議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成21年 3月定例会(第1号 2月27日)




平成21年 3月定例会(第1号 2月27日)




                  平成21年3月


             勝山市議会定例会会議録第1号


平成21年2月27日(金曜日)


───────────────────────────────────────────



                    平成21年2月27日(金曜日)午前10時開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第 4号 平成21年度勝山市一般会計予算


第 4 議案第 5号 平成21年度勝山市育英資金特別会計予算


第 5 議案第 6号 平成21年度勝山市国民健康保険特別会計予算


第 6 議案第 7号 平成21年度勝山市老人保健特別会計予算


第 7 議案第 8号 平成21年度勝山市後期高齢者医療特別会計予算


第 8 議案第 9号 平成21年度勝山市介護保険特別会計予算


第 9 議案第10号 平成21年度勝山市下水道事業特別会計予算


第10 議案第11号 平成21年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


第11 議案第12号 平成21年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


第12 議案第13号 平成21年度勝山市水道事業会計予算


第13 議案第14号 平成21年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


第14 議案第15号 平成20年度勝山市一般会計補正予算(第5号)


第15 議案第16号 平成20年度勝山市育英資金特別会計補正予算(第1号)


第16 議案第17号 平成20年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


第17 議案第18号 平成20年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第2号)


第18 議案第19号 平成20年度勝山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


第19 議案第20号 平成20年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


第20 議案第21号 平成20年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


第21 議案第22号 平成20年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号


           )


第22 議案第23号 平成20年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


第23 議案第24号 平成20年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)


第24 議案第25号 平成20年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第1号)


第25 議案第26号 勝山市部等設置条例の一部改正について


第26 議案第27号 勝山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について


第27 議案第28号 公益法人等への勝山市職員の派遣等に関する条例の一部改正につ


           いて


第28 議案第29号 勝山市個人情報保護条例の一部改正について


第29 議案第30号 勝山市税条例の一部改正について


第30 議案第31号 損害賠償の額を定めることについて


第31 議案第32号 勝山市監査委員条例の一部改正について


第32 議案第33号 勝山市介護保険条例の一部改正について


第33 議案第34号 勝山市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


第34 議案第35号 勝山市定住促進住宅管理条例の制定について


第35 議案第36号 勝山市営住宅管理条例の一部改正について


第36 議案第37号 損害賠償の額を定めることについて


第37 議案第38号 損害賠償の額を定めることについて


第38 議案第39号 はたや記念館「ゆめおーれ勝山」の設置及び管理に関する条例の


           制定について





本日の会議に付した事件


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案第4号から議案第39号まで





出席議員(16名)


      1番  松 山 信 裕 君      2番  帰 山 寿 憲 君


      3番  門   善 孝 君      4番  乾   章 俊 君


      5番  山 内 征 夫 君      6番  倉 田 源右ヱ門君


      7番  松 村 治 門 君      8番  北 川 晶 子 君


      9番  加 藤 一 二 君     10番  清 水 清 蔵 君


     11番  笠 松 捷多朗 君     12番  村 田 与右ヱ門君


     13番  山 田 安 信 君     14番  安 居 久 繁 君


     15番  北 山 謙 治 君     16番  廣 田 與三次郎君





欠席議員( 0名)





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   副   市   長      松山 保雄 君


   教   育   長      山  範男 君


   市 長 公 室 長      高木 和昭 君


   総務部長兼総務課長      松村 誠一 君


   市民・環境部長兼市民課長   酒井 重光 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 松本 孝治 君


   産業部長兼商工観光課長    山本 一郎 君


   建設部長兼建設課長      境井 義樹 君


   会計管理者兼会計課長     杼木  實 君


   教育部長兼教育総務課長    石田 忠夫 君


   秘書・広報課長        石倉 充男 君


   未来創造課長         山根 敏博 君


   税務課長           福田 豊彦 君


   市民相談室長         稲垣 一穂 君


   生活環境課長         三屋 修一 君


   健康長寿課長         石蔵ふじ江 君


   旧機業場開設準備室長     大林 市一 君


   農林政策課長併農業委員会事務局長


                  辻  尊志 君


   市街地活性化推進室長     小林 喜幸 君


   上下水道課長         柳原 寛治 君


   生涯学習課長         上山 忠恒 君


   史蹟整備課長         齊藤 雅昭 君


   自然体験・スポーツ課長    矢戸 松蔵 君


   監査委員事務局長       宮塚 龍二 君


   消防長心得兼消防署長     三屋 忠男 君





事務局出席職員


     局長心得   鳥 山 昌 久


     書   記  苅 安 和 幸


     書   記  椿 山 浩 章





      午前10時00分開会


○議長(笠松捷多朗君) おはようございます。


 これより勝山市議会定例会を開会いたします。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 直ちに本日の会議を開きます。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、山内征夫君、倉田源右ヱ門君を指名いたします。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期につきましては、去る1月30日に議会運営委員会を開き協議されましたので、その結果の報告を同委員長よりお願いいたします。


○議長(笠松捷多朗君) 北山議会運営委員長。


 (議会運営委員長 北山謙治君 登壇)


○議会運営委員長(北山謙治君) おはようございます。


 議会運営委員会の報告をいたします。


 今期3月定例会の日程等につきましては、去る1月30日に議会運営委員会を開き、協議をいたしました。


 その結果、今期定例会の会期は、本日から3月23日までの25日間といたしたいと思います。


 詳細につきましては、お手元にお配りしてあります会期日程表のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。


 以上で報告を終わります。


○議長(笠松捷多朗君) おはかりいたします。


 今期定例会の会期につきましては、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本日から3月23日までの25日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期定例会の会期は、本日から3月23日までの25日間と決定いたしました。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) この際、諸般の報告を行います。


○議長(笠松捷多朗君) 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、


  山岸市長


  松山副市長


  高木市長公室長


  松村総務部長兼総務課長


  酒井市民・環境部長兼市民課長


  松本健康福祉部長兼福祉・児童課長


  山本産業部長兼商工観光課長


  境井建設部長兼建設課長


  杼木会計管理者兼会計課長


  石倉秘書・広報課長


  山根未来創造課長


  福田税務課長


  稲垣市民相談室長


  三屋生活環境課長


  石蔵健康長寿課長


  大林旧機業場開設準備室長


  辻農林政策課長


  小林市街地活性化推進室長


  柳原上下水道課長


  三屋消防長心得兼消防署長 教育委員会より


  山教育長


  石田教育部長兼教育総務課長


  上山生涯学習課長


  齊藤史蹟整備課長 矢戸自然体験・スポーツ課長


 監査委員より 宮塚監査委員事務局長


 農業委員会より


  辻農業委員会事務局長以上であります。


○議長(笠松捷多朗君) 次に、市長から提出事件について、次の文書がまいっております。


          勝総発第1061号


          平成21年2月27日


 勝山市議会議長


 笠松 捷多朗宛


         勝山市長 山岸 正裕


 議案の送付について


 平成21年2月27日招集の勝山市議会定例会に提出するため、次の議案を送付します。


 送付議案は、議案第4号から議案第39号までの36件であります。


 これら36件については、既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(笠松捷多朗君) 次に、さきの2月臨時会以降の事務報告については、お手元に配付してあります報告書のとおりであります。


○議長(笠松捷多朗君) 以上で、諸般の報告を終わります。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、市長から発言の要求がありますので、これを許します。


○議長(笠松捷多朗君) 山岸市長。


 (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) おはようございます。


 本日、ここに平成21年3月定例市議会が開会されるにあたり、御挨拶を申し上げますとともに、提案いたしました平成21年度予算案の概要と市政運営にかかる諸課題について、所信の一端を申し述べます。


 サブプライムローンを震源とする金融危機が世界的な景気低迷を招き、世界同時不況が進行しております。これは、金融によって巨額の利益を求める秩序なき力の行使が、グローバリゼーションの世界に跳梁跋扈し、実体経済をむしばんでしまった、今や恐慌とも言える経済危機であります。麻生首相は市政方針演説で、この危機こそ、新しい時代を切り開く好機であり、「この国を変える節目」であると述べています。しかしながら、現在の麻生内閣に、その気概とリーダーシップを見いだすことはできず、国会においては与野党とも、政権争いにしか見えない政局に終始し、混迷する現況を打開する国家戦略の一端も見いだせない、国民不在の政治が続いております。


 今、日本は、世界に類を見ないペースで進行する少子高齢化社会の中で、年金受給に不安が広がり、国、地方の借金がGDPの2倍に達し、食料自給率は4割を切る、このように、急激に変貌する国の姿を、将来に向かってどのように均衡させ、整合させていくのか、今こそ、国の形のあり方について高い志を示してほしいものです。そして、国際社会においても、政治・金融・経済面で、世界における日本の役割を明確にして、その存在を認められなければなりません。


 理論的には、需給バランスが均衡し、需要が喚起され、その原資となる資金が、生産者にも、消費者にも環流されれば、不況から脱することができるでしょう。特に二酸化炭素による地球温暖化防止という世界的な課題に新しい需要が産み出されると考えます。今こそ、国の政治がこの課題を克服できる環境の枠組みをつくり、新しい技術、システム、製品を開発して、その要請にこたえなければなりません。創意工夫と技術で困難を克服し、安心と活力ある「この国のかたち」をつくらなければならないと考えます。このことが、不況脱出の大きなファクターになると考えております。


 次に、21・22日の土曜・日曜は、勝山に春を呼ぶ「左義長まつり」が開催され、一昨年以来の大盛況となり、10万人の観光客で賑わいました。行灯の川柳にも詠まれていたように、左義長の賑やかなお囃子で、この景気低迷を吹き飛ばしたいものであります。


 勝山市も本年は、市制55周年、壮年期の最も充実した時期を迎えました。年の市におけるそれぞれの地域ブランドの発信や、左義長における各地区の盛り上がりと団結力に、伝統に裏打ちされたその高まりを見るとき、これまで以上に市民の「地域力」と「創造力」が高まっていると感じております。


 「年の市」と「左義長」は、「誇りと活力に満ちたふるさと勝山の実現」を象徴するにふさわしい冬の伝統行事です。今年も来訪して取材をした作家の椎名誠さんは、勝山左義長まつりは日本一の祭りであると本に書いております。私たち勝山市民は、このことを誇りに思い、胸を張って全国にアピールしていきたいと思います。


 次に本年は、まちづくりの指針である第5次勝山市総合計画基本構想の策定をスタートさせる年度であり、市民と市議会、行政が三位一体となり、長期的な観点から私たちの子や孫の時代に「誇りと活力のあるまち」を持続できるよう、具体的な設計図を示していく必要があります。


 日本の急速な少子高齢化に続く人口減少局面への変化、新しい格差や雇用不安、資源や環境の制約という社会環境などが大きく変化していく時代の中で、新たな需要と雇用が期待される低炭素型社会への移行や、循環型農業など、社会のシステムやコミュニティのあり方の変革が求められ、自治体における積極的な取り組みが必要であります。


 人口減少は日本全体のトレンドであり、その偏在ぶりも顕著であります。日本の高度成長をきっかけに始まった地方から大都市への人口移動は、都市と農山村との均衡の喪失から、社会的格差の助長や、コミュニティのぜい弱化を招きました。一方、自然環境と切り離された大都市での生活は、人々の精神的疲弊などを引き起こし、徐々に閉塞感すら漂っています。


