議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成19年 9月臨時会(第1号 9月 3日)




平成19年 9月臨時会(第1号 9月 3日)




                  平成19年9月


              勝山市議会臨時会会議録第1号


平成19年9月3日(月曜日)


───────────────────────────────────────────



                     平成19年9月3日(月曜日)午前10時開議





第 1 議長の選挙





議事日程(第2号)


第 1 議席の指定


第 2 会議録署名議員の指名


第 3 会期の決定


第 4 副議長の選挙


第 5 常任委員の選任


第 6 議会運営委員の選任


第 7 大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員の選挙


第 8 勝山・永平寺衛生管理組合議会議員の選挙


第 9 福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙





本日の会議に付した事件


第 1 議長の選挙


第 2 議席の指定


第 3 会議録署名議員の指名


第 4 会期の決定


第 5 副議長の選挙


第 6 常任委員の選任


第 7 議会運営委員の選任


第 8 大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員の選挙


第 9 勝山・永平寺衛生管理組合議会議員の選挙


第10 福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙





出席議員(16名)


      1番  松 山 信 裕 君      2番  帰 山 寿 憲 君


      3番  門   善 孝 君      4番  乾   章 俊 君


      5番  山 内 征 夫 君      6番  倉 田 源右ヱ門君


      7番  松 村 治 門 君      8番  北 川 晶 子 君


      9番  加 藤 一 二 君     10番  清 水 清 蔵 君


     11番  笠 松 捷多朗 君     12番  村 田 与右ヱ門君


     13番  山 田 安 信 君     14番  安 居 久 繁 君


     15番  北 山 謙 治 君     16番  廣 田 与三次郎君





欠席議員( 0名)





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   副市長兼消防長事務取扱    松山 保雄 君


   教   育   長      山  範男 君


   市 長 公 室 長      高木 和昭 君


   総務部長兼総務課長      松村 誠一 君


   市民・環境部長兼市民課長兼生活環境課長


                  石田 忠夫 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 高田 英男 君


   産業部長兼商工観光課長    山本 一郎 君


   建設部長兼建設課長      上田 秋光 君


   会計管理者兼会計課長     松本 孝治 君


   教育部長兼教育総務課長    杼木  実 君


   秘書・広報課長        酒井 重光 君


   未来創造課長         山根 敏博 君


   税務課長           福田 豊彦 君


   市民相談室長         稲垣 一穂 君


   健康長寿課長         石倉 充男 君


   農林政策課長         境井 義樹 君


   市街地活性化推進室長     大林 市一 君


   上下水道課長         辻  尊志 君


   生涯学習課長         三屋 修一 君


   史蹟整備課長         齊藤 雅昭 君


   自然体験・スポーツ課長    桐嶋  孝 君


   監査委員事務局長       上山 忠恒 君


   農業委員会事務局長      矢戸 松蔵 君


   消防本部次長兼消防署長    三屋 忠男 君





事務局出席職員


     局長心得   鳥 山 昌 久


     書   記  苅 安 和 幸


     書   記  山 岸 善太郎





 午後 3時23分開会


○議会事務局長心得(鳥山昌久君) それでは、ただいまから臨時会を開会していただくわけでございますが、一般選挙後、最初の議会でございますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席議員の中で廣田与三次郎議員が年長の議員でございますので、御紹介申し上げます。


 それでは、廣田議員、よろしくお願いいたします。


  (臨時議長 議長席に着席する)


○臨時議長(廣田与三次郎君) ただいま御紹介いただきました廣田与三次郎でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。


○臨時議長(廣田与三次郎君) おはかりいたします。


 このたびの選挙において、お互いに当選の栄に浴し議席を得たのでありますが、今回初めて議席を得られた方もおられますし、また、一般選挙後の最初の議会でもありますので、ここで議会事務局職員、理事者、そして、議員の順序で、議会事務局職員は議会事務局長から、理事者は総務部長から、なお、議員方は、住所、氏名程度の簡単な自己紹介をお願いいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 御異議なしと認めます。


