議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成20年 3月第366回定例会−02月29日-01号




平成20年 3月第366回定例会

           第366回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成20年2月29日(金)開会
                  3月21日(金)閉会 22日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 2月29日│金│10時│ 本会議(提案理由説明、補正予算先議、    │
 │      │ │   │            委員長報告、採決)  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │ 3月 1日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    2日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    3日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    4日│火│12時│休 会 一般質問〆切             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    5日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    6日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    7日│金│10時│議会等改革特別委員会             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    8日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    9日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   10日│月│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   11日│火│10時│本会議(質疑、代表質問・一般質問)      │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   12日│水│10時│本会議(一般質問)              │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   13日│木│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   14日│金│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   15日│土│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   16日│日│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   17日│月│ 9時│常任委員会                  │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   18日│火│   │休 会                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   19日│水│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   20日│木│   │ 〃                     │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   21日│金│13時│本会議(委員長報告・採決)          │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘



              議 案 審 議 結 果 一 覧
                            市長提出 (2月29日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 議案番号 │件       名              │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第11号 │平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第5   │総務・産建│ 可 決 │
│     │号)                     │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第12号 │平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正│ 総  務 │  〃  │
│     │予算(第2号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第13号 │平成19年度鯖江市老人保健特別会計補正予算(第│  〃  │  〃  │
│     │2号)                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第14号 │平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算│ 教育民生 │  〃  │
│     │(第2号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第15号 │平成19年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正│ 産業建設 │  〃  │
│     │予算(第1号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第16号 │平成19年度鯖江市総合開発事業特別会計補正予算│  〃  │  〃  │
│     │(第1号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第17号 │平成19年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(│  〃  │  〃  │
│     │第1号)                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第18号 │平成19年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号│  〃  │  〃  │
│     │)                      │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第33号 │専決処分の承認を求めることについて(平成19年│総務・産建│承 認 │
