議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 勝山市

平成17年 3月定例会(第1号 3月 2日)




平成17年 3月定例会(第1号 3月 2日)




                  平成17年3月


              勝山市議会定例会会議録第1号


平成17年3月2日(水曜日)


───────────────────────────────────



                     平成17年3月2日(水曜日)


                     午前10時開議





第 1 会議録署名議員の指名


第 2 会期の決定


第 3 議案第 2号 平成17年度勝山市一般会計予算


第 4 議案第 3号 平成17年度勝山市育英資金特別会計予算


第 5 議案第 4号 平成17年度勝山市下水道事業特別会計予算


第 6 議案第 5号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


第 7 議案第 6号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


第 8 議案第 7号 平成17年度勝山市水道事業会計予算


第 9 議案第 8号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計予算


第10 議案第 9号 平成17年度勝山市老人保健特別会計予算


第11 議案第10号 平成17年度勝山市介護保険特別会計予算


第12 議案第11号 平成17年度勝山温泉センター特別会計予算


第13 議案第12号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


第14 議案第13号 平成16年度勝山市一般会計補正予算(第5号)


第15 議案第14号 平成16年度勝山都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第


           1号)


第16 議案第15号 平成16年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)


第17 議案第16号 平成16年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


第18 議案第17号 平成16年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


第19 議案第18号 平成16年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)


第20 議案第19号 平成16年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


第21 議案第20号 平成16年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第3号)


第22 議案第21号 平成16年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


第23 議案第22号 平成16年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)


第24 議案第23号 平成16年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)


第25 議案第24号 勝山市収入役事務兼掌条例の制定について


第26 議案第25号 勝山市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


第27 議案第26号 福井県市町村職員退職手当組合規約の変更について


第28 議案第27号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合規約の変更について


第29 議案第28号 福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少について


第30 議案第29号 大野・勝山地区広域行政事務組合ふるさと市町村圏基金に係る権利


           の一部放棄について


第31 議案第30号 勝山市公の施設における指定管理者の指定の手続等に関する条例の


           制定について


第32 議案第31号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定につ


           いて


第33 議案第32号 勝山市税条例の一部改正について


第34 議案第33号 勝山市火災予防条例の一部改正について


第35 議案第34号 勝山市教育会館の設置及び管理に関する条例の制定について


第36 議案第35号 勝山市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第37 議案第36号 勝山市法定外公共物管理条例の制定について


第38 議案第37号 勝山市手数料条例の一部改正について


第39 議案第38号 福井県市町村交通災害共済組合規約の変更について


第40 議案第39号 訴えの提起について


第41 議案第40号 訴えの提起について


第42 議案第41号 勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条例


           の制定について


第43 議案第42号 勝山市福祉事務所設置条例の一部改正について


第44 議案第43号 勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例の一部改正について


第45 議案第44号 勝山市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について


第46 議案第45号 勝山温泉センター「水芭蕉」の設置及び管理に関する条例の一部改


           正について


第47 議案第46号 勝山市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい


           て





本日の会議に付した事件


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 議案第2号から議案第46号まで





出席議員(19名)


      1番  松 村 治 門 君      2番  北 川 晶 子 君


      3番  前 川 茂 一 君      4番  北 沢   諭 君


      5番  加 藤 一 二 君      6番  井 上   馨 君


      7番  清 水 清 蔵 君      8番  笠 松 捷多朗 君


      9番  村 田 与右ヱ門君     10番  山 田 安 信 君


     11番  手 塚 貞 臣 君     12番  安 居 久 繁 君


     13番  小 林 喜 仁 君     14番  椿 山   弘 君


     15番  藤 澤 七郎兵衛君     16番  北 山 謙 治 君


     18番  佐々木 隆 也 君     19番  近 藤 栄 治 君


     20番  廣 田 与三次郎君





欠席議員( 1名)


     17番  嶋 田 政 憲 君





説明のため出席した者


   市       長      山岸 正裕 君


   収   入   役      松山 保雄 君


   教   育   長      山  範男 君


   市 長 公 室 長      岩田 俊一 君


   総務部長兼総務課長      牧野 昌久 君


   市民・環境部長兼環境対策課長兼市民生活課長


                  加藤 敏彦 君


   健康福祉部長兼福祉・児童課長 高田 英男 君


   産業部長併農業委員会事務局長 北川 誠一 君


   建設部長兼建設課長      井上 浩人 君


   教育部長兼教育総務課長    山本 一郎 君


   消防長兼消防署長       田中 公夫 君


   秘書・広報課長        石田 忠夫 君


   未来創造課長         松村 誠一 君


   税務課長           山田 誠一 君


   健康長寿課長         漆?  與 君


   商工観光課長         杼木  実 君


   農林政策課長         酒井 重光 君


   都市整備課長         冨田 正一 君


   上下水道課長         辻  尊志 君


   会計課長           山口 幸雄 君


   生涯学習課長         矢戸 松蔵 君


   文化課長           境井 義樹 君


   自然体験学習課長       上田 秋光 君


   監査委員事務局長       仲谷 則雄 君





事務局出席職員


     局   長  高 野   忍


     書   記  鳥 山 昌 久


     書   記  山 岸 善太郎








      午前10時05分開会


○議長(藤澤七郎兵衛君) おはようございます。これより勝山市議会定例会を開会いたします。


───────・───────


○議長(藤澤七郎兵衛君) 直ちに本日の会議を開きます。


───────・───────


○議長(藤澤七郎兵衛君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、松村治門君、北川晶子君を指名いたします。


───────・───────


○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期につきましては、去る2月1日に議会運営委員会を開き協議されましたので、その結果の報告を同委員長よりお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 小林議会運営委員長。


 (議会運営委員長 小林喜仁君 登壇)


○議会運営委員長(小林喜仁君) おはようございます。


 議会運営委員会の報告をいたします。


 今期3月定例会の日程等につきましては、去る2月1日に議会運営委員会を開き協議いたしました。その結果を御報告いたします。


 お手元にお配りしてあります会期日程表により説明させていただきます。


 今期定例会は、本日から23日までの22日間といたしたいと思います。


 日程について申し述べますと、本日は、本会議において施政方針、議案の上程及び提案理由の説明をいたします。その後、全員協議会を開きます。


 3日から6日までは休会とし、7日は代表質問と一般質問を行います。なお、昼食時の休憩中に議会運営委員会の開催を予定いたしております。


 8日は、一般質問と議案に対する質疑を行い、その後、議案と請願陳情等を各委員会に付託いたします。


 9日は全員審査特別委員会を開き、補正予算の審議をお願いいたし、終了後、本会議を開き、これら案件の採決をお願いいたします。 10日、11日は常任委員会の日程といたします。


 12日、13日は休会といたします。


 14日と16日並びに17日と18日の4日間は、全員審査特別委員会を開いていただきます。


 15日は、議会改革特別委員会を開いていただきます。


 19日から21日、そして、最終日の前日の22日は休会といたします。


 最終日の23日は、最初に全員協議会を開き、その後、本会議で各委員会の審査結果の報告を受け、質疑・討論・採決の予定でございます。


 以上のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) おはかりいたします。


 今期定例会の会期につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、本日から3月23日までの22日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(藤澤七郎兵衛君) 御異議なしと認めます。


 よって、今期定例会は、本日から23日までの22日間と決定いたしました。


───────・───────


○議長(藤澤七郎兵衛君) この際、諸般の報告を行います。○議長(藤澤七郎兵衛君) 嶋田政憲君は、所用のため欠席する旨の届出がありました。○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、地方自治法第121条の規定による説明のための出席者は、


  山岸市長


  松山収入役


  岩田市長公室長


  牧野総務部長兼総務課長


  加藤市民・環境部長兼市民生活課長兼環  境対策課長


  高田健康福祉部長兼福祉・児童課長


  北川産業部長


  井上建設部長兼建設課長


  田中消防長兼消防署長


  石田秘書・広報課長


  松村未来創造課長


  山田税務課長


  漆?健康長寿課長


  杼木商工観光課長


  酒井農林政策課長


  冨田都市整備課長


  辻上下水道課長


  山口会計課長


 教育委員会より


  山教育長


  山本教育部長兼教育総務課長


  矢戸生涯学習課長


  境井文化課長


  上田自然体験学習課長


 監査委員より


  仲谷監査委員事務局長


 農業委員会より


  北川農業委員会事務局長


 以上であります。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、市長から提出事件について、次の文書がまいっております。


           勝総発第1028号


           平成17年3月2日


 勝山市議会議長


 藤澤七郎兵衛宛


         勝山市長 山岸 正裕


    議案の送付について


 平成17年3月2日招集の勝山市議会定例会に提出するため、次の議案を送付します。


 送付議案は、議案第2号から議案第46号までの45件であります。


 これら45件については、既にお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、さきの2月臨時会以降に監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、次の報告を受理しております。


 平成17年2月24日付け勝監発第112号、例月出納検査(1月分)の結果について。 この報告書は、議会事務局に保管してあります。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、さきの2月臨時会以降の事務報告については、お手元に配付してあります報告書のとおりであります。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 以上で、諸般の報告を終わります。


───────・───────


○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、市長から発言の要求がありますので、これを許します。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 山岸市長。


   (市長 山岸正裕君 登壇)


○市長(山岸正裕君) おはようございます。


 本日、ここに平成17年3月定例市議会が開会されるにあたり、御挨拶を申し上げるとともに、市政運営にかかる諸問題について所信の一端を申し述べます。


 ことしは、暖冬という長期予報とは裏腹に二度の寒波に見舞われました。冬季の最重要課題である除雪については、万全を期してその対応に当たっておりますが、市民は、雪国にあっても雪のないときと同じ生活レベルを求めるようになってきており、このような環境を維持するために、近年、行政に対する除排雪需要が急激に拡大し、この冬の除雪費総額は約1億3,500万円にのぼっております。最近の市民からの要望は、従来の除雪に加えて、歩道の除雪、たまった雪の排雪などにも及び、一時的に集中する起動力には限界があり、即応には困難をきたしているところであります。


 道路除雪は、行政の仕事として公助が基本でありますが、地域の除雪には、お互いが協力、理解しあい、助け合う互助の精神が必要とあると考えます。雪に対するお互いの協力が地域のきずなをより強くすることにつながるよう望むものであります。


 次に、1月27日から29日の3日間にわたって東海北陸7県選手団参加による「高松宮賜杯第55回中部日本スキー大会」がスキージャム勝山で開催されました。この大会は、中部日本最大のスキー競技会として長い歴史と伝統を誇り、これまでに中部日本スキー競技力の向上に大きく貢献し、多くの優秀選手を輩出してきました。


