議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成19年 3月定例会(第1号 2月28日)




平成19年 3月定例会(第1号 2月28日)




                  平成19年3月


              勝山市議会定例会会議録第1号


平成19年2月28日(水曜日)


───────────────────────────────────────────



                    平成19年2月28日(水曜日)午前10時開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第 1号 平成19年度勝山市一般会計予算


第 4 議案第 2号 平成19年度勝山市育英資金特別会計予算


第 5 議案第 3号 平成19年度勝山市下水道事業特別会計予算


第 6 議案第 4号 平成19年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


第 7 議案第 5号 平成19年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


第 8 議案第 6号 平成19年度勝山市水道事業会計予算


第 9 議案第 7号 平成19年度勝山市国民健康保険特別会計予算


第10 議案第 8号 平成19年度勝山市老人保健特別会計予算


第11 議案第 9号 平成19年度勝山市介護保険特別会計予算


第12 議案第10号 平成19年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


第13 議案第11号 平成18年度勝山市一般会計補正予算(第6号)


第14 議案第12号 平成18年度勝山市育英資金特別会計補正予算(第1号)


第15 議案第13号 平成18年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第5号)


第16 議案第14号 平成18年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号


           )


第17 議案第15号 平成18年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


第18 議案第16号 平成18年度勝山市水道事業会計補正予算(第5号)


第19 議案第17号 平成18年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)


第20 議案第18号 平成18年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第5号)


第21 議案第19号 平成18年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


第22 議案第20号 平成18年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)


第23 議案第21号 平成18年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)


第24 議案第22号 勝山市教育長の給与及び旅費に関する条例の一部改正について


第25 議案第23号 勝山市職員の給与に関する条例の一部改正について


第26 議案第24号 勝山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について


第27 議案第25号 福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び


           同組合規約の変更について


第28 議案第26号 大野・勝山地区広域行政事務組合規約の一部変更について


第29 議案第27号 勝山市税条例の一部改正について


第30 議案第28号 低開発地域工業開発促進法の施行に伴う市税の特例に関する条例


           の廃止について


第31 議案第29号 勝山市立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第32 議案第30号 青少年問題協議会設置条例の一部改正について


第33 議案第31号 勝山市文化財収蔵庫の設置及び管理に関する条例の制定について


第34 議案第32号 損害賠償の額を定めることについて


第35 議案第33号 勝山市都市公園条例の一部改正について


第36 議案第34号 勝山市水道水源保護条例の制定について


第37 議案第35号 勝山市公害防止条例の一部改正について


第38 議案第36号 勝山・上志比衛生管理組合規約の変更について


第39 議案第37号 勝山市災害弔意金の支給等に関する条例の一部改正について


第40 議案第38号 勝山市福祉事務所設置条例の一部改正について


第41 議案第39号 勝山市立児童センターの設置及び管理に関する条例の一部改正に


           ついて


第42 議案第40号 勝山温泉センター「水芭蕉」の設置及び管理に関する条例の一部


           改正について


第43 議案第41号 勝山市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につ


           いて


第44 議案第42号 字の区域の変更について





本日の会議に付した事件


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案第1号から議案第42号まで





出席議員(19名)


      1番  松 村 治 門 君      2番  北 川 晶 子 君


      3番  前 川 茂 一 君      4番  北 沢   諭 君


      5番  加 藤 一 二 君      6番  井 上   馨 君


      7番  清 水 清 蔵 君      8番  笠 松 捷多朗 君


      9番  村 田 与右ヱ門君     10番  山 田 安 信 君


     11番  手 塚 貞 臣 君     12番  安 居 久 繁 君


     13番  小 林 喜 仁 君     14番  椿 山   弘 君


     15番  藤 澤 七郎兵衛君     16番  北 山 謙 治 君


     17番  嶋 田 政 憲 君     19番  近 藤 栄 治 君


     20番  廣 田 与三次郎君





欠席議員( 0名)





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   助       役      松山 保雄 君


   教   育   長      山  範男 君


   市 長 公 室 長      梅澤 順一 君


   総務部長兼総務課長      松村 誠一 君


   市民・環境部長兼市民課長   石田 忠夫 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 高田 英男 君


   産業部長併農業委員会事務局長 杼木  実 君


   建設部長兼建設課長      上田 秋光 君


   教育部長兼教育総務課長    山本 一郎 君


   消防長            田中 公夫 君


   監査委員事務局長       山田 誠一 君


   秘書・広報課長        酒井 重光 君


   未来創造課長         齊藤 雅昭 君


   税務課長           福田 豊彦 君


   生活環境課長         門  善孝 君


   健康長寿課長         石倉 充男 君


   商工観光課長         冨田 正一 君


   産業振興支援室長       上山 忠恒 君


   農林政策課長         境井 義樹 君


   市街地活性化推進室長     大林 市一 君


   上下水道課長         辻  尊志 君


   会計課長           松本 孝治 君


   生涯学習課長兼史蹟整備課長  矢戸 松蔵 君


   自然体験・スポーツ課長    山根 敏博 君


   消防署長           玉木 憲治 君





事務局出席職員


     局   長  高 野   忍


     書   記  鳥 山 昌 久


     書   記  山 岸 善太郎





午前10時05分開会


○議長(北山謙治君) おはようございます。これより勝山市議会定例会を開会いたします。


───────・───────


○議長(北山謙治君) 直ちに本日の会議を開きます。


───────・───────


○議長(北山謙治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、村田与右ヱ門君、山田安信君を指名いたします。


  ───────・───────


○議長(北山謙治君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期につきましては、去る2月2日に議会運営委員会を開き協議されましたので、その結果の報告を同委員長よりお願いいたします。


○議長(北山謙治君) 藤澤議会運営委員長。


   (議会運営委員長 藤澤七郎兵衛君 登壇)


○議会運営委員長(藤澤七郎兵衛君)


おはようございます。


 それでは、議会運営委員会の報告をいたします。


 本委員会は、去る2月2日に委員会を開き、3月定例会の日程等につきまして協議いたしました。


 その結果、今期定例会は、本日から3月23日までの24日間といたしたいと思います。


 詳細につきましては、お手元にお配りしてあります会期日程表のとおりでございますので、よろしくお願い申し上げます。


 以上で報告を終わります。


○議長(北山謙治君) おはかりいたします。


 今期定例会の会期につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、本日から3月23日までの24日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(北山謙治君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期定例会は、本日から3月23日までの24日間と決定いたしました。


───────・───────


○議長(北山謙治君) この際、諸般の報告を行います。


○議長(北山謙治君) 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、


  山岸市長


  松山助役


  梅澤市長公室長


  松村総務部長兼総務課長


  石田市民・環境部長兼市民課長


  高田健康福祉部長兼福祉・児童課長


  杼木産業部長


  上田建設部長兼建設課長


  酒井秘書・広報課長


  齊藤未来創造課長


  福田税務課長


  門生活環境課長


  石倉健康長寿課長


  冨田商工観光課長


  境井農林政策課長


  上山産業振興支援室長


  大林市街地活性化推進室長


  辻上下水道課長


  松本会計課長


 教育委員会より


  山教育長


  山本教育部長兼教育総務課長


  矢戸生涯学習課長兼史蹟整備課長


  山根自然体験・スポーツ課長


 消防本部より


  田中消防長


  玉木消防署長


 監査委員より


  山田監査委員事務局長


 農業委員会より


  杼木農業委員会事務局長


 以上であります。


○議長(北山謙治君) 次に、市長から提出事件について、次の文書がまいっております。


          勝総発第1115号


          平成19年2月28日


 勝山市議会議長


 北山 謙治 宛


         勝山市長 山岸 正裕


    議案の送付について


 平成19年2月28日招集の勝山市議会定例会に提出のため、次の議案を送付します。


 送付議案は、議案第1号から議案第42号までの42件であります。


 これら42件については、既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(北山謙治君) 次に、さきの12月定例会以降、監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、次の報告を受理しております。


 平成18年12月25日付け勝監発第91号、例月出納検査(11月分)の結果について。


 平成19年1月24日付け勝監発第98号、例月出納検査(12月分)の結果について。


 平成19年2月22日付け勝監発第112号、例月出納検査(1月分)の結果について。


 この報告書は、議会事務局に保管してあります。


○議長(北山謙治君) 次に、さきの12月定例会以降の事務報告につきましては、お手元に配付してあります報告書のとおりであります。


○議長(北山謙治君) 以上で、諸般の報告を終わります。


───────・───────


○議長(北山謙治君) 次に、市長から発言の要求がありますので、これを許します。


○議長(北山謙治君) 山岸市長。


   (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) おはようございます。


 本日、ここに平成19年3月定例市議会が開会されるにあたり、御挨拶を申し上げますとともに、提案いたしました平成19年度予算案の概要について及び市政運営にかかる諸問題について、所信の一端を申し述べます。


 今冬は、昨年の豪雪とは打って変わり、エルニーニョ現象の影響などにより極端な暖冬となりました。市内全域に除雪車が出動したのは3日間のみで、除雪費は激減している反面、雁が原スキー場では営業が8日間しかできないなど、地域経済に深刻な影響が及んでいる例もあります。こうした地球温暖化がもたらす異常気象に、個人はもとより、自治体も意識を高め、国とともに地球環境保全に取り組まなければならないと考えます。


 勝山に春を呼ぶ左義長まつりは、2日間とも好天に恵まれ、24日に4万人、25日に9万人、2日間合計で13万人という、かつてない記録的な人出で賑わいました。伝統文化に裏打ちされたまつりとしての人気が高まり、県内はもとより、県外からの旅行社によるツアーでの来訪も多く、市民の喜びに満ちあふれた左義長となりました。時おり、風花が舞い、雪山を背景に短冊が陽光にきらめく中、2日間にわたって勝山の活力を市の内外にアピールすることができました。関係者の方々の御努力と御協力に深甚なる敬意と感謝を申し上げます。


 伝統文化は、そのまちの「根っこ」であり、根っこがなければ植物が育たないように、まちも人も育ちません。勝山左義長は、紛れもなく勝山の伝統文化であり、これを継承する各地域の努力が地域コミュニティを養っています。それぞれのやぐらでは、太鼓やおはやし、作り物や行燈の担い手確保に苦労されていますが、それを克服するための連携が、世代間や地域を越えて深まってきております。


