議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成21年 9月第374回定例会−08月28日-01号




平成21年 9月第374回定例会

           第374回鯖江市議会定例会会期日程

           会期 平成21年8月28日(金)開会
                   9月18日(金)閉会 22日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 8月28日│金│10時│本会議(提案理由説明)            │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   29日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   30日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   31日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 9月 1日│火│12時│休 会 一般質問〆切             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    2日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    3日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    4日│金│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    5日│土│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    6日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    7日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    8日│火│10時│本会議(質疑、一般質問)           │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    9日│水│10時│本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   10日│木│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   11日│金│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   12日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   13日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   14日│月│   │議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   15日│火│   │決算特別委員会                │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   16日│水│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   17日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   18日│金│10時│本会議(委員長報告・採決)          │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘



              議 案 審 議 結 果 一 覧

                            市長提出 (9月18日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第59号 │平成21年度鯖江市一般会計補正予算(第3号) │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第60号 │平成21年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予│ 教育民生 │  〃  │
│     │算(第1号)                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第61号 │平成21年鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(│  〃  │  〃  │
│     │第1号)                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第62号 │平成20年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定に│ 決  算 │継続審査│
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第63号 │平成20年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第64号 │平成20年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算│  〃  │  〃  │
│     │の認定について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第65号 │平成20年度鯖江市後期高齢者医療特別会計歳入歳│  〃  │  〃  │
│     │出決算の認定について             │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第66号 │平成20年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │
│     │決算の認定について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第67号 │平成20年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第68号 │平成20年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │
│     │決算の認定について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第69号 │平成20年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第70号 │平成20年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決│  〃  │  〃  │
│     │算の認定について               │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第71号 │平成20年度鯖江市水道事業会計決算の認定につい│  〃  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第72号 │ふるさと鯖江の日条例の制定について      │ 総  務 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第73号 │鯖江市国民健康保険条例の一部改正について   │ 教育民生 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第74号 │鯖江市スポーツ交流館設置および管理に関する条例│  〃  │  〃  │
│     │の一部改正について              │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘


                            議員提出 (9月18日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│  第2号  │基地対策予算の増額等を求める意見書について       │ 可 決 │
└──────┴────────────────────────────┴────┘



              請願・陳情の審査結果一覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │政府自らが決めた備蓄ルー│福井県農民連     │ 産業建設 │継 続│
│ 第2号 │ルに基づいて、20万トン│会長 玉村正夫    │     │審 査│
│    │規模の政府米買い入れを求│           │     │   │
│    │める請願        │           │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 陳 情 │地方財政の充実・強化を求│自治労福井県本部   │ 総  務 │継 続│
│ 第1号 │める意見書の提出について│執行委員長      │     │審 査│
│    │            │酒井 里巳      │     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘



             第374回鯖江市議会定例会会議録
   …………………………………………………………………………………………
         平成21年8月28日(金曜日)午前10時00分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(20人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         11番  福 岡 宏 明
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         19番  玉 邑 哲 雄
                         20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          池 田 達 昭
                 教育長          藤 原 宣 章
                 総務部長         森 本   茂
                 政策経営部長       千 秋 冨 秀
                 健康福祉部長       山 本 信 英
                 産業環境部長       竹 内 秀 博
                 都市整備部長       田 中 憲 男
                 会計管理者        天 谷 武 博
                 教育委員会事務部長    宇 野 徳 行
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務部次長兼総務課長   加 藤 政十司
                 政策経営部次長兼税務課長 笹 本 鉄 美
                 秘書広報課長       牧 田 泰 一
