議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成18年 3月定例会(第1号 3月 1日)




平成18年 3月定例会(第1号 3月 1日)




                  平成18年3月


              勝山市議会定例会会議録第1号


平成18年3月1日(水曜日)


───────────────────────────────────────────



                     平成18年3月1日(水曜日)午前10時開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第 2号 平成18年度勝山市一般会計予算


第 4 議案第 3号 平成18年度勝山市育英資金特別会計予算


第 5 議案第 4号 平成18年度勝山市下水道事業特別会計予算


第 6 議案第 5号 平成18年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


第 7 議案第 6号 平成18年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


第 8 議案第 7号 平成18年度勝山市水道事業会計予算


第 9 議案第 8号 平成18年度勝山市国民健康保険特別会計予算


第10 議案第 9号 平成18年度勝山市老人保健特別会計予算


第11 議案第10号 平成18年度勝山市介護保険特別会計予算


第12 議案第11号 平成18年度勝山温泉センター特別会計予算


第13 議案第12号 平成18年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


第14 議案第13号 平成17年度勝山市一般会計補正予算(第6号)


第15 議案第14号 平成17年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)


第16 議案第15号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号


           )


第17 議案第16号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


第18 議案第17号 平成17年度勝山市水道事業会計補正予算(第4号)


第19 議案第18号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


第20 議案第19号 平成17年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第3号)


第21 議案第20号 平成17年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


第22 議案第21号 平成17年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)


第23 議案第22号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)


第24 議案第23号 勝山市職員の給与に関する条例等の一部改正について


第25 議案第24号 勝山市部等設置条例の一部改正について


第26 議案第25号 土地の取得について


第27 議案第26号 勝山市滞在型コンベンション施設「勝山ニューホテル」の指定管


           理者の指定について


第28 議案第27号 大野・勝山地区広域行政事務組合規約の一部変更について


第29 議案第28号 勝山市国民保護協議会条例の制定について


第30 議案第29号 勝山市国民保護対策本部等条例の制定について


第31 議案第30号 福井県議会議員選挙に関する事務の受託の廃止について


第32 議案第31号 勝山市水防協議会設置条例の一部改正について


第33 議案第32号 勝山市営住宅管理条例の一部改正について


第34 議案第33号 損害賠償の額を定めることについて


第35 議案第34号 勝山市税条例の一部改正について


第36 議案第35号 勝山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について


第37 議案第36号 勝山市立児童センターの設置及び管理に関する条例の一部改正に


           ついて


第38 議案第37号 勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第39 議案第38号 勝山市保育の実施に関する条例の一部改正について


第40 議案第39号 勝山市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について


第41 議案第40号 勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条


           例の一部改正について


第42 議案第41号 勝山市介護保険条例の一部改正について


第43 議案第42号 勝山市工業振興条例の一部改正について


第44 議案第43号 勝山温泉センター「水芭蕉」及び勝山市ふれあい会館の指定管理


           者の指定について


第45 議案第44号 勝山市農業委員会に関する条例の一部改正について





本日の会議に付した事件


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案第2号から議案第44号まで





出席議員(19名)


      1番  松 村 治 門 君      2番  北 川 晶 子 君


      3番  前 川 茂 一 君      4番  北 沢   諭 君


      5番  加 藤 一 二 君      6番  井 上   馨 君


      7番  清 水 清 蔵 君      8番  笠 松 捷多朗 君


      9番  村 田 与右ヱ門君     10番  山 田 安 信 君


     11番  手 塚 貞 臣 君     12番  安 居 久 繁 君


     13番  小 林 喜 仁 君     14番  椿 山   弘 君


     15番  藤 澤 七郎兵衛君     16番  北 山 謙 治 君


     17番  嶋 田 政 憲 君     19番  近 藤 栄 治 君


     20番  廣 田 与三次郎君





欠席議員( 0名)





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   助       役      松山 保雄 君


   教   育   長      山  範男 君


   市 長 公 室 長      梅澤 順一 君


   総務部長兼総務課長      松村 誠一 君


   市民・環境部長兼市民生活課長 杼木  実 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 高田 英男 君


   産業部長併農業委員会事務局長 上田 秋光 君


   建設部長兼建設課長      井上 浩人 君


   教育部長兼教育総務課長    山本 一郎 君


   消防長兼消防署長       田中 公夫 君


   監査委員事務局長       北川 誠一 君


   秘書・広報課長        石田 忠夫 君


   未来創造課長         齊藤 雅昭 君


   税務課長           山田 誠一 君


   環境対策課長         門  善孝 君


   健康長寿課長         石倉 充男 君


   商工観光課長         冨田 正一 君


   産業振興支援室長       上山 忠恒 君


   農林政策課長         酒井 重光 君


   上下水道課長         辻  尊志 君


   会計課長           山口 幸雄 君


   生涯学習課長         矢戸 松蔵 君


   文化課長           境井 義樹 君


   自然体験学習課長       山根 敏博 君





事務局出席職員


     局   長  高 野   忍


     書   記  鳥 山 昌 久


     書   記  山 岸 善太郎








      午前10時08分開会


○議長(安居久繁君) おはようございます。これより勝山市議会定例会を開会いたします。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 直ちに本日の会議を開きます。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、藤澤七郎兵衛君、北山謙治君を指名いたします。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期につきましては、去る2月3日に議会運営委員会を開き協議されましたので、その結果の報告を同委員長よりお願いいたします。


○議長(安居久繁君) 北山議会運営委員長。


   (議会運営委員長 北山謙治君 登壇)


○議会運営委員長(北山謙治君) おはようございます。


 議会運営委員会の報告をさせていただきます。


 今期3月定例会の日程等につきましては、去る2月3日、議会運営委員会を開き協議いたしました。その結果を御報告いたします。


 今期定例会は、本日から24日までの24日間といたしたいと思います。


 詳細につきましては、お手元にお配りしてありますので、会期日程表のとおり、よろしくお願いをいたします。


○議長(安居久繁君) おはかりいたします。


 今期定例会の会期につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、本日から3月24日までの24日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安居久繁君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期定例会は、本日から24日までの24日間と決定いたしました。


───────・───────


○議長(安居久繁君) この際、諸般の報告を行います。


○議長(安居久繁君) 地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、


  山岸市長


  松山助役


  梅澤市長公室長


  松村総務部長兼総務課長


  杼木市民・環境部長兼市民生活課長


  高田健康福祉部長兼福祉・児童課長


  上田産業部長


  井上建設部長兼建設課長


  田中消防長兼消防署長


  石田秘書・広報課長


  齊藤未来創造課長


  山田税務課長


  門環境対策課長


  石倉健康長寿課長


  冨田商工観光課長


  酒井農林政策課長


  上山産業振興支援室長


  辻上下水道課長


  山口会計課長


 教育委員会より


  山教育長


  山本教育部長兼教育総務課長


  矢戸生涯学習課長


  境井文化課長


  山根自然体験学習課長


 監査委員より


  北川監査委員事務局長


 農業委員会より


  上田農業委員会事務局長


 以上であります。


○議長(安居久繁君) 次に、市長から提出事件について、次の文書がまいっております。


           勝総発第974号


           平成18年3月1日


 勝山市議会議長


 安居 久繁 宛


         勝山市長 山岸 正裕議案の送付について


 平成18年3月1日招集の勝山市議会定例会に提出するため、次の議案を送付します。


 送付議案は、議案第2号から議案第44号までの43件であります。


 これら43件については、既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(安居久繁君) 次に、さきの1月臨時会以降に監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、次の報告を受理しております。


 平成18年2月23日付け勝監発第102号、例月出納検査(1月分)の結果について。


 この報告書は、議会事務局に保管してあります。


○議長(安居久繁君) 次に、さきの1月臨時会以降の事務報告については、お手元に配付してあります報告書のとおりであります。


○議長(安居久繁君) 以上で、諸般の報告を終わります。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 次に、市長から発言の要求がありますので、これを許します。


○議長(安居久繁君) 山岸市長。


   (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) おはようございます。


 本日、ここに平成18年3月定例市議会が開会されるにあたり、御挨拶を申し上げますとともに、市政運営にかかる諸問題について所信の一端を申し述べます。


 昨年12月中旬から降り始めた雪は、記録的な大雪となり、死者4名の痛ましい事故や、住宅や工場、農業施設に被害が発生するなど、大きな爪跡を残しました。しかし、この災害にくじけることなく、これまで幾多の雪害を乗り越えてきた先人の努力を引き継ぎ、課題を整理、検討して、早期に、雪に強い、安全・安心な市民生活環境の再構築を図ってまいる所存であります。


 次に、奥越に春を告げる勝山左義長まつりが、初日の好天と、昨年の「愛・地球博」出演や、福井新聞社の「風の森イン勝山」のキャンペーンとも相まって、25日に5万5,000人、26日に3万人、2日間合計で8万5,000人という記録的な人出で賑わいました。伝統文化に裏打ちされたまつりとしての人気が高まり、県内はもとより県外からの来訪も多く、2日間にわたって勝山の活力を市の内外にアピールすることができました。


