議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成21年 3月第371回定例会−02月27日-01号




平成21年 3月第371回定例会

           第371回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成21年2月27日(金)開会
                  3月24日(火)閉会 26日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 2月27日│金│10時│本会議(提案理由説明、補正予算先議、     │
 │      │ │   │           委員長報告・採決)   │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   28日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 3月 1日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    2日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    3日│火│12時│休 会 一般質問〆切             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    4日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    5日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    6日│金│ 9時│議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    7日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    8日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    9日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   10日│火│10時│本会議(追加提案・採決、質疑、一般質問)   │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   11日│水│10時│本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   12日│木│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   13日│金│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   14日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   15日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   16日│月│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   17日│火│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   18日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   19日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   20日│金│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   21日│土│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   22日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   23日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   24日│火│10時│本会議(追加提案、委員長報告、質疑、討論、  │
 │      │ │   │採決)                    │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘


              議 案 審 議 結 果 一 覧
                            市長提出(2月27日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第11号 │平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第4号) │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第12号 │平成20年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正│ 総  務 │  〃  │
│     │予算(第2号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第13号 │平成20年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予│  〃  │  〃  │
│     │算(第1号)                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第14号 │平成20年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算│ 教育民生 │  〃  │
│     │(第3号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第15号 │平成20年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正│ 産業建設 │  〃  │
│     │予算(第2号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第16号 │平成20年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算 │  〃  │  〃  │
│     │(第3号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第17号 │平成20年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号│  〃  │  〃  │
│     │)                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第32号 │鯖江市神明小学校校舎耐震補強・大規模改造工事 │ 教育民生 │  〃  │
│     │(建築工事)請負変更契約の締結について    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第33号 │鯖江市資料館増改築工事(建築工事)請負契約の締│  〃  │  〃  │
│     │結について                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第34号 │土地の取得について              │ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第35号 │財産の無償貸付について            │  〃  │  〃  │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            市長提出(3月10日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第36号 │東工排水機場建設工事に関する請負報酬請求事件に│  −  │ 可 決 │