                 政策推進課長       佐々木 繁 樹
                 財政課長         伊 部 雅 俊
                 商工政策課長       中 村 修 一
                 農林政策課長       水 島 秀 夫
                 社会福祉課長       酒 井   誠
                 教育政策課長       辻 川 哲 也
                 都市計画課長       有 澤 一 之
                 監査委員事務局長     松 村 里 見
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       伊 部 孝 幸
                 議会事務局次長      横 道 正 明
                 議会事務局参事      西 村 郁 夫
                 議会事務局次長補佐    山 口 達 哉
   …………………………………………………………………………………………
              開会 午前10時00分
○議長(山崎文男君) ただいまから第374回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(山崎文男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、17番 末本幸夫君、18番 蓑輪 昇君、19番 玉邑哲雄君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(山崎文男君) 日程第2、会期の決定を議題といたしまします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長の報告を求めます。
 議会運営委員長 平岡忠昭君。
           〇議会運営委員長(平岡忠明君)登壇
◎議会運営委員長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、第374回定例会の運営につきまして、去る7月28日および8月21日に開催いたしました議会運営委員会における審査の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件ですが、議案は、一般会計ほか補正予算3件、各会計決算10件、その他条例制定などの3件の計16件、そして報告4件、請願1件、陳情1件であり、会期最終日には市会案が追加提案される予定であります。
 この中で、特に決算につきましては、従来どおり決算特別委員会を設置し審査することといたします。会期中においては、正副委員長の互選および審査日程を決めることとし、決算の内容審査につきましては、その日程により、閉会中の継続審査とすることといたします。
 さて、これらの案件の審議に要する日程でありますが、本日は、決算特別委員会を設置し、委員選任を行い、次に、市長の施政所信表明ならびに各議案等に対する提案理由の説明を行い、散会といたします。
 明8月29日から9月7日までは休会といたし、9月8日、9日の両日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、一般質問を行います。
 これらの質問に対する発言通告書の提出期限は、9月1日の正午までといたします。
 各常任委員会の審査日程につきましては、9月10日、11日の両日といたします。
 また、議会等改革特別委員会は9月14日、決算特別委員会は9月15日に行うことといたします。
 そして、9月18日を最終日として本会議を開き、委員会における審査の結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上のとおりの議会日程でもって、本定例会の会期は、本日から9月18日までの22日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、報告といたします。
○議長(山崎文男君) お諮りをいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から9月18日までの22日間といたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から9月18日までの22日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.諸般の報告
○議長(山崎文男君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告第3号をもって報告といたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.請願・陳情の受理
○議長(山崎文男君) 日程第4、請願・陳情の受理について報告いたします。
 本日までに受理いたしました請願1件および陳情1件ついては、お手元に配付いたしました請願および陳情文書表のとおり、所管の委員会に付託をいたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.決算特別委員会の設置
○議長(山崎文男君) 日程第5、決算特別委員会の設置を議題といたします。
 お諮りをいたします。
 議案第62号 平成20年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから議案第71号 平成20年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてまで、以上10議案については、7人の委員で構成する決算特別委員会を設置し、付託の上、閉会中の継続審査とすることにいたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、決算関係10議案については、7人の委員で構成する決算特別委員会を設置し、付託の上、閉会中の継続審査をすることに決しました。
 ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することとなっております。
 お諮りをいたします。
 決算特別委員会の委員の選任については、議長において指名いたしたいと思います。
 これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、本委員会委員の選任は議長において指名することに決しました。
 事務局長から決算特別委員会委員の氏名を発表いたします。
◎議会事務局長(伊部孝幸君) 発表いたします。
 1番 高田義紀君、3番 石川 修君、5番 佐々木勝久君、6番 遠藤 隆君、8番 海野宣彦君、12番 木村愛子君、16番 水津達夫君、以上であります。
○議長(山崎文男君) 以上のとおり指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(山崎文男君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました7人の諸君を決算特別委員会委員に選任することに決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第6.議案第59号 平成21年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から日程第25.報告第12号 専決処分の報告について(道路管理瑕疵による損害賠償額の決定および和解)まで
○議長(山崎文男君) 日程第6、議案第59号 平成21年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から日程第25、報告第12号 専決処分の報告について(道路管理瑕疵による損害賠償額の決定および和解)まで、以上20件を一括議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 市長 牧野百男君。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第374回鯖江市議会定例会の開会に当たり、平成21年度補正予算案を初め各議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 初めに、衆議院議員総選挙の投票日が明後日と迫ってまいりました。今回は、各政党ともマニフェストを掲げ、国民にわかりやすい政策政治を示して支持を訴えております。経済危機・雇用不安・少子高齢化・年金・医療・介護等の社会保障制度・地方分権など、私たちにとって、生活に密着する問題が目の前に山積をしております。あすの日本を人任せではなく、自分たちの手でつくっていくためにも、必ず投票所へ出向き、大きな一票を投じられるようお願いをいたします。
 さて、鯖江の夏の風物詩でございますやっしきまつりが、会場を例年の西山公園から、14年ぶりに本町の街中に戻して開催されました。また、各地区・各町内においても、それぞれ工夫をされ、納涼祭が行われ、多くの住民が地域内での交流・親睦を図り、連携と融和の中で参加と協働の輪がますます広がり、地域の力強さを感じているところでございます。
 さきの3月議会でも、「ふるさとの日」の創設を検討する旨を申し上げたところでございますが、私たちのふるさと鯖江には、先人が築かれた歴史・伝統・文化、そしてすばらしい地場産業があり、すべての市民のかけがえのない宝として永久に守り育てていかなければならないと思っております。このふるさとへの自信と誇りを皆様とともに醸成しながら、地域のきずなを深くし、心をともに分かち合い、愛着を深めていくために、鯖江市が誕生した日である1月15日を市民共通のシンボルとして「ふるさと鯖江の日」と定めたいと存じます。当日は、市政の発展に御尽力いただいた市民の方々の表彰のほか、市民がそろって誕生日を祝う事業を実施したいと考えております。
 また、親切でわかりやすい市役所を目指して、ことし4月に総合窓口を開設し、5カ月が経過をいたしました。御利用されるお客様は多種多様で、市民相談も含め1日平均100件を超えております。これまで各課で対応しておりました簡易な申請等も、できる限り総合窓口で対応させていただき、市民の皆様の負担が少なくなるように努力しているところでございます。少しずつではございますが、総合窓口として機能し始めてきたと思っております。
 また、消費者センターを2階から1階総合窓口近くに移転し、多重債務問題等、消費者問題に対して、市民の皆様がより相談しやすいように入り口ドアをガラス張りにし、照明の取替えや壁面のクロスの張替えを行い、部屋をより明るい雰囲気にいたしました。さらに消費者センターの場所がわかりやすいように、案内表示板も新設をいたしました。相談者からの評判もよく、職員も全力で御相談をさせていただいておりますので、お気軽に御相談をいただきたいと思います。
 さて、1年前倒しして、第5次鯖江市総合計画の策定作業に入っております。刻一刻と変化する社会情勢に対応していくことはもちろんでございますが、今まで行ってきた政策にやり残したことがあれば、それを継続することも必要なことであります。新しい計画の策定のためにも、今回、昨年に引き続き、第4次総合計画の政策評価を実施し、融和と協働を基本理念に、自主・自立した個性のある分権のまちづくりという将来都市像を実現するための四つの基本目標を評価いたしました。結果としては、事業の進捗はおおむね達成できておりましたが、第4次総合計画を作成するときに行った市民アンケートと比べて満足度が増加しており、市民の皆様が「市役所はよくやっている」と感じていただいていることが何よりでございました。現在の経済情勢を受けて、産業面などでは厳しい意見もありますが、この政策評価で浮き出た課題を踏まえまして、第5次総合計画を策定するに当り、施策等の設定や施策を構成する事業の見直しなどに反映させていきたいと考えております。
