議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成17年12月定例会(第1号12月 1日)




平成17年12月定例会(第1号12月 1日)




                  平成17年12月


              勝山市議会定例会会議録第1号


平成17年12月1日(木曜日)


───────────────────────────────────────────



                     平成17年12月1日(木曜日)


                     午前10時開議





第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第 97号 平成17年度勝山市一般会計補正予算(第4号)


第 4 議案第 98号 平成17年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


第 5 議案第 99号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2


            号)


第 6 議案第100号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


第 7 議案第101号 平成17年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)


第 8 議案第102号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


第 9 議案第103号 平成17年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第2号)


第10 議案第104号 平成17年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第2号)


第11 議案第105号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第1号


            )


第12 議案第106号 勝山市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部改正に


            ついて


第13 議案第107号 福井県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の


            減少及び同組合規約の変更等について


第14 議案第108号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共


            団体の数の減少及び同組合規約の変更について


第15 議案第109号 福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少につい


            て


第16 議案第110号 勝山市ふれあい交流館の設置及び管理に関する条例の一部改正


            について


第17 議案第111号 福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合を組織する地方公


            共団体の数の増減及び同組合規約の変更について


第18 議案第112号 福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合規約の変更につい


            て


第19 議案第113号 福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合を組織する地方公


            共団体の数の減少及び同組合規約の変更について


第20 議案第114号 損害賠償の額を定めることについて


第21 議案第115号 勝山市道路線の認定について


第22 議案第116号 福井県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の


            減少及び同組合規約の変更について


第23 議案第117号 損害賠償の額を定めることについて


第24 議案第118号 勝山・上志比衛生管理組合規約の変更について





本日の会議に付した事件


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案第97号から議案第118号まで





出席議員(19名)


      1番  松 村 治 門 君      2番  北 川 晶 子 君


      3番  前 川 茂 一 君      4番  北 沢   諭 君


      5番  加 藤 一 二 君      6番  井 上   馨 君


      7番  清 水 清 蔵 君      8番  笠 松 捷多朗 君


      9番  村 田 与右ヱ門君     10番  山 田 安 信 君


     11番  手 塚 貞 臣 君     12番  安 居 久 繁 君


     13番  小 林 喜 仁 君     14番  椿 山   弘 君


     15番  藤 澤 七郎兵衛君     16番  北 山 謙 治 君


     17番  嶋 田 政 憲 君     19番  近 藤 栄 治 君


     20番  廣 田 与三次郎君





欠席議員( 0名)





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   助       役      松山 保雄 君


   教   育   長      山  範男 君


   市 長 公 室 長      梅澤 順一 君


   総務部長兼総務課長      松村 誠一 君


   市民・環境部長兼市民生活課長 杼木  実 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 高田 英男 君


   産業部長併農業委員会事務局長 上田 秋光 君


   建設部長兼建設課長      井上 浩人 君


   教育部長兼教育総務課長    山本 一郎 君


   消防長兼消防署長       田中 公夫 君


   監査委員事務局長       北川 誠一 君


   秘書・広報課長        石田 忠夫 君


   未来創造課長         齊藤 雅昭 君


   税務課長           山田 誠一 君


   環境対策課長         門  善孝 君


   健康長寿課長         石倉 充男 君


   商工観光課長         冨田 正一 君


   産業振興支援室長       上山 忠恒 君


   農林政策課長         酒井 重光 君


   上下水道課長         辻  尊志 君


   会計課長           山口 幸雄 君


   生涯学習課長         矢戸 松蔵 君


   文化課長           境井 義樹 君


   自然体験学習課長       山根 敏博 君





事務局出席職員


     局   長  高 野   忍


     書   記  鳥 山 昌 久


     書   記  山 岸 善太郎








      午前10時13分開会


○議長(安居久繁君) これより勝山市議会定例会を開会いたします。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 直ちに本日の会議を開きます。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、村田与右ヱ門君、山田安信君を指名いたします。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期につきましては、去る11月4日に議会運営委員会を開き協議されましたので、その結果の報告を同委員長よりお願いいたします。


○議長(安居久繁君) 北山議会運営委員長。


   (議会運営委員長 北山謙治君 登壇)


○議会運営委員長(北山謙治君) おはようございます。


 議会運営委員会の報告をさせていただきます。


 今期12月定例会の日程等につきましては、去る11月4日、議会運営委員会を開き協議いたしました。その結果の御報告をいたします。


 今期定例会は、本日から16日までの16日間といたしたいと思います。


 詳細につきましては、お手元にお配りしてあります会期日程表のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(安居久繁君) おはかりいたします。