 この状況のアンチテーゼとして、最近、スローシティと呼ばれ始めた言葉があります。これは、人間性回帰の観点から、地方が改めて見直され、クローズアップされていることでもあります。人間性の回復を地方に求める人たちのふるさと回帰は、20世紀後半の西欧諸国の例でも明らかです。しかし、それは、地方であればどこでもいいということではありません。その地方が人間回帰の地としてふさわしいかふさわしくないか、厳しく選択される時代でもあるのであります。選択される条件として、人口の多さは要件ではありません。むしろ、ヨーロッパの地方都市のように、個性を魅力に、人口はむやみに多くないほうがいいと考えます。


 私たちの目指す次の時代の勝山市の姿は、生活インフラや安全・安心を確保し、歴史と伝統が息づき、豊かな自然と景観が保全されている、人間性への回帰を希求する人たちにとって、満足できるふるさととして存在する、そして、地産地消に代表されるように、様々な産業において地域循環型の経済を構築し、地場産業を振興していく。そのようなふるさと再生をコンセプトにした「まちのかたち」を提案し、このまちの人口減少に反転のきっかけをつくっていきたいと考えます。このような、小さくてもきらりと光る地方都市を目指す議論を期待するものであります。


 これらを踏まえて、4月以降に勝山市の喫緊の課題を率直にお示しし、市民の皆様と真摯な議論を深め、勝山市の豊かな将来像を定めていく所存であります。


 次に先般、県議会において、勝山南高校の統廃合の考え方が示されました。昭和29年、市民の力で県立高校となった勝山精華高校、これを引き継ぐ勝山南高校の55年の長い歴史に終止符を打たれるのは、実に悲しい事実でありますが、少子化など直面する県下の情勢をかんがみると、現実としてこの統廃合を受けとめざるを得ません。今後は、勝山高校の定員増、教育環境面の充実などを確保し、文武両面で輝きを放つ勝山高校に再編し、子供たちが安心して地元で高等教育が受けられように提言していく所存です。


 また、奥越養護学校の誘致は奥越地域の悲願であり、勝山市において早期開校となるように、積極的な活動を行ってまいります。


 次に、中部縦貫自動車道が3月28日、勝山・上志比間が開通となり、鹿谷インターが供用開始となります。これまで御尽力いただいた関係各位と、事業用地を御提供いただきました地元の皆様に、改めて感謝を申し上げます。


 中部縦貫自動車道は、沿線住民にとって、命の道、生活の道、希望の道であり、広域観光などを通じた地域経済の活力と、地域の安全・安心など、多くの機能を創出するため、北陸道福井北インターまでの全線開通と勝山インター線の早期開通が望まれるところであります。3月22日には、勝山・上志比間の車道をウォーキングするなどの地域イベントが開催される運びとなっており、多くの市民の参加を期待いたしております。


 次に、ハローワークの奥越管内における12月末の新規求人倍率は0.68で、前年同月比0.44ポイント低下、有効求人倍率は0.91で、前年同月比0.3ポイント低下しています。また、12月の求職者172人のうち解雇者が88人と、約半数を占め、雇用環境の厳しい側面を浮き彫りにしております。


 市内に多数ある自動車関連企業では、受注の3割から4割減少という企業も多くなり、国の雇用調整助成金などを活用し、ワークシェアリング体制で景気回復に備えている状況です。繊維関連企業においても、近年、自動車関係の受注割合が多くなっているため、大変厳しい局面を迎え、早期退職を募るなど、雇用調整をせざるを得ない状況となっています。


 次に、平成21年度当初予算について説明を申し上げます。


 当初予算は、国の経済対策である地域活性化・生活対策臨時交付金による前倒し予算の平成20年度3月補正予算と一体的に編成する作業を行いました。生活防衛の実行を掲げる国の二次補正・前倒し予算を含めた総額は112億9,700万4,000円で、前年度を1.1%上回る積極型となり、まさに勝山市の「誇りと活力を創出する実行予算」であります。そして、前倒し予算を含め、計画的な早期発注、早期実行に努め、地元企業などの景気対策にも留意してまいります。


 一方、新年度の歳入見込みは、近年にない厳しい状況であります。市税は、個人市民税が納税者の減少、法人市民税が景気低迷の影響で伸びが見込めないほか、固定資産税も3年に一度の評価替えで減少が見込まれ、前年度比5.0%減、1億6,749万4,000円の減額が見込まれ、31億6,774万5,000円となっています。また、地方交付税のうち普通交付税は、国は総額で1兆円積み増ししているものの、全国各自治体の財源不足から前年度交付額を確保することは至難であり、当初予算は27億5,000万円を計上し、その財源不足を補う臨時財政対策債を合算し、前年度並みの実質交付税を確保しています。


 さらに、国からの地方譲与税、地方消費税交付金、自動車取得税交付金などは、消費減速や株価低迷の影響を受け、軒並み減額が見込まれます。地方譲与税、地方交付税、臨時財政対策債など、財政調整基金繰入金を除く主な一般財源の合計は、前年度当初予算額と比較し、3億1,194万5,000円の減額となる見込みです。


 一方歳出では、大野・勝山地区の広域ごみ処理施設起債償還と定期補修で1億4,000万円の負担金増が発生するなど、義務的経費の新たな増大が見込まれます。こうした状況下、当初の財源不足を補うため、財政調整基金を取り崩し、その額は4億2,956万1,000円と、前年度比5,000万円以上取り崩し額が増加しています。


 以上のような歳入面で厳しい財政環境にあっても、一部の施策で額や対象者の変更はあるものの、新年度予算では、環境、教育、子育てなどに重点を置き、市民サービス施策の廃止は一切行いませんでした。逆に、市民要望の強かった年齢を問わないがん検診無料化などの新規施策や、日本一を目指す子育て支援の継続など、市民福祉の向上施策の充実を徹底いたしました。


 しかしながら、財源は無限ではなく、さらに厳しさが予測される自治体運営のこれからについては、行財政改革において、「給付」と「負担」の考え方をより明確にし、市民の皆様への給付は、どこで、だれが、どのように負担するのか、また、負担を望まないのなら、どの政策やシステムを見直していくのかといった議論を深め、さらに行財政を精査していく必要があると考えております。


 次に、新年度の主な施策の内容について述べてまいります。


 まず、国の近代化産業遺産である市指定文化財旧機業場が、はたや記念館「ゆめおーれ勝山」として、繊維のまち勝山を発信するとともに、市民と来訪者との交流機能も兼ね備え、この夏、7月18日に開館を予定し、市民とともに多彩なオープニングとなるよう企画してまいります。また、この開館を機に、本年を「まちなか誘客元年」と位置づけ、恐竜博物館やスキージャムと連携し、旧市街地への来訪者の呼び込みを図る中、市内31の地元商店などで構成する「まちの駅ネットワーク勝山」も新たにスタートし、市民参加による四季折々の花いっぱい事業とともに、「もてなし」を演出してまいります。まちなか観光情報の発信、観光マップも充実させ、電動自転車による「観光バイクナビ」も新たに始めます。また、まちづくり交付金事業、(5か年事業・8億円)を継続し、勝山駅前、本町周辺の歴史と品格のある町並み整備を継続し、市単独の景観補助制度の継続とあわせ、誘客の舞台づくりを進めます。


 次に引き続き、全国一の子育て支援環境を目指し、県下トップクラスの保育料軽減と待機児童ゼロ継続など、施策を充実いたします。保育園保育料は、国の保育料徴収基準と比較いたしまして、年間総額で約1億1,000万円以上を軽減し、昨年、県下で初めて実施した、幼児に対するインフルエンザ予防接種費助成や、第三子以上乳幼児育成奨励金事業や乳幼児(小学校就学前)の医療費無料化、病児または病後児の乳幼児一時預かり事業などの子育て支援施策を継続いたします。また、市独自の不妊治療助成に加え、妊婦健診助成回数を14回にふやし、子育て支援の充実を図ってまいります。また、児童センター、児童教室の学校併設化を図るため、成器西小、村岡小で改装を予定し、利用料はこれまで同様、無料といたします。


 その他、福祉施策では、障害者の福祉タクシー助成拡大と精神障害者の社会復帰のための助成を新たに実施するほか、県内で初めて高齢者の公衆浴場利用助成を図ってまいります。健康増進の新規施策は、県下初となる全年齢でのがん検診無料化を図るほか、検診会場までの無料周回バスを運行し、検診受診率の向上を目指します。また、高齢者向けのふれあい講座も91回ふやし、641回と充実いたします。さらに、福井社会保険病院の機能存続に向け、地元医師会などと地域医療ビジョンの策定を行います。


 学校教育では、新学習指導要綱改訂による小学校5・6年生への外国語活動支援事業を新たに実施するほか、新たに不登校・学級復帰対策も充実させます。また、ふるさと納税対象事業として、9月11日、市内小学生を対象に、米村でんじろう先生を招き「科学を楽しむサイエンスショー」を開催いたします。さらに、仮称でありますが、勝山市総合体育館など、市内体育施設のあり方について総合的に検討を行うため、新たに委員会を立ち上げます。


 次に、快適な生活環境・エコ環境都市の実現のための施策も積極的に予算化しました。全国に誇れるエコ環境都市を目指し、「人も自然も魅力あるまち」を目指します。一般住宅の太陽光発電整備促進を図るほか、公共施設においても太陽光発電の導入と、CO2削減のため、本庁舎で老朽化した重油ボイラーを廃止し、省エネエアコンにシフトいたします。また、平成24年度に誘致する全国環境自治体会議に向け、市民団体とともに、視察、実践、研究を行います。その他、自転車による市内観光バイクナビの促進や、電車など公共交通機関の利用促進、公用車の低排出ガス車へのシフト、公共施設のISO遵守を図り、低炭素型社会のまちづくりを率先して進めてまいります。


 次に、産業では企業の設備投資に対する工業振興助成金を3,504万円交付するほか、経済対策の一環として、市独自で中小企業に対する融資の金利負担を軽減する利子補給制度を実施いたします。また、前倒し予算では、緊急雇用対策として、3か年で8,400万円の予算計上を行い、述べ8,000人の雇用創出に努めます。


 次に、農林業対策では、農業生産条件のコスト差を補てんする中山間地域等直接支払事業と農業資源の保全をサポートする農地・水・環境向上対策支援事業の両輪を継続するほか、循環型農業の実践や地産地消にも努めてまいります。


 観光面では、地質遺産の保全・活用を図るため、ユネスコの支援のもと、世界各地で推進される「ジオパーク」に登録を行い、地域活性化に向けジオツーリズムを推進します。また、昨年度より進めてきましたふるさと検定実施段階と、まちを案内できる学芸員づくりに努めるほか、観光パンフの充実や情報発信、着地型観光の推進など、関係団体や市民との協働で精力的に取り組んでまいります。


 さらに、総事業費約6億円、5か年計画の2年目となる史跡白山平泉寺旧境内の総合整備事業は、ガイダンス施設や遺跡の築地塀・門の復元のための実施設計や園地の整備などに7,500万円を予算計上いたします。霊峰白山と山麓の文化的景観の世界遺産登録への取り組みは、関係自治体と主題や資産構成の見直しを行いますが、白山文化フォーラムや世界遺産講演会を開催し、白山や平泉寺の魅力を広く伝え、粘り強く取り組みます。


