議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 鯖江市

平成19年12月第365回定例会−11月30日-01号




平成19年12月第365回定例会

  第365回鯖江市議会定例会会期日程

          会期 平成19年11月30日(金)開会
                  12月21日(金)閉会 22日間
 ┌──────┬─┬───┬───────────────────────┐
 │ 月  日 │曜│ 時 │       内       容       │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │11月30日│金│10時│ 本会議(決算審査報告・採決、施政所信、提案)│
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │12月 1日│土│   │ 休 会                   │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    2日│日│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    3日│月│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    4日│火│12時│ 休 会 一般質問〆切            │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    5日│水│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    6日│木│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    7日│金│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    8日│土│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │    9日│日│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   10日│月│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   11日│火│10時│ 本会議(質疑、一般質問)          │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   12日│水│10時│ 本会議(一般質問)             │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   13日│木│ 9時│ 常任委員会                 │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   14日│金│ 9時│ 常任委員会                 │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   15日│土│   │ 休 会                   │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   16日│日│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   17日│月│ 9時│ 議会等改革特別委員会            │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   18日│火│   │ 休 会                   │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   19日│水│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   20日│木│   │  〃                    │
 ├──────┼─┼───┼───────────────────────┤
 │   21日│金│10時│ 本会議(委員長報告・採決)         │
 └──────┴─┴───┴───────────────────────┘



              議 案 審 議 結 果 一 覧
                            市長提出(11月30日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第53号 │平成18年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定に│ 決算特別 │ 認 定 │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第54号 │平成18年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第55号 │平成18年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算│  〃  │  〃  │
│     │の認定について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第56号 │平成18年度鯖江市介護保険事業特別会計(保険事│  〃  │  〃  │
│     │業勘定および介護サービス事業勘定)歳入歳出決算│     │    │
│     │の認定について                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第57号 │平成18年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第58号 │平成18年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出│  〃  │  〃  │
│     │決算の認定について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第59号 │平成18年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入│  〃  │  〃  │
│     │歳出決算の認定について            │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第60号 │平成18年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決│  〃  │  〃  │
│     │算の認定について               │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第61号 │平成18年度鯖江市水道事業会計決算の認定につい│  〃  │  〃  │
│     │て                      │     │    │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                            市長提出(12月21日議決)
┌─────┬───────────────────────┬─────┬────┐
│ 議案番号 │       件       名       │付託委員会│ 結 果 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第68号 │平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第3号) │総務・産建│ 可 決 │
│     │                       │教民   │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第69号 │平成19年度鯖江市国民健康保険事業特別会計補正│ 総  務 │  〃  │
│     │予算(第1号)                │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第70号 │平成19年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算│ 教育民生 │  〃  │
│     │(第1号)                  │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第71号 │鯖江市長の選挙における選挙運動用ビラ作成の公営│ 総  務 │  〃  │
│     │に関する条例の制定について          │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第72号 │企業立地の促進等による地域における産業集積の形│  〃  │  〃  │