 今期定例会の会期につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、本日から12月16日までの16日間といたしたいと思います。 これに御異議ありませんか。


   (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安居久繁君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期定例会は、本日から16日までの16日間と決定いたしました。


───────・───────


○議長(安居久繁君) この際、諸般の報告を行います。


○議長(安居久繁君) 近藤栄治君は、所用のため遅刻する旨の届け出がありました。


○議長(安居久繁君) 次に、地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、


  山岸市長


  松山助役


  梅澤市長公室長


  松村総務部長兼総務課長


  杼木市民・環境部長兼市民生活課長


  高田健康福祉部長兼福祉・児童課長


  上田産業部長


  井上建設部長兼建設課長


  田中消防長兼消防署長


  石田秘書・広報課長


  齊藤未来創造課長


  山田税務課長


  門環境対策課長


  石倉健康長寿課長


  冨田商工観光課長


  酒井農林政策課長


  上山産業振興支援室長


  辻上下水道課長


  山口会計課長


 教育委員会より


  山教育長


  山本教育部長兼教育総務課長


  矢戸生涯学習課長


  境井文化課長


  山根自然体験学習課長


 監査委員より


  北川監査委員事務局長


 農業委員会より


  上田農業委員会事務局長


 以上であります。


○議長(安居久繁君) 次に、市長から提出事件について、次の文書がまいっております。


 勝総発第736号


          平成17年12月1日


 勝山市議会議長


 安居 久繁 宛


         勝山市長 山岸 正裕


    議案の送付について


 平成17年12月1日招集の勝山市議会定例会に提出するため、次の議案を送付します。


 送付議案は、議案第97号から議案第118号までの22件であります。


 これら22件については、既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(安居久繁君) 次に、さきの臨時会以降に監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により次の報告を受理しております。


 平成17年11月25日付け勝監発第68号、例月出納検査(10月分)の結果について。


 この報告書は、議会事務局に保管しております。


○議長(安居久繁君) 次に、さきの臨時会以降の事務報告については、お手元に配付してあります報告書のとおりであります。


○議長(安居久繁君) 以上で、諸般の報告を終わります。


───────・───────


○議長(安居久繁君) 次に、市長から発言の要求がありますので、これを許します。


○議長(安居久繁君) 山岸市長。


   (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) 皆さん、おはようございます。


 本日、ここに平成17年12月定例市議会が開会されるにあたり、御挨拶を申し上げますとともに、市政運営にかかる諸問題について所信の一端を申し述べます。


 きょうから師走、ことしもあと1か月となりました。この1年を振り返りますと、7月4日には集中豪雨があり、市内の一部で、床下浸水や道路、農林業施設に被害がありましたが、その他は、取り立てて大きな災害もなく、おおむね穏やかな1年でありました。このまま平穏に年を越せることを願っております。


 本年も、勝山市の活性化と市民生活の向上を目指し、全力で諸事業に取り組んでまいりました。5月2日には、勝山市民待望の福祉健康センター「すこやか」がオープンし、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く利用されており、これからさらに、健康増進と市民福祉の向上に向けた様々なサービスの提供に努めてまいります。また、7月末には、まちづくり交付金事業の一つの核であります大清水一帯が整備され、中心市街地の整備が確実に歩みはじめたところであります。


 この二つの大きな施設整備は、行政と住民が計画段階から一体となって進めてきたところに大きな意義があると考えます。これからの時代のキーワードは「パートナーシップによる行政と市民の協働」であり、まちづくりにおいても、計画段階から市民が参画することによって市民の意見が反映されるだけでなく、市民に愛着と自己責任が生まれます。このことから、まちづくり交付金事業のプロセスには、住民が参加して検討する場としてワークショップの持ち方が大変重要なファクターになると考えております。


 福祉健康センター「すこやか」においては、開設後も、自主グループによる各種教室の開催や、各種団体の行事開催による参画など、市民がみずから活用策を見いだし、施策が推進されているところであります。また、大清水のオープンの際は、地域の人たちがみずから企画したおまつりで、一帯の整備を祝い、訪れる市民にまちの案内人として誇らかにその役割を担っていただきました。完成を祝う地域の人たちに、自分たちのまちは自分たちでつくるという喜びと気概があふれており、住民参加によるハード事業が、まちづくりを推進していく大きな力になることを目の当たりにして、心強く感じた次第であります。