 勝山市には、左義長だけでなくて、各地に根としての伝統文化が残っており、ことしの年の市や左義長において、各地区の食やたくみのわざが披露されました。これらの地域の力がコミュニティの輪を広げ、まちと人が育っている姿を、それぞれの地域で見ることができます。勝山市のエコミュージアムに基づいたふるさとルネッサンスが着実に広がりつつあることに、市民が自信と誇りを持ち、さらに新しい活力が創出されることを強く願うものであります。


 次に、上場企業の07年3月期業績は、4年連続、過去最高を更新する見通しであり、国内の主要企業の2008年春の大学新卒者採用が一段と拡大する見込みであることが報道されております。


 勝山市においても、設備投資や人員採用に意欲的ないくつかの企業があり、大変心強く感じております。その反面、企業側からは、技術系分野など、求める人材が得られないという声も聞かれ、求人と求職のミスマッチが懸念されております。


 勝山市では、地元の高校生の多くが県外の大学に進学し、地元に戻っても、その受け皿がないという先入観が強くあり、そのことからも、地元への就職が大変少ないことが課題となっていました。先日、勝山ニューホテルにおいて、奥越元気企業説明会が開催され、多くの学生の参加があったことについて、大変喜ばしく思っております。今後とも、ハローワークなどと連携して、市民並びに勝山出身の学生に対し、この奥越勝山にも、先端の技術を活かせる職場があるという正確な情報を広く発信して、若者定住化の促進が図れるよう取り組んでまいります。


 次に、本年は、統一地方選挙である4月の知事、県議会議員選挙に始まり、7月に予定される参議院議員選挙、8月の市議会議員選挙と、選挙が続く年であります。有権者からは、少子・高齢化、団塊の世代の退職といった社会情勢が変化する中で、地方分権が進み、道州制の議論や、医療・年金制度のあり方、また、国、地方の様々な公的なシステムが、果たして持続可能なのかどうかが問われています。


 今国会において公職選挙法が改正され、地方の首長選挙においてはマニフェストの配布が可能となったことから、立候補者の政策目標がより明確になります。1人でも多くの有権者が、議会制民主主義の基本である選挙権を行使しなければなりません。選挙立会人や投票事務にも、若者が参画しやすい制度などを設け、若者の選挙離れを防止し、投票率の向上と公正で明るい選挙が実施できるよう努めていく必要があります。


 次に、平成19年度より、国の三位一体改革に基づいて、国税である所得税から住民税に3兆円が本格的に税源移譲されます。課税が国税から地方税へとシフトされ、窓口で直接納税する分がふえるために、市民は税負担とサービス給付の関係に関心が高まり、これまで以上に税金の使途に敏感になって、市の施策形成や評価に厳しい目が向けられてきます。


 このようなことから、今まで以上に、市民との対話の機会や広報などによって、行政側から、透明性を高めた、わかりやすい、正確な情報提供を行ってまいります。それをもとに、市民も一緒になって、施策に対する議論を深め、施策を考える住民参加の機会をふやすことが肝要であります。そのようなプロセスの中で、結果として、施策に対する市民の自己責任意識が醸成されていくものと考えます。


 次に、勝山市の財政状況について申し上げます。


 昨年、夕張市が、収支の巨額な赤字が明らかとなって、地方財政再建促進特別措置法第22条の規定を準用した財政再建準用団体に指定され、住民に大きな負担を求めることになりました。この「夕張ショック」が、いたずらに「夕張パニック」にならないように、勝山市の財政状況について、正確な情報を提供し、市民に冷静な判断をしていただくために、昨日の、市長と何でも語ろう会にこのテーマを取り上げております。


 一般に、市が大規模な社会資本建設事業などを実施するとき、市税など、単年度の経常的な収入のみでは賄いきれないため、その財源調達のためにする借入金を「地方債」、市の場合は「市債」と呼びます。これは、長期にわたって住民が利用する構築物の建設コストを、すべて、その建設年度の納税者だけが負担することにならないように、長期に分割して支払うようにすることで、その年度以降の利用者・受益者にも負担を求めることができる、つまり、償還という形で、世代間の受益者のコストの公平を図っているものであります。このことを含めて、地方財政法第5条は、5つの事業を適債事業として認めています。


 したがって、市の借入金である市債は、国が発行する国債のように、赤字を埋め合わせするために借り入れる借金とは違い、市債が多いからといって、地方自治体が倒産するというわけではありません。市債が多くとも、予算どおりに歳入が調達できていれば、決算上の赤字は生じないのであります。


 ちなみに勝山市は、昭和42年から47年まで財政再建団体であったとき以外は、今日まで35年間、普通会計決算の実質収支が赤字であったことは一度もありません。


 この決算の実質収支の赤字が、自治体の、いわゆる倒産に関連してきます。実質収支の赤字が一定限度を超える額を「赤字限度額」といい、市町村では、一般財源の標準規模を示す標準財政規模に対して20%に設定されています。つまり、赤字限度額を超える赤字が出た自治体は、地方債の起債が実質的にできなくなる起債制限団体になってしまいます。起債制限団体になると、起債によって行う公共事業などができなくなるために、自治体の財政機能が著しく損なわれ、機能不全に陥ることが倒産とみなされるのであります。こうなると、財政再建を図らなければなりません。こうした結果、自主再建団体、または、国の指導監督のもとに財政再建計画を策定し、再建を図る「準用再建団体」となります。


 夕張市の場合は、炭鉱閉山で人口が10分の1へと激減する中で、観光振興や福祉・教育に、許容範囲を超えた財政支出を続けた結果、毎年の決算である普通会計の収支に多額の赤字が発生しました。どうしてこのような多額の赤字が明らかにならなかっのかといえば、出納閉鎖期間を利用した会計間の貸し付け及び償還で赤字を見えなくし、また、穴埋めの資金を銀行からの短期借入金で補い、どんどん赤字体質を悪化させてしまったわけです。毎年の普通会計の収支に赤字が出た場合、本来は、すぐに収支の改善に努める必要がありますが、市の理事者、市議会は、実質収支の赤字を認知しながら、何ら改革に手をつけず、ルールを無視した、いわゆる粉飾決算を続けてきたのであります。その責任は重大です。


 全国では毎年、実質収支に赤字が発生する自治体が少なからずありますが、単年度で解消するケースがほとんどであります。したがって、基本的な地方財政のルールを遵守していれば、多くの自治体が深刻な赤字体質に陥ることは決してありませんし、もし多くの自治体がそのような状況になるということであれば、国が定めた地方財政のシステム自体に欠陥があるということになります。


 勝山市の財政状況は、県下9市の中でも財政健全度は中位であり、堅実な財政運営を行っています。市債についても、元利償還金に国が交付税で補てんする良質の中央債の借り入れに努めています。その中身は、市広報でも、毎年、市民に定期的な報告をしているとおり、うそ偽りはありません。したがって、粉飾決算で赤字を隠蔽し、巨額の借金を背負ってしまった夕張市とは根本的に違い、そのようなことには絶対にならないということをはっきり申し上げます。


 私は、平成12年に市長に就任して以来、行財政改革に取り組んできており、その成果について、一端を申し述べます。


 普通会計の決算に基づく投資的経費は、一般財源ベースで、平成3年から平成12年までの10年間の平均15億3,000万円が、私が就任した平成13年から17年までの5年間平均で7億2,000万円に半減しており、この意味で、ハードからハートへ確実にシフトしております。


 物件費は、平成12年に16億9,000万円あったものが、平成17年には13億9,000万円となって、3億円、率にして18%削減をいたしました。


 総人件費は、平成12年27億7,000万円を、17年25億2,000万円に、2億5,000万円、9%削減をいたしました。その内訳として、特別職給与は、平成12年の4,500万円を、17年3,600万円に、900万円、20%削減。職員給与は、平成12年の19億8,000万円を、17年には17億9,000万円と1億9,000万円、10%削減をいたしております。


 国では、交付税制度を見直すなど、第2期の財政改革を示す一方、地方自治体の健全財政を示す指標について、一部事務組合や公営企業への義務負担、第三セクターへの債務保証など、複雑化する自治体の債務体質を明らかにし、財政悪化に歯どめをかける新たなルールづくりに取り組み、(仮称)地方財政再建健全化法案を通常国会で図り、財政悪化している自治体に対して早期是正措置を指導することとしており、財政健全化への要請は、さらに厳しくなります。


 したがって、勝山市はこれからも、急激に変革する地方自治体をめぐる環境変化にこたえることができる、よりスリムで柔軟な体質転換を目指して、不退転の決意で、さらなる行財政改革を推し進めてまいります。


 次に、今議会に上程いたします平成19年度当初予算の概要について申し上げます。


 市の歳入の一般財源の枠組みが大きく変化する中、平成19年度の予算編成は、要求段階で経常的経費をマイナス5%シーリングにしたほか、行財政改革実施計画に基づいた改革を推進いたしております。実施計画に基づく平成17年度までの2か年の削減効果は、決算額ベースで1億7,400万円となりました。今後、さらに少子・高齢化が進む中で、福祉、教育に関する分野では新たな需要も増大しており、今後の実施計画について、さらなる見通しが検討課題となってまいりました。


 新年度の一般会計予算案の総額は105億8,468万円で、前年度比1.8%の減。下水道事業や介護保険等の特別会計と上水道の企業会計を含めた全体の予算規模でも213億6,413万4,000円と、前年度比3.3%の減となっています。


 歳入の柱である市税や地方交付税などの一般財源が、前年度と比較し減額となる見込みのため、市民生活向上に直結する行政サービスを維持することを基本に、投資的経費の削減を図り、一般会計の予算規模は、地方財政計画を下回るマイナス1.8%の緊縮型予算となりました。


 当初予算の収支不足額は財政調整基金を取り崩しましたが、平成19年度末の基金残高は、中期財政見通しと比較して好転し、9億5,789万円が見込まれております。


 また、市の借入金である市債残高も、当初予算比較で4億円減額が見込まれ、97億円台となる見込みであります。このうち、国の地方交付税枠不足に、国と地方が2分の1ずつ対応するようにルール化された臨時財政対策債を除いた通常債では、平成17年度決算と比較して約9億3,000万円減額となる見込みで、市の借入金である市債残高も着実に減少しております。


 一般会計予算案の歳入の主な点につきましては、基幹となる市税について、個人市民税の定率減税の完全撤廃、国税からの税源移譲による増収などを考慮し、前年比9.1%、2億7,865万6,000円増の33億5,729万2,000円を見込み、税源移譲の経過措置であった所得譲与税は、本年度より廃止された結果、2億1,260万円減額となり、大きくその仕組みが変わりました。


 また、地方交付税のうち普通交付税は、昨年度算定からの人口減少の影響に加え、国における交付額ベースでの減額と、算定方式の簡素化の影響などで、前年比5,000万円減の26億5,000万円を計上いたしました。


