議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成22年 7月臨時会(第1号 7月27日)




平成22年 7月臨時会(第1号 7月27日)




                  平成22年7月


             勝山市議会臨時会会議録第1号


平成22年7月27日(火曜日)


───────────────────────────────────────────



                    平成22年7月27日(火曜日)午前10時開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第 47号 史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)請


            負契約の締結について





追加日程


第 1 議案第 47号 史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)請


            負契約の締結について


第 2 意見書案第5号 福井社会保険病院が公的病院として存続することを求める意見


            書について


第 3 議員派遣の件





本日の会議に付した事件


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第47号


第 4 意見書案第5号


第 5 議員派遣の件





出席議員(16名)


      1番  松 山 信 裕 君      2番  帰 山 寿 憲 君


      3番  門   善 孝 君      4番  乾   章 俊 君


      5番  山 内 征 夫 君      6番  倉 田 源右ヱ門君


      7番  松 村 治 門 君      8番  北 川 晶 子 君


      9番  加 藤 一 二 君     10番  清 水 清 蔵 君


     11番  笠 松 捷多朗 君     12番  村 田 與右ヱ門君


     13番  山 田 安 信 君     14番  安 居 久 繁 君


     15番  北 山 謙 治 君     16番  廣 田 與三次郎君





欠席議員( 0名)





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   副   市   長      松村 誠一 君


   教   育   長      梅田 幸重 君


   総務部長           辻  尊志 君


   企画財政部長         橋脇 孝幸 君


   市民・環境部長兼市民課長   境井 義樹 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 松本 孝治 君


   商工観光部長兼商工振興課長  石倉 充男 君


   農林部長           親泊 安次 君


   建設部長           大林 市一 君


   会計管理者兼会計課長     酒井 重光 君


   教育部長           齊藤 雅昭 君


   秘書・広報課長        上山 忠恒 君


   総務課長           山根 敏博 君


   建設課長           渡辺 寿彦 君


   史蹟整備課長         加藤 謙二 君





事務局出席職員


     局   長  鳥 山 昌 久


     書   記  鳥 山 健 一


     書   記  椿 山 浩 章





午前10時10分開会


○議長(村田與右ヱ門君) おはようございます。


 これより勝山市議会臨時会を開会いたします。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 直ちに本日の会議を開きます。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、山田安信君、安居久繁君を指名いたします。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期臨時会の会期につきましては、先刻議会運営委員会が開かれ、本日1日にいたしたいとの決定を見ております。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、議会運営委員会の決定どおり本日1日といたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期臨時会の会期は、本日1日と決定いたしました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) この際、諸般の報告を行います。


○議長(村田與右ヱ門君) 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、


  山岸市長


  松村副市長


  辻総務部長


  橋脇企画財政部長


  境井市民・環境部長兼市民課長


  松本健康福祉部長兼福祉・児童課長


  石倉商工観光部長兼商工振興課長


  親泊農林部長


  大林建設部長


  酒井会計管理者兼会計課長


  上山秘書・広報課長


  山根総務課長


  渡辺建設課長


 教育委員会より


  梅田教育長


  齊藤教育部長


  加藤史蹟整備課長


 以上であります。


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、市長から提出事件について、次の文書が参っております。


          勝総発第283号


          平成22年7月27日


 勝山市議会議長


 村田與右ヱ門宛


         勝山市長 山岸 正裕


     議案の送付について


 平成22年7月27日招集の勝山市議会臨時会に提出するため、次の議案を送付します。


 送付議案は、議案第47号の1件であります。


 本件については既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、さきの6月定例会以後、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、次の報告を受理しております。


 平成22年7月5日付、勝監発第39号、例月出納検査(5月分)の結果について


 この報告書は、議会事務局に保管しております。


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、さきの6月定例会以降の事務報告につきましては、お手元に配付いたしてあります報告書のとおりであります。


○議長(村田與右ヱ門君) 以上で、諸般の報告を終わります。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、市長から発言の要求がありますので、これを許します。