 特にことしは、長く過酷な冬を耐え忍び、待ち望んだ春がようやくやってきた喜びに満ちあふれた左義長となりました。関係者の方々の御努力と御協力に深甚なる敬意と感謝を申し上げます。


 今、日本各地で伝統文化が途絶え、なくなることが危惧され、その保存、継承が叫ばれています。それぞれの地方や地域が存在する意義は、その自然、風土の中で人々が暮らしを営み、コミュニティを培い、その中で引き継がれた文化があるからです。伝統文化は、食にしても行事にしても、人を育て、まちをつくってきた重要な構成要素であり、まちの根とも言えるものであります。根がなければまちは育たないし、生きてはいけません。幸いにして勝山には、左義長だけでなく、各地にしっかりとした根としての伝統文化が残っております。


 エコミュージアムによるまちづくり活動によって、その根に水をやり、養分を与えることによって育ってきた木が、今、各地域で根を出し、葉をつけ始めました。これらの地域の力がコミュニティの結束力を強固なものにして、新しい力を生み出し、勝山市のふるさとルネッサンスを確実に推進していくものと確信をいたしております。


 次に、政府の平成18年度の経済見通しによりますと、雇用や所得環境の改善などを通して、企業部門の好調さが家計部門へ波及するなど、景気は民間需要を中心に緩やかな回復基調にありますが、原油高や世界経済の動向が我が国経済に与える影響など、予断を許さない状況にあるとも言われています。


 また、産業のグローバル化が進展し、東アジアなどをはじめとする、安価で豊富な労働人口が市場経済に本格参入すると、我が国の経済競争力の相対的な低下が懸念をされております。


 次に、平成17年国勢調査の速報では、我が国の総人口は16年をピークに約2万人減少するなど、人口減少の局面に入りました。勝山市の国調人口2万6,961人と、前回比4.2%減少し、また、高齢化率は27.1%と、少子・高齢化が顕著となっております。こうした人口傾向は、全国的に現役世代の社会保障負担の増大、労働力不足、生産・消費活動の縮小などにつながるとされ、地方の経済や活性化にも影を落とすおそれがあります。


 このような状況下で、地方都市が、たとえ小さくとも魅力ある存在として輝いていくためには、行政と市民が連携して地域の特性を磨き、経済、文化多方面の交流の中で、その情報発信をしていく必要があります。


 勝山市では、地域遺産の保存と活用を図るエコミュージアム推進に取り組んで5年目を迎え、地域コミュニティによる取り組みは、このたび、全国表彰となった北谷町まちづくり協議会に代表されるように、しっかりとした歩みを見せています。エコミュージアムの推進は、エコロジーだけではなく、エコノミー面での発展が求められており、これから地域特性を生かした技術革新、ブランド、人材など、民間活力による新たな価値の創造・集積にも力を入れてまいります。


 市では、産業戦略会議などにおける議論を踏まえ、本格的に、これら若者定着のインセンティブとなる環境整備に積極的に支援をしてまいります。また、少子・高齢化が顕著な人口減少社会においては、人材は最も重要な資源であります。子育て支援や高齢者の生きがい支援策の充実はもとより、団塊の世代をはじめとする市民の総意や知恵が、あらゆる面で発揮できるような環境づくりが求められています。それには、すべての世代に、地域におけるまちづくりへの参画を促し、市の政策形成への参画の機会をふやして、市民の力を高めていくことが、個性にあふれ、自立した地方都市を構築するための重要な要素であると考えております。


 次に、平成5年の衆参両院の地方分権の推進に関する決議から始まった地方分権改革の歩みは、平成12年4月の地方分権一括法の施行を経て、今、まさに大きな改革のうねりとなっています。地方分権の目的は、基礎的自治体が地域の実態や特性に即応した施策を行うことにより、市民の視点に立った、簡素で効率的な自治体経営を確立することであります。このため、今回の3兆円の税源移譲は、地方分権を切り開く道標となり、残された課題の解決を平成19年度以降の第2期改革につなげていくとともに、地方自治体みずから、その資質、能力を高め、主体性を確立できる体制を整えなければなりません。


 本市では、ふるさとルネッサンスの理念を柱とするビジョンと戦略の具体化を図るため、その必要条件となる効率的な行財政システムを確立しなければなりません。中期財政計画の検証や、職員定数の適正化等、引き続き、行財政改革に積極、果敢に取り組んでまいります。


 次に、今議会に上程する平成18年度当初予算は、以上に述べた基本的な考え方に基づいて編成しており、その概要について申し上げます。


 行財政改革実施計画を積極的に推進し、人件費、物件費などの経費節減を図った結果、昨年9月に策定した中期財政見通しと比較して、当初予算での財政調整基金取り崩しを減少させ、平成18年度末財政調整基金残高見込みは約5億円と、経費節減効果を図っております。一方、市民にとって必要な子育て支援や教育環境の充実、安心で安全なまちづくりなどにきめ細かく配慮し、さらには、市の活力を創出するために産業とまちの賑わいなどの事業に重点配分を行いました。この結果、予算規模は減額の中にあっても、新規事業52項目を組み込んだ、いわば堅実、積極型予算となっております。


 一般会計予算総額は107億7,638万5,000円で、前年度比0.5%の減。下水道事業や介護保険等の特別会計と上水道の企業会計を含めた全体の予算規模でも221億338万4,000円と、前年度比1.0%の減となり、国における平成18年度地方財政計画0.7%減少と、ほぼ同じとなっております。


 特別会計では、下水道事業会計が起債償還額の減少等から、一般会計繰入金が6,276万6,000円減少し7億3,549万3,000円となりました。また、第3期保険料改定となる介護保険特別会計で、介護サービスの利用が高まっていることなどから、保険料を4,100円と定め、国民健康保険特別会計では、介護保険2号分を引き上げたものの、医療保険分を引き下げたことにより、保険税全体では約1割の引き下げを図りました。


 次に、新年度の元気創出などに関する主な予算内容について申し述べます。


 行財政改革の推進などにより、一般会計の一般職員給与費で、職員11人を削減し8,091万3,000円を減額するなど、人件費総額で前年度比1億1,957万8,000円、4.7%減少することができました。行革の人件費15%削減に向けて取り組みを進めており、それぞれの組織機構が、みずから効率的なシステムを構築した結果であります。今後もアウトソーシングや電算委託などを効果的に活用し、所期の目標を達成してまいります。


 今後は、少数精鋭による市民サービスとなることから、職員が培ってきた専門知識や技術力を継承するとともに、温かみのある人材育成に力を注ぎ、市民満足度を高めていきたいと考えております。そして、努力する職員の意欲にこたえるため、評価に基づく昇給制度を早期に構築するなど、引き続き、人事、給与改革に努めてまいります。


 また、行革の一環として勝山ニューホテル及び温泉センターを指定管理者制度に移行させ、前年度比約1,750万円の経費節減が図れる見込みとなりました。今後、他の施設への導入についても、引き続き検討を重ねてまいります。


 次に、子育て支援、教育環境の整備と高齢者の生きがい支援について予算の重点配分を行いました。新規単独事業として、乳幼児医療費無料化の対象年齢を4歳から6歳まで拡大するほか、放課後児童クラブを市内全児童センター、児童館に設置し、夏休みなどは午前8時から開所することとしました。また、養護学校に通う障害児の放課後保育事業にも新たに取り組むことといたしました。さらに、国の保育料措置基準から、総額で約1億1,000万円となる保育料軽減措置や、第3子以上乳幼児育成奨励金、病児病後児保育、不妊治療助成などの市の単独施策も継続するほか、国の児童手当支給年齢拡大などとあわせ、子育てを積極的にサポートしてまいります。


 教育環境の整備としては、低学年多人数学級に生活アドバイザーを、全複式学級に支援職員を配置するとともに、小・中学校の消耗品費などを増額し、さらに、ブラスバンド備品の整備や画像教育用パソコンの配置に取り組みます。また、安全・安心3万人作戦の継続助成や、中学校運動部活動の外部指導者活用を独自に実施をいたします。


 著しい少子化が進む中で、適正規模から見た教育施設の望ましいあり方を検討してまいりましたが、平成19年度から、成器北幼稚園と村岡幼稚園を統廃合し、市北部地域の幼稚園として再スタートさせ、市内幼稚園の2園化を目指します。小・中学校の統廃合については、子供たちにとって教育環境として何が重要かを第一に、引き続き、関係者の議論を深め、方向性を見いだしてまいりたいと考えます。


 次に、高齢者の生きがい支援については、「高齢者きらめきプラン21」や地域福祉計画に基づく質の高い福祉の向上の観点から、積極的な施策を展開してまいります。本年4月から介護保険の相談や予防などのマネジメントを、公正かつ総合的に実施するため、福祉健康センター「すこやか」に地域包括支援センターを設置するとともに、市内2か所に小規模多機能型介護施設を開設予定しており、多様な介護サービスに対応できるようにいたします。また、税制改正により、65歳以上の高齢者が同居する、または、高齢者のみの非課税世帯約1,400世帯のうち約700世帯が課税世帯となる見込みであり、所得制限を設けた地域ぐるみ雪下ろし事業などが継続して助成対象世帯となるよう、経過措置を設けたいと考えます。