 市税と地方譲与税、地方交付税、臨時財政対策債などの主な一般財源の合計は、前年度当初予算額と比較し約5,400万円の減少となっています。財政調整基金の取り崩し額は2億5,990万円と、前年度より7,589万1,000円増額しております。


 市債については、交付税措置のある起債や低利率の起債のみにシフトする基本方針を堅持し、前年度より2億2,550万円の市債の発行を減じております。


 一般会計の歳出を性質別に見ますと、義務的経費では、行財政改革の推進により、全会計で3人、一般会計で5人、一般職員を減員したものの、本年は統一地方選挙などの選挙関係費の報酬が多額となり、人件費は横ばいとなっています。また、一般職員が減じた反面、福祉関係などでの新たな業務に対応するため、嘱託職員は、当初比較で全会計9人増加いたしております。


 公債費は、平成15年度借り入れの臨時財政対策債の元金償還が始まったことから、4,905万4,000円増額となり、扶助費も含めた義務的経費全体で、前年比2.3%の伸びで、その構成費も49.1%と高くなっています。


 また、投資的経費では、勝山ニューホテル改修事業、まちづくり交付金事業、林道整備事業などの減額によるものが大きく、13.4%の減となりました。


 その他繰出金は、下水道事業の起債償還額の減少等から1億693万3,000円減少したことで、全体でも減額としています。


 次に、新規事業などの主な予算について申し上げます。


 行政サービスを堅持する立場を基本に、特に子育て支援、教育環境の充実に意を注ぎました。


 まず、成器南小学校の余裕教室を利用し、新たに児童教室、児童クラブを開設し、荒土児童ホールの増築に2,040万円を見込んでいます。また、新年度開設となる平泉寺児童館など、市内10か所からなる児童センター等では、4月から文部科学省の放課後児童プラン推進事業に取り組み、放課後児童の総合的な健全育成を図ります。さらに、夏休み期間等における放課後児童クラブの午前8時から開所も継続し、幼児、児童の保育・教育を支援するため、職員や保護者を対象に、発達障害などのカウンセリング事業も新たに実施してまいります。


 子育て支援の施策の大きな柱であります、保育料軽減についても、国の保育料徴収基準と比較し約1億1,000万円軽減してきた市保育料基準を、平成19年度もさらに削減するよう検討してまいります。また、第3子以上乳幼児育成奨励金事業1,000万円や、乳幼児健康支援一時預かり事業などの子育て支援単独施策を継続するほか、支給年齢を拡大した児童手当の3歳未満乳幼児支給加算にも対応し、子育てを積極的にサポートいたします。


 また、2園となった市立幼稚園では、3歳児からの受け入れと、学校給食を配達し、食育の改善を図ってまいります。


 次に、進展する高齢化社会においての重要課題は、健康寿命を高めていくことであり、このための施策に積極的に取り組みました。


 まず、市民の憩いの場である長山公園のリフレッシュ事業に着手し、本年度は、野球、ソフトボール競技が主に利用するグラウンドの改修とダッグアウト整備などに7,200万円、また、ウォーキングコースである弁天堤防に500万円をかけて照明設備を増設するとともに、やすらぎの場としてベンチを整備いたします。


 また、市営温水プールを活用し、健康水泳教室の定期的な開催を実施するほか、メタボリックシンドロームなど生活習慣病予防のためのヘルスアップ事業に取り組み、来年度からの保険者義務づけとなる特定健康診査等実施計画を策定いたします。


 福祉健康センター「すこやか」に設置した地域包括支援センターでは、社会福祉士1名と介護支援専門員4名を新たに配置し、高齢者の総合的な介護支援・介護相談などに当たります。また、昨年の税制改正で高齢者世帯が課税世帯となり、所得にサービスが制限される地域ぐるみ雪下ろし事業などの福祉施策は継続して、助成対象世帯となるよう経過措置で対処いたしてまいります。


 次に、定住環境の充実とまちなみ整備にも努めてまいります。


 定住人口の増加を図るため、新築住宅建設100万円補助を柱とする住宅取得助成制度をリニューアル化し、新たに3年間継続して実施いたします。


 まちづくり交付金事業では、勝山市旧機業場整備と河原町、本町などのまちなみ散策ルートの整備や、景観に配慮した公衆トイレの整備を予定しています。


 旧機業場を保存・活用する必要性は、これまで申し上げてまいりましたとおり、この建物自体に価値があることと、この建物を活用し、このまちの成り立ち、発展の歴史、その原動力となった産業や文化、先達の残した知恵や経験や努力のあとを、目に見える形で次の世代に伝えていく施設として重要であります。現在、市民の代表の方々に、その活用について検討いただいておりますが、提案にとどまらず、施設の修理や展示に多くの市民に携わっていただき、自分たちのまちの誇りとして利活用する土壌を築くことが大切であると考えております。


 また、本年、経済産業省では、全国にある有数の産業遺産を国指定の近代産業遺産に指定する新たな取り組みを行うこととなりました。近代の産業遺産を国が指定し、市民の熱意で遺産の活用を図ることを基本に、国もこれをサポートするものであります。この機会をとらえて、市民と協働した形で遺産の保存・活用を図る市指定文化財の旧機業場を近代産業遺産として位置づけ、周辺遺産とともに利活用できるよう、精力的に国に働きかけてまいりたいと考えております。


 次に、環境に配慮した安全・安心なまちづくりでは、救急業務の高度化を促進するため高規格救急車1台を増強し、災害時用援護者に対する地域ぐるみの避難支援プランを策定するほか、相続放棄された不在家屋対策の法手続などにも努めてまいります。


 さらに、下水道事業の計画的な整備を促進するとともに、新たに北郷町伊知地・坂東島地区の農業集落排水整備に向けて、新たな調査、設計業務に着手してまいります。


 次に、農林業、地場産業などの支援にも引き続き積極的な予算づけを行い、中山間地域等直接支払事業6,140万6,000円の継続や、北部・北部第2地区などの土地改良整備と、南部第2、東部土地改良区の新規採択に向けた県営負担金を大幅増額し、1億4,583万円を計上、農業生産のための環境整備をサポートしてまいります。また、農地、用水などの農村環境向上を図るため、新たに集落単位で取り組む農地・水・環境向上対策事業に1,285万5,000円を見込んでおります。


 次に、「霊峰白山と山麓の文化的景観」の世界遺産登録を目指し、他の自治体と連携して新たに推進事業を展開します。平泉寺の歴史的風土は、このたび古都保存法40周年を記念して古都保存財団などが選ぶ「美しい歴史的風土100選」において、歴史的風土の保存や継承に対する活力が認められ、今回、100選の1つとして選ばれることになりました。


 また、本年度の平泉寺の歴史的史跡整備関連では、史跡整備の実施設計、石畳道の整備、公有地化事業などで5,405万円計上し、道整備交付金事業では、平泉寺旧境内へのアクセスとなる区内市道の拡幅に着手してまいります。


 次に、行政推進の透明性を高めるために、市では毎年、様々な制度の見直しに取り組んでおり、新年度においては、懸案の入札制度の抜本的な見直しを図る所存であります。官製談合の防止などについて国からも指針が示されており、指名競争入札の原則廃止、予定価格の非公表、年度内発注計画の開示などを柱とした、新たな勝山市の入札制度を新年度から実施し、より競争力と透明性を高めた事業の発注に努めてまいります。


 以上、勝山市の特性を活かし、活力ある勝山市をつくる施策の概要について申し述べました。これまで以上に市民と行政のパイプを太くして、意志疎通を図り、施策の推進に努めてまいる所存であります。


 本日の定例市議会に提案申し上げますのは、平成19年度勝山市一般会計予算案をはじめ42件であります。これらの件につきましては、後ほど関係部課長からそれぞれ提案理由を説明いたしますので、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。


───────・───────


○議長(北山謙治君) 次に、日程第3、議案第1号 平成19年度勝山市一般会計予算


 日程第4、議案第2号 平成19年度勝山市育英資金特別会計予算


 日程第5、議案第3号 平成19年度勝山市下水道事業特別会計予算


 日程第6、議案第4号 平成19年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


 日程第7、議案第5号 平成19年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


 日程第8、議案第6号 平成19年度勝山市水道事業会計予算


 日程第9、議案第7号 平成19年度勝山市国民健康保険特別会計予算


 日程第10、議案第8号 平成19年度勝山市老人保健特別会計予算


 日程第11、議案第9号 平成19年度勝山市介護保険特別会計予算


 日程第12、議案第10号 平成19年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


 日程第13、議案第11号 平成18年度勝山市一般会計補正予算(第6号)


 日程第14、議案第12号 平成18年度勝山市育英資金特別会計補正予算(第1号)


 日程第15、議案第13号 平成18年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第5号)


 日程第16、議案第14号 平成18年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第17、議案第15号 平成18年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第18、議案第16号 平成18年度勝山市水道事業会計補正予算(第5号)


 日程第19、議案第17号 平成18年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)


 日程第20、議案第18号 平成18年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第5号)


 日程第21、議案第19号 平成18年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第22、議案第20号 平成18年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)


 日程第23、議案第21号 平成18年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第24、議案第22号 勝山市教育長の給与及び旅費に関する条例の一部改正について


 日程第25、議案第23号 勝山市職員の給与に関する条例の一部改正について


 日程第26、議案第24号 勝山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について


 日程第27、議案第25号 福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合規約の変更について


 日程第28、議案第26号 大野・勝山地区広域行政事務組合規約の一部変更について


 日程第29、議案第27号 勝山市税条例の一部改正について


 日程第30、議案第28号 低開発地域工業開発促進法の施行に伴う市税の特例に関する条例の廃止について


 日程第31、議案第29号 勝山市立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第32、議案第30号 青少年問題協議会設置条例の一部改正について


 日程第33、議案第31号 勝山市文化財収蔵庫の設置及び管理に関する条例の制定について


 日程第34、議案第32号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第35、議案第33号 勝山市都市公園条例の一部改正について


 日程第36、議案第34号 勝山市水道水源保護条例の制定について


 日程第37、議案第35号 勝山市公害防止条例の一部改正について


 日程第38、議案第36号 勝山・上志比衛生管理組合規約の変更について


 日程第39、議案第37号 勝山市災害弔意金の支給等に関する条例の一部改正について


 日程第40、議案第38号 勝山市福祉事務所設置条例の一部改正について


 日程第41、議案第39号 勝山市立児童センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第42、議案第40号 勝山温泉センター「水芭蕉」の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第43、議案第41号 勝山市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第44、議案第42号 字の区域の変更について