 また、県指定文化財「木下家住宅」の保存・活用を図るため、これを取得し、国指定文化財に向けた取り組みを強化いたします。


 次に、安全・安心な人に優しいまちづくりとして、国の一次・二次補正に伴う予算では、鹿谷小学校体育館、市民会館の玄関部の耐震補強を前倒しで予算化いたしました。当初予算では、継続費2年目の市庁舎と成器西小学校管理棟の耐震工事を実施します。地震、水害などの緊急情報を音声等で伝達する防災行政無線整備は、継続事業2年目で、この秋の供用開始を目指し、河川沿いや主な避難所など、市内25か所に子局を設置いたします。また、携帯電話などを利用し、緊急情報等を登録者に一斉配信するシステムを新たに整え、5月1日にスタートさせ、新たに自主防災組織の助成制度を設けます。また、土砂災害警戒区域、洪水ハザード、避難所、備蓄基地など、すべてを図示した総合的な防災ハザードマップを作成します。公共施設の耐震化整備促進については、新たに勝山中部中学校第1体育館、南部中学校北校舎、市営体育館の耐震補強計画を策定、22年度以降の耐震補強に向けた取り組みを行います。


 さらに、定住人口の増加を図るため、住宅取得助成制度を継続して実施するとともに、(仮称)栄町市営住宅新設に向けた実施設計に着手、また、雇用促進住宅下毛屋宿舎を2,756万8,000円で取得し、定住化を促進します。


 次に、さきの臨時議会で可決をいただきました定額給付金等の給付事務については、国会で関連法案が成立次第、速やかに実施できるように準備中です。また、地元商店での消費拡大を図るため実施する、ダブルプレミアム付きの「かつやまとくとく商品券」も、ようやくその形がまとまり、本日、その内容を正式に公表してまいります。


 最後に、勝山市は世界で9番目に美しい、日本で一番クリーンなまちであります。平泉寺や県立恐竜博物館、スキージャム、越前大仏など、他市がうらやむ偉大な資産が数多くあります。また、豊かな環境と美しい自然、そして、年の市や左義長など伝統に裏打ちされた「地域の底力」があります。魅力ある文化と人材も豊かです。もっともっと自信と誇りを前面に、市民とともに「人も自然もまちも魅力ある」勝山市をアピールしていきたいと考えております。


 勝山市の活力再生に向けて、議員各位の一体となった御協力を心からお願い申し上げます。


 さて、本日の定例市議会に提案申し上げますのは、平成21年度勝山市一般会計予算案をはじめ36件であります。これら36件につきましては、後ほど関係部課長からそれぞれ提案理由を説明いたしますので、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第3、議案第4号 平成21年度勝山市一般会計予算


 日程第4、議案第5号 平成21年度勝山市育英資金特別会計予算


 日程第5、議案第6号 平成21年度勝山市国民健康保険特別会計予算


 日程第6、議案第7号 平成21年度勝山市老人保健特別会計予算


 日程第7、議案第8号 平成21年度勝山市後期高齢者医療特別会計予算


 日程第8、議案第9号 平成21年度勝山市介護保険特別会計予算


 日程第9、議案第10号 平成21年度勝山市下水道事業特別会計予算


 日程第10、議案第11号 平成21年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


 日程第11、議案第12号 平成21年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


 日程第12、議案第13号 平成21年度勝山市水道事業会計予算


 日程第13、議案第14号 平成21年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


 日程第14、議案第15号 平成20年度勝山市一般会計補正予算(第5号)


 日程第15、議案第16号 平成20年度勝山市育英資金特別会計補正予算(第1号) 日程第16、議案第17号 平成20年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第17、議案第18号 平成20年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第2号) 日程第18、議案第19号 平成20年度勝山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


 日程第19、議案第20号 平成20年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号) 日程第20、議案第21号 平成20年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第21、議案第22号 平成20年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第22、議案第23号 平成20年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第23、議案第24号 平成20年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)


 日程第24、議案第25号 平成20年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第25、議案第26号 勝山市部等設置条例の一部改正について


 日程第26、議案第27号 勝山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について


 日程第27、議案第28号 公益法人等への勝山市職員の派遣等に関する条例の一部改正について


 日程第28、議案第29号 勝山市個人情報保護条例の一部改正について


 日程第29、議案第30号 勝山市税条例の一部改正について


 日程第30、議案第31号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第31、議案第32号 勝山市監査委員条例の一部改正について


 日程第32、議案第33号 勝山市介護保険条例の一部改正について


 日程第33、議案第34号 勝山市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


 日程第34、議案第35号 勝山市定住促進住宅管理条例の制定について


 日程第35、議案第36号 勝山市営住宅管理条例の一部改正について


 日程第36、議案第37号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第37、議案第38号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第38、議案第39号 はたや記念館「ゆめおーれ勝山」の設置及び管理に関する条例の制定について 以上36件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○議長(笠松捷多朗君) 松村総務部長。


 (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) ただいま上程されました議案第4号、平成21年度勝山市一般会計予算につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額でございますが、平成21年度の歳入歳出すべてについて、年間の見通しの上に立った通年予算として、歳入歳出それぞれ111億3,600万円といたしたものでございます。


 内容につきましては、順次、「第1表 歳入歳出予算」により、債務負担行為については「第2表 債務負担行為」で、地方債については「第3表 地方債」で、それぞれ御説明いたします。


 第4条一時借入金につきましては、限度額を昨年と同額の20億円にいたしております。


 また、第5条歳出予算の流用については、記載のとおりでございます。


 次に、2ページの「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款市税につきましては、個人市民税が、納税者の減少、法人市民税が、景気低迷の影響で伸びが見込めないほか、固定資産税も3年に一度の評価替えで減額が見込まれ、全体では31億6,774万5,000円となっております。対前年度比較では、額にして1億6,749万4,000円、率にして5.0%の減額となっております。


 2款地方譲与税では、国の道路特定財源一般財源化に伴いまして、地方道路税が地方揮発油税と改称され、これが地方に譲与されることになった地方揮発油譲与税が新たに追加され、2,800万円を計上いたしております。款全体では自動車重量譲与税と、前年度歳入された地方道路税の精算にかかる地方道路譲与税とあわせまして、対前年度比2,100万円減額の1億7,100万円を計上いたしております。


 3款利子割交付金では、市中金利の推移等を考慮し、前年度比1,100万円減額の1,700万円としております。


 また、昨今の景気低迷による消費減速や企業収益悪化を見込み、4款配当割交付金については、対前年度比1,195万1,000円減額の530万円、5款株式等譲渡所得割交付金は、対前年度比1,650万円減額の200万円、6款地方消費税交付金についても、対前年度比2,000万円減額の2億2,000万円を計上いたしております。


 7款自動車取得税交付金は、グリーン税制による低公害車の減免措置が拡充されること、さらには、新規自動車登録台数の推移等を考慮し、対前年度比3,790万円減額の5,710万円といたしております。


 8款地方特例交付金は、全体では、対前年度比2,390万円増額の5,776万9,000円としております。これは、従来からの地方特例交付金につきまして、既存の児童手当特例交付金分や住宅借入金等特別税額控除による減収を補てんするための減収補てん特例交付金分に加え、自動車取得税減収補てん分2,400万円が新たに追加されたことによります。また、減税補てん分廃止の経過措置といたしまして交付される特別交付金については、前年度の交付実績から1,176万9,000円を計上いたしております。


 3ページに移りまして、9款地方交付税のうち、普通交付税では、国の出口ベース総額で前年度比4,000億円が加算されているものの、全国各地方自治体の財源不足増加をこれだけでは賄うことができず、臨時財政対策債を市町では前年度比55%と大幅に増発することにより、前年度並みの実質的な交付税を確保することとなっています。そのため、地方財政計画等に基づいた従来算定分は減額となるものの、昨年度取り入れられた地方再生対策費の1億500万円余りの加算に加え、本年度から新たに算定される地域雇用創出推進費で7,300万円の増額を見込みまして、対前年度比1億円減額となる27億5,000万円を計上いたしました。また、特別交付税では、これまでの決算額を考慮し、5,000万円増額の6億5,000万円を計上し、全体では34億円といたしております。


 10款交通安全対策特別交付金は、対前年度比40万円減額の560万円を計上しております。


 11款分担金及び負担金では、子育て支援策の柱として、保育園保育料を国の保育料徴収基準と比較して、年間で約1億1,525万円を軽減し、県下トップクラスを維持することなどにより、全体で対前年度比57万9,000円増額の1億9,928万7,000円を計上いたしております。


 12款使用料及び手数料では、定住促進住宅として取得、活用を予定しております雇用促進住宅下毛屋宿舎の使用料1,360万8,000円を新たに追加し、全体では対前年度比1,286万7,000円増額の8,106万円を計上いたしております。


 13款国庫支出金では、保育園運営費負担金や史跡等総合整備活用推進事業補助金を増額したほか、市営住宅新築、雇用促進住宅取得のため、地域住宅交付金2,151万円、成器西小学校管理棟及び渡り廊下の耐震補強にかかる小学校校舎整備事業補助金3,721万8,000円を新たに計上いたしております。一方、前年度整備を完了した除雪車更新のための建設機械整備補助金を皆減したほか、社会福祉費負担金の増額や、まちづくり交付金も1,200万円増額となったことから、全体では対前年度比4,045万3,00円増額の8億1,906万1,000円となっております。


 14款県支出金では、対前年度比4,360万9,000円増額の8億2,740万9,000円となっております。これは、里山エリア再生交付金及び道整備交付金(林道分)などで減額したものの、保育園運営費負担金の増額や、衆議院議員選挙費委託金1,596万円、緊急雇用創出のための緊急雇用創出臨時特例基金事業補助金1,403万6,000円、地域での雇用創出対策として、ふるさと雇用再生特別基金事業補助金1,627万8,000円を新たに計上したことによるものです。


 15款財産収入では、基金利子の減額などにより、対前年度比233万4,000円の減額、16款寄附金では、前年同様、ふるさとルネッサンス事業に対する寄附金を200万円計上いたしております。


 4ページに移りまして、17款繰入金では、5,165万3,000円の増額となっておりますが、その主な要因は、財政調整基金繰入金の増額によるものであります。


 18款繰越金では、過去の決算剰余金を考慮し、前年度比4,000万円増額の5,000万円を計上いたしております。


 19款諸収入では、前年度完了した恐竜ラッピングバス購入のための助成金2,310万円を皆減したほか、がん検診無料化により健診個人負担金を大幅に減額したため、対前年度比4,468万2,000円減額の7億2,262万6,000円といたしております。


 20款市債では、交付税措置のある市債を中心に借り入れることを基本とし、総額では8億7,610万円を計上しております。これは、対前年度比1億3,520万円の増額となったものでありますが、普通交付税の振替である臨時財政対策債について、財源不足補てんのための前年度比55%の増額発行となり、前年度比1億2,200万円増額となる3億9,200万円を計上することになりましたのが主な要因であります。