│     │成及び活性化に関する法律に基づく市税条例の特例│     │    │
│     │に関する条例の制定について          │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第73号 │鯖江市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部│  〃  │  〃  │
│     │改正について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第74号 │鯖江市職員の育児休業等に関する条例の一部改正に│ 総  務 │ 可 決 │
│     │ついて                    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第75号 │鯖江市重度障害者(児)医療費の助成に関する条例│ 教育民生 │  〃  │
│     │の一部改正について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第76号 │鯖江市農業集落排水処理施設の設置および管理に関│ 産業建設 │  〃  │
│     │する条例の一部改正について          │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第77号 │市道路線の認定について            │  〃  │  〃  │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第78号 │福井県市町総合事務組合規約の変更および財産処分│ 総  務 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第79号 │鯖江市広域衛生施設組合を組織する地方公共団体の│ 教育民生 │  〃  │
│     │数の減少および同組合規約の変更について    │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第80号 │鯖江市多機能型健康福祉施設神明苑における指定管│  〃  │  〃  │
│     │理者の指定について              │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第81号 │鯖江市環境教育支援センターにおける指定管理者の│  〃  │  〃  │
│     │指定について                 │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第82号 │鯖江市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正│ 総  務 │  〃  │
│     │について                   │     │    │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第83号 │鯖江市教育委員会委員の任命について      │  ─  │ 同 意 │
├─────┼───────────────────────┼─────┼────┤
│ 第84号 │鯖江市公平委員会委員の選任について      │  ─  │ 同 意 │
└─────┴───────────────────────┴─────┴────┘

                           議員提出 (12月21日議決)
┌──────┬────────────────────────────┬────┐
│ 市会案番号 │          件       名          │ 結 果 │
├──────┼────────────────────────────┼────┤
│  第5号  │道路特定財源諸税の暫定税率延長等に関する意見書について │ 可 決 │
└──────┴────────────────────────────┴────┘



               請願・陳情の審査結果一覧

┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │後期高齢者医療制度の中 │丹南社会保障推進協議会│総  務 │不採択│
│ 第4号 │止、撤回を求める意見書の│委員長 奥村 宗市   │     │   │
│    │提出について      │           │     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘


(継続審査となっていたもの)
┌────┬────────────┬───────────┬─────┬───┐
│ 番 号 │   件    名   │   提 出 者   │付託委員会│結 果│
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 請 願 │品目横断的経営安定対策の│福井県農民連     │ 産業建設 │不採択│
│ 第3号 │見直しと多様な担い手の育│会長 玉村 正夫   │     │   │
│    │成を求める意見書の提出に│           │     │   │
│    │ついて         │           │     │   │
├────┼────────────┼───────────┼─────┼───┤
│ 陳 情 │し尿収集料金の改定につい│福井県環境保全協会  │ 教育民生 │趣 旨│
│ 第2号 │て           │会長         │     │採 択│
│    │            │ 前川 浩一郎 他3名 │     │   │
└────┴────────────┴───────────┴─────┴───┘



           第365回鯖江市議会定例会会議録
   ──────────────────────────────────
       平成19年11月30日(金曜日)午前10時00分開会
   ──────────────────────────────────
   〇出席議員(20人)            1 番  高 田 義 紀
                         2 番  帰 山 明 朗
                         3 番  石 川   修
                         4 番  奥 村 義 則
                         5 番  佐々木 勝 久
                         6 番  遠 藤   隆
                         7 番  小 竹 法 夫
                         8 番  海 野 宣 彦
                         9 番  平 岡 忠 昭
                         10番  丹 尾 廣 樹
                         11番  福 岡 宏 明
                         12番  木 村 愛 子
                         13番  佐々木 敏 幸
                         14番  加 藤 拓 雄
                         15番  山 崎 文 男
                         16番  水 津 達 夫
                         17番  末 本 幸 夫
                         18番  蓑 輪   昇
                         19番  玉 邑 哲 雄
                         20番  菅 原 義 信
   ──────────────────────────────────
   〇欠席議員(0人)
   ──────────────────────────────────
   〇説明のため出席したもの  市長           牧 野 百 男
                 副市長          吉 村   治
                 教育長          今 立 善 教
                 企画財政部長       千 秋 冨 秀
                 福祉環境部長       山 本 信 英
                 産業部長         藤 山 健 人
                 都市整備部長       森 本   茂
                 会計管理者        天 谷 武 博
                 教育委員会事務部長    小 泉 昭 一
                 産業部企画監       竹 内 秀 博
                 都市整備部技監      斉 藤   勉
   ──────────────────────────────────
   〇説明補助者として出席したもの
                 総務課長         宇 野 徳 行
                 秘書広報課長       中 村 修 一
                 企画政策課長       伊 部 雅 俊