 以上42件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○議長(北山謙治君) 松村総務部長。


   (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) ただいま上程されました議案第1号、平成19年度勝山市一般会計予算につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額でございますが、平成19年度の歳入歳出すべてについて、年間の見通しの上に立った通年予算として歳入歳出それぞれ105億8,468万円といたしたいものでございます。


 内容につきましては順次、「第1表 歳入歳出予算」により、債務負担行為については「第2表 債務負担行為」で、地方債については「第3表 地方債」でそれぞれ御説明いたします。


 第4条一時借入金については、限度額を昨年と同額の20億円にしております。


 また、第5条歳出予算の流用については、記載のとおりでございます。


 次に、2ページの「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款市税につきましては、本年度より、国の三位一体改革の伴い、国税である所得税から住民税に3兆円が本格的に移譲されることとなり、勝山市においても、約2億5,000万円余りが税源移譲分として増収となる見込みであります。その他の税制改正などとあわせ、全体では前年度に比べ2億7,865万6,000円、率にして9.1%増の33億5,729万2,000円と、3年連続で対前年度比増額で計上しております。


 一方、2款地方譲与税では、本格的な税源移譲が開始されるまでの間、暫定的に譲与されていた所得譲与税が廃止され2億1,260万円の減、自動車重量譲与税と地方道路譲与税をあわせて300万円の減額としており、全体で前年度比2億1,560万円減額の1億9,300万円を計上いたしております。


 3款利子割交付金では、市中金利の上昇等を考慮し、前年度比800万円増額の2,800万円となっております。


 また、昨今の経済事情を考慮し、4款配当割交付金については、前年度比647万8,000円の増額、5款株式等譲渡所得割交付金では、1,327万9,000円の増額、さらに、6款地方消費税交付金は、前年度比500万円の増額の2億4,000万円を計上いたしております。


 7款自動車取得税交付金では、前年度と同額となっております。


 8款地方特例交付金では、全体で、前年度比5,960万円の減額としております。これは、従来からの地方特例交付金につきましては、児童手当特例交付金分として1,200万円の交付を見込んだものの、減税補てん分が廃止されたため8,060万円の減額とし、減税補てん分廃止の経過措置として地方特例交付金に加算して交付される特別交付金を、新たに2,100万円計上したことによるものです。


 9款地方交付税では、地方財政計画等に基づき、普通交付税で5,000万円の減額を見込み、総額で32億5,000万円を計上いたしております。


 10款交通安全対策特別交付金は、前年度と同額。


 11款分担金及び負担金では、保育園保育料の増額などにより2,385万6,000円増の2億1,273万1,000円を計上いたしております。


 12款使用料及び手数料では、住宅使用料、幼稚園使用料の減額により、120万3,000円減額の6,724万4,000円としております。


 13款国庫支出金では、3歳未満乳幼児支給加算の影響による児童手当負担金や、史跡公有地化事業にかかる購入費補助金を増額としたほか、新たに救急業務高度化整備促進事業補助金1,155万1,000円を計上しております。一方、地方道路整備臨時交付金を皆減したほか、まちづくり交付金も2,800万円の減額としたため、全体では603万円増額の7億7,254万円となっております。


 14款県支出金では、前年度比1,707万7,000円増額の7億2,149万8,000円となっておりますが、道整備交付金(林道分)等で減額としたものの、障害者施策にかかる負担金や、県民税賦課徴収委託金等が増額となったことなどによるものであります。


 15款財産収入では、前年度比63万4,000円の減額、16款寄附金では、前年同様、ふるさとルネッサンス事業に対する寄附金を200万円計上いたしております。


 17款繰入金では、7,589万1,000円の増額となっておりますが、財政調整基金繰入金の増額によるものであります。


 18款繰越金では、前年度と同額の1,000万円を計上いたしております。


 19款諸収入では、7,343万5,000円減の7億4,660万3,000円を計上いたしております。これは、県の河川改修工事に伴う旧機業場移転補償工事に対する補償費の皆減によるものでございます。


 20款市債では、普通交付税の振り替えである臨時財政対策債をはじめ、交付税措置のある一般公共事業債を中心に借り入れることとし、総額では5億2,410万円を計上いたしております。これは、前年度比2億2,550万円の減額となったものでありますが、勝山ニューホテル大規模改修工事に伴う市町村振興基金貸付金や、まちづくり交付金事業に伴う一般単独事業債の大幅減、児童館建設に伴う社会福祉施設整備事業債の廃止などが主な要因になっております。


 次に、5ページの歳出につきまして御説明いたします。


 1款議会費におきましては、議員報酬費の減などで、前年度比711万2,000円減額の1億6,712万6,000円となっております。


 2款総務費では、勝山ニューホテル管理費等で減額となっているものの、大野・勝山地区広域行政事務組合負担金や選挙執行費で増額となったことや、新たに平成18年豪雪で課題となった不在家屋対応のための経費を計上したことなどにより、前年度比2,152万5,000円増額の15億5,053万4,000円となっております。


 3款民生費では、前年度比2,314万円増額の26億1,882万9,000円を計上しております。職員人件費や地域福祉バス事業費、平成18年度中に完了した児童館建設事業費などで減額となっていますが、3歳未満乳幼児支給加算に対応するための児童手当等給付費を増額したのをはじめ、教育委員会と連携して、成器南小学校の余裕教室で新たに放課後児童クラブを開設することとし、児童センター管理運営費と放課後児童健全育成事業費あわせて、前年度比1,991万4,000円増額の6,806万2,000円を計上しております。さらには、荒土児童ホールの増築工事費に2,040万円を計上するなど、子育て支援の充実を図っております。


 4款衛生費では、職員人件費や廃棄物処理対策事業費等の減などにより、前年度比5,914万4,000円の減額。


 5款労働費では、勤労婦人センターの屋根防水工事費を計上したことなどにより、前年度比373万4,000円の増額となっております。


 6款農林水産業費では、外山エリア再生交付金事業費や、生産基盤整備をサポートするため、北部及び北部第2地区等で県営土地改良事業に対する負担金を増額したことに加え、農林環境保全をするため、本年度より5か年の継続事業として農地・水・環境向上対策支援事業に取り組むこととし、1,285万5,000円を新たに計上しております。一方、快適でふれあいのある集落整備事業費で1,500万円の皆減、道整備交付金事業費で、前年度比6,175万円と大幅に減額し、全体では前年度比1,231万6,000円減額の6億5,999万円を計上いたしております。


 6ページへまいりまして、7款商工費につきましては、地場産業振興センター補助金を209万5,000円減額、指定管理者制度の導入の効果等により温泉センター管理費を180万円減額したことなどにより、前年度比1,511万1,000円の減額計上となっております。


 8款土木費では、市民憩いの場である長山公園のリフレッシュ事業に7,200万円を新たに計上したほか、弁天緑地の照明工事や、やすらぎの場創出のためのベンチ整備に600万円、定住化促進事業費補助金に1,645万円を計上するなど、定住環境の充実を図っております。一方で、下水道特別会計の繰出金が1億693万3,000円、まちづくり交付金事業費が7,000万円減額となったことや、事業完了に伴い地方道路交付金事業費が3,700万5,000円皆減したことなどにより、全体では前年度比1億1,573万2,000円減額の14億9,693万6,000円となっています。


 9款消防費では、前年度比1,606万8,000円増額の3億1,218万5,000円となっております。新たな取り組みといたしましては、救急業務の高度化を促進するため、高規格救急車1台を増強する経費3,063万4,000円を計上いたしております。


 10款教育費では、成器南小学校の余裕教室を活用して新たに児童教室を開設し、既存の児童センター等とあわせまして、全小学校下で放課後児童プラン推進事業に取り組むため、学習アドバイザーの配置や改修工事費として1,172万2,000円を計上しております。また、霊峰白山と山麓の文化的景観の世界遺産登録を目指して、世界遺産登録推進事業費166万4,000円を新たに計上いたしました。教育費全体では、平成18年度中に事業が完了した小・中学校の耐震診断委託料や、県の河川改修工事に伴う旧機業場移転補償工事費などが皆減となり、前年度比9,614万3,000円減額の10億4,687万9,000円となっております。


 次に、12款公債費では、償還利子については、前年度に引き続き減額となっていますが、償還元金では、臨時財政対策債の償還が大幅増となったため、前年度比4,938万6,000円増額の11億6,272万円となっております。


 13款諸支出金は、前年度と同額の5,000万円を、14款予備費におきましても、前年度と同額の400万円を計上いたしております。


 1枚おめくりいただきまして、8ページをお開きください。


 「第2表 債務負担行為」では、福井県信用保証協会に対する損失補償を、平成25年度まで限度額300万円とすることを定めるものであります。


 続いて、「第3表 地方債」では、本年度実施する各事業での起債の同意が予定されているものについて、その限度額、起債の方法等について定めるものですが、本年度の起債限度額は、観光施設整備事業など5億2,410万円となり、起債の方法、償還の方法については記載のとおりであり、利率は、昨年と同様5%以内としております。


 以上、平成19年度勝山市一般会計予算につきまして御説明いたしました。


○議長(北山謙治君) 山本教育部長。


   (教育部長 山本一郎君 登壇)


○教育部長(山本一郎君) ただいま上程されました議案第2号、平成19年度勝山市育英資金特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ3,732万4,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページ、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款財産収入154万3,000円は、多田育英基金の利子収入であります。


 3款繰越金10万円は、18年度決算剰余金見込額であります。


 4款諸収入3,568万1,000円は、貸し付けてあります平成19年度中の償還金であります。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款育英事業費3,732万4,000円は、19年度の奨学金です。


 以上、議案第2号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) ただいま上程されました議案第3号、4号、5号及び6号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第3号、平成19年度勝山市下水道事業特別会計予算について説明申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ13億2,196万6,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては「第2表 地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を15億円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明を申し上げます。


 1款分担金及び負担金1,153万3,000円は、受益者負担金でございます。


 2款使用料及び手数料3億3,151万6,000円は、下水道使用料が主なものでございます。


 3款国庫支出金1億100万円は、下水道整備に対する交付金と、浄化センター改築に対する国庫補助金でございます。


 4款県支出金170万円は、浄化センター改築に対する県補助金でございます。


 5款繰入金6億2,856万円は、一般会計からの繰入金でございます。


 7款諸収入295万7,000円は、県からの下水管移設補償費と消費税還付金が主なものでございます。


 8款市債2億4,470万円は、下水道債でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款下水道事業費5億428万8,000円の主な内容といたしましては、職員人件費等の下水道総務費、下水管渠布設と処理施設の改築など下水道建設費、そして、浄化センターの維持管理及び下水道使用料徴収などの浄化センター費でございます。