│     │係る和解について               │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            市長提出(3月24日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 1 号 │平成21年度鯖江市一般会計予算        │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 2 号 │平成21年度鯖江市国民健康保険事業特別会計予算│ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 3 号 │平成21年度鯖江市老人保健特別会計予算    │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 4 号 │平成21年度鯖江市後期高齢者医療特別会計予算 │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 5 号 │平成21年度鯖江市介護保険事業特別会計予算  │ 教育民生 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 6 号 │平成21年度鯖江市農業集落排水事業特別会計予算│ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 7 号 │平成21年度鯖江市総合開発事業特別会計予算  │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 8 号 │平成21年度鯖江市土地区画整理事業特別会計予算│  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第 9 号 │平成21年度鯖江市下水道事業特別会計予算   │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第10号 │平成21年度鯖江市水道事業会計予算      │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第18号 │鯖江市特別職の職員の給与および旅費等に関する条│ 総  務 │  〃  │
│     │例の特例条例の制定について          │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第19号 │鯖江市保育施設等環境整備臨時基金条例の制定につ│ 教育民生 │  〃  │
│     │いて                     │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第20号 │鯖江市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定│  〃  │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第21号 │鯖江市部設置条例の一部改正について      │ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第22号 │鯖江市情報公開条例の一部改正について     │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第23号 │鯖江市個人情報保護条例の一部改正について   │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第24号 │鯖江市特別職の職員の給与および旅費等に関する条│  〃  │  〃  │
│     │例の一部改正について             │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第25号 │鯖江市長等退職手当支給条例の一部改正について │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第26号 │鯖江市一般職の職員の旅費に関する条例の一部改正│  〃  │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第27号 │鯖江市介護保険条例の一部改正について     │ 教育民生 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第28号 │鯖江市勤労青少年ホーム設置および管理に関する条│  〃  │  〃  │
│     │例の一部改正について             │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第29号 │鯖江市営住宅の設置および管理に関する条例の一部│ 産業建設 │  〃  │
│     │改正について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第30号 │鯖江市特定公共賃貸住宅の設置および管理に関する│  〃  │  〃  │
│     │条例の一部改正について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第31号 │鯖江市土地開発公社定款の一部変更について   │ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第37号 │鯖江市副市長の選任について          │  −  │ 同 意 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第38号 │鯖江市教育委員会委員の任命について      │  −  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第39号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  −  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第40号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  −  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第41号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  −  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            議員提出 (3月24日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│ 第 1 号 │鯖江市議会会議規則の一部改正について          │ 可 決 │
└──────┴────────────────────────────┴────┘



                請願の審査結果一覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │現行保育制度の堅持・拡充│新日本婦人の会鯖江支部│ 教育民生 │継 続│
│ 第1号 │と保育・学童保育・子育て│支部長 岡本 晴美  │     │審 査│
│    │支援予算の大幅増額を求め│           │     │   │
│    │る意見書の提出について │           │     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘



            第371回鯖江市議会定例会会議録
   …………………………………………………………………………………………
       平成21年2月27日(金曜日)午前10時21分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(20人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         11番  福 岡 宏 明
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         19番  玉 邑 哲 雄
                         20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(0人)
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 教育長          藤 原 宣 章