│     │度鯖江市一般会計補正予算(第4号))     │教民   │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            市長提出 (3月21日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第1号 │平成20年度鯖江市一般会計予算        │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第2号 │平成20年度鯖江市国民健康保険事業特別会計予算│ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第3号 │平成20年度鯖江市老人保健特別会計予算    │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第4号 │平成20年度鯖江市後期高齢者医療特別会計予算 │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第5号 │平成20年度鯖江市介護保険事業特別会計予算  │ 教育民生 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第6号 │平成20年度鯖江市農業集落排水事業特別会計予算│ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第7号 │平成20年度鯖江市総合開発事業特別会計予算  │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第8号 │平成20年度鯖江市土地区画整理事業特別会計予算│  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第9号 │平成20年度鯖江市下水道事業特別会計予算   │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第10号 │平成20年度鯖江市水道事業会計予算      │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第19号 │鯖江市後期高齢者医療に関する条例の制定について│ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第20号 │鯖江市一般職の任期付職員の採用に関する条例の一│  〃  │  〃  │
│     │部改正について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第21号 │鯖江市特別職の職員の給与および旅費等に関する条│  〃  │  〃  │
│     │例の一部改正について             │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第22号 │鯖江市一般職の職員の給与に関する条例の一部  │  〃  │  〃  │
│     │改正について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第23号 │鯖江市税条例の一部改正について        │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第24号 │鯖江市特別会計設置条例の一部改正について   │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第25号 │鯖江市介護保険条例等の一部改正について    │ 教育民生 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第26号 │鯖江市国民健康保険条例の一部改正について   │ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第27号 │鯖江市廃棄物の減量化、資源化および適正処理等に│ 教育民生 │  〃  │
│     │関する条例の一部改正について         │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第28号 │鯖江市企業立地促進条例の一部改正について   │ 産業建設 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第29号 │鯖江市企業職員の給与の種類および基準に関する条│  〃  │  〃  │
│     │例の一部改正について             │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第30号 │鯖江市通学区域審議会条例の一部改正について  │ 教育民生 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第31号 │福井県後期高齢者医療広域連合規約の変更について│ 総  務 │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第32号 │福井県自治会館組合規約の変更について     │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第34号 │鯖江市公平委員会委員の選任について      │  −  │ 同 意 │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            議員提出 (3月23日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│  第1号  │市長専決事項の一部改正について             │ 可 決 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│  第2号  │鯖江市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について│ 可 決 │
└──────┴────────────────────────────┴────┘


                請願の審査結果一覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │後期高齢者医療制度に関す│丹南社会保障推進協議会│ 総  務 │継 続│
│ 第1号 │る意見書の提出について │代表委員 奥村 宗市  │     │審 査│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │米価の安定と生産調整に関│福井県農民連     │ 産業建設 │継 続│
│ 第2号 │する意見書の提出について│会長 玉村 正夫    │     │審 査│
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘



           第366回鯖江市議会定例会会議録
   ──────────────────────────────────
       平成20年2月29日(金曜日)午前10時00分開会
   ──────────────────────────────────
   〇出席議員(20人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         11番  福 岡 宏 明
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         19番  玉 邑 哲 雄
                         20番  菅 原 義 信
   ──────────────────────────────────
   〇欠席議員(0人)
   ──────────────────────────────────
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          吉 村   治
                 教育長          今 立 善 教
                 企画財政部長       千 秋 冨 秀
                 福祉環境部長       山 本 信 英
                 産業部長         藤 山 健 人
                 都市整備部長       森 本   茂
                 会計管理者        天 谷 武 博
                 教育委員会事務部長    小 泉 昭 一
                 産業部企画監       竹 内 秀 博
                 都市整備部技監      斉 藤   勉
   ──────────────────────────────────
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         宇 野 徳 行
                 秘書広報課長       中 村 修 一
                 企画政策課長       伊 部 雅 俊
                 財政課長         辻 川 哲 也
                 社会福祉課長       福 田 末 隆
                 教育総務課長       藤 井 勇 二
                 都市計画課長       田 中 憲 男