 2款公債費8億1,717万8,000円は、市債償還元金と利子が主なものでございます。


 3款予備費としまして、50万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして、4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、下水道建設事業にかかるもので、限度額は2億4,470万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第3号について説明申し上げました。


 次に、議案第4号、平成19年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算について説明申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億5,809万8,000円といたしたいものでございます。内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては、「第2表地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を3億円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金1,999万8,000円は、農業集落排水事業の分担金でございます。


 2款使用料及び手数料1,219万5,000円は、排水処理施設使用料が主なものでございます。


 3款県支出金2,400万円は、勝山東部地区及び伊知地坂東島地区に対する県補助金でございます。


 4款繰入金7,066万円は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款諸収入374万5,000円は、消費税還付金でございます。


 6款市債1億630万円は、勝山東部地区及び伊知地坂東島地区の下水道事業債でございます。


 8款国庫支出金1億2,120万円は、勝山東部地区及び伊知地坂東島地区の交付金でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款農業集落排水事業費3億59万8,000円の主な内容といたしましては、勝山東部地区と、平成19年度から新たに事業に着手する伊知地坂東島地区の建設費、そして、処理施設の管理運営費でございます。


 2款公債費5,730万円は、市債償還元金と利子が主なものでございます。


 4款予備費としまして、20万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、農業集落排水事業にかかるもので、限度額は1億630万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第4号について説明申し上げました。


 次に、議案第5号、平成19年度勝山市簡易水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億4,500万8,000円といたしたいものでございます。内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては、「第2表地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を5,000万円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金4,850万3,000円は、簡易水道事業に伴う地元負担金でございます。


 2款使用料及び手数料1,968万5,000円は、使用料金でございます。


 3款国庫支出金1,525万9,000円は、鹿谷地区簡易水道統合整備に対する国庫補助金でございます。


 4款財産収入8万5,000円は、簡易水道基金の利子でございます。


 5款繰入金2,777万6,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 8款市債3,370万円は、簡易水道事業債でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款簡易水道事業費9,905万1,000円の主な内容といたしましては、維持管理費等の管理費と、鹿谷地区簡易水道統合整備事業の改良費でございます。


 2款公債費4,575万7,000円は、市債償還元金と利子でございます。


 3款予備費としまして、20万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして、4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、簡易水道統合整備事業にかかるもので、限度額は3,370万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第5号について説明申し上げました。


 次に、議案第6号、平成19年度勝山市水道事業会計予算について説明申し上げます。


 第2条業務の予定量でございますが、給水戸数を6,961戸、年間総給水量を250万立方メートル、1日平均給水量を7,000立方メートル、主要な建設改良事業は、第6次拡張変更事業及びダム取水事業で、事業費を1億450万3,000円といたしたいものでございます。


 第3条収益的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第1款水道事業収益3億6,244万7,000円の内訳として、第1項営業収益は、水道料金加入金等の3億4,661万7,000円、第2項営業外収益は、預金利息、消費税還付金等に1,583万円でございます。


 次に、支出の第1款水道事業費用3億6,232万7,000円の内訳として、第1項営業費用は、各施設の維持管理費、固定資産減価償却費等に2億6,614万2,000円、第2項営業外費用は、企業債利息、繰延勘定償却等に9,518万4,000円、第3項予備費として100万円、第4項特別損失は、過年度損益修正損として1,000円でございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。第4条資本的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第2款資本的収入1億355万2,000円の内訳として、第1項負担金は、加入者負担金として477万8,000円、第2項国庫支出金は、浄土寺川ダム建設負担金に対する補助金として2,772万2,000円、第4項繰入金は、一般会計等他会計からの繰入金として3,485万2,000円、第5項企業債は、拡張事業費等の水道事業債として3,620万円でございます。


 次に、支出の第2款資本的支出2億5,915万1,000円の内訳として、第1項建設改良費は、浄土寺川ダム建設負担金、施設の改良工事等として1億3,069万9,000円、第2項企業債償還金は、水道事業債の元金償還金として1億2,448万7,000円、第3項開発費は、平成16年度に5か年の債務負担行為で契約した上水道台帳作成業務と企業会計システム更新の平成19年度分、396万5,000円でございます。


 この結果、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億5,559万9,000円は、当年度分損益勘定留保資金で補てんするものでございます。


 第5条企業債について説明申し上げます。起債の目的は、第6次拡張変更事業及びダム取水事業で、限度額は3,620万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 次に、3ページの、第6条一時借入金の限度額を1億5,000万円といたしたいものでございます。


 第7条予定支出の各項の経費の金額の流用は、記載のとおりでございます。


 第8条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費4,507万8,000円でございます。


 第9条たな卸資産購入限度額は、たな卸資産の購入限度額を800万円とするものでございます。


 以上、議案第3号、4号、5号及び6号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 石田市民・環境部長。


   (市民・環境部長 石田忠夫君 登壇)


○市民・環境部長(石田忠夫君) 上程されました議案第7号及び議案第8号の2件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第7号、平成19年度勝山市国民健康保険特別会計予算でございますが、第1条により、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ27億8,938万7,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、2ページの、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款国民健康保険税6億589万4,000円は、前年度に比べ314万4,000円の増額を見込むものでございます。


 2款使用料及び手数料8万2,000円は、税の督促手数料でございます。


 3款国庫支出金6億7,719万2,000円は、療養給付費負担金及び財政調整交付金等ですが、前年度に比べ3,650万8,000円の増額で計上いたしております。


 4款療養給付費等交付金8億9,317万2,000円は、支払基金からの交付金ですが、前年度に比べ2億2,851万7,000円の増額としております。


 5款県支出金は、昨年に導入された県調整交付金制度の予測により9,949万8,000円を計上し、前年度に比べ7,275万円の減額としております。


 6款共同事業交付金は、昨年10月の制度改正により保険財政共同安定化事業交付金が新設されたことから1億9,882万6,000円を計上し、前年度に比べ1億5,837万2,000円の増額で計上いたしております。


 7款財産収入222万5,000円は、基金利子でございます。


 8款繰入金2億8,372万2,000円は、一般会計及び基金からの繰入金でございます。


 9款繰越金は、2,000円を計上いたしました。


 10款諸収入2,877万4,000円は、延滞金、第三者納付金及び不正請求にかかる返納金等でございます。


 続きまして、4ページでございますが、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費6,019万6,000円は、職員人件費、一般管理諸経費、賦課徴収諸経費及び趣旨普及費等を計上いたしております。


 2款保険給付費18億4,404万7,000円は、療養諸費、高額療養費、出産育児諸費及び葬祭諸費などですが、国保加入者の増及び医療費の伸びにより、前年度に比べ1億5,273万8,000円の増額で計上いたしております。


 3款老人保健拠出金4億8,612万2,000円は、老人医療費として社会保険診療報酬支払基金へ拠出するものでございます。


 4款介護納付金1億2,942万6,000円は、介護保険第2号被保険者の負担金として、同じく支払基金へ納付するものでございます。


 5款共同事業拠出金2億1,662万4,000円は、高額医療及び、昨年導入された保険財政共同安定化事業の費用として国保連合会へ拠出するものですが、前年度に比べ1億7,616万8,000円の増額で計上いたしております。


 6款保健事業費3,388万7,000円は、医療費通知事業、各種検診事業及びすこやか健康づくり事業の費用を計上いたしております。


 7款基金積立金は、基金利子の積立金として222万5,000円を計上いたしております。


 8款諸支出金686万円は、保険税過年度還付金及び高額療養費の貸付金等でございます。


 9款予備費は、前年度と同額の1,000万円を計上いたしております。


 次に、議案第8号、平成19年度勝山市老人保健特別会計予算でございますが、第1条により、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ33億510万3,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、2ページの、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款支払基金交付金16億1,561万9,000円は、医療費及び審査手数料にかかる交付金ですが、前年度に比べ1億9,894万5,000円の減額で計上いたしております。


 2款国庫支出金9億5,708万3,000円は、医療費及び新たな後期高齢者医療制度への負担金ですが、前年度に比べ8,185万5,000円の減額としております。


 3款県支出金2億3,838万2,000円は、医療費負担として、前年度に比べ2,115万3,000円の減額としております。


 4款繰入金2億6,833万9,000円は、医療費の市負担金及び事務費として一般会計からの繰り入れによるものでございます。


 5款繰越金は、1,000円を計上いたしました。


 6款諸収入2億2,567万9,000円は、第三者納付金及び不正請求にかかる返納金等でございます。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費3,288万3,000円は、職員人件費、一般管理諸経費及び新たな後期高齢者医療事業の費用を計上いたしております。


 2款医療諸費32億7,192万円は、医療給付費等の負担金及び審査支払諸経費として、前年度に比べ3億2,287万3,000円の減額で計上いたしております。


 4款予備費は、前年度と同額の30万円を計上いたしました。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 石倉健康長寿課長。


   (健康長寿課長 石倉充男君 登壇)


○健康長寿課長(石倉充男君) 上程されました議案第9号、平成19年度勝山市介護保険特別会計予算について、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ、保険事業勘定21億6,236万2,000円、介護サービス事業勘定1,225万5,000円といたしたいものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページ、「第1表 歳入歳出予算」の保険事業勘定により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款保険料4億522万円は、65歳以上の第1号被保険者の保険料でございます。


 3款使用料及び手数料3万4,000円は、督促手数料でございます。


 4款国庫支出金4億9,332万4,000円は、介護給付費の国庫負担金3億3,446万8,000円と調整交付金等の国庫補助金1億5,885万6,000円でございます。


 5款支払基金交付金6億1,406万6,000円は、40歳以上65歳未満の第2号被保険者保険料の介護給付費交付金6億735万9,000円が主なものでございます。


 6款県支出金3億1,575万7,000円は、介護給付費県負担金3億228万円と、地域支援事業交付金など県補助金1,347万7,000円でございます。


 8款財産収入13万7,000円は、介護給付費準備基金の利子でございます。


 10款繰入金3億3,345万4,000円は、一般会計からの介護給付費繰入金等3億2,888万7,000円と、介護サービス事業勘定繰入金456万7,000円でございます。