○議長(村田與右ヱ門君) 山岸市長。


   (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) おはようございます。


 本日ここに臨時市議会が開会されるに当たり、提案いたしました議案の概要を申し上げます。


 平成20年度から5カ年計画で史跡白山平泉寺旧境内の整備のため、総合整備活用推進事業を進めております。その内容の主なものは、史跡を歩いて散策する起点である平泉寺旧境内入り口にエントランスの整備、史跡をめぐる見学路の整備、歴史的建造物の復元及び総合案内施設としてのガイダンス施設の建設等であります。


 今回提案の史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設は、平泉寺の発掘調査や歴史、自然、白山信仰などをわかりやすく伝える施設として、延べ床面積515.16平方メートルを木造平家建てで建設するもので、映像ホール、展示室、情報コーナー及び体験スペースを兼ね備えています。本日の議案は、この施設建築工事の請負契約締結につきまして議会の議決を求めるものであります。


 後ほど担当課長が提案理由の詳細を説明いたしますので、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願いを申し上げます。以上であります。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、日程第3、議案第47号 史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)請負契約の締結についてを議題といたします。


○議長(村田與右ヱ門君) 提案理由の説明を求めます。


○議長(村田與右ヱ門君) 加藤史蹟整備課長。


   (史蹟整備課長 加藤謙二君 登壇)


○史蹟整備課長(加藤謙二君) 上程されました議案第47号、史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)請負契約の締結について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)の請負契約の締結につきまして、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 契約の目的は史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)の請負契約の締結であり、契約の方法は特定建設工事共同企業体による条件付き一般競争入札、事前審査型でございます。


 また、契約の金額は1億6,957万5,000円で、契約の相手方は大北久保建設?、?前川建設工業、史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)特定建設工事共同企業体であります。


 工期は契約の日から平成23年9月30日まででございます。


 議案第47号の提案理由の説明は以上でございます。


○議長(村田與右ヱ門君) これより質疑に入ります。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第47号については、全議員をもって構成する全員審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、本件については、全議員をもって構成する全員審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。


○議長(村田與右ヱ門君) 暫時休憩いたします。


────────────────────


     午前10時19分 休憩


     午後 1時42分 再開


────────────────────


○議長(村田與右ヱ門君) 再開いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 この際、議案第47号を日程に追加し、議題といたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、この際、議案第47号を日程に追加し、議題とすることに決しました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 議案第47号を議題といたします。


 本件については、その審査を全員審査特別委員会に付託してありましたので、これより同委員長から審査経過並びに結果の報告を求めることにいたします。


○議長(村田與右ヱ門君) 門全員審査特別委員長。


   (全員審査特別委員長 門 善孝君 登壇)


○全員審査特別委員長(門 善孝君) 全員審査特別委員会に付託されました事件に対する審査経過並びに結果の報告をいたします。


 本特別委員会は、先刻、委員会を開き、付託を受けました議案1件について、理事者から詳細な説明を聴取し、慎重に審査をいたしました。


 その結果、議案第47号、史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)請負契約の締結については、原案のとおり可決することに決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(村田與右ヱ門君) 委員長報告に対する質疑に入ります。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) これより討論に入ります。


 討論の通告がありますので、発言を許します。


○議長(村田與右ヱ門君) 加藤一二君。


   (9番 加藤一二君 登壇)


○9番(加藤一二君) 加藤一二です。


 私は日本共産党議員団を代表して、議案第47号、史跡白山平泉寺旧境内ガイダンス施設新築工事(建築工事)請負契約の締結について反対討論を行います。


 私たちは史跡白山平泉寺旧境内の発掘調査には賛成をしてまいりました。しかし、施設建設等に関しては一貫して問題があると指摘をしてまいりました。


 平成20年度からの史跡白山平泉寺旧境内総合整備事業5カ年計画では、総事業費は約6億円とされております。このうちガイダンス施設の建設費には約2億5,400万円を予算計上しておりますけれども、3月議会での予算審議のときにも他の議員からもいろいろ議論がありました。私たちはガイダンス施設の建設費を含む今年度予算には賛成しませんでした。