 それでは、お互いに紹介をお願いいたします。


○議会事務局長心得(鳥山昌久君) それでは、議長からお許しをいただきましたので、私のほうから議会事務局の職員を紹介させていただきます。


 まず、私の隣が、次長の苅安和幸でございます。


 その次は、主任の山岸善太郎でございます。


 その次は、主事の石川賀代でございます。


 次に、運転手の藤井伸一でございます。


 最後に、私、局長心得の鳥山昌久でございます。


 事務局一同、今後ともよろしくお願いいたします。


○総務部長(松村誠一君) それでは、私から理事者の紹介をさせていただきます。


 市長の山岸正裕でございます。


 副市長兼消防長事務取扱の松山保雄でございます。


 教育長の山 範男でございます。


 エコミュージアム政策監・市長公室長の高木和昭でございます。


 健康福祉部長兼福祉・児童課長の高田英男でございます。


 市民・環境部長兼市民課長兼生活環境課長の石田忠夫でございます。


 教育部長兼教育総務課長の杼木 実でございます。


 産業部長兼商工観光課長の山本一郎でございます。


 建設部長兼建設課長の上田秋光でございます。


 会計管理者兼会計課長の松本孝治でございます。


 上下水道課長の辻 尊志でございます。


 税務課長の福田豊彦でございます。


 秘書・広報課長の酒井重光でございます。


 市民相談室長の稲垣一穂でございます。


 消防本部次長兼消防署長の三屋忠男でございます。


 自然体験・スポーツ課長の桐嶋 孝でございます。


 史蹟整備課長の齊藤雅昭でございます。


 農業委員会事務局長の矢戸松蔵でございます。


 農林政策課長の境井義樹でございます。


 未来創造課長の山根敏博でございます。


 市街地活性化推進室長の大林市一でございます。


 監査委員事務局長の上山忠恒でございます。


 健康長寿課長の石倉充男でございます。


 生涯学習課長の三屋修一でございます。


 最後になりましたが、私、危機管理監兼総務部長兼総務課長の松村誠一でございます。


 以上で理事者の紹介を終わらせていただきます。


 今後とも、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。


○臨時議長(廣田与三次郎君) それでは、1番からどうぞ。


○1番(松山信裕君) 芳野町の松山信裕でございます。よろしくお願いいたします。


○2番(帰山寿憲君) 猪野口の帰山寿憲でございます。よろしくお願いいたします。


○3番(門 善孝君) 長山町の門 善孝でございます。よろしくお願いします。


○4番(乾 章俊君) 元町2丁目の乾 章俊です。よろしくお願いします。


○5番(山内征夫君) 鹿谷町本郷の山内征夫でございます。よろしくお願いします。


○6番(倉田源右ヱ門君) 野向町北野津又の倉田源右ヱ門でございます。どうぞよろしくお願いします。


○7番(松村治門君) 北郷町坂東島の松村でございます。よろしくお願いいたします。


○8番(北川晶子君) 長山町1丁目の北川晶子でございます。よろしくお願いいたします。


○9番(加藤一二君) 沢町2丁目の加藤一二でございます。よろしくお願いします。


○10番(清水清蔵君) 鹿谷町の北西俣、清水清蔵でございます。ひとつよろしくお願いいたします。


○11番(笠松捷多朗君) 元町2丁目の笠松捷多朗でございます。よろしくお願いします。


○12番(村田与右ヱ門君) 荒土町新保の村田与右ヱ門でございます。よろしくお願いします。


○13番(山田安信君) 村岡町浄土寺の山田安信です。よろしくお願いいたします。


○14番(安居久繁君) 鹿谷町保田の安居久繁です。よろしくお願いいたします。


○15番(北山謙治君) 沢町1丁目、北山謙治です。よろしくお願いします。


○16番(廣田与三次郎君) 荒土町伊波の廣田与三次郎でございます。よろしくお願いいたします。


───────・───────


○臨時議長(廣田与三次郎君) これより、勝山市議会臨時会を開会いたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) ただちに本日の会議を開きます。