 また、勝山にゆかりのある団塊の世代に対し、新たに「あなたを活かす第2ステージ体験プログラム」を通じ、定住化、短期滞在を促進し、「60歳健康のつどい」を開催して、定年後の健康づくりと地域活動参加を呼びかけます。


 また、安全で安心なまちづくりについては、道路除排雪の起動力を高めるため、除雪ドーザーの更新と、生活路線対応に小型ショベルを1台増強する予定です。


 また、福井社会保険病院と「すこやか」との乗合タクシー路線を新設するほか、通学路の安全確保などに道路照明の設置や国民保護計画の策定に取り組みます。


 さらに、救急救命士の業務高度化に努めるとともに、消防団員の活動服整備を実施する予定です。


 水道事業特別会計では、降雪時などの水不足に対応するため水源拡張工事を計画しております。


 また、新規事業として、歴史的まちなみ景観創出事業を創設し、景観形成のための支援体制を強化してまいります。


 次に、産業支援については、工業振興助成金制度の見直しを行い、大幅に助成額を上げて、市内の事業者育成と企業立地促進を図ってまいります。


 以上述べましたように、勝山市の特性を活かした夢のあるまちづくりを推進するため、今後も議員各位や市民の方々の御意見をお聞きする中で、しっかりと施策を評価し、新たな構築を図ってまいる所存であります。


 これまで進めてきた市民対話集会をはじめ、地区区長会や壮年会などのミニ集会、さらには、市長へのメッセージなど、情報の公開と共有を図る機会をさらに多様化させ、これまで以上に市民と行政の意思疎通が図れるよう、双方向で理解を深めてまいります。


 三位一体改革による税源移譲に伴い、課税が国税から地方税へとシフトされるために、納税者の税負担と受益の関係に意識が高まり、税金の使われ方に市民の注目度が高まってまいります。また、市の政策形成や評価に、今まで以上に厳しい目が向けられてくるでしょう。市民みずからが市の政策形成に参画する意欲的な動きや機会もふえ、結果として市民の自己責任も高まっていきます。新年度を迎えるに当たって、市民と協働したまちづくりを積極的に進めることによって、市民の、行政、議会に対する信頼感を高め、市民、行政、議会が緊張感を伴った三位一体となって、新しい時代のまちづくりを実現していきたいと考えております。


 さて、本日の定例市議会に提案申し上げますのは、平成18年度勝山市一般会計予算をはじめ43件であります。これら43件につきましては、後ほど関係部課長からそれぞれ提案理由を説明いたしますので、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 次に、日程第3、議案第2号 平成18年度勝山市一般会計予算


 日程第 4、議案第 3号 平成18年度勝山市育英資金特別会計予算


 日程第 5、議案第 4号 平成18年度勝山市下水道事業特別会計予算


 日程第 6、議案第 5号 平成18年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


 日程第 7、議案第 6号 平成18年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


 日程第 8、議案第 7号 平成18年度勝山市水道事業会計予算


 日程第 9、議案第 8号 平成18年度勝山市国民健康保険特別会計予算


 日程第10、議案第 9号 平成18年度勝山市老人保健特別会計予算


 日程第11、議案第10号 平成18年度勝山市介護保険特別会計予算


 日程第12、議案第11号 平成18年度勝山温泉センター特別会計予算


 日程第13、議案第12号 平成18年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


 日程第14、議案第13号 平成17年度勝山市一般会計補正予算(第6号)


 日程第15、議案第14号 平成17年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第16、議案第15号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第17、議案第16号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第18、議案第17号 平成17年度勝山市水道事業会計補正予算(第4号)


 日程第19、議案第18号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第20、議案第19号 平成17年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第3号)


 日程第21、議案第20号 平成17年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第22、議案第21号 平成17年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)


 日程第23、議案第22号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第24、議案第23号 勝山市職員の給与に関する条例等の一部改正について


 日程第25、議案第24号 勝山市部等設置条例の一部改正について


 日程第26、議案第25号 土地の取得について


 日程第27、議案第26号 勝山市滞在型コンベンション施設「勝山ニューホテル」の指定管理者の指定について


 日程第28、議案第27号 大野・勝山地区広域行政事務組合規約の一部変更について


 日程第29、議案第28号 勝山市国民保護協議会条例の制定について


 日程第30、議案第29号 勝山市国民保護対策本部等条例の制定について


 日程第31、議案第30号 福井県議会議員選挙に関する事務の受託の廃止について


 日程第32、議案第31号 勝山市水防協議会設置条例の一部改正について


 日程第33、議案第32号 勝山市営住宅管理条例の一部改正について


 日程第34、議案第33号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第35、議案第34号 勝山市税条例の一部改正について


 日程第36、議案第35号 勝山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について


 日程第37、議案第36号 勝山市立児童センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第38、議案第37号 勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第39、議案第38号 勝山市保育の実施に関する条例の一部改正について


 日程第40、議案第39号 勝山市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について


 日程第41、議案第40号 勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第42、議案第41号 勝山市介護保険条例の一部改正について


 日程第43、議案第42号 勝山市工業振興条例の一部改正について


 日程第44、議案第43号 勝山温泉センター「水芭蕉」及び勝山市ふれあい会館の指定管理者の指定について


 日程第45、議案第44号 勝山市農業委員会に関する条例の一部改正について


 以上43件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○議長(安居久繁君) 松村総務部長。


   (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) ただいま上程されました議案第2号、平成18年度勝山市一般会計予算につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額でございますが、平成18年度の歳入歳出すべてについて、年間の見通しの上に立った通年予算として、歳入歳出それぞれ107億7,638万5,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては順次、「第1表 歳入歳出予算」により、債務負担行為については「第2表 債務負担行為」で、地方債については「第3表 地方債」でそれぞれ御説明申し上げます。


 第4条一時借入金につきましては、限度額を昨年と同額の20億円といたしております。


 また、第5条歳出予算の流用については、記載のとおりでございます。


 次に、2ページの「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款市税につきましては、定率減税の廃止など、税制改正による市民税の増によりまして30億7,863万6,000円となっております。前年度に比べ1億2,563万7,000円、率にして4.3%の増となっており、平成15年度以来の30億円台の予算計上といたしております。


 2款地方譲与税では、所得譲与税で、三位一体改革により平成19年度から本格的な税源移譲に見合う額を計上いたしております。前年度に比べ1億1,460万円の増額となっております。三位一体改革に伴う所得譲与税は本年が最後であり、平成19年度からは住民税にシフトして税源移譲されるものであります。また、地方道路譲与税でも400万円の増額を見込んでおり、全体で前年度比1億1,760万円増の4億860万円を計上いたしております。


 3款利子割交付金では、前年度比400万円の増額となっております。


 4款配当割交付金では、前年度比103万6,000円の減額、5款株式等譲渡所得割交付金では、76万1,000円の増額にて計上いたしております。


 6款地方消費税交付金は、前年度比2,300万円の減額。


 7款自動車取得税交付金は、前年度と同額となっております。


 8款地方特例交付金では、児童手当特例交付金分として660万円を新たに加算したものの、全体では前年度比1,340万円の減額といたしております。


 9款地方交付税では、平成17年国勢調査の人口の減少と取得譲与税増額の影響から、普通交付税で2億7,500万円の減額を見込んでおります。


 10款交通安全対策特別交付金は、前年度と同額。


 11款分担金及び負担金では、保育園保育料の増などにより275万7,000円の増額を計上いたしております。


 12款使用料及び手数料では、指定管理者導入に伴う、勝山ニューホテル使用料の減、大野・勝山地区広域行政事務組合での廃棄物処理開始に伴う廃棄物処理手数料の減などで、前年度比9,305万4,000円の減の6,844万7,000円と、大幅な減額となっております。


 13款国庫支出金では、障害者支援費負担金、次世代育成支援対策交付金などで増額となっておりますが、老人福祉措置負担金、児童手当負担金の減などで、前年度に比べ2,666万9,000円の減額となっております。


 14款県支出金では、5,348万5,000円の増額となっておりますが、障害者支援費負担金、児童手当負担金、児童厚生施設整備事業費補助金の増などが主なものでございます。


 15款財産収入では、前年度比261万4,000円の増額、16款寄附金では、ふるさとルネッサンス事業に対する寄附金を200万円計上いたしております。


 17款繰入金では、8,012万円の減額となっておりますが、財政調整基金繰入金の減額が主なものでございます。


 18款繰越金では、前年度と同額の1,000万円を計上いたしております。


 19款諸収入では、6,044万7,000円増の8億2,003万8,000円を計上いたしております。これは、県の河川改修工事に伴う旧機業場移転補償工事に対する補償費の増が主な要因でございます。


 20款市債では、勝山ニューホテル大規模改修工事に伴う市町村振興資金貸付金、児童館建設に伴う社会福祉施設事業債などを計上したことにより、前年度比9,400万円増の7億4,960万円となっております。


 次に、5ページの歳出について御説明申し上げます。


 1款議会費におきましては、議員報酬費の減などで、前年度比661万5,000円の減額となっております。


 2款総務費では、職員人件費や国勢調査事務費などにおきまして減額となっているものの、大野・勝山地区広域行政事務組合負担金の増や選挙執行費の増などにより、前年度比1億4,391万8,000円の増額となっております。