                 監査委員事務局長     松 村 里 見
   ──────────────────────────────────
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       岡 山 和 市
                 議会事務局次長      棚 池 義 治
                 議会事務局参事      高 尾 副 次
                 議会事務局次長補佐    山 口 達 哉
   ──────────────────────────────────
              開会 午前10時00分
○議長(佐々木敏幸君) ただいまから第366回鯖江市議会定例会を開催いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   ──────────────────────────────────
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(佐々木敏幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、10番 丹尾廣樹君、11番 福岡宏明君、12番 木村愛子君、以上3名を指名いたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第2.会期の決定
○議長(佐々木敏幸君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長の報告を求めます。
 議会運営委員長 平岡忠昭君。
           〇議会運営委員長(平岡忠昭君)登壇
◎議会運営委員長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 第366回定例会の運営につきまして、去る1月29日、2月22日及び本日に開催いたしました議会運営委員会における審議の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件は、議案33件、報告3件、請願2件であり、会期最終日には人事案件及び市会案が追加提案される予定であります。
 さて、これらの案件の審査に要する日程でありますが、本日は、市長の施政所信表明並びに各議案等に対する提案理由の説明を行い、その後、予算の執行を配慮して、議案第11号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)から議案第18号 平成19年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号)までの補正予算議案及び議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第4号))の9件について審査を行います。
 各常任委員会の審査の後、各委員長の審査結果報告、質疑、討論の上、採決いただきたいと存じます。
 明3月1日から10日までは本会議を休会といたし、11日、12日の両日に本会議を開き、各議案等に対する質疑の後、代表質問並びに一般質問を行います。これらの質問に対する発言通告書の提出期限は3月4日の正午までといたします。
 各常任委員会の審査日程につきましては、3月13日、14日及び17日の3日間といたします。また、議会等改革特別委員会の審査は7日といたします。
 そして、21日を最終日として本会議を開き、委員会における審査の結果の報告を行い、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上の議会日程でもって、本定例会の会期は、本日から3月21日までの22日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、御報告といたします。
○議長(佐々木敏幸君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から3月21日までの22日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は、本日から3月21日までの22日間と決しました。
   ──────────────────────────────────
△日程第3.諸般の報告
○議長(佐々木敏幸君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付してあります議会報告(第1号)をもって報告といたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第4.請願の受理
○議長(佐々木敏幸君) 日程第4、請願の受理について報告いたします。
 本日までに受理いたしました請願2件については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり所管の委員会に付託いたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第5.議案第1号 平成20年度鯖江市一般会計予算から日程第40.報告第3号 財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで
○議長(佐々木敏幸君) 日程第5、議案第1号 平成20年度鯖江市一般会計予算から日程第40、報告第3号 財団法人農業公社グリーンさばえの経営状況についてまで、以上36件を一括議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 市長 牧野百男君。
            〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第366回鯖江市議会定例会の開会に当たり、提案いたしました平成20年度当初予算案を初め諸議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 所信に先立ちまして、先月、固定資産税・都市計画税3期分及び国民健康保険税6期分が期限内に納付されたにもかかわらず、電算業務のプログラムミスにより481件の督促状を誤発送してしまい、納税者の皆様に大変御迷惑をおかけいたしました。深くおわびを申し上げ、今後このようなことが二度と起こらないよう万全を期してまいります。
 初めに、現在開会中の通常国会において、道路特定財源の暫定税率をめぐり審議が進められております。道路特定財源は国の財源であると同時に、地方自治体の財源でもあり、その失効は地方財政に多大な影響を及ぼすものであります。道路特定財源は、市民の生活を支える道路の整備や維持管理はもとより、地域の活性化や地方の自立のために必要不可欠のものであります。引き続き道路特定財源の制度はもちろん、暫定税率の継続を求めてまいります。
 次に、中国産冷凍ギョウザが原因と疑われる健康被害事例が発生し、全国の消費者に大きな衝撃をもたらしました。本市でも二つの中学校で、これに関連し自主回収の対象となった商品を使用した事実がありましたが、幸いにも健康被害はありませんでした。市民の皆様の食の安全に対する不安を払拭するため、市内の保育所、幼稚園及び小・中学校のすべてに対し、給食に使用する材料に徹底した配慮を行うよう指示したところであります。
 さて、私が平成16年10月、市民の皆様の温かい御支援をいただき市長に就任してから、新年度は与えられた任期の最後の年となります。議員の皆様には、これまで絶大なる御理解と御支援を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 就任以来、「融和と協働」を基本理念に掲げ、自主自立できる活力ある鯖江市の実現を目指し、市民の皆様や職員、関係団体の方々との情報の共有に努め、市民の目線、生活者の視点に立った真に市民の方々が求めるまちづくりに全力で取り組んでまいりました。
 3年間を振り返りますと、就任直後の最大の課題は災害に強い地域づくりで、福井豪雨災害からの早期復興、再生はもちろんのこと、恒久的な治山治水対策を推し進めてまいりました。鞍谷川・河和田川の改修は県・市一体となって取り組む中、浅水川も含めて早期の事業完了に向けて工事が順調に進んでおります。