 また、第4次総合計画に先立ち、平成17年度には「鯖江市行財政構造改革プログラム」を策定し、具体的な取り組み項目を定め、積極的かつ着実に推進してまいりました。今回、平成20年度決算の数値を踏まえ、取り組みから4年間の進捗状況を取りまとめました。具体的取り組み項目58項目のうち、平成20年度までに実施済みまたは実施中であるものは56項目で、進捗率は96.6%となりました。
 また、これらの取り組みによる効果額は、平成20年度において8億215万円となりました。この4年間の財政効果額合計は30億8,480万円となりました。また、プログラムに掲げた財政指標等の数値目標6項目については、20年度末現在では、経常収支比率を除き目標値を達成しております。
 このプログラムは、今年度で計画期間が終了いたしますが、おおむね計画どおり進捗しており、第4次総合計画の融和と協働のまちづくりに大きく寄与したものと考えております。引き続き、改革の手を緩めることなく、鯖江市単独での持続可能な行財政構造の確立に努めていくとともに、第5次総合計画の策定にあわせ、新たな行財政構造改革プログラムを今年度中に策定してまいります。
 次に、昨年から引き続き取り組んでおります経済危機対策でありますが、先月下旬、県が制度融資の利率を0.35%から0.2%の幅で改定したことに伴い、8月17日から市の制度融資についても利率の引き下げを実施しております。さらに、中小企業振興資金の利子補給については、現行1年間補給しているところを2年間に拡充いたしました。この改定により、中小企業の皆様にとって、以前にも増して融資制度が利用しやすくなり、資金繰りの円滑化、経営の安定が図れるものと考えております。
 また、雇用情勢の急速な悪化による大変厳しい雇用状況を踏まえ、新たな雇用創出を推進するため、国の特別交付金事業に積極的に取り組んでおりますが、さらにこの基金事業を拡充いたします。ふるさと雇用再生特別基金事業では、外国籍児童・生徒サポーター派遣事業や健康寿命いきいきサロン設置促進事業、鳥獣害のない里づくり推進事業などの9事業、また緊急雇用創出事業では、登記簿土地家屋台帳との照合事務や気になる子支援事業、未利用農地の畑地再生推進事業などの9事業、合計18事業を新たに実施して、離職者の雇用を初めとする就業機会の創出を積極的に図ってまいります。
 次に、本市の財政状況について申し上げます。
 平成20年度一般会計の決算でありますが、歳入総額244億9,000万円余、歳出総額240億3,900万円余となり、歳入歳出差引額の形式収支は4億5,000万円余で、21年度への繰り越すべき財源を差し引いた実質収支は3億6,500万円余の黒字決算となりました。これを平成19年度決算額と比較いたしますと、歳入総額では700万円余の増とほぼ昨年並みとなり、歳出総額では1億1,500万円、0.5%の増加となっております。平成20年度決算の特徴といたしましては、歳入面では、市税収入および地方交付税ならびに市債収入が減少する一方で、国の経済危機対策等により、国庫支出金・県支出金が増加となりました。また、歳出面では、児童手当などの増加により、扶助費が1億4,200万円、国の経済危機対策による定額給付金等の支出により補助費等が11億1,000万円、それぞれ増加し、普通建設事業費が12億1,800万円減少をいたしました。
 次に、平成20年度決算における主な財政指標について申し上げます。
 まず、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」における一般会計の赤字の程度を指標化し、財政運営の状況を示す実質赤字比率ですが、実質赤字額は生じておらず、黒字の2.7%となっております。また、特別会計を合わせたすべての会計の赤字や黒字を合算して、自治体全体としての赤字の程度を指標化し財政状況を示す、連結実質赤字比率につきましても、黒字の15.13%となっており、いずれも良好な状況にあります。
 次に、特別会計や一部事務組合を含めた地方自治体の実質的な借入金の元利償還額の大きさを指標化し、資金繰りの危険度を示す指標であります実質公債費比率は、普通交付税および臨時財政対策債の減少などから、昨年度より1.3ポイント悪化し、11.2%となっております。この実質公債費比率が18%を超えますと、地方債の発行は知事の許可が必要となります。25%を超えますと早期健全化段階となり、財政健全化計画の策定が必要となってまいりますが、当面そのような水準には本市は達しないものと考えております。
 また、土地開発公社を含めた鯖江市全体の借入金や退職手当、債務負担行為のうち、将来にわたって一般会計で負担すべき額を財政規模と比較して指標化したものが将来負担比率ですが、この数値は48.7%となり、早期健全化比率の350%を大きく下回っております。
 次に、上水道事業や下水道事業などの公営企業の経営状況を公営企業の料金収入の規模と比較して指標化した資金不足比率につきましては、農業集落排水事業特別会計、総合開発事業特別会計、土地区画整理事業特別会計、下水道事業特別会計および水道事業会計のいずれにおきましても資金不足は生じておりませんが、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計においては、引き続き水洗化率と使用料の収入率向上に努め、設備の効率化を推進し、一般会計の負担軽減を図ることが緊急の課題でございます。
 次に、その他の主な指標について申し上げます。
 まず財政構造の弾力性を示す経常収支比率ですが、前年度より3.7ポイント悪化しました。93.5%となり、行財政構造改革プログラムの目標値90%以下を達成することはできませんでした。これは市税、地方交付税の大幅な減少に加え、児童手当などの扶助費の増加により経常経費が増加したことなどによるものでございます。景気の停滞により、今後も法人関係税の落ち込みが懸念される中で、地方交付税のさらなる削減も予想されます。今年度もプログラムの目標である90%以下の達成は極めて厳しい状況でありますが、市税などの収入の確保に一層努力するとともに、人件費や物件費などの経常経費の削減に努めてまいります。