 3款民生費では、職員人件費や教育会館管理運営費、在宅介護支援センター運営費などで減額となっていますが、児童手当等給付費や介護保険特別会計繰出金の増額、新たに児童館建設費や乳幼児医療費無料化の拡大などを計上したことによりまして、全体で6,240万3,000円増の25億9,568万9,000円となっております。


 4款衛生費では、職員人件費や大野・勝山地区広域行政事務組合で廃棄物処理施設改修に伴うグリーンヒル上野管理運営費や廃棄物処理対策事業費の減などにより、前年度比2億1,850万2,000円の減額となっております。


 5款労働費では、預託金の減などで、前年度比545万6,000円の減額となっております。


 6款農林水産業費では、快適でふれあいのある集落整備事業費などを新たに計上いたしておりますが、中山間地域等直接支払事業費や松くい虫防除事業費の減などにより、全体では669万5,000円の減額となっております。


 6ページにまいりまして、7款商工費では、観光写真コンテスト事業を新たに予算計上いたしておりますが、指定管理者制度の導入に伴い温泉センター特別会計繰出金を減額したことや、工業振興助成金の減額などにより、1,517万6,000円の減額計上となっております。


 8款土木費では、前年度比8,945万円の減額となっております。これは、除雪ドーザー購入費や景観整備事業費などで増額となっているものの、道路単独事業費や地方道路交付金事業費、下水道事業特別会計繰出金などで減額となっていることが主な要因であります。


 9款消防費では、職員人件費の増や消防団活動服の整備などで881万3,000円の増額となっております。


 10款教育費では、9,478万9,000円の増額となっておりますが、これは、小・中学校の備品整備及び営繕工事費の増額や、県の河川改修工事に伴う旧機業場移転補償工事の増が主な要因であります。


 次に、12款公債費では、償還利子の減により1,900万7,000円の減額となっております。


 13款諸支出金は、前年度と同額の5,000万円を、14款予備費におきましても、前年度と同額の400万円を計上いたしております。


 1枚おめくりいただきまして8ページをお開きください。


 「第2表 債務負担行為」では、勝山ニューホテル指定管理業務を、平成22年度まで限度額1,600万円とすること、福井県信用保証協会に対する損失補償を、平成24年度まで限度額600万円とすること、また、温泉センター指定管理業務を、平成22年度まで限度額1,390万円とすることを定めるものであります。


 続いて、9ページをご覧願います。


 「第3表 地方債」では、本年度実施する各事業で起債の許可が予定されているものについて、その限度額、起債の方法等について定めるものですが、本年度の起債限度額は、観光施設整備事業費など7億4,960万円となり、起債の方法、償還の方法については記載のとおりであり、利率は、前年と同様5%以内にいたしております。


 以上、平成18年度勝山市一般会計予算について御説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 山本教育部長。


   (教育部長 山本一郎君 登壇)


○教育部長(山本一郎君) ただいま上程されました議案第3号、平成18年度勝山市育英資金特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ3,675万7,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページ、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款財産収入51万3,000円は、多田育英基金の利子収入であります。


 3款繰越金10万円は、17年度決算剰余金見込額でございます。


 4款諸収入3,614万4,000円は、貸し付けてあります平成18年度中の償還金であります。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款育英事業費3,675万7,000円は、18年度の奨学金3,246万円と育英基金への繰出金429万7,000円です。


 以上、議案第3号を御説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) ただいま上程されました議案第4号、5号、6号及び7号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第4号、平成18年度勝山市下水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ16億2,820万2,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては、「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては「第2表 地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を15億円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金1,610万円は、受益者負担金でございます。


 2款使用料及び手数料3億2,851万6,000円は、下水道使用料が主なものでございます。


 3款国庫支出金2億5,293万円は、管渠建設費に対する交付金と、浄化センターの建設費及び改築費に対する国庫補助金でございます。


 4款県支出金853万5,000円は、浄化センターの建設費及び改築費に対する県補助金でございます。


 5款繰入金7億3,549万3,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 7款諸収入192万8,000円は、下水管移設補償費と消費税還付金が主なものでございます。


 8款市債2億8,470万円は、下水道事業債でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款下水道事業費7億7,821万7,000円の主な内容といたしましては、管渠布設事業費と処理施設の増設及び改築事業費など下水道建設費に5億9,862万7,000円、浄化センターの維持管理及び下水道使用料徴収費など浄化センター費に1億5,533万4,000円でございます。


 2款公債費8億4,948万5,000円は、市債償還元金と利子が主なものでございます。


 3款予備費としまして、50万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして、4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、下水道建設事業にかかるもので、限度額は2億8,470万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第4号について説明申し上げました。


 次に、議案第5号、平成18年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億542万5,000円といたしたいものでございます。内容につきましては「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。第2条地方債につきましては「第2表 地方債」で説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を3億円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金1,811万6,000円は、農業集落排水事業の分担金でございます。


 2款使用料及び手数料1,043万1,000円は、排水処理施設使用料が主なものでございます。


 3款県支出金3,182万円は、勝山東部地区及び伊知地、坂東島地区に対する県補助金でございます。


 4款繰入金6,485万4,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款諸収入440万4,000円は、消費税還付金でございます。


 6款市債1億2,430万円は、勝山西部地区及び勝山東部地区の下水道事業債でございます。


 8款国庫支出金1億5,150万円は、勝山東部地区の交付金でございます。


 次に、3ページの歳出について説明申し上げます。


 1款農業集落排水事業費3億5,517万6,000円の主な内容としましては、勝山西部地区及び勝山東部地区の建設費、伊知地坂東島地区の調査委託費等建設費に3億2,492万7,000円、処理施設の維持管理を行う管理運営費に1,520万5,000円でございます。


 2款公債費5,004万9,000円は、市債償還元金と利子が主なものでございます。


 4款予備費としまして20万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、農業集落排水事業にかかるもので、限度額は1億2,430万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第5号について説明申し上げました。


 次に、議案第6号、平成18年度勝山市簡易水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6,412万9,000円といたしたいものでございます。内容につきましては「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。


 第2条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を5,000万円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金1,629万円は、簡易水道事業に伴う地元負担金でございます。


 2款使用料及び手数料2,006万8,000円は、使用料金でございます。


 4款財産収入4万3,000円は、簡易水道基金の利子でございます。


 5款繰入金2,772万8,000円は、一般会計からの繰入金が主なものでございます。


 次に、歳出について説明申し上げます。


 1款簡易水道事業費2,011万7,000円の内容としましては、簡易水道管理費に1,671万7,000円、平泉寺地区簡易水道で新たな水源を求めるための水源調査費に340万円でございます。


 2款公債費4,381万2,000円は、市債償還元金と利子でございます。


 3款予備費としまして20万円を計上させていただきました。


 以上、議案第6号について説明申し上げました。


 次に、議案第7号、平成18年度勝山市水道事業会計予算について説明を申し上げます。


 第2条業務の予定量でございますが、給水戸数を6,985戸、年間総給水量を250万立方メートル、1日平均給水量を6,850立方メートル、主要な建設改良事業としまして、第6次拡張変更事業及びダム取水事業に2億5,590万4,000円といたしたいものでございます。


 第3条収益的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 1款水道事業収益3億4,980万3,000円の内訳として、第1項営業収益は、水道料金加入金等に3億4,631万5,000円、第2項営業外収益は、預金利息一般会計負担分等に348万8,000円でございます。


 次に、歳出の第1款水道事業費用3億4,960万6,000円の内訳として、第1項営業費用は、各施設の維持管理費、固定資産減価償却費等に2億5,301万3,000円、第2項営業外費用は、企業債利息、開発費償却等に9,559万2,000円、第3項予備費として100万円及び第4項特別損失1,000円でございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。第4条資本的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第2款資本的収入3億2,440万6,000円の内訳として、第1項負担金及び加入者負担金として477万8,000円、第2項国庫支出金は、浄土寺川ダム建設負担金に対する補助金として3,018万6,000円、第4項繰入金は、一般会計等他会計からの繰入金として3,564万2,000円、第5項企業債は、拡張事業等の水道事業債として2億5,380万円でございます。


 次に、歳出の第2款資本的支出5億7,283万3,000円の内訳として、第1項建設改良費は、昨年12月からの降雪に伴い使用水量の増加に対する配水量不足が生じましたので、新たな水源の確保、浄土寺川ダム建設負担金及び立川水源地改良工事費として4億5,684万6,000円、第2項企業債償還金は、水道事業債の元金償還金として1億1,202万2,000円、第3項開発費は、平成17年度に5か年の債務負担行為で契約した上水道台帳作成業務と企業会計システム更新の平成18年度分、396万5,000円でございます。


 この結果、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億4,842万7,000円は、過年度分損益勘定留保資金から5,966万9,000円を、当年度分損益勘定留保資金から1億4,815万7,000円及び建設改良積立金から4,060万1,000円を補てんするものでございます。


