議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成20年12月第370回定例会−11月28日-01号




平成20年12月第370回定例会

  第370回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成20年11月28日(金)開会
                  12月18日(木)閉会 21日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │11月28日│金│10時│本会議(決算審査報告・採決、施政所信、提案) │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   29日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   30日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │12月 1日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    2日│火│12時│休 会 一般質問〆切             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    3日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    4日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    5日│金│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    6日│土│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    7日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    8日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    9日│火│10時│本会議(質疑、代表・一般質問)        │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   10日│水│10時│本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   11日│木│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   12日│金│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   13日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   14日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   15日│月│ 9時│議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   16日│火│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   17日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   18日│木│10時│本会議(委員長報告・採決)          │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘



              議 案 審 議 結 果 一 覧
                            市長提出(11月28日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第49号 │平成19年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定に│ 決算特別 │ 認 定 │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第50号 │平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第51号 │平成19年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算│  〃  │  〃  │
│     │の認定について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第52号 │平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │
│     │決算の認定について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第53号 │平成19年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第54号 │平成19年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │
│     │決算の認定について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第55号 │平成19年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第56号 │平成19年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決│  〃  │  〃  │
│     │算の認定について               │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第57号 │平成19年度鯖江市水道事業会計決算の認定につい│  〃  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            市長提出(12月18日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第63号 │平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第3号) │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第64号 │平成20年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正│ 総  務 │  〃  │
│     │予算(第1号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第65号 │平成20年度鯖江市老人保健特別会計補正予算(第│  〃  │  〃  │
│     │2号)                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第66号 │平成20年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算│ 教育民生 │  〃  │
│     │(第2号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第67号 │平成20年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正│ 産業建設 │  〃  │
│     │予算(第1号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第68号 │平成20年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算 │  〃  │  〃  │
│     │(第2号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第69号 │企業立地の促進等による地域における産業集積の形│  〃  │  〃  │
│     │成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基 │     │    │
│     │づく準則を定める条例の制定について      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第70号 │鯖江市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部│ 総  務 │  〃  │
│     │改正について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第71号 │公益法人等への鯖江市職員の派遣等に関する条例の│  〃  │  〃  │