                 総務部長         岡 山 和 市
                 企画財政部長       千 秋 冨 秀
                 福祉環境部長       山 本 信 英
                 産業部長         藤 山 健 人
                 都市整備部長       森 本   茂
                 会計管理者        天 谷 武 博
                 教育委員会事務部長    竹 内 秀 博
                 都市整備部技監      斉 藤   勉
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         宇 野 徳 行
                 秘書広報課長       中 村 修 一
                 企画政策課長       伊 部 雅 俊
                 財政課長         辻 川 哲 也
                 社会福祉課長       福 田 末 隆
                 商業観光課長       辻 本   正
                 都市計画課長       田 中 憲 男
                 教育総務課長       藤 井 勇 二
                 監査委員事務局長     松 村 里 見
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       小 泉 昭 一
                 議会事務局次長      棚 池 義 治
                 議会事務局参事      西 村 郁 夫
                 議会事務局次長補佐    山 口 達 哉
                 議会事務局主任      丸 田 美智代
   …………………………………………………………………………………………
              開会 午前10時21分
○議長(佐々木敏幸君) ただいまから第371回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(佐々木敏幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、7番 小竹法夫君、8番 海野宣彦君、9番 平岡忠昭君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(佐々木敏幸君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長の報告を求めます。
 議会運営委員長 末本幸夫君。
           〇議会運営委員長(末本幸夫君)登壇
◎議会運営委員長(末本幸夫君) おはようございます。
 第371回定例会の運営につきまして、去る1月27日、2月20日及び本日に開催いたしました議会運営委員会における審査の結果について御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件は、議案35件、報告3件、請願1件であり、会期最終日には人事案件及び市会案が追加提案される予定であります。
 さて、これらの案件の審議に要する日程でありますが、本日は、市長の施政所信表明並びに各議案等に対する提案理由の説明を行い、その後、予算の執行等を配慮して、議案第11号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)から、議案第17号 平成20年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号)までの補正予算議案7件及び議案第32号 鯖江市神明小学校校舎耐震補強・大規模改造工事(建築工事)請負変更契約の締結についてから、議案第35号 財産の無償貸付についての契約締結等議案4件について審議を行います。
 各常任委員会の審査の後、各委員長の審査結果報告、質疑、討論の上、採決いただきたいと思います。
 明2月28日から3月9日まで本会議を休会とし、10日、11日の両日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、一般質問を行います。
 これらの質問に対する発言通告書の提出期限は、3月3日の正午までといたします。
 各常任委員会の審査日程につきましては、3月12日、13日及び16日の3日間といたします。
 また、議会等改革特別委員会の審査は、3月6日といたします。
 そして、3月24日を最終日として本会議を開き、委員会における審査の結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上の議会日程でもって、本定例会の会期は、本日から3月24日までの26日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、報告といたします。
○議長(佐々木敏幸君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から3月24日までの26日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から3月24日までの26日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.諸般の報告
○議長(佐々木敏幸君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告第1号をもって報告といたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.請願の受理の報告
○議長(佐々木敏幸君) 日程第4、請願の受理について報告いたします。
 本日までに受理いたしました請願1件については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.議案第1号 平成21年度鯖江市一般会計予算から日程第42.報告第3号 財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで
○議長(佐々木敏幸君) 日程第5、議案第1号 平成21年度鯖江市一般会計予算から日程第42.報告第3号 財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで、以上38件を一括議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 市長 牧野百男君。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第371回鯖江市議会定例会の開会に際し、平成21年度当初予算案を初め、各議案の御審議をいただくに当たり、市政運営についての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題についてその概要を御説明申し上げます。
 昨年9月のリーマンショックに端を発した世界的な金融危機は、実体経済にも深刻な影響を及ぼし、世界同時不況の様相を呈しています。日本経済も例外ではなく、内閣府が去る16日に発表した昨年10月から12月期の国内総生産速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比3.3%減、年率換算で12.7%減となり、戦後2番目の下げ幅となりました。
 本市においても、眼鏡・繊維・漆器の地場産業を中心に、企業の資金繰りが悪化するなど厳しい状況が広がっております。このような状況下にあって、本市では、3月補正予算及び21年度当初予算で経済対策、雇用対策の予算措置をとったところであります。今回の急速な景気悪化を一刻も早く食いとめ、我が国の経済を回復軌道に乗せるためには、国、地方自治体、民間部門が一体となって、総合的な対策を早急に講じる必要があります。麻生総理を初め政府においては、現状を厳しく認識し、いま一度緊張感を持って対応するとともに、国会においては、真に国民の目線に立ち、速やかに予算を成立させ、円滑に事業実施できるよう強く要望するところであります。
 それでは、平成21年度当初予算の概要について御説明申し上げます。
 新年度を「改革から創造へ」向けた新たな鯖江市のまちづくりの基点となる年として位置づけ、市民の皆様が安全・安心を実感でき、郷土への誇りや夢と希望を抱けるような施策を推進する予算編成に努めました。