 常陸宮殿下、同妃殿下をお迎えした開会式は、市民会館において、選手、役員など約800人の参加のもと開催され、殿下から激励のお言葉がありました。大会期間の3日間は幸いにも晴天に恵まれ、両殿下はスキー競技の観戦のほか、市内の地場産業、児童福祉施設視察に、一本義久保商店、しろき保育園、ケイテー株式会社大日工場を訪問され、市民とも親しく接しられました。二泊された勝山ニューホテルにおいて、1日目は福井県知事、2日目は勝山市長の招宴を催し、地元産品を食材にした料理や、オオタカの生息状況など野鳥や九頭竜川の魚など、勝山の自然を話題に和やかに打ち解けられ、滞在を楽しまれた御様子でありました。二泊三日の御滞在となった勝山ニューホテル側の細心な対応や、県警察本部、勝山警察署の警備体制に対して、地元市長として心から感謝の意を申し上げるものであります。


 冬の風物詩「勝山年の市」が1月30日、本町通りで開かれ、市内外から約2万人の人出で賑わいました。すっかりおなじみになったござ帽子やわらじ作りの熟練の手さばきに人気の「むらの達人たち」に、ことしから新しく「まちの職人」が加わって、市内のそば打ち名人や陶芸家が自慢の腕を披露いたしました。また、地元産品販売コーナーでは、北谷町の「さばのなれずし」や、きび・あわなど、また、荒土町の炭、野向町のえごま、鹿谷町の干し柿などに、本物の味わいを求める人たちの長い列ができておりました。


 このように近年、年ごとに伝統的な物産を復活して出店する参加者がふえ、中身が充実してきております。これは、本町通り商店街振興組合の意欲とあいまって、エコミュージアム推進事業の一環である「わがまちげんき発掘事業」により勝山市内各地域の力が掘り起こされた成果のあらわれであり、この動きをこれからさらに勝山各地の特産品の復活・販売につなげて、コミュニティビジネスに高めていきたいと考えております。17年度より新しく始める「わがまちげんき創造事業」によってこの活力をさらに引き出していく所存であります。


 また、2月26、27日には、奥越に春を呼ぶ伝統行事「勝山左義長まつり」が行われ、2日間とも好天に恵まれた中、約5万6,000人の人出で賑わいました。12基のやぐらから、太鼓や笛、三味線の賑やかな音色にあわせ、浮かれ太鼓が響きわたり、まちは祭りムード一色に染まりました。ことしから立ち上がった若者のグループ「新炎会」の新しい動きも祭りの盛り上げに一役かっておりました。


 このように、左義長、年の市などをはじめ勝山市の伝統行事が年ごとに盛んになっていく傾向にあり、大変喜ばしく思っております。エコミュージアムにおける文化遺産として継承・発展させるために、これからも勝山市の活力創出に市民と一体となって取り組む所存であります。


 さて、平成17年度は、山岸市政2期目の最初の年であり、1期4年の基礎に立った成果を問われる最初の年として、極めて重要な意味を持っております。さらに、15年度に着手した行財政改革の本格的な実施にかかる年であります。このことから17年度予算では、必要なもの、見直すものと、自助・互助・公助のめりはりをつけた無理・無駄のない編成を行い、財政健全化に向かって確実にに歩を進めてまいります。


 このような行財政運営を実行し、政策を遂行していくためには、情報を公開し、市民に理解をしていただかなければなりません。去る2月8日に第1回を開催した市民対話集会を年4回開くことを基軸にして、できるだけ多くの機会をつくって市民との対話を心がけ、痛みを分かち合える信頼関係を構築していかなければならないと考えております。


 この改革は、勝山市の体質を、厳しい環境に耐えられるように強いものにつくり変えていくものであります。その過程において、痛みはあっても究極的には勝山市をよくするため、市民のためのものであります。この信念に基づいて市民の皆様と心を一つにして力を尽くしてまいりたいと決意しております。


 次に、組織機構の改革を行います。収入役を置かず、助役が収入役の事務兼掌を行う組織といたします。これは、今まで教育長を含んで市長以下、助役、収入役の四役で担っていたトップ組織体を、市長を中心として、助役、教育長の三役で担い、小さな行政庁を目指す姿勢をみずから実践する姿勢を鮮明にするとともに、行政コストの削減をさらに進めることとし、今議会に提案をいたします。


 次に、市長の権限に属する事務の中で重要施策にかかる事務を効率的・機能的に処理する職として「政策担当監」を設置します。担当監は、部局を超える横断的な事務の総合調整により、関連する施策の一層効果的な推進を図るものであります。組織図の位置づけとしては、市長、助役の下に部長兼務で危機管理監並びにエコミュージアム政策監を設置いたします。次に、新規雇用の受け皿となる企業誘致などに積極的に取り組むために産業部内に産業振興支援室を設置します。この中に企業誘致プロジェクトマネージャーを公募し配属する計画であります。また、建設部では、都市整備課を建設課の中に吸収し、一体的に機能するように組織いたします。さらに、5月に新たに福祉健康センター「すこやか」が開設するに伴い、健康福祉部門と社協が移動したあとの教育福祉会館に勝山公民館を移動し、同館を「教育会館」と名称変更いたします。


 雇用創出のための企業誘致など、産業振興につきましては、プロジェクトマネージャーの起動力を加えた産業振興支援室と昨年度組織した産学官による産業振興戦略会議の連携によって、さらに力を傾注いたします。企業誘致については、既に2社が進出を決めており、ことし中に操業を開始する予定であります。また、まちの顔となる中心市街地の整備計画を15年度から始めましたが、その第1弾としてことしの夏ごろまでに大清水周辺整備によって大清水を復活し、湧き水があふれるほとりを散策できる水路を整備します。ことし、地区の人たちは、何年かぶりに大清水祭りを復活することを楽しみに意欲を燃やしています。続いて、川原町通りをかつての風情ある通りに整備し、順次、旧木下機業場とその周辺整備、本町通り、勝山駅周辺整備にとりかかって、平成20年度には完成する予定です。


 今年度は、このように行財政改革を進めて財政を健全化し、品格ある中心市街地の再現を図り、エコミュージアムによる「わがまちげんき発掘事業」によって育ちはじめた勝山市内各地域の活力をさらに高めていき、企業誘致など産業振興によって雇用の受け皿を確保していきます。そして、福祉健康センター「すこやか」が5月に完成予定となり、健康と福祉の取り組みを充実をいたします。自分たちのまちは自分たちでつくるという気概と、市民全員がこの勝山市を愛し、誇りを持つことができるまちをつくることに全力を尽くします。


 このように行財政基盤の確立、品格ある街区の整備、雇用の受け皿の確保、健康で生きがいのある気概にあふれた誇りの持てるまちを勝山市の自力でつくってから市町村合併に臨みます。今、現時点では、勝山市の合併相手先は奥越2市1村しかありませんが、合併特例法が切れたあとの18年度末には、市町村の合併が一通り完了し、福井県の新しい地図が完成します。次の合併新法による合併期限の平成22年3月末までに勝山市は、境を接する複数の新しい市町村を合併の選択肢とすることができると考えます。


 18年度以降は、新大野市のほかに美山町を合併した新福井市、丸岡町を含む坂井郡の新しい合併体、新永平寺町が加わります。勝山市は、そのときまでにみずからの力で行財政改革をなし遂げ、まち中、周辺部及びハード、ソフトの両面を含めてまちづくりのすべてをきちんと整備いたします。そして、まちと人の魅力を高め、優位性と合併熟度を高めて、真に住民本位に沿った合併に臨みたいと考えます。


 勝山市の持続的な発展のために、以上のような構想をもって全力を尽くしてまいります。 次に、勝山市17年度予算について申し上げます。予算編成に当たっては、国の「三位一体改革」や地方財政計画を見極めつつ、極めて厳しい財政状況に鑑み、行財政改革を積極的に推進して、市財政の健全化を図り、限られた財源をより緊急性、必要性の高い事業に優先的に配分することで政策課題に的確に対応することといたしました。


 中小企業対策の拡充や子育て、少子化対策の拡充など、きめ細かな政策に配慮するとともに、これまで以上にメリハリをつけ、市民生活の充実と活力あるまちづくりを重点政策としております。


 この基本方針のもとに編成しました当初予算は、一般会計が108億2,736万3,0000円で、前年度比12.6%の減となり、国における平成17年度地方財政計画の伸び率に比べ極めて緊縮型の予算となっております。下水道事業や老人保健等の特別会計と上水道の企業会計を含めた全体の予算規模でも223億2,865万2,000円と、前年度比4.2%の減となっております。


 一般会計では、約15億6,500万円の大幅な減額となっておりますが、その大きな要因は、シーリングによるものと前年度において計上されていました福祉健康センター「すこやか」建設費や広域ごみ処理施設建設負担金、平成7年度借入減税補てん債の一括償還など、多額の経費を要する事業がなくなったことなどによるものであります。


 一般会計の歳入は、歳入の根幹をなす市税において法人市民税の伸びなどにより、わずかではありますが、全体で数年ぶりに前年度当初予算を上回ることとなりました。また、地方譲与税、普通地方交付税でも増額を見込んでいるところであります。このことにより、主要な一般財源である市税と地方交付税、臨時財政対策債の合計で前年度当初予算額を確保したところであります。


 一方、大型プロジェクト事業がなくなったことにより、国、県支出金及び市債が大きく減額となっております。市債については、前年度に比べ56.2%減の8億4,150万円となっていますが、このうち普通交付税からの振り替えである臨時財政対策債等を除く普通債については、発行を極力抑え、後年度の財政負担の軽減を図って健全財政化を図っております。


 一方、一般会計の歳出は、行財政改革の実施を優先するとともに、市単独扶助費及び物件費、維持補修費、投資的経費の要求額の合計を、原則として、前年度当初予算に対し一般財源ベースでマイナス10%とし、総額の抑制を図ることとしました。


 性質別に見ますと、義務的経費では扶助費が6.7%に伸びているものの、人件費と公債費の減により全体では前年度比4.1%の減となっております。


 投資的経費では52.8%の大幅減となっております。これは、補助事業、単独事業ともに、前年度における福祉健康センター「すこやか」建設事業費の減が大きな要因であります。今年度の建設事業の主なものとしては、継続事業として取り組んでいますまちづくり交付金事業や森林居住環境整備事業、地方道路交付金事業などがあります。