│     │一部改正について               │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第72号 │鯖江市税条例の一部改正について        │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第73号 │企業立地の促進等による地域における産業集積の形│  〃  │  〃  │
│     │成及び活性化に関する法律に基づく市税条例の特例│     │    │
│     │に関する条例の一部改正について        │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第74号 │鯖江市手数料徴収条例の一部改正について    │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第75号 │鯖江市嚮陽会館等における指定管理者の指定につい│  〃  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第76号 │鯖江市民活動交流センターにおける指定管理者の指│  〃  │  〃  │
│     │定について                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第77号 │鯖江市健康福祉センターにおける指定管理者の指定│ 教育民生 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第78号 │鯖江市農林業体験実習館における指定管理者の指定│ 産業建設 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第79号 │ふれあいみんなの館・さばえにおける指定管理者の│  〃  │  〃  │
│     │指定について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第80号 │鯖江市東工集会所における指定管理者の指定につい│  〃  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第81号 │鯖江市越前漆器伝統産業会館における指定管理者の│ 産業建設 │ 可 決 │
│     │指定について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第82号 │鯖江市川島多目的集会場における指定管理者の指定│  〃  │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第83号 │鯖江市下河端多目的集会場における指定管理者の指│  〃  │  〃  │
│     │定について                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第84号 │鯖江市石田上農村ふれあい会館における指定管理者│  〃  │  〃  │
│     │の指定について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第85号 │鯖江市中山間交流会館における指定管理者の指定に│  〃  │  〃  │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第86号 │都市公園における指定管理者の指定について   │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第87号 │鯖江市文化センターにおける指定管理者の指定につ│ 教育民生 │  〃  │
│     │いて                     │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第88号 │鯖江市尾花キャンプ場における指定管理者の指定に│  〃  │  〃  │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第89号 │市道路線の認定および廃止について       │ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第90号 │土地改良事業(村づくり交付金鯖江地区)の施行に│  〃  │  〃  │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第91号 │専決処分の承認を求めることについて(調停の成立│  〃  │ 承 認 │
│     │について)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第92号 │鯖江市国民健康保険条例の一部改正について   │ 総  務 │ 可 決 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第93号 │鯖江市公平委員会委員の選任について      │  −  │ 同 意 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第94号 │鯖江市教育委員会委員の任命について      │  −  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第95号 │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ│  −  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                         議員提出 (12月18日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│  第5号  │道路整備に必要な財源の確保に関する意見書について    │ 可 決 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│  第6号  │吉野瀬川ダムの建設促進を求める意見書について      │ 可 決 │
└──────┴────────────────────────────┴────┘



            第370回鯖江市議会定例会会議録
   …………………………………………………………………………………………
       平成20年11月28日(金曜日)午前10時00分開会
   …………………………………………………………………………………………
   〇出席議員(19人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         11番  福 岡 宏 明
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         20番  菅 原 義 信
   …………………………………………………………………………………………
   〇欠席議員(1人)             19番  玉 邑 哲 雄
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          吉 村   治
                 教育長          今 立 善 教
                 総務部長         岡 山 和 市
                 企画財政部長       千 秋 冨 秀
                 福祉環境部長       山 本 信 英
                 産業部長         藤 山 健 人
                 都市整備部長       森 本   茂
                 会計管理者        天 谷 武 博
                 教育委員会事務部長    竹 内 秀 博
                 都市整備部技監      斉 藤   勉
   …………………………………………………………………………………………
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         宇 野 徳 行
                 秘書広報課長       中 村 修 一
                 企画政策課長       伊 部 雅 俊
                 財政課長         辻 川 哲 也
                 社会福祉課長       福 田 末 隆
                 商業観光課長       辻 本   正
                 都市計画課長       田 中 憲 男
                 教育総務課長       藤 井 勇 二
                 監査委員事務局長     松 村 里 見
   …………………………………………………………………………………………
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       小 泉 昭 一
                 議会事務局次長      棚 池 義 治
                 議会事務局参事      西 村 郁 夫