                 財政課長         辻 川 哲 也
                 社会福祉課長       福 田 末 隆
                 教育総務課長       藤 井 勇 二
                 都市計画課長       田 中 憲 男
                 監査委員事務局長     松 村 里 見
   ──────────────────────────────────
   〇職務のため出席したもの  議会事務局長       岡 山 和 市
                 議会事務局次長      棚 池 義 治
                 議会事務局参事      高 尾 副 次
                 議会事務局主任      田 中 直 美
   ──────────────────────────────────
             開会 午前10時00分
○議長(佐々木敏幸君) ただいまから第365回鯖江市議会定例会を開会いたします。
 御報告いたします。
 総務部長 笠嶋宗雄君から、都合により今定例会の欠席届が出ております。
 本日の議事日程は、お手元に配付いたしましたとおりと定め、直ちに議事に入ります。
   ──────────────────────────────────
△日程第1.会議録署名議員の指名
○議長(佐々木敏幸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第79条の規定により、本定例会の会議録署名議員に、7番 小竹法夫君、8番 海野宣彦君、9番 平岡忠昭君、以上3名を指名いたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第2.会期の決定
○議長(佐々木敏幸君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 議会運営委員会が開かれておりますので、その結果について、委員長の報告を求めます。
 議会運営委員長 平岡忠昭君。
           〇議会運営委員長(平岡忠昭君)登壇
◎議会運営委員長(平岡忠昭君) 皆さん、おはようございます。
 第365回定例会の運営につきまして、去る10月29日、11月22日及び本日開催いたしました議会運営委員会における審議の結果につきまして御報告を申し上げます。
 今期定例会に付議されます案件は、議案15件、請願1件、報告が2件でありますが、最終日には人事案件が追加提案される予定であります。
 さて、これらの案件の審査に要する日程でありますが、本日は、第364回定例会で決算特別委員会の閉会中の継続審査とされました平成18年度の一般会計その他特別会計等の決算認定についての議案9件について、委員長から委員会における審査の経過及び結果の報告を受け、質疑、討論の上、採決をいたします。その後、市長の施政所信表明並びに各議案等に対する提案理由の説明を行い、散会といたします。
 明12月1日から12月10日までは休会といたし、12月11日、12日の両日に本会議を開き、各議案に対する質疑の後、一般質問を行うことといたします。
 なお、一般質問に対する発言通告書の提出期限は、12月4日の正午までといたします。
 また、各常任委員会の審査日程につきましては、12月13日、14日の2日間とし、議会等改革特別委員会については17日に開催することといたします。
 そして、12月21日を最終日とし、本会議を開き、各委員長から委員会における審査結果の報告を求め、質疑、討論の上、採決を行う運びであります。
 以上のとおりの議会運営をもって、本定例会の会期は本日から12月21日までの22日間とすることで意見の一致を見た次第であります。
 本委員会の決定どおり、議員各位の御賛同と御協力をお願い申し上げまして、御報告とさせていただきます。
○議長(佐々木敏幸君) お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月21日までの22日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
            (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) 御異議なしと認めます。
よって、会期は、本日から12月21日までの22日間と決しました。
   ──────────────────────────────────
△日程第3.諸般の報告
○議長(佐々木敏幸君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 お手元に配付いたしました議会報告(第4号)をもって報告といたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第4.請願の受理
○議長(佐々木敏幸君) 日程第4、請願の受理について報告いたします。
 本日までに受理いたしました請願、後期高齢者医療制度の中止、撤回を求める意見書の提出については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり所管の委員会に付託いたします。
   ──────────────────────────────────
△日程第5.議案の審査結果(継続審査)
○議長(佐々木敏幸君) 日程第5、議案の審査結果を議題といたします。
 第364回定例会において継続審査となりました議案第53号 平成18年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから議案第61号 平成18年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてまで、以上9件について、決算特別委員長から審査の経過並びに結果について報告を求めます。
 決算特別委員長 山崎文男君。
           〇決算特別委員長(山崎文男君)登壇
◎決算特別委員長(山崎文男君) 皆様、おはようございます。
 御報告の前に若干お伝えをいたしたいと思いますけれども、今回の決算特別委員会に当たりましては、1期生の皆様方が大変熱心に毎回傍聴をいただきまして、一日も早く市政の全般にわたって自分も応援したいという意欲のあらわれと思いまして、大変敬意を表する次第でございます。それに刺激を受けましたように、大変実りの多い決算特別委員会ができましたことを御報告申し上げたいと思います。鯖江市議会の前途に一部の明るさを見たような思いでございまして、御報告の前にお伝えをしておきたいと思います。
 それでは、決算特別委員会の審査の経過、質疑の概要、審査の結果につきまして御報告を申し上げたいと思います。
 さきの第364回9月定例会におきまして決算特別委員会が設置されまして、付託の上、閉会中の継続審査となっておりました議案第53号 平成18年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第54号 平成18年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第55号 平成18年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第56号 平成18年度鯖江市介護保険事業特別会計(保険事業勘定及び介護サービス事業勘定)歳入歳出決算の認定について、議案第57号 平成18年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第58号 平成18年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第59号 平成18年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第60号 平成18年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第61号 平成18年度鯖江市水道事業会計決算の認定について、以上、決算議案9件につきまして、10月3日、10月4日、17日、18日及び11月7日の延べ5日間にわたりまして決算の審査を行いましたので、その審査の概要並びに結果を御報告申し上げます。
 なお、決算の審査に当たりましては、今年度から各部ごとに審査をすることといたし、4日間は常任委員会所管ごとに決算書及び主要な施策の成果に関する説明書に基づいて理事者の説明を受け、監査委員の歳入歳出決算審査意見書を参考に審議を行いました。
 また、最終11月7日は、総括審査として特に主要な事項につきまして11項目に取りまとめ、改めて答弁を求めておりますので、その審議の要点について御報告を申し上げます。
 最初に、市営住宅の使用料についてでありますが、収入未済額が2,500万円余と、昨年より450万円増額となっている。この件については毎年問題となっている案件であり、改善策を講ずるよう要望してきたにもかかわらず未収金がふえているが、未収金の回収には今後どのような努力と改善策を講じてきたのか。
 また、本市の市営住宅の戸数は、昨年より16戸減少し486戸であるということだが、空き部屋がなく入居できない市民が多数いると聞いている。その対策として、使用料金を支払うことができない場合は退去させるか、保証人に対しても厳しく対応をすべきではないか。