 さらに重点的に取り組んでまいりましたのは、「健全な行財政運営」であります。福井豪雨による災害復旧事業の出費と国の三位一体改革による地方交付税の削減など、極めて厳しい財政運営を余儀なくされておりました。このような状況にあって、鯖江市単独での持続可能な行財政構造を確立するために、就任1年目に今後5年間の健全な行財政運営を目指した「鯖江市行財政構造改革プログラム」を策定いたしました。投資的経費の削減とともに、高金利地方債の繰り上げ償還や市債の抑制を図りました。さらには職員の新規採用を一時凍結、職員数の適正化、人件費の抑制などに努め、財政調整基金や減債基金を積み立てた結果、平成18年度決算では基本目標のすべてを達成することができました。
 そして、何よりもこれまでの最大の成果は、市民の皆様、そして職員と私が情報を共有することで、まちづくりの方向性が一本化されたことだと思っております。本市には、先人たちが築き上げてきた歴史や伝統、文化があり、世界に誇れる地場産業が集積するまちであります。これからの時代は、蓄積されたものに価値を見出すストック型社会への転換が求められております。目先にとらわれず、新しいものをゼロからつくり上げる必要はなく、埋もれているものに光を当てれば輝く資源が数多く存在しております。そして、これらの資産に付加価値をつけることで、さらに光り輝くものに発展させることができます。今年度を新たな飛躍へ踏み切る年と位置づけ、ストックされた数ある資源を見詰め直し、さらに磨き育てることで新たな創造に結びつけてまいりたいと考えております。
 それでは、当面する市政の諸課題と新年度の基本的な方向性について申し上げます。
 まず、福井鉄道福武線の存続につきましては、これからのまちづくりを進める上で、また交通渋滞の緩和、環境問題の対応など、本市の発展のためにはなくてはならない社会資本であります。このような中、鯖江市区長会連合会と鯖江公共交通・観光振興市民の会の皆さんが中心となって4万120人の存続要望の署名を集めていただき、感謝を申し上げます。
 2月15日、県と沿線3市の第4回協議会では、福井鉄道が引き続き運行して福武線の再建を図ることで協議が整いました。さらに、21日の第5回協議会では、累積債務の削減や運行の維持継続、老朽化した設備の更新・修繕など、今後、福武線の運行を維持・活性化していくための課題について検討を行いました。その中で、名古屋鉄道の増資により債務の削減を図ることや、福武線の鉄道用地を取得すること、安全運行に不可欠な設備更新や維持修繕に対しても支援を拡充していくことなどの協議がなされました。残された課題として、金融機関の協力や新しい経営陣の確保などがありますが、今後とも沿線3市が共同して県の強いリーダーシップを求めてまいりますので、議員各位の御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。
 次に、鯖江市のまちづくりにとって、中心市街地のにぎわいを取り戻すことは大きな課題であります。昨年12月末に鯖江商工会議所に作成をお願いしました「鯖江街なか賑わいプラン」の報告をいただきました。市といたしましては、この「鯖江街なか賑わいプラン」を今後5年間の中心市街地活性化策と位置づけ、個性と特徴のあるまちづくりに取り組むことを基本方針としてまいります。町なか公園である西山公園を核に、本山誠照寺、地蔵橋、萬慶寺を初め多数の歴史・文化遺産や観光地など、ストックされた町なかの魅力を取り込み、有効に活用する中でにぎわいの創出を図ってまいります。
 次に、産業振興についてでありますが、国では内閣府に地域活性化統合事務局を設け、新年度には地域住民や民間団体の創意工夫や発想を起点にした「地方の元気再生事業」を創設するとしております。これを受け、本市では、眼鏡産業とICT活用による魅力ある眼鏡のまち鯖江の元気再生事業として、付加価値の高い商品づくりと販売の促進、さらには後継者の育成につながる事業を、情報のすぐれた発信力などICTの持つ可能性を活用しながら取り組んでまいりたいと考えております。
 次に、農業振興についてですが、国では現場からの多くの声を受け、昨年12月に農政改革三対策緊急検討本部が各対策の見直しや緊急的な予算措置を発表しました。中でも、従来の産地づくり交付金に加え、生産調整の拡大に取り組む契約を結んだ農業者に対して緊急一時金が交付されることになりました。19年産のような米価の大幅下落を避けるには、生産者全員が毎年生産調整を確実に実施することが必要です。本対策により、今まで生産調整に参加されなかった農業者の皆様にも協力をお願いしてまいります。
 次に、先月、幼児教育・保育方針検討委員会から、公立保育所民営化について検討結果の報告をいただきました。民営化については、今後庁内に公立保育所民営化計画策定委員会を設置し、報告書を十分尊重し、保育ニーズへの対応及び民営化への具体的課題などを検討し、平成20年度内に民営化計画の策定を行っていきたいと考えております。
 次に、健康づくりの推進についてでありますが、新年度から特定健康診査、特定保健指導がスタートします。また、75歳以上の方を対象に福井県後期高齢者医療広域連合の助成制度を活用した健康診査を、さらには20歳から39歳までの市民を対象に市独自で健康診査と事後指導に取り組むこととしております。また、がん検診の無料検診の年齢を従来の70歳以上から65歳以上に引き下げることにより、受診率の向上を図り、本市の死亡原因の1位を占めているがんの早期発見及び早期治療につなげるなど、健康のまち鯖江にふさわしい健診体制を整えてまいります。
 次に、公立丹南病院は、施設の大部分が昭和44年から47年にかけて建設されたものであります。構造耐力や設備の劣化が顕著となってきております。特に、大規模地震時における災害拠点病院としての安全と機能の確保も求められております。
 また、安定した病院経営には医師や看護師の確保が重要であり、そのための環境整備が必要であります。地域医療を支えてきた自治体病院の多くで赤字が膨らみ、存続の危機に立たされているなど、公立病院を取り巻く環境は極めて厳しいものがありますが、急性期医療を担う中核総合病院として存続させるためには、がん、脳卒中、救急、周産期医療等の充実を目指し、地域に不足した医療を担う新病院の建設は必要不可欠であります。このほど、病院再整備計画検討委員会から現在地に新病院を建設する再整備計画(案)の報告を受けたところであります。新病院は、現在の病床数199床と14診療科を維持し、急性期医療を担う中核総合病院としての規模と機能を備えた病院を目指すものであります。鉄筋コンクリート造6階建て以下で、延べ床面積約14,000平方メートル、建設費、医療機器整備等に要する総事業費は65億円を見込んでおります。建設財源については、病院組合の自己資金や国からの交付税措置、病院の事業収益などを充て、鯖江市など構成市町の負担なしで建設することとしております。今後、総務省が公表した公立病院改革ガイドラインを踏まえ、建設費の妥当性、経営の実効性を十二分に検証し、基本設計等に着手、平成22年度工事着工、平成24年9月ごろの開院を目指してまいります。
 次に、平成18年度から2ヵ年をかけた総合治水基本計画がこのほど完成いたしました。今後、この計画を着実に実行するため、全庁体制による治水計画推進プロジェクトチームを発足させました。庁内部局間の連携を図りながら、計画の具現化に向けて年度ごとの事業計画の策定や事業の進行管理を行います。また、外部評価も受けながら適正な進行管理に努めてまいります。
 次に、県事業の鞍谷川・河和田川災害復旧助成事業、河和田川上流での狭隘箇所の阻害部を除去する改修工事及び浅水川の河川改修につきましては、今後とも早期完成に向け、県に要請してまいります。
 次に、建築物の耐震診断及び耐震改修を促進するため、鯖江市建築物耐震改修促進計画を策定いたしました。耐震支援施策としましては、木造住宅の耐震診断促進事業の継続に加え、新年度からは木造住宅の耐震改修工事への支援を行うとともに、木造に限らず、地震防災上重要な建築物の耐震診断に対しても支援を行ってまいります。
 学校施設の耐震化については、C判定ではありますが、老朽化が著しいことから、神明小学校校舎を鯖江市建築物耐震改修促進計画に基づく平成20年度、21年度の2ヵ年で行う予定をしておりましたが、国の予算補正で事業採択がされましたので、3月補正で予算計上し、20年度内に校舎の耐震補強及び大規模改造工事を完成させたいと考えております。
 次に、本市には、これまで継承されてきた豊かな歴史・伝統・文化がありますが、今年は間部詮勝公が老中に就任して150年になります。これを記念し、県と協働してふるさとの偉人を顕彰する事業を展開してまいります。また、王山古墳群の整備が完了しましたので、史跡を舞台とした弥生時代の歴史再現劇やフォーラムを開催します。さらに、丹南地区最大の前方後円墳を含む今北山・磯部・弁財天古墳群の国指定を目指した調査、測量に着手いたします。また、これらの資源を地域の宝として、さらに愛着と誇りをはぐくめるよう、地域資源に対する理解促進のための「ふるさと鯖江検定」にも取り組んでまいります。