 また、市の借金である市債の残高については、平成20年度末の一般会計では、前年度より7億7,309万円減少し、294億2,580万円となりました。これに特別会計を含めた鯖江市全体の市債残高は、前年度より10億1,096万円減少しました。総額で615億5,714万円となり、市民1人当たりに換算しますと90万9,000円になります。
 次に、基金の残高でございますが、まず財政調整基金は1億円を取り崩しましたが、平成20年度末の残高は12億3,600万円となり、行財政構造改革プログラムの目標残高より約5億円上回る額を確保することができました。
 また、減債基金につきましては、一昨年度から行っている政府系資金の高金利地方債の繰り上げ償還および年利4.5%の縁故債の繰り上げ償還財源として、減債基金を活用したため、2億9,350万円を取り崩しいたしました。その結果、減債基金の平成20年度末の残高は、6億7,350万円となりました。本年度におきましても、この基金を活用して高金利地方債の繰り上げ償還を行い、金利負担の軽減を図ってまいります。
 今後も景気の停滞に合わせ、国の歳出削減の動向や財政状況など、地方自治体を取り巻く環境は、依然として厳しい状況が続くものと予想されますので、鯖江市の財政状況を分析し、より効率的で効果的な財政運営を目指してまいります。
 それでは、当面する市政の諸課題等について申し上げます。
 まず本市の新型インフルエンザ対策でありますが、国立感染症研究所が発表している発生動向調査週報によりますと、例年秋冬を中心に流行するインフルエンザが、ことしは真夏でも広がり、今月15日には国内初めての新型インフルエンザによる死亡が発生し、福井県内でも高校の部活動や保育園などで集団感染しているケースが発見されております。本市は中部・近畿経済圏に位置し、人や物も極めて頻繁に交流しており、新型インフルエンザ罹患のリスクも高く、また学校の夏休みが終了する9月以降には児童・生徒の集団感染の可能性もあり、再度各施設に対し感染予防の徹底を図るとともに、国および県の対策に準じ、集団発生の早期把握と早期対応に努め、秋冬に向けた対策に万全を期してまいります。
 次に、各町内の防災に対する取り組み状況でありますが、市内の自主防災組織の組織率は92%と順調に進展しております。市といたしましても防災機材の充実を図る自主防災組織活動活性化事業や将来の自主防災組織を担う防災リーダー養成講座など、地域の防災力向上に努めているところであります。さらに家庭向けとして、地震や水害から家庭を守るための知識をまとめた「さばえ防災のてびき」および河川が氾濫した場合の各地の水深や土砂災害警戒区域などを示した「災害ハザードマップ」を市内全戸に配布いたしました。今年度は配布したてびき等をテキストとして、ハザードマップ防災講座を計画しておりますので、各集落におきましては、この出前講座などを活用していただき、自助・共助の徹底を推進してまいります。
 次に、抜本的な治水対策でありますが、御幸町の東工ポンプ場は、既に1号ポンプが4月から稼働を始めており、今年度中には染西線において新たに雨水幹線排水路の工事に着手いたします。その他の雨水幹線は、平成23年度から工事に着手する予定でしたが、日之出雨水幹線を今年度から、杉本雨水幹線は来年度から工事に着手してまいります。
 次に、県事業の鞍谷川災害復旧助成事業についてでありますが、今月、田中堰本体が完成し、護岸工事等に着手しました。川島大橋上流の護岸工事等も急ピッチで工事が進められております。また、橋梁工事についても鯖江市管内架替11橋のうち既に6橋が完成し、川島集落の大橋については10月に完成する予定でございます。残りの橋梁4橋も施工中であり、順次早期通行できるように鋭意工事が進められております。
 次に、河和田川上流での狭隘箇所の阻害部を除去する改修工事は、片山橋が7月に改築が完了し、供用を開始いたしました。現在、北中橋の改築を行っており、10月末完成を目指しております。
 次に、県事業の浅水川河川改修につきましては、懸案となっていた4カ所のうちのJR橋付近の掘削は3月に、鳥羽橋左岸下流部の高・低水護岸については7月に完了いたしました。現在、三六橋両岸下流部の高・低水護岸、吉江橋左岸下流部の高水護岸および消雪用取水ポンプ設備工事を施工中でございます。今後とも低水護岸の整備など、残事業の早期完成を強く要請してまいります。
 次に、まちづくり交付金事業神明・鯖江地区につきましては、中心市街地整備の目玉として精力的に整備を進めておりました鳥羽中芦山線の本町3・4丁目区間が交差点舗装工事を残してようやく完成する運びとなりました。また、河和田地区におきましても、通称中道通り周辺で歴史と風格に応じた環境整備を進めてまいりました。平成18年度には河和田町の日の出橋の架け替え、また、19年度には大門橋の大規模改修工事、20年度には大門通りの高質舗装が完成しました。現在は、中道通りの道路改良と下水道工事を施工中でありますが、今年度で完成する予定であります。同じく立待地区では、たちまち近松の里創生事業検討委員会を立ち上げていただき、同委員会と協議を交えながら整備計画を進めております。七曲がり道路の高質空間の整備や榎お清水周辺の環境整備、近松の里へ誘導する大型サインの設置などを行ってまいりました。今年度も引き続き、榎お清水のおいしい水認定を目指した整備や大谷公園へのアクセス道路の整備など、近松門左衛門を核とした物語性のあるまちづくりの整備を目指してまいります。