 次に、11月16日に勝山市民会館において、東京大学の篠原 修教授を招いて「都市再生は水から」と題したまちづくりシンポジウムを開催いたしました。講演の中で篠原教授は「情報の共有ではなく、情感の共有」という言葉を引用し、「同じ思いを共有しなければ一つの物事は成就しえない」と述べておりました。エコミュージアムによるまちづくりの根底に必要なものは、まさに同じ情感の共有であり、そのような人たちを1人でも多くふやし、連携することが、まちづくりにとって大事なことであります。シンポジウム後半に行われたパネルディスカッションでは、この情感を共有して多彩な活動を展開している市民団体の代表4人のパネラーのまちづくりに対する思いを聞き、頼もしく感じました。


 また、本年、勝山市における一大事業でありました国民文化祭や福井県総合防災訓練において、勝山市民の力は遺憾なく発揮され、住民参加に高い評価を受けました。これからのまちづくりは、市民が主役となって進めていかなければなりません。そして、その施策をコーディネイトする市職員についても、いかに市民と情感を共有して語ることができるかということに一層の研鑽と資質向上が求められていると考えます。


 この1年間、私は、精力的に進めてまいりました市民対話集会や地区及び各種団体との懇談会、市長への手紙など、率直な対話と情報公開をもとに、信頼関係を一層構築して、協働による市政を推進し、自然豊かなこの勝山市に、さらに心豊かなコミュニティを創造してまいります。


 次に、本議会の議案として提案しております勝山ニューホテルについて申し上げます。同ホテルの存続については、かねてより市議会議員と市理事者によるふれあい交流館検討委員会で審議がなされ、関係団体との意見をお聞きする中で検討してまいりました。


 検討委員会の結果は、総合的に勘案して存続が必要ということであり、これを受けまして市では、相互不動産株式会社が任意売却を進める同ホテルの土地を取得し、相互不動産株式会社は、この土地売却代金を県に納税することで、県は、ホテル建物と土地の抵当権を解除し、実質的に勝山市が土地、建物を市有財産とする方針であります。


 ホテル取得時の8,800万円と今後の長期活用のための基幹施設整備費は、福井県振興資金の借り入れをもって実施する予定であります。勝山ニューホテルは、年間宿泊数1万3,178人、会議や宴会等に6,953人を含めた年間総売上高は1億7,111万円となっており、また、ピアノ、バイオリン、ゴスペル合唱など、市民の文化活動発表の場としても広く活用されております。


 奥越地域唯一のコンベンション機能は、国、県レベル及び全市規模の各種大会やイベント開催はもとより、国際交流や県外からのスポーツ合宿など、様々な団体等にも利用されており、その効果は、経済的、社会的にも極めて高く、市の貴重な財産として各方面から存続を期待されております。また、平成16年1月には、旭町1、2丁目、旭毛屋町、片瀬1丁目の地元4区の区長連名で、存続の陳情も受けております。


 さらに、従業員44人の雇用の場、年間3,500万円の地元での食材費等の購入、市内観光の拠点などの機能を考えあわせますと、ホテル存続の費用対効果は、今後予測される年間費用を含めて余りあるものであると考えます。また、施設の経費節減と民間ノウハウの活用による効果を高めるため、同施設に指定管理者制度を導入し、平成18年4月をめどに、指定管理者による管理運営とする予定であります。


 次に、社会問題となったアスベスト対策については、公共施設の総点検を行った結果、市民会館照明室、教育会館地下室と平泉寺小学校貯蔵庫の3か所がアスベスト含有1%以上のロックウール施工であることが判明し、封じ込め工事の予算を今回、計上しております。また、小学校の給食備品の圧力釜、フライヤーにアスベスト製品が使われておりましたので、労働安全衛生の観点から買い替えの費用が必要となりました。いずれも、市民生活や、現場に働く職員の安全を確保するため、速やかな対応が必要であります。


 次に、三位一体改革については、さきの臨時市議会のあいさつでも申し上げたところでありますが、平成5年の衆参両院の地方分権の推進に関する決議から始まった地方分権改革の歩みは、平成12年4月の地方分権一括法の施行を経て、今、まさに大きな改革のうねりとなっております。


 地方分権の究極の目的は、基礎的自治体が地域の実態や特性に即応した施策をより多く行うことにより、市民の視点に立った簡素で効率的な自治体経営を確立することであります。総額4兆円の国庫補助金削減と、3兆円規模の税源移譲を実行する改革は、地方分権を切り開く大きな窓口であり、先月末から、まさに正念場を迎えてきたところであります。


 先週開催された国と地方の協議会では、焦点となっていた生活保護費負担金で厚生労働省と地方側が対立し、政府与党の調整に委ねられていましたが、29日、政府は生活保護費の国庫負担引き下げの見送りを決め、安倍官房長官が関係閣僚と与党政調会長らとの協議の場で最低案を示し、関係閣僚らもこれに合意し、決着をみたところであります。