 11款繰越金1,000円は、前年度決算剰余金でございます。


 13款諸収入36万9,000円は、雑入や預金利子等でございます。


 次に、4ページの歳出でございますが、1款総務費6,406万3,000円は、職員人件費等の総務管理費4,017万8,000円及び介護認定審査会費2,175万7,000円、その他、徴収費等でございます。


 2款保険給付費19億5,921万9,000円は、居宅及び施設の介護サービス等諸費17億5,242万9,000円と介護予防サービス等諸費1億1,075万円、そのほか、特定入所者介護サービス等費でございます。


 3款財政安定化基金拠出金219万円は、県の財政安定化基金への拠出金でございます。


 4款地域支援事業費7,220万9,000円は、地域支援事業管理費3,997万円、介護予防事業費886万5,000円及び包括的支援事業任意事業費2,337万4,000円でございます。


 5款基金積立金6,400万1,000円は、勝山市介護給付費準備基金への積立金でございます。


 7款予備費として、50万円を計上させていただきました。


 8款諸支出金18万円は、死亡などによります第1号被保険者保険料還付金でございます。


 次に、36ページを御覧ください。「第1表 歳入歳出予算」介護サービス事業勘定により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款サービス収入1,225万5,000円は、介護予防サービス計画作成料の収入でございます。


 次に、歳出でございますが、1款事業費768万8,000円は、介護予防サービス計画作成のための委託料でございます。


 2款諸支出金456万7,000円は、保険事業勘定への繰出金でございます。


 以上、議案第9号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 境井農林政策課長。


   (農林政策課長 境井義樹君 登壇)


○農林政策課長(境井義樹君) ただいま上程されました議案第10号、平成19年度勝山市市有林造成事業特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条により歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,647万3,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。


 「第1表 歳入歳出予算」の歳入でございますが、1款分担金及び負担金の22万4,000円は、水呑谷林道修繕にかかる県有林の負担金でございます。


 2款県支出金257万9,000円は、森林居住環境整備事業による市有林の施業に対する県補助金でございます。


 3款財産収入1,131万9,000円の主なものは、市有林貸付地代及び公共事業等による支障木売払収入でございます。


 4款繰入金1,220万1,000円は、市有林造成事業基金からの繰入金でございます。


 5款繰越金10万円は、決算剰余金を見込んでおります。


 6款諸収入5万円は、公共事業等に伴います立木伐採補償金でございます。


 次に、歳出につきまして説明申し上げます。


 1款市有林造成費2,076万円は、主に市有林造成事業に要する職員人件費及び市有林造成事業費でございます。


 2款公債費551万3,000円は、造林債の元利償還金でございます。


 3款予備費は、前年度と同額の20万円を計上いたしております。


 以上、議案第10号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 松村総務部長。


   (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) 議案第11号、平成18年度勝山市一般会計補正予算(第6号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、3月補正の性格上、各事業や補助金の精算のほか、事業費の組み替え等を補正するものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ7,586万6,000円を減額し、112億8,566万9,000円とするものでございます。


 第2条繰越明許費、第3条地方債の補正につきましては、それぞれのところで御説明いたします。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」について御説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、11款分担金及び負担金では、247万2,000円を減額するものですが、農地等災害復旧事業の地元負担金の減額などが主なものです。


 12款使用料及び手数料では、東山いこいの森使用料、幼稚園保育料、閲覧手数料などの減により291万5,000円を減額するものでございます。


 13款国庫支出金では、6,416万7,000円を減額いたしておりますが、主なものは、障害者支援費負担金や保育園運営費負担金、生活保護扶助負担金、公共土木施設災害復旧事業補助金等を、歳出の執行見込み額にあわせて減額するものであります。


 14款県支出金では、3,030万6,000円の減額補正となっておりますが、それぞれ、事業費の精算によるものでございます。


 15款財産収入では、財政調整基金利子などの増により52万2,000円の増額となっております。


 16款寄附金では、教育費寄附金ということで100万円を計上いたしておりますが、寄附者御本人の御意向により、学校図書備品の充実に充当させていただいております。


 17款繰入金では、原山地域振興基金からの繰入金を新たに41万7,000円計上いたしております。


 18款繰越金では、今回、1億59万6,000円を増額補正することで、平成17年度からの繰越金3億6,640万4,000円を、全額、予算化しております。


 19款諸収入では、5,414万1,000円の減額補正をいたすものですが、土地開発公社貸付金収入の減額が主なものでございます。


 20款市債では、道路橋梁債で、豪雪事業対策債から交付税措置のある臨時地方道整備事業債に増額して振り替えしたほかは、それぞれ事業の確定による減額変更等により、全体で2,440万円の減額となっております。


 次に、3ページに移りまして歳出でありますが、1款議会費では、議員活動費の減額などによりまして42万3,000円を減額しております。


 2款総務費では、財政調整基金積立金の増などで、全体では1億9,481万1,000円の増額補正をいたしております。


 3款民生費では、1億5,262万7,000円の減額補正をいたしております。これは、障害者支援費で8,175万9,000円を、執行見込みにあわせて減額するのをはじめ、各事業の精算が主なものでございます。


 4款衛生費では、国民健康保険特別会計への繰出金が、保険税軽減分等の影響により892万6,000円の増額となっているものの、各事業を精算することにより903万6,000円の減額計上をいたしております。


 5款労働費は、各事業の精算により175万4,000円の減額となったものでございます。


 6款農林水産業費では、各事業の精算のほか、土地改良事業にかかる県営事業負担金が1,337万6,000円の増額となり、全体では1,255万9,000円の増額で補正計上しております。


 7款商工費では、工業振興助成金を102万2,000円の増額、福井県信用保証協会に対する損失補償契約に基づく補償金を395万2,000円増額しておりますが、企業誘致対策費で377万1,000円の減額、中小企業振興対策資金保証料補給金で536万3,000円の減額、温泉センター特別会計の繰出金を122万6,000円の減額とし、全体では516万6,000円の減額補正としております。


 8款土木費では、除雪関係費などで増額になっておりますが、国県道改良事業負担金等で減額となっており、1,845万6,000円の減額補正となっております。


 9款消防費では、38万5,000円の減額。


 10款教育費につきましても、1,617万円の減額を、各事業の精算などによりまして計上いたしております。


 11款災害復旧費では、2,410万9,000円の減額補正になっておりますが、事業の精算によるものでございます。


 12款公債費では、511万円を減額いたしておりますが、市債償還利子の減が主なものでございます。


 13款諸収入では、土地開発公社への貸付金5,000万円を減額いたしております。


 5ページに移りまして、「第2表 繰越明許費」につきましては、歳出予算のうち諸般の事情により年度内に支出が終わらない見込みのもの10件を計上させていただきました。


 続きまして、6ページの「第3表 地方債補正」について御説明申し上げます。


 今回の補正につきましては、事業費の確定などによりまして、起債額を限度額のとおり変更するものでございます。その他、起債の方法、利率、償還の方法については、変更がございません。


 以上、平成18年度一般会計補正予算(第6号)につきまして御説明いたしました。


○議長(北山謙治君) 山本教育部長。


   (教育部長 山本一郎君 登壇)


○教育部長(山本一郎君) ただいま上程されました議案第12号、平成18年度勝山市育英資金特別会計補正予算(第1号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、決算見込みなどによる補正をいたすものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ488万3,000円を追加し、4,164万円といたすものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページ、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から御説明申し上げます。


 1款財産収入12万円の減額は、多田育英基金の利子収入であります。


 3款繰越金500万3,000円の増額は、17年度決算剰余金であります。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款育英事業費488万3,000円の増額は、決算見込みによる育英基金繰出金であります。


 以上、議案第12号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) ただいま上程されました議案第13号、14号、15号及び16号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第13号、平成18年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第5号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、事業費の組み替え等について所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ435万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ17億677万3,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 5款繰入金299万9,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 7款諸収入135万8,000円の減額は、大蓮寺川改修に伴う下水管移設工事費の確定による県からの補償費減額が主なものでございます。


 次に、歳出の1款下水道事業費435万7,000円の減額は、事業の精算に伴う減額のほか、事業費の組み替えをするものでございます。


 2款公債費は、市債償還金の元金と利子の組み替えでございます。


 以上、議案第13号について説明申し上げました。


 次に、議案第14号、平成18年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費の精算について所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ131万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億216万1,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費につきましては、「第2表 繰越明許費」で、第3条地方債の補正につきましては、「第3表 地方債補正」のところで説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款分担金及び負担金15万円の増額は、分担金でございます。


 4款繰入金30万2,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款諸収入23万8,000円の増額は、消費税還付金でございます。


 6款市債140万円の減額は、事業費の減額によるものでございます。


 次に、歳出の1款農業集落排水事業費131万4,000円の減額は、勝山西部地区事業費の精算に伴う減額が主なものでございます。


 2款公債費は、財源の組み替えでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明申し上げます。


 1款農業集落排水事業費におきまして、勝山東部地区交付金事業のうち、年度内に事業の完成を見込むことのできない2,500万円の繰り越しをするものでございます。


 「第3表 地方債補正」でございますが、勝山西部地区事業費の減額に伴い、限度額を140万円減額し1億2,150万円とするもので、起債の方法、利率及び償還の方法については、変更はありません。


 以上、議案第14号について説明申し上げました。


 次に、議案第15号、平成18年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について説明申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、基金積立金について補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,404万9,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 歳入の2款使用料及び手数料5万円の増額は、簡易水道使用料金でございます。


 次に、歳出の1款簡易水道事業費5万円の増額は、消費税の減額と簡易水道基金会計の積み立てによる増額によるものでございます。


 以上、議案第15号について説明申し上げました。


 次に、議案第16号、平成18年度勝山市水道事業会計補正予算(第5号)について説明申し上げます。


 今回の補正は、事業の精算について補正をするものでございます。


 第2条業務の予定量の補正でございますが、予算第2条に定めた業務の予定量1,320万円の減額は、建設改良費における事業の精算に伴うものでございます。


 第3条収益的支出の補正でございますが、予算第3条に定めた支出の第1款水道事業費用の第1項営業費用188万円の減額は、立川水源地の改良工事に伴い、洗管作業を中止したことによる減額が主なものでございます。 第2項営業外費用93万3,000円の減額は、企業債支払利息の減額が主なものでございます。


 第4項特別損失66万7,000円の増額は、水道料金不納欠損額でございます。


 第4条資本的支出の補正でございますが、予算第4条本文括弧書きを「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億3,614万1,000円は、過年度分損益勘定留保資金1億348万4,000円と、当年度分損益勘定留保資金1億3,265万7,000円で補てんするもの」に改めるもので、その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。