                 議会事務局次長補佐    山 口 達 哉
                 議会事務局主任      丸 田 美智代
   …………………………………………………………………………………………
              開会 午前10時00分
○議長(佐々木敏幸君) ただいまから第370回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 ご報告いたします。19番 玉邑哲雄君から都合により欠席の届けが出ております。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(佐々木敏幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、4番 奥村義則君、5番 佐々木勝久君、6番 遠藤 隆君、以上3名を指名いたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第2.会期の決定
○議長(佐々木敏幸君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長の報告を求めます。
 議会運営委員長 末本幸夫君。
           〇議会運営委員長(末本幸夫君)登壇
◎議会運営委員長(末本幸夫君) おはようございます。
 第370回定例会の運営につきまして、去る10月28日、11月21日に開催いたしました議会運営委員会における審議の結果につきまして御報告申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件は、議案29件、報告が2件でありますが、最終日には人事案件等が追加提案される予定であります。
 さて、これらの案件の審査に要する日程等でありますが、本日は、第369回定例会の決算特別委員会の閉会中の継続審議とされました平成19年度の一般会計及び特別会計等の決算の認定についての議案9件について、委員長から委員会における審査の経過及び結果の報告を受け、質疑、討論の上、採決いたします。その後、市長の施政所信表明並びに各議案に対する提案理由の説明を行い、散会といたします。
 明11月29日から12月8日までは休会といたし、12月9日、10日の両日に本会議を開き、各議案に対する質疑の後、代表質問並びに一般質問を行うことといたします。
 なお、本定例会より、一般質問については一問一答制により行います。
 また、一般質問に対する発言通告書の提出期限は、12月2日の正午までといたします。
 各常任委員会の審査日程につきましては、12月11日、12日の2日間とし、議会等改革特別委員会については、12月15日に開催することといたします。
 そして、12月18日を最終日とし、本会議を開き、各委員長からの委員会における審査結果の報告を求め、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上のとおりの議会運営をもって、本定例会の会期は、本日から12月18日までの21日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、報告といたします。
○議長(佐々木敏幸君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月18日までの21日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から12月18日までの21日間と決しました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第3.諸般の報告
○議長(佐々木敏幸君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告(第4号)をもって報告といたします。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第4.議案の審査結果
○議長(佐々木敏幸君) 日程第4、議案の審査結果を議題といたします。
 第369回定例会において継続審査となりました議案第49号 平成19年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから議案第57号 平成19年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてまで、以上9件について、決算特別委員長から審査の経過並びに結果について報告を求めます。
 決算特別委員長 平岡忠昭君。
           〇決算特別委員長(平岡忠昭君)登壇
◎決算特別委員長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 それでは、決算特別委員会の審査の経過並びに結果につきまして、御報告を申し上げたいと存じます。
 さきの第369回9月定例会におきまして、決算特別委員会が設置され、付託の上、閉会中の継続審査となっておりました議案第49号 平成19年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第50号 平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第51号 平成19年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第52号 平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第53号 平成19年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第54号 平成19年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第55号 平成19年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第56号 平成19年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第57号 平成19年度鯖江市水道事業会計決算の認定について、以上、決算議案9件につきまして、9月18日、24日、10月7日、14日、27日及び11月7日の延べ6日間にわたりまして決算の審査を行いましたので、その審査の概要並びに結果を御報告申し上げます。
 なお、決算の審査は各部ごとに行い、4日間は常任委員会所管ごとに決算書及び主要な施策の成果に関する説明書に基づいて、理事者の説明を受け、監査委員の歳入歳出決算審査意見書を参考に審査を行い、10月27日は理事者の説明に対しての考察を全委員で行いました。
 11月7日の最終日には、総括審査として、特に主要な事項について10項目に取りまとめて、改めて答弁を求めておりますので、その審査の要点について御報告を申し上げたいと存じます。
 最初に、給食費、保育料の徴収についてでありますが、収納課では、現体制のままでは物理的に対応できないため、担当課において一連の仕事の流れの中で行うことが市民サービスにもつながるとのことだが、現在の担当課での徴収体制、方法はどのようになっているのか。
 また、保育料の収入未済額1,159万円余について、今後さらにふえ続けていった場合に、専門的な技術、情報、経験のある収納課において効果的な徴収が必要ではないかとの質疑に対し、滞納した保育料の徴収については、児童福祉課で督促状の送付、夜間の電話連絡、訪問による徴収等を行い、本年10月末現在で、未済額1,159万円余のうち252万円余を徴収し、907万円余になった。保育料の徴収は、滞納が始まる初期の段階での対応が重要で、現年分の未納額が発生しないように努めているが、保育料についても税に準じた滞納整理が可能なため、今後は、保育料滞納整理のマニュアルを作成し、悪質な滞納者には、収納課と連携をとりながら、具体的な強制執行も視野に入れていく必要があると考えている。
 学校給食費の徴収については、小学校では各校ごとに給食会計を設け、その中で保護者から集金し、給食を供給する業者に支払っているため、市への滞納は発生していない。
 また、中学校では、学校が保護者から集めた給食費を一たん市へ納めて、市はそれを市の補助金と合せて給食を供給する業者に支払っているため、中学校でも市への滞納は発生していない。
 しかし、保護者の学校への給食費未払いは本市でも例外ではなく、今現在、卒業生を含めて6名、未払い額17万円余となっている。未払い者には督促状による通知や、生活が困窮している保護者へは、就学援助支援を受けるために準要保護申請を勧めるなど、未払い額が発生しないように努めている。また、学校から何回督促を行っても納入がない場合は、学校の担当者と学校教育課の職員が、自宅に出向いて督促を行い、未払い額の徴収に努めているが、さらに学校や関係する課などと横の連絡をとりながら取り組んでいきたいとの答弁がありました。
 次に、指定管理をした施設における大規模修繕についてでありますが、嚮陽会館施設整備費4,158万円を初めとして、大規模修繕が多いようだが、この理由は何か。また、今後は指定管理をした施設の大規模修繕の整備方針はどうするのかとの質疑があり、これに対して、今回の大規模修繕は、嚮陽会館、市民活動交流センターの経年劣化による空調設備等の修繕、健康福祉センターの経年劣化による天井雨漏り等の修繕、農林業体験実習館ラポーゼかわだの経年劣化による外壁、屋根の修繕及び県条例改正による浴槽のろ過器等の設置など、施設の機能上緊急を要する修繕である。