 それでは、平成20年度当初予算の概要について御説明申し上げます。
 まず、第4次鯖江市総合計画の中間年として、また新しい鯖江市づくりをスタートして4年目という節目の年として、市民の皆様に一定の成果、形が見えるような予算とすることに重点を置きながら、実施計画に定める事業を基本に、市民の皆様が求める施策の展開を図ることを念頭に予算編成に努めました。また、編成に当たりましては、第4次総合計画の推進、鯖江市の特性や地域資源を生かしたまちづくり、行財政構造改革プログラムの着実な推進、地域再生事業等の積極的活用、ゼロ予算的事業の創出、大学、学生との連携事業の活用を基本的指針として、さきに述べました主要な課題に対応する事業に重点的、効率的に財源を配分したところです。
 それでは、主要な事業につきまして申し上げます。
 まず、災害に強いまちづくりにつきましては、地震、風水害、土砂崩れなどの災害から身を守るために必要な知識をまとめた冊子と、河川がはんらんした場合の各地の水深や、土砂災害計画区域・特別警戒区域などを示した災害ハザードマップを一体的に作成し、「さばえ防災のてびき」として市内全家庭に配布いたします。また、災害発生または発生の恐れがあるときに、避難情報の入手、避難の判断または避難行動をみずから行うことが困難な方一人ひとりに対し、具体的な避難支援計画を策定します。この計画の根幹は、災害時要援護者の近くに住んでいる方々が支援者となって活動していただくことを基本としております。この計画をより実効性のあるものとするためには、民生委員・児童委員、区長並びに自主防災組織の皆様を初めとする地域の皆様の御協力が必要不可欠であります。そのため、新年度からは自主防災組織未組織町内の組織創設を促進し、既設の組織活動の活性化を図ることを目的に、自主防災組織の創設や自主防災活動を実施するための備品購入などに対する支援を実施してまいります。
 次に、雨水対策につきましては、東部工業団地の老朽化している東工雨水ポンプ場のポンプ1台を新年度末までに据えつけを完了します。また、上河端ポンプ場におきましても新年度に県事業で詳細設計に着手する予定であります。また、神中町二、三丁目において、黒津川に自然放流できる雨水管の整備を行い、浸水の軽減を図ります。このほか、雨水幹線の整備では三六町一丁目の浸水対策として、西雨水幹線へ接続する三六雨水幹線の整備を行います。
 次に、消防庁では消防の広域化を推進するため、都道府県ごとに消防広域化推進計画の策定を進めております。今月22日には、県の消防広域化推進計画策定委員会の計画案として、県内三本部案が示されました。今後は、丹南圏域での再編計画案の実現に向けまして協議を進めてまいります。
 次に、快適で住みよいまちづくりにつきましては、生活道路の交差点を3ヵ年で100ヵ所改良することにより交通事故の防止を図ります。
 次に、新戸口トンネルの整備につきましては、平成19年度に県事業として事業化されましたが、新年度は詳細設計などに着手していただき、早期完成に向け、県と協働して事業の進捗を図ります。
 次に、福武線の利用促進を推進する一環として、新年度から市内の保育所や幼稚園の園児、小学校低学年を対象に、野外学習活動や遠足等で福武線を利用する場合、運賃の一部を助成する福武線利用促進野外活動助成事業を実施いたします。また、この事業は西山公園の誘客促進事業として、市外から福武線を利用して西山公園を訪れる園児等も対象にしたいと考えております。
 次に、西山公園冒険の森のリニューアル整備につきましては、一部施設の老朽化もあり、再整備するとともに動物園から冒険の森に至る動線整備も検討してまいります。
 次に、大谷公園の整備についてでありますが、早期に供用開始するよう、新年度からは事業費を増額して今後5年間で整備を完了したいと考えております。なお、平成21年3月末には一部供用開始したいと考えております。
 次に、住宅火災による被害軽減に向け、鯖江・丹生消防組合では、平成18年に火災予防条例を改正し、新築、増改築住宅においては、火災報知機の設置が義務化され、既設住宅は平成23年5月までに設置することになっています。市営住宅においても全戸の居室に住宅用火災警報器を設置し、入居者の安全・安心を確保してまいります。
 次に、情報利活用能力向上推進事業についてでありますが、この事業はユビキタス社会に向けた基盤が着々と整備される中で、ICTのまち鯖江として市民の皆様のユビキタス社会への適応能力の向上を支援するため、だれもが時間、場所を問わず学ぶことができる、e−ラーニングの環境を無料で提供するものです。今後とも新たな情報通信基盤の進展に応じ、市民生活、行政手続、企業活動それぞれの分野で恩恵を享受できる、ICTのまち鯖江を目指してまいります。
 次に、環境に優しいまちづくりにつきましては、ごみの減量化を目指し、「分別は心でするもの 〜リサイクル あなたの心が 地球を守る〜」をスローガンに、生ごみの水切りと雑紙の分別によるリサイクル運動を展開してまいります。また、地域、団体が里親となり、身近な公共空間である道路、河川及び公園等において、市民が主役となって行う維持管理や環境美化の活動に対しては、計画的に活動していただける団体(里親)に花苗、肥料等購入の支援をしてまいります。さらに、今月22日には、かねてから念願であった「ふくいのおいしい水」に、継体の里河和田上河内の「桃源清水」と「三場坂清水」の2ヵ所が認定されました。まさに、継体天皇即位1500年を記念したすばらしい贈り物であります。豊かな自然とすばらしい環境鯖江を代表する新しいシンボルとして、名水の地の環境整備に努めます。また、環境まちづくり委員会を中心に、地球温暖化対策の推進に関する法律に規定する地域協議会を設立し、その中心的事業として環境と災害にも強い森づくりを推進してまいります。
 次に、神明苑については、現在の機能に加え、障害福祉サービス事業のうち就労移行支援事業及び共同生活援助事業と、児童福祉法に規定している放課後児童健全育成事業を順次展開してまいります。
 次に、高齢者福祉施策として、町内単位の老人クラブを対象に実施してきた高齢者福祉バス運行事業の運行内容をさらに拡充することといたしました。希望により施設見学を行う「ふれあいバス」、新たに市の施設見学や史跡めぐり等を行う「学びバス」とし、いきいきサロンや各地区老人クラブ連合会も一部対象としました。また、つつじバス利用につきましても、新たに高齢者の利用促進の一環として、新年度から75歳以上の高齢者の方につきましては、毎月の10日、20日、30日のゼロのつく日3日間について利用料金の無料化を実施してまいります。
 次に、高齢者憩の家等の利用券無料化についてですが、新年度からは100円の自己負担を廃止し、入浴を通した心身のリフレッシュによる健康の保持増進につなげていただきたいと考えております。
 次に、ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯及び身体障害者の方々の安全を確保するための緊急通報装置の切りかえについてですが、平成20年度から22年度までの3ヵ年事業として、平成17年度以前に設置した装置を同時通話ができる装置に順次切りかえを行い、緊急時における安全・安心の確保に努めてまいります。
 次に、老人保健制度にかわる後期高齢者医療制度が新年度から始まります。本市におきましてもスムーズな制度開始に向け、現在説明会を開催し、周知に努めているところです。
 次に、食育の推進についてでありますが、市民の食への関心の高揚と、食育の一層の推進を図るため「鯖江市食育フェア〜こどもと楽しむ食育まつり〜」を開催します。さらに、食に関する知識や適切な判断力を身につけるとともに、食品の安全性の問題についても、消費する立場にある私たち一人ひとりが理解を深めるように努めることが重要です。このため、地域における食の担い手である食生活改善推進員の要請に引き続き努めるとともに、昨年7月に設立されました推進員の自主組織である鯖江市食生活改善推進員会議にヘルスサポーター鯖江、健康バイキングなどの地域食生活改善活動をお願いし、食生活についての正しい知識と自己管理能力を養成してまいります。
 次に、子育てに優しいまちづくりにつきましては、新年度からは健康課において「こんにちは赤ちゃん事業」として、生後4ヵ月までの乳児がいる家庭全戸を訪問し、不安や悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供を行います。また、各地区で子育てへの不安感、負担感、閉塞感を持つ親御さんへの支援を行っており、新年度もこの子育て支援ネットワーク活動の一層の拡大を図ってまいります。