 第2款資本的支出の第1項建設改良費1,320万円の減額は、事業費の精算によるものでございます。


 第2項企業債償還金12万3,000円の増額は、企業債の借り換えに伴う償還元金でございます。


 以上、議案第13号、14号、15号及び16号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 石田市民・環境部長。


   (市民・環境部長 石田忠夫君 登壇)


○市民・環境部長(石田忠夫君) 上程されされました議案第17号及び第18号の2件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第17号、平成18年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)でございますが、今回の補正は、決算見込み等による所要の補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条により、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,492万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億4,684万2,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1ページの、「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 3款国庫支出金73万円の増額は、財政調整交付金等の見込みによるものでございます。


 4款療養給付費等交付金1,351万3,000円の増額は、退職被保険者にかかる交付金の見込みによるものでございます。


 5款県支出金1,000万円の減額は、県調整交付金の見込みによるものでございます。


 6款共同事業交付金1,534万1,000円の増額は、高額医療費共同事業交付金の見込みによるものでございます。


 7款財産収入47万6,000円の増額は、基金利子でございます。


 8款繰入金5,377万4,000円の減額は、基金繰入金の減が主なものでございます。


 9款繰越金6,495万7,000円の増額は、前年度決算剰余金でございます。


 10款諸収入1,631万5,000円の減額は、不正請求にかかる返納金が主なものでございます。


 続きまして、2ページでございますが、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費47万5,000円の減額は、事務費及び委員報酬等の精算見込みによるものでございます。


 2款保険給付費2,081万5,000円の増額は、高額療養費等の見込みによるものでございます。


 3款老人保健拠出金及び4款介護納付金は、財源の組み替えでございます。


 6款保健事業費588万8,000円の減額は、検診事業等の見込みによるものでございます。


 7款基金積立金47万6,000円の増額は、基金利子の積み立てでございます。


 次に、議案第18号、平成18年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第5号)でございますが、今回の補正は、決算見込み等による所要の補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条により、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億5,024万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ35億2,643万5,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1ページでございますが、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款支払基金交付金4,993万5,000円の増額は、医療交付金の見込みによるものでございます。


 2款国庫支出金1,978万6,000円及び3款県支出金486万3,000円の増額は、老人医療費における国、県の負担金見込みによるものでございます。


 4款繰入金329万6,000円の減額は、一般会計からの繰り入れを減額するものですが、事務費の見込みによるものでございます。


 6款諸収入2億2,153万1,000円の減額は、不正請求にかかる返納金等の減額によるものでございます。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費782万9,000円の減額は、不正請求事件にかかる保証金の不用額が主なものでございます。


 2款医療諸費1億4,241万4,000円の減額は、医療給付費等の見込みによるものでございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 石倉健康長寿課長。


   (健康長寿課長 石倉充男君 登壇)


○健康長寿課長(石倉充男君) 上程されました議案第19号、平成18年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、保険給付費の減額等により所要の補正をするものでございます。


 第1条保険事業勘定におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,241万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億6,425万9,000円といたすものでございます。


 また、サービス事業勘定におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ357万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ516万8,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費につきましては、後ほど御説明申し上げます。


 第1条の内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。


 「第1表 歳入歳出予算補正」の保険事業勘定により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、4款国庫支出金955万3,000円の減額、5款支払基金交付金801万円の減額、6款県支出金49万6,000円の追加は、歳出の保険給付費及び地域支援事業費の減額及び財源の組み替えに伴うものでございます。


 8款財産収入4万3,000円の追加は、介護給付費準備基金の利子でございます。


 10款繰入金539万2,000円の減額は、歳出の保険給付費及び地域支援事業費の減額に伴うものでございます。


 2ページを御覧ください。


 次に、歳出でございますが、1款総務費241万4,000円の追加は、介護保険システムの改修にかかる費用でございます。


 2款保険給付費2,583万7,000円の減額は、介護サービス等諸費の追加、介護予防サービス等諸費及び特定入所者介護サービス等費の減額によるものでございます。


 4款地域支援事業費336万9,000円の減額は、地域支援事業管理費、介護予防事業費、包括的支援事業・任意事業費の減額によるものでございます。


 5款基金積立金437万6,000円の追加は、介護給付費準備基金積立金の追加でございます。


 2ページ下段を御覧ください。


 「第2表 繰越明許費」について御説明を申し上げます。


 1款総務費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことができない医療制度改正に伴う介護保険システム改修事業の費用241万4,000円の繰り越しをいたすものでございます。


 次に、13ページを御覧ください。


 「第1表 歳入歳出予算補正 サービス事業勘定」により説明申し上げます。


 歳入でございますが、1款サービス収入357万7,000円の減額は、介護予防計画作成数の見込み減によるものでございます。


 歳出でございますが、1款事業費207万7,000円の減額は、介護予防計画作成の委託見込み数の減によるものでございます。


 2款諸支出金150万円の減額は、保険事業勘定への繰出金の減額でございます。


 以上、議案第19号について御説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 休憩いたします。


────────────────────


午前11時59分 休憩


午後 1時06分 再開


────────────────────


○議長(北山謙治君) 再開いたします。


 午前に引き続き、提案理由の説明を求めます。


○議長(北山謙治君) 冨田商工観光課長。


   (商工観光課長 冨田正一君 登壇)


○商工観光課長(冨田正一君) 上程されました議案第20号、平成18年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、勝山温泉センター「水芭蕉」の平成17年度事業における消費税及び入湯税の額の確定により補正計上いたすものでございます。


 第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ107万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ192万1,000円といたすものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、「第1表 歳入歳出予算補正」につきまして説明を申し上げます。


 まず、歳入でございますが、2款繰入金を122万6,000円減額し、177万4,000円といたしております。これは、一般会計からの繰入金でございます。


 4款雑入では、前年度消費税の還付金14万7,000円を計上いたしております。


 次に、歳出でございますが、1款温泉センター管理費につきまして、平成17年度事業の消費税及び入湯税の額の確定により、107万9,000円を減額するものでございます。


 以上、議案第20号につきまして御説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 境井農林政策課長。


   (農林政策課長 境井義樹君 登壇)


○農林政策課長(境井義樹君) ただいま上程されました議案第21号、平成18年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業の確定、精算に伴い、所要の補正をいたすものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ60万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,690万5,000円と定めるものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、1款分担金及び負担金3万4,000円の減額は、水呑谷林道補修に伴う県負担金の減によるものでございます。


 2款県支出金50万6,000円の増額は、市有林造成事業の確定に伴う県補助金の増額でございます。


 3款財産収入58万7,000円の減額は、主に市有林貸付地代の減少によるものでございます。


 4款繰入金151万9,000円の減額は、歳出に見合う歳入の補正で、基金繰入金を減額するものでございます。


 5款繰越金95万1,000円の増額は、前年度の決算剰余金でございます。


 6款諸収入7万5,000円の増額は、電力事業による立木伐採補償金等の増によるものでございます。


 次に、歳出ですが、1款市有林造成費の60万8,000円の減額は、主に国庫補助対象額の確定によるものでございます。


 以上、議案第21号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 酒井秘書・広報課長。


   (秘書・広報課長 酒井重光君 登壇)


○秘書・広報課長(酒井重光君) ただいま上程されました議案第22号、議案第23号、議案第24号及び議案第25号の4件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第22号、勝山市教育長の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてでございますが、教育公務員特例法との整合性を図るため、引用条項を改めたいため、本案を提出するものでございます。


 なお、この改正条例は、公布の日から施行するものでございます。


 次に、議案第23号、勝山市職員の給与に関する条例の一部改正についてでございますが、平成18年の人事院給与勧告により国家公務員の給与が改正されたことに準じ、市職員の給与を改めること及び関連法律等との整合性並びに字句の整備を図りたいため、本案を提出するものでございます。


 主な改正内容は、配偶者以外の扶養手当の支給月額を6,000円に引き上げるものでございます。また、災害派遣手当を新設することとし、災害対策基本法及び武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に規定される災害派遣手当に対応する手当を支給することとするものでございます。


 なお、この条例は、平成19年4月1日から施行するものでございます。


 次に、議案第24号、勝山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてでございますが、国家公務員の休息時間の廃止及び休憩時間の見直しに準じ、勝山市職員の勤務時間の適正化を図るため、本案を提出するものでございます。


 主な改正内容は、休息時間を廃止し、休憩時間は1時間を基本とするものでございます。


 なお、この条例は、平成19年4月1日から施行するものでございます。


 次に、議案第25号、福井県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合規約の変更についてでございますが、福井県市町総合事務組合に、平成19年4月1日から福井県後期高齢者医療広域連合及び坂井地区水道用水事務組合を加入させ、「勝山・上志比衛生管理組合」の名称を「勝山・永平寺衛生管理組合」に改めるとともに、規約に会計管理者の条文を加えることについて協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この規約は、知事の許可の日から施行するものでございます。


 以上、議案第22号、議案第23号、議案第24号及び議案第25号について提案理由の説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 齊藤未来創造課長。


   (未来創造課長 齊藤雅昭君 登壇)


○未来創造課長(齊藤雅昭君) ただいま上程されました議案第26号、大野・勝山地区広域行政事務組合規約の一部変更について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、地方自治法の一部を改正する法律の施行等に伴い、同組合規約を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 今回の規約変更の内容でございますが、まず、第4条、組合の事務所は、「管理者所在の市に置く」とされているのを「大野市南新在家第28号1番地に置く」とするものでございます。


 次に、第8条見出し中及び同条括弧中における「収入役」とあるのを「会計管理者」に、「助役」を「副市長」に改め、「またはその事務を兼掌する者」を削除するものでございます。


 また、第6項では、「参事及び収入役」とあるのを「及び参事」に、「助役及び収入役またはその事務を兼掌する者」を「及び副市長」に改めるものでございます。


 なお、この規約は、知事の許可の日から施行するものでございます。


 以上、議案第26号につきまして提案理由の説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 福田税務課長。


   (税務課長 福田豊彦君 登壇)


○税務課長(福田豊彦君) 上程されました議案第27号及び議案第28号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第27号、勝山市税条例の一部改正についてですが、本案は、市税の前納報奨金制度について、個人の市民税にかかる前納報奨金を交付しないこととするため、この案を提出するものであります。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、市税条例の第42条を削除し、現在、対象外となっております法人や会社員等と同様、個人の市民税においても前納報奨金を交付しないこととするものであります。