 市の施設の大規模修繕については、施設全体を対象に、その修繕の緊急性を考慮しながら順次行っており、特に指定管理をした施設を特別扱いにしてはいない。
 また、耐震補強などの大規模なものは、実施計画等に基づき、優先順位を決めて実施をしている。
 今後も施設の長寿化を念頭に置き、修繕を必要とする事実を把握した場合は、できる限り早い対応に努めていきたいとの答弁があり、それを受けて、指定管理に移す前に経年劣化した部分について修繕をしておかないと、指定管理後では指定管理者の修繕への対応が遅くなり、利用者へのサービス低下につながるのではないかとの質疑があり、これに対して、今後指定管理をする施設は、大規模修繕が必要な場合は、早目にすべて終えた上で、指定管理に移すように努力をしていきたいとの答弁がありました。
 次に、融雪装置保守点検委託についてでありますが、道路除雪費の中で、市道石生谷当田線など65路線の融雪装置保守点検委託を実施しているが、いざ降雪時には水の出ない箇所をしばしば見かけることがある。市では点検後の確認方法はどのようにしているのか。
 また、当初に融雪装置を施工した業者と、現在保守点検を実施している業者は異なっているのか、異なっている業者が点検した方がよりよい結果が出るのではないかとの質疑があり、これに対して、融雪装置保守点検委託業務については、委託期間は降雪前の10月中旬から翌年3月までで、平成19年度は6業者に委託を実施している。保守点検は、散水ノズルの一つ一つを点検し、具合が悪ければ修繕を行い、点検後に委託業者と市職員が立ち会って確認をしているが、点検後に車両の通行などによりノズルの調整等に不具合が生じたときは、その都度、委託業者に指示をして調整を実施している。
 また、保守点検業者については、平成19年度は点検業務区間を7工区に分け、指名競争入札により決定した関係で、工区の中に融雪装置を施工した業者が点検を請け負う場合も出てくるが、融雪装置保守点検委託業務において、このことが影響することはないと判断をしているとの答弁がありました。
 次に、日野川緑地公園についてでありますが、同公園を利用する方の駐車場不足について、公園内に駐車場の造成はできないかとの質疑があり、これに対して、日野川緑地公園内に駐車するには、同公園は河川敷のため、県と維持管理に関する協定を結んでいるので、県との協定変更が必要になり、また、公園内に借地契約をしている土地があるため、地権者の用途変更の承諾も必要となる。この2点をクリアできれば、公園内に駐車することは可能になってくる。現在、有定橋の下にかなりの駐車スペースがあるので、この場所を駐車場に利用するために、県及び地権者との条件がクリアできればできないことはないので、関係機関等と協議をしたいと考えているとの答弁がありました。
 次に、コミュニティーバス運行事業についてでありますが、特に利用者数が少ない鯖江南線及び新横江線の路線について、乗ってもらうためのPR活動に加え、該当地域の住民やコミュニティーバスを利用しない人へのアンケート調査など、具体的対応策はあるのか。また、調査等により、利用の希望が少なかったときは、路線の廃止、または乗客の需要に応じて、基本路線のほかに迂回路線を設定し運行するデマンド方式の小型車両などにより、公共交通としての市民の足を確保する考えはあるのかとの質疑があり、これに対して、コミュニティーバスの運行については、これまで試行錯誤しながら行ってきたが、今年の上半期の利用者は、前年に比べ、全体で18.9%の増加となっている。鯖江南線及び新横江線の2路線については、増加の傾向にはあるので、沿線の区長や地域住民の方の意見などを聞きながら対応する必要があると思っている。
 また、コミュニティーバスについては、高齢者など交通弱者の方のための足として、今後も運行していくという方向を打ち出しているため、利用者が少ないことを理由に廃線は考えておらず、また、デマンド方式についても、タクシー事業者との競合、地域間のアンバランス、経費の問題等により、今のところ考えていないとの答弁があり、それを受けて、利用者数が少ない路線については、運行の順路、時間のさらなる工夫や地域住民の意向などを酌み上げ、利用者の増加に努めてほしいとの要望がありました。
 次に、ものづくり振興交付金繊維産業振興事業についてでありますが、繊維ルネッサンス事業で石田縞の支援を行っているが、事業を実施する鯖江市繊維協会のビジョンは何か。また、携わる人も少なく、織り上げられる布の生産量も限られた中で、市は今後どのような支援を考えているのかとの質疑があり、これに対して、石田縞に対する鯖江市繊維協会のビジョンとしては、1775年に高島善左衛門氏が美濃の国から技術を学び、石田の地で指導したのが始まりとする歴史と地元が誇れる木綿織物の石田縞を後世に伝承していくとともに、石田縞を通した繊維産業鯖江の発信による産地の活性化につなげていくということをねらいとして、鯖江ルネッサンス事業として取り組んでいる。また、石田縞に関する展示や、実際に石田縞を織ることができる体験コーナーの開設に向け、現在検討を行っている。
 市では、繊維協会の取り組みを、眼鏡、漆器などとともに、産業を観光資源ととらえた産業観光の一つとして位置づけ、平成19年度からものづくり振興交付金の対象事業として支援をしているとの答弁があり、それを受けて、歴史がある鯖江の石田縞を将来に向かって残していくということは本当に大切なことであるが、例えば石田縞を利用した小物をつくること一つについても、市から繊維協会へしっかりした構想を示す必要があるのではとの質疑があり、これに対して、市としても、情報の収集やニーズの把握など、鯖江市繊維協会と一緒になった取り組みが必要であると考えており、今後とも連携を図りながら進めていきたいとの答弁がありました。
 次に、子育て支援費についてでありますが、病後児保育事業675万円余の利用者は95名、病児保育事業354万円余の利用者は389名であり、事業費に対して利用者が少ないが、この改善策はあるのか。また、子供が保育所での保育中に発病した場合、保護者が就業中により子供の送迎ができないなど、そのときの対応は考えているのか。
 さらに、国においては、保育所内で体調不良児対応型病児病後児保育事業を実施しているが、本市において取り組みの計画はないのかとの質疑があり、これに対して、病児及び病後児保育事業は、子供が病気になったとき、保護者がどうしても仕事をする必要がある場合などに対応する事業で、費用に対して利用者が多い少ないという尺度で判断できるものではないと考えている。ただ、本事業について、必要とする方が利用しやすいよう、今後も十分な普及啓発に努めていきたい。
 本市では、市東部に位置する医療機関で対応しており、また、越前市内で本事業を実施している医療機関も利用できるが、今後は、例えば公立丹南病院での対応も考えていく必要があると思う。
 子供が保育所での保育中に発病した場合は、保育所から保護者に連絡をとり、保護者が迎えに来てもらうのが一番よい。しかし、どうしても保護者が来られない場合には、保護者の了解を得て、保育所の方で病院に連れて行くというような対応を行っている。今年度は、国が始めた体調不良児対応型病児病後児保育事業の取り組みについて、県は本事業を始めるに当たり、本年度は導入の判断も含め、保育所内の感染などの課題等について検討していたが、課題の整理を終えて、来年度から事業を実施すると聞いている。本市で導入するかどうかについては、保育所内に看護師の配置や安静室の確保が必要となるため、今後、県と協議しながら検討をしていきたいとの答弁があり、それを受けて、保育所、小学校の低学年の保護者を対象に、本事業の潜在的な利用希望者の調査はしないのかとの質疑があり、すべての保護者を対象とした調査は無理だが、一度対象者を抽出して調査を行いたいとの答弁がありました。
 次に、社会教育諸団体活動費についてでありますが、やっしきまつり実行委員会へ補助金300万円を交付しているが、西山公園では、春のつつじまつり、秋のもみじまつりを実施しているので、やっしきまつりを夏の西山公園の周年行事の一つとして取り組み、予算も商工費関係で計上すべきではないかとの質疑があり、これに対して、やっしきまつりの経緯は、社会教育団体の鯖江市壮年グループ連絡協議会が昭和49年に創設されると同時に、地域の人づくり、伝統継承のメインイベントとして開催されてきた。現在、やっしきまつりの開催に当たっては、壮年グループ連絡協議会、区長会連合会、やんしき保存協会、連合婦人会等を委員とする、やっしきまつり実行委員会の企画運営により開催されているため、同実行委員会で指摘のことについて検討してもらい、来年度以降の計画を聞いて、市の関係課で協議をしていきたいとの答弁がありました。