 次に、地域活力基盤創造交付金につきましては、道路特定財源の一般財源化に際し、これまでの地方道路整備臨時交付金に代わるものとして、道路を中心に、それに関連するほかのインフラ整備やソフト事業も対象とした新たな交付金制度でございます。以前からの交付金で行っていた戸口トンネル取付道路の整備や、鯖江駅北線のバリアフリー化事業の継続に加えて、道路整備と一体となってその効果を高めるために必要な事業等ができるようになりましたので、交通弱者対策として実施しているつつじバスの車両購入にこの交付金を充てることにしました。
 次に、環境基本計画の改定についてですが、平成12年3月の環境基本計画策定以来、今日までに「京都議定書」の発効や環境関連の法整備の進展、国や県の環境基本計画の改定など、本市の環境を取り巻く状況も大きく変化をしております。今回、本年度に策定する第5次総合計画との整合性も考慮いたしまして、鯖江市環境基本計画の改定を行い、本市の環境行政、環境保全活動のさらなる飛躍を目指してまいります。
 次に、女性特有のがん検診推進事業についてですが、女性特有のがんである子宮頸がんおよび乳がんの受診を特定の年齢に達した女性の方を対象に無料化しようとするものであります。国の実施要綱に基づき、検診無料クーポン券と検診手帳の配布を行い、受診率の向上を図ることで、今まで以上に市民への健康意識普及および健康診査やがん検診への受診啓発を推進してまいります。
 次に、第2回鯖江市地域活性化プランコンテストの開催でありますが、昨年のコンテストでは全国から24名の学生が鯖江に集まり、参加学生の意欲的な姿勢と発想が、サポートした地元の学生や地域の住民の皆様に地域活性化に対する意識の高揚をもたらすとともに、マスコミ等で多くの情報発信など成果を上げていただきました。今年度は、「らてんぽ」を拠点に関係者の協力を得ながら、第2回のコンテスト開催に向けた活動に取り組んでいただいております。ことしのコンテストは、9月12日から事前調査を始め、現地などの聞き取り調査を行ったうえ、学生の感覚と発想で鯖江の活性化プランを考え、14日に発表していただくことになっております。
 また、恒例となった河和田アートキャンプでは、河和田地区内の豊かな地域資源である漆器と眼鏡の地場産業をはじめ、田園や里山などの自然環境を活用した創作活動による事業展開を図っていただいております。5年目の節目となる今年からは、都会に住む学生の持つ知力や創造力をより一層活用し、うるしの里の活性化を図るため、地域イベント等への参加事業と長期滞在による創作事業の両面で活動していただくなど、新たな事業展開を目指しております。
 地域イベントでは、5月のうるしの里まつりでの子ども山車曳きや、8月のうるしの里やんしき踊りの夕べなどの事業に、延べ約80名の学生に参加をしていただいております。
 また、アートキャンプの創作事業としては、7月30日から9月4日までの約1カ月間、京都精華大学を初めとする約150名の学生が河和田地区で共同生活をしながら、伝統産業や林業・農業など、六つのプロジェクトやイベントを実施しております。明日から9月1日までの4日間、うるしの里会館や河和田コミュニティセンターを会場に発表会が開催されます。そのほか、来月には東京大学の学生25名が、ものづくりの現場見学のため本市を訪れ、眼鏡工場と漆器会館で研修を行うなど、学生が集うまちとして着々と成果があらわれております。
 その一方で、地場産業の低迷や少子化による県立高等学校の再編整備など、鯖江市を取り巻く環境は厳しく、地域全体が総合的に高度化を図るなどの手段を講じていく必要があります。そこで技術・検査・研究開発等に豊富な知識と経験を持ち、かつ専門性豊かな教員と優秀な学生を多く抱える大学と産業界、そして行政の三者において、産業・学術・文化・教育などの分野で、相互に協力・支援を行うことを目的として、7月29日に福井工業大学と鯖江商工会議所、鯖江市による相互連携協定を締結いたしました。また、今月31日には河和田アートキャンプで、学生との連携による地域活性化を推進している京都精華大学とも三者間による同様の相互協定締結を予定しております。
 今後は、この協定をもとに三者が一体となって、地域に密着した広範な産学官連携、交流の積極的な展開を推し進めることにより、地域経済の活性化、まちづくり、教育・研究機能の充実などにおいて、相乗効果が生まれ、相互の発展に結びつくことを期待しております。
 次に、農業政策についてでありますが、平成21年産の水稲の作柄は、7月の記録的な多雨、日照不足や中・下旬の低温傾向により生育が抑制され、収穫予想は「やや不良」と見込まれております。大豆、そばについては、転作田の周年作として推進しておりますが、今年は153ヘクタールの作付を予定しており、水田フル活用推進事業などを利用しながら、効率的に支援してまいります。また、収穫が終了している大麦については、10アール当たり267キログラムと平年並みで、品質も高いものでした。今後とも水田・畑作経営所得安定対策の加入を推進し、健全な農業経営が営まれるよう期待するとともに、必要に応じて支援してまいりたいと考えております。
 次に、水田園芸振興対策についてですが、安心安全な農作物の提供やトレーサビリティーによる生産者の履歴管理に関心が高まっておりますので、今回、農薬や肥料の散布指導や特産野菜の作付指導などを行う水田園芸推進員を配置し、安全安心な水田園芸を推進したいと考えております。また、鳥獣害による被害は甚大なものがあり、鳥獣害対策が急務であります。このため、農作物被害を防止するために、空き地や竹林、果樹園などの被害原因マップの作成や、鳥獣害対策の専門家を地域コーディネーターとして雇用し、地域住民と一体となって市民の安全と農家の被害対策を進めてまいります。
 次に、ため池は農業用水が不足する地域の貯留施設として今日まで保持されてきましたが、日野川用水事業等の整備により、農業水利施設としての役割は小さくなってきております。今回、豪雨時の一時的貯留による治水対策、土砂を貯留する砂防ダム的機能を持たせた防災対策、ビオトープ施設としての環境対策等、多目的な利用効果を持続させることを目的に、下野田地係と、和田地係の計3カ所のため池を整備してまいります。