 さらに、児童福祉費負担金の未納額990万円についても何らかの対策を講ずる必要があると思うが、どのような対策を講じているのかとの質疑があり、これに対しまして、毎回決算委員会で御指摘を受けております市営住宅の使用料については、いろいろな手段で滞納整理を行っているが、実績が上がっていないのが現状である。御指摘のあった2,500万円の未収額については、今年10月までに263万円を徴収したが、まだ2,200万円ほど滞納となっている。市営住宅の使用料の滞納整理については、各市とも強制的な措置をとっていく方向にあると認識しており、我が市でも今その対策をいろいろと練っているところであるが、市税のような滞納整理はできないので、その辺の工夫が必要と考えている。収納課と都市計画課で協議をし、今年度中に滞納整理の要綱をつくり、その要綱に沿って滞納整理を進めていきたい。また、悪質な滞納者への強制執行や連帯保証人への対応、措置も規定していきたい。
 いま1点の保育料の未納についてでありますが、今年10月までに170万円ほど収納され、820万円ほどが滞納となっている。保育料は税に準じた滞納整理が可能であり、差し押さえ処分も視野に入れて整理していきたい。
 今後は滞納整理の要綱をつくり、きちんとした対応をとっていきたいと考えているとの答弁があり、これを受けて、今年度中に市営住宅の滞納整理業務を円滑にかつ適正に処理するための要綱を作成するとのことだが、新聞報道では明確な基準が欠落しているため、誤った認識の助長につながっていると報じている。
 また、福井市、越前市及び小浜市では、悪質滞納者に対して明け渡し請求する厳格な基準を設定していると報じているが、本市でもそのような基準を設けるのかとの質疑があり、これに対して、本市の場合は、現在、収納課と都市計画課で基準等について協議中であり、明確な基準についてはお示しできないが、長期間の滞納、悪質な場合については強制執行を行うことを視野に入れて来年度から取り組んでいきたいと考えているとの答弁がありました。
 次に、指定管理者制度導入についてでありますが、市民活動交流センターや嚮陽会館など公の施設については、指定管理者制度が導入されております。これらは民間の活力を利用し、利用者のサービス向上とコスト削減を図ることを目的として進められているわけでありますが、その効果についてはどうであったのか。また、今後もこの制度を推進していく方針であると聞いていますが、人件費やコストの削減もさることながら、市役所存在の原点に立って利用者サービス向上を軸に考えていくべきではないのかとの質疑があり、これに対して、今年度は18年度以前に指定管理者制度を導入した15の施設を対象に評価を行っており、評価項目としては質的な面で4項目あり、一つはサービス向上、利用促進に関する取り組み、二つには経費の低減に対する取り組み、三つは適正な運営の確保に対する取り組み、四つ目には、施設の性格による個別の目標という質的な項目と量的な側面としての市の支出の合計額と指定管理者の経営努力を評価している。
 評価に当たっては、毎月報告される管理業務に関する月例報告書、年度末に提出される事業報告書、定期的に行っているモニタリングで評価を行い、その結果、指定管理者制度を導入した15の施設については、どの施設においても利用促進に創意工夫が見られ、専門的ノウハウを生かした経費節減や経営努力による効率性の向上も図られているとの評価であり、費用対効果としては全体で3,479万9,000円が削減され、3,582人の利用者増となっている。
 また、指定管理者の選定基準の中には、「公の施設の効果を最大限に発揮する」という項目が入っており、サービス向上の取り組みについての審査をしており、単にコスト削減だけを追求しているものではない。指定後についてもモニタリングにより施設の管理運営の指揮・監督を行い、サービス向上が図られるよう努めている。
 なお、今後も幾つか指定管理者制度に移行する施設があるので、利用者の方々の意見や指定管理者との情報交換を行いながら、利用者に喜ばれる施設運営に努めていきたいと考えているとの答弁があり、それを受けまして、説明のあった評価については、指定管理者に対して行政が評価した内部評価である。今後、市民サービスの向上の面からも客観的かつ第三者的立場から検討を加える外部評価の導入を考えるべきと思うが、そのことについてはどうかとの質疑があり、これに対して、外部評価については、18年度に導入した施設が指定期間3年となっており、来年、再選定の作業をすることになるので、それまでにどのようなやり方をするのかを検討しているところである。
 また、指定管理者制度はスタートしたばかりであり、いろいろな問題もあるので、見直すことも考慮して指定期間を当初3年としたものである。皆さんの御意見を参考にして、次の指定に向けて取り組んでいきたいと考えているとの答弁がありました。
 また、委員からは、今後、指定管理者の選定に当たっては、選考経緯が理解できるよう、議員はもちろん、市民にも選考委員の名簿や資料の公開に努められるよう要望があったところであります。
 次に大谷公園についてでありますが、同公園の整備については平成9年から事業が開始され、10年間が経過をしているにもかかわらず、いまだに形として見えてこないが、今後どのように整備を進めていくのか。
 また、事業認可された部分の財源は、国の補助金2分の1と市の財源2分の1と聞いているが、これまでトータルでどのくらいの金額を投入し、今後どれぐらいの費用が必要になるのかとの質疑があり、これに対して、大谷公園の整備費は、全体の事業費としては12億5,200万円余を見込んでおり、平成9年に着工し、今日までに用地買収費4億800万円、工事費等で3億2,900万円余、合計7億3,700万円余を投入しており、残りが5億1,500万円余と試算している。また、国・県から早期に供用開始を強く求められており、平成20年度から事業費を増額して、21年度には一部供用開始をしていきたいと思っている。この公園のコンセプトについては、西山公園や中山公園のような総合公園とは違ったものを考えているが、当初、整備計画時の構想と現在の修正構想とが大きく違ってきており、自然林的な部分と芝生広場部分とに分かれていることを活用し、利用者のいろいろな使用目的などに応じることができるよう、現在も内部で検討をしているとの説明がありました。
 次に、ものづくり振興交付金についてでありますが、眼鏡、繊維、漆器の地場産業に対して交付されているが、眼鏡産業界への交付金が突出しているように思える。これらはどのような基準で交付をしているのか。
 また、従前から地場産業界に対して交付金を交付してきたにもかかわらず、どの業界も売上高、雇用数ともピーク時の半減となっている。抜本的な対策を講ずる必要があると思われるが、どのように考えているのかとの質疑があり、これに対して、ものづくり交付金については、産業界が行う振興事業に係る経費の2分の1を支援しているものであり、それぞれの事業について毎年各業界が2分の1の自己負担にあわせて振興に必要な事業計画を立てることになっている。各地場産業界への配分については、これまで行ってきた事業なので大体の大枠が決まっており、その大枠の中で産業の振興のために必要な事業を対象に交付をしているという状況である。
 また、産業振興への対策として、特に眼鏡については中国等との価格競争が厳しいことや、これまでのOEM生産も中国の方ヘシフトをしていくような大変厳しい状況であり、行政の産業政策により根本的な解決になるというわけではなく、企業の努力で高機能、高品質などの付加価値をつけた製品をつくるとか、販路をどう開拓していくかというような企業独自の取り組みが必要だと。このようなことから、今年度から行政としてはハウスブランドの育成支援事業、中国を逆に市場と見て、中国市場に販路を開拓するための事業に対しての支援などの新たなメニューをつくって支援をしているところである。また、その他小規模な事業者を対象とした新たな融資制度や小規模企業の経営安定、事業振興を目的とした融資制度も開始した。いろんな意見等を聞く中で、このような行政支援を続けていくことが鯖江の産業を今後とも継続・発展していくための支援だと考えているとの答弁がありました。
 次に丹南産業フェアについてでありますが、負担金1,100万円で昨年より200万円の増額となっている。しかし、近年の景気状況から参加企業数や出店スペースは減少傾向であると思われるが、18年度の入場者数はどのような状況であったのか。また、今後もフェア開催へ負担金を支出していくと思われるが、どのような考えなのかとの質疑があり、これに対して18年度の入場者数は9万9,700人で、前年に比べ6,100人の増加となっている。今年は10万1,000人の入場者となっていて、若干の増加傾向にある。200万円の増加額については、18年度から丹南の技術を生かした越前クラフトコンペという新規事業を越前市とともに増額したもので、このコンペヘの出展数は、18年度は40展であったが、今年は61展と増加をしている。また、今後このフェアについては、丹南の先端産業から伝統工芸の高度な技術、わざ、新製品などを一堂に集め、県内はもとより全国への幅広い情報発信の場であると考えている。また、企業間の異業種交流や丹南地域という規模のスケールメリットも十分にあると考え、地場産業の振興の観点からも今後も続けていく必要があると考えているとの答弁がありました。