 その他の普通債におきましては、庁舎や学校施設の耐震補強工事、同報系防災行政無線整備事業、消防団の車両整備事業など、市民の安全と安心に関する事業やまちづくり交付金事業による市街地や勝山駅周辺の整備、市営住宅新築、雇用促進住宅取得、太陽光発電設備整備などの快適な生活環境整備に積極的に取り組むため、その財源として市債を有効活用することなどによるものであり、ほぼ前年度並みの4億8,410万円の借り入れとなっております。


 次に、5ページの歳出に移りまして御説明いたします。


 1款議会費におきましては、職員人件費の減額などで、対前年度比270万9,000円減額の1億5,238万円となっております。


 2款総務費では、庁舎維持管理費や恐竜ラッピングバス整備完了により、電車利用促進対策事業費が減額となっているものの、大野・勝山地区広域行政事務組合負担金がごみ処理施設組合債元利償還金、定期修繕などで1億4,234万9,000円の大幅な増額になったことに加え、市民の安全・安心のための施策に重点的に取り組むため、前年度から継続事業である市役所庁舎耐震補強工事と同報系防災行政無線整備工事を含む防災対策費に3億960万円計上したことなどにより、対前年度比2億521万2,000円増額の20億6,030万8,000円となっております。


 3款民生費では、高齢化の進展により、後期高齢者医療広域連合への医療費等にかかる負担金が3,092万6,000円増額の3億2,209万2,000円、75歳以上の市民から後期高齢者保険料を徴収するために、昨年度設置された後期高齢者医療特別会計の繰出金が1,577万6,000円増額の8,677万5,000円、さらには、在宅介護給付費などの伸びにあわせ、介護保険特別会計への繰出金も対前年度比1,021万5,000円増額の3億7,610万4,000円を計上いたしております。


 また、4月から南保育園の民営化がスタートし、私立保育園児童運営委託料は5,936万2,000円増額の6億4,823万2,000円となるものの、一方で、公立保育園は4園から3園となるため、公立保育園管理運営費は2,148万5,000円減額、保育園費職員人件費は5,308万4,000円減額となり、保育園全体では減額となっておりまして、歳入での保育料軽減とあわせ、行財政改革の遂行と子育て支援充実の両立を図ってまいります。


 児童の放課後対策として、児童センターの学校併設化を引き続き図るため、成器西小学校、村岡小学校を改修する放課後児童健全育成事業を1,447万1,000円増額いたし、款全体では対前年度比1,718万8,000円増額の30億4,150万7,000円を計上いたしております。


 4款衛生費では、対前年度比3,672万4,000円を減額しておりますが、主なものとしまして、過年度の精算のみとなった老人保健特別会計への繰出金が対前年度比775万4,000円の減額、市道7−191号線新設事業が750万円減額、前年度からスタートいたしました後期高齢者保健事業における健診受診率が伸び悩んだことから503万円の減額などとなっており、款全体では4億1,584万7,000円を計上いたしました。


 5款労働費では、前年度に勤労婦人センターの屋上防水工事が完了したため、777万8,000円を減額しておりますが、企業雇用調整により離職を余儀なくされた市民の生活安定のための緊急雇用創出事業費669万9,000円を新たに追加したため、全体では対前年度比56万1,000円増額の2億3,169万6,000円となっております。


 6款農林水産業費では、生産基盤整備をサポートするための、昨年度から東部及び南部第2地区での事業に着手しましたが、受益面積や事業内容の関係で、県営事業負担金は対前年度比2,530万2,000円増額の7,300万円となっております。農村と都市住民の交流による定住・就農への誘導を図る田舎暮らし体験事業116万4,000円を新たに追加したほか、森林組合給水施設整備助成に264万8,000円、森林の機能回復や美しい森林景観を再生するために500万円増額し、1,000万円を計上いたしました。一方、里山エリア再生交付金事業が完了により皆減、農地集積実践事業を対前年度比950万円減額の72万円、恐竜化石発掘現場までの林道整備が完了したため、林道県単事業、対前年度比1,430万円減額の600万円計上いたしました。全体では、対前年度比4,919万5,000円減の5億3,987万8,000円となっております。


 6ページにまいりまして、7款商工費につきましては、7月にオープンいたします、はたや記念館「ゆめおーれ勝山」の管理運営費1,650万5,000円及びそのオープンを機に恐竜博物館やスキージャムと連携し、中心市街地への観光客の呼び込みを図るための利活用推進事業費2,516万5,000円を新たに計上いたしました。さらには、市町振興プロジェクトやダイノソーバレー構想推進事業などで県との連携を強化し、平泉寺と恐竜を核とした様々な観光客誘客施策を展開する観光PR推進事業を、対前年度比737万1,000円増額し2,178万3,000円を計上いたしております。一方では、工業振興助成金で対前年度比4,688万7,000円を減額、温泉センターの基幹設備大規模改修事業を3月補正に前倒ししたため、全体では対前年度比2,400万2,000円減額の6億5,683万9,000円といたしました。


 8款土木費では、新市営住宅建設を基幹事業とする地域住宅交付金事業4,989万1,000円を新たに計上、また、安定的な除雪体制維持のため除雪機械維持経費を担保する除雪委託料(固定費分)を新たに3,000万円追加いたします。定住化促進事業補助金やまちづくり交付金事業など、住民の定住環境を充実させる事業費は、事業対象の変更により減額となっており、さらには、下水道特別会計への繰出金が、下水道事業債の償還金の減少などと連動いたしまして、対前年度比7,014万3,000円減額となったことなどで、全体では対前年度比2億821万9,000円減額の12億7,956万円となっております。


 9款消防費では、対前年度比611万4,00円減額の2億9,335万4,000円となります。消防団の機動力を確保するため、小型動力ポンプ積載車2台及び車庫の更新経費について、昨年から予算化しておりますが、今年度においても1,763万8,000円を計上いたしております。新たな取り組みとして、消防吏員の火災現場での安全性確保や機動性向上のため、防火服の更新経費134万7,000円を追加いたしております。


 10款教育費では、児童・生徒の安全の確保と教育環境の充実を図るため、小学校校舎及び中学校校舎、屋体の施設耐震化経費に、総額8,447万6,000円を計上いたしております。また、霊峰白山と山麓の文化的景観の世界遺産登録を目指すための世界遺産登録推進事業では、対前年度比914万6,000円増額の1,274万6,000円を計上したほか、白山平泉寺旧境内総合整備事業では、対前年度比3,419万円増額の7,506万円を計上いたしました。新たな取り組みとして、県指定文化財木下家住宅の国指定文化財に向けた取り組み強化を図るため、敷地等の購入費3,754万5,000円を計上しております。教育費全体では、対前年度比7,819万円増額の11億9,550万7,000円となっております。


 次に、12款公債費では、償還元金では、臨時財政対策債などの償還で増額となっていますが、償還利子については、前年度に引き続き減額となったため、全体では対前年度比918万8,000円減額の12億1,512万4,000円といたしております。


 13款諸支出金では、前年度と同額の5,000万円を、14款予備費におきましても、前年度と同額の400万円を計上いたしております。


 7ページに移りまして、「第2表 債務負担行為」では、第5次勝山市総合計画・都市計画マスタープラン策定業務を、平成22年度まで、限度額955万5,000円とすることを定めるものであります。また、景観計画策定業務を、平成22年度まで、限度額500万円とすることを定めるものであります。


 8ページに移りまして、「第3表 地方債」では、本年度実施する各事業で起債の同意が予定されているものについて、その限度額、起債の方法等について定めるものでありますが、本年度の起債限度額は、防災対策事業など8億7,610万円となり、起債の方法、償還の方法については記載のとおりであり、利率は、前年度同様5%以内といたしております。


 以上、平成21年度勝山市一般会計予算につきまして御説明いたしました。


○議長(笠松捷多朗君) 石田教育部長。


 (教育部長 石田忠夫君 登壇)


○教育部長(石田忠夫君) 上程されました議案第5号、平成21年度勝山市育英資金特別会計予算につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額でございますが、歳入歳出それぞれ3,545万7,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、2ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款財産収入72万1,000円は、多田育英基金の配当金収入でございます。


 3款繰越金1,000円は、前年度決算剰余金でございます。


 4款諸収入3,473万5,000円は、育英資金貸付金償還金でございます。


 次に、歳出の説明を申し上げます。


 1款育英事業費3,545万7,000円は、育英資金貸付金及び育英基金積立金でございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 酒井市民・環境部長。


 (市民・環境部長 酒井重光君 登壇)


○市民・環境部長(酒井重光君) 上程されました議案第6号、議案第7号及び議案第8号の3件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第6号、平成21年度勝山市国民健康保険特別会計予算でございますが、第1条により、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ25億8,367万9,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款国民健康保険税4億1,861万9,000円は、前年度に比べ1,181万4,000円の減額で計上いたしております。


 2款使用料及び手数料8万円は、税の督促手数料でございます。


 3款国庫支出金5億5,882万4,000円は、療養給付費等負担金及び財政調整交付金等でございますが、前年度に比べ5,002万4,000円の増額で計上いたしております。


 4款療養給付費等交付金2億1,791万5,000円は、支払基金からの交付金ですが、前年度に比べ5,097万4,000円の増額で計上いたしております。


 5款前期高齢者交付金、6億8,952万7,000円は、支払基金からの交付金ですが、前年度に比べ6,746万5,000円の増額で計上いたしております。


 6款県支出金1億546万4,000円は、財政調整交付金等ですが、前年度に比べ781万3,000円の増額で計上いたしております。


 7款共同事業交付金2億2,927万2,000円は、保険財政共同安定化事業交付金等ですが、前年度に比べ3,120万6,000円の減額で計上いたしております。


 8款財産収入71万7,000円は、基金利子でございます。


 9款繰入金3億4,333万6,000円は、一般会計及び基金からの繰入金ですが、前年度に比べ1億6,340万1,000円の増額で計上いたしております。


 10款繰越金は、2,000円を計上いたしました。


 11款諸収入1,992万3,000円は、延滞金、第三者納付金及び不正請求にかかる返納金等でございます。


 続きまして、4ページでございますが、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費5,193万2,000円は、職員人件費、一般管理諸経費、賦課徴収諸経費及び趣旨普及費等を計上いたしております。


 2款保険給付費18億5,766万5,000円は、療養諸費、高額療養費、出産育児諸費及び葬祭諸費などでございますが、前年度に比べ3億3,189万2,000円の増額で計上いたしております。


 3款後期高齢者支援金等2億6,432万9,000円は、支払基金に拠出するものでございますが、前年度に比べ1,900万5,000円の増額で計上いたしております。


 4款前期高齢者納付金等は、前期高齢者の偏在による負担の不均衡を調整する費用として、35万2,000円を計上いたしております。


 6款介護納付金9,863万3,000円は、介護保険第2号被保険者の負担金として支払基金へ納付するものでございます。


 7款共同事業拠出金2億6,215万4,000円は、高額医療及び保険財政共同安定化事業の費用として国保連合会へ拠出するものでございます。


 8款保健事業費3,398万9,000円は、特定健康診査等事業及び医療費通知事業、保健衛生普及費等の費用を計上いたしております。


 9款基金積立金は、基金利子の積立金としまして71万7,000円を計上いたしております。


 10款諸支出金390万8,000円は、保険税過年度還付金及び高額療養費貸付金等でございます。


 11款予備費は、前年度と同額の1,000万円を計上いたしております。


 次に、議案第7号、平成21年度勝山市老人保健特別会計予算でございますが、老人保健制度が後期高齢者医療制度へ移行したことにより、過誤調整分となりましたので、大幅な減額といたしております。