 市長より発言の要求がありますので、これを許します。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 山岸市長。


   (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) 本日ここに、平成19年9月臨時市議会が開会されるにあたりまして、御挨拶を申し上げます。


 議員の皆様方には、このたび執行されました勝山市議会議員選挙において堂々の当選を果たされましたことに、改めてお祝いとお喜びを申し上げます。


 今回の選挙は、定数が4人削減となった非常に厳しい選挙でありまして、しかも、大変な酷暑の中で行われました。このような情勢の中、まちづくりへの強い思いを貫かれ、全力で戦い抜かれた結果、議席を獲得された議員各位には、任期の4年間、市民の負託にこたえていただきますよう、心から御期待を申し上げます。


 勝山市は、昭和29年に市制を発足し、平成16年には市制50周年の節目を迎え、市議会と切磋琢磨しながら政策の形成と推進に努めているところであります。中山間地で豪雪地帯に位置することなどから、地理的条件や気象環境には恵まれてはおりませんが、進取の気性に富んだ勝山人は、経済発展と生活環境の向上に熱き情熱を注ぎ、今日の勝山市を築きあげてまいりました。


 豊かな自然と伝統文化に富み、安心で安全な生活環境の整備を推進してきた勝山市は、行政サービスにおいても手厚い施策に努め、各種施策のランキング調査においても高い評価を受けているところであります。


 しかしながら、国際化と少子・高齢化、都市と農村の地域間格差が進む社会情勢の中にあって、行政に対する市民要望はますます増大をしてきており、厳しさを増す多くの地方自治体は、市民の協働と自立を求めるとともに、施策の選択と集中に努めていかなければならない状況であります。


 そして、勝山市もまた例外ではありません。今、地方分権の時代を迎え、議会と行政が建設的な議論を通じて、時代に即応した施策の構築に努めながら、市民と協働し、効率的な自治体運営と、個性に富んだ魅力あるまちづくりを推進していくことが、より求められております。


 議員各位には、第14期勝山市議会議員として、市民の期待と信頼にこたえる御活躍を祈念申し上げますとともに、御指導と御鞭撻、御協力をお願い申し上げ、御挨拶といたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 暫時休憩いたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 理事者は退席をお願いします。


(三役と総務部長は在席する)


────────────────────


午後 3時36分 休憩


午後 3時37分 再開


────────────────────


○臨時議長(廣田与三次郎君) 再開いたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。


 仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。


───────・───────


○臨時議長(廣田与三次郎君) 日程に入りまして、日程第1、議長の選挙を行います。


 選挙は、投票によることといたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 議場の閉鎖を命じます。


     (議 場 閉 鎖)


○臨時議長(廣田与三次郎君) ただいまの出席議員は16名であります。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票用紙を配布いたさせます。


      (投票用紙配布)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票用紙の配布漏れはありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票用紙の配布漏れなしと認めます。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票箱を改めさせます。


      (投票箱点検)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 異常なしと認めます。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載のうえ、点呼に応じて順次投票願います。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 点呼を命じます。


  (書記が議員名を呼ぶ 投票する)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票漏れはありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票漏れなしと認めます。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 投票を終了いたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 議場の閉鎖を解きます。


     (議 場 開 放)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に北山謙治君、安居久繁君を指名いたします。


 よって、両君の立ち会いを願います。


       (開  票)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数16票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち  有効投票    16票


       無効投票     0票


 有効投票中 笠松捷多朗君  14票


       山田安信君    2票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 よって、笠松捷多朗君が議長に当選されました。


○臨時議長(廣田与三次郎君) ただいま議長に当選されました笠松捷多朗君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。


 (当選人 議長と言い、発言を求む)


○臨時議長(廣田与三次郎君) 笠松捷多朗君。


  (11番 笠松捷多朗君 登壇)