 次に、障害者自立支援法の施行により、10月から外出介護等ヘルプサービス事業は地域生活支援事業の移動支援事業に移行され、今後、障害者等みずから事業者を選択・契約し、身体介護、家事援助、外出介護等ヘルプサービスを利用することになりました。この制度の告知や支援は十分になされたのか。また、この制度が施行されてからいろいろと不備が言われている中で、本市独自の救護策を行っていくべきではないかと考えるがとの質疑があり、これに対しまして、制度の周知については、ほかの障害福祉サービス等も含めて従来からの利用者に対しては事前に新しい申請書、パンフレット等を自宅に送付している。また、一般に広く知っていただく意味で、広報「さばえ」、チラシ等で情報発信しているほか、社会福祉協議会鳥羽事業所や障害者生活支援センターなど4ヵ所の相談支援事業所で来訪者や訪問の際にPRをしており、サービス利用者に対する支援については制度を十分理解して、個々にサービスの種類、支給量を勘案した支援を行っている。
 また、鯖江市独自の救護策については、地域生活支援事業の中で、地域の実情、利用者の状況に応じた事業や利用者の立場から、公平で利用しやすい事業、移動支援事業、日中の一時支援事業、日常生活用具の給付事業などを丹南5市町と協議しながら統一した取り組みで行っていく考えである。今後、国の動向も十分見きわめながらやっていく必要があると考えているとの答弁がありました。
 次に近松関連事業についてでありますが、市を挙げて近松事業に取り組むため、平成18年4月から文化課に近松のまちづくり推進チームを設置し、近松関連事業の推進を図っていますが、今日まで長年にわたりいろいろな近松関連事業を行ってきていますが、この事業の全体的なビジョンというものが見えてこない。今後、近松門左衛門を活用してどのようなまちづくりを計画していく考えなのかとの質疑があり、これに対して、近松のまちづくり推進チームは、文化・歴史のまちづくりということで、近松門左衛門を核にして各部が連携してまちづくりを推進するために設置したものである。最近、文化というものに対する関心が社会全体で高まってきており、鯖江らしさをどう施策の中で展開させるべきかという考えの中、近松門左衛門が幼少の時期を鯖江で過ごしたという史実も定着してきたので、近松のまちづくりを最重点テーマとして文化薫るまちをつくっていくため近松関連事業を推進してきた。最近、少しずつではあるが、市民の間にも近松というものに対する理解・認識は深まってきていると理解している。今後はさらにグレードアップを図り、市全体に広め、鯖江の近松ということで全国に発信できるよう工夫をしていきたいと考えている。
 また、県と市が連携して、地域の課題を解決する観点から、本市の郷土の偉人、あるいは文化遺産を活用した心の観光地プロジェクトとして採択され、20年から3年間で県と市が共同して全国に発信できる地域づくりに取り組むこととなっている。
 また、ハード面では、まちづくり交付金を活用して新しい近松の創出を図るとともに、市民への周知、市外へのアピールなどを行い、ソフト事業においては、部局を超えた体制で幅広く協力を結集し、効果的、効率的な推進をしていきたいと考えている。
 将来のビジョンとしては、鯖江市をアピールする手段として近松を活用し、鯖江の文化、伝統、産業に結びつけた観光振興にも役立つようにしていきたいと考えている。鯖江市全体の中で、鯖江の近松、間部さんを中心とした一つの固まり、継体大王を中心とした東部地区の振興というふうに、市全体の文化振興をなお一層図っていきたいと考えているとの答弁がありました。
 次に、高年大学施設整備についてでありますが、学校を利用する方々のニーズによりゲートボール場を駐車場に整備を行ったとのことであるが、一方では高齢者の交通安全の高揚を図り、高齢者の免許証の返納や公共交通機関の利用を進めている。このように、考えようによっては相反した施策を進めているようにも思うが、その辺の整合性をどのように考えているのか。また、環境面からCO2の削減や、若干の不便さがあっても公共交通機関を守る意味合いからも、特に高年大学のような施設やそのほかの公共施設についても、今後の整備方針はどのように考えているのかとの質疑がありました。
 これに対して、高年大学の近くには市のコミバスが運行しており、大学の学生さんの便宜を図る上で運行時間や経路を検討し、公共交通機関の利用促進を考慮したが、高年大学の講座や文化祭などの行事で大勢の学生が集うときは、大学敷地外の道路まで多くの駐車車両であふれ、事故を含めて近隣の方からの苦情が多く寄せられたことから今回の整備となった。これにより、従来の駐車台数は35台分ふえて、現在では110台分となっている。また、ほかの施設の公共交通機関促進については、会議等の通知を出す際、相乗りや公共の交通機関の利用を呼びかけているが、夜間の利用者についてはコミバスを利用することが困難な場合があるので、駐車スペース等については今後も十分検討しながら整備をしていきたいと考えている。
 なお、整合性については、大学の講座の中で環境に配慮した生活のあり方や高齢者向けの交通安全教室を行っておりますが、今後も継続して行っていくべきだと考えているとの答弁があり、それを受けまして、今後の鯖江市のあり方について、環境の分野、今日のガソリン価格の高騰、コミバスや福鉄福武線を含めた公共交通のあり方、超高齢者社会を迎える中での交通安全といろいろな課題がある中で、脱車社会と駐車場というのは密接に結びついていると思われる。市民の方のニーズもあるが、大きな考えの中で、鯖江市としては公共の施設の駐車場整備についてはどのように考えているのかとの質問があり、これに対して、グローバル的な地球環境の問題から始まって、公共交通機関の利用というのは、ゆとりとか、いやしとか、スローライフとか、いろいろな面を考えても当然欠かせないものだと思う。ただ、今ある施設の中でどうしても車を利用しなければならない方がいて、そういう方に対応する最低限の駐車場が必要となる場合もあるので、最小限の整備はやむを得ないと考えている。特にコミバスについては力を入れているが、今後とも市民の大切な足の確保という観点で施策を進めていくべきだと考えているとの答弁がありました。
 次に、幼稚園施設整備事業維持補修費についてでありますが、これは鯖江幼稚園で部屋数の不足が生じたため改修を行ったとのことだが、鯖江幼稚園が定員数をかなり下回っている状況の中、なぜ部屋数の不足が生じることとなったのか。また、鯖江幼稚園は王山保育所との施設の一体化を行ったわけだが、教育理念的な幼保一元化についてはどのように考えているのか。さらに、保育所の民営化については検討会で議論されていると思うが、その進捗状況はどのようになっているかとの質疑があり、これに対しまして、王山保育所は昭和50年に建てられ、30年以上経過し、大変老朽化しており、建てかえ時期にも来ていたものであり、その近くに建っていた鯖江幼稚園は四つの保育室があり、園児の数も減少傾向であり、2部屋にあきがあったため、市としては王山保育所は鯖江幼稚園との施設の共有化、一体化を前提に改築をしたものである。
 改築当時は、保育所の保育室1室と幼稚園の保育室3室を使用する計画であった。ところが、17年度から鯖江市は幼稚園の3歳児保育を始めたため、3歳児で2部屋、4・5歳児はそれぞれ一部屋ずつ使用していたが、今年度になり入園者が増加し、1クラス35人を超えてきたため、併設している惜陰小学校の空き部屋を借りていたというのが経緯であり、今回の増設となったものである。
 また、教育的理念については、幼稚園は文部科学省、保育所は厚生労働省となっており、全く違う管轄のものを一緒にして生活をし、保育をするわけでありますから、いろいろな問題が出てくるのは当然である。そのような中でスタートして、お互いに理解をいただきながら取り組んだ結果、ようやく両方の保護者の方々でお互いに認め合うことができるようになり、18年度の修了式は一緒にすることができた。また、運動会のような行事もできるだけ同じに行えるよう足並みがそろってきておりますので、問題もいろいろありますが、今後はお互いが腹を割って話し合いながら理解を深めていき、一体化の保育を進めてまいりたいと思っております。
 保育園の民営化につきましては、昨年12月に検討会を立ち上げ、現在まで5回の検討会を開催いたしております。検討会での意見では、民営化についてはおおむね前向きの意見が多く、その報告書が年内に提出されることになっております。報告書提出後、パブリックコメントにより市民の皆様の意見もお聞きをし、市としての方針を決定していきたいと思っている。しかし、民営化という問題は各地でいろいろと議論されており、問題も多々出ているところなので、慎重に対応する必要があると思っているとの答弁がありました。
 次に、下水道事業特別会計についてでありますが、下水道整備状況の中で、戸別訪問、パンフレットの配布、改造資金の貸し付けなど、より普及促進に努めたとのことだが、下水道会計の単年度収支で若干の赤字となっており、使用料及び手数料も678万円余の減額となっている。その理由をお聞きしたい。また、今年7月から水道料金が上がったことを受け、今後下水道会計にも若干の影響があると思われるが、今後のシミュレーション及び県下9市の利用状況はどのようになっているか伺いたいとの質疑があり、これに対して、まず使用料及び手数料の減額になった理由については、水洗化工事のための普及推進に努力した結果、平成18年度は前年度と比べ水洗化人口が1,280人増加したことと、使用水量は逆に2,594立米減少していることによるものである。