 今回のガイダンス施設の新築工事は請負契約1億6,957万5,000円でありますが、平家建てであるのに坪単価に直しますと143万9,000円にもなります。非常に高いものになっております。理事者の説明では、建物の柱が少ないのでその分基礎工事をしっかりする必要がある。そのために地質改良の工事費にお金がかかるんだというのが主な原因という説明でありました。しかし、その説明では納得いくものではなく、請負契約の締結には賛成できません。


 発掘、整備の範囲がこれまでより広くなり、今後の発掘及び整備には多額の費用が必要になることが予想されております。勝山市のような小さな規模の自治体で整備するには無理があるし、今後の管理運営は難しくなってまいります。国の史跡に指定されたことや、世界遺産登録の取り組みをしていることから県の事業として位置づける、そういう整備にする必要があるという指摘に対して、理事者は県は当初500万円であったと。それが6分の1にまで補助をすることになったんだという説明をいただきましたけれども、この勝山市の状況を考えればやはり県の事業として位置づけるように県に強く働きかけていくべきではないかと思います。その点では遺憾に思う次第であります。


 ちなみに、朝倉氏遺跡の整備は県の事業として行ってきております。これを見ても慌てて施設をつくる必要があるのか疑問であります。県の事業に位置づけた事業にするためにも時間が必要であります。発掘が進んでからゆっくりと施設の建設などは考えるべきだと考えております。


 以上の理由により、議案第47号については反対をいたします。


○議長(村田與右ヱ門君) 以上で討論を終結いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) これより採決いたします。


 本件については、起立により採決いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) 本件については、全員審査特別委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


     (起 立 多 数)


○議長(村田與右ヱ門君) 起立多数であります。


 よって、本件については、全員審査特別委員長の報告のとおり決しました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、休憩中に廣田與三次郎君ほか14名の諸君から、福井社会保険病院が公的病院として存続することを求める意見書について、意見書案第5号が提出されております。


 本件については、既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 本意見書案につきましては緊急を要する事件と認め、この際、日程に追加し、審議いたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第5号、福井社会保険病院が公的病院として存続することを求める意見書については緊急を要する事件と認め、日程に追加し、審議することに決定いたしました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 意見書案第5号、福井社会保険病院が公的病院として存続することを求める意見書についてを議題といたします。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 本件については、会議規則の定めるところにより提案理由の説明を省略いたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、本件については、提案理由の説明を省略することに決しました。


○議長(村田與右ヱ門君) これより質疑に入ります。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております本件については、会議規則の定めるところにより、委員会の付託を省略することにいたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、本件については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(村田與右ヱ門君) これより討論に入ります。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) これより採決いたします。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 意見書案第5号については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、本件については、原案のとおり可決されました。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 ただいま可決されました意見書につきましては、字句、数字、その他整理を要するものにつきましてはその整理を議長に委任されたいと存じますが、これに御異議ありませんか。


     (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、そのように決定いたしました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 次に、本意見書に関しましては、議会として早急に提言・要請等の活動を行いたいと存じます。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 この際、議員派遣の件を緊急を要する事件と認め、日程に追加し、議題といたしたいと思います。


○議長(村田與右ヱ門君) これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、議員派遣の件については緊急を要する事件と認め、日程に追加し、議題とすることに決しました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 議員派遣の件を議題といたします。


○議長(村田與右ヱ門君) お諮りいたします。


 本件については、意見書案第5号に関する提言・要請等の活動をするために議員派遣を行いたいと思います。その派遣場所、派遣期間、派遣議員については議長に一任願いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(村田與右ヱ門君) 御異議なしと認めます。


 よって、議員派遣の件につきましては、そのように決定いたしました。


   ──────・───────


○議長(村田與右ヱ門君) 以上で今期臨時会に付議されました事件のすべてを議了いたしましたので、今期臨時会はこれをもって閉会いたします。御苦労さまでした。


────────────────────


         午後 1時52分 閉会





 地方自治法第123条第2項の規定に基づき上記会議の次第を記録し、これを証するために署名する。





  平成  年  月  日


   勝山市議会議長











  平成  年  月  日


   署名議員











  平成  年  月  日


   署名議員