 また、国の平成20年度の第1次、第2次補正予算への対応とあわせ、本市におきましても、平成20年度3月補正予算と平成21年度当初予算を一体的にとらえ、13カ月予算として市民生活に必要な事業を円滑に推進していくことといたしました。
 また、編成に当たりましては、第4次総合計画の仕上げに向けた取り組みの推進、暮らしやすいまちづくり、鯖江市の特性や地域資源を生かした鯖江ならではのまちづくり、鯖江ブランドの創造による産地振興への積極的取り組みなど、主要な課題に対応する事業に重点的、効率的に財源を配分したところであります。
 それでは、当面する市政の諸課題と、新年度の基本的な方向性について申し上げます。
 初めに、経済・雇用対策について申し上げます。
 地域の経済対策として、国の1次補正は教育施設の耐震補強工事に、2次補正については、地域活性化・生活対策臨時交付金すべてを小・中学校の教育環境や保育所・幼稚園などの子育て環境の早期整備事業として、3月補正で予算措置をいたしました。
 次に、定額給付金及び子育て応援特別手当については、今回の補正予算に関連の予算を計上しておりますので、本日御承認をお願いした後、国の情報の把握に努めながら鋭意発送の準備を進めてまいります。
 また、定額給付金にあわせて、鯖江商工会議所において、1割から最大10割の割り増しつきの「さばえお楽しみお買い物券」を1枚1,000円で2万5,200枚の発売を計画しております。これをつつじまつりにあわせ、4月から2カ月間商工会議所にて発売していただくとともに、市も連携しながら商店街の取り組み等とあわせて、「バイ・サバエ運動」の機運をさらに高め、市内での消費拡大を促進してまいりたいと考えております。市民の皆様には、定額給付金の趣旨を御理解いただき、商店街での買い物を初め、地場産品の購入に御協力をお願いいたします。
 次に、昨年10月、中小企業者の資金繰りを支援するために、国が緊急経済対策として実施した融資を受ける際の緊急保証制度の申請認定件数は、鯖江市で今月24日現在417件と、昨年度1年間の65件に対して6倍以上の増加となっております。また、本市の制度融資である中小企業振興資金と小規模企業者特別資金の利用状況につきましても、融資額は15億7,200万円余と、既に昨年の融資額をオーバーしている状況であります。このようなことから、今後も中小企業振興資金と小規模企業者特別資金については、従来どおりの保証料や利子への一部補給など、双方からの支援を継続してまいります。
 次に、今日の経済不況により、勉学意欲がありながら高等学校、大学等の学費支弁が困難な家庭がふえることが危惧されることから、奨学資金貸与基金への繰出金を増額し、奨学資金貸与者の拡充を図りたいと考えております。また、小・中学校において、経済的な理由によって就学困難と認められる児童・生徒の保護者に対して、学用品費、給食費などの援助を行っておりますが、これも経済不況により対象家庭もふえることが見込まれますので、昨年度比13%増を見込んで予算化をいたしました。
 次に、雇用対策についてでありますが、県の「福井県内の雇用失業情勢についての概況」では、派遣契約の解除による離職者や在職中の求職者が増加する一方、求人の動向は、企業が募集を控えていることから昨年と比べ大幅に減少しており、今後も雇用情勢の急速な悪化が懸念されるとしています。このような状況の中、本市では今年1月から緊急雇用対策として臨時職員等の採用を行ったところであります。
 新年度におきましても、国の緊急雇用創出事業やふるさと再生特別基金事業を活用した臨時雇用や、新たな雇用を創出する事業などに取り組むとともに、保育士などの市職員を前倒しして採用を行い、本市の離職者の雇用を初めとする就業機会の創出を積極的に図ってまいります。
 次に、これまでの「作るだけの産地」から、「作って売る産地」への転換による活力と魅力ある産地づくりに向けた取り組みを推進していくことが重要であります。本年度は、「眼鏡産地の再生」をテーマに国の地方の元気再生事業の採択を受け、鯖江商工会議所と福井県眼鏡協会並びに本市等で協議会を構成し、一丸となって取り組んでいるところであります。その取り組みの一端を申し上げますと、若い女性に高い人気を誇るアパレルブランド3社とファッションスタイリストの連携により、計4タイプのファッショングラスを共同開発しました。来月7日に開催予定の国内最大級のファッションイベント、東京ガールズコレクションにおいて、アパレルブランドと「鯖江」の名前を併記した製品を発表し、同時に、今回連携したアパレルブランドのブティックやインターネット通販等での発売を予定いたしております。ファッショングラスは視力測定やレンズ加工が不要なことから、産地にとって新たな流通開拓につながるものと期待をしております。今年度の事業で得たノウハウや人脈を最大限に生かしながら、眼鏡産地の再生に向けた新たな事業展開を国に提案し、継続採択を目指してまいります。
 次に、地域産業の流出による地域経済の空洞化が進む中で、地域の原動力として次世代を担う若者が定住するまちづくりが求められています。そこで、市内で起業・創業をされた製造業及びIT関連企業に、開業祝い金を交付する起業・創業促進支援事業を新たに創設するなど、より一層の事業創出と雇用拡大を図ってまいります。
 また、丹南高校と連携して取り組んでいる地場産業の企業訪問、実地体験やファッションデザイン画講座などの、ものづくり教育をさらに充実して継続していくことにより、地場産業の後継者育成を図ってまいります。
 次に、新たに企業とも連携した「安心して産み育てられる子育て・環境づくり」に努めてまいります。共働きの多い本市では、仕事と家庭が両立できる職場環境が求められております。そのためには、企業の御理解と御協力が必要不可欠であることから、企業への支援として新たにワーク・ライフ・バランス推進事業に取り組んでまいります。企業にとっても優秀な人材の確保は重要な課題であり、新年度から、従業員のための事業所内託児所の開設支援、復職を前提とした育児休暇代替要員確保支援、子育て休暇取得支援の3つの事業に取り組みたいと考えております。
 次に、出産年齢が上昇し少子化が進む中、安心して妊娠・出産ができるよう妊婦健診の検査項目を充実します。また、経済的負担の軽減を図るため、妊娠中に必要とされる14回の健康診査費用をすべて公費負担いたします。
 また、病児・病後児保育につきましては、現在、病院の専用施設で実施しておりますが、新たに保育所内で看護師などを配置して緊急的な対応を図る、体調不良時対応型病児・病後児保育を2つの民間保育園で実施していただくこととしました。
 次に、農業関係については、平成21年産の鯖江市に対する米の生産目標数量の配分は7,849トン、生産目標面積に換算すると1,469ヘクタールで、従来の生産調整率に直しますと30.8%となっております。生産調整への対応につきましては、これまで調整水田や保全管理など作付をしない農地もありましたが、新年度は水田利用100%を目指し、新たに加工用米、飼料用米、さばえ菜花などの景観作物などの作付をする農地に支援してまいります。
 また、耕作放棄地については、これまでに市内全域を調査し、耕作放棄地解消実施計画を策定しましたので、これに基づき地域耕作放棄地対策協議会の体制整備、耕作放棄地再利用のための検討会、農地利用調整活動等を行い、国の補正予算を受け、耕作放棄地の再生利用に向けた実証試験を五カ所で行う予定であります。
 次に、新たな農業の展開に向け、農商工連携を進めてまいります。市内の農業者と商工業者が積極的に参画し合える体制や環境を整備し、まずは、鯖江産農産物の市内での消費拡大、販路拡大により、地産地消を推進してまいります。その上で消費者や商工業者のニーズにこたえられるよう、農業者への情報提供や農産物の作付指導等により、新たな付加価値を生み出す6次産業化を目指した、第1・2・3次産業コーディネート事業等を行い、さばえブランドの確立に努めてまいります。
 次に、抜本的な治水対策ですが、まず、東工ポンプ場に整備中の1号ポンプが4月から稼働を始めます。これにより、排水能力が向上して浸水被害の軽減が図られます。引き続き2号ポンプの設計、旧ポンプ場施設の撤去と場内整備を行うとともに、染西線において新たに雨水幹線排水路の工事に着手いたします。現在、神中町で黒津川への自然放流用雨水管を工事中でありますが、完成すれば、短時間の局地集中型の豪雨に対して浸水被害の軽減が期待されます。また、鯖江駅北線の日之出雨水幹線の調査設計を行い、平成22年度から工事に着手したいと考えております。さらには、立待体育館付近の杉本雨水幹線の整備も、現況調査しながら順次工事を進めてまいります。
 また、新年度から、宅地からの雨水流出抑制や雨水再利用のための雨水貯留タンクや雨水浸透ますの設置費用、既存浄化槽の雨水再利用タンク切りかえに要する費用の一部を助成する制度を創設いたします。