 次に、不登校、いじめの問題についてでありますが、かなりの予算を投入しているにもかかわらず、その成果がなかなか見えてきていない。教育委員会として、今日までの主な取り組みは。また、校長、教職員、PTA等の関係者が一堂に話し合えるような場が必要ではないかとの質疑があり、これに対して、教育委員会として、今日までの主な取り組みについては、まず不登校については年々増加傾向で、平成19年度に1年間の欠席日数が30日以上の不登校の児童・生徒の数は、小学校で14名、中学校で56名となり、年々、小学校の不登校児の数が増えてきており、小学校で不登校の傾向のある子どもが中学校へ入ると、そのまま学校へ来ないというのが今の傾向である。教育委員会としては、この子供達に対して、まず何とか学校へ来てほしいということで、学校の担当者が繰り返し家庭訪問を行ったり、児童福祉課、地域の民生委員さんなど関係の方と協力しながらかかわっている。また、学校まで行けない子供は、勤労青少年ホームの中にあるチャイルドセンターに行き、そこで3名の指導員がかかわっている。今日までの間には指導の成果により、家から学校へ行くことができるようになった子供たちが何人もいる。登校はしても教室までは行けない子供は、保健室や相談室で、養護教諭や相談担当教諭が教室へ行けるようかかわっている。中でも、一番かかわっているのが、市内全校に配置されているスクールカウンセラーで、子供たちの悩み、保護者の教育相談に応じている。いじめ対策について特別な予算計上はないが、各校に配置されているスクールカウンセラーが、子供、保護者などからいろいろな悩みを聞きながら、解決の糸口に努めている。いじめについては、決してゼロではなくて、解決したらまた次のいじめが出てくるというのが現状である。
 また、校長、教職員、PTA等の関係者が一堂に話し合える場については、現在、中学校区ごとに市長と語り合う会を開催し、各分科会に分かれて、各校区が抱えているいじめとか不登校なども含めて、いろいろな問題を出し合いながら議論し検討している。社会環境の変化、家庭環境の変化が、不登校、いじめには大きくかかわってくると思うので、学校の力だけでは到底解決することが難しく、PTA、地域の方の力をおかりしながら、今後も努力をしていきたいとの答弁があり、それを受けて、不登校、いじめ問題については、県からの補助金の有無にかかわらず、必要な経費は予算計上し、引き続き努力をしてほしいとの要望がありました。
 最後に、下水道事業特別会計の汚水中継所費についてでありますが、使用料に匹敵する額で維持管理を行っているが、一般汚水に比較すると、排水1立方メートル当たりの料金が安くなっている。初期の汚水中継所の整備に要した費用、今後の設備更新に要する費用もあるので、その分を使用料に加味するべきではないかとの質疑があり、これに対して、東部工業団地は、政策的な企業誘致により団地を形成して誕生した。この団地内の染色工場排水を処理するために設置された東工汚水中継所の使用料金は、当時、政策的協議により、1立方メートル8円と決定されて以来、今日までかなり経過をしている。平成5年以降、3度の豪雨の冠水により、一部機器の更新を実施したが、施設全体の老朽化による更新が必要な時期に来ており、その費用負担に係る使用料金の見直しも視野に入れ、染色5社を中心とした福井県染色工業協同組合とは継続して協議をしているとの答弁があり、それを受けて、目標を決めて継続して協議をしてほしいとの要望がありました。
 以上のような審査を踏まえて、決算議案9件を採決いたしました結果、議案第49号、議案第50号、議案第51号、議案第52号、議案第53号、議案第54号、議案第55号、議案第56号及び議案第57号につきましては、いずれも全員の賛成をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 なお、理事者には、総括審査の10項目には特に留意されるとともに、この報告以外の委員会における細かい指摘や要望事項についても十分に尊重し、今後の予算編成への反映や改善に、さらに一層の努力を払われるよう要請するものであります。
 以上、決算特別委員会の御報告といたします。
○議長(佐々木敏幸君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議案第49号 平成19年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第49号は、原案のとおり認定されました。
 次に、議案第50号 平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第50号は、原案のとおり認定をされました。
 次に、議案第51号 平成19年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第51号は、原案のとおり認定されました。
 次に、議案第52号 平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第52号は、原案のとおり認定されました。
 次に、議案第53号 平成19年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第53号は、原案のとおり認定をされました。
 次に、議案第54号 平成19年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第54号は、原案のとおり認定をされました。
 次に、議案第55号 平成19年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第55号は、原案のとおり認定をされました。
 次に、議案第56号 平成19年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第56号は、原案のとおり認定をされました。
 次に、議案第57号 平成19年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第57号は、原案のとおり認定をされました。
   …………………………………………………………………………………………
△日程第5.議案第63号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から、日程第35.報告第14号 専決処分の報告を求めることについて(市営住宅の明渡し等の請求に係る訴訟の提起について)まで
○議長(佐々木敏幸君) 日程第5、議案第63号 平成20年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から日程第35、報告第14号 専決処分の報告を求めることについて(市営住宅の明渡し等の請求に係る訴訟の提起について)まで、以上31件を一括議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 市長 牧野百男君。
              〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第370回鯖江市議会定例会の開会に当たり、平成20年度補正予算案を初め各議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 このたびの市長選挙におきまして、多くの市民の皆様の御支援を賜り、引き続き市政を担当させていただくことになりました。今回の選挙期間中、多くの市民の皆様と直接お会いすることができました。市政に対する期待、要望のほか、苦情や御忠告をお聞きし、改めて市政に対する期待の大きさ、責任の重さを痛感し、身の引き締まる思いでいっぱいです。これからの4年間、私は、これまで以上に公平、公正、清潔、無私の政治姿勢を貫きながら、市民の皆様との対話を大切にして、常に市民の目線、生活者の視点に立って、市民の皆様の御期待にこたえるため、全力を挙げて職責を果たす覚悟であります。
 私は、今回の選挙に当たり、2期目の方針といたしまして「みんなでつくろう みんなのさばえ」を合言葉に、4分野にわたり44項目の施策をお約束させていただきました。行財政改革も軌道に乗り、十分単独で生き残れる土台づくりが整った今、「改革から創造へ」向けて、すべての市民が明るい未来を確かなものとして感じられる「参加と協働のまちづくり」の更なる推進を目指してまいります。
 鯖江市には、どこにも負けない多くの資産と宝があります。身の丈に合った行財政の運営に努め、市民の皆様と職員、そして私が一体となり、多くの資産と宝を生かし、知恵と工夫を出し合い、「自信と誇りの持てる、自主自立の鯖江市」を市民みんなでつくっていきたいと考えております。みんなが暮らしやすいまちづくり、夢と希望の持てる鯖江ブランドの振興、鯖江ならではのまちづくりを目指してまいります。
 それでは、その基本的な考え方につきまして申し上げます。
 第1に、みんなが暮らしやすいまちづくりについてですが、本市は1級河川が11、準用河川が5つある川の多いまちであり、過去幾多の水害に見舞われ、多くの被害をこうむってきました。そのため、恒久的な治水対策は喫緊の課題であります。今後、雨水幹線整備を重点的に進め、市民の皆様が安心して暮らせるようにしてまいりたいと考えております。
 また、将来の鯖江市を担う人材を育てていくことは、何にも増して重要なことでありますので、安心して産み育てることができる子育て環境の充実や、教育環境の向上を図ってまいります。そして「健康で、長生き」、笑顔で暮らせるよう市民の健康づくりも推進してまいります。
 第2に、夢と希望の持てる鯖江ブランドの振興についてですが、本市には、眼鏡・繊維・漆器を初め、農業や他産業におしても、世界が認めるすばらしい技術があります。若者が夢と希望を持ち、働きたくなる産地、誇りと自信を持って働ける産地を関係団体の皆様と一体となってつくってまいります。特に「つくる産地」から「つくって売る産地」へ転換を図ることを基本目標にして、農業、商業、工業の連携の中で、地産地消や新たな販路開拓をして、鯖江ブランドの創造に力を入れていきたいと考えております。特に、鯖江ブランドの創造は「改革から創造へ」の大きな柱といたしました。