 その他の経費では、物件費をはじめすべての項目で、前年度当初予算に比べ減額となっているところであります。


 主な事業としては、福祉・健康部門では、地域福祉計画を策定するともに、ひとり暮らし高齢者対策検討委員会を設置し、ひとり暮らし高齢者のケアの充実を図ることとしております。また、子育て支援対策としては、乳幼児医療費支給事業の対象年齢を4歳児までに拡大することとしたほか、子育て生活応援隊事業、休日保育事業、母子父子家庭・高校授業料助成事業などを新規事業として取り組むこととしており、ふれあいの里・かつやまっ子・すくすく育成奨励金事業は、2月に実施したアンケートの結果、事業を継続して、さらに時間をかけて事業評価を行うこととしました。


 エコミュージアム推進関連事業としては、「勝山の遺産」映像記録保存事業、勝山市の近代化遺産と町家・町並み調査事業などを継続、推進していくほか、「わがまちげんき発掘事業」の新たな展開として「わがまちげんき創造事業」を実施してまいります。


 教育環境整備においては、小学校生活アドバイザー推進事業やいきいき学習サポート事業、少人数学習支援員活用事業などを市の単独事業として継続することとしたほか、養護学校通学費補助にかかる対象通学範囲を拡大いたしました。


 文化面では、勝山市史の「通史篇・第2巻・原始から近世」の発刊を予定しております。また、平成17年度には福井県において「第20回国民文化祭・ふくい2005」が開催され、当市においては恐竜文化フェスティバル、IT文化フェスティバルを開催、展開してまいります。


 体育面では、勝山を全国に発信していくスポーツイベントとして、新たに「勝山恐竜クロカンマラソン事業」を創設することとしました。


 産業面では、企業誘致対策として、新たに企業誘致プロジェクトマネージャーを配置することとしたほか、企業誘致情報提供実態調査事業や地場産品直販ネット事業、空き工場活用助成事業などを新規事業として計上いたしました。さらに、中小企業者が無担保で保証を受けられる福井県信用保証協会損失補償契約付の融資制度を創設しました。


 農林業振興対策としては、被害米除去対策事業、勝山市農業農村活性化事業、土地改良区合併事業、森林組合組織強化対策事業などの新規事業があります。


 そのほか、市役所本庁1階に「市民相談コーナー」を設置し市民の利便を図るほか、公式ホームページを障害者等のアクセスに対応すべく全面的にリニューアルいたします。また、これまでの弁天桜まつりと勝山さつきまつりを統合し、春の花をモチーフに、新たに「勝山花物語事業」としてスタートさせることとしました。


 次に、財政調整基金の状況について申し上げます。昨年の市民対話集会では、16年度末の見込額を2億1,200万円と申し上げましたが、その後の補正予算並びに3月補正予算をあわせて4億2,200万円を財政調整基金に積み立てることができ、現時点での16年度末見込額は6億3,364万円になります。また、17年度当初予算では、一般会計からの歳出で544万円積み立てますが、一般会計への繰り入れのために2億6,162万円9,000円取り崩しますので、差し引き17年度末の見込額は3億7,745万1,000円になります。


 このように、財政調整基金に積み増しできましたのは、当初予算において、市税、地方交付税、臨時財政対策債などの主な一般財源が昨年度当初予算を若干上回ったこと、また、歳出において福祉健康センターの完成により前年対比減額になり、さらに、広域圏の負担金も減額になったこと、市税が15年度決算において予算額約1億1,400万円上回り、16年度3月補正においても約6,700万円を追加できたことなどが主な要因であります。 以上申し上げましたとおり、17年度一般会計予算は、行財政改革を推進して財務体質の強化を図るとともに、子育て支援など市民福祉と産業振興に力を注ぐなど、財政の健全化と市民生活の向上を両立させることに意を尽くしております。


 一方、今通常国会に上程されております平成17年度の国の予算は、一般会計が82兆1,829億円となり、前年比0.1%の増となっています。歳入では、税収を前年比5.4%の増としており、国債発行は、前年比6.0%の減となっております。国債依存度は、前年比2.8%減少しているものの、41.8%と依然として高く、17年度末の国債残高は約538兆円を見込まれており、予算規模の6.5倍にものぼり、国民一人当たりの換算では約422万円の借金となります。プライマリーバランスが改善されない限り国債残高はふえ続けるのは確実であり、行財政改革がなし遂げられない限り、国の厳しい財政状況は今後とも続くものと考えられます。


 また、一般会計の歳出は、社会保障経費が2.9%増に、公共事業費は3.6%の減となり、全体では前年比0.7%減の47兆2,829億円となっております。地方交付税は、前年比5.3%減の18兆4,422億円が計上されております。


 一方、地方財政計画については、平成16年度は地方の予算編成の終盤に突如として、地方交付税、臨時財政対策債あわせて12%の減が示され、地方の予算編成に混乱と打撃を与えたことから、今年度は早期の地方財政計画の策定を要望し、その実現が図られたところであります。


 平成17年度の地方財政対策の課題は、地方分権をおし進める「三位一体改革」の本来の目的を確認し、地方交付税など地方の安定的な財政運営に必要な一般財源をいかに確保して、国と地方の信頼関係を再構築することでありました。これに対し財務省は、地方財政計画に7.8兆円もの過大計上があるとの主張のもと、その具体例として敬老祝い金など瑣末な経費を取り上げるなど、かたくなな財政再建路線に立脚した地方財政批判を繰り返してきました。地方財政計画がハードからソフトへという地方財政の実態を十分に反映されていない面もありましたが、この乖離については、一体的な見直しの中で17年度から一部見直されてきているところであります。


 このような議論の中で策定された地方財政計画の規模は83兆7,700億円となり、地方への一般歳出は、前年比1.5%減の67兆3,200億円となっております。この中で地方税、地方交付税、臨時財政対策債をあわせた地方の一般財源総額は、前年比0.1%増の53兆4,400億円となっています。特に地方交付税については、国の歳出予算では前年比5.3%減の14兆5,700億円となっていますが、それに交付税特別会計との貸し借りを増減し、国の補正予算に伴う繰越分1兆300億円を加算した、いわゆる出口ベースでは16兆9,000億円となり、前年度の16兆8,900億円に対し0.1%の増となっているところであります。


 次に、17年度の「三位一体改革」について申し上げます。国庫補助負担金の削減の総計は1兆7,681億円で、その内訳として、税源移譲に結びつく削減額は1兆1,239億円、交付金化が3,430億円、さらに、スリム化が3,011億円となっております。これに対する税源移譲については、税源移譲に結びつく削減のうち義務教育費国庫負担金を除く一般財源化分6,989億円に対し、所得譲与税で税源移譲される額は6,910億円となっております。この税源移譲は、17、18年度において所得譲与税で措置されることとしており、18年度に関連法令の改正を行い、19年度に所得税から個人住民税への税源移譲を伴って、個人住民税の税率をフラット化することを基本としております。このフラット化への税制改革に際しては、国は所得税と個人住民税を加算した額が変わらないように配慮したいとしております。


 このように、国から地方への税源移譲が進みますと、住民にとって所得税と地方の住民税の負担のバランスが個人住民税に重くなる結果、納税に対する意識が今まで以上に高まり、地方行政に厳しい目が向けられてまいります。税金と行政サービスの関係がより鮮明になってくるために、納税という負担と行政サービスという給付のあり方を、住民と行政がより真剣になって考えなければならない時代を迎えます。したがって、市民が行政の税金の使い方を厳しく監視すると同時に、市民も、何でもすべてを行政に頼れば税負担というコストに跳ね返ってくるということをはっきり認識しなければなりません。


 私は、「三位一体改革」が目指す地方の時代は、市民も行政もお互いに緊張感を持った、このような関係が構築されてこそ成り立つものであると確信いたしております。議員各位におかれましても、このような時代変化と国の動きとともに、市民の議会への声にも的確にこたえていただき、今議会の論議の中に反映していただくことを望んでおります。


 さて、本日の定例市議会に御提案申し上げますのは、平成17年度勝山市一般会計予算案をはじめ45件であります。これら45件につきましては、後ほど関係部課長からそれぞれの提案理由を説明いたしますので、よろしく御審議の上、妥当な御決議を賜りますようお願い申し上げます。


───────・───────


○議長(藤澤七郎兵衛君) 次に、日程第3、議案第2号 平成17年度勝山市一般会計予算


 日程第4、議案第3号 平成17年度勝山市育英資金特別会計予算


 日程第5、議案第4号 平成17年度勝山市下水道事業特別会計予算


 日程第6、議案第5号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算


 日程第7、議案第6号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計予算


 日程第8、議案第7号 平成17年度勝山市水道事業会計予算


 日程第9、議案第8号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計予算


 日程第10、議案第9号 平成17年度勝山市老人保健特別会計予算


 日程第11、議案第10号 平成17年度勝山市介護保険特別会計予算


 日程第12、議案第11号 平成17年度勝山温泉センター特別会計予算


 日程第13、議案第12号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計予算


 日程第14、議案第13号 平成16年度勝山市一般会計補正予算(第5号)


 日程第15、議案第14号 平成16年度勝山都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第16、議案第15号 平成16年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第17、議案第16号 平成16年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第18、議案第17号 平成16年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第19、議案第18号 平成16年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)


 日程第20、議案第19号 平成16年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第21、議案第20号 平成16年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第3号)


 日程第22、議案第21号 平成16年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第23、議案第22号 平成16年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)


 日程第24、議案第23号 平成16年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第25、議案第24号 勝山市収入役事務兼掌条例の制定について


 日程第26、議案第25号 勝山市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 日程第27、議案第26号 福井県市町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第28、議案第27号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合規約の変更について


 日程第29、議案第28号 福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少について


 日程第30、議案第29号 大野・勝山地区広域行政事務組合ふるさと市町村圏基金に係る権利の一部放棄について


 日程第31、議案第30号 勝山市公の施設における指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定について


 日程第32、議案第31号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について


 日程第33、議案第32号 勝山市税条例の一部改正について


 日程第34、議案第33号 勝山市火災予防条例の一部改正について


 日程第35、議案第34号 勝山市教育会館の設置及び管理に関する条例の制定について


 日程第36、議案第35号 勝山市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第37、議案第36号 勝山市法定外公共物管理条例の制定について