 次に、農村部の排水施設の整備・改修のために、村づくり交付金事業に着手をいたします。これまでに事業計画を作成し、現在、国の採択を待つ状況でありますが、新年度は下司町地係にあります排水機場の設備更新を第一に着手し、青武台団地など日野川と吉野瀬川に挟まれたエリアの水害による不安を解消します。また、同時に中野地区・川去地区の幹線排水路改修の設計を行い、地元と協議しながら順次事業を進めてまいります。
 また、県の補助による土地改良事業も積極的に活用して、土地改良区の御協力を得ながら、水路や水門等の排水施設整備を行い、豪雨時の早期排水による水害防止を図ってまいります。
 次に、福井鉄道福武線につきましては、今後の設備更新に必要となる国の支援を受けるため、地域公共交通総合連携計画及び鉄道事業再構築実施計画について、今月9日に国へ提出し、24日に全国初の事例として、鉄道事業再構築実施計画の認定を受けたところであります。また、越前市から福井市間の鉄道用地20万9,069平方メートルの取得につきましては、福井市、鯖江市、越前市の共有財産として、今月17日に福井鉄道株式会社との間で土地の売買仮契約及び土地使用賃貸仮契約を締結、今議会に用地取得及び無償貸付の議案を提出させていただきました。
 私は、就任以来、市民の皆様の参加と協働によるまちづくりを進めてまいりました。おかげさまで市民総ぐるみで鯖江市のまちづくりを進めていこうという機運が徐々に醸成されてきたと感じています。自主自立単独での自治体運営を選んで、平成22年1月15日には市制55周年の記念すべき日を迎えます。いつまでも、このすばらしいふるさと鯖江を残し、先人が築き上げてきた歴史や伝統、文化、地場産業を将来にわたり受け継ぎ、先人に感謝するとともに、市民の気持ちを一つにしていくために、市制55周年を機に「ふるさとの日」の創設を検討してまいりたいと考えております。
 それでは、主要な事業につきまして申し上げます。
 まず、災害に強いまちづくりにつきましては、昨年3月に策定した鯖江市災害時要援護者避難支援プランに基づき、災害時要援護者の登録作業を進めております。現在対象者の約35%の方が登録を済ませておられますが、このプランを実効性のあるものとするためには、地域の方々が支援者となって、要援護者に対する日ごろからの見守りや災害時の避難支援活動を行っていただくことが重要であります。活動の中心である町内の自主防災組織において、地域防災リーダー育成講座を開き、災害や防災に関する知識を習熟した自主防災組織のリーダーを養成していただきたいと考えております。
 次に、県事業の鞍谷川災害復旧助成事業についてでありますが、浅水川合流点から川島大橋までの区間で、松成町の一部及び橋梁取り付け部等を除きほぼ完了し、川島大橋上流の護岸工事とも急ピッチで進められております。また、橋梁工事についても鯖江市管内架けかえ11橋のうち、既に5橋が完成し、残りの橋梁6橋も施工中であり、順次早期通行できるよう鋭意工事が進められております。
 次に、河和田川上流での狭隘箇所の阻害部を除去する改修工事は、5月末完成を目指した片山橋と、9月末完成を目指した北中橋を施工中であり、現在片山東堰の詳細設計を行っております。
 次に、県事業の浅水川河川改修につきましては、鳥羽橋左岸下流部の高・低水護岸、三六橋両岸下流部の高水護岸、吉江橋左岸下流の高水護岸及び吉江中農業用及び消雪用取水ポンプ設備工事を施工中であります。また、今後、三六橋両岸下流部の低水部の掘削とJR橋両岸上流部の工事用道路の撤去工事を予定しているとのことであり、今後とも未整備箇所すべての早期完成を強く要請してまいります。
 次に、つつじバスにつきましては、今年度の運行を基本に、11路線71便での運行を継続してまいりますが、平成22年度にはジャンボタクシーでの2路線以外の9路線6台について低床バスを導入し、さらなる安全の確保と安定した運行を目指してまいります。このため、契約期間を10年とする新つつじバスノンステップ化事業として、今回債務負担行為をお願いしております。
 次に、街なか公園である西山公園を四季を通じて賑わいの場となるよう、冬期の活性化策として、西山公園のツツジにイルミネーションを装飾する西山公園イルミネーション事業を実施したいと考えております。この西山公園のライトアップイベントが、新たな冬の観光スポットになるものと期待しております。
 次に、景観形成推進事業についてでありますが、魅力ある町並み形成に貢献している建築物と沿道の垣根の2つの部門を対象とした景観コンクールを実施し、市民の町並み景観に対する意識の高揚を図る表彰制度を創設、環境と調和した町並みの美しい鯖江を目指してまいります。
 次に、環境にやさしいまちづくりについてですが、河和田地区のゲンジボタルや市の鳥オシドリが生息する環境を保全するため、生息基盤となっている河川の一部を環境保全区域として指定してまいります。
 次に、ごみ減量化と化石燃料の削減に対する市民意識向上を図るため、レジ袋の無料配布を4月1日から取りやめる協定を締結いたしました。本市の場合、市民団体の方々が自主的に発意し、市民運動的に協定締結に至ったものであり、これからも市民団体の皆様と協働でマイバッグの持参とレジ袋削減の啓発に積極的に取り組んでまいります。
 次に、越前市が瓜生町地係に建設を進めている東部下水処理場が、平成21年9月をめどに供用を開始する予定とお聞きしております。鯖江市では越前市との間で環境保全協定書の案を取りまとめ、これまで2年にわたり越前市とともに関係住民の皆様への説明をさせていただき、御意見をお聞きしてまいりました。それらを踏まえ、去る24日に越前市と環境保全協定を締結することができました。これまでに至る関係各位の御理解と御協力に深謝申し上げます。今後は、この協定をもとに、施設からの悪臭や排水の監視はもとより定期的な放流河川の水質の監視などを行い、将来的な環境の保全に万全を期してまいります。
 次に、鯖江市高齢者福祉計画・介護保険事業計画を改定し、新年度から平成23年度までを第4期とした「さばえ健康寿命いきいきプラン?」を策定いたします。今回、新規に取り組む重点施策として、認知症対応型デイサービスの整備を図るとともに、認知症ケアに携わる人を対象とした研修会の実施や、介護予防サポーターの養成など、介護予防活動を地域で展開させることのできる人材育成を図ります。
 また、第4期介護保険料については、要介護者の自然増や介護報酬改定等に伴い給付費の増加が見込まれますが、国の介護従事者処遇改善臨時特例交付金や市の介護保険基金を充当することで、現行の保険料基準額4,200円を据え置き、保険料区分についても、所得段階を7段階から9段階に細分化し、低所得者層の負担を軽減してまいります。
 次に、健康診査事業については、受診機会をふやしていただくための受診期間の大幅な延長や、新たに腎臓の機能を見る血清クレアチニンなどの独自検査項目を追加するなど、健康診査事業のより一層の充実を図ってまいります。また、これらとあわせまして、運動習慣の定着、食習慣の改善を図るため、健康づくり推進員による町内出前講座の実施や、食生活改善推進員による地域食生活改善活動など、総合的な健康づくりの推進に努めてまいります。
 次に、公立丹南病院の再整備計画については、平成24年春ごろの開院を目指し、検討を重ね、このたび基本プランの素案がまとまりました。新病院は、鉄筋コンクリート造7階建て、床面積1万4,973平方メートルとし、救急等の急性期医療を担う中核病院としての医療機能が十分発揮できるよう、当初の床面積より約1,000平方メートル規模を拡大いたしました。この床面積の増加により、新病院建設工事費は35億円から37億円となり、外構工事費、解体工事費などや医療機器等の整備費を含めた総事業費は60億円となります。なお、事業費の増加分2億円は、指定管理者である社団法人地域医療振興協会からの資金提供を充てることとしております。
 次に、学童保育につきましては、民間保育園、児童センターなど29カ所で実施しているところですが、核家族化の進行により、年々利用者が増加しております。児童センターでの学童保育については、通常利用の児童とあわせて実施しているため、利用者の多い一定規模以上の児童センターに対し、現在の児童厚生員2名に加え、補助員を1名配置して、児童の安全確認に万全を期してまいります。
 また、AED設置につきましては、公立、私立の保育園及び幼稚園のすべてに機器を設置して、子供を安心して預けられる環境の整備に努めてまいります。
 次に、中心市街地の活性化を図る「さばえ街なか賑わいプラン」の促進についてでありますが、プランに策定されている41事業のうち、27事業が実施または着手され、「賑わい」「憩い」「癒し」、そして「もてなしの心」にあふれるまちづくりへ、地域の皆様が創意工夫される中で積極的に進めていただいております。