 第5条企業債について説明申し上げます。起債の目的は、第6次拡張変更事業及びダム取水事業で、限度額は2億5,380万円、利率は5%以内でございます。起債の方法及び償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 3ページの一時借入金について説明申し上げます。


 第6条一時借入金の限度額を1億5,000万円といたしたいものでございます。


 第7条予定支出の各項の経費の金額の流用は、各項に計上した経費にかかる予定額に過不足が生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項間の流用について規定するものでございます。


 第8条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費4,114万9,000円と交際費3万円でございます。


 第9条たな卸資産購入限度額は、限度額を800万円とするものでございます。


 以上、議案第4号、5号、6号及び7号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 杼木市民・環境部長。


   (市民・環境部長 杼木 実君 登壇)


○市民・環境部長(杼木 実君) ただいま上程されました、議案第8号及び議案第9号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第8号、平成18年度勝山市国民健康保険特別会計予算でございますが、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ24億6,051万6,000円といたすものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページ「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款国民健康保険税は6億275万円で、前年度に比べ5,547万3,000円の減額で計上しております。


 2款使用料及び手数料は9万円を計上しました。


 3款国庫支出金は6億4,068万4,000円で、前年度に比べ7,806万5,000円の減額で計上しております。


 4款療養給付費等交付金は6億6,465万5,000円で、前年度に比べ1億2,591万1,000円の減額で計上しております。


 5款県支出金は、財政調整交付金が新設され、1億7,224万8,000円を計上し、前年に比べ1億6,251万8,000円の増額でございます。


 6款共同事業交付金4,045万4,000円は、高額療養費共同事業分で、前年度に比べ2,099万2,000円の増額で計上しております。


 7款財産収入181万6,000円は、基金の利子でございます。


 8款繰入金3億570万円は、一般会計及び基金からの繰入金でございます。


 9款繰越金は、2,000円の計上でございます。


 10款諸収入3,211万7,000円は、延滞金、第三者納付金、返還金等でございます。


 続きまして、1枚おめくりいただきまして4ページ、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費は5,545万円の計上で、職員人件費、一般管理費及び賦課徴税のための諸経費及び趣旨普及費などでございます。


 2款保険給付費は16億9,130万9,000円の計上で、療養諸費、高額療養費、出産育児諸費、葬祭諸費などでございます。


 3款老人保健拠出金4億8,661万5,000円は、社会保険診療報酬支払基金への拠出金でございます。


 4款介護納付金1億3,115万3,000円は、介護保険第2号被保険者の負担金として社会保険診療報酬支払基金への納付金でございます。


 5款共同事業拠出金4,045万6,000円は、高額療養費共同事業の医療費拠出金等で、国保連合会へ拠出するものでございます。


 6款保健事業費は3,381万7,000円で、医療費通知事業、各種ドックなどの検診事業、「すこやか」など健康づくり事業などでございます。


 7款基金積立金181万6,000円は、基金利子の積立金でございます。


 8款諸支出金990万円は、保険税過年度還付金及び高額療養費の貸付金などでございます。


 9款予備費は、1,000万円を計上いたしました。


 議案第8号は以上のとおりでございます。


 続きまして、議案第9号、平成18年度勝山市老人保健特別会計予算でございますが、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ36億976万2,000円とするものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして2ページ、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款支払基金交付金18億1,456万4,000円は、医療費交付金と審査支払手数料交付金で、前年度より2億8,067万1,000円減少し、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございます。


 2款国庫支出金10億3,893万8,000円は、老人医療費の国庫負担金でございます。


 3款県支出金2億5,953万5,000円は、同じく老人医療費の県負担金でございます。


 4款繰入金2億7,392万8,000円は、同じく老人医療費の市の負担金と事務費などでございます。


 5款繰越金は、前年度同額の1,000円を計上いたしました。


 6款諸収入2億2,279万6,000円は、第三者納付金及び不正利得等の返還金などでございます。


 次に、歳出につきまして説明申し上げます。 1款総務費は1,466万9,000円の計上で、職員人件費及び電算処理委託料などの一般管理費でございます。


 2款医療諸費は35億9,479万3,000円で、医療給付費等の負担金及び審査手数料でございます。


 4款予備費は、前年度と同額の30万円を計上いたしました。


 以上、議案第8号及び9号につきまして説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 石倉健康長寿課長。


   (健康長寿課長 石倉充男君 登壇)


○健康長寿課長(石倉充男君) ただいま上程されました議案第10号、平成18年度勝山市介護保険特別会計予算について、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ、保険事業勘定21億5,231万9,000円、サービス事業勘定1,690万2,000円といたしたいものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして2ページ、「第1表 歳入歳出予算」保険事業勘定により御説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款保険料3億5,942万8,000円は、65歳以上の第1号被保険者の保険料でございます。


 3款使用料及び手数料3万4,000円は、督促手数料でございます。


 4款国庫支出金5億6,559万6,000円は、介護給付費国庫負担金4億612万円と調整交付金等1億5,947万6,000円でございます。


 5款支払基金交付金6億3,659万7,000円は、40歳以上65歳未満の第2号被保険者保険料の介護給付費交付金等でございます。


 6款県支出金2億6,357万円は、介護給付費県負担金2億5,382万7,000円と、県補助金974万3,000円でございます。


 8款財産収入9万5,000円は、介護給付費準備基金の利子でございます。


 10款繰入金3億2,690万9,000円は、一般会計からの介護給付費繰入金等3億2,352万9,000円と、サービス事業勘定繰入金338万円でございます。


 11款繰越金1,000円は、前年度決算剰余金でございます。


 13款諸収入8万9,000円は、雑入等でございます。


 次に、4ページの歳出でございますが、1款総務費5,586万5,000円は、職員人件費等の一般管理費及び賦課徴収費、介護認定審査会の費用等でございます。


 2款保険給付費20億3,059万9,000円は、居宅及び施設の介護サービス等諸費と介護予防サービス等諸費及び支援サービス等諸費等でございます。


 3款財政安定化基金拠出金224万8,000円は、県の財政安定化基金への拠出金でございます。


 4款地域支援事業費5,476万6,000円は、地域支援事業管理費2,581万5,000円、それに介護予防事業費1,323万9,000円及び包括的支援事業・任意事業費1,571万2,000円でございます。


 5款基金積立金816万1,000円は、勝山市介護給付費準備基金への積立金でございます。


 7款予備費といたしまして、50万円を計上させていただきました。


 8款諸支出金18万円は、死亡などによります第1号被保険者保険料の還付金でございます。


 以上、議案第10号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 冨田商工観光課長。


   (商工観光課長 冨田正一君 登壇)


○商工観光課長(冨田正一君) ただいま上程されました議案第11号、平成18年度勝山温泉センター特別会計予算につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ300万円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 2款繰入金300万円は、一般会計からの繰入金でございます。


 次に、歳出について御説明申し上げます。


 1款温泉センター事業費につきましては300万円で、その内容といたしましては、公課費300万円でございます。


 以上、議案第11号の御説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 酒井農林政策課長。


   (農林政策課長 酒井重光君 登壇)


○農林政策課長(酒井重光君) ただいま上程されました議案第12号、平成18年度勝山市市有林造成事業特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,754万8,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。


 「第1表 歳入歳出予算」の歳入でございますが、1款分担金及び負担金の22万4,000円は、水呑谷林道修繕にかかる県有林の負担金でございます。


 2款県支出金351万4,000円は、フォレスト・コミュニティ総合整備事業による市有林の施業に対する県補助金でございます。


 3款財産収入1,186万9,000円の主なものは、市有林貸付地代及び公共事業等による支障木売払収入でございます。


 4款繰入金1,179万1,000円は、市有林造成事業基金からの繰入金でございます。


 5款繰越金10万円は、決算剰余金を見込んでおります。


 6款諸収入5万円は、公共事業等に伴います立木伐採補償金でございます。


 次に、歳出につきまして説明申し上げます。


 1款市有林造成費2,094万5,000円は、市有林造成事業に要する職員人件費等を計上いたしております。


 2款公債費640万3,000円は、造林債の元利償還金でございます。


 3款予備費は、前年度と同額の20万円を計上いたしております。


 以上、議案第12号を説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 松村総務部長。


   (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) ただいま上程されました議案第13号、平成17年度勝山市一般会計補正予算(第6号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、3月補正の性格上、各事業や補助金の精算のほか、事業費の組み替え等の補正をいたすものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,192万3,000円を追加し、118億1,851万4,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費、第3条地方債の補正につきましては、それぞれのところで御説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」について御説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、1款市税では、市民税法人税割及び市たばこ税の現年課税分並びに固定資産税及び都市計画税の滞納繰越分などで、総額1億453万4,000円の増額をいたすものでございます。


 4款配当割交付金については、207万6,000円の減額、5款株式等譲渡所得割交付金については、76万1,000円の増額を計上いたしております。


 6款地方消費税交付金では、2,300万円を減額計上いたしております。


 11款分担金及び負担金では、391万4,000円を増額いたすものですが、保育園保育料の増額などが主なものでございます。


 12款使用料及び手数料では、東山いこいの森使用料の減などで65万1,000円を減額いたすものです。


 13款国庫支出金では、550万3,000円を増額いたすものですが、今回の大雪にかかる除排雪経費に対して交付される臨時市町村道除雪事業費補助金の新規計上などが主なものであります。


