費では、これまでは小学校就学前までの児童に対して医療費の助成を実施してまいりましたが、今回、県が補助対象を3歳から小学校3年生まで拡充したことに伴い、小学校4年生から中学校3年生までの児童・生徒に対して、先にも申し上げましたが、市独自に医療費の助成を行う経費として1,620万円を、また日本脳炎予防接種について、第1期の標準的な接種期間に該当する3歳児に対して積極的な勧奨を行うように、本年4月1日付けで国から通知がありましたので、その予防接種費として1,494万円余を追加計上しました。
 次に、農林水産業費では、ふるさと雇用再生特別基金を活用して、農林業・農村ビジョン策定のための経費として496万円余を計上。教育費では、日本スポーツ振興センターの補助採択を受け、本年7月に開催されます「2010西日本ジュニア体操競技選手権大会」に対する経費として433万円余を計上しました。これらの結果、一般会計の補正額は9,570万円となり、補正後の予算総額は226億5,070万円となり、昨年の6月補正後と比較して0.7%の減少となりました。
 また、特別会計では、老人保健特別会計において、医療給付費の負担金および返還金について930万円を増額補正し、補正後の予算総額を1,060万円としました。
 これにより特別会計を含めた平成22年度の鯖江市の予算総額は390億9,110万円となり、昨年の6月補正後と比較して1.6%の減少となりました。
 次に、議案第35号、議案第36号および議案第37号は、みのり保育所改築工事、環境衛生センター改築工事(第10201号)および東工雨水ポンプ場機械設備工事(第10101号)につきまして、去る5月6日に、それぞれ制限つき一般競争入札を行った結果、それぞれ議案にお示しした相手方と仮契約を締結いたしましたが、本定例会での議決をお願いいたしまして、この請負契約の本契約を締結しようとするものでございます。
 その他の議案につきましては、それぞれの理由に基づき御提案いたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と今回提案いたしました議案につきまして申し上げました。
 何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(山崎文男君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、6月10日午前10時から開議することとし、本日はこれをもって散会いたします。
 御苦労さまでございました。
               散会 午前11時02分