 厚生労働省関係では、児童扶養手当や児童手当の国庫負担率を3分の1へと引き下げるなどして、計約5,292億円の国庫補助負担金を削減、また、今回の6,000億円規模の削減とは別に、暫定扱いとされてきた義務教育費国庫負担金の減額8,500億円では、地方がまとめた中学校分の一般財源化ではなく、小・中学校を通じて国の負担率を2分の1から3分の1に引き下げる方針となりました。


 補助金削減内容が固まったことで、国から地方への税源移譲は、目標としていた3兆円規模にほぼ到達し、地方側も、これを基本的には了承、生活保護費をめぐり緊張関係が高まっていた国、地方の交渉は、ぎりぎりの段階で決着したところであります。


 政府が調整を進めてきた6,000億円規模の補助金削減のうち8割を割り当てられた厚生労働省の内訳は、母子家庭に支給される児童扶養手当の国庫負担を4分の3から3分の1に引き下げ、また、小学3年生以下の子供がいる一定収入以下の世帯向け児童手当は、国の負担率が3分の2から3分の1に引き下げられております。さらに、高齢者介護施設給付費や公立保育所の施設整備費負担率が5%、国から都道府県にシフトされるものとなっています。


 ただ、生活保護費を見直さなかった分、割当額達成のため、地方に裁量権のない負担金削減も多く含まれており、税源移譲額なども含め、今後、よく精査していく必要があります。


 三位一体改革は、紆余曲折しながらも平成18年度までに、所得税から個人住民税への本格的な税源移譲を、おおむね3兆円として実施するとともに、国庫負担金補助金改革も、地方の裁量を高める方針に沿って進んでおります。一方、地方交付税についても、必要とする一般財源を確保するとしていますが、国、地方とも、2010年代初頭をめどに、プライマリーバランスの黒字化を目指すため、平成19年度以降、第2期の改革が予定され、地方が権限と税源の移譲を求める以上に、国の補助負担金の廃止と地方交付税の削減がより進展するものと考えます。


 これから新年度予算の編成時期を迎えますが、平成18年度は、地方財政の転換期となる重要な時期であり、将来を見据えた行財政運営の取り組みが求められるときであります。また、地方分権の進展は、自由裁量の拡大であると同時に、自己責任の拡大であることを認識する必要があります。


 次に、本年10月に実施されました国勢調査の速報値が、本日、県で発表される予定となっております。日本全体が人口減少に入ると予測されていたように、福井県の人口も、昭和35年以来45年ぶりの減少となり、また、勝山市の人口は、前回の平成12年国勢調査比較、1,182人、4.2%減少し、2万6,961人となりました。この減少率は、5%以上の減少率が続いた45年、50年の国勢調査以来の高い減少率となっております。こうした少子・高齢化や人口減少が進む勝山市の実態をしっかりと受けとめ、これまで以上に小さな行政府の実現を図る中、市民福祉向上と活性化に向けた施策を確保していくことが最重要課題であります。


 長期的な展望に立って、必要に応じ行財政改革の前倒しを行うなど、聖域なき改革に積極的に取り組まなければならないと強く決意をいたしております。


 さて、本日の定例市議会に提案申し上げますのは、平成17年度勝山市一般会計補正予算(第4号)をはじめ22件であります。


 これら22件につきましては、後ほど関係部課長からそれぞれの提案理由を説明いたしますので、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(安居久繁君) 次に、日程第3、議案第97号 平成17年度勝山市一般会計補正予算(第4号)


 日程第4、議案第98号 平成17年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第5、議案第99号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第6、議案第100号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第7、議案第101号 平成17年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)


 日程第8、議案第102号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


 日程第9、議案第103号 平成17年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第2号)


 日程第10、議案第104号 平成17年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第2号)


 日程第11、議案第105号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第12、議案第106号 勝山市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部改正について


 日程第13、議案第107号 福井県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更等について


 日程第14、議案第108号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更について


 日程第15、議案第109号 福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少について


 日程第16、議案第110号 勝山市ふれあい交流館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第17、議案第111号 福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の増減及び同組合規約の変更について


 日程第18、議案第112号 福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合規約の変更について


 日程第19、議案第113号 福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更について


 日程第20、議案第114号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第21、議案第115号 勝山市道路線の認定について


 日程第22、議案第116号 福井県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更について


 日程第23、議案第117号 損害賠償の額を定めることについて


 日程第24、議案第118号 勝山・上志比衛生管理組合規約の変更について


 以上22件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○議長(安居久繁君) 松村総務部長。


   (総務部長 松村誠一君 登壇)