 14款県支出金では、1,450万1,000円の減額補正となっておりますが、それぞれの事業の精算によるものでございます。


 15款財産収入では、財政調整基金などの増により20万5,000円の増額となっております。


 17款繰入金では、原山地域振興基金からの繰入金により64万4,000円の増額補正となっております。


 19款諸収入では、3,971万円の減額補正をいたすものですが、土地開発公社貸付金収入の減額が主なものでございます。


 20款市債では、鉄道事業債を3,140万円、新たに計上いたしましたほかは、それぞれの事業の確定による変更で、全体で2,630万円の増額となっております。


 次に、3ページに移りまして歳出でありますが、1款議会費では、議員活動費の減額などによりまして21万2,000円を減額補正いたしております。


 2款総務費では、財政調整基金積立金の増などで、全体では2億7,116万6,000円の増額補正をいたしております。


 3款民生費では、7,219万3,000円の減額補正をいたしておりますが、各事業の精算によるものでございます。


 4款衛生費では、合併処理浄化槽設置整備事業補助金を200万7,000円を増額するものの、各事業を精算することにより2,198万5,000円の減額計上をいたしております。


 6款農林水産業費では、各事業の精算により1,034万4,000円の減額となったものでございます。


 7款商工費では、237万6,000円の増額補正となっておりますが、温泉センター特別会計繰出金の増額が主なものでございます。


 8款土木費では、除雪関係費などで増額となっておりますが、下水道事業特別会計繰出金などで減額となっており、1,543万9,000の減額補正となっております。


 9款消防費では、庁舎維持管理費などで増額しておりますが、各種備品購入費などの精算などにより30万9,000円の減額計上をいたしております。


 10款教育費では、国民文化祭実行委員会負担金など、各事業の精算などによりまして692万3,000円の減額となっております。


 11款災害復旧費は、1,403万7,000円の減額補正となっておりますが、事業の精算によるものでございます。


 12款公債費では、2,017万7,000円を減額いたしておりますが、市債償還利子の減が主なものでございます。


 13款諸支出金では、土地開発公社への貸付金5,000万円を減額いたしております。


 5ページに移りまして、「第2表 繰越明許費」につきまして、歳出予算のうち諸般の事情により年度内に支出が終わらない見込みのもの11件を計上いたしております。


 続きまして、6ページの「第3表 地方債補正」について御説明申し上げます。


 今回の補正につきましては、鉄道整備事業を新たに追加するとともに、事業費の確定などによりまして起債額を限度額のとおり変更するものでございます。その他、起債の方法、利率、償還の方法については、変更がございません。


 以上、平成17年度一般会計補正予算(第6号)につきまして御説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) ただいま上程されました議案第14号、15号、16号及び17号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第14号、平成17年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、事業費の組み替え等について所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ877万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ17億7,360万7,000円といたすものでございます。 第2条繰越明許費でございますが、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」のところで説明を申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金482万7,000円の増額は、受益者負担金でございます。


 2款使用料及び手数料145万5,000円の増額は、下水道使用料でございます。


 5款繰入金1,520万6,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 7款諸収入14万7,000円の増額は、公共汚水桝実費徴収金でございます。


 次に、歳出の1款下水道事業費607万1,000円の減額は、浄化センター維持管理費の減額が主なものでございます。


 2款公債費270万6,000円の減額は、市債償還利子が主なものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明を申し上げます。


 1款下水道事業費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことができない下水道管渠布設事業、処理施設建設事業及び処理施設改築事業のうち9,492万円の繰り越しをするものでございます。


 以上、議案第14号について説明申し上げました。


 次に、議案第15号、平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、事業費の組み替え等について所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ130万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億3,469万8,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費でございますが、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は「第2表 繰越明許費」のところで説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金10万円の増額は、分担金でございます。


 4款繰入金145万5,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款諸収入5万3,000円の増額は、資料コピー代が主なものでございます。


 次に、歳出の1款農業集落排水事業費は、事業費の組み替えでございます。


 2款公債費130万2,000円の減額は、市債償還利子でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明を申し上げます。


 1款農業集落排水事業費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことができない勝山東部地区交付金事業のうち1億4,400万円の繰り越しをするものでございます。


 以上、議案第15号について説明申し上げました。


 次に、議案第16号、平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算について所要の補正をするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ189万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,019万8,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金105万円の減額は、改良工事の精算に伴う地元負担金でございます。


 2款使用料及び手数料70万5,000円の減額は、簡易水道使用料金でございます。


 5款繰入金13万8,000円の減額は、基金繰入金でございます。


 次に、歳出の1款簡易水道事業費189万3,000円の減額は、管理費の減額と改良工事の精算見込みによる減額でございます。


 以上、議案第16号について説明申し上げました。


 次に、議案第17号、平成17年度勝山市水道事業会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業の精算に伴う所要の補正のほか、昨年12月からの降雪に伴い、使用水量の増加に対する配水量の不足が発生しましたので、新たな水源を確保するための水源調査をするものでございます。


 第2条業務の予定量の補正でございますが、予算第2条に定めた予定量1,468万6,000円の増額は、新たな水源を確保するための水源調査が主なものでございます。


 第3条収益的収入及び支出の補正でございますが、予算第3条に定めた収入の1款水道事業収益1,131万7,000円の減額は、落雷被害に対する災害共済金の減額でございます。


 また、支出の1款水道事業費用756万8,000円の減額は、事業の精算によるものが主なものでございます。


 第4条資本的収入及び支出の補正でございますが、1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。


 予算第4条に定めた収入の第2款資本的収入2,490万円の増額は、立川水源地改良工事の財源を企業債で充当することが許可となりましたので、その財源の増額でございます。


 次に、支出の第2款資本的支出1,468万6,000円の増額は、新たな水源を確保するための水源調査費用が主なものでございます。


 この結果、予算第4条本文括弧書きを「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億1,914万6,000円は、過年度分損益勘定留保資金3,069万円及び当年度分損益勘定留保資金8,845万6,000円で補てんするもの」に改めさせていただくものでございます。


 第5条企業債の補正でございますが、予算第5条に定めた企業債の限度額を、第6次拡張変更事業及びダム取水事業で450万円を減額し、取水施設改良事業で、新たに2,940万円追加するものでございます。その他、起債の方法、利率及び償還の方法につきましては変更ありません。


 第6条議会の議決を経なければ流用することができない経費でございますが、予算第8条に定めた職員給与費118万円の増額は、雪害対策に対する時間外勤務手当の増額が主なものでございます。


 第7条利益剰余金の処分の補正でございますが、予算第9条に定めた利益剰余金の処分の予定額は、収益的収入と収益的支出の不足額374万9,000円を利益積立金から取り崩すものでございます。


 以上、議案第14号、15号、16号及び17号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 杼木市民・環境部長。


   (市民・環境部長 杼木 実君 登壇)


○市民・環境部長(杼木 実君) ただいま上程されました議案第18号及び第19号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第18号、平成17年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は、決算見込みなどによる補正をするものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億5,309万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ23億5,699万円とするものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページ「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 3款国庫支出金857万円の減額は、療養給付費等負担金などの決算見込みに伴うものでございます。


 4款療養給付費等交付金1億6,090万6,000円の減額は、退職者医療費等でございます。


 5款県支出金1,585万2,000円の減額は、県財政調整交付金等でございます。


 6款共同事業交付金1,478万2,000円の増額は、高額療養費共同事業交付金でございます。


 7款財産収入10万6,000円の減額は、基金利子でございます。


 8款繰入金6,236万7,000円の減額は、一般会計繰入金及び基金繰入金の減額によるものでございます。


 9款繰越金9,697万円の増額は、前年度決算剰余金でございます。


 10款諸収入1,704万1,000円の減額は、不正診療報酬の返還金等の減額が主なものでございます。


 続きまして、1枚おめくりいただきまして2ページの歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費26万1,000円の減額は、運営協議会委員報酬及び事務費の精算によるものでございます。


 2款保険給付費1億4,900万円の減額は、療養諸費の減額及び葬祭費の増額によるものでございます。


 3款老人保健拠出金、4款介護納付金、5款共同事業拠出金は、財源内訳の変更でございます。


 6款保健事業費372万3,000円の減額は、各種ドックなどの検診事業委託料及び健康づくり事業の決算見込みによるものでございます。


 7款基金積立金10万6,000円の減額は、基金利子の減によるものでございます。


 議案第18号は以上のとおりでございます。


 続きまして、議案第19号、平成17年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は、決算見込みなどによる補正をするものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億7,143万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億3,532万5,000円とするものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページ「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款支払基金交付金3,415万8,000円の減額は、医療費交付金の決算見込みによるものでございます。


 2款国庫支出金1,450万円の減額、3款県支出金362万4,000円の減額、4款繰入金362万4,000円の減額は、老人医療費における国、県、市のそれぞれの負担金の精算見込みによるものでございます。