 第3に、鯖江ならではのまちづくりについてですが、これまで先人たちが築いてきた歴史、伝統、文化、産業などの地域の資源や特性を、さらに生かした施策の展開を図り、市民に夢や活力を与えられるような、鯖江らしいまちづくりに努めます。また、西山公園と中心市街地を結びつけたにぎわいの創出を図るとともに、公共交通の利用促進やごみの資源化の向上、自然環境の保護などの身近な環境保護活動にも取り組みます。
 その上、さらなる行財政改革に取り組むため、21年度で終了する現行の行財政構造改革プログラムを新たに策定してまいります。
 以上のことを踏まえまして、今後のまちづくりの方向性等について、一昨日の26日に「みんなのさばえ創造会議」を発足させたところであります。今後、各界各層からさまざまな御意見を賜りながら、まちづくりの方向づけを進めていく予定であります。
 現在、第4次鯖江市総合計画に基づき市政を運営しておりますが、市民の皆様の御理解、御協力により順調に推移し、基本理念である「融和と協働」もおおむね浸透し、市民総ぐるみのまちづくりを行う機運はかなり定着したのではないかと考えております。今後、創造会議の御意見なども参考に、総合計画を1年前倒しすることも視野に入れながら、新たな計画づくりを進めてまいります。
 また、市の組織づくりについても、市民が安全で安心して過ごすことができるように、恒久的な治水対策や防災・防犯・危機管理対策、農商工連携を強化した鯖江ブランドの構築、また、公共施設の建設や大規模な修繕を一括して行う組織や、ワンストップサービスが可能な総合案内の設置など、市民の目線、生活者の視点での効率のよい体制を組織していきたいと考えております。
 それでは、2期目の実質的なスタートとなる平成21年度当初予算の編成方針について申し上げます。去る10月末に、新年度に向けた予算編成方針を示し、現在、各部局におきまして、予算要求の作業を行っているところでありますが、世界的な金融不安により、今後の景気は後退局面に入り、先行きが不透明な状況の中での極めて厳しい編成作業となるものと考えております。8月末に示された国の平成21年度予算の概算要求では、自治体に配分される地方交付税額は、前年比3.9%、6,000億円減の14兆8,000億円と大きな削減が見込まれております。さらに、税収の大幅な減少から、地方の一般財源総額の水準は、ここ数年で最も厳しい状況になるものと思われます。また、追加経済対策にあわせ、来年度から道路特定財源が一般財源化されることに伴う1兆円の地方配分も議論されるなど、流動的な部分もあり、今後の国の動向や地方財政計画をしっかりと見きわめながら、予算編成を進めてまいりたいと考えております。
 厳しい財政状況の中ではありますが、平成21年度を「改革から創造へ」向けた新たな鯖江市のまちづくりの基点となる年として位置づけ、市民の皆様が安全・安心を実感でき、郷土への誇りや夢と希望を抱けるような施策の展開を図ることが必要であると考えております。
 これらのことを踏まえ、新年度の当初予算を編成するに当たりましては、新規・拡充事業の展開については、既存事業の見直しにあわせ、国・県などの制度の活用などにより、財源確保に努めるとともに、事業の効果や必要性、効率性を踏まえた優先順位を念頭に置きながら、限られた財源を重点的・効率的に配分することとし、次のような項目に重点を置きながら当初予算を編成してまいりたいと考えております。
 まず、第4次総合計画の取り組みの推進については、これまでの進捗状況を踏まえ、21年度においておおむねその目標を達成し、総合計画の仕上げに向けた予算編成に努めてまいります。また、先ほど申し上げましたように、改革から創造へ向けて、みんなが暮らしやすいまちづくり、夢と希望の持てる鯖江ブランドの振興、鯖江ならではのまちづくり、これらの施策の展開を進めてまいります。
 そのほか、社会資本の整備については、まちづくり交付金事業や村づくり交付金事業、地域住宅交付金事業などの交付金事業を積極的に活用することで財源の確保に努めてまいります。
 また、総合的な経済対策や地域再生、社会保障、子育て支援、環境対策などの今日的な課題に対しては、国の新年度予算の動向を注視しながら、市民の目線、生活者の視点に立って柔軟に対応してまいりたいと考えております。
 次に、当面する市政の諸課題等について申し上げます。
 まず、福井鉄道福武線の存続につきましては、設備更新に必要な国の財政支援を受けるための地域公共交通総合連携計画の骨子案について、今月11日に、県、沿線3市及び沿線3市の住民組織等で構成する福井鉄道福武線活性化連携協議会で協議され了承されました。骨子案では、4つの新駅設置や老朽化した13駅の改築、パーク・アンド・ライド駐車場の充実、駅周辺での遊休地の駐車場活用などのほか、沿線住民のマイレール運動などが盛り込まれております。今後、沿線3市が鉄道用地を取得し、福井鉄道に無償貸与する内容や、今後の施設整備計画を盛り込んだ鉄道事業再構築実施計画を早急に取りまとめ、国の認定を受けることとなります。
 また、鉄道用地取得につきましては、取得費12億円のうち、県から8億円の支援を受け、沿線3市が取得し、共有財産として所有したいと考えております。本市の負担として必要とされる取得費につきましては、今議会に提案した補正予算に計上させていただきました。
 また、さきの25日には、福井鉄道株式会社において、臨時株主総会及び取締役会が行われ、具体的な経営計画が提案されるなど、今後も県や沿線3市の行政、福井鉄道株式会社及び沿線市民の皆様と利用促進について具体的な協議をしていくこととなっております。
 なお、名古屋鉄道株式会社が10億円の増資の条件としている株の引き受け先につきましては、鯖江商工会議所及び利用促進市民会議の皆様と協議を行い、その一部についてお引き受けをお願いしてまいりたいと考えております。
 再建に向けたスキームが着実に前進する中で、今後も、市民の皆様には、福武線は生活に欠かせない社会便益性の高い重要な公共交通であるとの御理解を賜りながら、福武線の利用促進を住民運動として取り組んでまいりますので、議員各位の御理解と御支援を賜りますようにお願いを申し上げます。
 次に、公立丹南病院の再整備計画につきましては、平成22年度の工事着工、平成24年春の新病院開院を目指し、新病院を建設するための基本設計を策定しているところであります。現在、病院関係者と基本プランの協議を行っており、来年2月末には素案として公表してまいります。また、この基本設計においては、公立病院改革ガイドラインに適合するよう、当初の再整備計画案より建設工事費を約7億円縮減し、総事業費58億円を目標として取り組んでおります。建設財源については、病院組合の自己資金、国からの交付税措置、国・県からの補助金や病院の事業収益などを充て、建設に係る一般財源及び構成市町の負担なしで建設することとしております。
 建設に当たっては、地域住民に愛される安全・安心な救急、周産期などの急性期医療を担う丹南医療圏の中核総合病院としての医療機能が十分発揮できる新病院建設を目指してまいります。
 それでは次に、主要な事業について申し上げます。
 まず、「活力を支える快適な生活基盤づくり」についてでありますが、本市には何本もの大きな河川があり、市政の中でも治水対策が重要な位置を占めております。特に、近年のゲリラ的な集中豪雨から市民生活を守るため、恒久的排水対策は喫緊の課題でありますので、今後の雨水幹線の整備を重点的に行ってまいりたいと考えております。
 また、農村部では、近年の宅地化に伴う雨水排水の影響で、農地の冠水や住宅地の浸水被害が発生しているため、平成21年度から、国の村づくり交付金事業を活用して、断面不足や老朽化した農業用幹線排水路の改修を行い、農業経営の安定や市民生活の安全・安心を目指してまいります。また、用排水路に設置されている水門を適正に管理することで、豪雨時の早期排水の対応も可能であるため、土地改良区とも十分協議する中で、協力を求め、恒久的な治水対策を行ってまいります。
 次に、県事業の鞍谷川災害復旧助成事業についてでありますが、浅水川合流点から川島大橋までの区間で、松成町の一部及び橋梁取りつけ部分等を除き、ほぼ完了しており、橋梁工事についても、鯖江市管内架けかえ11橋のうち、既に完成した橋梁が4橋で、残りの橋梁7橋も施工中であります。平成21年春に通行開始の川島大橋を含め、早期に通行できるよう鋭意工事が進められているところであります。
 次に、河和田川上流での狭隘箇所の阻害部を除去する改修工事は、平成19年度に事業着手し、現在、片山橋の下部工を施工し、北中橋の下部工も発注済みであります。また、年度内には北中橋の上部工の発注を予定しており、工事は順調に進捗しております。
 次に、県事業の浅水川河川改修につきましては、鳥羽橋左岸下流部、三六橋両岸下流部、吉江橋左岸下流部の掘削工事を10月に発注し、年度内完成の予定であります。また、吉江中農業用取水ポンプ及び消雪用取水ポンプ設置工事についても、年度内に完成させ、来年度から稼働予定となっております。また、鳥羽橋左岸下流部、吉江橋左岸下流の高水護岸を今月末に発注しており、今後とも未整備箇所すべての早期完成を強く要請してまいります。