○総務部長(松村誠一君) ただいま上程されました議案第97号、平成17年度勝山市一般会計補正予算(第4号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、人事院勧告に準ずる職員の給与改定及び異動等による人件費の増減のほか、アスベスト対策経費と緊急を要するものの所要額について補正いたすものであります。


 第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億562万円を追加し、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ113億3,265万3,000円といたすものでございます。


 第2条、地方債の補正につきましては、後ほど御説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きいただきたいと思います。「第1表歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 まず、歳入ですが、14款県支出金では、226万4,000円を増額いたすものですが、県単林道事業補助金などが主なものです。


 15款財産収入では、物品売払収入126万円を計上いたしております。


 16款寄附金では、社会福祉費寄附金200万円、消防費寄附金74万円を計上いたしております。


 18款繰越金では、決算剰余金968万8,000円を計上いたしております。


 19款諸収入では、166万8,000円を増額いたすものですが、その主なものは、女性消防隊による安全で災害に強い地域づくり助成金100万円、建物自動車共済金40万9,000円となっております。


 20款市債では、勝山ニューホテル土地取得費として、観光施設整備事業債を8,800万円追加計上いたすものであります。


 次に、2ページに移りまして、歳出でありますが、今回の補正では、人事院勧告に準ずる職員の給与改定等をそれぞれの項目で計上いたしております。


 人事院勧告に準ずるものや異動などにより退職手当組合特別負担金を除いた一般職員人件費の補正の額は、全体で2,116万6,000円の減額となっております。


 1款議会費では、職員人件費で9万4,000円、議員報酬で299万9,000円を減額いたすものであります。


 2款総務費では、1億944万5,000円の増額補正をお願いするものでありますが、その主なものは、職員人件費の増減のほか、ふれあい交流館管理運営費で土地取得費8,800万円の増額、市民会館管理運営費で170万円の増額、財政調整基金積立金で484万4,000円の増額となっております。


 3款民生費では、1,175万2,000円の増額となっておりますが、教育会館施設整備事業費1,040万円の増額、福祉基金積立金で200万円の増額が主なものでございます。


 4款衛生費におきましては、老人保健特別会計繰出金の増額、勝山・上志比衛生管理組合負担金の減額などにより、全体では364万2,000円の増額補正となっております。


 6款農林水産業費では、林道事業費などで増額計上いたしておりますが、職員人件費の減などで25万2,000円の減額補正をお願いするものです。


 7款商工費では、職員人件費で1,209万1,000円の増額となっております。


 8款土木費では、1,490万5,000円の減額補正になっておりますが、職員人件費の減額が主なものでございます。


 9款消防費では、救急対策事業及び非常備活動費で備品購入費を新規に計上いたしており、職員人件費の増額とあわせ、全体で231万8,000円の増額となっております。


 10款教育費では、小学校管理運営費及び小学校施設営繕工事にてアスベスト対策経費を703万7,000円計上いたしております。一方、職員人件費を減額計上し、全体では1,537万8,000円の減額となっております。 次に、4ページの「第2表 地方債補正」について御説明申し上げます。


 今回は、既決の地方債に新たに観光施設整備事業として、県振興資金の借り入れの追加をお願いするものであります。


 以上が一般会計補正予算(第4号)の内容でございます。


○議長(安居久繁君) 辻上下水道課長。


   (上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) 上程されています議案第98号、99号、100号及び101号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、4議案とも職員の異動及び人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費の補正が主なものでございます。


 最初に、議案第98号、平成17年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ294万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ17億8,238万4,000円とするものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明を申し上げます。


 5款繰入金は、他会計繰入金として294万6,000円を追加するものでございます。


 次に、歳出の1款下水道事業費294万6,000円の追加は、職員の異動及び人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費の増額でございます。


 2款公債費は、財源の組み替えを行うものでございます。


 以上、議案第98号について説明申し上げました。


 次に、議案第99号、平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。


 第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ135万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億3,600万円とするものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明を申し上げます。


 3款県支出金、6款市債、8款国庫支出金は、交付金事業で勝山西部地区から勝山東部地区へ5,454万円の組み替えをするものですが、金額の変更はございません。


 4款繰入金は、他会計繰入金として135万1,000円を減額するものでございます。


 次に、歳出の1款農業集落排水事業費、135万1,000円の減額は、職員の異動及び人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費の減額でございます。


 以上、議案第99号について説明申し上げました。


 次に、議案第100号、平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。


 第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ275万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,209万1,000円とするものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 5款繰入金は、他会計繰入金として275万8,000円を減額するものでございます。


 次に、歳出の1款簡易水道事業費275万8,000円の減額は、職員の異動及び人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費の減額でございます。