 次に、公立保育所では従来の給食委託方式を見直し、自園調理に切りかえを行ってまいりましたが、残り3園の調理室整備が完了し、新年度から全園で自園調理がスタートすることになりました。また、みのり保育所改築につきましては、今年度に豊小学校改築計画の策定にあわせて基本計画を策定しました。隣接する豊幼稚園に併設し、幼保一元化の展開を図るものであります。
 次に、活気あふれるまちづくりについてですが、現在、街なかにある観光・文化等の施設や散策コースなどを入れ込んだ回遊性の高い観光案内版の設置を進めております。新年度はこの事業にあわせて西山公園などの街なか散策のためのマップづくりや、本山誠市にあわせたウオーキング大会などを行う「街なか公園事業」、観光案内やお店の紹介ができる「鯖江街なか案内人制度」を展開してまいります。このほか、街なかと間部家や北大路魯山人のかかわりなど歴史や文化を掘り起こし、街なかの宝と魅力の発信につなげる「街なか歴史・文化情報発掘事業」や、高年大学や大学の公開講座を街なかの施設で行う生涯学習充実事業を進めます。また、街なかへの移住や定住を促進するために、空き家や就業の情報を発信する空き家活用事業や定住情報発信事業は、各関係者との協働で展開をしてまいります。さらに、街なかに新たな伝説をつくり、街なかの名所とする「街なか伝説創出事業」や、商店街の活性化に結びつける「本山誠市・ご縁市連携イベント事業」、それぞれの商店が他店にはない自慢商品を創出する「一店自慢物創出事業」などは商店街の皆様に取り組んでいただきます。また、空き店舗を活用して開設した学生の活動拠点施設「らてんぽ」につきましては、NPO学生連合が企画して、ものづくりをテーマにした教室を開催していただくことになりました。新年度からはパソコンを導入し、ICTを活用した「ものづくり教室」として、主に小・中学生を対象とする簡単で楽しいゲームソフト作成プログラミング教室を実施してまいります。
 次に、豊かなものづくりのまちにつきましては、眼鏡産業とICT活用による魅力ある眼鏡のまち鯖江の元気再生事業に取り組んでまいります。また、大学等の研究開発技術と地域の中小企業が抱えるニーズとを結びつける産学官連携マッチング事業、また地場産業に関する講座、及びファッションデザインの公開講座を丹南高校生と連携して開催するなど、地域の産業に興味を持っていただくための地場産業後継者育成事業、さらには新製品・新技術開発等支援事業等にも積極的に取り組んでまいります。また、眼鏡産地直販ショップの開設支援制度を創設し、ものをつくるだけの産地からつくって売る産地への支援を行ってまいります。
 そのほか、地場産業である眼鏡、繊維、漆器の各業界が取り組む産地PR事業や販路開拓などの活性化事業、また各企業がみずから取り組む新たな販路開拓や新製品・新事業の創出、異分野見本市等への出展など、意欲的に取り組む事業などにもこれまでどおり継続的に支援をしてまいります。
 また、高齢化や小規模な農地のため、担い手への農地集積や規模拡大が困難な集落に対して、地域の農業生産維持・拡大する支援を県事業の地域農業サポート事業により「農業公社グリーンさばえ」が中心となって支援してまいります。
 続いて、平成20年産米の需給調整関係についてですが、転作率で31%と大変厳しい状況にあります。米の生産調整にまじめに取り組んでいただける集落に対しまして、新規事業として米の需給調整達成集落緊急支援対策を展開し、達成した集落転作面積に対し10アール500円の支援をしてまいります。
 次に、園芸作物の振興につきましては、従来のマルセイユメロン、ブロッコリー、ミディトマト、大玉トマト、ホウレンソウ等の軟弱野菜の特産物としての取り組み面積も年々拡大してまいりました。また、昨年からの取り組みとして、高設イチゴ栽培、ブルーベリー栽培と新しい施設栽培への取り組みに対しても引き続き支援してまいります。また、地域にあるよいもの、すぐれたものが鯖江にもたくさんあり、これをブランド化する産地おこしや、伝統野菜など多彩な農産物を栽培する農家や生産組織があります。これらの農産物や技術、活動に鯖江ブランドを付与し、生産意欲や地域活動意欲を高めてまいります。
 次に、国は、農山村の定住化や活性化支援のために農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業を創設しました。本市においても、活力を支える快適な生活基盤をつくり、定住化の促進を図るため、この事業を活用し、改修・整備を進めてまいりたいと考えております。このため、新年度において国庫補助事業の採択を受けるべく諸手続の委託発注を行い、平成21年度から当該事業を施行することで、雨水を短時間で排水し、大雨等による農地の冠水や住宅地への被害がある地区を少しでも早く災害から守り、安全・安心な農村環境や市民生活を確保してまいります。
 次に、働きやすいまちづくりや産業の振興の一環として、団塊世代の退職後のライフスタイルに対する意識と、企業における団塊世代の活用についてのアンケート調査を実施いたしました。その結果、団塊の世代からは「定年後においても引き続き働きたい」という回答が多数を占め、企業からも、技術・製品開発や生産管理、販売・マーケティングなどに活用したいとの回答がありました。職種や勤務条件、賃金、職歴や技術等を登録・検索する「団塊の世代人材バンク」と、人材や勤務条件、賃金等を登録・検索する「企業における団塊の世代活用バンク」のシステム化を図るとともに、これらを運用して双方の希望をマッチングさせる機能を持たせたトータルシステムを構築することといたしました。これにより、団塊世代の技能・技術を生かした本市のものづくり中心の産業振興と雇用の確保が推進されるものと期待しております。
 高年大学は昭和54年に開設され、30年目を迎えます。その30周年記念事業として、記念講演など教養文化事業や地域参加を啓発する行事を予定しております。
 次に、平成20年は鯖江藩第7代藩主 間部詮勝が老中に就任して150周年に当たる節目の年であります。間部家の菩提寺である萬慶寺や鯖江高校などを会場に、間部公に親しむ記念イベントを開催するほか、詮勝公が開いた西山公園での祭りにつきましては、「間部詮勝老中就任150周年記念」の冠をつけて開催し、期間中はそのにぎわいを資料館に誘導し、詮勝公の遺徳をしのび、その顕彰を図るため特別展を開催いたします。
 近松のまちづくりでは、全国に情報発信できる地域づくりに取り組むため、県と協働して推進する「市町振興プロジェクト事業」を活用して、人間国宝 吉田蓑助氏によります文楽公演を開催いたします。
 次に、史跡王山古墳群につきましては、平成19年度をもちまして4年間にわたる環境整備工事が完了いたしました。整備された古墳群を、市民の方々に親しみながら文化財の保存と活用についての意識の向上を図るべく、史跡を舞台とした歴史再現イベントなどの記念事業を開催いたします。また、丹南地区最大の前方後円墳を有する今北山・磯部・弁財天古墳群につきましては、国の補助事業採択を受け、国指定文化財を目指して新年度から5ヵ年をかけ、地形測量、発掘調査を行い、ロマンあふれる地域づくりの起爆剤にしたいと考えております。
 次に、老朽化の著しい資料館につきましては、リニューアルを検討しております。西山公園にも隣接していることから、町なか公園の博物館として基本設計・実施設計を行います。
 次に、本年5月11日に開催を予定しております第30回鯖江つつじマラソン記念大会についてですが、多くの市民の御参加をいただく記念大会となるよう、本山誠照寺や誠市など、市内の名所・旧跡を親子で探訪する「つつじウォーキング大会」を同時開催し、参加者数の大幅な増員を図ってまいります。
 次に、学生シンポジウム開催事業でありますが、これまで本山誠照寺における誠市や河和田アートキャンプなどのイベントにおいて、多くの学生に御参加いただいております。また、中心市街地に学生の活動拠点「らてんぽ」がオープンし、町なかのにぎわい創出につながるなど、学生の活動が市民に見える形で定着し始めております。今後も自由な発想、旺盛な行動力を持つ学生の視点や意見を市の活性化につなげていく必要があると考えております。そこで、まちづくりについて考え、実践する学生と市民が一堂に会する中で、市内外における学生によるまちづくりの取り組み事例紹介や講演会、パネルディスカッション等を行いたいと考えております。
 また近年、消費生活をめぐる諸問題も多様化、複雑化しており、消費生活が豊かになった反面、訪問販売、電話勧誘、マルチ商法などの契約トラブル、多重債務問題など消費生活相談は多種多様となっております。市では「鯖江市くらしの大学」を初め、出前講座、「広報さばえ」等を通じて消費生活に関するさまざまな知識を啓発しているところですが、市消費生活センターの相談窓口には連日多くの相談が寄せられています。このため消費生活相談員を増員し、消費者相談業務を強化していきたいと考えております。