 日程第38、議案第37号 勝山市手数料条例の一部改正について


 日程第39、議案第38号 福井県市町村交通災害共済組合規約の変更について


 日程第40、議案第39号 訴えの提起について


 日程第41、議案第40号 訴えの提起について


 日程第42、議案第41号 勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条例の制定について


 日程第43、議案第42号 勝山市福祉事務所設置条例の一部改正について


 日程第44、議案第43号 勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第45、議案第44号 勝山市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について


 日程第46、議案第45号 勝山温泉センター「水芭蕉」の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 日程第47、議案第46号 勝山市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


 以上45件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 牧野総務部長。(総務部長 牧野昌久君 登壇)


○総務部長(牧野昌久君) ただいま上程されました議案第2号 平成17年度勝山市一般会計予算につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額でございますが、平成17年度の歳入歳出すべてについて、年間の見通しの上に立った通年予算として、歳入歳出それぞれ108億2,736万3,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては順次、「第1表 歳入歳出予算」により、債務負担行為については「第2表 債務負担行為」で、地方債につきましては「第3表 地方債」でそれぞれ御説明申し上げます。


 第4条一時借入金につきましては、限度額を昨年と同額の20億円にしております。


 また、第5条歳出予算の流用については、記載のとおりでございます。


 次に、2ページの「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款市税につきましては、市民税、法人税割の増などによりまして、前年度に比べ449万6,000円、率にして0.2%の微増となっております。


 2款地方譲与税では、6,000万円の増となっておりますが、所得譲与税では4,800万円、自動車重量譲与税で1,200万円、それぞれ前年度に比べ増額となっており、地方道路譲与税では前年と同額を計上いたしております。


 3款利子割交付金では、1,900万円の減額となっております。


 4款配当割交付金と5款株式等譲渡所得割交付金では、前年度と同額を計上いたしております。


 6款地方消費税交付金は、前年度比2,800万円の増、7款自動車取得税交付金及び8款地方特例交付金は、それぞれ前年度と同額となっております。


 9款地方交付税では、普通交付税で6,800万円の増額を見込んでおります。


 10款交通安全対策特別交付金は、前年度と同額を計上いたしております。


 11款分担金及び負担金では、地元事業所就職奨励事業所負担金がなくなったことなどにより269万6,000円の減、12款使用料及び手数料では、ふれあい交流館使用料の減などで187万1,000円の減となっております。


 13款国庫支出金では、児童手当負担金やまちづくり交付金などで増額となっておりますが、保健衛生施設等設備整備費補助金や中学校校舎整備事業補助金の減などで、前年度に比べ8,286万円の減額となっております。 14款県支出金では、3億2,237万3,000円の減額となっておりますが、地域の福祉づくり施設整備事業補助金や緊急雇用補助金の減などが主なものであります。


 15款財産収入では、前年度比5万8,000円の減、16款寄附金では、ふるさとルネッサンス事業に対する寄附金を200万円計上いたしております。


 17款繰入金では、4億5,092万2,000円の減額となっておりますが、財政調整基金繰入金の減額が主なものであります。


 18款繰越金では、前年度と同額、19款諸収入では、前年度とほぼ同額の7億5,959万1,000円を計上いたしております。


 20款市債では、8億4,150万円の減額となっておりますが、これは、前年度において計上されていた減税補てん債の借換債や社会福祉施設整備事業債、義務教育施設整備事業債などがなくなったことが主な要因であります。


 次に、5ページの歳出につきまして御説明申し上げます。


 1款議会費におきましては、職員人件費や政務調査交付金の減などで、前年度比585万7,000円の減額となっております。


 2款総務費では、大野・勝山地区広域行政事務組合負担金の減や選挙執行費の減などにより2億8,470万4,000円の減額となっております。


 3款民生費では、児童手当等給付費や介護保険繰出金などで増額となっておりますが、福祉健康センター「すこやか」建設事業費の減などによりまして、全体では7億7,682万6,000円の減額となっております。


 4款衛生費では、職員人件費やグリーンヒル管理運営費の減などにより、2,184万円の減額となっております。


 5款労働費では、地元事業所就職奨励金の減などで、前年度比362万6,000円の減額となっております。


 6款農林水産業費では、新たに道整備交付金事業として8,103万5,000円を計上いたしておりますが、森林居住環境事業費や県営事業負担金、民有林林道開設等事業費の減などにより、全体では2,803万3,000円の減額となっております。


 6ページにまいりまして、7款商工費では、新たに嘱託職員賃金を計上しているほか、地元産品直販ネット委託事業や工業振興助成金などの増額などにより、1,534万6,000円の増額計上となっております。


 8款土木費では、9,988万9,000円の減額となっておりますが、道路単独事業費や雪国創造事業、下水道事業特別会計繰出金などの減額が主なものでございます。


 9款消防費では、人件費や耐震性貯水槽設置工事費の減で、2,459万7,000円の減額となっております。


 10款教育費では、4,196万1,000円の減額となっておりますが、これは、前年度において計上されていた中部中学校校舎耐震補強工事費がなくなったことなどが主な要因であります。


 次に、12款公債費では、前年度にありました平成7年度減税補てん債の一括償還がなくなったことなどにより、2億9,331万4,000円の減額となっております。


 13款諸支出金では、前年度と同額の5,000万円を、14款予備費におきましても、前年度と同額の400万円を計上いたしております。


 1枚おめくりいただきまして8ページをお開き願いたいと思います。


 「第2表 債務負担行為」では、福井県信用保証協会に対する損失補償を、平成23年度まで600万円の限度額を定めるものでございます。


 「第3表 地方債」では、本年度実施する各事業での起債の許可が予定されているものについて、その限度額、起債の方法等について定めるものですが、本年度の起債額は、水道水源開発施設整備事業など6億5,560万円となり、起債の方法、償還の方法については記載のとおりでありますし、利率も、前年と同様5%以内にしております。


 以上、平成17年度勝山市一般会計予算につきまして御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 山本教育部長。(教育部長 山本一郎君 登壇)


○教育部長(山本一郎君) 上程されています議案第3号 平成17年度勝山市育英資金特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ3,745万1,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページ、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款財産収入51万3,000円は、多田育英基金の利子収入であります。


 3款繰越金10万円は、16年度決算剰余金見込額でございます。


 4款諸収入3,683万8,000円は、貸し付けてあります平成17年度中の償還金であります。


 続きまして、歳出の説明を申し上げます。


 1款育英事業費3,745万1,000円は、17年度の奨学金3,636万円と多田育英基金への繰出金109万1,000円です。


 以上、議案第3号を御説明申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 辻上下水道課長。(上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) 上程されています議案第4号、第5号、第6号及び第7号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に議案第4号、平成17年度勝山市下水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ17億4,891万2,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては、順次「第1表 歳入歳出予算」で、地方債につきましては「第2表 地方債」でそれぞれ説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を15億円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金1,410万円は、受益者負担金でございます。


 2款使用料及び手数料3億2,551万6,000円は、下水道使用料が主なものでございます。


 3款国庫支出金2億9,213万円は、管渠事業、浄化センター建設事業及び浄化センター改築事業に対する国庫補助金でございます。 4款県支出金993万5,000円は、浄化センターの建設事業及び改築事業に対する県補助金でございます。


 5款繰入金7億9,825万9,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 7款諸収入17万2,000円は、公共汚水桝設置実費徴収金が主なものでございます。


 8款市債3億880万円は、公共下水道事業による下水道事業債でございます。


 次に、3ページ、歳出の1款下水道事業費8億5,372万円の主な内容といたしましては、下水道管渠布設事業など下水道建設費に6億6,501万4,000円、浄化センターの維持管理等を行います浄化センター費に1億6,011万1,000円でございます。


 2款公債費8億9,469万2,000円は、市債償還元金と利子が主なものでございます。 3款予備費としまして、50万円を計上させていただきました。


 1枚おめくりいただきまして、4ページをお開きください。「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、下水道建設事業にかかるもので、限度額は3億880万円、利率は5%以内でございます。起債の方法、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。 以上、議案第4号について説明申し上げました。


 次に、議案第5号 平成17年度勝山市農業集落排水事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億3,615万7,000円といたしたいものでございます。内容につきましては、順次「第1表 歳入歳出予算」で、地方債につきましては「第2表 地方債」でそれぞれ説明申し上げます。


 第3条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を3億円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金1,430万円は、農業集落排水事業の分担金でございます。 2款使用料及び手数料852万8,000円は、排水処理施設使用料が主なものでございます。


 3款県支出金1億9,783万5,000円は、勝山西部地区及び勝山東部地区農業集落排水事業による補助金でございます。


 4款繰入金6,645万4,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款諸収入474万円は、消費税還付金でございます。


 6款市債1億4,430万円は、勝山西部地区及び勝山東部地区農業集落排水事業による下水道事業債でございます。


 次に、歳出の1款農業集落排水事業費3億9,014万4,000円の主な内容といたしましては、勝山西部地区と勝山東部地区の農業集落排水建設費に3億6,043万円、処理施設の維持管理を行います農業集落排水管理運営費に1,411万7,000円でございます。


 2款公債費4,581万3,000円は、市債償還元金と利子が主なものでございます。


 4款予備費としまして20万円を計上させていただきました。


 次に、3ページの「第2表 地方債」について説明申し上げます。


 起債の目的は、農業集落排水事業にかかるもので、限度額は1億4,430万円、利率は5%以内でございます。起債の方法、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 以上、議案第5号について説明申し上げました。


 次に、議案第6号 平成17年度勝山市簡易水道事業特別会計予算について説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6,400万円といたしたいものでございます。内容につきましては「第1表 歳入歳出予算」で説明申し上げます。


 第2条一時借入金につきましては、借り入れの最高額を5,000万円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金1,682万6,000円は、簡易水道事業に伴う地元負担金でございます。


 2款使用料及び手数料1,926万7,000円は、各地区簡易水道の使用料金でございます。


 4款財産収入4万2,000円は、簡易水道基金の利子でございます。


 5款繰入金2,786万5,000円は、一般会計からの繰入金が主なものでございます。


 次に、歳出の1款簡易水道事業費2,279万9,000円の主な内容としましては、各地区の簡易水道管理運営費に1,221万1,000円、谷地区簡易水道の配水補助管布設工事費に240万円でございます。


 2款公債費4,100万1,000円は、市債償還元金と利子でございます。


 3款予備費としまして20万円を計上させていただきました。


 以上、議案第6号について説明申し上げました。


 次に、議案第7号 平成17年度勝山市水道事業会計予算について説明申し上げます。


 第2条業務の予定量でございますが、給水戸数を6,985戸、年間総給水量を250万立方メートル、1日平均給水量を6,850立方メートル、主要な建設改良事業としまして、第6次拡張変更事業及びダム取水事業に9,091万4,000円といたしたいものでございます。