 以上、議案第100号について説明申し上げました。


 次に、議案第101号、平成17年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 第2条、業務の予定量の補正でございますが、平成17年度勝山市水道事業会計予算第2条に定めた第6次拡張変更事業及びダム取水事業は、既決予定額から人事院勧告に準ずる給与改定による職員の人件費を35万9,000円減額するものでございます。


 第3条、収益的支出の補正でございますが、予算第3条に定めた1款水道事業費用は、既決予定額から人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費を3万9,000円減額するものでございます。


 第4条、資本的収入及び支出の補正でございますが、予算第4条本文括弧書きを「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億2,936万円は、過年度分損益勘定留保資金3,069万円及び当年度分損益勘定留保資金9,867万円で補てんするもの」に改め、2款資本的収入は、既決予定額に法恩寺山リゾート開発にかかる上水道整備負担金の追加として、勝山高原開発株式会社から4,465万円受け入れるものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2款資本的支出は、既決予定額から人事院勧告に準ずる給与改定による人件費を37万1,000円減額するものでございます。


 第5条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費でございますが、予算第8条に定めた職員給与費は、既決予定額から人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費を41万円減額するものでございます。


 第6条、利益剰余金の処分の補正でございますが、予算第9条に定めた利益剰余金の処分の予定額は、既決予定額から人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費を3万9,000円減額するものでございます。


 以上、議案第98号、99号、100号及び101号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 杼木市民・環境部長。


   (市民・環境部長 杼木 実君 登壇)


○市民・環境部長(杼木 実君) 上程されております議案第102号及び103号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第102号、平成17年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、職員の異動と人事院勧告に準ずる給与改定など、職員の人件費の調整に伴う減額補正をするものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ26万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億1,008万円とするものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 8款繰入金、26万9,000円の減額は、一般会計からの繰入金の減額でございます。


 次に、歳出でございますが、1款総務費、26万9,000円の減額は、職員の異動と人事院勧告に準ずる給与改定など、職員の人件費の調整に伴う減額でございます。


 以上、議案第102号につきまして説明申し上げました。


 次に、議案第103号、平成17年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、職員の異動と人事院勧告に準じます給与改定など、職員の人件費の調整に伴うもの及び補償金の増額補正をするものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,425万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ39億675万6,000円とするものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 4款繰入金、1,425万円の増額は、一般会計からの繰入金でございます。


 次に、歳出でございますが、1款総務費、1,425万円は、職員の異動と人事院勧告に準じます給与改定などの職員の人件費の調整に伴うもの及び補償金でございます。


 以上、議案第103号につきまして説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 石倉健康長寿課長。


   (健康長寿課長 石倉充男君 登壇)


○健康長寿課長(石倉充男君) 上程されております議案第104号、平成17年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、職員の異動と人事院勧告に準じる給与改定に伴う職員人件費の減額及び介護保険法の改正に伴う保険給付費関係費の増減により所要の補正をいたすものでございます。


 第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ47万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億981万5,000円といたすものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」により説明を申し上げます。


 まず、歳入でございますが、10款繰入金、47万円の減は、一般会計繰入金が減額となるものでございます。


 次に、歳出でございますが、1款総務費、47万円の減は、職員の移動及び人事院勧告に準ずる給与改定による職員人件費の減額によるものでございます。


 2款保険給付費のうち、介護サービス等諸費の減、支援サービス等諸費の増及び特定入所者介護サービス等費の新規計上は、介護保険法の改正に伴う必要見込み額の変更によるものでございます。


 以上、議案第104号につきまして御説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 酒井農林政策課長。


   (農林政策課長 酒井重光君 登壇)


○農林政策課長(酒井重光君) 上程されております議案第105号、平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第1号)について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、職員の異動及び人事院勧告に準ずる給与改定による人件費の補正をいたすものでございます。


 第1条、歳入歳出補正予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,857万9,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」について説明申し上げます。


 まず歳入ですが、4款1項基金繰入金の6万9,000円の増額は、市有林造成事業基金からの繰入金の増額でございます。


 次に、歳出ですが、1款1項市有林造成費の6万9,000円の増額は、職員の異動及び人事院勧告に準ずる給与改定による人件費の増額でございます。


 以上、議案第105号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 石田秘書・広報課長。


   (秘書・広報課長 石田忠夫君 登壇)


○秘書・広報課長(石田忠夫君) 上程されております議案第106号、議案第107号、議案第108号及び議案第109号の4件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第106号、勝山市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてでございますが、現在、市長、助役の給料は、平成17年12月25日までの間、その額を3%減額し支給することとしております。そこで、さらに今後1年間、これを継続して減額支給したいため、本案を提出するものでございます。