 特に「本山誠市」は、出店数も毎回50店を確保し、来場されるお客様の数も昨年1年間で2万人を超えるなど、着実に中心市街地の賑わい事業の核として定着してまいりました。また、周辺の商店街へ誘導する「ご縁市」におきましても、毎回20店舗が出展され、街なか賑わいの創出に積極的に取り組んでいただいております。
 新年度からは、商工会議所に職員を派遣し、強力な連携の中で、「さばえ街なか賑わいプラン」の事業実施とあわせて、農商工連携による商店街活性化の検討など、商工会議所を初め関係者の皆さんと連携・協働して、賑わいづくりに最善を尽くしてまいります。
 次に、5年目の節目となるかわだアートキャンプ事業は、農業・林業・産業など6つのアートプロジェクト事業を中心に、今回は、記念となる事業についても計画しております。
 また、昨年、全国各地から24名の学生たちが参加した地域活性化プランコンテストにつきましては、学生たちの目線でのアイデアと行動力、学生たちが持つ情報発信力を生かして、まちづくりの企画提案に必要な支援をしてまいります。
 次に、働きやすいまちづくりや産業振興の一環として、商工会議所が団塊の世代人材バンクシステムの構築を行ってまいりました。新年度は企業に団塊の人材バンクの開設と活用を広報し、企業からの求人情報を求職者に提供するとのことでありますので、市としても引き続き支援を行い、産地に必要な技術の伝承と雇用機会の拡充が図られることを期待しているところであります。
 次に、昨今の郷土に対する誇りや愛着心が希薄になる中で、ふるさと鯖江にゆかりのある人たちを紹介し、その功績を顕彰し、まちづくりにつなげていくことは極めて重要であります。ふるさとの偉人顕彰として、ふるさと偉人の選考を進めるとともに、功績を取りまとめた小冊子を作成して小学生に配布し、自信と誇りの持てるふるさと意識の醸成につなげていきたいと考えております。
 次に、文化財指定の新たな取り組みとして、ものづくり産地の伝統と歴史を後世に引き継ぎ、その卓越した豊富なわざを保存し伝承するため、工芸技術分野における鯖江市の人間国宝として、越前漆器の丸山勇さんと石田縞の吉川道江さんのお二人を無形文化財に指定させていただきました。新年度においても、市内全域の古民家や芸能を含む文化財の基礎調査を実施し、後世に引き継ぐべき新たな文化財の指定を目指してまいります。
 次に、資料館リニューアル工事・オープン記念事業についてでありますが、工事竣工は来年1月末を予定しております。平成22年は市制55周年に当たりますので、資料館のリニューアルオープン記念事業を鯖江市制55周年記念行事の目玉事業として開催してまいりたいと考えております。
 事業内容は、鯖江出身の洋画家、アニメーション作家として著名な久里洋二先生の作品を一堂に集めた「久里洋二ワールド」を開催いたします。既に、久里先生からは300点を超える作品の寄贈をいただいており、市民の皆様を初め多くの方々にごらんいただきたいと思います。これにあわせ、既存の3階部分を整備し、久里先生の作品が年間を通して子供から大人まで楽しめる「久里洋二の部屋」を設け常設展示といたします。また、増築部分の2階には、「間部の部屋」を設け、鯖江の礎を築かれた間部のお殿様を広く紹介してまいります。
 次に、学校教育の推進についてでありますが、これまでも、学習支援や部活動指導、見守り活動など、地域のボランティアの皆様に学校を支援していただいておりますが、これらをさらに発展させ、今後は中学校単位にボランティアの皆様との連携・協力をより強化して組織的なものとし、学校の求めと地域の力をマッチングして、より効果的な学校支援を進めてまいります。
 また、小学校につきましては、これまで肢体不自由児、LDやADHDなどさまざまな障害を持つ児童の学級の支援を行ってまいりましたが、新年度から学級支援の一層の充実を図るとともに、相談室にも支援員を配置し、相談室登校の児童に対しても個々に応じた適切な支援を強化してまいります。
 また、中学校の不登校生徒が増加傾向にあることから、全教員を対象にした学級経営研修講座などを繰り返し実施し、資質の向上に努めるとともに、鯖江中と中央中にそれぞれ1人の不登校相談員を配置し、個々に応じたきめ細かい支援を行ってまいります。
 次に、食育の推進についてでありますが、福井県は全国体力テストや学力テストでも全国トップクラスでありました。これらは、これまで学校が食育を基盤に知育・徳育・体育の調和のとれた教育を積極的に進めてきた成果だと考えております。中でも、食育推進が大きく影響していると思われ、小学校では引き続き学校水田や菜園での農業体験、その野菜などを使った料理体験や給食への利用を通して食育の推進に努めてまいります。
 また、新年度から、米飯給食を1回ふやし週4回に改めるとともに、学校菜園などで収穫した野菜の給食への利用や地元生産者の協力をいただく中で地場産野菜の比率を高め、安全でおいしい学校給食を進めてまいりたいと考えております。なお、小学校給食の漆給食食器につきましても、地場産業振興の面からも数量をふやしてまいります。
 次に、中学校の給食についてでありますが、一昨年から食料品などの値上げが続くとともに、中国産餃子や事故米の問題で食の安全性が問われています。そのようなことから、地場産野菜などの比率を高め、より安全でおいしい給食を実現するために保護者の御理解が得られましたので、給食費の見直しを行うことにいたしました。
 次に、「図書館司書の日」事業を新しくスタートいたします。この事業は、図書館の司書が市内すべての小・中学校の図書室を月2回定期的に訪れて、子供たちに、読書すること、ものを調べること、知ることの楽しさや喜びを感じてもらおうとする取り組みであり、学校では行き届かないところをカバーしてまいります。また、この事業には、さばえっこ図書ボランティアネットワークの方々が「朝読書」活動の幅を広げて一緒に協力してくださるということであり、文化の館と学校と地域の方々が手をつないで子供たちを守り、はぐくみ、支えることで、家庭と地域と学校の教育力の向上につながるものと期待しております。
 次に、学校施設の安全・安心の推進についてでありますが、東陽中学校の南校舎及び神明小学校の給食室の耐震補強と改修工事、また、耐震補強を予定している鳥羽小学校の耐震補強計画策定作業を3月補正で予算を計上いたしました。あわせて、片上小学校グラウンドと鯖江中学校グラウンドの改修工事、神明幼稚園の屋上防水工事など、幼稚園、小・中学校の施設整備も3月補正の対応といたしました。また、幼稚園の耐震診断につきましても、鯖江東幼稚園と北中山幼稚園の耐震診断を実施してまいります。
 さらに、中央中学校につきましては、生徒の増加により平成23年度から教室数が不足することから、鉄骨造りの校舎増築のための実施設計を行いたいと考えております。
 次に、青少年健全育成の推進についてでありますが、これまで子供たちの自主性、忍耐力を養うために、小学4年生を対象に県立青年の家で合宿通学を行ってきたところでありますが、新年度からは公民館で宿泊し、地域の方々とのふれあいに重点を置いた公民館合宿通学を行います。地域文化や伝承学習を通じて、子供たちと地域の方々がふれあい交流し、地域の教育力や安全・安心の向上が図られるものと期待しております。
 次に、鯖江市の財政運営の基本的指針として取り組んでおります行財政構造改革プログラムは、平成21年度が最終年次となっており、基本目標などの達成に向けては、経常収支比率の悪化がやや懸念されるものの、その他の主要な財政指標につきましては、おおむね良好な状況で推移しております。新年度におきましては、総合計画の策定とあわせまして、第2次行財政構造改革プログラムを策定してまいります。
 また、下水道経営健全化のため、3年以内の水洗化率85%以上の御理解を得られた町内から整備し、認可区域外の町内においては、今後投資効果を十分に検討し、事業計画の見直しも含めて経営の健全化を目指してまいります。また、農業集落排水を含めた下水道事業の経営健全化においては、接続率の向上は命題でありますので、今年度同様、職員による戸別訪問を行い、接続率の向上に努めてまいります。
 以上、平成21年度の当初予算案に掲げる主要な施策や事業を中心に概略を申し上げましたが、一般会計の予算総額は222億3,700万円となり、昨年に比べ4億5,200万円、率にして2.1%の増加となりました。これに見合う歳入予算につきましては、市税89億5,490万円、地方交付税37億円、国庫支出金16億8,550万円余、県支出金14億1,132万円余、市債17億3,540万円などを計上いたしました。
 予算編成に当たっては、行財政構造改革プログラムを踏まえ、新規地方債の発行の縮減に努め、臨時財政対策債を除いた市債の発行を抑制、21年度末の市債残高は12年ぶりに290億円を下回ることとなり、財政調整基金、減債基金についても目標残高を確保できる見込みとなりました。