 次に、吉野瀬川ダム建設事業についてですが、今月21日、県において、第1回目の公共事業等評価委員会が開催され、その中で吉野瀬ダム工業用水の需要見込みの精査が求められたことから、同日、越前市と鯖江市に対し、今後の需要見込みについての照会がありました。本市では、計画当初の需要見込みと比べ、産業構造や企業の水の再利用など、工業用水を取り巻く環境が大きく変わってきていることなどから、吉野瀬川ダムの工業用水については需要の見込みはないと判断をいたしまして、27日にその旨、回答いたしました。
 なお、本市においても、近年の降雨状況から治水等の必要性は増してきており、吉野瀬川流域の市民の方々の安全・安心を確保していく上で、治水ダムとして一日も中断することなく引き続き推進していくことが重要であることから、吉野瀬川ダム建設の促進について、越前市長とともに知事に要望書を提出いたしました。このことについては、来月1日に開催予定の公共事業等評価委員会の審議結果を踏まえ、県及び越前市と連携を図りながら十分協議してまいりたいと考えております。
 次に、市では、降雪時期を迎えるに当たり、関係機関が一体となった周到な雪害対策を講じることが大切であるとの考え方から、今月5日に鯖江市雪害対策関係行政機関等連絡会を開催し、鯖江市雪害対策を初め、関係機関の取り組みなどを協議するとともに、今月20日には除雪対策本部を設置いたしました。また、除雪・消雪等の関係施設の点検も今月中に済ませ、冬期間の市民生活の安全・安心の確保に万全の体制で対処してまいります。市民の皆様には、除雪体制に万全を期すため、違法駐車をしない、車道への雪投げはしないなど、雪国のマナー遵守に御協力いただきますようお願いを申し上げます。
 次に、ごみの減量化・資源化についてでありますが、レジ袋の有料化に向けた取り組みを進めております。レジ袋は化石燃料を原料としているため、その削減は地球温暖化防止に寄与するものであります。削減の取り組みは全国的な広がりを見せており、県内においても、各市町単位でレジ袋有料化の取り組みが進んでいるところであります。本市においても、買い物袋持参運動をさらに進めるべく、レジ袋有料化に向け、環境まちづくり委員会を中心に取り組んでおります。事業所、消費者そして行政が共通認識のもとで、近隣市町と歩調を合せて進めてまいりたいと考えております。
 次に、神明苑についてでありますが、エレベーター・多目的トイレなどのバリアフリー化改修工事も終了し、現在の利用客は平成17年度の約4万9,000人から平成19年度には約8万9,000人と大幅に増え、今年度も10月末までの状況は昨年同期比以上の利用状況であります。また、今年度から放課後児童健全育成事業や障害福祉サービス事業のうちの就労移行支援事業を実施しており、指定管理者により順調に運営されていると考えております。
 今回補正予算で、平成22年度からの就労継続支援事業を実施するため、作業棟建設費を計上いたしました。この事業は、通常の事業所で働くことが困難な障害者の方の雇用と、知識と能力向上の訓練の場の確保を図るために行うものであり、豆腐・油揚げ・みそ等の製造を想定して、10名程度の雇用を予定しております。今後も、多機能型健康福祉施設神明苑を健康福祉のまちづくりの拠点として活用し、市民と協働で健康福祉のまちづくりを進めてまいります。
 次に、つつじバスにつきましては、上半期の実績は、前年対比で約20%増の御利用をいただいており、利用者も順調に伸びてきております。また、これまでの利用者アンケートのほか、議員から御提案をいただきました返信郵送によるアンケートにつきましては、11月1日から各バス車内に御意見用紙を設置し、利用者の方から御意見をいただいており、そのほとんどの方が楽しくバスを利用し、継続を望んでおられます。このようなことから、来年度も今年度と同様なダイヤ編成、バス台数により、継続して運行したいと考えております。
 また、昨年度から導入しました、運転免許自主返納支援事業につきましては、現在までに86人が免許を返され、交通事故防止に御協力をいただいております。高齢者の皆様には、御自分の安全のためにも、運転に自信がなくなりましたら、つつじバスを御活用いただきたいと思います。
 次に、「活気あふれる産業づくり」について申し上げます。
 まず、中心市街地活性化につきましては、商店街、地元住民、学生、商工会議所、市などが一体となって「鯖江街なか賑わいプラン」に本年度から本格的に取り組んでおります。プランの推進母体として組織されたさばえ夢かたち推進委員会を中心に、プランに策定されている41事業のうち、ワーキンググループでの研究・検討も含めて、既に27事業が実施されております。主な事業では、TMO構想推進事業から継続し、今や定着感もある「本山誠市」は3周年を迎えました。出店数も毎回50店舗程度で、来場されるお客様の数も、多いときには3,000人を超える人出でにぎわうなど、着実に中心市街地の活性化事業の核として定着してまいりました。さらに本年3月からは、誠市へ訪れる来場者を周辺の商店街へ誘導する「ご縁市」を開始しております。「ご縁市」では、毎回20店舗程度が出店され、街なか賑わいの創出に積極的に取り組んでおられます。
 また、「高齢者に優しいまち、便利なまち」を目指し、高年大学の公開講座を市民ホールつつじを会場として、7月から10月まで4回開催をしたところ、毎回100人以上の受講者でにぎわい、大好評をいただきました。
 さらには、商店街や観光・文化等の施設などをインターネットを活用して情報提供する商店街ネット事業や街なか巡りパンフレット設置事業、学生連携活動拠点施設「らてんぽ」でのパソコン教室実施など、にぎわい、憩い、癒し、そしてもてなしの心にあふれるまちづくりへの取り組みを積極的に進めていただいております。
 今後も、にぎわいプランの事業活動と躍進に大きな期待をしており、市としても、地元住民・学生・商店街などの皆さんと連携・協働して、実現に向けて最善を尽くしてまいります。
 次に、もみじまつりにつきましては、今月9日から月末まで開催しておりますが、22日から24日のメインイベントでは「鯖江の食 即売会」、間部茶屋、もみじフードフェスタ、親子ふれあい写生大会など盛りだくさんのイベントを実施しました。今年は、昨年に比べ天候がやや不順ではありましたが、レッサーパンダの一般公開の効果もあり、イベント期間中は約3万9,600人の方がお見えになりました。今後とも西山公園が街なか公園として、心がいやされ憩える歴史と文化の薫る公園になるよう努めてまいりますとともに「つつじまつり」、「もみじまつり」の開催などにより、四季を通じ大勢の観光客でにぎわう、県内でも屈指の観光地を目指してまいります。
 次に、「地方の元気再生事業」についてですが、「眼鏡産業の再生」をテーマに、魅力と活気あふれる「めがねのまち鯖江」元気再生事業として、鯖江商工会議所や福井県眼鏡協会を初めとする「めがねのまち鯖江」元気再生協議会の皆様と知恵を出し合い、汗をかきながら、一体となって取り組んでおります。
 取り組み状況ですが、若者に人気のあるアパレルブランド3社と鯖江産地メーカーとの連携により、新たな「サングラス・ファッショングラス」を開発し、来年3月開催予定の東京ガールズコレクションで発表、販売を通した産地PRをすることになっております。そのほか、産地「鯖江」を広く全国にPRするTV番組の制作とBS放送での放映や、異業種からの受注機会の創出を目指したウェブサイトの構築などを進めております。
 また、福井県眼鏡協会では、今月20日、東京南青山に産地内企業のハウスブランドを紹介する「東京ショールーム(グラスギャラリー291)」をオープンされるとともに、産地内では、市の補助金を活用した眼鏡産直ショップへの取り組みが行われております。
 市では、これらの取り組みを通じ、今後「つくるだけの産地」から「売れるものを創り・売る産地」への転換と、産地の魅力を生かした産業観光の促進による「楽しめ・愛される産地」の実現を目指してまいりたいと考えております。
 次に、企業立地と産業集積の促進についてですが、市域面積が小さな本市においては、新たな工場用地を確保することは極めて厳しい現状となっております。緑地面積率の緩和などによる既存の工場用地の高度かつ効率的な利用が求められています。このような状況を踏まえ、本市では、平成19年6月に施行された企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づき、福井県に対し、本市の東部工業団地、河端工業区域及び鯖江機械工業団地を企業立地重点促進区域に追加申請を行い、本年6月に国の同意を得ました。これにより、国が定める基準の範囲内で緑地面積率等の緩和を条例で定めることができるようになったところでございます。
 これを受け、それぞれの工業団地、工業区域の立地環境を踏まえる中で、緑地面積率の緩和について検討を行い、このほどまとまったところであります。今議会に企業立地重点促進区域を3つの区域に区分し、工業立地法の準則で定められている緑地面積率等を、それぞれ5%、10%、15%緩和する内容の条例を上程させていただきました。これにより、工場敷地の効用を高め、当該地区での効率的な生産施設の整備を促進し、本市における産業集積の形成と活性化を図ってまいりたいと考えております。
 次に、農政問題についてですが、本市においては、今年産米の作況指数が102とほぼ決まりました。今年の米価は低迷した昨年を上回っておりますが、肥料や燃料など生産コストは上がっており、経営の収支は予断を許さない状態であります。生産資材の高騰により、農業経営を圧迫することがないよう、生産者団体には市場動向を見きわめ、農家手取りが最大になるよう最大限の努力をお願いしております。