 第3条収益的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第1款水道事業収益3億5,260万7,000円は、水道料金加入金等の営業収益3億4,882万円と積立金利息一般会計負担分等の営業外収益378万7,000円でございます。 次に、歳出の第1款水道事業費用3億5,455万円は、各施設の維持管理費、固定資産減価償却費等の営業費用2億4,936万3,000円、企業債利息、開発費償却等の営業外費用1億418万6,000円、予備費として100万円及び過年度損益修正損として特別損失1,000円でございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。第4条資本的収入及び支出の収入から説明申し上げます。


 第2款資本的収入8,814万1,000円は、新規加入負担金としての負担金477万8,000円、浄土寺川ダム建設負担金に対する国庫支出金2,240万円、一般会計等他会計からの繰入金2,686万3,000円、拡張事業等の企業債3,410万円でございます。


 次に、歳出の2億6,186万2,000円は、施設の拡張及び改良事業等の建設改良費1億6,260万2,000円、水道事業債元金償還の企業債償還金9,529万5,000円、水道台帳作成等企業会計システム更新の開発費396万5,000円でございます。


 この結果、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億7,372万1,000円は、過年度分損益勘定留保資金から3,440万2,000円を、当年度分損益勘定留保資金から1億3,931万9,000円を補てんさせていただきたいものでございます。


 第5条企業債について説明申し上げます。起債の目的は、第6次拡張変更事業及びダム取水事業で、限度額は3,410万円、利率は5%以内でございます。起債の方法、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。


 3ページの一時借入金について説明申し上げます。第6条一時借入金の限度額を1億5,000万円といたしたいものでございます。


 第7条予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、各項に計上した経費にかかる予定額に過不足が生じた場合における同一款内のこれらの経費の各項間の流用について規定をさせていただくものでございます。


 第8条議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費4,409万8,000円と交際費3万円でございます。


 第9条利益剰余金の処分194万3,000円は、収益的収支に対する不足額を補てんする財源として利益積立金の取り崩しをさせていただくものでございます。


 第10条たな卸資産購入限度額は、800万円とさせていただくものでございます。


 以上、議案第4号、第5号、第6号及び第7号について説明申し上げました。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 加藤市民・環境部長。(市民・環境部長 加藤敏彦君 登壇)


○市民・環境部長(加藤敏彦君) 上程されております議案第8号及び議案第9号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第8号 平成17年度勝山市国民健康保険特別会計予算でございますが、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ25億2,403万7,000円といたしたいものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、2ページ「第1表 歳入歳出予算」の歳入から説明申し上げます。


 1款国民健康保険税は6億5,822万3,000円で、前年度に比べ2,584万6,000円の増額で計上しております。


 2款使用料及び手数料6万5,000円は、前年度同額計上でございます。


 3款国庫支出金は7億1,874万9,000円で、前年度に比べ3,475万6,000円の増額で計上しております。


 4款療養給付費等交付金は7億9,056万6,000円で、前年度に比べ2億4,883万3,000円の増額で計上しております。


 5款県支出金973万円は、高額療養費共同事業分の県負担分でございます。


 6款共同事業交付金1,946万2,000円は、高額療養費共同事業分で、前年度に比べ196万円の減額で計上しております。


 7款財産収入196万2,000円は、基金利子でございます。


 8款繰入金2億9,193万1,000円は、一般会計及び基金からの繰入金でございます。 9款繰越金は、前年度同額2,000円の計上でございます。


 10款諸収入3,334万7,000円は、延滞金、第三者納付金、返還金等でございます。 続きまして、1枚おめくりいただきまして4ページ、歳出の説明を申し上げます。


 1款総務費は5,278万円の計上で、職員人件費、一般管理費及び徴税のための諸経費及び趣旨普及費などでございます。


 2款保険給付費は17億2,894万9,000円の計上で、療養諸費、高額療養費、出産育児費、葬祭費などでございます。


 3款老人保健拠出金5億2,170万1,000円は、社会保険診療報酬支払基金への拠出金でございます。


 4款介護納付金1億2,608万5,000円は、介護保険第2号被保険者の負担金として社会保険診療報酬支払基金への納付金でございます。


 5款共同事業拠出金3,892万4,000円は、高額療養費共同事業の医療費拠出金で、国保連合会へ拠出いたすものでございます。


 6款保健事業費は3,373万6,000円で、医療費通知事業、各種ドックなどの検診事業、福祉健康センター「すこやか」等で実施する健康づくり事業などでございます。


 7款基金積立金196万2,000円は、基金利子積立金でございます。


 8款諸支出金990万円は、高額療養費の貸付金及び保険税過年度還付金などでございます。


 9款予備費は、1,000万円計上いたしました。


 議案第8号は以上のとおりでございます。


 続きまして、議案第9号 平成17年度勝山市老人保健特別会計予算でございますが、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ38億6,729万8,000円といたしたいものでございます。


 内容につきまして、1枚おめくりいただきまして2ページ、「第1表 歳入歳出予算」の歳入から御説明申し上げます。


 1款支払基金交付金20億9,523万5,000円は、医療費交付金と審査支払手数料交付金で、前年度より2億2,199万4,000円減少し、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございます。


 2款国庫支出金10億2,541万7,000円は、老人医療費の国庫負担金でございます。 3款県支出金2億5,614万4,000円は、同じく老人医療費の県負担金でございます。


 4款繰入金2億6,770万5,000円は、同じく老人医療費の市の負担金と事務費などでございます。


 5款繰越金は、前年度同額の1,000円を計上いたしました。


 6款諸収入2億2,279万6,000円は、第三者納付金及び医療法人泰仁会の返還金などでございます。


 次に、歳出につきまして御説明申し上げます。


 1款総務費は1,185万6,000円の計上で、職員人件費及び電算処理委託料などでございます。


 2款医療諸費は38億5,514万2,000円で、医療費と審査手数料でございます。


 4款予備費は、前年度と同額の30万円を計上いたしました。


 以上、議案第8号及び議案第9号につきまして御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 漆?健康長寿課長。(健康長寿課長 漆? 與君 登壇)


○健康長寿課長(漆? 與君) 上程されております議案第10号 平成17年度勝山市介護保険特別会計予算について、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ20億8,205万6,000円といたしたいものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算」により御説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、1款保険料3億2,165万7,000円は、65歳以上の第1号被保険者の保険料でございます。


 3款使用料及び手数料3万4,000円は、督促手数料でございます。


 4款国庫支出金5億3,272万1,000円は、介護給付費国庫負担金4億430万3,000円と調整交付金等1億2,841万8,000円でございます。


 5款支払基金交付金6億4,688万3,000円は、40歳以上65歳未満の第2号被保険者保険料の介護給付費交付金でございます。 6款県支出金2億5,268万9,000円は、介護給付費県負担金でございます。


 8款財産収入3万6,000円は、介護給付費準備基金の利子でございます。


 10款繰入金3億2,802万円は、一般会計からの介護給付費繰入金等でございます。


 11款繰越金1,000円は、前年度決算剰余金でございます。


 13款諸収入1万5,000円は、雑入等でございます。


 次に、3ページの歳出でございますが、1款総務費5,791万5,000円は、職員人件費等の一般管理費、賦課徴収費、介護認定審査会費等でございます。


 2款保険給付費20億2,151万円は、居宅及び施設の介護サービス給付費と居宅支援サービス給付費等でございます。


 3款財政安定化基金拠出金192万5,000円は、県の財政安定化基金への拠出金でございます。


 5款基金積立金3万6,000円は、勝山市介護給付費準備基金への積立金でございます。 7款予備費として50万円を計上いたしております。


 8款諸支出金17万円は、死亡等による第1号被保険者保険料還付金でございます。


 以上、議案第10号について御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 杼木商工観光課長。(商工観光課長 杼木 実君 登壇)


○商工観光課長(杼木 実君) 上程されております議案第11号 平成17年度勝山温泉センター特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ9,645万6,000円といたしたいのでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算」の歳入でございますが、1款温泉センター事業収入6,883万5,000円は、使用料収入でございます。


 2款繰入金2,504万2,000円は、一般会計からの繰入金でございます。


 4款諸収入257万9,000円は、自動販売機設置料やタオルの売却代、ふれあい亭電気水道料などでございます。


 次に、歳出についてでございますが、1款温泉センター事業費につきましては9,625万6,000円で、その主なものといたしましては、賃金1,530万7,000円、需用費4,069万8,000円、委託料1,330万5,000円、公課費2,130万円等でございます。 3款予備費は、前年度と同額の20万円でございます。


 以上、議案第11号の説明を申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 酒井農林政策課長。(農林政策課長 酒井重光君 登壇)


○農林政策課長(酒井重光君) 上程されています議案第12号 平成17年度勝山市市有林造成事業特別会計予算につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,851万円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお願いいたします。


 「第1表 歳入歳出予算」の歳入でございますが、1款分担金及び負担金の28万円は、水呑谷林道修繕にかかる県有林の負担金でございます。


 2款県支出金362万6,000円は、フォレスト・コミュニティ総合整備事業による市有林の施業に対する県補助金でございます。


 3款財産収入1,249万円の主なものは、市有林貸付地代及び公共事業等による支障木売払収入でございます。


 4款繰入金1,196万4,000円は、市有林造成事業基金からの繰入金でございます。


 5款繰越金10万円は、決算剰余金を見込んでおります。


 6款諸収入5万円は、公共事業等に伴います立木伐採補償金でございます。


 次に、3ページの歳出につきまして説明申し上げます。


 1款市有林造成費2,108万7,000円は、市有林造成事業に要する職員人件費等を計上いたしております。


 2款公債費722万3,000円は、造林債の元利償還金でございます。


 3款予備費は、前年度と同額の20万円を計上いたしております。


 以上、議案第12号を説明申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 牧野総務部長。(総務部長 牧野昌久君 登壇)


○総務部長(牧野昌久君) 上程されました議案第13号 平成16年度勝山市一般会計補正予算(第5号)につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、3月補正の性格上、各事業や補助金の精算のほか、事業費の組み替え等の補正をいたすものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億8,501万9,000円を追加し、130億6,827万2,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費、第3条地方債の補正につきましては、それぞれのところで御説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」について御説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、1款市税では、固定資産税及び都市計画税の滞納繰越分として6,735万3,000円を増額いたすものでございます。