 次に、学校生活学習支援員につきましては、小学校においてLD(学習障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)、肢体不自由などさまざまな障害を持つ児童がふえてきております。これらの児童等の学級に対してより適切な教育を行うため、生活や学習上のサポートを行う支援員を増員してまいります。また、幼稚園につきましても小学校と同様にLDやADHDの幼児がふえております。就学前の障害を持つ幼児の早期対応、保護者の子育てに対する悩みや不安等解消のために、幼稚園カウンセラーを新たに設置いたします。
 次に、学校校務情報化についてですが、教育用コンピューターにつきましては、小・中学校に児童・生徒用パソコンを配置し、インターネット環境を整備しております。平成20年度、21年度ではIT新改革戦略重点計画に基づき、小・中学校教員1人に1台のパソコンを配置し、ネットワーク環境の整備を行い、学校校務の情報化を図り、教育活動の向上、校務の軽減、効率化を推進してまいります。
 以上、平成20年度の当初予算案に掲げる主要な施策や事業を中心に概略を申し上げましたが、一般会計の予算総額は217億8,500万円となり、昨年に比べ10億3,300万円、率にして4.5%の減少となりました。これに見合う歳入予算につきましては、市税93億9,975万円、地方交付税34億6,000万円、国庫支出金16億1,320万円余、県支出金12億7,501万円余、市債13億7,020万円などを計上いたしました。また、国民健康保険事業など八つの特別会計の総額は、昨年に比べ22%減の167億8,080万円、また、水道事業会計は0.8%増の20億7,750万円となりました。
 次に、平成19年度一般会計補正予算案でありますが、神明小学校の耐震補強工事、中小企業等に対する制度融資の利子・保証料補給の増額、市債の繰り上げ償還元金の追加、財政調整基金への積み立て、事業量の確定などに伴う予算額の補正などを中心に、合計で5億4,700万円の増額補正となりました。この結果、平成19年度の予算総額は240億2,120万円となり、昨年の3月補正後の額と比べ13.3%の増となります。
 また、特別会計では、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計、水道事業会計におきましても、それぞれ高金利地方債の繰り上げ償還が認められましたので、必要な繰り上げ償還元金の増額補正を行ったほか、国民健康保険事業特別会計を初め老人保健特別会計、介護保険事業特別会計、総合開発事業特別会計におきまして、平成19年度の事業費の見込みがほぼ確定したことに伴います補正予算を計上いたしました。この結果、特別会計などを含めた平成19年度の予算総額は496億8,750万円となり、昨年同期と比べ57億8,535万円、13.2%の増となりました。
 次に議案第21号は、議会改革での経費削減策として、新年度から本会議、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会に出席したときの日額旅費である費用弁償を廃止することに委員全員の一致がありました。また、教育委員会、農業委員会及び監査委員の各委員においても、議員の皆様とともに費用弁償を廃止しようとするものであります。
 その他の議案につきましては、それぞれの記載の理由に基づき提案いたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と市政の諸課題、予算案等について申し上げました。何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。
   ──────────────────────────────────
△日程第41.議案第11号から議案第18号までの8件及び議案第33号に対する質疑
○議長(佐々木敏幸君) 日程第41、議案第11号から議案第18号までの8件及び議案第33号について、質疑はありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより議案の付託を行います。
 ただいま議題となっております議案第11号から議案第18号までの8件及び議案第33号については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、各常任委員会に付託いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま各常任委員会に付託いたしました議案については、会議規則第44条第1項の規定により、本日午後2時30分までに審査を終えるよう期限をつけることといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第11号から議案第18号までの8件及び議案第33号については、本日午後2時30分までに審査を終えるよう、期限をつけることと決しました。
 本会議の再開は午後4時ごろを予定しております。また、あらかじめ時間の延長をいたしておきます。
 それでは、各常任委員会で付託議案の審査をお願いいたします。休憩いたします。
              休憩 午前10時55分
              再開 午後 4時06分
○議長(佐々木敏幸君) 再開いたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第42.議案第11号から議案第18号までの8件及び議案第33号の審査結果
○議長(佐々木敏幸君) 日程第42、議案第11号から議案第18号までの8件及び議案第33号の審査結果について、各常任委員長の報告を求めます。
 最初に、総務委員長の報告を求めます。
 総務委員長 水津達夫君。
            〇総務委員長(水津達夫君)登壇
◎総務委員長(水津達夫君) 総務委員会に付託を受けました議案4件につきまして、審査の概要及び結果につきまして、御報告申し上げます。
 初めに、議案第11号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表 歳入歳出予算補正(歳入)全般、(歳出)款1議会費、款2総務費(交通対策費を除く)、款4衛生費(国民健康保険事業費)、款9消防費、款12公債費、第3表 債務負担行為補正 電話交換業務委託事業、第4表 地方債補正についてでありますが、市民税で2億2,000万円、固定資産税で4,000万円の増額補正となっておりますが、景気の悪い状況の中での増額であり、どのような要因があったのかとの質疑に対して、個人市民税については、平成19年度の当初予算時に税源移譲に伴う税率のフラット化と、定率減税廃止分の6億4,700万円程度の増額を見込んでいたが、見込み以上の収入の伸びがあり、5,000万円の増となった。また、法人市民税については、経済情勢による影響を受ける税であり、平成18年度対比で11.8%の増を見込んでいたが、市内大手企業の業績が好調であり、法人税割額が増に転じている企業が多く、1億7,000万円の増額となった。固定資産税については、土地は負担調整による増加分、家屋は新築分を見込んでいたが、当初の見込みより土地で0.2%の増、家屋は新・増築分で1%の増、償却資産については設備投資がふえた影響で増に転じたもので、固定資産税として4,000万円の増となったものであるとの答弁でありました。
 次に、議案第12号 平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第13号 平成19年度鯖江市老人保健特別会計補正予算(第2号)及び議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第4号))中、第1表 歳入歳出予算補正(歳入)全般について、これら議案3件については理事者の説明を了とし、特段申し上げる質疑はございませんでした。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第11号、議案第12号及び議案第13号については、いずれも全員の賛成をもって原案のとおり可決すべきものと、また議案第33号については、全員の賛成をもって原案のとおり承認すべきものと決しました。
 以上で総務委員会の報告を終わります。
○議長(佐々木敏幸君) 次に、産業建設委員長の報告を求めます。
 産業建設委員長 福岡宏明君。
           〇産業建設委員長(福岡宏明君)登壇
◎産業建設委員長(福岡宏明君) 産業建設委員会に付託を受けました議案第6件につきまして、審査の概要並びに結果について御報告申し上げます。