 6款諸収入2億1,552万5,000円の減額は、不正診療報酬の返還金等の減額でございます。


 次に、歳出につきまして説明申し上げます。


 2款医療諸費2億7,143万1,000円の減額は、医療給付費負担金等でございます。


 以上、議案第18号及び第19号につきまして説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 石倉健康長寿課長。


   (健康長寿課長 石倉充男君 登壇)


○健康長寿課長(石倉充男君) ただいま上程されました議案第20号、平成17年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、保険給付費の減額等により所要の補正をするものでございます。


 第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,234万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億7,747万3,000円といたすものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして1ページ、「第1表 歳入歳出予算補正」により説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、4款国庫支出金977万2,000円の減額、5款支払基金交付金1,328万6,000円の減額及び6款県支出金519万2,000円の減額は、それぞれすべてが歳出の保険給付費減額に伴うものでございます。


 8款財産収入8万5,000円の増額は、介護給付費準備基金の利子でございます。


 10款繰入金2,595万8,000円の減額は、歳出の保険給付費減額に伴うものでございます。


 11款繰越金2,178万1,000円の増額は、前年度からの決算剰余金でございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。


 次に、歳出でございますが、1款総務費208万円の減額は、介護認定審査会費の減額が主なものでございます。


 2款保険給付費4,151万7,000円の減額は、介護サービス等諸費の減額及び支援サービス等諸費、高額介護サービス等諸費、特定入所者介護サービス等費の増額によるものでございます。


 5款基金積立金1,125万5,000円の増額は、介護給付費準備基金への積立金でございます。


 以上、議案第20号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 冨田商工観光課長。


   (商工観光課長 冨田正一君 登壇)


○商工観光課長(冨田正一君) ただいま上程されました議案第21号、平成17年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、勝山温泉センター事業の精算見込みに伴うものでございます。


 第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ442万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億87万7,000円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について御説明申し上げます。


 歳入でございますが、1款温泉センター事業収入を63万2,000円増額補正いたしたいものでございます。これは、温泉センター利用増に伴うものでございます。


 次に、2款繰入金を378万9,000円増額補正いたしたいものでございます。これは一般会計からの繰入金を増額するものでございます。


 次に、歳出についてでございますが、1款温泉センター事業費につきましては、442万1,000円を増額補正するもので、その内容といたしましては、灯油代が主なもので、需用費357万5,000円、備品購入費54万6,000円、公課費30万円の増額でございます。


 以上、議案第21号の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 酒井農林政策課長。


   (農林政策課長 酒井重光君 登壇)


○農林政策課長(酒井重光君) ただいま上程されました議案第22号、平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、事業の確定、精算に伴うものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ177万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,680万6,000円といたすものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、1款分担金及び負担金3万4,000円の減額は、水呑谷林道補修に伴う県負担金の減によるものでございます。


 2款県支出金74万9,000円の減額は、市有林造成事業の確定に伴う県補助金の減額でございます。


 3款財産収入25万8,000円の増額は、支障木、立木売払収入の増によるものでございます。


 4款繰入金172万1,000円の減額は、歳出に見合う歳入の補正で、基金繰入金を減額するものでございます。


 5款繰越金29万5,000円の増額は、前年度の決算剰余金でございます。


 6款諸収入17万8,000円の増額は、県営治山事業立木伐採補償金等の増によるものでございます。


 次に、歳出ですが、1款市有林造成費の177万3,000円の減額は、国庫補助対象額の確定によるものでございます。


 以上、議案第22号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 休憩いたします。


────────────────────


午前11時54分 休憩


午後 1時04分 再開


────────────────────


○議長(安居久繁君) 再開いたします。


 午前に引き続き、提案理由の説明を求めます。


○議長(安居久繁君) 石田秘書・広報課長。


   (秘書・広報課長 石田忠夫君 登壇)


○秘書・広報課長(石田忠夫君) ただいま上程されました議案第23号及び議案第24号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第23号、勝山市職員の給与に関する条例等の一部改正についてでございますが、平成17年の人事院給与勧告により、本年4月からの国家公務員の給与等が改正されたことに準じ、本市職員の勤務条件を改めたいので本案を提出するものでございます。


 改正の主な内容ですが、公務員給与に地場賃金を反映させるため、民間賃金の低い地域を考慮して給料水準を全体として平均4.8%引き下げますが、年功的に上昇する給与を抑制するために、若年層については引き下げを行わず、中高齢層の給与水準について7%程度の引き下げを行います。


 また、給料表は、現行9級制を採用していますが、職務・職責の同質化が進んだ1級と2級及び4級と5級を統合し、職務の級の構成を7級制に改めるものです。


 さらに、現行の級のすべての号級を4分割し、勤務成績をより反映させやすい号級とし、これまでの普通昇給と特別昇給をあわせて、勤務実績に基づく昇給制度に改めるものでございます。


 附則第13項は、勝山市職員の旅費支給に関する条例の一部を改正するものですが、給料表の9級制から7級制への移行により、現行旅費基準を新しい級制へ置き換えることとして、日当等を規定する別表を改めるものです。


 また、附則第15項は、勝山市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正するものですが、これは、育児休業者が職務に復帰した場合の給料の調整について、号級の4分割による国の調整規定に準じ、改めるものでございます。


 なお、この改正条例は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 次に、議案第24号、勝山市部等設置条例の一部改正についてでございますが、本案は、本年4月からの廃棄物処理業務が、部分的に大野・勝山地区広域行政事務組合に移管されることなどから、部等相互の事務を見直し、現在、市長公室未来創造課及び市民・環境部の市民生活課と環境対策課所管の生活環境にかかる事務を集約し、一層効率的に推進することとして、所掌事務の一部を改めたいので本案を提出するものでございます。


 なお、この改正条例は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 齊藤未来創造課長。


   (未来創造課長 齊藤雅昭君 登壇)


○未来創造課長(齊藤雅昭君) ただいま上程されました議案第25号及び議案第26号並びに議案第27号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第25号、土地の取得についてでございますが、本案は、勝山市滞在型コンベンション施設「勝山ニューホテル」の敷地及び駐車場用地の取得につきまして、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 今回、取得いたします土地の所在地は、勝山市片瀬町2丁目6番2でございます。


 面積は5,852.16平方メートルで、取得予定額は8,800万円でございます。


 契約の相手方でございますが、勝山市片瀬町1丁目101番地、相互不動産株式会社清算人、畠中栄作でございます。


 次に、議案第26号、勝山市滞在型コンベンション施設「勝山ニューホテル」の指定管理者の指定についてでございますが、本案は、公の施設の指定管理者の指定につきまして、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 今回、指定管理者の指定を行う施設の名称は、勝山市滞在型コンベンション施設「勝山ニューホテル」でございます。


 指定管理者でございますが、大野市春日2丁目3番3号、有限会社メンテナンスナカムラ代表取締役、中村利章でございます。


 なお、指定期間は平成18年4月1日から平成28年3月31日までの10年間でございます。


 次に、議案第27号、大野・勝山地区広域行政事務組合規約の一部変更について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、障害者自立支援法第15条に規定する市町村審査会に関する事務を大野・勝山地区広域行政事務組合の共同処理する事務とすることに伴い、同組合規約を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 今回の規約変更の内容ですが、第3条第1項第7号、広域行政に必要な調査研究及び資料の収集に関することを同項第8号とし、同項第6号、奥越青少年愛護センターの設置及び管理運営に関することを第7号とし、同項第5号、介護保険法第14条に規定する介護認定審査会に関することの次に、第6号として「障害者自立支援法第15条に規定する市町村審査会に関すること」を加えるものでございます。


 なお、この規約は、知事の許可の日から施行するものでございます。


 以上、議案第25号及び議案第26号並びに議案第27号につきまして、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 松村総務部長。


   (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) ただいま上程されました議案第28号及び議案第29号並びに第30号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第28号、勝山市国民保護協議会条例の制定について、この条例は、平成16年9月17日に施行の武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律、いわゆる国民保護法の規定に基づき国民保護協議会の制定を図るものでございます。


 国民保護法は、武力攻撃やテロなどから国民の生命、身体及び財産を保護し、国民生活及び経済に及ぼす影響を最小にするため、国全体として万全な態勢の整備を図り、国民の保護のための措置を的確かつ迅速に実施することを目的としています。


 なお、国民保護計画は、県並びに地方公共団体が相互協力することにより、より効果的に所期の目的を果たすことから、県下では合併を控えている3市村を除くすべての市町で、協議会条例の制定について3月議会に上程をいたす予定でございます。


 1枚おめくりいただきまして、第1条では、協議会の目的、第2条からは、協議会の組織及び運営について必要な事項を定めております。


 次に、議案第29号、勝山市国民保護対策本部等条例の制定については、国民保護法第27条に基づき、国から国民保護対策本部設置の指定を受けた場合、各市町村は、市町村における対策本部を設置して、住民の避難、救援等の国民の保護のための措置を、的確かつ迅速に実施するものとされています。


 つきましては、同法第31条及び第183条において準用する法第31条の規定に基づき、国民の保護のため必要な対策本部の組織や運営に関する事項並びに現地対策本部に関する事項を定めるため、本市の条例を制定するものであります。