 なお、この改正条例は、平成17年12月26日から施行するものでございます。


 次に、議案第107号、福井県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更等についてでございますが、平成18年2月1日に、「美山町」「越廼村」及び「清水町」が「福井市」に編入すること、同年2月13日に、「松岡町」「永平寺町」及び「上志比村」が合併し「永平寺町」となること、同年3月3日に、「名田庄村」と「大飯町」が合併し「おおい町」となること、さらに、同年3月20日に「三国町」「丸岡町」「春江町」「坂井町」が合併し「坂井市」となることに伴い、合併市町村等を福井県市町村職員退職手当組合から脱退させ、合併後、加入する市町を同組合に加入させるとともに、同組合規約の変更、財産処分及び議員の定数等の変更について協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この改正規約は、合併等によるこれらそれぞれの市町の合併期日から施行するものでございます。


 次に、議案第108号、福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更についてでございますが、平成18年2月1日に、「美山町」「越廼村」及び「清水町」が福井市に編入すること、同年2月13日に、「松岡町」「永平寺町」及び「上志比村」が合併し「永平寺町」となること、同年3月3日に、「名田庄村」と「大飯町」が合併し「おおい町」となること、さらに、同年3月20日に「三国町」「丸岡町」「春江町」「坂井町」が合併し「坂井市」となることに伴い、合併市町村等を福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合から脱退させ、合併後、加入する市町を同組合に加入させるとともに、同組合規約の変更及び議員の定数等の変更について協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この改正規約は、合併等によるこれらそれぞれの市町の合併期日から施行するものでございます。


 次に、議案第109号、福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少についてでございますが、平成17年10月1日に、「武生市」及び「今立町」が合併し「越前市」となったこと、同年11月7日に、「和泉村」が「大野市」に編入したことに伴い、福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数を減少する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この地方公共団体の数の減少については、知事の許可の日から施行するものでございます。


 以上、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 齊藤未来創造課長。


   (未来創造課長 齊藤雅昭君 登壇)


○未来創造課長(齊藤雅昭君) 上程されております議案第110号、勝山市ふれあい交流館の設置及び管理に関する条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、勝山市ふれあい交流館の名称の変更並びに指定管理者制度導入に伴い、同条例を改正する必要があるので、地方自治法第96条の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、今回の条例改正の主な内容でございますが、まず、題名の「勝山市ふれあい交流館」を「勝山市滞在型コンベンション施設勝山ニューホテル」に改め、各条項中「勝山市ふれあい交流館」あるいは「ふれあい交流館」とありますのを、「勝山ニューホテル」にそれぞれ改めるものでございます。


 第1条、設置では、「コンベンションの開催及び市民と観光客が交流する場を提供することにより、本市における市民参加の多様な交流活動を促進し、もって地域経済の活性化に寄与するため、勝山市滞在型コンベンション施設勝山ニューホテル(以下「勝山ニューホテル」という)を設置する」に改めるものでございます。


 第2条、名称及び位置では、名称を「勝山市滞在型コンベンション施設勝山ニューホテル」に改めるものでございます。


 第3条の事業では、勝山ニューホテルが行う事業について定めるものでございます。


 次に、新たに第14条、管理の代行では、指定管理者に勝山ニューホテルの管理を行わせることができると定めるものでございますし、第15条では、指定管理者が行う業務について定め、第16条では、その指定管理者が行う管理の基準について定めたものでございます。


 次に、第10条の利用料金では、勝山ニューホテルの利用料金は、別表第1及び別表第2に掲げる金額の範囲内で市長が別に定めるとするものでございます。


 第4条では、新たに利用時間について定め、宿泊については、午後3時から翌日午前11時まで、宿泊以外については、午前9時から午後9時までとし、市長が特別な事由があると認めるときは、これを延長し、または、短縮することができるとするものでございます。


 また、第5条では、臨時休館日について定めたものでございます。


 以上、議案第110号につきまして、提案理由の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 田中消防長。


   (消防長 田中公夫君 登壇)


○消防長(田中公夫君) 上程されております、議案第111号、議案第112号及び議案第113号の3件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第111号、福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の増減及び同組合規約の変更についてでございますが、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律が公布され、平成17年7月1日に施行されたことに伴う関係条文の整理並びに平成18年2月1日に、「美山町」「越廼村」及び「清水町」が「福井市」に編入することに伴い、同年1月30日付けで福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合から4市町村によって編成されていた福井地区消防組合を脱退させ、同年2月1日に福井市を加入させるとともに、平成18年2月13日に、「松岡町」「永平寺町」及び「上志比村」が合併し「永平寺町」になることに伴い、同年2月12日に同組合から3町村によって構成されていた吉田地区消防組合を脱退させ、同年2月13日に永平寺町を加入させるため、同組合規約を変更することについて協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この改正規約は、合併等によるこれらそれぞれの市町の合併期日から施行し、改正後の第3条の規定は、平成17年7月1日から適用するものでございます。