 第1条により、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ1,657万4,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明を申し上げます。


 1款支払基金交付金719万3,000円は、医療費及び審査手数料にかかる交付金で、前年度に比べ4,854万3,000円の減額で計上いたしております。


 2款国庫支出金477万4,00円は、医療費負担金ですが、前年度に比べ2,662万7,000円の減額といたしております。


 3款県支出金119万3,000円は、医療費負担金として計上いたしております。


 4款繰入金141万円は、医療費の市負担金及び事務費として、一般会計からの繰り入れによるものでございます。


 5款繰越金は、1,000円を計上いたしました。


 6款諸収入200万3,000円は、第三者納付金及び不正請求にかかる返還金等でございます。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費11万6,000円は、一般管理諸経費を計上いたしております。


 2款医療諸費1,635万8,000円は、前年度に比べ3億883万8,000円の減額で計上いたしております。


 4款予備費は、10万円を計上いたしました。


 次に、議案第8号、平成21年度勝山市後期高齢者医療特別会計予算でございますが、本特別会計は、高齢者の医療の確保に関する法律第49条の定めにより平成20年度より設置をいたしたもので、後期高齢者医療に関し、市の事務にかかる収入及び支出について予算を計上いたすものでございます。


 第1条により、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ3億1,933万2,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款後期高齢者医療保険料2億3,004万6,000円は、医療費総額の1割を基本として徴収額を見込んでおります。


 2款使用料及び手数料は、督促手数料として1,000円を計上いたしました。


 4款繰入金8,677万5,000円は、職員人件費及び事務費並びに保険基盤安定のための一般会計からの繰り入れによるものでございます。


 5款繰越金は、1,000円を計上いたしました。


 6款諸収入は、250万9,000円を計上いたしましたが、延滞金及び還付金等でございます。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費2,071万7,000円は、職員人件費、一般管理諸経費及び賦課徴収諸経費でございます。


 2款後期高齢者医療広域連合納付金2億9,581万5,000円は、療養の給付見込み総額のうち、賦課総額として見込む額と保険基盤安定負担金を広域連合に納付するものでございます。


 3款諸支出金250万円は、保険料の過年度還付金等でございます。


 4款予備費は、30万円を計上いたしました。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 石蔵健康長寿課長。


 (健康長寿課長 石蔵ふじ江君 登壇)


○健康長寿課長(石蔵ふじ江君) 上程されました議案第9号、平成21年度勝山市介護保険特別会計予算について、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ、保険事業勘定は25億1,766万6,000円、介護サービス事業勘定は1,117万8,000円とするものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。


 最初に、保険事業勘定につきまして、「第1表 歳入歳出予算 保険事業勘定」により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款保険料4億1,540万4,000円は、65歳以上の第1号被保険者の保険料でございます。


 3款使用料及び手数料3万4,000円は、保険料の督促手数料でございます。


 4款国庫支出金5億8,720万2,000円は、介護給付費の国庫負担金4億867万7,000円と、調整交付金等の国庫補助金1億7,852万5,000円でございます。


 5款支払基金交付金7億2,160万円は、40歳以上65歳未満の第2号被保険者保険料の介護給付費交付金7億1,212万4,000円が主なものでございます。


 6款県支出金3億7,649万円は、介護給 付費の県負担金3億6,279万4,000円と、地域支援事業交付金など県補助金1,369万6,000円でございます。


 8款財産収入85万円は、介護給付費準備基金の利子でございます。


 10款繰入金4億1,597万9,000円は、一般会計からの介護給付費繰入金等3億7,610万4,000円と、基金繰入金3,340万7,000円及び介護サービス事業勘定繰入金646万8,000円でございます。


 11款繰越金1,000円は、前年度からの決算剰余金でございます。


 13款諸収入10万6,000円は、雇用保険料個人負担金の雑入などでございます。


 次に、4ページの歳出でございますが、1款総務費6,270万7,000円は、職員人件費等の総務管理費3,787万円及び介護認定審査会費2,065万円、その他、徴収費などでございます。


 2款保険給付費23億7,374万8,000円は、居宅及び施設の介護サービス等諸費21億1,970万円及び介護予防サービス等諸費1億6,167万8,000円、その他、特定入所者介護サービス等費などでございます。


 4款地域支援事業費7,886万1,000円は、地域包括支援センターの職員人件費などの地域支援事業管理費4,094万3,000円及び介護予防事業費1,467万8,000円並びに包括的支援事業・任意事業費2,324万円でございます。


 5款基金積立金85万円は、勝山市介護給付費準備基金への積立金でございます。


 7款では、予備費として50万円を計上させていただきました。


 5ページを御覧ください。


 8款諸支出金100万円は、死亡や転居などによります第1号被保険者保険料還付金でございます。


 38ページを御覧ください。


 次に、介護サービス事業勘定につきましては、「第1表 歳入歳出予算 介護サービス事業勘定」により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款サービス収入1,117万8,000円は、介護予防サービス計画の作成料でございます。


 次に、歳出でございますが、1款事業費471万円は、介護予防サービス計画作成のための委託料でございます。


 2款諸支出金646万8,000円は、保険事業勘定への繰出金でございます。


 以上、議案第9号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 柳原上下水道課長。


 (上下水道課長 柳原寛治君 登壇)


○上下水道課長(柳原寛治君) 上程されました議案第10号、11号、12号及び13号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第10号、平成21年度勝山市下水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ12億3,242万5,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条債務負担行為につきましては「第2表 債務負担行為」で、第3条地方債につきましては「第3表 地方債」で説明申し上げます。


 第4条一時借入金は、借り入れの最高額を12億円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金1,407万円は、受益者負担金でございます。


 2款使用料及び手数料3億3,401万6,000円の主なものは、下水道使用料金。


 3款国庫支出金1億5,234万円の主なものは、汚水処理施設整備交付金と浄化センター改築に対する国庫補助金でございます。


 4款県支出金243万円は、浄化センター改築に対する県補助金。


 6款繰入金4億9,831万2,000円は、一般会計繰入金でございます。


 8款諸収入15万7,000円の主なものは、公共汚水桝設置の実費徴収金。


 9款市債2億3,110万円は、公共下水道事業債でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款下水道事業費5億2,232万円の主な内容といたしましては、下水道総務費、下水道管渠布設事業費と処理施設改築事業費等の下水道建設費及び浄化センター費でございます。


 2款公債費7億960万5,000円は、市債償還元金と利子でございます。


 3款予備費として、50万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして、4ページをお開きください。「第2表 債務負担行為」について説明申し上げます。


 勝山浄化センターの処理施設改築事業で、期間は平成24年度まで、限度額は7億510万円でございます。


 次に、「第3表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は下水道建設事業にかかるもので、限度額は2億3,110万円、利率は5%以内でございます。その他、起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第10号について説明申し上げました。


 次に、議案第11号、平成21年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億2,369万3,000円と定めるものでございます。内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては、「第2表 地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金は、借り入れの最高額を3億円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金3,316万7,000円は、農業集落排水事業に対する分担金。


 2款使用料及び手数料1,701万2,000円の主なものは、排水処理施設使用料でございます。


 3款県支出金2,000万円は、伊知地坂東島地区に対する県補助金。


 4款繰入金6,691万3,000円は、一般会計繰入金でございます。


 5款諸収入520万1,000円は、消費税還付金。


 6款市債8,040万円は、伊知地坂東島地区の下水道事業債でございます。


 8款国庫支出金1億100万円は、伊知地坂東島地区の汚水処理施設整備交付金でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款農業集落排水事業費2億5,617万1,000円の主な内容といたしましては、農業集落排水総務費と伊知地坂東島地区の建設費及び各地区の管理運営費でございます。


 2款公債費6,732万2,000円は、市債償還元金と利子でございます。


 4款予備費として、20万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、農業集落排水事業にかかるもので、限度額は8,040万円、利率は5%以内でございます。その他、起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第11号について説明申し上げました。


 次に、議案第12号、平成21年度勝山市簡易水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億6,958万2,000円と定めるものでございます。内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては、「第2表 地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金は、借り入れの最高額を5,000万円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金502万7,000円は、地元負担金。


 2款使用料及び手数料1,082万5,000円は、簡易水道使用料でございます。


 3款国庫支出金467万2,000円は、平泉寺地区簡易水道統合整備に対する国庫補助金。


 4款財産収入3万4,000円は、簡易水道基金の利子でございます。


 5款繰入金1,312万6,000円は、一般会計繰入金と木根橋地区簡易水道基金の取り崩しでございます。


 7款諸収入6,699万8,000円は、県の地すべり防止工事による木根橋地区簡易水道への補償費。


 8款市債6,890万円は、簡易水道事業債でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款簡易水道事業費1億5,344万8,000円の主な内容といたしましては、簡易水道管理費と、木根橋地区簡易水道改良事業及び平泉寺地区簡易水道統合整備事業の簡易水道改良費でございます。


 2款公債費1,593万4,000円は、市債償還元金と利子でございます。


 3款予備費として、20万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして、4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、簡易水道統合整備事業にかかるもので、限度額は6,890万円、利率は5%以内でございます。その他、起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第12号について説明申し上げました。


 次に、議案第13号、平成21年度勝山市水道事業会計予算について説明を申し上げます。


 第2条業務の予定量でございますが、給水戸数を7,300戸、年間総給水量を340万立方メートル、1日平均給水量を9,200立方メートル、主要な建設改良事業は、第7次拡張計画事業で、事業費は2,833万3,000円といたすものでございます。


 第3条収益的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第1款水道事業収益は3億4,177万3,000円で、その内訳としまして、第1項営業収益3億3,389万4,000円の主なものは、水道料金でございます。


 第2項営業外収益787万9,000円の主なものは、預金利息と一般会計負担金でございます。


 次に、支出の第1款水道事業費用は3億8,290万8,000円で、その内訳としまして、第1項営業費用3億81万7,000円の主なものは、水道施設の維持管理費と固定資産減価償却費。


 第2項営業外費用8,109万円の主なものは、企業債利息と消費税でございます。


 第3項予備費として、100万円計上させていただきました。


 第4項特別損失1,000円は、過年度損益修正損でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。第4条資本的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第2款資本的収入は4,165万円で、その内訳としまして、第1項負担金477万8,000円は、新規加入負担金でございます。


 第4項繰入金1,687万2,000円は、一般会計繰入金。


 第5項企業債2,000万円は、水道事業債でございます。


 次に、支出の第2款資本的支出は2億4,412万2,000円で、その内訳としまして、第1項建設改良費9,097万8,000円の主なものは、第7次拡張計画事業と水道施設の改良工事でございます。


 第2項企業債償還金1億5,034万4,000円は、水道事業債の元金償還金。


 第3項開発費280万円は、水道台帳作成費でございます。


 この結果、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億247万2,000円は、過年度分損益勘定留保資金8,562万8,000円と当年度分損益勘定留保資金1億1,684万4,000円で補てんするものでございます。