 それでは最初に、議案第11号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表 歳入歳出予算補正(歳出)款2総務費 交通対策費、款5労働費、款6農林水産業費、款7商工費、款8土木費、第2表 繰越明許費、第3表 債務負担行為補正 公園整備事業費(補助)につきまして、審査の概要及び結果について、御報告申し上げます。
 初めに、総務費の交通対策費でありますが、福井鉄道福武線活性化補助金として958万2,000円計上されている。昨年度と比較して100万円余増額となっている要因は何かとの質疑があり、これに対して、平成17年度と平成18年度に導入した小型低床車両の償却資産分105万5,000円が増額の要因であるとの答弁がありました。
 次に、農地費の土地改良事業費(県補助)、県営事業負担金及び土木費の県営事業負担金についてでありますが、予算執行においては、どの事業においても当初予算との大きな差異が生じないように配慮していただきたいとの意見がありました。
 次に、議案第15号 平成19年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第16号 平成19年度鯖江市総合開発事業特別会計補正予算(第1号)、議案第17号 平成19年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第1号)及び議案第18号 平成19年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号)の以上4議案については、理事者の説明を受け、特段申し上げる質疑はありませんでした。
 最後に、議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第4号))中、第1表 歳入歳出予算補正(歳出)款7商工費についてでありますが、原油高騰による緊急対策として開始した小規模事業者に対する特別融資は3月末までの予定であるとのことであるが、輸送コストの上昇などの要因による経営圧迫が生じてきていると聞き及んでいる。今後も引き続き市内事業者の状況把握に努めてほしいとの要望があり、これを受けて、現在、鯖江商工会議所に原材料費や商品価格に転嫁された間接的な要因の影響調査を依頼しているので、状況を判断し、期間延長も視野に入れて検討したいとの答弁がありました。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第11号、議案第15号、議案第16号、議案第17号及び議案第18号は、いずれも全員の賛成をもって原案のとおり可決すべきものと、また議案第33号は、全員の賛成をもって原案のとおり承認すべきものと決しました。
 以上で産業建設委員会の報告を終わります。
○議長(佐々木敏幸君) 次に、教育民生委員長の報告を求めます。
 教育民生委員長 丹尾廣樹君。
           〇教育民生委員長(丹尾廣樹君)登壇
◎教育民生委員長(丹尾廣樹君) 教育民生委員会に付託を受けた議案第3件について、審査の主な概要並びに結果について、御報告申し上げます。
 最初に、議案第11号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)中、第1表 歳入歳出予算補正(歳出)款3民生費、款4衛生費(国民健康保険事業費を除く)、款10教育費についてでありますが、今回の補正のメインとなる神明小学校の耐震補強工事及び大規模改造工事の概要について詳細な説明を受け、小学校の北側から工事を着工し、続いて南側の部分を改修する予定で、特に工事期間中の児童たちに対する安全には十分配慮したいとの答弁を受けました。
 次に、議案第14号 平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、先ほどの一般会計補正予算とも関連しますが、減額による補正が目立つ、当初予算段階での見込みは難しいと思われるが、行政努力として市民ニーズを十分把握するとともに、市民への広報・PRに努めてほしいとの意見が出されたところであります。
 最後に、議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第4号))中、第1表 歳入歳出予算補正(歳出)款3民生費についてでありますが、現在の予算の執行状況はとの質疑があり、これに対して、1月に使用された灯油券については、2月5日現在で354世帯から177万円分の回収状況となっているとの答弁でありました。
 以上のような経過を踏まえ、採決いたしました結果、議案第11号、議案第14号は、いずれも全員の賛成をもって原案のとおり可決すべきものと、また議案第33号については、全員の賛成をもって原案のとおり承認すべきものと決しました。
 以上で教育民生委員会の報告を終わります。
○議長(佐々木敏幸君) ただいまの各常任委員長の報告に対し、質疑はありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 最初に、議案第11号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。
 本案に対する各常任委員長の報告はいずれも可決であります。
 各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第11号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第12号 平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する総務委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第12号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第13号 平成19年度鯖江市老人保健特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する総務委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第13号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第14号 平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する教育民生委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第14号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第15号 平成19年度鯖江市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第15号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第16号 平成19年度鯖江市総合開発事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第16号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第17号 平成19年度鯖江市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第17号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第18号 平成19年度鯖江市水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する産業建設委員長の報告は可決であります。
 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第18号は、原案のとおり可決されました。
 次に、議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第4号))を採決いたします。
 本案に対する各常任委員長の報告はいずれも承認であります。
 各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第33号は、原案のとおり承認されました。
 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、3月11日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。
 御苦労さまでございました。
              散会 午後 4時25分