 次に、陽春の桜、晩春のつつじと並び、早春のさばえ菜花が、「鯖江春の三大花ものがたり」として、鯖江の風物詩となるよう定着を図るとともに、冬の野菜としても全市的に普及してまいりたいと考えております。今回、播種用種子の確保を図るため、未利用水田に種子採取の栽培普及田を設けたいと考えております。従来の河川堤防敷の栽培に加え、水田等での作付拡大を行い、生産物および加工品としても、市内直売所等で鯖江ブランド農産物として販売してまいりたいと考えております。
 次に、耐震診断の結果、耐震ランクがD判定となっている鳥羽小学校校舎につきましては、現在、耐震補強計画を策定し、補強工事に備えているところですが、このたび、国からの内定の通知がありましたので、実施設計の費用を予算計上したところであります。なお、補強工事費につきましては、耐震補強計画や実施設計を踏まえ、今年度内に補正予算を計上したいと考えております。この鳥羽小学校の工事を終えますと、市内の小中学校の耐震化率は71.7%となり、D判定以下の施設は平成23年度から改築に取りかかる予定の豊小学校を残すのみとなります。また、東陽中学校南校舎の耐震補強工事の進捗状況でありますが、鉄骨枠付ブレースの設置や耐震壁の増設といった耐震補強の主要な工事はほぼ完了いたしました。現在、補強工事に伴う内・外装工事や関係する各種設備工事を鋭意進めており、進捗率は約70%となっております。計画どおり本年12月中には完成する予定でございます。
 次に、指定管理者制度の導入についてですが、今回、契約更新時期の総合体育館を初めとする11施設に、新たにスポーツ交流館を追加して公募する予定であります。スポーツ施設を一体的に管理することで、市民のより一層のスポーツ振興やサービスの向上が図られ、健康長寿のまちづくりの一助になるとともに、管理経費につきましても、縮減が図れるものと考えております。また、平成19年度で指定管理者制度を導入した残りの2施設につきましても、来年3月31日で指定期間が満了となりますので、現在更新の作業を行っております。12月議会には指定管理者の指定につきましてお諮りしたいと考えております。
 それでは、本日御提案いたしました主な議案について申し上げます。
 平成21年度の9月補正予算についてでございますが、政府は景気は底を打ったと宣言をしておりますが、地域経済は依然として厳しい状況にあり、政府に対し、引き続き経済・雇用の両面から強力な対策を求めるところでございます。
 市におきましては、これまでもできる限りの対応をとってまいりましたが、今回の補正に当たっても、そのような観点から積極的な予算措置を行いました。
 特に今年度から道路特定財源の一般財源化により、地域活力基盤創造交付金が創設され、道路整備のほか関連事業も対象に事業費の50%から55%が交付されることから、この交付金を活用し、公共事業等の上積み予算を計上いたしました。
 また、雇用対策として国の緊急雇用創出事業や、ふるさと雇用再生特別基金事業を活用して、臨時雇用や新たな雇用を創出する事業などに取り組むために必要な予算を計上いたしました。
 それでは主なものについて申し上げます。
 まず総務費につきましては、来年度からのつつじバス運行について、当初、運行委託業者に調達をしていただく予定でございましたバス6台を、先ほども申し上げた地域活力基盤創造交付金を活用いたしまして、市で調達することとし、1億2,500万円を計上いたしました。これに伴い来年度からの10年間の運行経費として、当初設定した債務負担行為の限度額を減額補正することといたしました。
 また民生費では、認知症対応型通所介護施設整備に対する補助金を1,000万円計上いたしました。
 次に衛生費におきましては、女性特有のがん検診無料化に要する経費として、980万円を計上いたしました。
 次に、商工費におきましては、市の制度融資である中小企業振興資金の利子補給を1年から2年に延長するための必要な予算を計上いたしました。
 次に、土木におきましては、同じく地域活力基盤創造交付金を活用し、必要な道路整備の経費として7,600万円を増額補正することといたしました。また、市営住宅ストック総合改善事業として900万円を計上し、舟津と新町の市営住宅のバリアフリー化、さらには桜町や平井団地などの地上デジタル化を整備してまいりたいと考えております。
 次に、教育費につきましては、鳥羽小学校の耐震補強の実施設計に要する経費として900万円、小中学校の理科教材や必要な備品の購入、そのほか公民館などの老朽化に伴う修繕費などを予算計上いたしました。
 これらの結果、一般会計におきましては5億3,270万円を増額し、平成21年度の予算総額は233億5,230万円となり、昨年の9月補正後と比べ5%の増加となりました。
 また特別会計では、後期高齢者医療特別会計におきまして、保険料の還付金として160万円を増額補正し、補正後の予算総額を5億2,000万円といたしました。
 また介護保険事業特別会計の保険事業勘定におきまして、平成20年度に交付された介護給付費国庫負担金等の実績精算によります償還金に3,350万円を増額補正し、補正後の予算総額を39億7,430万円といたしました。
 これによりまして、特別会計を含めた平成21年度の鯖江市の予算総額は402億9,360万円となり、昨年の9月補正後と比較して2.4%の減少となりました。
 その他の議案につきましても、それぞれ記載の理由に基づき提案をいたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と市政の諸課題、補正予算案等について申し上げました。
 なにとぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(山崎文男君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、9月8日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。
 御苦労さまでした。
              散会 午前10時42分