 内容を分析すると、使用水量を立米の区分で100立米までの一般家庭での使用水量は増加しているが、100立米を超える区分で減少しており、特に5,000立米を超えるところの減水量が顕著であり、企業等大口の利用者の使用水量が減ったものである。これは企業努力により節水したものと推測をしている。鯖江市の公共下水道の水洗化率は92%と大変高くなっているが、今回の水道料の値上げにより今後節水の方向に動き、企業だけでなく家庭においても使用量が減ってくることも考えられ、19年度以降も接続した人口が増加しても使用水量は伸びないと見込んでいる。したがって、下水道会計の健全化の観点から、上水道の使用料金も段階的に改定を行っておりますので、その辺も見きわめながら使用料の改定の検討を進めていきたいと考えている。
 また、お尋ねの県下9市の利用料金については、平均的な一般家庭の2ヵ月の料金、大体2ヵ月53立米で比較をいたしますと、安い順に敦賀市が4,446円、福井市が5,722円、あわら市が6,105円、坂井市は2種類に分かれており、旧三国が6,410円、次に鯖江市が6,699円、勝山市が6,743円、越前市が6,918円、坂井市の旧春江・坂井が6,966円、大野市が8,620円、小浜市が8,636円という状況になっているとの答弁がありました。
 最後に、家庭用生ごみ処理機の再利用についてでありますが、現在、補助事業は終了しておりますが、事業期間中に購入した生ごみ処理機が一度も使われなかったり、電気代などの都合で使用を停止している方がたくさんいる。環境対策、ごみ減量への政策が生きず、補助金交付の無駄も感じる。そのような中で使っている方にとっては買いかえの時期も来ており、一方では補助金はもう出ないのかという声も聞かれてくる。希望している人には安価で譲り、再利用を図れるように対応すべきではないかと考えるが、考え方をお伺いしたいとの質疑があり、これに対して、家庭用電気式生ごみ処理機の補助については、平成10年から始まり平成15年で終了している。県と市が共同補助で行ってきた事業で、県内では10%の普及率、鯖江市内においても約12%の普及率で、約2,500件に対して補助を行ってきた。購入した処理機については、諸般の事情により使ってはみたけどとりやめた方、あるいはまた未使用の方もいるので、市の消費者センターでの不用品交換等で再利用・有効活用の促進を図っている。また、ごみの減量化推進という観点からも、今後も市のホームページ等で周知し、有効活用を図っていきたいと考えているとの答弁がありました。
 また、家庭用電気式生ごみ処理機については補助金まで出した事業でもあるので、今後の後追いをし、アンケート調査をするなど、一度も使用しないで倉庫で眠っているようなものがあれば、有効活用や再利用されるような配慮をしていただきたいと要望がありました。
 以上のような審査を踏まえまして、決算議案9件を採決いたしました結果、議案第53号、議案第54号、議案第55号、議案第56号、議案第57号、議案第58号、議案第59号、議案第60号及び議案第61号の議案9件につきましては、いずれも全員の賛成をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 なお、理事者には総括審査の11項目には特に留意をされますとともに、この報告以外の委員会における細かい指摘や要望事項についても十分に尊重され、今後の予算編成への反映や改善にさらに一層の努力を払われるよう要望をいたすものでございます。
 以上、決算特別委員会の御報告といたします。ありがとうございました。
○議長(佐々木敏幸君) ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、質疑を終結いたします。
 討論はありませんか。
             (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(佐々木敏幸君) ないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 議案第53号 平成18年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第53号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第54号 平成18年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第54号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第55号 平成18年度鯖江市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第55号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第56号 平成18年度鯖江市介護保険事業特別会計(保険事業勘定及び介護サービス事業勘定)歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 多 数)
○議長(佐々木敏幸君) 起立多数であります。
 よって、議案第56号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第57号 平成18年度鯖江市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第57号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第58号 平成18年度鯖江市総合開発事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第58号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第59号 平成18年度鯖江市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第59号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第60号 平成18年度鯖江市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第60号は、原案のとおり認定されました。
 次に議案第61号 平成18年度鯖江市水道事業会計決算の認定についてを採決いたします。
 本案に対する決算特別委員長の報告は認定であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
               (起 立 全 員)
○議長(佐々木敏幸君) 起立全員であります。
 よって、議案第61号は、原案のとおり認定されました。
   ──────────────────────────────────
△日程第6.議案第68号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から日程第22.報告第14号 専決処分の報告について(施設管理瑕疵による損害賠償額の決定及び和解)まで
○議長(佐々木敏幸君) 日程第6、議案第68号 平成19年度鯖江市一般会計補正予算(第3号)から日程第22、報告第14号 専決処分の報告について(施設管理瑕疵による損害賠償額の決定及び和解)まで、以上17件を一括議題といたします。
 理事者の提案理由の説明を求めます。
 市長 牧野百男君。
             〇市長(牧野百男君)登壇
◎市長(牧野百男君) 第365回鯖江市議会定例会の開会に当たり、平成19年度補正予算案を初め各種議案の御審議をいただくに際し、市政運営に当たっての所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 初めに、今月7日の午後、ホームページが改ざんされ、鯖江市のホームページを閲覧した利用者のパソコンに不正なプログラムがダウンロードさせられるという状態になりました。直ちにホームページを閉鎖して復旧作業を実施いたしましたが、翌日夕方に再開するまで、ホームページによるサービスの提供ができなくなりました。ホームページにアクセスした利用者の皆様を初め、市民の皆様に多大な御迷惑や御心配をおかけし、心よりおわびを申し上げます。
 改ざんの被害を受けたのは、運用管理を委託している業者が保有するホームページ用のサーバー1台だけで、市が庁舎内に設置しているサーバーヘの影響はなく、また、市が保有する個人情報等の流出もありません。今後は、さらなる危機管理体制の確立、情報セキュリティー強化に努めてまいります。
 さて、国政におきましては、去る9月25日、福田新内閣が発足いたしました。新内閣は、「構造改革を進める中で、地域間格差などさまざまな問題が生じているので、実態から目をそらさず、改革の方向性は変えずに、生じた問題には一つ一つ処方せんを講じることに全力を注ぐ」と、地方再生への構造改革と国民生活の安全・安心を重視したぬくもりのある政治に発想を転換するなど、地方に配慮したものになっております。
 しかしながら、一方で歳出削減路線を堅持する方向で、概算要求においても地方交付税を出口ベースで前年比4.2%減にするなど、一般財源の確保についてはこれまで以上に厳しいものがあると認識をしております。現在、来年度予算編成の作業がされておりますが、地方経済の立て直しによる格差是正や地域再生が国政上の大きな課題であるとの認識のもと、具体的かつ大胆な政策の展開を期待しております。
 特に農政分野では、平成19年産の米の価格が下落していることもあり、今年度から始まりました品目横断的経営安定対策、米政策改革及び農地・水・環境保全向上対策について、必要な改善等を行いつつ着実な推進を図っていくため、農政改革三対策緊急検討本部を設置し、手続、運用面の見直しが行われることとなりました。これにより現場の声を集約し、農家が安心し、希望を持って農業に取り組めるような実効性のある対策となることを切望するところであります。