 1枚おめくりいただきまして、第1条では、対策本部の目的、第2条からは、対策本部の職務などについて必要な事項を定めるものでございます。


 次に、議案第30号、福井県議会議員選挙に関する事務の受託の廃止について、その提案理由の御説明を申し上げます。


 本案は、福井県議会議員選挙の選挙区の立候補受付事務等について、福井県選挙管理委員会が関係する市や町に臨時出張所を設置し、当該職員を併任させて対応していくことに伴い福井県議会議員選挙に関する事務の受託を廃止したいので、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 以上、議案第28号、議案第29号並びに議案第30号について御説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 田中消防長。


   (消防長 田中公夫君 登壇)


○消防長(田中公夫君) ただいま上程されました議案第31号、勝山市水防協議会設置条例の一部改正につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部改正に伴いまして、勝山市水防協議会設置条例との整合を図るものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行したいものでございます。


 以上、議案第31号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 井上建設部長。


   (建設部長 井上浩人君 登壇)


○建設部長(井上浩人君) 上程されました議案第32号、勝山市営住宅管理条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の改正は、近年の社会情勢の変化に伴い、単身者の市営住宅への入居希望が顕著になってきているため、その需要に対応すべく、入居の規定について、その一部を改めるものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、第6条第2項におきまして、単身者の入居を、居室数が2室以下の規模の住宅と規定しておりますが、これを削除し、すべての市営住宅について単身者の入居の対象といたしたいため、本案を提出するものでございます。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行いたしたいものでございます。


 以上、議案第32号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) ただいま上程されました議案第33号、損害賠償の額を定めることについて、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、平成17年12月12日午前8時45分ごろ、本市職員が業務のため公用車を運転中、勝山市荒土町堀名地係の市道1−31号線で方向転換をしようとしたため、後方から走行してきた小型自動車と接触し、車輛を損傷した交通事故が生じました。この事故の損害賠償に関して和解するため、地方自治法第96条第1項第13号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。


 和解の内容につきましては、相手方の勝山市猪野〇〇〇、〇〇〇〇〇氏に対し12万3,385円を支払い、〇〇〇〇〇氏は勝山市に対して、今後、前述の金員を除き一切の請求をしない、でございます。


 今後は、このような事故が起きないよう、十分注意をしてまいります。


 以上、議案第33号について説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 杼木市民・環境部長。


   (市民・環境部長 杼木 実君 登壇)


○市民・環境部長(杼木 実君) ただいま上程されました議案第34号、勝山市税条例の一部改正につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、国民健康保険財政の公平と平準化に資するため、国民健康保険税率の改正をいたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容でございますが、本文第144条から第147条の5は、国民健康保険の被保険者及び介護納付金課税被保険者にかかる所得割額、資産割額、被保険者均等割額及び世帯別平等割額についての定めでございますが、医療費分にかかる所得割額について「100分の6.0」を「100分の4.5」に、資産割額「100分の30」を「100分の29.5」に、被保険者均等割額及び世帯別平等割額「2万円」を「1万7,500円」に改め、介護納付分にかかる所得割額を「100分の1.0」を「100分の1.8」に、資産割額「100分の6.0」を「100分の6.5」に、被保険者均等割額「6,500円」を「9,000円」に、世帯別平等割額「4,500円」を「7,000円」にそれぞれ改めるものでございます。


 次に、第151条は国民健康保険税の減額についての定めでございますが、6割軽減の被保険者は、医療分として被保険者均等割額及び世帯平等割額「1万2,000円」を「1万500円」に、介護分として、被保険者均等割額「3,900円」を「5,400円」に、世帯平等割額「2,700円」を「4,200円」に、4割軽減の被保険者は、医療分として被保険者均等割額及び世帯平等割額「8,000円」を「7,000円」に、介護分として、被保険者均等割額「2,600円」を「3,600円」に、世帯平等割額「1,800円」を「2,800円」に、それぞれ改正するものでございます。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行し、平成18年度以降の年度分の国民健康保険税について適用するものでございます。


 以上、議案第34号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 門環境対策課長。


   (環境対策課長 門 善孝君 登壇)


○環境対策課長(門 善孝君) ただいま上程されました議案第35号、勝山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、その提案理由を説明いたします。


 本案は、平成18年4月より大野・勝山地区広域行政事務組合の一般廃棄物処理施設において、一般廃棄物の処理を行うことに伴い、勝山市においては一般廃棄物の処分をしないため、一般廃棄物処理手数料の一部を改正するものでございます。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上、議案第35号の提案理由を説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 高田健康福祉部長。


   (健康福祉部長 高田英男君 登壇)


○健康福祉部長(高田英男君) ただいま上程されました議案第36号から議案第40号までの5議案につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第36号、勝山市立児童センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてでございますが、本案は、児童センターの開館時間を変更し、放課後児童対策事業を強化するため、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第2条の表中に「平泉寺児童ホール」の名称と位置を加える改正をいたし、第3条に規定している開館時間を改正案のとおり変更するとともに、第4条に第3号として、放課後児童対策事業の強化に関する事項を加えたものでございます。


 次に、議案第37号、勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は、南保育園の収容定員の改定と、勝山市保育の実施に関する条例に新たに追加して定める規定を本条例から削除するため、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第4条中「南保育園75名」を「南保育園60名」に改めるものでございます。


 また、本条第5条から第10条に定めてございました「保育料徴収及び納期」「負担変更の申し出等や負担金の免除」、そして「入退園の手続き及び制限」、それから「退園させるべき事由」等について、その各条項を削除し、第11条を第5条に改めるものでございます。


 次に、議案第38号、勝山市保育の実施に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は、勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例から削除した「保育料の徴収及び納期」「負担変更の申し出等や負担金の免除」、そして「入退園の手続き及び制限」や「退園させるべき事由」等について、その規定を本条例で一部修正して定め、また、不服申し立てに関する条項等を加えることで、私立保育園入園児童にかかる保育料の徴収根拠やその他の諸手続を明確化するとともに、不服申し立て及び取り消し訴訟に関する手続を明確化するためでございます。


 次に、議案第39号、勝山市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、乳幼児の疾病の早期発見と治療を促進し、保健の向上と福祉の増進を図るために、乳幼児医療費の助成対象年齢を拡大いたしたいので、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、乳幼児の定義として、第2条第1項を「6歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者」に改めるものでございます。


 続きまして、議案第40号、勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は、市民より使用要望のある室について、これを認めるため、同条例の第7条の別表第1を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、第7条関係の別表第1に「集団健診室と診察室」を加えるものでございます。


 この議案第36号、議案第37号及び議案第38号並びに議案第39号、そして、議案第40号のいずれも、平成18年4月1日から施行いたすものでございます。


 以上、御説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 石倉健康長寿課長。


   (健康長寿課長 石倉充男君 登壇)


○健康長寿課長(石倉充男君) ただいま上程されました議案第41号、勝山市介護保険条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の改正は、第2期介護保険事業期間の終了にかかる次期介護保険料率の見直しに伴い、条例の一部改正をするものでございます。 その内容につきましては、次のページに記載のとおりでございます。


 第5条は、第1号被保険者保険料の標準月額を、現行の「3,500円」から「4,100円」に改めることに伴うものでございます。


 条例では、その額を年額で定めておりますので、段階別年額をこちらに記載のとおりの額に改正するものでございます。


 また、附則は、税制改正による賦課段階の変更者に対する2年間の保険料の経過措置を定めるものでございます。


 なお、この保険料は、平成18年度以降の分に適用し、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上、議案第41号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 上山産業振興支援室長。


   (産業振興支援室長 上山忠恒君 登壇)


○産業振興支援室長(上山忠恒君) 上程されました議案第42号、勝山市工業振興条例の一部改正につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、本市における事業者の育成と、企業の立地促進を図るため、優遇制度を改め、あわせて用語等を整備いたしたいため、条例の一部改正を提案するものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行いたしたいものでございます。


 以上、御説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 冨田商工観光課長。


   (商工観光課長 冨田正一君 登壇)


○商工観光課長(冨田正一君) ただいま上程されました議案第43号、勝山温泉センター「水芭蕉」及び勝山市ふれあい会館の指定管理者の指定について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、公の施設の指定管理者の指定につきまして、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 今回、指定管理者の指定を行う施設の名称は、勝山温泉センター「水芭蕉」及び勝山市ふれあい会館でございます。


 指定管理者は、福井県勝山市村岡町浄土寺第50号5番地3、有限会社YアンドY代表取締役、木下孝雄でございます。


 指定期間は、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5年間でございます。


 以上、議案第43号について説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 上田農業委員会事務局長。


   (農業委員会事務局長 上田秋光君 登壇)


○農業委員会事務局長(上田秋光君) ただいま上程されました議案第44号につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 議案第44号、勝山市農業委員会に関する条例の一部改正についてでございますが、本案は、農業委員会等に関する法律の一部を改正する法律の運用に基づき、農業委員会の機能を留意しつつ、簡素・効率化を図るため、現在の選挙委員の定数16名から13名にしたいので、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この条例は、次の一般選挙から施行するものでございます。


 以上、議案第44号につきまして、その提案理由の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 以上で、本日は散会いたします。


────────────────────


         午後 1時35分 散会