 次に、議案第112号、福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合規約の変更についてでございますが、平成18年3月3日に、「名田庄村」及び「大飯町」が合併し「おおい町」になることに伴い、県内から「村」がなくなるので、福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合規約を変更することについて協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この規約は、平成18年3月3日から施行するものでございます。


 次に、議案第113号、福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更についてでございますが、平成18年3月20日に「三国町」「丸岡町」「春江町」及び「坂井町」が合併し「坂井市」になることに伴い、同年3月19日に福井県市町村消防団員等公務災害補償等組合から三国町及び丸岡町を脱退させるとともに、同組合規約を変更することについて協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この三国町、丸岡町は、合併の日に坂井市として嶺北消防組合に加入し、この規約は、平成18年3月20日から、第5条第1項第4号の規定は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上、議案第111号、議案第112号及び議案第113号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 山根自然体験学習課長。


   (自然体験学習課長 山根敏博君 登壇)


○自然体験学習課長(山根敏博君) 上程されております議案第114号、損害賠償の額を定めることについて、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、平成17年9月21日午後1時52分ごろ、教育部自然体験学習課所管の公用車が、勝山市沢町2丁目地係、一般県道勝山停車場線を走行中、右横より後退してきた、勝山市沢町〇丁目〇−〇、〇〇 〇氏運転の軽自動車と接触事故を起こし、損害賠償の責任が生じましたので、これに対する損害賠償の額を1万7,963円と定めたく、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づきまして議会の議決を求めるものでございます。


 今後はこのような事故が起きないよう、十分注意いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


 以上、議案第114号の説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 井上建設部長。


   (建設部長 井上浩人君 登壇)


○建設部長(井上浩人君) 上程されています議案第115号、勝山市道路線の認定について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回、新たに認定いたします路線は、下記の調書、添付図面のとおり、法恩寺山リゾート開発事業区域における勝山市と勝山高原開発株式会社との土地の交換契約に基づく道路について、その面積が確定したことにより、3路線あわせまして3,180メートルを市道として認定いたしたく、道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。


 以上、議案第115号について説明を申し上げました。


○議長(安居久繁君) 杼木市民・環境部長。


   (市民・環境部長 杼木 実君 登壇)


○市民・環境部長(杼木 実君) 上程されております議案第116号、福井県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合規約の変更につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、平成18年2月1日に、「美山町」「越廼村」及び「清水町」が「福井市」に編入すること、同年2月13日に、「松岡町」「永平寺町」及び「上志比村」が合併し「永平寺町」となること、同年3月3日に、「名田庄村」と「大飯町」が合併し「おおい町」となること、さらに、同年3月20日に「三国町」「丸岡町」「春江町」及び「坂井町」が合併し「坂井市」となることに伴い、合併組合市町村を同組合から脱退させ、合併後、加入する市町を同組合に加入させるとともに、同組合の規約の変更、財産処分及び議員の定数等の変更について協議する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この規約は、合併等によるそれぞれの市町の合併等の期日から施行するものでございます。


 ただし、規約4の第5条第1項第4号の規定は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上、議案第116号について説明申し上げました。


○議長(安居久繁君) 門環境対策課長。


   (環境対策課長 門 善孝君 登壇)


○環境対策課長(門 善孝君) 上程されております議案第117号、議案第118号について、その提案理由を説明いたします。 まず、議案第117号、損害賠償の額を定めることについて、その提案理由を申し上げます。


 本案は、平成17年11月8日午前11時ごろ、勝山市の資源ごみ収集車が、平泉寺町神野の道路を走行中、右前方に停車していた勝山市北市〇−〇−〇、有限会社〇〇〇〇の車両とすれ違う際に接触し、損害賠償責任が生じましたので、これに対する損害賠償の額を10万2,676円と定めたく、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づきまして議会の議決を求めるものでございます。


 市民の方に御迷惑をかけ、大変申し訳なく、今後とも、職員一同、交通安全と事故防止に全力で取り組みますので、よろしくお願い申し上げます。


 次に、議案第118号、勝山・上志比衛生管理組合規約の変更について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、勝山・上志比衛生管理組合を構成している「上志比村」が、「松岡町」「永平寺町」と合併し「永平寺町」になることに伴い、組合規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この規約は、平成18年2月13日から施行するものでございます。


○議長(安居久繁君) 以上で、本日は散会いたします。


────────────────────


         午前11時22分 散会