 また、国民健康保険事業など8つの特別会計の総額は、昨年に比べ10%減の151億1,050万円、また、水道事業会計は13.7%減の17億9,210万円となり、鯖江市全体の予算総額は391億3,960万円、前年に比べ15億370万円、3.7%の減少となりました。
 次に、20年度一般会計補正予算案でありますが、今回の補正予算は、国の経済対策としての第一次補正予算と定額給付金などで議論されている第二次補正予算に対応する事業を中心に、決算見込みにより必要な経費として、16億580万円の増額補正を計上したものであります。
 この結果、平成20年度の予算総額は247億2,100万円となり、昨年の3月補正後の額と比べ2.9%の増となります。なお、平成20年度末の財政調整基金残高見込みは10億2,800万円、減債基金の残高見込みは6億7,350万円となり、いずれも行財政構造改革プログラムの目標額を確保できる見込みとなりました。
 また、特別会計におきましては、国民健康保険事業特別会計を初め後期高齢者医療特別会計、介護保険事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計及び水道事業会計におきましても、決算見込み等により必要な事業費の増減の補正予算を計上いたしました。
 この結果、特別会計を含めた平成20年度の予算総額は437億1,576万円となり、昨年同期と比べ59億7,174万円、12.0%の減少となりました。
 次に、議案第18号は、市長の給料を私の在任期間の平成24年10月16日まで5%カットするための特例を定めるものであります。現下の経済情勢は以前に増してまことに厳しく、事業者、労働者の皆様は大変な御苦労をされておられます。自治体もまた、熾烈な地域間競争の中で、当分厳しい財政運営が求められます。このような状況下の中で、2期目最初の予算編成に当たり、みずからの経費を削減することで、行財政改革に向けた私の姿勢をお示しすることといたしました。
 次に、議案第21号は、私が2期目の市政を担当するに当たり、これまで以上に市役所をわかりやすく効率のよい組織にしたいという考えから、機構改革を行うものであります。都市間競争に勝ち抜くには都市経営を行うため企画財政部を政策経営部に、産業と環境の連携を図るため産業部を産業環境部に、市民に最も密着した保険年金業務を一元化し健康づくりを推進するため国民年金課を新設し、福祉環境部を健康福祉部に改めます。また、安全・安心のまちづくりを推進するため、防災危機管理課と治水対策室を新設、公共施設の長寿化及び建設、維持補修の一元管理をする建築営繕室の新設や、窓口でのワンストップサービスを目指した総合窓口の設置、農商工連携と鯖江ブランド構築のため、商工政策課内に鯖江ブランド推進グループを設けます。これにより、新しい組織は、これまでの30課2室から28課3室となります。新たな気持ちで職員が切磋琢磨し、知恵と工夫を出し合って「自信と誇りの持てる、自主自立の鯖江市」づくりに邁進してまいります。
 次に、議案第22号は、情報公開の請求について、どのような方でも請求できるようにしようとするものであります。今後、鯖江市におきましては、より一層行政の透明性向上に努めてまいります。
 その他の議案につきましては、それぞれの記載の理由に基づき提案いたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と市政の諸課題、予算案等について申し上げました。
 何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第43.議案第11号から議案第17号までの7件及び議案第32号から議案第35号までの4件に対する質疑
○議長(佐々木敏幸君) 日程第43、議案第11号から議案第17号までの7件及び議案第32号から議案第35号までの4件に対する質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより議案の付託を行います。
 ただいま議題となっております議案第11号から議案第17号までの7件及び議案第32号から議案第35号までの4件については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり各常任委員会に付託いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま各常任委員会に付託いたしました議案については、会議規則第44条第1項の規定により、本日午後2時30分までに審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第11号から議案第17号までの7件及び議案第32号から議案第35号までの4件については、本日午後2時30分までに審査を終えるよう期限をつけることに決しました。
 本会議再開は、午後4時ごろを予定しております。また、あらかじめ時間の延長をしておきます。
 それでは、各常任委員会で付託議案の審査をお願いいたします。
 休憩いたします。
              休憩 午前11時15分
              再開 午後 4時00分
○議長(佐々木敏幸君) 再開いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第44.議案の審査結果
○議長(佐々木敏幸君) 日程第44、議案第11号から議案第17号までの7件及び議案第32号から議案第35号までの4件の審査結果について、各常任委員長の報告を求めます。
 最初に総務委員長の報告を求めます。
 総務委員長 福岡宏明君。
            〇総務委員長(福岡宏明君)登壇
◎総務委員長(福岡宏明君) 総務委員会に付託を受けました議案3件について、審査の概要及び結果について、御報告申し上げます。
 初めに、議案第11号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)中、第1表、歳入歳出予算補正歳入全般、歳出、款2総務費(交通対策費を除く)、款3民生費(後期高齢者医療費)、款4衛生費(国民健康保険事業費)、款9消防費、款12公債費、第2表繰越明許費、第4表地方債補正についてでありますが、定額給付金給付事業費についてですが、申請書の送付方法、及び申請書を送付後、申請に来ない方への対応は、との質疑があり、これに対して、申請書は簡易書留で郵送を行い、留守等で申請書が戻ってきた方については、配達を証明できる方法で再度郵送を行う。また、平成21年2月1日の基準日以降に転出された方には、調査の上、転出先へ郵送を行う。給付金は、3月17日の申請の受付開始から6カ月以内に交付するため、この間に郵送申請または窓口申請により申請を受けつけるが、1人暮らしの高齢者世帯など申請のない方には、民生委員さんなどの協力を得ながら申請を促していきたいが、場合によっては、給付を希望しない方や全く連絡のとれない方も出てくるものと思うとの答弁でありました。
 次に、議案第12号 平成20年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第13号 平成20年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、これら議案2件については、理事者の説明を了とし、特段申し上げる質疑はございませんでした。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第11号、議案第12号及び議案第13号については、いずれも全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、総務委員会の報告を終わります。
○議長(佐々木敏幸君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。
 産業建設委員長 丹尾廣樹君。
           〇産業建設委員長(丹尾廣樹君)登壇
◎産業建設委員長(丹尾廣樹君) 産業建設委員会に付託を受けました議案6件につきまして、審査の概要並びに結果について御報告を申し上げます。
 それでは、最初に議案第11号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)中、第1表、歳入歳出予算補正、歳出、款2総務費(交通対策費)、款6農林水産業費、款7商工費、款8土木費及び第2表繰越明許費、第3表債務負担行為補正につきまして、審査の概要及び結果について御報告を申し上げます。
 土木費の住宅・建築物耐震改修等促進事業費についてでありますが、病院や銀行、ビルなど、人の集まる特定建築物の耐震診断補助金についての減額補正ということだが、応募はなかったのかとの質疑があり、これに対して、広報紙等でPRに努めたが、自己負担が最低でも60万円かかるため、昨今の景気低迷の影響等もあり、応募がなく減額補正することとなったとの答弁がありました。