 11款分担金及び負担金では、262万6,000円を増額いたすものですが、保育園保育料の増額などが主なものであります。


 12款使用料及び手数料では、東山いこいの森使用料や危険物施設許認可手数料等の減により、117万3,000円を減額いたすものでございます。


 13款国庫支出金では、7,941万9,000円を増額いたすものですが、中学校校舎整備事業及び公共投資情報通信格差是正事業にかかる貸付金の繰上償還による貸付金償還時補助金の増額などが主なものであります。


 14款県支出金では、278万円の減額補正となっておりますが、それぞれ事業の精算によるものでございます。


 15款財産収入では、福井空港周辺整備基金残余財産引受収入などにより269万9,000円の増額となっております。


 16款寄附金では、ふるさとルネッサンス基金寄附金として24万円を計上いたしております。


 17款繰入金では、事業の精算によりふるさとルネッサンス基金繰入金が減額となっておりますが、新たに土地区画整理事業特別会計からの繰入金などにより、全体では63万2,000円の増額補正となっております。


 18款繰越金では、決算剰余金1億9,043万5,000円を計上いたしております。


 19款諸収入では、3,753万2,000円の減額補正をいたすものですが、土地開発公社貸付金収入の減額が主なものでございます。 20款市債では、それぞれ事業の確定による変更で、全体で1,690万円の減額となっております。


 次に、3ページに移りまして歳出でありますが、1款議会費では、議員活動費の減額などによりまして47万1,000円を減額補正いたしております。


 2款総務費では、大野・勝山地区広域行政事務組合負担金などで減額となっていますが、財政調整基金積立金の増などで、全体では3億2,942万2,000円の増額補正をいたしております。


 3款民生費では、7,674万3,000円の減額補正をいたしておりますが、各事業の精算によるものでございます。


 4款衛生費では、老人保健特別会計繰出金の減や廃棄物処理対策事業費の減などにより、2,866万2,000円の減額計上いたしております。


 5款労働費では、事業者雇用奨励金の減などで69万1,000円の減額補正をいたすものでございます。


 6款農林水産業費では、各事業の精算によるものと県営事業負担金の減額などにより、2,210万3,000円の減額となったものでございます。


 7款商工費では、493万8,000円の増額補正となっておりますが、商工振興補助金の増額が主なものでございます。


 8款土木費では、下水道事業特別会計繰出金などで減額となっておりますが、除雪経費の増額などにより3,043万1,000の増額補正となっております。


 9款消防費では、消防施設整備事業費の精算などにより278万円の減額計上いたしております。


 10款教育費では事業の精算によるもののほか、中学校等敷地購入費などによりまして259万1,000円の増額補正となっております。


 11款災害復旧費では、1,386万4,000円の減額補正となっておりますが、事業の精算によるものでございます。


 12款公債費では、1億1,295万1,000円の増額となっておりますが、中学校校舎整備事業及び公共投資情報通信格差是正事業にかかる貸付金の繰上償還によるものでございます。


 13款諸支出金では、土地開発公社への貸付金5,000万円を減額させていただいております。


 5ページに移りまして、「第2表 繰越明許費」につきまして、歳出予算のうち諸般の事情により年度内に支出が終わらない見込みのもの8件を計上させていただきました。


 続きまして、6ページの「第3表 地方債補正」について御説明申し上げます。


 今回の補正につきましては、いずれも事業費の確定などで、起債額を限度額のとおり変更するものでございます。その他、起債の方法、利率、償還の方法については、変更がございません。


 以上、平成16年度一般会計補正予算(第5号)につきまして御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 冨田都市整備課長。(都市整備課長 冨田正一君 登壇)


○都市整備課長(冨田正一君) 上程されています議案第14号 平成16年度勝山都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、その提案理由の御説明を申し上げます。


 第1条歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ120万2,000円を追加し、137万3,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお願いします。「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から御説明申し上げます。


 4款繰入金の120万2,000円は、前年度からの繰越金でございます。


 次に、歳出を御説明申し上げます。


 1款土地区画整理費の120万2,000円は、一般会計への繰出金でございます。


 以上、議案第14号の御説明を申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 辻上下水道課長。(上下水道課長 辻 尊志君 登壇)


○上下水道課長(辻 尊志君) 上程されています議案第15号、第16号、第17号及び第18号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第15号 平成16年度勝山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、事業費の組み替え等について補正をお願いするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ942万円を減額し、19億6,107万4,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費でございますが、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」のところで説明を申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金918万9,000円の増額は、受益者負担金でございます。 2款使用料及び手数料150万円の増額は、下水道使用料でございます。


 5款繰入金2,010万9,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 次に、歳出の1款下水道事業費301万7,000円の減額は、浄化センターの維持管理費減額が主なものでございます。


 2款公債費640万3,000円の減額は、市債償還利子が主なものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明を申し上げます。


 1款下水道事業費におきまして年度内に事業の完成を見込むことができない下水道管渠布設事業、処理施設建設事業及び処理施設改築事業のうち1億4,605万円の繰り越しをお願いするものでございます。


 以上、議案第15号について説明申し上げました。


 次に、議案第16号 平成16年度勝山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、事業費の組み替え等について補正をお願いするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1,155万9,000円を減額し、4億2,785万9,000円といたすものでございます。


 第2条繰越明許費でございますが、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は「第2表 繰越明許費」のところで説明申し上げます。


 第3条地方債の補正でございますが、「第3表 地方債補正」のところで説明申し上げます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金57万円の増額は、農業集落排水事業の分担金でございます。


 2款使用料及び手数料20万円の減額は、排水処理施設使用料でございます。


 3款県支出金605万円の減額は、勝山東部地区事業費の減額確定に伴う県補助金でございます。


 4款繰入金381万6,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 5款諸収入143万7,000円の増額は、消費税還付金が主なものでございます。


 6款市債350万円の減額は、勝山東部地区事業費の減額確定に伴う起債借入額の変更でございます。


 次に、歳出ですが、1款農業集落排水事業費1,044万1,000円の減額は、勝山東部地区事業費の減額確定に伴うものでございます。


 2款公債費111万8,000円の減額は、市債借入利率の確定に伴うものでございます。 1枚おめくりいただきまして、2ページをお開きください。「第2表 繰越明許費」について説明を申し上げます。


 1款農業集落排水事業費におきまして、年度内に事業の完成を見込むことができない勝山西部地区及び勝山東部地区の国庫及び起債事業のうち4,511万6,000円の繰り越しをお願いするものでございます。


 次に、3ページの「第3表 地方債補正」でございますが、勝山東部地区事業費の確定に伴い借入額を350万円減額し、限度額を1億5,990万円といたすものでございます。その他、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、変更ありません。


 以上、議案第16号について説明申し上げました。


 次に、議案第17号 平成16年度勝山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業費精算のほか、事業費の組み替え等について補正をお願いするものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ657万2,000円を減額し、8,389万2,000円といたすものでございます。


 1枚おめくりいただきまして1ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」について説明を申し上げます。


 歳入の1款分担金及び負担金251万6,000円の減額の主なものは、谷地区簡易水道改良事業の確定見込みによるものでございます。


 2款使用料及び手数料202万2,000円の減額は、簡易水道使用料金でございます。


 3款国庫支出金45万5,000円の減額は、谷地区簡易水道改良事業の確定見込みによるものでございます。


 5款繰入金178万8,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。


 7款諸収入20万9,000円の増額は、鹿谷地区簡易水道布設替えに伴う補償費でございます。


 次に、歳出の1款簡易水道事業費636万3,000円の減額は、簡易水道水質検査委託料及び谷地区簡易水道改良事業の確定に見込むものが主なものでございます。


 2款公債費20万9,000円の減額は、市債借入利率の確定に伴うものでございます。


 以上、議案第17号について説明申し上げました。


 次に、議案第18号 平成16年度勝山市水道事業会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。


 今回の補正は、事業の精算に伴う補正をお願いするものでございます。


 第2条、業務の予定量の補正でございますが、予算第2条に定めた業務の予定額826万5,000円の減額は、第6次拡張変更事業に伴う排水管布設替えの減額が主なものでございます。


 第3条収益的支出の補正でございますが、予算第3条に定めた収益的支出の予定額36万8,000円の増額は、過年度事業に対する消費税でございます。


 第4条資本的収入及び支出の補正でございますが、収入の第2款資本的収入920万円の減額は、第6次拡張変更事業に伴う排水管布設替えの減額に伴う企業債の減額でございます。


 1枚おめくりいただきまして2ページをお開きください。


 支出の第2款資本的支出1,040万円の減額は、第6次拡張変更事業に伴う排水管布設替えと上水道台帳作成及び企業会計システム更新の精算に伴う減額でございます。


 この結果、予算第4条本文括弧書きを「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億1,892万2,000円は、当年度分損益勘定留保資金で補てんするもの」に変更させていただくものでございます。


 第5条企業債の補正でございますが、予算第6条に定めた企業債の限度額を920万円減額し、2,850万円といたすものでございます。その他、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、変更ありません。


 次に、3ページの第6条利益剰余金の処分の補正でございますが、予算第10条に定めた利益剰余金の処分予定額を36万8,000円増額して2,629万8,000円とさせていただくものでございます。


 第7条重要な資産の取得ででございますが、他事業で整備しました平泉寺第2地区営農飲雑用水施設、新道地区営農飲雑用水施設その2、薬師神谷地区営農飲雑用水施設その2、栃神谷地区営農飲雑用水施設の配水池及び配水管等の施設を資産として取得したいものでございます。


 以上、議案第15号、第16号、第17号及び第18号について説明申し上げました。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 加藤市民・環境部長。(市民・環境部長 加藤敏彦君 登壇)


○市民・環境部長(加藤敏彦君) 上程されております議案第19号及び議案第20号の2件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 初めに、議案第19号 平成16年度勝山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は、決算見込みなどにより補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,730万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億7,486万6,000円といたすものでございます。


 内容につきまして、1枚おめくりいただきまして、1ページ「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から御説明申し上げます。