○11番(笠松捷多朗君) ただいま、各議員の絶大な御支持によりまして、勝山市議会の議長に就任することになりました。


 緊張感と身が引き締まるような責任を感じておりまして、皆様方、各議員とともに一生懸命に討議して、未来の勝山に対してどれぐらい前進できるか、それをお互いに切磋琢磨したいと思います。


 今後とも、よろしくお願い申し上げます。どうもありがとうございました。


○臨時議長(廣田与三次郎君) これをもって、臨時議長の職務を終了いたします。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 笠松議長、議長席にお着き願います。


○臨時議長(廣田与三次郎君) 暫時休憩いたします。


────────────────────


午後 3時50分 休憩


午後 3時51分 再開


────────────────────


○議長(笠松捷多朗君) 再開いたします。


 ただちに、議事日程第2号に入りまして、日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。


 議員諸君の氏名とその議席の番号を職員に朗読いたさせます。


     (書 記 朗 読)


   1番  松山 信裕 議員


   2番  帰山 寿憲 議員


   3番  門  善孝 議員


   4番  乾  章俊 議員


   5番  山内 征夫 議員


   6番  倉田源右ヱ門議員


   7番  松村 治門 議員


   8番  北川 晶子 議員


   9番  加藤 一二 議員


  10番  清水 清蔵 議員


  12番  村田与右ヱ門議員


  13番  山田 安信 議員


  14番  安居 久繁 議員


  15番  北山 謙治 議員


  16番  廣田与三次郎議員


  11番  笠松捷多朗 議員


○議長(笠松捷多朗君) ただいま朗読いたしたとおり議席を指定いたしました。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、松山信裕君、帰山寿憲君を指名いたします。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第3、会期の決定を議題といたします。


 おはかりいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期臨時会の会期は、本日1日と決定いたしました。


○議長(笠松捷多朗君) 休憩いたします。


───────・───────


────────────────────


午後 3時54分 休憩


午後 3時54分 再開


────────────────────


○議長(笠松捷多朗君) 再開いたします。


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第4、副議長の選挙を行います。


 副議長の選挙は投票によることといたします。


○議長(笠松捷多朗君) 議場の閉鎖を命じます。


     (議 場 閉 鎖)


○議長(笠松捷多朗君) ただいまの出席議員は16名であります。


○議長(笠松捷多朗君) 投票用紙を配布いたさせます。


      (投票用紙配布)


○議長(笠松捷多朗君) 投票用紙の配布漏れはありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 投票用紙の配布漏れなしと認めます。


○議長(笠松捷多朗君) 投票箱を改めさせます。


      (投票箱点検)


○議長(笠松捷多朗君) 異常なしと認めます。


○議長(笠松捷多朗君) 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載のうえ、点呼に応じて順次投票を願います。


○議長(笠松捷多朗君) 点呼を命じます。


  (書記が議員名を呼ぶ 投票する)


○議長(笠松捷多朗君) 投票漏れはありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 投票漏れなしと認めます。


○議長(笠松捷多朗君) 投票を終了いたします。


○議長(笠松捷多朗君) 議場の閉鎖を解きます。


     (議 場 開 放)


○議長(笠松捷多朗君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に北山謙治君、安居久繁君を指名いたします。


 よって、両君の立ち会いをお願いいたします。


       (開  票)


○議長(笠松捷多朗君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数16票、これは先ほどの出席議員の数に符合いたしております。


 そのうち  有効投票    15票


       無効投票     1票


 有効投票中 村田与右ヱ門君  8票


       清水清蔵君    5票


       加藤一二君    2票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 よって、村田与右ヱ門君が副議長に当選されました。


○議長(笠松捷多朗君) ただいま副議長に当選されました村田与右ヱ門君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。


    (当選人、発言を求む)


○議長(笠松捷多朗君) 村田与右ヱ門君。


  (12番 村田与右ヱ門君 登壇)