 なお、今回の改正は、平成19年4月1日から施行いたしたいものであります。


 次に、議案第28号、低開発地域工業開発促進法の施行に伴う市税の特例に関する条例の廃止について説明を申し上げます。


 本案は、当市が昭和38年10月に低開発地域工業開発促進法の対象地区に指定されてから、適用申請期限の40年間が平成15年10月に満了し、本条例で定める申請の翌年度から3か年度、固定資産税を課税免除する規定が平成18年度で終了することにより、この案を提出するものであります。


 なお、この条例の施行は、公布の日からいたすものであります。


 以上、議案第27号及び議案第28号の2件につきまして、説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 山本教育部長。


   (教育部長 山本一郎君 登壇)


○教育部長(山本一郎君) ただいま上程されました議案第29号及び議案第30号について、提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第29号、勝山市立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部改正についてですが、本案は、平成19年度から成器北幼稚園と村岡幼稚園を統合し、「村岡幼稚園」を「勝山中部幼稚園」に改称したことにより成器北幼稚園を廃園とするため、この案を提出するものです。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容ですが、第2条の表中「成器北幼稚園」の項を削るものでございます。


 なお、この条例は、福井県教育委員会の認可の日から施行するものです。


 次に、議案第30号、青少年問題協議会設置条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、地方青少年問題協議会法との整合性及び字句等の整備を図るため、この案を提出するものです。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容でございますが、「青少年問題協議会設置条例」を「勝山市青少年問題協議会設置条例」に改めるとともに、第1条、「青少年問題設置法」を「地方青少年問題協議会法」に改めます。


 このほか、地方青少年問題協議会法との整合を図るため、関係条項の移動及び字句等の修正をいたすものであります。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 以上、議案第29号及び議案第30号について、御説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 矢戸史蹟整備課長。


   (史蹟整備課長 矢戸松蔵君 登壇)


○史蹟整備課長(矢戸松蔵君) ただいま上程されました、議案第31号、勝山市文化財収蔵庫の設置及び管理に関する条例の制定につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、旧勝山市立鹿谷幼稚園を勝山市文化財収蔵庫として設置し、管理することにより、勝山市内に存在する文化財の保存及び活用事業の推進を図るために条例の制定を行うものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、第1条は設置について、第2条は名称及び位置について、第3条は管理について、第4条は委任について定めております。


 なお、この条例は、平成19年4月1日から施行するものでございます。


 以上、議案第31号について説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 上田建設部長。


   (建設部長 上田秋光君 登壇)


○建設部長(上田秋光君) ただいま上程されました議案第32号及び33号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第32号、損害賠償の額を定めることについて説明申し上げます。


 本案は、平成18年11月16日午前11時40分ごろ、鹿谷町本郷地係で、勝山市が管理する道路を走行していた勝山市鹿谷町〇〇第〇〇号〇〇番地、〇〇〇〇氏所有の自動車が鉄蓋をはね上げたことにより損傷し、損害賠償責任が生じましたので、これに対する損害賠償の額を32万8,765円と定めたく、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づきまして議会の議決を求めるものでございます。


 今後は、このような事故が起きないよう、道路の維持管理に十分注意いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


 次に、議案第33号、勝山市都市公園条例の一部改正について説明申し上げます。


 本案は、都市公園法の改正に伴うもので、主なものは、近年、都市公園において放置自転車等の工作物が放置され、公園利用者の利用阻害、管理面での支障を来しています。改善前では、工作物等を放置した相手方が不明な場合には、公告手続を得て、公園管理者等がみずから除却することができるとしていましたが、これらの保管、公示、売却、廃棄物等に関する規定は定められていませんでした。今回の都市公園法の改正により、これらの規定を定めることとなり、勝山市都市公園条例の一部を改正し、これらに対応するものでございます。


 なお、この条例は、平成19年4月1日から施行いたしたいものでございます。


 以上、議案第32号及び33号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) ただいま上程されました議案第34号、勝山市水道水源保護条例の制定について、その提案理由の説明を申し上げます。


 勝山市の水道にかかる水質の汚濁を防止し、正常な水及び水量を確保するため、その水源を保護することにより住民の生命及び健康を守ることを目的とするために、この条例を制定するものでございます。


 条例の主な内容でございますが、第1条では、条例の目的を定め、第2条では、条例で用いられる用語の意義について定めています。 第3条及び第4条では、水源の保護に必要な施策について、市及び市民等の責務を定め、第5条では、水源保護地域の指定について定めています。


 第6条では、水源保護地域内で対象事業場を設置する場合の手続について定め、第7条では、事業場設置の許可が出るまで対象事業場の建設工事に着手できないことを定めています。


 第8条では、水源保護地域内においては何人も規制対象事業場を設置できないことを定め、第9条では、違反した場合の建設中止命令を、第10条では、対象事業場を譲り受けた場合の承継について定めています。


 第11条では、対象事業場からの排出水の処理方法等について報告を求め、または、立入検査ができることを定めています。


 第12条では、対象事業場からの排出水により水源の汚濁が予想される場合は、改善命令ができること、第13条では、改善命令に従わなかった場合に、一時停止命令をすることについて定め、第14条では、これらのことについて公表することができることを定めています。


 第15条では、規制対象事業場に該当しない場合は、市長と水源保護協定を締結しなければならないことを定めています。


 第16条では、排出事業者に対し、水源保護地域内での水質及び水量についての指導について、第17条では、水源保護のために関係地方公共団体との相互協力について定めています。


 第18条及び第19条では、罰則について定めています。


 なお、この条例は、平成19年5月1日から施行したいものでございます。


 以上、議案第34号につきまして、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 門生活環境課長。


   (生活環境課長 門 善孝君 登壇)


○生活環境課長(門 善孝君) ただいま上程されました議案第35号、第36号の2件について、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第35号、勝山市公害防止条例の一部改正について説明を申し上げます。


 本案は、大気汚染防止法など、環境関連法等との整合性並びに字句等の整備を図るため提出するものでございます。


 改正内容について、次ページの新旧対照表により説明申し上げます。


 第2条においては、大気汚染防止法等、それぞれの関係する法律を引用して定めていますが、これを法律の改正により、それぞれ条項を改めるものでございます。


 また、第67条第1項中は、事故時の再発防止計画を求めたものであるため、計画に改めるものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 次に、議案第36号、勝山・上志比衛生管理組合規約の変更について説明を申し上げます。


 本案は、平成19年4月1日より、勝山市と永平寺町全域のし尿処理等をすることに伴い、組合の名称等を変更し、あわせて、地方自治法の一部改正により勝山・上志比衛生管理組合規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 改正内容について、次ページの新旧対照表により説明申し上げます。


 名称を「勝山・上志比衛生管理組合」から「勝山・永平寺衛生管理組合規約」に改め、第1条中「勝山・上志比衛生管理組合」を「勝山・永平寺衛生管理組合」に改めることとし、第3条中「(永平寺町については旧上志比村の区域に限る。)」を削り、第8条においては、この4月から地方自治法の改正により、それぞれの職が改められることに伴い、助役、収入役の職を、それぞれ副市長、副町長、会計管理者に改めるものでございます。


 第12条では、これまでの経費の負担割合の方法に、新たに人口割を加えることとするものでございます。


 なお、この規約は、平成19年4月1日から施行するものでございます。


 以上、議案第35号、議案第36号の提案理由の説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 高田健康福祉部長。


   (健康福祉部長 高田英男君 登壇)


○健康福祉部長(高田英男君) ただいま上程されました議案第37号から議案第39号までの3議案につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第37号、勝山市災害弔意金の支給等に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は、引用している法令名及び条文上の語句を改めるため、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第1条中の「同法施行令」を「災害弔意金の支給等に関する法律施行令」に改めるものでございます。


 また、本条第2条第1項第1号中の「暴雨」を「暴風」に改めるものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 次に、議案第38号、勝山市福祉事務所設置条例の一部改正についてでございますが、本案は、社会福祉法と母子及び寡婦福祉法との整合を図るために、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第1条で、本条例の設置根拠法である社会福祉法の改正による引用条項の移動と、法律名の変更に伴い、第12条中の「母子福祉法」を「母子及び寡婦福祉法」に改正するものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用するものでございます。


 次に、議案第39号、勝山市立児童センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、本案は、平泉寺児童館の新設及び成器南児童教室の設置並びに児童センターにおける教育アドバイスを実施するため、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第1条で、勝山市立児童教室設置を明記し、第2条の表中に、「平泉寺児童ホール」の名称と位置を削除し、新たに「平泉寺児童館」と「成器南児童教室」の名称と位置を加える改正をいたし、第4条第1項第3号及び第4号で、「適切な遊びと生活の場を与えて健全な育成を図ること」や「安心・安全な活動の拠点として地域交流を図り、学ぶ意欲のある子供たちに学習の機会を提供すること」を記して、放課後児童対策事業の強化を図ることといたしたものでございます。


 また、第5条において、成器南児童教室については、児童以外の者にその施設を使用させないことといたしました。


 なお、この条例は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用するものでございます。


 以上、議案第37号から議案第39号について御説明を申し上げました。


○議長(北山謙治君) 冨田商工観光課長。


   (商工観光課長 冨田正一君 登壇)


○商工観光課長(冨田正一君) 上程されました議案第40号、勝山温泉センター「水芭蕉」の設置及び管理に関する条例の一部改正について及び議案第41号、勝山市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例の一部改正についての2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 勝山温泉センター「水芭蕉」及び勝山市ふれあい会館につきましては、本年度から指定管理者制度により運営を委託しておりますが、設置及び管理に関する条例に規定する「市長」とありますものを、指定管理者に管理を行わせる場合については「指定管理者」と、並びに「利用料金」を「使用料」に条文を読み替えるための規定を追加するものでございます。


 以上、議案第40号及び第41号の2件について御説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 境井農林政策課長。


   (農林政策課長 境井義樹君 登壇)


○農林政策課長(境井義樹君) ただいま上程されました議案第42号、字の区域の変更につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、土地改良法に基づく区画整理事業の完了により、字の区域を変更する必要が生じたため、地方自治法第260条第1項の規定により、字の区域を変更するものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりください。


 変更する区域の大字は伊波で、表中の18字古河原、20字下土府、21字中之割の地番及びこれらの区域に隣接介在する道路、水路である市有地の一部を、19字狼谷にいたすものでございます。


 なお、当該、字区域の変更は、区画整理事業勝山伊波地区についての換地処分の公告があった日の翌日から、その効力を生じるものでございます。


 以上、議案第42号について説明申し上げました。


○議長(北山謙治君) 以上で、本日は散会いたします。


────────────────────


         午後 1時38分 散会