 3款国庫支出金1,455万円の増額は、療養給付費等負担金などの決算見込みに伴うものでございます。


 4款療養給付費等交付金382万6,000円の減額は、退職者医療費の決算見込み交付額でございます。


 8款繰入金1億87万3,000円の減額は、一般会計繰入金の決算見込みによるものと、基金繰入金の減額によるものでございます。


 9款繰越金は、1億2,371万5,000円の増額でございますが、平成15年度の決算剰余金でございます。


 10款諸収入1,374万円の増額は、療養報酬の返還金と仮差し押さえの保証金が返還されたものでございます。


 続きまして、1枚おめくりいただきまして2ページ、歳出の御説明を申し上げます。


 1款総務費12万1,000円の増額は、訴訟委託料の計上と事務費の精算によるものでございます。


 2款保険給付費5,059万4,000円の増額は、療養諸費と葬祭費の増額によるものでございます。


 6款保健事業費340万9,000円の減額は、各種ドックなどの検診事業委託料、備品購入費などの決算見込みによるものでございます。


 議案第19号は以上のとおりでございます。 続きまして、議案第20号 平成16年度勝山市老人保健特別会計補正予算(第3号)でございますが、今回の補正は、決算見込みなどにより補正をいたすものでございます。


 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ575万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ38億3,086万3,000円といたすものでございます。


 内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、1ページ「第1表 歳入歳出予算補正」の歳入から説明申し上げます。


 1款支払基金交付金1,810万8,000円の増額は、医療費交付金の決算見込みによるものでございます。


 2款国庫支出金67万3,000円の減額、3款県支出金16万8,000円の減額、4款繰入金861万4,000円の減額は、老人医療費における国、県、市のそれぞれの負担金の決算見込みによるものと、仮差押保証金返還による一般会計繰入金の精算でございます。 6款諸収入290万1,000円の減額は、第三者納付金の決算見込みによるものと仮差押保証金の返還によるものでございます。


 次に、歳出につきまして説明申し上げます。 1款総務費235万3,000円の増額は、訴訟委託料の計上と国保連合会負担金の精算によるものでございます。


 2款医療諸費339万9,000円の増額は、高額医療費の決算見込みによるものでございます。


 以上、議案第19号及び議案第20号につきまして説明申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 休憩いたします。


────────────────────


午前11時57分 休憩


午後 1時04分 再開


────────────────────


○議長(藤澤七郎兵衛君) 再開いたします。


 引き続き、提案理由の説明を求めます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 漆?健康長寿課長。(健康長寿課長 漆? 與君 登壇)


○健康長寿課長(漆? 與君) 上程されております議案第21号 平成16年度勝山市介護保険特別会計補正予算(第3号)について、その提案理由の説明を申し上げます。 今回の補正は、総務管理費の減額等により所要の補正をお願いするものでございます。


 第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ156万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億8,829万4,000円といたしたいものでございます。


 その内容につきましては、1枚おめくりいただきまして、「第1表 歳入歳出予算補正」により御説明申し上げます。


 まず、歳入でございますが、4款国庫支出金156万8,000円の減額は、介護保険事業補助金の減額によるものでございます。


 次に、歳出でございますが、1款総務費156万8,000円の減額は、一般管理諸経費の減額によるものでございます。


 2款保険給付費の補正は、1項介護サービス等諸費と2項支援サービス等諸費の組み替えによるものでございます。


 以上、議案第21号について御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 杼木商工観光課長。(商工観光課長 杼木 実君 登壇)


○商工観光課長(杼木 実君) 上程されております議案第22号 平成16年度勝山温泉センター特別会計補正予算(第1号)につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、勝山温泉センター事業の精算見込みに伴うものでございます。


 第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ329万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,626万5,000円といたしたいのでございます。


 次に、おめくりいただきまして、「第1表歳入歳出予算補正」につきまして説明申し上げます。


 歳入でございますが、1款温泉センター事業収入を360万円減額補正いたしたいのでございます。これは、温泉センター利用減に伴うものでございます。


 次に、2款繰入金を30万1,000円増額補正いたしたいのでございます。これは一般会計からの繰入金を増額するものでございます。


 次に、歳出についてでございますが、1款温泉センター事業費につきまして、329万9,000円を減額補正するもので、その内容といたしましては、賃金28万円、需用費135万円、委託料70万3,000円、使用料及び賃借料23万1,000円、公課費75万円が減額の主なものでございます。


 以上、議案第22号の説明を申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 酒井農林政策課長。(農林政策課長 酒井重光君 登壇)


○農林政策課長(酒井重光君) 上程されています議案第23号 平成16年度勝山市市有林造成事業特別会計補正予算(第2号)について、その提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、事業の確定、精算に伴うものでございます。


 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ17万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,331万3,000円といたしたいものでございます。


 1枚おめくりいただきまして「第1表 歳入歳出予算補正」について御説明申し上げます。


 まず、歳入ですが、1款分担金及び負担金4万8,000円の減額は、水呑谷林道補修に伴う県負担金の減によるものでございます。


 2款県支出金29万6,000円の減額は、市有林造成事業の確定に伴う県補助金の減額でございます。


 3款財産収入48万3,000円の増額は、支障木売払収入と市有林造成事業基金利子の増によるものでございます。


 4款繰入金76万円の減額は、歳出に見合う歳入の補正で、基金繰入金を減額するものでございます。


 5款繰越金53万1,000円の増額は、前年度の決算剰余金でございます。


 6款諸収入8万4,000円の減額は、県営治山事業立木伐採補償金等の減によるものでございます。


 次に、歳出ですが、1款市有林造成費の16万1,000円の減額は、国庫補助対象額の確定による減額でございます。


 2款公債費1万3,000円の減額は、償還利子の確定による減額でございます。


 以上、議案第23号について御説明申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 石田秘書・広報課長。(秘書・広報課長 石田忠夫君 登壇)


○秘書・広報課長(石田忠夫君) 上程されております議案第24号、議案第25号、議案第26号、議案第27号、議案第28号の5件につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第24号 勝山市収入役事務兼掌条例の制定についてでございますが、行財政改革の一環として地方自治法第168条第2項但し書きの規定に基づき、勝山市に収入役を置かず、助役にその事務を兼掌させ、助役に事故があるとき、または、助役が欠けたときは、市長がその職務を兼掌することとしたいため、関係する条例の一部改正とあわせ、本案を提出するものでございます。


 なお、この条例は、平成17年4月1日から施行いたしたいものでございます。


 次に、議案第25号 勝山市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定についてでございますが、地方公共団体における人事行政の運営等の状況を住民に公表し、その公平性、透明性を高めることを目的に地方公務員法が改正されたことに伴い、このことに関し本市の条例を制定したいため本案を提出するものでございます。


 なお、この条例は、平成17年4月1日から施行いたしたいものでございます。


 次に、議案第26号 福井県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございますが、平成17年1月1日に南条町、今庄町及び河野村が合併し「南越前町」となったこと、2月1日に朝日町、宮崎村、越前町及び織田町が合併し「越前町」になったことに伴い、福井県市町村職員退職手当組合規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により議会の議決をお願いするものでございます。


 なお、この規約は知事の許可の日から施行するものでございます。


 次に、議案第27号 福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合規約の変更についてでございますが、平成17年1月1日に南条町、今庄町及び河野村が合併し「南越前町」となったこと、2月1日に朝日町、宮崎村、越前町及び織田町が合併し「越前町」になったことに伴い、福井県市町村非常勤職員公務災害補償組合規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により議会の議決をお願いするものでございます。


 なお、この規約は知事の許可の日から施行するものでございます。


 次に、議案第28号 福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数の減少についてでございますが、平成17年1月1日に南条町、今庄町及び河野村が合併し「南越前町」となったこと、2月1日に朝日町、宮崎村、越前町及び織田町が合併し「越前町」になったことに伴い、福井県自治会館組合を組織する地方公共団体の数を減少する必要があるので、本案を提出し議会の議決をお願いするものでございます。


 なお、この数の減少については、知事の許可の日から施行するものでございます。


 以上、議案第24号、議案第25号、議案第26号、議案第27号、議案第28号について提案理由の説明を申し上げました。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 松村未来創造課長。(未来創造課長 松村誠一君 登壇)


○未来創造課長(松村誠一君) 上程されています議案第29号 大野・勝山地区広域行政事務組合ふるさと市町村圏基金に係る権利の一部放棄について、その提案理由の御説明を申し上げます。


 大野・勝山地区広域行政事務組合で進めております塵芥処理施設建設事業に対する負担金について、ふるさと市町村圏基金1億8,127万6,000円を取り崩して充当するため、基金出資金にかかる当該額の権利を放棄するもので、地方自治法第96条第1項第10号の規定により議会の議決を求めるものであります。


 以上、議案第29号について御説明申し上げました。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 牧野総務部長。(総務部長 牧野昌久君 登壇)


○総務部長(牧野昌久君) 上程されています議案第30号及び議案第31号の2件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第30号 勝山市公の施設における指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定につきまして説明を申し上げます。


 平成16年6月に地方自治法第244条の2の一部改正により、公の施設の管理については、これまでの管理委託制度にかわり指定管理者制度が創設され、同年9月から施行されているところであります。


 この新たな制度は、民間事業者も施設管理者の対象としており、公の施設のサービス向上や管理経費の縮減などに効果を発揮するものと期待されております。


 指定管理者制度の導入に際し、勝山市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例を制定し、積極的に指定管理者制度の導入を検討し、円滑な対応を図ってまいります。


 指定管理者制度とは、従来の管理委託制度にかわって新たに創設された公の施設の管理にかかわる制度であり、主な相違点は、従来の管理委託制度の管理受託者は、公の施設の設置者たる市との契約に基づき具体的な管理の事務事業を行うものであり、その公の施設の管理権限及び責任は設置者たる市が引き続き有するものであって、公の施設の利用許可処分は委託できませんでした。また、管理受託者になり得る者も公共的団体等に限定されていました。


 一方、指定管理者制度は、公の施設の管理に関する権限を指定管理者に委任して行わせるものであり、指定管理者は、行政処分に該当する利用許可も行うことができるものであります。


 本条例は、指定管理者の募集から指定候補者の選定、議会の議決を経て指定管理者を指定すること、協定を締結することという基本的な指定の手続を定めたものであり、指定する施設の管理の基準、業務の範囲、利用料金等は、各施設の個別条例で規定することとしております。


 また、この条例の施行に際し、勝山市情報公開条例及び勝山市個人情報保護条例での指定管理者の位置づけを明確にするために、附則にて勝山市情報公開条例及び個人情報保護条例の改正を行います。


 なお、この条例は、公布の日から施行いたすものであります。


 以上、議案第30号の提案理由を説明申し上げました。


 続きまして、議案第31号 長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定につきまして説明申し上げます。