○12番(村田与右ヱ門君) ただいま、選挙によりまして、この副議長の要職に推挙いただきまして、誠に厚くお礼と感謝を申し上げます。


 今、地方自治は非常に厳しい、また、国の三位一体改革のもとに行財政改革が強いられている今日でございます。その中で勝山市は、市町村合併をしないただ1つの市として、今、頑張っているところでございます。市長も、合併は避けては通れないということでございますが、その間、足腰を丈夫にし、そして、熟慮する市政として、都市として頑張っていくということでございます。


 先ほど、議長の御挨拶、また、市長の御挨拶の中にもございましたように、議会においては改革ということの中で、本当に今度の選挙につきましては、20人のうち16人という厳しい選挙に皆さんが当選されました。市民から選挙されたわけでございます。


 その議員の初めての、16名、少数精鋭で議論を始めなければならないというような気持ちでございますし、私も3期目でございますが、非常に慎重に勉強させていただいて議論に立っていきたいと思います。


 その中の議会の中の議長として、あるいは副議長として、やはりこの要職をまっとうするよう努力を重ねていきたいと思います。それには、私は非常に非才な人間でございますし、身分にもあわないわけでございますけれども、その要職をまっとうすべく一生懸命頑張りますので、議員各位はじめ、市長、また理事者の皆さん、そして、報道機関の皆さんをはじめ、市民各位から深い御理解と御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


 また、遅れましたけれども、皆様方の御健勝、御多幸をお祈りして、私の就任の挨拶にかえさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第5、常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、


  松山 信裕 君


  山内 征夫 君


  松村 冶門 君


  加藤 一二 君


  安居 久繁 君


 以上5名を総務文教委員に、


  帰山 寿憲 君


  門  善孝 君


  清水 清蔵 君


  笠松 捷多朗


  北山 謙治 君


 以上5名を建設企業委員に、


  乾  章俊 君


  倉田源右ヱ門君


  北川 晶子 君


  村田与右ヱ門君


  山田 安信 君


  廣田与三次郎君


 以上6名を産業福祉委員に、それぞれ指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を、それぞれの常任委員に選任することに決しました。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第6、議会運営委員の選任を行います。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、


  門  善孝 君


  松村 治門 君


  清水 清蔵 君


  山田 安信 君


  北山 謙治 君


  廣田与三次郎君


 以上6名を議会運営委員に、それぞれ指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を、議会運営委員に選任することに決しました。


○議長(笠松捷多朗君) 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。


○議長(笠松捷多朗君) 休憩いたします。


────────────────────


午後 4時13分 休憩


午後 4時39分 再開


────────────────────


○議長(笠松捷多朗君) 再開いたします。


 休憩中に開かれました各常任委員会及び議会運営委員会におきまして、次のとおり正・副委員長の互選が行われましたので、その結果を御報告いたします。


 総務文教委員会委員長  松村 治門 君


    同  副委員長  松山 信裕 君


 建設企業委員会委員長  清水 清蔵 君


    同  副委員長  帰山 寿憲 君


 産業福祉委員会委員長  北川 晶子 君


    同  副委員長  乾  章俊 君


 議会運営委員会委員長  北山 謙治 君


    同  副委員長  山田 安信 君


 以上のとおりであります。


○議長(笠松捷多朗君) ここでおはかりいたします。


 議会運営委員会においては、地方自治法第109条の2第4項の各号に定める事項について、委員の任期の間、閉会中においても調査、審査等の活動が行えるようにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会においては、地方自治法第109条の2第4項の各号に定める事項について、委員の任期の間、閉会中においても調査、審査等の活動が行えることに決しました。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第7、大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員の選挙を行います。