 次に、第5条債務負担行為について説明申し上げます。


 水道台帳作成にかかるもので、期間は平成25年度までであり、限度額は1,120万円でございます。


 次に、3ページの、第6条企業債について説明申し上げます。


 起債の目的は、第7次拡張計画事業にかかるもので、限度額は2,000万円、利率は5%以内でございます。その他、起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 第7条一時借入金は、限度額を1億5,000万円に、第8条予定支出の各項の経費の金額の流用は、同一款内における経費の各項間の流用とするものでございます。


 第9条議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、職員給与費の3,563万3,000円でございます。


 第10条たな卸資産購入限度額は、800万円といたすものでございます。


 以上、議案第10号、11号、12号及び13号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 辻農林政策課長。


 (農林政策課長 辻 尊志君 登壇)


○農林政策課長(辻 尊志君) 上程されました議案第14号、平成21年度勝山市市有林造成事業特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ8,556万4,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金22万4,000円は、水呑谷林道修繕に伴う県負担金でございます。


 2款県支出金1,700万3,000円は、農業用水関連特定森林整備事業による市有林の施業に対する県補助金でございます。


 3款財産収入4,018万7,000円は、市有林貸付地代と国道416号線道路改良工事にかかる市有地売却による収入が主なものでございます。


 4款繰入金1,249万1,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款繰越金1,000円は、前年度決算剰余金の見込みでございます。


 6款諸収入1,565万8,000円は、公共工事に伴う立木伐採補償金でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款市有林造成費8,144万6,000円は、職員人件費と市有林除間伐等の森林整備並びに基金積立金が主なものでございます。


 2款公債費391万8,000円は、造林債の元利償還金でございます。


 3款予備費として、20万円を計上いたしております。


 以上、議案第14号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 松村総務部長。


 (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) 次に、議案第15号、平成20年度勝山市一般会計補正予算(第5号)につきまして、その提案理由を説明いたします。


 今回の補正予算は、例年の3月補正における各事業や補助金の精算及び事業費の組み替え等による補正に加えまして、国の補正予算に伴う経済対策として、新年度当初予算で計上すべき公共事業等の一部を前倒しする、いわゆる13か月予算となる当初予算と一体的な予算となっております。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ7,717万3,000円を追加し、116億3,614万円とするものでございます。


 第2条継続費の補正、第3条繰越明許費、第4条地方債の補正につきましては、後ほど、それぞれのところで御説明いたします。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」について御説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、2款地方譲与税では、地方道路譲与税について、前年度までの収入実績から本年度決算見込み額を算定し、500万円減額の4,500万円といたしました。


 3款利子割交付金では、県の利子割収入の落ち込みにより1,100万円減額いたしました。


 6款地方消費税交付金では、消費低迷の影響により3,700万円を減額し、2億300万円といたしました。


 7款自動車取得税交付金では、自動車販売の落ち込みにより600万円を減額し、8,900万円といたしました。


 11款分担金及び負担金では、272万6,000円を減額するものですが、保育園保育料、農地等災害復旧事業の地元負担金の減額によるものでございます。


 12款使用料及び手数料では、東山いこいの森や幼稚園保育料などの減により69万3,000円を減額いたすものです。


 13款国庫支出金では、障害者給付費、私立保育園及び児童手当にかかる負担金及び補助金や生活保護扶助費負担金を、歳出の執行見込みにあわせて減額いたしました。一方、新たに追加されたものとしては、鹿谷小学校体育館耐震補強工事に伴う小学校屋体整備事業補助金2,658万6,000円、国の一次補正による地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金1,460万2,000円、国の二次補正による地域活性化・生活対策臨時交付金1億4,299万2,000円などがございます。款全体では1億2,207万4,000円の増額となっております。


 14款県支出金では、23万3,000円の増額補正となっておりますが、温泉センター及びロードパーキングのトイレ改修にかかる観光施設整備事業補助金426万6,000円を新たに追加した以外につきましては、それぞれ事業費の精算によるものでございます。


 15款財産収入では、金利上昇の影響等から財政調整基金利子などの増により495万8,000円、除雪車両の売却益として230万円、あわせて725万8,000円を増額いたしております。


 2ページに移りまして、16款寄附金では、社会福祉費寄附金ということで20万円を計上いたしておりますが、寄附者御本人の御意向により、福祉基金積立に充当させていただいております。また、ふるさと納税制度等による企画費寄附金を300万円増額いたしておりますが、これにつきましては、ふるさとルネッサンス基金積立に充当させていただいております。


 19款諸収入では、広域保育園入所受託事業収入を1,384万2,000円、生活保護費返還金131万円、それぞれ増額いたしておりますが、後期高齢者健康診査事業健診補助金については、607万4,000円減額するなどで、款全体として952万7,000円の増額となっております。


 20款市債では、総務債で、市民会館耐震補強工事にかかる防災対策事業債を3,630万円増額いたしております。その他につきましては、それぞれ事業の確定による変更を行い、全体で270万円を減額いたしております。


 次に、3ページに移りまして、歳出でありますが、1款議会費では、議員活動費の減額により、128万7,000円を減額補正しております。


 2款総務費では、各種事業費を精算の上、補正計上したほか、国の二次補正に伴う前倒し予算として、庁舎の空調設備整備及び外壁補修に3,705万4,000円、市民会館玄関部の耐震補強工事に3,635万円を計上いたしております。財政調整基金では、今回の補正全体の余剰一般財源を積み立て、7,256万円を増額、款全体では1億1,611万7,000円の増額補正となっております。


 3款民生費では、9,831万7,000円の減額補正をいたしております。これは、国の二次補正に伴う前倒し予算として、鹿谷児童センターの非常階段設置に240万円を計上したほか、老人福祉施設整備事業補助金250万円を新たに追加、後期高齢者医療特別会計への繰出金を219万8,000円増額いたしましたが、その他では、障害者福祉費全体で1,703万6,000円、生活保護扶助費で4,384万4,000円を執行見込みにあわせて減額したことや、各事業を精算したことによるものであります。


 4款衛生費では、老人保健特別会計への繰出金を1,753万1,000円増額したものの、各事業を精算することにより、全体では570万2,000円の減額補正となっております。


 5款労働費では、事業の精算により60万1,000円の減額補正といたしました。


 6款農林水産業費では、各種事業費を精算の上、補正計上したほか、県単土地改良事業費を810万円、前倒しとして増額するとともに、水田利用合理化事業補助金を219万円2,000円増額し、全体では1,089万4,000円の増額補正といたしました。


 7款商工費では、国の二次補正に伴う前倒しとして、温泉センター改修工事に4,428万3,000円を増額、また、ロードパーキングのトイレ改修費に250万円及び中小企業振興対策資金の代位弁済発生による福井信用保証協会への損失補償金124万9,000円を新たに追加したことで、全体では4,691万8,000円の増額補正といたしております。


 4ページに移りまして、8款土木費では、2,337万円を減額補正いたしました。その主なものは、下水道事業特別会計の補正に伴う繰出金1,652万7,000円の減額、県の国県道改良事業に伴う負担金が事業費の確定により1,140万7,000円減額などでございます。また、市民から要望の多い市道改良につきましては、1,000万円前倒しで追加いたして、早期発注に努めます。


 9款消防費では、事業の精算により549万8,000円の減額補正といたしました。


 10款教育費につきましては、4,677万1,000円の増額となっておりますが、各種事業費を精算の上、補正計上したほか、国の一次補正に伴う前倒しとして、鹿谷小学校体育館の耐震補強に3,575万7,000円、国の二次補正に伴う前倒しとして、村岡公民館駐車場、遅羽公民館トイレ、鹿谷公民館下水道の各種整備工事に1,019万8,000円を増額補正いたしております。


 11款災害復旧事業費では、35万1,000円の減額補正となっておりますが、事業の精算によるものでございます。


 12款公債費では、償還利子が847万9,000円の減額となり、全体では840万1,000円の減額補正となっております。


 5ページに移りまして、「第2表 継続費補正」につきましては、同報系防災行政無線整備工事にかかる防災対策費の継続費について、総額を5,210万円減額し1億5,280万円に、また、平成21年度の年割額を5,210万円減額し1億円に補正をいたすものでございます。


 「第3表 繰越明許費」につきましては、歳出予算のうち、国の補正予算に伴う前倒し予算を計上したものをすべて含めまして、年度内に支出が終わらない見込みのもの、15件を計上させていただきました。


 続きまして、6ページの「第4表 地方債補正」について御説明申し上げます。


 今回の補正につきましては、小学校整備事業について、鹿谷小学校体育館耐震補強工事にあてる予定でしたが、国の一次補正における地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金をあてることとなったため、全額を減額いたしております。その他の市債につきましては、事業費の確定などによりまして、起債額を限度額のとおり変更するものでございます。その他、起債の方法、利率、償還の方法については、変更がございません。


 以上、平成20年度一般会計補正予算(第5号)につきまして御説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 石田教育部長。


 (教育部長 石田忠夫君 登壇)


○教育部長(石田忠夫君) 上程されました議案第16号、平成20年度勝山市育英資金特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条により、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ4,178万9,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款財産収入46万1,000円の減額は、多田育英基金の配当金収入見込みによるものでございます。


 3款繰越金360万8,000円の増額は、前年度決算剰余金でございます。


 4款諸収入金309万4,000円の減額は、育英資金貸付金償還金の見込みによるものでございます。


 次に、歳出の説明を申し上げます。


 1款育英事業費5万3,000円の増額は、育英資金貸付金の減額と、育英基金積立金の増額補正によるものでございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 酒井市民・環境部長。


 (市民・環境部長 酒井重光君 登壇)


○市民・環境部長(酒井重光君) 上程されました議案第17号、第18号及び第19号の3件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第17号、平成20年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は、決算見込み等による所要の補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条により、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億9,411万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ26億5,240万1,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 3款国庫支出金、5,170万円の増額は、療養給付費負担金及び財政調整交付金等の見込みによるものでございます。


 4款療養給付費等交付金、3,200万円の増額は、財政調整交付金の見込みによるものでございます。


 6款県支出金、226万7,000円の減額は、退職被保険者にかかる交付金の見込みによるものでございます。


 7款共同事業交付金、1,106万3,000円の減額は、高額療養費共同事業交付金及び保険財政共同安定化事業交付金の見込みによるものでございます。


 8款財産収入、39万3,000円の増額は、基金利子でございます。


 9款繰入金、6,230万1,000円の増額は、基金繰入金の増が主なものでございます。


 10款繰越金、7,299万8,000円の増額は、その他繰越金の増が主なものでございます。


 11款諸収入、1,194万6,000円の減額は、第三者納付金と被保険者加算金の減が主なものでございます。


 続きまして、2ページでございますが、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費、14万円の増額は、事務費及び国保連合会負担金、賦課徴収諸経費の見込みによるものでございます。


 2款保険給付費、2億162万9,000円の増額は、療養給付費負担金等の見込みによるものでございます。


 3款後期高齢者支援金等、5款老人保健拠出金及び6款介護納付金は、財源の組み替えでございます。


 8款保健事業費、804万6,000円の減額は、特定健診事業等の見込みによるものでございます。


 9款基金積立金、39万3,000円の増額は、基金利子の積み立てでございます。


 次に、議案第18号、平成20年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は、決算見込み等による所要の補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条により、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ459万7,000円を減額し、歳入歳出それぞれ3億5,864万8,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款支払基金交付金、1億883万3,000円の増額は、医療費交付金の見込みによるものでございます。