 この条例は、地方自治法第234条の3において、債務負担行為以外に複数年度にわたり締結できる契約として「政令で定める契約」が追加されたことを受けて、地方自治法施行令第167条の17では、複数年度にわたり締結しなければ、その契約事務の取り扱いに支障が及ぶようなものを条例で定めるものと規定されました。このことにより、一部の契約について、複数年度にわたり契約を締結することが可能となったことから、本条例を提案するものであります。


 なお、この条例は、平成17年4月1日から施行するものであります。


 以上、議案第30号及び第31号につきまして提案理由の説明を申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 山田税務課長。(税務課長 山田誠一君 登壇)


○税務課長(山田誠一君) 議案第32号 勝山市税条例の一部改正につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 電子政府推進の一環として、オンライン登記申請の導入を前提に不動産登記法の全面改正がなされ、平成17年3月7日から施行されますので、同法に準じまして勝山市税条例の一部改正を改正するものでございます。


 今回の改正の内容ですが、第54条では、「土地登記簿」及び「建物登記簿」を「登記簿」に改め、第72条第1項では、全面改正がなされた不動産登記法にあわせまして引用条文と字句の整備を図るものでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行し、平成17年3月7日から適用いたしたいものでございます。


 以上、議案第32号について説明を申し上げました。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 田中消防長。(消防長 田中公夫君 登壇)


○消防長(田中公夫君) 上程されております議案第33号 勝山市火災予防条例の一部改正につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、消防法及び消防施行令等の一部改正に伴いまして、喫煙所の設置の整備、劇場等の客席の整備、指定可燃物等の追加の整備並びに貯蔵、取り扱う場所の位置、構造及び設備の技術上の基準の整備を図るとともに字句の整備を図るものでございます。


 なお、この条例は、平成17年12月1日から施行いたしたいものでございますが、現に設置されている設備等につきましては、従前の例により、また、新条例に定める数量以上貯蔵し取り扱っている場所等については、平成19年11月30日までの間、適用しない旨の経過措置を提案するものでございます。 以上、御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 山本教育部長。(教育部長 山本一郎君 登壇)


○教育部長(山本一郎君) 上程されています議案第34号 勝山市教育会館の設置及び管理に関する条例の制定につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、勝山市教育福祉会館の所管を教育委員会へ変更するとともに、名称を「教育福祉会館」から「教育会館」に改めるため、勝山市教育福祉会館の設置及び管理に関する条例を廃止し、新たに条例を制定するものであります。


 1枚おめくりいただきまして、第1条で、「勝山市の教育文化の振興に寄与するため、勝山市教育会館を設置する」とし、第2条で、名称及び位置を定めています。


 4条、5条では、使用の許可や使用許可の制限について定めるとともに、使用料については別表で定めております。


 このほか、使用料の減免など、条例の施行に必要な事項は別に規則で定め、平成17年4月1日から施行するものであります。


 以上、議案第34号につきまして御説明申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 矢戸生涯学習課長。


 (生涯学習課長 矢戸松蔵君 登壇)


○生涯学習課長(矢戸松蔵君) 上程されております議案第35号 勝山市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正について、その提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、勝山公民館を勝山市民会館から勝山市教育福祉会館へ移転することに伴い、設置位置を「勝山市元町1丁目5番16号」から「勝山市元町1丁目5番6号」に変更いたしたいものでございます。


 なお、この条例は、平成17年5月6日から施行いたしたいものでございます。


 以上、議案第35号の説明を申し上げました。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 井上建設部長。


  (建設部長 井上浩人君 登壇)


○建設部長(井上浩人君) 上程されております議案第36号及び議案第37号の2件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 初めに、議案第36号 勝山市法定外公共物管理条例の制定についてでございますが、本案は、市民生活に密着した国有地で、法定外公共物と言われる里道や水路等につきまして、地方分権一括法の施行に伴い国から無償譲与を受け、その機能保持や維持管理等に関して必要な事項を定めさせていただくものでございます。


 なお、この条例は、平成17年4月1日より施行させていただきたいものでございます。 次に、議案第37号 勝山市手数料条例の一部改正について説明申し上げます。


 本案は、優良宅地造成の認定及び優良住宅新築の認定の事務が県から移譲されることに伴い、当該事務にかかる手数料を定める必要があるため提案させていただくものですが、1枚おめくりいただきまして、別表第1、税の項の(1)優良宅地造成認定申請手数料について、現行では造成宅地の面積が0.1ヘクタール未満の場合8万6,000円とだけ定めておりますが、造成宅地の面積を0.1ヘクタール未満から10ヘクタール以上までの8段階にわけて、表のとおり手数料を定めさせていただきたいものでございます。


 また、(2)の優良住宅新築認定申請手数料でございますが、新築住宅の床面積の合計が1万平方メートルを超える部分について、現行では「1万平方メートルを超えるもの1件につき4万3,000円」と定めておりますが、これを表のとおり「1万平方メートルを超え5万平方メートル以下のもの1件につき4万3,000円」といたしたいのと、「新築住宅の床面積の合計が5万平方メートルを超えるものについて1件につき5万8,000円」を新たに追加いたしたいものでございます。


 なお、この条例は、平成17年4月1日より施行させていただきたいものでございます。 以上、議案第36号及び議案第37号の2件につきまして提案理由の説明を申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 加藤市民・環境部長。(市民・環境部長 加藤敏彦君 登壇)


○市民・環境部長(加藤敏彦君) 上程されております議案第38号及び議案第39号並びに議案第40号につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第38号 福井県市町村交通災害共済組合規約の変更についてでございますが、平成17年1月1日に南条町、今庄町及び河野村が合併し「南越前町」となったこと、2月1日に朝日町、宮崎村、越前町及び織田町が合併し「越前町」になったことに伴い、福井県市町村交通災害共済組合規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 なお、この規約は、知事の許可の日から施行するものでございます。


 次に、議案第39号及び議案第40号の訴えの提起でございますが、両案とも療養給付費等の不正請求にかかわる返還金が返還されないことに伴い、ここに提訴いたしたく、その訴えを提起するため、地方自治法第96条第1項第12号の規定によりまして議会の議決を求めるものでございます。


 議案第39号の事件名は、債権差押命令に基づく取立請求事件でございます。訴訟当事者でございますが、原告は勝山市でございます。被告は、勝山市栄町〇丁目〇番〇〇号、〇〇〇〇でございます。提訴遂行の方針は、判決の結果、必要がある場合は上訴するものといたします。


 議案第40号の事件名は、損害賠償請求事件でございます。訴訟当事者でございますが、原告は勝山市でございます。被告は、勝山市栄町〇丁目〇番〇〇号、〇〇〇〇、勝山市旭町〇丁目〇〇〇番地、〇〇〇〇、同じく〇〇〇〇〇でございます。提訴遂行の方針は、判決の結果、必要がある場合は上訴するものといたします。


 以上、議案第38号、議案第39号、議案第40号につきまして御説明申し上げました。よろしくお願いいたします。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 高田健康福祉部長。


 (健康福祉部長 高田英男君 登壇)


○健康福祉部長(高田英男君) 上程されております議案第41号及び議案第42号並びに議案第43号、そして、議案第44号について、その提案理由の説明を申し上げます。


 最初に、議案第41号でございますけれども、これは、勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条例の制定についてでございます。


 本案は、旧社会保険勝山病院跡地において、市民の福祉向上と健康の増進を図ることを目的に建設をいたしました勝山市福祉健康センター「すこやか」の設置及び管理に関する条例の制定を行うものです。


 1枚おめくりいただきまして、第1条から第3条までは、施設の設置及びその名称、位置、職員などについて定め、第4条から第6条については、使用の許可、使用許可の制限並びに使用者の責務について定めております。おめくりいただきまして、第7条から第9条にかけましては、使用料の徴収、その額、減免、還付について定めております。


 その他、開館時間などこの条例に必要な事項は、別に規則で定めるものといたします。


 この条例は、平成17年5月6日から施行するものであります。


 次に、議案第42号 勝山市福祉事務所設置条例の一部を改正する条例について説明をいたします。


 本案は、福祉健康センター「すこやか」の建設に伴う福祉事務所機能の移転に伴うものでございまして、1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第1条第2項中「勝山市元町1丁目5番6号」を「勝山市郡町1丁目1番50号」に改めるものでございます。


 なお、この条例は、平成17年5月6日から施行いたすものでございます。


 次に、議案第43号 勝山市立保育園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてでございますけれども、本案は、平泉寺保育園の収容定員を改定いたしたいので、条例の一部を改正するものでございます。 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、第2条中「平泉寺保育園45名」を「平泉寺保育園30名」に改めるものでございます。


 引き続きまして、議案第44号 勝山市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、乳幼児の疾病の早期発見と治療を促進し、保健の向上と福祉の増進を図るために、乳幼児医療費の助成対象年齢の拡大をいたしたいので、本条例の一部を改正するものでございます。


 1枚おめくりいただきまして、改正内容といたしましては、乳幼児の定義として、第2条第1項第1号でうたってございます「3歳児に達する日の属する月の末日までにある者」を「4歳に達する日以後の最初の3月31日までにある者」に改め、同条同項第2号にうたってございます「3歳に達する日の属する月の翌月の初日から」を「4歳に達する日以後の最初の4月1日から」に改めるものでございます。


 議案第43号、議案第44号とも、平成17年4月1日から施行いたすものであります。 以上、御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 杼木商工観光課長。(商工観光課長 杼木 実君 登壇)


○商工観光課長(杼木 実君) 上程されております議案第45号及び議案第46号の2件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず、議案第45号 勝山温泉センター「水芭蕉」の設置及び管理に関する条例の一部改正につきまして説明申し上げます。


 勝山温泉センター「水芭蕉」の管理について、指定管理者制度を導入して市民サービス向上及び経費の削減を図りたく、それに伴う条例の一部改正を提案するものでございます。 改正内容につきましては、次ページに記載のとおりでございます。


 次に、議案第46号 勝山市ふれあい会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につきまして、その提案理由の説明を申し上げます。


 ふれあい会館につきましても、「水芭蕉」と同様に指定管理者制度を導入して市民サービス向上及び経費の削減を図るため、それに伴う条例の一部改正を提案するものでございます。


 改正の内容につきましては、次ページに記載のとおりでございます。


 なお、この条例は、公布の日から施行いたしたいものでございます。


 以上、議案第45号及び議案第46号の説明を申し上げました。よろしくお願い申し上げます。


○議長(藤澤七郎兵衛君) 以上で、本日は散会いたします。


────────────────────


         午後 1時39分 散会