 国においても、本年10月の補正予算で、化学肥料の使用量の低減に取り組む農業者に対して、肥料費の増加に対する支援措置が講じられることとなっております。また、平成21年度予算では、生産調整に係る支援措置を見直し、水田の有効活用を図るため、調整水田などの不作付地への作付拡大に対する新たな助成も検討されておりますので、このような、国の新たな支援を受けられるよう、市としても適切に対応してまいりたいと考えております。
 農商工連携については、地方分権が進む中、地域産業振興の切り札になるものと考えております。これからは積極的に農業を興し、地域ブランドづくりに挑戦し、我が村自慢一品創出支援事業や元気なさばえの地産地消振興事業、高齢者や女性を生かした生きがい対策などの農業も必要であります。従来の農業の枠組みにかかわらず、業種の壁を超えた産業再構築による農業の振興は、商店街の振興にもつながっていくものと考えております。地方再生のためには、業種ごとの成長戦略ではなく、地方産業をどう再構築していくのかの視点からの新しい横断的戦略が課題と考えております。
 次に、「ぬくりもり感じるふれあいづくり」についてでありますが、9月の議会において、男女共同参画都市宣言について、議会の御同意を得たところですが、来る30日にその記念事業を開催します。これは、本市の姿勢を市内外に広く周知し、さらなる市民意識の高揚と機運の醸成を図ることを目的とするもので、今後も、市民と議会と行政とが一体となって、男女がお互いを理解し、助け合いながら、生き生きとした生活を送ることができる、健康で快適な男女共同参画社会の実現を目指してまいりたいと考えております。
 次に、資料館についてでありますが、昭和53年に開館以来、鯖江市唯一の博物館として多くの方々に利用されてきましたが、約30年が経過し、施設運営からも多くの問題を抱え、また、各種設備の老朽化も著しいことから、増築も含めてリニューアルしたいと考えております。既存建物の北側に2階建て総床面積690平方メートルを増築し、1階には展示スペースと既存建物の2階、3階をつなぐエレベーターを設置し、利便性の確保を図ってまいります。2階には、間部の部屋を設け、既にある近松の部屋とあわせて、本市ゆかりの二つの大きな歴史資源の発信とともに、市のまちづくりにも活用していきたいと考えております。既存部分の3階につきましては、展示室を郷土作家の部屋として、久里洋二画伯、西山真一画伯などの郷土作家の作品の常設展示場として整備してまいりたいと考えております。また、あわせて、耐震化工事やアスベスト対策工事、トイレのバリアフリー化、屋上防水工事などの改修工事を行い、平成22年3月に竣工させたいと考えております。
 また、このリニューアルにより、西山公園や商店街に隣接している地理的条件を生かし、西山公園を訪れた人たちの休息場所としての利用や、西山公園の魅力を発信する場所、また商店街イベントなどと融合した企画展などを開催することで、皆さんが足を運んでのぞいてみたくなる資料館を目指してまいります。
 次に、本市で初めて総合美術展として開催する鯖江市美術展につきましては、応募要項、開催日程なども決定し、現在、作品募集を行っております。開催期間は来年2月26日から3月2日の5日間とし、会場は部門ごとに特色を持たせ、回遊しながら親しんでいただこうと嚮陽開館、文化の館、ギャラリー新の3会場を予定しています。美術展の運営につきましても、市民の皆様の参画による実行委員会を立ち上げていただきましたので、気軽に応募していただける市民全体の美術展となることを期待しております。
 次に、平成19年度の決算に基づいて、一般会計に各特別会計、企業会計及び土地開発公社などの地方公社を加えた鯖江市全体のバランスシートを作成いたしました。バランスシートについては、本市がこれまでの行政活動により形成してきた資産と、それに伴う負債の状況をストック面から把握し、資産の構成や将来負担しなければならない負債の状況などを明らかにしようとするものです。
 資産のうち、社会資本の整備をあらわす有形固定資産の残高は、上下水道施設整備で増加しているものの、行財政構造改革プログラムの積極的な推進を図る中で、引き続き大規模な建設事業を抑制したことにより、一般会計における有形固定資産の残高は、減価償却に伴い減少しました。その結果、鯖江市全体での有形固定資産の総額は、平成18年度と比較しますと、約3億5,500万円の減少となっています。
 一方、負債につきましては、将来の利子負担の軽減を図るために行った国営日野川用水事業負担金の繰上償還に伴う市債の借り入れ及び下水道施設の整備に伴う市債の借り入れ等により、平成18年度と比較しますと約14億円の増加となっています。
 また、鯖江市全体における資産総額及び負債総額を市民1人当たりで見ますと、資産が約207万円、負債が約101万円となり、負債のうち土地開発公社の借入金を含めた市債等の残高が約93万5,000円という結果となっています。
 次に、本市では平成18年度から指定管理者制度の本格導入を行い、現在32の施設を指定し、住民サービスの向上と管理経費の縮減を図っております。これらの施設のうち16施設につきましては、来年3月で指定期間が満了となることから、更新の作業を行ってまいりました。公募を行った9施設につきましては、施設ごとに選定委員会を設置し、厳粛かつ公平な審査を行い候補者を決定いたしました。しかしながら、高齢者憩の家の募集に対しては応募者がなく、今後の措置として選定委員会の意見を踏まえ、平成21年度においては市の直営とし、22年度以降につきましては、今後の施設の活用策を検討していきたいと考えております。また、非公募の7施設につきましては、現在指定管理を行っている団体等を候補者とすることとしました。そのほか、来年4月から新規に指定管理者制度を導入する越前漆器伝統産業会館の候補者につきましては、これまでの漆器産業の振興や今後の利用者へのサービス向上、地域との共存等への取り組みを評価し、越前漆器協同組合を選定いたしました。
 なお、指定期間は、事業の継続性や安定性、優秀な人材の確保、機器のリース期間等を考慮いたしますと、制度導入当初に指定期間を3年間としたものを5年間に変更することで、より効果が得られるものと考えております。
 また、平成18年度から導入しました下水道施設の維持管理に係る包括民間委託が、今年度で満期を迎えます。平成21年度以降も包括民間委託を継続することで、専門業者による安定した水処理・汚泥処理を実行し、維持管理コストの縮減に努めるとともに、先ほど申し述べました理由により、委託期間は5年間にしたいと考えております。
 次に、今回御提案いたしました平成20年度12月補正予算について、その主なものを申し上げます。
 まず、一般会計におきまして、懸案でありました福井鉄道福武線の鉄道用地の取得費等の費用として、4億3,480万円を計上いたしました。これは沿線3市におきまして資産の持ち分が合意に達したことにより、3市ともこのたび予算計上したものです。また、同じく公共交通事業関係では、新年度におけるつつじバス運行事業の契約等の準備を行うため、債務負担行為として8,400万円を設定いたしました。
 次に、老朽化してきました資料館の耐震補強・リニューアルのための費用として2億8,600万円を計上いたしました。これは、今年度のまちづくり交付金事業が増額して交付される見込みとなりましたので、これを活用して実施するものです。
 また、同様にまちづくり交付金事業を活用して実施します神明苑の作業棟の整備に3,000万円を計上し、障害者の方々の就労支援を推進してまいりたいと考えております。
 さらに、今回の補正予算では、まちづくり交付金事業で、鳥羽中芦山線や三六公園、西山公園の整備などに1億600万円を計上いたしました。
 次に、農林業関係では、原油高騰に対する対策として、省エネルギー型の汎用コンバインや直播機の整備費として1,676万円余、ミディトマトやイチゴなどの収益性の高い園芸作物の生産拡大のための施設整備費として1,181万円を計上いたしました。
 そのほか、ホームヘルプサービス事業や医療費助成、生活保護費などの扶助費の不足見込み額への増額対応や早期退職者の退職手当など必要な経費を計上いたしました。
 これらの結果、一般会計の補正額は8億7,010万円となり、平成20年度の予算総額を231億1,520万円としようとするものであります。
 農業集落排水事業特別会計と下水道事業特別会計におきましては、処理場や環境衛生センターなどの施設の、平成21年度から5年間の維持管理業務を包括的民間委託の手法により行うために、それぞれ3億1,300万円と10億3,400万円の債務負担行為を設定いたしました。
 これらにより、特別会計を含めた平成20年度の鯖江市の予算総額は、422億1,140万円となり、昨年の12月補正後と比較して10.0%の減少となっております。
 その他の議案につきましては、それぞれ記載の理由に基づき御提案いたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と市政の諸課題、補正予算案等について申し上げました。
 何とぞ、慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(佐々木敏幸君) 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、12月9日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。
 御苦労さまでございました。
              散会 午前11時26分