 さて、このほど県は、来年4月に実施する県内の出先機関再編案をまとめ、12月定例県議会に上程しました。再編案によると、丹南区域の土木関係では、本庁舎を武生土木に置き、朝日土木が鯖江丹生分庁舎となり、今ある鯖江土木事務所が廃止されることになります。また、健康福祉関係では、鯖江市に所在する丹南健康福祉センターが本庁舎で、武生分庁舎を残します。農林関係では、越前市に所在する南越農林を本庁舎として、丹生農林を分庁舎とすることとしております。
 今後、県議会で慎重審議されると存じますが、県の出先機関は、いずれも住民サービスに密接に関係し、また諸事業の実施に大きな役割を果たしているところでありますので、再編により住民サービスの低下につながることのないよう、強く要請をしているところであります。
 さて、今年も残すところあと1ヵ月となりましたが、諸事業の進捗につきまして御報告申し上げます。
 まず、つつじバスにつきましては、高齢者に対する足の確保と利便性の向上に重点を置き、利用促進を図ってまいりました。おかげさまで、全体的に見ますと、10月時点で昨年比20%増の利用をいただいております。特に中央線への直接乗り入れを増便したことから、中央線乗降数が53%増となっております。このようなことから、来年度も今年度と同様なダイヤ編成、バス台数により継続し、運行サービスの周知徹底を図り、利用者増につなげたいと考えております。
 また、高齢者が交通事故の加害者や被害者になる割合が年々増加傾向にあることから、この4月から高齢者の運転免許自主返納を推進し、自動車にかわる交通手段として、つつじバスの1年間無料乗車券を交付してまいりました。
 現在までに、昨年の実績を大きく上回る19名の方が免許を返されております。これをさらに推進するため、1年では免許返納に不安があるという高齢者の方に安心して申請してもらえるように、12月1日から無料乗車期間を10年間に延長して、長期にわたり自主返納者の交通手段を確保し、高齢者の事故削減を目指してまいります。
 次に、「2007さばえもみじまつり」につきましては、今月の11日から1ヵ月間にわたり開催しております。昨年、多くの市民や企業などの皆様から、「もみじ植樹」のために貴重な御厚志をいただくことができました。おかげさまで1,000本を超えるもみじの名所となり、この23日から25日までのメインイベント期間中、天候にも恵まれましたが、延べ7万1,000人もの方がお見えになり、新たな鯖江の観光資源として着実に定着してきております。西山公園を春の「つつじまつり」、秋の「もみじまつり」と、四季を通じ大勢の観光客でにぎわう県内屈指の観光スポットにしてまいりたいと考えております。
 また、鯖江駅でのサンダーバード号停車本数増を目指す運動の一環として、今年6月の関西方面への市民号に引き続き、今月24日には「もみじまつり」に合わせ180名を超える皆様に御参加いただき、「京都もみじ市民号」を実施していただきました。サンダーバード号の停車は、本市の観光や産業の振興、さらにはものづくりのまちとして、関西空港や関西方面へのアクセス強化には欠かすことのできない大きな課題であります。今後とも市民の皆様のお力をおかりしながら、鯖江公共交通・観光振興市民の会と協働して、サンダーバード号の鯖江駅での停車本数増を目指してまいります。
 さて、地域経済の動向についてですが、中小零細企業の多い本市にとっては、回復というより、いまだ景況感を感じるまでには至っておりません。10月1日から信用保証制度が改定され、保証つき融資に対する責任共有制度の導入により、金融機関のリスク負担が発生することから、中小零細企業の資金繰りが厳しくなることが予想されます。このことから、今月1日から、金融機関のリスク負担を伴わない鯖江市独自の鯖江市小規模企業者特別資金を創設いたしました。この制度は、安定的な資金供給を維持し、経営の安定・拡大に資することを目的としており、低利率・長期返済で、かつ500万円を限度に1%の利子補給を3年間実施するという有利なものとなっております。
 次に、市民の運動習慣づくりの一助として市職員が考案した、内臓脂肪撃退体操「メタボリックゴーゴー」を、8月末に市ホームページにて動画配信いたしました。現在までに市内外から2万件を超えるアクセスをいただき、毎日の健康づくりに活用しているとの多くの声が届いております。今後、「メタボリックゴーゴー」を含め8種類の体操を配信いたしますが、運動習慣は楽しく継続していくことが一番大事なことであります。市主催の運動講座や出前健康講座、ホームページ、ケーブルテレビなど各種メディアを利用して、子供からお年寄りまでの健康増進のための運動習慣づくりに努めてまいります。加えて、これらの体操をDVDやビデオ等にまとめたものを作成いたしまして、保育園や学校、各地区、町内の公民館、職場や家庭でも活用していただき、健康長寿のまち鯖江を目指してまいります。
 次に、本年4月から農地や農業用施設の良好な保全と農村環境の向上を目的として実施している農地・水・環境保全向上対策事業は、加入率県内トップとなる48の団体により、さまざまな共同活動を実施していただいております。
 各団体は、農地の保全はもとより、菜の花の種まき活動や休耕田を利用したコスモス、ヒマワリの花いっぱい活動、田んぼや水路での水生生物の観察活動など、地域住民や子供たちも参加した環境活動を行っております。それぞれの活動団体の創意工夫により、本市の豊かな農村環境が一層向上するよう、引き続き必要な支援を行ってまいります。
 次に、中河小学校の改築工事が7年の年月を経てすべて終了し、今月6日に改築落成式を行うことができました。この間の関係各位の御尽力に対し、心からお礼を申し上げます。この改築工事に当たっては、本市で初めて公募方式による設計者選定を行うとともに、普通教室と廊下の境に壁がない開放型にするなど、これまでの学校建設にない特色のあるものです。この新しい校舎が、児童・生徒の皆さんが伸び伸びと学び、健やかに成長されるための新たな伝統をつくるすばらしい舞台になるとともに、地域住民の心のよりどころとして末永く愛されることを念願しております。
 さて、今年は継体大王が即位され1500周年という記念すべき年でした。この記念すべき年に当たり、継体大王とゆかりのある福井県では、各地で継体大王即位1500周年をお祝いするさまざまなイベントが開催されました。
 本市におきましては、鯖江継体の会、片山の歴史と文化を考える会の皆さんが中心となり、4月から今月23日まで、年間を通した継体大王奉賛事業を展開していただきました。これを機に、今後もふるさとの歴史、伝承、文化の掘り起こしを進め、郷土に誇りと夢が持てるまちづくりを展開してまいりたいと考えております。
 次に、行政評価の取り組みにつきましては、17年度から実施してまいりましたが、今年度初めて第三者による外部評価を行いました。6月に事務事業評価、7月には施策評価の2次評価を行い、第4次総合計画の推進に向けた776の事務事業のうち、市に裁量の余地がないものを除いた475の事務事業につきまして、外部評価の報告も踏まえ、来年度に向けた方向性を決定いたしました。また、平成20年度の新規事業につきましても、現在、検討・評価を行っているところであり、これらの評価結果をもとに新年度の予算編成を行ってまいります。
 それでは、当面する市政の諸課題等について申し上げます。
 県事業の鞍谷川・河和田川災害復旧助成事業についてでありますが、護岸工事等が順調に進捗しており、橋梁かけかえ工事についても、県道落井橋は上部工に着手、松成橋は仮橋の設置を終えて、現在、取りつけ道路工事に着手するなど、迂回路や地元との調整を図りながら順次施行中であります。また、河和田川につきましても、事業区間である鞍谷川合流点から落井町中橋までの本川の工事は完了し、現在、附帯工事等を施行中であります。また、河和田川上流では、県事業として片山橋から北中橋までの測量業務、片山橋・片山東橋上流の取水堰・北中橋の土質調査及び片山橋・片山東橋上流の取水堰・北中2号橋・下河原橋の根固め工、北中橋の設計業務を発注済みであります。また、年度内には片山橋のかけかえ工事に着手する予定であり、河和田川上流部につきましても工事は順調に進捗しております。
 次に、浅水川の河川改修につきましては、県が三六橋右岸下流部の高水護岸工事を10月に発注しており、年度内の完成を目指しているところでございます。また、来年度以降は暫定的に浅水川全域での高水部の河川断面を確保し、その後、護岸工事を実施する予定となっております。全体の工事完了につきましては、鞍谷川の河川災害復旧助成事業の完成に合わせていただくよう、強く要請をしております。
 次に、福井鉄道福武線の存続につきましては、9月に福井鉄道株式会社から、福武線の維持存続と安定経営に向けての協議の場の設置についての要望を受けました。現在、福井県、福井市、越前市とともに協議会に参加をしております。今月2日に第1回の協議会が開催され、事業者からの再建策として三つの提案がありました。その内容につきましては、第1案は、福井鉄道が鉄道事業から完全に撤退し、行政の支援のもとで新たな会社を設立するというもの。第2案は、筆頭株主である名古屋鉄道株式会社の支援を受けて福井鉄道の借入金を縮小し、名古屋鉄道が福井鉄道の経営から完全撤退するというもの。第3案は、名古屋鉄道が福井鉄道に増資を行って借入金を縮小し、これも名古屋鉄道が福井鉄道の経営から完全撤退するというものでありました。