○議長(笠松捷多朗君) 大野・勝山地区広域行政事務組合規約第6条第2項の規定により、本市議会において選挙すべき議員の定数は5名であります。


○議長(笠松捷多朗君) おはかりいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


○議長(笠松捷多朗君) おはかりいたします。


 指名は、議長においてすることにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


○議長(笠松捷多朗君) それでは、大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員に、


  倉田源右ヱ門君


  松村 治門 君


  北川 晶子 君


  北山 謙治 君


  廣田与三次郎君


 以上の5名の諸君を指名いたします。


○議長(笠松捷多朗君) ただいま議長において指名いたしました5名の諸君を、大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5名の諸君が、大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員に当選されました。


○議長(笠松捷多朗君) ただいま大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員に当選されました5名の諸君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。


○議長(笠松捷多朗君) 特に発言がございませんので、承諾されたものと認めます。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第8、勝山・永平寺衛生管理組合議会議員の選挙を行います。


 勝山・永平寺衛生管理組合規約第6条第2項の規定により、本市議会において選挙すべき議員の定数は5名であります。


○議長(笠松捷多朗君) おはかりいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


○議長(笠松捷多朗君) おはかりいたします。


 指名は、議長においてすることにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


○議長(笠松捷多朗君) それでは、勝山・永平寺衛生管理組合議会議員に、


  松山 信裕 君


  帰山 寿憲 君


  乾  章俊 君


  山内 征夫 君


  山田 安信 君


 以上5名の諸君を指名いたします。


○議長(笠松捷多朗君) ただいま議長において指名いたしました5名の諸君を、勝山・永平寺衛生管理組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5名の諸君が、勝山・永平寺衛生管理組合議会議員に当選されました。


○議長(笠松捷多朗君) ただいま勝山・永平寺衛生管理組合議会議員に当選されました5名の諸君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。


○議長(笠松捷多朗君) 特に発言がございませんので、承諾されたものと認めます。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 次に、日程第9、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。


 福井県後期高齢者医療広域連合規約第8条第1項の規定により、本市議会において選挙すべき議員の定数は1名であります。


○議長(笠松捷多朗君) 選挙は投票によることといたします。


○議長(笠松捷多朗君) 議場の閉鎖を命じます。


     (議 場 閉 鎖)


○議長(笠松捷多朗君) ただいまの出席議員は16名であります。


○議長(笠松捷多朗君) 投票用紙を配布いたさせます。


      (投票用紙配布)


○議長(笠松捷多朗君) 投票用紙の配布漏れはありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 投票用紙の配布漏れなしと認めます。


○議長(笠松捷多朗君) 投票箱を改めさせます。


      (投票箱点検)


○議長(笠松捷多朗君) 異常なしと認めます。


○議長(笠松捷多朗君) 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載のうえ、点呼に応じて順次投票を願います。


○議長(笠松捷多朗君) 点呼を命じます。


  (書記が議員名を呼ぶ 投票する)


○議長(笠松捷多朗君) 投票漏れはありませんか。


    (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(笠松捷多朗君) 投票漏れなしと認めます。


○議長(笠松捷多朗君) 投票を終了いたします。


○議長(笠松捷多朗君) 議場の閉鎖を解きます。


     (議 場 開 放)


○議長(笠松捷多朗君) 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に北山謙治君、安居久繁君を指名いたします。


 よって、両君の立ち会いを願います。


       (開  票)


○議長(笠松捷多朗君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数16票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち  有効投票    16票


       無効投票     0票


 有効投票中 笠松捷多朗   12票


       北山謙治君    2票


       山田安信君    2票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 よって、私が福井県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選いたしました。


○議長(笠松捷多朗君) ただいま福井県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選いたしましたので、これを謹んでお受けいたします。


───────・───────


○議長(笠松捷多朗君) 以上で、本日の日程はすべて議了いたしました。


○議長(笠松捷多朗君) これをもって今期臨時会を閉会いたします。


────────────────────


        午後 4時56分 閉会





 地方自治法第123条第2項の規定に基づき上記会議の次第を記録し、これを証するために署名する。





  平成  年  月  日


   勝山市議会臨時議長











  平成  年  月  日


   勝山市議会議長








  平成  年  月  日


   署名議員











  平成  年  月  日


   署名議員