 2款国庫支出金、7,011万6,000円及び3款県支出金、1,752万9,000円の増額は、老人医療費における国、県の負担金見込みによるものでございます。


 4款繰入金、1,753万1,000円の増額は、医療費負担金として一般会計からの繰り入れ増によるものでございます。


 6款諸収入、2億1,860万6,000円の減額は、加算金と不正請求にかかる返納金の減額によるものが主なものでございます。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 2款医療諸費、459万7,000円の減額は、医療給付費等の見込みによるものでございます。


 次に、議案第19号、平成20年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は、決算見込み等による所要の補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条により、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ5,125万4,000円を減額し、歳入歳出それぞれ3億355万円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款後期高齢者医療保険料、5,588万2,000円の減額は、収納見込みによるものでございます。


 3款繰入金、219万8,000円の増額は、一般会計からの繰り入れ増によるものでございます。


 5款諸収入、7万8,000円の増額は、広域連合特別対策事業補助金の増によるものでございます。


 6款国庫支出金、235万2,000円の増額は、円滑運営事業補助金の増によるものでございます。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費、260万8,000円の増額は、主に制度改正に伴うシステム改良費用の増によるものでございます。


 2款後期高齢者医療広域連合納付金、5,386万2,000円の減額は、保険料と保険基盤安定負担金の見込みによるものでございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 休憩いたします。


────────────────────


午前11時50分 休憩


午後 1時03分 再開


────────────────────


○議長(笠松捷多朗君) 再開いたします。


 午前に引き続き、提案理由の説明を求めます。


○議長(笠松捷多朗君) 石蔵健康長寿課長。


 (健康長寿課長 石蔵ふじ江君 登壇)


○健康長寿課長(石蔵ふじ江君) 上程されました議案第20号、平成20年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、保険給付費の減額等により所要の補正をするものでございます。


 第1条保険事業勘定におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ3,209万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億2,561万7,000円とするものでございます。また、介護サービス事業勘定におきましては、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ15万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,118万円とするものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。


 最初に保険事業勘定についてですが、「第1表 歳入歳出予算補正 保険事業勘定」により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、4款国庫支出金625万7,000円の増額は、歳出の保険給付費の減額に伴う国庫負担金の減額及び調整交付金等の減額、介護従事者処遇改善臨時特例交付金の追加、その他によるものでございます。


 5款支払基金交付金1,598万8,000円の減額は、歳出の保険給付費及び地域支援事業の減額によるものでございます。


 6款県支出金808万1,000円の減額は、歳出の保険給付費の減額による県負担金の減額及び歳出の地域支援事業の減額による県補助金の減額によるものでございます。


 10款繰入金1,428万1,000円の減額は、歳出の保険給付費及び地域支援事業費の減額に伴う一般会計繰入金の減額などによるものでございます。


 2ページを御覧ください。


 次に、歳出でございますが、1款総務費48万5,000円の減額は、介護認定調査会費の減額によるものでございます。


 2款保険給付費4,238万4,000円の減額は、介護サービス等諸費と特定入所者介護サービス等費の減額及び介護予防サービス等諸費等の増額によるものでございます。


 4款地域支援事業費828万円の減額は、介護予防事業費の減額及び包括的支援事業・任意事業費の増額によるものでございます。


 5款基金積立金1,905万6,000円の増額は、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金の追加でございます。


 14ページを御覧ください。


 次に、介護サービス事業勘定についてですが、「第1表 歳入歳出予算補正 介護サービス事業勘定」により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款サービス収入15万6,000円の増額は、介護予防計画作成の見込み数の増加によるものでございます。


 次に、歳出でございますが、1款事業費37万5,000円の減額は、介護予防計画作成委託の見込み数の減少によるものでございます。


 2款諸支出金53万1,000円の増額は、保険事業勘定への繰出金の増額でございます。


 以上、議案第20号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 柳原上下水道課長。


 (上下水道課長 柳原寛治君 登壇)


○上下水道課長(柳原寛治君) 上程されました議案第21号、22号、23号及び24号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第21号、平成20年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、処理施設改築事業費における発生物件の売却収入相当額を増額補正のほか、事業費の精算見込みによる所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1,384万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ12億8,490万2,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費につきましては、「第2表 繰越明許費」で説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金121万円の増額は、受益者負担金でございます。


 5款繰入金1,652万7,000円の減額は、一般会計繰入金。


 9款財産収入147万円の増額は、浄化センター改築工事に伴い発生した有価物の売却収入でございます。


 次に、歳出の1款下水道事業費332万6,000円の増額の主なものは、消費税の予定納税です。


 2款公債費1,717万3,000円の減額は、市債償還元金及び利子の減額でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明申し上げます。


 1款下水道事業費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことのできない下水管渠布設の交付金事業と起債事業をあわせた3,770万8,000円を繰り越しするものでございます。


 以上、議案第21号について説明申し上げました。


 次に、議案第22号、平成20年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費の精算見込みによる所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,840万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億813万2,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費につきましては、「第2表 繰越明許費」で、第3条地方債の補正につきましては、「第3表 地方債補正」で説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 4款繰入金50万8,000円の減額は、一般会計繰入金。


 6款市債1,790万円の減額は、勝山東部地区下水道事業債でございます。


 次に、歳出の1款農業集落排水事業費1,773万6,000円減額の主なものは、勝山東部地区の事業費でございます。


 2款公債費67万2,000円の減額は、市債償還利子でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明申し上げます。


 1款農業集落排水事業費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことのできない伊知地坂東島地区の交付金事業と起債事業をあわせた6,919万1,000円を繰り越しするものでございます。


 次に、「第3表 地方債補正」について説明を申し上げます。


 事業費の精算により、借入限度額を1億150万円とするものでございます。また、補正後の項の利率において、公営企業金融公庫を地方公営企業等金融機構と変更いたしております。その他、起債の方法、償還の方法につきましては、変更ございません。


 以上、議案第22号について説明申し上げました。


 次に、議案第23号、平成20年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費の精算見込みについて補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ593万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8,655万3,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費につきましては、「第2表 繰越明許費」で、第3条地方債の補正につきましては、「第3表 地方債補正」で説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金201万5,000円の減額は、地元負担金。


 2款使用料及び手数料12万2,000円の減額は、使用料でございます。


 3款国庫支出金77万7,000円の減額は、平泉寺地区簡易水道統合整備事業費の減額による国庫補助金です。


 7款諸収入71万9,000円の減額は、木根橋地区簡易水道の補償費でございます。


 8款市債230万円の減額は、平泉寺地区簡易水道統合整備事業費の減額によるものでございます。


 次に、歳出の1款簡易水道事業費593万3,000円の減額は、管理運営費と木根橋地区簡易水道改良事業費の減額でございます。


 2款公債費は、市債償還元金及び利子の財源内訳の補正でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明申し上げます。


 1款簡易水道事業費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことのできない平泉寺地区簡易水道統合整備事業の1,654万3,000円を繰り越しするものでございます。


 次に、「第3表 地方債補正」でございますが、限度額を1,730万円とするものでございます。また、補正後の項の利率において、公営企業金融公庫を地方公営企業等金融機構に変更いたしております。その他、起債の方法、償還の方法につきましては、変更ございません。


 以上、議案第23号について説明申し上げました。


 次に、議案第24号、平成20年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費の精算見込みによる所要の補正をするものでございます。


 第2条業務の予定量の補正でございますが、予算第2条に定めた業務の予定量240万9,000円の減額は、事業費の精算見込みによるものでございます。


 第3条収益的収入及び支出の補正でございますが、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第1款水道事業収益は、2,377万7,000円の減額でございます。その内訳は、第1項営業収益2,354万5,000円の減額は、料金でございます。


 第2項営業外収益23万2,000円の減額は、一般会計負担金でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。


 支出の第1款水道事業費用は、323万円の減額でございます。


 その内訳は、第1項営業費用で257万4,000円の減額は、水道施設維持管理費の精算見込みによるものでございます。


 第2項営業外費用146万4,000円の減額は、企業債支払利息。


 第4項特別損失80万8,000円の増額は、過年度損益修正損でございます。


 次に、第4条資本的収入及び支出の補正でございますが、予算第4条に定めた資本的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第2款資本的収入は、141万5,000円の減額でございます。その内訳は、第2項国庫補助金で32万円の減額は、浄土寺川ダム建設負担金でございます。


 第4項繰入金5,000円の増額は、浄土寺川ダム建設負担金の県単独事業分の増額による一般会計繰入金でございます。


 第5項企業債110万円の減額は、第7次拡張計画事業費の減額によるものでございます。


 続きまして、支出の第2款資本的支出は、335万7,000円の減額でございます。


 その内訳は、第1項建設改良費で335万7,000円の減額は、浄土寺川ダム建設負担金等の事業費の精算による減額でございます。


 この結果、予算第4条本文括弧書きを、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額8,719万9,000円は、過年度分損益勘定留保資金で1,614万7,000円を、当年度分損益勘定留保資金で7,105万2,000円を補てんするものに改めるものでございます。


 次に、3ページの第5条企業債の補正でございますが、予算第5条に定めた第7次拡張計画事業において、限度額を2,320万円とするものでございます。また、補正後の項の利率において、公営企業金融公庫を地方公営企業等金融機構に変更いたしております。その他、起債の方法、償還の方法につきましては、変更ございません。


 以上、議案第21号、22号、23号及び24号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 辻農林政策課長。


 (農林政策課長 辻 尊志君 登壇)


○農林政策課長(辻 尊志君) 上程されました議案第25号、平成20年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費の精算見込みによる所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ896万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ4,122万8,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金2万5,000円の減額は、水呑谷林道補修に伴う県負担金の減額によるものでございます。


 2款財産収入80万9,000円の増額は、市有林間伐材の売り払いによる増額が主なものでございます。


 5款繰越金29万3,000円の増額は、前年度の決算剰余金でございます。


 6款諸収入788万6,000円の増額は、森林国営保険からの保険金支払いによるものが主なものでございます。


 次に、歳出の1款市有林造成費896万3,000円の増額は、市有林造成基金への積立金が主なものでございます。


 以上、議案第25号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 石倉秘書・広報課長。


 (秘書・広報課長 石倉充男君 登壇)


○秘書・広報課長(石倉充男君) 上程されました議案第26号、27号及び28号の3件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第26号、勝山市部等設置条例の一部改正について説明を申し上げます。


 本案は、市長の権限に属する事務の、より一層の公務能率の確保を図るため、組織機構を改編し、部等の名称及び分掌事務を改めるものでございます。


 内容を申し上げますと、部の名称変更は、条例案の第1条第1項の各号についてでございますが、まず、改正前の第1号及び第2号の市長公室、総務部につきましては、市長公室の企画部門と総務部の財政部門の抜本的な見直し及び強化を図り、この部門を集約させるため、市長公室を廃止し、改正後の名称を第1号に総務部、第2号に企画財政部として改めます。


 次に、商工観光部門と農林部門の政策的な充実、強化を図るため、産業部を第5号の商工観光部と第6号の農林部に分割いたします。また、これに伴う事務分掌につきましては、第2条で改正を行うものでございます。