 次に、議案第16号 平成20年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、下水道事業費使用料の歳入が減額補正されているが、その要因はとの質疑があり、これに対して、昨年9月以降の景気の低迷による影響が大きく、製造業者など事業者や工業用水の使用そのものが減少していることや、リサイクル活用することも進んでいる。また、一般家庭において節水意識などが高まっていることも要因と考えられるとの答弁がありました。
 次に、議案第34号 土地の取得について及び議案第35号 財産の無償貸与についてに関連して、鉄道用地を無償貸与することで、当初目的とした福井鉄道福武線支援事業は第一段階をクリアしたことになると思うが、今後、市はどのように経営にかかわっていくのかとの質疑があり、これに対し、これで再建スキーム等はすべてスタートして利用促進が図られていくことになるが、今後は毎年補助していく維持補修費の使用目的や経営状況、利用状況をしっかり確認していく中で、乗る運動など市民団体とも連携しながら利用促進を進めていきたいとの答弁がありました。
 議案第15号 平成20年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第17号 平成20年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号)、これら議案2件については、理事者の説明を了とし、特段申し上げる質疑はございませんでした。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第11号、議案第15号、議案第16号、議案第17号、議案第34号及び議案第35号は、いずれも全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、産業建設委員会の報告を終わります。
○議長(佐々木敏幸君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。
 教育民生委員長 木村愛子君。
           〇教育民生委員長(木村愛子君)登壇
◎教育民生委員長(木村愛子君) 教育民生委員会に付託を受けました議案4件について、審査の主な概要並びに結果について、御報告申し上げます。
 最初に、議案第11号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)中、第1表、歳入歳出予算補正、歳出、款3民生費(後期高齢者医療費を除く)、款4衛生費(国民健康保険事業費を除く)、款10教育費、第2表繰越明許費についてでありますが、鳥羽小学校耐震補強計画策定事業1,100万円の内訳は。この金額は高いのではないかとの質疑に対し、耐震補強工事の国の補助を受けるためには、この計画書を作成し、福井県耐震診断等評定委員会と県の審査を受けてから、国の補助を受けることになる。業務委託料は福井県建築士事務所協会の示す方式により算出しているとの答弁でありました。
 また、小学校・中学校の整備で大きな増額補正となっているのは、以前からの要望であったのかとの質疑に対し、今回は、国の地域活性化・生活対策実施事業により、国からの補助金がつき、平成21年度以降に整備を予定していたものから、児童・生徒の安全性を第一に順次今回の補正予算の計上を行ったものであるとの答弁を受けました。
 次に、議案第14号 平成20年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、実績見込みによる減額が多いが、鯖江型の介護サービスの展開を図り、市民が必要とする利用しやすいものとすべきではないかとの意見が出されました。
 次に、議案第32号 鯖江市神明小学校校舎耐震補強・大規模改造工事(建築工事)請負変更契約の締結についてでありますが、設計段階では気がつかないようなこともあると思うが、今回のような大幅な増額についてはいかがなものか、今後の工事を行う場合にはそのあたりも設計段階から気配りをしておくようにとの強い意見が出されました。また、あわせて、今回の変更契約において、一部不適切なところが見受けられたため、今後、そのようなことのないよう注意すべきとの指摘もありました。
 最後に、議案第33号 鯖江市資料館増改築工事(建築工事)請負契約の締結については、理事者の説明を了とし、特段申し上げるべき質疑はありませんでした。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第11号、議案第14号、議案第32号及び議案第33号は、いずれも全員の賛成をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、教育民生委員会の報告を終わります。
○議長(佐々木敏幸君) ただいまの各常任委員長の報告に対し、質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 最初に、議案第11号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。
 本案に対する各常任委員長の報告はいずれも可決であります。各委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第11号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第12号 平成20年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第12号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第13号 平成20年度鯖江市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する総務委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第13号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第14号 平成20年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第14号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第15号 平成20年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第15号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第16号 平成20年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第16号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第17号 平成20年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第17号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第32号 鯖江市神明小学校校舎耐震補強・大規模改造工事(建築工事)請負変更の契約の締結についてを採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第32号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第33号 鯖江市資料館増改築工事(建築工事)請負契約の締結についてを採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第33号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第34号 土地の取得についてを採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第34は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第35号 財産の無償貸付についてを採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第35号は、原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、3月10日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。
 御苦労さまでございました。
              散会 午後 4時20分