 これらの提案は、福井鉄道自身において福武線の存続ができないということと、筆頭株主である名古屋鉄道の完全撤退という厳しいものであります。また、再建方針3案のうち二つの案は、鉄道事業だけでなく、全経営を第三者に譲渡する内容であることから、21日に開かれた第2回目の会合では、鉄道、自動車の本業部門、兼業部門、関連子会社の現況の報告を受けました。
 今後は、県と沿線3市がこれらの提案を細部にわたって研究・検討していくことになりますが、来年3月ごろまでには行政として再建方針の方向性を絞り込むことになるものと考えております。
 福武線の存続は、年間利用者約162万人のうちの約26%となる約43万人が鯖江市での利用であります。特に市街地を南北に貫き、全線22駅のうち六つの駅を持つ本市にとっては、利用者だけが恩恵を受けているのではなく、これからのまちづくりを進める上で、また交通渋滞の緩和、交通弱者の利便性の向上、環境問題、さらには今後の高齢社会への対応など、鯖江市の発展のためには必要不可欠であります。今後とも沿線3市が共同して県の強いリーダーシップを求め、福武線存続への支援を強く訴えてまいりますので、議員各位の御理解と御支援をよろしくお願いいたします。
 それでは、次に主要な事業について申し上げます。
 まず、神明苑についてでありますが、平成20年4月からは、現在の機能に加え、同施設を活用した障害者自立支援法に規定している就労継続支援、就労移行支援、共同生活援助の障害福祉サービス事業及び児童福祉法に規定している放課後児童健全育成事業を順次計画的に展開してまいりたいと考えております。
 このたび指定管理者の公募を行い、同施設の選定委員会における審査の結果、指定管理者の候補者として、社会福祉法人「福授園」を選定いたしました。指定の議決をいただいた後は、指定管理者と協議しながら、障害のある方の自立と地域の中で自分らしく主体的に生きていくことができるよう支援してまいりたいと考えております。
 次に、商店街、地元住民、学生、商工会議所、行政が一体となって策定しております中期的な「鯖江街なか賑わいプラン」を、近日中に鯖江商工会議所から報告していただくことになっております。中心市街地の活性化を目的に、商店街活性化、市街地交流化、市街地定住化、公共交通利用化の四つの部会ごとに基本方針を定めて、具体的な事業プランが提示される予定であります。今後、報告を受け、来年度予算から本格的に実施できるよう努めてまいりたいと考えております。
 また、今回のプラン策定にあわせて、さばえTMO推進委員会を発展的に解消し、新たにさばえ夢かたち推進委員会を組織されました。今後は、街なか賑わいプランの推進母体としての活動と活躍を大いに期待しております。
 次に農業政策についてですが、平成19年産の米の価格は、水稲の作況指数は99でありながら、年々米の消費量が減少していることも相まって、大幅に下落する事態となっております。こうした米価の下落は、規模の大きい農業者の経営を直撃するだけでなく、小規模・高齢者を含めて多くの農業者の経営を不安定なものとし、地域農業・地域経済の活力を損なっている状況にあります。こうした中、政府は米緊急対策として、備蓄水準を適正水準の100万トンまで積み増しして、年内に34万トンを買い入れるとともに、備蓄米の市場への放出を抑制するなどの対策が発表されました。
 米価の下落に対しては、担い手の主食用水稲であれば品目横断的経営安定対策で前年の9割の収入が補てんされ、担い手以外では、産地づくり交付金での補てんがあります。一方、同じ水稲でありながら生産調整として取り組んでいる加工用米に対しては、このような米価の下落に対応できる支援措置がありません。このことから、本市としては生産調整にまじめに取り組んでいる農家に対して支援を行い、加工用米の価格下落による影響を緩和するとともに、次年度以降の生産調整の取り組みを維持し、集落営農の組織化などを含めた担い手の育成・確保を図り、引き続き生産調整の円滑な実施に努めてまいりたいと考えております。
 また、来年度に向け、農地の集積が困難な中山間地域や都市近郊地域における農業生産を維持するため、今回、地域農業サポートプランを作成しました。今後は、これに沿って集落の実情に応じた支援の内容や農業サポートセンターなどの推進体制、農業サポーターなどの支援体制を3月までに整備していきたいと考えております。
 次に、子育て支援につきましては、子育てに優しいまちを目指したキッズデザイン「子どものまちづくり事業」のモデル地区として、県から神明地区が選定されました。早速、神明小学校の生徒さん、地域の子育て支援関係機関や団体の皆さんとモデル地区内を点検し、子供の安全の確保、子供の活動の場、子供が利用しやすいまちの検討に入ったところであります。この検討結果をもとに、来年度以降、県の支援を受けてモデル地区内を整備し、その成果を子供の視点に立って子育てに優しいまちづくりに生かしてまいりたいと考えております。
 次に、今年度、男女共同参画社会の実現を目指して、(仮称)男女共同参画ネットワーク構築への取り組みを市民団体の皆様とともに進めてまいりました。このたび女性ネットワーク加盟団体に加え、区長会連合会やNPO団体の方々など31団体の賛同を得てネットワーク準備会を立ち上げ、12月2日の「男と女輝くさばえフェスタ2007」において、男女共同参画ネットワーク設立を発表する運びとなりました。今後は、平成20年5月のネットワーク設立に向けまして、加盟団体の皆様と事業計画などを検討し、男女共同参画への取り組みをより一層推進してまいります。
 次に、今回御提案いたしました平成19年度12月補正予算案について、その主なものを申し上げます。
 まず、「つつじバス」についてでありますが、新年度の運行事業費として8,260万円の債務負担行為をあらかじめ設定するものであります。
 また、保育所費につきましては、近年豊地区の入所希望者が増加しており、新年度からみのり保育所の定員を増加して、これらの御要望におこたえするため、保育室を1部屋増設する費用として400万円余を計上いたしました。
 次に農業費関係では、生産調整における転作の増加に伴い、加工用米での調整が増加した結果、価格が大幅に下落し、農家の経営に大きな影響を与えるとともに生産調整への取り組みにも影響が懸念されますので、JAとともに加工用米の収入減少に対応するための支援として125万円を計上いたしました。
 次に教育費関係では、屋外スポーツ施設の老朽化が進み、改修が必要な箇所が多く見受けられるようになってきましたので、順次計画的に改修してまいりたいと考えております。今回、来春からの使用に支障のないようシーズンオフに改修を行うため、御幸公園等のバックネット改修に560万円を計上いたしました。これらに伴い、一般会計におきましては1億600万円を増額し、平成19年度の予算総額を234億6,430万円としようとするものであります。
 次に特別会計におきましては、国民健康保険事業特別会計で老人医療費拠出金医療費負担金の確定により2億950万円の減額補正を行い、平成19年度の予算総額を57億8,790万円に、介護保険事業特別会計保険事業勘定におきましては540万円の増額補正を行い、平成19年度の予算総額を36億8,190万円にしようとするものです。これにより、平成19年度の鯖江市の予算総額は468億8,210万円となり、昨年の12月補正後と比較して6.5%の増加となりました。
 次に企業立地に関する施策について、国においては「頑張る地方応援プログラム」により、地方自治体による地域の特性や強みを生かした企業誘致の取り組みを国が支援することとしておりますが、その一環として、地域における産業集積の形成及び活性化を図ることを目的とした企業立地促進法が今年の6月に施行されました。
 議案第72号は、この企業立地促進法に基づく県の基本計画が10月17日に国の同意を受けたのを機に、この法律に基づく市税の特例について必要な条例を整備しようとするものであります。主な内容といたしましては、県の基本計画に基づいた企業立地である旨の承認を受けた企業に対して3年間の固定資産税の免除を行おうとするものであります。この課税免除により減収となる税額に対しましては、その75%が普通交付税として補てん措置がなされるものであります。
 なお、対象となる企業立地は、土地や家屋、構築物の取得価格が5億円以上と大きな投資を行うものに限られますが、従来の企業立地助成制度とともに新たに今回の優遇制度を加えることによりまして、企業誘致活動に弾みをつけたいと考えております。
 次に指定管理者の指定についてでありますが、来年4月の指定管理者制度の導入を目指す施設として環境教育支援センターがございます。この環境教育支援センターにつきましては、特定非営利活動法人エコプラザさばえを候補者として、非公募方式により準備を進めてまいりました。特定非営利活動法人エコプラザさばえは、既に本市における環境教育推進の一翼を担っており、NPOの持つ多様な特性を発揮し、環境まちづくり委員会や環境市民団体との連携を深めながら、環境教育事業を推進していただけるものと考えております。
 その他の議案につきましては、それぞれ記載の理由に基づき提案をいたしました。
 以上、私の市政に対する所信の一端と市政の諸課題、補正予算案等について申し上げました。何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(佐々木敏幸君) 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、12月17日午前10時から開議することとし、これをもって散会いたします。
 ご苦労さまでございました。
             散会 午前11時28分