 なお、市長公室から企画財政部の名称の改正に伴い、市長部局はすべて部の名称で構成されるため、条例名を勝山市部等設置条例から「等」を省き、勝山市部設置条例に改正し、あわせて条例文の関連語句を改正いたします。


 また、組織の改編に伴い、附則において、勝山市特別職報酬等審議会条例及び勝山市職員の給与に関する条例の改正も、あわせてお願いするものでございます。


 なお、この条例は、平成21年4月1日より施行するものでございます。


 次に、議案第27号、勝山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について説明を申し上げます。


 本案は、育児や介護を行う職員の職業生活と家庭生活の両立を支援するため、早出遅出勤務制度の導入を図りたく、条例の改正を行うものでございます。


 この制度は、育児や介護を行う職員で、勤務時間開始時刻の午前8時30分、または、終了時刻の午後5時30分での勤務形態が困難な職員について、勤務時間の開始時刻を、通常の午前8時30分より繰り上げ、または、繰り下げて、1日8時間の勤務をさせることができるとするものでございます。


 本案は、改正後の条例第8条の2において、制度の導入及び職員の範囲を規定し、次条の第8条の3においては、既存の条番号の繰り下げ及びこれに伴う文面の整備を行うものでございます。


 なお、この条例は、平成21年4月1日より施行するものでございます。


 次に、議案第28号、公益法人等への勝山市職員の派遣等に関する条例の一部改正について説明を申し上げます。


 本案は、公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律の一部を改正する法律が平成20年12月1日から施行されたことに伴い、関係する条例について所要の規定の改正を行い、これにあわせて同条例の他の部分の見直し整備を行うものでございます。


 その内容でございますが、まず、法律名の改正に伴い、条例名を公益法人等への勝山市職員の派遣等に関する条例のうち、「公益」に「的」を加え、公益的法人等への勝山市職員の派遣等に関する条例に改正し、本文の第1条においても同様に改正を行うものであります。


 次に、第7条の改正でございますが、平成19年度において、福井県市町村職員退職手当組合が福井県市町総合事務組合に名称変更されたことに伴う語句の変更でございます。


 また、第10条の改正でございますが、平成18年度に会社法が制定され、有限会社法が廃止されたことに伴い、今後、新たに有限会社が設立できなくなったことから、「有限会社」の語句を削除するものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 以上、議案第26号、27号及び28号について提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 松村総務部長。


 (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) 次に、議案第29号、勝山市個人情報保護条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 勝山市個人情報保護条例第34条では、他の制度との調整等について規定をいたしておりますが、統計法等の改正に伴い、関係条文を改めるものでございます。


 以上、議案第29号、勝山市個人情報保護条例の一部改正につきまして御説明いたしました。


○議長(笠松捷多朗君) 福田税務課長。


 (税務課長 福田豊彦君 登壇)


○税務課長(福田豊彦君) 上程されました議案第30号及び議案第31号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第30号、勝山市税条例の一部改正についてでありますが、今回の改正は、学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する「学校の後援団体又はそれに準ずるもの」を市民税減免規定に追加すること及び国民健康保険法施行令の一部改正に伴う規定の改正をしたいため、本案を提出するものであります。


 1枚おめくりいただきまして、新旧対照表を御覧願います。


 第51条市民税の減免におきまして、新たに「学校の後援団体又はそれに準ずるもの」を追加いたすものであります。


 次に、もう1枚おめくりいただきまして、国民健康保険法施行令の一部改正に伴い、介護納付金課税の限度額を9万円から10万円に引き上げるものでございます。


 なお、この条例は、平成21年4月1日から施行いたしたいものであります。


 次に、議案第31号、損害賠償の額を定めることについてでありますが、勝山市沢町2丁目地係、勝山沢郵便局駐車場前の県道におきまして発生した交通事故による損害賠償の額を定めるものであります。


 賠償の相手方は、勝山市芳野町〇丁目〇番〇〇号、〇〇〇〇氏であります。


 事故の概要は、平成20年11月27日午前11時ごろ、税務課職員が家屋調査のため長山方面へ向かう途中、沢郵便局駐車場前の県道左側に停車中の水上氏運転の軽自動車の横を通り抜けようとしたところ、同〇〇氏がハンドルを切って後方へ動き出し、公用車の左後部に接触いたしたものであります。


 この事故の損害賠償に関して和解するため、相手方への損害賠償額を、過失割合10%相当額の2,948円と定めたく、地方自治法第96条第1項第13号の規定により議会の議決を求めるものであります。


 今後は、事故には十分気をつけ、安全運転に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。


 以上、議案第30号及び議案第31号の2件につきまして、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 宮塚監査委員事務局長。


 (監査委員事務局長 宮塚龍二君 登壇)


○監査委員事務局長(宮塚龍二君) ただいま上程されました議案第32号、勝山市監査委員条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、地方公共団体の財政健全化に関する法律の施行に伴い、監査委員による財政健全化審査及び公営企業の経営健全化審査に関する事項を定めるものでございます。


 内容につきましては、本条例第8条中に健全化判断比率の審査、それから、公営企業会計等の資金不足比率の審査項目を条文中に定めるものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 石蔵健康長寿課長。


 (健康長寿課長 石蔵ふじ江君 登壇)


○健康長寿課長(石蔵ふじ江君) 上程されました議案第33号及び第34号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第33号、勝山市介護保険条例の一部を改正する条例(平成12年勝山市条例第22号)の一部改正についてでございますが、今回の改正は、第3期介護保険事業期間の終了にかかる次期介護保険料率の見直しに伴い、条例の一部改正をするものでございます。


 現在の介護保険料は6段階となっておりますが、8段階といたします。その内容につきましては、次のページ以降に記載のとおりでございます。


 第5条におきまして、介護従事者処遇改善臨時特例交付金がない場合の保険料率を定めます。また、合計所得金額が125万円未満の方の保険料率を新たに定め、これに伴い、根拠法令を介護保険法施行令第38条から第39条といたします。


 附則第2条におきまして、公的年金収入額等と合計所得金額が80万円以下の方の保険料率を新たに定めます。


 附則第3条におきまして、介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付される場合の保険料率を定めます。


 なお、この保険料は、平成21年度以降分に適用し、平成21年4月1日から施行するものでございます。


 続きまして、議案第34号、勝山市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてでございますが、その内容につきましては、次のページに記載のとおりでございます。


 平成21年度の介護報酬の改定に伴う第1号被保険者の介護保険料の急激な上昇を軽減するため、国が交付する介護従事者処遇改善臨時特例交付金を適正に管理運営するため、本条例を定めます。


 なお、この条例は、公布の日から施行し、平成24年3月31日をもって失効するものでございます。


 以上、議案第33号及び第34号について説明申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 境井建設部長。


 (建設部長 境井義樹君 登壇)


○建設部長(境井義樹君) 上程されました議案第35号、36号及び37号の3件について、その提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第35号、勝山市定住促進住宅管理条例の制定について説明申し上げます。


 本案は、勝山市に居住し、または、居住しようとする者で、住宅に困窮している者に対して定住支援を図ることを目的とした、勝山市定住促進住宅を設置して管理いたしたく、この案を提出するものでございます。その主な内容について説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして、第1条では設置の目的、第2条では用語の定義、第3条では名称及び位置について、第4条から第12条にかけては、入居者の公募の方法、入居者の資格、入居許可の条件、手続等を定めています。


 第13条では家賃及び共益費を別表1、2として定め、第14条では家賃及び共益費の減免等を、第15条では家賃等の納付について定めています。


 第16条及び17条では敷金等を、第18条では修繕費用の負担を、第19条から第25条にかけては、入居者の費用負担や保管義務等について定めています。


 第26条では住宅の検査、第27条では住宅の明渡し請求を定めています。


 第28条から第35条にかけては、駐車場の管理、使用許可、使用者の資格等、駐車場に関して定めています。


 第36条では住宅管理人を、第37条では立ち入り検査を、そして、第38条では敷地の目的外使用を定めています。


 なお、この条例は、規則で定める日から施行いたすものでございます。


 次に、議案第36号、勝山市営住宅管理条例の一部改正について説明申し上げます。


 本案は、市営住宅における暴力団排除の体制を明確化するため、勝山市営住宅管理条例の一部を改正するものでございます。内容につきましては、1枚おめくりください。


 第6条入居者の資格として、暴力団員による不当な行為の防止に関する法律に規定する暴力団員を排除することを新たに定めています。


 第11条同居の承認では、第2項を設け、暴力団員の同居の排除を定めています。


 また、第38条住宅の明渡し請求では第1項に第7号を追加し、入居者または同居者が暴力団員であるときの明渡し請求を定めています。


 なお、この条例は、公布の日から施行いたすものでございます。


 次に、議案第37号、損害賠償の額を定めることについて説明申し上げます。


 本案は、平成20年9月27日午後6時ごろ、滝波町3丁目地係の滝波公園内で、他児童と追いかけごっこをしていた勝山市郡町〇丁目〇〇番〇号、〇〇〇〇氏がはずみで転倒した際、すべり台のコンクリート製手すり部分に左足すねが当たり、当該手すりの一部が破損していたことが原因で負傷し、損害賠償責任が生じました。


 この損害賠償の額を19万70円と定めたく、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 今後は、このような事故が起きないよう、公園の適切な維持管理に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。


 以上、議案第35号、36号及び37号について、その提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 山本産業部長。


 (産業部長 山本一郎君 登壇)


○産業部長(山本一郎君) 上程されました議案第38号、損害賠償の額を定めることについて、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、平成21年2月3日午後3時45分ごろ、滝波町3丁目地係において、セーレン株式会社の構内出入口付近の駐車場に駐車していた商工観光課職員の公用車が、同社社員の自家用車が信号待ちのため停止していることに気づかず、相手方車両の左リアフェンダーに接触して一部を破損し、損害賠償責任が生じました。


 これに対する損害賠償の額を7万5,369円と定めたく、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 今後、このような事故が起きないように十分注意いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(笠松捷多朗君) 大林旧機業場開設準備室長。


 (旧機業場開設準備室長 大林市一君 登壇)


○旧機業場開設準備室長(大林市一君)


 ただいま上程されました議案第39号、はたや記念館「ゆめおーれ勝山」の設置及び管理に関する条例の制定について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、勝山市指定文化財であり、国の近代化産業遺産に認定された建物を保存し、後世に残すとともに、市民と来訪者との交流機能、観光の起点としての情報の受信・発信機能及び繊維のまち勝山の歴史と文化を紹介するミュージアム機能を持たせ活用するために、はたや記念館「ゆめおーれ勝山」を設置したく、この案を提出するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、第1条から第4条までは、施設の設置及び目的、その名称、位置、職員及び業務などについて定めております。


 おめくりいただきまして、第5条から第12条にかけては、観覧料、使用の許可、使用料、その額の不還付と免除及び入館者の遵守事項について定めています。


 おめくりいただきまして、第13条から第15条にかけては、使用者の遵守事項、運営委員会の設置及び委任について定めております。


 なお、この条例は、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において、規則で定める日から施行いたします。


 ただし、第1条から第3条までの規定は、公布の日から施行するものでございます。


 以上、議案第39号について、その提案理由の説明を申し上げました。


○議長(笠松捷多朗君) 以上で、本日は散会いたします。


────────────────────


        午後 1時46分 散会